保 険 料 は 個 人 ごとに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 被 保 険 者 一 人 ひとりに 保 険 料 を 負 担 していただくことになります 新 たに75 歳 になられた 方 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 以 上 の 障 害 があり 認 定 を 受 けた 方 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "保 険 料 は 個 人 ごとに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 被 保 険 者 一 人 ひとりに 保 険 料 を 負 担 していただくことになります 新 たに75 歳 になられた 方 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 以 上 の 障 害 があり 認 定 を 受 けた 方 を"

Transcription

1 平 成 26 年 度 版 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 のしおり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 保 険 料 は 被 保 険 者 ごとに 算 定 されます 高 知 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 ( 電 話 / )

2 保 険 料 は 個 人 ごとに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 被 保 険 者 一 人 ひとりに 保 険 料 を 負 担 していただくことになります 新 たに75 歳 になられた 方 (65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 以 上 の 障 害 があり 認 定 を 受 けた 方 を 含 む)は 以 前 に 加 入 していた 国 民 健 康 保 険 や 被 用 者 保 険 を 脱 退 して この 制 度 に 移 行 することになります この ため 以 前 の 保 険 と 重 複 して 保 険 料 を 納 めるこ とはありません 平 成 年 度 被 保 険 者 均 等 割 額 保 険 料 率 自 己 負 担 を 除 いた 後 期 高 齢 者 の 医 療 費 の 支 払 いな どに 必 要 な 費 用 のうち 約 5 割 を 国 県 市 町 村 の 公 費 が 約 4 割 を 現 役 世 代 の 方 が 加 入 する 医 療 保 険 からの 支 援 金 が 負 担 しており 被 保 険 者 のみなさま 方 に 負 担 していただく 保 険 料 は 全 体 の 約 1 割 となっ ています 被 保 険 者 一 人 ひとりの 保 険 料 額 を 算 定 する 保 険 料 率 は 2 年 ごと に 高 知 県 の 医 療 費 等 をもとにして 決 定 することとされており 平 成 年 度 の 保 険 料 率 は 次 の 表 のとおりです ( 一 部 の 町 村 を 除 き 平 成 年 度 の 保 険 料 率 から 据 え 置 きです) 保 険 料 率 所 得 割 率 51,793 円 10.35% 平 成 26 年 度 からは 高 知 県 内 の 保 険 料 率 は 全 て の 市 町 村 で 同 じとなりました (❷ページ 参 照 ) ❶

3 平 成 年 度 保 険 料 のポイント 1. 保 険 料 に 関 する 被 保 険 者 均 等 割 額 と 所 得 割 率 は 平 成 年 度 と 同 じです (❶ページ 参 照 ) 2. 保 険 料 の 上 限 額 が 変 わります 1 人 あたりの 年 間 保 険 料 の 上 限 額 は55 万 円 でし たが 平 成 26 年 度 分 の 保 険 料 からは 57 万 円 と なります (❸ページ 参 照 ) 3. 保 険 料 の 端 数 処 理 方 法 が 変 わります 一 人 ひとりの 保 険 料 額 は ❸ページの 計 算 式 により 算 出 した 額 の1 円 未 満 を 切 り 捨 てとしてお りましたが 平 成 26 年 度 分 の 保 険 料 からは 100 円 未 満 が 切 り 捨 てとなります 4. 被 保 険 者 均 等 割 額 の 軽 減 (2 割 及 び5 割 ) の 対 象 者 が 広 がります (❹ページ 参 照 ) 5. 県 内 全 ての 市 町 村 の 保 険 料 率 が 同 じと なります ( 保 険 料 の 不 均 一 賦 課 の 終 了 ) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が 始 まる 以 前 に 医 療 費 の 低 かった8 町 村 ( 東 洋 町 大 川 村 梼 原 町 津 野 町 四 万 十 町 大 月 町 三 原 村 黒 潮 町 )は 特 例 により 均 一 保 険 料 率 より 低 い 保 険 料 率 を 適 用 してきました この 特 例 の 適 用 期 間 が 平 成 25 年 度 で 終 了 したため 平 成 26 年 度 からは 県 内 全 ての 市 町 村 で 同 じ 保 険 料 率 となります ❷

4 保 険 料 の 計 算 方 法 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 年 間 保 険 料 は 被 保 険 者 全 員 に 等 しく 負 担 していただく 被 保 険 者 均 等 割 額 と 所 得 に 応 じて 負 担 していただく 所 得 割 額 の 合 計 額 で 被 保 険 者 ごとに 算 定 されます 平 成 年 度 の 保 険 料 計 算 式 1 被 保 険 者 均 等 割 額 被 保 険 者 全 員 が 等 しく 負 担 ( ) 51,793 円 2 所 得 割 額 ( 所 得 に 応 じて 負 担 ) 前 年 中 の 所 得 額 から 算 出 した 賦 課 のもとと 10.35% なる 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ) ❺ページ 印 参 照 1 人 あたり 年 間 保 険 料 (1+2) 100 円 未 満 切 り 捨 て ( 上 限 57 万 円 ) 1 被 保 険 者 均 等 割 額 とは 被 保 険 者 全 員 に 等 しく 負 担 して いただく 保 険 料 を 被 保 険 者 均 等 割 額 といいます 平 成 年 度 は 51,793 円 と なっています 所 得 の 低 い 方 については 世 帯 の 所 得 に 応 じて 被 保 険 者 均 等 割 額 が 軽 減 される 制 度 があります (❹ページ 参 照 ) ❸

5 被 保 険 者 均 等 割 額 の 軽 減 措 置 世 帯 主 ( 被 保 険 者 でない 場 合 もあります)とその 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 の 軽 減 を 判 定 する 所 得 額 ( 総 所 得 金 額 等 ❺ページ 印 参 照 )の 合 計 額 が 下 表 の 金 額 であれば 被 保 険 者 均 等 割 額 が 軽 減 されます また 平 成 26 年 度 分 の 保 険 料 からは 2 割 及 び 5 割 軽 減 の 対 象 者 が 広 がります ( 下 表 参 照 ) 軽 減 のための 手 続 きは 必 要 ありませんが 世 帯 主 と 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 の 所 得 の 申 告 がないと 同 一 世 帯 の 方 は 軽 減 が 適 用 されません 軽 減 の 割 合 軽 減 を 判 定 する 所 得 額 ( 総 所 得 金 額 等 )の 合 計 額 改 正 前 の 判 定 基 準 改 正 後 の 判 定 基 準 9 割 8.5 割 軽 減 対 象 者 の うち 被 保 険 者 全 員 が 年 金 収 入 80 万 円 以 下 ( そ の 他 各 種 所 得 がない) 改 正 なし 8.5 割 33 万 円 以 下 改 正 なし 5 割 33 万 円 +(24 万 5 千 円 世 帯 主 以 外 の 被 保 険 者 数 ) 以 下 33 万 円 +(24 万 5 千 円 被 保 険 者 数 ) 以 下 2 割 33 万 円 +(35 万 円 被 保 険 者 数 ) 以 下 33 万 円 +(45 万 円 被 保 険 者 数 ) 以 下 軽 減 計 算 の 際 の 注 意 点 65 歳 以 上 で 公 的 年 金 の 所 得 がある 場 合 公 的 年 金 所 得 から15 万 円 を 差 し 引 いた 額 で 軽 減 を 判 定 します 事 業 所 得 の 必 要 経 費 に 専 従 者 給 与 は 入 らず 事 業 主 の 所 得 は 専 従 者 控 除 前 の 所 得 で 計 算 します ( 専 従 者 給 与 所 得 は 専 従 者 本 人 の 給 与 所 得 から 除 外 します) 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 は 適 用 されませんが 雑 損 失 の 繰 越 控 除 は 適 用 されます ❹

6 2 所 得 割 額 とは 被 保 険 者 の 所 得 に 応 じて 負 担 していただく 保 険 料 を 所 得 割 額 といいます 被 保 険 者 の 前 年 中 の 収 入 額 から 各 種 控 除 や 必 要 経 費 を 除 いた 所 得 の 合 計 額 ( 総 所 得 金 額 等 )から 基 礎 控 除 33 万 円 を 差 し 引 いた 賦 課 のもととなる 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ) に 所 得 割 率 10.35%をかけた 額 を 負 担 していただきます 所 得 の 低 い 方 については 所 得 割 額 が 軽 減 される 制 度 があります (❻ページ 参 照 ) 所 得 割 額 の 計 算 方 法 総 所 得 金 額 等 公 的 年 金 等 所 得 ( 公 的 年 金 等 収 入 - 公 的 年 金 等 控 除 ) ❻ページ 参 照 総 収 入 - 必 要 経 費 純 損 失 または 純 損 失 の 繰 越 控 除 譲 渡 所 得 収 入 金 額 - 事 業 所 得 等 給 与 所 得 ( 給 与 収 入 - 給 与 所 得 控 除 ) 必 要 経 費 特 別 控 除 など ( 確 定 申 告 基 の 礎 控 控 除 除 と は 異 33 万 な 円 り ま す ) 賦 課 の も と と な る 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ) この 賦 課 のもととなる 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ) に 所 得 割 率 10.35%をかけたものが 所 得 割 額 となります 賦 課 のもとと なる 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ) 10.35% ( 所 得 割 率 ) 所 得 割 額 所 得 割 額 の 計 算 では 雑 損 失 の 繰 越 控 除 は 適 用 されません ❺

7 所 得 割 額 の 軽 減 措 置 被 保 険 者 の 賦 課 のもととなる 所 得 金 額 ( 賦 課 基 準 額 ❺ページ 印 参 照 )が58 万 円 以 下 ( 年 金 収 入 のみの 場 合 は 収 入 額 が211 万 円 以 下 )であれ ば 所 得 割 額 の5 割 が 軽 減 されます 公 的 年 金 等 控 除 額 (65 歳 以 上 の 方 ) 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 (A) 公 的 年 金 等 控 除 額 330 万 円 未 満 120 万 円 330 万 円 以 上 410 万 円 未 満 410 万 円 以 上 770 万 円 未 満 770 万 円 以 上 (A) 25% +37 万 5,000 円 (A) 15% +78 万 5,000 円 (A) 5% +155 万 5,000 円 被 用 者 保 険 の 被 扶 養 者 であった 方 の 軽 減 後 期 高 齢 者 医 療 に 加 入 する 前 日 に 被 用 者 保 険 ( 協 会 けんぽや 共 済 組 合 船 員 保 険 等 )の 被 扶 養 者 ( 扶 養 家 族 )であっ た 方 は 被 保 険 者 均 等 割 額 が9 割 軽 減 され 所 得 割 額 は 賦 課 されま せん ❻

8 保 険 料 の 納 付 方 法 納 付 方 法 については 年 金 からの 引 き 落 としによる 特 別 徴 収 と 納 付 書 や 口 座 振 替 による 普 通 徴 収 の2 通 りがあります 特 別 徴 収 の 対 象 となる 年 金 の 受 給 額 が 年 額 18 万 円 以 上 の 方 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 保 険 料 と 介 護 保 険 料 の 合 計 額 が その 年 金 受 給 額 の2 分 の1を 超 えない 方 は 原 則 として 特 別 徴 収 となり ます それ 以 外 の 方 は 普 通 徴 収 の 対 象 となります 特 別 徴 収 ( 年 金 からの 引 き 落 とし) 年 6 回 の 年 金 の 支 給 月 に 保 険 料 が 年 金 から 引 き 落 としされます 手 続 きの 必 要 はありません 徴 収 時 期 仮 徴 収 本 徴 収 4 月 (1 期 ) 6 月 (2 期 ) 8 月 (3 期 ) 10 月 (4 期 ) 12 月 (5 期 ) 2 月 (6 期 ) 前 年 中 の 所 得 額 が 確 定 して いないため 前 々 年 中 の 所 得 額 をもとに 仮 に 算 定 された 金 額 を 3 回 に 分 けて 納 付 平 成 26 年 度 に 確 定 した 保 険 料 額 から 仮 徴 収 額 を 差 し 引 いた 金 額 を3 回 に 分 けて 納 付 保 険 料 の 納 付 方 法 を 年 金 からの 引 き 落 としから 口 座 振 替 に 変 更 できます ( 詳 しくは❽ページ 参 照 ) 資 格 の 取 得 日 によって 特 別 徴 収 の 開 始 時 期 は 異 なります 特 別 徴 収 が 開 始 されるまでは 普 通 徴 収 で 保 険 料 を 納 めて いただくことになります 普 通 徴 収 納 付 書 での 納 付 お 住 まいの 市 町 村 から 送 られてくる 納 付 書 で 納 期 限 までに 金 融 機 関 を 通 じて 納 めていただきます 口 座 振 替 での 納 付 保 険 料 の 交 付 は 口 座 振 替 が 便 利 です ご 指 定 の 金 融 機 関 の 口 座 から 引 き 落 としされます 口 座 振 替 の 手 続 きについては お 住 まいの 市 町 村 へお 問 い 合 わせください ❼

9 保 険 料 の 納 付 方 法 を 年 金 からの 引 き 落 としから 口 座 振 替 に 変 更 できます 現 在 特 別 徴 収 ( 年 金 からの 引 き 落 とし)で 保 険 料 を 納 めていただいている 方 新 たに 年 金 からの 引 き 落 としによるお 支 払 いとなる 方 は 申 請 により 金 融 機 関 の 口 座 からの 振 替 に 変 更 することができます これまでの 保 険 料 の 納 付 状 況 から 口 座 振 替 への 変 更 が 認 めら れない 場 合 があります 口 座 振 替 によるお 支 払 いは 被 保 険 者 本 人 だけでは なく 世 帯 主 配 偶 者 など どなたの 口 座 からでも お 支 払 いできます 社 会 保 険 料 控 除 の 適 用 ( 所 得 税 の 確 定 申 告 などの 時 ) 特 別 徴 収 の 場 合 は 被 保 険 者 本 人 の 社 会 保 険 料 控 除 と して 適 用 されますが 口 座 振 替 によるお 支 払 いに 変 更 された 場 合 は 口 座 振 替 によりお 支 払 いいただい た 方 に 適 用 されます 保 険 料 の 納 付 を 忘 れずに 保 険 料 の 徴 収 は お 住 まいの 市 町 村 が 行 います 納 付 が 困 難 な 場 合 や 納 期 限 内 の 納 付 が 難 しいとき は お 住 まいの 市 町 村 の 窓 口 へご 相 談 ください 保 険 料 が 納 められていない 場 合 納 付 などの 相 談 機 会 を 持 つために 有 効 期 限 の 短 い 被 保 険 者 証 ( 短 期 証 )の 交 付 に 変 更 したり 悪 質 な 場 合 滞 納 処 分 の 手 続 きに 移 行 する 場 合 があります 保 険 料 の 減 免 制 度 災 害 疾 病 失 業 等 で 生 活 が 著 しく 困 窮 するなどの 事 情 により 保 険 料 の 納 付 が 困 難 となった 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 の 窓 口 で 申 請 することにより 保 険 料 が 減 免 されることがあります ❽

10 年 度 途 中 で 資 格 を 取 得 喪 失 した 場 合 は 取 得 75 歳 到 達 県 外 からの 転 入 など 保 険 料 は 資 格 を 取 得 した 日 の 属 する 月 から 年 度 末 までの 月 数 に 応 じて 月 割 りで 計 算 されます 例 1 7 月 20 日 に75 歳 の 誕 生 日 を 迎 えた 方 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 取 得 月 から 年 間 の 保 険 料 の12 分 の9の 額 を 納 めます (この 場 合 は7 月 から3 月 までの9ヶ 月 間 の 保 険 料 が 発 生 します) 喪 失 県 外 への 転 出 など 保 険 料 は 4 月 から 資 格 を 喪 失 した 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 に 応 じて 月 割 りで 計 算 されます その 際 納 め 過 ぎとなっている 場 合 は あとでお 返 しします 例 2 12 月 23 日 に 県 外 に 転 出 をした 人 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 前 月 分 まで 年 間 の 保 険 料 の12 分 の8の 額 を 納 めます (この 場 合 は4 月 から11 月 までの8ヶ 月 間 の 保 険 料 が 発 生 します) ❾

11 県 内 ( 広 域 連 合 内 )で 転 居 した 場 合 は 県 内 で 転 居 した 場 合 は 1 年 間 の 保 険 料 額 は 変 わ りません 保 険 料 の 納 付 先 の 市 町 村 が 変 更 になりますが 市 町 村 ごとに 納 期 限 が 異 なります 転 出 した 市 町 村 では 転 居 月 の 前 月 まで 月 割 りで 計 算 した 保 険 料 を 納 付 します ( 多 く 納 めている 場 合 には 払 い 戻 しされ 不 足 している 場 合 は 不 足 分 を 納 付 します) 転 入 した 市 町 村 では 転 居 月 から 月 割 りで 計 算 した 保 険 料 を 納 付 することになります A 市 からB 町 へ 転 居 の 場 合 年 間 の 保 険 料 転 居 月 の 前 月 までの 月 割 りの 保 険 料 多 く 納 めている 場 合 A 市 で 納 めた 保 険 料 不 足 している 場 合 A 市 で 納 めた 保 険 料 A 市 から 払 い 戻 し B 町 で 納 める 保 険 料 B 町 で 納 める 保 険 料 A 市 に 納 付 申 請 や 届 出 はお 住 まいの 市 町 村 窓 口 へ 転 入 や 転 出 世 帯 に 変 更 があったときは 14 日 以 内 に お 住 まいの 市 町 村 の 担 当 窓 口 へ 届 出 をしてください

12 保 険 料 計 算 例 (❸~❻ページ 参 照 ) 1. 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 保 険 者 が1 人 の 世 帯 (1) 収 入 : 基 礎 年 金 77 万 円 (1 人 の 世 帯 ) 被 保 険 者 均 等 割 額 年 金 77 万 円 の 所 得 額 =0 円 (77 万 円 -120 万 円 =0 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 軽 減 対 象 の 判 定 は? 77 万 円 -80 万 円 0 円 9 割 軽 減 該 当 ❹ページ 参 照 51,793 円 1 割 =5,179 円 1 所 得 額 0 円 所 得 割 額 =0 円 2 保 険 料 (1+2)=5,100 円 / 年 (2) 収 入 : 厚 生 年 金 ( 基 礎 年 金 含 む) 152 万 円 (1 人 の 世 帯 ) 100 円 未 満 切 り 捨 て 被 保 険 者 均 等 割 額 年 金 152 万 円 の 所 得 額 =32 万 円 (152 万 円 -120 万 円 =32 万 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 軽 減 対 象 の 判 定 は? 32 万 円 -15 万 円 =17 万 円 17 万 円 33 万 円 8.5 割 軽 減 該 当 ❹ページ 参 照 51,793 円 1.5 割 =7,768 円 1 所 得 割 額 基 礎 控 除 所 得 額 32 万 円 -33 万 円 =0 円 ❺ページ 参 照 =0 円 2 保 険 料 (1+2)=7,700 円 / 年 100 円 未 満 切 り 捨 て

13 (3) 収 入 : 厚 生 年 金 ( 基 礎 年 金 含 む) 215 万 円 (1 人 の 世 帯 ) 被 保 険 者 均 等 割 額 年 金 215 万 円 の 所 得 額 =95 万 円 (215 万 円 -120 万 円 =95 万 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 軽 減 対 象 の 判 定 は? 95 万 円 -15 万 円 =80 万 円 80 万 円 >33 万 円 +(45 万 円 1 人 ) 軽 減 なし ❹ページ 参 照 =51,793 円 1 所 得 割 額 基 礎 控 除 所 得 額 95 万 円 -33 万 円 =62 万 円 ( 賦 課 のもととなる 所 得 金 額 ) 62 万 円 10.35%=64,170 円 軽 減 対 象 の 判 定 は? 62 万 円 >58 万 円 軽 減 なし ❺❻ページ 参 照 =64,170 円 2 保 険 料 (1+2)=115,900 円 / 年 100 円 未 満 切 り 捨 て (4) 収 入 : 基 礎 年 金 77 万 円 世 帯 主 ( 子 : 国 保 )の 事 業 所 得 500 万 円 被 保 険 者 均 等 割 額 年 金 77 万 円 の 所 得 額 =0 円 (77 万 円 -120 万 円 =0 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 軽 減 対 象 の 判 定 は? 0 円 +500 万 円 >33 万 円 + (45 万 円 1 人 ) 軽 減 なし ❹ページ 参 照 =51,793 円 1 所 得 額 0 円 所 得 割 額 =0 円 2 保 険 料 (1+2)=51,700 円 / 年 100 円 未 満 切 り 捨 て

14 (5) 収 入 : 厚 生 年 金 ( 基 礎 年 金 含 む)150 万 円 ( 被 用 者 保 険 の 被 扶 養 者 であった 方 ) 世 帯 主 ( 子 : 被 用 者 保 険 本 人 )の 給 与 所 得 500 万 円 被 保 険 者 均 等 割 額 年 金 の 所 得 額 =30 万 円 (150 万 円 -120 万 円 =30 万 円 ) 9 割 軽 減 該 当 ❻ページ 参 照 ( 被 用 者 保 険 の 被 扶 養 者 であった 方 ) 51,793 円 1 割 =5,179 円 1 被 保 険 者 均 等 割 額 夫 の 年 金 所 得 額 =47 万 円 (167 万 円 -120 万 円 =47 万 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 妻 の 年 金 所 得 額 =0 円 (77 万 円 -120 万 円 =0 円 ) 計 算 方 法 は❺❻ページ 参 照 軽 減 対 象 の 判 定 は? 47 万 円 -15 万 円 +0 円 33 万 円 8.5 割 軽 減 該 当 ❹ページ 参 照 夫 妻 それぞれに 51,793 円 1.5 割 =7,768 円 1 所 得 割 額 負 担 なし ❻ページ 参 照 ( 被 用 者 保 険 の 被 扶 養 者 であった 方 ) =0 円 2 保 険 料 (1+2)=5,100 円 / 年 100 円 未 満 切 り 捨 て 2. 後 期 高 齢 者 医 療 の 被 保 険 者 が2 人 の 世 帯 ( 被 保 険 者 以 外 は 同 居 していない 場 合 ) (1) 収 入 : 夫 ( 世 帯 主 ) 厚 生 年 金 167 万 円 ( 基 礎 年 金 含 む) 妻 基 礎 年 金 77 万 円 所 得 割 額 基 礎 控 除 所 得 額 47 万 円 -33 万 円 = 14 万 円 ( 賦 課 のもととなる 所 得 金 額 ) 14 万 円 10.35%=14,490 円 軽 減 対 象 の 判 定 は? 夫 14 万 円 58 万 円 所 得 割 5 割 軽 減 該 当 ❺❻ページ 参 照 14,490 円 5 割 =7,245 円 2 妻 所 得 額 0 円 =0 円 3 夫 : 保 険 料 (1+2)=15,000 円 / 年 妻 : 保 険 料 (1+3)= 7,700 円 / 年 100 円 未 満 切 り 捨 て

P1

P1 ❶ 15% 5% 20% 6,000 万 円 以 下 の 部 分 10% 4% 14% 6,000 万 円 超 の 部 分 15% 5% 20% ❷ 30% 9% 39% 2,000 万 円 以 下 の 部 分 10% 4% 14% 2,000 万 円 超 の 部 分 15% 5% 20% ❸ ❹ ❺ ❻ ❼ ❽ ❶ ❷ ❸ ❶ ❷ 売 上 代 金 に 係 る 金 銭 等 の 受 取 書 例 )

More information

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保 保 険 料 について 保 険 料 は 被 保 険 者 が 等 しく 負 担 する 均 等 割 額 と 被 保 険 者 の 所 得 に 応 じて 決 まる 所 得 割 額 の 合 計 額 になります 保 険 料 率 等 は 香 川 県 内 のいずれの 市 町 にお 住 まいでも 同 じです ( 平 成 27 年 度 ) 保 険 料 年 額 基 礎 控 除 後 の 47,200 円 + 所 得 割 率

More information

00Int01.qx

00Int01.qx QA7-0878-V02 1 ❶ ❷ ❷ ❶ 2 ❶ ❷ ❶ ❷ 1 2 1 3 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 ❶ ❷ ❶ ❷ 2 1 1 2 3 4 1 2 ❶ ❷ ❶ ❷ 3 4 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 1 2 3 4 ❶ ❷ ❸ ❸ ❷ ❶ 5 ❶ ❶ ❷ ❸ ❹ ❷ ❸

More information

第1回_建築のデザインを考える_その1

第1回_建築のデザインを考える_その1 ❶ ❷ ❼ ❸ ❹ ❺ ❻ ❽ Q. ❶ ❷ Q. ❶ ❷ 1895 1922 20 1895 1893 H 20 1910 1898 20 1924 G.T. 1924 20 1931 1. 2. 3. 4. 5. 6. 20 1949 1950 20 1929 Q. ❶ ❷ 1909 1936 20 1960 64 1940 20 Q. 1. 2. 3. 4. 5. 6. 67 1967

More information

0275難病情報センターのご案内_表面#4-03

0275難病情報センターのご案内_表面#4-03 Japan Intractable Diseases Information Center http://www.nanbyou.or.jp http : // www.nanbyou.or.jp 34 1 35 46 2 41 36 3 4 19 21 37 38 31 35 5 39 6 24 40 7 25 41 22 8 56 42 9 43 51 10 55 44 30 45 11 12

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 27 年 度 国 民 健 康 保 険 のしおり 国 民 健 康 保 険 は 職 場 の 健 康 保 険 と 比 べ 主 に 次 の 点 が 異 なります 1. 加 入 は 世 帯 単 位 保 険 料 ( 長 久 手 市 では 国 民 健 康 保 険 税 ( 以 下 国 保 税 )と いいます)は 世 帯 主 あてに 通 知 します 2. 国 保 税 は 前 年 所 得 や 加 入 者 数 等

More information

000-shinpou_12.indd

000-shinpou_12.indd 12 DECEMBER 平 成 26 年 / No.770 目 次 協 会 けんぽ 東 京 支 部 からのお 知 らせ 限 度 額 適 用 認 定 証 を 利 用 しましょう/2 高 額 療 養 費 の 申 請 をしましょう/3 日 本 年 金 機 構 からのお 知 らせ 退 職 後 の 年 金 制 度 への 加 入 /4 年 末 年 始 の 休 業 日 のご 案 内 /4 源 泉 徴 収 票 の

More information

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等 介 護 保 険 に 関 するQ&A 65 歳 になられる 方 65 歳 になったら 保 険 料 の 通 知 が 来 るのはなぜですか 介 護 保 険 料 は40 歳 から64 歳 までの 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 )については 健 康 ( 医 療 ) 保 険 料 の 中 に 含 めて ご 加 入 の 健 康 ( 医 療 ) 保 険 組 合 のルールに 基 づいて 支 払 うことになっています

More information

第1 給与所得の源泉徴収票と給与支払報告書

第1 給与所得の源泉徴収票と給与支払報告書 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 平 成 19 年 分 から 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 様 式 が 変 わります 変 更 箇 所 は 次 のとおりですので 記 載 誤 り 等 がないようにご 注 意 ください 地 震 保 険 料 控 除 創 設 に 伴 い 1( 旧 ) 損 害 保 険 料 の 控 除 額 欄 ( 新 ) 地 震 保 険 料

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

豆 知 識 2 やまがた 緑 環 境 税 について ~やまがた 緑 環 境 税 とは?~ やまがた 緑 環 境 税 は 荒 廃 が 進 む 森 林 の 整 備 や 県 民 参 加 による 森 づくり 活 動 に 取 り 組 むことなどを 目 的 として 県 民 の 皆 様 から 広 く ご 負 担

豆 知 識 2 やまがた 緑 環 境 税 について ~やまがた 緑 環 境 税 とは?~ やまがた 緑 環 境 税 は 荒 廃 が 進 む 森 林 の 整 備 や 県 民 参 加 による 森 づくり 活 動 に 取 り 組 むことなどを 目 的 として 県 民 の 皆 様 から 広 く ご 負 担 この 税 金 は 個 人 の 市 町 村 民 税 とあわせて 住 民 税 と よばれ 市 町 村 で 賦 課 徴 収 し あとで 県 へ 払 い 込 まれ ます 納 める 人 1 月 1 日 現 在 で 1 県 内 に 住 所 のある 人 均 等 割 と 所 得 割 を 納 めます 2 県 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 持 っている 人 で その 所 在 する 市 町 村

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

000-shinpou_09.indd

000-shinpou_09.indd 9 SEPTEMBER 平 成 26 年 / No.767 目 次 協 会 けんぽ 東 京 支 部 からのお 知 らせ 埋 葬 料 埋 葬 費 が 支 給 されます/2 第 三 者 行 為 による 傷 病 届 を 提 出 しましょう/3 日 本 年 金 機 構 からのお 知 らせ 標 準 報 酬 月 額 を 被 保 険 者 の 皆 様 へ お 知 らせください/4 住 所 一 覧 表 の 提 供 サービスについて/4

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 この 社 会 あなたの 税 がいきている 岩 沼 市 総 務 部 税 務 課 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等

More information

納 税 義 務 者 について Q 私 自 身 は 以 前 から 会 社 の 保 険 に 加 入 しているのに 国 保 税 の 納 税 通 知 書 が 私 宛 に 届 きましたがなぜです か? A 国 保 税 は 世 帯 主 の 方 に 納 税 義 務 があります ( 地 方 税 法 第 703 条

納 税 義 務 者 について Q 私 自 身 は 以 前 から 会 社 の 保 険 に 加 入 しているのに 国 保 税 の 納 税 通 知 書 が 私 宛 に 届 きましたがなぜです か? A 国 保 税 は 世 帯 主 の 方 に 納 税 義 務 があります ( 地 方 税 法 第 703 条 よくある 質 問 ( 国 民 健 康 保 険 税 Q&A) 国 保 税 のご 相 談 税 務 課 課 税 班 税 納 付 のご 相 談 税 務 課 収 納 班 国 保 資 格 のご 相 談 生 活 環 境 課 保 険 班 電 話 0185-24-9134 電 話 0185-24-9136 電 話 0185-24-9112 納 付 方 法 について Q 国 保 税 は 毎 月 納 めるのですか? A

More information

私たちの市税

私たちの市税 第 4 章 市 税 を 納 めるには ❶ 自 主 納 税 と 滞 納 自 主 納 税 奈 良 市 では 納 税 の 本 来 の 姿 として 自 主 納 税 を 推 進 しています 自 主 納 税 とは 納 税 義 務 者 のみなさんが 法 令 で 定 められた 納 期 限 までに 自 主 的 に 納 税 することです 市 税 の 滞 納 法 令 で 定 められた 納 期 限 までに 納 税 しないことを

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

私学ねんきん定期便B.indd

私学ねんきん定期便B.indd ねんきん 定 期 便 に 関 するお 問 い 合 わせは 私 学 事 業 団 電 話 相 談 室 もしくは 各 ガーデンパレスの 共 済 業 務 課 にお 電 話 くださるようお 願 いします お 問 い 合 わせの 際 は 基 礎 年 金 番 号 をお 知 らせください ねんきん 定 期 便 パンフレット( ( 節 目 年 齢 59 歳 ) このパンフレットは ねんきん 定 期 便 をご 覧 になるときにご

More information

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪 よくあるご 質 問 加 入 中 の 手 続 きについて 加 入 者 証 とは 何 ですか? 基 金 から 届 いた 案 内 の 中 に 加 入 者 証 と 書 いてありますが どのようなも のですか? 加 入 者 証 とは? 基 金 の 加 入 者 であることを 証 明 するもので 入 社 時 に 発 行 して 会 社 へお 渡 ししています 年 金 手 帳 などに 挟 んである 場 合 もありますのでご

More information

KYOSAI-16-1-430号CC2014.indd

KYOSAI-16-1-430号CC2014.indd 年 金 や 医 療 保 険 は 安 心 して 退 職 後 の 生 活 を 送 るために 欠 かせないものです このコーナーでは 退 職 後 の 年 金 や 医 療 保 険 制 度 についてお 知 らせします 職 域 部 分 は 経 過 的 職 域 加 算 額 として 支 給 されます! 昨 年 の10 月 1 日 から 被 用 者 年 金 一 元 化 法 が 施 行 され 公 務 員 も 厚 生 年

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式 1 種 類 計 算 1 種 類 額 は 次 10 種 類 区 分 して 計 算 します 種 類 内 容 計 算 法 1 利 子 預 貯 国 債 利 子 収 入 額 = 額 2 配 当 株 式 や 出 資 配 当 収 入 額 - 株 式 を 取 するため 借 入 利 子 3 不 動 産 土 や 建 物 を 貸 してる 場 合 総 収 入 額 - 必 要 経 4 事 業 商 工 業 農 業 事 業 をしてる

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の

抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の 国 民 健 康 保 険 のご 案 内 平 成 28 年 度 新 宿 区 健 康 部 医 療 保 険 年 金 課 電 話 :3209-1111( 代 表 ) 抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり

More information

1 1. 商 品 名 変 動 固 定 金 利 選 択 型 2. ご 利 用 いただける 方 次 の 条 件 をすべて 満 たす 方 お 申 込 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 で 最 終 ご 返 済 時 の 年 齢 が 満 76 歳 未 満 の 方 原 則 として 勤 務 地 および 居 住 地 ならびに 担 保 物 件 所 在 地 が 当 行 の 営 業 区 域 内 にある

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立 保 育 所 についてのQ&A < 入 所 について> Q1. 現 在 求 職 中 ですが 入 所 することはできますか? A1. 入 所 できます 但 し 入 所 から3ヶ 月 以 内 に 就 労 することが 絶 対 条 件 となります 3ヶ 月 経 過 後 も 就 労 できない 場 合 は 原 則 として 退 所 となります Q2. 就 労 時 間 や 就 労 日 数 の 条 件 は 何 かありますか?

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます

マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます 2016 年 5 月 マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます イメージ 図 : 契 約 年 齢 ( 被 保 険 者 の 満 年 齢 )が 70

More information

1 平 成 27 年 10 月 5 日 発 行 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 のしおり 広 報 キャラクターにゃんとも TAMA 三 郎 とその 仲 間 たち 多 摩 市 4 月 入 所 申 請 (1 次 受 付 ) 詳 しくは P9 をご 覧 ください 受 付 期 間 受 付 時 間 受 付 場 所 平 成 27 年 11 月 6 日 ( 金 ) 9 時 ~17 時 市 役 所 本 庁

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

0487_CS3_埼玉県市町村職員共済組合_訴訟費用保険_三ツ折.indd

0487_CS3_埼玉県市町村職員共済組合_訴訟費用保険_三ツ折.indd 埼 玉 県 市 町 村 職 員 共 済 組 合 訴 訟 費 用 保 険 効 力 発 効 日 平 成 29 年 1 月 1 日 ( 地 方 公 務 員 賠 償 責 任 補 償 特 約 付 賠 償 責 任 補 償 特 約 付 普 通 傷 害 保 険 ) ~ 訴 訟 費 用 保 険 の 概 要 ~ 近 年 民 事 訴 訟 で 職 員 個 人 が 訴 えられるケースや 職 員 の 行 為 に 関 する 住

More information

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 更 新 手 続 きのご 案 内 平 成 28 年 4 月! 重 要 なお 知 らせ! 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 今 お 持 ちの 指 定 難 病 特 定 医 療 費 受 給 者 証 は 平 成 28 年 9 月 30 日 で 有 効 期 間 が 終 了 します 引 き 続 き 更 新 を 希 望 される 場 合 は, 更

More information

年 払 特 (06)について 年 払 特 (06)を 付 加 することにより 険 などの 全 部 または 一 部 を 年 でお 受 取 りになることができます < のみに 付 加 する 特 則 について> 主 契 に が 付 加 されており かつ ご 契 者 が 法 人 の 場 合 は のみ に 付 加 する 特 則 を 適 用 することができます この 特 則 を 適 用 する ことにより の 険

More information

2 3

2 3 平成 28 年度用中学校技術 家庭 家庭分野 教科書完全準拠 家庭分野学習指導書 平成 28 ~ 31 年度用新教科書 平成 24 ~ 27 年度用学習指導書 目次 ❶ 学習指導書ラインナップ一覧 2 新しい教科書のご案内 3 ❷ 実践編のご紹介 4 ❸ 指導計画 評価編のご紹介 6 ❹ データ集 CD-ROM のご紹介 7 ❺ 指導事例編のご紹介 7 ❻ 内容編のご紹介 8 ❼ 入門編のご紹介 10

More information

後期高齢医療.indd

後期高齢医療.indd 平 成 28 年 度 版 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 のしくみ も く じ 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 1 保 険 証 3 医 療 機 関 等 にかかるときの 自 己 負 担 の 割 合 5 自 己 負 担 の 限 度 額 ( 高 額 療 養 費 など) 7 医 療 費 の 払 い 戻 しを 受 けられる 場 合 11 整 骨 院 接 骨 院 ( 柔 道 整 復 )の 正 しいかかり

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

取扱説明書 [d-02H]

取扱説明書 [d-02H] d-02h 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 1 2 3 19 3 1 2 4 20 21 1 2 3 4 22 1 2 1 1 2 1 23 1 2 24 25 1 1 2 26 1 27 1 2 3 28 1 2 29 1 2 3 30 1 2 3 1 2 3 4 5 31 1 2 3 4 32 33 34 1 35 1 36 37 1

More information

私たちの市税

私たちの市税 平 成 27 年 度 私 たちの 市 税 奈 良 市 目 次 第 1 章 市 税 の 窓 口 ❶ 市 税 の 窓 ロ 1 ❷ 市 税 の 証 明 1 第 2 章 市 税 のあらまし ❶ 市 税 のあらまし 3 ❷ 市 民 税 とは 3 ❸ 個 人 市 民 税 4 ❹ 法 人 市 民 税 17 ❺ 固 定 資 産 税 19 ❻ 都 市 計 画 税 28 ❼ 軽 自 動 車 税 30 ❽ 市 たばこ 税

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 保 育 園 に 関 す る ご 案 内 安 曇 野 市 子 ど も 支 援 課 ( 本 庁 舎 1 階 16 番 窓 口 ) 399-8281 安 曇 野 市 豊 科 6000 番 地 T E L:0263-71-2256( 直 通 ) FAX:0263-72-2065 1 も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します 平 成 27 年 10 月 発 行 多 気 町 平 成 28 年 度 保 育 園 等 入 園 のご 案 内 ( 平 成 28 年 4 月 平 成 29 年 3 月 入 園 分 ) (お 問 合 せ 先 ) 多 気 町 役 場 町 民 福 祉 課 こども 係 電 話 :0598-38-1114 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 子 ども 子 育

More information

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲ 20 歳 になったら 国 民 年 金 日 本 年 金 機 構 から 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 届 書 ( 以 下 資 格 取 得 届 という) が 届 きましたか? 今 回 は 町 田 市 から 手 続 きの 方 法 をご 案 内 します! 日 本 国 内 に 住 む 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 次 のいずれかの 年 金 に 加 入 しなければなりません 厚

More information

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 不 動 産 取 得 税 Q&A 不 動 産 取 得 税 について Q 1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? Q 2 税 額 の 計 算 方 法 は どのようになっていますか? Q 3 土 地 や 家 屋 を 取 得 すると 不 動 産 取 得 税 は 必 ず 課 税 されますか? Q 4 不 動 産 取 得 税 が 非 課 税 になる

More information

26表紙1.2.3.indd

26表紙1.2.3.indd 平 成 26 年 度 ( 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 ) 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり 給 与 支 払 報 告 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (13 14 ページ) 特 別 徴 収 への 切 替 申 請 書 (15 ページ) 特 別 徴 収 義 務 の 所 在 地 名 称 変 更 通 知 書 (16 ページ) 市 県 民

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd 保 険 年 金 税 金 国 民 健 康 保 険 国 民 健 康 保 険 課 国 保 係 955-9511 各 種 手 続 きを 別 世 帯 の 代 理 人 が 届 出 される 場 合 必 要 書 退 職 者 医 療 制 度 類 のほか 委 任 状 と 代 理 人 の 顔 写 真 入 り 身 分 証 明 書 等 が 必 要 になります 長 い 間 会 社 や 官 公 庁 などに 勤 め 退 職 後 に

More information

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案 平 成 28 年 5 月 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 手 続 きのご 案 内 制 度 について 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 対 象 疾 病 ( 平 成 27 年 7 月 1 日 から 医 療 費 助 成 制 度 の 対 象 疾 病 が306 疾 病 に 拡 大 )に 罹 患 し, 医 療 機 関 においてその 治 療 をしている 方 に 対 して 医

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 住 民 税 が 変 わす 税 源 移 譲 青 森 県 も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 税 者 の 負 担 が 増 えないようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区 高 齢 受 給 者 証 70 歳 になると 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 となります 対 象 となる 期 間 70 歳 の 誕 生 日 の 翌 月 (1 日 が 誕 生 日 の 方 は 誕 生 月 )から 75 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 内 容 対 象 の 方 には 高 齢 受 給 者 証 が 交 付 されます 医 療 機 関 にかかるときはこの 受 給 者 証 と 証 を 窓 口

More information

商品名

商品名 商 品 概 要 説 明 書 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 商 品 名 ご 利 用 いただける 方 資 金 使 途 借 入 金 額 借 入 期 間 借 入 利 率 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) 当 JAの 組 合 員 の 方 お 借 入 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 66 歳 未 満 であり, 最 終 償 還 時

More information

外貨普通預金

外貨普通預金 商 品 概 要 説 明 書 平 成 26 年 9 月 1 日 現 在 非 提 携 住 宅 ローン( 全 国 保 証 ) 商 品 名 保 証 会 社 全 国 保 証 ( 株 ) お 使 いみち ご 利 用 いただける 方 非 提 携 住 宅 ローン( 全 国 保 証 住 まいるいちばんネクストⅤ ) 1.お 申 込 人 またはお 申 込 人 とそのご 家 族 が 居 住 することを 目 的 とした 物

More information

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2.

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2. N P O の 市 民 講 座 15 配 布 資 料 年 金 の もら い 忘 れは ありま せ ん か? 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 講 師 増 田 文 香 配 布 資 料 資 料 1 資 料 2 年 金 時 効 特 例 法 について 年 金 記 録 1/4~4/4 年 金 給 付 編 1/4~4/4 2011 年 ( 平 成 23 年 ) 9 月 4 日 ( 日 ) 川 口 東 口

More information

住宅ローン商品詳細説明書

住宅ローン商品詳細説明書 住 宅 ローン 商 品 詳 細 説 明 書 平 成 28 年 9 月 1 日 現 在 商 品 名 ご 利 用 いただける 資 金 使 途 借 入 用 途 住 宅 ローン 以 下 の 条 件 を 満 たす じぶん 銀 行 に 円 普 通 預 金 口 座 をお 持 ちの お 申 込 時 のご 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 で 最 終 ご 返 済 時 が 満 80 歳 の 誕 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

『東京都育英資金』申込みのしおり

『東京都育英資金』申込みのしおり 平 成 27 年 度 東 京 都 育 英 資 金 申 込 みのしおり 東 京 都 育 英 資 金 は 勉 学 意 欲 のある 生 徒 や 学 生 に 勉 学 に 必 要 な 資 金 の 一 部 をお 貸 しする 奨 学 金 制 度 です( 保 護 者 にお 貸 しするものではありません ) 奨 学 金 を 借 り 受 けた 生 徒 学 生 本 人 が 将 来 は 返 還 しなければなりませんので 計

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

5 志 願 者 本 人 のみの 在 留 を 在 留 期 間 に 含 めることはできません 6 在 留 期 間 については 出 発 月 と 帰 国 月 をそれぞれ1か 月 として 計 算 します 3. 帰 国 生 徒 資 格 認 定 以 下 の 方 法 により 出 願 前 に 必 ず 帰 国 生 徒

5 志 願 者 本 人 のみの 在 留 を 在 留 期 間 に 含 めることはできません 6 在 留 期 間 については 出 発 月 と 帰 国 月 をそれぞれ1か 月 として 計 算 します 3. 帰 国 生 徒 資 格 認 定 以 下 の 方 法 により 出 願 前 に 必 ず 帰 国 生 徒 2016 年 度 4 月 入 学 帰 国 生 徒 入 試 1. 募 集 人 数 入 試 日 程 帰 国 生 徒 は 下 記 3 種 類 の 試 験 を 受 験 することができます 入 試 の 種 類 募 集 人 数 ( 第 一 学 年 ) 1. 推 薦 入 試 60 名 2. 書 類 選 考 入 試 90 名 3. 学 力 試 験 入 試 10 名 選 考 方 法 願 書 受 付 期 間 試 験 日

More information

目 次 入 居 申 し 込 みの 資 格 について 1 提 出 書 類 について 2 申 し 込 みに 際 しての 注 意 事 項 3 入 居 申 し 込 の 流 れについて 4 入 居 の 優 先 について 6 抽 選 となった 際 の 優 遇 措 置 について 7 抽 選 の 方 法 について

目 次 入 居 申 し 込 みの 資 格 について 1 提 出 書 類 について 2 申 し 込 みに 際 しての 注 意 事 項 3 入 居 申 し 込 の 流 れについて 4 入 居 の 優 先 について 6 抽 選 となった 際 の 優 遇 措 置 について 7 抽 選 の 方 法 について 宮 古 市 災 害 公 営 住 宅 入 居 申 し 込 みのしおり 今 回 の 入 居 申 し 込 みは 団 地 ごとに 入 居 する 世 帯 を 事 前 に 登 録 し 内 定 するものです 申 し 込 みをしない 方 や 事 前 登 録 から 外 れた 方 は 事 前 登 録 者 の 決 まらない 部 屋 のある 団 地 の 入 居 募 集 があった 場 合 のみ 申 し 込 みできます 宮 古

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

<8C9295DB82CC82B582A882E8955C8E86819C2E786C7378>

<8C9295DB82CC82B582A882E8955C8E86819C2E786C7378> 健 保 のしおり 平 成 28 年 4 月 版 パッケージ 工 業 健 康 保 険 組 合 130-0005 東 京 都 墨 田 区 東 駒 形 1 丁 目 16 番 地 1 号 TEL 03(3624)7421~7424 番 http://www.shaho.co.jp/package-kenpo/ 目 次 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅷ Ⅸ Ⅹ 健 康 保 険 組 合 の 加 入 者 について

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

2016_川越市_160523.indd

2016_川越市_160523.indd 49 国 保 後 期 高 齢 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ). 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 3. 国 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ) 国 保 手 続 きと 国 健 康 保 険 税 ( 国 保 税 ) 国 保 は 病 気 やけが 等 に 関 て 必 要 な 保 険 給 付 を 行 う 社 会 保 障 制 度 です 国 保 へ 加 入 する 方 勤 務 先 健 康 保

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 社 会 保 障 分 野 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 4 月 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 の 全 体 スケジュール 平 成 25 年 5 月 平 成 26 年 度 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 や 自 治 体 等 のシステム 改 修 等 平 成 27 年

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養 Ⅵ 任 意 継 続 組 合 員 1 制 度 の 内 容 ( 法 第 144 条 の2) 退 職 の 日 の 前 日 まで 引 き 続 き1 年 以 上 組 合 員 であった 者 が 退 職 の 日 から 起 算 して 20 日 以 内 に 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 共 済 組 合 に 提 出 した 場 合 は 退 職 の 日 の 翌 日 から 起 算 して2 年 間 ( 退 職 時

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

14.その 他 参 考 と なるべき 事 項 一 般 財 形 預 金 (2/2) (2) 紛 争 解 決 措 置 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 :03-3581-0031) 第 一 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 :03-3595-8588) 第 二 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 :

14.その 他 参 考 と なるべき 事 項 一 般 財 形 預 金 (2/2) (2) 紛 争 解 決 措 置 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 :03-3581-0031) 第 一 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 :03-3595-8588) 第 二 東 京 弁 護 士 会 ( 電 話 : 1. 預 金 の 種 類 商 品 名 一 般 財 形 預 金 一 般 財 形 預 金 (1/2) 2. 販 売 対 象 財 産 形 成 預 金 取 扱 契 約 先 企 業 勤 務 の 勤 労 者 の 方 3. 契 約 期 間 4. 預 入 (1) 積 立 期 間 3 年 以 上 ( 年 1 回 以 上 の 預 入 が 必 要 で) (2) 積 立 期 間 内 での 払 戻 しはできません (1) 預

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

特 別 徴 収 制 度 とは 市 県 民 税 の 納 め 方 のひとつです 従 業 員 の 市 県 民 税 を 事 業 主 が 毎 月 給 与 から 天 引 きし 従 業 員 に 代 わって 市 に 納 める 制 度 です 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 対 応 するものが 市 県 民 税 では

特 別 徴 収 制 度 とは 市 県 民 税 の 納 め 方 のひとつです 従 業 員 の 市 県 民 税 を 事 業 主 が 毎 月 給 与 から 天 引 きし 従 業 員 に 代 わって 市 に 納 める 制 度 です 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 対 応 するものが 市 県 民 税 では 市 県 民 税 特 別 徴 収 事 務 説 明 会 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 葛 生 あくとプラザ 平 成 26 年 10 月 16 日 ( 木 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 田 沼 中 央 公 民 館 平 成 26 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 佐 野 市 文 化 会 館 佐 野 市 役 所

More information