野村資本市場研究所|税制上の電子経済への対応を巡るOECDと日本の議論(PDF)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "野村資本市場研究所|税制上の電子経済への対応を巡るOECDと日本の議論(PDF)"

Transcription

1 税 制 上 の 電 子 経 済 への 対 応 を 巡 る OECD と 日 本 の 議 論 板 津 直 孝 要 約 1. 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 の 普 及 さらにソフトウェア 音 楽 書 籍 などデジタル 財 で の 取 引 が 普 及 してきたことにより 税 法 上 の 課 題 とりわけ 国 外 事 業 者 の 所 在 地 特 定 を 巡 る 問 題 が 顕 著 になっている 2. OECDは 多 国 籍 企 業 の 利 益 移 転 活 動 を 巡 る 国 際 課 税 制 度 の 整 備 という 観 点 から 電 子 経 済 における 直 接 税 間 接 税 のあり 方 を 検 討 しており 2014 年 9 月 に 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 に 係 る 報 告 書 を 公 表 した 行 動 計 画 の 中 では 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 に 係 る 付 加 価 値 税 の 中 立 性 維 持 のため 原 産 地 原 則 ではなく 仕 向 地 原 則 を 適 用 するよう 提 言 している 3. 日 本 の 政 府 税 調 は OECDによる 報 告 書 の 趣 旨 を 踏 まえ 電 子 商 取 引 への 消 費 課 税 に 関 する 制 度 改 革 を 2015 年 度 税 制 改 正 に 反 映 した 海 外 から 消 費 者 に 直 接 電 子 配 信 に よってサービス 提 供 が 行 われるB2C 取 引 は 国 外 事 業 者 による 消 費 税 の 徴 収 がないこ とで 国 内 事 業 者 との 不 公 正 な 競 争 を 生 じさせているからである 今 回 の 消 費 税 の 課 税 の 見 直 しは 電 子 経 済 への 具 体 的 な 税 制 上 の 対 応 の 始 まりであるといえよう Ⅰ. 電 子 商 取 引 の 拡 大 と 国 際 的 な 税 制 上 の 課 題 1. 増 加 する 通 信 アクセス 経 路 総 数 と 電 子 商 取 引 の 拡 大 OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 取 りまとめた OECD Communications Outlook 2013 による と 2011 年 の OECD 地 域 の 音 声 通 信 を 含 む 通 信 アクセス 経 路 総 数 1 は 20 億 6,600 万 件 で モバイル 契 約 がアクセス 経 路 の 65.4%を 占 めている( 図 表 1) OECD 諸 国 全 体 の 平 均 的 な モバイルインターネットアクセス 2 契 約 率 は 2009 年 の 23.1%から 2012 年 6 月 には 56.6% へと 上 昇 した 電 子 通 信 のアクセス 経 路 の 合 計 (アナログ 回 線 ISDN 回 線 ケーブルモデム 光 ファイバー モバイル 等 ) 携 帯 端 末 からのインターネット 接 続 3 OECD, OECD Communications Outlook 2013, July 11,

2 ( 百 万 件 ) 2500 図 表 1 OECD 諸 国 における 通 信 アクセス 経 路 数 ISDN ファイバー ケーブル DSL アナログ モバイル 0 ( 暦 年 ) ( 出 所 )OECD OECD Communications Outlook 2013 より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 インターネットの 普 及 により 利 用 者 は 容 易 に 国 境 を 越 えてさまざまな 電 子 商 取 引 をす 4 ることができるようになった 取 引 内 容 においても これまでの 有 形 資 産 からデジタル 財 での 取 引 が 普 及 するようになり 税 法 上 電 子 商 取 引 でデジタル 財 を 提 供 する 国 外 事 業 者 の 所 在 地 特 定 がますます 困 難 になっている 2. 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 と 税 制 上 の 新 たな 課 題 国 境 をまたがる 商 取 引 に 対 応 して 従 来 は 租 税 条 約 や 移 転 価 格 税 制 を 代 表 とする 二 重 課 税 の 解 消 が 議 論 の 中 心 とされてきたが 近 年 においては 多 国 籍 企 業 が 各 国 の 税 制 の 違 い や 優 遇 税 制 を 使 い 分 けることで 二 重 非 課 税 の 問 題 5 や 国 際 的 な 税 法 上 の 競 争 条 件 の 不 公 平 性 6 が 生 じている これらの 問 題 は 国 際 的 な 電 子 商 取 引 拡 大 によって 加 速 している 税 法 上 特 に 大 きな 課 題 は 2 点 である 第 一 に 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 の 物 理 的 な 拠 点 を 有 しない 恒 久 的 施 設 (PE: Permanent Establishment)に 係 る 国 内 源 泉 所 得 の 課 税 のあり 方 第 二 に 海 外 から 消 費 者 に 直 接 提 供 される 電 子 商 取 引 に 対 する 付 加 価 値 税 のあり 方 である 1)PE に 係 る 国 内 源 泉 所 得 の 課 税 国 境 を 越 えた 商 取 引 に 対 する 課 税 には 居 住 地 国 課 税 と 源 泉 地 国 課 税 という 二 つの 国 の 課 税 権 行 使 が 考 えられる PE は このような 課 税 権 行 使 が 重 複 することを 排 除 する 制 度 で あると 同 時 に 電 子 商 取 引 において PE をどのように 定 義 するかで 課 税 権 の 行 使 国 が 決 定 される PE は 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 が 事 業 を 遂 行 するのに 介 在 させている 固 定 的 な 事 業 の 場 所 と 一 般 的 に 定 義 づけられており PE なければ 課 税 なし が 国 際 的 課 税 原 則 であ る 一 方 で 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 は 物 理 的 な 拠 点 を 介 在 しないことがあるため こう 4 インターネットにより 直 接 配 信 されるソフトウェアや 映 像 等 のコンテンツを 含 む 情 報 等 5 多 国 籍 企 業 の 国 際 的 取 引 における 課 税 において 源 泉 地 国 と 居 住 地 国 の 双 方 において 不 課 税 となる 問 題 6 国 際 的 な 取 引 業 者 が 国 内 事 業 者 と 比 較 して 競 争 上 の 優 位 を 税 法 上 得 ることで 生 じる 不 公 平 性 2

3 した 物 理 的 に 存 在 しない 拠 点 を PE とみなすこと つまり 事 業 を 行 う 一 定 の 場 所 とし て 定 義 づけることができるのかという 課 題 がある 2) 電 子 商 取 引 における 付 加 価 値 税 のあり 方 付 加 価 値 税 の 課 税 原 則 には 一 般 的 に 原 産 地 原 則 と 仕 向 地 原 則 とがある 原 産 地 原 則 は 生 産 地 を 課 税 管 轄 地 とし 仕 向 地 原 則 は 消 費 地 を 課 税 管 轄 地 とする 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 は 現 地 法 人 を 介 在 させず 海 外 から 国 境 を 越 えて 広 く 消 費 者 に 直 接 電 子 配 信 によっ てサービス 提 供 が 行 われるため 役 務 の 提 供 された 場 所 が 明 確 でないことから 原 産 地 原 則 を 採 っている 国 もある この 場 合 原 産 地 原 則 の 適 用 は 消 費 に 対 する 課 税 という 付 加 価 値 税 の 基 本 原 則 と 国 際 取 引 に 対 する 中 立 性 原 則 を 損 なう 可 能 性 があるため 問 題 となる 日 本 においても 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 に 対 しては 原 産 地 原 則 が 適 用 されていること から 国 外 事 業 者 から 日 本 の 消 費 者 へ 直 接 電 子 配 信 される 電 子 商 取 引 が 不 課 税 となること で 国 内 事 業 者 との 関 係 で 税 法 上 非 中 立 性 が 生 じ また 最 終 消 費 への 付 加 価 値 課 税 が 困 難 な 状 況 である こうした 課 題 に 対 して 日 本 では 後 述 する BEPS に 係 る OECD と G20 の 共 同 プロジェクトに 基 づく 国 際 協 調 体 制 を 踏 まえ 2015 年 度 税 制 改 正 において 消 費 税 の 領 域 で 整 備 が 進 められた Ⅱ. 電 子 商 取 引 の 課 税 に 係 る OECD の 議 論 1.BEPS とは 上 記 のように 一 国 のみで 対 応 を 図 ることに 限 界 がある 国 際 課 税 制 度 上 の 問 題 に 対 して OECD は 2012 年 6 月 に G20 とともに 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 (BEPS:Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトを 始 動 させた BEPS は 多 国 籍 企 業 が 利 益 を 海 外 に 移 すことで 納 税 額 を 大 幅 に 削 減 場 合 によっては ほぼゼロにする 活 動 のことを 指 している こうした 企 業 行 動 は 政 府 にとって 収 入 の 喪 失 を もたらし 財 源 として 法 人 税 依 存 度 が 高 い 開 発 途 上 国 への 潜 在 的 な 影 響 が 特 に 大 きいとされ ている とはいえ 大 半 の BEPS は 現 行 ルールの 下 では 合 法 的 な 活 動 であり 問 題 は 国 際 課 税 制 度 そのものにある そこで OECD は 現 行 の 国 際 課 税 制 度 の 不 備 を 是 正 するために 2013 年 7 月 19 日 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 に 関 する 行 動 計 画 (Action Plan on Base Erosion and Profit Shifting)を 公 表 し 行 動 計 画 毎 の 詳 細 を 順 次 発 表 することとした 公 表 されている 15 の 行 動 計 画 の 概 要 は 図 表 2 の 通 りである 国 際 的 に 開 かれたネットワークであるインターネット 環 境 を 通 じて 提 供 される 電 子 商 取 引 は BEPS をより 容 易 なものとしており BEPS に 関 する 行 動 計 画 の 中 でも 第 一 次 提 言 である 電 子 経 済 に 係 る 課 題 への 対 応 がとりわけ 注 目 されるようになっている 3

4 図 表 2 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 に 関 する 行 動 計 画 の 概 要 行 動 計 画 1 : 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 行 動 計 画 2 : 他 国 で 相 応 の 課 税 がなされない 一 国 での 控 除 等 に 終 止 符 を 打 つハイブリッ ド ミスマッチの 効 果 の 無 効 化 行 動 計 画 3 : 外 国 子 会 社 合 算 税 制 ( 一 定 以 下 の 課 税 しか 受 けていない 外 国 子 会 社 への 利 益 移 転 を 防 ぐため 外 国 子 会 社 の 利 益 を 親 会 社 の 利 益 に 合 算 する 税 制 )の 強 化 行 動 計 画 4 : 支 払 利 子 等 の 損 金 算 入 を 通 じた 税 源 浸 食 の 制 限 行 動 計 画 5 : 知 的 財 産 の 優 遇 税 制 に 焦 点 を 当 てた 有 害 な 税 制 慣 行 の 防 止 行 動 計 画 6 : 租 税 条 約 濫 用 の 防 止 行 動 計 画 7 : PE 認 定 の 人 為 的 回 避 の 防 止 行 動 計 画 8-10 : 無 形 資 産 リスク 及 び 資 本 その 他 のハイリスク 取 引 に 関 する 移 転 価 格 ガイ ドラインの 改 訂 と 策 定 行 動 計 画 11 : BEPS の 規 模 や 経 済 的 効 果 の 指 標 を 政 府 から OECD に 集 約 し 分 析 する 方 法 を 策 定 行 動 計 画 12 : タックス プランニングの 報 告 義 務 行 動 計 画 13 : 移 転 価 格 関 連 の 文 書 化 の 再 検 討 行 動 計 画 14 : 国 際 税 務 の 紛 争 を 国 家 間 の 相 互 協 議 や 仲 裁 により 効 果 的 に 解 決 する 方 法 を 策 定 行 動 計 画 15: 多 国 間 協 定 の 開 発 ( 出 所 )OECD 資 料 より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 2.BEPS に 対 する 行 動 計 画 の 第 一 次 提 言 OECD は 2014 年 9 月 16 日 BEPS に 対 する 行 動 計 画 の 第 一 次 提 言 として 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 (Action 1: Addressing the Tax Challenges of the Digital Economy) に 係 る 報 告 書 を 発 表 した この 報 告 書 は 電 子 商 取 引 により 他 国 から 遠 隔 で 販 売 サー ビス 提 供 等 の 経 済 活 動 ができることに 鑑 みて 電 子 経 済 における 直 接 税 間 接 税 のあり 方 を 検 討 するために 作 成 されたものである この 報 告 書 では 電 子 経 済 のもたらす 幅 広 い 課 税 上 の 課 題 が 大 きく 以 下 のとおり 集 約 されている 7 物 理 的 拠 点 を 有 しない 電 子 経 済 において PE をどのように 定 義 するか 国 内 の 物 理 的 な 拠 点 を 介 在 しないでサービス 提 供 を 行 う 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 等 について 国 外 事 業 者 の 事 業 所 得 に 対 する PE に 基 づいた 現 行 の 課 税 制 度 をどのよ うに 考 えるのか ビッグデータ 等 8 から 得 ている 経 済 的 利 益 に 対 する 課 税 についてどのように 考 える か 企 業 が 他 国 の 顧 客 利 用 者 等 のデータの 大 量 の 収 集 から 得 ている 経 済 的 利 益 に 対 し て 企 業 が 収 集 したデータの 価 値 に 着 目 することなどで 顧 客 利 用 者 等 の 所 在 地 国 による 課 税 を 考 える 7 8 玉 木 林 太 郎 (OECD 事 務 次 長 ) OECD/G20 BEPS プロジェクトの 現 状 2014 年 9 月 22 日 事 業 に 役 立 つ 知 見 を 導 出 するためのデータ 等 で 典 型 的 なデータベースソフトウェアが 把 握 し 蓄 積 し 運 用 し 分 析 できる 能 力 を 超 えたサイズのデータ 等 4

5 新 たなビジネスモデルから 生 じる 所 得 を 租 税 条 約 等 の 適 用 上 どのように 分 類 するか クラウド サービスの 対 価 等 について 事 業 所 得 や 使 用 料 等 の 所 得 分 類 ごとに 課 税 関 係 を 規 定 する 租 税 条 約 等 の 適 用 上 どのように 分 類 するか 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 における 付 加 価 値 税 の 徴 収 をどのように 確 保 するか 電 子 商 取 引 において 海 外 から 消 費 者 に 直 接 電 子 配 信 によってサービス 提 供 が 行 われ る B2C 9 取 引 に 対 して 仕 向 地 原 則 をベースに 付 加 価 値 税 の 徴 収 確 保 を 考 える 電 子 商 取 引 については 直 接 税 及 び 間 接 税 の 双 方 に 関 してそのあり 方 が 検 討 されており 日 本 からの 視 点 で 言 うと 国 外 より 日 本 の 消 費 者 に 対 して 電 子 商 取 引 によりデジタル 財 の 提 供 が 行 われた 場 合 に 国 外 事 業 者 の 当 該 提 供 に 対 して 法 人 税 及 び 消 費 税 が 課 税 できるか が 問 題 となる 本 報 告 書 では こうした 議 論 を 踏 まえ 税 源 浸 食 と 利 益 移 転 の 機 会 につながる 主 な 要 因 が 分 析 されており これらの 要 因 に 対 して 各 国 の 政 府 が 対 応 策 を 講 じることを 呼 び 掛 け ている 3. 国 境 を 越 えた 電 子 商 取 引 に 係 る 付 加 価 値 税 の 課 税 の 議 論 課 税 ベースの 広 い 消 費 課 税 である 付 加 価 値 税 の 課 税 のあり 方 について 検 討 をする 際 には 上 述 の BEPS に 対 する 行 動 計 画 の 第 一 次 提 言 とともに OECD が 2014 年 4 月 に 公 表 した 国 際 付 加 価 値 税 / 物 品 サービス 税 ガイドライン (International VAT/GST Guidelines)が 参 考 に なる この 第 2 章 国 境 を 越 えた 取 引 に 関 わる 付 加 価 値 税 の 中 立 性 (Neutrality of Value Added Taxes in the Context of Cross-Border Trade)では 国 際 取 引 における 中 立 性 が 示 されて いる Guideline 2.4 課 税 のレベルに 関 して 税 が 課 され 又 は 徴 収 される 課 税 管 轄 地 の 国 内 事 業 者 と 比 較 して 国 外 事 業 者 は 不 利 にも 有 利 にも 扱 われるべきではない これは 仕 向 地 原 則 (Destination Principle)の 適 用 によって 達 成 される Guideline 2.5 国 外 事 業 者 が 回 収 できない 付 加 価 値 税 を 負 わないことを 確 保 するた めに 課 税 管 轄 地 はさまざまな 方 法 から 選 択 することができる Guideline 2.6 国 外 事 業 者 に 対 して 特 別 な 税 務 執 行 上 の 要 請 が 必 要 であると 考 えら れる 場 合 それらの 要 請 は 事 業 者 に 対 して 不 均 衡 又 は 不 適 切 なコンプライアンス 負 担 を 負 わせるべきではない ここで 注 目 すべき 点 は 国 内 事 業 者 と 国 外 事 業 者 に 対 する 付 加 価 値 税 の 中 立 性 原 則 の 達 成 には 原 産 地 原 則 ではなく 仕 向 地 原 則 の 適 用 が 必 要 になるということである とりわけ 海 外 から 消 費 者 に 直 接 電 子 配 信 によってサービス 提 供 が 行 われる B2C 取 引 の 場 合 国 外 事 9 Business to Consumer, 企 業 が 一 般 消 費 者 を 対 象 に 商 取 引 を 行 うビジネス 形 態 5

6 業 者 による 消 費 者 からの 付 加 価 値 税 の 徴 収 がないことで 生 産 地 を 課 税 管 轄 地 とする 原 産 地 原 則 は 国 内 事 業 者 との 不 公 正 な 競 争 を 生 じさせるからである 例 えば インターネッ トを 通 じて 電 子 書 籍 を 購 入 する 場 合 原 産 地 原 則 の 下 では 国 外 事 業 者 からの 購 入 につい ては 付 加 価 値 税 の 課 税 がなく 国 内 事 業 者 からの 購 入 については 同 一 の 電 子 書 籍 であっ ても 付 加 価 値 税 が 徴 収 される この 場 合 消 費 に 対 する 課 税 という 付 加 価 値 税 の 基 本 原 則 も 損 なうことになる 4. 今 後 の 課 題 BEPS の 行 動 計 画 は 順 次 詳 細 が 公 表 されており 残 された 課 題 や 2015 年 に 議 論 されるそ の 他 の 行 動 に 関 連 する 課 題 については 引 き 続 き OECD において 議 論 が 行 われる 今 後 行 動 計 画 の 具 体 的 な 詳 細 のうち 国 内 法 租 税 条 約 の 改 正 が 求 められるものにつ いては G20 でのコミットに 基 づき 各 国 において 順 次 検 討 を 開 始 することとなる 一 国 のみで 国 際 課 税 制 度 の 対 応 を 図 ることに 限 界 があるこうした 課 題 については 多 国 籍 企 業 の 租 税 回 避 に 対 処 する 国 際 協 調 体 制 が 必 要 であり 各 国 の 税 務 当 局 間 の 一 層 の 協 調 と 協 働 そしてグローバルな 実 施 を 監 視 するための 体 制 が 求 められる 国 内 税 制 は 各 国 の 政 策 を 反 映 し それぞれの 国 において 固 有 に 定 められてきた 側 面 がある しかし 企 業 や 個 人 の 事 業 投 資 活 動 が 主 に 国 内 において 完 結 している 時 代 が 終 わり 多 国 籍 企 業 による 国 際 的 な 活 動 の 活 発 化 とインターネット 環 境 を 通 じて 容 易 に 国 境 を 越 えて 電 子 商 取 引 が 行 える 時 代 となった 今 国 際 的 に 調 整 された 課 税 制 度 の 動 向 を 踏 まえる 形 で 国 内 税 制 を 改 正 する ことが 各 国 当 局 に 求 められているといえよう Ⅲ. 日 本 における 2015 年 度 税 制 改 正 と 消 費 税 課 税 の 見 直 し 1. 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 日 本 の 税 制 改 正 の 背 景 1) 日 本 における 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 年 度 税 制 改 正 において 改 正 対 象 となった 国 境 を 越 えた 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 対 する 消 費 課 税 は 上 述 した OECD による BEPS プロジェクト 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 の 趣 旨 を 十 分 に 踏 まえ 日 本 の 消 費 税 体 系 において 国 内 外 の 事 業 者 間 の 競 争 条 件 の 公 平 性 の 確 保 を 目 指 すものである 消 費 税 の 課 税 対 象 となる 取 引 には 国 内 において 事 業 者 が 行 った 資 産 の 譲 渡 等 である 国 内 取 引 と 保 税 地 域 から 引 き 取 られる 外 国 貨 物 である 輸 入 取 引 がある 国 内 取 引 について は 資 産 の 譲 渡 等 が 国 内 で 行 われたかどうかの 内 外 判 定 によるが インターネット 環 境 を 通 じて 提 供 される 電 子 商 取 引 はサービス 提 供 の 場 所 が 明 確 でないことから 消 費 税 法 施 行 令 6 条 2 項 7 号 により 役 務 の 提 供 者 の 事 務 所 等 の 所 在 地 が 課 税 管 轄 地 とされ 国 外 事 業 10 電 子 書 籍 音 楽 広 告 の 配 信 等 の 電 気 通 信 回 線 を 介 して 行 われる 一 定 の 役 務 の 提 供 6

7 者 であるため 課 税 対 象 外 となっていた また 輸 入 取 引 については 国 外 事 業 者 による 役 務 提 供 や 無 形 資 産 取 引 は 税 関 を 通 過 しないで 取 引 ができることから 税 関 における 管 理 の 対 象 外 であり 消 費 税 が 課 税 されないこととされていた したがって 国 際 的 な 電 子 商 取 引 において 国 内 事 業 者 の 役 務 の 提 供 に 消 費 税 が 課 税 される 一 方 で 国 外 事 業 者 の 役 務 の 提 供 は 不 課 税 になる 非 中 立 性 が 生 じていたといえよう 上 記 の 点 を 踏 まえ 2015 年 度 税 制 改 正 では 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 内 外 判 定 基 準 の 見 直 しがされた 具 体 的 には その 役 務 の 提 供 が 消 費 税 の 課 税 対 象 となる 国 内 取 引 に 該 当 するか 否 かの 判 定 基 準 が 役 務 の 提 供 を 行 う 者 の 事 務 所 等 の 所 在 地 から 役 務 の 提 供 を 受 ける 者 の 住 所 地 等 に 見 直 された 2) 日 本 の 電 子 商 取 引 市 場 の 実 態 経 済 産 業 省 が 2015 年 5 月 に 公 表 した 平 成 26 年 度 我 が 国 経 済 社 会 の 情 報 化 サービス 化 に 係 る 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 によると 日 本 でも 電 子 商 取 引 の 市 場 規 模 が 急 速 に 拡 大 していることが 確 認 できる (1) 日 本 の 消 費 者 向 け 電 子 商 取 引 (B2C-EC) 市 場 規 模 2014 年 の 日 本 国 内 の B2C-EC 市 場 規 模 は 12.8 兆 円 ( 前 年 比 14.6% 増 )まで 拡 大 してい る 全 ての 商 取 引 金 額 ( 商 取 引 市 場 規 模 )に 対 する 電 子 商 取 引 市 場 規 模 の 割 合 を 指 す EC 化 率 は B2C-EC で 4.37%( 前 年 比 0.52 ポイント 増 )と 増 加 傾 向 にあり 商 取 引 の 電 子 化 が 進 展 している( 図 表 3) (2) 日 本 米 国 中 国 3 ヵ 国 相 互 間 の 越 境 B2C-EC 市 場 規 模 2014 年 の 越 境 B2C-EC 市 場 規 模 は 日 米 中 3 ヵ 国 合 計 で 2 兆 2,573 億 円 その 内 日 本 の 消 費 者 による 米 国 及 び 中 国 事 業 者 からの 越 境 B2C-EC 市 場 規 模 は 2,086 億 円 ( 前 年 比 8.9% 増 )となった 日 米 中 3 ヵ 国 相 互 間 の 消 費 者 向 け 越 境 EC 市 場 の 中 では 中 国 の 消 費 者 による 購 入 額 が 最 大 の 規 模 となっている( 図 表 4) 経 済 産 業 省 の 試 算 によると 日 本 米 国 中 国 の 越 境 B2C-EC 推 計 市 場 規 模 は 2014 年 から 2018 年 までの 間 に 日 本 は 約 1.4 倍 米 国 は 約 1.6 倍 中 国 は 約 2.3 倍 の 規 模 となり 日 米 中 3 ヵ 国 間 における 越 境 B2C-EC による 購 入 総 額 合 計 は 2018 年 までに 約 4.4 兆 円 に まで 拡 大 する 可 能 性 があると 推 計 されている( 図 表 5) この 国 外 事 業 者 から 日 本 の 消 費 者 に 直 接 電 子 配 信 によってサービス 提 供 が 行 われる B2C-EC 取 引 が 2015 年 度 税 制 改 正 における 消 費 税 法 改 正 の 焦 点 のひとつとなった 7

8 図 表 3 日 本 の B2C-EC の 市 場 規 模 及 び EC 化 率 の 推 移 ( 億 円 ) 140, , ,000 80,000 60,000 40,000 20, 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2014 年 EC 市 場 規 模 EC 化 率 5.00% 4.50% 4.00% 3.50% 3.00% 2.50% 2.00% 1.50% 1.00% 0.50% 0.00% ( 出 所 ) 経 済 産 業 省 平 成 25 年 度 我 が 国 経 済 社 会 の 情 報 化 サービス 化 に 係 る 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 及 び 平 成 26 年 度 我 が 国 経 済 社 会 の 情 報 化 サービス 化 に 係 る 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 よ り 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 図 表 年 越 境 B2C-EC 市 場 規 模 ( 単 位 : 億 円 ) 国 越 境 B2C-EC による 購 入 額 ( 消 費 者 ) 日 本 経 由 米 国 経 由 中 国 経 由 合 計 日 本 1, ,086 米 国 4,868 3,266 8,134 中 国 6,064 6,290 12,354 ( 出 所 ) 経 済 産 業 省 平 成 26 年 度 我 が 国 経 済 社 会 の 情 報 化 サービス 化 に 係 る 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 図 表 年 越 境 B2C-EC 市 場 規 模 ポテンシャル ( 単 位 : 億 円 ) 国 越 境 B2C-EC による 購 入 額 ( 消 費 者 ) 日 本 経 由 米 国 経 由 中 国 経 由 合 計 日 本 2, ,923 米 国 7,803 5,235 13,038 中 国 13,943 14,463 28,406 ( 出 所 ) 経 済 産 業 省 平 成 26 年 度 我 が 国 経 済 社 会 の 情 報 化 サービス 化 に 係 る 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 2. 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 消 費 課 税 見 直 しの 内 容 国 境 を 越 えた 役 務 の 提 供 に 係 る 消 費 税 の 課 税 の 見 直 しとして 2015 年 度 税 制 改 正 におけ る 改 正 の 要 点 は 以 下 のとおりである 8

9 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 内 外 判 定 基 準 の 見 直 し 国 外 事 業 者 が 行 う 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 課 税 方 式 の 見 直 し 国 外 事 業 者 が 行 う 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 仕 入 税 額 控 除 の 制 限 登 録 国 外 事 業 者 制 度 の 創 設 1) 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 内 外 判 定 基 準 の 見 直 し 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 が 消 費 税 の 課 税 対 象 となる 国 内 取 引 に 該 当 するかどうかの 判 定 基 準 が 役 務 の 提 供 を 行 う 者 の 事 務 所 等 の 所 在 地 から 役 務 の 提 供 を 受 ける 者 の 住 所 等 に 改 正 された 国 内 外 の 事 業 者 間 の 競 争 条 件 の 公 平 性 を 確 保 するために 行 われた 今 回 の 改 正 により 日 本 の 消 費 税 課 税 における 内 外 判 定 基 準 は 原 産 地 原 則 から 仕 向 地 原 則 へと 大 きく 転 換 した といえる この 考 え 方 は BEPS に 対 する 行 動 計 画 の 第 一 次 提 言 にある 電 子 経 済 の 課 税 上 の 課 題 への 対 処 を 踏 まえ OECD が 2014 年 4 月 に 公 表 した 国 際 付 加 価 値 税 / 物 品 サ ービス 税 ガイドライン に 則 したものである 具 体 的 に 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 課 税 関 係 を 示 したものが 図 表 6 である 図 表 6 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 消 費 税 : 改 正 前 及 び 改 正 後 の 課 税 関 係 国 内 国 外 1 事 業 者 3 5 消 費 者 2 4 事 業 者 消 費 者 改 正 前 改 正 後 1 国 内 取 引 : 課 税 国 外 取 引 : 不 課 税 2 国 外 取 引 : 不 課 税 国 内 取 引 : 課 税 3 国 内 取 引 : 課 税 国 外 取 引 : 不 課 税 4 国 外 取 引 : 不 課 税 国 内 取 引 : 課 税 5 国 内 取 引 : 課 税 国 内 取 引 : 課 税 改 正 前 の1 及 び3は 輸 出 免 税 の 適 用 有 ( 出 所 ) 国 税 庁 国 境 を 越 えた 役 務 の 提 供 に 係 る 消 費 税 の 課 税 の 見 直 し 等 について より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 上 記 のとおり 改 正 前 と 改 正 後 では 仕 向 地 原 則 の 適 用 により 原 則 として 正 反 対 の 課 税 関 係 となるため 外 国 事 業 者 のみならず 日 本 企 業 も 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 業 務 プロセスを 見 直 す 必 要 がある 2) 課 税 方 式 の 見 直 し(リバ-スチャージ 方 式 の 導 入 ) 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 及 び 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 の いずれに 該 当 するかによって 2015 年 度 税 制 改 正 では 課 税 方 式 が 異 なる すなわち 国 外 事 業 者 が 行 う 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 においては 役 務 の 提 供 を 受 けた 9

10 国 内 事 業 者 に 申 告 納 税 義 務 (リバースチャージ 方 式 )があり 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 においては 国 外 事 業 者 に 申 告 納 税 義 務 ( 国 外 事 業 者 申 告 納 税 方 式 )が 課 され る 国 内 事 業 者 が 受 ける 役 務 の 提 供 には 事 業 者 向 け と 消 費 者 向 け の 2 つの 区 分 があ ることから 注 意 が 必 要 である 2 つの 役 務 の 提 供 の 定 義 は 以 下 のとおりである( 図 表 7 参 照 ) 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 役 務 の 性 質 又 は 当 該 役 務 の 提 供 に 係 る 取 引 条 件 等 から 見 て 当 該 役 務 の 提 供 を 受 け る 者 が 通 常 事 業 者 に 限 られるものが 該 当 する 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 以 外 のもの 広 く 消 費 者 を 対 象 に 提 供 されてい る 配 信 等 や ホームページ 等 で 事 業 者 を 対 象 に 販 売 することとしているものであっ ても 消 費 者 をはじめとする 事 業 者 以 外 の 者 からの 申 込 みが 行 われた 場 合 に その 申 込 みを 事 実 上 制 限 できないものである 図 表 7 事 業 者 向 け と 消 費 者 向 け の 課 税 方 式 事 業 者 向 け に 係 る 課 税 方 式 消 費 者 向 け に 係 る 課 税 方 式 国 内 国 外 国 内 国 外 事 業 者 役 務 の 提 供 < 納 税 義 務 者 > 事 業 者 消 費 者 事 業 者 事 業 者 役 務 の 提 供 < 納 税 義 務 者 > 申 告 納 税 申 告 納 税 税 務 署 税 務 署 ( 出 所 ) 国 税 庁 国 境 を 越 えた 役 務 の 提 供 に 係 る 消 費 税 の 課 税 の 見 直 し 等 について より 野 村 資 本 市 場 研 究 所 作 成 消 費 税 はその 特 徴 として 多 段 階 課 税 のプロセスを 経 ることから B2C 取 引 だけではなく 国 外 事 業 者 から 国 内 消 費 者 への 最 終 消 費 に 至 るまでの B2B 取 引 にも 仕 向 地 原 則 を 考 慮 す る 必 要 がある 役 務 の 提 供 を 受 けた 国 内 事 業 者 に 申 告 納 税 義 務 があるリバースチャージ 方 式 の 導 入 により 改 正 前 においては 不 課 税 であった 国 内 取 引 が 改 正 後 は 課 税 取 引 となるた め 日 本 企 業 は 事 業 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 係 る 申 告 納 税 に 至 る 業 務 プロセス を 整 備 する 必 要 がある 10

11 3. 予 想 される 影 響 と 残 された 課 題 1) 仕 入 税 額 控 除 と 登 録 国 外 事 業 者 制 度 から 見 る 課 題 日 本 の 税 務 当 局 から 見 ると 国 外 事 業 者 に 申 告 納 税 義 務 が 課 される 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 においては 国 外 事 業 者 による 申 告 納 税 をいかに 確 保 するかが 課 題 となる 国 外 事 業 者 による 申 告 納 税 がなく 国 内 事 業 者 が 仕 入 税 額 を 控 除 すると 税 源 浸 食 が 発 生 するからである 2015 年 度 税 制 改 正 では 国 外 事 業 者 が 行 う 消 費 者 向 け 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 につ いては 経 過 措 置 により 当 分 の 間 当 該 役 務 の 提 供 を 受 けた 国 内 事 業 者 において 仕 入 税 額 控 除 が 制 限 される 現 状 では 国 外 事 業 者 に 自 発 的 な 申 告 納 税 を 促 すことには 限 界 があ り 今 後 の 検 討 事 項 となるが 登 録 国 外 事 業 者 制 度 11 の 創 設 により 国 外 事 業 者 が 登 録 国 外 事 業 者 である 場 合 には 国 内 事 業 者 における 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 となる 一 方 電 気 通 信 利 用 役 務 の 国 外 からの 取 引 規 模 が 大 きい 日 本 企 業 にとっては 国 外 事 業 者 からの 役 務 の 提 供 に 対 して 消 費 税 を 負 担 したにも 係 わらず 仕 入 れのために 支 払 った 消 費 税 額 を 差 し 引 く 仕 入 税 額 控 除 が 制 限 されてしまい 納 付 消 費 税 額 が 増 加 するような 事 態 は 避 けたいところである 国 外 事 業 者 による 自 発 的 な 申 告 納 税 の 定 着 には コンプライアンスコスト 負 担 の 軽 減 と インセンティブへの 配 慮 が 一 般 的 に 挙 げられる 前 者 に 対 応 する 施 策 として 登 録 国 外 事 業 者 制 度 の 創 設 がある この 制 度 の 導 入 によって 登 録 国 外 事 業 者 については 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 となることから 国 外 事 業 者 が 日 本 の 消 費 者 向 けに 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 を 拡 大 したいと 考 えた 場 合 取 引 先 である 日 本 企 業 が 仕 入 税 額 控 除 の 制 限 を 受 けないように 登 録 国 外 事 業 者 制 度 を 利 用 することが 必 要 とされる 一 定 規 模 の 国 外 事 業 者 であれば こ れがビジネス 戦 略 上 のインセンティブとなり ゆえに 国 外 事 業 者 による 申 告 納 税 が 促 進 す ることが 期 待 される ただし 適 正 な 仕 入 税 額 控 除 のために 日 本 企 業 は 国 外 事 業 者 が 登 録 国 外 事 業 者 であるか 否 かの 確 認 が 必 要 になる 2) 内 外 判 定 基 準 の 改 正 による 日 本 企 業 への 影 響 について 消 費 税 法 における 内 外 判 定 基 準 の 改 正 により 仕 向 地 原 則 の 適 用 から 改 正 前 と 改 正 後 では 原 則 として 課 税 関 係 が 正 反 対 となる また 改 正 前 では 輸 出 免 税 の 適 用 があったこと ( 図 表 6 の1 及 び3)を 考 慮 すると 課 税 範 囲 は 広 がることになる 日 本 企 業 としては 国 外 から 電 子 商 取 引 等 で 提 供 を 受 けている 役 務 を 特 定 し リバース チャージ 方 式 または 国 外 事 業 者 申 告 納 税 方 式 のいずれの 対 象 になるかを 検 討 する 新 たな 対 応 が 求 められる 同 時 に 仕 向 地 原 則 の 適 用 によって 予 想 される 影 響 は 日 本 企 業 の 国 外 支 店 の 取 り 扱 いである その 役 務 の 提 供 が 消 費 税 の 課 税 対 象 となる 国 内 取 引 に 該 当 するか 否 かの 判 定 基 準 が 役 11 所 定 の 要 件 を 満 たす 事 業 者 で 登 録 国 外 事 業 者 の 登 録 を 受 けようとする 者 は 登 録 国 外 事 業 者 の 登 録 申 請 書 に 所 定 の 事 項 を 記 載 の 上 納 税 地 を 所 轄 する 税 務 署 長 を 通 じて 国 税 庁 長 官 に 当 該 申 請 書 を 提 出 する 必 要 がある 11

12 務 の 提 供 を 行 う 者 の 事 務 所 等 の 所 在 地 から 役 務 の 提 供 を 受 ける 者 の 住 所 地 等 に 見 直 されたことに 伴 い 日 本 企 業 の 海 外 支 店 取 引 は 本 店 が 日 本 にある 限 り 国 内 取 引 となる 法 人 の 場 合 役 務 の 提 供 を 受 ける 者 の 住 所 地 等 は 本 店 又 は 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 とな るからである( 消 費 税 法 第 4 条 第 3 項 第 3 号 消 費 税 法 基 本 通 達 の 2) したがって 日 本 に 本 店 がある 法 人 の 海 外 支 店 が 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 を 受 けた 場 合 は 提 供 者 が 国 内 国 外 いずれの 事 業 者 であっても 国 内 取 引 に 該 当 し 消 費 税 が 課 される Ⅳ.おわりに 上 記 のように 2012 年 に OECD による BEPS プロジェクトが 始 動 し 行 動 計 画 の 検 討 が 順 次 進 んでいることを 踏 まえ 日 本 も 2015 年 度 税 制 改 正 として 付 加 価 値 税 の 領 域 で 整 備 が 進 んだ 国 際 的 な 動 きに 則 した 日 本 の 対 応 が 見 て 取 れる ただし 国 境 を 越 えた 電 気 通 信 利 用 役 務 の 提 供 に 対 する 消 費 税 の 課 税 の 見 直 しは 電 子 経 済 への 具 体 的 な 税 制 上 の 対 応 の 始 まりに 過 ぎない 早 急 に 対 応 する 必 要 がある 付 加 価 値 税 に 続 いて 今 後 は 直 接 税 であ る 法 人 税 についての 検 討 が 具 体 的 に 進 められることとなろう 金 融 資 本 市 場 のグローバル 化 が 進 んだ 現 在 電 子 経 済 の 影 響 は 金 融 サービスにおいて も 大 きな 変 化 を 求 めてきている 金 融 機 関 が 電 気 通 信 回 線 を 介 して 金 融 商 品 及 びサービス を 提 供 し 利 用 者 が 金 融 機 関 の 従 事 者 と 直 接 対 面 又 は 意 思 疎 通 することなく 自 動 化 され た 方 式 によりこれを 利 用 することが 一 般 化 すると 国 際 課 税 制 度 における OECD の 協 調 体 制 のように 利 用 者 保 護 の 観 点 から 監 督 行 政 上 の 対 応 において 国 際 的 な 監 督 当 局 間 の 連 携 強 化 が 必 要 とされる しかしながら 多 くの 国 で 現 行 の 金 融 関 連 規 制 はこのような 電 子 媒 体 による 国 境 を 越 えた 取 引 を 想 定 していない さらに IT を 活 用 した 金 融 分 野 である FINTECH 12 に 関 連 したベンチャー 企 業 の 間 では インターネット 上 の 仮 想 通 貨 であるビットコイン(Bitcoin)を 活 用 して 新 たな 金 融 サービ スの 創 出 を 目 指 す 動 きも 活 発 化 している しかし ビットコインに 係 る 税 務 上 の 取 扱 いに ついては 各 国 の 見 解 がバラバラであるのが 現 状 である 税 務 上 の 取 扱 いを 検 討 するうえ で まずは ビットコインの 法 律 上 の 位 置 付 けを 明 確 にする 必 要 がある これらに 共 通 するのは 国 際 的 な 電 子 取 引 のフレームワークの 構 築 には 一 国 のみで 対 応 を 図 ることに 限 界 があるという 課 題 であり 今 後 は 国 際 機 関 の 主 導 による 各 国 の 協 調 連 携 体 制 の 構 築 が 一 層 求 められよう 12 Finance と Technology を 組 み 合 わせた 造 語 12

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き-

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き- KPMG Insight Vol. 13 / Jul. 2015 1 海 外 に 関 連 した 資 産 税 課 税 制 度 の 変 遷 課 税 強 化 の 動 き - 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 の 範 囲 拡 大 の 経 緯 と 出 国 税 導 入 に 至 るまでの 動 き- KPMG 税 理 士 法 人 AMSグループ パートナー 正 路 晃 シニアマネジャー 出 口 勝 2015

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制

加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少 申 告 加 算 税 無 申 告 加 算 税 及 び 重 加 算 税 の 制 資 料 2-1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 平 成 27 年 12 月 3 日 関 税 外 国 為 替 等 審 議 会 関 税 分 科 会 財 務 省 関 税 局 1 加 算 税 制 度 の 見 直 し 等 1. 現 行 制 度 の 概 要 関 税 においては 国 税 ( 輸 入 貨 物 に 対 する 内 国 消 費 税 を 含 む 以 下 同 じ ) の 制 度 と 同 様 の 過 少

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD 平 成 26 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 際 課 税 関 係 ) 法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECDモデル 租 税 条

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

第10回税制調査会 総10-1

第10回税制調査会 総10-1 平 26.6.27 総 1 0-1 平 成 26 年 6 月 法 人 税 の 改 革 に つ い て( 案 ) 税 制 調 査 会 法 人 税 の 改 革 について 1. 法 人 税 改 革 の 趣 旨 グローバル 経 済 の 中 で 日 本 が 強 い 競 争 力 を 持 って 成 長 していくためには 法 人 税 もまた 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 革 していく 必 要 がある わが

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Korea 2015 Tax Update

Korea 2015 Tax Update 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2015 年 3 月 号 掲 載 韓 国 の 2015 年 税 制 改 正 及 び 実 務 への 影 響 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 公 認 会 計 士 ( 韓 国 ) 李 炅 宅 Samil PricewaterhouseCoopers( 三 逸 会 計 法 人 ) 公 認 会 計 士 ( 韓 国 ) 盧 映 錫 2014 年

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額 法 人 用 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 税 務 署 この 書 き 方 では 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 ) 及 び 別 表 特 定 課 税 仕 入 れがある 場 合 の 課 税 標 準 額 等 の 内 訳 書 と こ れ に 添 付 す る 付 表 2 課 税 売 上 割 合 控 除 対 象 仕

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

OECD国際課税報告制度への体制構築とリスクマネジメントの実現

OECD国際課税報告制度への体制構築とリスクマネジメントの実現 2015 年 10 月 OECD 国 際 課 税 報 告 制 度 への 体 制 構 築 とリスクマネジメントの 実 現 2015 年 2 月 6 日 OECDは 多 国 籍 企 業 による 税 源 侵 食 および 利 益 移 転 (Base Erosion and Profit Shifting:BEPS)に 関 するG20との 共 同 プロ ジェクトの 最 新 状 況 を 発 表 し そのなかでOECD

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc 資 料 -3 鉄 道 プロジェクトの 評 価 手 法 マニュアル 2012 ( 案 ) 国 土 交 通 省 鉄 道 局 2012 年 3 月 目 次 第 1 編 総 説 第 1 章 本 マニュアルの 目 的 と 改 訂 の 経 緯... 1 1.1 本 マニュアルの 対 象 と 目 的... 1 1.2 マニュアル 改 訂 の 経 緯... 2 第 2 章 鉄 道 プロジェクト 評 価 の 基 本

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

平成28年度税制改正に関する要望

平成28年度税制改正に関する要望 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 日 証 協 平 成 27 年 9 月 本 協 会 投 資 信 託 協 会 全 国 証 券 取 引 所 は 今 般 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 を 取 りまとめた 本 要 望 は 我 が 国 が 経 済 の 好 循 環 を 維 持 し 持 続 的 な 成 長 を 実 現 するためには 日 本 再 興 戦 略 (

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対

2. 電 子 出 版 権 ( 仮 称 )の 内 容 インターネット 上 で 流 通 する 違 法 電 子 書 籍 の 問 題 については 著 作 権 者 であ る 作 家 個 々 人 で 対 処 することは 事 実 上 不 可 能 である 他 方 出 版 者 は 紙 の 違 法 出 版 物 に 対 資 料 3 電 子 書 籍 の 流 通 と 利 用 の 促 進 に 資 する 電 子 出 版 権 の 新 設 を 求 める 2013 年 2 月 19 日 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 1. 基 本 認 識 デジタル 化 ネットワーク 化 の 流 れのなか 従 来 紙 媒 体 であった 書 籍 や 雑 誌 が 電 子 媒 体 として 配 信 される 時 代 が 本 格

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

同 年 OECDは 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 自 動 的 に 交 換 するための 国 際 基 準 ( 共 通 報 告 基 準 )を 策 定 し 同 基 準 はG20 財 務 大 臣 会 合 及 びサミットにも 報 告 されました 平 成

同 年 OECDは 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 を 各 国 税 務 当 局 間 で 自 動 的 に 交 換 するための 国 際 基 準 ( 共 通 報 告 基 準 )を 策 定 し 同 基 準 はG20 財 務 大 臣 会 合 及 びサミットにも 報 告 されました 平 成 国 際 課 税 関 係 の 改 正 目 一 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 の 改 正 617 二 非 居 住 者 に 係 る 金 融 口 座 情 報 の 自 動 的 交 換 のための 報 告 制 度 の 整 備 624 三 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ( 二 重 課 税 調 整 関 係 )の 創 設 672 四 外 国 金 融 機 関

More information

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20 発 行 番 号 : 20 号 発 行 日 : 2007 年 2 月 内 容 : ベトナムにおける 個 人 所 得 税 の 申 告 納 税 の 実 務 筆 者 : IGL (VIETNAM) CO., LTD. グェン ディン フク 1. はじめに ベトナムに 居 住 して 働 く あるいは 居 住 はしないがベトナムで 働 いた 対 価 として 個 人 が 所 得 を 得 る 場 合 この 所 得

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税 個 人 所 得 税 の 現 状 - 駐 在 員 のための 個 人 所 得 税 - 2011 年 6 月 目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information