平成22年度 事業計画

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成22年度 事業計画"

Transcription

1 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及 び 専 門 教 育 に 関 する 教 育 課 程 の 改 訂 を 図 るとともに 正 課 外 の 就 職 対 策 講 座 の 充 実 を 図 る 経 営 方 針 としては 平 成 28 年 4 月 から 開 設 する 経 営 学 部 現 代 経 営 学 科 ( 入 学 定 員 200 名 3 年 次 編 入 学 定 員 50 名 )の 学 生 受 け 入 れ 体 制 整 備 する 他 中 期 目 標 中 期 計 画 に 基 づく 年 次 計 画 に 沿 って 各 種 事 業 計 画 を 推 進 する < 主 な 事 業 計 画 > 1. 学 部 学 科 の 主 な 取 り 組 み (1) 次 世 代 教 育 学 部 国 際 教 育 学 科 英 語 力 を 高 めるため 学 生 による 勉 強 会 を 組 織 するとともに 正 課 外 の 対 策 講 座 を 開 設 する また 外 国 人 留 学 生 の 受 入 サポート 体 制 を 整 備 するとともに 日 本 語 エクステンションの 充 実 を 図 る (2) 次 世 代 教 育 学 部 こども 発 達 学 科 幼 児 大 尉 幾 指 導 者 の 育 成 を 目 指 した 演 習 プログラムに 沿 って 子 育 て 支 援 プロジェクトリーダ ー 資 格 取 得 者 を 目 標 20 名 輩 出 する また 英 語 指 導 力 体 育 指 導 力 地 域 子 育 て 支 援 の 実 践 力 育 成 に 向 けたコース 整 備 をする (3) 次 世 代 教 育 学 部 教 育 経 営 学 科 英 語 教 育 理 科 教 育 に 強 い 小 学 校 教 員 及 び ICT 活 用 指 導 に 強 い 小 学 校 教 員 の 育 成 を 目 指 し 学 校 支 援 ボランティア 研 究 授 業 等 への 積 極 的 に 参 加 させ 実 践 力 を 身 に 付 ける 教 育 活 動 を 行 う (4) 次 世 代 教 育 学 部 教 育 経 営 学 科 [ 通 信 教 育 課 程 ] 岡 山 大 阪 東 京 福 岡 のスクーリング 会 場 について 教 職 科 目 等 の 開 講 を 増 やすとともに 夏 期 休 暇 時 期 に 教 員 採 用 二 次 試 験 対 策 講 座 を 実 施 する (5) 体 育 学 部 体 育 学 科 スポーツ 科 学 コース スポーツビジネスコース 教 員 養 成 コース 公 安 公 務 員 養 成 コース の4つに 再 編 成 し 養 成 する 人 材 の 差 別 化 と 教 育 内 容 の 充 実 を 図 る (6) 体 育 学 部 健 康 科 学 科 柔 道 整 復 師 国 家 試 験 対 策 授 業 等 の 整 備 拡 充 を 図 るとともに 業 界 関 連 企 業 による 講 演 会 等 の 就 職 支 援 を 行 う 2. 就 職 率 向 上 への 取 り 組 み (1) 採 用 試 験 に 向 けて キャリアセンター 初 年 次 教 育 部 キャリア 教 育 部 が 連 携 し 正 課 外 講 座 や 模 擬 試 験 の 更 なる 充 実 を 図 る (2) 民 間 企 業 等 への 就 職 について 量 質 の 向 上 を 図 る(ワンハンドレッドクラブの 完 成 を 目 指 す) (3) 教 員 採 用 試 験 合 格 者 70 名 以 上 公 務 員 合 格 者 80 名 以 上 を 目 標 とする - 1 -

2 3. 学 生 支 援 に 関 する 取 組 み (1) 学 習 状 況 部 活 動 就 職 活 動 等 に 関 する 情 報 を 一 元 的 に 管 理 する 新 システムを 導 入 し 指 導 担 当 者 間 で 情 報 共 有 して よりきめ 細 かな 学 習 指 導 生 活 指 導 等 を 行 うとともに メンター 及 びゼミ 担 当 教 員 等 から 保 護 者 に 対 して 情 報 提 供 を 行 う (2) 体 育 会 では 五 訓 で 生 きる ことを 徹 底 して 教 育 とスポーツの 融 合 を 推 進 するとともに 医 科 学 心 理 栄 養 サポート 等 を 含 めた チーム IPU(サポートシステム) の 意 識 をもって 競 技 力 を 向 上 できる 環 境 を 整 備 する (3) 学 友 会 では 年 間 行 事 の 見 直 しを 行 い より 多 くの 学 生 が 参 加 できるインカレ 等 の 大 尉 幾 回 主 要 大 会 への 応 援 ツアーの 増 加 や 体 育 会 以 外 の 各 サークル 活 動 への 助 成 充 実 等 を 図 る また 前 年 度 の 予 算 執 行 実 績 を 踏 まえ 効 率 的 効 果 的 な 予 算 執 行 計 画 を 作 成 する 4. 募 集 戦 略 (1) 平 成 29 年 度 入 学 試 験 における 志 願 者 数 目 標 を 1360 名 ( 入 学 定 員 の 2 倍 )とする (2)タイムリーな HP 及 び 広 告 物 を 発 信 するとともに スポーツリクルートの 進 捗 管 理 を 徹 底 する 5. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 (1) 管 理 棟 学 習 棟 の 教 室 研 究 室 共 用 部 分 の 整 備 計 画 を 推 進 する (2) 既 存 学 生 寮 の 整 備 と 改 善 ( 収 益 改 善 寮 食 改 善 等 )を 行 う 6. 研 究 に 関 する 取 り 組 み (1) 学 術 研 究 支 援 委 員 会 を 中 心 として 科 学 研 究 費 申 請 のための 研 修 会 や 説 明 会 の 開 催 申 請 書 作 成 に 関 する 個 別 相 談 等 の 充 実 を 図 り 科 学 研 究 費 採 択 件 数 採 択 額 の 増 加 を 目 指 す (2) 科 学 研 究 費 以 外 の 公 的 研 究 費 及 び 民 間 団 体 による 研 究 助 成 の 獲 得 増 加 を 目 指 す 7. 評 価 及 び 業 務 の 合 理 化 等 に 関 する 取 り 組 み (1) 大 学 予 算 の 節 約 及 び 業 務 の 合 理 化 の 観 点 から 管 理 経 費 の 節 約 省 エネルギーの 徹 底 更 なる 外 注 化 の 推 進 IT 化 の 推 進 及 び 新 システム 導 入 等 の 取 組 みを 実 施 する (2)コンプライアンスの 徹 底 を 図 るため 公 的 研 究 資 金 の 不 正 使 用 防 止 個 人 情 報 の 保 護 及 びハラス メント 防 止 対 策 等 に 関 する 学 内 研 修 や 啓 発 活 動 の 充 実 を 図 る - 2 -

3 2. 東 京 経 営 短 期 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 現 状 の 授 業 力 と 学 生 指 導 力 を 評 価 分 析 し FD 等 を 通 じて 教 育 の 質 を 高 めるとともに 日 商 簿 記 2 級 取 得 を 目 指 す 村 田 塾 と 進 路 先 の 質 的 向 上 と 就 活 強 化 のための キャリア 塾 の 2 つを 開 講 し 資 格 検 定 の 合 格 率 及 び 就 職 実 績 の 向 上 を 目 指 す 経 営 方 針 としては 経 営 総 合 学 科 ( 入 学 定 員 130 名 )への 入 学 者 数 140 名 の 確 保 の 他 平 成 29 年 度 開 設 予 定 で こども 教 育 学 科 ( 入 学 定 員 60 名 ) の 設 置 申 請 手 続 を 推 進 する < 主 な 事 業 計 画 > 1. 経 営 総 合 学 科 のポリシー 及 びカリキュラム 等 の 再 検 討 学 科 の3ポリシー(アドミッション カリキュラム ディプロマ)を 再 検 討 するとともに 四 年 制 大 学 への3 年 次 編 入 を 見 据 えた 科 目 再 編 と 受 験 者 数 と 合 格 率 の 向 上 を 目 指 した 推 奨 資 格 等 の 再 検 討 を 行 う 2.きめ 細 かな 学 生 指 導 の 徹 底 専 任 教 員 に 対 する 学 習 心 理 支 援 カウンセラー 資 格 の 取 得 を 制 度 化 するとともに ゼミ 担 当 教 員 を 中 心 とした 全 学 的 な 学 生 指 導 を 徹 底 する 3. 学 生 募 集 (1) 簿 記 を 中 心 とした 資 格 検 定 取 得 進 路 先 の 質 の 向 上 ( 職 業 と 企 業 の 選 択 肢 拡 大 大 学 編 入 公 務 員 試 験 地 元 優 良 企 業 ) 出 身 校 への 報 告 と 広 報 という 募 集 サイクルを 浸 透 させる (2) 学 校 説 明 会 オープンキャンパスの 実 施 時 期 を 4 期 に 区 切 るとともに 内 容 を 抜 本 的 に 見 直 しの 上 適 切 なプログラムを 実 施 し また 実 施 後 は PDCA サイクルを 確 実 に 行 う (3) 地 元 での 知 名 度 アップと 社 会 人 募 集 に 関 する 取 り 組 みとして エクステンションセンターによる 公 開 講 座 を 実 施 する (4)ホームページの 全 面 改 訂 及 び 学 校 案 内 等 の 募 集 ツールの 全 面 的 見 直 しを 行 う 4.モチベーションアップの 施 策 資 格 取 得 意 識 の 高 い 入 学 希 望 者 と 入 学 後 の 上 位 級 検 定 合 格 者 への 特 典 付 与 によるモチベーション を 図 るため 入 学 金 減 免 特 典 等 の 奨 学 金 制 度 を 見 直 す 5. 進 路 支 援 の 強 化 (1) 進 路 決 定 率 100%を 達 成 するために 前 述 の キャリア 塾 と キャリアセンター に 加 えて ゼミ 担 当 教 員 が 連 携 して 早 期 決 定 者 を 増 やす (2) 進 路 の 数 率 質 にこだわり 求 人 件 数 ( 官 民 両 側 の 開 拓 )や 推 薦 編 入 できる4 年 制 大 学 数 を 増 やす また 大 手 町 キャリアセンターの 活 用 ( 企 業 人 事 担 当 を 対 象 とした 人 事 労 務 セミナー の 企 画 や 面 接 練 習 会 場 )するとともに 県 内 の 金 融 機 関 や 大 企 業 を 中 心 に 求 人 開 拓 を 強 化 し 就 職 といえば 東 京 経 営 を 目 指 す - 3 -

4 3. 環 太 平 洋 大 学 短 期 大 学 部 < 事 業 計 画 概 要 > 基 礎 体 力 の 向 上 心 の 回 復 力 向 上 保 育 の 実 践 力 強 化 を 目 指 して 基 礎 教 養 科 目 の 体 育 を 通 じたフィジカル 強 化 プログラムや 臨 床 心 理 士 資 格 を 有 する 教 員 を 中 心 としたレジリエンス 強 化 プ ログラムを 実 践 し 附 属 幼 稚 園 及 び 元 気 の 泉 保 育 園 と 連 携 したヨコミネ 式 教 育 法 の 研 究 推 進 を 行 う また 発 育 発 達 の 研 究 成 果 を 附 属 幼 稚 園 等 と 共 有 し 学 生 の 実 践 力 向 上 に 努 める その 上 で 就 職 支 援 先 と 連 携 したヨコミネ 式 教 育 法 コースの 学 生 確 保 の 他 首 都 圏 を 中 心 としてベネッセスタイル ケアコースの 新 規 募 集 マーケットの 開 拓 を 行 う < 主 な 事 業 計 画 > 1. 地 元 高 校 生 向 けの 職 業 体 験 保 育 園 幼 稚 園 協 力 による 保 育 士 職 業 体 験 プログラム を 近 隣 高 校 における 家 庭 科 教 員 と 連 携 することで 継 続 実 践 し 保 育 分 野 希 望 者 を 開 拓 しつつ 学 生 募 集 に 繋 げる 2. 外 国 人 留 学 生 募 集 の 強 化 及 び 受 入 体 制 の 整 備 宇 和 島 市 と 友 好 関 係 にある 中 国 浙 江 省 象 山 県 を 中 心 に 本 学 科 国 際 コミュニケーションコースへの 入 学 募 集 を 強 化 する 3. 体 育 会 強 化 指 定 4クラブの 競 技 力 向 上 スポーツのアイタン を 全 国 にアピールすべく 体 育 会 強 化 クラブ(ソフトボール ハンドボール サッカー 剣 道 )において 最 低 限 全 日 本 インカレ 出 場 及 び 1 2 回 戦 突 破 を 目 標 とする また 平 成 29 年 開 催 の えひめ 国 体 において サッカーは 優 勝 ハンドボールはベスト8 進 出 を 目 指 す 4.ヨコミネ 教 育 法 コースの 愛 媛 県 内 学 生 確 保 に 向 けた 取 り 組 みの 強 化 愛 媛 県 内 の 生 徒 にも 積 極 的 にヨコミネ 式 教 育 法 の 魅 力 を 改 めてアピールし 県 内 の 一 般 生 確 保 を 目 指 す(1 高 校 ガイダンスでの 映 像 解 説 2オープンキャンパスでの 元 気 の 泉 保 育 園 児 の 体 操 指 導 見 学 ) 5. 男 子 学 生 の 受 け 入 れについての 検 討 子 ども 教 育 専 攻 の 学 生 充 足 率 を 鑑 み 地 域 のニーズを 加 味 した 上 で 平 成 29 年 度 以 降 における 男 子 学 生 受 け 入 れを 検 討 する - 4 -

5 その 他 の 設 置 校 4. 環 太 平 洋 大 学 短 期 大 学 部 附 属 幼 稚 園 環 太 平 洋 大 学 短 期 大 学 部 の 教 育 実 習 先 として 教 育 法 実 演 の 早 期 達 成 を 目 指 す 附 属 幼 稚 園 IPU 短 大 元 気 の 泉 保 育 園 と 連 携 した 行 事 運 営 の 他 ヨコミネ 式 導 入 園 (5 年 目 )として 指 導 法 の 確 立 を 目 指 し 元 気 の 泉 保 育 園 との 人 材 交 流 と 人 員 補 完 が 可 能 な 体 制 づくりを 推 進 する また 保 護 者 に 対 して 園 の 活 動 を HP 等 で 公 開 し 保 護 者 の 理 解 や 幼 稚 園 教 育 の 充 実 に 繋 げる その 他 幼 年 消 防 婦 人 防 火 クラブを 結 成 し 避 難 訓 練 や 緊 急 連 絡 に 備 えた 一 斉 メール 等 の 連 絡 方 法 整 備 を 行 う 5.クラーク 記 念 国 際 高 等 学 校 大 学 進 学 の 率 質 の 向 上 及 び 1 対 1 対 応 の 再 考 と 強 化 社 会 的 評 価 の 向 上 を 教 育 方 針 として クラーク 統 一 学 力 測 定 試 験 の 導 入 や 留 学 プログラムの 拡 充 とインターナショナルコース 体 制 の 強 化 等 を 行 う また 教 員 の 専 門 性 を 高 める 専 門 部 会 ( 教 務 進 路 生 徒 指 導 広 報 国 際 )の 代 表 者 会 議 及 び 各 地 区 での 研 修 会 を 実 施 する さらに 教 育 のクラーク としての 認 知 を 広 げるため イ ンターネット 広 告 の 運 用 強 化 効 率 改 善 ( 動 画 広 告 ディスプレイ 公 告 等 ) 及 びスマートフォン 向 けホームページの 改 善 やデザイン 強 化 を 推 進 する 6. 創 志 学 園 高 等 学 校 生 活 習 慣 の 自 律 と 学 習 習 慣 の 自 立 を 図 るとともに 全 科 において 基 礎 学 力 の 向 上 に 取 り 組 むこと を 教 育 方 針 として 放 課 後 に 行 う 特 訓 ゼミ 等 を 通 して 進 学 意 欲 と 成 績 向 上 を 図 り 岡 山 大 学 を 含 めた 国 公 立 大 学 及 び 関 関 同 立 以 上 の 私 立 大 学 への 合 格 実 績 数 を 伸 ばす( 目 標 15 名 ) また 高 裁 的 に 通 用 する 看 護 師 養 成 のため メディカルイングリッシュを 含 む 基 礎 学 力 の 向 上 と 系 列 校 の 岡 山 医 療 福 祉 専 門 学 校 福 祉 専 門 学 校 の 合 格 ノウハウにより 国 家 試 験 合 格 率 の 向 上 を 目 指 す 7. 日 本 健 康 医 療 専 門 学 校 一 医 専 心 をコンセプトとする 専 門 職 養 成 機 関 として 鍼 灸 柔 道 整 復 学 科 は 国 家 試 験 の 合 格 率 100%の 達 成 を ライフケア 学 科 は 就 職 率 100%の 維 持 を ライフデザイン 学 科 は 大 学 合 格 実 績 の 対 前 年 比 を 上 回 ることを 目 標 として 教 育 活 動 の 充 実 を 図 る また 教 育 力 を 前 面 に 打 ち 出 したブラ ンド 力 の 強 化 も 図 る 高 い 教 育 水 準 を 維 持 するために 鍼 灸 柔 道 整 復 学 科 では 年 2 回 の 講 義 アン ケート 結 果 を 教 員 にフィードバックするとともに 講 義 研 修 会 を 毎 月 実 施 する 他 学 科 では 各 種 資 格 取 得 や 難 関 大 学 等 への 合 格 指 導 に 重 点 を 置 いた 学 校 運 営 を 行 う 8. 専 門 学 校 東 京 国 際 ビジネスカレッジ 2020 年 の 東 京 オリンピックを 視 野 に 入 れ ホテル 業 旅 行 業 等 のサービス 業 への 就 職 を 可 能 とす る 英 語 力 及 びホスピタリティ 向 上 を 目 指 すとともに 専 門 技 能 の 習 得 及 び 学 術 的 知 識 向 上 を 目 指 す 特 に 希 望 進 路 ニーズに 則 したカリキュラム 編 成 ときめ 細 かな 教 育 活 動 を 展 開 する 就 活 道 場 や 進 路 合 宿 を 活 用 しながら 就 職 指 導 に 力 を 入 れるとともに 同 窓 会 組 織 を 再 編 して 学 生 募 集 及 び 在 校 生 の 就 職 等 に 活 かす - 5 -

6 9. 専 門 学 校 東 京 国 際 ビジネスカレッジ 福 岡 校 専 門 課 程 においては 進 路 選 択 の 幅 を 広 げるため 大 学 及 び 企 業 との 連 携 強 化 を 図 る 具 体 的 には 指 定 校 推 薦 を 含 め 単 位 互 換 制 度 を 利 用 した 編 入 学 先 の 新 たな 開 拓 や 積 極 的 な 大 学 訪 問 及 び 学 内 進 学 説 明 会 を 実 施 する また 企 業 担 当 者 を 招 いての 特 別 講 義 やハローワーク 等 と 連 携 したイベントを 実 施 する 高 等 課 程 においては 生 徒 が 自 分 の 担 任 を 選 ぶ パーソナルティーチャー 制 度 による クラス 運 営 の 活 発 化 と 生 徒 の 満 足 度 向 上 を 目 指 す 10. 専 修 学 校 クラーク 高 等 学 院 天 王 寺 校 教 育 活 動 の 充 実 進 路 指 導 の 強 化 生 徒 指 導 の 強 化 を 教 育 活 動 の 柱 として 進 路 先 で 活 躍 する 力 を 養 成 するために 生 徒 の 学 習 意 欲 を 高 め 目 標 進 路 決 定 に 役 立 つ 知 識 資 格 を 修 得 させる 特 に 学 習 の 取 り 組 みとしては 全 学 年 ( 英 数 国 )の 習 熟 度 別 授 業 を 展 開 するとともに 同 科 目 の 学 力 向 上 と 進 路 決 定 に 向 けたカリキュラムの 定 着 を 図 る 11. 専 修 学 校 クラーク 高 等 学 院 名 古 屋 校 従 来 の IPUNZ 国 際 コースをインターナショナルコースに 格 上 げするとともに クラークオースト ラリアキャンパスや IPUNZとの 連 携 による 国 際 教 育 の 拡 充 や 帰 国 子 女 の 受 け 入 れ 強 化 を 行 う また 大 学 進 学 率 75%を 目 指 したカリキュラムの 見 直 しや 学 習 合 宿 資 格 取 得 講 座 等 を 導 入 する さらに 企 業 からの 課 題 に 対 して 企 画 立 案 やプレゼンテーションを 行 う クエストカップ の 拡 充 によって キャリア 教 育 の 強 化 を 図 る 12. 専 修 学 校 クラーク 高 等 学 院 大 阪 梅 田 校 大 学 進 学 率 と 質 の 向 上 を 目 指 して 基 礎 学 力 オールチェック 及 び 習 熟 度 別 授 業 による 教 科 指 導 の 徹 底 さらには 難 関 大 学 入 試 対 策 プロジェクトによる 進 学 対 策 強 化 と 進 路 指 導 を 徹 底 する また 中 学 校 訪 問 による 募 集 活 動 の 充 実 を 図 るとともに 大 阪 2 校 で 1000 名 在 籍 体 制 の 達 成 を 目 標 と して 天 王 寺 校 との 広 報 活 動 の 連 携 を 推 進 する - 6 -

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

平成18年度学校経営計画(案)

平成18年度学校経営計画(案) 平 成 27 年 度 東 京 都 立 松 が 谷 高 等 学 校 学 校 経 営 報 告 28 松 が 谷 高 第 1352 号 平 成 28 年 3 月 31 日 校 長 平 野 篤 士 1 今 年 度 の 取 組 目 標 と 自 己 評 価 (1) 学 力 を 充 実 させ 生 徒 一 人 ひとりの 希 望 進 路 の 実 現 を 図 れる 学 校 学 校 経 営 計 画 に 基 づき 以 下

More information

H27-募集要項(本文).indd

H27-募集要項(本文).indd 平 成 27 年 度 生 徒 募 集 要 項 目 次 1. 募 集 学 科 コースと 募 集 人 員 1 2. 入 学 試 験 の 種 類 と 募 集 人 員 割 合 3 3. 推 薦 制 入 試 一 般 推 薦 4 クラブ 推 薦 6 4. 試 験 制 入 試 専 願 試 験 8 併 願 試 験 10 5.そ の 他 12 福 井 工 業 大 学 附 属 福 井 高 等 学 校 の 奨 学 金 制

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

Microsoft Word - 資料内容2.doc

Microsoft Word - 資料内容2.doc 第 4 回 平 成 24 年 12 月 10 日 ( 月 ) 15:00~ 神 戸 市 総 合 教 育 センター 会 次 第 1 開 会 2 企 業 連 携 について 講 師 : 楽 天 株 式 会 社 執 行 役 員 黒 坂 三 重 様 3 議 題 (1) 新 商 業 高 校 の 基 本 計 画 作 業 部 会 からの 報 告 を 受 けて 1 コンセプト 2 教 育 目 標 3 重 点 目 標

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

H26評価書0824【最終版】.xlsx

H26評価書0824【最終版】.xlsx 公 立 大 学 法 人 愛 媛 県 立 医 療 技 術 大 学 平 成 26 年 度 業 務 実 績 評 価 書 平 成 27 年 8 月 愛 媛 県 公 立 大 学 法 人 評 価 委 員 会 目 次 Ⅰ 評 価 の 基 本 的 考 え 方 - 1- Ⅱ 全 体 評 価 - 2- Ⅲ 項 目 別 評 価 1 第 2 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

図 8

図 8 第 2 部 施 策 の 実 施 状 況 図 8 あけぼのプラン( 第 3 次 ) 各 重 点 分 野 に 係 る 施 策 の 実 施 状 況 1 政 策 方 針 決 定 過 程 等 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 (1) 府 の 審 議 会 委 員 等 や 管 理 職 の 女 性 比 率 の 向 上 京 都 府 の 審 議 会 及 び 有 識 者 会 議 等 の 委 員 や 管 理 職 の 女

More information

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378>

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 あおもり 教 育 フォーラム 下 北 会 場 (H26.10.25) 学 校 紹 介 資 料 県 立 田 名 部 高 等 学 校 P1 県 立 大 湊 高 等 学 校 P2 県 立 大 湊 高 等 学 校 川 内 校 舎 P3 県 立 むつ 工 業 高 等 学 校 P4 県 立 大 間 高 等 学 校 P5 各 県 立 高 校 の 概 要 及 び について 県 立 田 名 部

More information

中 期 目 標 の 達 成 状 況 報 告 書 平 成 20 年 6 月 大 分 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 37 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 52 Ⅰ 法 人 の 特 徴 大 分 大 学 本 学 は, 平 成 15

More information

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2.

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2. 2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 書 学 校 法 人 松 山 大 学 目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2. 松 山 大 学

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3> 資 料 3 質 の 高 い 教 育 環 境 に 向 けて 平 成 24 年 6 月 2012/6/22 ( 株 ) 大 和 総 研 産 学 連 携 室 副 部 長 : 宇 野 健 司 論 点 論 点 1 戦 略 重 点 校 の 活 性 化 ~ 教 育 リソースの 集 中 配 分 短 期 グローバル 化, 理 数 系 人 材 育 成, 学 力 向 上 対 策 については, 従 前 より 全 校 展

More information

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に 逆 風 を 順 風 に 宮 崎 大 学 女 性 研 究 者 支 援 モデル 実 施 予 定 期 間 : 平 成 20 年 度 ~ 平 成 22 年 度 総 括 責 任 者 : 菅 沼 龍 夫 ( 宮 崎 大 学 学 長 ) Ⅰ. 概 要 本 学 が 大 学 院 GP 魅 力 ある 大 学 院 教 育 イニシアティブ (18~19 年 度 )において 取 り 組 んだ 女 子 大 学 院 生 支 援

More information

Microsoft Word - nenndo21.doc

Microsoft Word - nenndo21.doc 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 平 成 21 年 度 年 度 計 画 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 第 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1 教 育 の 内 容 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための

More information

大妻女子大学

大妻女子大学 目 次 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 2-(29)-3 Ⅱ 基 準 ごとの 評 価 2-(29)-4 基 準 1 大 学 の 目 的 2-(29)-4 基 準 2 教 育 研 究 組 織 2-(29)-6 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 2-(29)-9 基 準 4 学 生 の 受 入 2-(29)-13 基 準 5 教 育 内 容 及 び 方 法 2-(29)-17 基 準 6 学

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A

②(とけこみ)260930 キャリア形成促進助成金Q&A キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の Q&A 目 次 1 全 般 ( 概 要 ) Q1 Q2 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 事 業 主 が 対 象 ですか キャリア 形 成 促 進 助 成 金 の 申 請 手 続 きは 法 人 単 位 ですか 事 業 所 単 位 で すか Q3 Q4 キャリア 形 成 促 進 助 成 金 は どのような 助 成 が 受 けられるのですか

More information

事 業 計 画 書

事 業 計 画 書 文 教 大 学 学 園 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 事 業 計 画 書 平 成 25 年 3 月 29 日 学 校 法 人 文 教 大 学 学 園 目 次 はじめに 3 1. 法 人 の 概 要 (1) 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 4 (2) 学 園 組 織 図 5 2. 当 該 年 度 の 事 業 計 画 (1) 学 園 の 中 長 期 計 画 6 (2) 文 教

More information

3 世 界 標 準 のカリキュラムを 目 指 し 留 学 時 修 得 単 位 の 柔 軟 な 認 定 制 度 を 保 持 しながら 科 目 の 体 系 化 によって 専 門 分 野 の 深 い 知 見 を 修 得 させるよう 科 目 構 成 を 見 直 す 4 国 際 教 養 教 育 として バラン

3 世 界 標 準 のカリキュラムを 目 指 し 留 学 時 修 得 単 位 の 柔 軟 な 認 定 制 度 を 保 持 しながら 科 目 の 体 系 化 によって 専 門 分 野 の 深 い 知 見 を 修 得 させるよう 科 目 構 成 を 見 直 す 4 国 際 教 養 教 育 として バラン 公 立 大 学 法 人 国 際 教 養 大 学 (12 月 8 日 現 在 ) 当 日 配 付 資 料 ( 参 考 資 料 ) 中 期 目 標 案 大 学 の 基 本 的 な 目 標 国 際 教 養 大 学 は 外 国 語 の 卓 越 した 運 用 能 力 豊 かな 教 養 及 びグローバルな 知 識 を 身 に 付 けた 実 践 力 のある 人 材 を 養 成 することを 目 的 に 設 立 され

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4%

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4% 半 田 市 告 示 第 122 号 半 田 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 半 田 市 条 例 第 2 号 )6 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 半 田 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 26 年 12 月 9 日 半 田 市 長 榊

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

事 業 報 告 書

事 業 報 告 書 平 成 19(2007) 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 筑 紫 女 学 園 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 目 的 1 2. 建 学 の 精 神 1 3. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 2 4. 学 生 生 徒 園 児 数 3 5. 卒 業 者 数 3 6. 役 員 評 議 員

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

25援護制度一覧まとめ.xls

25援護制度一覧まとめ.xls 平 成 25 年 度 就 修 学 及 び 進 学 就 職 を 支 援 するための 援 護 制 度 一 覧 区 分 対 象 名 等 対 象 者 額 減 免 貸 付 返 済 等 の 概 要 併 給 1 乳 幼 児 母 子 家 庭 奨 学 母 子 家 庭 の 母 が お 子 さん 金 等 を 扶 養 されている 場 合 に 教 育 または 養 育 に 必 要 な 費 用 を しま 内 ( 京 都 市 を

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様

1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで 想 定 してい なかった あるいは 想 定 を 上 回 る 様 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 及 び 防 災 マニュアル 策 定 に 係 る 提 案 書 平 成 24 年 7 月 戸 田 市 議 会 総 務 常 任 委 員 会 1はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 被 災 地 だけではなく 震 源 から 離 れた 戸 田 市 を 含 む 首 都 圏 においても 大 きな 影 響 を 及 ぼした これまで

More information

untitled

untitled 平成24年度 未来経営戦略推進経費 経営基盤強化に貢献する先進的な取組み 採択事業 目 次 1. 長 期 ビジョン 実 現 のための 中 期 目 標 策 定 及 び 実 施 に 係 る 概 要 2. 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 の 概 要 3. 取 組 の 経 緯 4. 過 去 に 行 ってきた 取 組 5. 長 期 ビジョン 及 び 中 期 目 標 の 策 定 6. 中 期 目 標 遂 行

More information

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学 旭 川 経 済 学 部 200,000 800,000 49,500 1,049,500 639,500 旭 川 保 健 福 祉 学 部 (コミュニティ 福 200,000 800,000 100,000 100,000 49,500 1,249,500 739,500 祉 ) 旭 川 保 健 福 祉 学 部 ( 保 健 看 護 ) 200,000 1,200,000 150,000 150,000

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年 平 成 27 年 度 入 試 資 料 集 ~ 入 試 説 明 会 オープンスクール( 本 校 主 催 )~ 10 月 4 日 ( 土 ) 10 月 25 日 ( 土 ) 26 日 ( 日 ) 11 月 15 日 ( 土 ) 12 月 6 日 ( 土 ) 第 1 回 入 試 説 明 会 オープンスクール 第 2 回 入 試 説 明 会 第 3 回 入 試 説 明 会 学 校 法 人 大 阪 産 業 大

More information

尼学 17年度事業報告書

尼学 17年度事業報告書 尼 崎 学 園 児 童 憲 章 の 定 めに 基 づき 児 童 が 朗 らかな 家 庭 的 集 団 生 活 のなかで 心 身 ともに 健 やかに 育 ち 社 会 の 一 員 としての 責 任 を 自 主 的 に 果 たすことができるように 愛 情 知 識 及 び 技 術 をもって 導 くことを 基 本 として 運 営 にあたった また 施 設 を 地 域 に 開 放 するため 民 生 児 童 委 員

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校 平 成 25 年 版 就 学 修 学 就 職 のための 貸 与 制 度 のご 案 内 ( 掲 載 している 制 度 は 平 成 24 年 12 月 現 在 のもの) 和 歌 山 県 教 A 育 委 員 会 小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

平成18事業年度に係る業務の実績に関する報告書

平成18事業年度に係る業務の実績に関する報告書 資 料 5 公 立 大 学 法 人 大 阪 府 立 大 学 平 成 18 事 業 年 度 の 業 務 実 績 に 関 する 評 価 結 果 参 考 資 料 小 項 目 評 価 (たたき 台 ) 大 学 の 概 要 (1) 現 況 5 学 生 数 及 び 職 員 数 ( 平 成 18 年 5 月 1 日 現 在 ) 1 2 3 4 大 学 名 大 阪 府 立 大 学 及 び 旧 3 大 学 ( 大 阪

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

Ⅰ 就 職 進 学 支 援 体 制 学 生 に 対 する 就 職 進 学 支 援 は キャリアセンター が 方 策 等 の 企 画 立 案 を 行 い 実 務 を 就 職 支 援 室 が 担 当 しています また 学 生 への 直 接 的 な 指 導 は 各 学 科 コースの 担 当 教 員 が 行 っています 就 職 支 援 室 では 学 内 専 任 カウンセラーによる 相 談 ハローワ ークによる

More information

指定管理制度指定効果様式施設ごと

指定管理制度指定効果様式施設ごと 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 指 定 による 効 果 ( 平 成 28 年 度 指 定 分 ) 指 定 管 理 料 総 額 ( 債 務 負 担 行 為 額 ) 指 定 による 効 果 の 概 要 滋 賀 県 立 芸 術 劇 場 びわ 湖 ホール および 滋 賀 県 立 文 化 産 業 交 流 会 館 ( 公 益 財 団 法 人 )びわ 湖 ホール ( 公 益 財 団 法 人 ) 滋 賀 県

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

教育情報及び財務情報の公表について

教育情報及び財務情報の公表について 尚 絅 大 学 教 育 情 報 及 び 財 務 情 報 の 公 表 について 学 校 法 人 尚 絅 学 園 は 公 共 性 の 高 い 法 人 としての 社 会 的 責 任 を 踏 まえ 情 報 公 開 に 取 り 組 んでいます 当 学 園 に 対 する 皆 様 方 のご 理 解 とご 協 力 を 得 ることを 目 的 として 下 記 の 基 本 情 報 を 公 開 いたします 1. 教 育 研

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A 補 足 説 明 ( 自 由 形 式 ) 行 政 部 組 織 全 体 を 監 督 する 教 育 情 報 開 発 支 援 センター 1~6はサイクルの 流 れ 計 画 立 案 チーム 作 業 部 会 Plan Action 6 1 支

IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A 補 足 説 明 ( 自 由 形 式 ) 行 政 部 組 織 全 体 を 監 督 する 教 育 情 報 開 発 支 援 センター 1~6はサイクルの 流 れ 計 画 立 案 チーム 作 業 部 会 Plan Action 6 1 支 IT を 活 用 した 教 育 支 援 モデル グループ[ ] A タイトル キーワード 背 景 ITを 活 用 した 教 員 の 授 業 改 善 を 目 的 としたPDCAサイクル チーム 体 制 推 進 体 制 教 員 と 職 員 の 役 割 1 教 材 の 電 子 化 等 に 伴 う 問 題 ( 著 作 権 等 )への 対 応 の 遅 れ 2システム 導 入 後 の 運 用 の 滞 り 3 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031325F8FEE95F192F18B9F816991E58CB488E397C394E98F91959F8E8390EA96E58A778D5A90E797748D5A816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031325F8FEE95F192F18B9F816991E58CB488E397C394E98F91959F8E8390EA96E58A778D5A90E797748D5A816A> 平 成 26 年 4 月 1 日 学 校 法 人 大 原 学 園 大 原 医 療 秘 書 福 祉 専 門 学 校 千 葉 校 大 原 医 療 秘 書 福 祉 専 門 学 校 千 葉 校 情 報 提 供 資 料 専 門 学 校 等 における 情 報 提 供 等 への 取 組 みに 関 するガイドラインに 基 づき 大 原 医 療 秘 書 福 祉 専 門 学 校 千 葉 校 の 情 報 を 以 下 のとおり

More information

<819C819B30338BB388E78EBA208140323681A68169834C8383838A83418E78898747816A2E786C73>

<819C819B30338BB388E78EBA208140323681A68169834C8383838A83418E78898747816A2E786C73> 管 理 一 般 総 括 行 事 儀 式 アクセシビリティリーダーキャンプ 室 企 画 グループ 2009 年 度 5 年 2010 年 4 月 1 日 2015 年 3 月 31 日 紙 事 務 室 国 際 室 支 援 グループ 廃 棄 08-0001358 管 理 一 般 総 括 行 事 儀 式 第 4 回 全 国 生 物 学 コンテスト 生 物 チャレンジ2011 第 2 次 試 験 室 企 画

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

1.1. 専 門 学 校 の 制 度 全 体 規 模 の 概 要 1.1.( 参 考 1) 専 門 学 校 の 教 育 分 野 の 概 要 1.1.( 参 考 2) 専 門 学 校 で 取 徔 する 主 な 資 格 と 学 校 種 別 養 成 施 設 数 等 1.2. 専 門 学 校 卒 業 生 の

1.1. 専 門 学 校 の 制 度 全 体 規 模 の 概 要 1.1.( 参 考 1) 専 門 学 校 の 教 育 分 野 の 概 要 1.1.( 参 考 2) 専 門 学 校 で 取 徔 する 主 な 資 格 と 学 校 種 別 養 成 施 設 数 等 1.2. 専 門 学 校 卒 業 生 の 平 成 2 3 年 7 月 6 日 中 央 訓 練 協 議 会 資 料 2 専 門 学 校 の 教 育 制 度 年 度 の 設 置 学 科 の 傾 向 について 全 国 専 修 学 校 各 種 学 校 総 連 合 会 総 務 委 員 長 浦 山 哲 郎 1 1.1. 専 門 学 校 の 制 度 全 体 規 模 の 概 要 1.1.( 参 考 1) 専 門 学 校 の 教 育 分 野 の 概 要 1.1.(

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 平 成 28 年 3 月 1 日 平 成 28 年 度 事 業 計 画 概 要 [Ⅰ] 公 益 目 的 事 業 1. 青 少 年 交 流 教 育 交 流 事 業 : 総 合 交 流 部 日 本 政 府 は 平 成 27 年 度 補 正 予 算 により 日 中 植 林 植 樹 国 際 連 帯 事 業 を 実 施

More information

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく

Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている 昨 今 教 育 にお いても 例 外 ではなく 2014( 平 成 26) 年 度 事 業 計 画 学 校 法 人 千 葉 学 園 千 葉 商 科 大 学 千 葉 商 科 大 学 付 属 高 等 学 校 Ⅰ.はじめに グローバル 化 の 進 展 にともない 政 治 経 済 環 境 文 化 情 報 技 術 など あらゆる 社 会 シス テムが 激 しく 変 化 し 今 後 も 先 の 見 通 せない 不 透 明 な 時 代 が 続 くと 言 われている

More information

Microsoft Word - 資料3-2(表紙)

Microsoft Word - 資料3-2(表紙) 都 県 説 明 資 料 資 料 3-2 埼 玉 県 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 1 - 課 題 と 解 決 の 方 向 性 - 課 題 働 き 手 が 大 きく 減 少 していく 中 で 急 増 する75 歳 以 上 高 齢 者 をどのよう に 支 えていくか 2010 年

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

1. 事 業 の 概 要 1.1 大 学 大 学 院 1.1.1 事 業 の 概 要 1 学 部 ( 人 文 学 部 )に2 学 科 ( 人 文 学 科 心 理 臨 床 学 科 )を 有 する4 年 制 大 学 ( 学 年 定 員 150)と 大 学 院 修 士 課 程 ( 定 員 5 障 害 心 理 学 専 攻 全 国 初 )を 設 置 県 内 唯 一 のキリスト 教 主 義 大 学 としての 存

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

平成25年12月10日

平成25年12月10日 平 成 27 年 4 月 1 日 学 校 法 人 大 原 学 園 大 原 簿 記 法 律 専 門 学 校 難 波 校 大 原 簿 記 法 律 専 門 学 校 難 波 校 情 報 提 供 資 料 専 門 学 校 等 における 情 報 提 供 等 への 取 組 みに 関 するガイドラインに 基 づき 大 原 簿 記 法 律 専 門 学 校 難 波 校 の 情 報 を 以 下 のとおり 提 供 致 します

More information

スライド 1

スライド 1 員 の 第 一 志 望 校 合 格 を 完 サポート enaの 中 3 後 期 曜 特 訓 で 入 試 本 番 の 得 点 力 を 磨 きます 得 点 力 = 第 一 志 望 合 格 力 授 業 復 習 確 認 の 流 れで 得 点 力 を 高 めます 中 3 後 期 曜 特 訓 では 徔 点 力 の 養 成 を 最 大 のテーマとします 徔 点 力 とは 言 いかえれば 第 一 志 望 校 に 合

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000069[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000069[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 学 校 価 値 向 上 と 課 題 発 見 のための 学 校 満 足 度 アンケート 調 査 ( 生 徒 保 護 者 対 象 )のご 案 内 株 式 会 社 ソファー CESソリューション 事 業 部 はじめに 少 子 化 情 報 化 国 際 化 など 社 会 の 環 境 は 人 々の 予 想 を 超 えるスピードで 変 化 し 続 けています また 公 立 学 校 における 学 校 改 革 補 助

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information