の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章"

Transcription

1 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3 月 26 日 駐 労 規 第 5 号 改 正 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 駐 労 規 第 10 号 平 成 22 年 12 月 28 日 駐 労 規 第 15 号 改 正 平 成 23 年 4 月 14 日 駐 労 規 第 9 号 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 58 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 を 次 のように 定 める 平 成 14 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 理 事 長 粟 威 之 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 - 1 -

2 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 育 児 時 間 ( 第 24 条 ) 第 6 章 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ( 第 25 条 - 第 36 条 ) 第 7 章 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ( 第 37 条 - 第 41 条 ) 第 8 章 雑 則 ( 第 42 条 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 ( 常 時 勤 務 を 要 しない 職 員 を 除 く 以 下 職 員 という )の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 する 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 勤 務 時 間 - 2 -

3 ( 勤 務 時 間 ) 第 2 条 職 員 の 勤 務 時 間 は 休 憩 時 間 を 除 き 1 週 間 に ついて38 時 間 45 分 とし 1 日 について7 時 間 45 分 とする ただし 第 23 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 という )にあっては 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 に 従 った 勤 務 時 間 とする 2 職 員 の 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 次 のとおりとする (1) 始 業 時 刻 午 前 8 時 30 分 ( 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 理 事 長 ( 以 下 理 事 長 とい う ) 又 はその 委 任 を 受 けた 者 ( 以 下 理 事 長 等 という )の 指 定 する 職 員 にあっては 午 前 9 時 1 5 分 ) (2) 終 業 時 刻 午 後 5 時 15 分 ( 理 事 長 等 の 指 定 する 職 員 にあっては 午 後 6 時 ) (3) 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 休 憩 時 間 とされた 職 員 の 終 業 時 刻 午 後 5 時 ( 前 号 の 指 定 を 受 けた 職 員 に あっては 午 後 5 時 45 分 ) - 3 -

4 ( 週 休 日 ) 第 3 条 日 曜 日 及 び 土 曜 日 は 週 休 日 とし 前 条 の 規 定 は 適 用 しない ( 週 休 日 の 振 替 え) 第 4 条 理 事 長 等 は 職 員 に 週 休 日 において 特 に 勤 務 す ることを 命 ずる 必 要 がある 場 合 には 当 該 勤 務 するこ とを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 とする4 週 間 前 の 日 から 当 該 勤 務 することを 命 ずる 必 要 がある 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 の 勤 務 日 ( 第 2 条 の 規 定 により 勤 務 時 間 が 割 り 振 られた 日 をいい 第 9 条 に 規 定 する 休 日 及 び 第 10 条 に 規 定 する 代 休 日 を 除 く 以 下 同 じ )を 週 休 日 に 変 更 して 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 を 当 該 勤 務 することを 命 ずる 必 要 が ある 日 に 割 り 振 り 又 は 当 該 期 間 内 にある 勤 務 日 の 勤 務 時 間 のうち4 時 間 を 当 該 勤 務 日 に 割 り 振 ることをや めて 当 該 4 時 間 の 勤 務 時 間 を 当 該 勤 務 することを 命 ず る 必 要 がある 日 に 割 り 振 ることができる ( 休 憩 時 間 ) - 4 -

5 第 5 条 職 員 の 休 憩 時 間 は 正 午 から 午 後 1 時 までとす る ただし 業 務 上 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 34 条 第 2 項 ただし 書 の 規 定 に 基 づき 締 結 された 協 定 の 定 めるところにより 交 替 で 休 憩 させることができる 2 理 事 長 等 は 職 員 の 健 康 及 び 福 祉 を 考 慮 し 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 する 職 員 から 申 出 があり かつ 業 務 の 運 営 に 支 障 がないと 認 められるときは 前 項 の 規 定 にかかわらず 休 憩 時 間 を 正 午 から 午 後 0 時 4 5 分 までとすることができる (1) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 する 場 合 (2) 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 送 迎 するため その 住 居 以 外 の 場 所 に 赴 く 場 合 (3) 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 ( 以 下 要 介 護 者 という )を 介 護 す る 職 員 が 要 介 護 者 を 介 護 する 場 合 (4) 交 通 機 関 を 利 用 して 通 勤 した 場 合 に 出 勤 につい - 5 -

6 て 職 員 の 住 居 を 出 発 した 時 刻 から 始 業 の 時 刻 までの 時 間 と 退 勤 について 終 業 の 時 刻 から 職 員 の 住 居 に 到 着 するまでの 時 間 を 合 計 した 時 間 ( 交 通 機 関 を 利 用 する 時 間 に 限 る )が 始 業 の 時 刻 を 遅 らせ 又 は 終 業 の 時 刻 を 早 めることにより30 分 以 上 短 縮 され ると 認 められるとき( 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 変 更 す ることにより 当 該 合 計 した 時 間 を30 分 以 上 短 縮 できる 場 合 を 除 く ) (5) 妊 娠 中 の 女 子 職 員 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められる 場 合 3 理 事 長 等 は 前 項 の 申 出 について 確 認 する 必 要 があ ると 認 めるときは 当 該 申 出 をした 職 員 に 照 会 するな どその 内 容 について 確 認 するものとする 第 6 条 削 除 ( 正 規 の 勤 務 時 間 以 外 の 時 間 における 勤 務 ) 第 7 条 理 事 長 等 は 労 働 基 準 法 第 36 条 の 規 定 に 基 づ き 締 結 された 協 定 の 範 囲 内 で 第 2 条 から 第 4 条 まで - 6 -

7 の 規 定 による 勤 務 時 間 ( 以 下 正 規 の 勤 務 時 間 とい う )を 超 えて 又 は 週 休 日 において 職 員 に 勤 務 を 命 ずることができる 2 理 事 長 等 は 災 害 その 他 避 けることのできない 事 由 によって 臨 時 の 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 第 3 3 条 に 定 めるところにより 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 又 は 週 休 日 において 職 員 に 勤 務 を 命 ずることができ る 第 7 条 の2 理 事 長 等 は 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 給 与 規 則 ( 以 下 給 与 規 則 という ) 第 65 条 第 2 項 の 規 定 により 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 す べき 職 員 に 対 して 当 該 超 過 勤 務 手 当 の 一 部 の 支 給 に 代 わる 措 置 の 対 象 となるべき 時 間 ( 以 下 超 勤 代 休 時 間 という )として 60 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 係 る 月 ( 以 下 60 時 間 超 過 月 という )の 末 日 の 翌 日 から 同 日 を 起 算 日 とする2 月 後 の 日 までの 期 間 内 にある 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 全 部 又 は 一 部 を 指 定 することができる - 7 -

8 2 理 事 長 等 は 超 勤 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 には 前 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 超 勤 代 休 時 間 の 指 定 に 代 えようとする 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 に 係 る60 時 間 超 過 月 における 給 与 規 則 第 65 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 時 間 ( 以 下 60 時 間 超 過 時 間 という )の 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 時 間 数 の 時 間 を 指 定 す るものとする (1) 給 与 規 則 第 65 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の25を 乗 じて 得 た 時 間 数 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 において 7 時 間 45 分 に 達 するまでの 間 の 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 す る60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の50を 乗 じて 得 た 時 間 数 (3) 給 与 規 則 第 65 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 勤 務 に 係 る 時 間 当 該 時 間 に 該 当 する60 時 間 超 過 時 間 の 時 間 数 に100 分 の15を 乗 じて 得 た 時 間 数 - 8 -

9 3 前 項 の 場 合 において その 指 定 は 4 時 間 又 は7 時 間 45 分 ( 年 次 休 暇 の 時 間 に 連 続 して 超 勤 代 休 時 間 を 指 定 する 場 合 にあっては 当 該 年 次 休 暇 の 時 間 の 時 間 数 と 当 該 超 勤 代 休 時 間 の 時 間 数 を 合 計 した 時 間 数 が4 時 間 又 は7 時 間 45 分 となる 時 間 )を 単 位 として 行 う ものとする ( 通 常 の 勤 務 場 所 を 離 れた 勤 務 の 取 扱 い) 第 8 条 職 員 が 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 10 号 次 項 において 就 業 規 則 という ) 第 33 条 に 規 定 する 研 修 (1 日 の 勤 務 時 間 の 全 部 を 離 れて 受 ける 研 修 に 限 る )を 命 ぜられた 場 合 には 当 該 研 修 を 命 ぜられた 時 間 を 当 該 職 員 の 勤 務 時 間 とみなす 2 職 員 が 就 業 規 則 第 34 条 に 規 定 する 出 張 を 命 ぜら れた 場 合 には 当 該 出 張 の 期 間 中 は 正 規 の 勤 務 時 間 について 勤 務 したものとみなす ただし 当 該 出 張 の 期 間 中 の 勤 務 について 管 理 する 者 がいる 場 合 等 にあっ ては この 限 りでない - 9 -

10 ( 休 日 ) 第 9 条 職 員 は 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 規 定 する 休 日 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 第 1 項 において 祝 日 法 による 休 日 という )に は 理 事 長 等 から 特 に 勤 務 することを 命 ぜられた 場 合 を 除 き 正 規 の 勤 務 時 間 においても 勤 務 することを 要 しない 12 月 29 日 から 翌 年 の1 月 3 日 までの 日 ( 祝 日 法 による 休 日 を 除 く 次 条 第 1 項 において 年 末 年 始 の 休 日 という )についても 同 様 とする ( 休 日 の 代 休 日 ) 第 10 条 理 事 長 等 は 職 員 に 祝 日 法 による 休 日 又 は 年 末 年 始 の 休 日 ( 以 下 この 項 及 び 次 項 並 びに 第 17 条 第 1 項 第 14 号 において 休 日 と 総 称 する )である 勤 務 日 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 全 部 ( 第 3 項 におい て 休 日 の 全 勤 務 時 間 という )について 特 に 勤 務 することを 命 じた 場 合 には 当 該 休 日 前 に 当 該 休 日 に 代 わる 日 ( 次 項 及 び 第 3 項 並 びに 第 17 条 第 1 項 第 14 号 において 代 休 日 という )として 当 該 休

11 日 後 の 勤 務 日 を 指 定 することができる 2 前 項 の 規 定 による 代 休 日 の 指 定 は 勤 務 することを 命 じた 休 日 を 起 算 日 とする8 週 間 後 の 日 までの 期 間 内 の 勤 務 日 について 行 わなければならない 3 前 2 項 の 規 定 により 代 休 日 を 指 定 された 職 員 は 勤 務 を 命 ぜられた 休 日 の 全 勤 務 時 間 を 勤 務 した 場 合 にお いて 当 該 代 休 日 には 特 に 勤 務 することを 命 ぜられ るときを 除 き 正 規 の 勤 務 時 間 においても 勤 務 するこ とを 要 しない 第 3 章 休 暇 ( 休 暇 の 種 類 ) 第 11 条 職 員 の 休 暇 は 年 次 休 暇 病 気 休 暇 特 別 休 暇 及 び 介 護 休 暇 とする ( 年 次 休 暇 ) 第 12 条 年 次 休 暇 は 1の 年 ごとにおける 休 暇 とし その 日 数 は 1の 年 において 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 とする (1) 次 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 20 日

12 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 にあっては その 者 の 勤 務 時 間 等 を 考 慮 し20 日 を 超 えない 範 囲 内 で 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 日 数 ) (2) 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 であって 当 該 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となった 者 で 次 に 掲 げる 者 次 に 掲 げる 日 数 ア 当 該 年 の 中 途 において 新 たに 職 員 となった 者 ( イに 掲 げる 者 を 除 く ) その 者 の 当 該 年 におけ る 在 職 期 間 に 応 じ 別 表 第 1の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 ( 以 下 この 条 において 基 本 日 数 という ) イ 当 該 年 において 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 95 号 )の 適 用 を 受 ける 国 家 公 務 員 特 別 職 に 属 する 国 家 公 務 員 その 他 理 事 長 がこれらに 準 ずると 認 める 者 ( 以 下 この 号 及 び 次 号 において 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 という )となった 者 で 引 き 続 き 職 員 となったもの 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 となった 日 において 新 たに 職 員 となったものとみなした 場 合 におけるその 者 の

13 在 職 期 間 に 応 じた 別 表 第 1の 日 数 欄 に 掲 げる 日 数 から 新 たに 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 ( 当 該 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあ っては 基 本 日 数 ) (3) 当 該 年 の 前 年 において 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 であ った 者 であって 引 き 続 き 当 該 年 に 新 たに 職 員 となっ たもの 又 は 当 該 年 の 前 年 において 職 員 であった 者 で あって 引 き 続 き 当 該 年 に 一 般 職 給 与 法 適 用 者 等 とな り 引 き 続 き 再 び 職 員 となったもの 次 の 各 号 に 掲 げ る 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 (その 日 数 が 基 本 日 数 に 満 たない 場 合 にあっては 基 本 日 数 ) ア 当 該 年 の 初 日 に 職 員 となった 場 合 20 日 に 当 該 年 の 前 年 における 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 残 日 数 ( 当 該 残 日 数 が20 日 を 超 えた 場 合 にあっては 20 日 )を 加 えて 得 た 日 数 イ 当 該 年 の 初 日 後 に 職 員 となった 場 合 この 号 ア

14 の 日 数 から 職 員 となった 日 の 前 日 までの 間 に 使 用 した 年 次 休 暇 に 相 当 する 休 暇 又 は 年 次 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 2 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 が あるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とする (1) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 のうち 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 及 び 勤 務 日 ごと の 勤 務 時 間 の 時 間 数 が 同 一 であるものをいう 以 下 同 じ ) 20 日 に 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 を5 日 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 日 数 (2) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 のうち 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 のものを いう 以 下 同 じ ) 153 時 間 に 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 の 勤 務 時 間 を38 時 間 45 分 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 時 間 数 を 7 時 間 45 分 を1 日 として 日 に 換 算 して 得 た 日 数

15 3 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 1 週 間 ごとの 勤 務 日 の 日 数 又 は 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 ( 以 下 勤 務 形 態 という )が 変 更 されるときの 当 該 変 更 の 日 以 後 における 職 員 の 年 次 休 暇 の 日 数 は 当 該 年 の 初 日 に 当 該 変 更 の 日 の 勤 務 形 態 を 始 めた 場 合 にあっては 第 1 項 第 1 号 又 は 第 2 号 に 掲 げる 日 数 に 第 14 条 の 規 定 により 当 該 年 の 前 年 から 繰 り 越 された 年 次 休 暇 の 日 数 を 加 えて 得 た 日 数 とし 当 該 年 の 初 日 後 に 当 該 変 更 後 の 勤 務 形 態 を 始 めた 場 合 において 同 日 以 前 に 当 該 変 更 前 の 勤 務 形 態 を 始 めたときにあっては 当 該 日 数 か ら 当 該 年 において 当 該 変 更 の 日 の 前 日 までに 使 用 した 年 次 休 暇 の 日 数 を 減 じて 得 た 日 数 に 次 の 各 号 に 掲 げ る 場 合 に 応 じ 次 の 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とし 当 該 年 の 初 日 後 に 当 該 変 更 前 の 勤 務 形 態 を 始 めたときにあっては 当 該 勤 務 形 態 を 始 めた 日 においてこの 項 の 規 定 により 得 られる 日 数 から 同 日 以 後 当 該 変 更 の 日 の 前 日 までに 使 用 した 年 次 休 暇 の 日 数

16 を 減 じて 得 た 日 数 に 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に 応 じ 次 の 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 (1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 四 捨 五 入 して 得 た 日 数 )とす る (1) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 の 職 員 が 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をして いる 職 員 が 引 き 続 いて 勤 務 形 態 を 異 にする 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 又 は 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 が 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 終 える 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 の 勤 務 日 の 日 数 で 除 して 得 た 率 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 以 外 の 職 員 が 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を している 職 員 が 引 き 続 いて 勤 務 形 態 を 異 にする 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 又 は 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 が 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 終 える 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の

17 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 当 た りの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 (3) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 引 き 続 い て 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を7 時 間 45 分 とみなした 場 合 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 (4) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 引 き 続 いて 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 を 始 める 場 合 勤 務 形 態 の 変 更 後 における 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 7 時 間 45 分 とみなした 場 合 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 を 当 該 勤 務 形 態 の 変 更 前 における1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 の 時 間 数 で 除 して 得 た 率 ( 年 次 休 暇 の 承 認 ) 第 13 条 年 次 休 暇 については その 時 期 につき 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 におい て 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 に 支 障 があるため 他 の 時

18 期 にこれを 与 える 必 要 がある 場 合 を 除 き これを 承 認 しなければならない ( 年 次 休 暇 の 繰 越 し) 第 14 条 年 次 休 暇 (この 条 の 規 定 により 繰 り 越 された ものを 除 く )は 1の 年 における 年 次 休 暇 の20 日 ( 第 12 条 第 2 項 各 号 に 掲 げる 職 員 にあっては 当 該 各 号 の 規 定 による 日 数 )を 超 えない 範 囲 内 の 残 日 数 ( 当 該 年 の 翌 年 の 初 日 に 勤 務 形 態 が 変 更 される 場 合 にあ っては 当 該 残 日 数 に 第 12 条 第 3 項 各 号 に 掲 げる 場 合 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 率 を 乗 じて 得 た 日 数 とし 1 日 未 満 の 端 数 があるときは これを 切 り 捨 てた 日 数 とする )を 限 度 として 当 該 年 の 翌 年 に 繰 り 越 す ことができる ( 年 次 休 暇 の 単 位 ) 第 15 条 年 次 休 暇 の 単 位 は 1 日 とする ただし 特 に 必 要 があると 認 められるときは 1 時 間 を 単 位 とす ることができる 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務

19 職 員 の 年 次 休 暇 の 単 位 は 1 時 間 とする 3 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 休 暇 を 日 に 換 算 す る 場 合 には 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 時 間 数 をもって1 日 とする (1) 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 7 時 間 45 分 (2) 第 23 条 第 1 項 第 1 号 から 第 4 号 までに 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 次 に 掲 げる 規 定 に 掲 げる 勤 務 の 形 態 の 区 分 に 応 じ 次 に 掲 げる 時 間 数 ア 第 23 条 第 1 項 第 1 号 3 時 間 55 分 イ 第 23 条 第 1 項 第 2 号 4 時 間 55 分 ウ 第 23 条 第 1 項 第 3 号 又 は 第 4 号 7 時 間 45 分 ( 病 気 休 暇 ) 第 16 条 病 気 休 暇 は 職 員 が 負 傷 若 しくは 疾 病 のため に 療 養 する 必 要 があり その 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 における 休 暇 とする 2 病 気 休 暇 の 期 間 は 療 養 のため 勤 務 しないことがや むを 得 ないと 認 められる 必 要 最 小 限 度 の 期 間 とする

20 ただし 次 に 掲 げる 場 合 以 外 の 場 合 における 病 気 休 暇 ( 以 下 この 条 において 特 定 病 気 休 暇 という )の 期 間 は 次 に 掲 げる 場 合 における 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 その 他 の 理 事 長 が 定 める 日 ( 以 下 この 条 において 除 外 日 という )を 除 いて 連 続 して90 日 ( 結 核 性 疾 患 の 場 合 にあっては 1 年 を 超 えるときは1 年 )を 超 えることはできない (1) 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 な 場 合 (2) 公 務 上 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかり 又 は 通 勤 ( 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 191 号 ) 第 1 条 の2に 規 定 する 通 勤 をいう )により 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 場 合 (3) 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 保 健 及 び 安 全 保 持 に 関 する 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 16 号 ) 第 22 条 の 規 定 により 職 務 の 変 更 勤 務 場 所 の 変 更 勤 務 時 間 の 短 縮 等 の 措 置 を 受 けた 場 合 3 前 項 ただし 書 次 項 及 び 第 5 項 の 規 定 の 適 用 につい ては 連 続 する8 日 以 上 の 期 間 ( 当 該 期 間 における 週

21 休 日 等 以 外 の 日 の 日 数 が 少 ない 場 合 として 理 事 長 が 定 める 場 合 にあっては その 日 数 を 考 慮 して 理 事 長 が 定 める 期 間 )の 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 職 員 (この 項 の 規 定 により 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 連 続 しているものと みなされた 職 員 を 含 む )が 除 外 日 を 除 いて 連 続 し て 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 (1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 の 一 部 に 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 109 号 以 下 育 児 休 業 法 という ) 第 26 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 時 間 の 承 認 を 受 けて 勤 務 しない 時 間 その 他 の 理 事 長 が 定 め る 時 間 ( 以 下 この 項 において 育 児 時 間 等 という )がある 場 合 にあっては 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 のうち 育 児 時 間 等 以 外 の 勤 務 時 間 )のすべ てを 勤 務 した 日 の 日 数 ( 第 5 項 において 実 勤 務 日 数 という )が20 日 に 達 する 日 までの 間 に 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 したときは 当 該 再 度 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 と 直 前 の 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 連 続 してい

22 るものとみなす 4 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 に 達 した 場 合 において 90 日 に 達 した 日 後 においても 引 き 続 き 負 傷 又 は 疾 病 ( 当 該 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 の 初 日 から 当 該 負 傷 をし 又 は 疾 病 にかかった 日 ( 以 下 こ の 項 において 特 定 負 傷 等 の 日 という )の 前 日 ま での 期 間 における 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 らかに 異 なるものに 限 る 以 下 この 項 にお いて 特 定 負 傷 等 という )のため 療 養 する 必 要 が あり 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められると きは 第 2 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 当 該 90 日 に 達 した 日 の 翌 日 以 後 の 日 においても 当 該 特 定 負 傷 等 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 を 承 認 することができる こ の 場 合 において 特 定 負 傷 等 の 日 以 後 における 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 を 超 えることはできない 5 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 が 除 外 日 を 除 いて 連 続

23 して90 日 に 達 した 場 合 において 90 日 に 達 した 日 の 翌 日 から 実 勤 務 日 数 が20 日 に 達 する 日 までの 間 に その 症 状 等 が 当 該 使 用 した 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 にお ける 特 定 病 気 休 暇 に 係 る 負 傷 又 は 疾 病 の 症 状 等 と 明 ら かに 異 なる 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 が 生 じ 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるときは 第 2 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 当 該 負 傷 又 は 疾 病 に 係 る 特 定 病 気 休 暇 を 承 認 することができる この 場 合 において 当 該 特 定 病 気 休 暇 の 期 間 は 除 外 日 を 除 いて 連 続 して90 日 を 超 えることはできない 6 療 養 期 間 中 の 週 休 日 休 日 代 休 日 その 他 の 病 気 休 暇 の 日 以 外 の 勤 務 しない 日 は 第 2 項 ただし 書 及 び 第 3 項 から 前 項 までの 規 定 の 適 用 については 特 定 病 気 休 暇 を 使 用 した 日 とみなす 7 第 2 項 ただし 書 及 び 第 3 項 から 前 項 までの 規 定 は 臨 時 的 職 員 及 び 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 には 適 用 しな い ( 特 別 休 暇 )

24 第 17 条 特 別 休 暇 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 における 休 暇 とし その 期 間 は 当 該 各 号 に 定 める 期 間 とする (1) 職 員 が 選 挙 権 その 他 公 民 としての 権 利 を 行 使 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 め られるとき 必 要 と 認 められる 期 間 (2) 職 員 が 裁 判 員 証 人 鑑 定 人 参 考 人 等 として 国 会 裁 判 所 地 方 公 共 団 体 の 議 会 その 他 官 公 署 へ 出 頭 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 ない と 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 (3) 職 員 が 骨 髄 移 植 のための 骨 髄 液 の 提 供 希 望 者 とし てその 登 録 を 実 施 する 者 に 対 して 登 録 の 申 出 を 行 い 又 は 骨 髄 移 植 のため 配 偶 者 父 母 子 及 び 兄 弟 姉 妹 以 外 の 者 に 骨 髄 液 を 提 供 する 場 合 で 当 該 申 出 又 は 提 供 に 伴 い 必 要 な 検 査 入 院 等 のため 勤 務 しない ことがやむを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 め られる 期 間 (4) 職 員 が 自 発 的 に かつ 報 酬 を 得 ないで 次 に 掲 げ る 社 会 に 貢 献 する 活 動 ( 専 ら 親 族 に 対 する 支 援 とな

25 る 活 動 を 除 く )を 行 う 場 合 で その 勤 務 しないこ とが 相 当 であると 認 められるとき 1の 年 において 5 日 の 範 囲 内 の 期 間 イ 地 震 暴 風 雨 噴 火 等 により 相 当 規 模 の 災 害 が 発 生 した 被 災 地 又 はその 周 辺 の 地 域 における 生 活 関 連 物 資 の 配 布 その 他 の 被 災 者 を 支 援 する 活 動 ロ 身 体 障 害 者 療 護 施 設 特 別 養 護 老 人 ホームその 他 の 主 として 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 がある 者 又 は 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかかった 者 に 対 し て 必 要 な 措 置 を 講 ずることを 目 的 とする 施 設 であ って 理 事 長 が 定 めるものにおける 活 動 ハ イ 及 びロに 掲 げる 活 動 のほか 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 負 傷 又 は 疾 病 により 常 態 として 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 の 介 護 その 他 の 日 常 生 活 を 支 援 する 活 動 (5) 職 員 が 結 婚 する 場 合 で 結 婚 式 旅 行 その 他 の 結 婚 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しない ことが 相 当 であると 認 められるとき 結 婚 の 日 の5-25 -

26 日 前 の 日 から 当 該 結 婚 の 日 後 1 箇 月 を 経 過 する 日 ま での 間 における 連 続 する5 日 の 範 囲 内 の 期 間 (6) 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 である 女 性 職 員 が 申 し 出 た 場 合 出 産 の 日 までの 申 し 出 た 期 間 (7) 女 性 職 員 が 出 産 した 場 合 出 産 の 日 の 翌 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 までの 期 間 ( 産 後 6 週 間 を 経 過 し た 女 性 職 員 が 就 業 を 申 し 出 た 場 合 において 医 師 が 支 障 がないと 認 めた 業 務 に 就 く 期 間 を 除 く ) (8) 生 後 1 年 に 達 しない 子 を 育 てる 職 員 が その 子 の 保 育 のために 必 要 と 認 められる 授 乳 等 を 行 う 場 合 1 日 2 回 それぞれ30 分 以 内 の 期 間 ( 男 性 職 員 にあ っては その 子 の 当 該 職 員 以 外 の 親 が 当 該 職 員 がこ の 号 の 休 暇 を 使 用 しようとする 日 におけるこの 号 の 休 暇 (これに 相 当 する 休 暇 を 含 む )を 承 認 され 又 は 労 働 基 準 法 第 67 条 の 規 定 により 同 日 における 育 児 時 間 を 請 求 した 場 合 は 1 日 2 回 それぞれ30 分 から 当 該 承 認 又 は 請 求 に 係 る 各 回 ごとの 期 間 を 差

27 し 引 いた 期 間 を 超 えない 期 間 ) (9) 職 員 が 妻 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 次 号 において 同 じ )の 出 産 に 伴 い 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 職 員 の 妻 の 出 産 に 係 る 入 院 等 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 2 週 間 を 経 過 する 日 までの 間 における2 日 の 範 囲 内 の 期 間 (10) 職 員 の 妻 が 出 産 する 場 合 であってその 出 産 予 定 日 の6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 前 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 8 週 間 を 経 過 する 日 まで の 期 間 にある 場 合 において 当 該 出 産 に 係 る 子 又 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 妻 の 子 を 含 む )を 養 育 する 職 員 が これらの 子 の 養 育 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 当 該 期 間 内 における5 日 の 範 囲 内 の 期 間 (11) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 配 偶 者 の 子 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ )を 養 育 する 職 員 が その 子 の 看 護 ( 負 傷 し 若 しくは 疾 病 にかか

28 ったその 子 の 世 話 又 は 疾 病 の 予 防 を 図 るために 必 要 なものとして 理 事 長 が 定 めるその 子 の 世 話 を 行 うこ とをいう )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1の 年 において5 日 (その 養 育 す る 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 が2 人 以 上 の 場 合 にあっては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 (12) 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 がある 者 ( 以 下 この 号 において 要 介 護 者 とい う )の 介 護 その 他 理 事 長 が 定 める 世 話 を 行 うため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1 の 年 において5 日 ( 要 介 護 者 が2 人 以 上 の 場 合 にあ っては 10 日 )の 範 囲 内 の 期 間 (13) 職 員 の 親 族 ( 別 表 第 2の 親 族 欄 に 掲 げる 親 族 に 限 る )が 死 亡 した 場 合 で 職 員 が 葬 儀 服 喪 その 他 の 親 族 の 死 亡 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 親 族 に 応 じ 同 表 の 日 数 欄 に 掲 げる 連 続 する 日 数 ( 葬 儀 のため 遠 隔 の 地 に 赴 く 場 合 にあっては 往 復 に 要 す

29 る 日 数 を 加 えた 日 数 )の 範 囲 内 の 期 間 (14) 職 員 が 父 母 の 追 悼 のための 特 別 な 行 事 ( 父 母 の 死 亡 後 15 年 以 内 に 行 われるものに 限 る )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1 日 の 範 囲 内 の 期 間 (15) 職 員 が 夏 季 における 盆 等 の 諸 行 事 心 身 の 健 康 の 維 持 及 び 増 進 又 は 家 庭 生 活 の 充 実 のため 勤 務 しない ことが 相 当 であると 認 められる 場 合 1の 年 の7 月 から9 月 までの 期 間 内 における 週 休 日 勤 務 時 間 の 全 部 について 超 勤 代 休 時 間 が 指 定 された 勤 務 日 休 日 及 び 代 休 日 を 除 いて 原 則 として 連 続 する3 日 の 範 囲 内 の 期 間 (16) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 により 次 のいずれ かに 該 当 する 場 合 その 他 これらに 準 ずる 場 合 で 職 員 が 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 7 日 の 範 囲 内 の 期 間 ア 職 員 の 現 住 居 が 滅 失 し 又 は 損 壊 した 場 合 で 当 該 職 員 がその 復 旧 作 業 等 を 行 い 又 は 一 時 的 に

30 避 難 しているとき イ 職 員 及 び 当 該 職 員 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 者 の 生 活 に 必 要 な 水 食 料 等 が 著 しく 不 足 している 場 合 で 当 該 職 員 以 外 にはそれらの 確 保 を 行 うことが できないとき (17) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 により 出 勤 することが 著 しく 困 難 であると 認 め られる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 (18) 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 に 際 して 職 員 が 退 勤 途 上 における 身 体 の 危 険 を 回 避 するため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 2 前 項 第 9 号 から 第 12 号 までの 休 暇 ( 以 下 この 条 に おいて 特 定 休 暇 という )の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする ただし 特 定 休 暇 の 残 日 数 のすべてを 使 用 する 場 合 において 当 該 残 日 数 に1 時 間 未 満 の 端 数 があるときは 当 該 残 日 数 のすべてを 使 用 することが できる

31 3 1 日 を 単 位 とする 特 定 休 暇 は 1 回 の 勤 務 に 割 り 振 られた 勤 務 時 間 すべてを 勤 務 しないときに 使 用 するも のとする 4 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 特 定 休 暇 を 日 に 換 算 す る 場 合 には 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 掲 げる 時 間 数 をもって1 日 とする (1) 次 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 7 時 間 45 分 (2) 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 勤 務 日 ごとの 勤 務 時 間 の 時 間 数 (3) 不 斉 一 型 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 7 時 間 45 分 ( 介 護 休 暇 ) 第 18 条 介 護 休 暇 は 職 員 が 次 に 掲 げる 者 で 負 傷 疾 病 又 は 老 齢 により2 週 間 以 上 にわたり 日 常 生 活 を 営 む のに 支 障 があるものの 介 護 をするため 勤 務 しないこ とが 相 当 であると 認 められる 場 合 における 休 暇 とする (1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 この 項 及 び 別 表 第 2にお

32 いて 同 じ ) 父 母 子 及 び 配 偶 者 の 父 母 (2) 次 に 掲 げる 者 で 職 員 と 同 居 しているもの ア イ 祖 父 母 孫 及 び 兄 弟 姉 妹 職 員 又 は 配 偶 者 との 間 において 事 実 上 父 母 と 同 様 の 関 係 にあると 認 められる 者 及 び 職 員 との 間 に おいて 事 実 上 子 と 同 様 の 関 係 にあると 認 められる 者 で 理 事 長 が 定 めるもの 2 介 護 休 暇 の 期 間 は 前 項 に 規 定 する 者 の 各 々が 同 項 に 規 定 する 介 護 を 必 要 とする1の 継 続 する 状 態 ごとに 連 続 する6 箇 月 の 期 間 内 において 必 要 と 認 められる 期 間 とする 3 介 護 休 暇 の 単 位 は 1 日 又 は1 時 間 とする 4 1 時 間 を 単 位 とする 介 護 休 暇 は 1 日 を 通 じ 始 業 の 時 刻 から 連 続 し 又 は 終 業 の 時 刻 まで 連 続 した4 時 間 の 範 囲 内 とする 5 介 護 休 暇 については 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 14 年 駐 労 規 第 12 号 以 下 この 項 及 び 第 24 条 第 7 項 において 給 与 規

33 則 という ) 第 64 条 の 規 定 にかかわらず その 期 間 の 勤 務 しない 時 間 1 時 間 につき 給 与 規 則 第 68 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 して 給 与 を 支 給 する ( 病 気 休 暇 特 別 休 暇 及 び 介 護 休 暇 の 承 認 ) 第 19 条 病 気 休 暇 特 別 休 暇 ( 第 17 条 第 1 項 第 6 号 及 び 第 7 号 の 休 暇 を 除 く 次 項 及 び 次 条 第 1 項 におい て 同 じ ) 及 び 介 護 休 暇 は 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けな ければならない 2 理 事 長 等 は 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 の 請 求 について 第 16 条 又 は 第 17 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 すると 認 められるときは これを 承 認 しなければな らない ただし 業 務 の 運 営 に 支 障 を 生 じ 他 の 時 期 においても 当 該 休 暇 の 目 的 を 達 することができると 認 められる 場 合 は この 限 りでない 3 理 事 長 等 は 生 理 日 の 就 業 が 著 しく 困 難 な 女 性 職 員 が 病 気 休 暇 を 請 求 したときは 前 項 ただし 書 の 規 定 に かかわらず その 者 を 生 理 日 に 就 業 させてはならない

34 4 理 事 長 等 は 介 護 休 暇 の 請 求 について 前 条 第 1 項 に 定 める 場 合 に 該 当 すると 認 めるときは これを 承 認 しなければならない ただし 当 該 請 求 に 係 る 期 間 の うち 業 務 の 運 営 に 支 障 がある 日 又 は 時 間 については この 限 りでない ( 年 次 休 暇 病 気 休 暇 及 び 特 別 休 暇 の 請 求 等 ) 第 20 条 年 次 休 暇 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は あらかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 請 求 しなければならない ただし 病 気 災 害 その 他 やむを 得 ない 事 由 によりあらかじめ 請 求 でき なかった 場 合 には その 事 由 を 付 して 事 後 において 承 認 を 求 めることができる 2 第 17 条 第 1 項 第 6 号 の 申 し 出 は あらかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 対 し 行 わなければならない 3 第 17 条 第 1 項 第 7 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 すること となった 女 性 職 員 は その 旨 を 速 やかに 理 事 長 等 に 届 け 出 るものとする ( 介 護 休 暇 の 請 求 )

35 第 21 条 介 護 休 暇 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は あ らかじめ 休 暇 簿 に 記 入 して 理 事 長 等 に 請 求 しなければ ならない 2 前 項 の 場 合 において 第 18 条 第 2 項 に 規 定 する 介 護 を 必 要 とする1の 継 続 する 状 態 について 初 めて 介 護 休 暇 の 承 認 を 受 けようとするときは 2 週 間 以 上 の 期 間 について 一 括 して 請 求 しなければならない ( 休 暇 の 承 認 の 決 定 等 ) 第 22 条 第 20 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 の 請 求 があっ た 場 合 においては 理 事 長 等 は 速 やかに 承 認 するか どうかを 決 定 し 当 該 請 求 を 行 った 職 員 に 対 して 当 該 決 定 を 通 知 するものとする ただし 同 項 の 請 求 があ った 場 合 において 当 該 請 求 に 係 る 期 間 のうちに 当 該 請 求 があった 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 この 項 において 1 週 間 経 過 日 という ) 後 の 期 間 が 含 まれているときにおける 当 該 期 間 については 1 週 間 経 過 日 までに 承 認 するかどうか 決 定 することが できる

36 2 理 事 長 等 は 病 気 休 暇 特 別 休 暇 又 は 介 護 休 暇 につ いて その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 めるときは 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 育 児 短 時 間 勤 務 ) 第 23 条 職 員 ( 配 偶 者 が 育 児 休 業 法 により 育 児 休 業 を している 職 員 を 除 く )は 理 事 長 等 の 承 認 を 受 けて 当 該 職 員 の 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 するため 当 該 子 がその 始 期 に 達 するまで 常 時 勤 務 を 要 する 職 を 占 めたまま 次 の 各 号 に 掲 げるいずれ かの 勤 務 の 形 態 により 当 該 職 員 が 希 望 する 日 及 び 時 間 帯 において 勤 務 すること( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 という )ができる ただし 当 該 子 について 既 に 育 児 短 時 間 勤 務 をしたことがある 場 合 において 当 該 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 し て1 年 を 経 過 しないときは 理 事 長 が 定 める 特 別 の 事 情 がある 場 合 を 除 き この 限 りではない (1) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日

37 において1 日 につき3 時 間 55 分 勤 務 すること (2) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 において1 日 につき4 時 間 55 分 勤 務 すること (3) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 並 びに 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 5 日 間 のうちの2 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 において1 日 につき7 時 間 45 分 勤 務 すること (4) 日 曜 日 及 び 土 曜 日 並 びに 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 5 日 間 のうちの2 日 を 週 休 日 とし 週 休 日 以 外 の 日 のうち 2 日 については1 日 につき7 時 間 45 分 1 日 については1 日 につき3 時 間 55 分 勤 務 するこ と 2 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 育 児 短 時 間 勤 務 承 認 請 求 書 により 育 児 短 時 間 勤 務 をし ようとする 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 下 の 期 間 に 限 る ) の 初 日 及 び 末 日 並 びにその 勤 務 の 形 態 における 勤 務 の 日 及 び 時 間 帯 を 明 らかにして 理 事 長 等 に 対 し その 承 認 を 請 求 するものとする 3 理 事 長 等 は 前 項 の 規 定 による 請 求 があったときは

38 当 該 請 求 に 係 る 期 間 について 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずることが 困 難 である 場 合 を 除 き これを 承 認 しなければならない 4 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 は 理 事 長 等 に 対 し 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 延 長 を 請 求 することが できる 5 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 延 長 について 準 用 する 6 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 は 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 をし ている 職 員 が 産 前 の 休 業 を 始 め 若 しくは 出 産 した 場 合 当 該 職 員 が 休 職 若 しくは 停 職 の 処 分 を 受 けた 場 合 又 は 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 死 亡 し 若 しくは 当 該 職 員 の 子 でなくなった 場 合 には その 効 力 を 失 う 7 理 事 長 等 は 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 が 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 を 養 育 しなくなったこと 又 は 次 に 掲 げる 事 由 に 該 当 すると 認 めるときは 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 取 り 消 すものとする (1) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 について 当 該 育 児

39 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 以 外 の 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとするとき (2) 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 について 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 と 異 なる 内 容 の 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 しようとするとき 8 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 は 次 に 掲 げる 場 合 には 遅 滞 なく その 旨 を 養 育 状 況 変 更 届 により 理 事 長 等 に 届 け 出 なければならない (1) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 が 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 を 養 育 しなくなった 場 合 9 理 事 長 等 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 又 は 期 間 の 延 長 の 請 求 及 び 前 項 の 届 け 出 について その 事 由 を 確 認 す る 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 10 理 事 長 等 は 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 により 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 が 失 効 し 又 は 取 り 消 された 場 合 に

40 おいて 次 に 掲 げるやむを 得 ない 事 情 があると 認 めら れるときは その 事 情 が 継 続 している 期 間 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 をしていた 職 員 に 引 き 続 き 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 と 同 一 の 勤 務 の 日 及 び 時 間 帯 において 常 時 勤 務 を 要 する 職 を 占 めたまま 勤 務 させることができる (1) 過 員 を 生 ずること (2) 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 伴 い 任 用 されている 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 ( 育 児 休 業 法 第 23 条 第 2 項 に 規 定 する 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 をいう )を 任 期 付 短 時 間 勤 務 職 員 として 引 き 続 き 任 用 しておくことができ ないこと 第 5 章 育 児 時 間 ( 育 児 時 間 ) 第 24 条 理 事 長 等 は 職 員 ( 育 児 短 時 間 勤 務 をしてい る 職 員 を 除 く )が 育 児 時 間 承 認 請 求 書 により 請 求 し た 場 合 において 業 務 の 運 営 に 支 障 がないと 認 めると きは 当 該 職 員 がその 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで の 子 を 養 育 するため1 日 につき2 時 間 を 超 えない 範 囲

41 内 で 勤 務 しないこと( 以 下 この 条 において 育 児 時 間 という )を 承 認 することができる 2 育 児 時 間 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わ りにおいて 30 分 を 単 位 として 行 うものとする 3 第 17 条 第 1 項 第 8 号 の 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する 育 児 時 間 の 承 認 については 1 日 につき2 時 間 から 当 該 休 暇 を 承 認 されている 時 間 を 減 じた 時 間 を 超 えない 範 囲 内 で 行 うものとする 4 理 事 長 等 は 育 児 時 間 の 承 認 の 請 求 及 び 第 6 項 の 届 け 出 について その 事 由 を 確 認 する 必 要 があると 認 め るときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 5 前 条 第 6 項 及 び 第 7 項 の 規 定 は 育 児 時 間 について 準 用 する 6 育 児 時 間 をしている 職 員 は 次 に 掲 げる 場 合 には 遅 滞 なく その 旨 を 養 育 状 況 変 更 届 により 理 事 長 等 に 届 け 出 なければならない (1) 育 児 時 間 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合

42 (2) 育 児 時 間 に 係 る 子 が 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 育 児 時 間 に 係 る 子 を 養 育 しなくなった 場 合 (4) 職 員 が 育 児 時 間 により 養 育 している 子 を 当 該 育 児 時 間 をすることにより 養 育 している 時 間 に 当 該 職 員 以 外 の 当 該 子 の 親 が 養 育 することができること となった 場 合 7 育 児 時 間 については 給 与 規 則 第 64 条 の 規 定 にか かわらず その 期 間 の 勤 務 しない 時 間 1 時 間 につき 給 与 規 則 第 68 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 を 減 額 して 給 与 を 支 給 する 第 6 章 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ( 育 児 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 ) 第 25 条 理 事 長 等 は 次 に 掲 げる 職 員 がその 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 支 障 があ る 場 合 を 除 き 当 該 職 員 に 当 該 請 求 に 係 る 早 出 遅 出 勤 務 ( 理 事 長 があらかじめ 定 める 特 定 の 時 刻 を 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 とする 勤 務 時 間 の 割 振 りによる 勤 務 をいう

43 次 条 及 び 第 34 条 において 同 じ )をさせるものとす る (1) 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 (2) 小 学 校 に 就 学 している 子 のある 職 員 であって 理 事 長 の 定 めるもの ( 育 児 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 の 請 求 手 続 等 ) 第 26 条 職 員 は 早 出 遅 出 勤 務 承 認 請 求 書 により 早 出 遅 出 勤 務 を 請 求 する1の 期 間 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 期 間 という )について その 初 日 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 次 条 において 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 という )と する 日 を 明 らかにして あらかじめ 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする 2 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 の 支 障 の 有 無 について 速 やか に 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 当 該 通 知 後 において 業 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じる 日 が あることが 明 らかとなった 場 合 にあっては 理 事 長 等

44 は 当 該 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し その 旨 を 通 知 しなければならない 3 理 事 長 等 は 前 条 の 請 求 に 係 る 事 由 について 確 認 す る 必 要 があると 認 めるときは 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 して 証 明 書 類 の 提 出 を 求 めることができる 第 27 条 第 25 条 の 規 定 による 請 求 がされた 後 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はさ れなかったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 前 2 号 に 掲 げる 場 合 のほか 当 該 請 求 をした 職 員 が 第 25 条 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 (4) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 早 出 遅 出 勤 務 開 始 日 以 後 早 出 遅 出 勤 務 終 了 日 とされ た 日 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由

45 が 生 じた 場 合 には 第 25 条 の 規 定 による 請 求 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 早 出 遅 出 勤 務 期 間 の 末 日 とする 請 求 であったものとみなす 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 滞 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない 4 前 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 育 児 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 の 制 限 ) 第 28 条 理 事 長 等 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまで の 子 のある 職 員 ( 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 であるも のが 深 夜 ( 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 をいう 以 下 同 じ )において 常 態 として 当 該 子 を 養 育 することができるものとして 理 事 長 の 定 める 者 に 該 当 する 場 合 における 当 該 職 員 を 除 く )が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 著 しく 支 障 がある 場 合 を 除 き 深 夜 における 勤 務 をさせては ならない ( 育 児 を 行 う 職 員 の 深 夜 勤 務 の 制 限 の 請 求 手 続 等 )

46 第 29 条 職 員 は 深 夜 勤 務 制 限 承 認 請 求 書 により 深 夜 勤 務 の 制 限 を 請 求 する1の 期 間 (6 箇 月 以 内 の 期 間 に 限 る 次 条 において 深 夜 勤 務 制 限 期 間 という )について その 初 日 ( 以 下 この 条 及 び 次 条 において 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 という ) 及 び 末 日 ( 次 条 に おいて 深 夜 勤 務 制 限 終 了 日 という )とする 日 を 明 らかにして 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 の1 箇 月 前 までに 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする 2 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 においては 理 事 長 等 は 業 務 の 運 営 の 支 障 の 有 無 について 速 やか に 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 当 該 通 知 後 において 業 務 の 運 営 に 支 障 が 生 じる 日 があることが 明 らかとなった 場 合 にあっては 理 事 長 等 は 当 該 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 しその 旨 を 通 知 しなければならない 3 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 条 の 規 定 による 請 求 に ついて 準 用 する 第 30 条 第 28 条 の 規 定 による 請 求 がされた 後 深 夜 勤

47 務 制 限 開 始 日 とされた 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 のい ずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はされなか ったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 前 2 号 に 掲 げる 場 合 のほか 当 該 請 求 をした 職 員 が 第 28 条 に 規 定 する 職 員 に 該 当 しなくなった 場 合 (4) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 深 夜 勤 務 制 限 開 始 日 以 後 深 夜 勤 務 制 限 終 了 日 とされ た 日 の 前 日 までに 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 第 28 条 の 規 定 による 請 求 は 当 該 事 由 が 生 じた 日 を 深 夜 勤 務 制 限 期 間 の 末 日 とする 請 求 であったものとみなす 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 滞 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない

48 4 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 育 児 を 行 う 職 員 の 超 過 勤 務 の 制 限 ) 第 31 条 理 事 長 等 は 3 歳 に 満 たない 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 した 場 合 には 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずること が 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 勤 務 ( 以 下 超 過 勤 務 という )をさせてはな らない 第 31 条 の2 理 事 長 等 は 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する までの 子 のある 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 請 求 し た 場 合 には 当 該 請 求 をした 職 員 の 業 務 を 処 理 するた めの 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 である 場 合 を 除 き 1 月 について24 時 間 1 年 について150 時 間 を 超 えて 超 過 勤 務 をさせてはならない ( 育 児 を 行 う 職 員 の 超 過 勤 務 の 制 限 の 請 求 手 続 等 ) 第 32 条 職 員 は 超 過 勤 務 制 限 承 認 請 求 書 により 超 過 勤 務 の 制 限 を 請 求 する1の 期 間 について その 初 日

49 ( 以 下 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 という ) 及 び 期 間 ( 1 年 又 は1 年 に 満 たない 月 を 単 位 とする 期 間 に 限 る )を 明 らかにして 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 を 行 うものとする この 場 合 において 第 31 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 と 前 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 とが 重 複 しな いようにしなければならない 2 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 があった 場 合 に おいては 理 事 長 等 は これらの 規 定 に 規 定 する 措 置 を 講 ずることが 著 しく 困 難 であるかどうかについて 速 やかに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければな らない 3 理 事 長 等 は 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 が 当 該 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 ( 以 下 この 項 において 1 週 間 経 過 日 とい う ) 前 の 日 を 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 とする 請 求 であっ た 場 合 で これらの 規 定 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるため に 必 要 があると 認 めるときは 当 該 超 過 勤 務 制 限 開 始

50 日 から1 週 間 経 過 日 までの 間 のいずれかの 日 に 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 変 更 することができる 4 理 事 長 等 は 前 項 の 規 定 により 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 変 更 した 場 合 においては 当 該 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 を 当 該 変 更 前 の 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 当 該 請 求 をした 職 員 に 対 し 通 知 しなければならない 5 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 第 31 条 又 は 前 条 の 規 定 による 請 求 について 準 用 する 第 33 条 第 31 条 又 は 第 31 条 の2の 規 定 による 請 求 がされた 後 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には 当 該 請 求 はされなかったものとみなす (1) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 死 亡 した 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しに より 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなった 場 合 (3) 当 該 請 求 をした 職 員 が 当 該 請 求 に 係 る 子 と 同 居 し ないこととなった 場 合 2 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 から 起 算 して 第 31 条 又 は 第

51 1 条 の2の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 を 経 過 する 日 の 前 日 までの 間 に 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 には これらの 規 定 による 請 求 は 超 過 勤 務 制 限 開 始 日 から 当 該 事 由 が 生 じた 日 までの 期 間 につ いての 請 求 であったものとみなす (1) 前 項 各 号 に 掲 げるいずれかの 事 由 が 生 じた 場 合 (2) 当 該 請 求 に 係 る 子 が 第 31 条 の 規 定 による 請 求 にあっては3 歳 に 第 31 条 の2の 規 定 による 請 求 にあっては 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 した 場 合 3 前 2 項 の 場 合 において 職 員 は 遅 延 なく 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 旨 を 理 事 長 等 に 届 け 出 なけれ ばならない 4 第 26 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 届 出 について 準 用 する ( 介 護 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 並 びに 深 夜 勤 務 及 び 超 過 勤 務 の 制 限 ) 第 34 条 第 25 条 から 前 条 まで( 第 27 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 第 30 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 第

52 31 条 並 びに 前 条 第 1 項 第 3 号 を 除 く )の 規 定 は 要 介 護 者 を 介 護 する 職 員 について 準 用 する この 場 合 において 第 25 条 中 次 に 掲 げる 職 員 がその 子 を 養 育 とあるのは 要 介 護 者 のある 職 員 が 当 該 要 介 護 者 を 介 護 と 第 27 条 第 1 項 第 1 号 第 30 条 第 1 項 第 1 号 及 び 前 条 第 1 項 第 1 号 中 子 とあるのは 要 介 護 者 と 第 27 条 第 1 項 第 2 号 第 30 条 第 1 項 第 2 号 及 び 前 条 第 1 項 第 2 号 中 子 が 離 縁 又 は 養 子 縁 組 の 取 消 しにより 当 該 請 求 をした 職 員 の 子 でなくなっ た とあるのは 要 介 護 者 と 当 該 請 求 をした 職 員 との 親 族 関 係 が 消 滅 した と 第 28 条 中 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 ( 職 員 の 配 偶 者 で 当 該 子 の 親 であるものが 深 夜 ( 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 をいう 以 下 同 じ )において 常 態 と して 当 該 子 を 養 育 することができるものとして 理 事 長 の 定 める 者 に 該 当 する 場 合 における 当 該 職 員 を 除 く )が 当 該 子 を 養 育 とあり 及 び 第 31 条 の2 中 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 のある 職 員 が 当 該 子

53 を 養 育 とあるのは 要 介 護 者 のある 職 員 が 当 該 要 介 護 者 を 介 護 と 第 32 条 第 1 項 から 第 3 項 まで 及 び 第 5 項 中 第 31 条 又 は 前 条 の とあるのは 前 条 の と 同 条 第 1 項 中 ものとする この 場 合 において 第 31 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 と 前 条 の 規 定 による 請 求 に 係 る 期 間 とが 重 複 しないようにしなけれ ばならない とあるのは ものとする と 同 条 第 2 項 及 び 第 3 項 中 これらの 規 定 とあるのは 同 条 と 前 条 第 1 項 及 び 第 2 項 中 第 31 条 又 は 第 31 条 の2 とあるのは 第 31 条 の2 と 前 条 第 2 項 中 次 の 各 号 とあるのは 前 項 第 1 号 又 は 第 2 号 と これら とあるのは 同 条 と 読 み 替 えるもの とする ( 修 学 等 を 行 う 職 員 の 早 出 遅 出 勤 務 及 び 請 求 手 続 等 ) 第 35 条 理 事 長 等 は 職 員 が 業 務 に 関 連 性 のある 夜 間 大 学 の 課 程 セミナー 資 格 講 座 等 による 修 学 を 行 う ために 請 求 した 場 合 には 業 務 の 運 営 に 支 障 がある 場 合 を 除 き 当 該 職 員 に 当 該 請 求 に 係 る 早 出 遅 出 勤 務 (

54 理 事 長 があらかじめ 定 める 特 定 の 時 刻 を 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 とする 勤 務 時 間 の 割 り 振 りによる 勤 務 をいう )をさせるものとする 2 第 26 条 の 規 定 は 前 項 の 請 求 について 準 用 する ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 時 間 外 勤 務 の 制 限 ) 第 36 条 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 及 び 産 後 1 年 を 経 過 しない 女 性 職 員 ( 以 下 妊 産 婦 である 女 性 職 員 という )が 請 求 した 場 合 には 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 又 は 週 休 日 において 勤 務 をさせてはならない 第 7 章 職 務 専 念 義 務 の 免 除 ( 職 員 の 健 康 の 保 持 増 進 のための 総 合 的 な 健 康 診 査 ) 第 37 条 理 事 長 等 は 職 員 が 請 求 した 場 合 には その 者 が 総 合 的 な 健 康 診 査 で 理 事 長 が 定 めるものを 受 ける ため 勤 務 しないことを 承 認 することができる 2 前 項 の 規 定 により 勤 務 しないことを 承 認 することが できる 時 間 は 1 日 の 範 囲 内 で 理 事 長 等 が 必 要 と 認 め る 時 間 とする ただし 特 別 の 事 情 があると 理 事 長 等 が 認 める 場 合 には 理 事 長 等 が 必 要 と 認 める 日 数 の 範

55 囲 内 で 必 要 と 認 める 時 間 とする ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 健 康 診 査 及 び 保 健 指 導 ) 第 38 条 理 事 長 等 は 妊 産 婦 である 女 性 職 員 が 請 求 し た 場 合 には 理 事 長 が 定 めるところにより その 者 が 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 第 10 条 に 規 定 する 保 健 指 導 又 は 同 法 第 13 条 に 規 定 する 健 康 診 査 を 受 けるため 勤 務 しないことを 承 認 しなければなら ない ( 妊 産 婦 である 女 性 職 員 の 業 務 軽 減 等 ) 第 39 条 理 事 長 等 は 妊 産 婦 である 女 性 職 員 が 請 求 し た 場 合 には その 者 の 業 務 を 軽 減 し 又 は 他 の 軽 易 な 業 務 に 就 かせなければならない 2 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 にお いて その 者 の 業 務 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 めるときは 当 該 職 員 が 適 宜 休 息 し 又 は 補 食 するために 必 要 な 時 間 勤 務 しないことを 承 認 す ることができる ( 妊 娠 中 の 女 性 職 員 の 通 勤 緩 和 )

56 第 40 条 理 事 長 等 は 妊 娠 中 の 女 性 職 員 が 請 求 した 場 合 において その 者 が 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 め るときは 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 理 事 長 の 定 める 時 間 勤 務 しないことを 承 認 しなけ ればならない (レクリエーションの 実 施 ) 第 41 条 理 事 長 等 は 勤 務 時 間 内 においてレクリエー ション 行 事 を 実 施 する 場 合 には 理 事 長 の 定 めるとこ ろにより 職 員 が 当 該 行 事 に 参 加 するために 必 要 な 時 間 勤 務 しないことを 承 認 することができる 第 8 章 雑 則 ( 実 施 規 定 ) 第 42 条 この 規 則 に 定 めるもののほか この 規 則 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 理 事 長 が 別 に 定 める 附 則 この 規 則 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号

57 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 則 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 規 則 による 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 ( 以 下 改 正 後 の 規 則 という ) 第 17 条 第 1 項 第 9 号 の 職 員 の 妻 の 出 産 に 係 る 入 院 等 の 日 から 当 該 出 産 の 日 後 2 週 間 を 経 過 する 日 までの 間 ( 当 該 期 間 の 初 日 を 除 く )にこの 規 則 の 施 行 の 日 がある 職 員 で 同 日 前 の 当 該 期 間 にこの 規 則 による 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 9 号 の 休 暇 を 使 用 したも のについては 理 事 長 が 定 める 日 又 は 時 間 の 改 正 後 の 規 則 第 17 条 第 1 項 第 9 号 の 休 暇 を 使 用 したものとみ なす 附 則 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 この 規 則 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号

58 1 この 規 則 は 平 成 18 年 7 月 1 日 から 施 行 する 2 この 規 則 の 施 行 の 際 現 に 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 2 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 指 定 され ている 職 員 の 終 業 時 刻 については 改 正 後 の 同 号 の 規 定 による 終 業 時 刻 とみなす 附 則 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 この 規 則 は 平 成 19 年 8 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 1 この 規 則 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する た だし 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 2 号 の 改 正 規 定 は 平 成 21 年 5 月 21 日 から 施 行 す る 2 この 規 則 の 施 行 の 際 現 に 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 2 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 指 定 され ている 職 員 の 終 業 時 刻 については 改 正 後 の 同 号 の 規

59 定 による 終 業 時 刻 とみなす 附 則 平 成 22 年 3 月 26 日 駐 労 規 第 5 号 この 規 則 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 平 成 22 年 6 月 30 日 駐 労 規 第 10 号 ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 則 は 平 成 22 年 6 月 30 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 規 則 の 日 前 に 使 用 された 改 正 前 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 11 号 の 休 暇 につい ては 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 17 条 第 1 項 第 11 号 の 休 暇 として 使 用 されたものとみなす 附 則 平 成 22 年 12 月 28 日 駐 労 規 第 15 号 この 規 則 は 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 し 改 正 後 の 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 第 16 条 の 規 定 は 同 日 以

60 後 に 使 用 した 病 気 休 暇 について 適 用 する 附 則 平 成 23 年 4 月 14 日 駐 労 規 第 9 号 この 規 則 は 平 成 23 年 4 月 14 日 から 施 行 する 別 表 第 1( 第 12 条 関 係 ) 在 職 期 間 日 数 1 月 に 達 するまでの 期 間 2 日 1 月 を 超 え2 月 に 達 するまでの 期 間 3 日 2 月 を 超 え3 月 に 達 するまでの 期 間 5 日 3 月 を 超 え4 月 に 達 するまでの 期 間 7 日 4 月 を 超 え5 月 に 達 するまでの 期 間 8 日 5 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 6 月 を 超 え7 月 に 達 するまでの 期 間 12 日 7 月 を 超 え8 月 に 達 するまでの 期 間 13 日 8 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 9 月 を 超 え10 月 に 達 するまでの 期 間 17 日 10 月 を 超 え11 月 に 達 するまでの 期 間 18 日 11 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日

61 別 表 第 2( 第 17 条 関 係 ) 親 族 日 数 配 偶 者 7 日 父 母 子 5 日 祖 父 母 3 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 け る 場 合 にあっては 7 日 ) 孫 兄 弟 姉 妹 1 日 3 日 おじ 又 はおば 1 日 ( 職 員 が 代 襲 相 続 し かつ 祭 具 等 の 承 継 を 受 け る 場 合 にあっては 7 日 ) 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 父 母 3 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 7 日 ) 子 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 子 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 5 日 ) 祖 父 母 の 配 偶 者 又 は 配 偶 者 の 祖 父 母 1 日 ( 職 員 と 生 計 を 一 にし ていた 場 合 にあっては 3 兄 弟 姉 妹 の 配 偶 者 又 日 )

62 は 配 偶 者 の 兄 弟 姉 妹 おじ 又 はおばの 配 偶 1 日 者

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 パート 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 64 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 第 2 条 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 雇 用

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4

Microsoft Word - 01国立大学法人岐阜大学職員就業規則25.4 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 62 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )の 理 念 と 目 標 を 確 実 に 実 現 させ, 社 会 から 期 待 される 使 命 や 機 能 を 果 たすため, 本 学 に 勤 務 する

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで 休 暇 の 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 3 月 24 日 甲 通 達 警 第 18 号 ) みだしのことについては 静 岡 県 警 察 職 員 の 勤 務 休 日 休 暇 等 の 管 理 に 関 する 訓 令 ( 平 成 7 年 県 本 部 訓 令 第 7 号 以 下 勤 務 訓 令 という ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 定 め 平 成 7 年 4 月 1 日

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information