Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1"

Transcription

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12 9.もしものときの 連 絡 先 P13 10.メッセージ( 伝 えたいこと) P15 1

2 1. 私 の 歩 んできた 道 [ 文 書 の 重 要 な 部 分 を 引 用 して 読 者 の 注 意 を 引 いたり このスペースを 使 って 注 目 ポ イントを 強 調 したりしましょう このテキスト ボックスは ドラッグしてページ 上 の 好 きな 場 所 に 配 置 できます ] 私 のこと 名 前 名 前 の 由 来 ( 旧 姓 : ) 生 年 月 日 大 正 昭 和 平 成 / 年 月 日 生 ( 西 暦 年 干 支 : ) 血 液 型 A B O AB 生 まれたところ 都 道 府 県 現 住 所 - 電 話 番 号 勤 務 先 2

3 私 の 好 きな 人 こと もの 好 きな 言 葉 好 きな 食 べ 物 好 きな 場 所 好 きな 歌 歌 手 好 きな 映 画 好 きな 人 尊 敬 する 人 好 きな 色 好 きな 花 好 きな 季 節 好 きな 本 資 格 免 許 資 格 免 許 年 取 得 年 取 得 年 取 得 年 取 得 趣 味 特 技 参 加 している 団 体 教 室 団 体 教 室 の 名 称 活 動 内 容 ( 連 絡 先 ) 3

4 学 校 の 思 い 出 小 学 校 楽 しかった 思 い 出 好 きだった 遊 び 流 行 っていたこと 卒 業 中 学 校 楽 しかった 思 い 出 あこがれていた 職 業 好 きだった 本 卒 業 高 校 楽 しかった 思 い 出 課 外 (クラブ) 活 動 好 きだった 芸 能 人 卒 業 その 後 の 学 校 ( 専 門 学 校 短 大 大 学 ) 専 門 は 何 を 学 んでいましたか 楽 しかった 思 い 出 課 外 (クラブ) 活 動 流 行 っていたこと 卒 業 後 の 記 録 卒 業 就 職 これまでに 就 いてきた 職 業 年 ~ 年 年 ~ 年 年 ~ 年 年 ~ 年 特 技 ( 資 格 ) 結 婚 子 育 て 結 婚 したのは 昭 和 / 平 成 年 月 日 4

5 新 婚 旅 行 はどこへ プロポーズの 言 葉 は 当 時 流 行 っていたものは 思 い 出 のプレゼント お 子 さんは 何 人 男 人 女 人 お 孫 さんは 何 人 男 人 女 人 曾 孫 さんは 何 人 男 人 女 人 思 い 出 の 旅 行 先 は よく 子 供 に 読 んであげた 本 思 い 出 エピソード 退 職 後 の 記 録 退 職 したのは 昭 和 / 平 成 年 月 日 勤 めていた 会 社 役 職 退 職 後 に 始 めたこと( 趣 味 ) 5

6 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) 家 系 図 父 母 ご 本 人 配 偶 者 兄 弟 姉 妹 配 偶 者 第 1 子 第 2 子 配 偶 者 配 偶 者 第 3 子 孫 孫 足 りない 部 分 は 書 き 足 してください 家 訓 ( 残 しておきたい 言 葉 ) 6

7 3. 宗 教 お 墓 について 宗 教 信 仰 している 宗 教 がある はい いいえ 宗 教 名 仏 教 ( ) キリスト 教 神 道 その 他 ( ) 菩 提 寺 教 会 神 社 など: 所 在 地 : 電 話 : 住 職 や 牧 師 さんとの 面 識 はある はい いいえ 戒 名 を 授 かっている はい いいえ ある 場 合 戒 名 ない 場 合 の 希 望 普 通 すこし 良 いもの 院 号 をつける お 墓 (お 墓 がある 場 合 ) お 墓 のある 場 所 墓 所 名 : 所 在 地 : 電 話 : 使 用 許 可 証 明 :ある ない その 墓 に 入 りますか? はい いいえ < 入 りたくない 理 由 > 田 舎 にあるお 墓 を 死 後 引 越 しをしてほしい 田 舎 の 墓 地 を 処 分 して 永 代 供 養 墓 か 納 骨 堂 に 入 りたい (お 墓 がない 場 合 ) お 墓 の 希 望 場 所 寺 教 会 など( ) 公 営 墓 地 ( ) 民 営 墓 地 ( ) 永 代 供 養 墓 納 骨 堂 ( 場 所 : ) 散 骨 樹 木 葬 ほか( ) 我 が 家 の 家 紋 名 称 由 来 及 び 解 説 ( 図 柄 ) 7

8 4. 葬 儀 法 要 について 希 望 する 葬 儀 の 方 法 お 葬 式 をしたい はい いいえ お 葬 式 をしたいとお 答 えの 方 は 葬 儀 の 場 所 葬 儀 場 自 宅 その 他 ( ) 葬 儀 の 形 式 たくさんの 方 に 参 列 してほしい ささやかに( 近 親 者 のみ)にしたい 個 性 的 にしたい( 音 楽 葬 など) 葬 儀 の 生 前 予 約 をしている はい いいえ 予 約 した 葬 儀 社 の 名 前 連 絡 先 ( 電 話 番 号 など) 葬 儀 費 用 を 用 意 している はい いいえ 喪 主 になって 欲 しい 人 ( 続 柄 : ) 亡 くなった 時 に 連 絡 して 欲 しいリストがある はい いいえ リストの 保 管 場 所 : 病 院 で 死 亡 した 場 合 自 宅 に 帰 りたい はい いいえ 棺 に 一 緒 に 入 れてほしいものがある はい いいえ 希 望 するもの: 遺 影 用 の 写 真 を 用 意 している はい いいえ 写 真 の 保 管 場 所 : 他 に 決 まっていること 希 望 がありましたらお 書 きください ( 祭 壇 の 希 望 飾 って 欲 しい 花 流 して ほしい 曲 など) 8

9 お 葬 式 をしないとお 答 えの 方 は お 葬 式 をしない 理 由 をお 書 き 下 さい お 葬 式 はしないで 直 葬 したい はい いいえ 最 近 では 病 院 からの 遺 体 の 引 き 取 り 後 お 葬 式 をせずに 直 接 火 葬 場 で 最 後 のお 別 れを する 直 葬 というお 別 れのスタイルもあります 献 体 について 献 体 希 望 する しない 献 体 先 ( 大 学 団 体 名 ) 献 体 とは 医 学 歯 学 の 大 学 における 解 剖 学 の 教 育 研 究 に 役 立 たせるため 自 分 の 遺 体 を 無 条 件 無 報 酬 で 提 供 することをいいます 供 養 法 要 について 寺 院 による 永 代 供 養 を 望 み 親 族 の 法 要 は 不 要 墓 参 りと 年 忌 は 出 来 るだけ 行 ってもらいたい 墓 参 りと 年 忌 は 家 族 に 任 せる 他 に 決 まっていること 希 望 がありましたらお 書 きください 9

10 5. 医 療 介 護 について 医 療 について 尊 厳 死 を 希 望 している はい いいえ 脳 死 状 態 における 臓 器 提 供 を 希 望 している はい いいえ 臓 器 提 供 カードを 携 帯 している 方 はカードの 所 在 を 記 入 してください 病 名 告 知 を 希 望 している はい いいえ 余 命 告 知 を 希 望 している はい いいえ 持 病 があるか はい いいえ 病 名 病 名 病 名 尊 厳 死 について 今 日 の 医 学 をもってしても 治 る 見 込 みがない 病 気 で 患 者 が 耐 え 難 い 苦 痛 の 中 にあっても 医 師 は 必 死 の 延 命 治 療 を 行 うものです 尊 厳 死 とは 患 者 が 自 らの 意 思 で 延 命 治 療 を 行 うだけの 医 療 をあえて 受 けずに 死 を 迎 えることです かかりつけの 病 院 がある はい いいえ かかりつけの 病 院 担 当 医 名 ( 内 科 外 科 など 科 目 ごと) 連 絡 先 ( 電 話 番 号 など) / 担 当 医 / 担 当 医 / 担 当 医 / 担 当 医 / 担 当 医 / 担 当 医 上 記 以 外 にも 希 望 がある 場 合 はお 書 きください 10

11 介 護 について 介 護 してもらうようになったら はい 介 護 してもらいたい 人 がいますか 介 護 してもらいたい 希 望 の 人 はどなたですか(お 名 前 業 者 名 など) いいえ 介 護 してもらいたい 場 所 がありますか はい いいえ 介 護 してもらいたい 希 望 の 場 所 はどこですか(どこで 業 者 名 など) 介 護 費 用 の 負 担 について 考 貯 金 ( 金 融 機 関 名 まで)で 負 担 する えていること 年 金 で 負 担 する 家 族 に 負 担 をお 願 いしてもらう 家 族 の 方 に 介 護 をお 願 いしたい 場 合 のお 礼 の 方 法 は( 特 にしない 相 続 分 でなど) 上 記 以 外 にも 希 望 がある 場 合 はお 書 きください 11

12 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) セカンドライフについて セカンドライフをすごしたい 場 所 がある はい いいえ 老 人 ホームに 入 りたい はい いいえ セカンドライフをすごしたい 場 所 があるとお 答 えした 方 ( 具 体 的 に) セカンドライフをすごしたい 場 所 ( 自 宅 特 養 ホーム 老 人 ホーム 家 族 の 家 など) 老 人 ホームに 入 りたいとお 答 えした 方 ( 具 体 的 に) 希 望 している 老 人 ホームがある はい いいえ 場 所 連 絡 先 上 記 以 外 にも 希 望 がある 場 合 はお 書 きください 12

13 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) わたしの 財 産 はい あなたは 遺 言 書 をお 持 ちですか? いいえ はい とお 答 えの 方 遺 言 書 の 種 類 自 筆 証 書 遺 言 書 公 正 証 書 遺 言 書 秘 密 証 書 遺 言 書 保 管 場 所 遺 言 書 をお 持 ちでない 方 も 財 産 の 記 録 としてご 利 用 ください 財 産 の 種 類 不 動 産 預 金 現 金 株 式 証 券 投 資 信 託 ゴルフ 会 員 権 など 権 利 書 クレジットカード 借 入 金 生 命 保 険 年 金 保 険 傷 害 保 険 火 災 保 険 税 金 関 係 形 見 分 け 備 考 上 記 以 外 にも 記 載 事 項 がある 場 合 はお 書 きください 13

14 8. 成 年 後 見 について 成 年 後 見 制 度 について はい 成 年 後 見 制 度 をご 存 知 ですか? いいえ 成 年 後 見 制 度 はあなたの 判 断 能 力 が 不 十 分 になった 時 に あなたの 財 産 や 生 活 を 守 るために 家 族 や 専 門 家 が 後 見 人 となってサポートしてくれる 制 度 です 法 定 後 見 制 度 を 利 用 したい はい いいえ 任 意 後 見 制 度 を 利 用 したい はい いいえ 任 意 後 見 制 度 を 利 用 する 場 合 後 見 人 になってほしい 人 はいますか はい いいえ その 方 の 氏 名 法 定 後 見 制 度 は あなたの 判 断 能 力 が 低 下 した 後 一 定 の 者 の 申 し 立 てにより 家 庭 裁 判 所 が 選 任 した 後 見 人 等 があなたのサポートをする 制 度 です 任 意 後 見 制 度 はあなたが 十 分 判 断 能 力 を 有 している 間 に 自 分 の 任 意 後 見 人 となって 欲 しい 人 と 公 正 証 書 で 契 約 しておき あなたの 判 断 能 力 が 不 十 分 になった 時 に 契 約 で 委 任 した 後 見 事 務 を 行 ってもらう 制 度 です あなたが 判 断 能 力 を 有 している 間 に 契 約 をしておかないと 利 用 できま せん 上 記 以 外 にも 記 載 事 項 がある 場 合 はお 書 きください 14

15 9. 遺 品 整 理 遺 品 整 理 について 希 望 すべての 遺 品 は 処 分 してほしい 遺 品 はしばらく( 年 くらい)はそのまま 片 付 けないでほしい 形 見 分 けをしてもらいたい 物 がある 着 物 時 計 洋 服 絵 画 骨 董 品 貴 金 属 書 類 など ( 形 見 を 分 ける 人 : ) ( 形 見 を 分 ける 人 : ) ( 形 見 を 分 ける 人 : ) ( 形 見 を 分 ける 人 : ) 供 養 してもらいたい 物 がある ( ) 御 近 所 や 友 達 から 借 りているものがある ( ) レンタルで 借 りているものがある( 介 護 用 品 その 他 ) ( ) 許 認 可 の 手 続 きが 必 要 なものがある( 銃 刀 法 に 触 れるものなど) ( ) 先 祖 から 引 き 継 いでいるものがある ( ) 最 近 買 った 新 しいものがある ( ) 室 内 に 備 えつけの 物 がある( 賃 貸 物 件 の 場 合 ) ( ) 自 分 で 改 築 した 箇 所 があり 現 状 回 復 の 必 要 がある ( ) ( 車 やバイクなどを 所 有 している 場 合 ) 所 有 しているもの 駐 車 の 場 所 駐 車 場 管 理 会 社 会 社 名 : 担 当 者 : 電 話 : 15

16 10.もしものときの 連 絡 先 親 戚 友 人 会 社 関 係 サークル 仲 間 など NO. 名 前 住 所 電 話 番 号 備 考 / 例 ) 市 町 親 戚 など

17 11.メッセージ( 伝 えておきたいこと) 妻 へ( 夫 へ) 兄 弟 ( 姉 妹 )へ 友 人 へ 子 どもたちへ 孫 たちへ 17

18 ありがとうメッセージ <エンディングノート 上 映 会 協 賛 企 業 > 上 田 保 険 事 務 所 有 限 会 社 片 山 商 店 亀 岡 商 業 協 同 組 合 (ふれ 愛 カード) 株 式 会 社 亀 岡 不 動 産 木 村 登 記 測 量 事 務 所 京 都 エレクトロン 株 式 会 社 京 都 亀 岡 さつき 法 律 事 務 所 京 都 中 央 税 理 士 法 人 司 法 書 士 法 人 井 上 合 同 事 務 所 株 式 会 社 松 栄 住 宅 谷 石 材 店 丹 和 建 材 株 式 会 社 中 央 技 建 工 業 株 式 会 社 内 藤 印 刷 株 式 会 社 なでしこ 美 容 室 株 式 会 社 有 限 会 社 難 波 醤 油 醸 造 株 式 会 社 西 喜 建 具 株 式 会 社 西 田 建 材 プラチナ ママ 街 の 保 険 屋 さんライフサロン 株 式 会 社 松 本 仏 具 店 名 都 化 成 株 式 会 社 山 口 精 機 製 作 所 山 本 電 子 株 式 会 社 渡 辺 製 菓 株 式 会 社 ( 五 十 音 順 ) 18

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86> E nding No te エンディングノート 目 次 - 私 のこと 生 年 月 日 血 液 型 本 籍 地 電 話 携 帯 電 話 メールアト レス 好 きな 食 べ 物 趣 味 好 きなこと 好 きな 場 所 等 ------------------------------- 4 これからしたいこと 行 きたいところ アレルキ ー 病 歴 等 通 院 先 常 用 薬 等 ---------------------------------------

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

<4D F736F F D B5682C982C282A282C45F8FAC8DFB8E A B92AC92B78A6D94468CE C8E8682CD82B682DF82C996DA8E9F2E646F6378>

<4D F736F F D B5682C982C282A282C45F8FAC8DFB8E A B92AC92B78A6D94468CE C8E8682CD82B682DF82C996DA8E9F2E646F6378> 平 成 26 年 10 月 版 葬 祭 について 瑞 穂 町 は じ め に 葬 儀 は 故 人 とのお 別 れの 儀 式 だけではなく 遺 族 の 友 人 知 人 に 対 する 社 会 的 な 儀 礼 も 意 味 しています 以 前 は 自 宅 で 葬 儀 を 行 っていましたが 昨 今 では 住 宅 事 情 などの 理 由 から 斎 場 等 での 葬 儀 が 一 般 的 となりました また 近

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb も く じ はじめに 相 続 基 礎 6 1 相 続 開 始 6 (1) 相 続 意 味 6 (2) 相 続 開 始 と 場 所 6 (3) 失 踪 宣 告 6 (4) 認 定 死 亡 6 (5) 同 時 死 亡 6 2 相 続 人 範 囲 7 (1) 相 続 人 種 類 7 (2) 子 7 (3) 直 系 尊 属 8 (4) 兄 弟 姉 妹 8 (5) 配 偶 者 8 (6) 推 定 相 続 人

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福 問 49 あなたにとって 一 番 大 切 と 思 うものは 何 ですか (サンプルNo., 回 答 ) 1 自 分 63 家 族 125 2 家 族 64 命 126 3 両 親 65 家 族 127 身 内 4 家 族 66 命 128 家 族 5 家 族 67 家 族 129 命 6 自 分 の 心 68お 金 130 命 7 家 族 69 健 康 131 環 境 8ペット( 猫 ) 70 健

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現 結 婚 出 産 に 関 する 実 態 と 意 識 調 査 ( 独 身 男 女 ) 問 1 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください 47 都 道 府 県 + 外 国 (プルダウン 48) 問 2 これまでに 結 婚 したことがありますか 1 ない 2 ある( 離 別 した) 3 ある( 死 別 した) 問 3-1 最 後 に 卒 業 した(あるいは 在 学 中 の) 学 校 をご 回 答 ください

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ 様 生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 されたら 相 続 税 はかかるのだろうか? 残 された 家 族 は スムーズに 手 続 きをすることができるのだろうか?

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 見 直 しませんか?すまいの 減 税 節 税 平 成 26 年 度 公 認 会 計 士 高 松 国 明 事 務 所 1 アジェンダ 1. 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 制 2. 住 宅 の 保 有 に 係 る 税 制 3. 住 宅 の 改 修 に 係 る 税 制 4. 住 宅 の 譲 渡 に 係 る 税 制 5. 税 務 調 査 への 対 応 2 すまいに 係 る 税 金 銀 行 ( 借 用

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご 説 明 致 します 2

1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご 説 明 致 します 2 ご 預 金 等 相 続 お 手 続 きのご 案 内 支 店 名 : 担 当 : TEL: 1 1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相 一 時 払 い 終 身 保 険 を 掛 ける 人 の 相 続 税 シミュレーション 相 続 財 産 のうちで 被 相 続 人 が 亡 くなったことにより 受 け 取 った 生 命 保 険 金 は 法 定 相 続 人 1 人 あたり 500 万 円 まで 非 課 税 となり 相 続 税 が 課 税 されません このため 法 定 相 続 人 が 3 人 で 相 続 財 産 として 生 命 保 険 金 を

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

() 葬 儀 費 用 を 準 備 する 1 相 続 が 発 生 すると 預 貯 金 は 凍 結 され 引 き 出 すことができなくなる 預 貯 金 を 引 き 出 す 時 には 遺 言 書 遺 産 分 割 協 議 書 等 に 記 載 されている 預 貯 金 の 相 続 人 を 証 明 する 原 因

() 葬 儀 費 用 を 準 備 する 1 相 続 が 発 生 すると 預 貯 金 は 凍 結 され 引 き 出 すことができなくなる 預 貯 金 を 引 き 出 す 時 には 遺 言 書 遺 産 分 割 協 議 書 等 に 記 載 されている 預 貯 金 の 相 続 人 を 証 明 する 原 因 18. 相 続 手 続 きのスケジュール (1) 相 続 手 続 きのスケジュールを 確 認 する 手 続 きには 期 限 があるものが 多 いので 相 続 手 続 きのスケジュールを 確 認 する 必 要 がある 被 相 続 人 の 死 亡 ( 通 夜 葬 儀 ) 葬 儀 費 用 の 準 備 (できれば 事 前 の 準 備 が 必 要 ) 死 亡 届 を7 日 以 内 に 市 区 町 村 に 届

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

□ ご 遺 族 ご 親 族 の 方 へ 突 然 なるご 逝 去 心 よりお 悔 やみ 申 し 上 げます 故 人 の 安 らかなるご 冥 福 をお 祈 りさせていただきます 今 後 の 御 葬 儀 にあたり 本 書 をお 役 立 てください 富 山 県 下 新 川 郡 入 善 町 上 野 1121 宮 本 造 花 店 TEL(0765)72-1854 FAX(0765) 72-5126 喪 家 の 手

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ 収 入 に 関 する 書 類 について 家 計 審 査 表 とあわせて 以 下 の 表 に 記 載 の 収 入 に 関 する 書 類 をすべて 提 出 してください は 必 ず 必 要 な 書 類 です は ある 場 合 のみ あるいは 該 当 する 場 合 のみ 提 出 してください 収 入 に 関 する 書 類 についての 注 意 事 項 1. 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について

More information

しおり及び様式類

しおり及び様式類 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 前 後 期 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控

More information

3 遺 産 分 割 遺 産 は 遺 言 書 がある 場 合 は 遺 留 分 (P27 参 照 )を 侵 さ 限 り 遺 言 おり 分 割 されます 遺 言 書 が 場 合 は 人 全 員 で 協 議 して 分 け を 決 めます 人 間 で 争 り 遺 産 分 割 協 議 が 調 わ きや 人 中

3 遺 産 分 割 遺 産 は 遺 言 書 がある 場 合 は 遺 留 分 (P27 参 照 )を 侵 さ 限 り 遺 言 おり 分 割 されます 遺 言 書 が 場 合 は 人 全 員 で 協 議 して 分 け を 決 めます 人 間 で 争 り 遺 産 分 割 協 議 が 調 わ きや 人 中 1 しくみ は 死 亡 した 人 財 産 を したきや 遺 言 よって 財 産 を 取 したき める です 亡 くられた 人 を 被 人 よって 財 産 を 受 け 継 だ 人 を 人 ます 人 住 が 国 内 あるか 国 外 あるかより 課 される 財 産 範 囲 が 異 ります 開 始 時 人 が 死 亡 してる 場 合 は 代 襲 制 度 があります 1 しくみ 2 法 定 分 も 士 * 平

More information

― 目次 ―

― 目次 ― 相 互 援 助 活 動 北 本 市 目 的 北 本 市 以 下 子 育 中 保 護 者 安 心 子 育 援 助 活 動 子 育 援 助 行 人 協 力 会 員 援 助 受 人 依 頼 会 員 会 員 間 相 互 援 助 活 動 支 援 会 員 資 格 協 力 会 員 北 本 市 在 住 歳 以 上 心 身 健 康 育 児 性 別 問 理 解 熱 意 方 資 格 依 頼 会 員 北 本 市 在 住 勤

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ 作 成 : 平 成 19 年 10 月 中 能 登 町 役 場 鹿 西 庁 舎 住 民 課 929-1692 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 能 登 部 下 85 部 1 番 地 Tel (0767)72-3131 Fax (0767)72-3794 鳥 屋 庁 舎 窓 口 サービス 929-1792 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 末 坂 9 部 46 番 地 Tel (0767)74-2805

More information

Microsoft Word - 270701 特別弔慰金のあんない2

Microsoft Word - 270701 特別弔慰金のあんない2 戦 没 者 の 遺 族 に 対 する 特 別 弔 慰 金 のご 案 内 ( 第 十 回 特 別 弔 慰 金 ) 平 成 27 年 7 月 川 西 町 健 康 福 祉 課 目 次 1 特 別 弔 慰 金 とは? (1) 特 別 弔 慰 金 の 制 度 2 (2)これまで 支 給 されてきた 特 別 弔 慰 金 4 2 請 求 する 権 利 がある 人 は? (1) 請 求 する 権 利 がある 人 (

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション エンディングノート もしものときの 連 絡 帳 ここに 書 かれていることは 私 の 希 望 です 私 が 寝 たきり 認 知 症 危 篤 状 態 植 物 状 態 になったときや 亡 くなったとき できる 限 り 私 の 希 望 に 沿 うように 尽 くしてください 年 月 日 氏 名 2013 吉 村 行 政 書 士 事 務 所 All Rights Reserved 記 入 者 の 情 報 氏

More information

しおり(新規用)

しおり(新規用) 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 新 規 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

労災保険外国人むけパンフ第一編_

労災保険外国人むけパンフ第一編_ [ 日 本 で 働 く 外 国 人 向 け ] 日 本 語 版 労 災 保 険 請 求 のための ガイドブック < 第 一 編 > 請 求 ( 申 請 )のできる 保 険 給 付 など 労 災 保 険 は 国 籍 を 問 わず 日 本 で 労 働 者 として 働 く 外 国 人 にも 適 用 されます 就 労 することができる 在 留 資 格 を 持 っ ている 方 はもちろん 留 学 中 にアルバイトをしていて

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 災 害 弔 慰 金 の 支 給 内 容 について 教 えて 下 さい Q2 震 災 により 重 い 障 害 を 負 いました 何 か 支 援 制 度 はありませんか Q3 震 災 で 息 子 が 亡 くなりました 息 子 は 結 婚 していましたが 長 年 別 居 していました この 場 合 でも 息 子 の 妻 が 災 害 弔 慰 金 を 受 け 取 ることになるのでしょうか Q4

More information

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1%

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1% 平 成 27 年 9 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 3 3 1 2 2 1 3 3 1 1 問 11 問 12 問 13 問 14 問 15 問 16 問 17 問 18 問 19 問 20 2 2 3 2 1 3 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 3 月 目 標 相 続 アドバイザー3 級 合 格 の 秘 訣 Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd 諸 手 当 九 州 大 学 に 勤 務 する 職 員 の に 関 する 事 項 につ いての 説 明 です 制 度 職 員 の の 種 類 は 次 の 表 のとおりです の 種 類 基 本 月 額 特 殊 勤 務 手 当 期 末 手 当 基 本 調 整 額 入 試 手 当 勤 勉 手 当 管 理 職 手 当 学 位 論 文 調 査 手 当 初 任 調 整 手 当 特 地 勤 務 手 当 地 域 手

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し 病 院 を 出 発 いたします 自 宅 の 場 合 は 医 師 に 連 絡 し 死 亡 の 確 認

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金

予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 平 成 27 年 度 美 濃 市 一 般 会 計 当 初 予 算 説 明 資 料 予 算 のはなし 予 算 とは 何 ですか? 予 算 の 種 類 と 一 般 会 計 の 予 算 額 について 予 算 とは 1 年 間 に 行 おうとしている 市 の 行 政 の 仕 事 ( 事 業 など)をお 金 で 表 したもので 市 の 活 動 資 金 計 画 のことです 予 算 は お 金 の 使 い 道 などにより

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー FPが 自 分 で 入 る 保 険 絶 対 入 らない 保 険 保 険 について 考 える 1 保 険 とは 基 本 は 助 け 合 い 人 生 には いろいろな 不 安 がつきものです 病 気 事 故 死 亡 といった 不 測 の 事 態 が 待 っています 自 分 のことは 自 分 でと 思 っていても 多 額 の 費 用 を 自 分 で 準 備 するのは 大 変 です そこで あらかじ め 多

More information

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について 地 方 公 務 員 法 第 58 条 の 2 及 び 大 崎 上 島 町 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 平 成 26 年 4 月 大 崎 上 島 町 長 高 田 幸 典 空 欄 としている 事 項 については 地

More information

~ 営業部 相続・贈与勉強会 ~

~ 営業部 相続・贈与勉強会 ~ 相 続 遺 言 セミナー 遺 恨 を 残 さず 遺 産 をのこす 為 に 今 しかできない 事 目 次 一 度 揉 めたら 大 変! モメないための 争 族 対 策 相 続 税 大 改 正! 相 続 税 対 策 のススメ 事 業 承 継 のポイント ジャパンアップグループ 株 式 会 社 株 式 会 社 アレースファミリーオフィス 一 度 揉 めたら 大 変! モメないための 争 族 対 策 司 法

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378>

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378> 相 続 贈 与 投 資 に 関 する 意 識 調 査 調 査 結 果 報 告 書 親 調 査 / 子 供 調 査 215 年 7 月 調 査 概 要 財 産 を 残 し 与 える 親 立 場 ( 親 調 査 )と 財 産 を 受 け 継 ぐ 子 供 立 場 ( 子 供 調 査 )2 調 査 を 実 施 親 財 産 を 残 す 与 える 子 供 親 調 査 調 査 手 法 :インターネット 調 査 対

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン FP3 級 試 験 のポイント 1. FP と 倫 理 1 コンプライアンスとは ( 法 令 等 の) 遵 守 を 意 味 する 言 葉 であり 特 に FP には 社 会 的 に 重 要 な 専 門 的 職 業 としてコンプライアンスを 意 識 した 行 動 が 不 可 欠 である 2 FP は 常 に 顧 客 へのプランニングの 提 案 など プロとしての

More information

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね (こ の 1 年 間 に 結 婚 し た 人 用 ) この 調 査 票 は この1 年 間 に 結 婚 なさった 方 に お 聞 きするものです もう1つ の 調 査 票 と 併 せてご 記 入 の 上 調 査 員 にお 渡 し 下 さい 第 9898 号 2012 年 9 月 整 理 番 号 回 パネル 番 号 点 検 者 名 0 1 2 3 4

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 選 考 は 一 定 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 範 囲 内 で 家 庭 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 高 い 人 から 全

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

<8265826F8ED089EF95DB8CAF312E786C73>

<8265826F8ED089EF95DB8CAF312E786C73> FPデータ 集 平 成 20 年 10 月 作 成 A2 健 康 保 険 ( 医 療 保 険 ) 被 用 者 とその 被 扶 養 者 民 間 企 業 に 勤 める 人 公 務 員 私 立 学 校 の 教 職 員 など 自 営 業 者 退 職 者 などの 地 域 住 民 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 ( 協 会 けんぽ) 1 健 康 保 険 組 合 2 船 員 保 険 国 家

More information

家 計 の 金 融 資 産 構 成 の 国 際 比 較 図 表 2-18 33 2 2 負 債 借 入 金 のある 世 帯 の 割 合 と 借 入 残 高 図 表 2-19 34 住 宅 ローンのタイプ 別 新 規 貸 出 額 図 表 2-20 34 借 入 の 目 的 図 表 2-21 35 消

家 計 の 金 融 資 産 構 成 の 国 際 比 較 図 表 2-18 33 2 2 負 債 借 入 金 のある 世 帯 の 割 合 と 借 入 残 高 図 表 2-19 34 住 宅 ローンのタイプ 別 新 規 貸 出 額 図 表 2-20 34 借 入 の 目 的 図 表 2-21 35 消 目 次 1 家 計 の 収 支 1 1 収 入 賃 金 支 給 額 の 内 訳 図 表 1-1 2 性 別 年 代 別 収 入 図 表 1-2 2 都 道 府 県 別 常 用 労 働 者 現 金 給 与 総 額 図 表 1-3 3 都 道 府 県 別 女 性 労 働 者 パートタイム 賃 金 図 表 1-4 4 転 職 時 の 賃 金 変 化 図 表 1-5 5 退 職 者 1 人 平 均 退 職

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information