Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと"

Transcription

1 <TAC> 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確 実 に 得 点 し 点 数 を 積 み 上 げられたかどうかが 勝 負 となるであろう - 1 -

2 Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないこととされるもの 以 外 のものをいう (2) 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 八 )1 事 業 として 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 及 び 貸 付 け 並 びに 役 務 の 提 供 ( 代 物 弁 済 による 資 産 の 譲 渡 その 他 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 若 しくは 貸 付 け 又 は 役 務 の 提 供 に 類 する 行 為 として 一 定 のものを 含 む )をいう 2 課 税 仕 入 れ の 意 義 ( 法 21 十 二 )4 事 業 者 が 事 業 として 他 の 者 から 資 産 を 譲 り 受 け 若 しくは 借 り 受 け 又 は 役 務 の 提 供 ( 注 1)を 受 けること( 注 2) をいう ( 注 1) 所 得 税 法 に 規 定 する 給 与 等 を 対 価 とする 役 務 の 提 供 を 除 く ( 注 2) 他 の 者 が 事 業 としてその 資 産 を 譲 り 渡 し 若 しくは 貸 し 付 け 又 はその 役 務 の 提 供 をしたとした 場 合 に 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 輸 出 免 税 等 により 消 費 税 が 免 除 されるものを 除 く )に 該 当 することとなるものに 限 る 3 表 裏 の 関 係 とならない 取 引 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 が 消 費 税 が 免 除 されるもの である 取 引 売 主 が 行 う 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のうち 消 費 税 が 免 除 される 次 のものについては 買 主 において 課 税 仕 入 れを 認 識 しない 1 1 輸 出 免 税 等 3 イ 輸 出 免 税 等 ( 法 71) 事 業 者 ( 免 税 事 業 者 を 除 く )が 国 内 において 行 う 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のうち 輸 出 取 引 等 に 該 当 するもの については 消 費 税 を 免 除 する ロ 輸 出 取 引 等 の 範 囲 ( 法 71) (イ) 本 邦 からの 輸 出 として 行 われる 資 産 の 譲 渡 貸 付 け (ロ) 外 国 貨 物 の 譲 渡 貸 付 け((イ)に 該 当 するものを 除 く ) (ハ) 国 内 及 び 国 外 にわたって 行 われる 旅 客 貨 物 の 輸 送 通 信 (ニ) 専 ら(ハ)の 輸 送 の 用 に 供 される 船 舶 又 は 航 空 機 の 譲 渡 貸 付 け 修 理 で 船 舶 運 航 事 業 者 等 に 対 するもの (ホ) (イ)~(ニ)の 資 産 の 譲 渡 等 に 類 するもの 2 輸 出 物 品 販 売 場 における 輸 出 物 品 の 譲 渡 等 に 係 る 免 税 ( 法 81)1 輸 出 物 品 販 売 場 を 経 営 する 事 業 者 が 非 居 住 者 に 対 し 通 常 生 活 の 用 に 供 する 物 品 で 輸 出 するため 一 定 の 方 法 により 購 入 されるものの 譲 渡 を 行 った 場 合 には その 物 品 の 譲 渡 については 消 費 税 を 免 除 する 3 措 置 法 免 税 (2) 売 主 が 消 費 者 であり 買 主 が 事 業 者 である 取 引 1 消 費 者 ( 売 主 )が 行 う 売 上 げは 事 業 として に 該 当 しないため 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とはならない 一 方 事 業 者 ( 買 主 )が 事 業 として 行 う 仕 入 れについては 課 税 仕 入 れを 認 識 する (3) 売 主 が 事 業 者 であり 買 主 が 消 費 者 である 取 引 1 事 業 者 ( 売 主 )において 課 税 資 産 の 譲 渡 等 を 認 識 していても 消 費 者 ( 買 主 )が 行 う 仕 入 れは 事 業 として に 該 当 しないため 消 費 者 ( 買 主 )において 課 税 仕 入 れは 認 識 しない - 2 -

3 (2)について 1 非 課 税 となる 国 内 取 引 のうち 税 の 性 格 から 課 税 対 象 とすることになじまないもの( 別 表 第 一 1~5)5 国 内 において 行 われる 資 産 の 譲 渡 等 のうち 次 のものには 消 費 税 を 課 さない (1) 土 地 の 譲 渡 貸 付 け (2) 有 価 証 券 支 払 手 段 の 譲 渡 (3) 利 子 を 対 価 とする 金 銭 の 貸 付 け 信 用 の 保 証 としての 役 務 の 提 供 公 社 債 投 資 信 託 等 に 係 る 信 託 報 酬 を 対 価 とする 役 務 の 提 供 及 び 保 険 料 を 対 価 とする 役 務 の 提 供 その 他 これらに 類 するもの (4) 次 の 資 産 の 譲 渡 1 日 本 郵 便 株 式 会 社 等 が 行 う 郵 便 切 手 類 印 紙 の 譲 渡 2 地 方 公 共 団 体 又 は 売 りさばき 人 が 行 う 証 紙 の 譲 渡 3 物 品 切 手 等 の 譲 渡 (5) 次 の 役 務 の 提 供 1 国 等 が 行 うもので その 料 金 の 徴 収 が 法 令 に 基 づくもの 2 裁 判 所 の 執 行 官 又 は 公 証 人 の 手 数 料 を 対 価 とするもの 3 外 国 為 替 業 務 に 係 るもの 2 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 ( 令 481)3 課 税 売 上 割 合 とは (1)のうちに(2)の 占 める 割 合 をいう (1) 課 税 期 間 中 に 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 から 課 税 期 間 中 に 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 対 価 の 返 還 等 の 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 (2) 課 税 期 間 中 に 国 内 において 行 った 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 から 売 上 げに 係 る 税 抜 対 価 の 返 還 等 の 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 3 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 非 課 税 となる 国 内 取 引 について 注 意 すべき 点 1. 含 まないもの( 令 482)2 2(1)の 資 産 の 譲 渡 等 には 次 の 資 産 の 譲 渡 は 含 まない (1) 支 払 手 段 等 (2) 金 銭 債 権 のうち 資 産 の 譲 渡 等 を 行 った 者 がその 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 として 取 得 したもの (3) 現 先 取 引 債 券 等 をあらかじめ 約 定 した 期 日 にあらかじめ 約 定 した 価 格 等 で 買 い 戻 すことを 約 して 譲 渡 し かつ その 約 定 に 基 づき 買 い 戻 す 場 合 におけるその 現 先 取 引 債 券 等 2. 買 現 先 取 引 ( 令 483)2 現 先 取 引 債 券 等 をあらかじめ 約 定 した 期 日 にあらかじめ 約 定 した 価 格 等 で 売 り 戻 すことを 約 して 購 入 し か つ その 約 定 に 基 づき 売 り 戻 した 場 合 には その 売 戻 しに 係 る2(1)の 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 は その 売 戻 しに 係 る 対 価 の 額 からその 購 入 に 係 る 対 価 の 額 を 控 除 した 残 額 とする この 場 合 において 控 除 しきれない 金 額 があるときは 2(1)の 金 額 は その 金 額 からその 控 除 しきれない 金 額 を 控 除 した 残 額 とする 3. 金 銭 債 権 の 譲 受 け( 令 484)2 貸 付 金 その 他 の 金 銭 債 権 の 譲 受 けその 他 の 承 継 ( 包 括 承 継 を 除 く )が 行 われた 場 合 における 対 価 は 利 子 ( 償 還 差 益 譲 り 受 けた 金 銭 債 権 の 買 取 差 益 その 他 経 済 的 な 性 質 が 利 子 に 準 ずるものを 含 む )とする 4. 有 価 証 券 等 又 は 金 銭 債 権 の 譲 渡 ( 令 485)2 一 定 の 有 価 証 券 等 の 譲 渡 をした 場 合 (1 又 は2を 除 く ) 又 は 金 銭 債 権 ( 資 産 の 譲 渡 等 を 行 った 者 がその 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 として 取 得 したものを 除 く )の 譲 渡 をした 場 合 には その 譲 渡 に 係 る2(1)の 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 は その 有 価 証 券 等 又 は 金 銭 債 権 の 譲 渡 対 価 の 額 の5%に 相 当 する 金 額 とする - 3 -

4 5. 国 債 等 の 償 還 差 額 ( 令 486)2 国 債 等 の 償 還 金 額 が 取 得 価 額 に 満 たない 場 合 には 2(1)の 金 額 は その 金 額 から 償 還 差 損 を 控 除 した 残 額 とする 6. 非 課 税 資 産 の 輸 出 2 (1) 課 税 売 上 割 合 ( 令 512) 国 内 において 行 った 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のうち 輸 出 取 引 等 に 該 当 するものの 対 価 の 額 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 に 含 まれる また 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 対 価 の 返 還 等 の 金 額 のうちその 輸 出 取 引 等 に 該 当 するも のに 係 る 金 額 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 対 価 の 返 還 等 の 金 額 に 含 まれる (2) 含 まないもの( 令 511) 有 価 証 券 支 払 手 段 又 は 金 銭 債 権 の 輸 出 は 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のうち 輸 出 取 引 等 に 該 当 するものには 含 まない 編 集 注 問 題 文 問 1(2)において また 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 及 び 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 上 記 非 課 税 となる 国 内 取 引 について 注 意 すべき 点 を 述 べなさい とある 法 令 上 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 とは 施 行 令 第 48 条 (さらに 施 行 令 第 51 条 には 非 課 税 資 産 の 輸 出 等 を 行 った 場 合 の 課 税 売 上 割 合 の 計 算 の 方 法 等 がある )を 指 すため 本 来 模 範 解 答 問 1(2)について 2 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 には 模 範 解 答 問 1(2)について 3 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 非 課 税 となる 国 内 取 引 について 注 意 すべき 点 の 内 容 も 含 まれる ただし 試 験 委 員 の 意 図 を 汲 み 取 るのであれば 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 上 記 非 課 税 となる 国 内 取 引 につ いて 注 意 すべき 点 とは 模 範 解 答 問 1(2)について 3 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 非 課 税 となる 国 内 取 引 について 注 意 すべき 点 の 内 容 になると 考 えられるだろう したがって 問 1(2)の 解 答 は 法 令 の 内 容 が 一 通 り 述 べられていればよいものと 考 えられる - 4 -

5 問 2-15 点 - (1)について ( 選 択 欄 ) 左 記 以 外 ( 不 課 税 取 引 ) ( 選 択 欄 )が 合 っていなければ( 理 由 等 )は0 点 ( 理 由 等 ) 土 地 収 用 法 等 の 規 定 に 基 づいてその 所 有 権 等 を 収 用 され その 権 利 取 得 者 から 補 償 金 を 取 得 した 場 合 には 対 価 を 得 て 資 産 の 譲 渡 を 行 ったものとする 1 また 資 産 の 譲 渡 とは 資 産 につきその 同 一 性 を 保 持 しつつ 他 人 に 移 転 させること1をいう 当 社 が 受 け 取 る 補 償 金 は 甲 市 が 借 地 権 を 取 得 することに 対 する 対 価 ではなく 借 地 権 を 消 滅 させることに 対 す る 対 価 となる 1 したがって 借 地 権 の 消 滅 に 対 する 補 償 金 の 受 取 りは 資 産 の 譲 渡 等 とならない2ため 不 課 税 取 引 となる (2)について ( 選 択 欄 ) 課 税 取 引 ( 選 択 欄 )が 合 っていなければ( 理 由 等 )は0 点 ( 理 由 等 ) 当 社 が 行 う 業 務 契 約 に 係 る 取 引 については 石 油 化 学 プラントの 建 設 資 材 の 大 部 分 が 国 内 で 調 達 されているこ とから 国 内 取 引 に 該 当 する 1また 技 術 的 な 指 導 等 は 資 産 の 譲 渡 等 に 該 当 する1ことから 課 税 の 対 象 と なり 課 税 取 引 となる したがって 当 該 取 引 に 係 る3 千 万 円 は 課 税 標 準 の 計 算 に 含 まれる 1 また 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 の 計 算 に 含 まれ1 さらに 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 に 含 まれる 1 (3)について ( 選 択 欄 ) 非 課 税 取 引 ( 選 択 欄 )が 合 っていなければ( 理 由 等 )は0 点 ( 理 由 等 ) 当 社 が 受 け 取 る 外 貨 預 金 から 生 ずる 利 息 は 貸 付 け 等 を 行 う 者 のその 貸 付 け 等 に 係 る 事 務 所 等 の 所 在 地 が 国 内 であるため 国 内 取 引 に 該 当 する 1また 利 子 を 対 価 とする 金 銭 の 貸 付 けに 該 当 するため 非 課 税 取 引 に 該 当 す る 1さらに 預 金 の 預 入 でその 債 務 者 が 非 居 住 者 であるため 非 課 税 資 産 の 輸 出 に 該 当 する 2 したがって 当 該 利 息 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 に 含 まれる 1-5 -

6 合 格 ライン 第 一 問 ( 理 論 ) 問 1 全 体 として 解 答 ボリュームが 非 常 に 多 い 問 題 であり どこまで 解 答 するか 戸 惑 った 受 講 生 が 多 いと 思 うが 重 要 理 論 からの 出 題 であるため 高 得 点 が 必 要 であろう (1)について 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 課 税 仕 入 れ の 意 義 は 確 実 に 得 点 すべきである 表 裏 の 関 係 とならない 取 引 については 模 範 解 答 の 3(1) 又 は(2) 部 分 について 触 れられたら 十 分 で ある 模 範 解 答 の 3(3) 部 分 は 解 答 できなくても 合 否 に 影 響 はないであろう (2)について 非 課 税 のうち 税 の 性 格 から 課 税 対 象 とすることになじまないもの 及 び 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 は 確 実 に 得 点 すべきである なお 注 意 すべき 点 をどう 捉 えるかで 解 答 に 戸 惑 ったかと 思 うが 課 税 売 上 割 合 の 規 定 を 記 述 することで 十 分 合 格 点 をとることが 出 来 たように 考 えられる また 非 課 税 資 産 の 輸 出 に 係 る 取 扱 いを 解 答 できているとアドバンテージである したがって 問 1の 配 点 は35 点 と 想 定 し 合 格 確 実 ラインは27 点 前 後 ボーダーラインは23 点 前 後 であると 思 われる 問 2 消 費 税 法 令 の 適 用 関 係 を 問 う 事 例 問 題 であった 全 問 正 解 することは 困 難 ではあるが 満 遍 なく 得 点 してほ しい 各 問 において 選 択 欄 をしっかり 合 わせられていることが 前 提 にはなるが 模 範 解 答 どおりでなく ても 内 容 が 合 っていれば 点 数 を 加 算 してもよいであろう (1)について 難 易 度 は 若 干 高 めである 土 地 収 用 法 等 の 規 定 との 関 係 を 補 足 できると 好 ましい (2)について 難 易 度 は 普 通 である 国 内 取 引 の 判 定 がポイントである また 計 算 に 当 たり 注 意 すべき 点 を 解 答 できてほ しい 問 題 であった (3)について 難 易 度 は 易 しめである 非 課 税 資 産 の 輸 出 であったが 非 課 税 取 引 という 結 論 をしっかりと 合 わせ 計 算 に 当 たり 注 意 すべき 点 を 解 答 できてほしい 問 題 であった したがって 問 2の 配 点 は15 点 と 想 定 し 合 格 確 実 ラインは10 点 前 後 ボーダーラインは8 点 前 後 であると 思 われる 第 一 問 としては 合 格 確 実 ラインは37 点 前 後 ボーダーラインは31 点 前 後 であると 思 われる - 6 -

7 Z-65-F 第 二 問 解 答 問 1 Ⅰ 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 基 準 期 間 の 課 税 売 上 高 2 291,735,427 円 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 H25/4~H25/9 非 課 税 免 税 (1) {(149,000,000 円 -7,500,000 円 -250,000 円 ) H25/10~H26/3 非 課 税 免 税 +(179,900,000 円 -14,000,000 円 -1,600,000 円 )} 免 税 免 税 +250,000 円 +1,600,000 円 =292,850,000 円 売 返 H25/4~H25/9 H25/10~H26/3 免 税 (2) 530,000 円 +625,000 円 -{(530,000 円 -56,000 円 ) 免 税 +(625,000 円 -250,000 円 )} %=1,114,573 円 (3)(1)-(2)=291,735,427 円 >10,000,000 円 納 税 義 務 あり Ⅱ 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 の 計 算 課 税 標 準 額 382,780,000 円 課 税 標 準 額 の 計 算 (1) 旧 税 率 請 負 売 上 ,512,000 円 =32,868,571 円 32,868,000 円 ( 千 円 未 満 切 捨 ) (2) 新 税 率 売 上 高 請 負 売 上 保 税 倉 庫 C 賃 貸 ゴルフ 会 員 権 (405,629,900 円 -34,512,000 円 )+840,000 円 2+1,200,000 円 雑 収 入 みなし 譲 渡 現 物 出 資 建 物 +650,000 円 +98,000 円 2+4,000,000 円 ( )=377,905,900 円 ,905,900 円 =349,912,870 円 349,912,000 円 ( 千 円 未 満 切 捨 ) 現 物 出 資 ( 建 物 ) ( 土 地 ) ( 貸 付 金 ) 4,000,000 円 +1,850,000 円 +1,000,000 円 =6,850,000 円 4,000,000 円 6,850,000 円 6,850,000 円 =4,000,000 円 (3)(1)+(2)=382,780,000 円 - 7 -

8 課 税 標 準 額 に 対 す る 消 費 税 額 23,359,176 円 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 の 計 算 (1) 旧 税 率 32,868,000 円 4%=1,314,720 円 (2) 新 税 率 349,912,000 円 6.3%=22,044,456 円 (3) (1)+(2)=23,359,176 円 控 除 過 大 調 整 税 額 2 12,388 円 控 除 過 大 調 整 税 額 の 計 算 償 却 債 権 取 立 益 4 325,200 円 =12,388 円 105 Ⅲ 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 計 算 等 課 税 売 上 割 合 381,040,699 円 411,912,899 円 課 税 売 上 割 合 の 計 算 (1) 課 税 売 上 高 旧 課 標 切 捨 前 新 課 標 切 捨 前 1 32,868,571 円 +349,912,870 円 =382,781,441 円 ,880,000 円 ( )-109,666 円 63 =1,740,742 円 売 上 値 引 販 売 奨 励 金 1,350,000 円 +530,000 円 =1,880,000 円 3 1-2=381,040,699 円 500,000,000 円 (2) 非 課 税 売 上 高 マンションB 建 物 A 賃 貸 預 金 利 息 外 貨 利 息 28,776,000 円 +184,000 円 +8,400 円 +3,800 円 2 現 物 出 資 敷 地 現 物 出 資 貸 付 金 +1,850,000 円 ( 1)+50,000 円 2( 2)=30,872,200 円 1 6,850,000 円 1,850,000 円 6,850,000 円 =1,850,000 円 2(6,850,000 円 1,000,000 円 6,850,000 円 ) 5%=50,000 円 (3) 課 税 売 上 割 合 (1) = (1)+(2) 381,040,699 円 411,912,899 円 = <95% 仕 入 税 額 は 按 分 計 算 が 必 要 - 8 -

9 控 除 対 象 仕 入 税 額 15,069,334 円 課 税 仕 入 れ 等 の 税 額 の 計 算 (1) 区 分 経 理 及 び 税 額 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するもの イ 課 税 仕 入 れ 倉 庫 C 修 繕 コ ルフ 手 数 料 国 内 材 料 仕 入 138,000 円 +48,400 円 2+72,947,500 円 原 価 通 勤 手 当 外 注 費 技 術 使 用 料 +22,500,000 円 +(13,860,000 円 -2,500,000 円 2) 原 価 水 道 光 熱 費 その 他 の 経 費 引 取 消 費 税 +3,070,000 円 +(69,890,700 円 -2,120,000 円 地 方 消 費 税 保 険 料 -572,000 円 -120,000 円 )=177,142,600 円 ,142,600 円 =10,333,318 円 ロ 課 税 貨 物 材 料 消 費 税 機 械 消 費 税 351,700 円 +2,120,000 円 =2,471,700 円 2 ハ 仕 入 返 還 等 材 料 値 引 ,000 円 =22,516 円 2 2 その 他 の 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するもの 建 物 A 水 道 マンションB 水 道 124,300 円 +972,000 円 =1,096,300 円 ,096,300 円 =63,950 円 3 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 するもの イ 旧 税 率 車 両 レンタル 料 4 655,200 円 =24,960 円 ロ 新 税 率 記 念 品 国 内 旅 行 費 用 心 づけ 旅 費 交 通 費 250,000 円 +(210,000 円 -10,000 円 )+4,860,600 円 本 社 家 賃 車 両 レンタル 料 旧 税 率 分 +4,200,000 円 2+(1,757,000 円 -655,200 円 ) 接 待 交 際 費 慶 弔 費 渡 切 交 際 費 本 社 水 道 +(1,800,000 円 -300,000 円 -150,000 円 )+738,800 円 派 遣 手 数 料 税 理 士 報 酬 その 他 寄 付 金 +2,800,000 円 +1,500,000 円 +1,358,000 円 +250,000 円 2-9 -

10 Ⅲ 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 計 算 等 ( 続 き) 販 売 管 理 費 倉 庫 C 修 繕 弁 護 士 費 用 海 外 渡 航 費 +(22,480,000 円 -138,000 円 )+(650,000 円 +350,000 円 2) =41,951,200 円 ,951,200 円 =2,447,153 円 ハ イ+ロ=2,472,113 円 4 合 計 イ 課 税 仕 入 れ (イ) 旧 税 率 24,960 円 (ロ) 新 税 率 177,142,600 円 +1,096,300 円 +41,951,200 円 =220,190,100 円 ,190,100 円 =12,844,422 円 (ハ) (イ)+(ロ)=12,869,382 円 ロ 課 税 貨 物 2,471,700 円 ハ 仕 入 返 還 等 22,516 円 (2) 個 別 対 応 方 式 10,333,318 円 +2,471,700 円 -22,516 円 381,040,699 円 +2,472,113 円 =15,069,334 円 411,912,899 円 (3) 一 括 比 例 配 分 方 式 381,040,699 円 (12,869,382 円 +2,471,700 円 ) 411,912,899 円 -22,516 円 381,040,699 円 411,912,899 円 =14,170,464 円 控 除 対 象 仕 入 税 額 の 計 算 (2)>(3) 15,069,334 円

11 売 上 げ の 返 還 等 対 価 に 係 る 税 額 2 109,666 円 売 上 げの 返 還 等 対 価 に 係 る 消 費 税 額 の 計 算 売 上 値 引 販 売 奨 励 金 1,350,000 円 +530,000 円 =1,880,000 円 6.3 1,880,000 円 =109,666 円 貸 倒 れ に 係 る 税 額 2 0 円 貸 倒 れに 係 る 消 費 税 額 の 計 算 E 社 に 対 する 売 掛 金 は 免 税 事 業 者 時 の 売 上 げに 係 る 債 権 であるため 適 用 なし F 社 に 対 する 売 掛 金 は 貸 倒 れの 事 実 に 該 当 しないため 適 用 なし ( 補 足 )F 社 からは 営 業 保 証 金 を 預 かっているため 出 題 の 意 図 としては このように 解 される 控 除 税 額 小 計 15,179,000 円 控 除 税 額 小 計 の 計 算 15,069,334 円 +109,666 円 =15,179,000 円 Ⅳ 差 引 税 額 又 は 控 除 不 足 還 付 税 額 の 計 算 差 引 税 額 8,192,500 円 差 引 税 額 又 は 控 除 不 足 還 付 税 額 の 計 算 23,359,176 円 +12,388 円 -15,179,000 円 =8,192,564 円 控 除 不 足 還 付 税 額 0 円 8,192,500 円 ( 百 円 未 満 切 捨 )

12 Ⅴ 中 間 納 付 税 額 の 計 算 中 間 納 付 税 額 2 2,010,000 円 中 間 納 付 税 額 の 計 算 (1) 一 月 中 間 申 告 1 4 月 ~9 月 4,020,000 円 =335,000 円 4,000,000 円 適 用 なし 月 ~2 月 4,020,000 円 -200,000 円 =318,333 円 4,000,000 円 12 適 用 なし (2) 三 月 中 間 申 告 1 4 月 ~6 月 7 月 ~9 月 4,020,000 円 3=1,005,000 円 >1,000,000 円 適 用 あり 12 1,005,000 円 ( 百 円 未 満 切 捨 ) 2=2,010,000 円 2 10 月 ~12 月 4,020,000 円 -200,000 円 12 3=954,999 円 1,000,000 円 適 用 なし (3) 六 月 中 間 申 告 適 用 なし Ⅵ 納 付 税 額 又 は 中 間 納 付 還 付 税 額 の 計 算 納 付 税 額 2 6,182,500 円 納 付 税 額 又 は 中 間 納 付 還 付 税 額 の 計 算 8,192,500 円 -2,010,000 円 =6,182,500 円 中 間 納 付 還 付 税 額 0 円

13 問 2 Ⅰ 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 及 び 簡 易 課 税 制 度 の 適 用 の 有 無 の 判 定 当 課 税 期 間 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 (1) 基 準 期 間 なし (2) 特 定 期 間 における 課 税 売 上 高 第 一 期 の 資 産 の 譲 渡 等 の 金 額 が9,500,000 円 であるため 必 ず10,000,000 円 以 下 となる (3) 特 定 新 規 設 立 法 人 の 特 例 1 特 定 要 件 75%>50% 満 たしている 第 50 期 非 課 税 12 2 (3,500,000,000 円 -120,000 円 ) 12 =3,499,879,999 円 >500,000,000 円 納 税 義 務 あり1 簡 易 課 税 制 度 の 適 用 の 有 無 の 判 定 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 (1) 0 円 50,000,000 円 1 (2) 届 出 書 の 提 出 あり 適 用 あり1 ( 平 成 26 年 9 月 30 日 以 前 の 提 出 であるため 旧 みなし 仕 入 率 の 適 用 あり) Ⅱ 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 の 計 算 課 税 標 準 額 16,765,000 円 課 税 標 準 額 の 計 算 自 販 機 売 上 (1) 第 二 種 120,000 円 1 レストラン 車 両 (2) 第 四 種 6,500,000 円 +2,000,000 円 1=8,500,000 円 宿 泊 売 上 宴 会 売 上 駐 車 場 収 入 (3) 第 五 種 7,980,000 円 +1,206,400 円 1+300,000 円 1 =9,486,400 円 (4) (1)+(2)+(3)=18,106,400 円 ,106,400 円 =16,765,185 円 16,765,000 円 ( 千 円 未 満 切 捨 ) 課 税 標 準 額 に 対 す る 消 費 税 額 1,056,195 円 課 税 標 準 額 に 対 する 消 費 税 額 の 計 算 16,765,000 円 6.3%=1,056,195 円

14 Ⅲ 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 計 算 等 控 除 対 象 仕 入 税 額 1 579,778 円 控 除 対 象 仕 入 税 額 の 計 算 (1) 業 種 別 課 税 売 上 高 第 二 種 120,000 円 =111,111 円 2 第 四 種 8,500,000 円 3 第 五 種 9,486,400 円 =7,870,370 円 =8,783,703 円 4 合 計 16,765,185 円 (2) 業 種 別 消 費 税 額 1 第 二 種 120,000 円 6.3 =7,000 円 2 第 四 種 8,500,000 円 3 第 五 種 9,486,400 円 =495,833 円 =553,373 円 4 合 計 1+2+3=1,056,206 円 (3) 基 礎 となる 消 費 税 額 1,056,195 円 (4) みなし 仕 入 率 及 び 控 除 対 象 仕 入 税 額 ( 原 則 ) 579,785 円 ( ) 1,056,195 円 =579,778 円 1,056,206 円 7,000 円 80%+495,833 円 60%+553,373 円 50% =579,785 円 * 第 五 種 事 業 の 業 種 別 課 税 売 上 高 が 最 も 大 きいため 特 定 一 事 業 特 定 二 事 業 の 特 例 は 明 らかに 不 利 であるため 判 定 省 略 Ⅳ 差 引 税 額 又 は 控 除 不 足 還 付 税 額 の 計 算 差 引 税 額 476,400 円 差 引 税 額 又 は 控 除 不 足 還 付 税 額 の 計 算 1,056,195 円 -579,778 円 =476,417 円 476,400 円 ( 百 円 未 満 切 捨 ) 控 除 不 足 還 付 税 額 0 円

15 Ⅴ 中 間 納 付 税 額 の 計 算 中 間 納 付 税 額 1 0 円 中 間 納 付 税 額 の 計 算 6 月 分 240,000 円 240,000 円 任 意 の 中 間 申 告 書 を 提 出 する 旨 の 届 出 書 を 提 出 していない 適 用 なし Ⅵ 納 付 税 額 又 は 中 間 納 付 還 付 税 額 の 計 算 納 付 税 額 1 476,400 円 納 付 税 額 又 は 中 間 納 付 還 付 税 額 の 計 算 中 間 納 付 還 付 税 額 0 円

16 解 答 への 道 問 1 1 当 期 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 設 立 H24 増 資 A1 H25 A2 A3 H26 A4 H27 A5 11/19 免 4/1 課 10/1 課 4/1 課 4/1 当 課 税 期 間 H28 4/1 資 本 金 500 万 円 資 本 金 2,000 万 円 (1) 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 前 々 事 業 年 度 が1 年 未 満 の 場 合 であるため その 事 業 年 度 開 始 の 日 (H27.4/1)の2 年 前 の 日 の 前 日 (H25.4/1)から1 年 を 経 過 する 日 (H26.3/31)までの 間 に 開 始 した 各 事 業 年 度 (H25.4/1~H25.9/30 及 び H25.10/1~H26.3/31)を 合 わせた 期 間 における 課 税 売 上 高 となる ( 注 1) 設 立 事 業 年 度 ( 課 税 期 間 )の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 (A1) 基 準 期 間 なし 新 設 法 人 の 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 期 首 資 本 金 が1,000 万 円 未 満 (500 万 円 )であるため 納 税 義 務 なし 前 年 等 の 課 税 売 上 高 による 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 は 平 成 25 年 1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 法 人 のその 事 業 年 度 から 適 用 される 特 定 新 規 設 立 法 人 の 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 の 規 定 は 平 成 26 年 4 月 1 以 後 に 設 立 される 新 規 設 立 法 人 で 特 定 新 規 設 立 法 人 に 該 当 することとなるものについて 適 用 される ( 注 2) 前 々々 事 業 年 度 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 (A2) 基 準 期 間 なし 特 定 期 間 なし 新 設 法 人 の 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 期 首 資 本 金 が1,000 万 円 以 上 (2,000 万 円 )であるため 納 税 義 務 あり ( 注 3) 前 々 事 業 年 度 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 (A3) 基 準 期 間 なし 前 年 等 における 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 その 事 業 年 度 の 前 事 業 年 度 (A2)が7 月 以 下 (6 月 )であるため 短 期 事 業 年 度 に 該 当 する したがって その 事 業 年 度 の 前 々 事 業 年 度 (A1) 開 始 の 日 (H24.11/19) 以 後 6 月 の 期 間 によ り 判 定 することとなる なお 前 々 事 業 年 度 (A1)が6 月 以 下 であるため その 前 々 事 業 年 度 開 始 の 日 (H24.11/19) からその 終 了 の 日 (H25.3/31)までの 期 間 となる 本 問 においては 当 該 特 定 期 間 における 課 税 売 上 高 が1,000 万 円 を 超 える(78,570,000 円 - 2,800,000 円 -325,000 円 =75,445,000 円 )ため 納 税 義 務 あり ( 注 4) 前 事 業 年 度 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 (A4) 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 その 事 業 年 度 の 前 々 事 業 年 度 (A2)が1 年 未 満 であるため その 事 業 年 度 開 始 の 日 の2 年 前 の 日 の 前 日 (H24.4/1)から1 年 を 経 過 する 日 (H25.3/31)までの 間 に 開 始 した 各 事 業 年 度 (A

17 1)を 合 わせた 期 間 が 基 準 期 間 となる また 基 準 期 間 が1 年 でないため 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 を 基 準 期 間 に 含 まれる 事 業 年 度 の 月 数 の 合 計 数 で 除 し 12を 乗 じて 計 算 した 金 額 により 判 定 することとなる 本 問 においては 当 該 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 が1,000 万 円 を 超 える((78,570,000 円 - 2,800,000 円 -325,000 円 ) 12/5=181,068,000 円 )ため 納 税 義 務 あり 2 課 税 標 準 額 (1) 印 刷 売 上 平 成 8 年 10 月 1 日 から 平 成 25 年 9 月 30 日 までの 間 に 締 結 した 工 事 ( 製 造 を 含 む )に 係 る 請 負 契 約 ( 一 定 の 要 件 に 該 当 する 測 量 設 計 及 びソフトウエアの 開 発 等 に 係 る 請 負 契 約 を 含 む )に 基 づき 平 成 26 年 4 月 1 日 以 後 に 課 税 資 産 の 譲 渡 等 を 行 う 場 合 の 当 該 課 税 資 産 の 譲 渡 等 は 税 率 4%を 適 用 する 本 問 においては 印 刷 売 上 に 旧 税 率 分 が 含 まれているため 新 税 率 と 旧 税 率 を 分 けて 課 税 標 準 を 計 算 する 請 負 工 事 等 契 約 締 結 H25 H26 H27 H28 10/1( 指 定 日 ) 4/1( 施 行 日 ) 4/1 当 課 税 期 間 4/1 引 渡 4% (2) 保 税 地 域 内 における 倉 庫 賃 貸 収 入 保 税 地 域 内 における 資 産 の 賃 貸 借 の 免 税 取 引 は 貨 物 に 限 られる したがって 保 税 地 域 内 において 倉 庫 を 賃 貸 借 したとしても 免 税 取 引 には 該 当 せず 課 税 取 引 (6.3%) として 取 扱 うこととなる (3) ゴルフ 会 員 権 の 譲 渡 ゴルフ 会 員 権 は 有 価 証 券 等 から 除 かれる したがって 譲 渡 対 価 1,200,000 円 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 該 当 し 課 税 標 準 に 算 入 する (4) カメラの 贈 与 法 人 が 資 産 をその 役 員 に 対 して 贈 与 する 行 為 は みなし 譲 渡 に 該 当 する ( 法 282 基 通 ) 本 問 においては 棚 卸 資 産 以 外 の 資 産 であるため 譲 渡 時 の 価 額 相 当 額 を 課 税 標 準 に 算 入 する (5) 現 物 出 資 による 資 産 の 譲 渡 甲 社 が 現 物 出 資 により 取 得 した 株 式 の 取 得 時 の 価 額 相 当 額 を 対 価 の 額 とする ( 令 452) また 課 税 資 産 ( 建 物 )と 非 課 税 資 産 ( 敷 地 権 及 び 貸 付 金 )とを 同 一 の 者 に 対 して 同 時 に 譲 渡 しているため 各 資 産 の 価 額 の 割 合 に 応 じて 課 税 標 準 を 計 算 する ( 令 453) 3 償 却 債 権 取 立 益 控 除 過 大 調 整 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 資 料 については 税 率 改 正 前 の 期 間 の 取 引 に 係 るものであるため 旧 税 率 (4%)で 計 算 することになる

18 4 非 課 税 売 上 高 (1) 外 国 の 大 使 に 対 する 賃 料 収 入 居 住 用 の 不 動 産 賃 貸 は 非 課 税 取 引 に 該 当 する なお 外 国 公 館 等 に 対 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 免 税 ( 措 法 861) は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 限 定 され ているため 非 課 税 取 引 である 居 住 用 の 不 動 産 賃 貸 は 免 税 取 引 には 該 当 しない 点 に 留 意 すること (2) 外 国 銀 行 の 国 内 支 店 における 外 貨 預 金 利 息 利 子 を 対 価 とする 金 銭 の 貸 付 けに 該 当 するため 非 課 税 取 引 に 該 当 する なお 外 国 銀 行 の 国 内 支 店 は 居 住 者 とみなされるため 非 課 税 資 産 の 輸 出 には 該 当 しない 点 に 留 意 すること (3) 現 物 出 資 による 資 産 の 譲 渡 甲 社 が 現 物 出 資 により 取 得 した 株 式 の 取 得 時 の 価 額 相 当 額 を 対 価 の 額 とする ( 令 452) また 課 税 資 産 ( 建 物 )と 非 課 税 資 産 ( 敷 地 権 及 び 貸 付 金 )とを 同 一 の 者 に 対 して 同 時 に 譲 渡 しているため 各 資 産 の 価 額 の 割 合 に 応 じて 課 税 標 準 を 計 算 する ( 令 453) なお 貸 付 金 の 譲 渡 は 金 銭 債 権 の 譲 渡 に 該 当 するため 譲 渡 対 価 の5% 相 当 額 が 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 含 まれる ( 令 485) 5 課 税 仕 入 れ 等 の 区 分 経 理 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するもの 1 倉 庫 Cの 修 繕 費 用 保 税 地 域 内 における 倉 庫 賃 貸 収 入 は 6.3% 課 税 取 引 に 該 当 する( 上 記 2(2) 参 照 ) したがって 当 該 倉 庫 に 係 る 修 繕 費 用 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものに 区 分 経 理 される 2 製 造 原 価 報 告 書 に 関 する 付 記 事 項 ( 材 料 仕 入 高 通 勤 手 当 外 注 費 技 術 指 導 料 等 ) 材 料 費 労 務 費 経 費 のうち 課 税 仕 入 れ 等 に 該 当 するものは 製 品 ( 課 税 資 産 )の 販 売 のためにのみ 要 し た 課 税 仕 入 れであるため 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものに 区 分 経 理 される (2) その 他 の 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するもの 建 物 A 及 びマンションBの 共 用 部 分 に 係 る 水 道 光 熱 費 建 物 Aの 賃 貸 収 入 は 非 課 税 取 引 に 該 当 する( 上 記 4(1) 参 照 ) したがって 当 該 建 物 Aに 係 る 水 道 光 熱 費 は その 他 の 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものに 区 分 経 理 される また マンションBの 共 用 部 分 に 係 る 水 道 光 熱 費 も 同 様 にその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものに 区 分 経 理 される (3) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 するもの 1 資 産 の 貸 付 けに 係 る 経 過 措 置 平 成 8 年 10 月 1 日 から 平 成 25 年 9 月 30 日 までの 間 に 締 結 した 資 産 の 貸 付 けに 係 る 契 約 に 基 づき 平 成 26 年 4 月 1 日 前 から 同 日 以 後 引 き 続 き 貸 付 けを 行 っている 場 合 ( 一 定 の 要 件 に 該 当 するものに 限 る )における 平 成 26 年 4 月 1 日 以 後 に 行 う 当 該 資 産 の 貸 付 けは 税 率 4%を 適 用 する 車 両 のレンタル 料 車 両 のレンタル 料 のうち655,200 円 は 平 成 25 年 6 月 27 日 ( 指 定 日 前 )に 契 約 しており 当 該 貸 付 けが 施 行 日 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 )より 前 から 行 われている さらに レンタル 料 の 額 を 変 更 することはできない 旨 規 定 されているため 資 産 の 貸 付 けに 係 る 経 過 措 置 の 適 用 があることとなる したがって 車 両 のレンタ ル 料 のうち655,200 円 は 旧 税 率 (4%)による 課 税 仕 入 れとなる

19 本 社 の 家 賃 本 社 の 家 賃 は 平 成 24 年 9 月 30 日 ( 指 定 日 前 )に 契 約 しており 当 該 貸 付 けが 施 行 日 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) より 前 から 行 われているが 家 賃 の 額 を 変 更 することができる 旨 規 定 されているため 資 産 の 貸 付 けに 係 る 経 過 措 置 の 適 用 はないこととなる したがって 本 社 の 家 賃 は 新 税 率 (6.3%)による 課 税 仕 入 れとなる なお 本 社 の 家 賃 は 会 社 全 体 に 係 るものであるため 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 するものに 区 分 経 理 される 資 産 の 貸 付 けに 係 る 経 過 措 置 H25 H26 H27 H28 10/1( 指 定 日 ) 4/1( 施 行 日 ) 4/1 当 課 税 期 間 4/1 契 約 締 結 貸 付 開 始 ( 引 渡 ) ( 車 両 のレンタル) 4% 貸 付 けの 経 過 措 置 の 要 件 事 業 者 が 事 情 の 変 更 その 他 の 理 由 により 当 該 1 当 該 契 約 に 係 る 資 産 の 貸 付 期 間 及 び その 期 間 中 の 対 価 の 額 が 定 められて いること 2 3 対 価 の 額 の 変 更 を 求 めることができる 旨 の 定 めがないこと 契 約 期 間 中 に 当 事 者 の 一 方 又 は 双 方 がいつで も 解 約 の 申 入 れをすることができる 旨 の 定 め がないこと 等 2 災 害 地 域 に 対 する 食 料 品 の 寄 付 事 業 者 がした 金 銭 による 寄 付 は 課 税 仕 入 れに 該 当 しないが 金 銭 以 外 の 資 産 を 贈 与 した 場 合 の 当 該 資 産 の 取 得 が 課 税 仕 入 れ 等 に 該 当 するときにおける 個 別 対 応 方 式 の 適 用 に 当 たっては 当 該 課 税 仕 入 れ 等 は 原 則 として 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 するものに 該 当 するものとして 取 り 扱 う ( 基 通 ) 3 国 内 の 弁 護 士 費 用 及 び 海 外 渡 航 費 弁 護 士 の 業 務 に 関 する 報 酬 又 は 料 金 は 弁 護 士 がその 業 務 の 遂 行 に 関 連 して 依 頼 者 から 支 払 を 受 ける 一 切 の 金 銭 をいうものと 解 されている したがって 実 費 弁 償 たる 宿 泊 費 及 び 交 通 費 であっても ホテルや 交 通 機 関 等 への 支 払 が 実 質 的 に 甲 社 に よる 直 接 払 と 認 められるものでない 限 り 弁 護 士 の 報 酬 又 は 料 金 に 含 まれることとなる 6 売 上 げの 返 還 等 対 価 に 係 る 税 額 取 引 先 に 支 払 った 販 売 奨 励 金 事 業 者 が 販 売 促 進 の 目 的 で 販 売 奨 励 金 等 の 対 象 とされる 課 税 資 産 の 販 売 数 量 販 売 高 等 に 応 じて 取 引 先 ( 課 税 資 産 の 販 売 の 直 接 の 相 手 方 としての 卸 売 業 者 等 のほかその 販 売 先 である 小 売 業 者 等 の 取 引 関 係 者 を 含 む ) に 対 して 金 銭 により 支 払 う 販 売 奨 励 金 等 は 売 上 げに 係 る 対 価 の 返 還 等 に 該 当 する ( 基 通 )

20 7 中 間 納 付 税 額 中 間 申 告 の 適 用 の 有 無 は 直 前 の 課 税 期 間 の 確 定 消 費 税 額 を 基 準 として 判 定 するが 本 問 においては 平 成 27 年 9 月 20 日 に 更 正 の 請 求 書 を 提 出 し 平 成 27 年 10 月 13 日 付 で 更 正 決 定 通 知 書 が 甲 社 に 到 達 している この 場 合 直 前 の 課 税 期 間 の 確 定 消 費 税 額 を 減 額 することとなるが 当 該 減 額 が 確 定 したのは 平 成 27 年 10 月 13 日 であるため 平 成 27 年 10 月 分 から 減 額 した 確 定 消 費 税 額 を 基 準 として 中 間 納 付 税 額 を 計 算 することとなる 問 2 1 当 期 の 納 税 義 務 の 有 無 の 判 定 H24 4/1 第 49 期 H25 4/1 第 50 期 H26 4/1 第 51 期 H27 4/1 H28 4/1 丙 社 基 準 期 間 に 相 当 する 期 間 H24 6/1 設 立 H25 H26 6/1 6/1 第 1 期 H27 6/1 当 課 税 期 間 H28 6/1 乙 社 資 本 金 800 万 円 (1) 基 準 期 間 がないため (2)へ (2) 特 定 期 間 における 課 税 売 上 高 は 第 1 期 の 資 産 の 譲 渡 等 の 金 額 が950 万 円 であるため 必 ず1,000 万 円 以 下 となる (3) 特 定 新 規 設 立 法 人 の 納 税 義 務 の 免 除 の 特 例 期 首 資 本 金 が1,000 万 円 未 満 (800 万 円 )であるため 新 規 設 立 法 人 に 該 当 する また 事 業 年 度 開 始 の 日 ( 新 設 開 始 日 )において 乙 社 は 丙 社 に 発 行 済 株 式 総 数 の50% 超 (75%)を 保 有 されているため 特 定 要 件 に 該 当 する さらに 乙 社 の 基 準 期 間 に 相 当 する 期 間 における 丙 社 の 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える((3,500,000,000 円 -120,000 円 ) 12/12=3,499,879,999 円 )( 注 )ことから 乙 社 の 当 課 税 期 間 は 特 定 新 規 設 立 法 人 に 該 当 し 納 税 義 務 あり ( 注 ) 基 準 期 間 に 相 当 する 期 間 は 原 則 として 新 規 設 立 法 人 の 基 準 期 間 がない 事 業 年 度 開 始 の 日 の2 年 前 の 日 の 前 日 から1 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 終 了 した 判 定 対 象 者 の 各 事 業 年 度 を 合 わせた 期 間 ( 令 25の 42 二 イ)となるため 丙 社 の 第 50 期 が 基 準 期 間 に 相 当 する 期 間 となる 2 簡 易 課 税 制 度 の 有 無 の 判 定 簡 易 課 税 制 度 は 課 税 事 業 者 が 消 費 税 簡 易 課 税 制 度 選 択 届 出 書 を 提 出 しており かつ 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 が5,000 万 円 以 下 である 場 合 には 必 ず 適 用 しなければならない なお 本 問 においては 平 成 26 年 7 月 1 日 に 当 該 届 出 書 を 提 出 しており かつ 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 が 5,000 万 円 以 下 ( 基 準 期 間 なし=0 円 5,000 万 円 )であるため 当 課 税 期 間 においては 簡 易 課 税 制 度 を 適 用 しな ければならない

21 3 簡 易 課 税 の 事 業 区 分 ( 課 税 標 準 額 ) (1) 第 二 種 事 業 ホテル 内 自 動 販 売 機 売 上 自 動 販 売 機 により 資 産 の 譲 渡 を 行 った 場 合 には 事 業 者 以 外 の 者 に 対 する 販 売 に 該 当 することから 仕 入 商 品 等 を 販 売 した 場 合 には 第 二 種 事 業 に 該 当 する (2) 第 四 種 事 業 ホテル 内 レストラン 売 上 及 び ルームサービスに 係 る 売 上 旅 館 等 における 飲 食 物 の 提 供 ( 基 通 の2) 旅 館 ホテル 等 の 宿 泊 施 設 経 営 者 が 請 求 書 領 収 書 等 によりその 飲 食 物 の 提 供 に 係 る 対 価 の 額 を 宿 泊 に 係 る 対 価 の 額 と 明 確 に 区 分 して 領 収 することとしているときのその 飲 食 物 の 提 供 は 飲 食 店 業 に 該 当 する したがって 第 四 種 事 業 に 該 当 する また ホテル 内 にあるホテル 直 営 の 売 店 がホテルの 調 理 したサンドイッチ オードブル 等 を 客 の 注 文 により 部 屋 まで 運 ぶ 場 合 いわゆるルームサービスは 第 四 種 事 業 に 該 当 する (3) 第 五 種 事 業 ホテル 宿 泊 売 上 及 び 1 月 以 上 利 用 の 場 合 の 宿 泊 売 上 ホテル 業 ( 宿 泊 業 )は 第 五 種 事 業 に 該 当 する なお 宿 泊 期 間 が1 月 以 上 の 場 合 であっても 住 宅 の 貸 付 けには 該 当 しない 点 に 留 意 すること 宴 会 売 上 飲 食 物 の 提 供 料 金 と 会 場 使 用 料 とを 区 分 している 場 合 には 飲 食 物 の 提 供 料 金 は 第 四 種 事 業 会 場 使 用 料 は 第 五 種 事 業 に 該 当 するが 本 問 の 場 合 特 段 提 供 料 金 と 会 場 使 用 料 とを 区 分 していないため 全 体 が 第 五 種 事 業 に 該 当 する 駐 車 場 収 入 不 動 産 業 ( 賃 貸 管 理 仲 介 )は 平 成 26 年 度 改 正 において 第 五 種 事 業 から 第 六 種 事 業 に 変 更 になっ たが 平 成 26 年 9 月 30 日 までに 消 費 税 簡 易 課 税 制 度 選 択 届 出 書 を 提 出 した 事 業 者 は 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 であっても その 届 出 書 に 記 載 した 適 用 開 始 課 税 期 間 の 初 日 から2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 開 始 する 課 税 期 間 ( 簡 易 課 税 制 度 の 適 用 を 受 けることをやめることができない 期 間 )については 改 正 前 のみなし 仕 入 率 が 適 用 される したがって 本 問 においては 第 五 種 事 業 に 該 当 する 設 立 H26 6/1 H27 6/1 当 課 税 期 間 第 五 種 H28 6/1 第 五 種 H29 6/1 7/1 届 出 書 の 提 出 2 年 継 続 適 用 期 間

22 合 格 ライン 第 二 問 ( 計 算 ) 2 題 形 式 の 問 題 であった 問 1は 法 人 の 原 則 課 税 問 2は 法 人 の 簡 易 課 税 による 計 算 であった 難 易 度 としては 高 くはないが 資 料 が 読 み 取 りにくい 箇 所 及 び 出 題 者 の 意 図 が 不 明 な 箇 所 もあり 解 答 に 悩 む 問 題 であったと 思 われる なお 問 2の 簡 易 課 税 制 度 選 択 届 出 書 の 提 出 について 旧 みなし 仕 入 率 の 適 用 となったが 合 わせてほしい 論 点 であった 問 1の 配 点 は 40 点 と 想 定 し 合 格 確 実 ラインは32 点 前 後 ボーダーラインは28 点 前 後 であると 思 われる 問 2の 配 点 は 10 点 と 想 定 し 合 格 確 実 ラインは7 点 前 後 ボーダーラインは6 点 前 後 であると 思 われる 第 二 問 としては 合 格 確 実 ラインは37 点 前 後 ボーダーラインは34 点 前 後 であると 思 われる おわりに 理 論 及 び 計 算 の 解 答 バランスを 考 慮 すると 全 体 では 合 格 確 実 ラインは 76 点 前 後 ボーダーラインは68 点 前 後 になると 思 われます

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A>

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A> 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 所 得 税 法 合 ついて 本 があります また 解 答 保 の は 証 著 平 するものではありません 作 成 権 28 は 年 学 本 8 校 解 月 法 答 12 人 は 日 大 学 原 校 15 学 法 時 園 人 30 に 大 分 帰 原 に 属 学 学 します 園 校 が 法 独 人 自 無 大 の 断 原 見 転 学 解 用 園 で 転

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

略 語 法 印 紙 税 法 ( 昭 和 42 年 法 律 第 23 号 ) 令 印 紙 税 法 施 行 令 ( 昭 和 42 年 政 令 第 108 号 ) 規 則 印 紙 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 42 年 大 蔵 省 令 第 19 号 ) 基 通 印 紙 税 法 基 本 通 達 ( 昭

略 語 法 印 紙 税 法 ( 昭 和 42 年 法 律 第 23 号 ) 令 印 紙 税 法 施 行 令 ( 昭 和 42 年 政 令 第 108 号 ) 規 則 印 紙 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 42 年 大 蔵 省 令 第 19 号 ) 基 通 印 紙 税 法 基 本 通 達 ( 昭 平 成 28 年 5 月 印 紙 税 の 手 引 印 紙 税 は 日 常 の 経 済 取 引 に 伴 って 作 成 する 契 約 書 や 金 銭 の 受 取 書 ( 領 収 書 )など に 課 税 される 税 金 で 末 尾 の 印 紙 税 額 一 覧 表 に 掲 げられている20 種 類 の 文 書 が 課 税 の 対 象 となります 課 税 される 文 書 に 係 る 納 付 すべき 印 紙 税

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 政 務 活 動 費 手 引 き 平 成 26 年 4 月 宗 像 市 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 ------------------------------------------------------------------------------- 2 2 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 ----------------------------------------

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合 学 校 会 計 固 定 資 産 研 究 会 第 136 回 研 究 会 学 校 法 人 の 固 定 資 産 に 関 する 税 務 と 会 計 学 校 経 理 研 究 会 常 務 理 事 / 税 理 士 村 山 英 政 2015 年 6 月 17 日 Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx)

(Microsoft Word - \222\350\212\274.docx) 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 風 戸 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 昭 島 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 電 子 顕 微

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information