適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14"

Transcription

1 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説 ( 論 点 についての 整 理 ) 第 1 章 総 則 用 語 の 整 理 ( 我 が 国 の 安 全 保 障 / 行 政 機 関 ( 施 設 等 機 関, 特 別 の 機 関 ) 第 2 章 特 定 秘 密 の 指 定 特 定 秘 密 の 指 定 要 件 は 何 か( 第 3 条 1 項 ) 特 定 秘 密 の 指 定 権 限 者 は 誰 か( 第 3 条 1 項 ) 指 定 の 有 効 期 限 はどれくらいか 延 長 要 件 は 何 か( 第 4 条 1 項 ないし 4 項 ) 特 定 秘 密 の 保 護 のために 取 られる 措 置 は 何 か( 第 5 条 ) 用 語 の 整 理 ( 行 政 機 関 の 長 / 特 定 秘 密 / 適 合 事 業 者 ) 第 3 章 特 定 秘 密 の 提 供 特 定 秘 密 を 外 部 ( 他 の 省 庁 や 適 合 事 業 者, 外 国 の 政 府 又 は)へ 提 供 する 要 件 は 何 か( 第 6 条 ないし 第 9 条 ) その 他 特 定 秘 密 が 外 部 に 提 供 される 場 合 とはどういう 場 合 か( 第 10 条 ) 第 4 章 特 定 秘 密 の 取 り 扱 い 制 限 適 正 評 価 を 受 けずに 特 定 秘 密 を 取 り 扱 うことの 出 来 る 者 は 誰 か( 第 11 条 ) 第 5 章 適 正 評 価 用 語 の 整 理 ( 適 正 評 価 / 特 定 有 害 活 動 /テロリズム/ 個 人 情 報 ) 適 正 評 価 は 誰 に 対 して 実 施 するものか( 第 12 条 1 項 ) 適 正 評 価 は 誰 が 実 施 するものか( 第 12 条 1 項,17 条 ) 1

2 適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 条 ) 第 6 章 雑 則 特 定 秘 密 の 指 定 及 び 解 除 並 びに 適 正 評 価 の 実 施 に 関 し 統 一 的 な 運 用 を 定 めるというが,どのよう に 定 めるのか( 第 18 条 ) * 情 報 保 全 諮 問 会 議 ( 渡 辺 恒 雄 座 長 ) 国 会 へは 何 を 報 告 するのか( 第 19 条 ) 国 民 の 知 る 権 利 の 保 障 に 資 する 報 道 又 は 取 材 の 自 由 への 配 慮 ( 第 22 条 1 項 ) *そもそも 報 道 又 は 取 材 の 自 由 とは 何 か 出 版 又 は 報 道 の 業 務 に 従 事 する 者 の 取 材 行 為 における 正 当 な 業 務 行 為 性 について( 第 22 条 2 項 ) * 正 当 な 業 務 による 行 為 とは 何 か( 刑 法 35 条 ) 特 定 秘 密 漏 えい 罪 が 成 立 する 要 件 は 何 か 法 定 刑 はどれくらいか( 第 23 条 1 項 2 項 ) 未 遂 犯 を 罰 する( 第 23 条 3 項 自 首 の 適 用 ( 第 26 条 )) 過 失 犯 も 罰 する( 第 23 条 4 項 5 項 ) 共 謀, 教 唆, 煽 動 した 者 も 罰 する( 第 25 条 1 項 2 項 ) 自 首 の 適 用 ( 第 26 条 ) 特 定 秘 密 の 不 正 な 取 得 についての 罪 が 成 立 する 要 件 は 何 か( 第 24 条 1 項 ) 未 遂 犯 を 罰 する( 第 24 条 2 項 )が, 過 失 犯 は 罰 しない 保 護 主 義 ( 第 27 条 ) 附 則 自 衛 隊 法 の 発 展 的 解 消 ( 第 4 条 ないし 第 6 条 ) 指 定 及 び 解 除 の 適 正 な 確 保 ( 第 9 条 ) *( 仮 称 ) 情 報 保 全 観 察 室 国 会 における 特 定 秘 密 保 護 の 扱 いについて( 第 10 条 ) 4. 情 報 関 連 法 の 概 説 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 五 月 十 四 日 法 律 第 四 十 二 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 五 年 五 月 三 十 日 法 律 第 五 十 七 号 ) 2

3 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 108 号 ) 全 文 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 特 定 秘 密 の 指 定 等 ( 第 三 条 第 五 条 ) 第 三 章 特 定 秘 密 の 提 供 ( 第 六 条 第 十 条 ) 第 四 章 特 定 秘 密 の 取 扱 者 の 制 限 ( 第 十 一 条 ) 第 五 章 適 正 評 価 ( 第 十 二 条 第 十 七 条 ) 第 六 章 雑 則 ( 第 十 八 条 第 二 十 二 条 ) 第 七 章 罰 則 ( 第 二 十 三 条 第 二 十 七 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 情 勢 の 複 雑 化 に 伴 い 我 が 国 及 び 国 民 の 安 全 の 確 保 に 係 る 情 報 の 重 要 性 が 増 大 するとともに 高 度 情 報 通 信 ネットワーク 社 会 の 発 展 に 伴 いその 漏 えいの 危 険 性 が 懸 念 される 中 で 我 が 国 の 安 全 保 障 ( 国 の 存 立 に 関 わる 外 部 からの 侵 略 等 に 対 して 国 家 及 び 国 民 の 安 全 を 保 障 することをいう 以 下 同 じ )に 関 する 情 報 のうち 特 に 秘 匿 するこ とが 必 要 であるものについて これを 適 確 に 保 護 する 体 制 を 確 立 した 上 で 収 集 し 整 理 し 及 び 活 用 することが 重 要 であ ることに 鑑 み 当 該 情 報 の 保 護 に 関 し 特 定 秘 密 の 指 定 及 び 取 扱 者 の 制 限 その 他 の 必 要 な 事 項 を 定 めることにより その 漏 えいの 防 止 を 図 り もって 我 が 国 及 び 国 民 の 安 全 の 確 保 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 行 政 機 関 とは 次 に 掲 げる 機 関 をいう 一 法 律 の 規 定 に 基 づき 内 閣 に 置 かれる 機 関 ( 内 閣 府 を 除 く ) 及 び 内 閣 の 所 轄 の 下 に 置 かれる 機 関 二 内 閣 府 宮 内 庁 並 びに 内 閣 府 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 八 十 九 号 ) 第 四 十 九 条 第 一 項 及 び 第 二 項 に 規 定 する 機 関 (こ れらの 機 関 のうち 国 家 公 安 委 員 会 にあっては 警 察 庁 を 第 四 号 の 政 令 で 定 める 機 関 が 置 かれる 機 関 にあっては 当 該 政 令 で 定 める 機 関 を 除 く ) 三 国 家 行 政 組 織 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 二 十 号 ) 第 三 条 第 二 項 に 規 定 する 機 関 ( 第 五 号 の 政 令 で 定 める 機 関 が 置 かれ る 機 関 にあっては 当 該 政 令 で 定 める 機 関 を 除 く ) 四 内 閣 府 設 置 法 第 三 十 九 条 及 び 第 五 十 五 条 並 びに 宮 内 庁 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 七 十 号 ) 第 十 六 条 第 二 項 の 機 関 並 びに 内 閣 府 設 置 法 第 四 十 条 及 び 第 五 十 六 条 ( 宮 内 庁 法 第 十 八 条 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 特 別 の 機 関 で 警 察 庁 その 他 政 令 で 定 めるもの 五 国 家 行 政 組 織 法 第 八 条 の 二 の 施 設 等 機 関 及 び 同 法 第 八 条 の 三 の 特 別 の 機 関 で 政 令 で 定 めるもの 六 会 計 検 査 院 第 二 章 特 定 秘 密 の 指 定 等 ( 特 定 秘 密 の 指 定 ) 第 三 条 行 政 機 関 の 長 ( 当 該 行 政 機 関 が 合 議 制 の 機 関 である 場 合 にあっては 当 該 行 政 機 関 をいい 前 条 第 四 号 及 び 第 五 号 の 政 令 で 定 める 機 関 ( 合 議 制 の 機 関 を 除 く )にあってはその 機 関 ごとに 政 令 で 定 める 者 をいう 第 十 一 条 第 一 号 を 除 き 以 下 同 じ )は 当 該 行 政 機 関 の 所 掌 事 務 に 係 る 別 表 に 掲 げる 事 項 に 関 する 情 報 であって 公 になっていないもののうち その 漏 えいが 我 が 国 の 安 全 保 障 に 著 しい 支 障 を 与 えるおそれがあるため 特 に 秘 匿 することが 必 要 であるもの( 日 米 相 互 防 衛 援 助 協 定 等 に 伴 う 秘 密 保 護 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 六 号 ) 第 一 条 第 三 項 に 規 定 する 特 別 防 衛 秘 密 に 該 当 するも 3

4 のを 除 く )を 特 定 秘 密 として 指 定 するものとする ただし 内 閣 総 理 大 臣 が 第 十 八 条 第 二 項 に 規 定 する 者 の 意 見 を 聴 い て 政 令 で 定 める 行 政 機 関 の 長 については この 限 りでない 2 行 政 機 関 の 長 は 前 項 の 規 定 による 指 定 ( 附 則 第 五 条 を 除 き 以 下 単 に 指 定 という )をしたときは 政 令 で 定 めるところにより 指 定 に 関 する 記 録 を 作 成 するとともに 当 該 指 定 に 係 る 特 定 秘 密 の 範 囲 を 明 らかにするため 特 定 秘 密 である 情 報 について 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 措 置 を 講 ずるものとする 一 政 令 で 定 めるところにより 特 定 秘 密 である 情 報 を 記 録 する 文 書 図 画 電 磁 的 記 録 ( 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 作 られる 記 録 をいう 以 下 この 号 において 同 じ ) 若 しくは 物 件 又 は 当 該 情 報 を 化 体 する 物 件 に 特 定 秘 密 の 表 示 ( 電 磁 的 記 録 にあっては 当 該 表 示 の 記 録 を 含 む )をすること 二 特 定 秘 密 である 情 報 の 性 質 上 前 号 に 掲 げる 措 置 によることが 困 難 である 場 合 において 政 令 で 定 めるところにより 当 該 情 報 が 前 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 旨 を 当 該 情 報 を 取 り 扱 う 者 に 通 知 すること 3 行 政 機 関 の 長 は 特 定 秘 密 である 情 報 について 前 項 第 二 号 に 掲 げる 措 置 を 講 じた 場 合 において 当 該 情 報 について 同 項 第 一 号 に 掲 げる 措 置 を 講 ずることができることとなったときは 直 ちに 当 該 措 置 を 講 ずるものとする ( 指 定 の 有 効 期 間 及 び 解 除 ) 第 四 条 行 政 機 関 の 長 は 指 定 をするときは 当 該 指 定 の 日 から 起 算 して 五 年 を 超 えない 範 囲 内 においてその 有 効 期 間 を 定 めるものとする 2 行 政 機 関 の 長 は 指 定 の 有 効 期 間 (この 項 の 規 定 により 延 長 した 有 効 期 間 を 含 む )が 満 了 する 時 において 当 該 指 定 をした 情 報 が 前 条 第 一 項 に 規 定 する 要 件 を 満 たすときは 政 令 で 定 めるところにより 五 年 を 超 えない 範 囲 内 において その 有 効 期 間 を 延 長 するものとする 3 指 定 の 有 効 期 間 は 通 じて 三 十 年 を 超 えることができない 4 前 項 の 規 定 にかかわらず 政 府 の 有 するその 諸 活 動 を 国 民 に 説 明 する 責 務 を 全 うする 観 点 に 立 っても なお 指 定 に 係 る 情 報 を 公 にしないことが 現 に 我 が 国 及 び 国 民 の 安 全 を 確 保 するためにやむを 得 ないものであることについて その 理 由 を 示 して 内 閣 の 承 認 を 得 た 場 合 ( 行 政 機 関 が 会 計 検 査 院 であるときを 除 く )は 行 政 機 関 の 長 は 当 該 指 定 の 有 効 期 間 を 通 じて 三 十 年 を 超 えて 延 長 することができる ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 に 関 する 情 報 を 除 き 指 定 の 有 効 期 間 は 通 じて 六 十 年 を 超 えることができない 一 武 器 弾 薬 航 空 機 その 他 の 防 衛 の 用 に 供 する 物 ( 船 舶 を 含 む 別 表 第 一 号 において 同 じ ) 二 現 に 行 われている 外 国 ( 本 邦 の 域 外 にある 国 又 は 地 域 をいう 以 下 同 じ )の 政 府 又 は 国 際 機 関 との 交 渉 に 不 利 益 を 及 ぼすおそれのある 情 報 三 情 報 収 集 活 動 の 手 法 又 は 能 力 四 人 的 情 報 源 に 関 する 情 報 五 暗 号 六 外 国 の 政 府 又 は 国 際 機 関 から 六 十 年 を 超 えて 指 定 を 行 うことを 条 件 に 提 供 された 情 報 七 前 各 号 に 掲 げる 事 項 に 関 する 情 報 に 準 ずるもので 政 令 で 定 める 重 要 な 情 報 5 行 政 機 関 の 長 は 前 項 の 内 閣 の 承 認 を 得 ようとする 場 合 においては 当 該 指 定 に 係 る 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 し 必 要 なも のとして 政 令 で 定 める 措 置 を 講 じた 上 で 内 閣 に 当 該 特 定 秘 密 を 提 示 することができる 6 行 政 機 関 の 長 は 第 四 項 の 内 閣 の 承 認 が 得 られなかったときは 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 十 一 年 法 律 第 六 十 六 号 ) 第 八 条 第 一 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 指 定 に 係 る 情 報 が 記 録 された 行 政 文 書 ファイル 等 ( 同 法 第 五 条 第 五 項 に 規 定 する 行 政 文 書 ファイル 等 をいう )の 保 存 期 間 の 満 了 とともに これを 国 立 公 文 書 館 等 ( 同 法 第 二 条 第 三 項 に 規 定 する 国 立 公 文 書 館 等 をいう )に 移 管 しなければならない 4

5 7 行 政 機 関 の 長 は 指 定 をした 情 報 が 前 条 第 一 項 に 規 定 する 要 件 を 欠 くに 至 ったときは 有 効 期 間 内 であっても 政 令 で 定 めるところにより 速 やかにその 指 定 を 解 除 するものとする ( 特 定 秘 密 の 保 護 措 置 ) 第 五 条 行 政 機 関 の 長 は 指 定 をしたときは 第 三 条 第 二 項 に 規 定 する 措 置 のほか 第 十 一 条 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 うことができることとされる 者 のうちから 当 該 行 政 機 関 において 当 該 指 定 に 係 る 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせる 職 員 の 範 囲 を 定 めることその 他 の 当 該 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 し 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 措 置 を 講 ずるも のとする 2 警 察 庁 長 官 は 指 定 をした 場 合 において 当 該 指 定 に 係 る 特 定 秘 密 ( 第 七 条 第 一 項 の 規 定 により 提 供 するものを 除 く ) で 都 道 府 県 警 察 が 保 有 するものがあるときは 当 該 都 道 府 県 警 察 に 対 し 当 該 指 定 をした 旨 を 通 知 するものとする 3 前 項 の 場 合 において 警 察 庁 長 官 は 都 道 府 県 警 察 が 保 有 する 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせる 職 員 の 範 囲 その 他 の 当 該 都 道 府 県 警 察 による 当 該 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 し 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 事 項 について 当 該 都 道 府 県 警 察 に 指 示 するものとする この 場 合 において 当 該 都 道 府 県 警 察 の 警 視 総 監 又 は 道 府 県 警 察 本 部 長 ( 以 下 警 察 本 部 長 とい う )は 当 該 指 示 に 従 い 当 該 特 定 秘 密 の 適 切 な 保 護 のために 必 要 な 措 置 を 講 じ 及 びその 職 員 に 当 該 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせるものとする 4 行 政 機 関 の 長 は 指 定 をした 場 合 において その 所 掌 事 務 のうち 別 表 に 掲 げる 事 項 に 係 るものを 遂 行 するために 特 段 の 必 要 があると 認 めたときは 物 件 の 製 造 又 は 役 務 の 提 供 を 業 とする 者 で 特 定 秘 密 の 保 護 のために 必 要 な 施 設 設 備 を 設 置 していることその 他 政 令 で 定 める 基 準 に 適 合 するもの( 以 下 適 合 事 業 者 という )との 契 約 に 基 づき 当 該 適 合 事 業 者 に 対 し 当 該 指 定 をした 旨 を 通 知 した 上 で 当 該 指 定 に 係 る 特 定 秘 密 ( 第 八 条 第 一 項 の 規 定 により 提 供 するものを 除 く )を 保 有 させることができる 5 前 項 の 契 約 には 第 十 一 条 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 うことができることとされる 者 のうちから 同 項 の 規 定 により 特 定 秘 密 を 保 有 する 適 合 事 業 者 が 指 名 して 当 該 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせる 代 表 者 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 ( 以 下 単 に 従 業 者 という )の 範 囲 その 他 の 当 該 適 合 事 業 者 による 当 該 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 し 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 事 項 について 定 めるものとする 6 第 四 項 の 規 定 により 特 定 秘 密 を 保 有 する 適 合 事 業 者 は 同 項 の 契 約 に 従 い 当 該 特 定 秘 密 の 適 切 な 保 護 のために 必 要 な 措 置 を 講 じ 及 びその 従 業 者 に 当 該 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせるものとする 第 三 章 特 定 秘 密 の 提 供 ( 我 が 国 の 安 全 保 障 上 の 必 要 による 特 定 秘 密 の 提 供 ) 第 六 条 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 の 長 は 他 の 行 政 機 関 が 我 が 国 の 安 全 保 障 に 関 する 事 務 のうち 別 表 に 掲 げる 事 項 に 係 るものを 遂 行 するために 当 該 特 定 秘 密 を 利 用 する 必 要 があると 認 めたときは 当 該 他 の 行 政 機 関 に 当 該 特 定 秘 密 を 提 供 することができる ただし 当 該 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 以 外 の 行 政 機 関 の 長 が 当 該 特 定 秘 密 について 指 定 をしてい るとき( 当 該 特 定 秘 密 が この 項 の 規 定 により 当 該 保 有 する 行 政 機 関 の 長 から 提 供 されたものである 場 合 を 除 く )は 当 該 指 定 をしている 行 政 機 関 の 長 の 同 意 を 得 なければならない 2 前 項 の 規 定 により 他 の 行 政 機 関 に 特 定 秘 密 を 提 供 する 行 政 機 関 の 長 は 当 該 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせる 職 員 の 範 囲 その 他 の 当 該 他 の 行 政 機 関 による 当 該 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 し 必 要 なものとして 政 令 で 定 める 事 項 について あらか じめ 当 該 他 の 行 政 機 関 の 長 と 協 議 するものとする 3 第 一 項 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 他 の 行 政 機 関 の 長 は 前 項 の 規 定 による 協 議 に 従 い 当 該 特 定 秘 密 の 適 切 な 保 護 のために 必 要 な 措 置 を 講 じ 及 びその 職 員 に 当 該 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 わせるものとする 第 七 条 警 察 庁 長 官 は 警 察 庁 が 保 有 する 特 定 秘 密 について その 所 掌 事 務 のうち 別 表 に 掲 げる 事 項 に 係 るものを 遂 行 す 5

6 るために 都 道 府 県 警 察 にこれを 利 用 させる 必 要 があると 認 めたときは 当 該 都 道 府 県 警 察 に 当 該 特 定 秘 密 を 提 供 すること ができる 2 前 項 の 規 定 により 都 道 府 県 警 察 に 特 定 秘 密 を 提 供 する 場 合 については 第 五 条 第 三 項 の 規 定 を 準 用 する 3 警 察 庁 長 官 は 警 察 本 部 長 に 対 し 当 該 都 道 府 県 警 察 が 保 有 する 特 定 秘 密 で 第 五 条 第 二 項 の 規 定 による 通 知 に 係 るも のの 提 供 を 求 めることができる 第 八 条 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 の 長 は その 所 掌 事 務 のうち 別 表 に 掲 げる 事 項 に 係 るものを 遂 行 するために 適 合 事 業 者 に 当 該 特 定 秘 密 を 利 用 させる 特 段 の 必 要 があると 認 めたときは 当 該 適 合 事 業 者 との 契 約 に 基 づき 当 該 適 合 事 業 者 に 当 該 特 定 秘 密 を 提 供 することができる ただし 当 該 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 以 外 の 行 政 機 関 の 長 が 当 該 特 定 秘 密 について 指 定 をしているとき( 当 該 特 定 秘 密 が 第 六 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 保 有 する 行 政 機 関 の 長 から 提 供 された ものである 場 合 を 除 く )は 当 該 指 定 をしている 行 政 機 関 の 長 の 同 意 を 得 なければならない 2 前 項 の 契 約 については 第 五 条 第 五 項 の 規 定 を 前 項 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 適 合 事 業 者 については 同 条 第 六 項 の 規 定 を それぞれ 準 用 する この 場 合 において 同 条 第 五 項 中 前 項 とあるのは 第 八 条 第 一 項 と を 保 有 する とあるのは の 提 供 を 受 ける と 読 み 替 えるものとする 3 第 五 条 第 四 項 の 規 定 により 適 合 事 業 者 に 特 定 秘 密 を 保 有 させている 行 政 機 関 の 長 は 同 項 の 契 約 に 基 づき 当 該 適 合 事 業 者 に 対 し 当 該 特 定 秘 密 の 提 供 を 求 めることができる 第 九 条 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 の 長 は その 所 掌 事 務 のうち 別 表 に 掲 げる 事 項 に 係 るものを 遂 行 するために 必 要 が あると 認 めたときは 外 国 の 政 府 又 は 国 際 機 関 であって この 法 律 の 規 定 により 行 政 機 関 が 当 該 特 定 秘 密 を 保 護 するため に 講 ずることとされる 措 置 に 相 当 する 措 置 を 講 じているものに 当 該 特 定 秘 密 を 提 供 することができる ただし 当 該 特 定 秘 密 を 保 有 する 行 政 機 関 以 外 の 行 政 機 関 の 長 が 当 該 特 定 秘 密 について 指 定 をしているとき( 当 該 特 定 秘 密 が 第 六 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 保 有 する 行 政 機 関 の 長 から 提 供 されたものである 場 合 を 除 く )は 当 該 指 定 をしている 行 政 機 関 の 長 の 同 意 を 得 なければならない (その 他 公 益 上 の 必 要 による 特 定 秘 密 の 提 供 ) 第 十 条 第 四 条 第 五 項 第 六 条 から 前 条 まで 及 び 第 十 八 条 第 四 項 後 段 に 規 定 するもののほか 行 政 機 関 の 長 は 次 に 掲 げ る 場 合 に 限 り 特 定 秘 密 を 提 供 するものとする 一 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 者 が 次 に 掲 げる 業 務 又 は 公 益 上 特 に 必 要 があると 認 められるこれらに 準 ずる 業 務 において 当 該 特 定 秘 密 を 利 用 する 場 合 ( 次 号 から 第 四 号 までに 掲 げる 場 合 を 除 く )であって 当 該 特 定 秘 密 を 利 用 し 又 は 知 る 者 の 範 囲 を 制 限 すること 当 該 業 務 以 外 に 当 該 特 定 秘 密 が 利 用 されないようにすることその 他 の 当 該 特 定 秘 密 を 利 用 し 又 は 知 る 者 がこれを 保 護 するために 必 要 なものとして イに 掲 げる 業 務 にあっては 附 則 第 十 条 の 規 定 に 基 づいて 国 会 におい て 定 める 措 置 イに 掲 げる 業 務 以 外 の 業 務 にあっては 政 令 で 定 める 措 置 を 講 じ かつ 我 が 国 の 安 全 保 障 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがないと 認 めたとき イ 各 議 院 又 は 各 議 院 の 委 員 会 若 しくは 参 議 院 の 調 査 会 が 国 会 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 七 十 九 号 ) 第 百 四 条 第 一 項 ( 同 法 第 五 十 四 条 の 四 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 議 院 における 証 人 の 宣 誓 及 び 証 言 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 二 十 五 号 ) 第 一 条 の 規 定 により 行 う 審 査 又 は 調 査 であって 国 会 法 第 五 十 二 条 第 二 項 ( 同 法 第 五 十 四 条 の 四 第 一 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 六 十 二 条 の 規 定 により 公 開 しないこととされたもの ロ 刑 事 事 件 の 捜 査 又 は 公 訴 の 維 持 であって 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 三 十 一 号 ) 第 三 百 十 六 条 の 二 十 七 第 一 項 ( 同 条 第 三 項 及 び 同 法 第 三 百 十 六 条 の 二 十 八 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 裁 判 所 に 提 示 する 場 合 のほか 当 該 捜 査 又 は 公 訴 の 維 持 に 必 要 な 業 務 に 従 事 する 者 以 外 の 者 に 当 該 特 定 秘 密 を 提 供 することがないと 認 められ るもの 6

7 二 民 事 訴 訟 法 ( 平 成 八 年 法 律 第 百 九 号 ) 第 二 百 二 十 三 条 第 六 項 の 規 定 により 裁 判 所 に 提 示 する 場 合 三 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 により 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 提 示 する 場 合 四 会 計 検 査 院 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 七 十 三 号 ) 第 十 九 条 の 四 において 読 み 替 えて 準 用 する 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 第 九 条 第 一 項 の 規 定 により 会 計 検 査 院 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 提 示 する 場 合 2 警 察 本 部 長 は 第 七 条 第 三 項 の 規 定 による 求 めに 応 じて 警 察 庁 に 提 供 する 場 合 のほか 前 項 第 一 号 に 掲 げる 場 合 ( 当 該 警 察 本 部 長 が 提 供 しようとする 特 定 秘 密 が 同 号 ロに 掲 げる 業 務 において 利 用 するものとして 提 供 を 受 けたものである 場 合 以 外 の 場 合 にあっては 同 号 に 規 定 する 我 が 国 の 安 全 保 障 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがないと 認 めることについて 警 察 庁 長 官 の 同 意 を 得 た 場 合 に 限 る ) 同 項 第 二 号 に 掲 げる 場 合 又 は 都 道 府 県 の 保 有 する 情 報 の 公 開 を 請 求 する 住 民 等 の 権 利 について 定 める 当 該 都 道 府 県 の 条 例 ( 当 該 条 例 の 規 定 による 諮 問 に 応 じて 審 議 を 行 う 都 道 府 県 の 機 関 の 設 置 につい て 定 める 都 道 府 県 の 条 例 を 含 む )の 規 定 で 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 相 当 するものに より 当 該 機 関 に 提 示 する 場 合 に 限 り 特 定 秘 密 を 提 供 することができる 3 適 合 事 業 者 は 第 八 条 第 三 項 の 規 定 による 求 めに 応 じて 行 政 機 関 に 提 供 する 場 合 のほか 第 一 項 第 一 号 に 掲 げる 場 合 ( 同 号 に 規 定 する 我 が 国 の 安 全 保 障 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがないと 認 めることについて 当 該 適 合 事 業 者 が 提 供 し ようとする 特 定 秘 密 について 指 定 をした 行 政 機 関 の 長 の 同 意 を 得 た 場 合 に 限 る ) 又 は 同 項 第 二 号 若 しくは 第 三 号 に 掲 げ る 場 合 に 限 り 特 定 秘 密 を 提 供 することができる 第 四 章 特 定 秘 密 の 取 扱 者 の 制 限 第 十 一 条 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 は 当 該 業 務 を 行 わせる 行 政 機 関 の 長 若 しくは 当 該 業 務 を 行 わせる 適 合 事 業 者 に 当 該 特 定 秘 密 を 保 有 させ 若 しくは 提 供 する 行 政 機 関 の 長 又 は 当 該 業 務 を 行 わせる 警 察 本 部 長 が 直 近 に 実 施 した 次 条 第 一 項 又 は 第 十 五 条 第 一 項 の 適 性 評 価 ( 第 十 三 条 第 一 項 ( 第 十 五 条 第 二 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 通 知 があ った 日 から 五 年 を 経 過 していないものに 限 る )において 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれが ないと 認 められた 者 ( 次 条 第 一 項 第 三 号 又 は 第 十 五 条 第 一 項 第 三 号 に 掲 げる 者 として 次 条 第 三 項 又 は 第 十 五 条 第 二 項 にお いて 読 み 替 えて 準 用 する 次 条 第 三 項 の 規 定 による 告 知 があった 者 を 除 く )でなければ 行 ってはならない ただし 次 に 掲 げる 者 については 次 条 第 一 項 又 は 第 十 五 条 第 一 項 の 適 性 評 価 を 受 けることを 要 しない 一 行 政 機 関 の 長 二 国 務 大 臣 ( 前 号 に 掲 げる 者 を 除 く ) 三 内 閣 官 房 副 長 官 四 内 閣 総 理 大 臣 補 佐 官 五 副 大 臣 六 大 臣 政 務 官 七 前 各 号 に 掲 げるもののほか 職 務 の 特 性 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 次 条 第 一 項 又 は 第 十 五 条 第 一 項 の 適 性 評 価 を 受 ける ことなく 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 うことができるものとして 政 令 で 定 める 者 第 五 章 適 性 評 価 ( 行 政 機 関 の 長 による 適 性 評 価 の 実 施 ) 第 十 二 条 行 政 機 関 の 長 は 政 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 者 について その 者 が 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれがないことについての 評 価 ( 以 下 適 性 評 価 という )を 実 施 するものとする 一 当 該 行 政 機 関 の 職 員 ( 当 該 行 政 機 関 が 警 察 庁 である 場 合 にあっては 警 察 本 部 長 を 含 む 次 号 において 同 じ ) 又 は 当 該 行 政 機 関 との 第 五 条 第 四 項 若 しくは 第 八 条 第 一 項 の 契 約 ( 次 号 において 単 に 契 約 という )に 基 づき 特 定 秘 密 を 7

8 保 有 し 若 しくは 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 適 合 事 業 者 の 従 業 者 として 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 新 たに 行 うことが 見 込 ま れることとなった 者 ( 当 該 行 政 機 関 の 長 がその 者 について 直 近 に 実 施 して 次 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 をした 日 から 五 年 を 経 過 していない 適 性 評 価 において 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれがないと 認 められた 者 であって 引 き 続 き 当 該 おそれがないと 認 められるものを 除 く ) 二 当 該 行 政 機 関 の 職 員 又 は 当 該 行 政 機 関 との 契 約 に 基 づき 特 定 秘 密 を 保 有 し 若 しくは 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 適 合 事 業 者 の 従 業 者 として 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 現 に 行 い かつ 当 該 行 政 機 関 の 長 がその 者 について 直 近 に 実 施 した 適 性 評 価 に 係 る 次 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 があった 日 から 五 年 を 経 過 した 日 以 後 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 引 き 続 き 行 う ことが 見 込 まれる 者 三 当 該 行 政 機 関 の 長 が 直 近 に 実 施 した 適 性 評 価 において 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれが ないと 認 められた 者 であって 引 き 続 き 当 該 おそれがないと 認 めることについて 疑 いを 生 じさせる 事 情 があるもの 2 適 性 評 価 は 適 性 評 価 の 対 象 となる 者 ( 以 下 評 価 対 象 者 という )について 次 に 掲 げる 事 項 についての 調 査 を 行 い その 結 果 に 基 づき 実 施 するものとする 一 特 定 有 害 活 動 ( 公 になっていない 情 報 のうちその 漏 えいが 我 が 国 の 安 全 保 障 に 支 障 を 与 えるおそれがあるものを 取 得 するための 活 動 核 兵 器 軍 用 の 化 学 製 剤 若 しくは 細 菌 製 剤 若 しくはこれらの 散 布 のための 装 置 若 しくはこれらを 運 搬 す ることができるロケット 若 しくは 無 人 航 空 機 又 はこれらの 開 発 製 造 使 用 若 しくは 貯 蔵 のために 用 いられるおそれが 特 に 大 きいと 認 められる 物 を 輸 出 し 又 は 輸 入 するための 活 動 その 他 の 活 動 であって 外 国 の 利 益 を 図 る 目 的 で 行 われ か つ 我 が 国 及 び 国 民 の 安 全 を 著 しく 害 し 又 は 害 するおそれのあるものをいう 別 表 第 三 号 において 同 じ ) 及 びテロリ ズム( 政 治 上 その 他 の 主 義 主 張 に 基 づき 国 家 若 しくは 他 人 にこれを 強 要 し 又 は 社 会 に 不 安 若 しくは 恐 怖 を 与 える 目 的 で 人 を 殺 傷 し 又 は 重 要 な 施 設 その 他 の 物 を 破 壊 するための 活 動 をいう 同 表 第 四 号 において 同 じ )との 関 係 に 関 する 事 項 ( 評 価 対 象 者 の 家 族 ( 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ ) 父 母 子 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びにこれらの 者 以 外 の 配 偶 者 の 父 母 及 び 子 をいう 以 下 この 号 において 同 じ ) 及 び 同 居 人 ( 家 族 を 除 く )の 氏 名 生 年 月 日 国 籍 ( 過 去 に 有 していた 国 籍 を 含 む ) 及 び 住 所 を 含 む ) 二 犯 罪 及 び 懲 戒 の 経 歴 に 関 する 事 項 三 情 報 の 取 扱 いに 係 る 非 違 の 経 歴 に 関 する 事 項 四 薬 物 の 濫 用 及 び 影 響 に 関 する 事 項 五 精 神 疾 患 に 関 する 事 項 六 飲 酒 についての 節 度 に 関 する 事 項 七 信 用 状 態 その 他 の 経 済 的 な 状 況 に 関 する 事 項 3 適 性 評 価 は あらかじめ 政 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 事 項 を 評 価 対 象 者 に 対 し 告 知 した 上 で その 同 意 を 得 て 実 施 するものとする 一 前 項 各 号 に 掲 げる 事 項 について 調 査 を 行 う 旨 二 前 項 の 調 査 を 行 うため 必 要 な 範 囲 内 において 次 項 の 規 定 により 質 問 させ 若 しくは 資 料 の 提 出 を 求 めさせ 又 は 照 会 して 報 告 を 求 めることがある 旨 三 評 価 対 象 者 が 第 一 項 第 三 号 に 掲 げる 者 であるときは その 旨 4 行 政 機 関 の 長 は 第 二 項 の 調 査 を 行 うため 必 要 な 範 囲 内 において 当 該 行 政 機 関 の 職 員 に 評 価 対 象 者 若 しくは 評 価 対 象 者 の 知 人 その 他 の 関 係 者 に 質 問 させ 若 しくは 評 価 対 象 者 に 対 し 資 料 の 提 出 を 求 めさせ 又 は 公 務 所 若 しくは 公 私 の 団 体 に 照 会 して 必 要 な 事 項 の 報 告 を 求 めることができる ( 適 性 評 価 の 結 果 等 の 通 知 ) 8

9 第 十 三 条 行 政 機 関 の 長 は 適 性 評 価 を 実 施 したときは その 結 果 を 評 価 対 象 者 に 対 し 通 知 するものとする 2 行 政 機 関 の 長 は 適 合 事 業 者 の 従 業 者 について 適 性 評 価 を 実 施 したときはその 結 果 を 当 該 従 業 者 が 前 条 第 三 項 の 同 意 をしなかったことにより 適 性 評 価 が 実 施 されなかったときはその 旨 を それぞれ 当 該 適 合 事 業 者 に 対 し 通 知 するものと する 3 前 項 の 規 定 による 通 知 を 受 けた 適 合 事 業 者 は 当 該 評 価 対 象 者 が 当 該 適 合 事 業 者 の 指 揮 命 令 の 下 に 労 働 する 派 遣 労 働 者 ( 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 六 十 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 二 条 第 二 号 に 規 定 する 派 遣 労 働 者 をいう 第 十 六 条 第 二 項 において 同 じ )であるときは 当 該 通 知 の 内 容 を 当 該 評 価 対 象 者 を 雇 用 する 事 業 主 に 対 し 通 知 するものとする 4 行 政 機 関 の 長 は 第 一 項 の 規 定 により 評 価 対 象 者 に 対 し 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれ がないと 認 められなかった 旨 を 通 知 するときは 適 性 評 価 の 円 滑 な 実 施 の 確 保 を 妨 げない 範 囲 内 において 当 該 おそれが ないと 認 められなかった 理 由 を 通 知 するものとする ただし 当 該 評 価 対 象 者 があらかじめ 当 該 理 由 の 通 知 を 希 望 しない 旨 を 申 し 出 た 場 合 は この 限 りでない ( 行 政 機 関 の 長 に 対 する 苦 情 の 申 出 等 ) 第 十 四 条 評 価 対 象 者 は 前 条 第 一 項 の 規 定 により 通 知 された 適 性 評 価 の 結 果 その 他 当 該 評 価 対 象 者 について 実 施 された 適 性 評 価 について 書 面 で 行 政 機 関 の 長 に 対 し 苦 情 の 申 出 をすることができる 2 行 政 機 関 の 長 は 前 項 の 苦 情 の 申 出 を 受 けたときは これを 誠 実 に 処 理 し 処 理 の 結 果 を 苦 情 の 申 出 をした 者 に 通 知 するものとする 3 評 価 対 象 者 は 第 一 項 の 苦 情 の 申 出 をしたことを 理 由 として 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けない ( 警 察 本 部 長 による 適 性 評 価 の 実 施 等 ) 第 十 五 条 警 察 本 部 長 は 政 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 者 について 適 性 評 価 を 実 施 するものとする 一 当 該 都 道 府 県 警 察 の 職 員 ( 警 察 本 部 長 を 除 く 次 号 において 同 じ )として 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 新 たに 行 うこ とが 見 込 まれることとなった 者 ( 当 該 警 察 本 部 長 がその 者 について 直 近 に 実 施 して 次 項 において 準 用 する 第 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 をした 日 から 五 年 を 経 過 していない 適 性 評 価 において 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれがないと 認 められた 者 であって 引 き 続 き 当 該 おそれがないと 認 められるものを 除 く ) 二 当 該 都 道 府 県 警 察 の 職 員 として 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 現 に 行 い かつ 当 該 警 察 本 部 長 がその 者 について 直 近 に 実 施 した 適 性 評 価 に 係 る 次 項 において 準 用 する 第 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 があった 日 から 五 年 を 経 過 した 日 以 後 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 引 き 続 き 行 うことが 見 込 まれる 者 三 当 該 警 察 本 部 長 が 直 近 に 実 施 した 適 性 評 価 において 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 った 場 合 にこれを 漏 らすおそれがな いと 認 められた 者 であって 引 き 続 き 当 該 おそれがないと 認 めることについて 疑 いを 生 じさせる 事 情 があるもの 2 前 三 条 ( 第 十 二 条 第 一 項 並 びに 第 十 三 条 第 二 項 及 び 第 三 項 を 除 く )の 規 定 は 前 項 の 規 定 により 警 察 本 部 長 が 実 施 する 適 性 評 価 について 準 用 する この 場 合 において 第 十 二 条 第 三 項 第 三 号 中 第 一 項 第 三 号 とあるのは 第 十 五 条 第 一 項 第 三 号 と 読 み 替 えるものとする ( 適 性 評 価 に 関 する 個 人 情 報 の 利 用 及 び 提 供 の 制 限 ) 第 十 六 条 行 政 機 関 の 長 及 び 警 察 本 部 長 は 特 定 秘 密 の 保 護 以 外 の 目 的 のために 評 価 対 象 者 が 第 十 二 条 第 三 項 ( 前 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 場 合 を 含 む )の 同 意 をしなかったこと 評 価 対 象 者 についての 適 性 評 価 の 結 果 その 他 適 性 評 価 の 実 施 に 当 たって 取 得 する 個 人 情 報 ( 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって 当 該 情 報 に 含 まれる 氏 名 生 年 月 日 その 他 の 記 述 等 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるもの( 他 の 情 報 と 照 合 することができ それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができることとなるものを 含 む )をいう 以 下 この 項 において 同 じ )を 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 しては 9

10 ならない ただし 適 性 評 価 の 実 施 によって 当 該 個 人 情 報 に 係 る 特 定 の 個 人 が 国 家 公 務 員 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 二 十 号 ) 第 三 十 八 条 各 号 同 法 第 七 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 人 事 院 規 則 の 定 める 事 由 同 法 第 七 十 八 条 各 号 第 七 十 九 条 各 号 若 しくは 第 八 十 二 条 第 一 項 各 号 検 察 庁 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 各 号 外 務 公 務 員 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 四 十 一 号 ) 第 七 条 第 一 項 に 規 定 する 者 自 衛 隊 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 五 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 各 号 第 四 十 二 条 各 号 第 四 十 三 条 各 号 若 しくは 第 四 十 六 条 第 一 項 各 号 同 法 第 四 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 場 合 若 しくは 同 条 第 二 項 各 号 若 しくは 第 三 項 各 号 若 しくは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 六 十 一 号 ) 第 十 六 条 各 号 第 二 十 八 条 第 一 項 各 号 若 しくは 第 二 項 各 号 若 しくは 第 二 十 九 条 第 一 項 各 号 又 はこれらに 準 ずるものとして 政 令 で 定 める 事 由 のいずれかに 該 当 する 疑 いが 生 じたときは この 限 りでない 2 適 合 事 業 者 及 び 適 合 事 業 者 の 指 揮 命 令 の 下 に 労 働 する 派 遣 労 働 者 を 雇 用 する 事 業 主 は 特 定 秘 密 の 保 護 以 外 の 目 的 の ために 第 十 三 条 第 二 項 又 は 第 三 項 の 規 定 により 通 知 された 内 容 を 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 してはならない ( 権 限 又 は 事 務 の 委 任 ) 第 十 七 条 行 政 機 関 の 長 は 政 令 ( 内 閣 の 所 轄 の 下 に 置 かれる 機 関 及 び 会 計 検 査 院 にあっては 当 該 機 関 の 命 令 )で 定 め るところにより この 章 に 定 める 権 限 又 は 事 務 を 当 該 行 政 機 関 の 職 員 に 委 任 することができる 第 六 章 雑 則 ( 特 定 秘 密 の 指 定 等 の 運 用 基 準 等 ) 第 十 八 条 政 府 は 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 に 関 し 統 一 的 な 運 用 を 図 るための 基 準 を 定 める ものとする 2 内 閣 総 理 大 臣 は 前 項 の 基 準 を 定 め 又 はこれを 変 更 しようとするときは 我 が 国 の 安 全 保 障 に 関 する 情 報 の 保 護 行 政 機 関 等 の 保 有 する 情 報 の 公 開 公 文 書 等 の 管 理 等 に 関 し 優 れた 識 見 を 有 する 者 の 意 見 を 聴 いた 上 で その 案 を 作 成 し 閣 議 の 決 定 を 求 めなければならない 3 内 閣 総 理 大 臣 は 毎 年 第 一 項 の 基 準 に 基 づく 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 の 状 況 を 前 項 に 規 定 する 者 に 報 告 し その 意 見 を 聴 かなければならない 4 内 閣 総 理 大 臣 は 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 の 状 況 に 関 し その 適 正 を 確 保 するため 第 一 項 の 基 準 に 基 づいて 内 閣 を 代 表 して 行 政 各 部 を 指 揮 監 督 するものとする この 場 合 において 内 閣 総 理 大 臣 は 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 が 当 該 基 準 に 従 って 行 われていることを 確 保 するため 必 要 があると 認 める ときは 行 政 機 関 の 長 ( 会 計 検 査 院 を 除 く )に 対 し 特 定 秘 密 である 情 報 を 含 む 資 料 の 提 出 及 び 説 明 を 求 め 並 びに 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 について 改 善 すべき 旨 の 指 示 をすることができる ( 国 会 への 報 告 等 ) 第 十 九 条 政 府 は 毎 年 前 条 第 三 項 の 意 見 を 付 して 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 並 びに 適 性 評 価 の 実 施 の 状 況 につい て 国 会 に 報 告 するとともに 公 表 するものとする ( 関 係 行 政 機 関 の 協 力 ) 第 二 十 条 関 係 行 政 機 関 の 長 は 特 定 秘 密 の 指 定 適 性 評 価 の 実 施 その 他 この 法 律 の 規 定 により 講 ずることとされる 措 置 に 関 し 我 が 国 の 安 全 保 障 に 関 する 情 報 のうち 特 に 秘 匿 することが 必 要 であるものの 漏 えいを 防 止 するため 相 互 に 協 力 するものとする ( 政 令 への 委 任 ) 第 二 十 一 条 この 法 律 に 定 めるもののほか この 法 律 の 実 施 のための 手 続 その 他 この 法 律 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 政 令 で 定 める (この 法 律 の 解 釈 適 用 ) 10

11 第 二 十 二 条 この 法 律 の 適 用 に 当 たっては これを 拡 張 して 解 釈 して 国 民 の 基 本 的 人 権 を 不 当 に 侵 害 するようなことが あってはならず 国 民 の 知 る 権 利 の 保 障 に 資 する 報 道 又 は 取 材 の 自 由 に 十 分 に 配 慮 しなければならない 2 出 版 又 は 報 道 の 業 務 に 従 事 する 者 の 取 材 行 為 については 専 ら 公 益 を 図 る 目 的 を 有 し かつ 法 令 違 反 又 は 著 しく 不 当 な 方 法 によるものと 認 められない 限 りは これを 正 当 な 業 務 による 行 為 とするものとする 第 七 章 罰 則 第 二 十 三 条 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 に 従 事 する 者 がその 業 務 により 知 得 した 特 定 秘 密 を 漏 らしたときは 十 年 以 下 の 懲 役 に 処 し 又 は 情 状 により 十 年 以 下 の 懲 役 及 び 千 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 に 従 事 しなくなった 後 においても 同 様 とする 2 第 四 条 第 五 項 第 九 条 第 十 条 又 は 第 十 八 条 第 四 項 後 段 の 規 定 により 提 供 された 特 定 秘 密 について 当 該 提 供 の 目 的 である 業 務 により 当 該 特 定 秘 密 を 知 得 した 者 がこれを 漏 らしたときは 五 年 以 下 の 懲 役 に 処 し 又 は 情 状 により 五 年 以 下 の 懲 役 及 び 五 百 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 十 条 第 一 項 第 一 号 ロに 規 定 する 場 合 において 提 示 された 特 定 秘 密 について 当 該 特 定 秘 密 の 提 示 を 受 けた 者 がこれを 漏 らしたときも 同 様 とする 3 前 二 項 の 罪 の 未 遂 は 罰 する 4 過 失 により 第 一 項 の 罪 を 犯 した 者 は 二 年 以 下 の 禁 錮 又 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 5 過 失 により 第 二 項 の 罪 を 犯 した 者 は 一 年 以 下 の 禁 錮 又 は 三 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 二 十 四 条 外 国 の 利 益 若 しくは 自 己 の 不 正 の 利 益 を 図 り 又 は 我 が 国 の 安 全 若 しくは 国 民 の 生 命 若 しくは 身 体 を 害 すべ き 用 途 に 供 する 目 的 で 人 を 欺 き 人 に 暴 行 を 加 え 若 しくは 人 を 脅 迫 する 行 為 により 又 は 財 物 の 窃 取 若 しくは 損 壊 施 設 への 侵 入 有 線 電 気 通 信 の 傍 受 不 正 アクセス 行 為 ( 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 二 十 八 号 ) 第 二 条 第 四 項 に 規 定 する 不 正 アクセス 行 為 をいう )その 他 の 特 定 秘 密 を 保 有 する 者 の 管 理 を 害 する 行 為 によ り 特 定 秘 密 を 取 得 した 者 は 十 年 以 下 の 懲 役 に 処 し 又 は 情 状 により 十 年 以 下 の 懲 役 及 び 千 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 2 前 項 の 罪 の 未 遂 は 罰 する 3 前 二 項 の 規 定 は 刑 法 ( 明 治 四 十 年 法 律 第 四 十 五 号 )その 他 の 罰 則 の 適 用 を 妨 げない せん 第 二 十 五 条 第 二 十 三 条 第 一 項 又 は 前 条 第 一 項 に 規 定 する 行 為 の 遂 行 を 共 謀 し 教 唆 し 又 は 煽 動 した 者 は 五 年 以 下 の 懲 役 に 処 する せん 2 第 二 十 三 条 第 二 項 に 規 定 する 行 為 の 遂 行 を 共 謀 し 教 唆 し 又 は 煽 動 した 者 は 三 年 以 下 の 懲 役 に 処 する 第 二 十 六 条 第 二 十 三 条 第 三 項 若 しくは 第 二 十 四 条 第 二 項 の 罪 を 犯 した 者 又 は 前 条 の 罪 を 犯 した 者 のうち 第 二 十 三 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 若 しくは 第 二 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 行 為 の 遂 行 を 共 謀 したものが 自 首 したときは その 刑 を 減 軽 し 又 は 免 除 する 第 二 十 七 条 第 二 十 三 条 の 罪 は 日 本 国 外 において 同 条 の 罪 を 犯 した 者 にも 適 用 する 2 第 二 十 四 条 及 び 第 二 十 五 条 の 罪 は 刑 法 第 二 条 の 例 に 従 う 附 則 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 一 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ただし 第 十 八 条 第 一 項 及 び 第 二 項 ( 変 更 に 係 る 部 分 を 除 く ) 並 びに 附 則 第 九 条 及 び 第 十 条 の 規 定 は 公 布 の 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 第 二 条 この 法 律 の 公 布 の 日 から 起 算 して 二 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 の 前 日 までの 間 においては 第 11

12 五 条 第 一 項 及 び 第 五 項 ( 第 八 条 第 二 項 において 読 み 替 えて 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 この 条 において 同 じ )の 規 定 の 適 用 については 第 五 条 第 一 項 中 第 十 一 条 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 うことができることとされる 者 のう ちから 当 該 行 政 機 関 とあるのは 当 該 行 政 機 関 と 同 条 第 五 項 中 第 十 一 条 の 規 定 により 特 定 秘 密 の 取 扱 いの 業 務 を 行 うことができることとされる 者 のうちから 同 項 の とあるのは 同 項 の とし 第 十 一 条 の 規 定 は 適 用 しない ( 施 行 後 五 年 を 経 過 した 日 の 翌 日 以 後 の 行 政 機 関 ) 第 三 条 この 法 律 の 施 行 の 日 ( 以 下 施 行 日 という )から 起 算 して 五 年 を 経 過 した 日 の 翌 日 以 後 における 第 二 条 の 規 定 の 適 用 については 同 条 中 掲 げる 機 関 とあるのは 掲 げる 機 関 (この 法 律 の 施 行 の 日 以 後 同 日 から 起 算 して 五 年 を 経 過 する 日 までの 間 次 条 第 一 項 の 規 定 により 指 定 された 特 定 秘 密 ( 附 則 第 五 条 の 規 定 により 防 衛 大 臣 が 特 定 秘 密 とし て 指 定 をした 情 報 とみなされる 場 合 における 防 衛 秘 密 を 含 む 以 下 この 条 において 単 に 特 定 秘 密 という )を 保 有 し たことがない 機 関 として 政 令 で 定 めるもの(その 請 求 に 基 づき 内 閣 総 理 大 臣 が 第 十 八 条 第 二 項 に 規 定 する 者 の 意 見 を 聴 いて 同 日 後 特 定 秘 密 を 保 有 する 必 要 が 新 たに 生 じた 機 関 として 政 令 で 定 めるものを 除 く )を 除 く ) とする ( 自 衛 隊 法 の 一 部 改 正 ) 第 四 条 自 衛 隊 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 目 次 中 自 衛 隊 の 権 限 等 ( 第 八 十 七 条 第 九 十 六 条 の 二 ) を 自 衛 隊 の 権 限 ( 第 八 十 七 条 第 九 十 六 条 ) に 第 百 二 十 六 条 を 第 百 二 十 五 条 に 改 める 第 七 章 の 章 名 を 次 のように 改 める 第 七 章 自 衛 隊 の 権 限 第 九 十 六 条 の 二 を 削 る 第 百 二 十 二 条 を 削 る 第 百 二 十 三 条 第 一 項 中 一 に を いずれかに に 禁 こ を 禁 錮 に 改 め 同 項 第 五 号 中 めいていして を 酩 ほう せん 酊 めいてい して に 改 め 同 条 第 二 項 中 ほう 助 を 幇 助 に せん 動 した を 煽 動 した に 改 め 同 条 を 第 百 二 十 二 条 とする 第 百 二 十 四 条 を 第 百 二 十 三 条 とし 第 百 二 十 五 条 を 第 百 二 十 四 条 とし 第 百 二 十 六 条 を 第 百 二 十 五 条 とする 別 表 第 四 を 削 る ( 自 衛 隊 法 の 一 部 改 正 に 伴 う 経 過 措 置 ) 第 五 条 次 条 後 段 に 規 定 する 場 合 を 除 き 施 行 日 の 前 日 において 前 条 の 規 定 による 改 正 前 の 自 衛 隊 法 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 において 旧 自 衛 隊 法 という ) 第 九 十 六 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 防 衛 大 臣 が 防 衛 秘 密 として 指 定 していた 事 項 は 施 行 日 において 第 三 条 第 一 項 の 規 定 により 防 衛 大 臣 が 特 定 秘 密 として 指 定 をした 情 報 と 施 行 日 前 に 防 衛 大 臣 が 当 該 防 衛 秘 密 として 指 定 していた 事 項 について 旧 自 衛 隊 法 第 九 十 六 条 の 二 第 二 項 第 一 号 の 規 定 により 付 した 標 記 又 は 同 項 第 二 号 の 規 定 によりした 通 知 は 施 行 日 において 防 衛 大 臣 が 当 該 特 定 秘 密 について 第 三 条 第 二 項 第 一 号 の 規 定 によりした 表 示 又 は 同 項 第 二 号 の 規 定 によりした 通 知 とみなす この 場 合 において 第 四 条 第 一 項 中 指 定 をするときは 当 該 指 定 の 日 と あるのは この 法 律 の 施 行 の 日 以 後 遅 滞 なく 同 日 とする 第 六 条 施 行 日 前 にした 行 為 に 対 する 罰 則 の 適 用 については なお 従 前 の 例 による 旧 自 衛 隊 法 第 百 二 十 二 条 第 一 項 に 規 定 する 防 衛 秘 密 を 取 り 扱 うことを 業 務 とする 者 であって 施 行 日 前 に 防 衛 秘 密 を 取 り 扱 うことを 業 務 としなくなったものが その 業 務 により 知 得 した 当 該 防 衛 秘 密 に 関 し 施 行 日 以 後 にした 行 為 についても 同 様 とする ( 内 閣 法 の 一 部 改 正 ) 第 七 条 内 閣 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 五 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 12

13 第 十 七 条 第 二 項 第 一 号 中 及 び 内 閣 広 報 官 を 並 びに 内 閣 広 報 官 及 び 内 閣 情 報 官 に 改 める 第 二 十 条 第 二 項 中 助 け の 下 に 第 十 二 条 第 二 項 第 二 号 から 第 五 号 までに 掲 げる 事 務 のうち 特 定 秘 密 ( 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 十 五 年 法 律 第 百 八 号 ) 第 三 条 第 一 項 に 規 定 する 特 定 秘 密 をいう )の 保 護 に 関 するもの( 内 閣 広 報 官 の 所 掌 に 属 するものを 除 く ) 及 び を 加 える ( 政 令 への 委 任 ) 第 八 条 附 則 第 二 条 第 三 条 第 五 条 及 び 第 六 条 に 規 定 するもののほか この 法 律 の 施 行 に 関 し 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 める ( 指 定 及 び 解 除 の 適 正 の 確 保 ) 第 九 条 政 府 は 行 政 機 関 の 長 による 特 定 秘 密 の 指 定 及 びその 解 除 に 関 する 基 準 等 が 真 に 安 全 保 障 に 資 するものであるか どうかを 独 立 した 公 正 な 立 場 において 検 証 し 及 び 監 察 することのできる 新 たな 機 関 の 設 置 その 他 の 特 定 秘 密 の 指 定 及 び その 解 除 の 適 正 を 確 保 するために 必 要 な 方 策 について 検 討 し その 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずるものとする ( 国 会 に 対 する 特 定 秘 密 の 提 供 及 び 国 会 におけるその 保 護 措 置 の 在 り 方 ) 第 十 条 国 会 に 対 する 特 定 秘 密 の 提 供 については 政 府 は 国 会 が 国 権 の 最 高 機 関 であり 各 議 院 がその 会 議 その 他 の 手 続 及 び 内 部 の 規 律 に 関 する 規 則 を 定 める 権 能 を 有 することを 定 める 日 本 国 憲 法 及 びこれに 基 づく 国 会 法 等 の 精 神 にのっとり この 法 律 を 運 用 するものとし 特 定 秘 密 の 提 供 を 受 ける 国 会 におけるその 保 護 に 関 する 方 策 については 国 会 において 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする 別 表 ( 第 三 条 第 五 条 第 九 条 関 係 ) 一 防 衛 に 関 する 事 項 イ 自 衛 隊 の 運 用 又 はこれに 関 する 見 積 り 若 しくは 計 画 若 しくは 研 究 ロ 防 衛 に 関 し 収 集 した 電 波 情 報 画 像 情 報 その 他 の 重 要 な 情 報 ハ ロに 掲 げる 情 報 の 収 集 整 理 又 はその 能 力 ニ 防 衛 力 の 整 備 に 関 する 見 積 り 若 しくは 計 画 又 は 研 究 ホ 武 器 弾 薬 航 空 機 その 他 の 防 衛 の 用 に 供 する 物 の 種 類 又 は 数 量 ヘ 防 衛 の 用 に 供 する 通 信 網 の 構 成 又 は 通 信 の 方 法 ト 防 衛 の 用 に 供 する 暗 号 チ 武 器 弾 薬 航 空 機 その 他 の 防 衛 の 用 に 供 する 物 又 はこれらの 物 の 研 究 開 発 段 階 のものの 仕 様 性 能 又 は 使 用 方 法 リ 武 器 弾 薬 航 空 機 その 他 の 防 衛 の 用 に 供 する 物 又 はこれらの 物 の 研 究 開 発 段 階 のものの 製 作 検 査 修 理 又 は 試 験 の 方 法 ヌ 防 衛 の 用 に 供 する 施 設 の 設 計 性 能 又 は 内 部 の 用 途 (ヘに 掲 げるものを 除 く ) 二 外 交 に 関 する 事 項 イ 外 国 の 政 府 又 は 国 際 機 関 との 交 渉 又 は 協 力 の 方 針 又 は 内 容 のうち 国 民 の 生 命 及 び 身 体 の 保 護 領 域 の 保 全 その 他 の 安 全 保 障 に 関 する 重 要 なもの ロ 安 全 保 障 のために 我 が 国 が 実 施 する 貨 物 の 輸 出 若 しくは 輸 入 の 禁 止 その 他 の 措 置 又 はその 方 針 ( 第 一 号 イ 若 しくはニ 第 三 号 イ 又 は 第 四 号 イに 掲 げるものを 除 く ) ハ 安 全 保 障 に 関 し 収 集 した 国 民 の 生 命 及 び 身 体 の 保 護 領 域 の 保 全 若 しくは 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 関 する 重 要 な 情 報 又 は 条 約 その 他 の 国 際 約 束 に 基 づき 保 護 することが 必 要 な 情 報 ( 第 一 号 ロ 第 三 号 ロ 又 は 第 四 号 ロに 掲 げるものを 除 く ) ニ ハに 掲 げる 情 報 の 収 集 整 理 又 はその 能 力 ホ 外 務 省 本 省 と 在 外 公 館 との 間 の 通 信 その 他 の 外 交 の 用 に 供 する 暗 号 13

14 三 特 定 有 害 活 動 の 防 止 に 関 する 事 項 イ 特 定 有 害 活 動 による 被 害 の 発 生 若 しくは 拡 大 の 防 止 ( 以 下 この 号 において 特 定 有 害 活 動 の 防 止 という )のため の 措 置 又 はこれに 関 する 計 画 若 しくは 研 究 ロ 特 定 有 害 活 動 の 防 止 に 関 し 収 集 した 国 民 の 生 命 及 び 身 体 の 保 護 に 関 する 重 要 な 情 報 若 しくは 外 国 の 政 府 又 は 国 際 機 関 からの 情 報 ハ ロに 掲 げる 情 報 の 収 集 整 理 又 はその 能 力 ニ 特 定 有 害 活 動 の 防 止 の 用 に 供 する 暗 号 四 テロリズムの 防 止 に 関 する 事 項 イ テロリズムによる 被 害 の 発 生 若 しくは 拡 大 の 防 止 ( 以 下 この 号 において テロリズムの 防 止 という )のための 措 置 又 はこれに 関 する 計 画 若 しくは 研 究 ロ テロリズムの 防 止 に 関 し 収 集 した 国 民 の 生 命 及 び 身 体 の 保 護 に 関 する 重 要 な 情 報 若 しくは 外 国 の 政 府 又 は 国 際 機 関 か らの 情 報 ハ ロに 掲 げる 情 報 の 収 集 整 理 又 はその 能 力 ニ テロリズムの 防 止 の 用 に 供 する 暗 号 14

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information