めだしたことに 対 する 世 論 の 反 発 を 逆 に 吸 収 していること(これまでの 世 論 調 査 では 小 沢 アレルギーは 6 割 ~ 7 割 と 推 計 される ) つまり 野 田 政 権 は 消 費 税 問 題 では 実 質 的 に 反 小 沢 スタンスになっている という 点 も

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "めだしたことに 対 する 世 論 の 反 発 を 逆 に 吸 収 していること(これまでの 世 論 調 査 では 小 沢 アレルギーは 6 割 ~ 7 割 と 推 計 される ) つまり 野 田 政 権 は 消 費 税 問 題 では 実 質 的 に 反 小 沢 スタンスになっている という 点 も"

Transcription

1 直 近 の 世 論 調 査 から( ) 1. 野 田 内 閣 支 持 率 (11 社 平 均 )-3 月 は 下 げ 止 まり 31.3%に 一 体 改 革 と 消 費 増 税 でぶれない 姿 勢 が 評 価? 11 社 平 均 比 較 では 新 記 録!! 内 閣 支 持 率 3 月 支 持 不 支 持 日 経 毎 日 読 売 朝 日 共 同 時 事 NHK JNN ANN FNN NNN 平 均 今 月 の 世 論 調 査 が 出 そろった 前 月 の 内 閣 支 持 率 が 危 険 ライ ン とされる 30 %を 割 った 28.6 %と 比 べると わずかだが 上 昇 し 31.3 %( +2.7 %)となった 過 去 半 年 間 下 がり 続 けてきた 内 閣 支 持 率 も やっと 下 げ 止 まりか という 状 態 になったが 30 %に わずか +1.3 %と すれすれだ 2 過 去 にも( 次 図 ) 安 倍 福 田 麻 生 内 閣 そして 菅 内 閣 でも 一 時 期 低 下 し 続 けた 支 持 率 が 回 復 した 時 期 はあるが( 鳩 山 内 閣 を 除 いて ) いったん 30 %ラインを 切 ってからは 再 び 30 % 超 え をして 政 権 を 維 持 できた 例 はない( 11 社 平 均 では ) ただし 個 別 の 会 社 ごとの 世 論 調 査 では それぞれにクセがある 内 閣 支 持 率 の 推 移 ( 安 倍 内 閣 ~11 社 平 均 ) 安 倍 内 閣 福 田 内 閣 鳩 山 内 閣 菅 内 閣 野 田 内 閣 50 麻 生 内 閣 ので 30 %というラインは 目 安 にしかならない( NHK 調 査 では 麻 生 政 権 時 には 一 時 10 % 台 にまで 落 ち 込 んだ 後 30 % 台 に 戻 した-という 例 もある 11 社 平 均 では 届 かなかっ たが ) この 後 さらに 野 田 内 閣 の 支 持 率 は 上 昇 できるかどうかは 分 からないが 今 回 の 下 げ 止 まり は わずかな 数 値 だが それでも 11 社 平 均 では 新 記 録 だ 報 道 各 社 の 世 論 調 査 が 定 期 的 になったのは 小 泉 内 閣 からで 11 社 平 均 の 調 査 が 可 能 になったの はほぼ 安 倍 内 閣 から 3 2 月 の 内 閣 改 造 でも 下 げ 止 まらなかった 支 持 率 が 今 月 はなぜ わずかだが 回 復 したの か 後 で 見 るように 政 府 の 震 災 事 故 原 発 事 故 対 応 への 批 判 は 強 く 政 府 への 批 判 が 止 んでいるわけではない 目 立 ったことと 言 えば 野 田 内 閣 は 税 と 社 会 保 障 の 一 体 改 革 に 対 する 批 判 を 全 身 で 受 けて とにかくぶれない 姿 勢 (その 是 非 は 別 にして)を 意 識 して いる 決 められない 政 治 から 脱 却 するために とにかく 決 めようとする 姿 勢 の 一 貫 性 への 評 価 ( 消 費 増 税 賛 成 派 は 4 割 いるのだから ) それと 小 沢 氏 が 再 び 発 言 力 を 強 - 1 -

2 めだしたことに 対 する 世 論 の 反 発 を 逆 に 吸 収 していること(これまでの 世 論 調 査 では 小 沢 アレルギーは 6 割 ~ 7 割 と 推 計 される ) つまり 野 田 政 権 は 消 費 税 問 題 では 実 質 的 に 反 小 沢 スタンスになっている という 点 も 作 用 しているのかもしれない 2. 政 府 の 震 災 原 発 事 故 対 応 に 厳 しい 批 判 原 発 の 運 転 再 開 消 費 増 税 で は 反 対 派 が 増 加 1 内 閣 支 持 率 がわずかに 上 昇 したとはいえ 政 府 に 対 する 厳 しい 批 判 は 相 変 わらずだ 今 月 の 調 査 で 目 立 ったのは 震 災 原 発 事 故 1 年 ということもあり これに 対 する 政 府 対 応 の 評 価 を 聞 くものが 多 かった 政 府 の 震 災 対 応 では( 9 社 平 均 ) 評 価 する が 26.1 % 評 価 しない が 65.6 % さらに 政 府 の 原 発 事 故 に 対 する 対 応 では( 5 社 平 均 ) 評 価 する はわずか 15.1 % 評 価 しない が 78.8 %にも 達 している これは 批 判 と 言 うより は 拒 否 反 応 に 近 い 11/7 月 (5 社 ) 9 月 (3 社 ) 10 月 (3 社 ) 12 月 ( 毎 日 ) 12/2 月 (2 社 ) 月 (4 社 ) 今 春 には 全 原 発 停 止 という 事 態 を 前 に して 運 転 再 開 の 是 非 が 焦 点 になっている これに 対 する 調 査 デー タは 昨 年 7 月 からの ものをグラフ 化 してみ た ない 昨 年 の 事 故 から 間 も 7 月 には 原 発 の 運 転 再 開 ( 再 稼 働 )に 対 する 賛 成 は 36.9 % 反 対 48.4 %と やや 反 対 派 が 多 かったのだが 電 力 需 給 ( 停 電 ) 問 題 が 浮 上 した 夏 以 降 には 運 転 再 開 賛 成 の 声 が 反 対 を 上 回 った ( 9 月 賛 成 52.4 % 反 対 37.8 % 10 月 賛 成 48.3 % 反 対 44.0 % ) し か し 心 配 された 夏 場 と 冬 期 の 電 力 事 情 も 乗 り 越 えて 原 発 なくてもなんとかやっていける という 気 持 ちからか 12 月 以 降 の 調 査 では 原 発 再 開 に 反 対 する 声 が 強 くなっている 3 月 では 運 転 再 開 に 賛 成 は 27.1 % 反 対 は 60.0 %と 大 きな 差 がついている これからの 電 力 値 上 げ 問 題 では 更 に 世 論 が 変 化 する 可 能 性 がないと は 言 えないが 脱 減 原 発 は 世 の 趨 勢 となっており 将 来 エネルギーに 対 する 基 本 的 姿 勢 が 問 われている 原 発 の 運 転 再 開 への 是 非 賛 成 反 対 NA 等 消 費 税 増 税 への 賛 否 (11 年 12 月 ~) 賛 成 反 対

3 3 消 費 増 税 問 題 に 対 する 世 論 も 1 月 の 調 査 でも 紹 介 したが 時 期 的 に 変 化 してきている 消 費 税 を 10 %に 引 き 上 げるという 問 題 は 昨 年 の 春 くらいまでは 賛 成 派 が 多 く 5 割 か ら 6 割 反 対 派 は これに 対 して 3 割 から 4 割 という 程 度 だった これが 7 月 から 11 月 の 期 間 では 賛 否 が 拮 抗 しはじめ 野 田 政 権 が 本 格 的 にこれを 実 行 する 姿 勢 を 見 せた 12 月 ( 政 府 案 決 定 )からは 賛 否 が 反 転 し 3 月 調 査 では( 11 社 平 均 ) 賛 成 は 40.4 %にとどまり 反 対 が 53.5 %という 数 値 となっている ただし 社 会 保 障 の 維 持 には 消 費 増 税 は 必 要 と 思 うか という 一 般 的 な 質 問 には 2 月 の 調 査 だが 必 要 だ は 59.5 % そう 思 わない は 29.5 %という 結 果 が 出 ているよう に( 日 経 と 朝 日 の 平 均 ) 社 会 保 障 と 税 の 問 題 では 政 府 の 対 応 ( 具 体 案 ) に 対 する 批 判 が 強 く 反 映 されていることが 分 かる 日 経 3 月 でも 必 要 58 % 不 必 要 33 %になっている 3. 政 党 支 持 率 - 民 主 自 民 ともに10% 台 に 落 ち 込 み 民 主 は 野 党 時 代 の 水 準 に 無 党 派 は49% 維 新 の 会 に 期 待 60% 石 原 新 党 への 期 待 は35% 政 党 支 持 率 3 月 民 主 自 民 日 経 毎 日 読 売 朝 日 共 同 時 事 NHK JNN ANN FNN NNN 平 均 にほぼ 6 割 になった 1 民 主 党 の 支 持 率 は 政 権 獲 得 直 後 の 45.5 %をピークに 低 下 し 続 け 菅 内 閣 時 代 に 一 時 持 ち 直 しもあるか と 思 わされた 時 もあ ったが 後 半 期 には % 前 後 で 低 迷 野 田 内 閣 の 発 足 に 伴 い 25.0 %にやや 持 ち 直 したが またもや 下 がり 続 け 3 月 の 支 持 率 は 17.6 %という 結 果 になった( 表 グラフ 参 照 ) 2 自 民 党 も 政 権 与 党 時 代 の 面 影 は 完 全 になくなり 野 党 化 した 途 端 に 現 在 まで 続 く %ラインに 絡 みつくような 支 持 率 で 停 滞 し 続 け 来 た そして 2 月 には 民 主 も 自 民 も 10 % 台 に 突 入 している( 3 月 は 民 主 17.6 % 自 民 18.4 %) 背 景 には 無 党 派 層 の 増 加 傾 向 ( 3 月 は 47.0 %)と 大 阪 ダブル 選 挙 を 制 してブーム 化 した 橋 本 徹 氏 無 党 派 民 主 党 自 民 党 みんなの 党 の 維 新 の 会 に 対 す る 期 待 が 膨 ら ん で い る こ と がある 3 維 新 の 会 の 国 政 進 出 に 対 す る 期 待 は 2 月 3 月 と も - 3 -

4 橋 本 維 新 の 会 の 国 政 進 出 に 肯 定 的 評 価 否 定 的 評 価 2 月 (8 社 ) 月 (4 社 ) 石 原 新 党 構 想 に 肯 定 的 評 価 否 定 的 評 価 2 月 (4 社 ) 月 (3 社 ) ただし 橋 本 氏 自 身 は 自 ら 国 政 進 出 する 意 思 を 持 たないと 表 明 しているし また 世 論 調 査 でも 橋 本 氏 の 衆 議 院 立 候 補 に は 肯 定 的 評 価 は 40 % 否 定 的 評 価 が 48 %と やや 冷 めた 見 方 に なっている( 2 月 ANN 調 査 だけだが ) これに 対 して 石 原 新 党 はマスコミが 騒 ぐ 割 には 世 論 の 反 応 は 冷 たく 石 原 新 党 構 想 に 肯 定 的 な 評 価 は 30 % 台 にしかなっていない 4 橋 本 氏 が 坂 本 龍 馬 を 真 似 て 出 した 船 中 八 策 は かねてから 話 題 性 のあるテーマを 列 記 したにとどまり 体 系 性 という 点 では 疑 問 符 が 付 けられている ポピュリズムは 枯 れ 野 に 拡 がる 炎 のようなもの と 言 われるように 議 会 と 政 党 政 治 の 機 能 不 全 に 対 する 不 信 が 生 みだした しかし 自 治 体 職 員 や 教 員 に 対 する 思 想 統 制 を 当 然 視 する 感 覚 は 民 主 主 義 の 根 幹 を 脅 かす 極 めて 深 刻 な 事 態 であり 民 主 主 義 が 一 定 定 着 した 現 代 に 全 国 化 する とは 思 えない( 関 西 近 畿 では 第 一 党 だが ) 野 球 界 などで 独 裁 者 と 批 判 される 渡 辺 恒 雄 会 長 ですら ヒトラーを 想 起 させる ( 月 刊 文 藝 春 秋 4 月 号 )と 吠 えている 有 様 だ 図 全 国 の 政 党 支 持 率 1987 年 ~ 毎 日 新 聞 % 小 泉 民 主 党 自 民 党 社 会 社 民 06.9 安 倍 09.9 鳩 山 - 政 権 交 代 福 田 08.9 麻 生 10.6 菅 細 川 政 権 11.9 野 田 新 民 主 党 結 成 自 由 党 との 合 併 0 年 / 月 5 前 図 は 民 主 党 が 結 成 以 来 の 政 党 支 持 率 の 推 移 を 見 たものだが(ただし 毎 日 新 聞 ) 菅 内 閣 の 後 半 期 から 現 在 までの 民 主 党 の 支 持 率 は 13 %から 21 %の 間 を 上 下 している 政 権 交 代 によってバブル 化 した 支 持 率 はいずれ 削 げ 落 ちていくことは 覚 悟 していたが 現 在 の 水 準 は 野 党 時 代 の それも 安 倍 内 閣 が 参 院 選 以 降 失 速 しはじめ 政 権 交 代 機 運 が 高 まる 前 の 03 年 10 月 自 由 党 との 合 併 以 降 07 年 6 月 までの 水 準 と 同 じである 世 論 の 見 方 は 固 まってきており この 状 態 はしばらくは 続 くことを 覚 悟 しなければならないだ ろう 4. 解 散 時 期 にはバラツキ( 任 期 満 了 も3 割 ~4 割 ) 次 期 政 権 の 形 は 大 連 立 より 政 界 再 編 に 期 待 衆 院 比 例 投 票 では 自 民 へ21.8% 民 主 へ19.0% 1 今 年 1 月 からの 調 査 では 野 田 首 相 の 姿 勢 の 変 化 にもよるが 衆 議 院 解 散 の 時 期 を 問 う - 4 -

5 ものが 増 えてきた 各 社 の 問 い 方 が 一 様 ではないため 平 均 値 を 出 して 比 較 してみるとい 解 散 の 時 期 は(1 月 ) 読 売 1.15 できるだけ 早 く27, 今 年 夏 まで22 秋 以 降 11 任 期 満 了 32 NNN1.15 今 年 の 早 い 時 期 26.5 今 年 の 後 半 14.8 来 年 前 半 7.8 任 期 満 了 39.2 NHK1.15 できるだけ 早 く15 予 算 成 立 後 18 会 期 末 まで10 年 内 15 任 期 満 了 31 時 事 1.15 今 年 の 前 半 30.7 今 年 の 後 半.9 任 期 満 了 38.1 日 経 1.15 会 期 末 6 月 まで30 秋 から 年 末 まで14 解 散 を 急 ぐ 必 要 ない43 JNN1.15 今 すぐ10 今 年 後 半 26 今 年 後 半 以 降 任 期 満 了 38 FNN1.15 出 来 るだけ 早 く26.9 今 年 後 半.9 来 年 前 半 7.5 任 期 満 了 に 近 いダブル40.0 ANN1.15 すぐに8 今 年 前 半 25 今 年 後 半 18 来 年 前 半 5 任 期 満 了 35 毎 日 1.23 今 すぐに13 今 年 前 半 23 今 年 後 半 18 任 期 満 了 41 解 散 の 時 期 は(2 月 ) JNN2.6 今 すぐ 今 年 後 半 今 年 後 半 以 降 任 期 満 了 35 NNN2.12 今 年 の 早 い 時 期 27.9 今 年 の 後 半 に16.2 来 年 前 半 に8.0 任 期 満 了 39.9 FNN2.13 出 来 るだけ 早 く26.5 今 年 後 半 18.6 来 年 前 半 8.5 任 期 満 了 に 近 いダブル40.9 読 売 2.14 できるだけ 早 く29, 今 年 夏 まで15 秋 以 降 14 任 期 満 了 35 NHK2.13 できるだけ 早 く13 予 算 成 立 後 会 期 末 まで13 年 内 13 任 期 満 了 27 共 同 2. 今 年 前 半 の 早 い 時 期 29.6 今 年 後 半 以 降 19.2 任 期 満 了 に 近 い 来 年 夏 のダブル43.7 解 散 の 時 期 は(3 月 ) NNN3.5 消 費 税 方 提 案 前 25.9 法 案 成 立 前 14.6 成 立 直 後 17.3 必 要 ない33.6 読 売 3.12 できるだけ 早 く23, 今 年 夏 まで17 秋 以 降 14 任 期 満 了 39 NHK3.12 できるだけ 早 く10 予 算 成 立 後 19 会 期 末 まで12 年 内 14 任 期 満 了 34 共 同 3.21 今 年 前 半 の 早 い 時 期 27.0 今 年 後 半 以 降 21.0 任 期 満 了 に 近 い 来 年 夏 のダブル43.6 FNN3.26 出 来 るだけ 早 く25.4 今 年 後 半 13.5 来 年 前 半 8.7 任 期 満 了 に 近 いダブル47.6 今 後 の 政 権 の 形 (2 月 ) 民 主 中 心 自 民 中 心 民 主 自 民 以 外 大 連 立 政 界 再 編 で 朝 日 読 売 日 経 平 均 今 後 の 政 権 の 形 (3 月 ) 民 主 中 心 自 民 中 心 民 主 自 民 以 外 大 連 立 政 界 再 編 で JNN 読 売 共 同 日 経 平 均 にも 達 しているのが 特 徴 だ 衆 院 比 例 投 票 は?(10 年 12 月 ~) う わ け に は 行 か な い が バ ラ ツ キ が あ り 民 意 を 図 る の は 難 し い 比 較 的 早 期 の 解 散 総 選 挙 を 望 む も の が 割 から 4 3 割 意 外 なのは 任 期 満 了 という 声 も 3 割 か ら 4 割 あることだ か つ て の よ う に 政 権 交 代 を 求 め る 世 論 が 高 ま っ た 時 期 と は 違 っ て 世 論 は 熱 く は な っ て い ないようだ 2 民 主 も 自 民 も 政 党 支 持 率 を 落 として いる 中 で 次 の 政 権 はどういう 形 を 望 んでいるのか という 調 査 が 次 の 表 だ 民 主 党 中 心 の 政 権 は 2 月 で 11 % 3 月 では 民 主 へ 自 民 へ み 党 へ %しかない だからといっ て 自 民 党 中 心 の 政 権 も 10 % 台 前 半 で 最 近 はやりの 大 連 立 も 表 を 見 たとおり 特 に 代 替 政 権 として 期 待 されているとは 言 いがたい 参 議 院 の ね じれ で 何 も 決 まらない ことに 対 する 批 判 が この 大 連 立 や 自 民 と 民 主 との 政 策 協 議 を 求 め る 声 となっている 実 際 与 野 党 協 議 を 求 める 声 は 2 月 で 71.5 % ( 3 社 平 均 ) 今 月 は 63 % ( ANN の み 実 施 ) となっている むし ろ 政 界 再 編 を とい う 声 の 方 が 5 割 前 後 3 次 期 の 衆 議 院 選 挙 ( 比 例 投 票 )ではどの 党 に 投 票 するかという 質 問 には 今 月 は 自 民 - 5 -

6 党 へ が 22.4 %で 民 主 党 へ は 19.5 %という 結 果 になっている みんなの 党 へ は 今 月 も 7.2 %とやや 減 っている 先 に 見 た 維 新 の 会 のような 改 革 新 党 への 期 待 ( 設 問 の 答 えには 用 意 されていないが)があるからだろう もっともみんなの 党 も 登 場 してきたときは そういう 世 論 を 背 景 に 出 てきたのだが 5. 北 海 道 の 二 大 政 党 制 全 国 傾 向 に 影 響 されて 民 主 党 は 野 党 時 代 の 体 力 に 自 民 党 は 全 国 レベルほどの 落 ち 込 みはない 1 最 後 に 道 内 の 状 況 を 見 ておこう 道 新 の 政 党 支 持 率 調 査 では 直 近 でも 昨 年 11 月 の 調 査 しかないため これを 参 考 に 民 主 党 結 成 以 来 の 民 主 と 自 民 の 支 持 率 の 推 移 をまとめたのが 選 挙 直 前 の 政 党 支 持 率 比 較.5 自 民 党 17.6 民 主 党 /7 参 院 選 09/8 衆 院 選 10/4 地 方 選 10/7 参 院 選 11/11 このグラフだ 北 海 道 はもともとが 旧 社 会 党 横 路 道 政 以 来 の 二 大 政 党 制 を 形 作 っていた ので 全 国 の 図 のような 大 きな 上 下 動 は 少 な い しかし 菅 政 権 の 後 半 期 に 下 落 した 民 主 党 の 支 持 率 は 道 内 でも 同 じ 傾 向 を 示 しており 野 田 政 権 になつてからも 回 復 しているとは 言 えない 状 態 だ 2 自 民 党 も さすがに 鳩 山 政 権 交 代 の 時 には 支 持 率 を 急 落 させたが このレベルの 低 支 持 率 は 過 去 にも 何 度 か 体 験 していることが 図 を 見 て 分 かるだろう この 意 味 で 自 民 党 の 打 撃 は 相 対 的 には 全 国 レベルほど 大 きくはなかった( 元 々 北 海 道 型 二 大 政 党 制 だ ったから ) 3 過 去 の 選 挙 直 前 の 支 持 率 を 比 較 した 図 も 作 ってみた 民 主 党 は 政 権 野 党 時 代 は 選 挙 時 に 無 党 派 の 風 をいただいて 上 昇 する 傾 向 があったが 07 年 参 院 選 時 には 直 前 から 風 を 受 けていた 与 党 になってからは 比 較 優 位 を 維 持 しているが その 差 が 小 さ くなっている 詳 しい 分 析 は 別 途 ( 北 海 道 世 論 調 査 会 ) - 6 -

安 倍 首 相 70 年 談 話 を からも その 効 果 は 明 らかだ 安 倍 首 相 70 年 談 話 の お 詫 び 表 現 は 評 価 する 評 価 しない 適 切 だった 適 切 でない 必 要 なかった 共 同 8.16 44.2 37.0 共 同 8.16 42.7 23.6 24.

安 倍 首 相 70 年 談 話 を からも その 効 果 は 明 らかだ 安 倍 首 相 70 年 談 話 の お 詫 び 表 現 は 評 価 する 評 価 しない 適 切 だった 適 切 でない 必 要 なかった 共 同 8.16 44.2 37.0 共 同 8.16 42.7 23.6 24. 直 近 の 世 論 調 査 から-2015.9.3( 安 倍 内 閣 支 持 率 は 70 年 談 話 のおかげで 微 増 ) 1. 安 倍 内 閣 支 持 率 70 年 談 話 で 微 増 +1.1%(40.9%) ただし 不 支 持 44.6%と 逆 転 のまま 第 2-3 次 安 倍 内 閣 の 支 持 率 (11 社 平 均 ) 無 党 派 自 民 党 内 閣 支 持 内 閣 不 支 持 民

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

公民⑤

公民⑤ 1 学 年 第 1 学 年 2 教 材 最 新 現 代 社 会 公 民 科 ( 現 代 社 会 ) 学 習 指 導 案 高 等 学 校 教 諭 3 単 元 名 テーマ 学 習 :18 歳 選 挙 権 を 考 える 4 単 元 目 標 公 職 選 挙 法 改 正 が 間 近 に 迫 り 高 校 生 が 選 挙 に 参 加 することが 来 年 夏 の 参 議 院 選 挙 で 実 現 するかもしれない 高

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前 09082 3TOKY O 法 律 入 門 講 座 あなたの 身 近 な 憲 法 問 題 ~ 衆 議 院 解 散 選 挙 を 憲 法 から 考 える 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 二 宮 麻 里 子 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA 法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

パケラジ視聴方法

パケラジ視聴方法 P R E S S R E L E A S E 2010 年 12 月 28 日 株 式 会 社 ニワンゴ ニコニコ 動 画 ネット 世 論 調 査 に10 万 2 千 人 が 回 答 2011 年 に 期 待 する 政 治 家 与 党 前 原 誠 司 野 党 石 破 茂 民 主 党 支 持 層 では 岡 田 克 也 23.5% 小 沢 一 郎 14.8% 蓮 舫 14.1% 今 年 印 象 に 残

More information

針路研報告2012.10.8.pptx

針路研報告2012.10.8.pptx 2012.10.8 針 路 研 討 論 会 (@ 文 京 区 民 センター) ブーム 政 党 を 考 える 日 本 政 治 の 混 迷 の 底 にあるもの に 代 えて 内 容 1) ブーム 政 党 と 既 成 政 党 2) 新 自 由 クラブからみんなの 党 まで 3) 日 本 維 新 の 会 明 治 大 学 政 治 経 済 学 部 西 川 伸 一 nisikawa1116 gmail.com(

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

リーマンで 売 上 4 割 減 となるも 医 療 機 器 への 参 入 で 復 活 した 機 械 加 工 業 A 社 の 事 例 まず 関 西 に 拠 点 を 置 く 機 械 加 工 業 A 社 ( 従 業 員 30 名 )の 事 例 です このA 社 は 旋 盤 フライス 研 削 加 工 を 得

リーマンで 売 上 4 割 減 となるも 医 療 機 器 への 参 入 で 復 活 した 機 械 加 工 業 A 社 の 事 例 まず 関 西 に 拠 点 を 置 く 機 械 加 工 業 A 社 ( 従 業 員 30 名 )の 事 例 です このA 社 は 旋 盤 フライス 研 削 加 工 を 得 景 気 が 持 ち 直 してきたように 感 じますが 自 動 車 電 機 IT 業 界 への 依 存 は 危 険! 今 こそ 成 長 する 医 療 機 器 業 界 を 攻 めよう!! 今 国 内 の 自 動 車 業 界 がにわかに 忙 しくなってきました H 社 の 海 外 設 備 部 門 はこの 先 2 年 以 上 仕 事 が 埋 まっており また M 社 では 新 車 種 の 生 産 開 始 に

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

160034オープンテスト社会 中-会(東医H)_本文.indd

160034オープンテスト社会 中-会(東医H)_本文.indd 2013 年 度 社 会 (45 分 ) 答 えはすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 に 書 きなさい 中 会 場 東 医 H 1 昨 年 (2012 年 )は アメリカ 合 衆 国 のキャンプデービッドで 主 要 国 首 脳 会 議 が 開 催 されました 次 の 表 を 見 て 以 下 の 問 いに 答 えなさい 主 要 国 首 脳 会 議 の 開 催 地 と 日 本 の 歴 代 参 加 者 回

More information

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 2013.2 NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 発 行 規 模 は 今 後 持 続 的 に 拡 大 することが 見 込 まれる 2040

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人 1. 日 本 全 体 の 人 口 の 推 移 と 大 都 市 過 疎 地 の 事 情 ( 図 1)に 示 すグラフは 2010 年 から 40 年 にかけてのわが 国 全 体 の 人 口 の 動 向 を 示 す 12000 10000 8000 2010 40 年 年 齢 階 級 別 人 口 推 移 0-64 歳 は 約 3000 万 人 減 少 6000 4000 2000 0 65-74 歳 は

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092BC8A8D8E968BC6958992538BE090E096BE8E9197BF205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092BC8A8D8E968BC6958992538BE090E096BE8E9197BF205B8CDD8AB78382815B83685D> 直 轄 事 業 負 担 金 の 制 度 史 と 見 直 し 論 議 の 展 開 東 京 財 団 研 究 員 兼 政 策 プロデューサー 三 原 岳 2012 年 5 月 20 日 日 本 地 方 財 政 学 会 今 回 の 発 表 は 個 人 の 意 見 であり 財 団 を 代 表 したものではありません 1 主 な 発 表 の 内 容 直 轄 事 業 負 担 金 とは 何 か? 直 轄 事 業 負

More information

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編 第 3 回 市 民 のリスク 意 識 調 査 資 料 編 2 0 0 9 年 7 月 1 0 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 1. 調 査 概 要 ( 1 ) 調 査 方 法 : 非 公 開 型 イ ン タ ー ネ ッ ト ア ン ケ ー ト ( 株 式 会 社 マ ク ロ ミ ル ) ( 2 ) 調 査 対 象 : イ ン タ ー ネ ッ ト 調 査 モ ニ タ ー ( 日 本 在

More information

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 許 すな! 3 月 1 日 に 放 映 されたテレビ 朝 日 の サンデープロジェクト に 登 場 した 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 は アメリカ 型 資 本 主 義 が 破 綻 したのではなく 社 会 民 主 主 義 や 中 国 の 経 済 も 崩 壊 した との 詭 弁 を 弄 して 1980 年 代 から 採 用 されてきた 新 自 由 主 義 経

More information

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数 財 政 運 営 方 針 等 に 関 するヒアリング 指 摘 事 項 1 日 時 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 午 後 4 時 45 分 2 場 所 銚 子 市 役 所 3 出 席 者 ( 県 ) 市 町 村 課 : 関 口 課 長 飯 田 副 課 長 ( 行 政 班 ) 石 田 班 長 山 根 副 主 査 東 柳 主 事 ( 財 政 班 ) 林 班

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

小 池 前 参 院 議 員 無 所 属 で 出 馬 へ 都 知 事 選 2011 年 2 月 8 日 東 京 夕 刊 8 280 国 や 都 の 行 財 政 知 事 に 出 馬 要 請 へ 自 民 系 各 種 団 体 2011 年 2 月 8 日 産 経 朝 刊 19 280 国 や 都 の 行 財

小 池 前 参 院 議 員 無 所 属 で 出 馬 へ 都 知 事 選 2011 年 2 月 8 日 東 京 夕 刊 8 280 国 や 都 の 行 財 政 知 事 に 出 馬 要 請 へ 自 民 系 各 種 団 体 2011 年 2 月 8 日 産 経 朝 刊 19 280 国 や 都 の 行 財 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2011 年 2 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 第 11 回 大 好 き 東 村 山 写 真 コンクール 入 賞 作 品 決 定 2011 年 2 月 1 日 市 報 ひがしむらやま 1 820

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

Ⅱ. 申 立 人 の 申 立 ての 要 旨 1. 名 誉 毀 損 について (1) 本 件 放 送 の 企 画 意 図 と 政 治 論 評 について 被 申 立 人 は 本 件 放 送 で キャスター 古 舘 伊 知 郎 氏 と コメンテーターA 氏 と のやりとりの 中 で 民 主 党 において

Ⅱ. 申 立 人 の 申 立 ての 要 旨 1. 名 誉 毀 損 について (1) 本 件 放 送 の 企 画 意 図 と 政 治 論 評 について 被 申 立 人 は 本 件 放 送 で キャスター 古 舘 伊 知 郎 氏 と コメンテーターA 氏 と のやりとりの 中 で 民 主 党 において 2006( 平 成 18) 年 9 月 13 日 放 送 と 人 権 等 権 利 に 関 する 委 員 会 決 定 第 30 号 権 利 侵 害 申 立 てに 関 する 委 員 会 決 定 放 送 と 人 権 等 権 利 に 関 する 委 員 会 [BRC] 委 員 長 竹 田 稔 申 立 人 衆 議 院 議 員 仙 谷 由 人 衆 議 院 議 員 枝 野 幸 男 被 申 立 人 株 式 会 社 テレビ

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

直 前 期 の 国 税 の 確 定 年 税 額 (A) 中 間 申 告 回 数 4,800 万 円 <(A) 11 回 ( 一 月 中 間 申 告 ) 400 万 円 <(A) 4,800 万 円 3 回 ( 三 月 中 間 申 告 ) 48 万 円 <(A) 400 万 円 1 回 ( 六 月 中

直 前 期 の 国 税 の 確 定 年 税 額 (A) 中 間 申 告 回 数 4,800 万 円 <(A) 11 回 ( 一 月 中 間 申 告 ) 400 万 円 <(A) 4,800 万 円 3 回 ( 三 月 中 間 申 告 ) 48 万 円 <(A) 400 万 円 1 回 ( 六 月 中 消 費 税 の 任 意 の 中 間 申 告 制 度 に 関 する 一 考 察 A Study on A System of Optional Intermediate Report concerning Consumption Tax 熊 王 征 秀 Ⅰ はじめに 中 小 零 細 企 業 にとって 源 泉 所 得 税 や 消 費 税 の 納 税 資 金 の 確 保 は 深 刻 な 問 題 である これらの

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

(Microsoft Word - \226k\212C\223\271\220V\225\267070908.doc)

(Microsoft Word - \226k\212C\223\271\220V\225\267070908.doc) 北 海 道 新 聞 2007 年 ( 平 成 19 年 )9 月 8 日 掲 載 対 談 臨 時 国 会 を 読 む 自 民 党 が 参 院 選 で 惨 敗 し 参 院 で 与 野 党 が 逆 転 した 下 での 臨 時 国 会 が 10 日 始 まる 排 水 の 陣 で 内 閣 改 造 と 自 民 党 人 事 を 断 行 した 安 倍 晋 三 首 相 は 危 機 を 乗 り 切 れるのか 臨 時

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

を 行 うことである オブザーバーという 形 で 3 回 ほど 本 会 議 に 出 席 したが 議 論 が 収 束 し なかったり 気 が 抜 けてしまったりしている 場 面 が 見 受 けられた そういったことのないよ うな 円 滑 な 会 議 を 行 いたい 2 つ 目 は 全 代 会 の 広

を 行 うことである オブザーバーという 形 で 3 回 ほど 本 会 議 に 出 席 したが 議 論 が 収 束 し なかったり 気 が 抜 けてしまったりしている 場 面 が 見 受 けられた そういったことのないよ うな 円 滑 な 会 議 を 行 いたい 2 つ 目 は 全 代 会 の 広 14007 全 学 学 類 専 門 学 群 代 表 者 会 議 第 一 回 本 会 議 議 事 内 容 報 告 作 成 者 : 榎 本 祐 季 日 時 2014 年 4 月 23 日 ( 水 ) 18:30~20:30 場 所 3A204 出 席 全 体 75 定 足 38 出 席 62( 遅 刻 2 名 ) 資 料 確 認 配 布 資 料 一 覧 14001 議 事 次 第 14002 議 案 の

More information

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc

Microsoft Word - H23土木計画学秋大会論文v0.doc 高 速 ツアーバスの 旅 客 流 動 実 態 について 新 倉 淳 史 1 浦 嶋 一 馬 2 大 石 礎 3 1 正 会 員 財 団 法 人 運 輸 政 策 研 究 機 構 企 画 室 ( 105-0001 東 京 都 港 区 虎 ノ 門 3 丁 目 18-19) E-mail:niikura@jterc.or.jp 2 非 会 員 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 参 事 官 付 ( 100-8918

More information

神奈川県西部県有施設等調査報告書

神奈川県西部県有施設等調査報告書 2012/1 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 に 関 する 調 査 報 告 書 251659264 作 成 :みんなの 党 横 浜 市 会 市 会 議 員 大 岩 まさかず 写 真 : 豊 島 区 庁 舎 ( 新 庁 舎 ) 調 査 の 概 要 調 査 概 要 項 目 内 容 豊 島 区 庁 舎 整 備 事 業 豊 島 区 では 新 区 庁 舎 の 整 備 にあたり 一 般 財 源 の 負 担

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

マンション市場の今後の展望

マンション市場の今後の展望 1 マンション 特 集 マンション 市 場 の 今 後 の 展 望 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 企 画 調 査 部 主 任 研 究 員 松 田 忠 司 (まつだ ただし) 2004 年 に 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 に 入 社 以 後 一 貫 して 新 築 マンションの 調 査 に 携 わる 昨 年 から 毎 月 首 都 圏 マンション 市 場 動 向 の

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63> 芳 賀 正 憲 新 国 立 競 技 場 の 建 設 費 は 2012 年 デザイン 公 募 時 の 目 標 が1300 億 円 でしたが 採 用 された 案 では 設 計 業 者 の 見 積 もりが3000 億 円 を 超 え その 後 修 正 を 重 ねましたが 最 終 的 に 目 標 値 をはるかにオーバーすることが 確 実 になり 2015 年 7 月 白 紙 撤 回 仕 切 り 直 しとなりました

More information

2. 4( 火 ) 衆 本 会 議 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 可 決 ) 2. 5( 水 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 ) 2. 6( 木 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 締 めくくり 質

2. 4( 火 ) 衆 本 会 議 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 可 決 ) 2. 5( 水 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 ) 2. 6( 木 ) 参 予 算 委 ( 平 成 25 年 度 補 正 予 算 総 括 質 疑 締 めくくり 質 10 国 会 関 係 日 誌 (25.12.9~26.6.22) 年 月 日 事 項 第 185 回 国 会 ( 臨 時 会 ) 閉 会 後 平 成 25 年 12. 17( 火 ) 東 国 原 英 夫 衆 議 院 議 員 議 員 辞 職 12. 17( 火 ) 参 沖 縄 北 方 特 別 委 委 員 派 遣 ( 北 海 道 ~18 日 ) 12. 18( 水 ) 参 農 林 水 産 委 ( 畜 産

More information

Microsoft Word - theme_3_1.doc

Microsoft Word - theme_3_1.doc こ れ ま で の 保 健 物 理 Review of the Health Physics 辻 本 忠 Tadashi TSUJIMOTO 財 団 法 人 電 子 科 学 研 究 所 Electron Science Institute 1. はじめに 保 健 物 理 の 分 野 でお 世 話 になってから 50 年 近 くになる 温 故 知 新 ではないが 50 年 の 過 去 を 振 り 返

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

声 明 はさらなる 情 報 を 待 つ 姿 勢 を 示 す 今 回 の 会 合 では 幅 広 く 金 利 据 え 置 きが 予 想 されていた 半 面 6/23に 実 施 され た 英 国 の 欧 州 連 合 (EU) 離 脱 (Brexit)の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 で 予 想 外

声 明 はさらなる 情 報 を 待 つ 姿 勢 を 示 す 今 回 の 会 合 では 幅 広 く 金 利 据 え 置 きが 予 想 されていた 半 面 6/23に 実 施 され た 英 国 の 欧 州 連 合 (EU) 離 脱 (Brexit)の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 で 予 想 外 2016/ 7/6 投 資 情 報 部 FX ストラテジスト 五 十 嵐 聡 RBAは 引 き 続 きインフレ 指 標 を 待 つ 姿 勢 豪 州 準 備 銀 行 (RBA)は7 月 の 理 事 会 で 予 想 通 り 政 策 金 利 の 据 え 置 きを 決 定 今 後 の 明 確 な ガイダンスは 示 さなかったものの さらなる 情 報 を 待 つ 姿 勢 は 維 持 した 英 国 のEU 離

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

(Taro-1604\214\216\215\206.jtdc)

(Taro-1604\214\216\215\206.jtdc) 民 自 治 第 297 2016 4 15 4 月 号 内 容 共 産 党 議 席 回 復 一 党 議 会 変 わ 1 2016.4 団 体 機 書 籍 行 物 4 13 現 3 戦 法 廃 立 憲 主 義 回 復 向 滋 賀 党 共 闘 前! 3 林 節 氏 米 原 講 会 訴 え 4 い 9 越 大 津 間 評 価 大 津 長 選 挙 わ 10 民 自 治 300 念 寄 稿 募 い 14 第

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

新国立競技場整備の財源確保に向けて

新国立競技場整備の財源確保に向けて 新 国 立 競 技 場 整 備 の 財 源 確 保 に 向 けて 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター 法 及 びスポーツ 振 興 投 票 の 実 施 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 成 立 文 教 科 学 委 員 会 調 査 室 渡 辺 直 哉 1.はじめに 第 190 回 国 会 ( 常 会 )に 提 出 された 独 立 行 政 法 人

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 8:13~8:28 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務 大

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

師 走 候 補 者 も 走 る 知 事 選 告 示 後 初 の 終 末 2012 年 12 月 2 日 朝 日 朝 刊 37 頁 280 国 や 都 の 行 財 政 首 都 決 戦 2012 都 知 事 選 主 な 候 補 者 の 横 顔 中 笹 川 堯 氏 宇 都 宮 健 児 氏 2012 年 1

師 走 候 補 者 も 走 る 知 事 選 告 示 後 初 の 終 末 2012 年 12 月 2 日 朝 日 朝 刊 37 頁 280 国 や 都 の 行 財 政 首 都 決 戦 2012 都 知 事 選 主 な 候 補 者 の 横 顔 中 笹 川 堯 氏 宇 都 宮 健 児 氏 2012 年 1 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 12 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 都 知 事 選 主 な 候 補 者 の 横 顔 2012 年 12 月 1 日 朝 日 朝 刊 28 頁 280 国 や 都 の 行 財 政 維

More information

内閣府本府文書管理規則(案)

内閣府本府文書管理規則(案) 1 2 3 4 5 6 2 内 閣 官 房 副 長 官 は 内 閣 官 房 副 長 官 補 の 掌 理 する 事 務 の 適 正 かつ 能 率 的 な 遂 行 のため 必 要 と 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 内 閣 官 房 副 長 官 補 に 係 る 決 裁 文 書 記 号 を 別 に 定 めることができる 2 内 閣 総 理 大 臣 内 閣 官 房 長 官 及 び 内

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証 緊 急 保 証 制 度 とかつての 特 別 保 証 制 度 の 違 い 経 済 産 業 委 員 会 調 査 室 うちだ 内 田 ひろずみ 衡 純 1.はじめに 原 油 原 材 料 価 格 の 高 騰 と 米 国 のサブプライムローン 問 題 を 契 機 とする 世 界 的 な 金 融 危 機 は 内 外 需 要 の 停 滞 による 大 幅 な 景 気 の 後 退 をもたらし 我 が 国 企 業 の

More information

Microsoft Word - 【整え中】第19回運営評議会 議事要旨(案) - コピー

Microsoft Word - 【整え中】第19回運営評議会 議事要旨(案) - コピー 日 本 年 金 機 構 運 営 評 議 会 ( 第 19 回 ) 議 事 要 旨 1. 開 催 日 時 平 成 26 年 10 月 21 日 ( 火 )10 時 00 分 ~12 時 00 分 2. 場 所 日 本 年 金 機 構 本 部 4 階 第 2 会 議 室 3. 出 席 委 員 岩 村 座 長 池 田 委 員 和 泉 委 員 大 野 委 員 菊 池 委 員 花 井 委 員 牧 嶋 委 員

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63> 第 2 回 エネルギー 使 用 合 理 化 総 合 鉱 害 防 止 技 術 開 発 に 係 る 研 究 開 発 プロジェクト 事 後 評 価 検 討 会 議 事 録 1. 日 時 : 平 成 20 年 2 月 5 日 ( 火 )14:00~16:00 2. 場 所 : 経 済 産 業 省 別 館 1012 共 用 会 議 室 3. 出 席 者 : 検 討 会 委 員 ( 敬 称 略 五 十 音 順

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に 平 成 25 年 1 2 月 2 日 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター 入 浴 中 に 急 死 する 高 齢 者 数 - 冬 場 は 夏 場 の 11 倍! 主 な 原 因 は 脱 衣 室 浴 室 等 の 温 度 低 下 による ヒートショック 冬 場 の 住 居 内 の 温 度 管 理 と 健 康 について 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター

More information