振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の"

Transcription

1 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日 及 び 勤 務 時 間 の 割 振 りの 基 準 ) 第 2 条 任 命 権 者 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 11 年 条 例 第 7 号 以 下 条 例 という ) 第 4 条 第 2 項 本 文 の 定 めるところに 従 い 週 休 日 ( 条 例 第 3 条 第 1 項 に 規 定 する 週 休 日 をいう 以 下 同 じ ) 及 び 勤 務 時 間 の 割 振 りを 定 める 場 合 に は 勤 務 日 ( 条 例 第 5 条 に 規 定 する 勤 務 日 をいう 次 項 及 び 次 条 において 同 じ )が 引 き 続 き12 日 を 超 えないようにし かつ 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られる 勤 務 時 間 が1 6 時 間 を 超 えないようにしなければならない 2 任 命 権 者 は 条 例 第 4 条 第 2 項 ただし 書 の 定 めるところに 従 い 週 休 日 及 び 勤 務 時 間 の 割 振 りを 定 める 場 合 には 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するように 行 わなければならない (1) 週 休 日 が 毎 4 週 間 につき4 日 以 上 となるようにすること (2) 勤 務 日 が 引 き 続 き12 日 を 超 えないこと (3) 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られる 勤 務 時 間 が16 時 間 を 超 えないこと ( 週 休 日 の 振 替 等 ) 第 3 条 条 例 第 5 条 の 規 則 で 定 める 期 間 は 同 条 の 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 とする4 週 間 前 の 日 から 当 該 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 と する8 週 間 後 の 日 までの 期 間 とする 2 任 命 権 者 は 週 休 日 の 振 替 ( 条 例 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 勤 務 日 を 週 休 日 に 変 更 して 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 を 同 条 の 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 に 割 り 振 ることをいう 以 下 この 条 において 同 じ ) 又 は4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 振 り 変 更 ( 同 条 の 規 定 に 基 づき 勤 務 日 (4 時 間 の 勤 務 時 間 のみが 割 り 振 られている 日 を 除 く 以 下 この 条 において 同 じ )のうち4 時 間 の 勤 務 時 間 を 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 ることを やめて 当 該 4 時 間 の 勤 務 時 間 を 条 例 第 5 条 の 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 に 割 り 振 ることをいう 以 下 この 条 及 び 第 11 条 第 3 項 第 1 号 において 同 じ )を 行 う 場 合 には 週 休 日 の 振 替 又 は4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 振 り 変 更 ( 以 下 週 休 日 の 振 替 等 という )を 行 った 後 において 週 休 日 が 毎 4 週 間 につき4 日 以 上 となるようにし かつ 勤 務 日 等 ( 条 例 第 3 条 第 2 項 第 4 条 又 は 第 5 条 の 規 定 により 勤 務 時 間 が 割 り - 1 -

2 振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 時 刻 から 連 続 し 又 は 終 業 の 時 刻 まで 連 続 する 勤 務 時 間 について 割 り 振 ることをやめて 行 わなければならない ( 週 休 日 及 び 勤 務 時 間 の 割 振 り 等 の 明 示 ) 第 4 条 任 命 権 者 は 条 例 第 3 条 第 2 項 の 規 定 により 勤 務 時 間 を 割 り 振 り 条 例 第 4 条 の 規 定 により 週 休 日 及 び 勤 務 時 間 の 割 振 りを 定 め 条 例 第 6 条 の 規 定 により 休 憩 時 間 を 置 いた 場 合 には 適 当 な 方 法 により 速 やかにその 内 容 を 明 示 するものとする 2 任 命 権 者 は 週 休 日 の 振 替 等 を 行 った 場 合 には 職 員 に 対 して 速 やかにその 内 容 を 通 知 するものとする ( 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 の 指 定 ) 第 4 条 の2 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 則 で 定 める 期 間 は 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 平 11 年 彩 の 国 さいたま 人 づくり 広 域 連 合 条 例 第 5 号 以 下 給 与 条 例 という )に おいてその 例 によることとされている 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 県 条 例 という ) 第 14 条 第 4 項 に 規 定 する60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 係 る 月 ( 次 項 において 60 時 間 超 過 月 という )の 末 日 の 翌 日 から 同 日 を 起 算 日 とする2 月 後 の 日 までの 期 間 とする 2 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 ( 同 項 に 規 定 する 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 をいう 以 下 同 じ )を 指 定 する 場 合 には 前 項 に 規 定 す る 期 間 内 にある 勤 務 日 等 ( 職 員 の 休 日 ( 条 例 第 8 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 の 休 日 をい う 以 下 同 じ ) 及 び 代 休 日 ( 条 例 第 9 条 第 1 項 に 規 定 する 代 休 日 をいう 以 下 同 じ ) を 除 く 第 4 項 において 同 じ )に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 の 指 定 に 代 えようとする 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 に 係 る60 時 間 超 過 月 における 給 与 条 例 においてその 例 によることとされている 県 条 例 第 14 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 時 間 ( 以 下 この 項 及 び 第 6 項 において 60 時 間 超 過 時 間 という )の 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 時 間 数 の 時 間 を 指 定 するものとする (1) 給 与 条 例 においてその 例 によることとされている 県 条 例 第 14 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 ( 次 号 に 掲 げる 時 間 を 除 く ) 又 は 第 3 項 に 規 定 する1 週 間 の 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えてした 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の25を 乗 じて 得 た 時 間 数 (2) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 11 年 彩 の 国 さいたま 人 づくり 広 域 連 合 条 例 第 5 号 )においてその 例 によることとされている 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 埼 玉 県 条 例 第 6 号 ) 第 15 条 ( 同 条 例 第 24 条 において 準 用 する 場 合 を - 2 -

3 含 む ) 又 は 第 26 条 の 規 定 により 読 み 替 えられた 給 与 条 例 第 14 条 第 1 項 ただし 書 又 は 第 2 項 に 規 定 する7 時 間 45 分 に 達 するまでの 間 の 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の50を 乗 じて 得 た 時 間 数 (3) 給 与 条 例 においてその 例 によることとされている 県 条 例 第 14 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の15を 乗 じて 得 た 時 間 数 3 前 項 の 場 合 において その 指 定 は 4 時 間 又 は7 時 間 45 分 ( 年 次 休 暇 の 時 間 に 連 続 して 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 にあっては 当 該 年 次 休 暇 の 時 間 の 時 間 数 と 当 該 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 の 時 間 数 を 合 計 した 時 間 数 が4 時 間 又 は7 時 間 45 分 とな る 時 間 )を 単 位 として 行 うものとする 4 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 一 部 について 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 等 の 始 業 の 時 刻 から 連 続 し 又 は 終 業 の 時 刻 まで 連 続 する 勤 務 時 間 に ついて 行 わなければならない ただし 任 命 権 者 が 業 務 の 運 営 並 びに 職 員 の 健 康 及 び 福 祉 を 考 慮 して 必 要 があると 認 める 場 合 は この 限 りでない 5 任 命 権 者 は 職 員 があらかじめ 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 の 指 定 を 希 望 しない 旨 申 し 出 た 場 合 には 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 を 指 定 しないものとする 6 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 措 置 が60 時 間 超 過 時 間 の 勤 務 をし た 職 員 の 健 康 及 び 福 祉 の 確 保 に 配 慮 したものであることにかんがみ 前 項 に 規 定 する 場 合 を 除 き 当 該 職 員 に 対 して 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 を 指 定 するよう 努 めるものとする 7 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 の 指 定 の 手 続 に 関 し 必 要 な 事 項 は 任 命 権 者 が 別 に 定 める ( 職 員 の 休 日 の 代 休 日 の 指 定 ) 第 5 条 条 例 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 代 休 日 の 指 定 は 勤 務 することを 命 じた 職 員 の 休 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 にあり かつ 当 該 職 員 の 休 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 と 同 一 の 時 間 数 の 勤 務 時 間 が 割 り 振 られた 勤 務 日 等 ( 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 時 間 外 代 休 時 間 が 指 定 された 勤 務 日 等 及 び 職 員 の 休 日 を 除 く )について 行 われなければならない 2 任 命 権 者 は 職 員 があらかじめ 代 休 日 の 指 定 を 希 望 しない 旨 申 し 出 た 場 合 には 代 休 日 を 指 定 しないものとする 3 任 命 権 者 は 代 休 日 を 指 定 することが 公 務 の 運 営 に 支 障 があると 認 める 場 合 には 代 休 日 を 指 定 しないことができる 4 代 休 日 の 指 定 の 手 続 きに 関 し 必 要 な 事 項 は 任 命 権 者 が 定 める ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 の 制 限 ) 第 6 条 条 例 第 7 条 第 1 項 の 規 則 で 定 める 者 は 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 とす - 3 -

4 る (1) 深 夜 において 就 業 していない 者 ( 深 夜 における 就 業 日 数 が 一 月 について3 日 以 下 の 者 を 含 む )であること (2) 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 請 求 に 係 る 子 を 養 育 すること が 困 難 な 状 態 にある 者 でないこと (3) 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 である 者 又 は 産 後 8 週 間 を 経 過 しない 者 でないこと 2 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 第 1 項 ( 同 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 公 務 の 正 常 な 運 営 の 妨 げの 有 無 について 速 やかに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 3 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 第 1 項 ( 同 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 請 求 に 係 る 事 由 について 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる ( 育 児 又 は 介 護 を 行 う 職 員 の 時 間 外 勤 務 の 制 限 ) 第 7 条 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 第 2 項 ( 同 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 4 項 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 同 条 第 2 項 又 は 第 4 項 に 規 定 する 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 であるかどうかについて 職 員 に 対 し 通 知 しなけ ればならない 2 任 命 権 者 は 条 例 第 7 条 第 2 項 ( 同 条 第 3 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 4 項 の 請 求 に 係 る 事 由 について 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をし た 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 についての 適 用 除 外 等 ) 第 8 条 第 2 条 の 規 定 は 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 11 0 号 以 下 育 児 休 業 法 という ) 第 10 条 第 3 項 の 規 定 により 同 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 短 時 間 勤 務 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 という )をしている 職 員 及 び 同 法 第 17 条 の 規 定 による 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 とい う )には 適 用 しない ( 年 次 休 暇 の 日 数 ) 第 9 条 条 例 第 11 条 第 1 項 第 1 号 の 規 則 で 定 める 日 数 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 し て 得 た 日 数 )とする ただし その 日 数 が 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 39 条 の 規 定 により 付 与 すべきものとされている 日 数 を 下 回 る 場 合 には 同 条 の 規 定 により 付 与 すべきものとされている 日 数 とする (1) 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 ( 条 例 第 - 4 -

5 2 条 3 項 に 規 定 する 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 をいう 以 下 同 じ ) 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 ( 条 例 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 をいう 以 下 同 じ ) のうち 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 及 び 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 が 同 一 であ るものをいう 以 下 同 じ ) 20 日 に 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 の1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 (2) 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 のうち 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 のものをいう 以 下 同 じ ) 155 時 間 に 条 例 第 2 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 に 基 づき 定 められた 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 の 勤 務 時 間 を38 時 間 45 分 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 時 間 数 を 7 時 間 45 分 を1 日 として 日 に 換 算 して 得 た 日 数 第 9 条 の2 前 条 の 規 定 にかかわらず 労 働 基 準 法 第 39 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 規 定 す る 継 続 勤 務 年 数 の 計 算 に 当 たり 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 28 条 の4 第 1 項 第 28 条 の5 第 1 項 又 は 第 28 条 の6 第 1 項 若 しくは 第 2 項 の 規 定 によ る 採 用 後 の 勤 務 が 退 職 以 前 の 勤 務 と 継 続 するものとされる 者 の 当 該 採 用 された 年 にお ける 年 次 休 暇 の 日 数 は 当 該 採 用 後 の 勤 務 と 退 職 以 前 の 勤 務 とが 継 続 するものとみな した 場 合 における 日 数 とする 第 9 条 の3 条 例 第 11 条 第 1 項 第 2 号 の 規 則 で 定 める 日 数 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 定 める 日 数 とする (1) 当 該 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となる 職 員 ( 次 号 に 掲 げる 職 員 を 除 く ) そ の 者 の 当 該 年 における 在 籍 月 数 に 応 じて 別 表 第 1の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては そ の 者 の 勤 務 時 間 等 を 考 慮 し 任 命 権 者 が 定 める 日 数 )( 以 下 この 条 において 基 本 日 数 という ) (2) 当 該 年 において 地 方 公 営 企 業 等 の 労 働 関 係 に 関 する 法 律 適 用 職 員 等 ( 条 例 第 11 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 地 方 公 営 企 業 等 の 労 働 関 係 に 関 する 法 律 適 用 職 員 等 をい う 以 下 この 条 において 同 じ )となった 者 で 引 き 続 き 新 たに 職 員 となったもの 地 方 公 営 企 業 等 の 労 働 関 係 に 関 する 法 律 適 用 職 員 等 となった 日 において 新 たに 職 員 となったものとみなした 場 合 におけるその 者 の 在 職 期 間 に 応 じた 別 表 第 1の 年 次 休 暇 の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 から 新 たに 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 (この 号 に 掲 げる 職 員 が 地 方 公 務 員 法 第 28 条 の4 第 1 項 第 28 条 の5 第 1 項 又 は 第 28 条 の6 第 1 項 若 しくは 第 2 項 の 規 定 により 採 用 された 職 員 ( 以 下 再 任 用 職 員 という ) 又 は 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 である 場 合 にあっては その 者 の 勤 務 時 間 等 を 考 慮 し 任 命 権 者 が 定 める 日 数 )( 当 該 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあっては 基 本 日 数 ) - 5 -

6 2 条 例 第 11 条 第 1 項 第 3 号 の 規 則 で 定 める 法 人 は 次 に 掲 げる 法 人 とする (1) 地 方 住 宅 供 給 公 社 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 124 号 )に 規 定 する 地 方 住 宅 供 給 公 社 (2) 地 方 道 路 公 社 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 82 号 )に 規 定 する 地 方 道 路 公 社 (3) 公 有 地 の 拡 大 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 昭 和 47 年 法 律 第 66 号 )に 規 定 する 土 地 開 発 公 社 (4) 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 (5) 前 4 号 に 掲 げる 法 人 のほか 任 命 権 者 がこれらに 準 ずる 法 人 であると 認 めるもの 3 条 例 第 11 条 第 1 項 第 3 号 の 規 則 で 定 める 職 員 は 次 に 掲 げるものとする (1) 当 該 年 の 前 年 において 職 員 であった 者 であって 引 き 続 き 当 該 年 に 地 方 公 営 企 業 等 の 労 働 関 係 に 関 する 法 律 適 用 職 員 等 になり 引 き 続 き 再 び 職 員 となったもの (2) 当 該 年 の 前 年 において 学 校 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 埼 玉 県 条 例 第 28 号 )の 適 用 を 受 ける 職 員 であった 者 であって 引 き 続 き 当 該 年 に 新 たに 職 員 となったもの (3) 当 該 年 の 前 年 において 公 益 的 法 人 等 への 一 般 職 の 地 方 公 務 員 の 派 遣 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 50 号 ) 第 10 条 第 2 号 に 規 定 する 退 職 派 遣 者 であった 者 であって 引 き 続 き 当 該 年 に 新 たに 職 員 となったもの 4 条 例 第 11 条 第 1 項 第 3 号 の 規 則 で 定 める 日 数 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 日 数 (その 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあっては 基 本 日 数 ただし 前 項 第 2 号 に 規 定 する 職 員 に 係 るものを 除 く )とする (1) 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 次 のア 及 びイに 掲 げる 場 合 に 応 じ 当 該 ア 及 びイ に 定 める 日 数 ア 当 該 年 の 初 日 に 職 員 となった 場 合 20 日 に 当 該 年 の 前 年 における 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 残 日 数 ( 当 該 残 日 数 が20 日 を 超 える 場 合 にあって は 20 日 )を 加 えて 得 た 日 数 イ 当 該 年 の 初 日 後 に 職 員 となった 場 合 この 号 アの 日 数 から 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 (2) 再 任 用 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 その 者 の 勤 務 時 間 等 を 考 慮 し 任 命 権 者 が 定 める 日 数 5 条 例 第 11 条 第 1 項 ただし 書 の 規 則 で 定 めるものは 育 児 休 業 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により1 年 を 超 えない 任 期 を 定 めて 採 用 される 常 勤 職 員 とし 規 則 で 定 める 年 次 休 暇 の 日 数 は 別 表 第 2のとおりとする 第 9 条 の4 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 又 は 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 が 変 更 され るときの 当 該 変 更 の 日 以 後 における 職 員 の 年 次 休 暇 の 日 数 は その 者 の 勤 務 時 間 等 を - 6 -

7 考 慮 し 任 命 権 者 が 別 に 定 めるものとする ( 年 次 休 暇 の 繰 越 し) 第 10 条 条 例 第 11 条 第 2 項 の 規 則 で 定 める 日 数 は 一 の 年 における 年 次 休 暇 の20 日 ( 第 9 条 各 号 に 掲 げる 職 員 にあっては 当 該 年 に 付 与 された 年 次 休 暇 の 日 数 )を 超 えない 範 囲 内 の 残 日 数 とする ( 年 次 休 暇 の 単 位 ) 第 11 条 週 休 日 条 例 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 全 部 に ついて 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 が 指 定 された 勤 務 日 等 ( 以 下 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 という ) 職 員 の 休 日 又 は 代 休 日 をはさんで 年 次 休 暇 を 受 けた 場 合 は 当 該 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 及 び 代 休 日 は 年 次 休 暇 として 取 り 扱 わ ない 2 年 次 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は 半 日 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては 1 日 )とする ただし 特 に 必 要 があると 認 められるときは 1 時 間 を 単 位 とすることができる 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 当 該 各 号 に 定 める 時 間 数 又 は 日 数 を 単 位 とする (1) 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 が 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 (4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 振 り 変 更 が 行 われた 場 合 にあっては 当 該 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 振 り 変 更 が 行 われた 後 の 勤 務 時 間 以 下 この 号 において 同 じ )に1 時 間 未 満 の 端 数 がある 場 合 において 当 該 勤 務 時 間 のすべてを 勤 務 しないとき( 当 該 勤 務 時 間 が1 日 を 単 位 として 年 次 休 暇 が 与 えられる 時 間 である 場 合 を 除 く ) 当 該 勤 務 時 間 の 時 間 数 (1 時 間 未 満 の 端 数 を 含 む ) (2) 年 次 休 暇 の 残 日 数 のすべてを 使 用 しようとする 場 合 において 当 該 残 日 数 に1 時 間 未 満 の 端 数 があるとき 当 該 残 日 数 (1 時 間 未 満 の 端 数 を 含 む ) 4 半 日 を 単 位 とする 年 次 休 暇 は 次 のいずれかの 時 に 使 用 できるものとする (1) 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 が4 時 間 とされている 場 合 において 当 該 勤 務 時 間 の 全 てを 勤 務 しないとき (2) 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 が7 時 間 45 分 とされている 場 合 において 休 憩 時 間 をはさんだ 前 後 の 勤 務 時 間 の 差 が45 分 以 内 であって 当 該 勤 務 時 間 の 前 後 のいずれか 一 方 の 勤 務 時 間 の 全 てを 勤 務 しないとき 5 1 時 間 及 び 第 3 項 第 1 号 で 規 定 する 時 間 数 を 単 位 として 使 用 した 年 次 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 時 間 数 をもっ て1 日 とする (1) 次 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 - 7 -

8 7 時 間 45 分 (2) 育 児 休 業 法 第 10 条 第 1 項 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 次 のアからウまでに 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 区 分 に 応 じ 当 該 アから ウまでに 定 める 時 間 数 ア 育 児 休 業 法 第 10 条 第 1 項 第 1 号 3 時 間 55 分 イ 育 児 休 業 法 第 10 条 第 1 項 第 2 号 4 時 間 55 分 ウ 育 児 休 業 法 第 10 条 第 1 項 第 3 号 又 は 第 4 号 7 時 間 45 分 (3) 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 ( 前 号 に 掲 げる 職 員 のうち 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 を 除 く ) 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 (1 分 未 満 の 端 数 があるときは これを 切 り 捨 てた 時 間 ) (4) 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 ( 第 2 号 に 掲 げる 職 員 のうち 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 を 除 く ) 7 時 間 45 分 ( 病 気 休 暇 ) 第 12 条 条 例 第 12 条 の 規 則 で 定 める 日 は 第 3 項 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 場 合 に おける 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 及 び 当 該 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 に 係 る 療 養 期 間 中 の 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 代 休 日 その 他 の 病 気 休 暇 の 日 以 外 の 勤 務 しない 日 ( 以 下 この 条 において 除 外 日 という )とする 2 条 例 第 12 条 本 文 並 びに 次 項 第 4 号 及 び 第 5 号 の 規 定 の 適 用 については 連 続 する 8 日 以 上 の 期 間 ( 当 該 期 間 における 週 休 日 等 以 外 の 日 の 日 数 が 少 ない 場 合 として 任 命 権 者 が 定 める 場 合 にあっては その 日 数 を 考 慮 して 任 命 権 者 が 定 める 期 間 )の 特 定 病 気 休 暇 ( 次 項 第 1 号 から 第 3 号 までに 掲 げる 場 合 以 外 の 場 合 における 病 気 休 暇 をいう 以 下 この 条 において 同 じ )を 使 用 した 職 員 (この 項 の 規 定 により 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 連 続 しているものとみなされた 職 員 を 含 む )が 除 外 日 を 除 いて 連 続 して 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 (1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 一 部 に 育 児 休 業 法 第 19 条 第 1 項 に 規 定 する 部 分 休 業 の 承 認 を 受 けて 勤 務 しない 時 間 その 他 の 任 命 権 者 が 委 員 会 と 協 議 して 定 める 時 間 ( 以 下 この 項 において 部 分 休 業 等 という )がある 場 合 にあっては 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 部 分 休 業 等 以 外 の 勤 務 時 間 )のすべてを 勤 務 した 日 の 日 数 ( 次 項 第 5 号 において 実 勤 務 日 数 という )が20 日 に 達 する 日 までの 間 に 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 したときは 当 該 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 と 直 前 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 連 続 しているものとみなす 3 条 例 第 12 条 ただし 書 の 規 則 で 定 める 場 合 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 とし その 期 間 は 当 該 各 号 に 定 める 期 間 とする ただし 第 1 号 及 び 第 3 号 から 第 5 号 までの 規 定 は 第 2 号 に 掲 げる 職 員 には 適 用 しない - 8 -

9 (1) 公 務 上 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかり 又 は 通 勤 ( 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 昭 和 42 年 法 律 第 121 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 通 勤 をいう )により 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 場 合 その 療 養 に 必 要 な 期 間 (2) 臨 時 的 任 用 に 係 る 職 員 及 び 条 件 附 採 用 期 間 中 の 職 員 が 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかっ た 場 合 その 療 養 に 必 要 な 期 間 (3) 定 期 的 に 通 院 加 療 を 行 うことが 医 学 的 にみて 明 らかに 必 要 と 判 断 された 場 合 で 任 命 権 者 が 当 該 通 院 加 療 のため 病 気 休 暇 を 使 用 することが 必 要 と 認 められる 場 合 その 療 養 に 必 要 な 期 間 (4) 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 に 達 した 場 合 に おいて 90 日 に 達 した 日 後 においても 引 き 続 き 負 傷 又 は 疾 病 ( 当 該 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 初 日 から 当 該 負 傷 をし 又 は 疾 病 にかかった 日 ( 以 下 この 号 において 特 定 負 傷 等 の 日 という )の 前 日 ま での 期 間 における 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 らかに 異 なるも のに 限 る 以 下 この 号 において 特 定 負 傷 等 という )のため 療 養 する 必 要 が あり 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 当 該 90 日 に 当 該 特 定 負 傷 等 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 としてその 療 養 に 必 要 な 期 間 を 加 えた 期 間 ( 特 定 負 傷 等 の 日 以 後 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 までの 期 間 内 に 限 る ) (5) 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 に 達 した 場 合 に おいて 90 日 に 達 した 日 の 翌 日 から 実 勤 務 日 数 が20 日 に 達 する 日 までの 間 に その 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 における 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 らかに 異 なる 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 が 生 じ 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 当 該 90 日 及 び 当 該 明 らかに 異 なる 負 傷 又 は 疾 病 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 として 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 まで の 期 間 内 においてその 療 養 に 必 要 な 期 間 4 条 例 第 12 条 本 文 並 びに 第 2 項 前 項 第 4 号 及 び 第 5 号 の 規 定 の 適 用 については 療 養 期 間 中 の 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 代 休 日 その 他 の 病 気 休 暇 の 日 以 外 の 勤 務 しない 日 は 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 とみなす 5 特 定 病 気 休 暇 以 外 の 病 気 休 暇 の 期 間 の 計 算 については その 期 間 中 に 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 代 休 日 を 含 むものとする 6 病 気 休 暇 は 必 要 に 応 じて1 日 又 は1 時 間 を 単 位 とすることができる ただし 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 計 算 については 1 日 以 外 を 単 位 とする 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 は 1 日 を 単 位 とする 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 として 取 り 扱 うものとする ( 特 別 休 暇 ) 第 13 条 条 例 第 13 条 の 規 則 で 定 める 場 合 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 とし その 期 間 - 9 -

10 は 当 該 各 号 に 定 める 期 間 とする (1) 職 員 の 出 産 の 場 合 出 産 予 定 日 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 経 過 するまでの 期 間 ただし 職 員 から 請 求 があった 場 合 において 任 命 権 者 が 特 に 必 要 と 認 めるときは 出 産 予 定 日 前 の 期 間 及 び 産 後 の 期 間 を 併 せて2 週 間 の 範 囲 内 の 期 間 を 加 算 した 期 間 (2) 妊 娠 中 又 は 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 妊 娠 又 は 出 産 に 関 し 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 第 10 条 に 規 定 する 保 健 指 導 又 は 同 法 第 13 条 に 規 定 する 健 康 診 査 を 受 ける 場 合 妊 娠 満 23 週 までは4 週 間 に1 回 妊 娠 満 24 週 から 満 35 週 ま では2 週 間 に1 回 妊 娠 満 36 週 から 出 産 までは1 週 間 に1 回 産 後 1 年 まではそ の 間 に1 回 ( 医 師 等 の 特 別 の 指 示 があった 場 合 には いずれの 期 間 についても そ の 指 示 された 回 数 )とし 1 回 につき1 日 の 範 囲 内 でその 都 度 必 要 と 認 められる 時 間 (3) 妊 娠 中 の 職 員 がその 母 体 の 健 康 維 持 に 重 大 な 支 障 を 与 えると 認 められる 程 度 に 混 雑 する 交 通 機 関 を 利 用 して 通 勤 する 場 合 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにお いて 1 日 を 通 じて1 時 間 を 超 えない 範 囲 内 でそれぞれ 必 要 と 認 められる 時 間 (4) 妊 娠 中 の 職 員 が 妊 娠 に 起 因 するつわり 等 の 障 害 のため 勤 務 することが 著 しく 困 難 な 場 合 14 日 ( 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては14 日 にその 者 の1 週 間 ごと の 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 とし 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては 14 日 にその 者 の1 週 間 当 たりの 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 )(1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )の 範 囲 内 において 必 要 と 認 められる 期 間 (5) 職 員 が 子 の 育 児 のために 必 要 と 認 められる 場 合 次 のア 及 びイに 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 ア 及 びイに 定 める 期 間 ア 次 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 が 生 後 1 年 6 月 に 達 しない 子 を 育 てる 場 合 ( 生 後 2 年 に 達 しない 子 を 育 てるため 職 員 から 請 求 があった 場 合 において 任 命 権 者 が 特 に 必 要 と 認 めるときは 生 後 2 年 に 達 する 日 を 限 度 とする 期 間 において 子 を 育 て る 場 合 ) 1 日 2 回 とし 1 日 を 通 じて90 分 を 超 えない 範 囲 内 の 時 間 イ 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 が 生 後 1 年 に 達 しない 子 を 育 てる 場 合 1 日 2 回 とし 1 日 を 通 じて60 分 を 超 えな い 範 囲 内 の 時 間 (1 日 の 勤 務 時 間 が4 時 間 以 下 の 勤 務 日 にあっては 1 日 1 回 と し 30 分 を 超 えない 範 囲 内 の 時 間 ) (6) 義 務 教 育 終 了 前 の 子 ( 配 偶 者 の 子 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ )を 養 育 す る 職 員 が 次 に 掲 げる 場 合 において 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められると き 一 の 年 において7 日 の 範 囲 内 の 期 間 (その 養 育 する 義 務 教 育 終 了 前 の 子 が2 人 以

11 上 の 場 合 にあっては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 ア その 子 の 看 護 ( 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかったその 者 の 世 話 を 行 うことをいう 次 号 において 同 じ )を 行 う 場 合 イ その 子 に 後 遺 障 害 の 機 能 回 復 訓 練 を 受 けさせる 際 の 介 助 を 行 う 場 合 ウ その 子 に 健 康 診 査 健 康 診 断 若 しくは 予 防 接 種 を 受 けさせる 際 の 付 き 添 いを 行 う 場 合 エ その 子 が 在 籍 する 学 校 等 が 実 施 する 行 事 に 出 席 する 場 合 オ 地 震 水 害 火 災 その 他 その 子 の 安 全 を 確 保 する 緊 急 の 必 要 により その 子 が 在 籍 する 学 校 等 から 保 護 者 へその 子 の 引 渡 しが 要 請 されている 場 合 (6)の2 職 員 が 次 に 掲 げる 者 の 看 護 をするため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 め られる 場 合 一 の 年 において3 日 の 範 囲 の 期 間 ア 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 こ の 号 において 同 じ ) イ 父 母 ウ 子 ( 義 務 教 育 終 了 前 までの 子 を 除 く ) エ 配 偶 者 の 父 母 オ 祖 父 母 孫 及 び 兄 弟 姉 妹 カ 次 に 掲 げる 者 であって 職 員 と 同 居 しているもの ( 一 ) 父 母 の 配 偶 者 ( 二 ) 配 偶 者 の 父 母 の 配 偶 者 ( 三 ) 子 の 配 偶 者 ( 四 ) 配 偶 者 の 子 ( 義 務 教 育 終 了 前 の 子 にあっては 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 の 子 に 限 る ) (6)の3 条 例 第 15 条 第 1 項 に 規 定 する 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 ( 以 下 この 号 において 要 介 護 者 という )の 介 護 その 他 の 任 命 権 者 が 定 める 世 話 を 行 う 職 員 が 当 該 世 話 を 行 うため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1の 年 において5 日 ( 要 介 護 者 が2 人 以 上 の 場 合 にあっては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 (7) 生 理 のため 勤 務 が 著 しく 困 難 な 場 合 3 日 の 範 囲 内 においてその 都 度 必 要 とす る 期 間 (8) 職 員 の 親 族 ( 別 表 第 3の 親 族 欄 に 掲 げる 親 族 に 限 る 以 下 この 号 において 同 じ ) が 死 亡 した 場 合 で 職 員 が 葬 儀 服 喪 その 他 の 親 族 の 死 亡 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 親 族 の 区 分 に 応 じ 同 表 の 日 数 欄 に 掲 げる 連 続 する 日 数 ( 葬 儀 等 のため 遠 隔 の 地 に 赴 く 場 合 にあっては 往 復 に 要 する 実 日 数 を 加 えた 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間

12 (9) 職 員 が 配 偶 者 父 母 及 び 子 の 追 悼 のための 特 別 な 行 事 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 それぞれ1 日 ( 遠 隔 の 地 に 赴 く 場 合 にあっては 往 復 に 要 する 実 日 数 を 加 えた 日 数 ) (10) 職 員 が 夏 季 において 心 身 の 健 康 の 維 持 及 び 増 進 又 は 家 庭 生 活 の 充 実 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 一 の 年 の6 月 から9 月 までの 期 間 内 に おける 原 則 として 連 続 する5 日 ( 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては5 日 にその 者 の1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 とし 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては5 日 にその 者 の1 週 間 当 たりの 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 )(1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間 (11) 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 1 14 号 )による 交 通 の 制 限 若 しくは 遮 断 又 は 健 康 診 断 の 場 合 その 都 度 必 要 と 認 め られる 期 間 (12) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 により 出 勤 することが 著 し く 困 難 であると 認 められる 場 合 その 都 度 必 要 と 認 められる 期 間 (13) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 に 際 して 職 員 が 退 勤 途 上 における 身 体 の 危 険 を 回 避 するため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 その 都 度 必 要 と 認 められる 期 間 (14) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 により 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 その 他 これに 準 ずる 場 合 で 職 員 が 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 7 日 の 範 囲 内 においてその 都 度 必 要 と 認 められる 期 間 ア 職 員 の 現 住 居 が 滅 失 し 又 は 損 壊 した 場 合 で 当 該 職 員 がその 復 旧 作 業 等 を 行 い 又 は 一 時 的 に 避 難 しているとき イ 職 員 及 び 当 該 職 員 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 者 の 生 活 に 必 要 な 水 食 料 等 が 著 しく 不 足 している 場 合 で 当 該 職 員 以 外 にはそれらの 確 保 を 行 うことができないとき (15) 職 員 が 結 婚 する 場 合 で 結 婚 式 旅 行 その 他 の 結 婚 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 任 命 権 者 が 定 める 期 間 内 における 連 続 する7 日 の 範 囲 内 の 期 間 (16) 職 員 が 妻 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 次 号 に おいて 同 じ ) 妻 の 出 産 に 伴 い 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 任 命 権 者 が 定 める 期 間 内 における3 日 の 範 囲 内 においてその 都 度 必 要 と 認 められる 期 間 (17) 職 員 の 妻 が 出 産 する 場 合 であってその 出 産 予 定 日 の6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあ っては 14 週 間 ) 前 の 日 から 当 該 出 産 の 後 8 週 間 を 経 過 するまでの 期 間 にある 場

13 合 において 当 該 出 産 に 係 る 子 又 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 妻 の 子 を 含 む )を 養 育 する 職 員 が これらの 子 の 養 育 のため 勤 務 しないことが 相 当 である と 認 められるとき 当 該 期 間 内 における5 日 の 範 囲 内 においてその 都 度 必 要 と 認 め られる 期 間 (18) 職 員 が 骨 髄 移 植 のための 骨 髄 液 の 提 供 希 望 者 としてその 登 録 を 実 施 する 者 に 対 して 登 録 の 申 出 を 行 い 又 は 骨 髄 移 植 のため 骨 髄 液 を 提 供 する 場 合 で 当 該 申 出 又 は 提 供 に 伴 い 必 要 な 検 査 入 院 等 のため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められ るとき その 都 度 必 要 と 認 められる 期 間 (19) 職 員 が 日 本 赤 十 字 社 が 行 う 血 液 事 業 に 協 力 する 場 合 で 献 血 をするため 勤 務 しな いことがやむを 得 ないと 認 められるとき その 都 度 必 要 と 認 められる 時 間 (20) 職 員 が 自 発 的 に かつ 報 酬 を 得 ないで 次 に 掲 げる 社 会 に 貢 献 する 活 動 ( 専 ら 親 族 に 対 する 支 援 となる 活 動 を 除 く )を 行 う 場 合 で その 勤 務 しないことが 相 当 で あると 認 められるとき 一 の 年 において5 日 ( 任 命 権 者 が 定 めるときは 10 日 ) ( 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては5 日 ( 任 命 権 者 が 定 めるときは 10 日 )にそ の 者 の1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 とし 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては5 日 ( 任 命 権 者 が 定 めるときは 10 日 )にその 者 の1 週 間 当 たりの 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 )(1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間 ア 地 震 暴 風 雨 噴 火 等 により 相 当 規 模 の 災 害 が 発 生 した 被 災 地 又 はその 周 辺 の 地 域 における 生 活 関 連 物 資 の 配 布 その 他 の 被 災 者 を 支 援 する 活 動 イ 障 害 者 支 援 施 設 特 別 養 護 老 人 ホームその 他 の 主 として 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 がある 者 又 は 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 者 に 対 して 必 要 な 措 置 を 講 ずることを 目 的 とする 施 設 であって 任 命 権 者 が 定 めるものにおける 活 動 ウ ア 及 びイに 掲 げる 活 動 のほか 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 負 傷 又 は 疾 病 に より 常 態 として 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 の 介 護 その 他 の 日 常 生 活 を 支 援 する 活 動 2 1 日 を 単 位 とする 第 1 項 第 6 号 から 第 6 号 の3まで 第 16 号 及 び 第 17 号 の 休 暇 は 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のすべてを 勤 務 しないときに 使 用 するものと する 3 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 第 1 項 第 6 号 第 6 号 の3 第 16 号 及 び 第 17 号 の 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 には 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 め る 時 間 数 をもって1 日 とする (1) 次 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 7 時 間 45 分 (2) 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 (7 時 間 45 分 を 超 える

14 場 合 にあっては 7 時 間 45 分 とし 1 分 未 満 の 端 数 があるときは これを 切 り 捨 てた 時 間 ) (3) 不 斉 一 型 短 時 間 勤 務 職 員 7 時 間 45 分 ( 組 合 休 暇 ) 第 14 条 条 例 第 14 条 第 2 項 の 規 定 により 規 則 で 定 める 機 関 は 議 決 機 関 ( 代 議 員 制 をとるものに 限 る ) 執 行 機 関 監 査 機 関 投 票 管 理 機 関 ( 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 2 5 年 法 律 第 261 号 ) 第 53 条 第 3 項 に 規 定 する 規 約 の 作 成 又 は 変 更 役 員 の 選 挙 そ の 他 これらに 準 ずる 重 要 な 行 為 のための 投 票 を 管 理 するものに 限 る ) 及 び 諮 問 機 関 ( 特 定 の 事 項 について 調 査 研 究 を 行 い かつ 当 該 職 員 団 体 の 諮 問 に 応 ずるためのも のに 限 る )とする 2 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 又 は 代 休 日 をはさんで 組 合 休 暇 を 受 けた 場 合 は 当 該 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 及 び 代 休 日 は 組 合 休 暇 として 取 り 扱 わない 3 任 命 権 者 を 異 にして 異 動 した 職 員 の 異 動 後 における 組 合 休 暇 の 日 数 は 条 例 第 14 条 第 3 項 に 規 定 する 日 数 から 異 動 前 において 受 けた 組 合 休 暇 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 とする 4 組 合 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする 5 1 時 間 を 単 位 とする 組 合 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 7 時 間 45 分 をもって1 日 と する ( 介 護 休 暇 ) 第 15 条 条 例 第 15 条 第 1 項 の 規 則 で 定 める 者 は 次 に 掲 げる 者 とする (1) 祖 父 母 孫 及 び 兄 弟 姉 妹 (2) 次 に 掲 げる 者 であって 職 員 と 同 居 しているもの ア 父 母 の 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ ) イ 配 偶 者 の 父 母 の 配 偶 者 ウ 子 の 配 偶 者 エ 配 偶 者 の 子 2 条 例 第 15 条 第 1 項 の 規 則 で 定 める 期 間 は 一 週 間 以 上 の 期 間 とする 3 条 例 第 15 条 第 2 項 で 定 める 期 間 は 介 護 休 暇 の 初 日 から1 年 間 において2の 期 間 を 限 度 とする 通 算 して6 月 の 範 囲 で 必 要 と 認 められる 期 間 とする 4 介 護 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする 5 1 時 間 を 単 位 とする 介 護 休 暇 は 1 日 を 通 じ4 時 間 の 範 囲 内 とする ( 病 気 休 暇 特 別 休 暇 及 び 組 合 休 暇 の 承 認 )

15 第 16 条 条 例 第 16 条 の 規 則 で 定 める 特 別 休 暇 は 第 13 条 第 1 項 第 1 号 本 文 に 規 定 する 場 合 の 休 暇 とする 第 17 条 任 命 権 者 は 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 ( 前 条 に 規 定 するものを 除 く 第 19 条 第 1 項 において 同 じ )の 請 求 について 条 例 第 12 条 に 定 める 場 合 又 は 第 13 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 すると 認 めるときは これを 承 認 しなければならない ただし 公 務 の 運 営 に 支 障 があり 他 の 時 期 においても 当 該 休 暇 の 目 的 を 達 すること ができると 認 められる 場 合 は この 限 りでない 2 任 命 権 者 は 組 合 休 暇 の 請 求 について 条 例 第 14 条 に 定 める 場 合 に 該 当 すると 認 めるときは これを 承 認 することができる ( 介 護 休 暇 の 承 認 ) 第 18 条 任 命 権 者 は 介 護 休 暇 の 請 求 について 条 例 第 15 条 第 1 項 に 定 める 場 合 に 該 当 すると 認 めるときは これを 承 認 しなければならない ただし 当 該 請 求 に 係 る 期 間 のうち 公 務 の 運 営 に 支 障 がある 日 又 は 時 間 については この 限 りでない ( 休 暇 の 承 認 の 決 定 等 ) 第 19 条 病 気 休 暇 特 別 休 暇 組 合 休 暇 及 び 介 護 休 暇 の 請 求 があった 場 合 においては 任 命 権 者 は 速 やかに 承 認 するかどうかを 決 定 し 当 該 請 求 を 行 った 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする ただし 介 護 休 暇 の 請 求 があった 場 合 において 当 該 請 求 に 係 る 期 間 のうちに 当 該 請 求 があった 日 から 起 算 して 一 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 こ の 項 において 1 週 間 経 過 日 という ) 後 の 期 間 が 含 まれているときにおける 当 該 期 間 については 1 週 間 経 過 日 までに 承 認 するかどうかを 決 定 することができる ( 特 別 休 暇 及 び 介 護 休 暇 の 期 間 の 計 算 ) 第 20 条 特 別 休 暇 ( 第 13 条 第 1 項 第 4 号 第 10 号 及 び 第 15 号 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては 第 10 号 )に 規 定 するものを 除 く ) 及 び 介 護 休 暇 の 期 間 の 計 算 については その 期 間 中 に 週 休 日 時 間 外 勤 務 代 休 時 間 全 指 定 日 職 員 の 休 日 及 び 代 休 日 を 含 むものとする ( 非 常 勤 の 職 員 の 勤 務 時 間 ) 第 21 条 非 常 勤 の 職 員 ( 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 及 び 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 を 除 く ) の 勤 務 時 間 は 日 々 雇 い 入 れられる 職 員 については1 日 につき7 時 間 45 分 の 範 囲 内 において その 他 の 職 員 については 常 勤 の 職 員 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の4 分 の3 を 超 えない 範 囲 内 において 任 命 権 者 の 定 めるところによる ( 補 則 ) 第 22 条 この 規 則 に 定 めるもののほか この 規 則 の 実 施 に 関 する 細 部 の 事 項 について は 任 命 権 者 が 定 める 附 則 この 規 則 は 平 成 11 年 7 月 1 日 から 施 行 する

16 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 13 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 14 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 14 年 9 月 1 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 平 成 14 年 9 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 15 年 4 月 1 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 規 則 第 4 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 4 月 15 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する ただし 第 9 条 の 改 正 規 定 は 平 成 20 年 12 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 21 年 3 月 31 日 規 則 第 2 号 ) この 規 則 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 21 年 12 月 28 日 規 則 第 7 号 ) この 規 則 は 平 成 22 年 1 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 22 年 3 月 29 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 22 年 4 月 27 日 規 則 第 3 号 ) この 規 則 は 平 成 22 年 5 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 23 年 5 月 6 日 規 則 第 4 号 ) この 規 則 は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 3 月 19 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 規 則 第 5 号 ) この 規 則 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 25 年 3 月 22 日 規 則 第 4 号 ) この 規 則 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 27 年 3 月 27 日 規 則 第 1 号 ) この 規 則 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する

17 別 表 第 1( 第 9 条 の3 関 係 ) 在 職 期 間 日 数 1 月 に 達 するまでの 期 間 2 日 1 月 を 超 え2 月 に 達 するまでの 期 間 3 日 2 月 を 超 え3 月 に 達 するまでの 期 間 5 日 3 月 を 超 え4 月 に 達 するまでの 期 間 7 日 4 月 を 超 え5 月 に 達 するまでの 期 間 8 日 5 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 6 月 を 超 え7 月 に 達 するまでの 期 間 12 日 7 月 を 超 え8 月 に 達 するまでの 期 間 13 日 8 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 9 月 を 超 え10 月 に 達 するまでの 期 間 17 日 10 月 を 超 え11 月 に 達 するまでの 期 間 18 日 11 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 別 表 第 2( 第 9 条 の3 関 係 ) 任 用 期 間 日 数 任 用 期 間 日 数 1 月 以 内 の 場 合 2 日 7 月 以 内 の 場 合 12 日 2 3 日 8 13 日 3 5 日 9 15 日 4 7 日 日 5 8 日 日 6 10 日 日

18 別 表 第 3( 第 13 条 関 係 ) 親 族 日 数 配 偶 者 10 日 血 族 姻 族 一 親 等 の 直 系 尊 属 ( 父 母 ) 7 日 3 日 同 卑 属 ( 子 ) 7 日 1 日 二 親 等 の 直 系 尊 属 ( 祖 父 母 ) 3 日 1 日 同 卑 属 ( 孫 ) 1 日 - 二 親 等 の 傍 系 者 ( 兄 弟 姉 妹 ) 3 日 1 日 三 親 等 の 傍 系 尊 属 ( 伯 叔 父 母 ) 1 日 - 備 考 1 配 偶 者 は 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 2 死 亡 した 者 が 職 員 と 生 計 を 一 にする 姻 族 の 場 合 は 血 族 に 準 ずる 3 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 を 承 継 する 場 合 は 血 族 である 父 母 に 準 ずる 4 伯 叔 父 母 の 配 偶 者 は 当 該 伯 叔 父 母 に 準 ずる

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378> ( 教 職 員 ) 育 児 を 行 う 教 職 員 への 支 援 ( 多 様 な 働 き 方 の 提 案 ) 休 業 制 度 1. 育 児 休 業 (3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで) 育 児 介 護 規 程 第 3 条 休 業 し 職 務 を 離 れて 子 を 養 育 できる 制 度 です 2. 育 児 短 時 間 勤 務 ( 小 学 校 3 学 年 の 終 期 まで) 育 児 介 護 規

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ ~ 子 どもが 生 まれた( 生 まれる) 教 職 員 の 皆 さんへ ~ 子 育 て に 関 す る 休 暇 制 度 等 の 概 要 教 職 員 の 子 育 てを 支 援 するため 次 のような 休 暇 や 休 業 の 制 度 があります 子 どもが 生 まれる 女 性 職 員 だけでなく 父 親 になった(なる 予 定 の) 男 性 職 員 も こうした 休 暇 制 度 等 を 活 用 しながら

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information