本文

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "本文"

Transcription

1 Aug 8, 2016 中 国 経 済 情 報 2016 年 8 月 号 内 容 1. 伊 藤 忠 拠 点 が 見 た 中 国 経 済 情 勢 (1) 新 常 態 を 先 取 りする 地 域 製 造 業 は 不 振 ながら サービス 業 のすそ 野 は 拡 大 三 次 産 業 主 導 の 成 長 への 移 行 が 進 む (2) 新 たなけん 引 役 として 期 待 される 中 西 部 地 域 製 造 業 や 小 売 り サ ービス 業 が 好 調 二 次 産 業 三 次 産 業 とも 高 い 成 長 (3) 過 剰 生 産 解 消 に 苦 しむ 地 域 重 厚 長 大 型 の 製 造 業 の 不 振 が 続 く 産 業 構 造 の 転 換 に 遅 れ Summary 伊 藤 忠 拠 点 が 見 た 中 国 経 済 の 現 状 ~ 成 長 の 中 心 は から 中 西 部 へ~ では 伊 藤 忠 商 事 の 中 国 各 拠 点 の 協 力 を 得 て 今 年 7 月 上 旬 に 現 地 の 景 況 感 についてのアンケート 調 査 を 実 施 した その 結 果 中 西 部 地 域 の 景 況 感 が 相 対 的 に 良 好 地 域 の 景 況 感 が 悪 い 西 高 東 低 の 状 況 が 続 いていることが 確 認 された 地 域 では 鋼 材 や 石 炭 ガラス セメントなどの 過 剰 生 産 業 種 を 中 心 とした 製 造 業 の 景 気 が 悪 く 一 方 で 教 養 娯 楽 分 野 などサービス 消 費 が 幅 広 く 拡 大 している 名 目 GDP に 占 める 三 次 産 業 のシェアは 既 に 二 次 産 業 を 上 回 っており 新 常 態 と 呼 ばれる 三 次 産 業 主 導 の 安 定 成 長 を 他 の 地 域 に 先 駆 けて 実 現 しつつある 中 西 部 地 域 は 自 動 車 関 連 や 小 売 り サービス 分 野 インフラ 関 連 など 景 気 の 良 い 業 種 が 目 立 つ 中 西 部 の 実 質 GDP 成 長 率 は 他 の 地 域 に 比 べて 高 いが その 背 景 には 西 部 大 開 発 に 始 まる 一 連 の 政 策 的 な 支 援 がある また 中 西 部 の GDP に 占 める 産 業 別 シェアは 依 然 として 二 次 産 業 が 三 次 産 業 を 上 回 っており 補 助 金 や 税 制 優 遇 などもあって 二 次 産 業 が 経 済 の 柱 となっている ただ 三 次 産 業 もシェアを 高 めるなど 堅 調 な 拡 大 を 続 けており 中 西 部 は 一 昔 前 の 上 海 北 京 のように 二 次 産 業 三 次 産 業 がともに 高 い 成 長 を 続 ける 段 階 にある 2. まとめ 成 長 の 中 心 は から 中 西 部 へ 主 席 研 究 員 武 田 淳 ( ) 主 任 研 究 員 須 賀 昭 一 ( ) 地 域 は 過 剰 生 産 業 種 を 中 心 とした 重 化 学 工 業 の 不 振 が 目 立 つほ か 石 油 石 炭 業 界 などの 資 源 分 野 も 苦 戦 している 鉱 工 業 生 産 総 額 の 上 位 には 鉄 鋼 やセメント ガラスなどの 過 剰 生 産 業 種 や 石 油 などの 鉱 物 資 源 関 連 産 業 が 並 んでおり 主 力 である 二 次 産 業 の 成 長 率 は 他 の 地 域 を 下 回 っている GDP に 占 める 三 次 産 業 の 割 合 は 上 昇 傾 向 にあるが 未 だ 二 次 産 業 を 下 回 っており 産 業 構 造 の 転 換 が 遅 れていることが 低 成 長 につながっている 以 上 の 状 況 にマクロ 的 な 分 析 を 加 えると は 経 済 の 成 熟 化 に 伴 って 成 長 ペースが 鈍 化 する 成 熟 先 進 地 域 に 分 類 され 成 長 の 原 動 力 は 三 次 産 業 であり は 未 成 熟 のうちに 構 造 的 な 問 題 を 抱 えた 停 滞 後 進 地 域 中 西 部 は 成 長 余 地 が 大 きく 成 長 率 が 相 対 的 に 高 い 発 展 中 後 進 地 域 となろう 中 国 経 済 における の 圧 倒 的 な 存 在 感 は 変 わらないが 成 長 という 意 味 では 中 西 部 に 中 心 が 移 りつつある

2 1. 伊 藤 忠 拠 点 が 見 た 中 国 経 済 情 勢 では 伊 藤 忠 商 事 の 中 国 各 拠 点 の 協 力 を 得 て 今 年 7 月 上 旬 に 現 地 の 景 況 感 についての アンケート 調 査 を 実 施 した その 概 要 は 下 表 の 通 りであるが 前 回 (2015 年 9 月 )の 結 果 と 比 較 すると 中 西 部 地 域 の 景 況 感 が 相 対 的 に 良 好 地 域 の 景 況 感 が 悪 い 西 高 東 低 の 状 況 が 続 いている ただし 前 回 の 調 査 では 極 めて 良 好 だった 中 西 部 の 成 都 が 良 好 に 一 段 階 低 下 し 極 めて 悪 い 状 況 であった 大 連 が 中 立 に 一 段 階 上 昇 したため 極 めて 良 好 極 めて 悪 い とする 地 域 がなくなり ばらつき 度 合 いは 縮 小 した 伊 藤 忠 中 国 拠 点 から 見 た 各 地 域 の 経 済 情 勢 地 域 評 価 (5 段 階 ) 2015 年 9 月 2016 年 7 月 西 部 地 域 : 内 モンゴル 陝 西 寧 夏 甘 粛 重 慶 四 川 貴 州 雲 南 広 西 青 海 チベット 新 疆 東 北 3 省 : 黒 竜 江 吉 林 遼 寧 前 回 との 比 較 黒 竜 江 省 北 京 市 中 立 天 津 市 3 中 立 3 中 立 新 疆 ウイグル 自 治 区 中 部 地 域 : 山 西 河 南 安 徽 湖 南 湖 北 江 西 内 モンゴル 自 治 区 遼 寧 省 吉 林 省 上 海 市 4 やや 悪 い 4 やや 悪 い 山 東 省 青 島 2 やや 良 好 4 やや 悪 い 青 海 省 寧 夏 回 族 自 治 区 山 西 省 北 京 市 天 津 市 河 北 省 山 東 省 浙 江 省 寧 波 3 中 立 4 やや 悪 い 甘 粛 省 陝 西 省 河 南 省 江 蘇 省 広 東 省 広 州 2 やや 良 好 2 やや 良 好 吉 林 省 長 春 4 やや 悪 い 4 やや 悪 い チベット 自 治 区 四 川 省 重 慶 市 湖 北 省 安 徽 省 江 西 省 上 海 市 浙 江 省 黒 竜 江 省 哈 爾 浜 3 中 立 3 中 立 貴 州 省 湖 南 省 福 建 省 遼 寧 省 大 連 5 極 めて 悪 い 3 中 立 雲 南 省 広 西 チワン 族 自 治 区 広 東 省 中 西 部 重 慶 市 やや 良 好 四 川 省 成 都 1 極 めて 良 好 2 やや 良 好 海 南 省 地 域 : 北 京 天 津 河 北 山 東 江 蘇 上 海 浙 江 福 建 広 東 海 南 〇 は 伊 藤 忠 拠 点 所 在 地 また 今 回 のアンケート 結 果 をマクロ 統 計 と 併 せて 見 ると 以 下 で 述 べるように 各 地 域 における 景 気 の 実 態 が より 立 体 的 に 浮 かび 上 がってきた (1) 新 常 態 を 先 取 りする 地 域 製 造 業 は 不 振 ながらサービス 業 のすそ 野 は 拡 大 ( 沿 海 部 )における 景 気 の 現 状 評 価 は 対 象 となった 6 都 市 ( 北 京 天 津 上 海 青 島 寧 波 広 州 )のうち やや 良 好 が 1 ヶ 所 ( 広 州 ) 中 立 が 2 ヶ 所 ( 北 京 天 津 ) やや 悪 いが 3 ヶ 所 ( 上 海 青 島 寧 波 )であり 結 果 はばらついたが 平 均 的 には 中 立 から やや 悪 い 寄 りの 状 況 と 言 える における 景 気 が 悪 い 業 種 分 野 としては 鋼 材 や 石 炭 ガラス セメントなどの 過 剰 生 産 業 種 を 中 心 とした 製 造 業 が 多 く 挙 げられた とりわけ 前 回 から 景 気 判 断 が 悪 化 した 青 島 と 寧 波 は それぞ れ 化 学 や 繊 維 といった 特 定 の 製 造 業 で 業 績 の 悪 化 が 指 摘 されている また 消 費 分 野 においても ぜ 2

3 いたく 禁 止 令 の 影 響 などで 需 要 の 低 迷 が 続 く 酒 類 時 計 バッグなど 高 級 な 消 費 財 やレストランなど いわゆる ぜいたく 消 費 分 野 が 低 迷 しているとのコメントが 多 く 見 られた 一 方 景 気 が 良 い 業 種 分 野 としては 教 育 やペット 楽 器 など いわゆる 教 養 娯 楽 分 野 への 支 出 が 旺 盛 で サービス 消 費 が 幅 広 く 拡 大 している 様 子 が 窺 われた 所 得 水 準 の 上 昇 に 伴 って 個 人 消 費 の 高 度 化 が 進 んでいる 模 様 である また 自 動 車 関 連 のほか 粉 ミルクや 玩 具 などの 子 ども 用 品 空 気 清 浄 器 や 浄 水 器 などの 環 境 関 連 商 品 については 消 費 のみならず 製 造 業 も 好 調 という 指 摘 もあった 三 次 産 業 主 導 の 成 長 への 移 行 が 進 む このように 地 域 では 製 造 業 などの 二 次 産 業 が 低 迷 する 一 方 で 個 人 消 費 関 連 を 中 心 とする 三 次 産 業 のすそ 野 が 広 がっている この 様 子 を 名 目 GDP の 産 業 別 シェアで 確 認 すると 三 次 産 業 のシェアは 2010 年 には 二 次 産 業 を 約 5%ポイント 程 度 下 回 る 44.3%で あったが 2013 年 に 逆 転 し 2015 年 には 二 次 産 業 を 約 7%ポイント 上 回 る.8%まで 上 昇 した 後 述 の 通 り 他 の 地 域 では 依 然 として 二 次 産 業 のシェアが 三 次 産 業 を 上 回 っており 地 域 は 三 次 産 業 を 中 心 とす る 経 済 構 造 への 転 換 が 最 も 進 んでいる 地 域 だと 言 える 過 去 を 振 り 返 ると 地 域 は 1979 年 の 改 革 開 放 後 上 海 の 浦 東 新 区 やシンセンを 筆 頭 とする 経 済 特 区 など 中 央 政 府 の 政 策 的 後 押 しと 沿 海 部 の 地 理 的 優 位 性 を 活 かした 輸 出 拠 点 として 中 国 経 済 の 発 展 をけん 引 してきた しかしながら 近 年 は 人 件 費 や 人 民 元 相 場 の 上 昇 によって こうした 輸 出 に 軸 足 を 置 いた 経 済 発 展 モデルは 限 界 にきているため 政 府 は 三 次 産 業 ( 個 人 消 費 ) 主 導 の 経 済 発 展 モ デルへ 転 換 し 持 続 的 な 成 長 を 目 指 す 方 針 に 移 行 しつつある こうした 流 れを 受 けて 習 近 平 政 権 は 2014 年 に 三 次 産 業 主 導 の 安 定 成 長 を 新 常 態 (ニューノーマル) と 命 名 し 中 国 全 体 を 輸 出 投 資 主 導 の 過 度 な 高 成 長 から 緩 やかに 減 速 させ 新 常 態 にソフトランディングさせる 目 標 を 掲 げた 東 部 地 域 はまさに こうした 新 常 態 を 他 の 地 域 に 先 駆 けて 実 現 しつつある 地 域 と 言 うことができよ う (%) 名 目 GDPの 産 業 別 シェアの 推 移 二 次 産 業 ( ) 三 次 産 業 ( ) ( 注 ) 一 次 産 業 はおおむね5~6%で 横 ばい (2) 新 たなけん 引 役 として 期 待 される 中 西 部 地 域 製 造 業 や 小 売 り サービス 業 が 好 調 中 西 部 ( 成 都 重 慶 ) 地 域 の 拠 点 が 見 た 景 気 の 現 状 評 価 は どちらも やや 良 好 であった 詳 細 を 見 ると 重 慶 では 製 造 業 の 柱 の 一 つであるノー トパソコンの 生 産 が 伸 び 悩 んでいるとの 指 摘 があった ものの 総 じて 景 気 が 良 い 業 種 分 野 についてのコメ ントが 目 立 った 例 を 挙 げると 自 動 車 産 業 について 自 動 車 販 売 台 数 上 位 10 都 市 (2015 年 1~10 月 ) ( 万 台 ) 都 市 名 省 販 売 台 数 都 市 名 省 販 売 台 数 成 都 四 川.0 鄭 州 河 南 23.9 深 セン 広 東 35.4 蘇 州 江 蘇 23.5 北 京 直 轄 32.8 西 安 陝 西 21.4 重 慶 直 轄 31.5 上 海 直 轄 20.5 南 京 江 蘇 24.1 武 漢 湖 北 19.9 ( 注 ) 網 掛 けは 新 規 ナンバープレート 数 を 制 限 している 都 市 3

4 は 関 連 産 業 が 集 積 している 重 慶 において 内 需 向 けの 生 産 販 売 が 好 調 であり 成 都 でも 販 売 状 況 は 良 好 成 都 の 自 動 車 販 売 台 数 は 渋 滞 緩 和 のため 購 入 規 制 を 実 施 している の 大 都 市 を 抑 えて 第 1 位 (2015 年 1~10 月 ) 重 慶 も 4 位 となるなど 中 西 部 地 域 の 大 都 市 は 中 国 における 自 動 車 産 業 拡 大 の 一 翼 を 担 っている 様 子 がうかがえた 自 動 車 以 外 でも ネット 消 費 を 含 む 小 売 サービス 消 費 は 旺 盛 であり また 世 界 遺 産 が 多 い 四 川 省 で は 成 都 への 年 間 訪 問 客 数 が 2009 年 の 5 千 万 人 程 度 から 2015 年 には 2 億 人 近 くまで 約 4 倍 に 拡 大 観 光 業 が 好 調 のようである さらに 沿 海 部 に 比 べてインフラ 整 備 が 遅 れている 中 西 部 地 域 においては 空 港 の 整 備 拡 張 高 速 鉄 道 網 の 整 備 が 急 速 に 進 むなどインフラ 需 要 も 旺 盛 という 指 摘 もあった ( 百 万 人 ) 年 間 訪 問 客 数 ( 国 内 ) 300 北 京 2 上 海 成 都 二 次 産 業 三 次 産 業 とも 高 い 成 長 比 較 的 良 好 な 経 済 情 勢 にある 中 西 部 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 を 見 ると 2009 年 頃 から や を 上 回 っており 2015 年 は ベースの 成 長 率 が 前 年 同 期 比 +6.9% が 7.9% が+5.1%にとどまる 中 で 中 部 +8.2% 西 部 +8.6%と 相 対 的 に 高 成 長 を 維 持 した かつて 中 西 部 は 内 陸 で 海 に 面 しておらず 山 地 や 砂 漠 が 多 くを 占 める 自 然 条 件 もあり 交 通 社 会 イ ンフラの 整 備 が 遅 れ 経 済 発 展 も 立 ち 遅 れていた し ( 前 年 比 %) 実 質 GDP 成 長 率 の 推 移 中 部 西 部 統 計 の 作 成 元 が 異 なるため 値 は 各 地 方 の 平 均 値 と 一 致 しない かしながら 2000 年 に 打 ち 出 された 西 部 大 開 発 や 最 近 では 一 帯 一 路 政 策 中 部 地 域 におい ては 2006 年 の 中 部 崛 起 計 画 などの 政 策 支 援 によって 道 路 鉄 道 網 の 整 備 が 急 速 に 進 み これ を 弾 みとして 上 記 の 通 り 他 の 地 域 を 上 回 る 高 い 成 長 を 続 けている また 中 西 部 地 域 の GDP に 占 める 産 業 別 のシェア を 見 ると 二 次 産 業 が 低 下 し 三 次 産 業 が 上 昇 してい る 傾 向 は と 同 様 であるが 依 然 として 二 次 産 業 のシェア(46.6% 2015 年 )が 三 次 産 業 (42.0%) を 上 回 っており 現 在 の 状 況 は 概 ね の 2010 年 頃 と 同 じ 割 合 となっている つまり 中 西 部 におい て 二 次 産 業 は 引 き 続 き 経 済 の 大 きな 柱 であり 自 動 車 や IT 産 業 の 一 大 集 積 地 となりつつある 現 状 が 示 すように 補 助 金 や 税 制 などの 政 策 的 支 援 交 通 (%) インフラ 整 備 コストを 含 めた 人 的 資 源 確 保 の 優 位 性 地 場 需 要 への 期 待 などを 背 景 に 成 長 を 続 けている 4 名 目 GDPの 産 業 別 シェアの 推 移 二 次 産 業 ( 中 西 部 ) 三 次 産 業 ( 中 西 部 ) 2. 一 次 産 業 は11~13% 台 で 推 移

5 一 方 三 次 産 業 についても 卸 売 小 売 業 のほか 成 都 を 中 心 とした 四 川 省 では 観 光 業 が 好 調 であり 金 融 や 物 流 拠 点 としても 期 待 されるなど 二 次 産 業 を 上 回 る 成 長 によって GDP に 占 めるシェアを 高 めている このように 中 西 部 は 一 昔 前 の 上 海 北 京 のように 二 次 産 業 三 次 産 業 がともに 高 い 成 長 を 続 ける 段 階 にあり 今 や 経 済 成 長 という 意 味 では に 代 わる 存 在 となる 地 域 であろう (3) 過 剰 生 産 解 消 に 苦 しむ 地 域 重 厚 長 大 型 の 製 造 業 の 不 振 が 続 く 地 域 の 景 気 の 現 状 評 価 については 3 都 市 のうち 中 立 が 2 ヶ 所 ( 哈 爾 濱 大 連 ) やや 悪 い が 1 ヶ 所 ( 長 春 )であり 良 好 がない 分 全 体 として やや 悪 い 状 況 にあると 言 える なかでも 過 剰 生 産 業 種 を 中 心 とした 重 化 学 工 業 の 不 振 が 目 立 っている また 粗 鋼 生 産 量 国 内 第 4 位 (2015 年 ) の 鞍 山 鉄 鋼 の 大 規 模 な 人 員 削 減 方 針 のほか 石 油 石 炭 業 界 などの 資 源 分 野 の 苦 戦 が 各 拠 点 で 指 摘 されている 一 方 で においても スポーツジムやダイエット などの 健 康 カラオケなどの 娯 楽 子 ども 用 品 インテ リアなどの 生 活 関 連 消 費 観 光 業 が 好 調 であり 三 次 産 業 もすそ 野 が 広 がりつつある 側 面 が 見 られた また 自 動 車 販 売 も 回 復 基 調 との 指 摘 もあった 鉱 工 業 生 産 総 額 のシェア(2014 年 ) その 他 51% 自 動 車 12% 石 油 11% 鉄 鋼 9% 食 品 加 工 10% 非 金 属 (セ メント ガ ラス 等 ) 7% ( 備 考 ) 遼 寧 統 計 年 鑑 (2014 年 ) 吉 林 統 計 年 鑑 (2014 年 ) 黒 竜 江 統 計 年 鑑 (2014 年 )より 作 成 産 業 構 造 の 転 換 に 遅 れ は 伝 統 的 に 重 化 学 工 業 が 盛 んな 地 域 であり 鉱 工 業 生 産 総 額 の 上 位 には 鉄 鋼 やセメント ガラス などの 過 剰 生 産 業 種 や 石 油 などの 鉱 物 資 源 関 連 産 業 が 並 ぶ 政 府 は 過 剰 生 産 業 種 に 対 して 生 産 抑 制 を 強 い ており これらの 業 種 が 多 い では 2013 年 から 二 次 産 業 の 成 長 率 が 他 の 地 域 を 下 回 っている 2015 年 には 前 年 比 で+2.7%まで 低 下 し GDP 成 長 率 を 大 き く 押 し 下 げる 要 因 となった における 設 備 の 過 剰 度 合 いは 投 資 比 率 ( 固 定 資 産 投 資 / 名 目 GDP)を 見 れば 一 目 瞭 然 である 投 資 比 率 は リーマン ショック 以 降 平 均 で 概 ね 45% 程 度 で 推 移 しており これ 自 体 も 日 本 のピークである 37%(1973 年 度 )を 大 きく 上 回 っているが で は 60% 台 にも 達 しており もはや 異 常 とも 言 える 水 準 である 1 今 後 も 相 当 の 長 期 に 渡 り 過 剰 設 備 削 減 のた 1 なお 周 知 の 通 り 中 国 の GDP 統 計 は 各 地 域 の GDP 統 計 の 数 値 を 集 計 しても ベースの 数 値 と 大 きく 乖 離 しており ( 前 年 比 %) 西 部 各 地 域 の 二 次 産 業 成 長 率 中 部 2. 統 計 の 作 成 元 が 異 なるため 値 は 各 地 方 の 平 均 値 と 一 致 しない ( 名 目 GDP 比 %) 投 資 比 率

6 め 固 定 資 産 投 資 が 抑 制 され 景 気 を 下 押 しすることが 予 想 される また 産 業 構 造 から 見 ると 名 目 GDP に 占 める 三 次 産 業 のシェアは 上 昇 傾 向 にあるが 2015 年 時 点 でも 二 次 産 業 の 45.2%に 対 して 三 次 産 業 は 43.4%と 下 回 って おり 未 だ 二 次 産 業 が 主 力 の 経 済 である 産 業 構 造 の 転 換 は 遅 れ 気 味 ということになろう その 原 因 は 他 の 地 域 に 比 べて 三 次 産 業 の 成 長 率 が 低 い ためである 特 に 2014 年 以 降 の 三 次 産 業 の 成 長 率 は 8% 前 後 に 低 下 他 の 地 域 が 9~10%へ 伸 びを 高 めていることと 対 照 的 である 背 景 には 所 得 環 境 の 悪 化 があり その 根 底 には 主 力 である 二 次 産 業 の 業 績 が 急 速 に 悪 化 したことがあるとみられ 経 済 の 牽 引 役 を 二 次 産 業 から 三 次 産 業 へスムーズにバトンタッチでき なったことが の 低 成 長 につながっていると 考 えられる 2. まとめ (%) 名 目 GDPの 産 業 別 シェアの 推 移 二 次 産 業 ( ) 三 次 産 業 ( ) 2. 一 次 産 業 は10~11% 台 で 推 移 ( 前 年 比 %) 各 地 域 の 三 次 産 業 成 長 率 西 部 中 部 2. 統 計 の 作 成 元 が 異 なるため 値 は 各 地 方 の 平 均 値 と 一 致 しない 成 長 の 中 心 は から 中 西 部 へ 以 上 のような 現 地 における 景 況 感 定 性 情 報 にマクロ 統 計 による 分 析 を 加 えると 各 地 域 の 経 済 情 勢 は 以 下 のように 整 理 できよう 一 人 当 た り G D P 前 年 比 3 ヵ 年 平 均 ( % ) 広 西 安 徽 四 川 山 西 貴 州 チベット 雲 南 甘 粛 江 西 河 南 黒 竜 江 一 人 当 たりGDP(2015 年 )の 水 準 と 伸 び 率 の 比 較 発 展 中 後 進 地 域 中 西 部 平 均 湖 南 湖 北 海 南 新 疆 青 海 河 北 寧 夏 重 慶 陝 西 吉 林 平 均 停 滞 後 進 地 域 中 所 得 発 展 中 先 進 地 域 山 東 遼 寧 平 均 投 資 比 率 については 各 地 域 とも ベースの 数 値 よりも 高 い 点 には 留 意 が 必 要 である それでも 60% 超 という 水 準 は 極 め て 高 いということに 変 わりはない 6 福 建 広 東 浙 江 内 モンゴル 0.0 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 16,000 18,000 一 人 当 たりGDP(ドル) 高 所 得 江 蘇 平 均 7.7% 北 京 上 海 天 津 成 熟 先 進 地 域 2. 中 西 部 の 値 は 加 重 平 均 値 3. 縦 軸 は 各 省 の2013 年 ~15 年 の 前 年 比 の 平 均 値 4. 世 界 銀 行 による 中 所 得 国 の 基 準 は 一 人 当 たりGNI 1,026~12,475ドル(2015 年 )

7 まず 地 域 は 一 人 当 たり GDP が 11,000 ドルを 超 え 概 ね 高 所 得 の 領 域 に 入 りつつある そのため 経 済 の 成 熟 化 に 伴 って 成 長 ペースが 鈍 化 する 成 熟 先 進 地 域 に 分 類 することができる 個 別 に 見 ると 一 人 当 たり GDP が 16,000~18,000 ドルに 達 する 上 海 市 や 北 京 市 天 津 市 といった 直 轄 市 が 最 先 端 の 成 熟 先 進 地 域 となり 12,000~14,000 ドル 辺 りの 江 蘇 省 浙 江 省 など 他 の の 省 が 後 を 追 う 形 となっている そして 成 長 率 は 江 蘇 省 を 除 いて 平 均 を 下 回 っており その 成 長 の 原 動 力 は 三 次 産 業 である は 一 人 当 たり GDP が 平 均 で 8,000 ドル 強 の 上 位 中 所 得 に 位 置 しているが 構 造 的 問 題 を 抱 え 成 長 が 頭 打 ちしており いわば 停 滞 後 進 地 域 の 領 域 に 落 ち 込 んでいる こうした 姿 は いわゆる 中 所 得 国 の 罠 に 陥 っているという 見 方 もできよう 省 別 に 見 ても 遼 寧 省 吉 林 省 黒 竜 江 省 のいずれも 中 所 得 にもかかわらず 成 長 率 が 低 い 停 滞 後 進 地 域 に 分 類 されている その 一 方 で 中 西 部 は 一 人 当 たり GDP が 平 均 で 6,000 ドル 強 と 低 いが その 分 成 長 余 地 は 大 き く 成 長 率 が 相 対 的 に 高 い 発 展 中 後 進 地 域 に 分 類 される 若 い 経 済 であるが 故 二 次 産 業 に おいても 成 長 余 地 が 多 く 残 されており 適 切 な 産 業 政 策 の 下 十 分 な 資 源 配 分 がなされれば 三 次 産 業 ともども 高 い 成 長 を 持 続 することが 可 能 であろう こうした 各 地 の 経 済 情 勢 を 併 せて 見 ると 規 模 の 大 きさだけでなく 先 進 的 という 意 味 でも 中 国 経 済 における 沿 海 部 地 域 の 圧 倒 的 な 存 在 感 は 変 わらないものの 経 済 成 長 という 観 点 では から 中 西 部 に 中 心 が 徐 々に 移 りつつあると 言 えるだろう 本 資 料 は 情 報 提 供 を 目 的 として 作 成 されたものであり 投 資 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 作 成 時 点 で 伊 藤 忠 経 済 研 究 所 が 信 頼 できると 判 断 した 情 報 に 基 づき 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 に 対 する 責 任 は 負 い ません 見 通 しは 予 告 なく 変 更 されることがあります 記 載 内 容 は 伊 藤 忠 商 事 ないしはその 関 連 会 社 の 投 資 方 針 と 整 合 的 であるとは 限 りません 7

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市 中 国 マーケティングデータ 総 覧 2014 価 格 : 35,000 円 ( 税 別 ) ( 著 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 製 作 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 販 売 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 発 行 日 :2014 年 2 月 28 日 版 型 :A4 版 ページ 数 :537

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

本文

本文 Feb, 16 日 本 経 済 情 報 16 年 月 号 内 容 1. 景 気 の 現 状 15 年 ~1 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 四 半 期 ぶりの マイナス 成 長 予 想 以 上 に 低 迷 す る 個 人 消 費 設 備 投 資 は 予 想 外 の 増 勢 加 速 輸 出 は 財 を 中 心 に 再 び 減 少. 今 後 の 見 通 し マイナス 金 利 の 効 果 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

中国都市交通の現状と課題

中国都市交通の現状と課題 中 国 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 ( 財 ) 自 治 体 国 際 化 協 会 CLAIR REPORT NUMBER 8 ( July 5, 2005 ) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 ( 北 京 事 務 所 ) 目 次 はじめに 概 要 ⅰ 第 章 中 国 都 市 交 通 発 展 の 歴 史 第 節 初 期 の 交 通 輸 送 の 全 体 状 況 第 2 節 新 中

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

43_1

43_1 新 興 国 景 気 減 速 の 影 響 はどこまで 拡 がるか ~グローバル 経 済 金 融 レビュー 2015 年 秋 ~ < 要 旨 > 9 月 の 米 国 雇 用 者 数 の 伸 びが 鈍 化 したことで 米 国 景 気 が 堅 調 な 回 復 を 続 けて 世 界 経 済 を 支 える というシナリオの 不 確 実 性 が 意 識 されるようになってきた 米 国 雇 用 増 減 の 業 種

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

Microsoft PowerPoint - DWL_TZ-13-0927_中国のインフラビジネス_都市交通、地下鉄現状

Microsoft PowerPoint - DWL_TZ-13-0927_中国のインフラビジネス_都市交通、地下鉄現状 TZ-13-0927 中 国 市 場 最 前 線 ビジネスレポート 中 国 社 会 インフラの 市 場 現 状 と 今 後 動 向 道 路 交 通 都 市 交 通 地 下 鉄 ビジネス 2013 年 11 月 中 国 の 交 通 運 輸 が 直 面 する 課 題 ( 不 足 点 )と 政 府 の 主 な 対 策 ( 商 機 ) 中 国 の 交 通 運 輸 が 直 面 する 課 題 項 目 (2010

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

市況トレンド

市況トレンド ( 公 社 ) 近 畿 圏 不 動 産 流 通 機 構 市 況 レポート 市 況 トレンド 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 は 中 古 マンション 成 約 件 数 が 減 少 する 一 方 中 古 戸 建 は 件 数 価 格 ともプラスとなり 堅 調 に 推 移 した 売 り 出 し 価 格 の 上 昇 傾 向 が 強 まる 中 古 マンションに 対

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 中 国 進 出 外 資 企 業 の 選 択 肢 - 人 件 費 上 昇 への 対 応 ( 大 和 総 研 常 務 理 事 金 森 俊 樹 ) 1990 年 代 から 日 系 企 業 も 含 め 多 くの 外 資 企 業 が 無 尽 蔵 とも 思 われた 安 価 な 労 働 力 を 求 め 沿 海 部 を 中 心 に 積 極 的 に 中 国 に 進 出 してきた 外 資 企 業 の 進 出 は 特 に

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け 景 気 総 括 判 断 の 推 移 東 京 短 資 株 式 会 社 市 場 調 査 室 前 月 に 比 べ 上 方 修 正 下 方 修 正 不 変 をそれぞれ に 対 応 させてある 2016/7/29 修 正 景 気 の 総 括 判 断 金 融 市 場 の 調 節 方 針 等 1998 年 1 月 停 滞 色 の 強 い 状 況 にある 1998 年 2 月 景 気 は 停 滞 を 続 けている

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

< 参 考 > DIの 推 移 (1) 現 状 判 断 ( 方 向 性 )DI 東 北 現 状 家 計 動 向 関 連

< 参 考 > DIの 推 移 (1) 現 状 判 断 ( 方 向 性 )DI 東 北 現 状 家 計 動 向 関 連 報 道 機 関 各 位 公 益 財 団 法 人 東 北 活 性 化 研 究 センター 内 閣 府 景 気 ウォッチャー 調 査 平 成 27 年 1 月 東 北 分 ( 新 潟 を 含 む 東 北 7 県 ) について 平 成 27 年 2 月 9 日 公 益 財 団 法 人 東 北 活 性 化 研 究 センター( 会 長 : 高 橋 宏 明 東 北 電 力 取 締 役 会 長 )は このほど 内

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

立 った また それ 以 外 にも 水 力 発 電 を 主 力 とする 国 投 (6886)や 長 江 (69)が 発 電 効 率 の 改 善 に 伴 い 堅 調 な 業 績 さらに 原 発 業 界 を 二 分 する 国 有 大 手 2 社 は 資 金 調 達 活 動 を 強 化 し こ れまでに

立 った また それ 以 外 にも 水 力 発 電 を 主 力 とする 国 投 (6886)や 長 江 (69)が 発 電 効 率 の 改 善 に 伴 い 堅 調 な 業 績 さらに 原 発 業 界 を 二 分 する 国 有 大 手 2 社 は 資 金 調 達 活 動 を 強 化 し こ れまでに 設 備 新 エネルギー 業 界 ~ 非 化 石 分 野 や 海 外 市 場 の 成 長 に 期 待 ~ 市 場 動 向 ~ 需 要 の 減 速 は 続 くも 石 炭 安 が 業 界 全 体 の 追 い 風 に~ 14 年 の 業 界 規 模 ( 前 年 値 修 正 済 み): 発 電 容 量 :13.6 億 kw( 前 年 比 8.7% 増 ) 消 費 量 :5.5 兆 kwh( 同 3.8% 増

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査

アベノミクスに対する群馬県内企業の意識調査 特 別 企 画 : アベノミクスに 対 する 群 馬 県 内 企 業 の 意 識 調 査 県 内 企 業 の 39.4%がアベノミクスで 国 内 景 気 を 押 し 上 げと 実 感 ~ 一 方 自 社 業 績 にプラス 影 響 は 21.1% 政 府 には 財 政 の 健 全 化 を 求 める ~ はじめに 2012 年 12 月 に 発 足 した 安 倍 政 権 は 大 胆 な 金 融 政 策

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378> 一 般 財 団 法 人 建 設 経 済 研 究 所 は1982 年 ( 昭 和 57 年 )9 月 1 日 に 設 立 され 我 が 国 の 国 民 生 活 の 安 全 安 心 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 国 土 づくりや 経 済 基 盤 整 備 の 担 い 手 として 今 後 益 々 重 要 になると 思 われる 建 設 産 業 の 役 割 について その 内 容 を

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

BTMU(China)経済週報

BTMU(China)経済週報 BTMU(China) 経 済 週 報 京 津 冀 協 働 発 展 計 画 概 要 が 公 開 ~ 北 京 非 首 都 機 能 の 移 転 が 中 核 任 務 に トランザクションバンキング 部 中 国 調 査 室 メイントピックス... 2 京 津 冀 協 働 発 展 計 画 概 要 が 公 開 ~ 北 京 非 首 都 機 能 の 移 転 が 中 核 任 務 に...2 全 国 情 報... 7

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

Microsoft Word - 09d0306.DOC

Microsoft Word - 09d0306.DOC 09-D-0306 2009 年 6 月 10 日 タイヤ 業 界 の 動 向 と 格 付 けの 視 点 需 要 が 急 減 する 下 原 材 料 価 格 低 下 で 収 益 確 保 できるか はじめに 世 界 的 な 需 要 拡 大 を 背 景 に 原 材 料 価 格 高 騰 への 対 応 に 苦 慮 しつつも 高 成 長 を 享 受 してきたタイヤ 業 界 は 金 融 危 機 と 景 気 後 退

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有 ( 簡 易 版 ファクト シート 経 営 指 標 ランキング レポート 経 営 指 標 比 較 レポート) 本 レポートは オプテックス エフエー 株 式 会 社 とスプリングキャピタル 社 ( 以 下 SC 社 )の 契 約 に 基 づき SC 社 が 作 成 したものである オプテックス エフ エー 株 式 会 社 は 本 レポートの 作 成 にあたり 定 性 情 報 経 営 指 標 ランキングに

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

ネットジャーナル Weekly エコノミスト レター 要 旨 ニッセイ 基 礎 研 究 所 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 要 旨 1 日 銀 短 観 3 月 調 査 では 大

ネットジャーナル Weekly エコノミスト レター 要 旨 ニッセイ 基 礎 研 究 所 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 要 旨 1 日 銀 短 観 3 月 調 査 では 大 472 2016 4/5 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 4 月 1 日 号 日 銀 短 観 (3 月 調 査 ) ~ 大 企 業 製 造 業 の 景 況 感 は 悪 化 先 行 きも 悲 観 的 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 3 月 30 日 号 鉱 工 業 生 産 16 年 2 月 ~ 東 日 本 大 震 災 依 頼 の 減 産 幅 だが 過 度 の 悲 観 は 不

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 不 動 産 市 場 動 向 RealEstate Market Status 214 Spring 1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 に

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

東京三菱 中国情報月報 12月号

東京三菱 中国情報月報 12月号 BTMU CHINA WEEKLY JULY 13TH 2016 WEEKLY DIGEST 経 済 6 月 の CPI 前 年 同 月 比 +1.9% 前 月 比 0.1 ポイント 鈍 化 GDP 算 出 方 法 の 改 定 研 究 開 発 費 用 を 固 定 資 本 に 計 上 産 業 2015 年 ネットショッピング 利 用 者 数 前 年 比 +14.3%の 4 億 1,300 万 人 金

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

経済百葉箱 第48号

経済百葉箱 第48号 第 4 号 ( ) 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2 年 3 月 2 日 公 表 資 源 高 のもたらす 消 費 者 物 価 への 影 響 原 油 高 は 農 産 物 高 よりも 転 嫁 が 進 むが デフレ 脱 却 には 要 時 間 問 題 意 識 資 源 高 の 物 価 への 影 響 短 期 予 測

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

金融市場レポート(2005年前半の動き)

金融市場レポート(2005年前半の動き) . 株 式 市 場 株 価 は 上 旬 にかけて 一 時 強 含 む 局 面 も あったが 国 債 市 場 と 同 様 先 行 きの 景 気 回 復 ペー スについての 見 方 が 慎 重 化 するもとで 上 昇 力 に 乏 しい 展 開 となった 日 経 平 均 株 価 は 昨 年 後 半 と 同 様 1 万 円 から1 万 千 円 の 比 較 的 狭 いレン ジで 推 移 し 6 末 時 点 で

More information

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下 平 成 23 年 6 月 24 日 参 考 資 料 送 付 平 成 23 年 4~6 月 期 中 小 企 業 景 気 動 向 調 査 結 果 全 業 種 で 業 況 DIが 悪 化 輸 送 用 機 械 は 過 去 最 大 の 落 ち 込 み 業 況 判 断 DI は 総 合 で 前 期 比 7.5 ポイント 低 下 の 56.3 となりました 業 種 別 では 製 造 業 が 46.2 と 前 期

More information

2020年全面的小康社会への展望

2020年全面的小康社会への展望 RIETI Discussion Paper Series 12-J-009 RIETI Discussion Paper Series 12-J-009 2012 年 4 月 2020 年 全 面 的 小 康 社 会 への 展 望 孟 健 軍 ( 経 済 産 業 研 究 所 ) 1 要 旨 改 革 開 放 政 策 以 降 中 国 の 経 済 発 展 は 様 々な 困 難 を 克 服 しながらも 市

More information

Microsoft Word - No.294_0312-0318.doc

Microsoft Word - No.294_0312-0318.doc BTMU(China) 経 済 週 報 PPP 方 式 十 三 五 期 間 にチャンスを 迎 える ~ 関 連 法 律 の 整 備 が 急 務 か 中 国 投 資 銀 行 部 中 国 調 査 室 メイントピックス...2 PPP 式 三 五 期 間 にチャンスを 迎 える 関 連 法 律 の 整 備 が 急 務 か...2 財 政 部 は 3 月 6 日 にホームページで PPP プロジェクトデータベースを

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

東京三菱 中国情報月報 12月号

東京三菱 中国情報月報 12月号 DECEMBER 17TH 2008 北 京 レポート:2008 年 中 央 経 済 工 作 会 議 開 催 ~2009 年 の 経 済 運 営 政 策 の 基 調 は 保 増 長 ~ 2009 年 の 経 済 運 営 方 針 を 決 定 する 中 央 経 済 工 作 会 議 が 2008 年 12 月 8 日 から 10 日 にかけて 北 京 で 開 かれた 世 界 経 済 の 減 速 が 顕 著

More information

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商 216 年 のインド 投 資 展 望 ~ 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 強 気 を 維 持 ~ ご 参 考 資 料 216 年 1 月 6 日 世 界 経 済 の 成 長 鈍 化 が 懸 念 され 米 国 が 利 上 げに 踏 み 切 るなかで インドは 依 然 として 魅 力 的 な 投 資 対 象 となっています インドは216 年 も215 年 214 年 の 経 済 成 長 率 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A> 平 成 26 年 地 価 公 示 における 県 内 の 地 価 動 向 ( 大 分 県 ) 1. 大 分 県 の 経 済 概 況 大 分 県 内 の 景 気 は 一 部 に 弱 めの 動 きもみられるが 緩 やかに 持 ち 直 しの 動 きが 広 が りつつあ 最 終 需 要 面 をみると 個 人 消 費 は 雇 用 所 得 環 境 において 厳 しい 情 勢 が 続 く 中 株 価 上 昇 に 伴

More information

その 他 にも 8 月 から 9 月 にかけては 自 由 貿 易 試 験 区 の 追 加 ( 新 設 7 カ 所 )や 製 造 業 革 新 センター (22 年 までに 4 カ 所 )の 設 立 年 3, 億 元 以 上 ( 第 13 次 カ 年 計 画 中 2 兆 元 以 上 )の 軌 道 交 通

その 他 にも 8 月 から 9 月 にかけては 自 由 貿 易 試 験 区 の 追 加 ( 新 設 7 カ 所 )や 製 造 業 革 新 センター (22 年 までに 4 カ 所 )の 設 立 年 3, 億 元 以 上 ( 第 13 次 カ 年 計 画 中 2 兆 元 以 上 )の 軌 道 交 通 丸 紅 経 済 研 究 所 China Economic Outlook 216 年 9 月 短 期 的 な 懸 念 は 和 らぐも 減 速 基 調 は 変 わらず 政 策 による 下 支 えに 根 強 い 期 待 216/9/2 景 況 感 :プロの 評 価 は 厳 しめだが 巷 間 では 政 策 とイベントにより 祝 賀 ムード 工 業 生 産 : 伸 びは 一 進 一 退 の 状 況 に 投

More information

日刊版ひながた

日刊版ひながた [ 華 鐘 通 信 ] 日 刊 2006 年 6 月 21 日 ( 水 ) 第 1414 号 本 日 のニュース < 経 済 > 発 行 : 上 海 華 鐘 コンサルタントサービス 有 限 会 社 ニュース 提 供 : 上 海 市 信 息 中 心 DAILY HUAZHONG NEWS ロシア ビジネスデーで25 億 ドル 成 約 2 非 国 有 メーカーの 生 産 2 割 増 = 工 業 全 体

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

YUHO

YUHO 第 1 四 半 期 報 告 書 本 書 は EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)システ ムを 利 用 して 金 融 庁 に 提 出 した 第 1 四 半 期 報 告 書 の 記 載 事 項 を 紙 媒 体 と して 作 成 したものであります カメイ 株 式 会 社 (E02682) 目 次 表 紙 1 第 一 部 企 業 情 報

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

Microsoft Word - No.317_0827-0902v5.0 CIBD-1323.doc

Microsoft Word - No.317_0827-0902v5.0 CIBD-1323.doc BTMU(China) 経 済 週 報 2016 年 中 国 民 営 企 業 上 位 500 社 ランキング ~ 量 より 質 の 向 上 が 期 待 される 中 国 投 資 銀 行 部 中 国 調 査 室 メイントピックス...2 2016 年 中 国 民 営 企 業 上 位 500 社 ランキング~ 量 より 質 の 向 上 が 期 待 される...2 民 営 企 業 の 業 界 連 合 である

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1 中 国 の 経 済 構 造 の 変 化 富 士 通 総 研 主 席 研 究 員 柯 隆 2016 年 2 月 U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information