2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外"

Transcription

1 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構

2 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 の 送 出 し 機 関 等 との 相 談 等 の 実 施 (2) 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 に 対 する 相 談 等 の 支 援 (3) 不 適 正 事 案 に 対 する 改 善 指 導 2 技 能 実 習 生 への 相 談 助 言 (1) 技 能 実 習 生 に 対 する 母 国 語 相 談 等 の 実 施 (2) 技 能 実 習 の 継 続 が 困 難 となった 技 能 実 習 生 に 対 する 支 援 第 2 章 講 習 人 材 育 成 3 1 円 滑 な 送 出 し 受 入 れ 支 援 事 業 (1) 送 出 し 機 関 に 対 するセミナー 開 催 による 技 能 実 習 制 度 の 周 知 (2) 受 入 れ 機 関 に 対 するセミナーの 開 催 (3) 相 談 体 制 の 強 化 のための 講 習 会 の 開 催 (4) 申 請 書 類 の 作 成 のための 講 習 会 の 開 催 2 法 令 等 の 周 知 徹 底 のための 講 習 会 の 開 催 (1) 技 能 実 習 適 正 化 推 進 講 習 会 の 開 催 (2) 講 師 派 遣 の 実 施 (3) 技 能 実 習 制 度 の 留 意 事 項 等 に 関 する 説 明 会 の 開 催 3 成 果 向 上 支 援 事 業 (1) 指 導 員 等 の 養 成 のためのセミナーの 開 催 (2) 日 本 語 指 導 セミナー 等 の 実 施 4 技 能 実 習 生 保 護 事 業 (1) 技 能 実 習 生 等 に 対 する 法 令 等 の 周 知 (2) 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 推 進 (3) 技 能 実 習 生 に 対 する 母 国 語 情 報 提 供 (4) 技 能 実 習 生 に 対 する 補 償 対 策

3 第 3 章 調 査 資 料 収 集 6 1 技 能 実 習 制 度 の 運 営 実 態 や 関 連 する 法 制 度 に 関 する 協 議 情 報 収 集 (1) 海 外 関 係 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 (2) 関 係 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 2 技 能 実 習 制 度 の 運 営 実 態 や 関 連 する 法 制 度 に 関 する 調 査 第 4 章 その 他 の 事 業 7 1 技 能 実 習 生 及 び 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 への 評 価 付 与 認 定 支 援 事 業 (1) 技 能 実 習 1 号 から 技 能 実 習 2 号 への 移 行 評 価 の 実 施 (2) 技 能 実 習 2 号 移 行 対 象 職 種 の 拡 大 支 援 (3) 技 能 実 習 生 受 入 れ 事 業 の 評 価 認 定 (4) 技 能 実 習 生 の 技 能 修 得 の 促 進 2 技 能 実 習 生 の 日 本 語 作 文 コンクールの 表 彰 と 支 援 (1) 日 本 語 作 文 コンクールの 実 施 (2)JITCO 交 流 大 会 の 開 催 3 広 報 啓 発 推 進 事 業 (1) 各 種 パンフレット ガイドブック 等 及 び 白 書 の 出 版 (2) 総 合 情 報 誌 かけはし の 発 行 (3)ホームページの 管 理 運 営 及 び 迅 速 かつ 広 範 な 情 報 提 供 (4) 教 材 等 の 刊 行 提 供 Ⅱ 共 益 事 業 入 国 在 留 関 係 申 請 書 類 の 事 前 点 検 取 次 ぎサービスの 実 施 9 Ⅲ 収 益 事 業 外 国 人 技 能 実 習 生 総 合 保 険 等 の 普 及 9 Ⅳ 法 人 管 理 公 益 財 団 としての 管 理 運 営 業 務 の 推 進 (1) 公 益 財 団 の 健 全 経 営 の 推 進 (2) 公 益 財 団 の 管 理 運 営 (3) 公 益 財 団 の 事 業 推 進 体 制 の 整 備 (4) 賛 助 会 員 管 理 体 制 の 整 備 9

4 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 総 論 政 府 日 銀 は 金 融 政 策 財 政 政 策 成 長 戦 略 を 一 体 的 に 推 進 し 特 に デフレ 脱 却 経 済 再 生 を 進 めてきた 2016 年 度 は これら 政 策 の 推 進 により 雇 用 所 得 環 境 が 改 善 し 景 気 回 復 企 業 収 益 の 改 善 が 期 待 される また 企 業 はグローバルな 最 適 経 営 の 観 点 から 海 外 展 開 を 加 速 しつ つある こうした 中 アジア 経 済 圏 等 新 興 国 途 上 国 との 我 が 国 の 経 済 的 相 互 依 存 関 係 は 一 層 深 まっていく とともに 我 が 国 が 果 たすべき 役 割 拡 充 への 期 待 は 更 に 高 まっていくものと 予 想 される 当 機 構 がその 推 進 に 中 核 的 役 割 を 担 っている 外 国 人 技 能 実 習 制 度 は 我 が 国 において 蓄 積 された 技 能 技 術 知 識 の 移 転 を 通 じて 新 興 国 の 経 済 発 展 に 貢 献 することが 目 的 であり 新 興 国 等 の 人 材 育 成 ニーズは 着 実 に 拡 大 すると 見 込 まれる 一 方 管 理 監 督 体 制 の 強 化 を 前 提 に 技 能 実 習 制 度 を 拡 充 するとともに 外 国 人 技 能 実 習 機 構 の 設 置 等 を 盛 り 込 んだ 抜 本 的 な 制 度 改 正 法 案 は 継 続 審 議 となったが 法 案 が 今 国 会 で 成 立 した 場 合 今 後 の 技 能 実 習 制 度 の 運 用 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすとともに 技 能 実 習 制 度 の 中 核 的 機 関 である 当 機 構 の 活 動 に 変 更 を 迫 るものである 2016 年 度 は このような 制 度 改 正 の 動 きに 対 応 しつつ 技 能 実 習 制 度 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 用 を 促 進 するため 次 の 三 つを 柱 として 推 し 進 めていく 第 一 の 柱 は 多 様 化 高 度 化 していく 新 興 国 の 拡 大 する 人 材 育 成 ニーズへの 的 確 かつ 迅 速 な 対 応 である 日 本 の ものづくり のノウハウを 身 につけた 人 材 を 育 成 していこうとするアジア 経 済 圏 新 興 国 等 は 着 実 に 拡 大 し 我 が 国 受 入 れ 側 でもこれまで 蓄 積 したノウハウを 活 かし 積 極 的 に 間 口 を 拡 げようとしている このため 当 機 構 としては 新 興 国 発 展 途 上 国 と 受 入 れ 側 とのそれぞれのニーズの マッチング 向 上 のための 環 境 整 備 をしていくとともに 技 能 実 習 制 度 等 の 円 滑 適 正 な 運 用 のために 迅 速 な 対 応 と 的 確 な 支 援 を 行 っていく 第 二 の 柱 は 見 込 まれている 抜 本 的 な 制 度 改 正 への 的 確 な 情 報 提 供 である 制 度 見 直 しにおい て 新 設 改 正 される 関 係 法 令 告 示 等 の 施 行 については 技 能 実 習 制 度 の 関 係 者 が 国 内 外 に 跨 がって いることから 実 習 の 現 場 において 混 乱 が 起 きないよう 当 機 構 として 積 極 的 に 周 知 活 動 を 行 うなど 的 確 かつ 迅 速 な 対 応 を 行 っていく 第 三 の 柱 として 外 国 人 技 能 実 習 機 構 の 設 置 に 伴 い 支 援 活 動 としての 機 能 を 求 められる 当 機 構 の 的 確 な 対 応 である 当 機 構 としては 新 制 度 においても 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 への 情 報 提 供 相 談 各 種 書 類 の 点 検 取 次 等 の 支 援 活 動 を 充 実 拡 大 して 展 開 する 1

5 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 の 送 出 し 機 関 等 との 相 談 等 の 実 施 1 定 期 協 議 実 施 による 制 度 の 周 知 R/D の 履 行 確 保 送 出 し 国 政 府 と 定 期 協 議 を 実 施 し 本 制 度 の 周 知 を 図 るとともに 当 該 国 との 間 で 締 結 された R/D の 在 り 方 について 協 議 する 2 帰 国 後 の 復 職 の 支 援 送 出 し 国 政 府 窓 口 を 通 じ 送 出 し 機 関 に 対 し 技 能 実 習 生 の 帰 国 後 の 修 得 技 能 のより 積 極 的 な 活 用 を 働 きかけ 復 職 支 援 活 動 の 充 実 を 求 めていく (2) 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 に 対 する 相 談 等 の 支 援 1 入 国 から 帰 国 までの 各 段 階 における 総 合 的 な 相 談 の 実 施 技 能 実 習 生 を 受 け 入 れる 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 に 対 し 円 滑 な 受 入 れをするために 必 要 な 入 国 在 留 手 続 等 に 関 する 法 制 度 必 要 書 類 及 び 申 請 手 続 について 総 合 的 に 相 談 に 応 ずる また 監 理 団 体 が 行 う 職 業 紹 介 事 業 に 関 し 必 要 に 応 じ 情 報 提 供 等 を 行 う 2 巡 回 指 導 の 実 施 技 能 実 習 制 度 の 適 正 かつ 効 果 的 な 運 営 を 図 るため 実 習 実 施 機 関 監 理 団 体 に 対 する 地 方 駐 在 事 務 所 による 巡 回 指 導 を 推 進 し 適 切 な 助 言 指 導 を 実 施 する 特 に 賃 金 に 関 わる 事 項 につい ての 調 査 指 導 の 充 実 に 努 め その 履 行 状 況 に 問 題 がある 場 合 には 自 主 的 な 改 善 に 向 けて 必 要 な 指 導 を 実 施 する 技 能 実 習 生 との 面 談 では 引 き 続 き 賃 金 の 確 認 を 重 点 的 に 行 うとともに メン タル 面 を 含 めた 生 活 状 況 の 確 認 等 に 留 意 する また 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 を 対 象 に 技 能 実 習 が 労 働 法 令 等 に 従 って 適 正 に 実 施 されているかについて 自 主 的 に 点 検 するよう 促 す 3 安 全 衛 生 の 確 保 のための 巡 回 指 導 及 び 適 正 な 労 災 保 険 給 付 の 確 保 ア 技 能 実 習 生 の 作 業 の 安 全 及 び 健 康 の 確 保 のために 安 全 衛 生 アドバイザーが 実 習 実 施 機 関 を 訪 問 し 助 言 指 導 等 を 行 う 巡 回 指 導 や 技 能 実 習 生 のメンタルヘルスのケアを 図 るために メ ンタルヘルスアドバイザーが 助 言 支 援 を 行 う 巡 回 指 導 を 実 施 する イ 労 災 保 険 制 度 の 理 解 不 足 等 が 懸 念 される 実 習 実 施 機 関 又 は 監 理 団 体 に 対 し 労 災 保 険 相 談 員 による 電 話 等 による 相 談 指 導 等 を 実 施 する 4 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 との 連 絡 協 議 会 の 開 催 技 能 実 習 の 適 正 実 施 を 図 るため 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 との 連 絡 協 議 会 を 地 方 駐 在 事 務 所 において 開 催 し 情 報 交 換 等 を 通 じてこれらの 団 体 に 対 する 集 団 指 導 の 場 として 活 用 する 5 技 能 実 習 生 の 行 方 不 明 者 発 生 防 止 対 策 の 推 進 行 方 不 明 者 発 生 防 止 に 関 する 注 意 喚 起 を 行 う 2

6 (3) 不 適 正 事 案 に 対 する 改 善 指 導 1 不 適 正 事 案 改 善 に 向 けた 助 言 及 び 関 係 行 政 機 関 と 連 携 した 支 援 ア JITCO が 把 握 した 不 適 正 な 事 案 に 関 しては 必 要 に 応 じて 訪 問 調 査 を 実 施 するとともに 監 理 団 体 等 に 対 して 速 やかに 改 善 を 図 るよう 助 言 する イ 行 政 の 指 導 等 による 対 応 が 適 当 と 判 断 される 場 合 は 地 方 入 国 管 理 局 及 び 都 道 府 県 労 働 局 等 関 係 行 政 機 関 へ 情 報 を 提 供 する ウ 技 能 実 習 生 が 監 理 団 体 又 は 実 習 実 施 機 関 を 変 更 せざるをえない 場 合 には 変 更 が 円 滑 にでき るよう 必 要 な 助 言 を 行 う また 改 善 を 図 るための 講 師 派 遣 の 要 請 がなされた 場 合 には 積 極 的 に 派 遣 し 協 力 する 2 改 善 指 導 等 を 受 けた 実 習 実 施 機 関 への 適 正 化 のための 支 援 地 方 入 国 管 理 局 から 改 善 指 導 等 を 受 け その 改 善 に 努 力 する 実 習 実 施 機 関 に 対 して 事 業 の 適 正 な 推 進 のための 助 言 指 導 を 行 う 2 技 能 実 習 生 への 相 談 助 言 (1) 技 能 実 習 生 に 対 する 母 国 語 相 談 等 の 実 施 1 技 能 実 習 生 に 対 し 母 国 語 ( 中 国 語 ベトナム 語 インドネシア 語 フィリピン 語 )で 電 話 等 による 相 談 支 援 を 実 施 する また 相 談 体 制 の 一 層 の 充 実 と 相 談 スタッフの 質 的 向 上 を 図 る 2 相 談 内 容 が 重 大 悪 質 な 事 案 は 監 理 団 体 等 の 問 題 点 の 改 善 が 図 られるよう また 技 能 実 習 生 の 権 利 を 確 保 し 保 護 できるよう 助 言 指 導 を 行 う (2) 技 能 実 習 の 継 続 が 困 難 となった 技 能 実 習 生 に 対 する 支 援 1 技 能 実 習 の 継 続 のための 支 援 実 習 実 施 機 関 の 倒 産 不 正 行 為 等 により 技 能 実 習 を 継 続 することが 困 難 になった 場 合 で 技 能 実 習 生 本 人 に 帰 責 事 由 がなく かつ 技 能 実 習 の 継 続 を 希 望 するときは 地 方 入 国 管 理 局 の 指 導 の 下 に 同 一 の 職 種 作 業 を 行 っている 他 の 実 習 実 施 機 関 に 移 籍 できるよう 情 報 提 供 等 を 行 う 2 実 習 実 施 機 関 の 倒 産 等 に 際 しての 助 言 支 援 ア 実 習 実 施 機 関 が 倒 産 等 に 至 った 場 合 には 技 能 実 習 生 の 支 援 に 十 分 留 意 して 国 の 未 払 賃 金 立 替 払 制 度 の 紹 介 等 JITCO としての 迅 速 な 対 応 を 行 う イ 実 習 実 施 機 関 が 倒 産 し かつ 監 理 団 体 がやむを 得 ない 事 由 により 技 能 実 習 生 の 帰 国 旅 費 を 確 保 できない 場 合 に 技 能 実 習 生 の 帰 国 支 援 を 行 う 第 2 章 講 習 人 材 育 成 1 円 滑 な 送 出 し 受 入 れ 支 援 事 業 (1) 送 出 し 機 関 に 対 するセミナー 開 催 による 技 能 実 習 制 度 の 周 知 送 出 し 国 との 定 期 協 議 等 の 機 会 を 捉 え 送 出 し 国 政 府 の 協 力 の 下 に 送 出 し 機 関 に 対 するセミナ ーを 開 催 し 制 度 の 周 知 徹 底 を 図 る 3

7 (2) 受 入 れ 機 関 に 対 するセミナーの 開 催 新 たに 技 能 実 習 生 を 受 け 入 れる 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 を 対 象 に 技 能 実 習 制 度 説 明 会 を 開 催 す る また 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 の 技 能 実 習 責 任 者 担 当 者 等 を 対 象 に 技 能 実 習 制 度 全 般 に 亘 るレベルアップのための 説 明 会 として 団 体 監 理 型 コースセミナー 企 業 単 独 型 コースセミナーを 開 催 する (3) 相 談 体 制 の 強 化 のための 講 習 会 の 開 催 1 相 談 員 の 養 成 監 理 団 体 の 相 談 体 制 の 充 実 強 化 を 支 援 するため 監 理 団 体 の 責 任 者 外 国 人 相 談 員 等 に 対 し 相 談 体 制 を 構 築 する 上 での 留 意 事 項 やトラブル 事 例 トラブルの 未 然 防 止 策 等 を 教 示 する 講 習 会 を 開 催 する 2 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 の 職 員 等 に 対 し 技 能 実 習 生 とのコミュニケーション 術 を 学 べるベト ナム 語 インドネシア 語 等 の 語 学 ( 当 該 国 の 文 化 や 生 活 習 慣 の 紹 介 含 む) 講 座 を 開 催 する (4) 申 請 書 類 の 作 成 のための 講 習 会 の 開 催 入 国 在 留 手 続 等 の 支 援 の 一 環 として 地 方 入 国 管 理 局 に 提 出 する 各 種 申 請 書 類 の 作 成 方 法 等 を 説 明 する 講 習 会 を 開 催 する 2 法 令 等 の 周 知 徹 底 のための 講 習 会 の 開 催 (1) 技 能 実 習 適 正 化 推 進 講 習 会 の 開 催 適 正 な 技 能 実 習 生 の 受 入 れを 支 援 するため 行 政 機 関 による 指 導 状 況 を 踏 まえ 本 制 度 活 用 上 の 留 意 事 項 を 周 知 する 技 能 実 習 適 正 化 推 進 講 習 会 を 開 催 する (2) 講 師 派 遣 の 実 施 監 理 団 体 や 関 係 機 関 等 からの 依 頼 に 基 づき 講 師 派 遣 を 行 い 適 正 な 技 能 実 習 生 の 受 入 れや 海 外 進 出 展 開 を 行 う 企 業 の 人 材 育 成 を 支 援 するほか 技 能 実 習 制 度 を 広 く 周 知 する (3) 技 能 実 習 制 度 の 留 意 事 項 等 に 関 する 説 明 会 の 開 催 技 能 実 習 制 度 の 改 正 内 容 や 改 正 に 伴 う 留 意 事 項 等 に 関 する 説 明 会 を 開 催 する 3 成 果 向 上 支 援 事 業 (1) 指 導 員 等 の 養 成 のためのセミナーの 開 催 技 能 実 習 指 導 員 が 技 能 実 習 生 に 対 して 指 導 を 行 う 際 に 必 要 となる 知 識 の 習 得 や 指 導 能 力 の 向 上 に 向 けて 技 能 実 習 指 導 員 セミナーを 開 催 する (2) 日 本 語 指 導 セミナー 等 の 実 施 日 本 語 指 導 の 現 場 で 役 立 つ 実 践 力 を 養 うことを 目 的 に 講 習 における 日 本 語 の 学 習 目 標 の 設 定 4

8 の 仕 方 や 実 際 の 授 業 の 進 め 方 及 び 講 習 後 の 日 本 語 の 継 続 学 習 を 効 果 的 に 行 う 方 法 等 に 関 する 日 本 語 指 導 セミナー 及 び 日 本 語 指 導 ワークショップを 実 施 する また 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 に 対 し セミナー 等 の 内 容 を 活 用 しつつ 先 方 のニーズに 合 わせてアレンジした 講 義 内 容 を 提 供 する 講 師 派 遣 型 の 日 本 語 指 導 オンデマンドを 実 施 する さらに 日 本 語 指 導 や 実 習 現 場 でのコミュニケーションに 関 する 相 談 に 応 じたり ホームペー ジサイト JITCO 日 本 語 教 材 ひろば を 活 用 し 国 内 外 の 日 本 語 指 導 担 当 者 に 日 本 語 教 材 素 材 及 び 日 本 語 指 導 に 関 する 情 報 等 を 提 供 する 4 技 能 実 習 生 保 護 事 業 (1) 技 能 実 習 生 等 に 対 する 法 令 等 の 周 知 講 習 の 適 正 な 実 施 を 支 援 するため 監 理 団 体 が 講 習 期 間 中 に 行 う 技 能 実 習 生 の 法 的 保 護 に 必 要 な 情 報 に 関 し 入 管 法 令 労 働 関 係 法 令 不 正 行 為 への 対 応 に 精 通 した 専 門 講 師 を 派 遣 する (2) 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 と 連 携 した 啓 発 活 動 の 推 進 1 安 全 衛 生 の 意 識 の 向 上 に 向 けたセミナーの 開 催 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 に 対 して 安 全 衛 生 意 識 の 向 上 と 技 能 実 習 生 に 係 る 安 全 衛 生 管 理 の 徹 底 を 図 り 労 働 災 害 等 の 防 止 に 向 けた 取 組 みを 促 進 するため 安 全 衛 生 セミナーを 開 催 する 2 技 能 講 習 等 の 受 講 機 会 の 拡 大 危 険 有 害 な 作 業 に 伴 う 労 働 災 害 等 を 防 止 し また 技 能 実 習 生 が 技 能 等 を 修 得 するために 必 要 となる 各 種 技 能 講 習 特 別 教 育 の 受 講 機 会 拡 大 に 向 けて 教 習 機 関 との 連 携 を 強 化 しその 環 境 作 りを 推 進 する (3) 技 能 実 習 生 に 対 する 母 国 語 情 報 提 供 1 技 能 実 習 生 手 帳 の 配 布 母 国 語 日 本 語 併 用 の 技 能 実 習 生 手 帳 ( 中 国 語 インドネシア 語 ベトナム 語 タイ 語 英 語 フィリピン 語 の 6 言 語 )を 作 成 し 技 能 実 習 生 に 地 方 入 国 管 理 局 経 由 で 交 付 する 2 技 能 実 習 生 の 友 の 配 付 技 能 実 習 生 に 対 し 関 係 法 令 等 技 能 実 習 生 の 権 利 保 護 に 関 する 情 報 のほか 各 種 事 故 や 犯 罪 防 止 に 向 けた 注 意 喚 起 日 本 の 習 慣 や 生 活 文 化 等 円 滑 な 技 能 実 習 の 実 施 に 有 益 な 情 報 と 国 内 ニュ ース 記 事 を 掲 載 した 技 能 実 習 生 の 友 ( 中 国 語 インドネシア 語 ベトナム 語 タイ 語 英 語 の 5 言 語 )を 発 行 し 送 付 するとともに PDF 版 をホームページに 掲 載 する (4) 技 能 実 習 生 に 対 する 補 償 対 策 日 本 に 在 留 中 に 死 亡 した 技 能 実 習 生 の 遺 族 に 弔 意 を 表 わす 死 亡 弔 慰 金 制 度 について 適 切 な 運 用 を 図 る 5

9 第 3 章 調 査 資 料 収 集 1 技 能 実 習 制 度 の 運 営 実 態 や 関 連 する 法 制 度 に 関 する 協 議 情 報 収 集 (1) 海 外 関 係 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 1 送 出 し 国 政 府 要 人 の 訪 問 受 入 れ 及 び 送 出 し 国 在 京 大 使 館 との 意 見 交 換 送 出 し 国 政 府 要 人 等 の 訪 問 に 積 極 的 に 応 え 本 制 度 の 推 進 を 図 るための 意 見 交 換 を 行 う 必 要 に 応 じ 送 出 し 国 政 府 要 人 の 招 聘 を 検 討 するとともに 各 国 の 在 京 大 使 館 との 連 携 を 強 化 する 2 送 出 し 国 情 報 の 収 集 提 供 監 理 団 体 の 送 出 し 機 関 からの 受 入 れが 円 滑 に 行 われるよう 支 援 するため 送 出 し 国 政 府 との R/D に 基 づき 送 出 し 国 政 府 から 提 供 を 受 けた 情 報 に 基 づく 認 定 送 出 し 機 関 情 報 を 監 理 団 体 から の 求 めに 応 じて 提 供 する 3 送 出 し 機 関 と 監 理 団 体 との 情 報 交 換 会 の 開 催 送 出 し 国 政 府 窓 口 による 送 出 し 国 事 情 の 説 明 会 及 び 送 出 し 機 関 と 監 理 団 体 との 情 報 交 換 会 (ジョイントセミナー)を 適 宜 開 催 する (2) 関 係 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 1 関 係 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 ア 外 国 人 技 能 実 習 生 受 入 れ 団 体 中 央 地 方 連 絡 協 議 会 の 活 動 報 告 や 意 見 交 換 を 行 うため 全 体 会 議 を 開 催 する イ 企 業 単 独 型 実 習 実 施 機 関 との 情 報 交 換 会 を 開 催 し 情 報 の 提 供 や 助 言 を 行 うとともに 企 業 側 からの 意 見 要 望 を 把 握 する 2 関 係 行 政 機 関 との 連 携 及 び 協 議 情 報 の 収 集 提 供 ア 技 能 実 習 制 度 の 円 滑 かつ 適 正 な 運 営 を 図 るため 法 務 省 及 び 地 方 入 国 管 理 局 との 意 見 交 換 会 を 実 施 する イ 地 方 駐 在 事 務 所 による 関 係 地 方 行 政 機 関 等 との 連 絡 会 議 を 担 当 地 域 の 都 道 府 県 において 開 催 し 制 度 の 状 況 及 び 問 題 事 案 等 について 情 報 交 換 を 行 い 地 域 レベルでの 連 携 を 図 る 3 労 働 災 害 の 防 止 及 び 安 全 衛 生 の 確 保 に 向 けての 情 報 収 集 安 全 衛 生 マニュアル 作 成 検 討 委 員 会 を 開 催 し 技 能 実 習 生 の 特 性 を 踏 まえた 作 業 の 安 全 及 び 健 康 確 保 対 策 の 推 進 に 向 けて 外 部 の 専 門 家 等 とともに 検 討 を 行 う 併 せて その 成 果 を 安 全 衛 生 マニュアルの 形 で 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 及 び 技 能 実 習 生 に 配 布 することにより 安 全 衛 生 水 準 の 向 上 を 図 る 2 技 能 実 習 制 度 の 運 営 実 態 や 関 連 する 法 制 度 に 関 する 調 査 技 能 実 習 生 の 労 働 災 害 や 死 亡 事 案 について 調 査 し その 原 因 の 把 握 分 析 に 努 めるとともに 結 果 の 周 知 を 図 ることにより 日 本 に 在 留 中 安 全 かつ 健 康 に 技 能 実 習 を 修 了 できる 環 境 作 りと 再 発 防 止 に 向 けた 啓 発 を 推 進 する 6

10 第 4 章 その 他 の 事 業 1 技 能 実 習 生 及 び 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 への 評 価 付 与 認 定 支 援 事 業 (1) 技 能 実 習 1 号 から 技 能 実 習 2 号 への 移 行 評 価 の 実 施 1 修 得 技 能 等 の 評 価 試 験 実 施 機 関 との 緊 密 な 連 携 等 により 必 要 な 技 能 評 価 試 験 の 受 験 を 的 確 に 手 配 し 修 得 技 能 等 の 評 価 を 適 正 円 滑 に 行 う 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 に 対 し 適 切 な 技 能 実 習 1 号 計 画 技 能 実 習 2 号 計 画 の 作 成 及 び 技 能 実 習 記 録 の 作 成 を 指 導 する 2 技 能 実 習 2 号 計 画 の 評 価 技 能 実 習 2 号 計 画 の 評 価 を 適 正 かつ 効 率 的 に 行 い 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 に 対 し 必 要 に 応 じ 助 言 指 導 を 行 う その 結 果 については 修 得 技 能 等 の 評 価 結 果 と 併 せて 地 方 入 国 管 理 局 に 速 やかに 報 告 する 3 技 能 実 習 の 職 種 作 業 の 範 囲 の 周 知 修 得 技 能 等 の 評 価 及 び 計 画 の 対 象 となる 技 能 実 習 の 職 種 作 業 の 範 囲 について ホームページ 等 により 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 に 対 して 周 知 を 行 う (2) 技 能 実 習 2 号 移 行 対 象 職 種 の 拡 大 支 援 国 の 技 能 検 定 職 種 以 外 の 技 能 実 習 2 号 移 行 対 象 職 種 の 追 加 については 公 的 評 価 システムの 認 定 を 受 けられるよう 職 種 拡 大 への 支 援 を 行 う また 技 能 実 習 2 号 移 行 対 象 職 種 作 業 に 係 る 業 界 団 体 等 のニーズの 把 握 等 情 報 収 集 に 努 める (3) 技 能 実 習 生 受 入 れ 事 業 の 評 価 認 定 適 切 かつ 効 果 的 な 技 能 実 習 の 実 施 を 図 るため 監 理 団 体 等 の 申 請 に 基 づき 監 理 団 体 等 の 行 う 技 能 実 習 生 受 入 れ 事 業 を 評 価 認 定 する 評 価 認 定 に 当 たっては 必 要 に 応 じ 実 習 実 施 機 関 等 の 調 査 を 行 う (4) 技 能 実 習 生 の 技 能 修 得 の 促 進 1 修 得 技 能 等 の 評 価 促 進 実 習 実 施 機 関 に 対 し 技 能 実 習 生 の 育 成 に 有 効 な 指 導 評 価 システムの 構 築 を 支 援 するとともに 技 能 移 転 が 職 場 レベルで 着 実 に 実 施 されるよう 必 要 な 助 言 等 を 行 う 2 技 能 実 習 修 了 者 に 対 する 修 了 証 書 の 交 付 所 定 の 技 能 実 習 を 履 修 した 技 能 実 習 生 に 対 して 技 能 実 習 修 了 証 書 を 交 付 する 2 技 能 実 習 生 の 日 本 語 作 文 コンクールの 表 彰 と 支 援 (1) 日 本 語 作 文 コンクールの 実 施 技 能 実 習 生 研 修 生 の 日 本 語 能 力 の 向 上 に 資 するため 外 国 人 技 能 実 習 生 研 修 生 日 本 語 作 文 コンクールを 実 施 する 7

11 (2)JITCO 交 流 大 会 の 開 催 技 能 実 習 修 制 度 の 更 なる 成 果 向 上 と 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 との 情 報 共 有 を 目 的 として JITCO 交 流 大 会 を 開 催 し 関 係 機 関 による 各 種 講 演 等 を 実 施 する 3 広 報 啓 発 推 進 事 業 (1) 各 種 パンフレット ガイドブック 等 及 び 白 書 の 出 版 1 各 種 パンフレット ガイドブック 等 各 種 パンフレット ガイドブック 等 を 作 成 し その 普 及 と 利 用 促 進 を 図 る 総 合 パンフレット については JITCO の 業 務 内 容 の 説 明 制 度 の 解 説 を 掲 載 し 冊 子 のほかホームページに PDF 版 を 掲 載 する 2 JITCO 白 書 技 能 実 習 制 度 の 実 績 JITCO の 支 援 状 況 適 正 化 指 導 の 状 況 等 を 白 書 としてとりまとめ 広 く 配 布 提 供 する (2) 総 合 情 報 誌 かけはし の 発 行 技 能 実 習 の 成 果 向 上 関 係 法 令 に 関 する 解 説 記 事 等 適 正 な 技 能 実 習 制 度 活 用 の 一 助 となる 記 事 を 中 心 に 誌 面 を 作 成 する 年 4 回 発 行 し 冊 子 版 を 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 等 に 提 供 し ホーム ページには PDF 版 を 掲 載 する (3)ホームページの 管 理 運 営 及 び 迅 速 かつ 広 範 な 情 報 提 供 1 日 本 語 中 国 語 英 語 に 対 応 したホームページを 運 用 し 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 を 含 む 広 範 な 対 象 者 向 けに JITCO の 役 割 事 業 や 技 能 実 習 制 度 に 関 する 重 要 な 情 報 等 を 的 確 迅 速 に 発 信 する 2 5 言 語 ( 中 国 語 インドネシア 語 ベトナム 語 タイ 語 英 語 )に 対 応 した 技 能 実 習 生 向 けポ ータルサイト ウェブサイト 版 技 能 実 習 生 の 友 を 更 新 運 用 し 技 能 実 習 生 から 問 合 せの 多 い 事 柄 等 をまとめ 技 能 実 習 の 円 滑 な 実 施 に 役 立 つ 情 報 を 提 供 する 3 JITCO ホームページに 対 する 不 正 なアクセスやハッキング 等 の 脅 威 に 備 え ホームページの 安 定 的 な 運 用 に 必 要 な 対 策 を 実 施 する (4) 教 材 等 の 刊 行 提 供 技 能 実 習 制 度 の 解 説 書 や 入 国 在 留 手 続 きに 必 要 な 申 請 書 類 の 記 載 例 集 等 や 技 能 実 習 生 向 けの 日 本 語 教 育 教 材 健 康 管 理 及 び 安 全 衛 生 に 関 する 教 材 技 能 実 習 を 実 施 するのに 必 要 とされる 用 語 集 等 を 刊 行 し 提 供 する 8

12 Ⅱ 共 益 事 業 入 国 在 留 関 係 申 請 書 類 の 事 前 点 検 取 次 ぎサービスの 実 施 監 理 団 体 等 が 地 方 入 国 管 理 局 に 対 し 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 在 留 資 格 変 更 許 可 申 請 及 び 在 留 期 間 更 新 許 可 申 請 等 をする 際 に 必 要 な 書 類 の 事 前 点 検 取 次 ぎサービスの 迅 速 化 適 正 化 を 図 るとと もに 点 検 業 務 の 標 準 化 を 推 進 する Ⅲ 収 益 事 業 外 国 人 技 能 実 習 生 総 合 保 険 等 の 普 及 技 能 実 習 生 等 が 日 常 生 活 においてケガや 病 気 になった 場 合 に 治 療 費 のうち 健 康 保 険 の 自 己 負 担 部 分 を 懸 念 することなく 安 心 して 技 能 実 習 等 に 専 念 できるようにするため また 第 三 者 への 法 律 上 の 損 害 賠 償 及 び 死 亡 危 篤 時 の 親 族 による 渡 航 滞 在 費 用 等 の 出 費 に 備 えるため 外 国 人 技 能 実 習 生 総 合 保 険 等 の 周 知 を 図 る Ⅳ 法 人 管 理 公 益 財 団 としての 管 理 運 営 業 務 の 推 進 (1) 公 益 財 団 の 健 全 経 営 の 推 進 1 経 営 の 健 全 化 推 進 収 入 の 確 保 と 経 費 の 削 減 合 理 化 の 推 進 費 用 対 効 果 の 意 識 を 徹 底 した 事 業 の 執 行 事 業 活 動 の 透 明 性 適 格 性 の 確 保 事 業 の 計 画 的 効 率 的 な 執 行 等 を 基 本 としてさらなる 経 営 の 健 全 化 を 推 進 する 2 事 業 の 効 率 的 な 執 行 職 員 の 能 力 発 揮 推 進 と 職 場 管 理 の 徹 底 等 人 材 の 有 効 活 用 による 効 率 的 な 事 業 の 推 進 を 図 る 3 事 務 の 簡 素 合 理 化 の 推 進 業 務 執 行 体 制 や 各 種 規 程 等 の 見 直 し JITCO 基 幹 業 務 システムの 効 果 的 運 用 を 通 じ 事 務 の 簡 素 化 合 理 化 を 推 進 する 4 国 への 要 望 各 種 会 議 の 場 や 関 係 行 政 機 関 との 意 見 交 換 等 を 通 じ 健 全 な 事 業 推 進 に 必 要 な 制 度 改 善 に 対 す る 要 望 等 を 行 う (2) 公 益 財 団 の 管 理 運 営 1 理 事 会 評 議 員 会 の 開 催 理 事 会 評 議 員 会 を 定 期 的 に 又 は 必 要 な 場 合 随 時 に 開 催 し 事 業 計 画 及 び 予 算 や 事 業 報 告 及 び 決 算 等 について 議 決 承 認 を 得 る 2 監 査 法 人 による 外 部 監 査 の 実 施 会 計 の 健 全 性 と 透 明 性 を 確 保 するため 監 査 法 人 による 外 部 監 査 を 実 施 する 9

13 (3) 公 益 財 団 の 事 業 推 進 体 制 の 整 備 1 情 報 セキュリティ 対 策 の 推 進 情 報 セキュリティ 対 策 について 職 員 への 教 育 技 術 的 対 策 の 導 入 等 効 果 的 な 施 策 を 推 進 す る 2 JITCO 基 幹 業 務 システムの 安 定 稼 働 と 機 能 改 善 の 推 進 JITCO 基 幹 業 務 システム 等 の 更 なる 安 定 稼 働 と 信 頼 性 の 確 保 に 継 続 して 努 めるとともに 機 能 改 善 を 推 進 する また 監 理 団 体 等 における 申 請 書 類 等 作 成 の 迅 速 処 理 のため 申 請 書 類 作 成 支 援 システムの 利 用 の 促 進 を 図 る 3 職 員 研 修 の 充 実 職 員 研 修 の 効 果 的 な 実 施 及 び 自 己 啓 発 の 奨 励 を 通 じて 職 員 の 資 質 の 一 層 の 向 上 に 努 める 4 本 部 地 方 駐 在 事 務 所 の 体 制 整 備 本 部 及 び 地 方 駐 在 事 務 所 について 業 務 量 等 を 考 慮 した 適 切 な 人 事 配 置 を 行 うとともに 来 訪 者 が 相 談 しやすい 環 境 を 整 備 する また 地 方 駐 在 事 務 所 の 設 置 等 の 見 直 しについて 検 討 し 必 要 な 措 置 を 講 じるとともに 地 方 駐 在 事 務 所 職 員 の 業 務 研 修 の 充 実 に 努 める (4) 賛 助 会 員 管 理 体 制 の 整 備 技 能 実 習 制 度 の 活 用 に 意 欲 を 示 す 監 理 団 体 や 実 習 実 施 機 関 等 に 対 して 積 極 的 に 賛 助 会 員 制 度 の 周 知 徹 底 を 図 るとともに 適 正 な 賛 助 会 員 入 会 審 査 迅 速 な 入 退 会 管 理 等 を 実 施 する また 賛 助 会 員 への 連 絡 等 を 迅 速 に 行 うため メールマガジンやポータルサイトによる 情 報 提 供 サービ スを 行 う 注 )この 事 業 計 画 は 行 政 機 関 からの 委 託 事 業 を 受 託 することを 前 提 に 作 成 している 以 上 10

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について ( 別 添 ) 外 国 人 技 能 実 習 制 度 について 技 能 実 習 生 の 受 け 入 れを 希 望 する 場 合 実 習 実 施 機 関 ( 病 院 等 受 入 れ 施 設 )には 次 の 業 務 及 び 費 用 等 が 発 生 いたしますので 以 下 の 事 項 にご 留 意 ください 以 下 は 現 在 の 法 令 等 に 基 づいたものであり 今 後 法 令 等 の 改 正 により

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Hakuhodo DY holdings Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 10 日 株 式 会 社 博 報 堂 DYホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 戸 田 裕 一 問 合 せ 先 :IR 部 TEL:03-6441-9033 証

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= -1- コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです IWABUCHI CORPORATION 最 終 更 新 日 :2011 年 6 月 30 日 イワブチ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 加 藤 克 明 問 合 せ 先 :047-368-2222 証 券 コード:5983 http://www.iwabuchi.co.jp/index.htm

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 1/10 ページ コーポレートガバナンス C O RPO R ATE G O V ER N A N C E Rem ixpoint,inc. 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 8 日 株 式 会 社 リミックスポイント 代 表 取 締 役 社 長 國 重 惇 史 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 長 花 田 敏

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(1/2) 第 1 趣 旨 本 ガイドラインは 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきもの 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1)

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案)

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 公 益 社 団 法 人 に 移 行 して 三 年 目 となった 昨 年 は 民 間 部 門 からの 受 注 内 容 の 整 理 を 中 心 とした 適 正 な 就 業 の 実 施 や 地 域 貢 献 事 業 の 伸 張 に 向 け 理 事 会 や 委 員 会 などでの 議 論 を 通 じて 公 益 社 団 法 人 としての 歩 みを 更 に 着 実 に 進

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

Ⅰ 基本方針

Ⅰ 基本方針 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 書 平 成 27 年 2 月 公 益 財 団 法 人 生 命 保 険 文 化 センター Ⅰ 基 本 方 針 金 融 商 品 の 仕 組 みやリスクが 複 雑 化 している 中 生 活 設 計 の 重 要 性 がますます 高 まるとともに 生 活 設 計 に 合 わせた 保 険 商 品 を 適 切 に 選 択 する 判 断 力 が 求 められており 金 融 保

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 活 動 方 針 練 馬 東 法 人 会 は 法 人 会 の 基 本 的 指 針 納 税 道 義 の 高 揚 企 業 経 営 支 援 及 び 地 域 への 貢 献 に 則 り 企 業 並 びに 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 するた めの 活 動 を 積

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 容 器 包 装 リサイクル 協 会 当 協 会 は 容 器 包 装 リサイクル 法 ( 正 式 名 称 : 容 器 包 装 に 係 る 分 別 収 集 及 び 再 商 品 化 の 促 進 等 に 関 する 法 律 以 下 容 リ 法 )に 基 づく

More information

取扱注意

取扱注意 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 日 本 海 事 センターは 海 事 社 会 の 中 枢 的 なシンクタンクを 目 指 し こ れまで 海 事 社 会 の 抱 える 様 々な 課 題 の 調 査 研 究 活 動 等 に 取 り 組 んできた 平 成 27 年 度 は これまでの 成 果 を 踏 まえ 海 事 社 会 のニーズを 的 確 に 把 握 し セ ンター 独

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information