5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知"

Transcription

1 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日 判 決 本 資 料 2 57 号 -199 順 号 10808) 判 決 控 訴 人 甲 乙 上 記 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 下 山 修 司 補 佐 人 税 理 士 森 蓁 被 控 訴 人 国 代 表 者 法 務 大 臣 森 英 介 指 定 代 理 人 吉 田 俊 介 馬 田 茂 喜 柏 倉 幸 夫 櫻 井 和 彦 吉 原 広 泰 処 分 行 政 庁 千 葉 西 税 務 署 長 髙 梨 武 光 主 文 1 本 件 各 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政 庁 は 控 訴 人 甲 ( 以 下 控 訴 人 甲 という )の 平 成 14 年 分 相 続 税 について 課 税 価 格 を1 億 2291 万 8000 円 納 付 すべき 税 額 を2298 万 0100 円 とする 更 正 処 分 をせ よ 3 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 甲 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 甲 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 のうち 納 付 すべき 税 額 2298 万 0100 円 を 超 える 部 分 (ただし 異 議 決 定 及 び 裁 決 によ り 一 部 取 り 消 された 後 のもの)を 取 り 消 す 4 処 分 行 政 庁 は 控 訴 人 乙 ( 以 下 控 訴 人 乙 という )の 平 成 14 年 分 相 続 税 について 課 税 価 格 を2 億 4454 万 6000 円 納 付 すべき 税 額 を4571 万 9000 円 とする 更 正 処 分 をせ よ 1

2 5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 のうち 納 付 すべき 税 額 4571 万 9000 円 を 超 える 部 分 (ただし 異 議 決 定 及 び 裁 決 によ り 一 部 取 り 消 された 後 のもの)を 取 り 消 す 6 訴 訟 費 用 は 第 1 2 審 とも 被 控 訴 人 の 負 担 とする 第 2 事 案 の 概 要 1 本 件 は 控 訴 人 らが 亡 丙 ( 以 下 丙 という )からそれぞれ 平 成 14 年 に 相 続 したA 株 式 会 社 ( 以 下 A という )に 対 する 各 債 権 が いずれも 回 収 可 能 性 がなく 実 質 的 価 値 のないも のであり これらを 相 続 後 の 課 税 価 格 に 算 入 すべきでない 旨 主 張 して 処 分 行 政 庁 に 対 し それ ぞれ 相 続 税 額 の 更 正 の 請 求 を 行 ったが 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けで いずれについても 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 がされたので 上 記 各 通 知 ( 異 議 決 定 及 び 裁 決 により 一 部 取 り 消 さ れた 後 のもの)の 取 消 し 及 び 上 記 各 債 権 を 課 税 価 格 に 算 入 しない 相 続 税 額 での 更 正 処 分 の 義 務 付 けを 求 めている 事 案 である 原 審 は 控 訴 人 らの 各 請 求 のうち 控 訴 人 らの 各 更 正 の 請 求 において 納 付 すべき 税 額 とした 金 額 を 超 えない 税 額 に 関 する 部 分 は 不 適 法 であるとしていずれも 却 下 し その 余 はいずれも 理 由 が ないとして 棄 却 したので 控 訴 人 らがこれを 不 服 として 控 訴 した 2 前 提 事 実 争 点 及 びこれに 関 する 当 事 者 の 主 張 は 次 のとおり 訂 正 するほか 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 第 2の1ないし3に 記 載 のとおりであるから これを 引 用 する (1) 原 判 決 3 頁 11 行 目 から12 行 目 の 死 亡 し の 次 に ( 以 下 この 死 亡 時 を 本 件 相 続 開 始 時 ともいう ) を 20 行 目 の 併 せて の 次 に 己 税 理 士 の 税 務 代 理 により を 21 行 目 末 尾 の 次 に ( 甲 44) を 26 行 目 の 主 張 して の 次 に 庚 税 理 士 の 税 務 代 理 によ り をそれぞれ 加 える (2) 原 判 決 4 頁 6 行 目 の 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 を 主 たる 債 務 者 であるA 株 式 会 社 は 相 続 開 始 時 点 において 債 務 超 過 ではあるが 事 業 を 継 続 しており 債 務 弁 済 能 力 がないとはい えず 貸 付 金 等 ( 控 訴 人 乙 については 未 収 家 賃 )が 回 収 不 能 であるとは 認 められないとの 理 由 により 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 と 改 める (3) 原 判 決 7 頁 25 行 目 の Aが を Aは 平 成 11 年 7 月 期 時 点 において 既 に 破 綻 状 態 に あったところ と 改 め 8 頁 4 行 目 末 尾 の 次 に 改 行 して 次 のとおり 加 える また 控 訴 人 らは 丙 死 亡 前 の 平 成 14 年 6 月 3 日 及 び 年 9 月 1 日 に 不 動 産 業 者 との 間 でAの 本 店 所 在 地 の 土 地 を 他 に 売 却 するための 一 般 媒 介 契 約 を 締 結 しており Aがこれ 以 前 に 事 業 の 廃 止 を 決 定 していたことは 明 らかである (4) 原 判 決 8 頁 15 行 目 の なぜなら の 次 に 控 訴 人 らの 主 張 する 不 動 産 業 者 との 一 般 媒 介 契 約 は 昭 和 53 年 に 建 築 された 建 物 敷 地 に 限 定 されているから 葬 祭 請 負 業 の 経 営 に 影 響 のない 範 囲 の 土 地 を 売 却 する 意 図 に 基 づくものにすぎず 丙 及 び 控 訴 人 らは 相 続 開 始 時 までに Aの 事 業 の 清 算 を 企 図 したことはなく を 行 目 の 続 け の 次 に 平 成 15 年 7 月 期 に は 前 期 を 上 回 る 広 告 費 を 支 出 し を 18 行 目 末 尾 の 次 に そのほか Aは 丙 の 所 有 地 上 に 昭 和 53 年 建 築 の 倉 庫 を 所 有 し その 敷 地 に6392 万 9250 円 に 相 当 する 借 地 権 を 有 して おり 平 成 16 年 の 清 算 時 には 控 訴 人 らから 什 器 備 品 の 売 却 損 失 を 考 慮 して4000 万 円 の 立 退 料 を 受 領 しており その 資 産 を 評 価 するに 当 たってはこれらの 帳 簿 外 の 資 産 をも 考 慮 すべき である をそれぞれ 加 える 2

3 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 争 点 (1)( 本 件 各 通 知 の 取 消 しを 求 め 得 る 範 囲 )について 当 裁 判 所 も 本 件 訴 えのうち 控 訴 人 らが 本 件 各 更 正 請 求 において 納 付 すべき 税 額 とした 金 額 を 超 えない 税 額 に 関 する 部 分 について 本 件 各 通 知 の 取 消 しを 求 める 部 分 は いずれも 訴 えの 利 益 を 欠 き 不 適 法 であると 判 断 する その 理 由 は 原 判 決 の 理 由 説 示 ( 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1) のとおりであるから これを 引 用 する 2 Aに 関 する 事 実 関 係 前 記 前 提 事 実 証 拠 ( 甲 のほか 各 項 掲 記 のもの ) 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば 以 下 の 事 実 が 認 められる (1) Aは 控 訴 人 甲 の 父 戊 が 昭 和 25 年 11 月 22 日 に 設 立 した 株 式 会 社 であり 丙 は 昭 和 49 年 10 月 10 日 から 昭 和 63 年 10 月 31 日 までは 社 の 監 査 役 平 成 3 年 1 月 31 日 か ら 平 成 9 年 10 月 31 日 まで 及 び 平 成 12 年 10 月 10 日 から 平 成 14 年 9 月 6 日 までは 社 の 取 締 役 であり この 間 昭 和 57 年 2 月 1 日 戊 が 死 亡 し 月 22 日 控 訴 人 甲 が 社 の 代 表 取 締 役 に 就 任 し 控 訴 人 乙 は 平 成 12 年 10 月 10 日 社 の 監 査 役 に 就 任 し 平 成 14 年 9 月 6 日 監 査 役 を 辞 任 して 取 締 役 に 就 任 した 本 件 相 続 開 始 時 直 前 においては Aの 役 員 は 代 表 取 締 役 控 訴 人 甲 取 締 役 控 訴 人 乙 及 びB( 控 訴 人 らの 長 男 ) 監 査 役 C( 控 訴 人 らの 長 女 ) であり 以 後 平 成 16 年 7 月 7 日 社 が 解 散 登 記 をするまで 役 員 に 変 更 はなく また 社 の 発 行 済 株 式 総 数 は20 万 株 であり 丙 が10 万 株 控 訴 人 甲 が5 万 株 控 訴 人 乙 が2 万 株 Bが2 万 5000 株 を 保 有 していたが 丙 の 株 式 を 相 続 により 原 告 甲 が 全 部 相 続 した 以 上 のとおり Aは 控 訴 人 ら 一 族 の 族 会 社 である ( 甲 1の1 中 の 登 記 簿 謄 本 乙 3 乙 4の1ないし10 乙 弁 論 の 全 趣 旨 ) Aは 当 初 でんぷん 製 造 業 及 び 材 木 販 売 業 を 行 っていたが まもなくでんぷん 製 造 業 を 廃 業 して 建 築 業 を 始 め その 後 レストラン 弁 当 屋 及 びコンビニエンスストアなどの 新 規 事 業 を 開 始 し 売 上 げのほとんどはこれらの 新 規 事 業 が 占 めるようになったが 営 業 成 績 は 振 るわず 損 失 が 累 積 するようになり 銀 行 からの 融 資 枠 も 平 成 3 年 ころ2 億 円 であったが 平 成 6 年 こ ろには1 億 5000 万 円 その 後 は4000 万 円 に 縮 小 し 丙 や 被 控 訴 人 甲 ら 役 員 からの 無 担 保 無 利 息 かつ 期 限 の 定 めのない 貸 付 けによって 事 業 を 継 続 する 状 態 となったため 従 前 の 事 業 をすべて 廃 業 して 比 較 的 利 益 の 出 やすい 葬 儀 請 負 業 を 新 たに 開 業 することとし 平 成 12 年 春 には 上 記 新 規 事 業 を 廃 業 し さらに 従 前 の 店 舗 の 解 体 及 び 新 規 の 葬 祭 ホールの 建 築 を 最 後 に 建 築 業 等 も 廃 業 し 平 成 13 年 1 月 から 葬 儀 請 負 業 を 開 業 し 丙 が 死 亡 した 後 も 営 業 を 継 続 し 平 成 16 年 6 月 末 に 至 って 葬 儀 請 負 業 を 廃 業 し 年 7 月 5 日 株 主 総 会 決 議 により 解 散 し 月 7 日 解 散 登 記 を 経 由 し 次 いで 年 9 月 10 日 清 算 を 結 了 した ( 乙 3 6) (2) Aの 平 成 11 年 7 月 期 から 平 成 16 年 7 月 期 までの 事 業 年 度 ( 社 の 事 業 年 度 は 各 年 8 月 1 日 から 翌 年 7 月 31 日 まで ただし 平 成 16 年 7 月 期 は 平 成 15 年 8 月 1 日 から 解 散 決 議 をした 平 成 16 年 7 月 5 日 まで)の 経 営 状 況 等 は 別 表 記 載 のとおりである( 単 位 は 万 円 万 円 未 満 切 り 捨 て ) 平 成 12 年 7 月 期 平 成 13 年 7 月 期 及 び 平 成 14 年 7 月 期 の 各 役 員 借 入 金 は 表 記 載 の とおりであるところ これらは 丙 控 訴 人 甲 及 び 丙 の 三 男 丁 からの 借 入 金 であり いずれも 返 済 時 期 の 定 めがなく かつ 利 子 の 定 めのないものであった (3) Aの 広 告 宣 伝 費 の 推 移 は 平 成 11 年 7 月 期 3 万 5000 円 平 成 12 年 7 月 期 0 円 平 3

4 成 13 年 7 月 期 530 万 1508 円 平 成 14 年 7 月 期 307 万 2500 円 平 成 15 年 7 月 期 350 万 0278 円 平 成 16 年 7 月 期 199 万 1910 円 であり 葬 儀 請 負 業 を 開 業 した 平 成 13 年 以 降 広 告 宣 伝 費 が 大 幅 に 増 加 し 事 業 の 維 持 拡 大 の 意 図 が 明 らかである ( 甲 2 5 乙 7ないし11) (4) 丙 は 平 成 12 年 7 月 期 にAに 賃 貸 していた 店 舗 等 の 解 体 工 事 等 を 約 7000 万 円 で 平 成 13 年 7 月 期 に 葬 祭 ホールの 新 築 工 事 を2 億 円 で それぞれAに 発 注 し これらはAの 上 記 両 年 度 の 売 上 げのかなりの 部 分 を 占 めるものであり Aはこれを 事 業 変 更 に 伴 う 費 用 に 充 てる ことができた 他 方 丙 は これらの 費 用 を 自 ら 負 担 し これをまかなうために 平 成 13 年 1 月 銀 行 から2 億 円 を 利 息 年 2.5パーセント 期 限 14 年 6か 月 の 約 定 で 借 入 れ 年 7 月 か ら 毎 月 約 140 万 円 ずつ 返 済 することとし 新 築 した 葬 祭 ホールをAに 賃 貸 してその 賃 料 ( 敷 金 はなく 賃 料 は 平 成 13 年 7 月 までは 合 計 100 万 円 年 8 月 から12 月 までは0 円 平 成 14 年 1 月 から 月 額 150 万 円 )をこの 返 済 に 充 てることとした ( 甲 1の1 中 の 建 物 賃 貸 借 契 約 書 甲 26ないし28 乙 8ないし10) 被 控 訴 人 は Aが 丙 に 対 し 平 成 12 年 8 月 8 日 から 平 成 14 年 7 月 30 日 までの 間 に5 回 にわたり 合 計 683 万 1224 円 を 弁 済 したことを 指 摘 しているが このうち 平 成 12 年 8 月 8 日 の262 万 円 平 成 13 年 4 月 10 日 の50 万 円 及 び 年 8 月 28 日 の278 万 円 余 の 弁 済 については その 直 前 に 丙 からAに 弁 済 額 をかなり 上 回 る 貸 付 がされているから( 甲 6の 別 表 4) 実 質 的 には 貸 付 額 の 減 額 とみるべきものである (5) 丙 は 平 成 14 年 4 月 25 日 顧 問 税 理 士 の 勧 めによりAに 対 する 貸 付 金 のうち6700 万 円 につき 書 面 により 債 務 免 除 の 意 思 表 示 をした( 甲 7) しかし Aは 前 記 (2)のとおり 平 成 14 年 7 月 期 も 約 429 万 円 の 経 常 損 失 を 計 上 し 丙 及 び 控 訴 人 甲 に 対 する 役 員 報 酬 及 び 賃 料 の 未 払 金 も 累 計 約 2205 万 円 となり 上 記 債 務 免 除 等 による 特 別 損 益 が 発 生 したため 当 期 利 益 を 計 上 できたが 累 積 損 失 額 は 約 1 億 4684 万 円 役 員 からの 借 入 額 は 約 1 億 5970 万 円 ( 丙 分 1 億 0238 万 円 控 訴 人 甲 分 4489 万 円 丁 分 1242 万 円 )となった ( 乙 9) 3 争 点 (2)( 本 件 各 債 権 の 評 価 )について (1) 債 権 の 評 価 基 準 相 続 税 法 22 条 は この 章 で 特 別 の 定 めのあるものを 除 くほか 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 によ り 取 得 した 財 産 の 価 額 は 当 該 財 産 の 取 得 の 時 における 時 価 により 当 該 財 産 の 価 額 から 控 除 すべき 債 務 の 価 額 は その 時 の 現 況 による と 規 定 するところ 条 にいう 時 価 とは 相 続 の 場 合 相 続 開 始 時 における 当 該 財 産 の 客 観 的 な 交 換 価 値 をいうものと 解 される 上 記 の 客 観 的 な 交 換 価 値 は 必 ずしも 一 義 的 に 把 握 されるものではないから 課 税 実 務 上 相 続 税 法 に 特 別 の 定 めのあるものを 除 き 相 続 財 産 の 評 価 の 一 般 的 基 準 が 評 価 通 達 により 定 め られ これにより 定 められた 評 価 方 式 により 相 続 財 産 を 評 価 することとされている このこと は 上 記 の 客 観 的 な 交 換 価 値 を 個 別 に 評 価 する 方 法 をとると 評 価 方 式 基 礎 資 料 の 選 択 の 仕 方 等 により 異 なった 評 価 価 額 が 生 じ また 課 税 庁 の 事 務 負 担 が 加 重 となって 課 税 事 務 の 迅 速 な 処 理 が 困 難 となる 等 のおそれがあることから あらかじめ 定 められた 評 価 方 式 によりこれを 画 一 的 に 評 価 する 方 が 納 税 者 間 の 公 平 納 税 者 の 便 宜 徴 税 費 用 の 節 減 等 の 見 地 から 見 て 合 理 的 であるという 理 由 に 基 づくものと 解 され したがって 評 価 通 達 の 内 容 が 条 の 規 定 に 照 ら して 合 理 的 なものである 限 り 評 価 通 達 により 定 められた 評 価 方 式 により 相 続 財 産 を 評 価 する 4

5 ことは 許 容 されるというべきである 前 記 のとおり 評 価 通 達 204 項 は 貸 付 金 債 権 等 の 価 額 は 原 則 として 元 本 の 価 額 と 利 息 の 価 額 との 合 計 額 によって 評 価 すると 規 定 し 評 価 通 達 205 項 は 評 価 通 達 204 項 の 定 めにより 貸 付 金 債 権 等 の 評 価 を 行 う 場 合 において 例 外 的 に その 債 権 金 額 の 全 部 又 は 一 部 が 課 税 時 期 において 評 価 通 達 205 項 (1)ないし(3)に 掲 げる 金 額 に 該 当 するときその 他 その 回 収 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 であると 見 込 まれるときにおいては それらの 金 額 は 元 本 の 価 額 に 算 入 しないと 規 定 する 上 記 の 評 価 通 達 205 項 (1)ないし(3)に 掲 げる 金 額 に 該 当 するときの うち 項 (1)に 掲 げる 金 額 に 該 当 するときとは 支 払 停 止 支 払 不 能 等 の 状 態 にある 債 務 者 について 法 的 倒 産 処 理 手 続 等 がとられている 場 合 におけるその 債 務 者 に 対 して 有 する 貸 付 金 債 権 等 の 金 額 に 該 当 するときをいい 項 (2) 及 び(3)に 掲 げる 金 額 に 該 当 するときとは 債 務 者 について 私 的 整 理 手 続 等 がとられている 場 合 において 債 権 者 集 会 の 協 議 又 は 債 権 者 と 債 務 者 の 契 約 により 債 権 の 減 免 等 がされたときの 減 免 等 の 金 額 に 該 当 するときをいうものと 解 さ れる 加 えて 評 価 通 達 205 項 は 項 (1)ないし(3)の 事 由 のほか その 回 収 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 であると 見 込 まれるとき も 前 項 による 評 価 の 例 外 的 事 由 として 掲 げているが これが 評 価 通 達 205 項 (1)ないし(3)の 事 由 と 並 列 的 に 規 定 されていることは 規 定 上 明 らか である このような 評 価 通 達 205 項 の 趣 旨 及 び 規 定 振 りからすると 項 にいう その 回 収 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 であると 見 込 まれるとき とは 項 (1)ないし(3)の 事 由 と 程 度 に 債 務 者 が 経 済 的 に 破 綻 していることが 客 観 的 に 明 白 であり そのため 債 権 の 回 収 の 見 込 みが ないか 又 は 著 しく 困 難 であると 確 実 に 認 められるときであると 解 すべきであり 項 (1)な いし(3)の 事 由 を 緩 和 した 事 由 であると 解 することはできない 以 上 によれば 評 価 通 達 204 項 及 び205 項 は 貸 付 金 債 権 等 の 評 価 として 原 則 として 額 面 の 評 価 によることとし 例 外 的 に 債 権 の 回 収 が 不 可 能 等 であることについて 客 観 的 に 明 白 な 事 由 がある 場 合 に 限 り 当 該 部 分 について 元 本 に 算 入 しない 取 扱 いをすることとしているも のであって この 定 めは 相 続 税 法 22 条 を 具 体 化 した 基 準 として 合 理 的 なものと 認 められる 控 訴 人 らは 金 融 庁 の 金 融 検 査 マニュアル 等 をあげて 債 権 の 回 収 可 能 性 については 画 一 的 な 評 価 を 避 け 個 別 具 体 的 に 判 断 すべきであると 主 張 する しかし 金 融 検 査 は 金 融 庁 が 金 融 システムの 安 定 と 再 生 を 図 ること 等 を 目 的 として 金 融 機 関 を 検 査 しているものであるとこ ろ 金 融 検 査 マニュアルは その 検 査 の 際 金 融 庁 の 検 査 官 が 用 いる 手 引 書 として 位 置 付 けら れるものであり 各 金 融 機 関 においては このマニュアル 等 を 踏 まえ 創 意 工 夫 して より 詳 細 なマニュアルを 作 成 し 金 融 機 関 の 業 務 の 健 全 性 と 適 切 性 の 確 保 に 努 めることが 期 待 されると いうものである( 乙 21) そうすると 金 融 検 査 マニュアルと 評 価 通 達 とはその 趣 旨 目 的 を 異 にするものであり 相 続 税 における 財 産 の 評 価 の 際 に 評 価 通 達 によらないで 銀 行 等 の 金 融 機 関 の 業 務 の 健 全 性 と 適 切 性 の 確 保 のために 用 いられる 金 融 検 査 マニュアルを 使 用 するの は 到 底 合 理 的 なものということはできない したがって 控 訴 人 らの 上 記 主 張 は 理 由 がない (2) 評 価 通 達 による 本 件 各 債 権 の 評 価 前 記 (1)で 述 べたところを 踏 まえて 評 価 通 達 による 本 件 各 債 権 の 評 価 を 検 討 する まず 本 件 各 債 権 の 元 本 の 全 部 又 は 一 部 については これが 評 価 通 達 205 項 (1)ないし(3) の 金 額 に 該 当 しないことは 当 事 者 間 に 争 いがない そこで 次 に 本 件 各 債 権 の 元 本 の 全 部 又 は 一 部 が 評 価 通 達 205 項 にいう その 回 収 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 であると 見 込 まれると き に 該 当 するか 否 かについて 検 討 する 5

6 前 記 認 定 事 実 によれば Aは 族 会 社 であって その 経 営 は 事 業 による 利 益 に 加 えて 族 株 主 役 員 等 の 経 済 的 な 支 援 により 維 持 運 営 されてきたものであること Aは 本 件 相 続 開 始 時 前 から 数 事 業 年 度 にわたって 多 額 の 未 処 理 損 失 があり そのため 債 務 超 過 であり その 経 営 状 況 は 厳 しい 状 況 にあったことが 認 められる しかし 前 記 認 定 事 実 によれば Aにおい ては 事 業 による 利 益 は 毎 年 相 当 額 の 売 上 げが 継 続 してあり 殊 に 葬 儀 請 負 業 に 転 じた 平 成 13 年 以 降 は 従 前 と 比 較 して 売 上 総 利 益 が 増 加 していること 前 記 未 処 理 損 失 の 大 半 は 族 役 員 等 からの 借 入 金 であって いずれも 返 済 時 期 の 定 めのない 無 利 子 のものであり 実 際 的 に 返 済 が 求 められていたものではなく 他 方 金 融 機 関 からの 有 利 子 の 借 入 金 は 割 合 的 に 少 なく その 返 済 に 遅 滞 等 はないこと Aにおいては その 役 員 は 控 訴 人 甲 が 代 表 取 締 役 丙 が 取 締 役 であったが 発 行 済 株 式 総 数 20 万 株 のうちその 半 分 の10 万 株 を 丙 が 保 有 し それに 応 じた 発 言 力 を 有 していたと 認 められるところ 丙 は 平 成 13 年 当 時 には Aに 対 し 約 1 億 7309 万 円 の 貸 付 金 があったにもかかわらず 自 らの 負 担 により 銀 行 から2 億 円 を 借 り 入 れ て 葬 祭 ホールを 新 築 し これをAに 賃 貸 してその 葬 儀 請 負 業 の 事 業 の 用 に 供 するなど Aにつ いての 事 業 意 欲 はなお 盛 んであり また 葬 儀 請 負 業 の 経 営 についてそれなりの 成 算 をもって いたものと 認 められること Aは 葬 儀 請 負 業 を 開 業 した 後 広 告 宣 伝 費 を 大 幅 に 増 加 し 平 成 13 年 7 月 期 に530 万 1508 円 平 成 14 年 7 月 期 に307 万 2500 円 平 成 15 年 7 月 期 に350 万 0278 円 を 支 出 しており 本 件 相 続 開 始 時 の 前 後 にわたって 事 業 の 維 持 拡 大 の 意 図 を 明 らかに 示 していたこと 等 が 認 められ 他 方 本 件 相 続 開 始 時 において Aについ て 事 業 不 振 のため 債 権 者 とりわけ 金 融 機 関 に 対 する 支 払 返 済 が 遅 滞 停 止 する 等 の 事 実 があったことは 認 められず また 業 務 を 停 止 し 休 業 し 又 は 廃 業 を 準 備 する 等 の 事 実 があ ったことも 認 められないというのである そうすると 本 件 各 債 権 については 本 件 相 続 開 始 時 において 評 価 通 達 205 項 にいう そ の 回 収 が 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 であると 見 込 まれるとき すなわち 債 務 者 が 経 済 的 に 破 綻 していることが 客 観 的 に 明 白 であり そのため 債 権 の 回 収 の 見 込 みがないか 又 は 著 しく 困 難 であると 客 観 的 に 認 められるときに 該 当 すると 認 めることはできず 評 価 通 達 204 項 に 基 づき 債 権 の 元 本 による 評 価 をして 差 し 支 えないものということができる なるほど Aにおい ては 本 件 相 続 開 始 時 に 多 額 の 未 処 理 損 失 があったが それは 大 半 が 族 役 員 からの 借 入 金 で あり 族 会 社 が 族 株 主 役 員 等 からの 経 済 的 な 支 援 等 を 受 けて 維 持 運 営 されるのは 異 例 の ことではなく また 経 常 的 に 業 務 を 維 持 運 営 している 会 社 が 計 算 書 類 上 債 務 超 過 の 状 態 にあ るからといって これを 目 して 倒 産 状 態 にあるというのは 早 計 に 過 ぎるといわなければならな い 控 訴 人 らは Aが 丙 死 亡 前 から 廃 業 に 向 けて 動 き 出 しており たまたま 廃 業 時 期 が 丙 死 亡 後 になったにすぎないから 丙 死 亡 後 に 社 が 廃 業 して 解 散 し 清 算 手 続 において 貸 付 金 債 権 等 が 一 切 弁 済 されなかったことを 本 件 相 続 開 始 時 における 相 続 財 産 の 評 価 の 要 素 として 考 慮 す べきであり 控 訴 人 甲 が 平 成 14 年 に 入 って 廃 業 を 考 え 年 6 月 3 日 及 び 年 9 月 1 日 に 不 動 産 業 者 との 間 でAの 本 店 所 在 地 の 土 地 を 他 に 売 却 するための 一 般 媒 介 契 約 を 締 結 しており Aがこれ 以 前 に 廃 業 を 決 定 していたことは 明 らかであると 主 張 し 一 般 媒 介 契 約 書 ( 甲 22 23) 控 訴 人 甲 の 陳 述 書 ( 甲 14 24) 等 を 提 出 する 証 拠 ( 甲 乙 22 23)によれば 控 訴 人 甲 は 有 限 会 社 Dに 対 し 平 成 14 年 6 月 3 日 付 けで Aが 営 む 葬 儀 請 負 業 に 影 響 しないように 葬 祭 ホールの 西 側 に 存 在 する 倉 庫 6

7 敷 地 (300 坪 ないし500 坪 と 見 込 まれた )を 測 量 して 売 却 することを 依 頼 し 日 付 け で 依 頼 者 控 訴 人 甲 と 宅 地 建 物 取 引 業 者 有 限 会 社 Dとの 間 で 不 動 産 の 一 般 媒 介 契 約 書 が 作 成 さ れ 契 約 書 には 有 効 期 間 契 約 締 結 後 3か 月 目 的 物 件 の 所 有 者 控 訴 人 甲 所 在 地 八 千 代 市 の 一 部 土 地 実 測 992m2(300 坪 ) 公 簿 1653m2(500 坪 ) 備 考 として 工 場 跡 地 300 坪 ~500 坪 を 測 量 して 売 却 する( 西 側 道 路 付 きの 部 分 ) 等 の 記 載 があること 次 いで 控 訴 人 甲 は 株 式 会 社 Eに 対 し 年 9 月 1 日 付 けで 上 記 倉 庫 敷 地 を 測 量 して 売 却 すること を 依 頼 し 日 付 けで 依 頼 者 控 訴 人 甲 と 宅 地 建 物 取 引 業 者 株 式 会 社 Eとの 間 で 不 動 産 の 一 般 媒 介 契 約 書 が 作 成 され 契 約 書 には 有 効 期 間 契 約 締 結 後 6か 月 目 的 物 件 の 所 有 者 控 訴 人 甲 所 在 地 番 八 千 代 市 地 目 工 場 跡 地 地 積 300 坪 ~500 坪 等 の 記 載 があること その 後 控 訴 人 甲 と 株 式 会 社 Eは 平 成 16 年 3 月 1 日 付 けで 上 記 番 地 の 土 地 全 体 坪 を 売 却 対 象 とした 専 任 媒 介 契 約 を 締 結 したことが 認 められる そうすると 控 訴 人 甲 が 平 成 14 年 6 月 及 び9 月 当 時 において 不 動 産 業 者 に 対 し 売 却 を 依 頼 した 土 地 は Aが 営 む 葬 儀 請 負 業 に 影 響 しない 倉 庫 敷 地 であり さらに 不 動 産 業 者 に 対 し 倉 庫 敷 地 及 び 葬 祭 ホール 敷 地 を 含 む 全 体 の 土 地 の 売 却 を 依 頼 したのは 平 成 16 年 3 月 のこと であるから Aが 平 成 14 年 6 月 及 び9 月 当 時 において 廃 業 を 意 図 していたと 認 めることは 到 底 できず 他 にAが 本 件 相 続 開 始 時 前 において 廃 業 に 向 けて 動 き 出 していたことを 認 めるに 足 りる 証 拠 はない したがって 控 訴 人 らの 上 記 主 張 は 理 由 がない 以 上 によれば 本 件 各 債 権 については 評 価 通 達 205 項 を 適 用 すべき 事 由 は 認 められず また 評 価 通 達 6 項 にいう 事 由 は 認 められないから 評 価 通 達 204 項 に 基 づき 元 本 により 評 価 することは 相 当 であるというべきである (3) よって 本 件 各 債 権 を 控 訴 人 らの 相 続 税 の 課 税 価 格 に 算 入 すべきものとしてされた 本 件 各 通 知 はいずれも 適 法 であり 違 法 であるとはいえない 4 争 点 (3)( 更 正 処 分 の 義 務 付 けの 訴 えの 適 法 性 )について 当 裁 判 所 も 本 件 訴 えのうち 更 正 処 分 の 義 務 付 けを 求 める 部 分 は いずれも 不 適 法 であると 判 断 する その 理 由 は 原 判 決 の 理 由 説 示 ( 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 3)のとおりであるから これを 引 用 する 5 よって 原 判 決 は 相 当 であり 本 件 各 控 訴 はいずれも 理 由 がないから 棄 却 することとし 主 文 のとおり 判 決 する 東 京 高 等 裁 判 所 第 10 民 事 部 裁 判 長 裁 判 官 吉 戒 修 一 裁 判 官 藤 山 雅 行 裁 判 官 野 口 忠 彦 7

8 ( 別 表 ) 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 経 常 損 失 当 期 未 処 理 損 失 役 員 借 入 金 ( ) 内 は 丙 からの 分 銀 行 借 入 金 平 成 11 年 7 月 期 ( 不 明 ) 4000 平 成 12 年 7 月 期 (8941) 4000 平 成 13 年 7 月 期 (17309) 1794 平 成 14 年 7 月 期 (10238) 1821 平 成 15 年 7 月 期 平 成 16 年 7 月 期

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2 主 文 一 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aの 本 件 控 訴 を 棄 却 する 二 原 判 決 の 主 文 第 二 項 を 取 り 消 す 三 1 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aとアンバサダー 六 本 木 管 理 組 合 法 人 との 間 において 別 紙 預 金 目 録 1 7 及 び14の 各 定 期 預 金 債 権 がアンバサダー 六 本

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21 主 文 1 被 告 らは, 原 告 らに 対 し, 原 告 らから120 万 円 の 支 払 を 受 けるのと 引 換 えに, 別 紙 物 件 目 録 記 載 1の 建 物 を 明 け 渡 せ 2 被 告 らは, 連 帯 して 平 成 23 年 9 月 28 日 から1 項 の 建 物 明 渡 済 みまで,1か 月 当 たり, 原 告 X1に 対 して6 万 6667 円, 原 告 X2に 対 して1

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会 CHUKYO LAWYER Vol. 17 2012 法 務 研 修 セミナー 第 30 回 報 告 詐 害 的 会 社 分 割 における 債 権 回 収 方 法 要 件 事 実 の 検 討 を 中 心 として 中 京 大 学 法 科 大 学 院 法 務 研 究 科 研 修 生 中 村 将 成 目 次 第 1 はじめに 第 2 会 社 法 22 条 1 項 類 推 適 用 による 債 権 回 収 方

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63> 平 成 24 年 10 月 17 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 領 収 裁 判 所 書 記 官 平 成 23 年 (ワ) 第 26696 号 ロイヤルティ 等 請 求 事 件 ( 被 告 株 式 会 社 サンク ス ライフパートナー 関 係 ) 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 24 年 8 月 29 日 判 決 東 京 都 港 区 < 以 下 略 > 原 告 株 式 会 社 エ イ ブ ル

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information