Microsoft Word 外語群日語類-專_一_.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 4-16-1-外語群日語類-專_一_.doc"

Transcription

1 注 意 : 考 試 開 始 鈴 ( 鐘 ) 響 前, 不 可 以 翻 閱 試 題 本 100 學 年 度 技 術 校 院 四 年 制 與 專 科 學 校 二 年 制 統 一 入 學 測 驗 試 題 本 外 語 群 日 語 類 專 業 科 目 ( 一 ): 日 文 閱 讀 注 意 事 項 1. 請 核 對 考 試 科 目 與 報 考 群 ( 類 ) 別 是 否 參 相 符 考 2. 請 檢 查 答 案 卡 ( 卷 ) 座 位 及 准 考 證 三 者 之 號 碼 是 否 完 全 相 同, 如 有 不 符, 請 監 試 人 員 查 明 處 理 3. 本 試 卷 共 50 題, 每 題 2 分, 共 100 分, 答 對 給 分, 答 錯 不 倒 扣 4. 本 試 卷 均 為 單 一 選 擇 題, 每 題 都 有 (A) (B) (C) (D) 四 個 選 項, 請 選 一 個 最 適 當 答 案, 在 答 案 卡 同 一 題 號 對 應 方 格 內, 用 2B 鉛 筆 塗 滿 方 格, 但 不 超 出 格 外 5. 有 關 數 值 計 算 題 目, 以 最 接 近 答 案 為 準 6. 本 試 卷 空 白 處 或 背 面, 可 做 草 稿 使 用 7. 請 在 下 欄 方 格 內, 填 妥 准 考 證 號 碼 ; 考 完 後 將 答 案 卡 ( 卷 ) 及 試 題 本 一 併 繳 回 准 考 證 號 碼 : 考 試 開 始 鈴 ( 鐘 ) 響 時, 請 先 填 寫 准 考 證 號 碼, 再 翻 閱 試 題 本 作 答 第 1 頁

2 第 一 部 分 : 字 彙 測 驗 ( 第 1 至 15 題, 每 題 2 分, 合 計 30 分 ), 請 選 出 最 適 當 答 案 1. 北 海 道 には 牧 場 がたくさんあるので 牛 乳 が 新 鮮 でおいしい (A) まくじょう (B) もくじょう (C) ぼくじょう (D) ばくじょう 2. この 薬 は 二 日 酔 いに 効 果 が 抜 群 だ (A) ばつぐん (B) ばっくん (C) ばつくん (D) ばっぐん 3. 入 り 口 に 頭 上 注 意 と 書 いてある (A) とうじょうちゅうい (B) あたまうえちゅうい (C) かしらうえちゅうい (D) ずじょうちゅうい 4. 人 は 楽 しみのために 馬 を 競 走 させ それを 競 馬 と 呼 ぶ (A) きょうば (B) けいば (C) きょうま (D) けいま 5. 化 粧 品 は 化 学 製 品 だから 使 い 過 ぎると 肌 に 良 くない (A) けしょうひん (B) かしょうひん (C) けっしょうひん (D) かしょうびん 6. 鈴 木 公 君 は 今 席 を 外 しているんですが もうすぐ 告 試 戻 ると 思 います 題 (A) はが (B) はず (C) そと (D) がい 7. コップが 倒 れて 水 が 零 れた (A) つぶ (B) こぼ (C) こわ (D) おぼ 8. 政 府 は 速 やかに 救 災 活 動 を 展 開 した (A) すば (B) すこ (C) すみ (D) はや 9. 一 日 中 いろんな 所 に 足 を 運 んで になっていた 參 考 (A) くだくだ (B) ぺたぺた (C) すらすら (D) くたくた 10.a 弟 は 学 校 から 帰 る 途 中 雨 に 降 られて になって 帰 ってきた (A) びしょびしょ (B) びしびし (C) びりびり (D) びくびく 11.a 図 書 室 で 借 りた 本 は 読 み 終 わったら 必 ず 本 だなに ください (A) かわして (B) もどって (C) もどして (D) かえって 12.a おとした 財 布 はいくらさがしても んです (A) みつからない (B) みつめない (C) みつけない (D) みつかない 13.a この 辺 りはめったに 人 が 通 らないから 一 人 で 歩 くと です (A) きびしい (B) みにくい (C) きたない (D) こころぼそい 14.a 最 近 日 月 潭 に ができて 多 くの 観 光 客 をひきつけたそうです (A) ロップウェイ (B) ロープウェイ (C) ロプウェイ (D) ロブウェイ 15.a 妹 は 全 国 のピアノ で 優 勝 した (A) コンクリート (B) コンサート (C) コンクール (D) コンセント 第 2 頁

3 第 二 部 分 : 文 法 測 驗 ( 第 16 至 35 題, 每 題 2 分, 合 計 40 分 ), 請 選 出 最 適 當 答 案 16.a 私 は 毎 日 電 車 会 社 へ 行 きます (A) に (B) を (C) が (D) で 17.a ちょっとそこへ 行 ってきますから ここ 待 っていてください (A) を (B) で (C) と (D) に 18.a テーブルの 上 に 飲 み 物 が 置 いて ます (A) おき (B) い (C) あり (D) しまい 19.a 花 子 さんは きれいです (A) やさしくで (B) やさしいて (C) やさしいで (D) やさしくて 20.a 先 生 はもう (A) お 帰 りしましたか (B) お 帰 りになりましたか (C) お 帰 らせましたか (D) お 帰 りいたしましたか 21.a ウイスキーとブランデーと 公 告 がお 好 きですか 試 題 (A) どちら (B) どこ (C) どの (D) どなた 22.a 私 は 将 来 日 本 へ 留 学 思 っています (A) しようと (B) すると (C) して (D) しように 23.a この 箱 は そうですね (A) 丈 夫 で (B) 丈 夫 の (C) 丈 夫 な (D) 丈 夫 24.a 卒 業 したら 貿 易 会 社 に つもりです 參 考 (A) 勤 める (B) 勤 めよう (C) 勤 めたい (D) 勤 めた 25.a 陳 さんは 今 日 学 校 を 休 んでいます かもしれません (A) 病 気 だ (B) 病 気 (C) 病 気 な (D) 病 気 で 26.a 菊 池 先 生 はとても 先 生 です (A) まじめの (B) まじめだ (C) まじめに (D) まじめな 27.a 台 南 は 寒 くないです (A) あまり (B) よく (C) たくさん (D) とても 28.a おとといは 天 気 がよくて です (A) 暑 い (B) 暑 くない (C) 暑 かった (D) 暑 ければ 29.a 子 のころ この 川 で 泳 ぎました (A) たまにしか (B) ときどき (C) すこしも (D) あまりにも 30.a 電 車 を 1 時 間 も 待 っている まだ 来 ません (A) から (B) ので (C) し (D) のに 31.a タクシーの 中 に 傘 を 忘 れて (A) みました (B) おきました (C) しまいました (D) もらいました 第 3 頁

4 32.a わたしは 泥 棒 にノートブックを (A) 盗 みました (B) 盗 まなかった (C) 盗 まれました (D) 盗 めなかった 33.a はじめまして わたしは 陳 台 生 と (A) いらっしゃいます (B) もうします (C) おっしゃいます (D) もうされます 34.a いもうとは 来 月 小 学 校 卒 業 し 中 学 校 進 学 します (A) から を (B) より を (C) を に (D) に を 35.a わたしの 趣 味 は 本 を 読 む です (A) こと (B) もの (C) ところ (D) とき 第 三 部 分 : 閱 讀 測 驗 ( 第 36 至 50 題, 每 題 2 分, 合 計 30 分 ) 閱 讀 下 文, 回 答 第 題 1997 年 の 国 連 総 会 で インド 洋 の 島 国 国 家 モルディブ 共 和 国 の 大 統 領 は このまま 海 面 の 上 昇 が 続 けば 十 数 年 後 にモルディブなどの 島 嶼 国 家 は 完 全 に 水 没 してしまう と 全 世 界 にむけて 国 家 消 滅 の 危 機 を 訴 えた なぜ 海 面 が 上 昇 するのだろうか 地 球 の 平 均 気 温 が 少 しずつ 上 昇 する 地 球 温 暖 化 とよばれる 現 象 が 1980 年 代 から 顕 著 になってきた 地 球 温 暖 化 が 進 むと 南 極 大 陸 やグリーンランドなどの 氷 が 溶 け また 海 水 も 膨 張 するため 海 面 が 上 昇 する モルディブなど 島 嶼 国 家 は 平 均 海 抜 1 ~ 2 メートルと 低 いため 海 面 上 昇 の 影 響 を 強 く 受 けることになる 地 球 温 暖 化 によって 水 没 する 危 険 があるのは 大 陸 沿 海 部 の 參 都 市 も 同 じである 考 加 えて 地 球 温 暖 化 は 異 常 気 象 をもたらし 世 界 各 地 の 気 候 を 激 変 させ 生 態 系 を 破 壊 し 農 業 水 産 業 など の 食 料 生 産 に 大 きな 打 撃 を 与 えると 予 測 されている 地 球 温 暖 化 の 主 な 原 因 は 産 業 革 命 後 石 炭 や 石 油 など 化 石 燃 料 の 消 費 が 急 増 した ことで 温 室 効 果 をもつ 二 酸 化 炭 素 の 大 気 中 濃 度 が 高 まったことだと えられている 36.a この 文 章 での 国 家 消 滅 の 危 機 とはどういうことか (A) 国 の 気 候 が 激 変 すること (B) 国 が 水 没 すること (C) 国 に 温 室 効 果 をもつこと (D) 国 で 食 料 が 足 りないこと 37.a 海 面 が 上 昇 する 原 因 に 直 接 関 わらないのは 何 か (A) 地 球 温 暖 化 が 進 むこと (B) 南 極 大 陸 やグリーンランドなどの 氷 が 溶 けること (C) 海 水 が 膨 張 すること (D) 異 常 気 象 をもたらすこと 38.a 地 球 温 暖 化 による 出 来 事 として 予 測 されていないのは 何 か (A) 島 嶼 国 家 や 大 陸 沿 海 部 の 都 市 が 水 没 すること (B) 食 料 生 産 に 大 きな 影 響 を 与 えること (C) 島 嶼 国 家 は 平 均 海 抜 1 ~ 2 メートルであること (D) 生 態 系 を 破 壊 すること 第 4 頁

5 39.a 地 球 温 暖 化 のおもな 原 因 に 繫 がらないのは 何 か (A) 化 石 燃 料 の 消 費 が 急 増 したこと (B) 海 面 が 上 昇 すること (C) 大 気 中 二 酸 化 炭 素 の 濃 度 が 高 まったこと (D) 高 濃 度 の 二 酸 化 炭 素 は 温 室 効 果 を 持 つこと 40.a 文 章 の 内 容 に 合 っていない 叙 述 を 選 びなさい (A) 異 常 気 象 によって 世 界 各 地 の 気 候 が 激 変 する (B) 異 常 気 象 は 生 態 系 を 破 壊 する (C) 異 常 気 象 は 食 料 生 産 に 大 きな 打 撃 を 与 える (D) 異 常 気 象 によって 地 球 の 平 均 気 温 が 少 しずつ 上 昇 する 閱 讀 下 文, 回 答 第 題 文 部 科 学 省 が 行 っている 体 力 運 動 能 力 調 査 ( 1 ) 子 どもの 体 力 運 動 能 力 は 昭 和 60 年 ごろから 現 在 まで 低 下 傾 向 が 続 いています 現 在 の 子 どもの 結 果 をその 親 の 世 代 である 30 年 前 と 比 較 すると ほとんどのテスト 項 目 において 子 どもの 世 代 が 親 の 世 代 を( 2 ) 一 方 身 長 体 重 など 子 どもの 体 格 についても 同 様 に 比 較 すると 逆 に 親 の 世 代 を( 3 ) このように 体 格 が 向 上 しているにもかかわらず 体 力 運 動 能 力 が 低 下 していることは 身 体 能 力 の 低 下 が 深 刻 な 状 況 であることを 示 している といえます また 最 近 の 子 ども 達 は 靴 の( 4 ) を 結 べない スキップができない など 自 分 の 身 体 を 操 作 する 能 力 の 低 下 も 指 摘 されています 子 どもの 体 力 の 低 下 は 将 来 に 国 民 全 体 の 体 力 低 下 につながり 生 活 習 慣 病 の 増 加 やストレスに 対 する 抵 抗 力 の 低 下 などを 引 き 起 こすことが 懸 念 され 社 会 全 体 の 活 力 が 失 われるという 事 態 に 発 展 しかねません 參 考 41.a ( 1 ) に 入 る 最 も 適 切 な 語 を 選 びなさい (A) によると (B) によって (C) といえば (D) として 42.a ( 2 ) ( 3 ) に 入 る 言 葉 の 組 み 合 わせとして 適 当 なものを 選 びなさい (A) 2 上 回 っています 3 上 回 っています (B) 2 下 回 っています 3 下 回 っています (C) 2 上 回 っています 3 下 回 っています (D) 2 下 回 っています 3 上 回 っています 43.a ( 4 ) に 入 る 最 も 適 切 な 語 を 選 びなさい (A) いと (B) ひも (C) なわ (D) せん 44.a 子 どもの 体 力 が 低 下 することで 心 配 される 影 響 として 間 違 っているものを 一 つ 選 びなさい (A) 生 活 習 慣 病 の 増 加 (B) ストレスに 対 する 抵 抗 力 の 低 下 (C) 社 会 の 活 力 の 喪 失 (D) 体 格 の 向 上 45.a この 文 章 が 指 摘 する 最 近 の 子 どものことで 正 しいものを 一 つ 選 びなさい (A) 身 体 操 作 能 力 が 低 下 したこと (B) 体 を 動 かすのが 上 手 になったこと (C) 生 活 習 慣 がよくなったこと (D) 体 格 が 低 下 したこと 第 5 頁

6 閱 讀 下 文, 回 答 第 題 結 婚 適 齢 期 という 言 葉 がある つい 最 近 まで 女 性 の 結 婚 適 齢 期 は 20 歳 から 25 歳 の 間 だと 言 われ 25 歳 を 過 ぎる とお 見 合 いの 条 件 が 悪 くなったりした ところが 今 は 結 婚 しないで 働 く 女 性 がふえてきた 社 会 の 中 で 働 く 喜 びを 知 った 女 性 たちは 結 婚 を 永 久 就 職 などとみなさなくなったということだろうか この 若 い 女 性 の 独 身 志 向 が 日 本 の 社 会 を 変 えつつある お 見 合 いでは 女 性 は 若 いこと 新 鮮 であること が 価 値 とされていた まるで 果 物 や 野 菜 を 選 ぶときのように 品 定 めされていたのである ところが 今 は 女 性 が 男 性 を 品 定 めすることも 多 くなった 3 高 という 言 葉 をご 存 知 だろうか 背 が 高 く 学 歴 が 高 く 収 入 が 高 い というのが 最 近 の 若 い 女 性 にとっての 理 想 の 男 性 像 なのだそうだ 首 都 圏 の 独 身 OL は 男 性 に 対 してこんな 高 い 理 想 を 持 っているうえに 8 割 以 上 が 一 人 でいることに 不 便 を 感 じない そうだから 独 身 男 性 にとっては 結 婚 相 手 を 得 にくい 受 難 の 時 代 になっているようである 46.a 文 章 公 に 合 っていない 叙 告 述 を 選 びなさい 試 題 (A) つい 最 近 まで 女 性 の 結 婚 適 齢 期 は 20 歳 から 25 歳 の 間 だと 言 われた (B) つい 最 近 まで 女 性 は 結 婚 を 永 久 就 職 などとみなしていた (C) いまの 若 い 女 性 の 独 身 志 向 が 日 本 の 社 会 を 変 えていない (D) いまは 結 婚 しないで 働 く 女 性 がふえてきた 47.a 本 文 の 内 容 に 合 っていないものを 選 びなさい (A) 今 までお 見 合 いでは 女 性 は 若 いこと 新 鮮 であること が 価 値 とされていた (B) 今 は 女 性 が 男 性 を 品 定 めすることが 參 多 くなった 考 (C) 今 は 男 性 が 結 婚 相 手 を 得 にくい 受 難 の 時 代 である (D) 女 性 は 独 身 でいると 高 い 収 入 を 得 られる 48.a 最 近 の 女 性 が 結 婚 しない 理 由 として 正 しくないものを 選 びなさい (A) 結 婚 を 永 久 就 職 とみなさなくなったこと (B) 一 人 でいることに 不 便 を 感 じなくなったこと (C) 25 歳 を 過 ぎるとお 見 合 いできなくなること (D) 社 会 の 中 で 働 く 喜 びを 知 ったこと 49.a 3 高 の 内 容 として 正 しくないものを 選 びなさい (A) 3 高 を 結 婚 相 手 の 条 件 とする 女 性 は 結 婚 するのが 早 い (B) 3 高 とは 背 が 高 い 学 歴 が 高 い 収 入 が 高 い ことを 指 す (C) 3 高 は 女 性 にとっての 理 想 の 男 性 像 である (D) 3 高 は 女 性 が 男 性 を 品 定 めするときの 基 準 である 50.a 永 久 就 職 の 説 明 として 正 しいものを 選 びなさい (A) 結 婚 したあとも 年 をとるまで 同 じ 会 社 で 仕 事 ができること (B) 一 度 結 婚 すれば 主 婦 として 安 定 した 生 活 を 確 保 できること (C) 結 婚 相 手 と 同 じ 会 社 で 定 年 まで 一 緒 に 仕 事 ができること (D) 結 婚 すれば 死 ぬまで 高 い 収 入 が 保 証 されること 第 6 頁

7 以 下 空 白 參 考 第 7 頁

8 參 考 第 8 頁

總複習教材

總複習教材 100 學 年 度 四 技 二 專 統 一 入 學 測 驗 外 語 群 日 語 類 專 業 ( 一 ) 試 題 第 一 部 份 : 字 彙 測 驗 ( 第 1 至 15 題, 每 題 2 分, 合 計 30 分 ) 第 1 至 15 題, 每 題 有 A B C D 四 個 選 項, 請 選 出 最 適 當 者 1. 北 海 道 には 牧 場 がたくさんあるので 牛 乳 が 新 鮮 でおいしい (A)

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 經 總 統 公 布, 並 自 公 布 後 一 年 施 行 為 有 效 推 動 本 法 施 行, 實 施 室 內 空 氣 品 質 專 責 人 員 制 度, 建 立 公 告 場 所 自 我 維

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案)

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案) 公 立 各 級 學 校 專 任 教 師 兼 職 處 理 原 則 部 分 規 定 修 正 規 定 二 教 師 在 服 務 學 校 以 外 之 機 關 ( 構 ) 兼 職, 依 本 原 則 規 定 辦 理 但 兼 任 行 政 職 務 之 教 師, 其 兼 職 範 圍 及 許 可 程 序, 依 公 務 員 服 務 法 規 定 辦 理, 並 不 適 用 第 三 點 第 四 點 及 第 十 點 規 定 三 教

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給 國 立 臺 中 科 技 大 學 語 文 學 院 104 學 年 度 第 2 學 期 第 3 次 院 務 會 議 紀 錄 開 會 時 間 : 年 3 月 28 日 ( 星 期 一 ) 上 午 10 時 10 分 開 會 地 點 : 中 正 大 樓 4 樓 3401 院 辦 公 室 會 議 主 席 : 邱 院 長 出 席 列 席 人 員 : 如 簽 到 單 記 錄 : 林 壹 主 席 致 詞 ( 略 )

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information



 104 年 專 門 職 業 及 技 術 人 員 普 通 考 試 導 遊 人 員 領 隊 人 員 考 試 試 題 代 號 :2701 頁 次 :8-1 等 別 : 普 通 考 試 類 科 : 華 語 領 隊 人 員 科 目 : 領 隊 實 務 ( 包 括 觀 光 法 規 入 出 境 相 關 法 規 外 匯 常 識 民 法 債 編 旅 遊 專 節 與 國 外 定 型 化 旅 遊 契 約 臺 灣 地 區

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 香 港 の 中 学 生 用 体 験 交 流 型 日 本 語 教 材 プロジェクト 日 本 語 を 必 修 科 目 として 学 習 している 中 学 生 へのアンケート 調 査 結 果 から 得 られた 示 唆 The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies: Interactivity, Praxis

More information

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc)

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc) 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 緣 起 本 會 於 民 國 八 十 五 年 元 月 二 十 日 舉 行 成 立 大 會, 同 年 二 月 二 十 六 日 獲 內 政 部 頒 發 立 案 證 書 ( 字 號 : 台 內 社 字 第 8504979 號 ), 正 式 成 立 社 團 法 人 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 本 會 是 以 服 務 全 國 自 閉 症 家 庭 為 主 的 人 民 團

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當 東 海 大 學 中 等 教 育 學 程 師 資 生 實 地 學 習 紀 錄 表 學 生 姓 名 : 邱 鎂 玲 學 號 :1021649 科 目 : 教 育 哲 學 日 期 時 間 :104 年 12 月 24 日 ( 星 期 五 ) 14 時 00 分 至 16 時 30 分 ( 教 師 訪 談 ) 104 年 12 月 25 日 ( 星 期 五 ) 09 時 00 分 至 11 時 30 分 (

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

★最終校/12-綜合討論.indd

★最終校/12-綜合討論.indd 綜 合 討 論 綜 合 討 論 主 持 人 : 林 鎮 國 ( 台 灣 國 立 政 治 大 學 教 授 ) 林 鎮 國 教 授 歡 迎 大 家 再 次 回 到 研 討 會, 現 在 進 行 最 後 一 場 的 綜 合 座 談 我 是 林 鎮 國, 現 任 政 治 大 學 哲 學 系 及 宗 教 研 究 所 的 老 師 因 為 今 天 研 究 所 有 課, 所 以 現 在 才 來 到 會 場, 在 此

More information

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒 本 院 100 學 年 度 專 任 教 師 專 長 一 覽 表 級 職 姓 名 最 高 學 歷 任 課 科 目 專 長 助 理 教 授 兼 幼 保 系 主 任 教 授 兼 幼 兒 科 學 教 育 中 心 主 任 陳 志 賢 張 靜 儀 高 雄 師 範 大 學 輔 導 與 諮 商 研 究 所 哲 學 博 士 美 國 東 密 西 根 大 學 物 理 研 究 所 碩 士 教 授 薛 梨 真 國 立 高 雄

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

Microsoft Word - 星埜由尚全文

Microsoft Word - 星埜由尚全文 日 本 地 圖 的 數 位 化 星 埜 由 尚 社 團 法 人 日 本 測 量 協 會 副 會 長 一 日 本 地 圖 繪 製 史 述 略 在 日 本, 地 圖 的 歷 史 源 遠 流 長 根 據 日 本 書 紀 中 大 化 2 年 (646) 八 月 詔 書 裡 所 記 載 的 宜 觀 各 國 持 來 疆 界 圖 以 定 將 來 國 縣 之 名, 可 知 曾 對 各 封 國 要 求 提 出 地 圖

More information

A- 日 本 與 能 力 測 驗 58 A-00041 新 日 本 語 能 力 試 驗 N1 聽 解 978-986-6020-30-8 102-7 專 案 計 畫 購 買 59 A-00042 U-CAN 日 本 語 能 力 試 験 N1 文 字. 語 彙 重 點 整 理 978-986-6132

A- 日 本 與 能 力 測 驗 58 A-00041 新 日 本 語 能 力 試 驗 N1 聽 解 978-986-6020-30-8 102-7 專 案 計 畫 購 買 59 A-00042 U-CAN 日 本 語 能 力 試 験 N1 文 字. 語 彙 重 點 整 理 978-986-6132 A- 日 本 與 能 力 測 驗 編 號 書 名 ISBN 備 註 1 A-00001-a U-CAN の 日 本 語 能 力 試 験 N1 模 擬 試 題 集 附 1cd 978-986-6438-86-8 大 新 書 局 贈 2 A-00001-b U-CAN の 日 本 語 能 力 試 験 N1 模 擬 試 題 集 附 1cd 978-986-6438-86-8 大 新 書 局 贈 3 A-00001-c

More information

前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其

前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其 香 港 頻 率 劃 分 表 二 零 一 一 年 四 月 電 訊 管 理 局 前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其 他 適 用 範 圍 的 日

More information

壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一 種 香 料, 直 到 十 四 世 紀 黑 死 病 爆 發 之 後, 歐 洲 勞 動 力 減 少, 加 上 小 麥 與 大 麥 的 低 產 量 使 人 們 無 法 生 存, 這 時 產 量 高 供 給 也 高

壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一 種 香 料, 直 到 十 四 世 紀 黑 死 病 爆 發 之 後, 歐 洲 勞 動 力 減 少, 加 上 小 麥 與 大 麥 的 低 產 量 使 人 們 無 法 生 存, 這 時 產 量 高 供 給 也 高 投 稿 類 別 : 觀 光 餐 旅 類 篇 名 : 以 三 種 品 種 米 穀 粉 製 作 米 麵 包 之 探 討 作 者 : 潘 暐 中 樹 德 家 商 高 三 21 班 陳 誥 青 樹 德 家 商 高 三 21 班 鄭 俊 豪 樹 德 家 商 高 三 21 班 指 導 老 師 : 楊 又 齡 老 師 1 壹 前 言 一 研 究 背 景 在 古 代 的 西 歐 中, 他 們 將 稻 米 當 成 一

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc 第 1 版 鐸 聲 發 行 : 汪 大 久 編 輯 : 羅 立 凡 袁 輔 綸 出 刊 : 一 年 十 月 三 日 美 編 排 版 : 廖 綢 出 版 : 明 道 中 學 輔 導 處 71 期 -- 性 別 平 等 教 育 特 刊 校 園 性 平 事 件 之 辨 識 與 應 承 擔 的 責 任 桃 園 農 工 陳 文 玲 性 別 平 等 教 育 法 ( 簡 稱 性 平 法 ) 修 正 條 文, 經

More information

Title 在 台 湾 日 系 企 業 の 社 内 コミュニケーションに 対 する 駐 在 員 の 認 識 Author(s) 唐 澤, 麻 里 ; 野 々 口, ちとせ; 陳, 明 涓 ; 孫, 愛 維 ; 河 先, 岡 崎, 眸 Citation お 茶 の 水 女 子 大 学 人 文 科 学 研 究 Issue Date 2011-03-30 URL http://hdl.handle.net/10083/50695

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63> ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット

More information

防災辦公室報告

防災辦公室報告 第 二 章 地 區 環 境 概 述 第 一 節 地 理 環 境 三 民 區 位 於 高 雄 市 的 中 央 地 帶, 東 接 高 雄 市 的 鳳 山 區 與 鳥 松 仁 武 兩 區 ; 西 至 鼓 山 鹽 埕 二 區, 以 仁 愛 河 為 界 ; 南 連 前 金 新 興 苓 雅 三 區, 以 仁 愛 河 南 支 線 ( 已 改 建 運 河 ) 為 界 ; 北 鄰 鼓 山 左 營 二 區, 以 仁 愛

More information

How to use JR-West

How to use JR-West 按 分 類 搜 尋 目 次 購 買 車 票 きっぷの 購 入... 2 種 類 種 類... 2 車 票 種 類 きっぷの 分 類... 2 一 般 車 票 通 常 のきっぷ... 3 ICOCA ICOCA... 13 針 對 訪 日 外 國 旅 客 的 商 品 訪 日 外 国 人 向 け 商 品... 20 優 惠 車 票 ( 超 值 優 惠 車 票 ) おトクなきっぷ(トクトクきっぷ)...

More information

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc 如 何 幫 助 新 生 適 應 幼 兒 園 的 生 活 壹 前 言 ~~ 哇 ~ 哇 ~ 哇 ~ 媽 媽 我 不 要 上 學, 我 要 回 家, 每 逄 開 學, 幼 兒 園 門 口 總 是 熱 閙 非 凡, 精 彩 萬 分, 一 個 個 可 愛 的 小 天 使 轉 眼 間 變 成 小 惡 魔, 有 的 愣 頭 愣 腦 有 的 躲 在 牆 角 哀 哀 啜 泣 有 的 滿 地 打 滾 有 的 甚 至

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於 投 稿 類 別 : 藝 術 類 篇 名 : 宅 出 天 下! 御 宅 族 作 者 : 蔡 宜 珊 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 童 琬 萱 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 邱 讌 婷 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 指 導 老 師 : 張 佳 娜 老 師 壹 前 言 一 研 究

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206)

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206) 政 務 活 動 費 の 事 務 処 理 マニュアル 平 成 25 年 3 月 岩 手 県 議 会 ~ は じ め に ~ 岩 手 県 議 会 では 地 方 議 員 の 調 査 活 動 基 盤 を 充 実 させ その 審 議 能 力 を 強 化 させるとともに 併 せて その 使 途 の 透 明 性 を 確 保 する という 地 方 自 治 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 平 成 13 年 3 月 に

More information

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是 規 則 戰 鬥 武 力 3500 的 夏 侯 惇 因 騎 術 訓 練 而 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 攻 擊 疲 憊 狀 態 武 力 3500 的 張 飛, 互 相 給 予 3500 戰 鬥 傷 害, 會 互 相 撤 退 嗎? 說 明 書 寫 承 受 到 武 力 數 值 以 上 的 傷 害 的 武 將 必 須 撤 退 這 樣 的 話, 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 下, 受 到 原 本 武 力

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

3ey11.tpf

3ey11.tpf Part 1 健 康 食 品 的 基 本 認 識 003 大 部 分 的 人 有 一 種 重 大 的 錯 誤 觀 念, 也 就 是 藥 草 健 康 食 品 食 療 對 健 康 有 益, 對 疾 病 無 影 響, 就 是 所 謂 的 有 病 治 病, 無 病 補 身 的 觀 念 有 些 人 更 捨 棄 健 康 均 衡 之 飲 食, 而 惡 補 成 癖 國 內 目 前 並 沒 有 有 專 門 評 估

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

651,000 円 から 1,618,999 円 まで 収 入 金 額 -650,000 円 1,619,000 円 から 1,619,999 円 まで 969,000 円 1,620,000 円 から 1,621,999 円 まで 970,000 円 1,622,000 円 から 1,623,99

651,000 円 から 1,618,999 円 まで 収 入 金 額 -650,000 円 1,619,000 円 から 1,619,999 円 まで 969,000 円 1,620,000 円 から 1,621,999 円 まで 970,000 円 1,622,000 円 から 1,623,99 住 民 税 とは 住 民 税 の 納 税 額 を 計 算 してみよう 個 人 の 住 民 税 額 は 以 下 の 流 れで 毎 年 5 月 までに 決 定 され 6 月 から 納 税 開 始 となります 時 期 サラリーマンの 場 合 個 人 事 業 主 や 無 職 の 人 など 1 月 ~勤 め 先 の 会 社 から 市 区 町 村 役 場 へ 3 月 給 与 支 払 報 告 書 が 送 られる

More information

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ 整 理 番 号 : 経 済 産 業 省 7 平 成 28 年 度 関 税 率 関 税 制 度 改 正 要 望 事 項 調 査 票 ( 延 長 ) 要 望 元 : 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 紙 業 服 飾 品 課 品 名 ( 関 税 率 関 係 ) 又 は 皮 革 革 靴 の 関 税 割 当 制 度 制 度 名 ( 関 税 制 度 関 係 ) 改 正 要 望 の 内 容 改 正 を 要

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

02時評2-胡錦濤因應內憂外患安全環境下的軍方人事調整.indd

02時評2-胡錦濤因應內憂外患安全環境下的軍方人事調整.indd 胡 錦 濤 因 應 內 憂 外 患 安 全 環 境 下 的 軍 方 人 事 調 整 Hu Jintao s Personnel Adjustment in Military Under Trouble Time of Security Circumstance 楊 志 恆 (Yang, Chih-Heng) 淡 江 大 學 東 南 亞 研 究 所 兼 任 副 教 授 壹 前 言 中 共 最 近 對

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

屏東高中九十八學年第二學期行政主管會報會議紀錄

屏東高中九十八學年第二學期行政主管會報會議紀錄 屏 東 高 中 104 學 年 度 第 2 學 期 第 1 次 行 政 會 報 會 議 紀 錄 壹 時 間 :105 年 2 月 23 日 上 午 8 時 30 分 貳 地 點 : 本 校 行 政 大 樓 四 樓 第 一 會 議 室 參 主 持 人 : 陳 校 長 長 瑞 肆 出 席 人 員 : 如 簽 名 單 伍 主 席 報 告 : 紀 錄 : 陳 淑 丹 一 上 次 會 議 執 行 : ( 一

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

(92)20~31 場 ~ ~ニ 市 立 中 度 願 申 出 候 ニ 付, 町 年 寄 打 寄 一 市 之 義 先 年 之 通 り 市 場 ~ ~に 相 立 可 申 事 ~ 大 宮 郷 帳 元 支 配 ~29 頁 43~46 頁 44~45 頁 に 所 収 ) 53~56 頁 ) ~40 頁,2 藤 田 32~34 頁 ) 159~176 頁,が 138~ ~15 頁 581~583

More information

第1回大学生の生活と意識アンケート~首都圏私立3大学編~

第1回大学生の生活と意識アンケート~首都圏私立3大学編~ 第 1 回 大 学 生 の 生 活 と 意 識 アンケート ~ 首 都 圏 私 立 3 大 学 編 ~ 2013 年 度 社 会 調 査 実 習 A B 1 このアンケートの 目 的 について 私 たちは 専 修 大 学 人 間 科 学 部 社 会 学 科 の 授 業 社 会 調 査 実 習 A B の 一 環 として 首 都 圏 の3 大 学 ( 慶 應 義 塾 大 学 成 蹊 大 学 専 修 大

More information

壹 正 文 一 背 景 台 灣 人 真 的 很 愛 喝 飲 料 根 據 統 計, 國 人 飲 料 攝 取 頻 率 比 10 年 前 增 長 兩 倍, 近 五 成 學 童 每 天 喝 1 瓶 飲 料 ( 林 貞 岑,2011) 近 年 來, 飲 料 的 市 場 越 來 越 大, 含 糖 飲 料 如 雨

壹 正 文 一 背 景 台 灣 人 真 的 很 愛 喝 飲 料 根 據 統 計, 國 人 飲 料 攝 取 頻 率 比 10 年 前 增 長 兩 倍, 近 五 成 學 童 每 天 喝 1 瓶 飲 料 ( 林 貞 岑,2011) 近 年 來, 飲 料 的 市 場 越 來 越 大, 含 糖 飲 料 如 雨 投 稿 類 別 : 健 康 與 護 理 類 篇 名 : 含 糖 飲 料 中 的 成 份 對 青 少 年 的 影 響 作 者 : 高 儀 玲 私 立 三 信 家 商 綜 合 高 中 應 用 英 語 學 程 三 年 一 組 林 芳 妤 私 立 三 信 家 商 綜 合 高 中 應 用 英 語 學 程 三 年 一 組 謝 雅 涵 私 立 三 信 家 商 綜 合 高 中 應 用 英 語 學 程 三 年 一 組

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

I II III 役 割 と 諸 問 題 IV

I II III 役 割 と 諸 問 題 IV 韓 国 退 職 年 金 制 度 における 諸 問 題 と 改 善 方 案 I II III 役 割 と 諸 問 題 IV I I. 退 職 年 金 の 制 度 導 入 老 後 所 得 保 障 の 体 系 多 層 老 後 所 得 保 障 の 体 系 : 基 礎 老 齡 年 金, 国 民 年 金, 特 殊 職 域 年 金 (1 層 ), 退 職 年 金 (2 層 ), 個 人 年 金 (3 層 ) 公

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 15 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] < 特 別 講 座 第 1 講 > 日 本 語 教 育 におけるバフチン 言 語 学 的 視 点 < 特 別 講 座 第 2 講 > テーマ 中 心 の 基 礎 日 本 語 教 育 その 内 容 と 習 得 の 原 理 西 口 光

More information

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ

Q6. 私 は11 月 30 日 に 退 職 しますが 調 書 を 提 出 する 必 要 がありますか? A 退 職 予 定 の 場 合 でも 平 成 26 年 10 月 1 日 時 点 での 確 認 になりますので 記 載 内 容 を 確 認 のうえ 添 付 書 類 と 一 緒 に 事 業 主 へ 平 成 26 年 度 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 に 関 するQ&A 調 書 について ( 被 保 険 者 用 ) Q1.なぜ 毎 年 被 扶 養 者 資 格 再 確 認 ( 調 書 )を 行 うのですか? A 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 50 条 に 基 づき 保 険 者 として 被 扶 養 者 資 格 の 再 確 認 を 実 施 し ています 就 職 や 収 入 超 過 等

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 千 葉 大 学 授 業 料 免 除 Q&A( 平 成 28 年 度 版 ) 周 知 方 法 Q 授 業 料 免 除 及 び 納 入 猶 予 の 実 施 に 伴 う 周 知 はどのようにされるのでしょうか? A 原 則 として 掲 示 や 千 葉 大 学 HP 及 び 千 葉 大 学 一 斉 メールにより 行 いますので 見 落 としのないよう に 各 自 が 注 意 をしていてください 主 な 掲

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2.

資 料 1 1. 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 厚 生 年 金 保 険 や 共 済 年 金 に 加 入 していた20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 期 間 国 民 年 金 に 加 入 し 保 険 料 を 納 めた 期 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 2. N P O の 市 民 講 座 15 配 布 資 料 年 金 の もら い 忘 れは ありま せ ん か? 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 講 師 増 田 文 香 配 布 資 料 資 料 1 資 料 2 年 金 時 効 特 例 法 について 年 金 記 録 1/4~4/4 年 金 給 付 編 1/4~4/4 2011 年 ( 平 成 23 年 ) 9 月 4 日 ( 日 ) 川 口 東 口

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc 石 井 望 VS 任 天 豪 : 日 清 公 函 能 說 明 釣 魚 台 新 史 實 嗎? 平 成 28 年 5 月 8 日 投 稿 風 傳 媒,5 月 15 日 上 午 7 點 10 分 上 刊 http://www.storm.mg/article/116887 釣 魚 台 在 歷 史 上 是 無 主 地, 東 邊 琉 球 日 本, 西 邊 福 建 清 國, 雙 方 中 間 一 向 尋 不 著

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63> Q1 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 事 業 者 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 ( 納 税 義 務 者 )に 対 して 支 払 う 給 与 から 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )を 天 引 きし 従 業 員 に 代 わってその 従 業 員 に 課 税 した 市 町 村 に 納 入 する 制 度 です Q2

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590> 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 解 散 の 記 録 岡 山 県 元 ゼンセン 同 盟 正 織 労 組 組 合 長 小 塩 武 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 日 紡 基 金 という)を 厚 生 省 は 平 成 6 年 11 月 16 日 付 で 解 散 を 認 可 する 日 紡 基 金 の 解 散 は 19 番 目 業 種 別 では 日 紡 基 金 を 含 めて

More information

1 自 分 で 歯 磨 きをして 出 来 ないところがあったので 職 員 に 手 伝 ってほしいと 頼 んだのに 自 分 で 頑 張 るように 言 われた できないから 頼 んだのに どうしてしてもらえないのか? 不 快 な 思 いをさせてしまい 大 変 申 し 訳 ありませんでした 今 まで 歯 磨 きは 自 分 で 磨 いている 方 な ので ご 本 人 の 話 を 十 分 に 聞 かずに 出

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

日刊版ひながた

日刊版ひながた [ 華 鐘 通 信 ] 日 刊 2015 年 11 月 30 日 ( 月 ) 第 3682 号 発 行 : 華 鐘 コンサルタントグループ ニュース 提 供 : 時 事 通 信 社 DAILY HUAZHONG NEWS 華 鐘 グループのお 知 らせ SHIS 12 月 用 友 年 度 決 算 操 作 実 例 共 有 学 習 会 のご 案 内... 2 用 友 年 度 決 算 操 作 実 例 共

More information