3. 国 籍 と 戸 籍 武 富 士 事 件 1 をきっかけに 現 行 相 続 税 法 は 相 続 または 贈 与 により 財 産 を 取 得 する 者 が 日 本 国 籍 を 有 している 場 合 には 日 本 国 外 に 居 住 して 5 年 以 上 経 過 し かつ 贈 与 者 も 日 本 国

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3. 国 籍 と 戸 籍 武 富 士 事 件 1 をきっかけに 現 行 相 続 税 法 は 相 続 または 贈 与 により 財 産 を 取 得 する 者 が 日 本 国 籍 を 有 している 場 合 には 日 本 国 外 に 居 住 して 5 年 以 上 経 過 し かつ 贈 与 者 も 日 本 国"

Transcription

1 月 刊 国 際 税 務 Vol.29 No.11 平 成 21 年 11 月 5 日 発 行 実 務 家 のための 国 際 相 続 実 践 講 座 2 ビジネス タックス アドバイザリー 部 パーソナル タックス サービス グループ 税 理 士 清 水 智 恵 子 Contents 3. 国 籍 と 戸 籍 (1) 血 統 主 義 と 生 地 主 義 (2) 重 国 籍 者 と 国 籍 選 択 制 度 ⅰ) 重 国 籍 となるケース ⅱ) 国 籍 選 択 制 度 第 1 回 では 国 際 相 続 の 概 要 ならびに 国 際 私 法 および 相 続 法 において 対 峙 する 考 え 方 について 記 しました この 根 底 にあるのは いうまでもなく 大 陸 法 と 英 米 法 です 今 回 は 平 成 12 年 度 税 制 改 正 において 相 続 税 の 無 制 限 納 税 義 務 者 に 国 籍 の 概 念 が 導 入 されたことから おもに 国 籍 について 考 えてみます また 第 1 回 1. 国 際 相 続 の 概 要 でもふれた 夫 婦 財 産 制 と 死 亡 時 のみなし 譲 渡 課 税 についても 考 察 します ⅲ) 自 己 の 志 望 による 外 国 籍 の 取 得 ⅳ) 市 民 権 と 国 籍 4. 夫 婦 財 産 制 (1) 夫 婦 共 有 不 動 産 と 贈 与 税 (2) 夫 婦 共 有 不 動 産 と 相 続 税 (3) ジョイントアカウント( 共 同 口 座 )と 贈 与 税 5. 相 続 税 と 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税

2 3. 国 籍 と 戸 籍 武 富 士 事 件 1 をきっかけに 現 行 相 続 税 法 は 相 続 または 贈 与 により 財 産 を 取 得 する 者 が 日 本 国 籍 を 有 している 場 合 には 日 本 国 外 に 居 住 して 5 年 以 上 経 過 し かつ 贈 与 者 も 日 本 国 外 に 居 住 して 5 年 以 上 たたないと 制 限 納 税 義 務 者 には 該 当 しないこととしました ところで この 日 本 国 籍 を 有 している ということですが なにゆえに 私 たちは 日 本 人 なのでしょうか 逆 にどのような 場 合 に 日 本 国 籍 を 有 しないこととなるのでしょう か 世 の 中 には 複 数 の 国 籍 を 有 する 重 国 籍 者 が 存 在 しますが 重 国 籍 者 が 生 じる 理 由 および 重 国 籍 者 に 対 する 我 が 国 の 施 策 を 理 解 しておくことは クロスボーダーのタックス プランニン グを 考 える 上 では 基 礎 的 な 知 識 として 必 須 と 考 えます (1) 血 統 主 義 と 生 地 主 義 私 たち 日 本 人 は 出 生 すると 親 が 出 生 届 を 役 所 に 提 出 すること により 戸 籍 に 登 録 され 以 来 日 本 人 であることすらも 意 識 せず 日 々 暮 らしているといっても 過 言 ではありませんが 何 ゆえに 日 本 人 なのでしょうか 出 生 による 国 籍 の 取 得 については 親 の 血 統 と 同 じ 国 籍 を 子 に 与 える 立 法 すなわち 自 国 民 を 親 として 生 まれた 子 に 自 国 の 国 籍 の 取 得 を 認 める 血 統 主 義 と 出 生 地 の 国 籍 を 与 える 立 法 すなわち 自 国 で 生 まれた 子 に 自 国 の 国 籍 の 取 得 を 認 める 生 地 主 義 とがあります 日 本 の 憲 法 第 10 条 は 日 本 国 民 たる 要 件 は 法 律 でこれを 定 める と 規 定 し 国 籍 法 に 委 任 しています 国 籍 法 第 2 条 ( 出 生 による 国 籍 の 取 得 )は 出 生 の 時 に 父 又 は 母 が 日 本 国 民 で あるとき に 子 は 日 本 国 民 であるとする と 規 定 しています わが 国 の 国 籍 法 は 戦 前 の 旧 国 籍 法 以 来 父 系 血 統 主 義 を 採 用 してきました すなわち 父 親 が 日 本 人 の 場 合 にのみ その 子 に 日 本 の 国 籍 が 与 えられていましたが 1984 年 に 国 籍 法 が 改 正 (1985 年 1 月 1 日 施 行 )され 父 親 または 母 親 のいずれかが 日 本 人 であれば その 子 は 日 本 国 籍 を 取 得 するという 父 母 両 血 統 主 義 が 採 用 されました 日 本 同 様 に 血 統 主 義 を 採 用 する 国 は おおまかな 分 類 でいうと 韓 国 中 国 などの 東 アジア 諸 国 とドイツ オーストリア イタリ アなどのヨーロッパ 大 陸 諸 国 です 一 方 生 地 主 義 を 採 用 する 国 は アメリカ イギリス オーストラリアなどの 英 米 法 系 の 諸 国 とブラジル チリ アルゼンチンなど 南 米 の 移 民 受 入 国 です (2) 重 国 籍 者 と 国 籍 選 択 制 度 ⅰ) 重 国 籍 となるケース アメリカ 人 夫 日 本 人 妻 との 間 の 子 どもが 1984 年 以 後 に アメリカで 出 生 している 場 合 この 子 どもは 日 本 国 籍 とアメリ カ 国 籍 とを 有 する 重 国 籍 者 になります また 韓 国 人 夫 と 日 本 人 妻 との 間 に 生 まれた 子 どもも 韓 国 日 本 ともに 父 母 両 血 統 主 義 を 採 用 しているので 父 親 の 韓 国 国 籍 と 母 親 の 日 本 国 籍 とを 取 得 して 重 国 籍 者 になります 日 本 人 夫 婦 から 生 まれた 子 どもでも 生 まれた 国 がアメリカ ブラジルなど 生 地 主 義 を 採 用 する 国 である 場 合 は その 子 ど もは 重 国 籍 者 になります 上 記 は 出 生 により 重 国 籍 者 となる 場 合 ですが 出 生 以 外 にも 婚 姻 養 子 縁 組 などの 身 分 行 為 により 重 国 籍 者 となる 場 合 が あります たとえば 一 昔 前 のスイス( 現 行 制 度 は 改 正 され ています)では スイス 人 と 結 婚 した 配 偶 者 にスイスの 国 籍 が 与 えられていました スイス 人 夫 と 結 婚 した 日 本 人 妻 は 日 本 国 籍 とスイス 国 籍 とを 有 する 重 国 籍 者 です ⅱ) 国 籍 選 択 制 度 1984 年 の 国 籍 法 改 正 では 重 国 籍 を 防 止 するため 国 籍 選 択 制 度 が 設 けられました 国 籍 法 第 14 条 1 項 は 外 国 の 国 籍 を 有 する 日 本 国 民 は 外 国 及 び 日 本 の 国 籍 を 有 する こととなった 時 が 20 歳 に 達 する 以 前 であるときは 22 歳 に 達 するまでに その 時 が 20 歳 に 達 した 後 であるときはその 時 から2 年 以 内 に いずれかの 国 籍 を 選 択 しなければならない と 規 定 しています なお この 国 籍 法 改 正 の 前 に 重 国 籍 となった 者 は 日 本 国 籍 を 選 択 したものとみなされ 国 籍 選 択 義 務 と 外 国 国 籍 放 棄 の 義 務 を 免 除 されています 巷 間 で 日 本 は 重 国 籍 を 認 めていない ということを 耳 に することがありますが 重 国 籍 を 認 めていないということは 重 国 籍 者 がいないことを 意 味 しません 重 国 籍 者 は 現 実 に 存 在 します 1 武 富 士 の 故 会 長 と 妻 が 所 有 していたオランダ 籍 の 子 会 社 株 式 を 香 港 居 住 の 長 男 に 贈 与 したことに 対 し 原 処 分 庁 が 長 男 の 主 たる 生 活 の 本 拠 は 日 本 と 認 定 し 贈 与 税 及 び 無 申 告 加 算 税 を 課 する 決 定 処 分 をした 事 件 一 審 ( 東 京 地 裁 平 成 19 年 5 月 23 日 判 決 ( 平 成 17 年 ( 行 ウ) 第 396 号 ) 納 税 者 勝 訴 二 審 ( 東 京 高 裁 平 成 20 年 1 月 23 日 判 決 ( 平 成 19 年 ( 行 コ)215 号 )) 国 側 勝 訴 現 在 最 高 裁 上 告 中 2

3 国 籍 法 第 15 条 では 上 記 国 籍 選 択 の 期 限 内 に 日 本 の 国 籍 を 選 択 しない 者 に 対 し 法 務 大 臣 は 書 面 により 国 籍 を 選 択 する よう 催 告 できることとし その 催 告 を 受 けた 日 から 1 月 以 内 に 日 本 の 国 籍 を 選 択 しなければ 日 本 の 国 籍 を 失 う と 規 定 し ています しかし 法 務 大 臣 の 催 告 は 国 籍 法 改 正 以 来 1 度 も 行 われたことがないようです 国 籍 選 択 制 度 が 設 けられて 25 年 近 くたちますが 重 国 籍 者 は 存 在 するというのが 現 状 です A) 日 本 国 籍 を 選 択 する 重 国 籍 者 が 日 本 国 籍 を 選 択 する 場 合 は 日 本 の 国 籍 を 選 択 し 外 国 の 国 籍 を 放 棄 します ( 国 籍 法 上 選 択 の 宣 言 と いいます)と 書 かれた 国 籍 選 択 届 を 戸 籍 の 窓 口 に 提 出 すれば 足 ります( 国 籍 法 第 14 条 2 項 戸 籍 法 104 条 の 2) 選 択 の 宣 言 をした 日 本 国 民 は 外 国 国 籍 の 離 脱 義 務 を 負 います( 国 籍 法 第 16 条 1 項 ) 外 国 の 国 籍 を 離 脱 する 方 法 によっても 日 本 国 籍 を 選 択 した ことになりますが その 場 合 は その 外 国 籍 の 離 脱 を 証 明 する 書 類 を 添 付 した 外 国 国 籍 喪 失 届 を 役 場 等 に 届 け 出 ます B) 外 国 の 国 籍 を 選 択 する( 日 本 国 籍 の 喪 失 ) 重 国 籍 者 が 外 国 の 国 籍 を 選 択 する 方 法 としては 次 の 二 つの 方 法 があります 1 法 務 大 臣 に 国 籍 離 脱 届 出 を 提 出 する 方 法 2その 外 国 に 法 令 によりその 外 国 の 国 籍 を 選 択 する 方 法 いずれも 国 籍 離 脱 の 時 または 外 国 籍 選 択 の 時 から 日 本 の 国 籍 を 失 うこととなります( 国 籍 法 第 11 条 2 項 第 13 条 ) 税 務 の 観 点 からすると 重 国 籍 者 は 日 本 の 国 籍 を 有 している ので 相 続 により 財 産 を 取 得 した 時 に 親 子 ともども 海 外 に 居 住 していたとしても 海 外 に 居 住 して 5 年 超 経 過 していな ければ 日 本 の 相 続 税 法 上 の 制 限 納 税 義 務 者 には 該 当 しない ( 非 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 に 該 当 する)こととなります この 場 合 相 続 財 産 が 海 外 に 所 在 する 財 産 のみであっても 原 則 として 日 本 の 相 続 税 が 課 税 されることとなり 日 本 の 相 続 税 の 申 告 義 務 が 生 じます アメリカ 人 夫 日 本 人 妻 その 子 ども 甲 がアメリカと 日 本 との 重 国 籍 者 である 場 合 に 一 家 が 日 本 からアメリカに 移 り 住 ん で 5 年 経 過 しないうちに アメリカ 人 夫 に 相 続 が 発 生 したとき は 日 本 人 妻 子 ども 甲 ともに 日 本 の 相 続 税 法 上 無 制 限 納 税 義 務 者 に 該 当 します 夫 の 財 産 のうちに 日 本 の 財 産 が なくても 海 外 財 産 の 合 計 額 が 遺 産 に 係 る 基 礎 控 除 額 (この ケースでは 7 千 万 円 )を 超 えていれば 日 本 の 相 続 税 の 申 告 義 務 が 生 じます ⅲ) 自 己 の 志 望 による 外 国 籍 の 取 得 シンガポールに 長 年 居 住 し 最 近 になってシンガポールの 市 民 権 を 得 たという 方 から シンガポール 市 民 権 を 得 たので 日 本 以 外 の 財 産 の 贈 与 をすぐに 受 けても 日 本 の 贈 与 税 は 課 税 されませんよね という 質 問 を 受 けました 確 かに 贈 与 を 受 けた 時 に 日 本 の 国 籍 を 有 しておらず かつ 日 本 に 居 住 もしていなければ 制 限 納 税 義 務 者 に 該 当 し 国 外 財 産 の 贈 与 について 日 本 の 贈 与 税 は 課 税 されません( 相 続 税 法 第 1 条 の 4 2 条 の 2) ところで シンガポール 市 民 権 の 取 得 は 日 本 国 籍 を 有 していないことと 同 義 でしょうか 国 籍 法 第 11 条 1 項 は 日 本 国 民 は 自 己 の 志 望 によって 外 国 の 国 籍 を 取 得 したときは 日 本 の 国 籍 を 失 う と 規 定 して います シンガポール 市 民 権 を 取 得 するということは 出 生 や 婚 姻 のように 相 手 国 から 国 籍 が 自 動 的 に 与 えられるのとは 異 なり 自 ら 進 んで 国 籍 を 取 得 したことになります したがって 自 己 の 志 望 によって 外 国 の 国 籍 を 取 得 したとき に 該 当 し その 時 に 日 本 の 国 籍 を 失 います 市 区 町 村 の 戸 籍 係 へ 国 籍 喪 失 の 届 出 をすることと 国 籍 の 喪 失 は 別 問 題 です 戸 籍 に 国 籍 喪 失 が 記 載 されたから 国 籍 を 喪 失 するのではなく 国 籍 を 喪 失 したから 戸 籍 に 記 載 される のです 国 籍 の 喪 失 は あくまでも 国 籍 法 によって 決 まって いるので 市 区 町 村 へ 国 籍 喪 失 の 届 出 がなされていないから といって 日 本 国 籍 を 有 することにはなりません シンガポー ル 市 民 権 を 得 た 人 は その 時 から 日 本 人 ではなくなっている ので シンガポールにおいて 国 外 財 産 の 贈 与 を 受 ける 限 り 日 本 の 贈 与 税 は 課 税 されないこととなります 3

4 ⅳ) 市 民 権 と 国 籍 市 民 権 (Citizenship)ということばがあります 市 民 権 と 国 籍 が 同 義 であるか 否 かは 国 によって 異 なるようですが 全 く 同 義 である 国 として カナダ オーストリアがあります また アメリカは 市 民 権 と 国 籍 とを 区 別 しており 両 者 の 間 に 若 干 のずれがあるようです 2 が 税 務 上 国 籍 を 問 題 とする 場 合 には ほぼ 同 義 と 解 して 差 し 支 えないと 思 われます 4. 夫 婦 財 産 制 日 本 の 税 務 における 夫 婦 間 の 財 産 所 有 に 対 する 考 え 方 は いたってシンプルです 稼 ぎのないところに 財 産 なし 自 己 の 金 銭 出 資 ないところに 権 利 なし です 無 収 入 の 専 業 主 婦 は 婚 姻 後 相 続 または 贈 与 で 誰 かから 財 産 を 取 得 する 以 外 には 自 身 の 財 産 を 取 得 保 有 することはありえません もし 夫 の 相 続 開 始 時 点 において 妻 名 義 の 預 貯 金 があり それが 結 婚 前 から 有 していたもの あるいは 妻 の 親 等 から 相 続 贈 与 により 取 得 し たものでなければ その 口 座 の 名 義 が 妻 であっても 夫 の 財 産 と 認 定 される 惧 れがあります また 不 動 産 を 取 得 した 際 に 夫 と 妻 がそれぞれの 名 義 で 持 ち 分 登 記 した 場 合 妻 が 妻 固 有 の 金 銭 を 払 い 込 んでいなければ 妻 の 不 動 産 に 対 する 持 ち 分 は 夫 からの 贈 与 ということになります 日 本 の 課 税 制 度 において 夫 婦 の 財 産 について 妻 の 貢 献 が 認 められているのが 相 続 税 の 配 偶 者 の 税 額 軽 減 および 贈 与 税 の 配 偶 者 控 除 制 度 です 前 者 は 配 偶 者 が 相 続 した 財 産 に ついては 原 則 として 配 偶 者 の 法 定 相 続 分 までの 取 得 は 相 続 税 を 課 さず その 生 存 配 偶 者 の 死 亡 の 時 まで 課 税 を 繰 り 延 べると いうものです また 後 者 は 20 年 以 上 連 れ 添 った 夫 婦 間 に おける 居 住 用 不 動 産 の 贈 与 については 課 税 価 格 から 2 千 万 円 の 控 除 をするという 制 度 です 一 方 日 本 以 外 には 呼 び 名 は 異 なっても 婚 姻 してから 取 得 した 財 産 は 夫 婦 の 共 有 財 産 とするという 制 度 を 有 する 国 があり ます フランス ドイツ イタリアやアメリカの 特 定 の 州 (アリゾ ナ カリフォルニア アイダホ ルイジアナ ネバダ ニュー メキシコ テキサス ワシントン)です 夫 婦 共 有 財 産 の 承 継 に ついては 各 国 の 相 続 法 においてそれぞれ 規 定 しています 国 際 2 アメリカは 国 籍 と 市 民 権 とを 区 別 しているが そこでは 国 民 であ る 者 の 範 囲 よりも 市 民 である 者 の 範 囲 の 方 が 狭 い すなわち アメリカ 国 籍 法 (The Immigration and Nationality Act) 正 確 に 言 えば 移 民 帰 化 法 308 条 は アメリカ 国 民 (nationals)ではあるが アメリカ 市 民 (citizens)でない 者 として アメリカの 属 領 (an outline possession)で 生 まれた 者 などをあげている(ここでいう 属 領 とは 現 在 は 米 領 サモアとスウェインズ 島 だけである) ( 市 民 のための 国 籍 法 戸 籍 法 入 門 奥 田 安 弘 著 明 石 書 店 ) 相 続 においては 被 相 続 人 の 本 国 法 ( 州 法 )がどのような 夫 婦 財 産 制 および 相 続 法 を 採 用 しているのか また 本 人 がそれを 選 択 しているか 否 かを 調 査 する 必 要 があります (1) 夫 婦 共 有 不 動 産 と 贈 与 税 夫 婦 共 有 制 を 採 用 しているカリフォルニア 州 に 日 本 人 夫 婦 が 土 地 を 購 入 した 場 合 カリフォルニア 州 法 によればその 土 地 は 夫 婦 共 有 となり 妻 が 1ドルの 対 価 も 負 担 していなくても 妻 に 所 有 権 が 認 められることとなります これは 日 本 の 相 続 税 法 上 夫 から 妻 への 贈 与 に 該 当 しないのでしょうか 通 則 法 3 13 条 第 1 項 は 動 産 または 不 動 産 に 関 する 物 件 及 びその 他 の 登 記 をすべき 権 利 は その 目 的 物 の 所 在 地 法 による と 規 定 しています さらに 第 2 項 では 前 項 の 規 定 にかかわらず 同 項 に 規 定 する 権 利 の 得 喪 は その 原 因 となる 事 実 が 完 成 した 当 時 におけるその 目 的 物 の 所 在 地 法 による とあります これらの 規 定 から カリフォルニア 州 にある 土 地 を 購 入 した 時 点 において 妻 にその 土 地 に 対 する 所 有 権 が 生 じていると 考 えられます この 問 題 は 東 京 高 等 裁 判 所 において 争 われ ており 相 続 税 法 第 9 条 (みなし 贈 与 )の 規 定 により 不 動 産 の 購 入 代 金 の 2 分 の 1 の 金 員 を 妻 が 夫 から 贈 与 により 取 得 したものとみなす という 判 決 4 が 出 ています 一 方 相 続 税 基 本 通 達 9 9( 財 産 の 名 義 変 更 があった 場 合 )は 不 動 産 株 式 等 の 名 義 の 変 更 があった 場 合 において 対 価 の 授 受 が 行 われていないとき 又 は 他 の 者 の 名 義 で 新 たに 不 動 産 株 式 等 を 取 得 した 場 合 においては これらの 行 為 は 原 則 と して 贈 与 として 取 り 扱 うものとする と 規 定 しています 贈 与 は 当 事 者 の 一 方 が 自 己 の 財 産 を 無 償 で あげましょう という 意 思 を 表 示 し 相 手 方 が いただきます という 受 諾 を することによって 効 力 を 生 じる 契 約 であり 口 頭 でも 成 立 しま す 贈 与 は 親 族 等 の 特 別 関 係 がある 者 間 で 行 われるのが 通 常 ですから 当 事 者 間 で あげましょう いただきます と いう 贈 与 の 意 思 の 合 致 があったかどうかの 事 実 認 定 は 困 難 を 伴 うことが 多 くなります 対 価 を 支 払 わないで 財 産 の 名 義 変 更 が 行 われた 場 合 において そこに あげましょう いただきます の 意 思 の 合 致 があったかいなかの 認 定 が 困 難 なときに この 行 為 を 本 来 の 贈 与 と 見 るのか みなし 贈 与 とするのかという 問 題 が 生 じます そこで 対 価 を 支 払 わないで 財 産 の 名 義 3 ここでいう 物 件 とは 国 際 私 法 上 の 概 念 であり 具 体 的 には 物 を 直 接 支 配 する 権 利 を 意 味 する( 基 本 法 コンメンタール57 頁 高 桑 昭 ) 4 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( 行 コ) 第 号 贈 与 税 決 定 処 分 等 取 消 請 求 訴 訟 事 件 ( 棄 却 ) 情 報 公 開 法 第 9 条 第 1 項 による 開 示 情 報 判 決 年 月 日 平 成 19 年 10 月 10 日 4

5 変 更 が 行 われた 場 合 には 相 続 税 法 第 9 条 のみなし 贈 与 では なく 本 来 の 贈 与 として 取 り 扱 うことするのが この 通 達 の 趣 旨 です 夫 婦 がカリフォルニアに 土 地 を 取 得 し 夫 婦 共 有 となった 場 合 に 妻 が 資 金 を 負 担 していないときは その 不 動 産 の 購 入 代 金 の 2 分 の 1 について 裁 判 ではみなし 贈 与 上 記 通 達 によれば 本 来 の 贈 与 となります みなし 贈 与 と 本 来 の 贈 与 という 違 いは ありますが いずれにしても 日 本 の 贈 与 税 課 税 の 対 象 になり ます (2) 夫 婦 共 有 不 動 産 と 相 続 税 カリフォルニアに 土 地 を 有 している 夫 婦 の 夫 に 相 続 が 起 こった 場 合 において この 土 地 を 取 得 した 時 (10 年 前 )に 妻 が 資 金 負 担 していなく かつ 贈 与 税 の 申 告 および 納 税 もしてい ないとしましょう この 場 合 この 夫 に 係 る 相 続 税 の 申 告 に ついて この 土 地 のすべてを 夫 の 財 産 として 申 告 するのか その 2 分 の 1 を 相 続 財 産 として 申 告 するのか 担 当 税 理 士 は 頭 を 悩 ませることになるでしょう この 土 地 のすべてを 被 相 続 人 の 財 産 として 申 告 する 理 由 は 資 金 負 担 をしたのは 夫 であるから 不 動 産 の 名 義 にかかわらず その 不 動 産 のすべてが 夫 の 財 産 であるという 考 え 方 です 一 方 その 2 分 の 1 を 相 続 財 産 として 申 告 すれば 足 りると する 理 由 は 上 記 (1) で 述 べたとおり 税 務 上 この 土 地 は 取 得 の 時 において 夫 から 妻 への 贈 与 が 成 立 しているのですか ら 所 有 権 の 2 分 の 1 は 当 然 に 妻 に 移 転 しています 10 年 前 に 贈 与 税 の 申 告 が 適 正 になされているか 否 かは 別 問 題 で あり その 贈 与 が 相 続 開 始 前 3 年 以 内 の 贈 与 でない 限 り 夫 の 相 続 財 産 は その 土 地 に 対 する 夫 の 所 有 権 部 分 のみで あるという 考 え 方 です (3)ジョイントアカウント( 共 同 口 座 )と 贈 与 税 日 本 にはなじみがありませんが 海 外 の 銀 行 にはジョイント アカウントという 共 同 名 義 で 開 設 できる 口 座 があります 一 般 には 夫 婦 等 共 同 生 活 者 がジョイントアカウントを 開 設 し 生 活 費 をその 口 座 から 引 き 出 して 使 用 するのに 便 利 なよう です 夫 婦 でジョイントアカウントを 開 設 し 夫 の 預 金 からこのジョイ ントアカウントに 資 金 を 移 動 した 際 に 即 座 に 夫 から 妻 への 贈 与 となるか という 疑 問 が 生 じます 預 金 については ジョ イントアカウントに 限 らず 日 本 においても 家 族 の 名 義 で 口 座 を 開 設 し せっせとそこに 資 金 を 移 動 するというのはよくある 話 です 相 続 税 の 申 告 の 際 問 題 となるのは これら 家 族 名 義 の 預 貯 金 です いくら 名 義 が 家 族 であっても 通 帳 印 鑑 キャッシュカードを 被 相 続 人 が 管 理 している 場 合 には その 名 義 にかかわらず その 預 貯 金 は 被 相 続 人 の 相 続 財 産 となり ます ジョイントアカウントについて 話 を 戻 せば 夫 がジョイントアカ ウントに 資 金 を 移 動 しただけでは 夫 から 妻 への 贈 与 には 該 当 しないと 考 えられます なぜなら その 資 金 は 名 義 こそ 夫 婦 共 有 となりましたが 未 だ 費 消 されておらず 夫 から 妻 へその 管 理 支 配 が 移 転 したとは 言 えないからです また その 後 夫 婦 が 通 常 の 生 活 費 をその 口 座 から 出 し 入 れして いる 限 りにおいても 贈 与 の 問 題 は 生 じないと 考 えられます 日 本 でも 夫 名 義 の 預 金 口 座 のキャッシュカードを 妻 が 保 有 し その 口 座 から 生 活 費 を 引 き 出 すというのは 珍 しくありません しかし 夫 の 預 金 から 多 額 の 資 金 をジョイントアカウントに 移 し しかも 妻 が 妻 の 裁 量 によってその 口 座 の 預 金 で 他 の 資 産 を 購 入 したり 運 用 した 場 合 には 夫 から 妻 への 贈 与 が 成 立 する 可 能 性 があります ジョイントアカウントについては 夫 婦 共 有 不 動 産 と 異 なって 口 座 を 開 設 した 途 端 に 贈 与 となる わけではなく 事 実 認 定 の 領 域 に 属 すると 考 えられます 5

6 5. 相 続 税 と 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税 相 続 税 のない 国 は 富 裕 層 にとっては 非 常 に 魅 力 的 ですが 海 外 移 住 の 候 補 地 を 選 択 する 際 に 相 続 税 の 有 無 のみで 判 断 すると 候 補 地 を 誤 る 可 能 性 があります オーストラリア ニュー ジーランド カナダは 相 続 税 がない( 州 税 を 除 く)という 点 に おいては 同 一 ですが カナダには 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税 があり ます すなわち 配 偶 者 を 除 く 相 続 人 が 相 続 する 財 産 については 被 相 続 人 が 死 亡 時 に 譲 渡 をしたものとして 死 亡 時 までに 生 じ たキャピタルゲインについて 所 得 税 課 税 がなされます この 結 果 相 続 人 の 取 得 価 額 は 死 亡 時 の 公 正 市 場 価 格 となります これによく 似 た 制 度 が 日 本 の 所 得 税 にもあります 個 人 が 法 人 に 対 して 贈 与 や 遺 贈 を 行 った 場 合 または 相 続 で 限 定 承 認 を 行 った 場 合 に 譲 渡 があったものとみなして 時 価 課 税 するという ものです( 所 得 税 法 第 59 条 ) 昭 和 25 年 から 昭 和 36 年 頃 までは 相 続 や 個 人 に 対 する 贈 与 遺 贈 による 資 産 の 移 転 が あったときにも その 移 転 時 の 時 価 と 取 得 価 額 との 差 額 につい て 譲 渡 所 得 課 税 がなされていました しかし 世 の 中 の 常 識 に 合 わないということで 段 階 的 に 廃 止 され 現 行 制 度 となって います カナダのみなし 譲 渡 課 税 に 関 する 論 点 としては 日 本 の 相 続 税 の 計 算 において この 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税 を 相 続 税 の 外 国 税 額 控 除 の 対 象 としてよいのか という 点 です たとえば 被 相 続 人 が 日 本 とカナダに 財 産 を 保 有 しており 相 続 人 は 日 本 に 居 住 する 日 本 人 だとします 相 続 人 は 無 制 限 納 税 義 務 者 に 該 当 し 日 本 およびカナダにある 財 産 全 てについて 相 続 税 が 課 税 されます 一 方 カナダにある 財 産 については カナダで 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税 の 適 用 対 象 となり キャピタル ゲインが 生 じている 場 合 には そのキャピタルゲインについて 所 得 税 課 税 されます 日 本 の 相 続 税 法 は 国 際 的 二 重 課 税 については 外 国 税 額 控 除 の 方 法 により 解 消 することしています 相 続 税 法 第 20 条 の 2 は 相 続 または 遺 贈 によりこの 法 律 の 施 行 地 外 にある 財 産 を 取 得 した 場 合 において 当 該 財 産 についてその 地 の 法 令 により 相 続 税 に 相 当 する 税 が 課 せられたときは 当 該 財 産 を 取 得 した 者 については その 課 せられた 税 額 に 相 当 する 金 額 を 控 除 した 金 額 をもって その 納 付 すべき 相 続 税 額 とする と 規 定 して います 結 論 としては カナダの 死 亡 時 みなし 譲 渡 課 税 は 相 続 税 に 相 当 する 税 には 当 たらないので 外 国 税 額 控 除 の 対 象 とは ならないと 考 えられます 6

7 Ernst & Young アーンスト アンド ヤングについて Contact ビジネス タックス アドバイザリー 部 清 水 智 恵 子 ディレクター 太 田 光 範 シニアマネージャー アーンスト アンド ヤングは アシュアランス 税 務 トランザクション アドバイザリーサービスなどの 分 野 における 世 界 的 なリーダーです 全 世 界 の14 万 4 千 人 の 構 成 員 は 共 通 のバリュー( 価 値 観 )に 基 づいて 品 質 において 徹 底 した 責 任 を 果 たし ます 私 どもは クライアント 構 成 員 そして 社 会 の 可 能 性 の 実 現 に 向 けて プラスの 変 化 をもたらす よう 支 援 します 詳 しくは 紹 介 しています アーンスト アンド ヤング とは アーンスト アンド ヤング グローバル リミテッドのメンバーファームで 構 成 されるグローバル ネットワークを 指 し 各 メンバ ーファームは 法 的 に 独 立 した 組 織 です アーンスト アンド ヤング グローバル リミテッドは 英 国 の 保 証 有 限 責 任 会 社 であり 顧 客 サービスは 提 供 してい ません に ついて は 長 年 にわたり 培 ってきた 経 験 と 国 際 ネットワークを 駆 使 し 常 にクライアントと 協 力 して 質 の 高 いグローバル なサービスを 提 供 しております 企 業 のニーズに 即 応 すべく 国 際 税 務 M&A 組 織 再 編 や 移 転 価 格 など をはじめ 税 務 アドバイザリー 税 務 コンプライアン スの 専 門 家 集 団 として 質 の 高 いサービスを 提 供 し ております 詳 しくは 紹 介 しています 2009 Ernst & Young Shinnihon Tax All Rights Reserved. 本 記 事 全 般 に 関 するご 質 問 ご 意 見 等 がございましたら 下 記 まで お 問 い 合 わせ 下 さい コーポレート コミュニケーション 部 本 書 又 は 本 書 に 含 まれる 資 料 は 一 定 の 編 集 を 経 た 要 約 形 式 の 情 報 を 掲 載 するものです したがって 本 書 又 は 本 書 に 含 まれる 資 料 のご 利 用 は 一 般 的 な 参 考 目 的 の 利 用 に 限 られ るものとし 特 定 の 目 的 を 前 提 とした 利 用 詳 細 な 調 査 への 代 用 専 門 的 な 判 断 の 材 料 としてのご 利 用 等 はしないでくだ さい 本 書 又 は 本 書 に 含 まれる 資 料 について 新 日 本 アーン スト アンド ヤング 税 理 士 法 人 を 含 むアーンスト アンド ヤン グの 他 のいかなるグローバル ネットワークのメンバーも そ の 内 容 の 正 確 性 完 全 性 目 的 適 合 性 その 他 いかなる 点 につ いてもこれを 保 証 するものではなく 本 書 又 は 本 書 に 含 まれ る 資 料 に 基 づいた 行 動 又 は 行 動 をしないことにより 発 生 した いかなる 損 害 についても 一 切 の 責 任 を 負 いません

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産 旬 刊 経 理 情 報 No.1231 平 成 21 年 11 月 10 日 発 行 会 計 との 相 違 点 に 注 意! 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 の 税 務 上 のポイント 税 理 士 蝦 名 和 博 税 理 士 大 友 みどり Contents 1. はじめに 2. 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 3. 期 末 時 の 換 算 方 法 と 届 出 書 (1) 換 算 方 法 の

More information

6. の 相 続 税 の 納 税 義 務 者 と 課 税 相 続 財 産 の 相 続 税 法 においては 相 続 税 の 納 税 義 務 者 を 無 制 限 納 税 義 務 者 と 制 限 納 税 義 務 者 とに 分 けています 納 税 義 務 者 の 区 分 により 課 税 される 相 続 財

6. の 相 続 税 の 納 税 義 務 者 と 課 税 相 続 財 産 の 相 続 税 法 においては 相 続 税 の 納 税 義 務 者 を 無 制 限 納 税 義 務 者 と 制 限 納 税 義 務 者 とに 分 けています 納 税 義 務 者 の 区 分 により 課 税 される 相 続 財 月 刊 国 際 税 務 Vol.29 No.12 平 成 21 年 12 月 5 日 発 行 実 務 家 のための 国 際 相 続 実 践 講 座 3 ビジネス タックス アドバイザリー 部 パーソナル タックス サービス グループ 税 理 士 清 水 智 恵 子 Contents 第 3 回 は 相 続 税 の 国 際 的 二 重 課 税 が 生 じる 場 合 について アメリカと との 間 の

More information

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円 2009 年 2 月 新 日 本 アーンスト アンド ヤング 税 理 士 法 人 日 本 Newsletter 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 新 たな 公 益 法 人 制 度 と 税 制 ( 上 ) Contents 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント Ⅰ. 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相

More information

1. 中 小 企 業 関 係 税 制 (1) 中 小 企 業 等 に 対 する 軽 減 税 率 の 時 限 的 引 下 げ 中 小 法 人 ( 普 通 法 人 のうち 各 事 業 年 度 終 了 の 時 において 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 であるもの)

1. 中 小 企 業 関 係 税 制 (1) 中 小 企 業 等 に 対 する 軽 減 税 率 の 時 限 的 引 下 げ 中 小 法 人 ( 普 通 法 人 のうち 各 事 業 年 度 終 了 の 時 において 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 であるもの) 旬 刊 経 理 情 報 No.1216 平 成 21 年 6 月 1 日 発 行 不 況 下 で 企 業 再 生 関 係 税 制 は 必 見! 法 人 関 係 税 制 のポイント ディレクター 税 理 士 山 本 恭 司 Contents 1. 中 小 企 業 関 係 税 制 2. 平 成 21 年 及 び 平 成 22 年 に 土 地 を 取 得 した 場 合 の 特 例 制 度 3. 省 エネ

More information

ファイナンス 形 態 のタックス プランニング 買 収 資 金 をいかに 調 達 するかは 常 にM&Aにおける 初 期 段 階 からの 主 要 な 論 点 です 自 己 資 金 で 賄 うだけでなく 投 資 効 率 を 上 げるため 投 資 資 金 の 一 部 を 外 部 金 融 機 関 等 から

ファイナンス 形 態 のタックス プランニング 買 収 資 金 をいかに 調 達 するかは 常 にM&Aにおける 初 期 段 階 からの 主 要 な 論 点 です 自 己 資 金 で 賄 うだけでなく 投 資 効 率 を 上 げるため 投 資 資 金 の 一 部 を 外 部 金 融 機 関 等 から 月 刊 国 際 税 務 Vol.32 No.4 平 成 23 年 4 月 5 日 発 行 日 本 企 業 による 米 州 への 投 資 と その 税 務 第 3 回 米 州 投 資 について M&A 特 有 の 問 題 Ernst & Young LLP/ 米 国 秦 正 彦 西 田 宏 之 Contents 買 収 により 生 じうるタックスメリット/ タックスデメリット ファイナンス 形 態 のタッタス

More information

職 金 であれ 徴 収 と 納 付 における 争 議 を 避 けるため その 限 度 額 の 計 算 方 法 は 上 記 の 規 定 に 従 うべきであると 喚 起 している 公 表 日 2014/7/17 財 政 部 中 区 国 税 局 輸 出 した 製 品 を 海 外 現 地 で 廃 却 する

職 金 であれ 徴 収 と 納 付 における 争 議 を 避 けるため その 限 度 額 の 計 算 方 法 は 上 記 の 規 定 に 従 うべきであると 喚 起 している 公 表 日 2014/7/17 財 政 部 中 区 国 税 局 輸 出 した 製 品 を 海 外 現 地 で 廃 却 する 安 永 聯 合 會 計 師 事 務 所 11012 台 北 市 基 隆 路 一 段 333 號 9 樓 9F, No. 333, Sec. 1, Keelung Road Taipei City, Taiwan, R.O.C. Tel: 886 2 2757 8888 Fax: 886 2 2757 6050 www.ey.com/tw 1. 会 社 が 退 職 金 を 当 該 事 業 の 労 工

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

費 用 と 認 定 されず 甲 社 の 敗 訴 に 至 った 国 税 局 は 営 利 事 業 者 に 対 し もし 一 方 で 借 入 金 に 対 する 利 息 を 支 払 い 他 方 で 貸 付 金 に 対 する 利 息 を 受 取 っていない または 受 取 利 息 が 支 払 利 息 より 少

費 用 と 認 定 されず 甲 社 の 敗 訴 に 至 った 国 税 局 は 営 利 事 業 者 に 対 し もし 一 方 で 借 入 金 に 対 する 利 息 を 支 払 い 他 方 で 貸 付 金 に 対 する 利 息 を 受 取 っていない または 受 取 利 息 が 支 払 利 息 より 少 安 永 聯 合 會 計 師 事 務 所 11012 台 北 市 基 隆 路 一 段 333 號 9 樓 9F, No. 333, Sec. 1, Keelung Road Taipei City, Taiwan, R.O.C. Tel: 886 2 2757 8888 Fax: 886 2 2757 6050 www.ey.com/tw 国 税 局 の 公 表 物 より 1. 会 社 が 一 方 で

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs 東 京 都 千 代 田 区 内 幸 町 二 丁 目 2 番 3 号 日 比 谷 国 際 ビル 100-0011 Tel:+81 3 3503 1100( 代 表 ) www.shinnihon.or.jp :2016 年 4 月 1 日 2016 年 3 月 期 用 公 表 されているが 未 だ 適 用 されていない IFRSs の 一 覧 (2016 年 3 月 31 日 現 在 ) 1. 本 資

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

HR & Tax alert (JAN).pptx

HR & Tax alert (JAN).pptx 2011 年 1 月 人 事 労 務 関 連 税 務 情 報 中 国 社 会 保 険 法 が 中 国 で 勤 務 す る 外 国 人 に 与 える 影 響 概 要 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 は 2010 年 10 月 28 日 に 中 華 人 民 共 和 国 社 会 保 険 法 ( 以 下 社 会 保 険 法 という)を 通 過 させました 同 社 会 保 険 法 は 2011

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き-

海外に関連した資産税課税制度の変遷、課税強化の動き-相続税・贈与税の納税義務の範囲拡大の経緯と出国税導入に至るまでの動き- KPMG Insight Vol. 13 / Jul. 2015 1 海 外 に 関 連 した 資 産 税 課 税 制 度 の 変 遷 課 税 強 化 の 動 き - 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 の 範 囲 拡 大 の 経 緯 と 出 国 税 導 入 に 至 るまでの 動 き- KPMG 税 理 士 法 人 AMSグループ パートナー 正 路 晃 シニアマネジャー 出 口 勝 2015

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 発 行 日 平 成 18 年 8 月 10 日 発 行 者 上 田 会 計 事 務 所 発 行 責 任 者 税 理 士 上 田 勝 660-0822 尼 崎 市 杭 瀬 南 新 町 4 丁 目 1 番 28 号 電 話 06-6483-3005 FAX 06-6483-3006 E-Mail info@ama-uedakaikei.jp H P http://www.ama-uedakaikei.jp

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会 EY Institute 12 May 2015 ~ 社 外 取 締 役 そして 企 業 価 値 向 上 が 問 われる 対 話 型 の 総 会 対 応 へ~ 藤 島 裕 三 執 筆 者 EY 総 合 研 究 所 株 式 会 社 ビジネス 調 査 部 主 席 研 究 員 < 専 門 分 野 > コーポレートガバナンス IR 敵 対 的 買 収 対 応 はじめに 2014 年 においても6 月 の 株

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

つまり 今 回 の 改 正 による 増 税 の 影 響 を 受 ける 人 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 相 続 により 複 数 の 土 地 を 相 続 し そのうちいずれかの 土 地 を 譲 渡 する 人 です なお 改 正 時 期 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 譲 渡 では

つまり 今 回 の 改 正 による 増 税 の 影 響 を 受 ける 人 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 相 続 により 複 数 の 土 地 を 相 続 し そのうちいずれかの 土 地 を 譲 渡 する 人 です なお 改 正 時 期 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 譲 渡 では 円 満 想 続 の3K 感 謝 絆 供 養 号 外 (201 2013 年 12 月 16 日 ) 月 刊 想 続 発 行 : 一 般 社 団 法 人 日 本 想 続 協 会 107-0052 東 京 都 港 区 赤 坂 4-1-1SHIMA 赤 坂 ビル 5F TEL 03-6454-1567 FAX 020-4664-9664 E-mail info@n-sk.org ( 担 当 : 内 田 )

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 3 月 目 標 相 続 アドバイザー3 級 合 格 の 秘 訣 Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

[ ] 13 13 13 13 14 14 34 46 55 55 56 57 62 64 69 70 71 72 27 23 *2. 1,500 500. 2 ( ( 1 2 25 3 P 0.25X10.15X20.20Y0.25Z0.15W P X1 X2 Y Z W X X2 Z Y 0.20 X1 0.25 X2 0.15 Z 0.25 (P W 0.15 4 5 ( ( ( 1 11,000

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information

四校

四校 Contents 第 章 信 託 の 基 礎 信 託 の 歴 史 と 信 託 制 度 信 託 の 歴 史 ()/わが 国 における 信 託 制 度 の 基 礎 知 識 (5) 信 託 の 当 事 者 5 信 託 の 設 定 (5)/ 委 託 者 (8)/3 受 託 者 (0)/4 受 益 者 信 託 管 理 人 (30) 信 託 財 産 信 託 の 変 更 終 了 等 36 信 託 財 産 (36)/

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information