の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章"

Transcription

1 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3 月 26 日 駐 労 規 第 5 号 改 正 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 駐 労 規 第 10 号 平 成 22 年 12 月 28 日 駐 労 規 第 15 号 改 正 平 成 23 年 4 月 14 日 駐 労 規 第 9 号 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 58 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 を 次 のように 定 める 平 成 14 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 理 事 長 粟 威 之 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 - 1 -

2 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 育 児 時 間 ( 第 24 条 ) 第 6 章 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ( 第 25 条 - 第 36 条 ) 第 7 章 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ( 第 37 条 - 第 41 条 ) 第 8 章 雑 則 ( 第 42 条 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 ( 常 時 勤 務 を 要 しない 職 員 を 除 く 以 下 職 員 という )の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 する 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 勤 務 時 間 - 2 -

3 ( 勤 務 時 間 ) 第 2 条 職 員 の 勤 務 時 間 は 休 憩 時 間 を 除 き 1 週 間 に ついて38 時 間 45 分 とし 1 日 について7 時 間 45 分 とする ただし 第 23 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 という )にあっては 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 に 従 った 勤 務 時 間 とする 2 職 員 の 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 次 のとおりとする (1) 始 業 時 刻 午 前 8 時 30 分 ( 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 理 事 長 ( 以 下 理 事 長 とい う ) 又 はその 委 任 を 受 けた 者 ( 以 下 理 事 長 等 という )の 指 定 する 職 員 にあっては 午 前 9 時 1 5 分 ) (2) 終 業 時 刻 午 後 5 時 15 分 ( 理 事 長 等 の 指 定 する 職 員 にあっては 午 後 6 時 ) (3) 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 休 憩 時 間 とされた 職 員 の 終 業 時 刻 午 後 5 時 ( 前 号 の 指 定 を 受 けた 職 員 に あっては 午 後 5 時 45 分 ) - 3 -

4 ( 週 休 日 ) 第 3 条 日 曜 日 及 び 土 曜 日 は 週 休 日 とし 前 条 の 規 定 は 適 用 しない ( 週 休 日 の 振 替 え) 第 4 条 理 事 長 等 は 職 員 に 週 休 日 において 特 に 勤 務 す ることを 命 ずる 必 要 がある 場 合 には 当 該 勤 務 するこ とを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 とする4 週 間 前 の 日 から 当 該 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 の 勤 務 日 ( 第 2 条 の 規 定 により 勤 務 時 間 が 割 り 振 られた 日 をいい 第 9 条 に 規 定 する 休 日 及 び 第 10 条 に 規 定 する 代 休 日 を 除 く 以 下 同 じ )を 週 休 日 に 変 更 して 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 を 当 該 勤 務 することを 命 ずる 必 要 が ある 日 に 割 り 振 り 又 は 当 該 期 間 内 にある 勤 務 日 の 勤 務 時 間 のうち4 時 間 を 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 ることをや めて 当 該 4 時 間 の 勤 務 時 間 を 当 該 勤 務 することを 命 ず る 必 要 がある 日 に 割 り 振 ることができる ( 休 憩 時 間 ) - 4 -

5 第 5 条 職 員 の 休 憩 時 間 は 正 午 から 午 後 1 時 までとす る ただし 業 務 上 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 34 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づき 締 結 された 協 定 の 定 めるところにより 交 替 で 休 憩 させることができる 2 理 事 長 等 は 職 員 の 健 康 及 び 福 祉 を 考 慮 し 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 する 職 員 から 申 出 があり かつ 業 務 の 運 営 に 支 障 がないと 認 められるときは 前 項 の 規 定 にかかわらず 休 憩 時 間 を 正 午 から 午 後 0 時 4 5 分 までとすることができる (1) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 する 場 合 (2) 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 送 迎 するため その 住 居 以 外 の 場 所 に 赴 く 場 合 (3) 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 ( 以 下 要 介 護 者 という )を 介 護 す る 職 員 が 要 介 護 者 を 介 護 する 場 合 (4) 交 通 機 関 を 利 用 して 通 勤 した 場 合 に 出 勤 につい - 5 -

6 て 職 員 の 住 居 を 出 発 した 時 刻 から 始 業 の 時 刻 までの 時 間 と 退 勤 について 終 業 の 時 刻 から 職 員 の 住 居 に 到 着 するまでの 時 間 を 合 計 した 時 間 ( 交 通 機 関 を 利 用 する 時 間 に 限 る )が 始 業 の 時 刻 を 遅 らせ 又 は 終 業 の 時 刻 を 早 めることにより30 分 以 上 短 縮 され ると 認 められるとき( 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 変 更 す ることにより 当 該 合 計 した 時 間 を30 分 以 上 短 縮 できる 場 合 を 除 く ) (5) 妊 娠 中 の 女 子 職 員 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められる 場 合 3 理 事 長 等 は 前 項 の 申 出 について 確 認 する 必 要 があ ると 認 めるときは 当 該 申 出 をした 職 員 に 照 会 するな どその 内 容 について 確 認 するものとする 第 6 条 削 除 ( 正 規 の 勤 務 時 間 以 外 の 時 間 における 勤 務 ) 第 7 条 理 事 長 等 は 労 働 基 準 法 第 36 条 の 規 定 に 基 づ き 締 結 された 協 定 の 範 囲 内 で 第 2 条 から 第 4 条 まで - 6 -

7 の 規 定 による 勤 務 時 間 ( 以 下 正 規 の 勤 務 時 間 とい う )を 超 えて 又 は 週 休 日 において 職 員 に 勤 務 を 命 ずることができる 2 理 事 長 等 は 災 害 その 他 避 けることのできない 事 由 によって 臨 時 の 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 第 3 3 条 に 定 めるところにより 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 又 は 週 休 日 において 職 員 に 勤 務 を 命 ずることができ る 第 7 条 の2 理 事 長 等 は 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 給 与 規 則 ( 以 下 給 与 規 則 という ) 第 65 条 第 2 項 の 規 定 により 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 す べき 職 員 に 対 して 当 該 超 過 勤 務 手 当 の 一 部 の 支 給 に 代 わる 措 置 の 対 象 となるべき 時 間 ( 以 下 超 勤 代 休 時 間 という )として 60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 係 る 月 ( 以 下 60 時 間 超 過 月 という )の 末 日 の 翌 日 から 同 日 を 起 算 日 とする2 月 後 の 日 までの 期 間 内 にある 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 全 部 又 は 一 部 を 指 定 することができる - 7 -

8 2 理 事 長 等 は 超 勤 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 には 前 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 超 勤 代 休 時 間 の 指 定 に 代 えようとする 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 に 係 る60 時 間 超 過 月 における 給 与 規 則 第 65 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 時 間 ( 以 下 60 時 間 超 過 時 間 という )の 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 時 間 数 の 時 間 を 指 定 す るものとする (1) 給 与 規 則 第 65 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の25を 乗 じて 得 た 時 間 数 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 において 7 時 間 45 分 に 達 するまでの 間 の 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 す る60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の50を 乗 じて 得 た 時 間 数 (3) 給 与 規 則 第 65 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の15を 乗 じて 得 た 時 間 数 - 8 -

9 3 前 項 の 場 合 において その 指 定 は 4 時 間 又 は7 時 間 45 分 ( 年 次 休 暇 の 時 間 に 連 続 して 超 勤 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 にあっては 当 該 年 次 休 暇 の 時 間 の 時 間 数 と 当 該 超 勤 代 休 時 間 の 時 間 数 を 合 計 した 時 間 数 が4 時 間 又 は7 時 間 45 分 となる 時 間 )を 単 位 として 行 う ものとする ( 通 常 の 勤 務 場 所 を 離 れた 勤 務 の 取 扱 い) 第 8 条 職 員 が 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 10 号 次 項 において 就 業 規 則 という ) 第 33 条 に 規 定 する 研 修 (1 日 の 勤 務 時 間 の 全 部 を 離 れて 受 ける 研 修 に 限 る )を 命 ぜられた 場 合 には 当 該 研 修 を 命 ぜられた 時 間 を 当 該 職 員 の 勤 務 時 間 とみなす 2 職 員 が 就 業 規 則 第 34 条 に 規 定 する 出 張 を 命 ぜら れた 場 合 には 当 該 出 張 の 期 間 中 は 正 規 の 勤 務 時 間 について 勤 務 したものとみなす ただし 当 該 出 張 の 期 間 中 の 勤 務 について 管 理 する 者 がいる 場 合 等 にあっ ては この 限 りでない - 9 -

10 ( 休 日 ) 第 9 条 職 員 は 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 規 定 する 休 日 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 第 1 項 において 祝 日 法 による 休 日 という )に は 理 事 長 等 から 特 に 勤 務 することを 命 ぜられた 場 合 を 除 き 正 規 の 勤 務 時 間 においても 勤 務 することを 要 しない 12 月 29 日 から 翌 年 の1 月 3 日 までの 日 ( 祝 日 法 による 休 日 を 除 く 次 条 第 1 項 において 年 末 年 始 の 休 日 という )についても 同 様 とする ( 休 日 の 代 休 日 ) 第 10 条 理 事 長 等 は 職 員 に 祝 日 法 による 休 日 又 は 年 末 年 始 の 休 日 ( 以 下 この 項 及 び 次 項 並 びに 第 17 条 第 1 項 第 14 号 において 休 日 と 総 称 する )である 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 全 部 ( 第 3 項 におい て 休 日 の 全 勤 務 時 間 という )について 特 に 勤 務 することを 命 じた 場 合 には 当 該 休 日 前 に 当 該 休 日 に 代 わる 日 ( 次 項 及 び 第 3 項 並 びに 第 17 条 第 1 項 第 14 号 において 代 休 日 という )として 当 該 休

11 日 後 の 勤 務 日 を 指 定 することができる 2 前 項 の 規 定 による 代 休 日 の 指 定 は 勤 務 することを 命 じた 休 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 の 勤 務 日 について 行 わなければならない 3 前 2 項 の 規 定 により 代 休 日 を 指 定 された 職 員 は 勤 務 を 命 ぜられた 休 日 の 全 勤 務 時 間 を 勤 務 した 場 合 にお いて 当 該 代 休 日 には 特 に 勤 務 することを 命 ぜられ るときを 除 き 正 規 の 勤 務 時 間 においても 勤 務 するこ とを 要 しない 第 3 章 休 暇 ( 休 暇 の 種 類 ) 第 11 条 職 員 の 休 暇 は 年 次 休 暇 病 気 休 暇 特 別 休 暇 及 び 介 護 休 暇 とする ( 年 次 休 暇 ) 第 12 条 年 次 休 暇 は 1の 年 ごとにおける 休 暇 とし その 日 数 は 1の 年 において 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 とする (1) 次 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 20 日

12 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては その 者 の 勤 務 時 間 等 を 考 慮 し20 日 を 超 えない 範 囲 内 で 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 日 数 ) (2) 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 であって 当 該 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となった 者 で 次 に 掲 げる 者 次 に 掲 げる 日 数 ア 当 該 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となった 者 ( イに 掲 げる 者 を 除 く ) その 者 の 当 該 年 におけ る 在 職 期 間 に 応 じ 別 表 第 1の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 ( 以 下 この 条 において 基 本 日 数 という ) イ 当 該 年 において 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 95 号 )の 適 用 を 受 ける 国 家 公 務 員 特 別 職 に 属 する 国 家 公 務 員 その 他 理 事 長 がこれらに 準 ずると 認 める 者 ( 以 下 この 号 及 び 次 号 において 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 という )となった 者 で 引 き 続 き 職 員 となったもの 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 となった 日 において 新 たに 職 員 となったものとみなした 場 合 におけるその 者 の

13 在 職 期 間 に 応 じた 別 表 第 1の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 から 新 たに 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 ( 当 該 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあ っては 基 本 日 数 ) (3) 当 該 年 の 前 年 において 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 であ った 者 であって 引 き 続 き 当 該 年 に 新 たに 職 員 となっ たもの 又 は 当 該 年 の 前 年 において 職 員 であった 者 で あって 引 き 続 き 当 該 年 に 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 とな り 引 き 続 き 再 び 職 員 となったもの 次 の 各 号 に 掲 げ る 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 (その 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあっては 基 本 日 数 ) ア 当 該 年 の 初 日 に 職 員 となった 場 合 20 日 に 当 該 年 の 前 年 における 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 残 日 数 ( 当 該 残 日 数 が20 日 を 超 えた 場 合 にあっては 20 日 )を 加 えて 得 た 日 数 イ 当 該 年 の 初 日 後 に 職 員 となった 場 合 この 号 ア

14 の 日 数 から 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 2 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 が あるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とする (1) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 のうち 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 及 び 勤 務 日 ごと の 勤 務 時 間 の 時 間 数 が 同 一 であるものをいう 以 下 同 じ ) 20 日 に 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 (2) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 のうち 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 のものを いう 以 下 同 じ ) 153 時 間 に 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の 勤 務 時 間 を38 時 間 45 分 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 時 間 数 を 7 時 間 45 分 を1 日 として 日 に 換 算 して 得 た 日 数

15 3 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 又 は 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 ( 以 下 勤 務 形 態 という )が 変 更 されるときの 当 該 変 更 の 日 以 後 における 職 員 の 年 次 休 暇 の 日 数 は 当 該 年 の 初 日 に 当 該 変 更 の 日 の 勤 務 形 態 を 始 めた 場 合 にあっては 第 1 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 掲 げる 日 数 に 第 14 条 の 規 定 により 当 該 年 の 前 年 から 繰 り 越 された 年 次 休 暇 の 日 数 を 加 えて 得 た 日 数 とし 当 該 年 の 初 日 後 に 当 該 変 更 後 の 勤 務 形 態 を 始 めた 場 合 において 同 日 以 前 に 当 該 変 更 前 の 勤 務 形 態 を 始 めたときにあっては 当 該 日 数 か ら 当 該 年 において 当 該 変 更 の 日 の 前 日 までに 使 用 した 年 次 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 に 次 の 各 号 に 掲 げ る 場 合 に 応 じ 次 の 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とし 当 該 年 の 初 日 後 に 当 該 変 更 前 の 勤 務 形 態 を 始 めたときにあっては 当 該 勤 務 形 態 を 始 めた 日 においてこの 項 の 規 定 により 得 られる 日 数 から 同 日 以 後 当 該 変 更 の 日 の 前 日 までに 使 用 した 年 次 休 暇 の 日 数

16 を 減 じて 得 た 日 数 に 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に 応 じ 次 の 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とす る (1) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 の 職 員 が 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をして いる 職 員 が 引 き 続 いて 勤 務 形 態 を 異 にする 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 又 は 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 が 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 終 える 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 で 除 して 得 た 率 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 の 職 員 が 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を している 職 員 が 引 き 続 いて 勤 務 形 態 を 異 にする 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 又 は 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 が 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 終 える 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の

17 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 当 た りの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 (3) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 引 き 続 い て 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を7 時 間 45 分 とみなした 場 合 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 (4) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 引 き 続 いて 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 7 時 間 45 分 とみなした 場 合 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 ( 年 次 休 暇 の 承 認 ) 第 13 条 年 次 休 暇 については その 時 期 につき 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 におい て 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 に 支 障 があるため 他 の 時

18 期 にこれを 与 える 必 要 がある 場 合 を 除 き これを 承 認 しなければならない ( 年 次 休 暇 の 繰 越 し) 第 14 条 年 次 休 暇 (この 条 の 規 定 により 繰 り 越 された ものを 除 く )は 1の 年 における 年 次 休 暇 の20 日 ( 第 12 条 第 2 項 各 号 に 掲 げる 職 員 にあっては 当 該 各 号 の 規 定 による 日 数 )を 超 えない 範 囲 内 の 残 日 数 ( 当 該 年 の 翌 年 の 初 日 に 勤 務 形 態 が 変 更 される 場 合 にあ っては 当 該 残 日 数 に 第 12 条 第 3 項 各 号 に 掲 げる 場 合 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 とし 1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 切 り 捨 てた 日 数 とする )を 限 度 として 当 該 年 の 翌 年 に 繰 り 越 す ことができる ( 年 次 休 暇 の 単 位 ) 第 15 条 年 次 休 暇 の 単 位 は 1 日 とする ただし 特 に 必 要 があると 認 められるときは 1 時 間 を 単 位 とす ることができる 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務

19 職 員 の 年 次 休 暇 の 単 位 は 1 時 間 とする 3 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 休 暇 を 日 に 換 算 す る 場 合 には 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 時 間 数 をもって1 日 とする (1) 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 7 時 間 45 分 (2) 第 23 条 第 1 項 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 次 に 掲 げる 規 定 に 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 区 分 に 応 じ 次 に 掲 げる 時 間 数 ア 第 23 条 第 1 項 第 1 号 3 時 間 55 分 イ 第 23 条 第 1 項 第 2 号 4 時 間 55 分 ウ 第 23 条 第 1 項 第 3 号 又 は 第 4 号 7 時 間 45 分 ( 病 気 休 暇 ) 第 16 条 病 気 休 暇 は 職 員 が 負 傷 若 しくは 疾 病 のため に 療 養 する 必 要 があり その 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 における 休 暇 とする 2 病 気 休 暇 の 期 間 は 療 養 のため 勤 務 しないことがや むを 得 ないと 認 められる 必 要 最 小 限 度 の 期 間 とする

20 ただし 次 に 掲 げる 場 合 以 外 の 場 合 における 病 気 休 暇 ( 以 下 この 条 において 特 定 病 気 休 暇 という )の 期 間 は 次 に 掲 げる 場 合 における 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 その 他 の 理 事 長 が 定 める 日 ( 以 下 この 条 において 除 外 日 という )を 除 いて 連 続 して90 日 ( 結 核 性 疾 患 の 場 合 にあっては 1 年 を 超 えるときは1 年 )を 超 えることはできない (1) 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 な 場 合 (2) 公 務 上 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかり 又 は 通 勤 ( 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 191 号 ) 第 1 条 の2に 規 定 する 通 勤 をいう )により 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 場 合 (3) 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 保 健 及 び 安 全 保 持 に 関 する 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 16 号 ) 第 22 条 の 規 定 により 職 務 の 変 更 勤 務 場 所 の 変 更 勤 務 時 間 の 短 縮 等 の 措 置 を 受 けた 場 合 3 前 項 ただし 書 次 項 及 び 第 5 項 の 規 定 の 適 用 につい ては 連 続 する8 日 以 上 の 期 間 ( 当 該 期 間 における 週

21 休 日 等 以 外 の 日 の 日 数 が 少 ない 場 合 として 理 事 長 が 定 める 場 合 にあっては その 日 数 を 考 慮 して 理 事 長 が 定 める 期 間 )の 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 職 員 (この 項 の 規 定 により 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 連 続 しているものと みなされた 職 員 を 含 む )が 除 外 日 を 除 いて 連 続 し て 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 (1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 一 部 に 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 109 号 以 下 育 児 休 業 法 という ) 第 26 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 時 間 の 承 認 を 受 けて 勤 務 しない 時 間 その 他 の 理 事 長 が 定 め る 時 間 ( 以 下 この 項 において 育 児 時 間 等 という )がある 場 合 にあっては 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 育 児 時 間 等 以 外 の 勤 務 時 間 )のすべ てを 勤 務 した 日 の 日 数 ( 第 5 項 において 実 勤 務 日 数 という )が20 日 に 達 する 日 までの 間 に 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 したときは 当 該 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 と 直 前 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 連 続 してい

22 るものとみなす 4 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 に 達 した 場 合 において 90 日 に 達 した 日 後 においても 引 き 続 き 負 傷 又 は 疾 病 ( 当 該 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 初 日 から 当 該 負 傷 をし 又 は 疾 病 にかかった 日 ( 以 下 こ の 項 において 特 定 負 傷 等 の 日 という )の 前 日 ま での 期 間 における 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 らかに 異 なるものに 限 る 以 下 この 項 にお いて 特 定 負 傷 等 という )のため 療 養 する 必 要 が あり 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められると きは 第 2 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 当 該 90 日 に 達 した 日 の 翌 日 以 後 の 日 においても 当 該 特 定 負 傷 等 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 を 承 認 することができる こ の 場 合 において 特 定 負 傷 等 の 日 以 後 における 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 を 超 えることはできない 5 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続

23 して90 日 に 達 した 場 合 において 90 日 に 達 した 日 の 翌 日 から 実 勤 務 日 数 が20 日 に 達 する 日 までの 間 に その 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 にお ける 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 ら かに 異 なる 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 が 生 じ 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるときは 第 2 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 当 該 負 傷 又 は 疾 病 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 を 承 認 することができる この 場 合 において 当 該 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 を 超 えることはできない 6 療 養 期 間 中 の 週 休 日 休 日 代 休 日 その 他 の 病 気 休 暇 の 日 以 外 の 勤 務 しない 日 は 第 2 項 ただし 書 及 び 第 3 項 から 前 項 までの 規 定 の 適 用 については 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 とみなす 7 第 2 項 ただし 書 及 び 第 3 項 から 前 項 までの 規 定 は 臨 時 的 職 員 及 び 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 には 適 用 しな い ( 特 別 休 暇 )

24 第 17 条 特 別 休 暇 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 における 休 暇 とし その 期 間 は 当 該 各 号 に 定 める 期 間 とする (1) 職 員 が 選 挙 権 その 他 公 民 としての 権 利 を 行 使 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 め られるとき 必 要 と 認 められる 期 間 (2) 職 員 が 裁 判 員 証 人 鑑 定 人 参 考 人 等 として 国 会 裁 判 所 地 方 公 共 団 体 の 議 会 その 他 官 公 署 へ 出 頭 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 ない と 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 (3) 職 員 が 骨 髄 移 植 のための 骨 髄 液 の 提 供 希 望 者 とし てその 登 録 を 実 施 する 者 に 対 して 登 録 の 申 出 を 行 い 又 は 骨 髄 移 植 のため 配 偶 者 父 母 子 及 び 兄 弟 姉 妹 以 外 の 者 に 骨 髄 液 を 提 供 する 場 合 で 当 該 申 出 又 は 提 供 に 伴 い 必 要 な 検 査 入 院 等 のため 勤 務 しない ことがやむを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 め られる 期 間 (4) 職 員 が 自 発 的 に かつ 報 酬 を 得 ないで 次 に 掲 げ る 社 会 に 貢 献 する 活 動 ( 専 ら 親 族 に 対 する 支 援 とな

25 る 活 動 を 除 く )を 行 う 場 合 で その 勤 務 しないこ とが 相 当 であると 認 められるとき 1の 年 において 5 日 の 範 囲 内 の 期 間 イ 地 震 暴 風 雨 噴 火 等 により 相 当 規 模 の 災 害 が 発 生 した 被 災 地 又 はその 周 辺 の 地 域 における 生 活 関 連 物 資 の 配 布 その 他 の 被 災 者 を 支 援 する 活 動 ロ 身 体 障 害 者 療 護 施 設 特 別 養 護 老 人 ホームその 他 の 主 として 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 がある 者 又 は 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 者 に 対 し て 必 要 な 措 置 を 講 ずることを 目 的 とする 施 設 であ って 理 事 長 が 定 めるものにおける 活 動 ハ イ 及 びロに 掲 げる 活 動 のほか 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 負 傷 又 は 疾 病 により 常 態 として 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 の 介 護 その 他 の 日 常 生 活 を 支 援 する 活 動 (5) 職 員 が 結 婚 する 場 合 で 結 婚 式 旅 行 その 他 の 結 婚 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しない ことが 相 当 であると 認 められるとき 結 婚 の 日 の5-25 -

26 日 前 の 日 から 当 該 結 婚 の 日 後 1 箇 月 を 経 過 する 日 ま での 間 における 連 続 する5 日 の 範 囲 内 の 期 間 (6) 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 である 女 性 職 員 が 申 し 出 た 場 合 出 産 の 日 までの 申 し 出 た 期 間 (7) 女 性 職 員 が 出 産 した 場 合 出 産 の 日 の 翌 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 ( 産 後 6 週 間 を 経 過 し た 女 性 職 員 が 就 業 を 申 し 出 た 場 合 において 医 師 が 支 障 がないと 認 めた 業 務 に 就 く 期 間 を 除 く ) (8) 生 後 1 年 に 達 しない 子 を 育 てる 職 員 が その 子 の 保 育 のために 必 要 と 認 められる 授 乳 等 を 行 う 場 合 1 日 2 回 それぞれ30 分 以 内 の 期 間 ( 男 性 職 員 にあ っては その 子 の 当 該 職 員 以 外 の 親 が 当 該 職 員 がこ の 号 の 休 暇 を 使 用 しようとする 日 におけるこの 号 の 休 暇 (これに 相 当 する 休 暇 を 含 む )を 承 認 され 又 は 労 働 基 準 法 第 67 条 の 規 定 により 同 日 における 育 児 時 間 を 請 求 した 場 合 は 1 日 2 回 それぞれ30 分 から 当 該 承 認 又 は 請 求 に 係 る 各 回 ごとの 期 間 を 差

27 し 引 いた 期 間 を 超 えない 期 間 ) (9) 職 員 が 妻 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 次 号 において 同 じ )の 出 産 に 伴 い 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 職 員 の 妻 の 出 産 に 係 る 入 院 等 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 2 週 間 を 経 過 する 日 までの 間 における2 日 の 範 囲 内 の 期 間 (10) 職 員 の 妻 が 出 産 する 場 合 であってその 出 産 予 定 日 の6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 前 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 する 日 まで の 期 間 にある 場 合 において 当 該 出 産 に 係 る 子 又 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 妻 の 子 を 含 む )を 養 育 する 職 員 が これらの 子 の 養 育 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 当 該 期 間 内 における5 日 の 範 囲 内 の 期 間 (11) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 配 偶 者 の 子 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ )を 養 育 する 職 員 が その 子 の 看 護 ( 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかか

28 ったその 子 の 世 話 又 は 疾 病 の 予 防 を 図 るために 必 要 なものとして 理 事 長 が 定 めるその 子 の 世 話 を 行 うこ とをいう )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1の 年 において5 日 (その 養 育 す る 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 が2 人 以 上 の 場 合 にあっては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 (12) 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 ( 以 下 この 号 において 要 介 護 者 とい う )の 介 護 その 他 理 事 長 が 定 める 世 話 を 行 うため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1 の 年 において5 日 ( 要 介 護 者 が2 人 以 上 の 場 合 にあ っては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 (13) 職 員 の 親 族 ( 別 表 第 2の 親 族 欄 に 掲 げる 親 族 に 限 る )が 死 亡 した 場 合 で 職 員 が 葬 儀 服 喪 その 他 の 親 族 の 死 亡 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 親 族 に 応 じ 同 表 の 日 数 欄 に 掲 げる 連 続 する 日 数 ( 葬 儀 のため 遠 隔 の 地 に 赴 く 場 合 にあっては 往 復 に 要 す

29 る 日 数 を 加 えた 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間 (14) 職 員 が 父 母 の 追 悼 のための 特 別 な 行 事 ( 父 母 の 死 亡 後 15 年 以 内 に 行 われるものに 限 る )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1 日 の 範 囲 内 の 期 間 (15) 職 員 が 夏 季 における 盆 等 の 諸 行 事 心 身 の 健 康 の 維 持 及 び 増 進 又 は 家 庭 生 活 の 充 実 のため 勤 務 しない ことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1の 年 の7 月 から9 月 までの 期 間 内 における 週 休 日 勤 務 時 間 の 全 部 について 超 勤 代 休 時 間 が 指 定 された 勤 務 日 休 日 及 び 代 休 日 を 除 いて 原 則 として 連 続 する3 日 の 範 囲 内 の 期 間 (16) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 により 次 のいずれ かに 該 当 する 場 合 その 他 これらに 準 ずる 場 合 で 職 員 が 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 7 日 の 範 囲 内 の 期 間 ア 職 員 の 現 住 居 が 滅 失 し 又 は 損 壊 した 場 合 で 当 該 職 員 がその 復 旧 作 業 等 を 行 い 又 は 一 時 的 に

30 避 難 しているとき イ 職 員 及 び 当 該 職 員 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 者 の 生 活 に 必 要 な 水 食 料 等 が 著 しく 不 足 している 場 合 で 当 該 職 員 以 外 にはそれらの 確 保 を 行 うことが できないとき (17) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 により 出 勤 することが 著 しく 困 難 であると 認 め られる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 (18) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 に 際 して 職 員 が 退 勤 途 上 における 身 体 の 危 険 を 回 避 するため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 2 前 項 第 9 号 から 第 12 号 までの 休 暇 ( 以 下 この 条 に おいて 特 定 休 暇 という )の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする ただし 特 定 休 暇 の 残 日 数 のすべてを 使 用 する 場 合 において 当 該 残 日 数 に1 時 間 未 満 の 端 数 があるときは 当 該 残 日 数 のすべてを 使 用 することが できる

31 3 1 日 を 単 位 とする 特 定 休 暇 は 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 すべてを 勤 務 しないときに 使 用 するも のとする 4 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 特 定 休 暇 を 日 に 換 算 す る 場 合 には 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 時 間 数 をもって1 日 とする (1) 次 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 7 時 間 45 分 (2) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 (3) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 7 時 間 45 分 ( 介 護 休 暇 ) 第 18 条 介 護 休 暇 は 職 員 が 次 に 掲 げる 者 で 負 傷 疾 病 又 は 老 齢 により2 週 間 以 上 にわたり 日 常 生 活 を 営 む のに 支 障 があるものの 介 護 をするため 勤 務 しないこ とが 相 当 であると 認 められる 場 合 における 休 暇 とする (1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 この 項 及 び 別 表 第 2にお

32 いて 同 じ ) 父 母 子 及 び 配 偶 者 の 父 母 (2) 次 に 掲 げる 者 で 職 員 と 同 居 しているもの ア イ 祖 父 母 孫 及 び 兄 弟 姉 妹 職 員 又 は 配 偶 者 との 間 において 事 実 上 父 母 と 同 様 の 関 係 にあると 認 められる 者 及 び 職 員 との 間 に おいて 事 実 上 子 と 同 様 の 関 係 にあると 認 められる 者 で 理 事 長 が 定 めるもの 2 介 護 休 暇 の 期 間 は 前 項 に 規 定 する 者 の 各 々が 同 項 に 規 定 する 介 護 を 必 要 とする1の 継 続 する 状 態 ごとに 連 続 する6 箇 月 の 期 間 内 において 必 要 と 認 められる 期 間 とする 3 介 護 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする 4 1 時 間 を 単 位 とする 介 護 休 暇 は 1 日 を 通 じ 始 業 の 時 刻 から 連 続 し 又 は 終 業 の 時 刻 まで 連 続 した4 時 間 の 範 囲 内 とする 5 介 護 休 暇 については 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 12 号 以 下 この 項 及 び 第 24 条 第 7 項 において 給 与 規

33 則 という ) 第 64 条 の 規 定 にかかわらず その 期 間 の 勤 務 しない 時 間 1 時 間 につき 給 与 規 則 第 68 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 して 給 与 を 支 給 する ( 病 気 休 暇 特 別 休 暇 及 び 介 護 休 暇 の 承 認 ) 第 19 条 病 気 休 暇 特 別 休 暇 ( 第 17 条 第 1 項 第 6 号 及 び 第 7 号 の 休 暇 を 除 く 次 項 及 び 次 条 第 1 項 におい て 同 じ ) 及 び 介 護 休 暇 は 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けな ければならない 2 理 事 長 等 は 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 の 請 求 について 第 16 条 又 は 第 17 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 すると 認 められるときは これを 承 認 しなければな らない ただし 業 務 の 運 営 に 支 障 を 生 じ 他 の 時 期 においても 当 該 休 暇 の 目 的 を 達 することができると 認 められる 場 合 は この 限 りでない 3 理 事 長 等 は 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 な 女 性 職 員 が 病 気 休 暇 を 請 求 したときは 前 項 ただし 書 の 規 定 に かかわらず その 者 を 生 理 日 に 就 業 させてはならない

34 4 理 事 長 等 は 介 護 休 暇 の 請 求 について 前 条 第 1 項 に 定 める 場 合 に 該 当 すると 認 めるときは これを 承 認 しなければならない ただし 当 該 請 求 に 係 る 期 間 の うち 業 務 の 運 営 に 支 障 がある 日 又 は 時 間 については この 限 りでない ( 年 次 休 暇 病 気 休 暇 及 び 特 別 休 暇 の 請 求 等 ) 第 20 条 年 次 休 暇 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は あらかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 請 求 しなければならない ただし 病 気 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 由 によりあらかじめ 請 求 でき なかった 場 合 には その 事 由 を 付 して 事 後 において 承 認 を 求 めることができる 2 第 17 条 第 1 項 第 6 号 の 申 し 出 は あらかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 対 し 行 わなければならない 3 第 17 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 すること となった 女 性 職 員 は その 旨 を 速 やかに 理 事 長 等 に 届 け 出 るものとする ( 介 護 休 暇 の 請 求 )

35 第 21 条 介 護 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は あ らかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 請 求 しなければ ならない 2 前 項 の 場 合 において 第 18 条 第 2 項 に 規 定 する 介 護 を 必 要 とする1の 継 続 する 状 態 について 初 めて 介 護 休 暇 の 承 認 を 受 けようとするときは 2 週 間 以 上 の 期 間 について 一 括 して 請 求 しなければならない ( 休 暇 の 承 認 の 決 定 等 ) 第 22 条 第 20 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 の 請 求 があっ た 場 合 においては 理 事 長 等 は 速 やかに 承 認 するか どうかを 決 定 し 当 該 請 求 を 行 った 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする ただし 同 項 の 請 求 があ った 場 合 において 当 該 請 求 に 係 る 期 間 のうちに 当 該 請 求 があった 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 この 項 において 1 週 間 経 過 日 という ) 後 の 期 間 が 含 まれているときにおける 当 該 期 間 については 1 週 間 経 過 日 までに 承 認 するかどうか 決 定 することが できる

36 2 理 事 長 等 は 病 気 休 暇 特 別 休 暇 又 は 介 護 休 暇 につ いて その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 育 児 短 時 間 勤 務 ) 第 23 条 職 員 ( 配 偶 者 が 育 児 休 業 法 により 育 児 休 業 を している 職 員 を 除 く )は 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けて 当 該 職 員 の 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 するため 当 該 子 がその 始 期 に 達 するまで 常 時 勤 務 を 要 する 職 を 占 めたまま 次 の 各 号 に 掲 げるいずれ かの 勤 務 の 形 態 により 当 該 職 員 が 希 望 する 日 及 び 時 間 帯 において 勤 務 すること( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 という )ができる ただし 当 該 子 について 既 に 育 児 短 時 間 勤 務 をしたことがある 場 合 において 当 該 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 し て1 年 を 経 過 しないときは 理 事 長 が 定 める 特 別 の 事 情 がある 場 合 を 除 き この 限 りではない (1) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日

37 において1 日 につき3 時 間 55 分 勤 務 すること (2) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 において1 日 につき4 時 間 55 分 勤 務 すること (3) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 並 びに 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 5 日 間 のうちの2 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 において1 日 につき7 時 間 45 分 勤 務 すること (4) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 並 びに 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 5 日 間 のうちの2 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 のうち 2 日 については1 日 につき7 時 間 45 分 1 日 については1 日 につき3 時 間 55 分 勤 務 するこ と 2 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 育 児 短 時 間 勤 務 承 認 請 求 書 により 育 児 短 時 間 勤 務 をし ようとする 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 下 の 期 間 に 限 る ) の 初 日 及 び 末 日 並 びにその 勤 務 の 形 態 における 勤 務 の 日 及 び 時 間 帯 を 明 らかにして 理 事 長 等 に 対 し その 承 認 を 請 求 するものとする 3 理 事 長 等 は 前 項 の 規 定 による 請 求 があったときは

38 当 該 請 求 に 係 る 期 間 について 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずることが 困 難 である 場 合 を 除 き これを 承 認 しなければならない 4 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 は 理 事 長 等 に 対 し 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 延 長 を 請 求 することが できる 5 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 延 長 について 準 用 する 6 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 は 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 をし ている 職 員 が 産 前 の 休 業 を 始 め 若 しくは 出 産 した 場 合 当 該 職 員 が 休 職 若 しくは 停 職 の 処 分 を 受 けた 場 合 又 は 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 死 亡 し 若 しくは 当 該 職 員 の 子 でなくなった 場 合 には その 効 力 を 失 う 7 理 事 長 等 は 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 を 養 育 しなくなったこと 又 は 次 に 掲 げる 事 由 に 該 当 すると 認 めるときは 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 取 り 消 すものとする (1) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 について 当 該 育 児

39 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 以 外 の 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとするとき (2) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 について 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 と 異 なる 内 容 の 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとするとき 8 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 は 次 に 掲 げる 場 合 には 遅 滞 なく その 旨 を 養 育 状 況 変 更 届 により 理 事 長 等 に 届 け 出 なければならない (1) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 を 養 育 しなくなった 場 合 9 理 事 長 等 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 又 は 期 間 の 延 長 の 請 求 及 び 前 項 の 届 け 出 について その 事 由 を 確 認 す る 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 10 理 事 長 等 は 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 により 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 が 失 効 し 又 は 取 り 消 された 場 合 に

40 おいて 次 に 掲 げるやむを 得 ない 事 情 があると 認 めら れるときは その 事 情 が 継 続 している 期 間 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 をしていた 職 員 に 引 き 続 き 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 と 同 一 の 勤 務 の 日 及 び 時 間 帯 において 常 時 勤 務 を 要 する 職 を 占 めたまま 勤 務 させることができる (1) 過 員 を 生 ずること (2) 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 伴 い 任 用 されている 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 休 業 法 第 23 条 第 2 項 に 規 定 する 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 をいう )を 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 として 引 き 続 き 任 用 しておくことができ ないこと 第 5 章 育 児 時 間 ( 育 児 時 間 ) 第 24 条 理 事 長 等 は 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 をしてい る 職 員 を 除 く )が 育 児 時 間 承 認 請 求 書 により 請 求 し た 場 合 において 業 務 の 運 営 に 支 障 がないと 認 めると きは 当 該 職 員 がその 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで の 子 を 養 育 するため1 日 につき2 時 間 を 超 えない 範 囲

41 内 で 勤 務 しないこと( 以 下 この 条 において 育 児 時 間 という )を 承 認 することができる 2 育 児 時 間 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わ りにおいて 30 分 を 単 位 として 行 うものとする 3 第 17 条 第 1 項 第 8 号 の 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する 育 児 時 間 の 承 認 については 1 日 につき2 時 間 から 当 該 休 暇 を 承 認 されている 時 間 を 減 じた 時 間 を 超 えない 範 囲 内 で 行 うものとする 4 理 事 長 等 は 育 児 時 間 の 承 認 の 請 求 及 び 第 6 項 の 届 け 出 について その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 め るときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 5 前 条 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 は 育 児 時 間 について 準 用 する 6 育 児 時 間 をしている 職 員 は 次 に 掲 げる 場 合 には 遅 滞 なく その 旨 を 養 育 状 況 変 更 届 により 理 事 長 等 に 届 け 出 なければならない (1) 育 児 時 間 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合

42 (2) 育 児 時 間 に 係 る 子 が 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 育 児 時 間 に 係 る 子 を 養 育 しなくなった 場 合 (4) 職 員 が 育 児 時 間 により 養 育 している 子 を 当 該 育 児 時 間 をすることにより 養 育 している 時 間 に 当 該 職 員 以 外 の 当 該 子 の 親 が 養 育 することができること となった 場 合 7 育 児 時 間 については 給 与 規 則 第 64 条 の 規 定 にか かわらず その 期 間 の 勤 務 しない 時 間 1 時 間 につき 給 与 規 則 第 68 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 して 給 与 を 支 給 する 第 6 章 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ( 育 児 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 ) 第 25 条 理 事 長 等 は 次 に 掲 げる 職 員 がその 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 支 障 があ る 場 合 を 除 き 当 該 職 員 に 当 該 請 求 に 係 る 早 出 遅 出 勤 務 ( 理 事 長 があらかじめ 定 める 特 定 の 時 刻 を 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 とする 勤 務 時 間 の 割 振 りによる 勤 務 をいう

43 次 条 及 び 第 34 条 において 同 じ )をさせるものとす る (1) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 (2) 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 であって 理 事 長 の 定 めるもの ( 育 児 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 の 請 求 手 続 等 ) 第 26 条 職 員 は 早 出 遅 出 勤 務 承 認 請 求 書 により 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 する1の 期 間 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 期 間 という )について その 初 日 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 という )と する 日 を 明 らかにして あらかじめ 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする 2 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 の 支 障 の 有 無 について 速 やか に 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 当 該 通 知 後 において 業 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じる 日 が あることが 明 らかとなった 場 合 にあっては 理 事 長 等

44 は 当 該 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し その 旨 を 通 知 しなければならない 3 理 事 長 等 は 前 条 の 請 求 に 係 る 事 由 について 確 認 す る 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 第 27 条 第 25 条 の 規 定 による 請 求 がされた 後 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はさ れなかったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 前 2 号 に 掲 げる 場 合 のほか 当 該 請 求 をした 職 員 が 第 25 条 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 (4) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 以 後 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 とされ た 日 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由

45 が 生 じた 場 合 には 第 25 条 の 規 定 による 請 求 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 早 出 遅 出 勤 務 期 間 の 末 日 とする 請 求 であったものとみなす 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 滞 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない 4 前 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 育 児 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 の 制 限 ) 第 28 条 理 事 長 等 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで の 子 のある 職 員 ( 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 であるも のが 深 夜 ( 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 をいう 以 下 同 じ )において 常 態 として 当 該 子 を 養 育 することができるものとして 理 事 長 の 定 める 者 に 該 当 する 場 合 における 当 該 職 員 を 除 く )が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 著 しく 支 障 がある 場 合 を 除 き 深 夜 における 勤 務 をさせては ならない ( 育 児 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 の 制 限 の 請 求 手 続 等 )

46 第 29 条 職 員 は 深 夜 勤 務 制 限 承 認 請 求 書 により 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 する1の 期 間 (6 箇 月 以 内 の 期 間 に 限 る 次 条 において 深 夜 勤 務 制 限 期 間 という )について その 初 日 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 において 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 次 条 に おいて 深 夜 勤 務 制 限 終 了 日 という )とする 日 を 明 らかにして 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 の1 箇 月 前 までに 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする 2 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 の 支 障 の 有 無 について 速 やか に 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 当 該 通 知 後 において 業 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じる 日 があることが 明 らかとなった 場 合 にあっては 理 事 長 等 は 当 該 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 しその 旨 を 通 知 しなければならない 3 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 条 の 規 定 による 請 求 に ついて 準 用 する 第 30 条 第 28 条 の 規 定 による 請 求 がされた 後 深 夜 勤

47 務 制 限 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 のい ずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はされなか ったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 前 2 号 に 掲 げる 場 合 のほか 当 該 請 求 をした 職 員 が 第 28 条 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 (4) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 以 後 深 夜 勤 務 制 限 終 了 日 とされ た 日 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 第 28 条 の 規 定 による 請 求 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 深 夜 勤 務 制 限 期 間 の 末 日 とする 請 求 であったものとみなす 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 滞 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない

48 4 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 育 児 を 行 う 職 員 の 超 過 勤 務 の 制 限 ) 第 31 条 理 事 長 等 は 3 歳 に 満 たない 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずること が 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 勤 務 ( 以 下 超 過 勤 務 という )をさせてはな らない 第 31 条 の2 理 事 長 等 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する までの 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 し た 場 合 には 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するた めの 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き 1 月 について24 時 間 1 年 について150 時 間 を 超 えて 超 過 勤 務 をさせてはならない ( 育 児 を 行 う 職 員 の 超 過 勤 務 の 制 限 の 請 求 手 続 等 ) 第 32 条 職 員 は 超 過 勤 務 制 限 承 認 請 求 書 により 超 過 勤 務 の 制 限 を 請 求 する1の 期 間 について その 初 日

49 ( 以 下 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 という ) 及 び 期 間 ( 1 年 又 は1 年 に 満 たない 月 を 単 位 とする 期 間 に 限 る )を 明 らかにして 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする この 場 合 において 第 31 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 と 前 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 とが 重 複 しな いようにしなければならない 2 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 に おいては 理 事 長 等 は これらの 規 定 に 規 定 する 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 であるかどうかについて 速 やかに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければな らない 3 理 事 長 等 は 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 が 当 該 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 この 項 において 1 週 間 経 過 日 とい う ) 前 の 日 を 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 とする 請 求 であっ た 場 合 で これらの 規 定 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるため に 必 要 があると 認 めるときは 当 該 超 過 勤 務 制 限 開 始

50 日 から1 週 間 経 過 日 までの 間 のいずれかの 日 に 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 変 更 することができる 4 理 事 長 等 は 前 項 の 規 定 により 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 変 更 した 場 合 においては 当 該 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 当 該 変 更 前 の 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 5 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 について 準 用 する 第 33 条 第 31 条 又 は 第 31 条 の2の 規 定 による 請 求 がされた 後 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はされなかったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 から 起 算 して 第 31 条 又 は 第

51 1 条 の2の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 を 経 過 する 日 の 前 日 までの 間 に 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には これらの 規 定 による 請 求 は 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 から 当 該 事 由 が 生 じた 日 までの 期 間 につ いての 請 求 であったものとみなす (1) 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 第 31 条 の 規 定 による 請 求 にあっては3 歳 に 第 31 条 の2の 規 定 による 請 求 にあっては 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 した 場 合 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 延 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない 4 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ) 第 34 条 第 25 条 から 前 条 まで( 第 27 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 第 30 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 第

52 31 条 並 びに 前 条 第 1 項 第 3 号 を 除 く )の 規 定 は 要 介 護 者 を 介 護 する 職 員 について 準 用 する この 場 合 において 第 25 条 中 次 に 掲 げる 職 員 がその 子 を 養 育 とあるのは 要 介 護 者 のある 職 員 が 当 該 要 介 護 者 を 介 護 と 第 27 条 第 1 項 第 1 号 第 30 条 第 1 項 第 1 号 及 び 前 条 第 1 項 第 1 号 中 子 とあるのは 要 介 護 者 と 第 27 条 第 1 項 第 2 号 第 30 条 第 1 項 第 2 号 及 び 前 条 第 1 項 第 2 号 中 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しにより 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなっ た とあるのは 要 介 護 者 と 当 該 請 求 をした 職 員 との 親 族 関 係 が 消 滅 した と 第 28 条 中 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 ( 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 であるものが 深 夜 ( 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 をいう 以 下 同 じ )において 常 態 と して 当 該 子 を 養 育 することができるものとして 理 事 長 の 定 める 者 に 該 当 する 場 合 における 当 該 職 員 を 除 く )が 当 該 子 を 養 育 とあり 及 び 第 31 条 の2 中 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 が 当 該 子

53 を 養 育 とあるのは 要 介 護 者 のある 職 員 が 当 該 要 介 護 者 を 介 護 と 第 32 条 第 1 項 から 第 3 項 まで 及 び 第 5 項 中 第 31 条 又 は 前 条 の とあるのは 前 条 の と 同 条 第 1 項 中 ものとする この 場 合 において 第 31 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 と 前 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 とが 重 複 しないようにしなけれ ばならない とあるのは ものとする と 同 条 第 2 項 及 び 第 3 項 中 これらの 規 定 とあるのは 同 条 と 前 条 第 1 項 及 び 第 2 項 中 第 31 条 又 は 第 31 条 の2 とあるのは 第 31 条 の2 と 前 条 第 2 項 中 次 の 各 号 とあるのは 前 項 第 1 号 又 は 第 2 号 と これら とあるのは 同 条 と 読 み 替 えるもの とする ( 修 学 等 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 及 び 請 求 手 続 等 ) 第 35 条 理 事 長 等 は 職 員 が 業 務 に 関 連 性 のある 夜 間 大 学 の 課 程 セミナー 資 格 講 座 等 による 修 学 を 行 う ために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 支 障 がある 場 合 を 除 き 当 該 職 員 に 当 該 請 求 に 係 る 早 出 遅 出 勤 務 (

54 理 事 長 があらかじめ 定 める 特 定 の 時 刻 を 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 とする 勤 務 時 間 の 割 り 振 りによる 勤 務 をいう )をさせるものとする 2 第 26 条 の 規 定 は 前 項 の 請 求 について 準 用 する ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 時 間 外 勤 務 の 制 限 ) 第 36 条 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 及 び 産 後 1 年 を 経 過 しない 女 性 職 員 ( 以 下 妊 産 婦 である 女 性 職 員 という )が 請 求 した 場 合 には 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 又 は 週 休 日 において 勤 務 をさせてはならない 第 7 章 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ( 職 員 の 健 康 の 保 持 増 進 のための 総 合 的 な 健 康 診 査 ) 第 37 条 理 事 長 等 は 職 員 が 請 求 した 場 合 には その 者 が 総 合 的 な 健 康 診 査 で 理 事 長 が 定 めるものを 受 ける ため 勤 務 しないことを 承 認 することができる 2 前 項 の 規 定 により 勤 務 しないことを 承 認 することが できる 時 間 は 1 日 の 範 囲 内 で 理 事 長 等 が 必 要 と 認 め る 時 間 とする ただし 特 別 の 事 情 があると 理 事 長 等 が 認 める 場 合 には 理 事 長 等 が 必 要 と 認 める 日 数 の 範

55 囲 内 で 必 要 と 認 める 時 間 とする ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 健 康 診 査 及 び 保 健 指 導 ) 第 38 条 理 事 長 等 は 妊 産 婦 である 女 性 職 員 が 請 求 し た 場 合 には 理 事 長 が 定 めるところにより その 者 が 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 第 10 条 に 規 定 する 保 健 指 導 又 は 同 法 第 13 条 に 規 定 する 健 康 診 査 を 受 けるため 勤 務 しないことを 承 認 しなければなら ない ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 業 務 軽 減 等 ) 第 39 条 理 事 長 等 は 妊 産 婦 である 女 性 職 員 が 請 求 し た 場 合 には その 者 の 業 務 を 軽 減 し 又 は 他 の 軽 易 な 業 務 に 就 かせなければならない 2 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 にお いて その 者 の 業 務 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 めるときは 当 該 職 員 が 適 宜 休 息 し 又 は 補 食 するために 必 要 な 時 間 勤 務 しないことを 承 認 す ることができる ( 妊 娠 中 の 女 性 職 員 の 通 勤 緩 和 )

56 第 40 条 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 において その 者 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 め るときは 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 理 事 長 の 定 める 時 間 勤 務 しないことを 承 認 しなけ ればならない (レクリエーションの 実 施 ) 第 41 条 理 事 長 等 は 勤 務 時 間 内 においてレクリエー ション 行 事 を 実 施 する 場 合 には 理 事 長 の 定 めるとこ ろにより 職 員 が 当 該 行 事 に 参 加 するために 必 要 な 時 間 勤 務 しないことを 承 認 することができる 第 8 章 雑 則 ( 実 施 規 定 ) 第 42 条 この 規 則 に 定 めるもののほか この 規 則 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 理 事 長 が 別 に 定 める 附 則 この 規 則 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号

57 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 則 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 規 則 による 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 ( 以 下 改 正 後 の 規 則 という ) 第 17 条 第 1 項 第 9 号 の 職 員 の 妻 の 出 産 に 係 る 入 院 等 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 2 週 間 を 経 過 する 日 までの 間 ( 当 該 期 間 の 初 日 を 除 く )にこの 規 則 の 施 行 の 日 がある 職 員 で 同 日 前 の 当 該 期 間 にこの 規 則 による 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 9 号 の 休 暇 を 使 用 したも のについては 理 事 長 が 定 める 日 又 は 時 間 の 改 正 後 の 規 則 第 17 条 第 1 項 第 9 号 の 休 暇 を 使 用 したものとみ なす 附 則 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 この 規 則 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号

58 1 この 規 則 は 平 成 18 年 7 月 1 日 から 施 行 する 2 この 規 則 の 施 行 の 際 現 に 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 2 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 指 定 され ている 職 員 の 終 業 時 刻 については 改 正 後 の 同 号 の 規 定 による 終 業 時 刻 とみなす 附 則 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 この 規 則 は 平 成 19 年 8 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 1 この 規 則 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する た だし 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 2 号 の 改 正 規 定 は 平 成 21 年 5 月 21 日 から 施 行 す る 2 この 規 則 の 施 行 の 際 現 に 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 2 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 指 定 され ている 職 員 の 終 業 時 刻 については 改 正 後 の 同 号 の 規

59 定 による 終 業 時 刻 とみなす 附 則 平 成 22 年 3 月 26 日 駐 労 規 第 5 号 この 規 則 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 22 年 6 月 30 日 駐 労 規 第 10 号 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 則 は 平 成 22 年 6 月 30 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 規 則 の 日 前 に 使 用 された 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 11 号 の 休 暇 につい ては 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 11 号 の 休 暇 として 使 用 されたものとみなす 附 則 平 成 22 年 12 月 28 日 駐 労 規 第 15 号 この 規 則 は 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 し 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 16 条 の 規 定 は 同 日 以

60 後 に 使 用 した 病 気 休 暇 について 適 用 する 附 則 平 成 23 年 4 月 14 日 駐 労 規 第 9 号 この 規 則 は 平 成 23 年 4 月 14 日 から 施 行 する 別 表 第 1( 第 12 条 関 係 ) 在 職 期 間 日 数 1 月 に 達 するまでの 期 間 2 日 1 月 を 超 え2 月 に 達 するまでの 期 間 3 日 2 月 を 超 え3 月 に 達 するまでの 期 間 5 日 3 月 を 超 え4 月 に 達 するまでの 期 間 7 日 4 月 を 超 え5 月 に 達 するまでの 期 間 8 日 5 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 6 月 を 超 え7 月 に 達 するまでの 期 間 12 日 7 月 を 超 え8 月 に 達 するまでの 期 間 13 日 8 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 9 月 を 超 え10 月 に 達 するまでの 期 間 17 日 10 月 を 超 え11 月 に 達 するまでの 期 間 18 日 11 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日

61 別 表 第 2( 第 17 条 関 係 ) 親 族 日 数 配 偶 者 7 日 父 母 子 5 日 祖 父 母 3 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 け る 場 合 にあっては 7 日 ) 孫 兄 弟 姉 妹 1 日 3 日 おじ 又 はおば 1 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 け る 場 合 にあっては 7 日 ) 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 父 母 3 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 7 日 ) 子 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 子 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 5 日 ) 祖 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 祖 父 母 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 3 兄 弟 姉 妹 の 配 偶 者 又 日 )

62 は 配 偶 者 の 兄 弟 姉 妹 おじ 又 はおばの 配 偶 1 日 者

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378> ( 教 職 員 ) 育 児 を 行 う 教 職 員 への 支 援 ( 多 様 な 働 き 方 の 提 案 ) 休 業 制 度 1. 育 児 休 業 (3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで) 育 児 介 護 規 程 第 3 条 休 業 し 職 務 を 離 れて 子 を 養 育 できる 制 度 です 2. 育 児 短 時 間 勤 務 ( 小 学 校 3 学 年 の 終 期 まで) 育 児 介 護 規

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ ~ 子 どもが 生 まれた( 生 まれる) 教 職 員 の 皆 さんへ ~ 子 育 て に 関 す る 休 暇 制 度 等 の 概 要 教 職 員 の 子 育 てを 支 援 するため 次 のような 休 暇 や 休 業 の 制 度 があります 子 どもが 生 まれる 女 性 職 員 だけでなく 父 親 になった(なる 予 定 の) 男 性 職 員 も こうした 休 暇 制 度 等 を 活 用 しながら

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information