目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨"

Transcription

1 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市

2 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 の 尊 重 )... 第 3 条 ( 本 事 業 の 概 要 )... 第 4 条 ( 乙 に 対 する 支 払 )... 第 5 条 ( 契 約 の 保 証 )... 第 6 条 ( 許 認 可 及 び 届 出 等 )... 第 7 条 ( 乙 の 資 金 調 達 )... 第 8 条 ( 起 債 補 助 金 申 請 への 協 力 )... 第 9 条 ( 優 先 関 係 )... 第 10 条 ( 責 任 の 負 担 )... 第 2 章 統 括 マネジメント 業 務... 第 11 条 ( 統 括 マネジメント 業 務 )... 第 12 条 (マネジメント 責 任 者 等 の 通 知 等 )... 第 13 条 (マネジメント 水 準 書 の 提 出 )... 第 14 条 ( 年 度 マネジメント 計 画 書 の 提 出 )... 第 15 条 ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 日 報 月 報 の 提 出 )... 第 16 条 ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 四 半 期 報 告 書 の 提 出 )... 第 17 条 ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 年 度 総 括 書 の 提 出 )... 第 18 条 (リスク マネジャーの 通 知 等 )... 第 19 条 ( 個 別 業 務 マネジメント 業 務 )... 第 20 条 ( 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 第 三 者 による 実 施 )... 第 21 条 ( 業 務 水 準 書 の 提 出 )... 第 22 条 ( 年 度 業 務 計 画 書 及 び 年 度 業 務 報 告 書 の 提 出 )... 第 23 条 (エネルギーマネジメント 業 務 )... 第 24 条 (エネルギーマネジメント 業 務 の 第 三 者 による 実 施 )... 第 25 条 (エネルギー 管 理 士 等 の 配 置 等 )... 第 26 条 ( 管 理 マニュアル 等 の 提 出 等 )... 第 3 章 施 設 整 備 業 務 ( 施 設 整 備 に 係 る 設 計 )... 第 27 条 ( 設 計 業 務 の 実 施 )... 第 28 条 ( 設 計 業 務 の 第 三 者 による 実 施 )...

3 第 1 節 総 則... 第 2 節 工 事 監 理 業 務... 第 3 節 建 設 業 務... 第 29 条 ( 関 連 行 政 手 続 等 )... 第 30 条 ( 設 計 業 務 業 務 責 任 者 の 通 知 等 )... 第 31 条 ( 設 計 作 業 工 程 表 の 作 成 及 び 提 出 )... 第 32 条 ( 設 計 業 務 の 進 捗 状 況 の 確 認 )... 第 33 条 ( 乙 による 事 業 者 提 案 又 は 設 計 の 変 更 )... 第 34 条 ( 甲 の 指 示 による 事 業 者 提 案 又 は 設 計 の 変 更 )... 第 35 条 ( 法 令 変 更 等 による 設 計 変 更 等 )... 第 36 条 ( 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 提 出 )... 第 4 章 施 設 整 備 業 務 ( 施 設 整 備 に 係 る 建 設 )... 第 37 条 ( 本 件 土 地 の 無 償 使 用 )... 第 38 条 ( 建 設 に 伴 う 各 種 調 査 )... 第 39 条 ( 近 隣 対 応 )... 第 40 条 ( 周 辺 影 響 調 査 対 策 業 務 )... 第 41 条 ( 関 連 工 事 の 調 整 )... 第 42 条 ( 工 事 監 理 業 務 の 実 施 )... 第 43 条 ( 工 事 監 理 業 務 の 第 三 者 による 実 施 )... 第 44 条 ( 工 事 監 理 者 )... 第 45 条 ( 建 設 業 務 の 実 施 )... 第 46 条 ( 建 設 業 務 の 第 三 者 による 実 施 )... 第 47 条 ( 監 理 技 術 者 及 び 主 任 技 術 者 )... 第 48 条 ( 施 工 計 画 書 等 )... 第 49 条 ( 施 工 期 間 中 の 保 険 )... 第 50 条 ( 本 件 新 設 工 事 の 実 施 )... 第 51 条 ( 本 件 解 体 工 事 の 実 施 )... 第 52 条 ( 本 件 改 修 工 事 の 実 施 )... 第 53 条 ( 工 事 記 録 の 整 備 等 )... 第 54 条 ( 甲 の 説 明 要 求 等 )... 第 55 条 ( 中 間 確 認 )... 第 56 条 ( 部 分 使 用 )... 第 57 条 ( 医 療 機 器 医 療 情 報 システム 一 般 備 品 の 搬 入 )... 第 58 条 ( 乙 による 本 件 対 象 施 設 の 竣 工 検 査 )... 第 59 条 ( 甲 による 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 )... 第 60 条 ( 甲 による 本 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 )...

4 第 2 節 施 設 維 持 管 理 等 業 務 の 実 施... 第 61 条 ( 工 期 の 変 更 )... 第 62 条 ( 工 事 の 中 止 )... 第 63 条 ( 工 期 の 変 更 に 伴 う 費 用 負 担 等 )... 第 64 条 ( 第 三 者 に 発 生 した 損 害 等 )... 第 65 条 ( 不 可 抗 力 による 損 害 )... 第 66 条 ( 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 手 続 )... 第 67 条 ( 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 手 続 )... 第 68 条 ( 引 渡 し 等 の 遅 延 )... 第 69 条 ( 瑕 疵 担 保 )... 第 5 章 施 設 維 持 管 理 等 業 務... 第 1 節 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 前 準 備 及 び 施 設 維 持 管 理 等 業 務 実 施 体 制 の 整 備 第 70 条 ( 施 設 維 持 管 理 業 務 の 総 括 責 任 者 等 の 通 知 等 )... 第 71 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 準 備 )... 第 72 条 ( 習 熟 訓 練 )... 第 73 条 ( 運 営 前 リハーサル)... 第 74 条 ( 事 業 計 画 書 の 提 出 )... 第 75 条 ( 本 件 病 院 施 設 完 成 後 の 保 険 )... 第 76 条 ( 本 件 病 院 施 設 の 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 の 遅 延 )... 第 77 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 の 実 施 )... 第 78 条 ( 第 三 者 に 対 する 委 託 )... 第 79 条 ( 業 務 仕 様 書 等 の 作 成 )... 第 80 条 ( 年 度 業 務 計 画 書 の 提 出 )... 第 81 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 に 係 る 日 報 月 報 の 提 出 )... 第 82 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 に 係 る 四 半 期 報 告 書 の 提 出 )... 第 83 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 に 係 る 年 度 総 括 書 の 提 出 )... 第 84 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 に 係 る 事 故 報 告 書 の 提 出 )... 第 85 条 ( 維 持 管 理 等 期 間 中 におけるその 他 書 類 の 提 出 )... 第 86 条 ( 場 所 の 貸 与 )... 第 87 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 における 修 繕 に 係 る 特 則 )... 第 88 条 ( 臨 機 の 措 置 )... 第 89 条 ( 甲 又 は 乙 に 発 生 した 損 害 等 )... 第 90 条 ( 第 三 者 に 発 生 した 損 害 等 )... 第 91 条 ( 利 便 施 設 運 営 業 務 に 係 る 特 則 )... 第 6 章 モニタリングの 実 施... 第 92 条 (モニタリング 実 施 計 画 書 の 策 定 )...

5 第 100 条 ( 業 務 仕 様 書 等 の 変 更 )... 第 101 条 ( 事 実 の 表 明 及 び 保 証 )... 第 102 条 ( 乙 による 約 束 )... 第 103 条 ( 甲 による 約 束 )... 第 104 条 ( 契 約 期 間 )... 第 105 条 ( 乙 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 )... 第 106 条 ( 甲 の 債 務 不 履 行 による 契 約 解 除 )... 第 107 条 ( 甲 の 任 意 による 契 約 解 除 )... 第 108 条 ( 違 約 金 )... 第 109 条 (Ⅰ 期 工 事 対 象 施 設 引 渡 前 の 解 除 の 効 力 )... 第 110 条 ( 本 件 工 事 対 象 施 設 のすべての 引 渡 終 了 日 後 の 解 除 の 効 力 )... 効 力 )... 第 112 条 ( 期 間 満 了 による 契 約 の 終 了 )... 第 113 条 ( 保 全 義 務 )... 第 114 条 ( 関 係 書 類 の 引 渡 し 等 )... 第 115 条 ( 遅 延 利 息 )... 第 116 条 ( 損 害 賠 償 )... 第 117 条 ( 通 知 等 )... 第 118 条 ( 協 議 及 び 増 加 費 用 の 負 担 等 )... 第 119 条 ( 法 令 変 更 等 による 契 約 の 終 了 )... 第 120 条 ( 通 知 の 付 与 )... 第 93 条 ( 施 設 整 備 業 務 のモニタリングの 実 施 )... 第 94 条 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 等 のモニタリングの 実 施 )... 第 7 章 サービスの 対 価... 第 95 条 (サービス 対 価 の 支 払 )... 第 96 条 (サービス 対 価 の 改 定 )... 第 97 条 (サービス 対 価 の 減 額 )... 第 98 条 (サービス 対 価 の 返 還 )... 第 8 章 業 務 等 に 関 する 変 更 等... 第 99 条 ( 要 求 水 準 書 の 変 更 )... 第 9 章 表 明 及 び 保 証 等... 第 10 章 契 約 期 間 及 び 契 約 の 終 了... 第 111 条 (Ⅰ 期 工 事 対 象 施 設 引 渡 日 後 本 件 工 事 対 象 施 設 のすべての 引 渡 終 了 日 前 の 解 除 の 第 11 章 損 害 賠 償 等... 第 12 章 法 令 変 更 等... 第 13 章 不 可 抗 力...

6 第 121 条 ( 協 議 及 び 損 害 額 の 負 担 等 )... 第 122 条 ( 不 可 抗 力 への 対 応 )... 第 123 条 ( 不 可 抗 力 による 契 約 の 終 了 )... 第 124 条 ( 実 務 者 会 議 等 )... 第 125 条 ( 係 争 調 整 会 議 )... 第 126 条 ( 著 作 権 等 の 帰 属 )... 第 127 条 ( 著 作 権 の 譲 渡 等 )... 第 128 条 ( 著 作 権 等 の 譲 渡 禁 止 )... 第 129 条 ( 第 三 者 の 知 的 財 産 権 等 の 侵 害 )... 第 130 条 ( 工 業 所 有 権 )... 第 131 条 ( 公 租 公 課 の 負 担 )... 第 132 条 ( 計 算 書 類 等 の 提 出 )... 第 133 条 ( 秘 密 保 持 個 人 情 報 保 護 等 )... 第 134 条 ( 契 約 上 の 地 位 の 譲 渡 )... 第 135 条 ( 乙 の 兼 業 禁 止 )... 第 136 条 ( 監 査 会 計 検 査 等 への 協 力 )... 第 137 条 ( 見 学 者 対 応 等 )... 第 138 条 ( 管 轄 裁 判 所 )... 第 139 条 ( 疑 義 に 関 する 協 議 )... 第 140 条 (その 他 )... 第 14 章 協 議 会 等 の 設 置... 第 15 章 著 作 権 等... 第 16 章 その 他... 別 紙 1 契 約 金 額 の 内 訳 ( 頭 書 関 係 )... 別 紙 2 用 語 の 定 義 集 ( 第 1 条 関 係 )... 別 紙 3 日 程 表 ( 第 3 条 第 36 条 第 37 条 関 係 )... 別 紙 4 設 計 図 書 等 一 覧 ( 第 36 条 関 係 )... 別 紙 5 本 件 土 地 ( 第 37 条 関 係 )... 別 紙 6 乙 が 加 入 すべき 保 険 等 ( 第 49 条 第 75 条 関 係 )... 別 紙 7 竣 工 図 書 ( 第 66 条 第 67 条 関 係 )... 別 紙 8 瑕 疵 担 保 に 係 る 保 証 書 の 様 式 ( 第 69 条 関 係 )... 別 紙 9 協 力 企 業 の 変 更 ( 第 78 条 関 係 )... 別 紙 10 施 設 整 備 モニタリング 基 本 計 画 書 ( 第 92 条 関 係 )... 別 紙 11 維 持 管 理 モニタリング 基 本 計 画 書 ( 第 92 条 第 124 条 関 係 )... 別 紙 12 サービス 対 価 の 算 定 及 び 支 払 方 法 ( 第 94 条 - 第 97 条 第 110 条 関 係 )... 別 紙 13 要 求 水 準 書 の 変 更 手 続 ( 第 99 条 関 係 )...

7 118 条 第 119 条 関 係 )... 第 121 条 第 123 条 関 係 )... 別 紙 14 業 務 仕 様 書 及 び 業 務 マニュアルの 変 更 手 続 ( 第 100 条 関 係 )... 別 紙 15 法 令 変 更 等 による 増 加 費 用 の 負 担 割 合 ( 第 63 条 第 88 条 第 89 条 第 99 条 第 別 紙 16 不 可 抗 力 による 損 害 等 の 負 担 割 合 ( 第 63 条 第 65 条 第 88 条 第 89 条 第 99 条 別 紙 17 個 人 情 報 取 扱 特 記 事 項 ( 第 133 条 関 係 )...

8 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 1 件 名 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 2 事 業 場 所 長 崎 市 常 盤 町 2 番 5 2 番 9 2 番 10 2 番 11 3 番 1 4 番 2 長 崎 市 新 地 町 84 番 1 他 3 契 約 金 額 金 円 (うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 額 は 金 円 ) (ただし その 内 訳 金 額 は 別 紙 1に 記 載 するところによる ) 4 契 約 期 間 本 契 約 の 締 結 の 日 から 平 成 43 年 3 月 31 日 まで 5 契 約 保 証 金 第 5 条 に 定 めるとおり 6 支 払 条 件 本 契 約 書 中 に 記 載 のとおり 上 記 事 業 について 長 崎 市 ( 以 下 甲 という ) 及 び ( 以 下 乙 という )は 各 々 対 等 な 立 場 における 合 意 に 基 づいて 次 の 条 項 によって 事 業 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする

9 本 契 約 の 成 立 を 証 するため 本 契 約 書 2 通 を 作 成 し 各 当 事 者 が 記 名 押 印 の 上 各 自 そ の 原 本 1 通 を 所 持 する 平 成 年 月 日 甲 : 長 崎 市 病 院 事 業 管 理 者 乙 : 株 式 会 社 代 表 取 締 役

10 第 1 章 総 則 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 事 業 における 当 事 者 が 相 互 に 協 力 し 本 事 業 を 円 滑 に 実 施 するために 必 要 な 合 意 事 項 について 定 めることを 目 的 とする 2 別 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き 本 契 約 において 用 いられる 用 語 は 別 紙 2において 定 められた 意 味 を 有 するものとする 3 本 契 約 における 各 条 項 の 見 出 しは 参 照 の 便 宜 のためのものであり 本 契 約 の 各 条 項 の 解 釈 に 影 響 を 与 えないものとする ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 の 尊 重 ) 第 2 条 乙 は 本 件 病 院 施 設 等 が 自 治 体 病 院 としての 公 共 性 と 公 営 企 業 としての 経 済 性 が 求 めら れることを 十 分 理 解 し 本 事 業 の 実 施 にあたっては その 趣 旨 を 尊 重 するものとする 2 甲 は 本 事 業 が 民 間 事 業 者 によって 実 施 されることを 十 分 理 解 し その 趣 旨 を 尊 重 するものと する ( 本 事 業 の 概 要 ) 第 3 条 本 事 業 は 統 括 マネジメント 業 務 施 設 整 備 業 務 及 び 施 設 維 持 管 理 等 業 務 その 他 これらに 付 随 し 関 連 する 一 切 の 業 務 から 構 成 される 2 乙 は 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 日 本 国 の 法 令 を 遵 守 し 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 義 務 をもって 本 事 業 を 遂 行 しなければならない 3 乙 は 別 紙 3に 定 める 日 程 に 従 って 本 事 業 を 実 施 するものとする ( 乙 に 対 する 支 払 ) 第 4 条 甲 は 本 契 約 に 定 めるところにより サービス 対 価 を 乙 に 支 払 う 2 甲 は 本 契 約 に 基 づいて 生 じた 乙 に 対 する 債 権 債 務 を 法 令 の 範 囲 内 において 対 当 額 で 相 殺 する ことができる ( 契 約 の 保 証 ) 第 5 条 乙 は 次 項 第 1 号 については 本 契 約 締 結 と 同 時 に 次 項 第 2 号 及 び 第 3 号 については 当 該 各 号 の 期 間 の 開 始 日 までに 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 保 証 を 付 さなければならない ただ し 第 6 号 の 場 合 においては 当 該 履 行 保 証 保 険 契 約 の 締 結 後 直 ちにその 保 険 証 券 を 甲 に 寄 託 しなければならず 第 7 号 の 場 合 においては 当 該 保 証 契 約 に 係 る 銀 行 金 融 機 関 又 は 保 証 事 業 会 社 ( 公 共 工 事 の 前 払 保 証 事 業 に 関 する 法 律 ( 昭 和 27 年 法 律 第 184 号 ) 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 保 証 事 業 会 社 をいう 以 下 同 じ )の 第 8 号 の 場 合 においては 当 該 履 行 保 証 保 険 契 約 に 係 る 保 険 会 社 の 異 議 なき 承 諾 でかつ 確 定 日 付 ある 書 面 による 債 務 者 対 抗 要 件 及 び 第 三 者 対 抗 要 件 を 具 備 しなければならない (1) 契 約 保 証 金 の 納 付 (2) 国 債 又 は 地 方 債 の 提 供 8

11 (3) 政 府 の 保 証 のある 債 券 の 提 供 (4) 銀 行 株 式 会 社 商 工 組 合 中 央 金 庫 農 林 中 央 金 庫 又 は 全 国 を 地 区 とする 信 用 金 庫 連 合 会 の 発 行 する 債 券 の 提 供 (5) 本 契 約 による 債 務 の 不 履 行 により 生 ずる 損 害 金 の 支 払 を 保 証 する 銀 行 甲 が 確 実 と 認 める 金 融 機 関 又 は 保 証 事 業 会 社 の 保 証 (6) 甲 を 被 保 険 者 とする 履 行 保 証 保 険 契 約 の 締 結 (7) 乙 が 建 設 協 力 企 業 をして 当 該 建 設 協 力 企 業 の 債 務 不 履 行 により 乙 に 生 ずる 損 害 金 の 支 払 を 保 証 する 保 証 契 約 を 銀 行 甲 が 確 実 と 認 める 金 融 機 関 又 は 保 証 事 業 会 社 との 間 で 締 結 させ 乙 が 自 己 の 費 用 において 当 該 保 証 契 約 に 基 づき 乙 が 有 する 保 証 金 支 払 請 求 権 の 上 に 第 108 条 第 1 項 に 規 定 された 乙 の 甲 に 対 する 違 約 金 支 払 債 務 を 被 担 保 債 権 とする 質 権 を 甲 のために 設 定 すること (8) 協 力 企 業 の 全 部 又 は 一 部 が 乙 を 被 保 険 者 とする 履 行 保 証 保 険 契 約 を 締 結 し 乙 が 自 己 の 費 用 において 当 該 履 行 保 証 保 険 契 約 に 基 づき 乙 が 有 する 保 険 金 請 求 権 の 上 に 第 108 条 第 1 項 に 規 定 された 乙 の 甲 に 対 する 違 約 金 支 払 債 務 を 被 担 保 債 権 とする 質 権 を 甲 のために 設 定 すること 2 前 項 の 保 証 に 係 る 契 約 保 証 金 の 額 保 証 金 額 又 は 保 険 金 額 ( 第 4 項 において 保 証 の 額 とい う )は 次 の 各 号 の 期 間 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 金 額 (いずれも 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む )の 10 分 の1 以 上 としなければならない (1) 本 契 約 締 結 日 からⅠ 期 工 事 対 象 施 設 引 渡 し 日 まで 金 [ 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 及 び 統 括 マネジメント 業 務 費 相 当 額 のうち 施 設 整 備 業 務 に 対 する マネジメント 業 務 費 相 当 額 ] 円 ただし 乙 が 甲 に 各 本 件 工 事 対 象 施 設 を 引 き 渡 したときは 当 該 引 渡 し 済 み 本 件 工 事 対 象 施 設 に 相 当 する 建 設 工 事 費 相 当 額 を 適 宜 控 除 することができる (2) 本 件 工 事 対 象 施 設 のすべての 引 渡 終 了 日 の 翌 日 から 施 設 維 持 管 理 等 業 務 等 終 了 日 まで 金 [ 施 設 維 持 管 理 業 務 費 相 当 額 から 修 繕 費 相 当 額 を 除 いた 金 額 の 年 額 及 び 統 括 マネジ メント 業 務 費 相 当 額 のうち 施 設 整 備 業 務 に 対 するマネジメント 業 務 費 相 当 額 を 除 いた 金 額 の 年 額 ] 円 (3) Ⅰ 期 工 事 対 象 施 設 引 渡 し 日 の 翌 日 から 本 件 工 事 対 象 施 設 のすべての 引 渡 終 了 日 まで 前 2 号 の 額 を 合 算 した 額 3 第 1 項 の 規 定 により 乙 が 同 項 第 2 号 から 第 5 号 に 掲 げる 保 証 を 付 したときは 当 該 保 証 は 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 ( 当 該 担 保 の 価 値 は 第 2 号 の 債 券 にあっては 額 面 金 額 とし 第 3 号 及 び 第 4 号 の 債 券 にあっては 額 面 金 額 ( 発 行 価 格 が 額 面 金 額 と 異 なるときは 発 行 価 格 )の 10 分 の 8をもって 換 算 した 額 とし 第 5 号 の 規 定 による 担 保 の 価 値 は その 保 証 する 金 額 とする ) の 提 供 として 行 われたものとし 同 項 第 6 号 ないし 第 8 号 に 掲 げる 保 証 を 付 したときは 契 約 保 証 金 の 納 付 を 免 除 する 4 第 2 項 各 号 に 定 める 金 額 の 著 しい 変 更 があった 場 合 には 保 証 の 額 が 変 更 後 の 当 該 各 号 の 金 額 の 10 分 の1に 達 するまで 甲 は 保 証 の 額 の 増 額 を 請 求 することができ 乙 は 保 証 の 額 の 減 額 を 請 求 することができる ( 許 認 可 及 び 届 出 等 ) 第 6 条 本 契 約 に 基 づく 義 務 を 履 行 するために 必 要 となる 一 切 の 許 認 可 は 乙 が 自 己 の 責 任 及 び 費 9

12 用 により 取 得 するものとする また 乙 が 本 契 約 に 基 づく 義 務 を 履 行 するために 必 要 となる 一 切 の 届 出 及 び 報 告 は 乙 がその 責 任 において 作 成 し 提 出 するものとする ただし 甲 が 許 認 可 の 取 得 又 は 届 出 をする 必 要 がある 場 合 には 甲 が 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとし 当 該 措 置 について 乙 の 協 力 を 求 めた 場 合 には 乙 はこれに 応 じるものとする 2 甲 は 乙 が 甲 に 対 して 書 面 により 要 請 した 場 合 乙 による 許 認 可 の 取 得 について 法 令 の 範 囲 内 において 必 要 に 応 じて 協 力 するものとする 3 乙 は 第 1 項 ただし 書 に 定 める 場 合 を 除 き 本 契 約 に 基 づく 義 務 の 履 行 に 必 要 な 許 認 可 の 取 得 維 持 に 関 する 責 任 及 び 損 害 ( 許 認 可 取 得 の 遅 延 から 生 じる 増 加 費 用 を 含 む 以 下 本 条 に おいて 同 じ )を 負 担 するものとし その 遅 延 が 当 該 許 認 可 権 限 を 有 する 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 場 合 には 甲 及 び 乙 の 間 でその 責 任 及 び 損 害 の 負 担 について 協 議 するものとする 4 甲 が その 単 独 申 請 又 は 届 出 に 係 る 許 認 可 の 取 得 又 は 届 出 若 しくは 報 告 を 遅 延 した 場 合 又 は 甲 が 第 2 項 の 協 力 を 怠 ったことにより 乙 が 申 請 すべき 許 認 可 の 取 得 又 は 届 出 若 しくは 報 告 が 遅 延 した 場 合 甲 は 乙 に 対 し 当 該 遅 延 により 乙 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 5 乙 は 本 件 事 業 の 実 施 に 係 る 許 認 可 の 取 得 に 関 する 書 類 を 作 成 し 提 出 したものについては その 写 しを 保 存 するものとし 事 業 期 間 終 了 時 に 甲 に 提 出 するものとする 6 乙 は 本 件 事 業 の 実 施 に 係 る 許 認 可 の 原 本 を 保 管 し 甲 の 要 請 があった 場 合 には 原 本 を 提 示 し 又 は 原 本 証 明 付 の 写 しを 甲 に 提 出 するものとする ( 乙 の 資 金 調 達 ) 第 7 条 本 事 業 の 実 施 に 関 連 する 一 切 の 費 用 は 本 契 約 において 甲 が 負 担 する 費 用 を 除 き すべて 乙 が 負 担 する 2 本 事 業 に 関 する 乙 の 資 金 調 達 は すべて 乙 が 自 己 の 責 任 及 び 費 用 において 行 うものとする た だし 甲 の 協 力 が 必 要 な 場 合 甲 は 可 能 な 限 りその 協 力 を 行 うものとする ( 起 債 補 助 金 申 請 への 協 力 ) 第 8 条 乙 は 甲 による 本 事 業 に 係 る 起 債 又 は 補 助 金 の 申 請 について 書 類 作 成 等 への 協 力 を 行 う 2 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 乙 が 前 項 の 規 定 に 従 い 作 成 又 は 作 成 に 協 力 すべき 書 類 の 提 出 を 遅 延 した 場 合 乙 は 甲 に 対 し 当 該 遅 延 により 甲 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 3 前 項 の 場 合 を 除 き 甲 が 行 う 本 事 業 に 係 る 起 債 又 は 補 助 金 申 請 に 関 して 損 害 が 発 生 した 場 合 の 責 任 は 甲 が 負 うものとする ( 優 先 関 係 ) 第 9 条 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 及 び 事 業 者 提 案 の 記 載 内 容 に 矛 盾 又 は 齟 齬 がある 場 合 は この 順 に 優 先 して 適 用 されるものとする 2 入 札 説 明 書 等 の 各 書 類 間 で 疑 義 が 生 じた 場 合 は 甲 及 び 乙 の 間 において 協 議 の 上 かかる 記 載 内 容 に 関 する 事 項 を 決 定 するものとする 3 事 業 者 提 案 と 要 求 水 準 書 の 内 容 に 差 異 があり 事 業 者 提 案 に 記 載 された 性 能 又 は 水 準 が 要 求 水 準 書 に 記 載 された 性 能 又 は 水 準 を 上 回 るときは 第 1 項 の 規 定 にかかわらず その 限 度 で 事 10

13 業 者 提 案 の 記 載 が 要 求 水 準 書 の 記 載 に 優 先 するものとする ( 責 任 の 負 担 ) 第 10 条 乙 は 本 契 約 に 別 段 の 定 めのある 場 合 を 除 き 本 事 業 実 施 に 係 る 一 切 の 責 任 を 負 うものと する 2 本 契 約 に 別 段 の 定 めのある 場 合 を 除 き 乙 の 本 事 業 実 施 に 関 する 甲 による 請 求 勧 告 通 知 確 認 承 認 承 諾 若 しくは 立 会 い 又 は 乙 から 甲 に 対 する 報 告 通 知 若 しくは 説 明 を 理 由 とし て 乙 は いかなる 本 契 約 上 の 乙 の 責 任 をも 免 れず 当 該 請 求 勧 告 通 知 確 認 承 認 承 諾 若 しくは 立 会 い 又 は 通 知 報 告 若 しくは 説 明 を 理 由 として 甲 は 何 ら 責 任 を 負 担 しない 第 2 章 統 括 マネジメント 業 務 第 1 節 総 則 ( 統 括 マネジメント 業 務 ) 第 11 条 統 括 マネジメント 業 務 とは 個 別 業 務 マネジメント 業 務 及 びエネルギーマネジメント 業 務 をいう (マネジメント 責 任 者 等 の 通 知 等 ) 第 12 条 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い マネジメント 責 任 者 を 配 置 し 配 置 後 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 2 乙 は 事 業 期 間 中 マネジメント 責 任 者 を 配 置 しなければならない 3 乙 は 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 て 第 1 項 に 基 づき 甲 に 通 知 したマネジメント 責 任 者 を 変 更 することができる ただし 乙 は Ⅱ 期 工 事 対 象 施 設 の 開 院 日 まで マネジメント 責 任 者 を 変 更 しないよう 努 めるものとする 4 甲 は 第 1 項 に 基 づき 乙 から 通 知 がなされたマネジメント 責 任 者 の 変 更 を 希 望 するときは そ の 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は マネジメント 責 任 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う 5 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い マネジメント 業 務 担 当 者 を 配 置 し 配 置 後 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 6 乙 は 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 対 象 となる 施 設 整 備 業 務 施 設 維 持 管 理 業 務 及 び 利 便 施 設 運 営 業 務 が 実 施 されている 期 間 中 それぞれ 各 業 務 のマネジメント 業 務 担 当 者 を 配 置 しなけれ ばならない 7 乙 は 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 て 第 5 項 に 基 づき 甲 に 通 知 したマネジメント 業 務 担 当 者 を 変 更 することができる 8 甲 は 第 5 項 に 基 づき 乙 から 通 知 がなされたマネジメント 業 務 担 当 者 の 変 更 を 希 望 するとき は その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は マネジメント 業 務 担 当 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う 11

14 (マネジメント 水 準 書 の 提 出 ) 第 13 条 乙 は 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 及 び 第 74 条 の 事 業 計 画 書 に 基 づき 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 のマネジメント 水 準 書 を 作 成 し 甲 と 乙 が 合 意 の 上 で 定 める 時 期 (ただし 設 計 業 務 のマネジメントを 除 き 原 則 として 各 年 度 マネジメント 計 画 書 の 初 年 度 における 提 出 時 期 以 前 とする )までに 甲 に 提 出 し 甲 の 確 認 を 受 けなければならない 2 甲 は マネジメント 水 準 書 に 関 して 意 見 を 述 べることができ 乙 はかかる 意 見 を 尊 重 し 必 要 に 応 じてマネジメント 水 準 書 の 見 直 しを 行 わなければならない 3 乙 が マネジメント 水 準 書 の 内 容 を 変 更 しようとする 場 合 は 遅 滞 なく 甲 と 協 議 し あらかじ め 甲 の 確 認 を 受 けなければならない ( 年 度 マネジメント 計 画 書 の 提 出 ) 第 14 条 乙 は 事 業 期 間 中 各 事 業 年 度 に 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 及 び 第 74 条 の 事 業 計 画 書 に 基 づき 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 年 度 マネジメント 計 画 書 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 が 開 始 する 30 日 前 まで(ただし 本 契 約 締 結 日 の 属 する 事 業 年 度 については 本 契 約 締 結 後 速 やか) に 甲 に 提 出 し 甲 の 確 認 を 受 けなければならない 2 甲 は 年 度 マネジメント 計 画 書 に 関 して 意 見 を 述 べることができ 乙 はかかる 意 見 を 尊 重 し 必 要 に 応 じて 年 度 マネジメント 計 画 書 の 見 直 しを 行 わなければならない 3 乙 が 年 度 マネジメント 計 画 書 の 内 容 を 変 更 しようとする 場 合 は 遅 滞 なく 甲 と 協 議 し あら かじめ 甲 の 確 認 を 受 けなければならない ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 日 報 月 報 の 提 出 ) 第 15 条 乙 は 事 業 期 間 中 要 求 水 準 書 に 基 づき 統 括 マネジメント 業 務 の 実 施 状 況 及 び 要 求 水 準 書 に 規 定 されるその 他 の 事 項 を 記 載 した 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 日 報 を 作 成 及 び 保 管 し 甲 の 閲 覧 に 供 しなければならない 2 乙 は 事 業 期 間 中 要 求 水 準 書 に 基 づき 毎 月 当 該 月 の 翌 月 の 10 日 ( 当 日 が 閉 庁 の 場 合 は その 直 後 の 開 庁 日 とする )までに 前 項 の 日 報 に 基 づき 統 括 マネジメント 業 務 の 実 施 状 況 及 び 要 求 水 準 書 に 規 定 されるその 他 の 事 項 を 記 載 した 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 月 報 を 作 成 し 甲 に 提 出 しなければならない ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 四 半 期 報 告 書 の 提 出 ) 第 16 条 乙 は 事 業 期 間 中 要 求 水 準 書 に 基 づき 毎 四 半 期 終 了 後 10 日 以 内 に 統 括 マネジメント 業 務 の 月 報 をまとめた 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 四 半 期 報 告 書 を 作 成 し 甲 に 提 出 しなければならない ( 統 括 マネジメント 業 務 に 係 る 年 度 総 括 書 の 提 出 ) 第 17 条 乙 は 事 業 期 間 中 要 求 水 準 書 に 基 づき 毎 事 業 年 度 終 了 後 速 やかに 第 14 条 に 規 定 する 年 度 マネジメント 計 画 書 に 対 応 するものとして 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 統 括 マネジ メント 業 務 に 係 る 年 度 総 括 書 を 作 成 し 甲 に 提 出 しなければならない 12

15 (リスク マネジャーの 通 知 等 ) 第 18 条 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い リスク マネジャーを 配 置 し 配 置 後 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 2 乙 は 事 業 期 間 中 リスク マネジャーを 配 置 しなければならない 3 乙 は 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 て 第 1 項 に 基 づき 甲 に 通 知 したリスク マネジャーを 変 更 することができる 4 甲 は 第 1 項 に 基 づき 乙 から 通 知 がなされたリスク マネジャーの 変 更 を 希 望 するときは そ の 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は リスク マネジャー の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務 ( 個 別 業 務 マネジメント 業 務 ) 第 19 条 乙 は 事 業 期 間 中 本 契 約 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 自 ら 又 は 個 別 業 務 マネ ジメント 業 務 協 力 企 業 をして 個 別 業 務 マネジメント 業 務 を 実 施 し 又 は 実 施 させる ( 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 第 三 者 による 実 施 ) 第 20 条 乙 は 個 別 業 務 マネジメント 業 務 を 実 施 する 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 を 変 更 又 は 追 加 してはならない ただし やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 によ る 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 2 乙 は 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 が 協 力 企 業 等 (ただし 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 を 除 く 以 下 本 項 において 同 じ )に 対 し 乙 から 受 託 し 又 は 請 け 負 った 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わせないようにしなければならない ま た 乙 は 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 が 協 力 企 業 等 以 外 の 第 三 者 に 乙 から 受 託 し 又 は 請 け 負 った 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 全 部 又 は 主 たる 部 分 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わせないよう にしなければならない 3 個 別 業 務 マネジメント 業 務 実 施 に 関 する 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 その 他 第 三 者 の 使 用 は すべて 乙 の 責 任 において 行 うものとし 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 その 他 個 別 業 務 マネジメント 業 務 の 実 施 に 関 して 乙 又 は 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 が 使 用 する 一 切 の 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 は すべて 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 とみなして 乙 が 責 任 を 負 う ( 業 務 水 準 書 の 提 出 ) 第 21 条 乙 は 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 及 び 第 74 条 の 事 業 計 画 書 に 基 づき 個 別 業 務 (ただし 施 設 整 備 業 務 を 除 く )ごとに 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 業 務 水 準 書 を 作 成 し 甲 と 乙 が 合 意 の 上 で 定 める 時 期 (ただし 原 則 として 各 個 別 業 務 が 開 始 する 以 前 とし 年 度 業 務 計 画 書 を 提 出 する 個 別 業 務 の 場 合 は 当 該 年 度 業 務 計 画 書 の 初 年 度 における 提 出 時 期 以 前 とする ) までに 甲 に 提 出 し 甲 の 確 認 を 受 けなければならない 13

16 2 甲 は 業 務 水 準 書 に 関 して 意 見 を 述 べることができ 乙 はかかる 意 見 を 尊 重 し 必 要 に 応 じて 業 務 水 準 書 の 見 直 しを 行 わなければならない 3 乙 が 業 務 水 準 書 の 内 容 を 変 更 しようとする 場 合 は 遅 滞 なく 甲 と 協 議 し あらかじめ 甲 の 確 認 を 受 けなければならない ( 年 度 業 務 計 画 書 及 び 年 度 業 務 報 告 書 の 提 出 ) 第 22 条 乙 は 本 契 約 の 定 めに 従 い 毎 事 業 年 度 ごとに 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 第 21 条 の 業 務 水 準 書 及 び 第 74 条 の 事 業 計 画 書 に 基 づき 個 別 業 務 (ただし 施 設 整 備 業 務 を 除 く )ごとに 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 年 度 業 務 計 画 書 を 作 成 し 甲 に 提 出 し 甲 の 確 認 を 受 けな ければならない 2 乙 は 本 契 約 の 定 めに 従 い 毎 事 業 年 度 ごとに 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 及 び 第 74 条 の 事 業 計 画 書 に 基 づき 個 別 業 務 (ただし 施 設 整 備 業 務 を 除 く )ごとに 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 年 度 業 務 報 告 書 を 作 成 し 甲 に 提 出 しなければならない 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務 (エネルギーマネジメント 業 務 ) 第 23 条 乙 は エネルギーマネジメント 業 務 期 間 中 本 契 約 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 っ て 自 ら 又 はエネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 をして エネルギーマネジメント 業 務 を 実 施 し 又 は 実 施 させる 2 甲 は 本 事 業 とは 別 途 エネルギー 使 用 量 削 減 計 画 業 務 を 行 うか 否 かにつき 甲 乙 間 で 協 議 を 行 うことができる (エネルギーマネジメント 業 務 の 第 三 者 による 実 施 ) 第 24 条 乙 は エネルギーマネジメント 業 務 を 実 施 するエネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 を 変 更 又 は 追 加 してはならない ただし やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 2 乙 は エネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 が 協 力 企 業 等 (ただし 個 別 業 務 マネジメント 業 務 協 力 企 業 及 びエネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 を 除 く 以 下 本 項 において 同 じ )に 対 し エネルギーマネジメント 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わせないようにしなけ ればならない また 乙 は エネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 が 協 力 企 業 等 以 外 の 第 三 者 にエネルギーマネジメント 業 務 の 全 部 又 は 主 たる 部 分 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わせないようにしな ければならない 3 エネルギーマネジメント 業 務 実 施 に 関 するエネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 その 他 第 三 者 の 使 用 は すべて 乙 の 責 任 において 行 うものとし エネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 その 他 エネルギーマネジメント 業 務 の 実 施 に 関 して 乙 又 はエネルギーマネジメント 業 務 協 力 企 業 が 使 用 する 一 切 の 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 は すべて 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 とみなして 乙 が 責 任 を 負 う 14

17 (エネルギー 管 理 士 等 の 配 置 等 ) 第 25 条 乙 は エネルギーマネジメント 業 務 期 間 中 エネルギー 管 理 士 又 はエネルギー 管 理 員 講 習 の 講 習 修 了 者 を 配 置 しなければならない 2 乙 は 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 必 要 に 応 じてエネルギーマネジメント 業 務 担 当 者 を 配 置 し 配 置 したときは 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 3 乙 は 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 て 前 項 に 基 づき 甲 に 通 知 したエネルギーマネジメント 業 務 担 当 者 を 変 更 することができる 4 甲 は 第 2 項 に 基 づき 乙 から 通 知 がなされたエネルギーマネジメント 業 務 担 当 者 の 変 更 を 希 望 するときは その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は エネ ルギーマネジメント 業 務 担 当 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う ( 管 理 マニュアル 等 の 提 出 等 ) 第 26 条 乙 は 工 場 又 は 事 業 場 におけるエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 事 業 者 の 判 断 の 基 準 に 関 する 告 示 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 経 済 産 業 省 告 示 第 65 号 )に 規 定 のある 工 場 又 は 事 業 場 に おけるエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 事 業 者 の 判 断 の 基 準 に 基 づき 甲 が 合 理 的 に 満 足 す る 様 式 及 び 内 容 の 省 エネルギーに 係 る 管 理 標 準 を 作 成 し 甲 へ 提 出 するものとする 2 乙 は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 6 月 22 日 法 律 第 49 号 )に 基 づき 本 件 病 院 において 必 要 となる 各 種 届 出 計 画 書 定 期 報 告 書 その 他 必 要 となる 書 類 等 を 作 成 し 甲 へ 提 出 するものとする 第 3 章 施 設 整 備 業 務 ( 施 設 整 備 に 係 る 設 計 ) ( 設 計 業 務 の 実 施 ) 第 27 条 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 設 計 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 本 件 工 事 対 象 施 設 の 設 計 業 務 を 実 施 させる ( 設 計 業 務 の 第 三 者 による 実 施 ) 第 28 条 乙 は 設 計 協 力 企 業 を 変 更 又 は 追 加 してはならない ただし やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 2 乙 は 設 計 協 力 企 業 が 第 三 者 に 本 件 工 事 対 象 施 設 の 設 計 業 務 の 全 部 又 は 主 たる 部 分 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わせないようにしなければならない 3 本 件 工 事 対 象 施 設 の 設 計 業 務 実 施 に 関 する 設 計 協 力 企 業 その 他 第 三 者 の 使 用 は すべて 乙 の 責 任 において 行 うものとし 設 計 協 力 企 業 その 他 設 計 業 務 の 実 施 に 関 して 乙 又 は 設 計 協 力 企 業 が 使 用 する 一 切 の 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 は すべて 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 とみなして 乙 が 責 任 を 負 う ( 関 連 行 政 手 続 等 ) 第 29 条 乙 は 自 己 の 責 任 により 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 )による 確 認 申 請 等 本 事 業 15

18 の 実 施 のため 必 要 な 法 令 に 定 める 手 続 を 行 わなければならない 2 乙 は 前 項 に 定 める 手 続 の 実 施 については 甲 に 事 前 説 明 及 び 事 後 報 告 を 行 わなければならな い ( 設 計 業 務 業 務 責 任 者 の 通 知 等 ) 第 30 条 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 設 計 業 務 業 務 責 任 者 を 配 置 し 配 置 後 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 する 2 乙 は 設 計 施 工 期 間 中 設 計 業 務 業 務 責 任 者 を 配 置 しなければならない 3 乙 は 設 計 施 工 期 間 中 第 1 項 に 基 づき 通 知 した 設 計 業 務 業 務 責 任 者 を 変 更 できないものと する ただし 病 気 死 亡 退 職 等 やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 4 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 通 知 がなされた 設 計 業 務 業 務 責 任 者 の 変 更 を 希 望 するときは その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は 設 計 業 務 業 務 責 任 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う 5 乙 は 本 契 約 締 結 後 速 やかに 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 設 計 担 当 者 一 覧 及 び 設 計 体 制 表 を 作 成 し 甲 に 提 出 し その 確 認 を 受 けなければならない その 内 容 を 変 更 するときも 同 様 とする ( 設 計 作 業 工 程 表 の 作 成 及 び 提 出 ) 第 31 条 乙 は 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 本 件 工 事 対 象 施 設 の 設 計 に 係 る 設 計 作 業 工 程 表 を 作 成 し 本 契 約 締 結 後 速 やかに 甲 に 提 出 する ( 設 計 業 務 の 進 捗 状 況 の 確 認 ) 第 32 条 乙 は 甲 に 対 し 毎 月 1 回 以 上 設 計 業 務 の 進 捗 状 況 の 説 明 及 び 報 告 を 行 わなければなら ない 2 甲 は 本 件 工 事 対 象 施 設 が 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 及 び 設 計 作 業 工 程 表 に 基 づき 設 計 されていることを 確 認 するため 乙 に 対 し 事 前 に 通 知 した 上 で 本 件 工 事 対 象 施 設 の 設 計 状 況 その 他 の 事 項 について 説 明 を 求 め 書 類 の 提 出 等 を 求 めることができる 3 乙 は 前 項 に 規 定 する 設 計 状 況 その 他 の 事 項 についての 説 明 及 び 甲 による 確 認 の 実 施 につき 甲 に 対 して 協 力 し 便 宜 を 図 るものとする また 設 計 協 力 企 業 をして 甲 に 対 して 必 要 かつ 合 理 的 な 説 明 及 び 報 告 を 行 わせるものとする 4 甲 は 前 3 項 の 規 定 に 基 づく 説 明 書 類 の 提 出 等 又 は 報 告 を 受 けたときは それらの 内 容 を 検 討 し 指 摘 すべき 事 項 があると 認 める 場 合 には 乙 に 対 してその 是 正 を 求 めることができ 乙 はこれに 従 わなければならない ( 乙 による 事 業 者 提 案 又 は 設 計 の 変 更 ) 第 33 条 乙 は あらかじめ 甲 の 承 諾 を 得 た 場 合 を 除 き 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 を 行 うことはできない 2 前 項 の 規 定 に 従 い 乙 が 甲 の 承 諾 を 得 て 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 を 行 う 16

19 場 合 において 当 該 変 更 により 乙 に 増 加 費 用 が 発 生 したときは 乙 が 当 該 増 加 費 用 を 負 担 する ものとし 費 用 の 減 少 が 生 じたときは 協 議 により 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 の 支 払 額 を 減 額 するも のとする ( 甲 の 指 示 による 事 業 者 提 案 又 は 設 計 の 変 更 ) 第 34 条 甲 は 乙 に 対 し 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 が 必 要 であると 認 める ときは 事 業 者 提 案 の 趣 旨 を 逸 脱 しない 限 度 で 乙 に 対 して 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 内 容 を 記 載 した 書 面 を 通 知 し 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 を 求 めることができる この 場 合 乙 は 当 該 書 面 を 受 領 した 日 から 14 日 以 内 にその 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 の 当 否 を 甲 に 対 して 書 面 により 通 知 しなければならない 甲 は 当 該 通 知 を 受 領 した 日 から7 日 以 内 に 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 の 要 否 を 決 定 し 乙 に 通 知 する 乙 は かかる 甲 の 決 定 に 従 うものとする 2 前 項 の 規 定 に 基 づき 乙 が 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 を 行 う 場 合 におい て 当 該 変 更 により 乙 に 増 加 費 用 が 生 じたときは 当 該 変 更 が 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 場 合 を 除 き 甲 が 当 該 費 用 を 合 理 的 な 範 囲 で 負 担 するものとし 費 用 の 減 少 が 生 じたときは 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 の 支 払 額 を 減 額 する 3 乙 は 第 1 項 の 変 更 により 乙 に 増 加 費 用 が 生 じるときは 変 更 要 求 事 項 の 範 囲 外 の 業 務 も 考 慮 し 当 該 増 加 費 用 を 吸 収 できるような 仮 対 案 を 甲 に 対 して 提 案 するよう 努 めるものとする 4 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 基 本 設 計 完 了 前 に 甲 の 要 求 により 入 札 説 明 書 等 及 び 事 業 者 提 案 に 基 づく 設 計 条 件 の 趣 旨 を 損 ない 又 は 工 期 の 変 更 を 伴 う 設 計 条 件 の 変 更 を 行 う 場 合 甲 と 乙 は 当 該 設 計 条 件 の 変 更 に 係 る 本 件 工 事 対 象 施 設 の 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 の 調 整 に 関 する 協 議 を 行 い 当 該 調 整 後 の 費 用 が 調 整 前 の 費 用 を 超 えるときは 甲 は 乙 に 対 し 超 過 部 分 の 費 用 を 本 件 工 事 対 象 施 設 の 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 に 加 算 して 支 払 う ( 法 令 変 更 等 による 設 計 変 更 等 ) 第 35 条 建 築 基 準 法 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 ) 等 の 法 令 制 度 の 新 設 又 は 改 正 等 により 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 若 しくは 設 計 図 書 又 は 本 件 工 事 の 変 更 が 必 要 となった 場 合 乙 は 甲 に 対 し 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 若 しくは 設 計 図 書 又 は 本 件 工 事 の 変 更 の 承 諾 を 求 めることができ 甲 は 必 要 かつ 相 当 と 判 断 したときはこれを 承 諾 す る 2 各 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 までに 入 札 説 明 書 等 に 明 示 されていない 本 件 土 地 又 は 本 件 工 事 対 象 施 設 の 瑕 疵 ( 本 件 土 地 の 地 中 に 存 する 建 物 等 の 基 礎 及 び 杭 等 で 本 件 工 事 対 象 施 設 の 建 設 に 支 障 をきたすものを 含 む )に 起 因 して 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 若 しくは 設 計 図 書 又 は 本 件 工 事 の 変 更 が 必 要 となった 場 合 乙 は 甲 に 対 し 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 若 しくは 設 計 図 書 又 は 本 件 工 事 の 変 更 の 承 諾 を 求 めることができ 甲 は 必 要 かつ 相 当 と 判 断 したときはこれ を 承 諾 する 3 第 1 項 又 は 第 2 項 に 基 づく 変 更 に 起 因 する 設 計 本 件 工 事 工 事 監 理 及 び 維 持 管 理 に 係 る 乙 の 費 用 が 増 加 したときは 当 該 変 更 が 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 場 合 を 除 き 甲 が 当 該 費 用 を 合 理 的 な 範 囲 で 負 担 するものとし 費 用 の 減 少 が 生 じたときは サービス 対 価 につき 当 該 費 17

20 用 相 当 額 を 減 額 する ( 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 提 出 ) 第 36 条 乙 は 基 本 設 計 及 び 実 施 設 計 の 完 了 後 遅 滞 なく 別 紙 4に 規 定 する 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 をそれぞれ 甲 に 提 出 し 設 計 協 力 企 業 をして 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 内 容 を 説 明 させなければならない 基 本 設 計 説 明 書 又 は 設 計 図 書 の 変 更 を 行 う 場 合 も 同 様 とする 2 前 項 の 場 合 における 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 提 出 は 別 紙 3の 日 程 表 に 従 うものとす る 3 甲 は 第 1 項 に 基 づき 提 出 された 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 が 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 若 しくは 甲 と 乙 の 設 計 打 ち 合 わせにおいて 書 面 により 合 意 された 事 項 に 従 っていない 又 は 提 出 された 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 では 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 若 しくは 甲 と 乙 の 設 計 打 ち 合 わせにおいて 合 意 された 事 項 において 要 求 される 仕 様 を 満 たさないと 判 断 する 場 合 には 乙 と 協 議 の 上 乙 の 負 担 において 修 正 を 求 める ことができる 甲 は かかる 修 正 を 求 めない 場 合 は 提 出 された 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 確 認 を 乙 に 通 知 するものとする 4 乙 は 甲 からの 指 摘 ( 前 項 による 甲 の 修 正 の 求 めを 含 む )により 又 は 自 ら 設 計 に 不 備 不 具 合 等 を 発 見 したときは 自 らの 負 担 において 速 やかに 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 の 修 正 を 行 い 修 正 点 について 甲 に 報 告 し その 確 認 を 受 けるものとする 設 計 の 変 更 について 不 備 不 具 合 を 発 見 した 場 合 も 同 様 とする 5 前 項 に 規 定 する 修 正 の 結 果 本 件 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しが 遅 延 した 場 合 には 第 68 条 第 4 項 の 規 定 を 適 用 する 第 4 章 施 設 整 備 業 務 ( 施 設 整 備 に 係 る 建 設 ) 第 1 節 総 則 ( 本 件 土 地 の 無 償 使 用 ) 第 37 条 甲 は 別 紙 3に 定 められた 本 件 工 事 着 工 予 定 日 までに 乙 が 本 事 業 を 行 うために 支 障 のな いよう 別 紙 5の 本 件 土 地 の 権 原 を 確 保 しなければならない 2 乙 は 施 工 期 間 中 本 件 土 地 を 本 事 業 の 履 行 の 目 的 のために 本 事 業 の 履 行 に 合 理 的 に 必 要 な 範 囲 で 無 償 で 使 用 することができる なお 本 件 土 地 以 外 に 乙 が 施 設 整 備 業 務 の 実 施 に 必 要 な 仮 設 及 び 資 機 材 置 場 等 を 自 己 の 費 用 と 責 任 で 確 保 することについては これを 妨 げない 3 乙 は 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 義 務 をもって 本 件 土 地 を 使 用 し また 本 事 業 の 履 行 の 目 的 以 外 の 目 的 に 本 件 土 地 を 使 用 しない ( 建 設 に 伴 う 各 種 調 査 ) 第 38 条 乙 は 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 地 質 調 査 測 量 及 び 電 波 障 害 調 査 対 策 業 務 等 の 必 要 な 調 査 を 実 施 する また 乙 は 自 らの 責 任 及 び 費 用 負 担 において 本 件 工 事 対 象 施 設 18

21 の 設 計 及 び 施 工 に 必 要 な 測 量 及 び 調 査 ( 以 下 本 項 前 段 の 調 査 とあわせて 調 査 等 という ) を 実 施 することができる 2 乙 は 前 項 に 定 める 調 査 等 を 実 施 する 場 合 は 調 査 等 に 着 手 する 前 に 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 調 査 計 画 書 を 作 成 し 甲 に 提 出 しなければならない また 調 査 等 に 係 る 一 切 の 責 任 及 び 費 用 並 びに 当 該 調 査 の 不 備 及 び 誤 り 等 から 生 じる 一 切 の 責 任 及 び 費 用 は 乙 の 負 担 とする 3 乙 は 第 1 項 に 定 める 調 査 等 を 終 了 したときは 調 査 報 告 書 を 甲 に 提 出 しなければならない 4 乙 は 本 件 工 事 に 先 立 って 調 査 等 を 行 う 場 合 には 調 査 の 日 時 及 び 概 要 をあらかじめ 甲 に 連 絡 し その 承 諾 を 得 た 上 で 調 査 等 を 行 うことができる 5 甲 は 調 査 計 画 書 又 は 調 査 報 告 書 を 受 け 必 要 があると 判 断 したときは 乙 に 対 し 調 査 等 の 内 容 及 び 方 法 その 他 当 該 報 告 又 は 記 録 等 に 合 理 的 に 関 連 する 事 項 について 協 議 又 は 説 明 を 求 めることができる 6 乙 が 第 1 項 の 規 定 に 従 って 調 査 等 を 行 った 結 果 本 件 土 地 又 は 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 に 関 し て 入 札 説 明 書 等 において 明 示 されていない 又 は 入 札 説 明 書 等 に 明 示 されていた 事 実 と 異 なる 本 件 土 地 又 は 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 の 瑕 疵 が 存 在 し 乙 が 本 契 約 及 び 要 求 水 準 書 に 従 って 本 事 業 を 実 施 することができない 場 合 又 は 乙 が 本 事 業 を 実 施 することができても 乙 に 著 しい 損 害 ( 増 加 費 用 を 含 む 以 下 同 じ )が 発 生 することが 判 明 した 場 合 乙 は その 旨 を 直 ちに 甲 に 通 知 しなければならない これに 起 因 して 乙 に 損 害 が 発 生 した 場 合 甲 は 合 理 的 な 範 囲 にお ける 当 該 損 害 額 を 負 担 するものとする また これに 起 因 して 乙 に 費 用 の 減 少 が 生 じた 場 合 甲 及 び 乙 は 協 議 の 上 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 を 減 額 するものとする 7 前 項 の 場 合 乙 は 当 該 損 害 の 発 生 を 防 ぎ また 拡 大 を 低 減 するよう 最 大 限 努 力 しなければな らない ( 近 隣 対 応 ) 第 39 条 乙 は 本 契 約 の 締 結 日 後 適 切 な 時 期 に 自 己 の 責 任 及 び 費 用 において 本 事 業 の 概 要 日 程 及 び 工 事 実 施 計 画 等 ( 施 設 の 配 置 施 工 時 期 施 工 方 法 等 の 計 画 をいい 解 体 撤 去 工 事 に 係 る 計 画 を 含 む 以 下 本 条 において 工 事 実 施 計 画 等 という )の 近 隣 説 明 を 行 い 了 解 を 得 る よう 努 めなければならない 甲 は 必 要 と 認 める 場 合 には 乙 が 行 う 説 明 に 協 力 しなければなら ない 2 乙 は 前 項 の 説 明 に 先 立 って 乙 が 実 施 しようとする 説 明 の 方 法 時 期 及 び 内 容 について 甲 に 説 明 しなければならない また 乙 は 前 項 の 説 明 の 後 その 内 容 及 び 結 果 を 甲 に 報 告 しな ければならない 3 甲 は 前 項 の 説 明 又 は 報 告 を 受 け 必 要 があると 判 断 したときは 乙 に 対 し 施 工 近 隣 対 応 そ の 他 当 該 報 告 に 合 理 的 に 関 連 する 事 項 について 協 議 することを 求 めることができる 4 乙 は 自 己 の 責 任 及 び 費 用 において 近 隣 調 整 を 行 う 5 乙 は 甲 の 承 諾 を 得 ない 限 り 近 隣 調 整 の 不 調 を 理 由 として 工 事 実 施 計 画 等 の 変 更 をするこ とはできない この 場 合 甲 は 乙 が 工 事 実 施 計 画 等 を 変 更 せず 更 なる 調 整 によっても 近 隣 住 民 の 了 解 が 得 られないことを 明 らかにした 場 合 に 限 り 工 事 実 施 計 画 等 の 変 更 を 承 諾 する 6 近 隣 調 整 の 結 果 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 の 遅 延 が 見 込 まれる 場 合 甲 及 び 乙 は 協 議 の 上 19

22 速 やかに 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 予 定 日 及 び 引 渡 予 定 日 を 変 更 することができる 7 近 隣 調 整 の 結 果 乙 に 生 じた 費 用 (その 結 果 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 予 定 日 及 び 引 渡 予 定 日 が 変 更 されたことによる 増 加 費 用 も 含 む )については 乙 が 負 担 するものとする ただし 乙 が 行 うべき 又 は 行 った 業 務 以 外 の 事 由 に 起 因 するものについては 甲 が 負 担 する 8 乙 が 本 条 の 規 定 に 基 づき 合 理 的 な 近 隣 調 整 を 実 施 したにもかかわらず 当 該 近 隣 住 民 等 の 反 対 等 により 本 事 業 の 実 施 が 不 可 能 若 しくは 著 しく 困 難 又 は 事 業 者 提 案 の 範 囲 を 超 える 設 計 変 更 が 必 要 となった 場 合 には 甲 は 乙 と 協 議 の 上 本 契 約 を 解 除 することができる かかる 解 除 については 第 123 条 の 規 定 を 適 用 する ( 周 辺 影 響 調 査 対 策 業 務 ) 第 40 条 乙 は 本 事 業 に 起 因 する 騒 音 振 動 悪 臭 粉 塵 アスベスト 真 菌 地 盤 沈 下 地 下 水 位 低 下 地 下 水 日 影 本 件 病 院 から 住 民 への 視 線 電 波 障 害 ビル 風 その 他 本 件 工 事 が 周 辺 環 境 に 与 える 影 響 を 調 査 分 析 及 び 検 討 ( 以 下 本 条 において 周 辺 環 境 調 査 等 という )し 適 切 な 対 策 を 講 じるものとする 2 乙 は 前 項 の 周 辺 環 境 調 査 等 及 び 対 策 に 先 立 って 乙 が 実 施 しようとする 周 辺 環 境 調 査 等 及 び 対 策 の 方 法 時 期 及 び 内 容 について 甲 に 説 明 しなければならない また 乙 は 前 項 の 周 辺 環 境 調 査 等 及 び 対 策 の 後 その 内 容 及 び 結 果 を 甲 に 報 告 しなければならない 3 甲 は 前 項 の 説 明 又 は 報 告 を 受 け 必 要 があると 判 断 したときは 乙 に 対 し 周 辺 影 響 対 策 そ の 他 当 該 報 告 又 は 確 認 に 合 理 的 に 関 連 する 事 項 について 協 議 することを 求 めることができ る 4 第 1 項 の 周 辺 環 境 調 査 等 及 び 対 策 並 びに 前 項 の 協 議 に 要 する 費 用 は 乙 が 負 担 するものとす る また 乙 は 第 1 項 の 周 辺 環 境 調 査 等 及 び 対 策 の 不 備 誤 謬 等 に 起 因 する 一 切 の 追 加 費 用 を 負 担 するものとする ただし 乙 が 行 うべき 又 は 行 った 業 務 以 外 の 事 由 に 起 因 するものにつ いては 甲 が 負 担 する ( 関 連 工 事 の 調 整 ) 第 41 条 乙 は 関 連 工 事 の 円 滑 な 施 工 に 協 力 し その 施 工 に 必 要 な 調 整 を 行 うものとする 2 甲 は 甲 が 前 項 の 関 連 工 事 を 実 施 する 場 合 には 事 前 に 乙 に 通 知 した 上 で 乙 又 は 建 設 協 力 企 業 の 調 整 に 従 うものとする ただし 乙 又 は 建 設 協 力 企 業 の 調 整 が 不 適 当 と 認 められるときに は 甲 が 調 整 を 行 い 乙 はこれに 従 うものとする 第 2 節 工 事 監 理 業 務 ( 工 事 監 理 業 務 の 実 施 ) 第 42 条 乙 は 工 事 監 理 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 本 件 工 事 に 係 る 工 事 監 理 業 務 を 実 施 させる ( 工 事 監 理 業 務 の 第 三 者 による 実 施 ) 第 43 条 乙 は 工 事 監 理 協 力 企 業 を 変 更 又 は 追 加 してはならない ただし やむを 得 ない 事 情 が 生 20

23 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 2 乙 は 工 事 監 理 協 力 企 業 が 第 三 者 に 工 事 監 理 業 務 の 全 部 又 は 主 たる 部 分 を 委 託 し 又 は 請 け 負 わ せないようにしなければならない 3 工 事 監 理 業 務 実 施 に 関 する 工 事 監 理 協 力 企 業 その 他 第 三 者 の 使 用 は すべて 乙 の 責 任 において 行 うものとし 工 事 監 理 協 力 企 業 その 他 工 事 監 理 業 務 の 実 施 に 関 して 乙 又 は 工 事 監 理 協 力 企 業 が 使 用 する 一 切 の 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 は すべて 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 とみなし て 乙 が 責 任 を 負 う ( 工 事 監 理 者 ) 第 44 条 乙 は 工 事 監 理 協 力 企 業 をして 本 件 工 事 着 工 前 に 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 建 築 基 準 法 第 5 条 の4 第 4 項 に 定 める 工 事 監 理 者 を 設 置 させるものとし 設 置 後 速 やかに 甲 に 対 して 工 事 監 理 者 の 氏 名 その 者 の 所 属 する 企 業 名 保 有 する 資 格 その 他 必 要 な 事 項 を 通 知 する なお 工 事 監 理 業 務 と 建 設 業 務 を 同 一 の 企 業 が 実 施 することはできない 2 乙 は 施 工 期 間 中 第 1 項 に 基 づき 通 知 した 工 事 監 理 者 を 変 更 できないものとする ただし 病 気 死 亡 退 職 等 やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 3 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 通 知 がなされた 工 事 監 理 者 の 変 更 を 希 望 するときは その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は 工 事 監 理 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う 4 乙 は 前 項 に 基 づき 設 置 した 工 事 監 理 者 をして 設 計 図 書 に 従 って 工 事 監 理 業 務 を 行 わせるもの とする 5 乙 は 工 事 監 理 者 をして 乙 を 通 じ 毎 月 1 回 以 上 工 事 監 理 の 状 況 を 甲 に 報 告 させる 6 乙 は 工 事 監 理 者 をして 乙 を 通 じ 適 宜 日 報 月 報 四 半 期 報 告 書 年 度 総 括 書 各 種 検 査 報 告 書 等 の 必 要 書 類 を 甲 に 提 出 させる 7 乙 は 工 事 監 理 者 をして 定 期 的 に 甲 による 工 事 監 理 状 況 の 確 認 を 受 けさせる 8 乙 は 前 3 項 に 加 え 甲 が 要 請 したときは 工 事 監 理 者 をして 本 件 工 事 の 事 前 説 明 及 び 事 後 報 告 並 びに 本 件 工 事 現 場 での 施 工 状 況 を 速 やかに 報 告 させ 甲 による 確 認 を 受 けさせるものと する 9 乙 は 工 事 監 理 者 が 前 5 項 の 行 為 を 行 う 上 で 必 要 となる 協 力 を 行 う 第 3 節 建 設 業 務 ( 建 設 業 務 の 実 施 ) 第 45 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 並 びに 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 に 従 って 建 設 業 務 を 実 施 させる 2 乙 は 乙 と 建 設 協 力 企 業 との 間 で 締 結 する 建 設 請 負 契 約 において 建 設 協 力 企 業 が 建 設 する 本 件 工 事 対 象 施 設 の 所 有 権 が 乙 に 原 始 的 に 帰 属 する 旨 の 特 約 を 付 すものとする 21

24 ( 建 設 業 務 の 第 三 者 による 実 施 ) 第 46 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 を 変 更 又 は 追 加 してはならない ただし やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 2 乙 は 建 設 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 100 号 ) 第 22 条 第 3 項 の 承 諾 を 与 えてはならない 3 乙 は 各 本 件 工 事 対 象 施 設 ごとの 着 工 予 定 日 までに 建 設 業 法 第 24 条 の7 及 び 要 求 水 準 書 に 基 づく 施 工 体 制 台 帳 及 び 施 工 体 系 図 の 写 しを 甲 に 提 出 し 確 認 を 受 けなければならない その 内 容 を 変 更 するときも 同 様 とする 4 建 設 業 務 実 施 に 関 する 建 設 協 力 企 業 その 他 第 三 者 の 使 用 は すべて 乙 の 責 任 において 行 うもの とし 建 設 業 務 実 施 に 関 して 乙 又 は 乙 が 使 用 する 一 切 の 第 三 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 は すべ て 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 とみなして 乙 が 責 任 を 負 う ( 監 理 技 術 者 及 び 主 任 技 術 者 ) 第 47 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 件 工 事 着 工 前 に 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 建 設 業 法 第 26 条 に 定 める 監 理 技 術 者 又 は 主 任 技 術 者 を 設 置 させるものとし 設 置 後 速 やかに 甲 に 対 し て 監 理 技 術 者 又 は 主 任 技 術 者 の 氏 名 その 者 の 所 属 する 企 業 名 保 有 する 資 格 その 他 必 要 な 事 項 を 通 知 し 甲 の 確 認 を 受 けなければならない 2 乙 は 施 工 期 間 中 第 1 項 に 基 づき 通 知 した 監 理 技 術 者 又 は 主 任 技 術 者 を 変 更 できないものと する ただし 病 気 死 亡 退 職 等 やむを 得 ない 事 情 が 生 じた 場 合 であって 甲 の 事 前 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 はこの 限 りではない 3 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 通 知 がなされた 監 理 技 術 者 又 は 主 任 技 術 者 の 変 更 を 希 望 するとき は その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は 監 理 技 術 者 又 は 主 任 技 術 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う ( 施 工 計 画 書 等 ) 第 48 条 乙 は 本 件 工 事 着 工 予 定 日 の 前 日 までに 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 並 びに 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 に 従 って 全 体 工 事 工 程 表 を 作 成 して 甲 に 提 出 し 確 認 を 受 けなければな らない 2 乙 は 各 本 件 工 事 対 象 施 設 の 各 工 事 種 目 ごとの 着 工 予 定 日 の 10 日 前 までに 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 並 びに 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 に 従 って 施 工 計 画 書 ( 工 事 工 程 表 及 び 施 工 要 領 書 を 含 む )その 他 甲 の 指 定 する 書 類 を 作 成 して 甲 に 提 出 し 確 認 を 受 けなければな らない 3 乙 は 仮 設 工 事 を 行 う 場 合 本 契 約 要 求 水 準 書 及 び 事 業 者 提 案 に 従 って 総 合 仮 設 計 画 書 を 作 成 し 仮 設 工 事 開 始 までに 甲 に 提 出 し 甲 の 確 認 を 受 けなければならない 4 乙 は 別 途 甲 と 協 議 により 定 める 期 限 までに 月 間 工 程 表 を 作 成 し 甲 に 対 して 提 出 するものと する 5 前 3 項 の 書 面 の 提 出 後 に 当 該 書 面 の 修 正 が 必 要 となった 場 合 乙 は 適 宜 当 該 書 面 の 修 正 を 行 い 修 正 内 容 を 甲 に 報 告 し 甲 の 確 認 を 受 ける 22

25 ( 施 工 期 間 中 の 保 険 ) 第 49 条 乙 は 施 工 期 間 中 別 紙 6の 第 1に 定 める 保 険 に 加 入 し 又 は 建 設 協 力 企 業 をして 加 入 さ せ 保 険 料 を 負 担 し 又 は 建 設 協 力 企 業 をして 負 担 させるものとする 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 自 ら 保 険 契 約 を 締 結 し 又 は 建 設 協 力 企 業 をして 保 険 契 約 を 締 結 させ たときは その 保 険 証 券 の 写 しを 直 ちに 甲 に 提 出 しなければならない ( 本 件 新 設 工 事 の 実 施 ) 第 50 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 全 体 工 事 工 程 表 及 び 施 工 計 画 書 に 従 って 本 件 新 設 工 事 を 遂 行 させる 2 仮 設 工 事 施 工 方 法 その 他 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 を 安 全 に 工 期 内 に 完 成 するために 必 要 な 一 切 の 手 段 については 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 及 び 施 工 計 画 書 に 定 めがあるものについてはこれに 従 い 定 めのないものについては 乙 が 自 己 の 責 任 にお いて 行 い その 費 用 を 負 担 する 3 乙 は 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 建 設 工 事 に 着 手 しようとする 場 合 には 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 ごとにあらかじめ 甲 に 工 事 着 工 届 を 提 出 し 確 認 を 得 なければならない ( 本 件 解 体 工 事 の 実 施 ) 第 51 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 全 体 工 事 工 程 表 及 び 施 工 計 画 書 に 従 って 本 件 解 体 工 事 を 遂 行 させる 2 乙 は 各 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 の 解 体 工 事 に 着 手 しようとするときは 各 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 ごとにあらかじめ 甲 に 工 事 着 工 届 を 提 出 し 確 認 を 得 なければならない 3 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 の 現 況 が 入 札 説 明 書 等 で 示 されたものと 著 しく 異 なるときは 第 38 条 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 に 従 う ( 本 件 改 修 工 事 の 実 施 ) 第 52 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 全 体 工 事 工 程 表 及 び 施 工 計 画 書 に 従 って 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 建 設 工 事 を 遂 行 させる 2 仮 設 工 事 施 工 方 法 その 他 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 を 安 全 に 工 期 内 に 完 成 するために 必 要 な 一 切 の 手 段 については 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 及 び 施 工 計 画 書 に 定 めがあるものについてはこれに 従 い 定 めのないものについては 乙 が 自 己 の 責 任 にお いて 行 い その 費 用 を 負 担 する 3 乙 は 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 建 設 工 事 に 着 手 しようとする 場 合 には 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 ごとにあらかじめ 甲 に 工 事 着 工 届 を 提 出 し 確 認 を 得 なければならない ( 工 事 記 録 の 整 備 等 ) 第 53 条 乙 は 建 設 協 力 企 業 をして 本 件 工 事 現 場 に 常 に 工 事 記 録 を 整 備 させなければならない 2 乙 は 本 件 工 事 に 必 要 な 工 事 用 電 気 水 道 ガス 等 を 自 己 の 責 任 及 び 費 用 で 調 達 しなければな らない 23

26 ( 甲 の 説 明 要 求 等 ) 第 54 条 甲 は 本 件 工 事 が 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 ( 甲 と 乙 の 打 ち 合 わせの 結 果 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 び 施 工 計 画 書 に 従 い 実 施 されていることを 確 認 する ために 本 件 工 事 の 状 況 及 び 品 質 管 理 について 乙 に 事 前 に 通 知 した 上 で 乙 又 は 建 設 協 力 企 業 に 対 して 説 明 を 求 め 確 認 することができる この 場 合 において 本 件 工 事 の 現 場 において 実 施 状 況 を 確 認 するときは 乙 及 び 建 設 協 力 企 業 が 立 ち 会 うものとする 2 乙 は 前 項 に 規 定 する 説 明 及 び 確 認 の 実 施 について 甲 に 対 して 可 能 な 限 りの 協 力 を 行 うとと もに 建 設 協 力 企 業 をして 甲 に 対 して 必 要 かつ 合 理 的 な 説 明 及 び 報 告 を 行 わせるものとす る 3 前 2 項 に 規 定 する 説 明 又 は 確 認 の 結 果 本 件 工 事 の 状 況 及 び 品 質 管 理 が 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 若 しくは 施 工 計 画 書 に 従 っていない 又 は 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 若 しくは 施 工 計 画 書 に 規 定 する 水 準 又 は 仕 様 を 満 たさないと 甲 が 判 断 した 場 合 甲 は 乙 に 対 してその 是 正 を 求 めることができ 乙 は これに 従 わなければならない 4 甲 は 乙 から 施 工 体 制 台 帳 ( 建 設 業 法 第 24 条 の7に 規 定 する 施 工 体 制 台 帳 をいう ) 及 び 施 工 体 制 に 係 る 事 項 について 報 告 を 求 めることができる ( 中 間 確 認 ) 第 55 条 甲 は 本 件 工 事 対 象 施 設 が 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 及 び 施 工 計 画 書 に 従 い 建 設 されていることを 確 認 するために 施 工 期 間 中 必 要 な 事 項 に 関 する 中 間 確 認 を 実 施 することができる この 場 合 において 必 要 があると 認 められる ときは 甲 は その 理 由 を 乙 に 通 知 して 出 来 形 部 分 を 最 小 限 度 破 壊 して 確 認 することができ る 2 前 項 の 場 合 において 確 認 又 は 復 旧 に 直 接 要 する 費 用 は 乙 の 負 担 とする 3 甲 は 第 1 項 の 中 間 確 認 の 結 果 本 件 工 事 の 状 況 が 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 設 計 図 書 若 しくは 施 工 計 画 書 に 従 っていない 又 は 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 設 計 図 書 若 しくは 施 工 計 画 書 に 規 定 する 水 準 又 は 仕 様 を 満 たさないと 判 断 した 場 合 乙 に 対 してその 是 正 を 求 めることができ 乙 は これに 従 わなければならない ( 部 分 使 用 ) 第 56 条 甲 は 第 66 条 又 は 第 67 条 の 規 定 による 引 渡 し 前 においても 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 全 部 又 は 一 部 を 乙 の 承 諾 を 得 て 使 用 することができる 2 前 項 の 場 合 において 甲 は その 使 用 部 分 を 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 をもって 使 用 しなければな らない 3 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 全 部 又 は 一 部 を 使 用 したことによって 乙 に 損 害 を 及 ぼしたときは 当 該 損 害 を 負 担 しなければならない ( 医 療 機 器 医 療 情 報 システム 一 般 備 品 の 搬 入 ) 第 57 条 甲 が 所 有 又 は 別 途 発 注 する 医 療 機 器 医 療 情 報 システム 又 は 一 般 備 品 の 搬 入 作 業 が 乙 の 施 24

27 設 整 備 業 務 に 密 接 に 関 連 する 場 合 において 必 要 がある 場 合 甲 は スケジュールの 調 整 を 行 うも のとし 乙 は これに 従 い 甲 による 医 療 機 器 医 療 情 報 システム 又 は 一 般 備 品 の 搬 入 に 協 力 す る 2 前 項 の 場 合 乙 が 甲 に 協 力 する 際 に 要 する 費 用 は 乙 の 負 担 とする ( 乙 による 本 件 対 象 施 設 の 竣 工 検 査 ) 第 58 条 乙 は 本 件 工 事 対 象 施 設 が 竣 工 した 後 速 やかに 自 己 の 責 任 及 び 費 用 負 担 において 各 本 件 工 事 対 象 施 設 ごとに 竣 工 検 査 を 行 うものとする 2 甲 は 前 項 に 規 定 する 竣 工 検 査 への 立 会 いを 求 めることができる 3 乙 は 竣 工 検 査 に 対 する 甲 の 立 会 いの 実 施 の 有 無 を 問 わず 甲 に 対 して 各 本 件 工 事 対 象 施 設 ごとに 竣 工 検 査 の 結 果 に 検 査 済 証 その 他 の 検 査 結 果 に 関 する 書 面 の 写 しを 添 えたもの( 以 下 建 設 業 務 完 了 報 告 書 という )を 提 出 しなければならない ( 甲 による 本 件 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 ) 第 59 条 甲 は 前 条 第 3 項 に 規 定 する 建 設 業 務 完 了 報 告 書 を 受 領 してから 14 日 以 内 に 各 本 件 工 事 対 象 施 設 ごとに 竣 工 確 認 を 行 う 乙 は 甲 の 竣 工 確 認 に 際 して 現 場 説 明 施 工 記 録 等 の 資 料 提 供 等 により 甲 に 協 力 しなければならない この 場 合 において 必 要 があると 認 められるとき は 甲 は その 理 由 を 乙 に 通 知 して 本 件 工 事 対 象 施 設 を 最 小 限 度 破 壊 して 確 認 することができ る 2 前 項 の 場 合 において 確 認 又 は 復 旧 に 直 接 要 する 費 用 は 乙 の 負 担 とする 3 甲 は 第 1 項 に 定 める 竣 工 確 認 により 本 件 工 事 対 象 施 設 が 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 どおりに 建 設 されていると 認 めるときは 本 件 工 事 完 了 の 承 諾 を 行 わなければならない 4 甲 は 本 件 工 事 対 象 施 設 が 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 事 業 者 提 案 基 本 設 計 説 明 書 及 び 設 計 図 書 どおりに 建 設 されていないと 認 めるときは 不 備 不 具 合 等 の 具 体 的 内 容 を 明 ら かにし 期 間 を 定 めて 乙 に 対 しその 修 補 を 求 めることができる 5 乙 は 前 項 の 規 定 により 甲 から 修 補 を 求 められた 場 合 には 速 やかに 修 補 を 行 い その 完 了 後 あらためて 甲 の 確 認 及 び 承 諾 を 得 なければならない この 場 合 には 本 条 第 1 項 に 掲 げる 期 限 の 定 めは 適 用 せず 甲 及 び 乙 は 速 やかに 手 続 を 行 わなければならない 6 前 項 に 規 定 する 修 補 の 結 果 本 件 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しが 各 本 件 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 よ りも 遅 延 した 場 合 は 第 68 条 第 4 項 の 規 定 を 適 用 する ( 甲 による 本 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 ) 第 60 条 甲 は 前 条 第 3 項 に 規 定 する 本 件 工 事 の 完 了 の 承 諾 を 行 った 後 各 本 件 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 までに 乙 に 対 し 竣 工 確 認 通 知 を 行 うものとする 2 甲 は 前 項 に 規 定 する 竣 工 確 認 通 知 を 行 ったことを 理 由 として 建 設 業 務 及 び 施 設 維 持 管 理 等 業 務 等 の 全 部 又 は 一 部 について 何 らの 責 任 を 負 担 するものではなく また 乙 は その 提 供 す る 施 設 維 持 管 理 等 業 務 等 が 要 求 水 準 を 満 たさなかった 場 合 において 甲 が 前 項 に 規 定 する 竣 工 確 認 通 知 を 行 ったことをもってその 責 任 を 免 れることはできない 25

28 ( 工 期 の 変 更 ) 第 61 条 甲 が 乙 に 対 し 工 期 の 変 更 を 請 求 した 場 合 甲 と 乙 は 協 議 により 当 該 変 更 の 当 否 を 定 めるも のとする 2 不 可 抗 力 若 しくは 法 令 変 更 等 又 は 乙 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 により 工 期 を 遵 守 できな いことを 理 由 として 乙 が 工 期 の 変 更 を 請 求 したときは 甲 と 乙 は 協 議 により 当 該 変 更 の 当 否 を 定 めるものとする 3 前 2 項 において 甲 と 乙 の 間 において 合 理 的 な 期 間 内 に 協 議 が 整 わない 場 合 甲 が 合 理 的 な 工 期 を 定 めるものとし 乙 はこれに 従 わなければならない ( 工 事 の 中 止 ) 第 62 条 甲 は 必 要 があると 認 める 場 合 その 理 由 を 乙 に 通 知 した 上 で 本 件 工 事 の 全 部 又 は 一 部 を 一 時 中 止 させることができる 2 甲 は 前 項 の 規 定 により 本 件 工 事 を 一 時 中 止 させた 場 合 であって 必 要 があると 認 めるときは 工 期 を 変 更 することができる ( 工 期 の 変 更 に 伴 う 費 用 負 担 等 ) 第 63 条 前 2 条 に 基 づき 工 期 が 変 更 された 場 合 で 乙 に 損 害 が 生 じる 場 合 かかる 損 害 の 負 担 につ いては 次 のとおりとする (1) 甲 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 場 合 は 合 理 的 な 増 加 費 用 を 甲 が 負 担 する (2) 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 による 場 合 は すべて 乙 が 負 担 する (3) 法 令 変 更 等 又 は 不 可 抗 力 による 場 合 は 別 紙 15 又 は 別 紙 16 の 負 担 割 合 に 従 い 合 理 的 な 増 加 費 用 を 甲 及 び 乙 が 負 担 する ( 第 三 者 に 発 生 した 損 害 等 ) 第 64 条 本 件 工 事 について 第 三 者 に 損 害 ( 本 件 工 事 に 伴 い 通 常 避 けることのできない 騒 音 振 動 等 の 理 由 により 第 三 者 に 損 害 を 発 生 させた 場 合 を 含 み 第 49 条 の 規 定 により 付 された 保 険 により 填 補 された 部 分 を 除 く )を 発 生 させた 場 合 には 乙 がその 損 害 を 賠 償 しなければならない ただ し その 損 害 のうち 乙 が 行 うべき 又 は 行 った 業 務 以 外 の 事 由 に 起 因 して 生 じたものについては 甲 が 負 担 する 2 第 34 条 又 は 第 35 条 の 設 計 変 更 に 起 因 して 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 甲 がその 損 害 を 賠 償 し なければならない 3 甲 は 第 1 項 本 文 に 規 定 する 損 害 を 第 三 者 に 対 して 賠 償 した 場 合 乙 に 対 して 賠 償 した 金 額 を 求 償 することができる 乙 は 甲 からの 請 求 を 受 けた 場 合 には 速 やかに 支 払 わなければな らない 4 第 1 項 及 び 第 2 項 の 場 合 その 他 本 件 工 事 の 施 工 について 第 三 者 との 間 に 紛 争 を 生 じた 場 合 にお いては 甲 乙 協 力 してその 処 理 解 決 に 当 たるものとする 26

29 ( 不 可 抗 力 による 損 害 ) 第 65 条 乙 が 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しを 行 う 前 に 不 可 抗 力 によ り 本 件 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 ( 建 設 中 の 出 来 形 を 含 む )に 損 害 が 生 じた 場 合 乙 は 当 該 事 実 の 発 生 後 直 ちにその 状 況 を 甲 に 通 知 しなければならない 2 前 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 場 合 甲 は 直 ちに 調 査 を 行 い 損 害 の 状 況 を 確 認 し その 結 果 を 乙 に 通 知 する 3 第 1 項 に 規 定 する 損 害 ( 乙 が 善 良 なる 管 理 者 の 注 意 義 務 を 怠 ったことに 基 づくものを 除 く ) については 別 紙 16 の 負 担 割 合 に 従 い 合 理 的 な 増 加 費 用 を 甲 及 び 乙 が 負 担 する ( 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 手 続 ) 第 66 条 乙 は 甲 から 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 を 受 領 したときは 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 (ただし 甲 の 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 が 当 初 の 引 渡 予 定 日 より 遅 延 した 場 合 は 竣 工 確 認 後 速 やか)に 別 紙 7に 記 載 する 竣 工 図 書 とともに 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 の 所 有 権 を 甲 に 移 転 するものとする 乙 は 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 について 担 保 権 その 他 の 制 限 物 権 等 の 負 担 のない 完 全 な 所 有 権 を 甲 に 移 転 するものとする 2 乙 は 甲 が 本 件 工 事 対 象 施 設 の 表 示 登 記 及 び 所 有 権 の 保 存 登 記 を 行 う 場 合 には これに 協 力 す る ( 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 手 続 ) 第 67 条 乙 は 甲 から 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 を 受 領 したときは 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 (ただし 甲 の 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 竣 工 確 認 通 知 が 当 初 の 引 渡 予 定 日 より 遅 延 した 場 合 は 竣 工 確 認 後 速 やか)に 別 紙 7に 記 載 する 竣 工 図 書 とともに 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 占 有 権 を 甲 に 移 転 するものとする なお 本 件 工 事 期 間 中 に 当 該 建 物 に 附 合 した 動 産 の 所 有 権 に 関 しては 当 該 附 合 時 において 乙 から 甲 に 所 有 権 が 移 転 するものとする ( 引 渡 し 等 の 遅 延 ) 第 68 条 乙 は 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しの 遅 延 が 見 込 まれる 場 合 には 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 の 30 日 前 までに 当 該 遅 延 の 原 因 及 びその 対 応 計 画 を 甲 に 通 知 しなければならない ただし 第 59 条 第 5 項 による 修 補 を 行 うため 遅 延 が 見 込 まれる 場 合 は この 限 りではない 2 乙 は 前 項 に 規 定 する 対 応 計 画 において 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 可 及 的 速 やかな 引 渡 しに 向 けての 対 策 及 び 想 定 される 維 持 管 理 等 期 間 の 開 始 までの 予 定 を 明 ら かにしなければならない 3 甲 の 責 めに 帰 すべき 事 由 又 は 甲 が 本 事 業 の 入 札 手 続 において 提 供 した 本 件 土 地 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 に 関 する 資 料 において 明 示 されていない 本 件 土 地 本 件 解 体 工 事 対 象 施 設 の 瑕 疵 に 起 因 して 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しが 遅 延 する 場 合 甲 は 当 該 遅 延 への 対 応 に 要 する 合 理 的 な 増 加 費 用 を 負 担 しなければならない 4 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 によって 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 し が 遅 延 する 場 合 乙 は 当 該 遅 延 への 対 応 に 要 する 費 用 を 負 担 するほか 本 件 新 設 工 事 対 象 施 27

30 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 予 定 日 から 実 際 に 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しを 受 けた 日 までの 日 数 に 応 じ 施 設 整 備 業 務 費 相 当 額 のうち 当 該 遅 延 に 係 る 各 本 件 工 事 対 象 施 設 相 当 額 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む )に 国 の 債 権 に 関 する 遅 延 利 息 の 率 ( 昭 和 32 年 大 蔵 省 告 示 第 8 号 )に 定 める 履 行 期 日 時 点 における 率 で 計 算 した 金 額 を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない この 場 合 において 甲 は 当 該 違 約 金 を 超 える 損 害 があるときは その 超 過 額 を 乙 に 請 求 することができる 5 法 令 変 更 等 又 は 不 可 抗 力 によって 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 若 しくは 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しが 遅 延 する 場 合 は 第 12 章 又 は 第 13 章 の 規 定 による ( 瑕 疵 担 保 ) 第 69 条 甲 は 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 に 瑕 疵 があるときは 乙 に 対 して 相 当 の 期 間 を 定 めて 当 該 瑕 疵 の 修 補 を 請 求 し 又 は 修 補 に 代 え 若 しくは 修 補 とともに 損 害 の 賠 償 を 請 求 することができる ただし 瑕 疵 が 重 要 でなく かつ その 修 補 に 過 分 の 費 用 を 要 すると きは 甲 は 修 補 を 請 求 することができない 2 前 項 の 規 定 による 瑕 疵 の 修 補 又 は 損 害 賠 償 の 請 求 は 第 66 条 及 び 第 67 条 の 規 定 による 引 渡 し を 受 けた 日 から2 年 以 内 に これを 行 わなければならない ただし その 瑕 疵 が 乙 の 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 を 行 うことのできる 期 間 は 10 年 とする 3 甲 は 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しの 際 に 瑕 疵 があることを 知 っ たときは 第 1 項 の 規 定 にかかわらず その 旨 を 直 ちに 乙 に 通 知 しなければ 当 該 瑕 疵 の 修 補 又 は 損 害 賠 償 の 請 求 をすることはできない ただし 乙 が 当 該 瑕 疵 があることを 知 っていたと きは この 限 りではない 4 甲 は 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 が 第 1 項 の 瑕 疵 により 滅 失 又 は 毀 損 し たときは 第 2 項 に 定 める 期 間 内 で かつ その 滅 失 又 は 毀 損 の 日 から6 月 以 内 に 第 1 項 の 権 利 を 行 使 しなければならない 5 乙 は 本 条 の 乙 の 債 務 を 保 証 する 保 証 書 を 建 設 協 力 企 業 から 徴 求 し 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 ごとに 第 66 条 による 各 本 件 新 設 工 事 対 象 施 設 又 は 第 67 条 による 各 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しのときまでに 甲 に 差 し 入 れる 保 証 書 の 様 式 は 別 紙 8に 定 める 様 式 による 第 5 章 施 設 維 持 管 理 等 業 務 第 1 節 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 前 準 備 及 び 施 設 維 持 管 理 等 業 務 実 施 体 制 の 整 備 ( 施 設 維 持 管 理 業 務 の 総 括 責 任 者 等 の 通 知 等 ) 第 70 条 乙 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 までに 要 求 水 準 書 に 従 い 施 設 維 持 管 理 業 務 に 係 る 総 括 責 任 者 並 びに 各 施 設 維 持 管 理 業 務 に 係 る 業 務 責 任 者 及 び 業 務 従 事 者 をそれぞれ 配 置 し 配 置 後 速 やかに 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 2 乙 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 から 施 設 維 持 管 理 等 業 務 等 終 了 日 まで 施 設 維 持 管 理 業 28

31 務 に 係 る 総 括 責 任 者 並 びに 各 施 設 維 持 管 理 業 務 に 係 る 業 務 責 任 者 及 び 業 務 従 事 者 をそれぞれ 配 置 しなければならない 3 乙 は 第 1 項 に 基 づき 通 知 した 総 括 責 任 者 業 務 責 任 者 及 び 業 務 従 事 者 を 変 更 できるものとす る かかる 場 合 当 該 変 更 後 速 やかに 当 該 変 更 に 係 る 総 括 責 任 者 業 務 責 任 者 又 は 業 務 従 事 者 の 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 甲 に 通 知 しなければならない 4 甲 は 第 1 項 の 規 定 により 通 知 がなされた 総 括 責 任 者 業 務 責 任 者 及 び 業 務 従 事 者 の 変 更 を 希 望 するときは その 理 由 を 明 らかにして 乙 に 申 し 出 ることができる この 場 合 甲 と 乙 は 総 括 責 任 者 業 務 責 任 者 又 は 業 務 従 事 者 の 変 更 に 関 し 協 議 を 行 う ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 準 備 ) 第 71 条 乙 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 から 確 実 に 施 設 維 持 管 理 等 業 務 を 開 始 できるよ う 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 までに 自 己 の 責 任 及 び 費 用 において 必 要 な 施 設 維 持 管 理 等 業 務 を 開 始 するための 準 備 を 行 わなければならない ( 習 熟 訓 練 ) 第 72 条 甲 及 び 乙 は 自 己 の 職 員 に 対 し それぞれ 本 件 病 院 施 設 の 運 営 又 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 を 開 始 するにあたって 必 要 な 習 熟 訓 練 を 行 う 2 甲 及 び 乙 は 前 項 に 基 づき 相 手 方 が 行 う 習 熟 訓 練 にそれぞれ 合 理 的 な 範 囲 で 協 力 しなければな らない ( 運 営 前 リハーサル) 第 73 条 甲 及 び 乙 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 からI 期 工 事 対 象 施 設 の 開 院 日 の 前 日 までの 間 及 びⅡ 期 工 事 引 渡 日 からⅡ 期 工 事 対 象 施 設 の 開 院 日 の 前 日 までの 間 適 宜 リハーサルを 行 う 2 甲 及 び 乙 は 前 項 に 基 づき 相 手 方 が 行 うリハーサルに 合 理 的 な 範 囲 で 協 力 しなければならな い ( 事 業 計 画 書 の 提 出 ) 第 74 条 乙 は 甲 との 間 に 別 段 の 合 意 のある 場 合 を 除 き 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 の[6] 月 前 までに 本 契 約 要 求 水 準 書 入 札 説 明 書 等 及 び 事 業 者 提 案 に 従 い 本 件 病 院 施 設 の 設 計 及 び 建 設 の 結 果 を 踏 まえ 甲 が 合 理 的 に 満 足 する 様 式 及 び 内 容 の 事 業 計 画 書 を 策 定 し 甲 に 提 出 し なければならない 2 甲 は 事 業 計 画 書 に 関 して 意 見 を 述 べることができ 乙 はかかる 意 見 を 尊 重 し 必 要 に 応 じて 事 業 計 画 書 の 見 直 しを 行 わなければならない 3 乙 が 事 業 計 画 書 の 内 容 を 変 更 しようとする 場 合 は 遅 滞 なく 甲 と 協 議 し あらかじめ 甲 の 確 認 を 受 けなければならない ( 本 件 病 院 施 設 完 成 後 の 保 険 ) 第 75 条 乙 は 維 持 管 理 等 期 間 開 始 日 から 維 持 管 理 等 期 間 終 了 日 まで 自 己 の 責 任 及 び 費 用 にお いて 別 紙 6に 定 める 保 険 に 加 入 し 又 は 維 持 管 理 等 協 力 企 業 等 をして 加 入 させるものとする 29

32 2 乙 は 前 項 の 規 定 により 自 ら 保 険 契 約 を 締 結 し 又 は 維 持 管 理 等 協 力 企 業 等 をして 保 険 契 約 を 締 結 させたときは 保 険 契 約 締 結 後 速 やかにその 保 険 証 券 の 写 しを 甲 に 提 出 しなければならな い ( 本 件 病 院 施 設 の 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 の 遅 延 ) 第 76 条 乙 は 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 が 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 すること が 見 込 まれる 場 合 には 速 やかに 当 該 遅 延 の 原 因 及 びその 対 応 計 画 を 甲 に 通 知 しなければならな い 2 乙 は 前 項 に 規 定 する 対 応 計 画 において 施 設 維 持 管 理 等 業 務 の 可 及 的 速 やかな 開 始 に 向 けて の 対 策 及 び 想 定 される 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 までの 予 定 を 明 らかにしなければならない 3 甲 の 責 めに 帰 すべき 事 由 に 起 因 して 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 が 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 する 場 合 甲 は 当 該 遅 延 への 対 応 に 要 する 合 理 的 な 増 加 費 用 を 負 担 しなければ ならない 4 乙 の 責 めに 帰 すべき 事 由 に 起 因 して 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 が 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 する 場 合 乙 は 当 該 遅 延 への 対 応 に 要 する 費 用 を 負 担 するほか 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 から 実 際 の 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 までの 日 数 に 応 じ 金 [ 維 持 管 理 等 期 間 に 支 払 予 定 のサービス 対 価 の 年 額 ] 円 に 国 の 債 権 に 関 する 遅 延 利 息 の 率 ( 昭 和 32 年 大 蔵 省 告 示 第 8 号 )に 定 める 履 行 期 日 時 点 における 率 で 計 算 した 金 額 を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければ ならない この 場 合 において 甲 は 当 該 違 約 金 を 超 える 損 害 があるときは その 損 害 額 を 乙 に 請 求 することができる 5 法 令 変 更 等 又 は 不 可 抗 力 に 起 因 して 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 が 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 する 場 合 は 第 12 章 又 は 第 13 章 の 規 定 による 6 本 件 工 事 対 象 施 設 又 は 本 件 改 修 工 事 対 象 施 設 の 引 渡 しが 遅 延 したことにより 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 日 が 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 した 場 合 は 第 68 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 提 出 された 対 応 計 画 に 記 載 された 施 設 維 持 管 理 等 業 務 開 始 予 定 日 よりも 遅 延 した 場 合 に 本 条 を 適 用 する 第 2 節 施 設 維 持 管 理 等 業 務 の 実 施 ( 施 設 維 持 管 理 等 業 務 の 実 施 ) 第 77 条 乙 は 維 持 管 理 等 期 間 において 本 契 約 要 求 水 準 書 事 業 者 提 案 事 業 計 画 書 及 び 年 度 業 務 計 画 書 に 従 い 要 求 水 準 を 満 たすよう 自 らの 責 任 及 び 費 用 負 担 において 自 ら 又 は 維 持 管 理 協 力 企 業 等 をして 次 の 各 号 に 掲 げる 業 務 を 実 施 し 又 は 実 施 させる ただし 要 求 水 準 書 に おいて 甲 の 責 任 及 び 費 用 負 担 とされているものは この 限 りでない (1) 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 (2) 建 築 設 備 保 守 管 理 業 務 (3) 清 掃 業 務 ( 植 栽 管 理 業 務 を 含 む ) (4) 保 安 警 備 業 務 (5) 駐 車 場 等 保 守 管 理 業 務 30

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

第 1 部 請 負 工 事 必 携 の 構 成 第 1 編 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 2 編 ( 欠 番 ) 第 3 編 ( 欠 番 ) 第 4 編 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 暴 力 団 等 排 除 措 置 要 綱 等 第 5 編 請 負 工 事 監 督 技 術 基 準 第

第 1 部 請 負 工 事 必 携 の 構 成 第 1 編 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 2 編 ( 欠 番 ) 第 3 編 ( 欠 番 ) 第 4 編 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 暴 力 団 等 排 除 措 置 要 綱 等 第 5 編 請 負 工 事 監 督 技 術 基 準 第 第 1 部 請 負 工 事 等 必 携 平 成 28 年 4 月 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 第 1 部 請 負 工 事 必 携 の 構 成 第 1 編 建 設 工 事 請 負 契 約 書 第 2 編 ( 欠 番 ) 第 3 編 ( 欠 番 ) 第 4 編 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 暴 力 団 等 排 除 措 置 要 綱 等 第 5 編 請 負 工 事 監 督 技 術 基 準 第

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information