指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指"

Transcription

1 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの 公 的 保 障 が 確 保 されず 若 年 入 職 者 減 少 の 一 因 となっているほか 関 係 法 令 を 遵 守 して 適 正 に 法 定 福 利 費 を 負 担 する 事 業 者 ほど 競 争 上 不 利 になるという 矛 盾 した 状 況 が 生 じている この 対 策 に 際 しては 建 設 産 業 の 再 生 と 発 展 のための 方 策 2011 ( 平 成 23 年 6 月 2 3 日 建 設 産 業 戦 略 会 議 取 りまとめ) 及 び 中 央 建 設 業 審 議 会 社 会 資 本 整 備 審 議 会 産 業 分 科 会 建 設 部 会 基 本 問 題 小 委 員 会 中 間 とりまとめ( 平 成 24 年 1 月 27 日 )において 示 されている とおり 建 設 産 業 全 体 としての 枠 組 みを 整 備 し 行 政 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 が 一 体 となっ て 取 り 組 んでいくことが 必 要 である このため 建 設 産 業 行 政 としては 建 設 業 許 可 部 局 において 社 会 保 険 担 当 部 局 との 連 携 を 図 りつつ 建 設 業 許 可 更 新 時 や 立 入 検 査 等 における 確 認 指 導 経 営 事 項 審 査 の 厳 格 化 社 会 保 険 担 当 部 局 への 通 報 等 を 行 うこととしたところである また 平 成 26 年 9 月 30 日 に 改 正 された 公 共 工 事 の 入 札 及 び 契 約 の 適 正 化 を 図 るための 措 置 に 関 する 指 針 ( 平 成 13 年 3 月 9 日 閣 議 決 定 )においては 公 平 で 健 全 な 競 争 環 境 を 構 築 する 観 点 からは 社 会 保 険 に 加 入 し 法 定 福 利 費 を 適 切 に 負 担 する 建 設 業 者 を 確 実 に 契 約 の 相 手 方 とすることが 重 要 である このため 法 令 に 違 反 して 社 会 保 険 に 加 入 していない 建 設 業 者 について 公 共 工 事 の 元 請 業 者 から 排 除 するため 定 期 の 競 争 参 加 資 格 審 査 等 で 必 要 な 対 策 を 講 ずるものとする ほか 元 請 業 者 に 対 し 社 会 保 険 未 加 入 業 者 との 契 約 締 結 を 禁 止 することや 社 会 保 険 未 加 入 業 者 を 確 認 した 際 に 建 設 業 許 可 行 政 庁 又 は 社 会 保 険 担 当 部 局 へ 通 報 すること 等 の 措 置 を 講 ずることにより 下 請 業 者 も 含 めてその 排 除 を 図 るものとす る こととされたところである 他 方 で 下 請 企 業 を 中 心 に 保 険 未 加 入 企 業 が 存 在 している 状 況 を 改 善 していくためには 元 請 企 業 において 下 請 企 業 の 保 険 加 入 を 指 導 する 役 割 を 担 うことが 求 められる これについ ては 従 来 から 建 設 産 業 における 生 産 システム 合 理 化 指 針 ( 平 成 3 年 2 月 5 日 建 設 省 経 構 発 第 2 号 )において 元 請 企 業 が 下 請 企 業 に 対 して 社 会 保 険 の 加 入 及 び 保 険 料 の 納 付 につ いて 措 置 するよう 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 平 成 24 年 5 月 には 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 を 追 加 すること 等 を 内 容 と する 建 設 業 法 施 行 規 則 ( 昭 和 24 年 建 設 省 令 第 14 号 以 下 規 則 という )の 改 正 を 行 ったところである 中 央 建 設 業 審 議 会 社 会 資 本 整 備 審 議 会 産 業 分 科 会 建 設 部 会 基 本 問 題 小 委 員 会 による 当 面 講 ずべき 施 策 のとりまとめ ( 平 成 26 年 1 月 )においては 平 成 29 年 度 までに 事 業 者 単 位 では 許 可 業 者 の 加 入 率 100% 労 働 者 単 位 では 少 なくとも 製 造 業 相 当 の 加 入 状 況 を 目 1

2 指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきものである 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1) 総 論 元 請 企 業 は 請 け 負 った 工 事 の 全 般 について 下 請 企 業 よりも 広 い 責 任 や 権 限 を 持 って いる この 責 任 権 限 に 基 づき 元 請 企 業 が 発 注 者 との 間 で 行 う 請 負 価 格 工 期 の 決 定 など は 下 請 企 業 の 経 営 の 健 全 化 にも 大 きな 影 響 をもたらすものであることから 下 請 企 業 の 企 業 体 質 の 改 善 について 元 請 企 業 も 相 応 の 役 割 を 分 担 することが 求 められる このような 観 点 から 元 請 企 業 はその 請 け 負 った 建 設 工 事 におけるすべての 下 請 企 業 に 対 して 適 正 な 契 約 の 締 結 適 正 な 施 工 体 制 の 確 立 雇 用 労 働 条 件 の 改 善 福 祉 の 充 実 等 について 指 導 助 言 その 他 の 援 助 を 行 うことが 期 待 される とりわけ 社 会 保 険 については 関 係 者 を 挙 げて 未 加 入 問 題 への 対 策 を 進 め 社 会 保 険 加 入 を 徹 底 することにより 技 能 労 働 者 の 雇 用 環 境 の 改 善 や 不 良 不 適 格 業 者 の 排 除 に 取 り 組 むことが 求 められており 元 請 企 業 においても 下 請 企 業 に 対 する 指 導 等 の 取 組 を 講 じる 必 要 がある 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 51 年 法 律 第 33 号 )においても 元 方 事 業 主 は 関 係 請 負 人 に 対 して 雇 用 保 険 その 他 建 設 労 働 者 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 項 等 の 適 正 な 管 理 に 関 して 助 言 指 導 その 他 の 援 助 を 行 うように 努 めることとされている( 第 8 条 第 2 項 ) 本 ガイドラインによる 下 請 指 導 の 対 象 となる 下 請 企 業 は 元 請 企 業 と 直 接 の 契 約 関 係 に ある 者 に 限 られず 元 請 企 業 が 請 け 負 った 建 設 工 事 に 従 事 するすべての 下 請 企 業 であるが 元 請 企 業 がそのすべてに 対 して 自 ら 直 接 指 導 を 行 うことが 求 められるものではなく 直 接 の 契 約 関 係 にある 下 請 企 業 に 指 示 し 又 は 協 力 させ 元 請 企 業 はこれを 統 括 するという 方 法 も 可 能 である もっとも 直 接 の 契 約 関 係 にある 下 請 企 業 に 実 施 させたところ 指 導 を 怠 った 場 合 や 直 接 の 契 約 関 係 にある 下 請 企 業 がその 規 模 等 にかんがみて 明 らかに 実 施 困 難 であると 認 められる 場 合 には 元 請 企 業 が 直 接 指 導 を 行 うことが 必 要 である 元 請 企 業 においては 支 店 や 営 業 所 を 含 めて その 役 職 員 に 対 する 本 ガイドラインの 周 知 徹 底 に 努 めるものとする (2) 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 指 導 等 元 請 企 業 による 下 請 指 導 は 特 定 の 建 設 工 事 の 期 間 中 すなわち 元 請 下 請 関 係 が 継 続 している 間 実 施 する 必 要 があるが 元 請 企 業 の 協 力 会 や 災 害 防 止 協 会 等 の 協 力 会 社 組 織 に 所 属 する 建 設 企 業 ( 以 下 協 力 会 社 という )に 対 しては 長 期 的 な 観 点 から 指 導 を 行 うことが 望 まれる また 保 険 未 加 入 対 策 を 効 果 的 なものとするためには 元 請 企 業 に おいて 保 険 未 加 入 の 協 力 会 社 とは 契 約 しないことや 保 険 未 加 入 の 建 設 労 働 者 の 現 場 入 場 を 認 めないことを 具 体 的 に 予 定 しつつ 協 力 会 社 の 指 導 に 取 り 組 んでいくことが 求 められ 2

3 る このため 元 請 企 業 としては 様 々な 機 会 をとらえて 協 力 会 社 の 社 会 保 険 に 対 する 意 識 を 高 めることが 重 要 であり 具 体 的 には 次 の 取 組 を 行 うべきである ア 協 力 会 社 の 社 会 保 険 加 入 状 況 について 定 期 に 把 握 を 行 うこと イ 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 社 会 保 険 の 周 知 啓 発 や 加 入 勧 奨 を 行 うこと ウ 適 正 に 加 入 していない 協 力 会 社 が 判 明 した 場 合 には 早 期 に 加 入 手 続 を 進 めるよう 指 導 すること 労 働 者 であるにもかかわらず 社 会 保 険 の 者 である 個 人 事 業 主 とし て 作 業 員 名 簿 に 記 載 するケースや 個 々の 工 事 で4 人 以 下 の 者 を 記 載 した 作 業 員 名 簿 を 提 出 する 個 人 事 業 主 が 実 際 には5 人 以 上 の 常 用 労 働 者 を 雇 用 すると 判 明 する ケースなど 不 自 然 な 取 扱 いが 見 られる 協 力 会 社 についても 事 実 確 認 をした 上 で 適 正 に 加 入 していないと 判 明 した 場 合 には 同 様 に 指 導 を 行 うこと エ 社 会 保 険 の 未 加 入 企 業 が 二 次 や 三 次 等 の 下 請 企 業 に 多 くみられる 現 状 にかんがみ 協 力 会 社 から 再 下 請 企 業 に 対 してもこれらの 取 組 を 行 うよう 指 導 すること 加 えて 平 成 29 年 度 以 降 を 見 据 え すべての 下 請 企 業 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したものに 限 定 した 工 事 を 試 行 的 に 実 施 し その 取 組 を 拡 大 することが 望 ましい 作 業 員 についても 工 事 の 規 模 等 に 鑑 みて 可 能 である 場 合 には すべての 作 業 員 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したもの に 限 定 した 工 事 を 試 行 的 に 実 施 することが 望 ましい (3) 下 請 企 業 選 定 時 の 確 認 指 導 等 元 請 企 業 は 下 請 企 業 の 選 定 に 当 たっては 法 令 上 の 義 務 があるにもかかわらず 適 切 に 社 会 保 険 に 加 入 しない 建 設 企 業 は 社 会 保 険 に 関 する 法 令 を 遵 守 しない 不 良 不 適 格 業 者 で あるということ( 公 共 工 事 の 入 札 及 び 契 約 の 適 正 化 を 図 るための 措 置 に 関 する 指 針 参 照 ) を 踏 まえる 必 要 がある このため 下 請 契 約 に 先 立 って 選 定 の 候 補 となる 建 設 企 業 について 社 会 保 険 の 加 入 状 況 を 確 認 し でないにもかかわらず 未 加 入 である 場 合 には 早 期 に 加 入 手 続 を 進 めるよう 指 導 を 行 うこと この 確 認 に 当 たっては 必 要 に 応 じ 選 定 の 候 補 となる 建 設 企 業 に 保 険 料 の 領 収 済 通 知 書 等 関 係 資 料 のコピーを 提 示 させるなど 真 正 性 の 確 保 に 向 けた 措 置 を 講 ずるよう 努 めること なお 雇 用 保 険 については 厚 生 労 働 省 の 労 働 保 険 適 用 事 業 場 検 索 サイト( 適 用 状 況 を 確 認 するこ とができる ついては 下 請 企 業 には 適 切 な 保 険 に 加 入 している 建 設 企 業 を 選 定 すべきであり 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 の 全 部 又 は 一 部 について でないにもかかわらず 未 加 入 である 建 設 企 業 は 下 請 企 業 として 選 定 しないとの 取 扱 いとすべきである (4) 再 下 請 負 通 知 書 を 活 用 した 確 認 指 導 等 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 及 び 備 付 け 又 は 写 しの 提 出 が 義 務 付 けられる 建 設 工 事 において 再 下 請 負 がなされる 場 合 には 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 元 請 負 人 に 対 して 下 請 3

4 負 人 から 再 下 請 負 通 知 書 が 提 出 される 規 則 第 14 条 の4の 規 定 により 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 の 加 入 状 況 に 関 する 事 項 が 追 加 された ことから 発 注 者 から 直 接 建 設 工 事 を 請 け 負 った 元 請 負 人 においては 再 下 請 負 通 知 書 を 活 用 して 下 請 負 人 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 を 確 認 することが 可 能 である ( 別 紙 1) このため 建 設 業 者 たる 元 請 企 業 は 再 下 請 負 通 知 書 の 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 欄 に より 下 請 企 業 が 社 会 保 険 に 加 入 していることを 確 認 すること この 確 認 の 結 果 でないにもかかわらず 未 加 入 である 下 請 企 業 があり (3)の 指 導 が 行 われていない 場 合 には (3)と 同 様 の 指 導 を 行 うこと 施 工 体 制 台 帳 については 別 紙 2の 作 成 例 を 参 考 とし 適 正 な 施 工 体 制 を 確 保 すること (5) 作 業 員 名 簿 を 活 用 した 確 認 指 導 施 工 体 制 台 帳 及 び 再 下 請 負 通 知 書 に 関 する 規 則 の 規 定 の 改 正 に 合 わせて 各 団 体 等 が 作 成 している 作 業 員 名 簿 の 様 式 においても 各 作 業 員 の 加 入 している 健 康 保 険 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 の 名 称 及 び 被 保 険 者 番 号 等 の 記 載 欄 が 追 加 されている ( 別 紙 3) この 作 業 員 名 簿 を 活 用 することで 建 設 工 事 の 施 工 現 場 で 就 労 する 建 設 労 働 者 について 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 の 加 入 状 況 ( 以 下 保 険 加 入 状 況 という )を 把 握 することが 可 能 である これを 受 け 元 請 企 業 は 新 規 入 場 者 の 受 け 入 れに 際 して 各 作 業 員 ( 建 設 業 に 従 事 する 者 に 限 る 以 下 同 じ )について 作 業 員 名 簿 の 社 会 保 険 欄 を 確 認 すること 確 認 の 結 果 全 部 又 は 一 部 の 保 険 について 空 欄 となっている 作 業 員 法 人 に 所 属 する 作 業 員 で 健 康 保 険 欄 に 国 民 健 康 保 険 と 記 載 され 又 は( 及 び) 年 金 保 険 欄 に 国 民 年 金 と 記 載 されている 者 個 人 事 業 所 で5 人 以 上 の 作 業 員 が 記 載 された 作 業 員 名 簿 において 健 康 保 険 欄 に 国 民 健 康 保 険 と 記 載 され 又 は( 及 び) 年 金 保 険 欄 に 国 民 年 金 と 記 載 されている 作 業 員 がある 場 合 には 作 業 員 名 簿 を 作 成 した 下 請 企 業 に 対 し 作 業 員 を 適 切 な 保 険 に 加 入 させ るよう 指 導 すること なお 法 人 や5 人 以 上 の 常 用 労 働 者 を 雇 用 する 個 人 事 業 所 に 所 属 す る 作 業 員 であっても 臨 時 に 使 用 され1か 月 以 内 で 日 々 雇 用 される 者 等 は 健 康 保 険 や 厚 生 年 金 保 険 の となる 元 請 企 業 が 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 が 記 録 された 情 報 システムを 利 用 するなど 作 業 員 名 簿 の 確 認 以 外 の 方 法 により 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 できる 場 合 には 当 該 方 法 による 確 認 も 可 能 である 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 の 確 認 を 行 う 際 には 必 要 に 応 じ 下 請 企 業 に 社 会 保 険 の 標 準 報 酬 決 定 通 知 書 等 関 係 資 料 のコピー( 保 険 加 入 状 況 の 確 認 に 必 要 な 事 項 以 外 を 黒 塗 りした ものでも 構 わない)を 提 示 させるなど 記 載 事 項 の 真 正 性 の 確 保 に 向 けた 措 置 を 講 ずるよ う 努 めること 情 報 システムを 利 用 して 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 を 確 認 する 場 合 にあって は 必 要 な 資 料 を 電 子 データで 添 付 する 方 法 により 提 示 させることも 可 能 である なお 作 業 員 名 簿 に 記 載 する 被 保 険 者 番 号 等 は 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 4

5 年 法 律 第 57 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 個 人 情 報 に 該 当 することから 同 法 及 び 国 土 交 通 省 所 管 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 24 年 国 土 交 通 省 告 示 第 363 号 )に 留 意 し 適 切 に 取 り 扱 うことが 必 要 である 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 においては 適 切 な 保 険 に 加 入 していることを 確 認 できない 作 業 員 については 元 請 企 業 は 特 段 の 理 由 がない 限 り 現 場 入 場 を 認 めないとの 取 扱 いとす べきである (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 下 請 契 約 の 総 額 が 建 設 業 法 施 行 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 273 号 )で 定 める 金 額 を 下 回 る ことにより 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 等 が 義 務 付 けられていない 民 間 工 事 の 場 合 であっても 建 設 工 事 の 適 正 な 施 工 を 確 保 する 観 点 から 元 請 企 業 は 規 則 第 14 条 の2から 第 14 条 の7 までの 規 定 に 準 拠 した 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 等 が 勧 奨 されているところである( 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 等 について ( 平 成 7 年 6 月 20 日 建 設 省 経 建 発 第 147 号 ) 参 照 ) 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 に ついても 元 請 企 業 は 適 宜 の 方 法 によって 把 握 し 未 加 入 である 場 合 には 指 導 を 行 うべき である (7) 建 設 工 事 の 施 工 現 場 等 における 周 知 啓 発 下 請 企 業 や 建 設 労 働 者 に 対 し 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 周 知 啓 発 を 図 るため 次 の 取 組 を 継 続 して 行 うべきである ア 建 設 工 事 の 施 工 現 場 において 社 会 保 険 の 加 入 に 関 するポスターの 掲 示 パンフレット 等 の 資 料 及 び 情 報 の 提 供 講 習 会 の 開 催 等 の 周 知 啓 発 を 行 うこと イ (2)に 記 載 したとおり 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 社 会 保 険 の 周 知 啓 発 や 加 入 勧 奨 を 行 うこと (8) 法 定 福 利 費 の 適 正 な 確 保 建 設 産 業 においては 専 門 工 事 業 団 体 等 が 作 成 した 標 準 見 積 書 の 活 用 等 による 法 定 福 利 費 相 当 額 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 を 下 請 企 業 から 元 請 企 業 に 提 出 する 取 組 が 行 われている ところであり これを 提 出 する 環 境 づくりが 必 要 である そもそも 社 会 保 険 の 保 険 料 は 建 設 業 者 が 義 務 的 に 負 担 しなければならない 法 定 福 利 費 であり 建 設 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 100 号 ) 第 19 条 の3に 規 定 する 通 常 必 要 と 認 められる 原 価 に 含 まれるものである このため 元 請 負 人 及 び 下 請 負 人 は 見 積 時 から 法 定 福 利 費 を 必 要 経 費 として 適 正 に 確 保 する 必 要 がある その 上 で 元 請 負 人 は 標 準 見 積 書 の 活 用 等 による 法 定 福 利 費 相 当 額 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 を 提 出 するよう 下 請 負 人 に 働 きかけるとともに 提 出 された 見 積 書 を 尊 重 して 下 請 負 契 約 を 締 結 しなければならない 具 体 的 には 元 請 負 人 は 社 会 保 険 の 保 険 料 が 建 設 業 者 が 義 務 的 に 負 担 しなければなら 5

6 ない 経 費 であり 上 記 通 常 必 要 と 認 められる 原 価 に 含 まれるものであることを 踏 まえ 下 請 負 人 が 自 ら 負 担 しなければならない 法 定 福 利 費 を 適 正 に 見 積 り 元 請 負 人 に 提 示 でき るよう 見 積 条 件 の 提 示 の 際 適 正 な 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 ( 特 段 の 理 由 によ り これを 作 成 することが 困 難 な 場 合 にあっては 適 正 な 法 定 福 利 費 を 含 んだ 見 積 書 )を 提 出 するよう 明 示 しなければならない 加 えて 社 会 保 険 の 加 入 に 必 要 な 法 定 福 利 費 につ いては 提 出 された 見 積 書 を 尊 重 し 各 々の 対 等 な 立 場 における 合 意 に 基 づいて 請 負 金 額 に 適 切 に 反 映 することも 必 要 である 下 請 負 人 の 見 積 書 に 法 定 福 利 費 相 当 額 が 明 示 され 又 は 含 まれているにもかかわらず 元 請 負 人 がこれを 尊 重 せず 法 定 福 利 費 相 当 額 を 一 方 的 に 削 減 したり 労 務 費 そのものや 請 負 金 額 を 構 成 する 他 の 費 用 ( 材 料 費 労 務 費 その 他 経 費 など)で 減 額 調 整 を 行 うなど 実 質 的 に 法 定 福 利 費 相 当 額 を 賄 うことができない 金 額 で 建 設 工 事 の 請 負 契 約 を 締 結 し そ の 結 果 通 常 必 要 と 認 められる 原 価 に 満 たない 金 額 となる 場 合 には 当 該 元 請 下 請 間 の 取 引 依 存 度 等 によっては 建 設 業 法 第 19 条 の3の 不 当 に 低 い 請 負 代 金 の 禁 止 に 違 反 する おそれがあるので これを 厳 に 慎 むこと 第 3 下 請 企 業 の 役 割 と 責 任 社 会 保 険 に 関 する 法 令 に 基 づいて 従 業 員 の 社 会 保 険 への 加 入 義 務 を 負 っているのは 雇 用 主 である そのため 社 会 保 険 加 入 を 徹 底 するためには 建 設 労 働 者 を 雇 用 する 者 特 に 下 請 企 業 自 らがその 責 任 を 果 たすことが 必 要 不 可 欠 である 具 体 的 には 次 の 責 任 を 果 たすべきである ア 下 請 企 業 はその 雇 用 する 労 働 者 の 社 会 保 険 加 入 手 続 を 適 切 に 行 うこと 建 設 労 働 者 につ いて 労 働 者 である 社 員 と 請 負 関 係 にある 者 の 二 者 を 明 確 に 区 別 した 上 で 労 働 者 である 社 員 についての 保 険 加 入 手 続 を 適 切 に 行 うことが 必 要 である また 施 工 体 制 台 帳 再 下 請 負 通 知 書 及 び 作 業 員 名 簿 については 下 請 負 人 と 建 設 労 働 者 との 関 係 を 正 しく 認 識 した 上 で 記 載 すること 事 業 主 が 労 務 関 係 諸 経 費 の 削 減 を 意 図 して これまで 雇 用 関 係 にあっ た 労 働 者 を 対 象 に 個 人 事 業 主 として 請 負 契 約 を 結 ぶことは たとえ 請 負 契 約 の 形 式 であっ ても 実 態 が 雇 用 労 働 者 であれば 偽 装 請 負 として 職 業 安 定 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 141 号 ) 等 の 労 働 関 係 法 令 に 抵 触 するおそれがある 労 働 者 であるかどうかは 仕 事 の 依 頼 業 務 に 従 事 すべき 旨 の 指 示 等 に 対 する 諾 否 の 自 由 の 有 無 業 務 遂 行 上 の 指 揮 監 督 の 有 無 勤 務 時 間 の 拘 束 性 の 有 無 本 人 の 代 替 性 の 有 無 報 酬 の 労 務 対 償 性 をはじめ 関 連 する 諸 要 素 を 勘 案 して 総 合 的 に 判 断 されるべきものであるが 保 険 未 加 入 対 策 の 推 進 を 契 機 に 従 来 の 慣 行 が 適 正 なものかどうか 見 直 しを 行 うこと その 際 には 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 による 正 社 員 工 期 に 合 わせた 期 間 の 定 めのあ る 労 働 契 約 による 契 約 社 員 とすることもあり 得 るものであり その 実 情 に 応 じて 建 設 労 働 6

7 者 の 処 遇 が 適 切 に 図 られるようにすること イ 元 請 企 業 が 行 う 指 導 に 協 力 すること この 協 力 は 元 請 企 業 が 行 う 指 導 の 相 手 方 として 指 導 に 沿 った 対 応 をとることにとどまらず 元 請 企 業 の 指 導 が 建 設 工 事 の 施 工 に 携 わるす べての 下 請 企 業 に 行 き 渡 るよう 元 請 企 業 による 指 導 の 足 りないところを 指 摘 補 完 し もしくはこれを 分 担 することや 再 下 請 企 業 が 雇 用 する 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 を 確 認 し 自 社 の 雇 用 者 も 含 めてその 真 正 性 の 確 保 に 向 けた 措 置 を 講 ずるよう 努 めること それらの 状 況 について 元 請 企 業 に 情 報 提 供 することなども 含 まれる 規 則 第 14 条 の4の 規 定 の 改 正 を 受 けた 再 下 請 通 知 書 については 別 紙 1の 作 成 例 を 参 考 とし 適 正 な 施 工 体 制 を 確 保 すること なお 作 業 員 名 簿 に 記 載 する 被 保 険 者 番 号 等 は 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 個 人 情 報 に 該 当 することから 同 法 及 び 国 土 交 通 省 所 管 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン に 留 意 し 適 切 に 取 り 扱 うことが 必 要 である 特 に 作 業 員 名 簿 の 元 請 企 業 への 提 出 に 当 たっては 利 用 目 的 ( 保 険 加 入 状 況 を 元 請 企 業 に 確 認 さ せること)を 示 した 上 で あらかじめ 作 業 員 の 同 意 を 得 ることが 必 要 となることに 留 意 す ること ウ 建 設 労 働 者 の 社 会 保 険 への 加 入 促 進 を 図 るためには 建 設 労 働 者 を 直 接 雇 用 する 下 請 企 業 が 法 定 福 利 費 を 適 切 に 確 保 する 必 要 がある そのため 下 請 企 業 は 自 ら 負 担 しなければ ならない 法 定 福 利 費 を 適 正 に 見 積 り 標 準 見 積 書 の 活 用 等 により 法 定 福 利 費 相 当 額 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 を 注 文 者 に 提 出 し 雇 用 する 建 設 労 働 者 が 社 会 保 険 に 加 入 するために 必 要 な 法 定 福 利 費 を 確 保 すること エ 請 け 負 った 建 設 工 事 を 他 の 建 設 業 を 営 むものに 再 下 請 負 させた 場 合 には 第 2(8)と 同 様 に 再 下 請 負 人 の 法 定 福 利 費 を 適 正 に 確 保 するよう 努 めること 具 体 的 には 社 会 保 険 の 保 険 料 は 建 設 業 者 が 義 務 的 に 負 担 しなければならない 経 費 であ り 建 設 業 法 第 19 条 の3に 規 定 する 通 常 必 要 と 認 められる 原 価 に 含 まれるものであ ることを 踏 まえ 再 下 請 負 人 が 自 ら 負 担 しなければならない 法 定 福 利 費 を 適 正 に 見 積 ると ともに 提 出 する 見 積 書 に 明 示 できるよう 見 積 条 件 の 提 示 の 際 適 正 な 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 ( 特 段 の 理 由 により これを 作 成 することが 困 難 な 場 合 にあっては 適 正 な 法 定 福 利 費 を 含 んだ 見 積 書 )を 提 出 するよう 明 示 することが 望 ましい その 際 社 会 保 険 の 加 入 に 必 要 な 法 定 福 利 費 については 提 出 された 見 積 書 を 尊 重 し 各 々の 対 等 な 立 場 における 合 意 に 基 づいて 請 負 金 額 に 適 切 に 反 映 することも 求 められる 第 4 施 行 期 日 等 本 ガイドラインは 平 成 24 年 11 月 1 日 から 施 行 する ( 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) このガイドラインは 今 後 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 状 況 や 社 会 保 険 未 加 入 対 策 の 取 組 状 況 及 び 成 果 本 ガイドラインに 基 づく 取 組 状 況 等 を 踏 まえて 必 要 があると 認 めるとき は 速 やかにガイドラインの 見 直 しなど 所 要 の 措 置 を 講 ずるものとする 7

8 別 紙 1 再 下 請 負 通 知 書 の 作 成 例 直 近 上 位 注 文 者 名 再 下 請 負 通 知 書 報 告 下 請 負 業 者 年 月 日 住 所 元 請 名 称 自 社 に 関 する 事 項 工 事 名 称 及 び 工 事 内 容 自 年 月 日 工 期 至 年 月 日 会 社 名 代 表 者 名 注 文 者 との 契 約 日 年 月 日 建 設 業 の 許 可 施 工 に 必 要 な 許 可 業 種 許 可 番 号 許 可 ( 更 新 ) 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 保 険 加 入 の 有 無 1 事 業 所 整 理 記 号 等 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 営 業 所 の 名 称 2 健 康 保 険 3 厚 生 年 金 保 険 4 雇 用 保 険 5 監 督 員 名 権 限 及 び 意 見 申 出 方 法 現 場 代 理 人 名 1. 各 保 険 の 適 用 を 受 ける 営 業 所 について 届 出 を 行 っている 場 合 には 加 入 行 っていない 場 合 ( 適 用 を 受 ける 営 業 所 が 複 数 あり そのうち 権 限 一 部 及 について び 行 っていない 場 合 を 含 む)は 未 加 入 従 業 専 員 規 門 模 等 技 により 術 各 者 保 険 名 の 適 用 が 除 外 される 場 合 は を で 意 見 囲 申 む 出 方 法 専 任 主 2. 任 請 負 技 契 約 術 に 係 者 る 営 名 業 所 資 格 内 容 非 の 専 名 任 称 を 記 載 外 国 人 建 設 就 労 者 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 安 全 衛 生 責 任 者 名 安 全 衛 生 推 進 者 名 雇 用 管 理 責 任 者 名 3. 資 事 業 所 格 整 理 内 記 号 容 及 び 事 業 所 番 号 ( 健 康 保 険 組 合 にあっては 組 合 名 )を 担 記 当 載 工 一 事 括 適 内 用 の 容 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 4. 事 業 所 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 外 国 人 技 能 実 習 生 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 5. 労 働 保 険 番 号 を 記 載 継 続 事 業 の 一 括 の 認 可 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 労 働 保 険 番 号 を 記 載 有 無 2~5については 直 近 上 位 の 注 文 者 との 請 負 契 約 に 係 る 営 業 所 以 外 の 営 業 所 で 再 下 請 負 業 者 との 請 負 契 約 を 行 う 場 合 には 欄 を 追 加 8

9 再 下 請 負 関 係 会 社 名 再 下 請 負 業 者 及 び 再 下 請 負 契 約 関 係 について 次 のとおり 報 告 いたします 代 表 者 名 住 所 電 話 番 号 工 事 名 称 及 び 工 事 内 容 工 期 自 年 月 日 至 年 月 日 契 約 日 年 月 日 建 設 業 の 許 可 施 工 に 必 要 な 許 可 業 種 許 可 番 号 許 可 ( 更 新 ) 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 保 険 加 入 の 有 無 1 事 業 所 整 理 記 号 等 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 営 業 所 の 名 称 2 健 康 保 険 3 厚 生 年 金 保 険 4 雇 用 保 険 5 現 場 代 理 人 名 権 限 及 び 意 見 申 出 方 法 主 任 技 術 者 名 資 格 内 容 専 任 非 専 任 安 全 衛 生 責 任 者 名 安 全 衛 生 推 進 者 名 雇 用 管 理 責 任 者 名 専 門 技 術 者 名 資 格 内 容 担 当 工 事 内 容 外 国 人 建 設 就 労 者 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 外 国 人 技 能 実 習 生 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 1. 各 保 険 の 適 用 を 受 ける 営 業 所 について 届 出 を 行 っている 場 合 には 加 入 行 っていない 場 合 ( 適 用 を 受 ける 営 業 所 が 複 数 あり そのうち 一 部 について 行 っていない 場 合 を 含 む)は 未 加 入 従 業 員 規 模 等 により 各 保 険 の 適 用 が 除 外 される 場 合 は を で 囲 む 2. 請 負 契 約 に 係 る 営 業 所 の 名 称 を 記 載 3. 事 業 所 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 ( 健 康 保 険 組 合 にあっては 組 合 名 )を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 4. 事 業 所 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 5. 労 働 保 険 番 号 を 記 載 継 続 事 業 の 一 括 の 認 可 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 労 働 保 険 番 号 を 記 載 9

10 別 紙 2 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 例 年 月 日 施 工 体 制 台 帳 [ 会 社 名 ] [ 事 業 所 名 ] 建 設 業 の 許 可 許 可 業 種 許 可 番 号 許 可 ( 更 新 ) 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 年 月 日 工 事 名 称 及 び 工 事 内 容 発 注 者 名 及 び 住 所 工 期 自 年 月 日 至 年 月 日 契 約 日 年 月 日 契 約 営 業 所 区 分 名 称 住 所 元 請 契 約 下 請 契 約 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 保 険 加 入 の 有 無 1 事 業 所 整 理 記 号 等 区 分 営 業 所 の 名 称 2 健 康 保 険 3 厚 生 年 金 保 険 4 雇 用 保 険 5 元 請 契 約 下 請 契 約 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 発 注 者 の 監 督 員 名 権 限 及 び 意 見 申 出 方 法 権 限 及 び 意 見 監 督 員 名 申 出 方 法 現 1. 各 保 険 の 適 場 用 を 受 ける 営 業 所 について 届 出 を 行 っている 場 合 には 権 加 限 入 及 び 行 意 っていない 見 場 合 ( 適 用 を 受 ける 営 業 所 が 複 数 あり 代 そのうち 理 人 一 部 名 について 行 っていない 場 合 を 含 む)は 未 加 入 従 業 申 員 規 出 模 等 方 により 法 各 保 険 の 適 用 が 除 外 される 場 合 は 監 を で 理 技 術 囲 む 者 名 専 任 資 格 内 容 主 任 技 術 者 名 非 専 任 2. 元 請 契 約 に 係 る 営 業 所 の 名 称 及 び 下 請 契 約 に 係 る 営 業 所 の 名 称 をそれぞれ 記 載 専 門 専 門 技 3. 術 事 業 者 所 整 名 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 ( 健 康 保 険 組 合 にあっては 組 合 名 技 )を 術 記 載 者 一 名 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 資 格 内 容 資 格 内 容 4. 担 事 業 所 整 理 当 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 担 の 場 合 は 当 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 工 事 内 容 工 事 内 容 5. 労 働 保 険 番 号 を 記 載 継 続 事 業 の 一 括 の 認 可 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 労 働 保 険 番 号 を 記 載 外 国 人 建 設 就 労 者 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 10 外 国 人 技 能 実 習 生 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 2~5については 元 請 契 約 に 係 る 営 業 所 で 下 請 契 約 を 行 う 場 合 は 下 請 契 約 の 欄 に 同 上 と 記 載 有 無

11 下 請 負 人 に 関 する 事 項 会 社 名 代 表 者 名 住 所 工 事 名 称 及 び 工 事 内 容 工 期 自 年 月 日 至 年 月 日 契 約 日 年 月 日 建 設 業 の 許 可 施 工 に 必 要 な 許 可 業 種 許 可 番 号 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 大 臣 特 定 工 事 業 知 事 一 般 第 号 号 許 可 ( 更 新 ) 年 月 日 年 月 日 年 月 日 健 康 保 険 等 保 険 加 入 の 有 無 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 の 加 入 状 況 事 業 所 営 業 所 の 名 称 2 健 康 保 険 3 厚 生 年 金 保 険 4 雇 用 保 険 5 整 理 記 号 等 現 場 代 理 人 名 権 限 及 び 意 見 申 出 方 法 主 任 技 術 者 名 資 格 内 容 専 任 非 専 任 安 全 衛 生 責 任 者 名 安 全 衛 生 推 進 者 名 雇 用 管 理 責 任 者 名 専 門 技 術 者 名 資 格 内 容 担 当 工 事 内 容 外 国 人 建 設 就 労 者 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 外 国 人 技 能 実 習 生 の 従 事 の 状 況 ( 有 無 ) 有 無 1 各 保 険 の 適 用 を 受 ける 営 業 所 について 届 出 を 行 っている 場 合 には 加 入 行 っていない 場 合 ( 適 用 を 受 ける 営 業 所 が 複 数 あり そのうち 一 部 について 行 っていない 場 合 を 含 む)は 未 加 入 従 業 員 規 模 等 により 各 保 険 の 適 用 が 除 外 される 場 合 は を で 囲 む 2 請 負 契 約 に 係 る 営 業 所 の 名 称 について 記 載 3 事 業 所 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 ( 健 康 保 険 組 合 にあっては 組 合 名 )を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 4 事 業 所 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 一 括 適 用 の 承 認 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 整 理 記 号 及 び 事 業 所 番 号 を 記 載 5 労 働 保 険 番 号 を 記 載 継 続 事 業 の 一 括 の 認 可 に 係 る 営 業 所 の 場 合 は 本 店 の 労 働 保 険 番 号 を 記 載 2~5については 請 負 契 約 に 係 る 営 業 所 以 外 の 営 業 所 で 再 下 請 契 約 を 行 う 場 合 には 欄 を 追 加 11

12 別 紙 3 作 業 員 名 簿 の 作 成 例 社 会 保 険 関 係 について 別 葉 とする 例 元 請 確 認 欄 提 出 日 平 成 年 月 日 作 業 員 名 簿 事 業 所 の 名 称 一 次 二 次 所 長 名 会 社 名 会 社 名 番 号 ふりがな 社 会 保 険 氏 名 1 健 康 保 険 2 年 金 保 険 3 雇 用 保 険 上 段 に 健 康 保 険 の 名 称 ( 健 康 保 険 組 合 協 会 けんぽ 建 設 国 保 国 民 健 康 保 険 ) 下 段 に 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 番 号 の 下 4けた ( 番 号 が4 桁 以 下 の 場 合 は 当 該 番 号 )を 記 載 上 記 の 保 険 に 加 入 しておらず 後 期 高 齢 者 である 等 により 国 民 健 康 保 険 の 適 用 除 外 である 場 合 には 上 段 に と 記 載 2 上 段 に 年 金 保 険 の 名 称 ( 厚 生 年 金 国 民 年 金 等 )を 記 載 各 年 金 の 受 給 者 である 場 合 は 上 段 に 受 給 者 と 記 載 3 下 段 に 被 保 険 者 番 号 の 下 4けたを 記 載 ( 日 雇 労 働 被 保 険 者 の 場 合 には 上 段 に 日 雇 保 険 と 記 載 ) 事 業 主 である 等 により 雇 用 保 険 の である 場 合 には 上 段 に と 記 載 既 存 の 様 式 に 社 会 保 険 関 係 を 組 み 込 む 例 元 請 確 認 欄 提 出 日 平 成 年 月 日 作 業 員 名 簿 事 業 所 の 名 称 一 次 二 次 所 長 名 会 社 名 会 社 名 番 号 ふりがな 氏 名 職 種 最 近 の 健 康 診 断 日 特 殊 健 康 診 断 日 1 健 康 保 険 教 育 実 施 年 月 日 血 圧 血 液 型 種 類 2 年 金 保 険 3 雇 用 保 険 雇 入 職 長 特 別 教 育 入 場 年 月 日 教 育 実 施 日 ) 班 長 コード 年 月 日 年 月 日 年 月 日 班 長 コード 年 月 日 年 月 日 年 月 日 班 長 コード 年 月 日 年 月 日 年 月 日 1 左 欄 に 健 康 保 険 の 名 称 ( 健 康 保 険 組 合 協 会 けんぽ 建 設 国 保 国 民 健 康 保 険 ) 右 欄 に 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 番 号 の 下 4けた ( 番 号 が4 桁 以 下 の 場 合 は 当 該 番 号 )を 記 載 上 記 の 保 険 に 加 入 しておらず 後 期 高 齢 者 である 等 により 国 民 健 康 保 険 の 適 用 除 外 である 場 合 には 左 欄 に と 記 載 2 左 欄 に 年 金 保 険 の 名 称 ( 厚 生 年 金 国 民 年 金 等 )を 記 載 各 年 金 の 受 給 者 である 場 合 は 左 欄 に 受 給 者 と 記 載 3 右 欄 に 被 保 険 者 番 号 の 下 4けたを 記 載 ( 日 雇 労 働 被 保 険 者 の 場 合 には 左 欄 に 日 雇 保 険 と 記 載 ) 事 業 主 である 等 により 雇 用 保 険 の である 場 合 には 左 欄 に と 記 載 12

13 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 参 考 2 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは 平 成 年 度 にかけての 取 組 を 中 心 に 記 載 したものであり 本 取 組 状 況 等 を 踏 まえて 必 要 があると 認 められるときは 見 直 し 等 の 所 要 の 措 置 を 実 施 するとしていたところ 検 討 上 の 課 題 方 向 性 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 の 活 用 が 十 分 に 進 んでいないことから 活 用 を 促 進 するための 環 境 整 備 が 必 要 目 標 年 次 まで2 年 余 りに 迫 っていることから 平 成 29 年 度 以 降 の 姿 を 見 据 えた 具 体 的 取 組 内 容 を 明 示 するとともに 派 生 す る 課 題 への 対 応 ( 加 入 状 況 の 記 載 の 真 正 性 の 確 保 保 険 加 入 義 務 の 潜 脱 を 図 った 小 規 模 事 業 主 化 の 抑 止 )が 必 要 改 訂 の 主 な 内 容 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 提 出 の 見 積 条 件 への 明 示 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 の 提 出 について 元 請 企 業 から 下 請 企 業 に 対 する 見 積 条 件 に 明 示 することを 記 載 ( 下 請 企 業 が 再 下 請 に 出 す 場 合 も 同 様 ) 提 出 された 見 積 書 を 尊 重 し 各 々の 対 等 な 立 場 における 合 意 に 基 づいて 請 負 金 額 に 適 切 に 反 映 することが 必 要 であり 他 の 費 用 との 減 額 調 整 を 厳 に 慎 むことを 記 載 適 切 な 保 険 に 加 入 した 下 請 企 業 労 働 者 のみからなる 工 事 の 試 行 的 実 施 (モデル 現 場 ) 平 成 29 年 度 以 降 を 見 据 え すべての 下 請 企 業 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したものに 限 定 した 工 事 や 工 事 の 規 模 等 に 鑑 みて 可 能 である 場 合 にはすべての 作 業 員 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したものに 限 定 した 工 事 を 試 行 的 に 実 施 することが 望 ましいと 記 載 情 報 システムへの 関 係 資 料 の 添 付 による 保 険 加 入 情 報 の 記 載 の 真 正 性 の 確 保 保 険 加 入 状 況 に 関 する 作 業 員 名 簿 の 記 載 の 真 正 性 の 確 保 に 向 けた 措 置 について 望 ましい から 努 める に 改 めるととも に 情 報 システムにおいて 関 係 資 料 を 電 子 データで 添 付 する 方 法 によることを 許 容 施 工 体 制 台 帳 再 下 請 通 知 書 作 業 員 名 簿 の 正 確 な 記 載 による 雇 用 と 請 負 の 明 確 化 施 工 体 制 台 帳 再 下 請 負 通 知 書 及 び 作 業 員 名 簿 について 下 請 企 業 と 建 設 労 働 者 との 関 係 を 正 しく 認 識 した 上 で 記 載 する よう 明 記 平 成 27 年 1 月 15 日 パブリックコメント 実 施 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 内 容 を 適 用 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 一 部 改 訂 )

14 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(1/2) 第 1 趣 旨 本 ガイドラインは 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきもの 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1) 総 論 社 会 保 険 については 関 係 者 を 挙 げて 未 加 入 問 題 への 対 策 を 進 め 技 能 労 働 者 の 雇 用 環 境 の 改 善 や 不 良 不 適 格 業 者 の 排 除 に 取 り 組 むことが 求 めら れており 元 請 企 業 においても 下 請 企 業 に 対 する 指 導 等 の 取 組 を 講 じる 必 要 指 導 対 象 は 元 請 企 業 と 直 接 の 契 約 関 係 にある 者 に 限 られず 元 請 企 業 が 請 け 負 った 建 設 工 事 に 従 事 するすべての 下 請 企 業 だが 元 請 企 業 がすべて 直 接 指 導 せず 直 接 の 契 約 関 係 にある 下 請 企 業 に 指 示 し 又 は 協 力 させ 元 請 企 業 はこれを 統 括 するという 方 法 も 可 能 (2) 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 指 導 等 様 々な 機 会 をとらえて 協 力 会 社 の 社 会 保 険 に 対 する 意 識 を 高 めることが 重 要 であり 具 体 的 には 次 の 取 組 を 実 施 (ア) 協 力 会 社 の 社 会 保 険 加 入 状 況 の 定 期 的 な 把 握 (イ) 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 社 会 保 険 の 周 知 啓 発 や 加 入 勧 奨 (ウ) 未 加 入 が 発 覚 した 協 力 会 社 への 早 期 加 入 指 導 (エ) 再 下 請 企 業 が 同 様 の 取 組 を 行 うよう 協 力 会 社 を 通 じて 指 導 平 成 29 年 度 以 降 を 見 据 え すべての 下 請 企 業 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したものに 限 定 した 工 事 や 工 事 の 規 模 等 に 鑑 みて 可 能 である 場 合 にはすべて の 作 業 員 を 適 切 な 保 険 に 加 入 したものに 限 定 した 工 事 を 試 行 的 に 実 施 することが 望 ましい (3) 下 請 企 業 選 定 時 の 確 認 指 導 等 (4) 再 下 請 負 通 知 書 を 活 用 した 確 認 指 導 等 下 請 契 約 に 先 立 って 選 定 の 候 補 となる 建 設 企 業 について 社 会 保 険 の 加 入 状 況 を 確 認 1し でないにもかかわらず 未 加 入 である 場 合 には 早 期 に 加 入 手 続 を 進 めるよう 指 導 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 においては 社 会 保 険 の 全 部 又 は 一 部 に ではなく 未 加 入 である 建 設 企 業 を 下 請 企 業 に 選 定 しないとの 取 扱 いとすべき (5) 作 業 員 名 簿 を 活 用 した 確 認 指 導 等 再 下 請 負 通 知 書 の 健 康 保 険 等 の 加 入 状 況 欄 により 下 請 企 業 が 社 会 保 険 に 加 入 していることを 確 認 し 未 加 入 の 企 業 があれ ば (3)と 同 様 に 指 導 新 規 入 場 者 の 受 け 入 れに 際 して 各 作 業 員 について 作 業 員 名 簿 の 社 会 保 険 欄 を 確 認 し 未 加 入 等 が 発 覚 した 場 合 には 作 業 員 名 簿 を 作 成 した 下 1 2 請 企 業 に 対 し 作 業 員 を 適 切 な 保 険 に 加 入 させるよう 指 導 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 においては 適 切 な 保 険 への 加 入 が 確 認 できない 作 業 員 について 特 段 の 理 由 がない 限 り 現 場 入 場 を 認 めないとの 取 扱 いとすべき (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 について 元 請 企 業 は 適 宜 の 方 法 によって 把 握 し 未 加 入 である 場 合 には 指 導 を 行 うべき 1 確 認 にあたっては 必 要 に 応 じ 関 係 資 料 のコピーを 提 示 させるなど 真 正 性 の 確 保 に 向 けた 措 置 を 講 ずるよう 努 める 2 情 報 システムを 利 用 して 各 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 を 確 認 する 場 合 にあっては 必 要 な 資 料 を 電 子 データで 添 付 する 方 法 により 提 示 させることも 可 能

15 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (7) 建 設 工 事 の 施 工 現 場 等 における 周 知 啓 発 関 係 者 に 対 し 周 知 啓 発 を 図 るため 次 の 取 組 を 継 続 して 実 施 ア ポスター 掲 示 パンフレット 等 提 供 講 習 会 開 催 による 周 知 啓 発 第 3 下 請 企 業 の 役 割 と 責 任 ア その 雇 用 する 労 働 者 の 社 会 保 険 加 入 手 続 を 適 切 に 行 うこと イ 元 請 企 業 が 行 う 指 導 に 協 力 すること イ 協 力 会 社 組 織 を 通 じた 社 会 保 険 の 周 知 啓 発 や 加 入 勧 奨 (8) 法 定 福 利 費 の 適 正 な 確 保 元 請 負 人 及 び 下 請 負 人 は 見 積 時 から 法 定 福 利 費 を 必 要 経 費 として 適 正 に 確 保 する 必 要 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 の 提 出 について 下 請 企 業 に 対 する 見 積 条 件 に 明 示 提 出 された 見 積 書 を 尊 重 元 請 負 人 が 法 定 福 利 費 相 当 額 を 一 方 的 に 削 減 したり 労 務 費 そのものや 他 の 費 用 で 減 額 調 整 を 行 うなど 実 質 的 に 法 定 福 利 費 相 当 額 を 賄 うこと ができない 金 額 で 建 設 工 事 の 請 負 契 約 を 締 結 し その 結 果 通 常 必 要 と 認 められる 原 価 に 満 たない 金 額 となる 場 合 には 建 設 業 法 第 19 条 の3の 不 当 に 低 い 請 負 代 金 の 禁 止 に 違 反 するおそれがあり 厳 に 慎 む 従 業 員 の 社 会 保 険 加 入 義 務 を 負 っているのは 雇 用 主 そのため 特 に 下 請 企 業 自 らが 積 極 的 にその 責 任 を 果 たすことが 必 要 不 可 欠 建 設 労 働 者 について 労 働 者 である 社 員 と 請 負 関 係 にある 者 の 二 者 を 明 確 に 区 別 した 上 で 労 働 者 である 社 員 についての 保 険 加 入 手 続 を 適 切 に 行 う 施 工 体 制 台 帳 再 下 請 負 通 知 書 及 び 作 業 員 名 簿 について 下 請 負 人 と 建 設 労 働 者 との 関 係 を 正 しく 認 識 した 上 で 記 載 労 務 関 係 経 費 の 削 減 を 意 図 して 雇 用 者 を 個 人 事 業 主 として 請 負 契 約 を 結 ぶことは 偽 装 請 負 として 労 働 関 係 法 令 に 抵 触 するおそれ 元 請 企 業 の 指 導 が 建 設 工 事 の 施 工 に 携 わる 全 ての 下 請 企 業 に 行 き 渡 るよう 元 請 企 業 による 指 導 の 足 りないところを 指 摘 補 完 し もしくはこれを 分 担 再 下 請 企 業 ( 自 社 を 含 む)の 作 業 員 の 保 険 加 入 状 況 を 確 認 その 真 正 性 の 確 保 に 努 める 当 該 状 況 について 元 請 企 業 に 情 報 提 供 ウ 必 要 な 法 定 福 利 費 の 確 保 自 ら 負 担 しなければならない 法 定 福 利 費 を 適 正 に 見 積 り 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 を 注 文 者 に 提 出 エ 再 下 請 負 人 の 法 定 福 利 費 の 適 正 な 確 保 再 下 請 負 させた 場 合 は 第 2(8)と 同 様 に 再 下 請 負 人 の 法 定 福 利 費 を 適 正 に 確 保 するよう 努 める 第 4 施 行 期 日 等 平 成 24 年 7 月 4 日 通 知 平 成 24 年 11 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 今 後 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 状 況 や 社 会 保 険 未 加 入 対 策 の 取 組 状 況 及 び 成 果 本 ガイドラインに 基 づく 取 組 状 況 等 を 踏 まえて 必 要 があると 認 めるとき は 速 やかにガイドラインの 見 直 しなど 所 要 の 措 置 を 講 ずる

16 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 の 全 体 像 総 合 的 対 策 の 推 進 現 状 特 に 年 金 医 療 雇 用 保 険 に 未 加 入 の 企 業 が 存 在 企 業 別 3 保 険 ともに 加 入 している 割 合 93% 労 働 者 別 元 請 83% 1 次 66% 2 次 57% 3 次 58% <H26.10 公 共 事 業 労 務 費 調 査 > 行 政 による チェック 指 導 目 指 す 姿 実 施 後 5 年 ( 平 成 29 年 度 以 降 )を 目 途 に 企 業 単 位 では 許 可 業 者 の 加 入 率 100% 労 働 者 単 位 では 製 造 業 相 当 の 加 入 状 況 を 目 指 す これにより 技 能 労 働 者 の 処 遇 の 向 上 建 設 産 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 する 企 業 による 公 平 で 健 全 な 競 争 環 境 の 構 築 課 題 技 能 労 働 者 の 処 遇 の 低 さが 若 年 入 職 者 減 少 の 一 因 となり 産 業 の 存 続 に 不 可 欠 な 技 能 の 承 継 が 困 難 に 適 正 に 法 定 福 利 費 を 負 担 する 企 業 ほど 受 注 競 争 上 不 利 という 不 公 正 な 競 争 環 境 推 進 協 議 会 の 設 置 ( 第 4 回 H 実 施 ) 保 険 加 入 促 進 計 画 の 策 定 ダンピング 対 策 直 轄 工 事 における 対 策 下 請 企 業 への 指 導 ( 下 請 指 導 ガイドライン) <H24.11~> <H24.7~> 経 営 事 項 審 査 における 減 点 幅 の 拡 大 協 力 会 社 施 工 現 場 に 対 する 周 知 啓 発 や 加 入 状 況 の 定 期 把 握 加 入 指 導 下 請 企 業 の 選 定 時 に 加 入 状 況 の 確 認 指 導 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 は 未 加 入 企 業 を 下 請 企 業 に 選 定 しない 取 扱 い とすべき 2 次 以 下 についても 確 認 指 導 新 規 入 場 者 の 受 け 入 れに 際 し 適 切 な 保 険 に 加 入 させるよう 下 請 企 業 を 指 導 遅 くとも 平 成 29 年 度 以 降 は 加 入 が 確 認 出 来 ない 作 業 員 の 現 場 入 場 を 認 めない 取 扱 いとすべき 等 <H24.11~> 許 可 時 経 審 時 に 加 入 状 況 を 確 認 指 導 立 入 検 査 時 には 加 入 状 況 に 加 え 元 請 企 業 の 下 請 企 業 への 指 導 状 況 を 確 認 指 導 指 導 に 従 わず 未 加 入 の 企 業 は 保 険 担 当 部 局 への 通 報 や 監 督 処 分 の 対 象 に <H26.8~> 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 企 業 に 対 する 指 導 監 督 を 強 化 元 請 企 業 及 び 下 請 代 金 の 総 額 が3 千 万 円 以 上 の 工 事 における 一 次 下 請 企 業 を 社 会 保 険 等 加 入 企 業 に 限 定 法 定 福 利 費 の 確 保 ( 直 轄 工 事 の 予 定 価 格 への 反 映 標 準 見 積 書 の 活 用 ) 社 会 保 険 等 への 加 入 原 資 となる 法 定 福 利 費 を 適 切 に 確 保 するため 各 専 門 工 事 業 団 体 が 作 成 した 標 準 見 積 書 の 活 用 等 により 法 定 福 利 費 を 内 訳 明 示 した 見 積 書 の 下 請 企 業 から 元 請 企 業 への 提 出 を 平 成 25 年 9 月 末 から 一 斉 に 開 始 ( 第 3 回 社 会 保 険 未 加 入 対 策 推 進 協 議 会 (H )において 申 し 合 わせ) < 公 共 ( 直 轄 ) 発 注 者 > 1 現 場 管 理 費 率 式 ( 土 木 ) 複 合 単 価 市 場 単 価 等 ( 建 築 )の 見 直 し( 事 業 主 負 担 分 ) 及 び 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 の 改 訂 ( 本 人 負 担 分 )により 必 要 な 法 定 福 利 費 の 額 を 予 定 価 格 に 反 映 < 元 請 企 業 > 2 発 注 者 に 対 し 必 要 な 費 用 を 適 正 に 考 慮 した 金 額 による 見 積 及 び 契 約 締 結 を 行 うよう 要 請 3 専 門 工 事 業 者 に 法 定 福 利 費 が 内 訳 明 示 された 見 積 書 の 提 出 を 求 めるとともに 提 出 された 場 合 こ れを 尊 重 < 下 請 企 業 ( 専 門 工 事 業 者 )> 4 法 定 福 利 費 が 内 訳 明 示 された 標 準 見 積 書 ( 専 門 工 事 業 団 体 作 成 )を 活 用 等 して 元 請 企 業 に 見 積 提 出 < 民 間 発 注 者 > 主 要 民 間 発 注 者 に 対 し 必 要 以 上 の 低 価 格 による 発 注 を 避 け 法 定 福 利 費 等 の 必 要 な 経 費 を 見 込 ん だ 発 注 を 行 うこと 法 定 福 利 費 が 着 実 に 確 保 される よう 見 積 契 約 等 の 際 に 配 慮 すること 等 を 要 請 ( 法 定 福 利 費 確 保 のイメージ) 労 働 者 法 定 福 利 費 の 流 れ 下 請 企 業 を 実 現 34 公 共 民 間 発 注 者 2 元 請 企 業 1

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(1/2) 第 1 趣 旨 本 ガイドラインは 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきもの 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

スライド 1

スライド 1 みんなで 取 り 組 む 建 設 業 の 保 険 加 入 ~ 新 たな 取 組 みがスタートしました ~ Ⅰ-1 社 会 保 険 加 入 の 徹 底 このような 状 況 に 対 し 建 設 業 に 関 わる 関 係 者 が 一 体 となった 取 り 組 みにより 社 会 保 険 加 入 を 徹 底 する ことで 企 業 間 の 健 全 な 競 争 環 境 の 構 築 と 持 続 的 な 発 展 に

More information

8 保 険 に 加 入 するとどんなメリットがある 社 会 保 険 制 度 は 私 たちの 長 い 職 業 生 活 の 中 で 避 けては 通 ることのできない 心 身 上 のさまざまな 問 題 に 対 処 するために 設 けられた 社 会 保 障 制 度 です 社 会 保 険 制 度 は 私 たち

8 保 険 に 加 入 するとどんなメリットがある 社 会 保 険 制 度 は 私 たちの 長 い 職 業 生 活 の 中 で 避 けては 通 ることのできない 心 身 上 のさまざまな 問 題 に 対 処 するために 設 けられた 社 会 保 障 制 度 です 社 会 保 険 制 度 は 私 たち 社 会 保 険 未 加 入 対 策 に 関 するQ&A(よくある 質 問 ) No 質 問 内 容 回 答 1 建 設 業 における 社 会 保 険 未 加 入 対 策 とは 何 建 設 産 業 では 下 請 企 業 を 中 心 に 関 係 法 令 により 加 入 が 義 務 付 けられている 年 金 医 療 雇 用 の 各 保 険 ( 社 会 保 険 等 )について 企 業 としての 未 加 入

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323131323081408D918CF08FC881408ED089EF95DB8CAF96A289C193FC91CE8DF48140838A815B8374838C83628367816982538EED97DE816A5F3230313231313230>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323131323081408D918CF08FC881408ED089EF95DB8CAF96A289C193FC91CE8DF48140838A815B8374838C83628367816982538EED97DE816A5F3230313231313230> 工 事 発 注 をされる 方 へ 発 注 先 の 事 業 者 に 対 して 労 働 者 の 社 会 保 険 加 入 を 求 めましょう ~ 発 注 先 ( 元 請 企 業 )には 下 請 企 業 の 労 働 者 の 加 入 指 導 も 求 めて 下 さい~ 従 業 員 を 社 会 保 険 に 加 入 させていない 会 社 は 法 令 違 反 の 不 良 不 適 格 業 者 です 契 未 約 加 す

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

<3135313032308E6D964089FC90B3518195412E786C7378>

<3135313032308E6D964089FC90B3518195412E786C7378> 講 習 会 で 出 された 質 問 と 回 答 平 成 27 年 5 月 1 日 ~6 月 24 日 に 開 催 された 建 築 三 会 による 建 築 士 建 築 士 事 務 所 のための 改 正 建 築 士 法 講 習 会 の 質 問 票 により 出 された 質 問 について 質 問 と 回 答 を 以 下 に 掲 載 いたします なお 同 様 の 質 問 はまとめ 質 問 の 趣 旨 が 不

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information