付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の"

Transcription

1 浜 の 活 力 再 生 プラン 1 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 焼 津 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 代 表 者 名 西 川 角 次 郎 再 生 委 員 会 の 構 成 員 焼 津 漁 業 協 同 組 合 焼 津 市 株 式 会 社 事 代 丸 オブザーバー 静 岡 県 経 済 産 業 部 水 産 業 局 水 産 振 興 課 静 岡 県 水 産 技 術 研 究 所 社 団 法 人 焼 津 水 産 会 焼 津 市 魚 仲 水 産 加 工 業 協 同 組 合 再 生 委 員 会 の 規 約 及 び 推 進 体 制 の 分 かる 資 料 を 添 付 すること 対 象 となる 地 域 の 範 囲 及 静 岡 県 焼 津 市 び 漁 業 の 種 類 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 (8 経 営 体 123 名 ) 海 外 まき 網 漁 業 (2 経 営 体 76 名 ) 沿 岸 漁 業 (29 経 営 体 焼 津 沿 岸 漁 業 者 協 会 会 員 32 名 ) 他 全 国 遠 洋 漁 船 策 定 時 点 で 対 象 となる 漁 業 者 数 も 記 載 すること 2 地 域 の 現 状 (1) 関 連 する 水 産 業 を 取 り 巻 く 現 状 等 焼 津 漁 港 は 全 国 有 数 の 遠 洋 沖 合 漁 業 の 基 地 としてその 名 を 知 られており 昭 和 35 年 には 全 国 13 漁 港 のひとつとして 特 定 第 3 種 漁 港 に 指 定 されている 関 東 と 関 西 の 中 央 に 位 置 する 立 地 条 件 の 良 さなどにより 常 に 全 国 でも1 2 位 の 水 揚 数 量 水 揚 金 額 ( 平 成 26 年 度 水 揚 数 量 155,536 トン 全 国 2 位 水 揚 金 額 406 億 円 全 国 2 位 )を 誇 る 水 産 物 流 通 拠 点 漁 港 であり 背 後 地 には 名 古 屋 税 関 清 水 税 関 支 署 焼 津 出 張 所 名 古 屋 検 疫 所 焼 津 出 張 所 静 岡 県 焼 津 漁 港 管 理 事 務 所 静 岡 県 水 産 技 術 研 究 所 静 岡 県 漁 業 高 等 学 園 及 び 焼 津 水 産 高 等 学 校 等 が 設 置 されており 焼 津 漁 港 の 健 全 な 維 持 発 展 が 地 場 水 産 業 の 振 興 はもとより 国 内 における 安 全 安 心 な 天 然 水 産 物 の 安 定 供 給 という 大 きな 役 割 を 担 っている 同 漁 港 には 焼 津 地 区 と 小 川 地 区 があり 焼 津 地 区 ではカツオ マグロの 水 揚 げを 主 とした 遠 洋 漁 業 小 川 地 区 ではサバ アジの 水 揚 げを 主 体 とした 沿 岸 沖 合 漁 業 が 盛 んである 当 焼 津 地 区 の 遠 洋 漁 業 の 歴 史 は 古 く 文 献 によると 江 戸 時 代 にはすでに 遠 洋 かつお 釣 り 漁 業 の 形 態 を 整 えていたと 言 われ 駿 河 湾 に 面 した 荒 波 洗 う 自 然 海 岸 に 市 場 が 開 設 され 水 揚 作 業 は 沖 合 に 停 泊 した 漁 船 から 艀 (はしけ)によって 行 われていた それ 以 来 石 油 発 動 機

2 付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の 外 港 の 完 成 第 8 次 第 9 次 による 新 屋 新 港 の 完 成 整 備 等 遠 洋 漁 業 の 流 通 加 工 拠 点 漁 港 としての 充 実 が 図 られてきた しかしながら 近 年 当 地 の 漁 業 生 産 量 も 我 が 国 の 他 の 生 産 地 と 同 様 に 資 源 水 準 の 低 迷 環 境 や 生 態 系 の 保 全 等 新 たな 視 点 に 立 った 国 際 漁 場 の 規 制 強 化 等 を 背 景 として 減 少 傾 向 にあ る この 打 開 策 として 平 成 10 年 にはFAOによる 国 際 資 源 管 理 対 象 に 基 づく 遠 洋 鮪 漁 船 の 減 船 が 実 施 され 焼 津 漁 協 所 属 の 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 船 も7 隻 の 減 船 を 余 儀 なくされた また 昨 今 の 漁 船 漁 業 は 輸 入 マグロの 急 増 便 宜 置 籍 漁 船 の 横 行 燃 油 をはじめとした 漁 撈 経 費 の 増 大 後 継 者 不 足 入 漁 料 問 題 等 々もあって 大 型 漁 船 経 営 者 の 自 助 努 力 はもはや 限 界 に 達 しているのが 現 状 である このように 操 業 漁 船 そのものが 減 少 傾 向 にある 中 当 地 における 水 揚 集 荷 の 維 持 を 図 るべ く 従 来 から 漁 協 役 職 員 が 外 地 船 誘 致 に 全 国 に 出 向 くとともに 水 揚 優 秀 船 及 び 地 元 所 属 漁 船 の 優 良 船 員 の 組 合 長 表 彰 を 実 施 しており 一 方 では 焼 津 市 長 が 会 長 を 務 める 水 産 関 係 団 体 で 組 織 する 焼 津 市 水 産 振 興 会 の 主 催 により オール 焼 津 としてこの 栄 誉 を 称 えるため 水 揚 優 秀 船 の 船 主 及 び 漁 撈 長 を 招 き 市 長 表 彰 並 びに 記 念 品 を 贈 呈 するとともに 本 年 は 天 然 ミナ ミマグロの 普 及 に 補 助 金 交 付 要 綱 を 策 定 するなど 官 民 一 体 となった 活 動 を 展 開 している このような 中 平 成 25 年 度 に 焼 津 漁 港 の 新 たな 特 定 漁 港 整 備 計 画 が 策 定 され 津 波 を 想 定 した 防 災 減 災 対 策 としての 防 波 堤 の 整 備 や 海 外 まき 網 漁 船 の 大 型 化 に 対 応 した-9.0m 大 水 深 岸 壁 の 増 深 工 事 が 進 められようとしており これと 連 動 し 平 成 28 年 にはEU 対 応 も 視 野 に 入 れた 高 度 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 の 建 設 を 予 定 している また 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 船 の 資 源 管 理 が 実 を 結 び みなみまぐろ 保 存 委 員 会 の 国 別 漁 獲 割 当 量 が 平 成 26 年 度 の 年 3,403 トンから 平 成 27 年 度 からの3 年 間 は 年 4,737 トンに 増 枠 されることになった 一 方 当 焼 津 地 区 の 沿 岸 漁 業 については 地 先 が 急 深 で 磯 焼 け 現 象 による 藻 場 の 消 失 も 進 んでおり 好 漁 場 とは 言 えないが 焼 津 沿 岸 漁 業 者 協 会 を 組 織 し 主 に 太 刀 魚 の 一 本 釣 漁 や 刺 網 漁 を 行 い 併 せて 遊 漁 船 業 を 営 んでいる ほとんどの 会 員 が 大 船 ( 遠 洋 漁 船 )を 下 船 後 小 船 による 漁 業 を 始 めた 方 々で 高 齢 化 が 大 きな 課 題 となっている また 焼 津 漁 港 のカツオ マグロ サバを 主 とした 豊 富 な 水 揚 げを 背 景 に 古 くから 水 産 加 工 業 も 盛 んで 当 魚 市 場 で 水 揚 げされる 漁 獲 物 は 生 食 用 の 他 鰹 節 なまり 節 佃 煮 缶 詰 等 に 加 工 されており 特 に 鰹 節 にあっては 当 地 焼 津 九 州 の 枕 崎 山 川 町 で 全 国 生 産 量 のほ とんどを 占 めているが これを 流 通 関 係 で 見 ると 焼 津 魚 市 場 の 取 り 扱 う 総 取 扱 金 額 の 約 40%が 生 鮮 食 料 品 向 け 約 60%が 加 工 原 料 向 けとして 全 国 に 出 荷 されているなど マグロ サバの 加 工 も 含 め 多 彩 な 水 産 加 工 業 の 集 積 は 交 通 の 利 便 性 と 相 まって 水 産 都 市 焼 津 を 全 国 に 知 らしめる 大 きな 要 因 となった

3 (2)その 他 の 関 連 する 現 状 等 焼 津 市 は 駿 河 湾 に 面 した 15.5km の 海 岸 線 を 有 しているが JR の 最 寄 り 駅 から 徒 歩 10 分 で 行 ける 特 定 第 3 種 漁 港 は 全 国 でも 焼 津 港 だけであり 焼 津 を 語 る 上 で 海 港 を 外 すこと はできず 焼 津 市 民 も 日 本 一 の 水 産 都 市 の 持 続 的 な 繁 栄 には 大 きな 関 心 を 寄 せているとこ ろである 毎 年 年 明 けの 1 月 1 日 には 焼 津 神 社 にのぼり 旗 を 掲 げ 1 年 の 航 海 安 全 と 大 漁 祈 願 に 始 ま り 4 月 には 焼 津 みなとまつり が 焼 津 旧 港 跡 地 にて 開 催 され 景 品 にはかつお 及 び 水 産 加 工 品 多 数 が 用 意 されている 更 に 同 日 焼 津 みなとマラソン( 日 本 陸 連 公 認 )が 焼 津 新 港 を スタート ゴール 地 点 として 開 催 され エントリーした 各 大 学 生 一 般 市 民 ランナーが 健 脚 を 競 う また 焼 津 漁 協 関 連 として 焼 津 漁 業 の 礎 を 築 いた 三 人 の 水 産 翁 を 称 える 水 産 翁 慰 霊 祭 をはじめ 大 漁 祈 願 祭 や 魚 族 供 養 を 催 行 それ 以 外 焼 津 市 焼 津 市 観 光 協 会 主 催 の 焼 津 海 上 花 火 大 会 焼 津 商 工 会 議 所 主 催 の オータムフェスト 第 3 セクターによる 焼 津 さかなセンターまつり 焼 津 港 小 川 地 区 の 鯖 まつり や 大 井 川 地 区 の 桜 海 老 まつり など 年 間 を 通 して 市 民 が 親 しむ 何 らかの 水 産 関 連 行 事 が 催 されている さらに 漁 港 関 連 施 設 も 整 備 され 特 に 新 港 南 側 の 鰯 ヶ 島 地 区 は 開 かれた 漁 港 として 位 置 づけられ 駿 河 湾 深 層 水 の 取 水 脱 塩 研 究 施 設 とともに 深 層 水 ミュージアムや 深 層 水 を 利 用 した 健 康 増 進 施 設 アクアスやいづ 更 にはフィッシングゾーンを 隣 接 2.3 haの 親 水 広 場 ふぃしゅーな は 小 川 地 区 のプラネタリウム ディスカバリーパーク 焼 津 天 文 科 学 館 とともに 市 民 の 憩 いの 場 として 利 用 されている

4 3 活 性 化 の 取 組 方 針 (1) 基 本 方 針 1 漁 業 収 入 を 向 上 させるための 取 り 組 み 遠 洋 漁 業 関 係 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) による 収 益 性 向 上 のための モデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 めるとともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がん ばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 する ため 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う また 魚 価 向 上 並 びに 食 の 安 全 安 心 に 配 慮 した 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 及 び 冷 蔵 庫 の 建 設 に 加 え 魚 価 対 策 として 魚 食 普 及 活 動 や 直 販 等 積 極 的 な PR 活 動 を 展 開 する 沿 岸 漁 業 関 係 活 魚 等 の 生 存 率 を 高 めるために 深 層 水 を 利 用 する また あわび 稚 貝 の 放 流 マダイの 中 間 育 成 放 流 を 引 き 続 き 実 施 するとともに 海 上 保 安 部 と 連 携 して あわび さざえ 等 の 密 漁 防 止 に 全 力 を 尽 くす 2 漁 業 コストの 削 減 遠 洋 漁 業 関 係 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) による 収 益 性 向 上 のための モデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 めるとともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がん ばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 する ため 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う また 漁 業 後 継 者 の 育 成 については 当 地 焼 津 において 大 正 4 年 から 実 施 している 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 ( 航 海 内 燃 機 関 3~5 級 )を 行 政 の 協 力 の 下 引 き 続 き 毎 年 開 催 する 沿 岸 漁 業 関 係 燃 油 急 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 するとともに 省 エネルギー 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 員 就 業 対 策 事 業 による 漁 船 灯 火 の LED 化 等 を 推 進 する (2) 漁 獲 努 力 量 の 削 減 維 持 及 びその 効 果 に 関 する 担 保 措 置 遠 洋 漁 業 関 係 CCSBT(みなみまぐろ 保 存 委 員 会 )により 決 定 されたミナミマグロの 国 別 漁 獲 割 当 にもと づいて 各 船 に 振 り 分 けられた 漁 獲 枠 を 遵 守 する また 同 委 員 会 にて 採 択 された 保 存 管 理 措 置 を 遵 守 する WCPFC( 中 西 部 太 平 洋 まぐろ 類 委 員 会 )により 決 定 された 熱 帯 マグロ(メバチ キハダ カツオ)などの 保 存 管 理 措 置 を 遵 守 する 沿 岸 漁 業 関 係

5 静 岡 県 漁 業 調 整 規 則 により 採 捕 できる 水 産 動 物 の 体 長 制 限 採 捕 禁 止 期 間 及 び 漁 法 制 限 等 を 遵 守 する 漁 協 の 共 同 漁 業 権 行 使 規 則 により 採 捕 禁 止 期 間 等 を 設 け 遵 守 する (3) 具 体 的 な 取 組 内 容 ( 毎 年 ごとに 数 値 目 標 とともに 記 載 ) 1 年 目 ( 平 成 27 年 度 ) 漁 業 収 入 向 上 の 全 般 的 取 り 組 み ための 取 組 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 国 が 策 定 した 高 度 衛 生 管 理 基 本 計 画 に 基 づき 平 成 28 年 度 の 完 成 に 向 け 高 度 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 の 整 備 を 進 める 地 元 魚 仲 組 合 への 支 援 協 力 市 場 買 受 人 の 減 少 に 歯 止 めをかけるため の 対 策 を 強 化 する 具 体 的 には 漁 協 として 地 元 魚 仲 組 合 との 連 携 を 密 にして 買 受 人 資 格 基 準 等 の 弾 力 的 な 取 扱 を 行 う 漁 協 として 引 き 続 き 水 揚 優 秀 船 表 彰 式 の 実 施 や 水 揚 船 誘 致 活 動 など により 水 揚 船 の 誘 致 を 推 進 して 水 産 物 の 安 定 供 給 を 図 る 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 ミナミマグロの 漁 獲 枠 アップが 漁 業 所 得 向 上 に 反 映 されるよう 支 援 協 力 をする 具 体 的 には 漁 協 が 関 係 者 と 連 携 して 魚 価 対 策 ( 魚 食 普 及 活 動 消 費 者 ニーズに 合 わせた 直 販 キャンペーン シェフの 協 力 による 新 たなレシピ 開 発 支 援 視 察 見 学 者 の 受 入 漁 業 資 料 館 の 運 営 等 )を 行 い 水 揚 げ 増 と 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 海 外 まき 網 漁 業 魚 価 の 安 定 を 図 るため 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 既 存 施 設 の 改 良 等 に 着 手 する( 外 港 第 6 バース)

6 漁 業 コスト 削 減 のための 取 組 水 揚 げ 増 を 図 るため 大 型 海 外 まき 網 船 に 対 応 する-9.0m 水 揚 岸 壁 の 整 備 と 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 の 建 設 計 画 に 着 手 する ( 外 港 第 5 バース) 焼 津 市 が 行 う 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 MEL(マリンエコラベルジャパン) 及 び MSC( 海 洋 管 理 協 議 会 の 認 証 )によ る 水 産 資 源 にやさしい 漁 法 を PR する MEL の 使 用 許 可 については 平 成 22 年 に 市 場 買 受 人 9 社 とともに 日 本 水 産 資 源 保 護 協 会 に 申 請 し 取 得 済 で あり 漁 協 として MEL MSC 使 用 に 関 する 事 務 手 続 きの 窓 口 を 務 める ま た シーフードショー 等 の 各 種 イベントに 漁 業 者 買 受 人 とともに 参 加 し PR 活 動 を 展 開 することにより 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 沿 岸 漁 業 漁 協 及 び 漁 業 者 が 実 施 するあわびの 種 苗 の 放 流 をするとともに 中 部 地 域 栽 培 漁 業 推 進 協 議 会 が 主 催 する 中 部 地 域 マダイ 中 間 育 成 放 流 に 参 画 し 中 間 育 成 放 流 の 支 援 協 力 を 行 う 海 上 保 安 部 と 連 携 して 密 漁 防 止 に 協 力 する 具 体 的 には 漁 協 として 漁 業 者 と 連 携 して 操 業 船 による 監 視 活 動 情 報 収 集 等 の 取 組 を 行 う 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 後 継 者 対 策 ( 人 件 費 削 減 含 む)を 主 眼 に 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 及 び 船 舶 免 許 更 新 講 習 会 などを 当 地 焼 津 で 開 催 する 沿 岸 漁 業 燃 油 価 格 の 高 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフテ ィーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 する

7 省 エネ 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 を 使 い 漁 船 灯 を LED に 変 更 を 推 進 する 活 用 する 支 援 措 置 等 もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 ( 国 ) がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 ( 国 ) 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 ( 国 ) 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 ( 国 ) 船 舶 職 員 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 ( 国 ) 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 ( 焼 津 市 ) 魚 仲 関 係 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 ( 国 ) 外 港 第 5 バース 水 産 物 流 通 機 能 高 度 化 対 策 事 業 ( 国 ) 外 港 第 5 バース 水 産 物 産 地 流 通 加 工 高 度 化 対 策 事 業 ( 静 岡 県 )

8 2 年 目 ( 平 成 28 年 度 ) 漁 業 収 入 向 上 の ための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 漁 協 は 国 が 策 定 した 高 度 衛 生 管 理 基 本 計 画 に 基 づき 平 成 28 年 度 の 完 成 に 向 け 高 度 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 の 整 備 を 進 める 地 元 魚 仲 組 合 への 支 援 協 力 市 場 買 受 人 の 減 少 に 歯 止 めをかけるため の 対 策 を 強 化 する 具 体 的 には 漁 協 として 地 元 魚 仲 組 合 との 連 携 を 密 にして 買 受 人 資 格 基 準 等 の 弾 力 的 な 取 扱 を 行 う 漁 協 として 引 き 続 き 水 揚 優 秀 船 表 彰 式 の 実 施 や 水 揚 船 誘 致 活 動 など により 水 揚 船 の 誘 致 を 推 進 して 水 産 物 の 安 定 供 給 を 図 る 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 ミナミマグロの 漁 獲 枠 アップが 漁 業 所 得 向 上 に 大 きく 反 映 されるよう 支 援 協 力 をする 具 体 的 には 漁 協 として 魚 価 対 策 ( 魚 食 普 及 活 動 消 費 者 ニーズに 合 わせた 直 販 キャンペーン シェフの 協 力 による 新 た なレシピ 開 発 支 援 視 察 見 学 者 の 受 入 漁 業 資 料 館 の 運 営 等 )を 行 い 水 揚 げ 増 と 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 海 外 まき 網 漁 業 魚 価 の 安 定 を 図 るため 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 既 存 施 設 の 改 良 等 を 実 施 する( 外 港 第 6 バース) 水 揚 げ 増 を 図 るため 大 型 海 外 まき 網 船 に 対 応 する-9.0m 水 揚 岸 壁 の 整 備 と 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 の 建 設 計 画 に 着 手 する ( 外 港 第 5 バース) 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた PS キハダ カツオの 増 産 に 対 応 すべく 外 港 冷 蔵 庫 (-50 度 )の 建 設 計 画 に 着 手 する 焼 津 市 が 行 う 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事

9 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 MEL(マリンエコラベルジャパン) 及 び MSC( 海 洋 管 理 協 議 会 の 認 証 )によ る 水 産 資 源 にやさしい 漁 法 を PR する MEL の 使 用 許 可 については 平 成 22 年 に 市 場 買 受 人 9 社 とともに 日 本 水 産 資 源 保 護 協 会 に 申 請 し 取 得 済 で あり 漁 協 として MEL MSC 使 用 に 関 する 事 務 手 続 きの 窓 口 を 務 める ま た シーフードショー 等 の 各 種 イベントに 漁 業 者 買 受 人 とともに 参 加 し PR 活 動 を 展 開 することにより 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 沿 岸 漁 業 漁 協 及 び 漁 業 者 が 実 施 するあわびの 種 苗 の 放 流 をするとともに 中 部 地 域 栽 培 漁 業 推 進 協 議 会 が 主 催 する 中 部 地 域 マダイ 中 間 育 成 放 流 に 参 画 し 中 間 育 成 放 流 の 支 援 協 力 を 行 う 海 上 保 安 部 と 連 携 して 密 漁 防 止 に 協 力 する 具 体 的 には 漁 協 として 漁 業 者 と 連 携 して 操 業 船 による 監 視 活 動 情 報 収 集 等 の 取 組 を 行 う 漁 業 コスト 削 減 のための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 後 継 者 対 策 ( 人 件 費 削 減 含 む)を 主 眼 に 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 及 び 船 舶 免 許 更 新 講 習 会 の 開 催 などを 当 地 焼 津 で 開 催 する 沿 岸 漁 業 燃 油 価 格 の 高 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフテ ィーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 する 省 エネ 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 を 使 い 漁 船 灯 を LED に 変 更 を 推 進 する

10 活 用 する 支 援 措 置 等 もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 ( 国 ) がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 ( 国 ) 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 ( 国 ) 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 ( 国 ) 船 舶 職 員 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 ( 国 ) 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 ( 焼 津 市 ) 魚 仲 関 係 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 ( 国 ) 外 港 第 5 バース 水 産 物 流 通 機 能 高 度 化 対 策 事 業 ( 国 ) 外 港 第 5 バース 水 産 物 産 地 流 通 加 工 高 度 化 対 策 事 業 ( 静 岡 県 ) 外 港 冷 蔵 庫 産 地 水 産 業 強 化 支 援 事 業 ( 国 )

11 3 年 目 ( 平 成 29 年 度 ) 漁 業 収 入 向 上 の ための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 平 成 28 年 に 整 備 され 運 用 が 開 始 される 高 度 衛 生 管 理 型 の 荷 捌 所 におい て 漁 獲 物 の 衛 生 管 理 を 徹 底 し 魚 価 アップ 輸 出 促 進 等 に 取 り 組 む 地 元 魚 仲 組 合 への 支 援 協 力 市 場 買 受 人 の 減 少 に 歯 止 めをかけるため の 対 策 を 強 化 する 具 体 的 には 漁 協 として 地 元 魚 仲 組 合 との 連 携 を 密 にして 買 受 人 資 格 基 準 等 の 弾 力 的 な 取 扱 を 行 う 漁 協 として 引 き 続 き 水 揚 優 秀 船 表 彰 式 の 実 施 や 水 揚 船 誘 致 活 動 など により 水 揚 船 の 誘 致 を 推 進 して 水 産 物 の 安 定 供 給 を 図 る 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 ミナミマグロの 漁 獲 枠 アップが 漁 業 所 得 向 上 に 大 きく 反 映 されるよう 支 援 協 力 をする 具 体 的 には 漁 協 として 魚 価 対 策 ( 魚 食 普 及 活 動 消 費 者 ニーズに 合 わせた 直 販 キャンペーン シェフの 協 力 による 新 た なレシピ 開 発 支 援 視 察 見 学 者 の 受 入 漁 業 資 料 館 の 運 営 等 )を 行 い 水 揚 げ 増 と 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 海 外 まき 網 漁 業 魚 価 の 安 定 を 図 るため 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 既 存 施 設 の 改 良 等 を 実 施 する( 外 港 第 6 バース) 大 型 海 外 まき 網 船 に 対 応 した-9.0m 水 揚 岸 壁 と 衛 生 管 理 型 荷 捌 所 が 完 成 運 用 を 開 始 する ( 外 港 第 5 バース) 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた PS キハダ カツオの 増 産 に 対 応 すべく 外 港 冷 蔵 庫 (-50 度 )の 建 設 計 画 に 着 手 する 焼 津 市 が 行 う 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う

12 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 MEL(マリンエコラベルジャパン) 及 び MSC( 海 洋 管 理 協 議 会 の 認 証 )によ る 水 産 資 源 にやさしい 漁 法 を PR する MEL の 使 用 許 可 については 平 成 22 年 に 市 場 買 受 人 9 社 とともに 日 本 水 産 資 源 保 護 協 会 に 申 請 し 取 得 済 で あり 漁 協 として MEL MSC 使 用 に 関 する 事 務 手 続 きの 窓 口 を 務 める ま た シーフードショー 等 の 各 種 イベントに 漁 業 者 買 受 人 とともに 参 加 し PR 活 動 を 展 開 することにより 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 沿 岸 漁 業 漁 協 及 び 漁 業 者 が 実 施 するあわびの 種 苗 の 放 流 をするとともに 中 部 地 域 栽 培 漁 業 推 進 協 議 会 が 主 催 する 中 部 地 域 マダイ 中 間 育 成 放 流 に 参 画 し 中 間 育 成 放 流 の 支 援 協 力 を 行 う 海 上 保 安 部 と 連 携 して 密 漁 防 止 に 協 力 する 具 体 的 には 漁 協 として 漁 業 者 と 連 携 して 操 業 船 による 監 視 活 動 情 報 収 集 等 の 取 組 を 行 う 漁 業 コスト 削 減 のための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 後 継 者 対 策 ( 人 件 費 削 減 含 む)を 主 眼 に 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 及 び 船 舶 免 許 更 新 講 習 会 の 開 催 などを 当 地 焼 津 で 開 催 する 沿 岸 漁 業 燃 油 価 格 の 高 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフテ ィーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 する 省 エネ 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 を 使 い 漁 船 灯 を LED に 変 更 を 推 進 する

13 活 用 する 支 援 措 置 等 もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 ( 国 ) がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 ( 国 ) 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 ( 国 ) 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 ( 国 ) 船 舶 職 員 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 ( 国 ) 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 ( 焼 津 市 ) 魚 仲 関 係 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 ( 国 ) 外 港 冷 蔵 庫 産 地 水 産 業 強 化 支 援 事 業 ( 国 )

14 4 年 目 ( 平 成 30 年 度 ) 漁 業 収 入 向 上 の ための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 平 成 28 年 に 整 備 され 運 用 が 開 始 される 高 度 衛 生 管 理 型 の 荷 捌 所 におい て 漁 獲 物 の 衛 生 管 理 を 徹 底 し 魚 価 アップ 輸 出 促 進 等 に 取 り 組 む 地 元 魚 仲 組 合 への 支 援 協 力 市 場 買 受 人 の 減 少 に 歯 止 めをかけるため の 対 策 を 強 化 する 具 体 的 には 漁 協 として 地 元 魚 仲 組 合 との 連 携 を 密 にして 買 受 人 資 格 基 準 等 の 弾 力 的 な 取 扱 を 行 う 漁 協 として 引 き 続 き 水 揚 優 秀 船 表 彰 式 の 実 施 や 水 揚 船 誘 致 活 動 など により 水 揚 船 の 誘 致 を 推 進 して 水 産 物 の 安 定 供 給 を 図 る 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 ミナミマグロの 漁 獲 枠 アップが 漁 業 所 得 向 上 に 大 きく 反 映 されるよう 支 援 協 力 をする 具 体 的 には 漁 協 として 魚 価 対 策 ( 魚 食 普 及 活 動 消 費 者 ニーズに 合 わせた 直 販 キャンペーン シェフの 協 力 による 新 た なレシピ 開 発 支 援 視 察 見 学 者 の 受 入 漁 業 資 料 館 の 運 営 等 )を 行 い 水 揚 げ 増 と 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 海 外 まき 網 漁 業 魚 価 の 安 定 を 図 るため 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 既 存 施 設 の 改 良 等 を 実 施 する( 外 港 第 6 バース) 外 港 冷 蔵 庫 (-50 度 )が 完 成 運 用 を 開 始 する 焼 津 市 が 行 う 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 MEL(マリンエコラベルジャパン) 及 び MSC( 海 洋 管 理 協 議 会 の 認 証 )によ る 水 産 資 源 にやさしい 漁 法 を PR する MEL の 使 用 許 可 については 平 成

15 22 年 に 市 場 買 受 人 9 社 とともに 日 本 水 産 資 源 保 護 協 会 に 申 請 し 取 得 済 で あり 漁 協 として MEL MSC 使 用 に 関 する 事 務 手 続 きの 窓 口 を 務 める ま た シーフードショー 等 の 各 種 イベントに 漁 業 者 買 受 人 とともに 参 加 し PR 活 動 を 展 開 することにより 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 沿 岸 漁 業 漁 協 及 び 漁 業 者 が 実 施 するあわびの 種 苗 の 放 流 をするとともに 中 部 地 域 栽 培 漁 業 推 進 協 議 会 が 主 催 する 中 部 地 域 マダイ 中 間 育 成 放 流 に 参 画 し 中 間 育 成 放 流 の 支 援 協 力 を 行 う 海 上 保 安 部 と 連 携 して 密 漁 防 止 に 協 力 する 具 体 的 には 漁 協 として 漁 業 者 と 連 携 して 操 業 船 による 監 視 活 動 情 報 収 集 等 の 取 組 を 行 う 漁 業 コスト 削 減 のための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 後 継 者 対 策 ( 人 件 費 削 減 含 む)を 主 眼 に 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 及 び 船 舶 免 許 更 新 講 習 会 の 開 催 などを 当 地 焼 津 で 開 催 する 沿 岸 漁 業 燃 油 価 格 の 高 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフテ ィーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 する 省 エネ 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 を 使 い 漁 船 灯 を LED に 変 更 を 推 進 する 活 用 する 支 援 措 置 等 もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 ( 国 ) がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 ( 国 ) 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 ( 国 )

16 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 ( 国 ) 船 舶 職 員 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 ( 国 ) 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 ( 焼 津 市 ) 魚 仲 関 係 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 ( 国 )

17 5 年 目 ( 平 成 31 年 度 ) 漁 業 収 入 向 上 の ための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 平 成 28 年 に 整 備 され 運 用 が 開 始 される 高 度 衛 生 管 理 型 の 荷 捌 所 におい て 漁 獲 物 の 衛 生 管 理 を 徹 底 し 魚 価 アップ 輸 出 促 進 等 に 取 り 組 む 地 元 魚 仲 組 合 への 支 援 協 力 市 場 買 受 人 の 減 少 に 歯 止 めをかけるため の 対 策 を 強 化 する 具 体 的 には 漁 協 として 地 元 魚 仲 組 合 との 連 携 を 密 にして 買 受 人 資 格 基 準 等 の 弾 力 的 な 取 扱 を 行 う 漁 協 として 引 き 続 き 水 揚 優 秀 船 表 彰 式 の 実 施 や 水 揚 船 誘 致 活 動 など により 水 揚 船 の 誘 致 を 推 進 して 水 産 物 の 安 定 供 給 を 図 る 魚 価 対 策 として 見 る 買 う 食 す 学 ぶ をキーワードに 食 堂 物 販 店 学 習 施 設 等 を 含 んだ 総 合 施 設 の 整 備 計 画 策 定 に 着 手 する 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 ミナミマグロの 漁 獲 枠 アップが 漁 業 所 得 向 上 に 大 きく 反 映 されるよう 支 援 協 力 をする 具 体 的 には 漁 協 として 魚 価 対 策 ( 魚 食 普 及 活 動 消 費 者 ニーズに 合 わせた 直 販 キャンペーン シェフの 協 力 による 新 た なレシピ 開 発 支 援 視 察 見 学 者 の 受 入 漁 業 資 料 館 の 運 営 等 )を 行 い 水 揚 げ 増 と 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 船 の 水 揚 げに 対 応 する 上 屋 付 き 荷 捌 所 の 施 設 整 備 ( 衛 生 管 理 対 策 )について 検 討 に 着 手 する 海 外 まき 網 漁 業 魚 価 の 安 定 を 図 るため 対 EU 輸 出 対 策 を 視 野 に 入 れた 既 存 施 設 の 改 良 等 を 実 施 する( 外 港 第 6 バース) 焼 津 市 が 行 う 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う

18 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 MEL(マリンエコラベルジャパン) 及 び MSC( 海 洋 管 理 協 議 会 の 認 証 )によ る 水 産 資 源 にやさしい 漁 法 を PR する MEL の 使 用 許 可 については 平 成 22 年 に 市 場 買 受 人 9 社 とともに 日 本 水 産 資 源 保 護 協 会 に 申 請 し 取 得 済 で あり 漁 協 として MEL MSC 使 用 に 関 する 事 務 手 続 きの 窓 口 を 務 める ま た シーフードショー 等 の 各 種 イベントに 漁 業 者 買 受 人 とともに 参 加 し PR 活 動 を 展 開 することにより 魚 価 の 安 定 を 図 る 焼 津 市 が 行 う 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 に 支 援 協 力 し 当 該 事 業 の 基 礎 となる 水 揚 データの 集 計 管 理 を 行 う 沿 岸 漁 業 漁 協 及 び 漁 業 者 が 実 施 するあわびの 種 苗 の 放 流 をするとともに 中 部 地 域 栽 培 漁 業 推 進 協 議 会 が 主 催 する 中 部 地 域 マダイ 中 間 育 成 放 流 に 参 画 し 中 間 育 成 放 流 の 支 援 協 力 を 行 う 海 上 保 安 部 と 連 携 して 密 漁 防 止 に 協 力 する 具 体 的 には 漁 協 として 漁 業 者 と 連 携 して 操 業 船 による 監 視 活 動 情 報 収 集 等 の 取 組 を 行 う 漁 業 コスト 削 減 のための 取 組 全 般 的 取 り 組 み 漁 業 構 造 改 革 総 合 対 策 事 業 (もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 を 含 む) によ る 収 益 性 向 上 のためのモデル 事 業 としての 効 果 を 検 証 して 普 及 に 努 める とともに 漁 業 養 殖 業 復 興 支 援 事 業 (がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 を 含 む) による 被 災 経 営 体 の 収 益 性 の 高 い 操 業 体 制 への 転 換 を 支 援 するた め 引 き 続 き 各 プロジェクトにおける 水 揚 げ 地 としての 全 面 的 な 支 援 協 力 を 行 う 具 体 的 には もうかる 漁 業 及 びがんばる 漁 業 を 活 用 して 実 証 に 取 り 組 んでいる 漁 船 ( 地 元 船 4 隻 地 元 外 船 17 隻 )を 用 船 する 各 プ ロジェクト 運 営 者 と 漁 獲 物 販 売 委 託 事 業 契 約 を 締 結 し 漁 協 として 漁 獲 物 の 販 売 や 水 揚 データの 提 供 などの 協 力 を 行 い 実 証 事 業 が 滞 りなく 実 行 されるよう 支 援 する 後 継 者 対 策 ( 人 件 費 削 減 含 む)を 主 眼 に 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 及 び 船 舶 免 許 更 新 講 習 会 の 開 催 などを 当 地 焼 津 で 開 催 する 沿 岸 漁 業 燃 油 価 格 の 高 騰 による 漁 業 コスト 圧 迫 防 止 措 置 として 漁 業 経 営 セーフテ ィーネット 構 築 事 業 への 加 入 を 推 進 する 省 エネ 操 業 のため 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 を 使 い 漁 船 灯 を LED に 変 更 を 推 進 する

19 活 用 する 支 援 措 置 等 もうかる 漁 業 創 設 支 援 事 業 ( 国 ) がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 ( 国 ) 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 ( 国 ) 漁 業 経 営 セーフティーネット 構 築 事 業 ( 国 ) 船 舶 職 員 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 ( 国 ) 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 ( 焼 津 市 ) 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 ( 焼 津 市 ) 魚 仲 関 係 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 ( 国 ) 鮪 荷 捌 所 産 地 水 産 業 強 化 支 援 事 業 ( 静 岡 県 )

20 (4) 関 係 機 関 との 連 携 魚 食 普 及 を 推 進 するため 静 岡 県 焼 津 市 などの 協 力 を 得 て 全 国 に 発 信 するとともに 焼 津 市 のマスコットキャラクター 綱 太 郎 (マグロ) やいちゃん(カツオ)を 有 効 活 用 する 魚 食 普 及 イベント 等 に 参 加 するとともにレストランのシェフによるレシピ 開 発 また 漁 協 直 販 店 での 新 商 品 の 開 発 を 積 極 的 に 進 める 4 目 標 (1) 数 値 目 標 漁 業 所 得 の 向 上 10% 以 上 遠 洋 まぐろはえなわ 漁 業 基 準 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 目 標 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 海 外 まき 網 漁 業 基 準 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 目 標 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 遠 洋 かつお 一 本 釣 漁 業 基 準 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 目 標 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 沿 岸 漁 業 基 準 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 目 標 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 合 計 基 準 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円 目 標 年 平 成 年 度 : 漁 業 所 得 千 円

21 (2) 上 記 の 算 出 方 法 及 びその 妥 当 性 算 出 の 根 拠 及 びその 方 法 等 について 詳 細 に 記 載 し 必 要 があれば 資 料 を 添 付 すること 5 関 連 施 策 活 用 を 予 定 している 関 連 施 策 名 とその 内 容 及 びプランとの 関 係 性 事 業 名 事 業 内 容 及 び 浜 の 活 力 再 生 プランとの 関 係 性 もうかる 漁 業 創 設 支 本 事 業 を 導 入 することにより 浜 の 活 力 再 生 プランの 目 的 である 将 来 に 援 事 業 わたる 安 定 した 漁 業 収 益 の 確 保 を 図 る がんばる 漁 業 復 興 支 援 事 業 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 漁 業 経 営 セーフティ ーネット 構 築 事 業 安 全 推 進 員 等 養 成 事 業 遠 洋 鮪 水 揚 促 進 支 援 事 業 海 外 まき 網 漁 船 水 揚 促 進 支 援 事 業 遠 洋 鰹 竿 釣 漁 船 経 営 支 援 事 業 焼 津 市 沿 岸 沖 合 漁 船 船 員 就 業 対 策 事 業 焼 津 市 漁 業 資 料 館 管 理 運 営 事 業 水 産 加 工 業 経 営 改 善 支 援 事 業 同 上 船 底 プロペラの 清 掃 減 速 航 行 を 実 施 することにより 漁 撈 経 費 の 節 減 を 図 る 燃 油 高 騰 の 影 響 を 緩 和 し 浜 の 活 力 再 生 プランの 経 費 削 減 を 図 る 船 舶 職 員 養 成 講 習 会 を 地 元 で 開 催 することにより 後 継 者 を 育 成 すると ともに 漁 業 者 負 担 の 軽 減 を 図 る 本 事 業 を 導 入 することにより 経 費 の 一 部 を 補 填 するとともに 浜 の 活 力 再 生 プランの 目 的 である 将 来 にわたる 安 定 した 漁 業 収 益 の 確 保 を 図 る 同 上 同 上 漁 船 灯 を LED に 変 更 する 場 合 等 の 沿 岸 漁 業 者 の 設 備 投 資 の 負 担 を 軽 減 することにより 省 コスト 省 エネルギー 操 業 を 実 現 し 漁 業 経 営 の 継 続 を 図 る 漁 業 資 料 館 をとおして 焼 津 漁 業 の 歴 史 魚 食 普 及 などを 広 く 情 報 発 信 す ることにより 魚 価 の 安 定 上 昇 を 図 る 気 候 変 動 による 水 揚 時 期 のずれ 等 により 漁 獲 物 の 変 動 が 激 化 する 中 水 産 加 工 業 者 の 経 営 を 安 定 させることにより 消 費 者 への 水 産 物 の 安 定 供 給

22 を 確 保 し 魚 価 の 上 昇 を 図 る 水 産 物 流 通 機 能 高 度 化 対 策 事 業 水 産 物 産 地 流 通 加 工 高 度 化 対 策 事 業 産 地 水 産 業 強 化 支 援 事 業 EU 対 応 の 荷 捌 所 を 建 設 し 食 の 安 全 性 を 訴 える 中 で 魚 価 の 上 昇 を 図 る 同 上 静 岡 県 の 助 成 を 受 けて 冷 蔵 庫 荷 捌 所 を 建 設 し 漁 獲 物 の 安 定 供 給 を 図 る ことにより 魚 価 の 上 昇 を 図 る 関 連 事 業 には 活 用 を 予 定 している 国 ( 水 産 庁 以 外 を 含 む) 地 方 公 共 団 体 等 の 補 助 金 基 金 等 を 記 載 ただし 本 欄 への 記 載 をもって 事 業 の 活 用 を 確 約 するものではない 具 体 的 な 事 業 名 が 記 載 できない 場 合 は 事 業 名 は 未 定 とし 事 業 内 容 及 び 浜 の 活 力 再 生 プランとの 関 係 性 のみ 記 載 する

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん 第 五 次 宮 崎 県 水 産 業 漁 村 振 興 長 期 計 画 平 成 23 年 6 月 宮 崎 県 儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

Microsoft PowerPoint - 210407 水産庁講演資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 210407 水産庁講演資料.pptx かつお まぐろ 類 に 関 する 国 際 情 勢 について ( 国 際 資 源 管 理 の 動 向 ) 目 次 1. 主 要 なかつお まぐろの 種 類 2. 漁 業 の 種 類 3. 世 界 のかつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 の 推 移 4. 海 域 別 国 別 魚 種 別 かつお まぐろ 類 の 漁 獲 量 5. 我 が 国 のかつお まぐろ 類 供 給 量 と 価 格 6. 国 連 海 洋

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

Ⅰ-③_漁業・海業の振興

Ⅰ-③_漁業・海業の振興 ( 後 期 基 本 計 画 ) 政 策 名 Ⅰ 交 流 経 済 都 市 施 策 名 3 漁 海 振 興 施 策 調 書 ( 内 部 結 ) 所 管 部 局 農 林 水 産 環 境 部 整 理 番 号 4 所 管 部 局 長 氏 名 石 嶋 政 博 1 関 連 する 個 別 計 画 PLAN 個 別 計 画 名 称 計 画 計 画 年 次 計 画 期 間 し 備 考 施 策 優 先 順 位 1 現 状

More information

Microsoft Word - 原稿1(銚子)

Microsoft Word - 原稿1(銚子) 沖 合 底 びき 網 漁 業 の 再 生 に 向 けた 挑 戦 銚 子 市 漁 業 協 同 組 合 銚 子 沖 合 漁 業 生 産 組 合 網 代 慶 二 郎 1. 地 域 及 び 漁 業 の 概 要 銚 子 市 は 千 葉 県 北 東 部 に 位 置 し, 沖 合 では 黒 潮 と 親 潮 がぶつかるため 好 漁 場 が 形 成 され, 古 くから 漁 業 の 盛 ん な 地 域 である 私 たちが

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

(記載例)

(記載例) 浜 の 活 力 再 生 広 域 プラン 別 添 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 1 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 代 表 者 名 熊 本 県 有 明 海 地 区 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 会 長 上 田 浩 次 広 域 委 員 会 の 荒 尾 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 荒 尾 漁 協 荒 尾 市 ) 構 成 員 熊 本 北 部 地 区

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

資 料 ~_

資 料 ~_ 資 料 ~_ の 効 率 留 雀 力 化 ( 網 おこし 船 2~1 隻 フィシュポンプの 活 用 )を 推 進 する 計 覇 を 策 定 静 ~ \~~3, : 省 エネ 小 裂 化 (50 19t) 衛 生 管 理 付 加 価 値 向 よ 等

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融

27 8 5 小 型 機 船 底 びき 網 漁 業 調 整 規 則 を 制 定 した 27 11 3 長 崎 大 干 拓 事 業 の 調 査 を 開 始 した 27 12 20いわし 網 漁 業 不 振 緊 急 融 資 損 失 補 償 条 例 を 制 定 した 27 12 27 中 小 漁 業 融 Ⅵ 長 崎 県 水 産 部 年 表 和 暦 年 月 日 事 項 明 治 33 3 7 産 業 組 合 法 公 布 される 33 5 7 長 崎 県 水 産 試 験 場 を 深 堀 村 に 設 置 した 34 4 13 漁 業 法 公 布 される 36 水 産 試 験 場 を 北 松 平 戸 村 に 移 転 した 41 7 31 水 産 試 験 場 に 水 産 講 習 所 ( 県 立 水 産 学 校

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

栗 林 忠 男 71 慶 應 義 塾 大 学 名 誉 教 授 1. 海 洋 基 本 法 の 成 立 への 貢 献 国 連 海 洋 法 条 約 が 採 択 された 昭 和 57 年 にはすでに 海 洋 省 海 洋 担 当 大 臣 な ど 海 洋 に 関 する 総 合 的 な 政 策 の 枠 組 み 法

栗 林 忠 男 71 慶 應 義 塾 大 学 名 誉 教 授 1. 海 洋 基 本 法 の 成 立 への 貢 献 国 連 海 洋 法 条 約 が 採 択 された 昭 和 57 年 にはすでに 海 洋 省 海 洋 担 当 大 臣 な ど 海 洋 に 関 する 総 合 的 な 政 策 の 枠 組 み 法 京 都 府 立 海 洋 高 等 学 校 - 京 都 府 1. 平 成 2 年 の 学 科 改 編 では 水 産 高 等 学 校 から 全 国 に 先 駆 けて 学 校 名 に 海 洋 を 取 り 入 れ 海 洋 高 等 学 校 へと 校 名 変 更 し 施 設 設 備 の 更 新 と 合 わせ 海 洋 開 発 や ダイビングなどの 新 しい 教 育 内 容 を 導 入 視 野 の 拡 大 を 図 った

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

同 じく 減 少 していた 米 国 は 2008 年 以 降 増 大 傾 向 にあります マグロにもいろいろ クロマグロは 本 マグロ とも 呼 ばれ マグロの 中 で 最 高 級 品 とされています 成 長 す ると 体 長 3 m 重 さ 400 kg にもなります 日 本 がその 漁 獲 の

同 じく 減 少 していた 米 国 は 2008 年 以 降 増 大 傾 向 にあります マグロにもいろいろ クロマグロは 本 マグロ とも 呼 ばれ マグロの 中 で 最 高 級 品 とされています 成 長 す ると 体 長 3 m 重 さ 400 kg にもなります 日 本 がその 漁 獲 の マグロはどこから 来 るのか 大 木 優 利 大 久 保 泰 邦 パプアニューギニアに 現 れたマグロ 漁 船 パプアニューギニアのラバウルの 港 にて 2014 年 10 月 24 日 大 久 保 が 撮 影 この 写 真 は 著 者 の 一 人 大 久 保 が 2014 年 10 月 24 日 パプアニューギニアのラバウルの 港 で 見 た 光 景 です 小 型 の 船 が 中 国 名 の 大

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464>

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464> 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 漁 業 経 営 調 査 ( 以 下 本 調 査 という )は 海 面 漁 業 経 営 体 の 財 産 状 況 収 支 状 況 操 業 状 況 等 の 経 営 実 態 を 明 らかにし 水 産 行 政 の 推 進 のための 資 料 を 整 備 することを 目 的 とし ている 2 調 査 の 根 拠 本 調 査 は 統 計 法 ( 平 成 19 年

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<303431308F7291E98ADB8BE08EA1303532312D303630395F976C8EAE322E786C73>

<303431308F7291E98ADB8BE08EA1303532312D303630395F976C8EAE322E786C73> 1 船 名 総 トン 数 馬 力 数 名 平 成 年 度 俊 鷹 丸 ( 国 際 水 産 資 源 研 究 所 ) 88トン 4,000 馬 力 船 計 画 書 東 シナ 海 及 び 南 西 諸 島 周 辺 海 域 小 型 鯨 類 目 視 ( 予 定 している 予 算 科 目 名 水 産 庁 国 際 資 源 評 価 等 推 進 委 託 事 業 鯨 類 サブユニット) 4 期 間 平 成 年 5 月 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁 平 成 23 年 9 月 定 例 会 (12 月 議 会 ) 農 林 水 産 委 員 会 ( 所 管 事 項 関 係 ) 提 出 資 料 平 成 23 年 12 月 5 日 農 林 水 産 部 目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ]

More information

[1]熊本県の水産概要

[1]熊本県の水産概要 熊 本 県 の 水 産 平 成 27 年 熊 本 県 農 林 水 産 部 目 次 [ 1 ] 熊 本 県 の 水 産 概 要 1 1 漁 場 の 性 状 1 2 漁 業 の 概 要 2 3 漁 業 経 営 体 及 び 就 業 者 数 2 4 漁 船 3 5 漁 業 生 産 4 6 内 水 面 漁 業 6 7 熊 本 県 の 地 位 7 8 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 9 [ 2 ] 漁

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

ⅲ) 取 組 の 実 現 を 支 える 地 域 資 源 等 の 概 要 たたら 山 陰 地 方 はかつてたたら 製 鉄 で 栄 えた 地 域 であり たたら 吹 きから 得 られた 精 神 ノウハウ ( 鉄 の 純 度 を 高 める 技 術 )は 島 根 県 東 部 の 特 殊 鋼 産 業 の 発

ⅲ) 取 組 の 実 現 を 支 える 地 域 資 源 等 の 概 要 たたら 山 陰 地 方 はかつてたたら 製 鉄 で 栄 えた 地 域 であり たたら 吹 きから 得 られた 精 神 ノウハウ ( 鉄 の 純 度 を 高 める 技 術 )は 島 根 県 東 部 の 特 殊 鋼 産 業 の 発 別 添 3 地 域 活 性 化 総 合 特 区 の 指 定 申 請 書 ( 概 要 版 ) 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 指 定 について 1. 指 定 を 申 請 する 地 域 活 性 化 総 合 特 別 区 域 の 名 称 伝 承 する 特 殊 鋼 関 連 産 業 振 興 総 合 特 区 2. 総 合 特 別 区 域 について (1) 区 域 1 指 定 申 請 に 係 る 区 域

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 1) 8 捗 釜 9 () () () () 10 10m 12m LNG 11 12,000DWT 10m 3 9m 170m 3.8 30,000DWT 12m 2 10 11m 199m 12 釜 釜 13 14 艘 釜 釜 7 3.8 15 12 16 GT) FORTUNA 39,989 169 46 5.0-9.0 Kuroshio 15,983 142 40

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

三池港

三池港 32 島 原 海 湾 水 先 区 水 先 人 会 [ 三 池 港 三 角 港 及 び 島 原 湾 有 明 海 / 八 代 港 及 び 八 代 海 ] 32-1 三 池 港 三 池 港 での 主 要 な 揚 貨 物 は 石 炭 アルミ 地 金 塩 オイルコークスである また 小 型 の 外 航 コ ンテナ 船 も 週 1 回 当 港 に 寄 港 している 気 象 海 象 1 風 冬 季 の 北 風 の

More information

GYOSEI NO MADO 平 成 年 外 国 船 取 締 実 績 について 資 源 管 理 部 管 理 課 指 導 監 督 室 による 平 成 年 外 国 船 拿 捕 件 数 は 9 件 ( 前 年 件 ) となりました また 我 が 国 排 他 的 経 済 域 (EEZ) で 発 見 された

GYOSEI NO MADO 平 成 年 外 国 船 取 締 実 績 について 資 源 管 理 部 管 理 課 指 導 監 督 室 による 平 成 年 外 国 船 拿 捕 件 数 は 9 件 ( 前 年 件 ) となりました また 我 が 国 排 他 的 経 済 域 (EEZ) で 発 見 された G Y O S E I N O M A D O 04. 04 vol. 通 巻 号 00-8907 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 -- 合 同 舎 号 館 代 表 03-30-8( 内 線 60)URL http://www.jfa.maff.go.jp/ 我 が 国 領 海 や 国 際 業 条 約 海 域 における 業 取 締 風 景 C O N T E N T S 平 成 年 外 国

More information

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24 提 供 施 設 の 沿 革 FAC5029 佐 世 保 海 軍 施 設 M19.05.04 旧 海 軍 佐 世 保 鎮 守 府 設 置 決 定 M22.07.01 開 庁 S20. 終 戦 時 佐 世 保 海 軍 鎮 守 府 佐 世 保 海 兵 団 佐 世 保 海 軍 工 廠 佐 世 保 海 軍 軍 需 部 佐 世 保 病 院 等 残 存 S20.09 連 合 国 軍 ( 米 海 軍 及 び 米 陸

More information

【別紙】

【別紙】 別 紙 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 計 画 書 ( 米 崎 地 域 イシカゲ 養 殖 部 会 ) 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 業 協 同 組 合 地 域 養 殖 復 興 プロ ジェクト 運 営 者 代 表 者 名 代 表 理 事 組 合 長 佐 々 木 戝 住 所 岩 手

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

Microsoft Word - press.doc

Microsoft Word - press.doc プレスリリース 平 成 28 年 8 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 平 成 28 年 度 第 1 回 太 平 洋 いわし 類 マアジ さば 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 仙 審 第 36 号 貨 物 船 阿 武 隈 丸 漁 船 第 十 八 徳 洋 丸 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 18 年 2 月 16 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 半 間 俊 士, 原 清 澄, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 保 田 稔 受 審 人 A 職 名 阿 武 隈 丸 船 長 海 技 免 許 二 級 海 技 士 ( 航 海 ) 補

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

スライド 1

スライド 1 すくも 湾 漁 協 水 産 業 事 業 継 続 計 画 (BCP) 平 成 25 年 10 月 23 日 改 訂 ( 第 2 版 ) 目 次 1. 基 本 方 針 2.すくも 湾 漁 協 の 体 制 3.BCPの 対 象 とする 事 業 と 目 標 再 開 時 間 4.BCPの 対 象 とする 事 業 に 必 要 となる 資 源 5. 対 象 とする 地 震 津 波 とそれによる 被 害 と 影 響

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074> 1.LED 漁 技 術 開 発 の 推 移 2.20 年 度 終 了 時 における 課 題 と 21 年 度 実 証 事 業 結 果 1サンマ 棒 受 網 漁 業 への 導 入 事 例 2イカ 釣 り 漁 業 への 導 入 事 例 平 成 22 年 4 月 22 日 ( 木 ) ( 株 ) 海 洋 水 産 技 術 酒 井 拓 宏 3.LED 漁 実 証 試 験 に 係 る 現 状 の 到 達 点 1.LED

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63> 明 契 第 7 1 6 号 平 成 27 年 (2015 年 )1 月 6 日 明 石 市 長 泉 房 穂 ( 公 印 省 略 財 務 部 契 約 課 ) 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 郵 便 方 式 )を 実 施 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6 及 び

More information

裁決録

裁決録 平 成 16 年 仙 審 第 70 号 貨 物 船 第 八 あきつ 丸 貨 物 船 ミハイル ルコニン 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 7 月 28 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 原 清 澄, 半 間 俊 士, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 今 泉 豊 光 受 審 人 A 職 名 ミハイル ルコニン 水 先 人 水 先 免 許 小 名 浜 水 先 区

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

問 い 合 わせ 先 交 通 部 ( 船 舶 海 難 ) 企 画 課 長 前 ( 内 線 2610) 警 備 救 難 部 ( 人 身 事 故 ) 救 難 課 長 髙 田 ( 内 線 3250) 外 線 099-250-9800( 夜 間 9801) 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区

問 い 合 わせ 先 交 通 部 ( 船 舶 海 難 ) 企 画 課 長 前 ( 内 線 2610) 警 備 救 難 部 ( 人 身 事 故 ) 救 難 課 長 髙 田 ( 内 線 3250) 外 線 099-250-9800( 夜 間 9801) 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区 平 成 27 年 1 月 30 日 第 十 管 区 海 上 保 安 本 部 定 例 記 者 会 見 について 1 発 表 事 項 (1) 平 成 26 年 の 船 舶 海 難 及 び 人 身 事 故 の 発 生 状 況 ( 交 通 部 警 備 救 難 部 ) (2) 漁 船 セーフティラリー 南 九 州 2014 実 施 結 果 について ( 交 通 部 ) (3) 南 九 州 の 海 のお 役 立

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

< 選 別 作 業 > 大 きさや 傷 み 等 を 選 別 問 題 ない 鰹 をラインに 乗 せ 次 の 工 程 へ 魚 を 扱 っているので 当 然 だが 匂 う 次 工 程 の 加 工 場 はかなりの 血 も 流 れていて グロテスクというか 生 々 しい 感 じがした < 加 工 場 > まず

< 選 別 作 業 > 大 きさや 傷 み 等 を 選 別 問 題 ない 鰹 をラインに 乗 せ 次 の 工 程 へ 魚 を 扱 っているので 当 然 だが 匂 う 次 工 程 の 加 工 場 はかなりの 血 も 流 れていて グロテスクというか 生 々 しい 感 じがした < 加 工 場 > まず 鰹 節 製 造 工 場 視 察 レポート 2015.8.18 作 成 細 渕 静 岡 県 焼 津 市 の 鰹 節 製 造 工 場 を 視 察 した 最 初 に 訪 れたのが 株 式 会 社 にんべん の 協 力 会 社 ( 株 ) 丸 栄 地 元 焼 津 港 に 水 揚 げされた 鰹 を 使 い 鰹 節 を 製 造 している この 日 は 2.5kg~4.5kg の 鰹 から 荒 節 ができるまでを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

平成18年第二審第37号

平成18年第二審第37号 平 成 20 年 門 審 第 13 号 漁 船 日 進 丸 油 送 船 センタム ケミスト 衝 突 事 件 公 益 財 団 法 海 難 審 判 船 舶 事 故 調 査 協 会 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 24 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 小 金 沢 重 充, 井 上 卓, 阿 部 直 之 ) 理 事 官 内 藤 優 治 受 審 人 A 職 名 日 進 丸

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

裏面

裏面 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 18 日 小 名 浜 港 復 興 会 議 福 島 県 は 東 北 地 方 の 製 造 品 出 荷 額 の 約 3 分 の1を 占 める 東 北 地 方 第 1 位 の 工 業 県 である また いわき 市 は 東 北 地 方 の 市 町 村 で 唯 一 1 兆 円 の 大 台 を 超 える 製 造

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information