世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸"

Transcription

1 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが 必 要 となっています 温 室 効 果 のメカニズム (1) 地 球 温 暖 化 問 題 の 現 状 地 球 温 暖 化 のメカニズムとその 影 響 わたしたちはエネルギーを 得 るために 石 油 石 炭 天 然 ガス 等 の 化 石 燃 料 を 燃 やして 二 酸 化 炭 素 (CO2) 等 を 発 生 させ 大 気 中 に 放 出 してきま した 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 等 の 気 体 は 太 陽 からの 光 の 大 部 分 を 透 過 させる 一 方 で 地 表 面 から 放 出 される 赤 外 線 を 吸 収 して 大 気 を 暖 める 働 きをしています このように あたかも 温 室 のガラスの ように 作 用 して 地 球 を 温 かくし 生 命 の 生 存 に 適 した 気 温 をもたらしてきた 気 体 を 温 室 効 果 ガス と 呼 んでいます ところが 産 業 の 発 展 等 で 人 間 生 活 が 活 発 化 するにつれて 大 気 中 に 排 出 される 温 室 効 果 ガス が 急 激 に 増 加 して 温 室 効 果 が 強 くなってきており 気 温 もそれに 伴 って 高 くなってきています これが 地 球 温 暖 化 です 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC)が2007 年 に 取 りまとめた 第 4 次 評 価 報 告 書 では 世 界 平 均 地 上 気 温 は 年 の 間 に0.74 上 昇 し また 最 近 50 年 間 の 気 温 上 昇 の 速 度 は 過 去 100 年 間 のほぼ2 倍 に 増 大 しているとしています さらに 20 世 紀 半 ば 以 降 に 観 測 された 世 界 平 均 気 温 の 上 昇 のほとんどは 人 為 起 源 の 温 室 効 果 ガスの 増 加 に よってもたらされた 可 能 性 が 非 常 に 高 いとしています 化 石 燃 料 の 世 界 的 規 模 の 消 費 拡 大 に 伴 い 地 球 温 暖 化 を 防 止 するための 施 策 が 実 施 されなけれ ば 温 室 効 果 ガスの 大 気 中 濃 度 が 増 加 し 地 球 温 暖 化 が 進 みます IPCCの 同 報 告 書 では 21 世 紀 末 には 1990 年 に 比 べて 地 球 全 体 の 気 温 が 約 海 面 が 約 18 59cm 上 昇 し 豪 雨 や 渇 水 の 回 数 の 増 加 熱 帯 亜 熱 帯 地 域 での 食 糧 生 産 の 低 下 マラリアの 患 者 数 の 増 加 現 在 までに 調 査 された 動 植 物 種 の20 30%が 絶 滅 の 危 機 に 直 面 する 可 能 性 等 を 指 摘 しています

2 世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 化 二 窒 素 フロン 等 があります IPCCによれば メタン 一 酸 化 二 窒 素 フロン 等 の 一 定 量 当 たりの 温 室 効 果 は 二 酸 化 炭 素 に 比 べはるかに 高 いものの 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 の 方 が 膨 大 であるため 結 果 として 産 業 革 命 以 降 全 体 において 排 出 された 二 酸 化 炭 素 の 地 球 温 暖 化 への 寄 与 度 は 温 室 効 果 ガス 全 体 の6 割 以 上 を 占 めるとされています また 我 が 国 においては 二 酸 化 炭 素 の 地 球 温 暖 化 への 寄 与 度 は 温 室 効 果 ガス 全 体 の 約 95% (2006 年 単 年 度 )と 非 常 に 高 くなっています 温 室 効 果 ガスと 地 球 温 暖 化 係 数 ( 積 算 期 間 100 年 )(* 1) 産 業 革 命 以 降 人 為 的 に 排 出 された 温 室 効 果 ガスによる 地 球 温 暖 化 への 寄 与 度 わが 国 が 排 出 する 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 寄 与 度 (2006 年 単 年 度 ) 資 料 :IPCC 第 3 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 資 料 より 作 成 (2001) 出 典 : 平 成 20 年 版 環 境 循 環 型 社 会 白 書 ( 一 部 省 略 )

3 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 濃 度 の 推 移 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 濃 度 は 植 物 の 光 合 成 等 により 1 年 を 周 期 として 変 動 しており この 変 動 は 植 生 の 違 い 等 により 場 所 毎 に 異 なっています 二 酸 化 炭 素 の 濃 度 は 18 世 紀 後 半 の 産 業 革 命 以 前 は280ppm(ppm:100 万 分 の1[ 体 積 比 ]) 程 度 で 安 定 していましたが その 後 は 急 激 な 工 業 生 産 活 動 等 の 発 展 に 伴 って 増 加 しており IPCCの 第 4 次 評 価 報 告 書 によると 2005 年 の 値 は379ppmと 産 業 革 命 以 前 に 比 べ 顕 著 に 上 昇 しています 世 界 の 代 表 的 な 観 測 点 における 二 酸 化 炭 素 濃 度 の 変 化 出 典 : 気 象 庁 気 候 変 動 監 視 レポート 2007 二 酸 化 炭 素 の 国 別 排 出 量 二 酸 化 炭 素 の 国 別 排 出 量 割 合 は アメリカの22.0% 中 国 の19.0% ロシアの5.8%に 次 い で 日 本 は4.7%となっています 国 別 1 人 当 たり 排 出 量 では8 番 目 に 位 置 しています 二 酸 化 炭 素 の 国 別 排 出 量 割 合 (2005 年 ) 二 酸 化 炭 素 の 国 別 1 人 当 たり 排 出 量 (2005 年 ) ( 全 世 界 の 排 出 量 は 267 億 t-c02) 資 料 : EDMC エネルギー 経 済 統 計 要 覧 2008 年 版 より 作 成 資 料 : EDMC エネルギー 経 済 統 計 要 覧 2008 年 版 より 作 成

4 (2) 気 候 変 動 枠 組 条 約 と 京 都 議 定 書 大 気 中 の 温 室 効 果 ガス 濃 度 を 気 候 系 に 危 険 な 人 為 的 干 渉 を 及 ぼすこととならない 水 準 に 安 定 化 させる ことを 目 的 とした 気 候 変 動 枠 組 条 約 が 1992 年 5 月 に 採 択 され 同 年 6 月 の 国 連 環 境 開 発 会 議 (リオ デ ジャネイロ)で 各 国 主 脳 により 署 名 式 が 行 われました その 後 1994 年 3 月 に 同 条 約 が 発 効 しました 2007 年 8 月 時 点 で 我 が 国 を 含 む191カ 国 及 び 欧 州 共 同 体 が 同 条 約 を 締 結 しています 1997 年 12 月 には 同 条 約 第 3 回 締 約 国 会 議 (COP3)が 京 都 で 開 催 され 同 条 約 の 目 的 の 実 現 を 図 るための 京 都 議 定 書 が 採 択 されました 京 都 議 定 書 は 先 進 国 が2008 年 から2012 年 までの 間 ( 第 一 約 束 期 間 )の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 各 年 平 均 を 基 準 年 ( 原 則 1990 年 )から 削 減 させる 割 合 を 定 めており 我 が 国 については6% アメリカは7% EU 加 盟 国 は 全 体 で8%とい う 削 減 割 合 です 他 方 開 発 途 上 国 に 対 しては 数 値 目 標 による 削 減 義 務 は 課 せられていません この 京 都 議 定 書 は2004 年 11 月 のロシアの 締 結 により 漸 く 発 効 要 件 が 満 たされ 2005 年 2 月 16 日 に 発 効 しました 2008 年 4 月 末 現 在 180カ 国 と 欧 州 連 合 が 同 議 定 書 を 締 結 していま すが アメリカは2001 年 に 不 参 加 を 表 明 して 以 来 姿 勢 を 変 えていません 2007 年 12 月 にインドネシアのバリ 島 で 開 催 されたCOP13 及 び 京 都 議 定 書 第 3 回 締 約 国 会 合 (COP/MOP3)では 第 一 約 束 期 間 後 の2013 年 以 降 の 次 期 枠 組 み 等 に 関 する 交 渉 が 行 われ 2009 年 までに 合 意 を 得 ることなどを 含 むバリ 行 動 計 画 が 決 定 されました 京 都 議 定 書 のポイント

5 温 室 効 果 ガス 排 出 削 減 目 標 (1990 年 比 ) 京 都 議 定 書 によって 期 待 される 二 酸 化 炭 素 排 出 削 減 効 果 ( 先 進 工 業 国 ) 付 属 書 Ⅰ 国 の 1990 年 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 地 球 温 暖 化 をめぐるこれまでの 主 な 交 渉 経 緯 1990 年 12 月 国 連 総 会 気 候 変 動 枠 組 条 約 作 成 を 決 議 条 約 交 渉 始 まる 1994 年 3 月 気 候 変 動 枠 組 条 約 発 効 1997 年 12 月 第 3 回 締 約 国 会 議 (COP3) 京 都 議 定 書 採 択 2001 年 月 第 7 回 締 約 国 会 議 (COP7) 京 都 議 定 書 に 関 する 細 目 合 意 (マラケシュ 合 意 ) 成 立 2002 年 2004 年 EU カナダ 日 本 ロシア 等 が 京 都 議 定 書 締 結 2005 年 2 月 京 都 議 定 書 発 効 2007 年 12 月 第 13 回 締 約 国 会 議 及 び 第 3 回 京 都 議 定 書 締 約 国 会 合 (COP13 COP/MOP3) バリ 行 動 計 画 採 択

6 (3) 我 が 国 における 地 球 温 暖 化 問 題 の 現 状 1 我 が 国 における 二 酸 化 炭 素 の 排 出 の 現 状 世 界 第 4 位 の 二 酸 化 炭 素 排 出 国 である 我 が 国 は 地 球 温 暖 化 問 題 を 解 決 するため 大 変 重 要 な 役 割 を 担 っています 我 が 国 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 推 移 我 が 国 の2006 年 度 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 は 約 12 億 7,400 万 トンであり 1990 年 度 に 比 べ 約 11.4% 増 加 しています また 2006 年 度 の 国 民 一 人 当 たりの 排 出 量 は 約 9.97トンでした 我 が 国 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 推 移 出 典 :GIO 温 室 効 果 ガスインベントリ 我 が 国 の 部 門 別 二 酸 化 炭 素 排 出 割 合 我 が 国 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 のうち 産 業 部 門 は36.1% 運 輸 部 門 は19.9% 業 務 その 他 部 門 は18.0% 家 庭 部 門 は13.0%を 占 めています 我 が 国 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 ( 部 門 別 )2006 年 度 資 料 :GIO 温 室 効 果 ガスインベントリ より 作 成

7 2 我 が 国 のエネルギー 消 費 地 球 温 暖 化 問 題 の 主 因 は 産 業 革 命 以 降 の 化 石 燃 料 消 費 の 急 激 な 増 加 によるものとされており 地 球 温 暖 化 問 題 とエネルギー 消 費 との 間 には 密 接 不 可 分 な 関 係 があるといえます 我 が 国 の 最 終 エネルギー 消 費 我 が 国 の 最 終 エネルギー 消 費 は1960 年 代 には 経 済 成 長 を 背 景 に 大 幅 な 増 加 を 続 けましたが 2 度 の 石 油 危 機 (1973 年 1978 年 )の 後 にそれぞれ 一 旦 減 少 しました 1983 年 以 降 はほぼ 一 貫 して 増 加 していましたが 1998 年 以 降 はおおむね 横 ばいで 2006 年 度 の 最 終 エネルギー 消 費 量 は 約 15,363PJでした 2006 年 度 の 最 終 エネルギー 消 費 量 を 部 門 毎 に 見 ると 産 業 部 門 は 省 エネ 設 備 技 術 の 導 入 及 び 産 業 構 造 の 変 革 により 1973 年 度 比 3% 増 にとどまっており 構 成 比 も63%から47%に 低 下 しました これに 対 し 民 生 運 輸 部 門 はそれぞれ 全 体 の 消 費 量 の 約 4 分 の1を 占 め また 1973 年 度 比 で 消 費 量 はいずれも2 倍 以 上 に 膨 らんでいます その 理 由 としては 自 動 車 の 利 用 やエアコン OA 機 器 の 普 及 といった 快 適 さや 利 便 性 を 追 求 するライフスタイルの 浸 透 などが 挙 げられます (EDMC エネルギー 経 済 統 計 要 覧 2008 年 版 による) 我 が 国 のエネルギー 消 費 における 石 油 依 存 度 我 が 国 は 一 次 エネルギー 総 供 給 の48%を 石 油 製 品 (ガソリン 灯 油 軽 油 重 油 ジェッ ト 燃 料 等 の 燃 料 油 LPG 等 )に 依 存 しており そのほとんどを 輸 入 に 頼 っています 原 油 の 輸 入 先 を 国 別 に 見 ると 第 1 位 はサウジアラビアで 我 が 国 の 中 東 地 域 への 依 存 度 は89%にもなっ ています 2006 年 度 の 最 終 エネルギー 消 費 全 体 の 石 油 依 存 度 は56%で 第 1 次 石 油 危 機 時 の69%と 比 較 して 減 少 しています 部 門 毎 に 見 ると 産 業 部 門 及 び 民 生 部 門 においては 石 油 依 存 度 が 減 少 し ていますが 運 輸 部 門 ( 自 動 車 鉄 道 船 舶 航 空 )においては 1973 年 度 とほぼ 同 じ 割 合 で 推 移 しています 供 給 国 別 原 油 輸 入 量 (2006 年 度 ) 資 料 : 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 統 計 年 報 より 作 成

8 (4) 運 輸 部 門 における 地 球 温 暖 化 問 題 の 現 状 1 運 輸 部 門 における 二 酸 化 炭 素 の 排 出 の 現 状 運 輸 部 門 からの 二 酸 化 炭 素 排 出 の 推 移 運 輸 部 門 においては 1990 年 度 から1997 年 度 までの 間 に 二 酸 化 炭 素 排 出 量 が21.8% 増 加 しましたが その 後 は 増 加 率 が 鈍 化 し 2001 年 度 以 降 は 減 少 傾 向 を 示 しています 2006 年 度 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 は1990 年 度 比 16.7% 増 の 約 2 億 5,400 万 トンでした 運 輸 部 門 における 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 推 移 出 典 : 国 土 交 通 省 ホームページ 輸 送 機 関 別 の 二 酸 化 炭 素 排 出 割 合 運 輸 部 門 全 体 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 のうち 自 動 車 から 排 出 される 二 酸 化 炭 素 の 割 合 は87.4% に 上 っています また 自 家 用 乗 用 車 から 排 出 される 二 酸 化 炭 素 の 割 合 は48.2%となっていま す 運 輸 部 門 における 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 旅 客 輸 送 機 関 の 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 (1 人 を1km 運 ぶ 際 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 )を 比 較 すると 自 家 用 乗 用 車 は 鉄 道 の9.6 倍 もの 二 酸 化 炭 素 を 排 出 しています 従 って 二 酸 化 炭 素 排 出 の 削 減 のためには 自 家 用 乗 用 車 に 比 べて 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 の 小 さい 公 共 交 通 機 関 の 利 用 促 進 を 図 る 必 要 があります また 貨 物 輸 送 機 関 の 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 (1トンの 荷 物 を1km 運 ぶ 際 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 ) 10

9 をみると 自 家 用 貨 物 車 は 鉄 道 の51 倍 船 舶 の26 倍 営 業 用 貨 物 車 の7 倍 の 二 酸 化 炭 素 を 排 出 しており 営 業 用 貨 物 車 の 効 率 的 活 用 及 び 船 舶 や 鉄 道 へのモーダルシフト 等 の 物 流 効 率 化 を 図 る 必 要 があります 運 輸 部 門 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 ( 輸 送 機 関 別 )2006 年 度 資 料 :GIO 温 室 効 果 ガスインベントリ より 作 成 旅 客 輸 送 機 関 別 の 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 (2006 年 度 ) 貨 物 輸 送 機 関 別 の 二 酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 (2006 年 度 ) 出 典 : 国 土 交 通 省 ホームページ 11

10 国 内 旅 客 輸 送 の 輸 送 機 関 分 担 率 ( 人 キロ)2006 年 度 国 内 貨 物 輸 送 の 輸 送 機 関 分 担 率 (トンキロ)2006 年 度 資 料 : 国 土 交 通 省 資 料 より 作 成 2 運 輸 部 門 におけるエネルギー 消 費 運 輸 部 門 の 中 では 自 動 車 のエネルギー 消 費 量 が 最 も 多 く 同 部 門 のエネルギー 消 費 量 のおよ そ87%を 占 めており しかもそのほとんどは 乗 用 車 とトラックです また 油 種 別 に 見 るとガ ソリンと 軽 油 で 運 輸 部 門 全 体 の85%を 占 めています 12

11 輸 送 機 関 別 エネルギー 消 費 割 合 と 油 種 消 費 量 (2005 年 度 ) ( 単 位 : 千 kl)( 合 計 原 油 換 算 101,825 千 kl) 出 典 : 国 土 交 通 省 交 通 関 係 エネルギー 要 覧 過 去 数 年 乗 用 車 の 燃 費 の 改 善 トラックの 自 営 転 換 の 進 展 などにより 運 輸 部 門 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 は 減 少 傾 向 を 示 しています また 我 が 国 の 自 動 車 保 有 台 数 は2007 年 度 に 初 の 減 少 ( 前 年 度 末 比 0.3% 減 )に 転 じました しかしながら 改 定 目 標 達 成 計 画 において 目 安 と 定 められた 2010 年 度 の 運 輸 部 門 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 2 億 4,000 2 億 4,300 万 tを 達 成 するためには 自 動 車 のエネルギー 消 費 量 の 削 減 に 繋 がる 様 々な 対 策 を 継 続 して 推 進 していくことが 必 要 です 自 動 車 保 有 台 数 の 推 移 資 料 : 自 動 車 検 査 登 録 情 報 協 会 資 料 より 作 成 13

12 世 界 各 国 の 自 動 車 普 及 率 世 界 の 国 々の 自 動 車 普 及 率 を 千 人 当 たり 自 動 車 保 有 台 数 で 見 ると アメリカの821 人 を 筆 頭 に 先 進 国 で 高 く 開 発 途 上 国 では 低 くなっています 近 年 中 国 やインドといっ た 途 上 国 において 高 い 経 済 成 長 を 背 景 に 自 動 車 普 及 率 が 急 伸 しています ちなみに 2005 年 の 千 人 当 たり 自 動 車 保 有 台 数 の 対 前 年 比 伸 び 率 は 世 界 平 均 の2%に 対 し 中 国 で は17% インドでは8%と 高 率 でした 巨 大 な 人 口 を 抱 えるこれらの 国 々での 自 動 車 の 普 及 が 地 球 温 暖 化 に 与 える 影 響 は 少 なくないと 予 想 され 今 後 の 動 向 が 注 目 されます 世 界 各 国 における 自 動 車 普 及 率 ( 千 人 当 たり 自 動 車 保 有 台 数 ) 2005 年 資 料 :EDMC エネルギー 経 済 統 計 要 覧 2008 年 版 より 作 成 14

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美 しい 星 へのいざない Invitation Cool Earth to (その14) 50 EUの 動 向 欧 州 理 事 会 ( 首 脳 会 合 )での 合 意 気 温 上 昇 幅 を 工 業 化 前 から2 以 内 に 抑 制 (05 年 3 月 ) EUとして 2020 年 までに1990 年 比 で 排 出 量 を 少 なくとも20%( 国 際 合 意 次 第 で 30%) 削 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx COP21の 概 要 について 2016 年 1 月 20 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 京 都 議 定 書 採 択 時 と 比 べ 世 界 のエネルギー 起 源 CO2 排 出 量 における 途 上 国 のシェ アが 急 速 に 拡 大 2010 年 時 点 において 京 都 議

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 から 分 かること 気 象 庁 地 球 環 境 海 洋 部 気 候 情 報 課 調 査 官 石 原 幸 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

Microsoft Word - 会報No8号(最終版).doc

Microsoft Word - 会報No8号(最終版).doc 温 暖 化 防 止 ながれやま 便 り 第 8 号 平 成 25 年 6 月 温 暖 化 防 止 ながれやま 代 表 春 田 育 男 流 山 市 美 田 69-57 編 集 石 垣 幸 子 平 成 25 年 度 活 動 方 針 決 まる 平 成 25 年 4 月 6 日 に 北 部 公 民 館 で 総 会 を 開 催 下 記 を 承 認 した 1,24 年 度 活 動 報 告 ( 別 記 の 通 り)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378> 資 料 1 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 推 計 方 法 二 酸 化 炭 素 (CO 2 ) 部 門 等 推 計 方 法 電 力 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績 ( 電 気 事 業 者 ヒアリング)により 推 計 産 業 部 門 都 市 ガス 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし EV PHV 普 及 に 向 けた 経 済 産 業 省 の 取 組 について 2015 年 6 月 8 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 電 池 次 世 代 技 術 ITS 推 進 室 長 吉 田 健 一 郎 化 石 燃 料 への 依 存 とCO2 排 出 化 石 燃 料 への 依 存 度 95% 以 上 運 輸 部 門 からのCO2 排 出 量 は 日 本 全 体 の 排

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 と 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 詳 細 版 ( 社 ) 全 日 本 トラック 協 会 平 成 23 年 12 月 20 日 要 望 事 項 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 ( ) 内 は 大 綱 の 該 当 ページ 1. 自 動 車 関 係 諸 税 の 簡 素 化 軽 減 の 実 現 (1) 一 般 財 源

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D> 平 成 26 年 6 月 1 日 エコアクション21 環 境 活 動 レポート H25 年 3 月 ~H26 年 2 月 株 式 会 社 太 田 建 板 工 業 427-0104 静 岡 県 島 田 市 井 口 862 番 地 TEL:0547-38-1200 FAX:0547-38-1278 1 目 次 [1] 環 境 方 針 P3 [2] 当 社 の 概 要 P4 [3] 推 進 組 織 役 割

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63> 2007 年 10 月 3 日 地 球 温 暖 化 防 止 情 報 公 開 訴 訟 3 地 裁 判 決 を 経 て 大 阪 高 裁 判 決 へ ( 省 エネ 法 第 1 種 エネルギー 管 理 指 定 工 場 ( 事 業 所 )の 燃 料 別 電 気 の 種 別 エネルギー 使 用 量 の 定 期 報 告 の 情 報 開 示 請 求 と 非 開 示 処 分 の 取 消 し 開 示 命 令 を 求 める

More information

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード] 平 成 27 年 12 月 22 日 地 球 温 暖 化 フォーラム COP21 合 意 を 受 けた 日 本 の 今 後 の 地 球 温 暖 化 対 策 について 環 境 省 地 球 環 境 局 地 球 温 暖 化 対 策 課 調 整 官 名 倉 良 雄 目 次 COP21までの 道 筋 と 結 果 について 日 本 の 約 束 草 案 について 約 束 草 案 達 成 に 向 けた 施 策 について

More information

なぜ日本はODAを行うのか

なぜ日本はODAを行うのか 気 候 変 動 交 渉 の 見 通 し ~ 国 連 気 候 サミット リマ パリに 向 けて~ 2014 年 9 月 12 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 1 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 2020 年 以 降 の 新 たな 国 際 枠 組 みに, 2015 年 のCOP21で 合 意 すべく, 現 在, 国 連

More information

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc 2014 No.14 IPCC 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 公 表 2014 年 3 月 25~29 日 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル( 以 下 IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change) 第 38 回 総 会 および 第 2 作 業

More information

神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 の 改 定 について ( 答 申 ) ~スマートチャレンジ!みんなで 創 る 低 炭 素 都 市 こうべ ~ 平 成 27 年 8 月 神 戸 市 環 境 保 全 審 議 会 ~ 神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 の 改 定 にあたって~ 神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 は 地 球 温 暖 化 対

More information

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担 ECO ACTION 21 環 境 活 動 レポート 2014 年 度 (2014 年 4 月 ~2015 年 3 月 ) 発 行 日 : 2015 年 5 月 30 日 有 限 会 社 日 本 テック 1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20824F8256816A8AC28BAB96E291E881698251824F8250825081448254814482518256816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20824F8256816A8AC28BAB96E291E881698251824F8250825081448254814482518256816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> きょうのテーマは 前 回 につづいて 環 境 問 題 2011 年 5 月 27 日 神 奈 川 大 学 名 誉 教 授 松 岡 紀 雄 2011 by Toshio Matsuoka 先 週 の 映 画 アル ゴア 元 米 副 大 統 領 のメッセージ 不 都 合 な 真 実 映 画 に 対 するこれまでの 受 講 生 のメール 1. 地 球 温 暖 化 が 緊 急 で 重 要 な 問 題 であること

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63> ミニレポート 2010-033 平 成 23 年 2 月 21 日 世 界 の 石 油 産 業 及 び 輸 送 用 燃 料 の 将 来 展 望 ~ 米 ハート 社 による 2030 年 までの 長 期 予 測 ~ 本 レポートでは 2010 年 11 月 に 米 国 ハート エネルギー コンサルティング 社 が 発 表 した 2030 年 までの 世 界 の 石 油 需 給 と 精 製 業 界 輸

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

090212 配 布 資 料 過 去 20 世 紀 にわたる 複 数 地 点 の 気 温 変 化 CO2 濃 度 の 過 去 40 万 年 と 産 業 革 命 以 降 の 変 化 過 去 約 120 年 間 の 海 水 面 の 推 移 2 関 西 大 学 楠 見

090212 配 布 資 料 過 去 20 世 紀 にわたる 複 数 地 点 の 気 温 変 化 CO2 濃 度 の 過 去 40 万 年 と 産 業 革 命 以 降 の 変 化 過 去 約 120 年 間 の 海 水 面 の 推 移 2 関 西 大 学 楠 見 090212 配 布 資 料 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 地 球 の 周 り の 二 酸 化 炭 素 が 増 えている CO 2 CO 2 太 陽 温 温 室 室 効 効 果 果 ガ ガ ス ス 熱 CO 2 CO 2 CO 2 熱 熱 太 陽 太 陽 からの エネルギー が 宇 宙 に 戻 る 1940~1980 年 の 平 均 値 に 対 する1995 年 から2004 年 の

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が Ⅶ 用 語 の 解 説 Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が 上 昇 する これを 温 室 効 果 と 呼 んでいる しかし 化 石 燃

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

8

8 第 8 章 における 低 炭 素 まちづくり 中 心 市 街 地 にふさわしい 質 の 高 い 居 住 環 境 の 創 出 と, 環 境 に 配 慮 した 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 整 備 改 善 を 行 い, 本 市 の 経 済 社 会 の 活 性 化 発 展 に 寄 与 すること を 事 業 の 目 的 としている 守 谷 市 松 並 土 地 区 画 整 理 事 業 を とします

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

Microsoft Word - ○03第3章(現況).doc

Microsoft Word - ○03第3章(現況).doc 第 3 章 地 球 温 暖 化 の 現 状 と 取 組 1 地 球 温 暖 化 のメカニズム 太 陽 からの 放 射 エネルギー( 太 陽 光 )の 大 部 分 は 地 表 面 に 吸 収 され 日 射 によって 暖 められた 地 表 面 から 赤 外 線 の 形 で 熱 が 宇 宙 空 間 に 放 出 されます 一 方 大 気 中 にある 二 酸 化 炭 素 や 水 蒸 気 などは この 赤 外

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への 2007 3 2 国 産 バイオ 燃 料 の 本 格 的 導 入 に 向 けて 水 田 の 活 用 推 進 をー 東 京 農 業 大 学 客 員 教 授 白 岩 宏 {Ⅰ} 地 球 温 暖 化 加 速 と 国 際 世 論 の 変 化 アメリカの 気 象 学 者 の 最 高 権 威 といわれるNASAのジェームス ハンセン 氏 は 地 球 温 暖 化 による 壊 滅 的 な 事 態 を 避 けるのに

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F91E632959491E6358FCD81698B548E5290E690B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F91E632959491E6358FCD81698B548E5290E690B6816A2E646F63> 第 5 章 日 本 と 環 境 亀 山 康 子 はじめに 地 球 上 に 初 めて 存 在 して 以 来 人 類 は 他 の 生 物 には 類 を 見 ない 急 激 な 速 度 で 高 度 な 文 明 を 築 き 上 げた 私 たちの 今 日 の 日 常 生 活 は この 高 度 な 文 明 に 支 えられている そして この 高 度 な 文 明 を 築 き 維 持 するために 私 たちは 地 球

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 3. 今 後 1 2 年 で 重 点 的 に 実 施 に 着 手 すべき 八 つの 戦 略 戦 略 1 気 候 変 動 問 題 の 克 服 に 向 けた 国 際 的 リーダーシップ 1 世 界 が 取 り 組 むべき 方 向 (その1) 排 出 量 と 吸 収 量 のバランス 温 室 効 果 ガス 濃 度 安 定 化 のためには 排 出 量 を 今 後 自 然 吸 収 量 と 同 等 まで 減 らさね

More information

環境活動レポート

環境活動レポート 作 成 日 平 成 26 年 1 月 20 日 環 境 活 動 レポート H24 年 11 月 ~H25 年 10 月 有 限 会 社 星 山 商 店 ご 挨 拶 有 限 会 社 星 山 商 店 は1965 年 創 業 以 来 資 源 回 収 業 として 歩 んでまいりました 私 共 の 活 動 は 自 然 環 境 に 対 する 貢 献 が 大 きいことを 重 く 受 け 止 め 次 ページの 環

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ 現 象 とラニーニャ 現 象 (2) 地 球 温 暖 化 の 停 滞? Hiatus の 発 生 1 海 洋 熱 吸 収 の 活 発 化 について 2 気 候 モデルに

目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ 現 象 とラニーニャ 現 象 (2) 地 球 温 暖 化 の 停 滞? Hiatus の 発 生 1 海 洋 熱 吸 収 の 活 発 化 について 2 気 候 モデルに 日 本 地 球 惑 星 科 学 連 合 2013 年 秋 の 公 開 講 演 会 地 球 温 暖 化 と 近 年 の 異 常 気 象 講 師 : 東 京 大 学 大 気 海 洋 研 究 所 渡 部 雅 浩 先 生 慶 應 義 塾 女 子 高 校 1 年 堀 江 美 音 目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カーボンレジストリ オンライン 入 力 方 法 一 般 社 団 法 人 イクレイ 日 本 注 意 事 項 赤 いアスタリスク * のついた 項 目 は 入 力 必 須 項 目 です 資 料 添 付 欄 に * が 付 いている 場 合 があります 英 語 の 資 料 がある 場 合 はそれを 日 本 語 資 料 の みの 場 合 は その 旨 を 記 載 した 文 書 をアップロードして 下 さい

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

Microsoft PowerPoint - METI Asahi 20090205 J .ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - METI Asahi 20090205 J .ppt [互換モード] 次 世 代 自 動 車 燃 料 イニシアティブについて 平 成 21 年 2 月 13 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 目 次 1. 自 動 車 環 境 エネルギー 制 約 2. 大 気 汚 染 問 題 への 対 応 3. 地 球 温 暖 化 問 題 への 対 応 4.エネルギー 制 約 への 対 応 5.おわりに ~ 次 世 代 自 動 車 燃 料 イニシアティブは 美

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

2011年12月10日

2011年12月10日 2011 年 12 月 10 日 プレスリリース COP17 参 加 NGOからの 日 本 政 府 への 緊 急 声 明 平 成 24 年 度 税 制 改 正 における 自 動 車 課 税 地 球 温 暖 化 対 策 税 に 関 して 12 月 10 日 政 府 は 2012 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 閣 議 決 定 し 自 動 車 重 量 税 を 1,500 億 円 減 税 することを

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

環境活動レポート

環境活動レポート 作 成 日 平 成 27 年 1 月 20 日 環 境 活 動 レポート H25 年 11 月 ~H26 年 10 月 有 限 会 社 星 山 商 店 ご 挨 拶 有 限 会 社 星 山 商 店 は1965 年 創 業 以 来 資 源 回 収 業 として 歩 んでまいりました 私 共 の 活 動 は 自 然 環 境 に 対 する 貢 献 が 大 きいことを 重 く 受 け 止 め 次 ページの 環

More information

関 係 しない 内 容 を 叫 んで 自 分 の 非 を 認 めなかった 他 の 出 演 者 は 他 人 の 意 見 に 頷 くこ とも 多 々あるが 田 嶋 氏 は 他 のテーマでも 他 人 の 意 見 に 頷 くことは 少 なく 議 論 で 不 利 になると 大 声 でテーマとずれた 発 言 を

関 係 しない 内 容 を 叫 んで 自 分 の 非 を 認 めなかった 他 の 出 演 者 は 他 人 の 意 見 に 頷 くこ とも 多 々あるが 田 嶋 氏 は 他 のテーマでも 他 人 の 意 見 に 頷 くことは 少 なく 議 論 で 不 利 になると 大 声 でテーマとずれた 発 言 を 私 の 意 見 そこまで 言 って 委 員 会 2014.10.23 碇 本 岩 男 1 まえがき 前 回 の 投 稿 では 報 道 番 組 を 謳 っていること テレビの 影 響 は 大 きいことから 反 原 発 に 偏 った 報 道 を 意 図 的 にしていることを 承 知 の 上 で あえて 報 道 ステーション の 放 送 内 容 の 問 題 点 について 取 り 上 げた 今 回 は たかじんのそこまで

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478> 資 料 4 LPガスの 緊 急 時 供 給 体 制 に 係 る 現 状 と 課 題 平 成 26 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 1. 対 策 の 現 状 と 課 題 LPガスサプライチェーンの 強 靱 化 1 LPガスサプライチェーンの 意 義 と 直 面 する 課 題 LPガスサプライチェーンの 意 義 LPガスは 大 規 模 災 害 等 により 電 力 都 市 ガス 供

More information

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美 しい 星 へのいざない Invitation Cool Earth to (その18) 50 ライフスタイルを 見 直 し 1 人 1 日 で1kgを 目 指 して CO 2 ダイエット 京 都 議 定 書 6% 削 減 目 標 の 達 成 に 向 けて 積 み 重 ねで 1kg 1 億 2,800 万 人 365 日 > = 約 4700 万 t/ 年 家 庭 部 門 の 削 減 目 標

More information

検 討 の 背 景 1. 内 航 海 運 フェリー 事 業 ( 以 下 内 航 海 運 等 という )は 近 年 国 内 産 業 構 造 の 変 化 や 世 界 経 済 のグローバル 化 の 加 速 などを 受 け その 経 営 を 巡 る 環 境 は 大 変 厳 しい 特 に 2004 年 11

検 討 の 背 景 1. 内 航 海 運 フェリー 事 業 ( 以 下 内 航 海 運 等 という )は 近 年 国 内 産 業 構 造 の 変 化 や 世 界 経 済 のグローバル 化 の 加 速 などを 受 け その 経 営 を 巡 る 環 境 は 大 変 厳 しい 特 に 2004 年 11 日 本 の 内 航 海 運 等 の 果 たす 役 割 と 将 来 展 望 東 京 大 学 公 共 政 策 大 学 院 客 員 研 究 員 長 谷 知 治 平 成 23 年 12 月 3 日 検 討 の 背 景 1. 内 航 海 運 フェリー 事 業 ( 以 下 内 航 海 運 等 という )は 近 年 国 内 産 業 構 造 の 変 化 や 世 界 経 済 のグローバル 化 の 加 速 などを 受

More information

印刷 mizunokenzai.fax@gmail.com_20081005_100403.tif (4 ページ)

印刷 mizunokenzai.fax@gmail.com_20081005_100403.tif (4 ページ) 参 議 院 議 員 ( 地 球 温 暖 化 対 策 本 部 事 務 総 長 ) 福 山 哲 郎 様 提 案 書 地 球 規 模 での 環 境 の 改 善 に 世 界 が 取 り 組 む 様 になりました 特 に 温 暖 化 の 問 題 は 各 国 の 事 情 や 政 治 家 の 思 案 で 延 期 される 様 なものではなく こ の 地 球 に 生 息 するすべての 生 物 に 永 久 を 与 える

More information

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大 2014 環 境 活 動 レポート 期 間 2014 1 月 ~12 月 目 次 登 録 事 業 所 の 概 要 環 境 方 針 環 境 目 標 と 実 績 環 境 活 動 計 画 の 内 容 環 境 活 動 取 組 結 果 の 評 価 ビル 管 理 法 関 連 の 有 資 格 者 環 境 関 連 法 規 への 違 反 訴 訟 等 の 有 無 株 式 会 社 エイコーサービス 2015 2 月 28

More information

裁決録

裁決録 平 成 16 年 仙 審 第 70 号 貨 物 船 第 八 あきつ 丸 貨 物 船 ミハイル ルコニン 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 7 月 28 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 原 清 澄, 半 間 俊 士, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 今 泉 豊 光 受 審 人 A 職 名 ミハイル ルコニン 水 先 人 水 先 免 許 小 名 浜 水 先 区

More information

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx 平 成 19 年 3 月 期 決 算 2007 年 5 月 9 日 第 07017 号 JALグループは 本 日 平 成 19 年 3 月 期 の 連 結 決 算 並 びに 平 成 20 年 3 月 期 の 連 結 業 績 目 標 を 取 り 纏 めました 概 要 は 以 下 のとおりです 1. JALグループ 連 結 決 算 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 19 年 3 月 期 決 算 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230355F3230313389C68C7695EB82A482BF8347835295F18D908F9188C4816990A28CC38F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313230355F3230313389C68C7695EB82A482BF8347835295F18D908F9188C4816990A28CC38F4390B3816A2E646F63> 奈 良 の 環 境 家 計 簿 うちエコ 診 断 にご 協 力 ありがとうございました ~ 213 年 度 実 施 結 果 のご 報 告 ~ Ⅰ 奈 良 の 環 境 家 計 簿 実 施 結 果 1. 環 境 家 計 簿 の 役 割 日 常 生 活 で 地 球 温 暖 化 の 原 因 となる 温 室 効 果 ガス (ほとんどが 二 酸 化 炭 素 :CO 2 )をどのくらい 排 出 して いるのか 普

More information

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031352E362E31322D342E786C73>

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031352E362E31322D342E786C73> エコアクション21 環 境 活 動 レポート (2014 年 4 月 1 日 ~2015 年 3 月 31 日 ) 2015 年 6 月 12 日 発 行 2015 年 7 月 17 日 改 訂 関 共 栄 金 属 株 式 会 社 1 関 共 栄 金 属 株 式 会 社 環 境 方 針 我 社 は 金 属 加 工 を 主 体 とする 企 業 活 動 において 地 球 を 守 り 社 会 と 共 存

More information

新たな海洋基本計画に向けた提言

新たな海洋基本計画に向けた提言 新 たな 海 洋 基 本 計 画 に 向 けた 提 言 2012 年 7 月 17 日 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 1.はじめに わが 国 は 国 土 の 四 方 を 海 に 囲 まれた 海 洋 国 家 であり 国 土 面 積 は 世 界 第 61 位 の 約 38 万 km2であるのに 対 して 領 海 および 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ:Exclusive

More information

●14_b02_KC堺サイトレポート●(141001) (2)1017-0127改.xls

●14_b02_KC堺サイトレポート●(141001) (2)1017-0127改.xls 1. 事 業 概 要 住 所 5928332 堺 市 西 区 石 津 西 町 142 従 業 員 数 ( 協 力 会 社 ) 168(9) 名 (H26(2014).4.1 現 在 ) 敷 地 面 積 事 業 内 容 27600m2 堺 工 場 ( 開 発 部 品 質 保 証 部 生 産 技 術 部 管 更 生 事 業 ユニット 含 む) 塩 ビ 管 継 手 ポリエチレン 管 継 手 の 製 造 主

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20454D5393FC96E5B6DEB2C4DECCDEAFB82E646F63> 3. 省 エネルギーに 取 り 組 みましょう まずは 現 状 把 握 から 始 めましょう 今 まで 以 上 に 効 果 的 な 省 エネルギー 活 動 に 取 り 組 んでいくには まずは 現 状 把 握 に 努 める 必 要 があります 担 当 者 を 中 心 に 次 のような 流 れで 現 状 把 握 活 動 を 始 めましょう 電 気 や 燃 料 の 使 用 状 況 の 確 認 が 必 要

More information

1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2 CO2)の 体 感 実 験 3. 実 験 結 果 の 発 表 4. 温 室 効 果 の 屋 外 実 験 5. 実 験 結 果 の 考 察 6. 地 球 温 暖 化 のメカニズム 7. CO2 濃 度 のグラフを

1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2 CO2)の 体 感 実 験 3. 実 験 結 果 の 発 表 4. 温 室 効 果 の 屋 外 実 験 5. 実 験 結 果 の 考 察 6. 地 球 温 暖 化 のメカニズム 7. CO2 濃 度 のグラフを この 活 動 は 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 の 平 成 23 年 度 科 学 コミュニケーション 連 携 推 進 事 業 機 関 活 動 支 援 を 受 けて 実 施 しています 平 成 23 年 7 月 24 日 倉 敷 科 学 センター 特 定 非 営 利 活 動 法 人 co2sos 1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2

More information

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭

1. 市 の 概 要 面 積 342.39km2 人 口 85,793 人 ( 平 成 26 年 3 月 1 日 現 在 ) 世 帯 数 35,203 世 帯 ( ) 市 制 施 行 昭 和 18 年 5 月 27 日 舞 鶴 市 は 京 都 府 の 北 東 に 位 置 し 日 本 海 の 若 狭 福 生 市 議 会 議 長 乙 津 豊 彦 様 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 末 次 和 夫 平 成 26 年 度 福 生 市 議 会 横 田 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 本 委 員 会 は 平 成 26 年 度 行 政 視 察 を 次 の 通 り 実 施 しましたので 報 告 いたします 1. 視 察 日 程 平 成 26 年 6 月 25

More information

Microsoft Word PFI事業者選定結果の公表.doc

Microsoft Word PFI事業者選定結果の公表.doc 特 定 事 業 として 選 定 した 埼 玉 県 朝 霞 地 方 庁 舎 ほかエコオフィス 化 改 修 事 業 に 係 る 事 業 者 を 選 定 したので 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 117 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき その 結 果 を 公 表 します 平 成 22

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

算定報告マニュアル

算定報告マニュアル 第 Ⅳ 編 付 録 1. 業 種 別 の 算 定 事 例 ここでは 主 な 業 種 別 に 対 象 の 判 定 や 報 告 する 排 出 量 の 算 定 を 行 う 事 例 をサンプルとして 示 し ます 1.1 セメント 製 造 事 業 所 1.2 電 気 事 業 者 ( 火 力 発 電 所 ) 1.3 オフィス 等 電 気 及 び 熱 利 用 中 心 の 事 業 者 ( 小 売 業 ) 1.4

More information

目 次 ページ 環 境 方 針 2 1 事 業 活 動 の 概 要 3 2 対 象 範 囲 4 3 実 施 体 制 4 4 環 境 目 標 とその 実 績 5 5 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 1 6 環 境 活 動 の 取 組 み 結 果 と 評 価 年 間 の 取

目 次 ページ 環 境 方 針 2 1 事 業 活 動 の 概 要 3 2 対 象 範 囲 4 3 実 施 体 制 4 4 環 境 目 標 とその 実 績 5 5 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 1 6 環 境 活 動 の 取 組 み 結 果 と 評 価 年 間 の 取 写 真 新 緑 の 熊 本 城 167 年 加 藤 清 正 (せいしょこさん)が 築 城! 4 年 後 の211 年 3 月 12 日 九 州 新 幹 線 全 線 開 業! 目 次 ページ 環 境 方 針 2 1 事 業 活 動 の 概 要 3 2 対 象 範 囲 4 3 実 施 体 制 4 4 環 境 目 標 とその 実 績 5 5 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 1 6 環 境

More information

Microsoft Word - 1502(last).docx

Microsoft Word - 1502(last).docx 今 号 のトピックス 環 境 保 護 汚 染 物 質 排 出 削 減 1. 環 境 保 護 部 2014 年 の 汚 染 物 質 総 量 削 減 目 標 を 達 成 2.2014 年 浙 江 省 の PM2.5 平 均 濃 度 53μg/m3 2013 年 比 13.1% 減 3. 浙 江 省 が 2015 年 環 境 汚 染 対 策 を 発 表 水 大 気 工 業 重 金 属 を 重 点 に 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209E778CB491BA90568347836C838B834D815B8FDA8DD7837283578387839395F18D908F9172657631352E36816993FC8D659770816A2D89FC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209E778CB491BA90568347836C838B834D815B8FDA8DD7837283578387839395F18D908F9172657631352E36816993FC8D659770816A2D89FC2E646F63> 地 域 新 エネルギー 省 エネルギービジョン 策 定 等 事 業 ~ 重 点 ビジョン ~ 平 成 21 年 2 月 檜 原 村 村 長 あいさつ 私 たちは 石 炭 や 石 油 などの 化 石 燃 料 を 有 効 に 活 用 し 経 済 活 動 の 活 性 と 豊 かで 住 み 良 い 生 活 を 築 いてきましたが この 化 石 燃 料 の 消 費 は それ に 伴 って 発 生 する CO2

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 2 再 生 可 能 エネルギー 及 び 省 エネルギーに 関 する 新 たな 県 計 画 策 定 検 討 委 員 会 資 料 地 球 温 暖 化 対 策 の 動 向 について 平 成 26 年 9 月 環 境 省 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 環 境 対 策 課 1 地 球 温 暖 化 対 策 の 国 際 交 渉 の 状 況 について 1 世 界 の 温 室 効 果 ガス 排

More information