< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利"

Transcription

1 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 ) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金 や 保 険 料 に 影 響 を 受 けることがあるが 被 補 償 者 から これらの 影 響 について 起 業 者 からの 説 明 がなかったとして 公 共 事 業 に 協 力 したにもかかわらず 想 定 外 の 出 費 を 強 いられた という 苦 情 が 寄 せられることがあり このような 苦 情 が 不 当 要 求 や 訴 訟 に 発 展 する 場 合 もある このようなトラブルは 起 業 者 が 口 頭 で 説 明 していることが 主 な 原 因 であるため 事 前 の 予 防 策 として また 発 生 した 時 の 対 応 策 として 文 書 確 認 による 解 決 策 を 検 討 した なお 被 補 償 者 が 年 々 高 齢 化 している 今 日 の 高 齢 化 社 会 に 対 しても 文 書 確 認 は 有 効 と 考 える 1. 検 討 の 背 景 キーワード 説 明 責 任 トラブル 不 当 要 求 文 書 確 認 高 齢 化 社 会 公 共 事 業 で 居 宅 が 支 障 になった70 代 後 半 の 夫 婦 を 被 補 償 者 として 補 償 説 明 を 行 った 事 案 があった 夫 婦 は 難 しい 話 はよく 解 らないかもしれないとして 別 居 している 娘 婿 を 補 償 説 明 の 場 に 同 席 させていた その 場 で 起 業 者 の 用 地 担 当 者 ( 以 下 担 当 者 とす る)から 補 償 金 受 領 後 の 使 途 について 補 償 金 を 使 い 切 らずに 残 した 場 合 は 税 金 が 増 える 可 能 性 があることを 説 明 したところ 夫 婦 も 娘 婿 も 説 明 に 対 してうなずくなど 理 解 できた 様 子 であり 担 当 者 としては 安 心 していた 無 事 に 建 物 の 取 り 壊 しをしていただき 精 算 払 いを 終 えて 用 地 取 得 を 終 えた しかし その 後 夫 婦 から 憤 慨 された 様 子 で 連 絡 があり 確 定 申 告 を 行 ったところ 一 時 所 得 が 増 えて 想 定 外 の 税 金 を 支 払 うことになった と 担 当 者 に 抗 議 されてきた 補 償 金 を 使 い 切 らずに 残 した 上 当 方 の 説 明 を 忘 れて いたようである また 娘 婿 も 同 居 していないというこ とや 実 親 ではないという 遠 慮 もあり 補 償 金 の 使 途 につ いて 事 前 に 十 分 に 確 認 ができなかったようで また 娘 婿 から 夫 婦 に 対 して 起 業 者 から 税 金 について 留 意 事 項 があったとして 説 得 してもらったが 夫 婦 は 自 分 たち は 聞 いた 覚 えが 無 いとして 憤 慨 は 収 まらなかった 確 かに 被 補 償 者 にとっては 建 物 移 転 の 補 償 金 を 受 けるという 経 験 は ほとんどの 人 が 初 めてである 受 け た 補 償 金 を 基 に 代 替 地 を 選 定 し 建 築 工 事 を 業 者 に 依 頼 し さらに 引 越 しの 段 取 りなど 生 活 再 建 のためにあらゆ ることをしなければならないという 心 労 が 絶 えない 中 で 担 当 者 による1 2 回 行 った 口 頭 での 説 明 など 気 もそぞ ろで 聞 いていたかもしれないし 聞 いたときには 理 解 し ていても 生 活 が 落 ち 着 くまでの 長 丁 場 の 中 ですっかり 忘 れてしまう ということも 大 いに 考 えられる また 同 席 者 に 補 償 説 明 して 安 心 したことに 問 題 は 無 かったのか 同 席 者 に 対 してどこまで 被 補 償 者 に 対 する 責 任 を 持 ってもらえるのか など 反 省 すべき 点 もあった 一 方 で 担 当 者 としては きちんと 説 明 したことに 対 して 説 明 を 受 けていないと 言 われたことが 非 常 に 残 念 で あり また 被 補 償 者 が 契 約 調 印 に 至 る 過 程 で 得 た 担 当 者 への 信 頼 を 失 ってしまったことにやりきれないものを 感 じた 以 上 の 体 験 により 言 った 言 わないのトラブルや 被 っ た 不 利 益 ( 本 来 不 利 益 ではないが 被 補 償 者 はそのよ うに 認 識 してしまう )を 補 償 しろなどという 不 当 要 求 や 訴 訟 への 発 展 を 防 ぐとともに 特 に 高 齢 者 の 方 にとっ て 繰 り 返 し 確 認 できる 備 忘 録 をお 渡 しできるしくみを 作 りたいと 思 い 契 約 時 確 認 書 ( 案 )の 作 成 を 行 った 2. 信 頼 関 係 の 構 築 と 喪 失 用 地 取 得 に 関 する 契 約 においては ほとんどの 場 合 被 補 償 者 と 担 当 者 との 間 に 大 なり 小 なりの 信 頼 関 係 を 築 くことができて 契 約 調 印 に 至 るものと 思 っている 担 当 者 が 被 補 償 者 とどのように 信 頼 関 係 を 築 いていく かについて 用 地 事 務 の 流 れによって 説 明 する 用 地 事 務 は 大 きく 分 けて2つあり まず1つ 目 は < 図 1>の 用 地 調 査 である 1

2 < 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 者 が 判 明 すれば 用 地 説 明 会 等 によ り 用 地 事 務 の 流 れを 説 明 した 上 で 土 地 の 測 量 や 建 物 等 の 物 件 調 査 のための 立 ち 入 りについて 協 力 を 求 める (3) 用 地 測 量 及 び 建 物 等 物 件 調 査 土 地 所 有 者 の 立 会 のもとに 境 界 を 確 認 し 土 地 の 測 量 を 行 う また 建 物 や 工 作 物 立 木 などを 詳 細 に 調 査 する 用 地 測 量 建 物 等 物 件 調 査 は 補 償 金 算 定 の 根 拠 となる (4) 境 界 確 認 図 等 の 確 認 隣 接 地 との 境 界 を 確 定 させるために 立 会 のもと に 測 量 し 作 成 した 境 界 確 認 図 の 説 明 を 行 った 上 で 押 印 をいただく (5) 調 書 の 確 認 土 地 調 書 により 買 収 面 積 等 の 確 認 を 行 い 物 件 調 書 により 補 償 対 象 物 件 の 確 認 と 撤 去 義 務 の 有 無 の 確 認 を 行 う 用 地 事 務 の2つ 目 は < 図 2>の 補 償 説 明 である < 図 2> (6) 補 償 金 額 の 算 定 土 地 代 金 や 移 転 料 の 算 定 を 行 う (7) 用 地 補 償 説 明 ( 用 地 交 渉 ) 補 償 金 の 内 容 税 金 及 び 保 険 料 等 への 影 響 の 説 明 を 行 う (8) 契 約 の 締 結 (9) 登 記 (10) 支 払 上 記 (1)~(10)の 事 務 のうち (8)の 契 約 の 締 結 に 至 るまでに 被 補 償 者 とお 会 いすることになるのは (2) (3) (4) (5) (7) (8)の 時 であり ほとんどの 事 務 においてとなるが これらの 事 務 を 行 う 中 で 担 当 者 は 内 容 をきちんと 説 明 し 質 疑 には 速 やかに 対 応 し 被 補 償 者 が 移 転 のために 行 政 機 関 と 行 わねばならない 協 議 を 手 伝 うなど 様 々なことを 誠 意 を 持 って 行 うことによって 被 補 償 者 の 信 頼 を 得 られる ことが 多 い 契 約 締 結 後 も (10)の 支 払 いを 行 うためには 建 物 移 転 ( 撤 去 )のための 手 続 きの 進 捗 状 況 を 被 補 償 者 に 確 認 したり 精 算 払 いの 請 求 書 を 頂 きに 移 転 先 のお 宅 に 伺 うなど 最 後 の 最 後 まで 被 補 償 者 にお 目 にかかることに なる そのため 信 頼 関 係 が 深 いほど 被 補 償 者 から 税 金 や 年 金 保 険 料 などの 説 明 がなかった 等 主 張 されて 担 当 者 の 責 任 を 問 う 旨 の 発 言 があったりすると 担 当 者 の 気 持 ちとしても 非 常 にやりきれない 一 方 被 補 償 者 の 立 場 からすれば 信 頼 していた 担 当 者 に 裏 切 られた という 気 持 ちになるだろう そして そのような 信 頼 関 係 の 喪 失 による 怒 りには 通 常 よりも 強 いものがあり 被 補 償 者 からの お 叱 り や 苦 情 だけに 留 まらず 想 定 外 の 出 費 となった 税 金 額 や 支 給 の 止 まった 年 金 額 高 くなった 保 険 料 の 差 額 な どを 補 償 として 支 払 え という 不 当 要 求 的 な 主 張 に 発 展 する 場 合 もある また 建 物 移 転 に 長 期 を 要 する 案 件 で 事 業 用 地 から 支 障 建 物 の 撤 去 を 完 了 してもらうまでにこのようなトラ ブルが 生 じると 被 補 償 者 が 事 業 用 地 から 建 物 等 を 撤 去 をしてくれなくなり 事 業 執 行 にも 支 障 となる 3. 打 開 策 このようなトラブルを 防 止 するためには 補 償 金 の 受 領 に 伴 う 影 響 について その 説 明 内 容 を 文 書 化 ( 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) )し 被 補 償 者 に 説 明 した 後 確 認 の 署 名 をいただいておくことが 有 効 ではないかと 考 えたが どのような 項 目 をどの 程 度 まで 書 き 込 めば 良 いかという ことについて 検 討 を 要 した 2

3 4. 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) の 作 成 被 補 償 者 は 契 約 締 結 する 段 階 では 既 に 移 転 費 用 の 見 積 もりを 自 ら 徴 収 し 補 償 金 による 収 入 と 移 転 にかか る 支 出 による 収 支 計 算 を 行 っているので 一 度 補 償 金 額 に 合 意 すれば その 後 は 補 償 の 内 容 について 詳 しく 説 明 を 求 めてくることは 極 めてまれであるが 契 約 した 後 で 税 金 や 社 会 保 険 料 が 増 額 となる 等 補 償 金 で 補 填 されな い 出 費 については 非 常 に 敏 感 である 被 補 償 者 は 世 間 一 般 の 常 識 として 公 共 事 業 に 協 力 すれば 税 金 がかからないと 考 えている 方 が 私 の 経 験 で は 半 数 以 上 であり ここをしっかり 説 明 していないと 後 々のトラブルの 原 因 となる したがって 税 金 や 社 会 保 険 料 についての 説 明 事 項 をメインに 抽 出 した (1) 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) 契 約 書 類 に 署 名 押 印 をいただく 前 に 以 下 の 内 容 を 確 認 の 上 末 尾 に 署 名 をお 願 いいたします ( 確 認 必 要 項 目 に をします ) 契 約 書 等 について( 1) 署 名 押 印 をいただく 書 類 について 説 明 を 行 いま した 契 約 対 象 の 土 地 について( 2) 売 買 対 象 の 土 地 の 説 明 と 残 地 の 説 明 を 行 いまし た 契 約 対 象 の 物 件 について( 3) 物 件 調 書 により 補 償 対 象 物 件 と 撤 去 していただ く 物 件 の 説 明 を 行 いました 課 税 上 の 特 例 制 度 について( 4) 公 共 事 業 の 用 に 供 するため 資 産 ( 棚 卸 資 産 を 除 く)を 収 用 等 ( )された 場 合 その 収 用 等 による 譲 渡 が 一 定 の 要 件 に 該 当 するときは 資 産 が 買 い 取 り 等 されたことによる 譲 渡 所 得 について 課 税 上 の 特 例 が 設 けられています 主 な 特 例 は 収 用 交 換 等 の 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 別 控 除 と 収 用 等 に 伴 い 代 替 資 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 であり いずれか 一 方 を 選 択 する ことができます なお 課 税 上 の 特 例 を 受 けるためには 条 件 があり ます また 補 償 金 の 全 部 が 対 象 となるものではな く 補 償 金 の 項 目 や 内 容 によっては 課 税 の 対 象 とな るものがあります 詳 しくは 所 得 税 のことは 所 轄 の 税 務 署 に 住 民 税 のことは 市 町 村 の 窓 口 にお 問 い 合 わせください 買 収 等 のことを 税 法 上 収 用 等 としているた め 以 下 収 用 等 としております 土 地 の 固 定 資 産 税 について( 5) 本 年 分 の 固 定 資 産 税 は 国 土 交 通 省 では 負 担 でき ませんので 満 額 支 払 っていただく 必 要 がありま す なお 市 町 村 によっては 減 免 措 置 がありますの で 詳 しくは 対 象 の 土 地 が 存 する 市 町 村 の 窓 口 に お 問 い 合 わせください 建 物 の 固 定 資 産 税 について( 6) 登 記 の 有 無 にかかわらず 取 り 壊 した 建 物 を 固 定 資 産 税 対 象 外 とするために 市 町 村 税 務 担 当 課 に 届 出 を 行 う 必 要 があります 1 月 1 日 現 在 で 建 物 が 残 っていれば 通 常 は 同 一 年 分 の 固 定 資 産 税 が 課 税 されます また 建 物 登 記 がある 場 合 は 抹 消 していただきま すようお 願 いします 詳 しくは 対 象 の 建 物 が 存 する 市 町 村 の 窓 口 にお 問 い 合 わせください 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 ) 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 に ついて( 7) 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 ) 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 は 上 記 課 税 の 特 例 制 度 適 用 後 の 所 得 により 保 険 料 ( 税 )が 計 算 されますので 増 額 になる 場 合 があり ます 詳 しくは 市 町 村 の 窓 口 にお 問 い 合 わせくだ さい 介 護 保 険 料 について( 8) 介 護 保 険 料 は 上 記 課 税 の 特 例 制 度 適 用 前 の 所 得 により 保 険 料 が 計 算 されますので 増 額 になる 場 合 があります 詳 しくは 市 町 村 の 窓 口 にお 問 い 合 わ せください 高 額 療 養 費 の 自 己 負 担 限 度 額 等 について( 9) 一 定 の 所 得 を 超 えると 高 額 療 養 費 の 自 己 負 担 限 度 額 が 増 額 となることがあります また 住 民 税 非 課 税 の 方 も 一 定 の 所 得 を 超 えると 住 民 税 が 課 税 されることになります これにより 高 額 療 養 費 の 自 己 負 担 限 度 額 やその 他 住 民 税 非 課 税 の 優 遇 措 置 に 影 響 します 詳 しくは 優 遇 措 置 を 受 けられているそれぞれの 窓 口 にお 問 い 合 わせください 契 約 された 方 が 誰 かの 扶 養 親 族 となっている 場 合 に ついて( 10) 契 約 された 方 の 所 得 が 一 定 額 以 上 となったとき は その 年 の 扶 養 している 方 の 所 得 税 及 び 住 民 税 の 扶 養 控 除 の 対 象 から 除 かれることになります 詳 し くは 所 轄 の 税 務 署 や 市 町 村 の 窓 口 にお 問 い 合 わせ ください その 他 補 償 金 を 得 ることにより 影 響 があると 考 え られるもの( 11) 老 齢 福 祉 年 金 障 害 基 礎 年 金 遺 族 基 礎 年 金 特 別 障 害 者 手 当 児 童 手 当 特 別 児 童 扶 養 手 当 児 童 3

4 扶 養 手 当 老 人 医 療 費 助 成 生 活 保 護 費 保 育 料 農 業 者 年 金 ( 経 営 移 譲 年 金 ) 等 それぞれの 担 当 窓 口 にお 問 い 合 わせください 地 積 更 正 登 記 の 影 響 について( 12) 土 地 を 分 筆 させていただく 場 合 地 積 更 正 登 記 が 必 要 です これにより 分 筆 後 の 残 地 面 積 が 分 筆 前 の 面 積 よりも 大 きくなる 場 合 は 土 地 の 一 部 を 売 っ ていただいたにも 係 わらず 公 簿 面 積 が 大 きくなり 固 定 資 産 税 が 来 年 以 降 増 額 となる 場 合 があります 土 地 改 良 区 決 済 金 について( 13) 土 地 改 良 事 業 に 係 わる 経 費 を 償 還 中 の 場 合 及 び 事 業 実 施 中 の 土 地 については 買 収 に 伴 い 当 該 経 費 ( 買 収 面 積 に 対 応 する 部 分 )を 土 地 改 良 区 に 対 して 決 済 することになりますが これは 補 償 対 象 として 負 担 することはできません 所 得 税 の 確 定 申 告 について( 14) 所 得 税 の 確 定 申 告 が 必 要 です 2 月 上 旬 までに 収 用 証 明 書 買 取 申 出 書 買 取 証 明 書 とい う3 種 類 の 書 類 をお 届 けします これらの 書 類 は 確 定 申 告 に 必 要 となります 詳 しくは 税 務 署 にお 問 い 合 わせください 上 記 税 金 等 担 当 窓 口 が 国 土 交 通 省 でない 事 項 につい ては ご 自 身 で 確 認 等 お 願 いいたします 上 記 のとおり 説 明 を 受 けました 平 成 年 月 日 署 名 : (2) 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) のポイント 1 契 約 書 等 について 用 地 補 償 説 明 や 契 約 締 結 にあたり 契 約 書 請 求 書 登 記 承 諾 書 登 記 原 因 証 明 情 報 等 の 書 類 につ いて 説 明 を 行 うが 説 明 漏 れがないか 改 めてここ で 確 認 する 2 契 約 対 象 の 土 地 について 全 筆 (1 筆 の 土 地 のこと) 売 買 する 場 合 は 残 地 が 残 らないので 問 題 がないが 分 筆 して 必 要 な 土 地 だけ 売 買 する 場 合 は 残 地 の 面 積 や 形 状 を 説 明 す る 必 要 がある 被 補 償 者 に 残 地 に 関 する 認 識 漏 れ が 無 いか 改 めて 確 認 する 3 契 約 対 象 の 物 件 について 物 件 調 書 には 撤 去 義 務 の 有 無 が 記 載 されており 物 件 の 撤 去 は この 調 書 に 基 づきしていただくこ とになる 契 約 後 に この 物 件 は 撤 去 する 必 要 があるとは 聞 いていなかった と 言 われることの 行 政 サービス 部 門 :No.01 ないように 確 認 する 4 課 税 上 の 特 例 制 度 について < 図 3> 所 得 税 は < 図 3>で 示 すように 所 得 税 法 上 10 種 類 の 所 得 に 分 類 される 補 償 金 は 税 法 適 用 上 の 区 分 として 対 価 補 償 金 移 転 補 償 金 経 費 補 償 金 等 に 分 類 される この 中 で 広 く 税 金 がかからない として 被 補 償 者 に 認 識 されている 収 用 交 換 等 の 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 別 控 除 (いわゆる5000 万 円 特 別 控 除 )の 対 象 となる 補 償 金 は 土 地 代 金 などの 対 価 補 償 金 である これは 譲 渡 所 得 と 分 類 され 分 離 課 税 される 計 算 式 =( 土 地 代 金 -( 取 得 費 + 譲 渡 費 用 )- 5,000 万 円 ) 税 率 ( 所 得 税 15% 住 民 税 5%( 復 興 特 別 税 を 除 く)) 土 地 代 金 が 取 得 費 + 譲 渡 費 用 +5,000 万 円 よりも 高 額 であれば 残 りの 金 額 に 税 金 がかかることに なる 移 転 補 償 金 及 び 経 費 補 償 金 については 補 償 金 を 交 付 の 目 的 に 従 って 支 出 しなかった 場 合 又 は 支 出 したものの 残 額 が 生 じた 場 合 には その 支 出 し た 金 額 は 一 時 所 得 として 計 算 され 他 の 総 合 課 税 される 所 得 と 合 算 して 課 税 される 上 記 のように 公 共 事 業 だからといって 全 て が 課 税 されないのではなく 課 税 されることがあ ることを 被 補 償 者 に 説 明 する また 収 用 等 に 伴 い 代 替 資 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 の 特 例 についても 併 せて 説 明 をする この 特 例 は 資 産 が 収 用 等 されたことに 伴 い 交 付 を 受 けた 対 価 補 償 金 で 代 わりの 資 産 ( 以 下 代 替 資 産 という )を 取 得 した 場 合 には 代 替 資 産 の 取 得 に 充 てた 金 額 については 譲 渡 がなかっ たものとして 課 税 が 繰 り 延 べられるというもので ある 5 土 地 の 固 定 資 産 税 について 4

5 民 間 の 土 地 売 買 取 引 では 契 約 の 特 約 事 項 とし て 所 有 権 移 転 日 以 降 の 固 定 資 産 税 相 当 額 は 買 主 が 負 担 することが 常 である しかし 国 の 場 合 はこのような 特 約 事 項 は 付 与 しないので その 年 分 の 固 定 資 産 税 は 売 主 負 担 となる ただし 減 免 措 置 を 行 う 市 町 村 があるので そ の 旨 を 伝 える 6 建 物 の 固 定 資 産 税 について 建 物 を 取 り 壊 した 事 実 を 市 町 村 に 伝 えていなけ れば1 月 1 日 時 点 の 所 有 者 に 固 定 資 産 税 がかかるの で 取 り 壊 したことを 市 町 村 に 届 け 出 るよう 伝 え る 7 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 )および 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 について 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 ) 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 は 4で 説 明 した 課 税 の 特 例 制 度 適 用 後 の 所 得 により 保 険 料 ( 税 )が 計 算 される < 図 4> 場 合 < 図 5>の 計 算 式 に 当 てはめて 計 算 すると 最 大 で104,100 円 が 増 額 となる このように 100,000 円 単 位 で 保 険 料 が 増 える 可 能 性 があることを 伝 える < 図 5> 8 介 護 保 険 料 について 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 は 健 康 保 険 料 と 一 緒 に 徴 収 されるが 65 歳 以 上 の 方 は 市 町 村 に 個 別 に 納 め ることになる < 図 6> 国 民 健 康 保 険 料 ( 税 )の 計 算 方 法 は 市 町 村 に よって 異 なるが ここでは 大 阪 市 の 例 を 用 いて 説 明 する < 図 4>で 示 すように 医 療 分 支 援 分 介 護 分 に 分 け さらにそれぞれ 平 等 割 均 等 割 所 得 割 として 計 算 して 足 した 額 が 保 険 料 となり 所 得 に 影 響 して 増 額 となるのは 所 得 割 である 例 えば 一 時 所 得 が100 万 円 増 えたとする この 場 合 図 4の 計 算 式 に 当 てはめて 計 算 すると 最 大 で135,800 円 保 険 料 が 増 額 となる 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 の 計 算 方 法 は 各 都 道 府 県 ( 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 )によって 異 なるが ここでは 大 阪 市 の 例 を 用 いて 説 明 する < 図 5> で 示 すように 均 等 割 額 所 得 割 額 を 足 した 額 が 保 険 料 となり 所 得 に 影 響 して 増 額 となるのは 所 得 割 額 である なお 年 間 保 険 料 の 最 高 限 度 は 500,000 円 である 例 えば 一 時 所 得 が100 万 円 増 えたとする この 介 護 保 険 料 は 国 民 健 康 保 険 料 等 と 異 なり 4で 説 明 した 課 税 の 特 例 制 度 適 用 前 の 所 得 により< 図 6 >のとおり 保 険 料 が 計 算 されるので 土 地 建 物 の 補 償 があったほとんどの 方 に 数 万 円 程 度 の 影 響 が 生 じることから このことを 伝 える 9 高 額 療 養 費 の 自 己 負 担 限 度 額 等 について 一 定 の 所 得 を 超 えると 高 額 療 養 費 の 自 己 負 担 限 度 額 が 増 額 となる 特 に 注 意 すべきところは 老 人 が 被 補 償 者 で 入 院 中 であり 高 額 な 医 療 費 がかかっている 場 合 補 償 金 が 少 額 であっても 所 得 区 分 に 影 響 する 場 合 があ ることから 自 己 負 担 限 度 額 が 上 がり 補 償 金 以 上 に 5

6 自 己 負 担 額 が 増 えることがあることである このようなことがあれば 被 補 償 者 から 補 償 金 はいらないので 自 己 負 担 額 が 増 えた 分 を 返 して 欲 し いと 要 求 されることがあり そのようなことになら ないよう 事 前 に 説 明 する 10 契 約 された 方 が 誰 かの 扶 養 親 族 となっている 場 合 に ついて 所 得 が 一 定 額 を 超 えると 扶 養 控 除 の 対 象 から 除 か れることを 説 明 する 11 その 他 補 償 金 を 得 ることにより 影 響 があると 考 え られるもの 前 掲 したものの 他 補 償 金 を 得 ることにより 影 響 が 生 じる 可 能 性 がある 制 度 を 羅 列 した 現 時 点 で 考 えられる 全 てのものを 記 載 したが 全 てを 網 羅 でき ていないだろう したがって ここではその 他 にも 影 響 がある 制 度 があるかもしれないことを 強 調 して 説 明 する 12 地 積 更 正 登 記 の 影 響 について 土 地 を 分 筆 する 場 合 全 筆 測 量 をした 上 で 地 積 更 正 登 記 を 行 うことが 不 動 産 登 記 法 上 の 原 則 である 山 林 などの 場 合 公 簿 面 積 の10 倍 程 度 の 実 測 面 積 となることもある 買 収 面 積 が 少 なければ 残 地 面 積 が 分 筆 前 の 公 簿 面 積 よりも 大 きくなり 土 地 の 一 部 を 売 ったにもかかわらず 固 定 資 産 税 が 増 額 となる ことを 説 明 する 13 土 地 改 良 区 決 済 金 について 土 地 改 良 を 行 ったことにより 現 況 の 農 地 となって おり 灌 漑 や 排 水 の 良 否 を 含 めて 現 況 の 農 地 を 評 価 していることから 土 地 改 良 区 決 済 金 は 補 償 理 論 上 土 地 代 金 に 含 まれることとされている したがって 補 償 対 象 とならないことを 説 明 する 14 所 得 税 の 確 定 申 告 について 口 頭 での 説 明 のみであれば 確 定 申 告 時 期 が 近 づ くと 被 補 償 者 から 改 めてどのようにすればよいか 問 い 合 わせがよくある 文 書 で 説 明 しておくことによって 被 補 償 者 が 一 度 理 解 した 上 で 署 名 した 内 容 であり 再 度 説 明 しても 理 解 してもらいやすく また そのような 説 明 をし てもらってないのではという 被 補 償 者 の 半 信 半 疑 な 気 持 ちにさせることを 防 ぐことができると 考 えられ る 行 政 サービス 部 門 :No.01 口 頭 での 説 明 であれば 説 明 内 容 が 担 当 者 の 知 識 や 経 験 に 左 右 されるが 文 書 で 行 えば 一 定 の 説 明 が 可 能 デメリットは 次 の 点 があげられる ワンストップサービスになっていない 影 響 する 可 能 性 があることについて 述 べるにとどまっており 詳 しいことは 各 窓 口 までという 案 内 になっている しかし このデメリットに 対 しては 次 のように 考 え る 税 金 や 社 会 保 険 料 等 への 影 響 については 被 補 償 者 の 所 得 状 況 によって 千 差 万 別 となるため 担 当 者 が 全 てを 把 握 した 上 で 説 明 することは 不 可 能 であり その 制 度 を 所 管 する 各 窓 口 を 案 内 するにとどめることが 返 って 被 補 償 者 に 混 乱 を 与 えずに 最 良 である なお 一 緒 に 窓 口 についてきて 欲 しいと 言 われれば 担 当 者 が 同 行 し 窓 口 担 当 者 に 補 償 金 の 説 明 等 を 行 うこと はよいと 考 える 6. 終 わりに 現 在 この 契 約 時 確 認 書 ( 案 ) を 管 内 各 事 務 所 に 推 奨 できるように 調 整 中 であるが 当 確 認 書 を 利 用 する ことによって 担 当 者 と 被 補 償 者 との 間 でさらなる 信 頼 関 係 を 構 築 することができる 一 助 となれば 幸 いである また 当 確 認 書 を 被 補 償 者 に 説 明 しようとすれば 担 当 者 は 一 定 水 準 の 関 連 知 識 を 理 解 する 必 要 もあり 用 地 職 員 のスキルアップにもつながるため 仕 事 の 充 実 感 達 成 感 もより 高 まることを 願 っている 5. 利 用 にあたってのメリット デメリット 契 約 時 確 認 書 ( 案 )を 利 用 することのメリットと して 次 の3 点 があげられる 言 った 言 わないのトラブル 防 止 被 補 償 者 が 何 度 も 確 認 できる 備 忘 録 となる( 特 に 高 齢 者 に 有 効 ) 6

平 成 19 年 分 以 降 の 所 得 税 において 住 宅 ローン 控 除 の 適 用 がある 方 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 18 年 12 月 31 日 までに 入 居 した 方 平 成 19 年 以 降 に 入 居 した 方 については 住 民 税 の 住 宅 ローン

平 成 19 年 分 以 降 の 所 得 税 において 住 宅 ローン 控 除 の 適 用 がある 方 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 18 年 12 月 31 日 までに 入 居 した 方 平 成 19 年 以 降 に 入 居 した 方 については 住 民 税 の 住 宅 ローン 税 務 課 より 平 成 20 年 度 住 民 税 についてのお 知 らせ 身 近 でより 良 い 行 政 サービスを 行 うため 国 ( 所 得 税 )から 地 方 ( 住 民 税 )への 税 源 移 譲 が 始 まりました それに 伴 って ほとんどの 方 は 平 成 19 年 1 月 から 所 得 税 が 減 り 6 月 から 住 民 税 が 増 えています これは 税 源 の 移 し 替 えですので

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63> B-6.7 中 断 の 実 技 その3( 中 断 を 支 える 制 度 的 側 面 ) 1. 収 用 課 税 の 特 例 の 適 用 このシリーズ B-6.3( 中 断 移 転 のシステム)において 述 べたとおり 補 償 と 税 務 は 中 断 でなくても 面 倒 ですが これが 中 断 となると 更 に 複 雑 で 通 常 の 仕 切 りでは 本 質 から 外 れてしまう 部 分 がでてきます

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ]

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ] 平 成 28 年 度 福 島 県 須 賀 川 市 企 画 財 政 部 税 務 課 市 民 税 係 住 所 962-0054 福 島 県 須 賀 川 市 牛 袋 町 11 番 地 ( 文 化 センター 内 ) 書 類 の 送 付 は 従 来 の 八 幡 町 135 で も 届 き ま す TEL (0248)88-9124( 直 通 ) ホームページアドレス http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C> はじめに この 度 あなた 様 は 日 本 年 金 機 構 より 老 齢 ( 障 害 遺 族 ) 厚 生 年 金 の 決 定 を 受 けられたことと 存 じます この 決 定 を 受 けられた 年 金 にはあな た 様 又 は 元 組 合 員 の 方 が( 旧 ) 国 鉄 共 済 組 合 に 加 入 されていた 期 間 が 通 算 されております あなた 様 又 は 元 組 合 員 の 方 は( 旧

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版)

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版) Legal and Tax Report 2009 年 12 月 30 日 全 8 頁 子 ども 手 当 高 校 無 償 化 と 税 制 改 正 の 影 響 ( 詳 細 版 ) 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 2010 年 度 税 制 改 正 大 綱 (4) 個 人 所 得 課 税 の 改 正 と 政 府 の 育 児 教 育 施 策 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 に 2010

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

給与支払報告書の書き方

給与支払報告書の書き方 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 と 住 民 税 特 別 徴 収 のご 案 内 Ⅰ 給 与 支 払 報 告 書 の 概 要 P1 Ⅱ 給 与 支 払 報 告 書 による 特 別 徴 収 への 流 れ P2 Ⅲ 総 括 表 及 び 普 通 徴 収 申 請 書 記 入 の 際 の 注 意 点 P3~5 Ⅳ 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 の 際 の 注 意 点 P6~10 Ⅴ 間 違 えやすい

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管

マイナンバー 制 度 は 行 政 の 効 率 化 国 民 の 利 便 性 向 上 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 するための 社 会 基 盤 です マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 は 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 で 効 率 的 に 情 報 を 管 マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 における 民 間 事 業 者 の 対 応 平 成 27 年 10 月 からのマイナンバーの 通 知 平 成 28 年 1 月 からのマイナンバー 利 用 開 始 まで 期 間 が 迫 ってきました マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の3 分 野 での 利 用 から 制 度 が スタートしますが 従 業 員 を 雇 用 している

More information

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き-

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き- KPMG Insight Vol. 13 / Jul. 2015 1 海 外 に 関 連 した 資 産 税 課 税 制 度 の 変 遷 課 税 強 化 の 動 き - 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 の 範 囲 拡 大 の 経 緯 と 出 国 税 導 入 に 至 るまでの 動 き- KPMG 税 理 士 法 人 AMSグループ パートナー 正 路 晃 シニアマネジャー 出 口 勝 2015

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc 税 金 と 資 金 繰 りでトクするための 開 業 チェックポイント 公 認 会 計 士 税 理 士 坂 口 会 計 事 務 所 #1. 開 業 のスタイルと 開 業 に 当 たって 気 をつけたい 税 金 個 人 事 業 と 会 社 どの 形 態 を 選 ぶか? まずは 個 人 事 業 と 会 社 のメリット デメリットを 簡 単 に 記 載 しておきます 個 人 事 業 メリット デメリット 経

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63> 25 平 成 25 年 度 小 田 原 市 1. 認 可 保 育 所 とは 保 護 者 の 方 の 就 労 や 病 気 などの 理 由 で 家 庭 でお 子 様 を 保 育 できないときに 保 護 者 の 方 に 代 わっ てある 一 定 時 間 の 保 育 を 行 う お 子 様 のため の 福 祉 施 設 です 小 田 原 市 には 公 立 が8 施 設 民 間 が23 施 設 あります 2.

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏 平 成 28 年 度 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 月 15 日 ( 火 ) までです 平 成 28 年 度 町 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 となりました この 申 告 が あなたの 町 民 税 県 民 税 額 を 算 出 する 基 礎 となります また 各 種 証 明 書 の 発 行 国 民 健 康 保 険 税 介

More information

区 税 ガイドブック 2 会 社 員 と 税 金 について Q6 私 はサラリーマンなので 住 民 税 は 給 料 から 差 し 引 きされています しかし 今 回 普 通 徴 収 の 通 知 が 届 きました 二 重 に 課 税 されているのではないですか? 6 主 な 給 与 以 外 に 所 得

区 税 ガイドブック 2 会 社 員 と 税 金 について Q6 私 はサラリーマンなので 住 民 税 は 給 料 から 差 し 引 きされています しかし 今 回 普 通 徴 収 の 通 知 が 届 きました 二 重 に 課 税 されているのではないですか? 6 主 な 給 与 以 外 に 所 得 1 申 告 と 税 額 について Q1 世 田 谷 区 は 住 民 税 が 高 いと 聞 きましたが 本 当 ですか? 1 住 民 税 は 均 等 割 と 所 得 割 の 合 計 額 ですが それぞれの 税 率 は 法 律 に 基 づいており 原 則 としてどの 区 市 町 村 でも 同 じです 税 金 が 高 くなるのは 世 田 谷 区 に 住 んでいる からではなく 前 年 に 比 べて 所 得

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考 マイナンバーに 係 るアンケートの 実 施 結 果 ( 概 要 ) 全 国 老 施 協 発 第 1507 号 ( 平 成 27 年 11 月 4 日 付 )にて 発 出 したアンケートにおい て 得 た 結 果 の 概 要 は 以 下 に 示 すとおり 1. 従 業 員 に 関 するマイナンバーの 取 り 扱 いについて 従 業 員 に 対 する 事 業 所 のマイナンバーの 取 り 扱 いに 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208376838C837E834183808FA495698C9494AD8D738E968BC68EC08E7B97768D802D2731355F30355F31392E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208376838C837E834183808FA495698C9494AD8D738E968BC68EC08E7B97768D802D2731355F30355F31392E646F6378> 平 成 27 年 4 月 17 日 平 成 27 年 4 月 20 日 平 成 27 年 4 月 21 日 平 成 27 年 4 月 23 日 平 成 27 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 14 日 平 成 27 年 5 月 15 日 平 成 27 年 5 月 19 日 初 版 第 2 版 第 3 版 第 4 版 第 5 版 第 6 版 第 7 版 第 8 版 のぼりべつプレミアム 商

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め

〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 下 記 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 の1つに 該 当 し, 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) が 必 要 と 認 め 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申 請 資 格 学 力 基 準 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

Microsoft Word - 相伝64号 doc

Microsoft Word - 相伝64号 doc むずかしい 相 続 税 を 簡 単 に わかってもらうためのレポートです このレポートを 読 んでいただきたい 方 souden 2014.6.20 vol.64 過 去 に 相 続 を 経 験 し 次 回 の 相 続 もつつがなく 終 りた いと 思 われている 方 先 祖 代 々の 財 産 を 守 りたいと 思 われる 方 相 続 争 いをしたくない 方 貸 家 経 営 をされている 方 自 営

More information