ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した

Size: px
Start display at page:

Download "ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した"

Transcription

1 自治体提携慶弔共済保険 やすらぎ 全福ネット慶弔共済保険 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 ご契約のしおり 普通保険約款 特約 冊子 2013 年6月版 一般財団法人 全国勤労者福祉 共済振興協会

2 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものですので 必 ずご 一 読 いただき ご 契 約 後 も 保 険 証 券 と 共 に 保 管 してくださいますようお 願 いいたします また この 冊 子 の 後 段 には 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 の 普 通 保 険 約 款 の 全 文 を 記 載 し ております 普 通 保 険 約 款 は 共 済 保 険 契 約 の 保 障 や 手 続 き 権 利 義 務 を 規 定 している 文 章 で 契 約 書 と 同 等 の 効 力 のものです これについてもご 一 読 をお 願 いいたします ご 不 明 な 点 お 気 づきの 点 がございましたら ご 遠 慮 なく 全 労 済 協 会 までお 問 い 合 わ せください

3 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 目 次 ご 契 約 のしおり Ⅰ. 概 要 A-2 1. 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 の 全 体 像 A-2 2. 約 款 の 構 成 A-2 3. 保 険 契 約 上 の 定 義 について A-3 4. 本 人 保 障 条 項 について A-3 5. 本 人 財 産 保 障 条 項 について A-6 6. 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 について A-7 Ⅱ.ご 契 約 にあたって A-9 互 助 規 約 の 提 出 のお 願 い A-9 Ⅲ.ご 契 約 後 特 にご 注 意 いただきたいこと A 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 の 記 載 内 容 について A-10 2.ご 確 認 いただきたい 事 項 A 保 険 料 のお 支 払 いについて A-11 4.お 客 さまに 関 する 情 報 の 取 扱 いについて A-11 5.その 他 ご 注 意 いただきたいこと A-12 Ⅳ. 保 険 金 請 求 手 続 きについて A 保 険 金 のご 請 求 A 保 険 金 の 支 払 時 期 A 保 険 金 請 求 権 の 時 効 A 異 議 申 し 立 て A-13 普 通 保 険 約 款 特 約 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 普 通 保 険 約 款 B-4 特 約 B-30 A-1

4 ご 契 約 のしおり Ⅰ. 概 要 1. 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 の 全 体 像 注 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 は 中 小 企 業 勤 労 者 福 祉 サービスセンター( ) の 実 施 する 勤 労 者 福 祉 事 業 の 共 済 給 付 事 業 を 保 障 する 保 険 です ( 注 ) 勤 労 者 互 助 会 勤 労 者 共 済 会 等 の 名 称 は 問 いません 2. 約 款 の 構 成 普 通 保 険 約 款 は 使 用 する 用 語 の 定 義 を 定 めた 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 会 員 ご 本 人 が 死 亡 または 後 遺 障 害 となった 場 合 の 保 障 内 容 を 定 めた 第 2 章 本 人 保 障 条 項 会 員 の 建 物 や 家 財 が 火 災 等 の 事 故 で 損 害 を 受 けた 場 合 の 保 障 を 定 めた 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 会 員 ご 本 人 や 会 員 のご 家 族 の 慶 弔 事 由 が 発 生 した 場 合 の 互 助 金 を 支 給 す る 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 と 各 保 障 条 項 に 共 通 に 適 用 される 第 5 章 基 本 条 項 により 構 成 されています 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 ( ) 第 2 章 本 人 保 障 条 項 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 A-2

5 第 5 章 基 本 条 項 本 人 保 障 条 項 は 死 亡 の 原 因 別 に すべての 死 亡 と 疾 病 死 亡 とに 分 かれています 3. 保 険 契 約 上 の 定 義 について ⑴ 団 体 とは 1 中 小 企 業 勤 労 者 福 祉 サービスセンター 等 の 互 助 事 業 ( 相 互 扶 助 事 業 )を 行 ってい る 団 体 で 本 保 険 の 契 約 者 となります 2 この 団 体 は 本 人 保 障 条 項 本 人 財 産 保 障 条 項 においては 対 象 者 に 関 する 保 険 金 請 求 を 行 い 受 領 した 保 険 金 を 対 象 者 に 支 払 います また この 団 体 は 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 においては 被 保 険 者 となり 保 険 金 を 請 求 し 保 険 金 を 受 け 取 ります ⑵ 対 象 者 とは 1 中 小 企 業 勤 労 者 福 祉 サービスセンター 等 の 互 助 事 業 ( 相 互 扶 助 事 業 )を 行 ってい る 団 体 の 会 員 である 事 業 主 およびその 従 業 員 をさします 2 会 員 は 本 人 保 障 条 項 本 人 財 産 保 障 条 項 においては 被 保 険 者 となり また 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 においては 団 体 の 行 う 互 助 事 業 に 基 づき 団 体 から 互 助 金 の 支 払 いを 受 けます 4. 本 人 保 障 条 項 について ⑴ 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 対 象 者 ( 会 員 )ご 本 人 に 対 して 次 の 表 の 支 払 事 由 に 該 当 した 場 合 に 保 険 金 を 支 払 い ます 保 険 金 種 類 1 死 亡 保 険 金 対 象 者 が 死 亡 した 場 合 支 払 事 由 1 疾 病 死 亡 保 険 金 対 象 者 が 疾 病 により 死 亡 した 場 合 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 と して 死 亡 した 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 とし て 死 亡 した 場 合 4 増 加 死 亡 保 険 金 4 増 加 疾 病 死 亡 保 険 金 5 重 度 障 害 保 険 金 保 険 始 期 における 年 齢 が 満 65 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 死 亡 した 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 満 65 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 疾 病 により 死 亡 した 場 合 対 象 者 が 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 5 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 対 象 者 が 疾 病 により 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 A-3

6 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 8 増 加 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 と して 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 となっ た 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 とし て 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 疾 病 により 満 65 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 疾 病 により 満 65 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 普 通 保 険 約 款 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 傷 病 等 により 休 業 した 場 合 ⑵ 保 険 金 をお 支 払 いできない 場 合 すべての 死 亡 ケース A B C D 保 険 金 をお 支 払 いできない 場 合 保 険 金 受 取 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 対 象 者 が 次 の1~4のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 場 合 1 対 象 者 が 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1) を 持 たないで 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 2 対 象 者 が 酒 に 酔 った 状 態 ( 注 2) で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 してい る 間 3 対 象 者 が 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 してい る 間 4 対 象 者 が 疾 患 疾 病 により 心 神 喪 失 の 状 態 にいる 間 ( 注 1) 運 転 する 地 における 法 令 による 運 転 資 格 をいいます ( 注 2)アルコールの 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 または 身 体 に 道 路 交 通 法 施 行 令 ( 昭 和 35 年 政 令 第 270 号 ) 第 44 条 の3(アルコー ルの 程 度 )で 定 める 程 度 以 上 にアルコールを 保 有 する 状 態 をいいます E 対 象 者 の 自 殺 行 為 である 場 合 ( 注 3) ( 注 3) 支 払 事 由 発 生 時 において 対 象 者 が 団 体 に 所 属 している 期 間 が1 年 以 上 であり かつ 団 体 がこの 会 と 締 結 した 当 初 の 保 険 契 約 の 始 期 日 から1 年 以 上 経 過 している 場 合 は 除 きます A-4

7 1~9の 保 険 金 の 種 類 ごとにA~Eの 適 用 不 適 用 があります 表 中 の は 保 険 金 をお 支 払 いできないことを 表 しています 例 )1 死 亡 保 険 金 で A. 保 険 金 受 取 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 の 場 合 は 保 険 金 をお 支 払 いできません 保 険 金 の 種 類 ケース A B C D E 1 死 亡 保 険 金 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 ( 注 ) 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 ( 注 ) 4 増 加 死 亡 保 険 金 5 重 度 障 害 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 ( 注 ) 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 ( 注 ) 8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 ( 注 ) E. 対 象 者 の 自 殺 行 為 は1458がお 支 払 いできない 事 由 となりますが 2367にお いては 対 象 者 の 自 殺 行 為 は B. 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 に 該 当 します 疾 病 死 亡 ケース A B C D 保 険 金 をお 支 払 いできない 場 合 保 険 金 受 取 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 対 象 者 が 次 の1~4のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 場 合 1 対 象 者 が 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1) を 持 たないで 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 2 対 象 者 が 酒 に 酔 った 状 態 ( 注 2) で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 してい る 間 3 対 象 者 が 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 してい る 間 4 対 象 者 が 疾 患 疾 病 により 心 神 喪 失 の 状 態 にいる 間 ( 注 1) 運 転 する 地 における 法 令 による 運 転 資 格 をいいます ( 注 2)アルコールの 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 または 身 体 に 道 路 交 通 法 施 行 令 ( 昭 和 35 年 政 令 第 270 号 ) 第 44 条 の3(アルコー ルの 程 度 )で 定 める 程 度 以 上 にアルコールを 保 有 する 状 態 をいいます A-5

8 1~9の 保 険 金 の 種 類 ごとにA~Dの 適 用 不 適 用 があります 表 中 の は 保 険 金 をお 支 払 いできないことを 表 しています ケース A B C D 保 険 金 の 種 類 1 疾 病 死 亡 保 険 金 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 4 増 加 疾 病 死 亡 保 険 金 5 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 8 増 加 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 5. 本 人 財 産 保 障 条 項 について ⑴ 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 対 象 者 ( 会 員 )ご 本 人 に 対 して 次 の 表 の 支 払 事 由 に 該 当 した 場 合 に 保 険 金 を 支 払 い ます 保 険 金 種 類 1 火 災 等 による 住 宅 災 害 保 険 金 2 自 然 災 害 による 住 宅 災 害 保 険 金 支 払 事 由 対 象 者 が 居 住 している 建 物 または 建 物 に 収 容 さ れている 家 財 が 火 災 等 の 事 故 により 損 害 を 受 け た 場 合 対 象 者 が 居 住 している 建 物 が 自 然 災 害 により 損 害 を 受 けた 場 合 床 上 浸 水 以 外 の 場 合 床 上 浸 水 の 場 合 ⑵ 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 次 の1 2を 直 接 的 な 原 因 あるいは 間 接 的 な 原 因 として 発 生 した 場 合 1 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 2 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 の 作 用 A-6

9 6. 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 について ⑴ 互 助 金 ( 保 険 金 )をお 支 払 いする 場 合 団 体 が 行 う 互 助 事 業 において 次 の 互 助 金 種 類 表 の 互 助 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じ 団 体 が 対 象 者 に 対 して 互 助 金 を 支 払 った 場 合 または 団 体 が 対 象 者 への 支 払 いを 決 定 している 場 合 に 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 を 保 険 金 とし て 支 払 います 互 助 金 種 類 表 互 助 金 種 類 1 配 偶 者 の 死 亡 弔 慰 金 2 子 の 死 亡 弔 慰 金 3 親 の 死 亡 弔 慰 金 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 5 結 婚 祝 金 6 出 生 祝 金 7 就 学 祝 金 対 象 者 の 配 偶 者 が 死 亡 した 場 合 支 払 事 由 対 象 者 の 子 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 の 子 の 死 亡 は 妊 娠 7か 月 以 上 経 過 した 後 に 死 産 した 場 合 も 含 みます 対 象 者 および 対 象 者 の 配 偶 者 の 親 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 と 同 居 する 配 偶 者 または6 親 等 内 の 血 族 もしくは3 親 等 内 の 姻 族 ( 以 下 親 族 という )が 普 通 保 険 約 款 第 3 章 ( 本 人 財 産 保 障 条 項 ) 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 支 払 事 由 によって 死 亡 した 場 合 対 象 者 が 結 婚 した 場 合 対 象 者 の 子 が 出 生 した 場 合 ただし 対 象 者 の 子 が 出 生 して14 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 には 出 生 祝 金 は 支 払 いません 対 象 者 の 子 が 次 のア.~エ.の 学 校 に 就 学 した 場 合 ア. 小 学 校 イ. 中 学 校 ウ. 高 等 学 校 エ. 大 学 8 成 人 祝 金 対 象 者 が 成 人 した 場 合 ( 満 20 歳 に 達 した 場 合 ) 9 還 暦 祝 金 対 象 者 が 還 暦 をむかえた 場 合 ( 満 60 歳 に 達 した 場 合 ) 10 古 希 祝 金 対 象 者 が 古 希 をむかえた 場 合 ( 満 69 歳 に 達 した 場 合 ) 11 結 婚 記 念 祝 金 対 象 者 が 次 のア.~ク.の 結 婚 記 念 日 をむかえた 場 合 ア.15 周 年 ( 水 晶 婚 祝 金 ) イ.20 周 年 ( 磁 器 婚 祝 金 ) ウ.25 周 年 ( 銀 婚 祝 金 ) エ.30 周 年 ( 真 珠 婚 祝 金 ) オ.35 周 年 ( 珊 瑚 婚 祝 金 ) カ.40 周 年 (ルビー 婚 祝 金 ) キ.45 周 年 (サファイア 婚 祝 金 ) ク.50 周 年 ( 金 婚 祝 金 ) A-7

10 12 在 会 祝 金 13 退 会 餞 別 金 14 勤 続 祝 金 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってから 次 のア.~エ.の 期 間 ( 注 ) を 経 過 した 場 合 ア. 在 会 5 年 イ. 在 会 10 年 ウ. 在 会 15 年 エ. 在 会 20 年 ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってからの 通 算 の 在 会 年 数 をいいます 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 となってから 次 のア.~オ.の 期 間 ( 注 ) を 経 過 して 団 体 の 構 成 員 でなくなった 場 合 ア. 在 会 5 年 以 上 10 年 未 満 イ. 在 会 10 年 以 上 ウ. 定 年 退 会 - 在 会 3 年 以 上 5 年 未 満 エ. 定 年 退 会 - 在 会 5 年 以 上 10 年 未 満 オ. 定 年 退 会 - 在 会 10 年 以 上 ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってからの 通 算 の 在 会 年 数 をいいます 対 象 者 が 従 事 する 企 業 等 の 従 業 員 となってからの 期 間 ( 注 ) または 対 象 者 が 事 業 主 の 場 合 は 同 一 の 事 業 を 営 んだ 期 間 が 次 のア.~キ. の 期 間 を 経 過 した 場 合 ア.10 年 イ.15 年 ウ.20 年 エ.25 年 オ.30 年 カ.35 年 キ.40 年 ( 注 ) 対 象 者 が 同 一 企 業 に 連 続 して 勤 務 した 期 間 をいいます ⑵ 互 助 金 ( 保 険 金 )をお 支 払 いできない 主 な 場 合 次 の 表 に 掲 げる 互 助 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 し た 場 合 お 支 払 いできない 互 助 金 の 種 類 1 配 偶 者 の 死 亡 弔 慰 金 2 子 の 死 亡 弔 慰 金 3 親 の 死 亡 弔 慰 金 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 次 の 表 に 掲 げる 互 助 金 支 払 事 由 が 次 の1 2を 直 接 的 な 原 因 あるいは 間 接 的 な 原 因 として 発 生 した 場 合 1 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 A-8

11 の 有 害 な 特 性 2 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 の 作 用 お 支 払 いできない 互 助 金 の 種 類 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 互 助 規 約 の 提 出 のお 願 い Ⅱ. ご 契 約 にあたって 互 助 規 約 とは 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 ) に 定 めている 内 容 で お 客 様 ( 団 体 )において 定 めている 相 互 扶 助 事 業 の 規 定 をさし ています 保 障 条 項 ( 第 2 章 本 人 保 障 条 項 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 )にそれぞれ 規 定 するとおり 各 保 険 金 は 必 ずお 客 様 ( 団 体 )において 定 めている 互 助 規 約 の 範 囲 内 であることを 条 件 としています ついてはこの 共 済 保 険 を 適 正 に 運 営 するために 全 労 済 協 会 では 互 助 規 約 をお 客 様 からご 提 出 いただき 内 容 を 確 認 することが 共 済 保 険 認 可 上 の 条 件 となっています 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 ) ⑸ 互 助 規 約 団 体 が 実 施 している 互 助 事 業 を 規 定 している 文 章 をいいます その 文 章 は1~3の 通 り とします 1 運 営 規 定 規 約 会 則 その 他 名 称 を 問 いません 2 互 助 金 の 種 類 支 払 事 由 等 を 規 定 していることを 要 します 3 対 象 者 へ 周 知 されていることを 要 します 第 2 章 本 人 保 障 条 項 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 保 険 期 間 中 に⑵ 保 険 金 種 類 表 の 保 険 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 にこの 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います ただし 保 険 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 保 険 期 間 中 に⑵ 保 険 金 種 類 表 の 保 険 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 にこの 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います ただし 保 険 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります A-9

12 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 団 体 が 行 う 互 助 事 業 において ⑵ 互 助 金 種 類 表 の 互 助 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じ 団 体 が 対 象 者 に 対 して 互 助 金 を 支 払 った 場 合 または 団 体 が 対 象 者 への 支 払 いを 決 定 している 場 合 に この 約 款 に 従 いその 互 助 金 の 全 部 または 一 部 の 金 額 ( 注 ) に 対 して 保 険 証 券 記 載 の 保 険 金 額 を 保 険 金 として 支 払 います ただし 互 助 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります ( 注 ) 一 部 とは 団 体 がこの 保 険 契 約 の 上 乗 せ 保 障 または 独 自 の 保 障 を 実 施 していた 場 合 で 対 象 者 に 支 払 う 互 助 金 の 総 額 がこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 を 超 える 場 合 をいいます Ⅲ. ご 契 約 後 特 にご 注 意 いただきたいこと 1. 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 の 記 載 内 容 について 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 の 記 載 内 容 をご 確 認 ください 万 一 お 申 込 時 点 と 異 なる 点 がございましたら 全 労 済 協 会 までご 連 絡 ください 2.ご 確 認 いただきたい 事 項 ⑴ 告 知 事 項 ご 契 約 者 ( 団 体 )は 保 険 契 約 の 締 結 に 際 し 保 険 契 約 申 込 書 に 対 象 者 数 を 正 確 に ご 記 入 ください 対 象 者 の 人 数 を 故 意 または 重 大 な 過 失 により 過 少 に 記 載 した 場 合 に は ご 契 約 を 解 除 させていただく 場 合 があります ⑵ 通 知 事 項 1 ご 契 約 者 ( 団 体 )は 毎 月 の 通 知 日 ( 毎 月 の1 日 )における 対 象 者 数 を 全 労 済 協 会 所 定 の 通 知 書 に 記 載 し 通 知 提 出 日 ( 通 知 日 の 属 する 月 の5 営 業 日 目 の 日 )まで に 通 知 しなければなりません ( 注 ) 対 象 者 の 減 員 または 増 員 の 有 無 にかかわらずご 通 知 ください 2 通 知 書 が 提 出 されなかった 場 合 は 前 回 の 通 知 提 出 日 における 対 象 者 数 を 通 知 日 における 対 象 者 数 とみなします 3 対 象 者 が 増 員 となった 場 合 において 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 通 知 をしな かった 場 合 には ご 契 約 を 解 除 させていただく 場 合 があります ⑶ 対 象 者 数 が 過 少 であった 場 合 の 保 険 金 額 ご 契 約 者 ( 団 体 )が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 上 記 ⑴ ⑵の 対 象 者 数 が 実 際 の 対 象 者 数 より 過 少 であった 場 合 において 対 象 者 数 の 過 少 の 事 実 があった 後 に 支 払 事 由 が 発 生 した 場 合 は 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 をもって 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 の 金 額 とみなします A-10

13 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 保 険 契 約 申 込 書 記 載 の 対 象 者 数 または 通 知 された 対 象 者 数 実 際 の 対 象 者 数 = 保 険 金 額 3. 保 険 料 のお 支 払 いについて ⑴ 保 険 料 の 払 込 方 法 保 険 料 は 月 単 位 で 払 い 込 むものとし ご 契 約 者 ( 団 体 )は 毎 月 1 日 における 対 象 者 全 員 分 の 保 険 料 を 一 括 して 払 込 期 日 ( 通 知 日 の 属 する 月 の7 営 業 日 )までにお 支 払 いいただきます ⑵ 払 込 猶 予 期 間 保 険 料 は 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 の 払 込 期 日 まで お 支 払 いを 猶 予 いたします ⑶ 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 した 場 合 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 しても 保 険 料 のお 支 払 いがなかった 場 合 は 払 込 期 日 の 属 する 月 の1 日 以 降 に 発 生 した 支 払 事 由 に 対 しては 保 険 金 をお 支 払 いできなくなったり ご 契 約 を 解 除 させていただく 場 合 があります 4.お 客 さまに 関 する 情 報 の 取 扱 いについて ⑴ お 客 さまに 関 する 情 報 の 利 用 目 的 について この 保 険 契 約 のお 申 込 みまたは 事 故 の 発 生 等 に 際 して お 客 さまよりご 提 供 いただ いた 情 報 について 保 険 制 度 の 健 全 な 運 営 とお 客 さまに 対 するサービスの 提 供 等 のた め 次 の 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 において 利 用 させていただきます 保 険 契 約 の 引 受 保 険 金 の 支 払 いその 他 全 労 済 協 会 の 保 険 契 約 の 履 行 および 付 帯 サービスの 提 供 保 険 事 故 の 調 査 ( 医 療 機 関 当 事 者 等 の 関 係 先 に 対 する 照 会 等 を 含 みます ) 全 労 済 協 会 の 保 険 商 品 各 種 サービスの 案 内 提 供 ⑵ お 客 さまに 関 する 情 報 の 第 三 者 提 供 について この 保 険 契 約 のお 申 込 みまたは 事 故 の 発 生 等 に 際 して お 客 さまよりご 提 供 いただ いた 情 報 について 保 険 制 度 の 健 全 な 運 営 のため 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 そ の 他 の 法 令 等 に 規 定 されている 場 合 のほか 次 の 場 合 についても 第 三 者 に 提 供 するこ とがあります 保 険 契 約 の 適 正 な 引 受 保 険 金 の 適 正 な 支 払 いおよび 不 適 切 な 保 険 金 の 請 求 等 を 防 止 するため 損 害 保 険 会 社 等 の 間 において 保 険 契 約 保 険 事 故 保 険 金 請 求 ま たは 保 険 金 支 払 い 等 に 関 する 情 報 を 交 換 する 場 合 保 険 金 の 適 正 かつ 迅 速 な 支 払 いを 行 うために 必 要 な 範 囲 内 の 情 報 を 医 療 機 関 当 事 者 等 の 関 係 先 に 提 供 する 場 合 A-11

14 5.その 他 ご 注 意 いただきたいこと ⑴ 優 良 戻 しについて この 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 契 約 の 収 支 を 全 労 済 協 会 の 事 業 年 度 毎 に 計 算 し そ の 結 果 として 予 定 支 払 率 より 保 険 金 の 支 払 が 少 なかった 場 合 は 予 定 支 払 率 以 下 と なった 優 良 成 績 の 団 体 に 対 して 保 険 料 を 優 良 戻 しとして 返 戻 します ⑵ 保 険 契 約 の 無 効 ご 契 約 者 ( 団 体 )が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 を 持 って 締 結 した 保 険 契 約 は 無 効 になります ⑶ 保 険 契 約 の 取 消 し ご 契 約 者 ( 団 体 )または 対 象 者 の 詐 欺 または 強 迫 によって 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 には 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことができます ⑷ 満 期 返 れい 金 契 約 者 配 当 金 この 保 険 には 満 期 返 れい 金 契 約 者 配 当 金 はありません ⑸ 認 可 特 定 保 険 業 者 破 綻 時 の 取 扱 い 全 労 済 協 会 の 保 険 金 支 払 が 全 労 済 協 会 の 想 定 を 超 え 頻 発 した 結 果 事 業 収 支 が 著 し く 悪 化 し 現 行 の 保 険 料 または 保 険 金 支 払 を 維 持 できなくなった 場 合 には 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 て 保 険 期 間 の 中 途 において 保 険 料 の 増 額 保 険 金 額 の 減 額 保 険 金 の 減 額 保 険 契 約 の 更 新 中 止 等 を 行 うことがあります この 場 合 には この 会 は 保 険 契 約 者 に 対 して 書 面 によりその 旨 を 通 知 いたします ⑹ 重 大 事 由 による 解 除 1 ご 契 約 者 ( 団 体 )または 対 象 者 が 全 労 済 協 会 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせることを 目 的 として 損 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとした 場 合 や 保 険 金 請 求 について 詐 欺 を 行 い または 行 おうとした 場 合 もしくは これらと 同 程 度 に 信 頼 を 損 なうことにより 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じさせ た 場 合 には ご 契 約 を 解 除 させていただきます 2 これらの 重 大 事 由 による 解 除 が 行 われた 場 合 は 重 大 な 事 由 が 発 生 した 時 か ら 解 除 が 行 われた 時 までにすでに 発 生 していた 事 故 については 保 険 金 は 支 払 われま せん A-12

15 Ⅳ. 保 険 金 請 求 手 続 きについて 1. 保 険 金 のご 請 求 保 険 金 請 求 事 由 が 発 生 した 場 合 には 全 労 済 協 会 所 定 の 請 求 書 類 に 必 要 な 証 明 書 を 添 えて 全 労 済 協 会 へご 請 求 ください 2. 保 険 金 の 支 払 時 期 全 労 済 協 会 は 保 険 金 の 請 求 完 了 日 の 翌 日 以 降 30 日 以 内 に 必 要 な 事 項 の 確 認 をした 後 保 険 金 をお 支 払 いします ただし 詳 しい 事 故 の 原 因 発 生 状 況 事 故 と 損 害 傷 害 との 関 係 保 険 契 約 の 有 効 性 等 の 確 認 のために 警 察 検 察 などの 公 的 機 関 または 医 療 機 関 などに 特 別 な 照 会 または 調 査 が 必 要 なケースでは 30 日 を 超 過 する 場 合 がありま す その 際 は 30 日 を 超 過 する 旨 などをお 客 さまにご 通 知 します 3. 保 険 金 請 求 権 の 時 効 保 険 金 請 求 権 については 時 効 (3 年 )がありますので ご 注 意 ください 4. 異 議 申 し 立 て 保 険 金 の 支 払 いに 対 して 不 服 のある 保 険 契 約 者 被 保 険 者 および 保 険 金 受 取 人 は 全 労 済 協 会 の 審 査 委 員 会 に 対 して 異 議 の 申 し 立 てをすることができます 異 議 の 申 し 立 てを 行 う 場 合 は 全 労 済 協 会 の 保 険 金 支 払 の 決 定 を 知 った 日 から60 日 以 内 に 書 面 にて 行 ってください A-13

16 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約

17 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 目 次 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 B-4 第 1 条 用 語 の 定 義 B-4 第 2 条 団 体 および 対 象 者 等 B-6 第 2 章 本 人 保 障 条 項 ( 疾 病 死 亡 ) B-6 第 1 条 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 B-6 第 2 条 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 B-8 第 2 章 本 人 保 障 条 項 (すべての 死 亡 ) B-9 第 1 条 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 B-9 第 2 条 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 B-10 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 B-12 第 1 条 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 B-12 第 2 条 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 B-13 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 B-13 第 1 条 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 B-13 第 2 条 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 B-14 第 5 章 基 本 条 項 B-15 第 1 条 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 B-15 第 2 条 保 険 期 間 の 中 途 で 対 象 者 となった 者 の 保 険 責 任 B-15 第 3 条 保 険 料 の 払 込 方 法 B-15 第 4 条 払 込 猶 予 期 間 B-15 第 5 条 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 した 場 合 の 免 責 B-15 第 6 条 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 した 場 合 の 解 除 B-16 第 7 条 払 込 猶 予 期 間 中 に 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 場 合 B-16 第 8 条 保 険 契 約 の 更 新 B-16 第 9 条 更 新 の 中 止 更 新 時 における 保 険 料 保 険 金 額 の 変 更 B-16 第 10 条 更 新 された 保 険 契 約 に 適 用 される 保 険 料 率 等 B-16 第 11 条 対 象 者 B-16 第 12 条 告 知 義 務 B-16 第 13 条 通 知 義 務 B-17 第 14 条 対 象 者 数 が 過 少 であった 場 合 の 保 険 金 額 B-17 B-2

18 第 15 条 対 象 者 数 が 過 大 であった 場 合 の 取 扱 い B-17 第 16 条 団 体 の 住 所 変 更 B-17 第 17 条 保 険 契 約 に 関 する 調 査 B-17 第 18 条 保 険 契 約 の 無 効 B-17 第 19 条 保 険 契 約 の 失 効 B-18 第 20 条 保 険 契 約 の 取 消 し B-18 第 21 条 団 体 による 保 険 契 約 の 解 除 B-18 第 22 条 重 大 事 由 による 解 除 B-18 第 23 条 保 険 契 約 解 除 の 効 力 B-18 第 24 条 保 険 契 約 内 容 の 変 更 B-18 第 25 条 保 険 料 の 返 還 - 無 効 の 場 合 B-18 第 26 条 保 険 料 の 返 還 - 取 消 しの 場 合 B-18 第 27 条 保 険 料 の 返 還 - 失 効 解 除 の 場 合 B-18 第 28 条 保 険 金 支 払 事 由 発 生 の 通 知 B-19 第 29 条 保 険 金 の 請 求 B-19 第 30 条 保 険 金 の 支 払 時 期 B-19 第 31 条 保 険 金 支 払 の 遅 延 B-20 第 32 条 保 険 金 の 受 取 人 B-20 第 33 条 保 険 金 の 削 減 支 払 B-20 第 34 条 保 険 金 の 直 接 支 払 B-20 第 35 条 時 効 B-20 第 36 条 保 険 料 の 優 良 戻 し B-20 第 37 条 訴 訟 の 提 起 B-21 第 38 条 準 拠 法 B-21 別 表 1 対 象 となる 火 災 等 の 事 故 B-22 別 表 2 対 象 となる 交 通 事 故 の 範 囲 B-23 別 表 3 対 象 となる 不 慮 の 事 故 B-25 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 B-26 特 約 ⑴ 集 団 扱 特 約 B-30 B-3

19 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 等 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 普 通 保 険 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 はそれぞれ 次 の 定 義 によります 火 災 等 学 校 用 語 定 義 既 経 過 期 間 後 遺 障 害 更 新 契 約 交 通 事 故 互 助 規 約 (50 音 順 ) 火 災 落 雷 破 裂 爆 発 建 物 外 部 からの 物 体 の 落 下 飛 来 衝 突 もしくは 倒 壊 水 濡 れ 突 発 的 な 第 三 者 の 加 害 行 為 をいいます その 範 囲 は 別 表 1 対 象 となる 火 災 等 の 事 故 の 内 容 となります 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 3 月 31 日 法 律 第 26 号 )に 定 める 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 大 学 をいいます 同 法 律 の 中 等 教 育 学 校 は 中 学 校 に 含 み 高 等 専 門 学 校 高 等 専 修 学 校 は 高 等 学 校 に 含 み 専 修 学 校 専 門 学 校 は 大 学 に 含 みます また 短 期 大 学 校 大 学 校 は 大 学 に 含 みます 保 険 期 間 の 初 日 からその 日 を 含 めて 保 険 期 間 中 の 特 定 の 日 までの 既 に 経 過 し た 期 間 のことをいいます 治 療 の 効 果 が 医 学 上 期 待 できない 状 態 であって 被 保 険 者 の 身 体 に 残 された 症 状 が 将 来 においても 回 復 できない 機 能 の 重 大 な 障 害 に 至 ったものまたは 身 体 の 一 部 の 欠 損 をいいます 第 5 章 ( 基 本 条 項 ) 第 8 条 ( 保 険 契 約 の 更 新 )により 前 契 約 から 更 新 された 保 険 契 約 をいいます この 保 険 契 約 に 前 契 約 がある 場 合 は この 保 険 契 約 は 更 新 契 約 となります 交 通 事 故 の 範 囲 は 別 表 2 対 象 となる 交 通 事 故 の 範 囲 の 内 容 となります 団 体 が 実 施 している 互 助 事 業 を 規 定 している 文 章 をいい 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑸の 通 りとします 互 助 金 団 体 が 対 象 者 に 対 して 実 施 している 互 助 事 業 において 対 象 者 に 支 払 う 弔 慰 金 見 舞 金 祝 金 等 をいい 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑷の 通 りとします 互 助 事 業 団 体 が 対 象 者 に 対 して 実 施 している 相 互 扶 助 事 業 をいい 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑶の 通 りとします 自 然 災 害 地 震 噴 火 津 波 暴 風 雨 旋 風 突 風 台 風 高 潮 高 波 洪 水 なが 雨 豪 雨 雪 崩 降 雪 降 雹 をいい これらを 原 因 とする 火 災 破 裂 爆 発 等 の 損 壊 を 含 み これらに 伴 う 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 分 を 含 みます 修 理 費 傷 害 損 害 が 生 じた 地 および 時 において 損 害 が 生 じた 物 を 事 故 の 発 生 の 直 前 の 状 態 ( 注 ) に 復 旧 するために 必 要 な 修 理 費 をいいます ( 注 ) 構 造 質 用 途 規 模 型 能 力 等 において 事 故 の 発 生 の 直 前 と 同 一 の 状 態 をいいます 身 体 の 傷 害 をいいます この 傷 害 には 身 体 外 部 から 有 毒 ガスまたは 有 毒 物 質 を 偶 然 かつ 一 時 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 場 合 に 急 激 に 生 ずる 中 毒 症 状 を 含 みます B-4

20 前 契 約 この 保 険 契 約 と 同 一 の 約 款 で 保 険 期 間 をこの 保 険 契 約 の 保 険 始 期 の 前 日 を 保 険 終 期 とする 保 険 契 約 をいいます ( 注 損 害 の 額 損 害 ) が 生 じた 対 象 物 の 修 理 費 の 額 をいい 修 理 にともなって 生 じた 残 存 物 がある 場 合 は その 残 存 物 の 時 価 額 を 差 し 引 いた 額 をいいます ( 注 ) 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 置 によって 保 険 の 対 象 について 生 じた 損 害 を 含 みます 対 象 者 対 象 者 および 対 象 者 の 配 偶 者 の 親 対 象 者 の 家 族 対 象 者 の 子 対 象 者 の 親 族 対 象 者 の 配 偶 者 団 体 月 割 係 数 団 体 が 実 施 する 互 助 事 業 の 会 員 である 事 業 主 および 従 業 員 をいい 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑵の 通 りとします 対 象 者 および 配 偶 者 それぞれの 実 父 母 養 父 母 をいいます 対 象 者 と 生 計 を 一 にする 一 親 等 以 内 の 親 族 をいいます 対 象 者 の 実 子 養 子 継 子 およびこれらの 配 偶 者 をいいます 対 象 者 と 同 居 する 配 偶 者 または6 親 等 内 の 血 族 もしくは3 親 等 内 の 姻 族 をい います 対 象 者 との 婚 姻 の 届 出 をしている 者 内 縁 関 係 にある 者 を 含 みます ただし 対 象 者 または 内 縁 関 係 にある 者 に 婚 姻 の 届 出 をしている 配 偶 者 がいる 場 合 を 除 きます 互 助 事 業 を 実 施 している 団 体 をいい 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑴の 通 り とします 下 記 の 期 間 に 対 応 する 係 数 をいいます 期 間 1か 月 まで 2か 月 まで 3か 月 まで 4か 月 まで 5か 月 まで 6か 月 まで 7か 月 まで 8か 月 まで 9か 月 まで 10 か 月 まで 11 か 月 まで 12 か 月 まで 係 数 ( 注 )1か 月 に 満 たない 端 日 数 がある 場 合 は 切 り 上 げて1か 月 とします 被 保 険 者 第 2 章 本 人 保 障 条 項 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 対 象 者 をいいます 対 象 者 をいいます 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 団 体 をいいます 不 慮 の 事 故 保 険 期 間 保 険 始 期 約 款 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 による 事 故 をいいます その 範 囲 は 別 表 3 対 象 となる 不 慮 の 事 故 の 内 容 となります 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 期 間 をいいます 保 険 期 間 の 初 日 をいいます この 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 普 通 保 険 約 款 をいいます B-5

21 約 款 附 則 ( 保 険 始 期 が2013 年 7 月 ~2014 年 6 月 の 契 約 に 適 用 します ) 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )の 前 契 約 に 関 する 規 定 中 この 保 険 契 約 と 同 一 の 約 款 の 契 約 で 保 険 期 間 をこの 保 険 契 約 の 保 険 始 期 の 前 日 を 保 険 終 期 とする 保 険 契 約 には 慶 弔 ( 自 治 体 提 携 用 ) 共 済 規 約 に 基 づく 共 済 契 約 を 含 みます 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 ) ⑴ 団 体 この 約 款 において 団 体 とは 互 助 事 業 ( 注 ) を 実 施 している 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 団 体 をいい この 保 険 契 約 において1~4の 通 りとします 1 この 約 款 に 基 づく 保 険 契 約 は この 会 と 団 体 との 間 で 締 結 するものとし 団 体 はこの 保 険 契 約 の 保 険 契 約 者 になります 2 第 2 章 ( 本 人 保 障 条 項 )および 第 3 章 ( 本 人 財 産 保 障 条 項 )においては 団 体 はこの 会 に 対 し 対 象 者 に 関 する 保 険 金 請 求 の 手 続 きを 行 うものとし この 会 に 代 わって 保 険 金 を 対 象 者 に 支 払 います 3 この 会 は 団 体 が2において 対 象 者 に 支 払 った あるいは 支 払 うべき 保 険 金 を 団 体 に 対 して 支 払 います 4 第 4 章 ( 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 )においては 団 体 はこの 保 険 契 約 の 被 保 険 者 となり この 会 に 対 し 保 険 金 を 請 求 し 支 払 いを 受 けるものとします ( 注 ) 互 助 事 業 はその 一 部 または 全 部 をこの 保 険 契 約 に 付 保 しているものとします ⑵ 対 象 者 この 約 款 において 対 象 者 とは 団 体 に 所 属 する 全 ての 会 員 をいい この 保 険 契 約 において1~ 3の 通 りとします 1 団 体 が 実 施 する 互 助 事 業 の 対 象 となる 者 をいいます 2 第 2 章 ( 本 人 保 障 条 項 )および 第 3 章 ( 本 人 財 産 保 障 条 項 )においては 被 保 険 者 となりま す 3 第 4 章 ( 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 )においては 団 体 が 行 う 互 助 事 業 に 基 づき 団 体 から 互 助 金 の 支 払 いを 受 ける 者 とします ⑶ 互 助 事 業 団 体 が 対 象 者 に 対 して 実 施 している 相 互 扶 助 事 業 をいいます 相 互 扶 助 事 業 は この 保 険 契 約 において 対 象 者 に 対 して 支 払 う 第 2 章 ( 本 人 保 障 条 項 ) 第 3 章 ( 本 人 財 産 保 障 条 項 )の 保 険 金 および 第 4 章 ( 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 )の 互 助 金 またはこの 保 険 契 約 以 外 の 互 助 金 の 支 払 いを 行 う 事 業 をいいます ⑷ 互 助 金 団 体 が 対 象 者 に 対 して 実 施 している 互 助 事 業 において 対 象 者 に 支 払 う 弔 慰 金 見 舞 金 祝 金 等 をいいます ⑸ 互 助 規 約 団 体 が 実 施 している 互 助 事 業 を 規 定 している 文 章 をいいます その 文 章 は1~3の 通 りとしま す 1 運 営 規 定 規 約 会 則 その 他 名 称 を 問 いません 2 互 助 金 の 種 類 支 払 事 由 等 を 規 定 していることを 要 します 3 対 象 者 へ 周 知 されていることを 要 します 第 2 章 本 人 保 障 条 項 ( 疾 病 死 亡 ) 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 保 険 期 間 中 に⑵ 保 険 金 種 類 表 の 保 険 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 に この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います ただし 保 険 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります B-6

22 ⑵ 保 険 金 種 類 表 保 険 金 種 類 支 払 事 由 保 険 金 の 額 1 疾 病 死 亡 保 険 金 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 に よる 死 亡 保 険 金 4 増 加 疾 病 死 亡 保 険 金 5 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 に よる 後 遺 障 害 保 険 金 8 増 加 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 対 象 者 が 疾 病 により 死 亡 した 場 合 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 ただし 保 険 始 期 における 対 象 者 の 年 齢 が 満 65 歳 以 上 の 場 合 は 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 金 額 の50%に 相 当 する 額 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 事 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 死 亡 し 険 金 額 た 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 故 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 ( 注 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 死 亡 した 険 金 額 1) 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 満 65 歳 以 上 満 71 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 ( 注 歳 未 満 の 対 象 者 が 疾 病 により 死 亡 した 場 険 金 額 2) 合 対 象 者 が 疾 病 により 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 ( 注 3) 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の23 険 金 額 4のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となっ ただし 保 険 始 期 における 対 象 者 の 年 齢 た 場 合 が 満 65 歳 以 上 の 場 合 は 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 金 額 の50%に 相 当 する 額 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 事 表 下 の 算 式 によって 算 出 した 金 額 ( 注 3)( 注 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 別 表 4) 4 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 と なった 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 故 表 下 の 算 式 によって 算 出 した 金 額 ( 注 3)( 注 4)( 注 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 別 表 4 5) 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 とな った 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 疾 病 により 満 65 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 ( 注 3)( 注 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 別 表 4 後 険 金 額 6) 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 ( 注 7) に 傷 病 等 により 休 業 した 場 合 保 険 金 の 額 の 算 式 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 休 業 した 期 間 に 応 じた 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 額 別 表 4の 支 払 割 合 = 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 の 額 B-7

23 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 額 別 表 4の 支 払 割 合 = 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 の 額 ( 注 1)3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 は2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 に 加 算 して 支 払 い ます ( 注 2)4 増 加 疾 病 死 亡 保 険 金 は1 疾 病 死 亡 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 3) 保 険 金 5~8の 後 遺 障 害 が 別 表 4に 掲 げる 後 遺 障 害 に 該 当 しない 場 合 は 身 体 障 害 の 程 度 に 応 じ かつ 別 表 4に 掲 げる 区 分 に 応 じて 後 遺 障 害 を 認 定 します ( 注 4)6 7の 規 定 にかかわらず 対 象 者 が 不 慮 の 事 故 交 通 事 故 の 事 故 発 生 の 日 からそ の 日 を 含 めて200 日 を 超 えてなお 治 療 を 要 する 状 態 にある 場 合 は 事 故 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて201 日 目 以 降 の 医 師 の 診 断 に 基 づき 後 遺 障 害 の 程 度 を 認 定 します ( 注 5)7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 は6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 に 加 算 し て 支 払 います ( 注 6)8 増 加 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 は 5 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 7) 休 業 となった 最 初 の 日 がこの 保 険 契 約 の 保 険 期 間 内 にあることをいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) ⑴ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 保 険 金 受 取 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません た だし その 者 が 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 は 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 る べき 金 額 に 限 ります 保 険 金 の 種 類 1 疾 病 死 亡 保 険 金 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 4 増 加 疾 病 死 亡 保 険 金 5 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 8 増 加 疾 病 重 度 障 害 保 険 金 ⑵ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 保 険 金 の 種 類 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 ⑶ この 会 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 保 険 金 を 支 払 いません ⑷ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 次 の1~4のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 1 対 象 者 が 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1) を 持 たないで 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 B-8

24 ( 注 2 対 象 者 が 酒 に 酔 った 状 態 2) で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 3 対 象 者 が 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないお それがある 状 態 で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 4 対 象 者 が 疾 患 疾 病 により 心 神 喪 失 の 状 態 にいる 間 保 険 金 の 種 類 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 ( 注 1) 運 転 する 地 における 法 令 による 運 転 資 格 をいいます ( 注 2)アルコールの 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 または 身 体 に 道 路 交 通 法 施 行 令 ( 昭 和 35 年 政 令 第 270 号 ) 第 44 条 の3(アルコールの 程 度 )で 定 める 程 度 以 上 に アルコールを 保 有 する 状 態 をいいます 第 2 章 本 人 保 障 条 項 (すべての 死 亡 ) 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 保 険 期 間 中 に⑵ 保 険 金 種 類 表 の 保 険 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 に この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います ただし 保 険 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります ⑵ 保 険 金 種 類 表 保 険 金 種 類 支 払 事 由 保 険 金 の 額 1 死 亡 保 険 金 対 象 者 が 死 亡 した 場 合 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 に よる 死 亡 保 険 金 4 増 加 死 亡 保 険 金 5 重 度 障 害 保 険 金 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 ただし 保 険 始 期 における 対 象 者 の 年 齢 が 満 65 歳 以 上 の 場 合 は 保 険 証 券 ま たは 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 金 額 の50% に 相 当 する 額 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 1) 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 死 保 険 金 額 亡 した 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 死 亡 保 険 金 額 2) した 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 満 65 歳 以 上 満 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 が 別 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の234のいず れかに 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 3) 保 険 金 額 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 4) 保 険 金 額 ただし 保 険 始 期 における 対 象 者 の 年 齢 が 満 65 歳 以 上 の 場 合 は 保 険 証 券 ま たは 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 金 額 の50% に 相 当 する 額 B-9

25 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 に よる 後 遺 障 害 保 険 金 8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 不 慮 の 表 下 の 算 式 によって 算 出 した 金 額 ( 注 4)( 注 5)( 注 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 別 6) 表 4 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 に 発 生 した 交 通 事 表 下 の 算 式 によって 算 出 した 金 額 ( 注 4)( 注 6)( 注 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 として 別 表 7) 4 後 遺 障 害 等 級 表 に 該 当 する 後 遺 障 害 となった 場 合 保 険 始 期 における 年 齢 が 満 65 歳 以 上 満 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 4)( 注 71 歳 未 満 の 対 象 者 が 別 表 4 後 遺 障 害 等 保 険 金 額 8) 級 表 の 第 1 級 第 2 級 または 第 3 級 の2 34のいずれかに 該 当 する 後 遺 障 害 と なった 場 合 対 象 者 が 保 険 期 間 内 ( 注 9) に 傷 病 等 によ り 休 業 した 場 合 保 険 金 の 額 の 算 式 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 休 業 した 期 間 に 応 じた 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 額 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 額 別 表 4の 支 払 割 合 = 別 表 4の 支 払 割 合 = 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 の 額 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 の 額 ( 注 1)2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 は1 死 亡 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 2)3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 は1 死 亡 保 険 金 と2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 3)4 増 加 死 亡 保 険 金 は1 死 亡 保 険 金 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 と3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 4) 保 険 金 5~8の 後 遺 障 害 が 別 表 4に 掲 げる 後 遺 障 害 に 該 当 しない 場 合 は 身 体 障 害 の 程 度 に 応 じ かつ 別 表 4に 掲 げる 区 分 に 応 じて 後 遺 障 害 を 認 定 します ( 注 5)6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 は5 重 度 障 害 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 6)6 7の 規 定 にかかわらず 対 象 者 が 不 慮 の 事 故 交 通 事 故 の 事 故 発 生 の 日 から その 日 を 含 めて200 日 を 超 えてなお 治 療 を 要 する 状 態 にある 場 合 は 事 故 発 生 の 日 からそ の 日 を 含 めて201 日 目 以 降 の 医 師 の 診 断 に 基 づき 後 遺 障 害 の 程 度 を 認 定 します ( 注 7)7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 は5 重 度 障 害 保 険 金 と6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 8)8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 は 5 重 度 障 害 保 険 金 または6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 に 加 算 して 支 払 います ( 注 9) 休 業 となった 最 初 の 日 がこの 保 険 契 約 の 保 険 期 間 内 にあることをいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) ⑴ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 保 険 金 受 取 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません た だし その 者 が 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 は 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 る べき 金 額 に 限 ります B-10

26 1 死 亡 保 険 金 保 険 金 の 種 類 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 4 増 加 死 亡 保 険 金 5 重 度 障 害 保 険 金 8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 ⑵ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 保 険 金 の 種 類 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 9 傷 病 休 業 保 険 金 ⑶ この 会 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 保 険 金 を 支 払 いません ⑷ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 次 の1~4のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 1 対 象 者 が 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1) を 持 たないで 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 2 対 象 者 が 酒 に 酔 った 状 態 ( 注 2) で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 3 対 象 者 が 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないお それがある 状 態 で 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 を 運 転 している 間 4 対 象 者 が 疾 患 疾 病 により 心 神 喪 失 の 状 態 にいる 間 保 険 金 の 種 類 2 不 慮 の 事 故 による 死 亡 保 険 金 3 交 通 事 故 による 死 亡 保 険 金 6 不 慮 の 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 7 交 通 事 故 による 後 遺 障 害 保 険 金 ( 注 1) 運 転 する 地 における 法 令 による 運 転 資 格 をいいます ( 注 2)アルコールの 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 または 身 体 に 道 路 交 通 法 施 行 令 ( 昭 和 35 年 政 令 第 270 号 ) 第 44 条 の3(アルコールの 程 度 )で 定 める 程 度 以 上 にアル コールを 保 有 する 状 態 をいいます ⑸ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 自 殺 行 為 である 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません ただし 支 払 事 由 発 生 時 にお いて 対 象 者 が 団 体 に 所 属 している 期 間 が1 年 以 上 であり かつ 団 体 がこの 会 と 締 結 した 当 初 の 保 険 契 約 の 始 期 日 から1 年 以 上 経 過 している 場 合 は 除 きます B-11

27 1 死 亡 保 険 金 4 増 加 死 亡 保 険 金 5 重 度 障 害 保 険 金 8 増 加 重 度 障 害 保 険 金 保 険 金 の 種 類 約 款 附 則 ( 保 険 始 期 が2013 年 7 月 ~2014 年 6 月 の 契 約 に 適 用 します ) 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )⑸の 規 定 の この 会 と 締 結 した 当 初 の 保 険 契 約 には 慶 弔 ( 自 治 体 提 携 用 ) 共 済 規 約 に 基 づく 共 済 契 約 を 含 みます 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 保 険 期 間 中 に⑵ 保 険 金 種 類 表 の 保 険 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 に この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います ただし 保 険 金 が 団 体 の 互 助 規 約 において 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります ⑵ 保 険 金 種 類 表 保 険 金 種 類 支 払 事 由 保 険 金 の 額 1 火 災 等 によ る 住 宅 災 害 保 険 金 2 自 然 災 害 に よる 住 宅 災 害 保 険 金 ( 注 対 象 者 が 居 住 している 建 物 1) または 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 建 物 に 収 容 されている 家 財 が 火 災 等 の 保 険 金 額 に 損 害 の 程 度 に 応 じた 下 表 事 故 により 損 害 を 受 けた 場 合 ア.の 支 払 割 合 を 乗 じた 額 対 象 者 が 居 住 して 下 記 の 床 上 浸 水 以 ( 注 いる 建 物 1) が 自 外 の 場 合 然 災 害 により 損 害 を 受 けた 場 合 床 上 浸 水 ( 注 2) の 場 合 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 に 損 害 の 程 度 に 応 じた 下 表 ( 注 3) イ.の 支 払 割 合 を 乗 じた 額 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の ( 注 3) 保 険 金 額 に20%を 乗 じた 額 ( 注 1) 対 象 者 が 現 に 居 住 している 部 分 をいい 非 居 住 部 分 ( 貸 間 店 舗 作 業 場 等 )を 除 きます ( 注 2) 床 上 浸 水 とは 床 面 以 上 に 浸 水 ( 床 下 への 浸 水 による 損 害 を 除 きます )し そのため 日 常 の 生 活 を 営 むことができない 場 合 をいい 床 面 以 上 に 土 砂 が 流 入 した 場 合 を 含 みます ( 注 3) 床 上 浸 水 以 外 の 場 合 と 床 上 浸 水 の 場 合 は 重 複 して 支 払 いません いずれか 高 い 金 額 を 支 払 います 表 ア. 火 災 等 による 住 宅 災 害 保 険 金 の 支 払 割 合 建 物 家 財 の 損 害 の 程 度 支 払 割 合 50% 以 上 100% 30% 以 上 50% 未 満 70% 20% 以 上 30% 未 満 50% 20% 未 満 20% B-12

28 表 イ. 床 上 浸 水 以 外 の 場 合 の 支 払 割 合 建 物 の 損 害 の 程 度 支 払 割 合 70% 以 上 100% 20% 以 上 70% 未 満 50% 20% 未 満 10% ( 注 ) 床 下 への 浸 水 を 除 きます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) ⑴ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません ⑵ この 会 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 保 険 金 を 支 払 いません ⑶ この 会 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 次 の1 2を 直 接 的 な 原 因 あるいは 間 接 的 な 原 因 として 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 保 険 金 を 支 払 いません また 発 生 原 因 がいかなる 場 合 でも 1 2により 損 害 が 拡 大 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 1 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 2 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 の 作 用 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 ) ⑴ この 会 は 団 体 が 行 う 互 助 事 業 において ⑵ 互 助 金 種 類 表 の 互 助 金 種 類 ごとに 定 める 支 払 事 由 が 生 じ 団 体 が 対 象 者 に 対 して 互 助 金 を 支 払 った 場 合 または 団 体 が 対 象 者 への 支 払 いを 決 定 し ( 注 ている 場 合 に この 約 款 に 従 いその 互 助 金 の 全 部 または 一 部 の 金 額 ) に 対 して 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 保 険 金 額 を 保 険 金 として 支 払 います ただし 互 助 金 が 団 体 の 互 助 規 約 に おいて 定 めている 範 囲 内 である 場 合 に 限 ります ( 注 ) 一 部 とは 団 体 がこの 保 険 契 約 の 上 乗 せ 保 障 または 独 自 の 保 障 を 実 施 していた 場 合 で 対 象 者 に 支 払 う 互 助 金 の 総 額 がこの 保 険 契 約 の 保 険 金 額 を 超 える 場 合 をいいます ⑵ 互 助 金 種 類 表 互 助 金 種 類 支 払 事 由 1 配 偶 者 の 死 亡 弔 慰 金 2 子 の 死 亡 弔 慰 金 3 親 の 死 亡 弔 慰 金 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 5 結 婚 祝 金 6 出 生 祝 金 対 象 者 の 配 偶 者 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 の 子 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 の 子 の 死 亡 は 妊 娠 7か 月 以 上 経 過 した 後 に 死 産 した 場 合 も 含 み ます 対 象 者 および 対 象 者 の 配 偶 者 の 親 が 死 亡 した 場 合 対 象 者 と 同 居 する 配 偶 者 または6 親 等 内 の 血 族 もしくは3 親 等 内 の 姻 族 ( 以 下 親 族 という )が 第 3 章 ( 本 人 財 産 保 障 条 項 ) 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 支 払 事 由 によって 死 亡 した 場 合 対 象 者 が 結 婚 した 場 合 対 象 者 の 子 が 出 生 した 場 合 ただし 対 象 者 の 子 が 出 生 して14 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 には 出 生 祝 金 は 支 払 いません B-13

29 7 就 学 祝 金 対 象 者 の 子 が 次 のア.~エ.の 学 校 に 就 学 した 場 合 ア. 小 学 校 イ. 中 学 校 ウ. 高 等 学 校 エ. 大 学 8 成 人 祝 金 対 象 者 が 成 人 した 場 合 ( 満 20 歳 に 達 した 場 合 ) 9 還 暦 祝 金 対 象 者 が 還 暦 をむかえた 場 合 ( 満 60 歳 に 達 した 場 合 ) 10 古 希 祝 金 対 象 者 が 古 希 をむかえた 場 合 ( 満 69 歳 に 達 した 場 合 ) 11 結 婚 記 念 祝 金 12 在 会 祝 金 13 退 会 餞 別 金 14 勤 続 祝 金 対 象 者 が 次 のア.~ク.の 結 婚 記 念 日 をむかえた 場 合 ア.15 周 年 ( 水 晶 婚 祝 金 ) イ.20 周 年 ( 磁 器 婚 祝 金 ) ウ.25 周 年 ( 銀 婚 祝 金 ) エ.30 周 年 ( 真 珠 婚 祝 金 ) オ.35 周 年 ( 珊 瑚 婚 祝 金 ) カ.40 周 年 (ルビー 婚 祝 金 ) キ.45 周 年 (サファイア 婚 祝 金 ) ク.50 周 年 ( 金 婚 祝 金 ) ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってから 次 のア.~エ.の 期 間 を 経 過 した 場 合 ア. 在 会 5 年 イ. 在 会 10 年 ウ. 在 会 15 年 エ. 在 会 20 年 ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってからの 通 算 の 在 会 年 数 を いいます ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 となってから 次 のア.~オ.の 期 間 を 経 過 して 団 体 の 構 成 員 でなくなった 場 合 ア. 在 会 5 年 以 上 10 年 未 満 イ. 在 会 10 年 以 上 ウ. 定 年 退 会 - 在 会 3 年 以 上 5 年 未 満 エ. 定 年 退 会 - 在 会 5 年 以 上 10 年 未 満 オ. 定 年 退 会 - 在 会 10 年 以 上 ( 注 ) 対 象 者 が 所 属 する 団 体 の 構 成 員 になってからの 通 算 の 在 会 年 数 を いいます 対 象 者 が 従 事 する 企 業 等 の 従 業 員 となってからの 期 間 ( 注 ) または 対 象 者 が 事 業 主 の 場 合 は 同 一 の 事 業 を 営 んだ 期 間 が 次 のア.~キ.の 期 間 を 経 過 した 場 合 ア.10 年 イ.15 年 ウ.20 年 エ.25 年 オ.30 年 カ.35 年 キ.40 年 ( 注 ) 対 象 者 が 同 一 企 業 に 連 続 して 勤 務 した 期 間 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) ⑴ この 会 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 互 助 金 の 支 払 B-14

30 事 由 が 対 象 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 により 発 生 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 1 配 偶 者 の 死 亡 弔 慰 金 2 子 の 死 亡 弔 慰 金 3 親 の 死 亡 弔 慰 金 互 助 金 の 種 類 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 ⑵ この 会 は 互 助 金 の 支 払 事 由 が 対 象 者 の 犯 罪 行 為 により 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )の 保 険 金 を 支 払 いません ⑶ この 会 は 互 助 金 の 支 払 事 由 が 次 の1 2を 直 接 的 な 原 因 あるいは 間 接 的 な 原 因 として 発 生 した 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )のうち 次 の 表 に 掲 げる 保 険 金 を 支 払 いません また 発 生 原 因 がいかなる 場 合 でも 1 2により 損 傷 が 拡 大 した 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 1 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 2 核 燃 料 物 質 もしくは 核 燃 料 物 質 によって 汚 染 された 物 の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 の 作 用 互 助 金 の 種 類 4 住 宅 災 害 による 同 居 親 族 の 死 亡 弔 慰 金 第 5 章 基 本 条 項 第 1 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 ) ⑴ この 会 の 保 険 責 任 は 保 険 期 間 の 初 日 の 午 前 0 時 ( 注 ) に 始 まり 末 日 の 午 後 12 時 (24 時 )に 終 わります ( 注 ) 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 にこれと 異 なる 時 刻 が 記 載 されている 場 合 はその 時 刻 としま す ⑵ ⑴の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるものとします ⑶ 保 険 期 間 が 始 まった 後 でも この 会 は 保 険 料 領 収 前 に 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 第 2 条 ( 保 険 期 間 の 中 途 で 対 象 者 となった 者 の 保 険 責 任 ) 第 13 条 ( 通 知 義 務 )の 通 知 により 保 険 期 間 の 中 途 で 対 象 者 となった 者 の 保 険 期 間 は その 通 知 日 に 始 まり 第 1 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 )⑴の 保 険 期 間 の 末 日 の 午 後 12 時 (24 時 )に 終 わ ります 第 3 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 ) ⑴ 団 体 は この 会 が 承 諾 した 保 険 契 約 の 申 込 の 内 容 に 従 い この 会 に 対 し 月 単 位 で 保 険 料 を 払 い 込 むものとします ⑵ 団 体 は その 月 の7 営 業 日 目 の 日 ( 以 下 払 込 期 日 といいます )までに 保 険 料 を 払 い 込 む ものとします ⑶ ⑵にかかわらず 団 体 は 保 険 始 期 の 属 する 月 の 保 険 料 は 保 険 始 期 までに 払 い 込 むものとします ⑷ 団 体 は 団 体 に 所 属 する 対 象 者 全 員 分 の 保 険 料 を 一 括 してこの 会 へ 払 い 込 むものとします ⑸ 団 体 は 毎 月 の1 日 における 対 象 者 の 人 数 分 の 保 険 料 をその 月 の 保 険 料 として 払 い 込 むものと します 第 4 条 ( 払 込 猶 予 期 間 ) 保 険 料 の 払 込 については 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 の 払 込 期 日 までを 猶 予 期 間 とします 第 5 条 ( 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 した 場 合 の 免 責 ) この 会 は 第 4 条 ( 払 込 猶 予 期 間 )に 規 定 する 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 しても 団 体 が 保 険 料 を 払 い 込 ま B-15

31 なかった 場 合 は 払 込 期 日 の 属 する 月 の1 日 以 降 に 発 生 した 支 払 事 由 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いま せん 第 6 条 ( 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 した 場 合 の 解 除 ) ⑴ この 会 は 第 4 条 ( 払 込 猶 予 期 間 )に 規 定 する 払 込 猶 予 期 間 を 経 過 しても 団 体 が 保 険 料 を 払 い 込 まなかった 場 合 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができ ます ⑵ ⑴の 解 除 はその 保 険 料 を 支 払 うべき 払 込 期 日 から 将 来 に 向 かってのみ 効 力 を 生 じます 第 7 条 ( 払 込 猶 予 期 間 中 に 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 場 合 ) 払 込 猶 予 期 間 内 において 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 場 合 は この 会 は 団 体 が 未 払 込 保 険 料 の 全 額 を 払 い 込 んだときに 限 り その 保 険 金 の 支 払 事 由 に 対 する 保 険 金 を 支 払 います 第 8 条 ( 保 険 契 約 の 更 新 ) ⑴ この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 が 満 了 する 日 の 属 する 月 の 前 月 末 日 までに この 会 または 団 体 のいず れか 一 方 から 別 段 の 意 思 表 示 がない 場 合 は この 保 険 契 約 は 保 険 期 間 が 満 了 する 日 の 内 容 と 同 一 の 内 容 で 保 険 期 間 の 満 了 する 日 の 翌 日 に 更 新 されるものとします ⑵ ⑴の 規 定 によりこの 保 険 契 約 が 更 新 された 場 合 は この 会 は 保 険 契 約 更 新 証 を 団 体 に 対 して 交 付 します ⑶ ⑴の 規 定 にかかわらず 契 約 内 容 を 変 更 したい 場 合 は その 変 更 内 容 を 団 体 が 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 し この 会 へ 提 出 し この 会 がその 内 容 を 承 認 した 場 合 は 契 約 内 容 を 変 更 することができます ⑷ ⑴の 規 定 にかかわらず 第 4 条 ( 払 込 猶 予 期 間 )の 期 間 を 越 えて 保 険 料 が 払 い 込 まれなかった 場 合 は この 保 険 契 約 は 更 新 されません ⑸ 更 新 契 約 における 保 険 始 期 が 属 する 月 の 保 険 料 については 第 3 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 )なら びに 第 4 条 ( 払 込 猶 予 期 間 )の 規 定 を 準 用 します 第 9 条 ( 更 新 の 中 止 更 新 時 における 保 険 料 保 険 金 額 の 変 更 ) ⑴ この 会 は 保 険 金 支 払 がこの 会 の 想 定 を 超 えて 頻 発 した 結 果 現 行 の 保 険 料 または 保 険 金 支 払 を 維 持 できなくなった 場 合 は 前 条 ⑴の 規 定 にかかわらず 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 てこの 保 険 契 約 を 更 新 しない または 更 新 された 保 険 契 約 の 保 険 料 の 増 額 もしくは 保 険 金 額 の 減 額 をすることがあ ります ⑵ ⑴の 保 険 契 約 を 更 新 しない 場 合 または 更 新 された 保 険 契 約 の 保 険 料 の 増 額 もしくは 保 険 金 額 の 減 額 を 行 う 場 合 は この 会 は 団 体 に 対 してこの 保 険 契 約 の 保 険 期 間 が 満 了 する 日 の2か 月 前 ま でにその 旨 を 書 面 により 通 知 するものとします 第 10 条 ( 更 新 された 保 険 契 約 に 適 用 される 保 険 料 率 等 ) ⑴ この 保 険 契 約 に 適 用 した 約 款 保 険 料 率 等 を 改 定 した 場 合 は この 会 は 第 8 条 ( 保 険 契 約 の 更 新 )により 更 新 された 保 険 契 約 について 更 新 された 保 険 契 約 の 保 険 期 間 の 初 日 における 約 款 保 険 料 率 等 を 適 用 するものとします ⑵ ⑴の 場 合 は この 会 は この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 が 満 了 する 日 が 属 する 月 の 前 月 10 日 までに 団 体 に 対 して 約 款 保 険 料 率 等 の 改 定 内 容 を 書 面 により 通 知 します 第 11 条 ( 対 象 者 ) ⑴ この 保 険 契 約 においては 団 体 に 所 属 する 会 員 全 員 を 対 象 者 とします 一 部 の 会 員 のみを 対 象 者 とすることはできません ⑵ 団 体 は 常 に 対 象 者 全 員 を 示 す 名 簿 を 備 え この 会 がその 閲 覧 または 写 しの 提 出 を 求 めた 場 合 は いつでもこれに 応 じなければなりません 第 12 条 ( 告 知 義 務 ) ⑴ 団 体 は 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 申 込 書 に 対 象 者 数 を 正 確 に 記 載 しなければなりません ⑵ この 会 は 保 険 契 約 締 結 の 際 団 体 が 対 象 者 の 人 数 を 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 過 少 に 記 載 した 場 合 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます ⑶ ⑵の 規 定 は 次 の1~3のいずれかに 該 当 する 場 合 は 適 用 しません 1 ⑵に 規 定 する 事 実 がなくなった 場 合 2 この 会 が 保 険 契 約 締 結 の 際 ⑵に 規 定 する 事 実 を 知 っていた 場 合 または 過 失 によってこれを ( 注 ) 知 らなかった 場 合 B-16

32 3 この 会 が ⑵の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 また は 保 険 契 約 締 結 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 ( 注 )この 会 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 または 事 実 を 告 げないこともしくは 事 実 と 異 なることを 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます 第 13 条 ( 通 知 義 務 ) ⑴ 団 体 は 毎 月 の 通 知 日 における 対 象 者 数 をこの 会 所 定 の 通 知 書 に 記 載 し 通 知 提 出 日 までに 通 知 するものとします ⑵ この 保 険 契 約 の 通 知 日 は 毎 月 の1 日 とします ⑶ この 保 険 契 約 の 通 知 提 出 日 は 通 知 日 の 属 する 月 の5 営 業 日 目 の 日 とします ( 注 ) 対 象 者 の 減 員 または 増 員 の 有 無 にかかわらず 通 知 をするものとします ⑷ この 会 は⑴の 通 知 書 が 提 出 されなかった 場 合 は 前 回 の 通 知 提 出 日 における 対 象 者 数 を 通 知 日 における 対 象 者 数 とみなします 前 回 の 通 知 日 が 保 険 始 期 である 場 合 は 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 対 象 者 数 ( 注 ) を 通 知 日 における 対 象 者 数 とみなします ⑸ 対 象 者 が 増 員 となった 場 合 において 団 体 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって⑴の 規 定 による 通 知 をしなかったときには この 会 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます ⑹ ⑸の 規 定 は この 会 が ⑸の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 し た 場 合 または 対 象 者 数 の 増 加 が 生 じた 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 は 適 用 しません ( 注 ) 更 新 契 約 の 場 合 は 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 対 象 者 数 を 通 知 日 における 対 象 者 数 とみなします 第 14 条 ( 対 象 者 数 が 過 少 であった 場 合 の 保 険 金 額 ) 団 体 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 第 12 条 ( 告 知 義 務 )⑴の 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 の 対 象 者 数 または 第 13 条 ( 通 知 義 務 )⑴の 規 定 による 通 知 における 対 象 者 数 が 実 際 の 対 象 者 数 より 過 少 で あった 場 合 は この 会 は 対 象 者 数 の 過 少 の 事 実 があった 後 に 支 払 事 由 が 発 生 した 場 合 は 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 をもって 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 の 金 額 とみなします 保 険 証 券 記 載 または 保 険 契 約 更 新 証 の 保 険 金 額 保 険 契 約 申 込 書 記 載 の 対 象 者 数 または 通 知 された 対 象 者 数 実 際 の 対 象 者 数 = 保 険 金 額 第 15 条 ( 対 象 者 数 が 過 大 であった 場 合 の 取 扱 い) ⑴ この 会 は 第 12 条 ( 告 知 義 務 )⑴の 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 の 対 象 者 数 または 第 13 条 ( 通 知 義 務 )⑴の 規 定 による 通 知 における 対 象 者 数 が 実 際 の 対 象 者 数 より 多 い 場 合 でかつ 多 くなった 原 因 が 次 の1 2のいずれかに 該 当 する 場 合 は 既 に 払 い 込 まれた 保 険 料 のうち その 対 象 者 の 分 の 保 険 料 は 団 体 に 返 還 します 1 対 象 者 が 保 険 始 期 または 通 知 日 に 既 に 死 亡 していた 場 合 2 対 象 者 が 保 険 始 期 または 通 知 日 に 既 に 団 体 の 構 成 員 でなくなっていた 場 合 ⑵ この 会 は 団 体 が⑴の 原 因 を 第 12 条 ( 告 知 義 務 )の 申 込 書 を 記 載 する 時 点 または 第 13 条 ( 通 知 義 務 )の 通 知 書 を 記 載 する 時 点 において 既 に 知 っていた 場 合 は⑴の 規 定 による 保 険 料 は 返 還 し ません 第 16 条 ( 団 体 の 住 所 変 更 ) 団 体 が 保 険 証 券 または 保 険 契 約 更 新 証 記 載 の 住 所 あるいは 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 団 体 は 遅 滞 なく その 旨 をこの 会 に 通 知 しなければなりません 第 17 条 ( 保 険 契 約 に 関 する 調 査 ) ⑴ この 会 は いつでも 保 険 契 約 に 関 して 必 要 な 調 査 をすることができます ⑵ 団 体 または 対 象 者 が 正 当 な 理 由 がなく⑴の 調 査 を 拒 んだ 場 合 は この 会 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 保 険 契 約 を 解 除 することができます ⑶ ⑵の 規 定 は ⑵に 規 定 する 拒 否 の 事 実 があった 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 は 適 用 しません 第 18 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 ) 団 体 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 締 B-17

33 結 した 保 険 契 約 は 無 効 とします 第 19 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 ) 保 険 契 約 締 結 の 後 互 助 規 約 が 消 滅 した 場 合 は この 保 険 契 約 は 効 力 を 失 います 第 20 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し) 団 体 また 対 象 者 の 詐 欺 もしくは 強 迫 によってこの 会 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 は この 会 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことができます 第 21 条 ( 団 体 による 保 険 契 約 の 解 除 ) 団 体 は この 会 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 第 22 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) ⑴ この 会 は 次 の1~3のいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 は 団 体 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 1 団 体 または 対 象 者 が この 会 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせることを 目 的 として 損 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとしたこと 2 団 体 または 対 象 者 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 について 詐 欺 を 行 い または 行 おうとしたこと 3 1 2に 掲 げるもののほか 団 体 または 対 象 者 が 1 2の 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 にこの 会 のこれらの 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じさ せたこと ⑵ ⑴の 規 定 による 解 除 が 支 払 事 由 が 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 23 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず ⑴1~3の 事 由 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 支 払 事 由 に 対 しては この 会 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは この 会 は その 返 還 を 請 求 することができます 第 23 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じます 第 24 条 ( 保 険 契 約 内 容 の 変 更 ) ⑴ この 会 は 保 険 金 支 払 がこの 会 の 想 定 を 超 えて 頻 発 した 結 果 現 行 の 保 険 料 または 保 険 金 支 払 を 維 持 できなくなった 場 合 は この 会 の 定 めるところにより 保 険 期 間 の 中 途 において 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 て 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 を 行 うことがあります ⑵ ⑴の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 を 行 う 場 合 は 団 体 に 対 して 書 面 によりその 旨 を 通 知 するものとします ⑶ この 会 は ⑵の 通 知 を 行 う 前 に 生 じた 事 故 による 保 険 金 については⑴の 保 険 金 額 の 減 額 を 行 い ません 第 25 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 の 場 合 ) 第 18 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 無 効 となる 場 合 は この 会 は 保 険 料 を 返 還 しません 第 26 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 取 消 しの 場 合 ) 第 20 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により この 会 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 は この 会 は 保 険 料 を 返 還 しません 第 27 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 失 効 解 除 の 場 合 ) この 会 は 次 の1~3の 場 合 下 表 により 算 出 した 保 険 料 を 返 還 します 1 第 12 条 ( 告 知 義 務 )⑵ 第 13 条 ( 通 知 義 務 )⑸ 第 17 条 ( 保 険 契 約 に 関 する 調 査 )⑵または 第 22 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 )⑴の 規 定 により この 会 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 2 第 19 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 失 効 となる 場 合 3 第 21 条 ( 団 体 による 保 険 契 約 の 解 除 )の 規 定 により 団 体 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 保 険 料 ( 注 1) - ( 注 2) 既 経 過 期 間 に 対 応 する 月 割 係 数 によって 計 算 した 保 険 料 = 返 還 する 保 険 料 ( 注 1)この 保 険 契 約 で 既 に 支 払 われた 保 険 料 をいいます ( 注 2) 第 1 章 ( 用 語 等 定 義 条 項 ) 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )の 月 割 係 数 をいいます 1か 月 に 満 た ない 端 日 数 がある 場 合 は 切 り 上 げて1か 月 とします B-18

34 第 28 条 ( 保 険 金 支 払 事 由 発 生 の 通 知 ) ⑴ 団 体 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 したことを 知 った 場 合 は これをこの 会 に 遅 滞 なく 通 知 しな ければなりません なお この 場 合 において この 会 が 書 面 による 通 知 または 説 明 を 求 めたとき は これに 応 じなければなりません ⑵ 団 体 または 対 象 者 が 正 当 な 理 由 がなく⑴の 規 定 に 違 反 した 場 合 は この 会 は これによってこ の 会 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 29 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) ⑴ この 会 に 対 する 保 険 金 請 求 権 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 時 から 発 生 し これを 行 使 する ことができるものとします ⑵ 団 体 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 次 の1~3の 書 類 または 証 拠 のうち この 会 が 求 める ものをこの 会 に 提 出 しなければなりません 1 保 険 金 の 請 求 書 2 この 会 の 定 める 事 故 状 況 報 告 書 3 その 他 この 会 が 次 条 ⑴に 定 める 必 要 な 確 認 を 行 うために 欠 くことのできない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 にこの 会 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたもの ⑶ この 会 は 事 故 の 内 容 または 損 害 の 額 等 に 応 じ 団 体 または 対 象 者 に 対 して ⑵に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 またはこの 会 が 行 う 調 査 への 協 力 を 求 めることがあります この 場 合 は この 会 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 をしなければなりません ⑷ 団 体 または 対 象 者 が 正 当 な 理 由 がなく⑶の 規 定 に 違 反 した 場 合 または⑵ ⑶の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもしくは 変 造 した 場 合 は この 会 は そ れによってこの 会 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 30 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) ⑴ この 会 は 請 求 完 了 日 ( 注 ) の 翌 日 以 後 30 日 以 内 に この 会 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の 1~3の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 います 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 支 払 事 由 発 生 の 原 因 支 払 事 由 発 生 の 状 況 支 払 対 象 となる 損 害 傷 害 の 発 生 の 有 無 および 対 象 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 と してこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 支 払 対 象 となる 損 害 傷 害 の 程 度 支 払 事 由 の 発 生 と 損 害 傷 害 との 関 係 損 害 に 対 する 修 復 傷 害 に 対 する 治 療 の 程 度 および 損 害 傷 害 の 内 容 ( 注 ) 第 29 条 ( 保 険 金 の 請 求 )⑵ ⑶の 規 定 による 書 類 がすべてこの 会 に 到 着 した 日 をいいます ⑵ ⑴の 確 認 をするため 次 の1~6に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は ⑴の 規 定 にかかわらず この 会 は 請 求 完 了 日 ( 注 1) の 翌 日 以 後 次 の1~6に 掲 げる 日 数 ( 注 2) を 経 過 す る 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 において この 会 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 団 体 に 対 して 通 知 するものとします 1 ⑴1~3の 事 項 を 確 認 するための 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 注 3) 180 日 2 ⑴1~3の 事 項 を 確 認 するための 医 療 機 関 検 査 機 関 その 他 の 専 門 機 関 による 診 断 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 ⑴3の 事 項 のうち 後 遺 障 害 の 内 容 およびその 程 度 を 確 認 するための 医 療 機 関 による 診 断 後 遺 障 害 の 認 定 に 係 る 専 門 機 関 による 審 査 等 の 結 果 の 照 会 120 日 4 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における⑴1~3の 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 5 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 11 月 15 日 法 律 第 223 号 )にもとづき 設 置 された 中 央 防 災 会 議 にお いて 専 門 調 査 会 が 設 置 された 首 都 直 下 地 震 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 またはこれらと 同 規 模 の 損 害 が 発 生 するものと 見 込 まれる 広 域 災 害 が 発 生 した 地 域 における⑴1~3の 事 項 の 確 認 のための 調 査 360 日 6 ⑴1~3の 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 B-19

35 ( 注 1) 第 29 条 ( 保 険 金 の 請 求 )⑵ ⑶の 規 定 による 書 類 がすべてこの 会 に 到 着 した 日 をいいま す ( 注 2) 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 とします ( 注 3) 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 )に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます ⑶ この 会 が 必 要 な 調 査 を 行 うにあたり 団 体 対 象 者 または 保 険 金 受 取 人 が 正 当 な 理 由 なく 当 該 調 査 を 妨 げ もしくはこれに 応 じなかった 場 合 ( 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます ) は これにより 調 査 が 遅 延 した 期 間 については ⑴ ⑵の 期 間 に 算 入 しないものとします 第 31 条 ( 保 険 金 支 払 の 遅 延 ) 第 30 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 )に 定 める 支 払 期 限 を 超 えて 保 険 金 を 支 払 う 場 合 は この 会 は 支 払 期 限 翌 日 以 降 遅 滞 の 責 任 を 負 い その 遅 滞 した 期 間 に 対 し 年 利 率 6% ( 注 ) の 遅 延 利 息 と 保 険 金 を 併 せて 支 払 います ( 注 ) 商 法 ( 明 治 32 年 3 月 9 日 法 律 第 48 号 ) 第 514 条 に 定 める 商 事 法 定 利 率 第 32 条 ( 保 険 金 の 受 取 人 ) ⑴ 保 険 金 の 受 取 人 は 第 2 章 本 人 保 障 条 項 ならびに 第 3 章 本 人 財 産 保 障 条 項 では 対 象 者 とし 第 4 章 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 では 団 体 とします ⑵ 第 2 章 本 人 保 障 条 項 において 対 象 者 が 死 亡 した 場 合 の 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 は 次 に 掲 げる 遺 族 とし その 順 位 は1~5の 順 序 とします 1 対 象 者 の 配 偶 者 2 対 象 者 の 死 亡 の 当 時 その 収 入 により 生 計 を 維 持 していた 対 象 者 の 子 父 母 孫 祖 父 母 お よび 兄 弟 姉 妹 3 対 象 者 の 死 亡 の 当 時 その 収 入 により 生 計 を 維 持 していた 対 象 者 の 配 偶 者 の 子 父 母 孫 祖 父 母 および 兄 弟 姉 妹 4 2に 該 当 しない 対 象 者 の 子 父 母 孫 祖 父 母 および 兄 弟 姉 妹 5 3に 該 当 しない 対 象 者 の 配 偶 者 の 子 父 母 孫 祖 父 母 および 兄 弟 姉 妹 ⑶ ⑵の 場 合 において 父 母 については 養 父 母 実 父 母 の 順 とし 祖 父 母 については 養 父 母 の 養 父 母 養 父 母 の 実 父 母 実 父 母 の 養 父 母 実 父 母 の 実 父 母 の 順 とします ⑷ ⑵~⑶の 規 定 にかかわらず 死 亡 保 険 金 を 支 給 すべき 遺 族 がないときは その 保 険 金 を 対 象 者 の 相 続 人 に 支 払 います ⑸ 同 順 位 の 保 険 金 受 取 人 が2 人 以 上 ある 場 合 は 代 表 者 1 人 を 定 めなければなりません この 場 合 において 代 表 者 は 他 の 保 険 金 受 取 人 を 代 表 します 第 33 条 ( 保 険 金 の 削 減 支 払 ) ⑴ この 会 は 巨 大 災 害 等 が 発 生 した 結 果 保 険 金 支 払 事 由 が 一 時 に 多 数 発 生 し 当 該 保 険 事 故 に よる 保 険 金 を 全 額 支 払 うとした 場 合 に この 会 の 事 業 収 支 が 著 しく 悪 化 させると 認 められる 場 合 は 保 険 金 の 全 部 または 一 部 を 削 減 して 支 払 うことがあります ⑵ ⑴の 削 減 支 払 を 行 う 場 合 は 団 体 に 対 し 書 面 によりその 旨 を 通 知 するものとします ⑶ この 会 は ⑵の 通 知 を 行 う 前 に 生 じた 事 故 による 保 険 金 については⑴の 削 減 を 行 いません 第 34 条 ( 保 険 金 の 直 接 支 払 ) 第 1 章 ( 用 語 等 定 義 条 項 ) 第 2 条 ( 団 体 および 対 象 者 等 )⑴2~4または 第 4 章 ( 慶 弔 見 舞 金 保 障 条 項 ) 第 1 条 ( 保 険 金 の 支 払 事 由 および 保 険 金 の 額 )⑴の 規 定 にかかわらず 団 体 において 保 険 金 請 求 の 手 続 き ならびに 互 助 金 支 払 いが 困 難 または 不 能 となっているときは 各 保 障 条 項 に 規 定 する 支 払 事 由 が 発 生 した 期 間 に 対 応 する 保 険 料 が 払 い 込 まれている 場 合 に 限 り この 会 は 対 象 者 に 団 体 を 経 由 せず 直 接 保 険 金 を 支 払 うことができます この 場 合 対 象 者 はこの 会 に 対 して 直 接 保 険 金 の 請 求 を 行 うものとします 第 35 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 29 条 ( 保 険 金 の 請 求 )⑴に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 します 第 36 条 ( 保 険 料 の 優 良 戻 し) この 会 は この 約 款 と 同 じ 約 款 で 契 約 している 全 ての 契 約 の 収 支 ( 注 1) を この 会 の 事 業 年 度 毎 に 計 算 し その 結 果 として 予 定 支 払 率 ( 注 2) より 保 険 金 の 支 払 が 少 なかった 場 合 は 予 定 支 払 率 以 下 となった 優 良 成 績 の 団 体 ( 注 3) に 対 して 保 険 料 を 優 良 戻 しとして 返 戻 します B-20

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです 法 人 自 動 車 共 済 保 険 法 人 自 動 車 共 済 保 険 ご 契 約 のしおり 普 通 保 険 約 款 特 約 冊 子 2013 年 6 月 版 一 般 財 団 法 人 全 国 勤 労 者 福 祉 共 済 振 興 協 会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相 TOHOKUJIKYO 自 動 車 共 済 約 款 ( 普 通 共 済 約 款 および 特 約 条 項 平 成 27 年 10 月 東 北 自 動 車 共 済 協 同 組 合 980-0011 仙 台 市 青 葉 区 上 杉 一 丁 目 9 番 15 号 022-264-1188 FAX 022-264-1166 ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

タフ・クルマの保険

タフ・クルマの保険 P.4 P.6 P.8 P.9 P.12 P.16 P.21 P.30 P.46 P.56 P.100 N1 4 6 8 9 12 1 2 3 4 5 6 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 12 13 13 14 15 16 17 17 18 18 19 19 20 20 20 21 1 21 2 21 3 22 4 25 5 26 28 30 1 2 46 1 2 3 4

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

SBI_普約特約_改訂版.indd

SBI_普約特約_改訂版.indd 2014 年 4 月 改 定 普 通 保 険 約 款 特 約 SBI の 自 動 車 保 険 個 人 総 合 自 動 車 保 険 このたびは 弊 社 SBI 損 保 の 自 動 車 保 険 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうございまた この 小 冊 子 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されております ご 一 読 のうえ 大 切 に 保 管 て ご 利 用 ください ご

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約) 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 者 よりこの 内 容 を 補 償 の 対 象 となる 方 にもご 説

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

総合共済(cs5).indd

総合共済(cs5).indd ご 契 約 者 ( 組 合 員 )の 皆 さまへ このたびは JP 共 済 生 協 の 共 済 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうご ざいます この ご 契 約 のしおり は 総 合 共 済 の 契 約 内 容 に 関 する 大 切 な 事 柄 を ご 説 明 したものです 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 をご 確 認 のうえ 共 済 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 ( 始 期 日 )が 平 成 22 年 4 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd 目 次 款 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 P2 災 害 割 増 傷 害 リビング ニーズ 年 金 払 指 定 代 理 請 求 料 口 座 振 替 クレジットカード 扱 団 体 扱 別 団 体 扱 集 団 扱 P23 P36 P52 P58 P63 P67 P69 P71 P73 P75 1 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 必 ずご 一 読 のうえ 大 切 なご

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 4. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 )の 請 求 事 由 が 発 生 したとき 4 5.

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基 保 険 約 款 の 構 成 総 合 自 動 車 保 険 Type S は 普 通 保 険 約 款 と 特 約 により 構 成 されてい 普 通 保 険 約 款 相 手 方 への 賠 償 賠 償 責 任 条 項 対 人 賠 償 対 物 賠 償 ご 自 身 ご 家 族 搭 乗 中 の 方 への 補 償 人 身 傷 害 条 項 お 車 への 補 償 車 両 条 項 保 険 契 約 の 成 立 や 事 故

More information

(2010.4改定)積立介護費用保険既契約者向け商品内容説明資料(商品概要)

(2010.4改定)積立介護費用保険既契約者向け商品内容説明資料(商品概要) ご 契 約 者 さま 向 け 商 品 概 要 ご 案 内 資 料 積 立 介 護 費 用 保 険 この 書 面 では 積 立 介 護 費 用 保 険 の 商 品 概 要 についてご 説 明 しています この 書 面 はご 契 約 に 関 するすべての 内 容 を 記 載 しているものではありません 詳 細 は 介 護 費 用 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 でご 確 認 ください また ご

More information

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用) 2 1 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2 Ⅵ Ⅶ 3 4 5 6 6 7 7 Ⅰ Ⅰ 8 Ⅱ Ⅱ 9 10 11 11 Ⅱ 12 13 13 Ⅱ 14 Ⅱ 15 16 16 17 17 Ⅱ 18 Ⅱ 19 Ⅲ 20 Ⅲ 21 22 Ⅲ 23 24 Ⅲ 25 26 Ⅲ 27 28 28 Ⅲ 29 30 31 31 Ⅲ 32 Ⅳ 33 Ⅳ 34 34 35 Ⅳ 36 36 37 37 Ⅳ Ⅴ 38 Ⅴ 39 Ⅵ

More information

はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険 に ついてのご 契 約 内 容 および 注 意 事 項 など 大 切 なことがらを 記 載 しておりますので ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 (または

はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険 に ついてのご 契 約 内 容 および 注 意 事 項 など 大 切 なことがらを 記 載 しておりますので ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 (または ドライバー 保 険 安 心 ガイド ( 普 通 保 険 約 款 特 約 ) ~ 私 たちが 未 来 に 今 できること~ 日 本 興 亜 損 保 では 環 境 に 優 しい エコ 安 全 ドライブ を 推 進 しています 2012 年 1 月 改 定 EA はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

00-表1-4_養老保険.indd

00-表1-4_養老保険.indd 目 次 款 普 通 養 老 普 通 款 P2 定 期 P24 定 期 ( 逓 増 型 ) P37 災 害 割 増 P49 傷 害 P62 災 害 入 院 P78 疾 病 入 院 P89 リビング ニ ズ P106 年 金 払 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 ) P112 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 締 結 された 年 金 払 年 金 払 ( 平 成 24 年 3 月

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 ジェイアイ 傷 害 火 災 保 険 株 式 会 社 2014.4.1 以 降 保 険 始 期 インターネットオンライン 契 約 用 国 内 旅 行 保 険 約 款 ( 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 および 特 約 ) 普 通 保 険 約 款 特 約 頁 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 国 内 旅 行 傷 害 保 険 特 約 23 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 国

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に 海 外 旅 行 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 めら 見 れる 異

More information

00-表1-4_終身保険.indd

00-表1-4_終身保険.indd 目 次 款 終 身 普 通 款 P2 定 期 P23 定 期 ( 逓 増 型 ) P36 災 害 割 増 P48 傷 害 P61 災 害 入 院 P77 疾 病 入 院 P88 リビング ニ ズ P105 介 護 障 移 行 P111 年 金 払 P122 指 定 代 理 請 求 P127 別 条 件 P131 料 口 座 振 替 P136 クレジットカード 扱 P138 団 体 扱 P140 別

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

年 間 10,000 円 の 保 険 料 で 病 気 やケガの 入 院 手 術 を 保 障 します さらに 万 が 一 の 葬 祭 費 用 つき! 職 調 協 の 医 療 保 険 お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 詳 細 は 医 療 保 険 保 険 金 のお 支 払 いについて をご 参

年 間 10,000 円 の 保 険 料 で 病 気 やケガの 入 院 手 術 を 保 障 します さらに 万 が 一 の 葬 祭 費 用 つき! 職 調 協 の 医 療 保 険 お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 詳 細 は 医 療 保 険 保 険 金 のお 支 払 いについて をご 参 公 益 社 団 法 人 日 本 全 職 業 調 理 士 協 会 調 理 師 ( 士 ) 会 に 所 属 の 調 理 師 ( 士 )のみなさまへ 特 徴 職 調 協 の 医 療 保 険 のご 案 内 (1 年 契 約 用 ) 保 険 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 午 後 4 時 から1 年 間 ご 提 出 締 切 日 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 ) 平 成 28 年 6

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛

予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛 予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛 next を 借 り 入 れの お 客 さまに そんな 時 の 月 々のローン 返 済 をサポートいたします

More information

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 の 概 要 販 売 用 自 動 車 保 険 特 約 は 貴 社 が 販 売 の 目 的 をもって 輸 送 または 管 理 する 自 動 車 ( 販 売

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

別 表 1 見 舞 金 祝 金 給 付 内 容 病 気 入 院 見 舞 金 対 象 者 が 病 気 により5 日 以 上 継 続 入 院 した 場 合 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 5) 事 故 通 院 見 舞 金 対 象 者 がけがにより5 日 以 上 実 通 院 した 場 合 ( 注 1)

別 表 1 見 舞 金 祝 金 給 付 内 容 病 気 入 院 見 舞 金 対 象 者 が 病 気 により5 日 以 上 継 続 入 院 した 場 合 ( 注 1) ( 注 2) ( 注 5) 事 故 通 院 見 舞 金 対 象 者 がけがにより5 日 以 上 実 通 院 した 場 合 ( 注 1) 三 木 商 工 会 議 所 生 命 共 済 制 度 独 自 給 付 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 本 制 度 は 三 木 商 工 会 議 所 ( 以 下 会 議 所 という)が 会 員 事 業 所 及 びその 役 員 従 業 員 の 福 利 厚 生 制 度 を 充 実 させることを 目 的 として 実 施 する 生 命 共 済 の 一 部 をなすものである ( 対 象 者 ) 第 2 条 本

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

ご契約のしおり(p1〜14).indd

ご契約のしおり(p1〜14).indd 学 生 総 合 共 済 ご 契 約 のしおり 学 生 総 合 共 済 にご 加 入 いただきありがとうござ います この 共 済 は 全 国 大 学 生 協 共 済 生 活 協 同 組 合 連 合 会 が 厚 生 労 働 大 臣 の 認 可 を 受 け 加 盟 の 大 学 生 協 の 組 合 員 を 対 象 に 行 なっている 生 命 共 済 火 災 共 済 です この ご 契 約 のしおり には

More information

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し 研 修 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 医 師 賠 償 責 任 保 険 ) 1 ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ~Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2015年10月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ~Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2015年10月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校

第 10 章 災 害 補 償 及 び 傷 病 扶 助 ( 第 95 条 第 97 条 ) 第 11 章 福 利 厚 生 ( 第 98 条 第 99 条 ) 第 12 章 補 則 ( 第 100 条 第 102 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 学 校 法 人 明 星 学 苑 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 7 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 8 条 第 14 条 ) 第 2 節 試 用 期 間 ( 第 15 条 ) 第 3 節 異 動 ( 第 16 条 第 21 条 ) 第 4 節 役 職 位 の 任 免 ( 第 22 条 ) 第 3 章 服 務 第 1 節 勤 務 上

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

日本商工会議所.indd

日本商工会議所.indd 1 2 3 Ⅵ 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 共 通 費 用 損 害 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 事 故 または 行 為 に 起 因 する 損 害 1 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 ( 過 失 犯 を 除 きます ) 2 被 保 険 者 の 故 意 または 重 過 失 による 法 令 違 反 3 被 保 険 者 が 他 人 に 損 失 を 与 えることを 認

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information