(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米"

Transcription

1 07 年 12 月 1 日 北 海 道 基 地 問 題 交 流 集 会 問 題 提 起 北 海 道 平 和 委 員 会 石 田 明 義 北 海 道 における 軍 事 基 地 と 軍 事 協 力 体 制 1. 北 海 道 の 特 徴 として (1) かつて 北 方 の 脅 威 の 防 備 体 制 をになう 部 隊 対 ソ 戦 場 になりえる 地 域 いま 対 テロ ゲリラを 対 象 とする 訓 練 ( 存 在 する 自 衛 隊 から 機 能 する 自 衛 隊 ) 多 用 機 能 化 近 代 化 効 率 化 合 理 化 即 応 性 柔 軟 性 が 重 視 存 在 し 防 衛 する 部 隊 から 海 外 派 部 隊 へ 急 速 に 求 められている 駐 屯 地 部 隊 定 員 削 減 人 口 財 政 に 依 存 する 自 治 体 の 苦 悩 高 齢 化 する 自 衛 隊 の 転 換 過 程 の 苦 悩 海 外 派 兵 多 様 な 危 機 に 対 する 多 機 能 化 多 様 化 ( 災 害 支 援 から 海 外 での 戦 争 まで 災 害 などは 自 衛 隊 への 期 待 拡 大 ) 自 衛 隊 の 負 担 拡 大 や 役 割 になえるのか( 生 き 残 り 戦 略 ) (2) 道 内 の 自 衛 隊 日 本 防 衛 ではなく 米 軍 の 補 完 部 隊 として 海 外 派 兵 陸 上 自 衛 隊 4 師 団 2 師 団 2 旅 団 防 衛 のための 部 隊 削 減 と 海 外 派 部 隊 として 即 応 化 多 機 能 化 な 変 革 海 上 自 衛 隊 米 艦 船 と 共 同 行 動 演 習 の 拡 大 情 報 共 有 (データーリンク) 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 専 守 防 衛 から 日 米 共 同 海 外 へのシフト(もともと 補 完 部 隊 不 審 船 ) 航 空 自 衛 隊 千 歳 の 航 空 隊 ( 三 沢 の 北 部 航 空 隊 所 属 ) 領 空 侵 犯 の 領 域 警 備 から 日 米 共 同 での 海 外 渡 航 の 訓 練 ( 海 外 への 出 撃 訓 練 へ) 2.どう 変 化 しているのか (1) 自 衛 隊 の 存 在 陸 上 自 衛 隊 大 規 模 な 陸 上 自 衛 隊 の 存 在 が 大 きい(ソ 連 上 陸 想 定 ) 海 上 自 衛 隊 函 館 掃 海 艇 余 市 ミサイル 基 地 ( 青 森 大 湊 隊 に 所 属 ) 稚 内 通 基 地 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 ( 三 沢 司 令 部 に 所 属 ) レーダー 基 地 奥 尻 襟 裳 当 別 稚 内 千 歳 網 走 根 室 バトリオットミサイル2 長 沼, 千 歳 八 雲 - 1 -

2 (2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米 国 仕 込 み 訓 練 ( 対 ソを 想 定 した 訓 練 青 組 赤 組 として 部 隊 が 対 決 する 訓 練 ) 2 航 空 自 衛 隊 は 三 沢 米 軍 と 同 居 する 三 沢 航 空 自 衛 隊 と 千 歳 の 航 空 自 衛 隊 が 共 同 訓 練 してきた 3 海 上 自 衛 隊 は 函 館 掃 海 隊 余 市 ミサイル 艇 松 前 ソーナ 基 地 稚 内 レーダ ー 基 地 ( 海 峡 封 鎖 防 衛 ) 海 上 の 共 同 行 動 共 同 演 習 の 実 態 は 米 空 母 などの 護 衛 艦 補 給 艦 を 補 完 する 部 隊 として 共 同 演 習 ) (3) 米 軍 の 共 同 訓 練 と 共 用 基 地 化 がすすむ 自 衛 隊 の 演 習 場 の 大 半 は 米 軍 との 共 用 基 地 (2-4-b) 専 用 基 地 はキャンプ 千 歳 のみ( 現 在 使 用 されていないが なぜ?) 日 米 共 同 訓 練 や 米 軍 の 民 間 港 への 寄 港 が 増 加 する ( 小 樽 室 蘭 が 日 米 地 位 協 定 の 優 先 使 用 の 密 約 合 意 が 存 在 している) 3. 自 衛 隊 への 変 革 の 要 求 冷 戦 後 陸 上 自 衛 隊 へ 変 革 がはじまる 敵 を 喪 失 した 自 衛 隊 pkoなどでの 改 変 や 経 験 が 重 なる 大 胆 な 財 務 省 提 案 (ショック 療 法 今 後 のどの 程 度 が 速 度 で 実 現 するのか 不 明 ) (1) 小 泉 政 権 財 務 省 の 陸 上 自 衛 隊 への 削 減 の 要 求 (04 年 11 月 ) 陸 上 自 衛 隊 の 大 削 減 道 内 自 衛 隊 基 地 の 削 減 要 求 が 財 務 省 から 提 案 (4 師 団 1 旅 団 が1 師 団 へ 30 駐 屯 地 廃 止 残 る8 駐 屯 地 ) 関 係 自 治 体 もシッョクをうけ 基 地 存 続 の 陳 情 運 動 をしている 陸 上 自 衛 隊 のこれまで 役 割 対 ソ 戦 略 に 対 応 した 重 厚 長 大 な 部 隊 は 役 立 たない 人 員 削 減 戦 車 等 の 削 減 専 守 防 衛 部 隊 の 変 革 要 求 であった 現 在 戦 車 部 隊 の 削 減 人 員 は 最 小 に 抑 えている 今 後 も 削 減 はすすむ (2) 防 衛 力 のあり 方 懇 話 会 報 告 05 年 防 衛 大 綱 では 道 内 自 衛 隊 は 多 様 な 事 態 に 対 応 する 総 合 近 代 化 部 隊 とし て 位 置 づけ( 本 州 は 即 応 近 代 化 部 隊 として 位 置 づけ) 陸 自 削 減 化 の 方 向 の 中 近 代 化 し 多 様 化 即 応 化 機 能 化 実 戦 化 などの 対 応 できる 実 験 的 師 団 として 位 置 付 け - 2 -

3 第 2 師 団 ( 旭 川 )などを 中 心 に 軍 事 革 命 (コンビュター 情 報 通 信 の 活 用 )と 戦 闘 方 法 の 革 新 を 実 施 が 始 まった 戦 争 部 隊 の 編 成 の 革 新 作 戦 の 革 新 など 2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 : 上 富 良 野 演 習 場 において ReCS( 基 幹 連 隊 指 揮 統 制 システム)の 第 1 回 師 団 の 実 験 演 習 を 実 施 した (3) 災 害 派 遣 のため? 初 動 対 処 部 隊 48 時 間 以 内 に 現 場 へ 05 年 (24 時 間 体 制 へ) 総 合 近 代 化 師 団 の 一 つ 状 況 による 転 用 首 都 圏 南 部 大 型 地 震 救 援 作 戦 を 理 由 とする 首 都 圏 等 への 派 兵 のため) 留 萌 の 普 通 科 部 隊 が 指 定 されている(その 後 は 不 明 全 国 的 状 況 も 不 明 ) 南 方 転 地 演 習 の 移 転 演 習 訓 練 (05 年 ) 上 富 良 野 遠 軽 美 幌 釧 路 帯 広 東 千 歳 の 部 隊 が 参 加 している 南 方 転 地 訓 練 ( 実 際 は 東 京 朝 霞 東 富 士 演 習 場 テロ 都 市 型 訓 練 施 設 での 訓 練 ) (4) 本 格 的 な 海 外 派 兵 部 隊 中 央 即 応 集 団 の 発 足 (07 年 ) 本 隊 道 内 陸 上 自 衛 隊 を 海 外 派 兵 のローテーョン 中 心 的 部 隊 として 位 置 付 北 部 方 面 隊 全 体 が 中 央 即 応 集 団 ( 海 外 派 兵 のための 中 核 部 隊 ) の 属 する 本 隊 海 外 派 兵 待 機 部 隊 の 中 心 的 な 部 隊 としてローテイション 化 イラク 東 地 チモルーなど 海 外 での 経 験 多 数 あり ( 陸 自 削 減 と 平 行 して 実 験 師 団 としても 多 様 化 機 能 化 近 代 化 を 促 進 ) 千 歳 の 北 部 方 面 教 育 訓 練 隊 2010 に 北 部 教 育 訓 練 団 昇 格 予 定? 旅 団 化 第 5 旅 団 05 年 に 実 施 第 11 旅 団 (07 年 実 施 する) 第 7 旅 団 も 戦 車 等 の 削 減 ( 定 員 削 減 ) 4. 陸 上 自 衛 隊 の 訓 練 の 変 貌 陸 上 自 衛 隊 の 訓 練 の 全 般 的 な 変 化 都 市 型 ゲリラ 対 策 の 訓 練 が 基 本 訓 練 となっている 自 衛 隊 の 海 外 での 治 安 鎮 圧 と 市 街 戦 掃 討 作 戦 (イラク 型 を 想 定 )した 訓 練 が 中 心 全 国 の 駐 屯 地 で 都 市 型 訓 練 を 建 設 4~5 番 目 である 千 歳 の 北 海 道 大 演 習 場 に 都 市 型 訓 練 施 設 の 建 設 (9 月 完 成 ) 南 方 転 地 演 習 など 本 州 へ 移 動 訓 練 と 都 市 型 訓 練 へ( 海 外 派 兵 型 ) 遠 軽 美 幌 / 富 良 野 東 千 歳 釧 路 / 帯 広 / 普 通 科 部 隊 - 3 -

4 部 隊 十 勝 港 朝 霞 基 地 ( 現 在 中 央 即 応 集 団 ) 東 富 士 都 市 型 訓 練 ) 米 国 へ 陸 上 自 衛 隊 の 部 隊 を 派 遣 して 共 同 実 働 訓 練 の 実 施 ( 室 蘭 からの 戦 車 輸 送 して 米 国 マキヤ 演 習 場 で 訓 練 都 市 型 訓 練 ハワイ グアム 都 市 型 訓 練 施 設 で 訓 練 強 襲 上 陸 訓 練 サンチャゴで 共 同 訓 練 で 訓 練 イラク アフガン 経 験 の 本 場 米 国 仕 込 み 日 米 共 同 演 習 を 通 じて 日 本 の 基 地 でも 実 施 している 5. 国 民 と 敵 対 する 自 衛 隊 治 安 出 動 の 実 働 訓 練 全 国 に 先 駆 けて05 年 に 実 施 北 海 道 警 察 と 陸 上 自 衛 隊 との 共 同 訓 練 札 幌 の 真 駒 内 駐 屯 地 で 実 施 (05 年 ) 苫 小 牧 東 部 石 油 基 地 で 実 働 訓 練 を 実 施 (06 年 ) 本 年 度 中 に 北 海 等 警 察 も 東 千 歳 ( 柏 )に 都 市 型 訓 練 施 設 が 完 成 予 定 陸 上 自 衛 隊 警 察 海 上 保 安 (いずれも 特 殊 部 隊 もあり)との 共 同 訓 練 泊 原 子 力 発 電 所 の 警 備 ( 海 保 海 上 自 衛 隊 陸 上 自 衛 隊 などの 共 同 ) 災 害 訓 練 東 京 での 大 地 震 のため 南 方 移 転 訓 練 国 民 を 監 視 する 情 報 保 全 隊 の 分 権 隊 が 各 地 に 存 在 イラク 派 兵 反 対 の 道 民 の 活 動 し 監 視 ている そのほか 視 察 として 報 告 する 6. 各 地 の 自 衛 隊 の 組 織 などの 変 化 第 5 師 団 ( 帯 広 )の 旅 団 化 にともなう 海 外 派 兵 の 訓 練 レンジャー 部 隊 中 心 にした 訓 練 強 化 ( 海 兵 隊 のような 訓 練 ) 例 長 崎 の 相 浦 基 地 の 特 殊 部 隊 訓 練 ( 自 殺 者 問 題 ) 本 州 への 南 方 転 地 訓 練 など 中 心 実 戦 化 ( 東 富 士 演 習 場 での 都 市 型 訓 練 への 参 加 ) 第 11 師 団 ( 札 幌 )の 旅 団 化 (19 年 度 ) 治 安 維 持 部 隊 の 中 心 部 隊 治 安 出 動 実 働 訓 練 道 内 の 情 報 保 全 部 隊 の 中 心 警 察 特 殊 部 隊 (SAT)との 連 携 ( 千 歳 へ 都 市 型 訓 練 施 設 ) 洞 爺 湖 サミットへ 向 けての 本 格 的 な 実 戦 ( 陸, 空 海, 海 上 保 安, 警 察 ( 外 事 ) 公 安 ) 第 7 師 団 ( 東 千 歳 ) 精 鋭 な 機 甲 化 部 隊 として 縮 小 されつつも 機 能 化 効 率 化 をはかる 効 率 と 機 能 的 にして 海 外 でも 使 える 機 甲 化 部 隊 精 鋭 部 隊 として 第 2 師 団 - 4 -

5 北 部 方 面 隊 の 情 報 化 をすすめた 軍 事 革 命 的 な 実 験 部 隊 として コンピーター 装 備 の 自 衛 隊 情 報 リンクした 戦 場 と 戦 士 (ガンダム 兵 士 ) イラク 派 兵 部 隊 など 実 績 と 北 方 防 衛 部 隊 として 役 割 の 消 滅 7. 米 軍 の 港 湾 の 軍 事 利 用 の 拡 大 北 海 道 が 補 給 訓 練 出 撃 中 継 休 養 基 地 民 間 港 湾 の 活 用 第 二 の 沖 縄 化 が 進 展 朝 鮮 戦 争 から 重 要 な 位 置 付 け 千 歳 飛 行 場 はアメリカ オクラホマから 部 隊 が 派 遣 してきた 最 短 距 離 北 海 道 大 演 習 場 で 訓 練 千 歳 小 樽 室 蘭 から 朝 鮮 半 島 へ 民 間 港 湾 室 蘭 小 樽 地 位 協 定 の 日 米 同 意 で 優 先 使 用 となっている 日 米 合 同 委 員 会 地 位 協 定 5 条 秘 密 合 意 小 樽 室 蘭 の 優 先 使 用 (2-4-b) ギャンプ 千 歳 (2-4-a) 94 年 朝 鮮 有 事 苫 小 牧 港 ( 北 海 道 1 全 国 6とは 何 か 新 千 歳 空 港 24 時 間 開 放 要 求 ( 優 先 使 用 ) 重 火 器 使 用 可 能 な 演 習 場 ( 北 海 道 大 演 習 場 矢 臼 別 ) ロサンゼルスタイムズ 空 港 の 開 放 要 求 の 理 由 を 報 じた 新 千 歳 ( 安 全 な 地 域 ) 新 潟 ( 日 本 海 へ) 成 田 (パイロットが 熟 知 ) 97 年 新 ガイドライン 99 年 の 周 辺 事 態 法 など 以 降 日 本 防 衛 ではなく アメリカのアジアでの 戦 争 へ 参 戦 協 力 北 朝 鮮 中 国 の 周 辺 有 事 事 態 波 及 して 日 本 有 事 事 態 北 アフリカ 中 東 アジアから 北 朝 鮮 まで( 不 安 定 な 弧 ) 日 米 同 盟 事 態 (イラク アフガン) 日 米 同 盟 国 益 ( 国 際 の 平 和 と 安 全 資 源 シーレーン) 米 軍 再 編 と 負 担 軽 減 と 称 して 合 理 化 機 能 化 近 代 化 在 日 米 再 編 問 題 は 国 民 の 抵 抗 にあっている 座 間, 岩 国 沖 縄 など 米 陸 軍 司 令 部 と 陸 上 自 衛 隊 中 央 即 応 集 団 司 令 部 横 須 賀 米 海 軍 第 7 艦 隊 三 沢 米 空 軍 ( 宇 宙 衛 星 軍 )は 重 点 化 政 府 国 民 感 情 沖 縄 の 負 担 軽 減 を 理 由 しながら 改 革 していく( 現 在 失 敗 はあせり アメとムチに 政 策 も 自 治 体 と 住 民 の 抵 抗 沖 縄 海 兵 隊 の155ミリ 榴 弾 砲 の 移 転 訓 練 実 弾 射 撃 訓 練 矢 臼 別 へ 移 転 訓 練 ことしは11 年 前 から9 回 目 夜 間 訓 練 化 学 兵 器 小 火 気 訓 練 など 併 設 した 実 戦 訓 練 - 5 -

6 移 転 訓 練 が 矢 臼 別 へ 集 中?( 米 軍 部 隊 の 移 設 恒 常 化 ) 危 険 日 米 ミサイル 防 衛 システムの 参 加 イージス 艦 船 の 米 艦 船 の 寄 港 が 増 加 している 全 国 的 な 傾 向 である 北 朝 鮮 中 国 などを 理 由 にするミサイル 防 衛 システムへの 日 本 参 加 イージス 艦 船 の 寄 港 は 奥 尻 島 の 西 側 に 訓 練 海 域 の 設 定 のため イージス 艦 船 ( 小 樽 函 館 室 蘭 石 狩 新 港 へ 入 港 実 績 と 軍 事 利 用 アメリカのミサイル 防 衛 とイージス 艦 船 太 平 洋, 日 本 海 配 備 日 本 のイージス 艦 船 の 配 備 と 日 米 情 報 の 共 有 化 アメリカ 向 けの 攻 撃 のミサイルを 日 本 が 撃 破 するシステム( 有 効 性 疑 問 ) 地 上 から 迎 撃 バトリオットミサイル3 東 京 大 阪 福 岡 などに 重 点 配 備 その 後 順 次 全 国 のパトリオット 2 パトリオット 3 に 更 新 予 定 ( 長 沼 千 歳 八 雲 ) 当 別 にはミサイル 防 衛 の 関 連 高 性 能 移 動 式 レーダー 新 たに 配 備 される 予 定 米 空 母 が 小 樽 室 蘭 へ 寄 港 する 理 由 ( 米 国 と 日 本 の 距 離 にも) 日 米 地 位 協 定 5 条 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 小 樽 室 蘭 の 優 先 使 用 合 意 ( ( 琉 球 新 報 日 米 地 位 協 定 マル 秘 報 告 書 ) 日 本 周 辺 での 日 米 合 同 演 習 や 日 本 海 へ 米 軍 の 配 備 と 活 動 による 制 海 権 の 確 保 ( 対 中 国 の 海 洋 戦 略 に 対 峙 補 給 休 養 中 継, 出 撃 の 港 湾 ) 空 母 の 入 港 ( 小 樽 3 回, 室 蘭 ) 補 給 基 地 化 休 養 地 キテーホーク 室 蘭 から 最 大 の 日 米 統 合 共 同 訓 練 へ 参 加 (11 月 実 態 不 明 ) 海 上 自 衛 隊 の 艦 船 米 艦 船 の 護 衛 艦 船 補 給 艦 として 随 伴 8. 海 上 自 衛 隊 函 館 地 方 隊 大 湊 の 海 上 自 衛 隊 の 艦 船 ( 函 館 ドックで 修 理 ) 函 館 ドック 函 館 室 蘭 にも 支 所 があり 余 市 ミサイル 基 地 大 湊 での 誤 射 撃 事 件 ( 北 広 島 の 誤 射 事 件 と 類 似 ) 稚 内 分 遣 隊 情 報 本 部 の 部 隊 が 配 備 された かつて 大 韓 航 空 事 件 の 情 報 米 軍 室 蘭 へ 海 上 自 衛 隊 の 誘 致 運 動 (06 年 2 月 ) 室 蘭 経 済 の 事 情 と 室 蘭 港 の 軍 事 利 用 の 拡 大 との 関 係 室 蘭 港 の 歴 史 的 経 緯 軍 需 工 場 空 襲 艦 砲 射 撃 の 経 験 海 上 自 衛 隊 は 沿 岸 警 備 から 米 軍 の 補 完 部 隊 として 沿 岸 警 備 は 海 上 保 安 庁 へシフト - 6 -

7 9. 航 空 自 衛 隊 12 月 から 嘉 手 納 米 空 軍 F15 戦 闘 機 の 移 転 訓 練 が 始 まる 予 定 自 衛 隊 との 共 同 の 戦 闘 訓 練 ( 三 沢 F13 岩 国 FA1 との 共 同 訓 練 を 否 定 せず 特 徴 航 空 宇 宙 衛 星 軍 ( 殴 り 込 み 部 隊 )の 本 場 仕 込 みの 共 同 訓 練 化 米 軍 の 低 空 飛 行 訓 練 問 題 米 軍 から 自 衛 隊 へも 拡 大 か 北 方 ルート( 日 高 から 北 へ)の 存 在 渡 島 ルート?の 存 在 渡 島 桧 山 江 差 日 高 などで 振 動 被 害 や 標 的 問 題 アラスカ コープサンダーへ 参 加 米 軍 機 から 空 自 千 歳 の 戦 闘 機 空 中 給 油 をうけて 訓 練 に 参 加 今 後 空 自 へ 空 中 給 油 機 が 配 備 されると 米 軍 機 へ 給 油 する 可 能 性 ( 海 外 での 戦 争 参 加 海 外 渡 航 距 離 が 伸 びる) 千 歳 基 地 政 府 専 用 機 2 機 配 備 中 首 相 皇 族 邦 人 避 難 難 民 ) C130 イラクへの 物 資 輸 送 経 験 民 間 機 ロシア 機 を 大 型 機 をチャーター 機 物 資 輸 送 した 海 外 派 兵 海 外 輸 送 業 務 に 直 結 している 航 空 基 地 である イラク 派 兵 自 衛 隊 員 も 輸 送 ( 千 歳 羽 田? イラク) 航 空 自 衛 隊 のレーダーの 共 用 ( 奥 尻 千 歳 襟 裳 当 別 2-4-b) その 他 の 情 報 共 有 ( 一 体 化 )リンク 前 から レーダーは 固 定 から 移 動 指 揮 レーダーへ 更 新 される ( 陸 海 空 の 違 い 解 消 される レーダーリンクによる 統 合 運 用 化 10. 軍 需 産 業 研 究 など 東 千 歳 の 東 防 衛 技 術 研 究 所 札 幌 工 場 ミサイル 戦 闘 機 のエンジンなど 研 究 実 験 など 軍 需 企 業 と 一 体 化 したもの( 三 菱 重 工 など 軍 需 企 業 が 身 分 替 えで 参 加 ) 大 樹 町 の 航 空 基 地 公 園 での 防 衛 庁 の 実 験 無 人 飛 行 機 ステレス 機 の 実 験 ( 防 衛 庁 技 研 究 本 部 が 実 施 ) 北 海 道 内 の 産 学 の 衛 星 打 ち 上 げ 研 究 との 関 係? 宇 宙 の 軍 事 利 用 へ 流 れ 苫 小 牧 東 開 発 地 域 の 戦 略? - 7 -

8 内 閣 情 報 局 管 理 の2 基 の スパイ 偵 察 衛 星 受 信 基 地 の 存 在 国 会 議 員 の 国 政 調 査 権 にも 秘 密 三 菱 重 工 がつくったこともは 秘 密 にして 回 答 もしない 苫 東 地 域 の 活 用 方 法 報 告 もしもの 街 構 想 4 万 人 避 難 民 収 容 国 内 避 難 民 の 収 容 を 想 定 ( 首 都 地 震 など) 国 際 貢 献 にも 北 朝 鮮 避 難 民 収 容 所 にも 活 用 できることを 想 定 ) 国 家 備 蓄 基 地 である 日 本 共 同 石 油 備 蓄 ( 民 間 ) 基 地 もある 米 軍 の 事 前 備 蓄 集 積 地 としての 最 適 値 であるとする 軍 事 専 門 家 あり 港 湾 の 完 備 広 大 な 国 家 的 土 地 の 存 在 と 陸 上 自 衛 隊 るよる 防 衛 しやすさ 軍 需 的 な 企 業 目 的 が 進 出 か 豊 田 など 自 動 車 関 連 の 企 業 の 進 出 千 歳 三 菱 重 工 室 蘭 新 日 鉄 ( 弾 丸 ) 日 鋼 特 機 ( 戦 車 など) 美 唄 日 本 油 脂 ( 火 薬 地 雷 処 理 ) 軍 需 工 業 と 防 衛 技 術 研 究 所 と 防 衛 産 業 の 社 員 が 研 究 員 に 楢 崎 造 船 災 害 フロート 造 船 函 館 ドック 船 舶 修 理 製 造?( 室 蘭 では23 年 ぶり) フリー 高 速 艇 の 就 航 ( 函 館 と 青 森 間 就 航 した) 11. 自 治 体 が 変 質 させられる 危 険 有 事 法 制 国 民 保 護 による 軍 事 体 制 へ 協 力 地 方 分 権 法 一 括 法 地 方 自 治 法 国 事 に 関 するのもの 国 の 専 管 事 項? 米 軍 再 編 と 自 衛 隊 再 編 でもある アメとムチ 法 米 軍 再 編 法 は 在 日 米 軍 と 自 衛 隊 の 再 編 についての 法 である 自 衛 隊 基 地 と 在 日 米 軍 米 基 地 を 合 わせて 防 衛 施 設 と 呼 ぶ 防 衛 施 設 の 再 編 について 協 力 しないとは 金 をださい 基 地 交 付 金 以 上 に 政 治 的 に 使 う) 岩 国 座 間 沖 縄 の 例 自 衛 隊 基 地 でも 同 様 におこるのではないか( 原 発 の 交 付 金 基 と 同 じ) 基 地 に 依 存 する 体 質 自 衛 隊 の 基 地 の 米 軍 化 ( 共 用 専 用 化 ) 自 衛 隊 員 の 募 集 自 衛 隊 へ 入 隊 する 青 年 の 意 識 公 務 員 生 活 のため しかし 自 衛 隊 は 任 期 雇 用 制 度 である 学 校 自 治 体 自 衛 隊 に 対 する 意 識 認 識 の 程 度 - 8 -

9 12. 国 防 意 識 の 養 成 国 民 の みえないテロへの 不 安 安 心 の 確 保 を 利 用 する 国 防 意 識 脅 威 認 識 危 機 意 識 国 民 一 体 感 連 帯 意 識 異 質 排 除 非 国 民 の 発 見 と 排 除 日 本 国 民 擁 護 の 意 識 相 互 扶 助 健 康 増 進 参 考 テロの 闘 いのための 愛 国 者 法 による 人 権 侵 害 のアメリカ - 9 -

10 資 料 年 11 月 15 日 北 海 道 新 聞 全 国 で 陸 自 57 駐 屯 地 が 廃 止 に 財 務 省 案 で 防 衛 庁 試 算 政 府 が11 月 末 に 策 定 する 新 しい 防 衛 計 画 の 大 綱 をめぐり 陸 上 自 衛 隊 の 定 員 を4 万 人 削 減 する 財 務 省 案 を 受 け 入 れた 場 合 全 国 158の 駐 屯 地 ( 分 屯 地 を 含 む)のうち21 都 道 府 県 の57 駐 屯 地 を 廃 止 し 北 海 道 では 定 員 を 現 状 の4 万 3000 人 から1 万 人 まで3 万 人 削 減 することになると 防 衛 庁 が 試 算 していることが14 日 分 かった 北 海 道 には38の 駐 屯 地 が 集 中 しているが うち30カ 所 が 廃 止 対 象 に 挙 げられた 新 た に 山 梨 岐 阜 富 山 福 井 和 歌 山 岡 山 島 根 愛 媛 の8 県 がゼロになり もともとな い 奈 良 徳 島 を 加 え10 県 が 空 白 県 となる 財 務 省 案 に 対 し 防 衛 庁 は 現 行 の 定 員 16 万 7000 人 から5000 人 を 削 減 する 案 を 示 して 厳 しく 対 立 しており 最 終 的 な 着 地 点 は 予 断 を 許 さない 3 師 団 1 旅 団 が1 師 団 財 務 省 改 革 の 大 胆 な 提 案 ( 小 泉 改 革 が 超 目 玉?) 北 海 道 の30の 廃 止 対 象 駐 屯 地 第 2 師 団 / 稚 内 礼 文 名 寄 留 萌 近 文 台 多 田 沼 田 滝 川 遠 軽 美 幌 上 富 良 野 第 11 師 団 / 美 唄 岩 見 沢 豊 平 苗 穂 函 館 倶 知 安 静 内 幌 別 白 老 安 平 早 来 日 高 第 7 師 団 / 北 恵 庭 南 恵 庭 第 5 旅 団 / 鹿 追 足 寄 釧 路 標 津 別 海 存 続 する 駐 屯 地 札 幌 ( 真 駒 内 ) 丘 珠 旭 川 北 千 歳 東 千 歳 帯 広 島 松 資 料 2 05 年 防 衛 力 のありか 方 懇 談 会 まとめ 報 告 書 から 4) 北 部 方 面 隊 の 新 たな 意 義 位 置 付 け 新 たな 安 全 保 障 環 境 に 対 応 し 北 海 道 については 冷 戦 時 代 の 北 方 重 視 構 想 から 脱 却 す る 一 方 他 地 域 とは 異 なる 良 好 な 訓 練 環 境 等 を 踏 まえて 青 函 以 南 の 師 団 旅 団 よりは 規 模 の 大 きい 部 隊 を 配 置 し 多 目 的 に 活 用 することとする 具 体 的 には 科 学 技 術 の 進 歩 に 対 応 してRMAを 推 進 していくことが 急 務 となっている

11 ことから RMAを 主 導 するための 実 験 師 団 を 配 置 する 次 に 発 生 時 期 場 所 の 予 測 が 困 難 であるゲリラや 特 殊 部 隊 による 攻 撃 大 規 模 災 害 等 の 新 たな 脅 威 多 様 な 事 態 への 対 処 に 際 しては 防 護 すべき 重 要 施 設 や 人 口 密 集 地 の 分 布 等 に 鑑 みれば 青 函 以 南 の 備 えが 重 要 であるため 必 要 な 場 合 には 北 部 方 面 隊 の 隷 下 部 隊 を 青 函 以 南 に 転 用 するなど 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 に 北 部 方 面 隊 を 積 極 的 に 活 用 して 対 処 する 体 制 を 構 築 する さらに 我 が 国 防 衛 と 並 ぶ 重 要 な 任 務 である 国 際 活 動 についても 北 部 方 面 隊 隷 下 部 隊 については 高 練 度 の 人 員 や 充 実 した 装 備 ( 例 :96 式 装 輪 装 甲 車 )を 保 有 するなど そ の 特 性 を 活 用 してイラク 復 興 支 援 群 における 第 一 次 第 二 次 派 遣 隊 となっていたところで あるが 今 後 国 際 活 動 に 派 遣 する 部 隊 についてはこうした 特 性 に 鑑 み 北 部 方 面 隊 を 中 心 としたローテーションにより 待 機 する 体 制 を 構 築 する 我 が 国 に 対 する 本 格 的 な 侵 略 事 態 生 起 の 可 能 性 が 低 下 していることを 踏 まえ 戦 車 の 数 量 については 大 幅 に 規 模 を 縮 小 することとしているが 将 来 の 予 測 し 難 い 情 勢 変 化 に 備 え るため 高 い 機 動 力 火 力 等 を 生 かして 敵 に 打 撃 を 与 えるという 機 甲 に 関 する 各 種 戦 闘 機 能 に 関 する 専 門 的 知 見 や 技 能 を 最 低 限 維 持 し 得 る 基 盤 を 保 有 することが 必 要 である また 諸 外 国 特 に 米 英 独 露 中 などでは その 規 模 は 一 様 ではないが 3 個 連 隊 規 模 の 運 用 を 行 う 機 甲 師 団 を 維 持 し 運 用 能 力 を 保 持 していることにも 着 目 することが 必 要 で ある このようなことから 第 7 師 団 については 戦 車 の 数 量 については 削 減 するが 引 き 続 き 師 団 として 保 持 する 5) 陸 上 自 衛 隊 の 編 成 定 数 陸 上 自 衛 隊 の 編 成 定 数 については 以 下 のような 見 直 しを 行 い 編 成 定 数 を16 2 万 人 とし その 内 訳 は 常 備 自 衛 官 を15 2 万 人 即 応 予 備 自 衛 官 を1 万 人 とする 主 として 着 上 陸 侵 攻 対 処 を 念 頭 に 置 いた 戦 車 及 び 特 科 の 装 備 を 削 減 するとともに 対 戦 車 火 力 迫 撃 砲 等 についても 装 備 の 目 標 数 を 大 幅 に 下 方 修 正 し これらの 装 備 に 関 連 する 人 員 の 合 理 化 を 図 る 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 への 対 処 の 中 核 となる 普 通 科 の 組 織 編 成 を 着 上 陸 侵 攻 対 処 型 から 対 人 戦 闘 型 に 改 編 するとともに 国 際 活 動 への 取 り 組 みを 強 化 するため 所 要 の 人 員 を 確 保 する 即 応 予 備 自 衛 官 については 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 のうち 比 較 的 リードタイムの ある 事 態 などにおいては 常 備 自 衛 官 を 補 完 する 戦 力 として 引 き 続 き 有 効 であるが 今 後 の 陸 上 防 衛 力 の 重 点 である 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 に 迅 速 に 対 処 するには 制 約 があること も 踏 まえ その 定 数 を5000 人 下 げ 1 万 人 とする

12 - 12 -

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

資料6:事前分析表

資料6:事前分析表 第 6 回 防 衛 省 政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 資 料 (4.8.0) 資 料 6 目 標 管 理 型 の 政 策 評 価 ( 事 前 分 析 表 ) 平 成 4 年 事 前 分 析 表 (FU 変 更 試 作 案 ) 8 月 7 日 調 整 達 成 手 段 は4 年 レビュー 時 点 平 成 4 年 実 施 施 策 に 係 る 事 前 分 析 表 ( 防 衛 省 4( 施

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

データウェア ネット 掲 示 公 告 調 達 情 報 配 信 サービス 発 注 機 関 一 覧 (211/8/8 現 在 ) 北 海 道 8 網 走 西 部 森 林 管 理 署 1 札 幌 高 等 裁 判 所 81 網 走 西 部 森 林 管 理 署 西 紋 別 支 署 2 札 幌 地 方 裁 判

データウェア ネット 掲 示 公 告 調 達 情 報 配 信 サービス 発 注 機 関 一 覧 (211/8/8 現 在 ) 北 海 道 8 網 走 西 部 森 林 管 理 署 1 札 幌 高 等 裁 判 所 81 網 走 西 部 森 林 管 理 署 西 紋 別 支 署 2 札 幌 地 方 裁 判 データウェア ネット 掲 示 公 告 調 達 情 報 配 信 サービス 発 注 機 関 一 覧 (211/8/8 現 在 ) 北 海 道 地 域 近 畿 地 域 北 海 道 2 滋 賀 県 19 東 北 地 域 京 都 府 19 青 森 県 4 大 阪 府 2 岩 手 県 4 兵 庫 県 21 宮 城 県 4 奈 良 県 22 秋 田 県 5 和 歌 山 県 22 山 形 県 6 中 国 地 域 福

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73>

<3131348160313231814090A38CCB93E082CC90ED90D5838A835883672E786C73> 第 6 節 既 刊 文 献 より 作 成 した 軍 事 施 設 部 一 覧 所 在 集 落 所 在 地 詳 細 部 施 設 備 考 文 献 初 出 年 典 拠 阿 木 名 暁 部 ( 陸 軍 ) 糧 秣 倉 庫 管 理 ほか 昭 和 20 年 度 阿 木 名 防 衛 ( 現 地 召 集 ) 各 部 に 配 属 陣 地 構 築 ほ か 昭 和 20 年 度 阿 木 名 海 軍 防 備 阿 木 名 海

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

年表・資料

年表・資料 目 次 第 1 章 千 歳 市 の 概 要 1 位 置 地 勢 1 2 世 帯 数 人 口 の 推 移 2 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 3 2 防 衛 施 設 の 概 況 5 3 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 (1) 駐 屯 地 の 沿 革 7 (2) 陸 上 自 衛 隊 第 7 師 団 ( 機 甲 師 団 ) 8 (3) 陸 上 自 衛 隊

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

県外行政視察報告(H16)

県外行政視察報告(H16) 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 平 成 25 年 11 月 29 日 狭 山 市 議 会 議 長 東 山 徹 様 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 栗 原 武 当 委 員 会 は 下 記 のとおり 北 海 道 千 歳 市 及 び 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 の 視 察 をして 参 りましたので その 概 要

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074> 防 衛 施 設 建 設 工 事 と 総 合 評 価 落 札 方 式 について 平 成 23 年 7 月 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 施 設 計 画 課 1 Ⅰ 平 成 22 年 度 建 設 工 事 等 の 契 約 統 計 上 の 傾 向 Ⅱ 平 成 23 年 度 における 総 合 評 価 落 札 方 式 の 改 正 点 Ⅲ 平 成 23 年 度 における 調 達 部 長 支 局 長 顕 彰

More information

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 3 茨 城 県 18.9.29 実 動 4 福 岡 県 18.10.16 5 福 井 県 18.10.20 6 埼 玉 県 18.10.26 7 大 阪 府 18.11.2 8 東 京 都 18.11.10

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 3 茨 城 県 18.9.29 実 動 4 福 岡 県 18.10.16 5 福 井 県 18.10.20 6 埼 玉 県 18.10.26 7 大 阪 府 18.11.2 8 東 京 都 18.11.10 平 成 17 年 度 1 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 佐 賀 県 17.10.28 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 及 び 佐 賀 県 において 連 続 多 発 爆 破 テロが 発 生 2 福 井 県 17.11.27 実 動 関 西 電 力 ( 株 ) 美 浜 発 電 所 がテログループによる 攻 撃 を 受 け 同 施 設 の 一 部 が 損 傷 を 受 けたことによ り 放 射 性

More information

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 災 害 派 遣 について(19 日 17 時 00 分 現 在 ) 下 線 部 は 前 回 報 告 からの 変 更 箇 所 数 値 等 は 速 報 値 であり 今 後 変 わることがある 1. 災 害 派 遣 の 概 要 要 請 日 時 要 請 元 要 請 先 要 請 の 概 要 発 生 場 所 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 木 ) 22 時

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範

MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 MAGTF(マグタフ) 入 門 講 座 海 兵 空 陸 任 務 部 隊 兵 空 陸 任 務 部 隊 MAGTF(マグタフ) は 様 々な 軍 事 作 戦 任 務 を 行 うための 海 兵 隊 の 基 本 海 的 な 組 織 規 模 の 拡 大 縮 小 が 可 能 で 多 用 途 に 使 え 広 範 囲 にわたる 有 事 危 機 紛 争 に 対 応 可 能 な 遠 征 兵 力 を 戦 闘 部 隊 指

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<年表>

<年表> 目 次 第 1 章 千 歳 市 の 概 要 1 位 置 地 勢 1 2 世 帯 数 人 口 の 推 移 2 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 3 2 防 衛 施 設 の 概 況 5 3 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 (1) 駐 屯 地 の 沿 革 7 (2) 陸 上 自 衛 隊 第 7 師 団 ( 機 甲 師 団 ) 8 (3) 陸 上 自 衛 隊

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援

夕 張 市 相 談 支 援 やコーディネート 機 能 充 実 のための 人 員 人 材 予 算 の 確 保 岩 見 沢 市 基 幹 相 談 支 援 センターの 設 置 と 障 害 者 相 談 支 援 に 携 わる 人 員 の 確 保 美 唄 市 三 笠 市 相 談 支 援 機 能 と 居 住 支 援 圏 域 南 渡 島 市 町 村 名 函 館 市 北 斗 市 松 前 町 福 島 町 知 内 町 木 古 内 町 七 飯 町 市 町 村 別 地 域 生 活 支 援 拠 点 を 整 備 するための 課 居 住 支 援 機 能 及 び 地 域 包 括 支 援 機 能 のいずれも 受 け 入 れ 出 来 る 施 設 が 町 内 にないことが 課 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 所 については 今

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ

(3) 不 開 示 とした 部 分 について ア 文 書 29, 文 書 48, 文 書 101, 文 書 102 及 び 文 書 124の 大 臣 発 電 信 案 FAX 公 信 案 の 総 番 号 (1 頁 目 左 上 ( 日 付 の 上 ), 左 下 ( 転 報 の 下 )) 及 びパターンコ 諮 問 庁 : 外 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 2 月 8 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 49 号 ) 答 申 日 : 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 400 号 ) 事 件 日 : 在 日 米 軍 の 移 動 につづられている 文 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 熊 本 地 震 自 衛 隊 の 活 動 隊 員 約 26,000 名 春 日 基 地 4 月 25 日 ( 月 ) 即 応 予 備 自 衛 官 活 動 中 派 遣 隊 員 のご 家 族 に 対 する 説 明 会 洗 濯 支 援 ( 福 岡 駐 屯 地 ) 福 岡 小 倉 飯 塚 小 郡 久 留 米 駐 屯 地 給 油 給 食 宿 泊 支 援 第 4 師 団 一 部 ( 福 岡 )

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

第2章 防衛施設の概要

第2章 防衛施設の概要 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 千 歳 市 は 支 笏 湖 (カルデラ 湖 )や 樽 前 山 などを 形 成 した 那 須 火 山 帯 の 火 山 活 動 により 全 体 が 火 山 礫 におおわれた 不 毛 の 地 と 化 していました 和 人 が 移 り 住 み 開 拓 がはじめられた 時 代 になって この 不 毛 の 地 をいかに 開 拓 するかについて

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 国 民 保 護 共 同 訓 練 状 況 イベント 開 催 に 伴 い 多 数 の 市 民 が 集 まるスポーツ 施 設 において 国 籍 不 明 の 武 装 グループによる 化 学 剤 爆 破 事 案 が 発

平 成 18 年 度 1 鳥 取 県 18.8.9 2 北 海 道 18.8.25 実 動 国 民 保 護 共 同 訓 練 状 況 イベント 開 催 に 伴 い 多 数 の 市 民 が 集 まるスポーツ 施 設 において 国 籍 不 明 の 武 装 グループによる 化 学 剤 爆 破 事 案 が 発 平 成 17 年 度 1 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 佐 賀 県 国 民 保 護 共 同 訓 練 状 況 17.10.28 埼 玉 県 富 山 県 鳥 取 県 及 び 佐 賀 県 において 連 続 多 発 爆 破 テロが 発 生 2 福 井 県 17.11.27 実 動 関 西 電 力 ( 株 ) 美 浜 発 電 所 がテログループによる 攻 撃 を 受 け 同 施 設 の 一 部 が 損

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 1 日 公 表 )に 基 づく コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 及 び 宿 舎 使 用 料 の 見 直 しについて 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

第2章 防衛施設の概要

第2章 防衛施設の概要 第 2 章 防 衛 施 設 の 概 要 1 防 衛 施 設 の 沿 革 千 歳 市 は 支 笏 湖 (カルデラ 湖 )や 樽 前 山 などを 形 成 した 那 須 火 山 帯 の 火 山 活 動 により 全 体 が 火 山 礫 におおわれた 不 毛 の 地 と 化 していました 和 人 が 移 り 住 み 開 拓 がはじめられた 時 代 になって この 不 毛 の 地 をいかに 開 拓 するかについて

More information