Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 - 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な 子 どもや 介 護 を 必 要 とする 人 の 有 無 16 5 最 終 学 歴 19 6 居 住 地 区 21 Ⅳ 調 査 結 果 22 1 男 女 の 地 位 や 役 割 につて 22 (1) 男 は 外 で 働 き 女 は 家 庭 を 守 るべき とう 考 え 方 につて 22 (2) 女 性 の 職 業 の 持 ち 方 につて 26 (3) 男 女 共 同 参 画 に 関 する 用 語 の 周 知 度 30 (4) 男 女 の 地 位 の 平 等 感 33 (5) 男 女 社 会 のあらゆる 分 野 で 平 等 になるために 不 足 してること 51 2 家 庭 生 活 につて 54 (1) 結 婚 観 につて 54 (2) 家 事 や 育 児 の 分 担 につて 62 (3) 家 庭 生 活 や 地 域 生 活 に 対 する 悩 みや 不 安 65 (4) 家 庭 生 活 の 満 足 度 74 3 仕 事 と 生 活 ( 家 庭 生 活 や 地 域 活 動 個 人 の 生 活 )の 両 立 につて 76 (1) 仕 事 の 有 無 76 (2) 職 業 79 (3) 勤 務 日 数 勤 務 時 間 82 (4) 仕 事 をしてる 理 由 86

4 (5) 職 場 の 満 足 度 88 (6) 職 場 の 状 況 95 (7) 仕 事 と 家 庭 の 両 立 に 関 する 不 安 100 (8) 今 後 仕 事 をしたか 103 (9) 就 職 する 際 重 視 すること 109 (10) 企 業 や 事 業 所 に 望 む 仕 事 と 生 活 の 両 立 のための 支 援 111 (11) 離 職 した 女 性 の 社 会 活 動 復 帰 115 (12) 離 職 経 験 118 (13) 退 職 理 由 地 域 活 動 につて 123 (1)この3 年 間 に 参 加 した 地 域 活 動 123 (2) 参 加 したことな 理 由 配 偶 者 恋 人 などからの 暴 力 につて 137 (1)DV 相 談 窓 口 の 認 知 度 137 (2) 配 偶 者 恋 人 などからの 暴 力 の 有 無 日 立 市 につて 143 (1)らぽーるひたちの 利 用 度 と 周 知 度 143 (2)らぽーるひたちに 期 待 する 役 割 145 (3) 市 行 ってる 現 在 の 取 組 の 評 価 148 (4) 男 女 共 同 参 画 の 各 施 策 の 重 要 性 自 由 記 載 ( 抜 粋 ) 168 付 録 調 査 票 173

5 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 背 景 日 立 市 では 日 立 市 に 住 む 男 女 の 意 識 や 生 活 を 把 握 し 男 女 共 同 参 画 のより 一 層 の 推 進 必 要 な 分 野 や 方 向 性 を 捉 えるため 下 記 のように 生 活 と 意 識 に 関 する 調 査 を 定 期 的 に 実 施 してきた 調 査 年 度 昭 和 56 年 (1981 年 ) 度 昭 和 63 年 (1988 年 ) 度 平 成 4 年 (1992 年 ) 度 平 成 9 年 (1997 年 ) 度 平 成 14 年 (2002 年 ) 度 平 成 19 年 (2007 年 ) 度 平 成 23 年 (2011 年 ) 度 実 施 対 象 女 性 女 性 男 性 男 性 女 性 男 性 女 性 男 性 女 性 男 性 女 性 2 調 査 の 目 的 本 調 査 は 日 立 市 男 女 共 同 参 画 社 会 基 本 条 例 第 10 条 に 基 づき 日 立 市 に 住 む 男 女 の 家 庭 や 仕 事 地 域 等 に 関 する 意 識 と 実 態 を 把 握 することを 目 的 とする また 現 在 の 男 女 の 意 識 や 課 題 に 沿 った 施 策 を 展 開 してくため 第 3 次 ひたち 男 女 共 同 参 画 計 画 策 定 の 参 考 とする 3 調 査 の 対 象 方 法 日 立 市 に 住 む 満 20 以 上 の 成 人 の 男 女 を 対 象 とし 郵 送 によって 調 査 票 を 配 布 回 収 した (1) 調 査 地 域 日 立 市 全 域 (2) 調 査 対 象 日 立 市 に 住 む 満 20 以 上 の 男 女 (3) 標 本 数 男 性 2,000 人 女 性 2,000 人 合 計 4,000 人 (4) 抽 出 方 法 日 立 市 の 住 民 基 本 台 帳 から 満 20 以 上 の 男 女 4,000 人 を 無 作 為 抽 出 (5) 調 査 方 法 郵 送 による 質 問 紙 法 (6) 調 査 期 間 平 成 27 年 8 月 24 日 ( 発 送 )~9 月 15 日 ( 回 収 〆 切 ) 4 調 査 の 内 容 調 査 の 構 成 として 男 女 の 地 位 や 役 割 家 庭 生 活 仕 事 と 生 活 ( 家 庭 生 活 や 地 域 活 動 個 人 の 生 活 ) の 両 立 地 域 活 動 パートナーからの 暴 力 日 立 市 の 役 割 とった6つのテーマにつて 調 査 を 行 っ た 結 果 につては 男 女 別 年 齢 別 に 分 析 を 行 過 去 に 実 施 した 調 査 との 比 較 により 意 識 や 実 態 の 変 化 を 捉 えたほか 国 の 世 論 調 査 との 比 較 も 行 日 立 市 の 特 徴 につての 考 察 を 行 った 1

6 テーマ 男 女 の 地 位 や 役 割 家 庭 生 活 視 点 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 に 影 響 を 与 えると 推 測 される 固 定 的 な 性 別 役 割 分 担 に 対 する 意 識 や 女 性 の 職 業 の 持 ち 方 につての 考 え 方 を 聞 た また 施 策 を 進 めてる 中 での 各 分 野 における 平 等 感 や 男 女 共 同 参 画 の 浸 透 度 につて 尋 ねた 結 婚 に 対 する 考 え 方 家 事 分 担 につて 聞 たほか 家 庭 生 活 や 地 域 生 活 に 対 する 悩 みや 不 安 満 足 度 などにつて 尋 ねた 仕 事 と 生 活 ( 家 庭 生 活 や 地 域 活 動 個 人 の 生 活 )の 両 立 働 く 男 女 の 実 態 や 意 識 職 場 環 境 につて 聞 たほか 仕 事 と 家 庭 の 両 立 を 図 る 上 での 不 安 や 仕 事 と 生 活 の 両 立 に 向 けて 企 業 や 事 業 所 に 望 む 支 援 などにつて 尋 ねた 地 域 活 動 パートナーからの 暴 力 日 立 市 の 役 割 地 域 活 動 参 加 の 実 態 と 意 識 につて 尋 ねた 深 刻 な 社 会 問 題 になってる 配 偶 者 や 恋 人 などのパートナーからの 暴 力 に つて 実 態 を 尋 ねた 男 女 共 同 参 画 のまちづくりの 拠 点 となる 女 性 センター(らぽーるひたち) につて 利 用 状 況 や 周 知 度 女 性 センターに 期 待 する 役 割 などを 尋 ねた また 男 女 共 同 参 画 社 会 を 実 現 するために 何 求 められてるのか 行 政 果 たすべき 役 割 などを 男 女 共 同 参 画 の 視 点 で 尋 ねた 5 回 収 の 結 果 発 送 した 4,000 人 のうち 有 効 回 答 数 は 2,077 人 有 効 回 答 率 は 51.9%となり 対 象 総 数 の 過 半 数 から 回 答 を 得 ることできた ( 前 回 調 査 発 送 :4,000 人 有 効 回 答 数 :1,705 人 ( 男 性 754 人 女 性 921 人 不 明 30 人 ) 有 効 回 答 率 :42.6%) 総 数 男 女 別 発 送 (a) 4,000 人 男 性 2,000 女 性 2,000 回 収 数 (b) 回 収 率 (c=b/a) 2,078 人 52.0% 男 性 940 人 女 性 1,080 人 不 明 58 人 (47.0%) (54.0%) 無 効 (d) 1 人 不 明 1 人 有 効 回 答 数 (e=b-d) 有 効 回 答 率 (f=e/a) 2,077 人 51.9% 男 性 940 人 女 性 1,080 人 不 明 57 人 (47.0%) (54.0%) 6 調 査 結 果 の 見 方 (1) 百 分 率 の 計 算 は 小 数 点 第 2 位 で 四 捨 五 入 してるため 合 計 100%にならな 場 合 ある また 回 答 数 あるにもかかわらず 全 体 では0%と 表 示 される 場 合 ある (2) 複 数 回 答 の 設 問 の 場 合 設 問 の に 対 する 選 択 肢 ごとの 割 合 を 表 示 してる このため 合 計 100%を 超 える 場 合 ある (3) は 回 答 してなもののほか 選 ぶべき 選 択 肢 の 数 や 答 え 方 を 間 違 えてる 回 答 を 含 む 2

7 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 日 立 市 に 住 む 男 女 の 特 徴 的 な 実 態 や 意 識 につて 50 未 満 の 結 果 を 中 心 にまとめた Ⅱ-1 回 答 者 属 性 1 性 別 と 年 齢 回 答 者 の 男 女 比 は 男 性 45.3% 女 性 52.0% 年 齢 構 成 は 高 齢 者 の 割 合 高 く 60 以 上 全 体 のほぼ 半 数 を 占 めた 全 年 齢 の 集 計 のほか 若 者 世 代 及 び 現 在 子 育 て 中 の 世 代 として 50 未 満 (20 ~49 )での 集 計 分 析 を 実 施 した 2 配 偶 関 係 50 未 満 の 配 偶 者 る 割 合 は 男 性 6 割 弱 女 性 6 割 強 で 未 婚 は 男 性 4 割 弱 女 性 3 割 弱 で ある 特 に 20~34 までの 男 性 の 未 婚 率 高 く 30 代 前 半 で4 割 未 婚 女 性 は 20 代 までは 未 婚 率 高 く 20 代 後 半 で6 割 以 上 未 婚 である また 女 性 の 約 5% 離 別 してる 3 家 族 構 成 50 未 満 では 男 女 とも 6 割 以 上 親 と 子 の 二 世 代 の 世 帯 であり 親 と 子 と 孫 などの 3 世 代 以 上 の 世 帯 は 約 1 割 と 子 育 て 世 代 の 核 家 族 化 うかえる 4 育 児 の 必 要 な 子 どもや 介 護 を 必 要 とする 人 の 有 無 50 未 満 で 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 な 割 合 は 男 性 の 約 半 数 女 性 の 4 割 弱 だ 就 学 前 から 中 学 生 までのずれかの 子 どもる 割 合 は 男 性 42.1% 女 性 50.8% 介 護 必 要 な 家 族 るのは 男 性 3.7% 女 性 3.8%となってる 5 最 終 学 歴 全 体 では 中 学 校 高 等 学 校 男 女 とも6 割 近 50 未 満 では 大 学 大 学 院 男 性 の 4 割 弱 女 性 の 2 割 強 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 男 性 の 2 割 強 女 性 の 3 割 強 と 高 学 歴 化 進 んでる 女 性 の 回 答 では 大 学 大 学 院 は 男 性 よりも 少 な 近 年 の 高 等 学 校 卒 業 後 の 大 学 進 学 率 に 男 女 差 はほとんどな Ⅱ-2 調 査 結 果 1 男 女 の 地 位 や 役 割 につて (1) 男 は 外 で 働 き 女 は 家 庭 を 守 るべき とう 考 え 方 につて 全 年 齢 では 男 性 は 賛 成 派 多 く 女 性 は 反 対 派 多 国 の 調 査 と 比 較 すると 本 市 では 男 女 とも 賛 成 派 少 な 50 未 満 では 反 対 派 男 性 で 5 割 弱 女 性 で 5 割 強 と 男 女 とも 反 対 派 多 (2) 女 性 の 職 業 の 持 ち 方 につて 男 女 ともにほぼ 同 じ 傾 向 で 子 どもできたら 職 業 をやめ 子 ども 大 きくなったら 再 び 職 業 を 持 つ 方 よ 最 も 多 く 50 未 満 で 4 割 弱 子 どもできても ずっと 職 業 を 続 ける 方 よ は 3 割 強 国 の 調 査 では 子 どもできても ずっと 職 業 を 続 ける 方 よ 5 割 弱 子 どもできたら 職 業 をやめ は 約 3 割 となってる (3) 男 女 共 同 参 画 に 関 する 用 語 の 周 知 度 DV(ドメスティック バイオレンス) 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 育 児 介 護 休 業 法 の 周 知 度 高 く 前 回 調 査 と 比 較 すると ワーク ライフ バランス の 周 知 度 男 女 とも 上 昇 した DV を 除 き 女 性 よりも 男 性 の 周 知 度 若 干 高 (4) 男 女 の 地 位 の 平 等 感 学 校 教 育 の 場 や コミュニティ は 平 等 と 感 じる 人 多 く 政 治 の 場 や 職 場 社 3

8 会 通 念 慣 習 しきたりなど は 男 性 優 遇 を 感 じる 人 多 家 庭 生 活 や 町 内 会 自 治 会 等 の 自 治 会 組 織 も 約 5 割 の 女 性 は 男 性 優 遇 と 感 じてる 男 女 では 学 校 教 育 の 場 を 除 くと 女 性 のほう 男 性 優 遇 と 感 じる 人 多 (5) 男 女 社 会 のあらゆる 分 野 で 平 等 になるために 不 足 してること 男 女 とも 女 性 の 再 就 職 や 社 会 参 加 支 援 と 労 働 時 間 の 短 縮 や 在 宅 勤 務 の 普 及 など 働 き 方 の 見 直 し 多 そのほか 女 性 を 取 り 巻 く 偏 見 固 定 的 な 社 会 通 念 等 を 改 める 特 に 女 性 に 多 くみられる 2 家 庭 生 活 と 生 きにつて (1) 結 婚 観 につて 全 年 齢 では 男 女 の 結 婚 観 に 大 きな 差 みられる 50 未 満 では 男 女 差 はほとんどみられな ただし 経 済 的 にゆとりある 生 活 できる だけは 女 性 5 割 男 性 3 割 と 男 女 差 大 き 自 由 なくなる と 思 う 人 の 割 合 は 年 齢 による 差 大 きく 全 年 齢 では 男 性 4 割 女 性 5 割 である 50 未 満 では 男 女 とも 6 割 である (2) 家 事 や 育 児 の 分 担 につて 女 性 は 家 事 や 育 児 を 担 ってるとう 意 識 高 く すべて または ほとんど 妻 行 っ てると 答 えた 人 女 性 で 7 割 男 性 では 6 割 内 容 や 曜 日 によって 家 族 分 担 して 行 っ てる と 答 えた 人 女 性 で 2 割 男 性 では 3 割 と 男 女 間 で 意 識 の 差 みられる (3) 家 庭 生 活 や 地 域 生 活 に 対 する 悩 みや 不 安 女 性 は 多 くの 面 で 男 性 より 不 安 を 感 じてる 人 の 割 合 高 自 分 自 身 や 家 族 の 介 護 経 済 的 な 問 題 心 身 の 健 康 につては 男 女 とも 過 半 数 の 人 不 安 を 感 じてる 50 未 満 で 特 に 不 安 を 感 じる 人 多 のは 経 済 的 な 問 題 男 女 とも 7 割 仕 事 と 生 活 の 両 立 は 男 性 5 割 女 性 6 割 など (4) 家 庭 生 活 の 満 足 度 男 女 とも 家 庭 生 活 への 満 足 層 8 割 を 超 えており 不 満 層 は 2 割 未 満 である 3 仕 事 と 生 活 ( 家 庭 生 活 や 地 域 活 動 個 人 の 生 活 )の 両 立 につて (1) 仕 事 の 有 無 50 未 満 で 就 業 してる 人 は 男 性 9 割 女 性 7 割 で 専 業 主 婦 は 2 割 強 である 男 性 のほ とんどフルタイムだ 女 性 ではフルタイムとパート アルバイト 嘱 託 ほとんど 同 じ 割 合 であり 働 き 方 に 男 女 差 あることわかる (2) 職 業 男 性 の 仕 事 は 専 門 技 術 職 最 も 多 く 50 未 満 では 約 半 数 女 性 も 3 割 強 となって る 女 性 は 販 売 サービス 保 安 職 多 50 未 満 では 専 門 技 術 職 とほぼ 同 じ 割 合 である 管 理 職 の 割 合 は 男 性 の 19.4%に 対 し 女 性 は 2.1%と 女 性 管 理 職 の 割 合 は 非 常 に 少 なく 50 未 満 では にすぎな (3) 勤 務 日 数 勤 務 時 間 50 未 満 の1 週 あたりの 平 均 勤 務 日 数 は 男 性 5.3 日 女 性 4.8 日 1 日 当 たりの 平 均 勤 務 時 間 は 男 性 9.4 時 間 女 性 7.1 時 間 である パート 等 で 働 く 人 の 多 女 性 におては 平 均 は 低 数 値 となる 50 未 満 の 半 数 近 くの 男 性 1 日 10 時 間 以 上 勤 務 してる 女 性 でも 10 時 間 以 上 勤 務 してる 人 1 割 以 上 る 特 に 25 から 44 までの 男 性 の 平 均 はほぼ 10 時 間 で 過 重 労 働 みてとれる 4

9 (4) 仕 事 をしてる 理 由 男 女 とも 生 活 のため 多 それ 以 外 では 男 性 では 働 くことはあたりまえだから 社 会 とのつなりを 持 つため 女 性 では 家 計 の 補 助 にするため 社 会 とのつなりを 持 つため 自 分 の 能 力 や 資 格 技 能 などを 生 かすため とった 理 由 多 (5) 職 場 の 満 足 度 職 場 に 満 足 してる 人 の 割 合 は 各 項 目 で 5 割 から 8 割 と 高 女 性 のほう 高 傾 向 ある 特 に 仕 事 の 内 容 には 満 足 する 人 多 く 男 性 7 割 女 性 8 割 満 足 役 職 待 遇 に つては 男 女 とも 約 6 割 満 足 してる 一 方 給 料 につては 男 性 の 5 割 女 性 の 4 割 の 人 不 満 勤 務 時 間 につては 男 性 の 5 割 女 性 の 3 割 の 人 不 満 を 持 ってる (6) 職 場 の 状 況 職 場 の 状 況 につては 男 性 のほう 差 別 や 問 題 を 感 じてる 人 多 く 女 性 では 比 較 的 少 な 男 性 育 児 介 護 に 係 る 休 業 や 休 暇 をとりにく 時 間 外 労 働 多 仕 事 の 内 容 に 男 女 差 ある などの 不 満 や 課 題 を 感 じる 男 性 多 女 性 に 多 のは 時 間 外 労 働 多 約 2 割 賃 金 待 遇 に 男 女 差 ある 女 性 育 児 介 護 にかかる 休 暇 を 取 りにく 男 性 育 児 介 護 にかかる 休 暇 を 取 りにく 約 1 割 などである (7) 仕 事 と 家 庭 の 両 立 に 関 する 不 安 男 性 より 女 性 のほう 様 々な 面 で 不 安 を 感 じる 人 多 く 家 事 と 子 育 て 仕 事 等 で 時 間 にゆ とりなことや 家 族 の 介 護 の 不 安 を 課 題 として 抱 えてる 人 多 男 女 とも 30 から 49 の 年 齢 層 で 仕 事 と 家 庭 の 両 立 で 不 安 を 感 じる 人 の 割 合 高 く 忙 し 職 場 と 子 育 てなどの 負 担 この 年 齢 層 の 不 安 につなってると 思 われる (8) 今 後 仕 事 をしたか 50 未 満 で 無 職 の 人 の 9 割 近 く 今 後 仕 事 をした と 回 答 してる 40 代 後 半 の 女 性 では 3 割 以 上 したくな と 回 答 してる 働 き 方 は 男 性 は フルタイム 女 性 は パートやアルバイト を 望 む 人 多 (9) 就 職 する 際 重 視 すること 男 性 では 仕 事 にやりある 最 も 多 女 性 では 勤 務 時 間 勤 務 場 所 の 条 件 良 や 職 場 の 雰 囲 気 良 を 重 視 しており 男 女 で 選 択 基 準 の 違 みられる (10) 企 業 や 事 業 所 に 望 む 仕 事 と 生 活 の 両 立 のための 支 援 50 未 満 では 男 性 では 男 性 も 子 育 てに 参 加 できる 環 境 づくり や 職 場 内 の 理 解 を 深 め てく 女 性 では 子 どもの 看 病 のための 休 暇 取 れる 職 場 内 の 理 解 を 深 めてく 女 性 の 勤 労 継 続 に 対 する 理 解 や 支 援 在 宅 勤 務 などの 柔 軟 な 働 き 方 勤 務 先 に 保 育 施 設 を 設 置 する などの 割 合 高 (11) 離 職 した 女 性 の 社 会 活 動 復 帰 仕 事 と 家 事 育 児 介 護 との 両 立 しやすさなどを 重 視 し 正 社 員 として 再 就 職 男 女 と もにちばん 多 次 に 多 のは 男 性 は これまでの 知 識 経 験 を 生 かすことを 重 視 し 正 社 員 として 再 就 職 だ 女 性 は これまでの 知 識 経 験 を 生 かすことと 働 く 時 間 や 場 所 の 両 方 を 重 視 し パート アルバイトなどとして 再 就 職 であり 女 性 は 正 社 員 であること 以 上 に 家 事 や 育 児 介 護 などの 生 活 と 仕 事 のバランスを 重 視 する 傾 向 あるとえる (12) 離 職 経 験 50 未 満 で 仕 事 をやめた 経 験 ある 人 は 男 性 の 4 割 弱 女 性 の 7 割 強 で 男 性 に 比 べ 働 き 続 ける 女 性 は 少 な 25~29 の 女 性 で 半 数 を 超 え 35 ~39 では 9 割 を 超 える ま た 男 性 でも 30~34 の 年 齢 層 で 半 数 近 くの 人 に 離 職 経 験 あるなど 終 身 雇 用 制 度 変 容 してることうかえる 5

10 (13) 退 職 理 由 任 期 満 了 定 年 等 を 除 く 退 職 理 由 は 男 性 では 別 の 仕 事 や 活 動 をしたかった 会 社 の 都 合 による 解 雇 等 多 女 性 では 家 事 や 育 児 に 専 念 したかった 仕 事 と 家 庭 の 両 立 難 しかった 等 婚 姻 や 出 産 に 伴 って 離 職 する 人 多 ことうかえる なお 任 期 満 了 定 年 等 は 若 年 代 にもみられ わゆる 非 正 規 雇 用 の 増 加 もうかえ る 4 地 域 活 動 につて (1) この3 年 間 に 参 加 した 地 域 活 動 町 内 会 自 治 会 の 会 合 や 行 事 への 参 加 率 は 男 女 とも 高 コミュニティ 活 動 ま ちづくりなどに 取 り 組 む 活 動 ボランティア 活 動 は 男 性 のほう 保 育 園 や 幼 稚 園 学 校 のPTA 活 動 子 ども 会 やスポーツ 少 年 団 などの 活 動 とった 子 どもとの 関 わりのある 活 動 につては 女 性 の 参 加 率 高 (2) 参 加 したことな 理 由 男 女 ともに きっかけな 最 も 多 く そのほか 仕 事 忙 しく 時 間 な 情 報 なくわからな も 多 女 性 では 健 康 に 自 信 な 育 児 や 介 護 のため 時 間 な 男 性 より 高 割 合 となってる 5 配 偶 者 恋 人 などからの 暴 力 につて (1)DV 相 談 窓 口 の 認 知 度 男 性 の 4 割 弱 女 性 の 4 割 強 DV 相 談 窓 口 を 知 っており 50 未 満 の 女 性 は 約 半 数 知 っ てる (2) 配 偶 者 恋 人 などからの 暴 力 の 有 無 心 理 的 暴 力 を 受 けたことある 女 性 は 2 割 身 体 的 暴 力 1 割 など 女 性 のほう 被 害 を 受 けてる 割 合 高 く 暴 力 を 繰 り 返 されて 入 る 人 も 多 心 理 的 暴 力 につては 男 性 も 被 害 を 受 けたと 回 答 してる 人 1 割 る 暴 力 を 受 けても 過 半 数 の 人 どこにも 相 談 しなかった と 回 答 しており その 理 由 は 相 談 するほどのことでもなかったから 多 自 分 さえ 我 慢 すればよと 思 ったから 相 談 しても 無 駄 だと 思 ったから も 多 6 日 立 市 につて (1)らぽーるひたちの 利 用 度 と 周 知 度 男 性 の 利 用 率 は 1 2 度 利 用 したことある を 含 めても1 割 未 満 女 性 では2 割 を 超 える 施 設 の 認 知 度 も 男 性 5 割 女 性 6 割 強 で 女 性 のほう 高 (2)らぽーるひたちに 期 待 する 役 割 男 性 は 交 流 の 場 男 女 共 同 参 画 に 関 する 情 報 資 料 等 の 提 供 講 座 講 習 会 多 女 性 は 交 流 の 場 女 性 相 談 講 座 講 習 会 自 主 的 な 趣 味 や 学 習 活 動 ボランティア 活 動 の 支 援 ネットワーク 支 援 就 職 支 援 講 座 や 起 業 講 座 等 女 性 の 就 業 支 援 等 多 (3) 市 行 ってる 現 在 の 取 組 の 評 価 どの 項 目 でも どちらとも 言 えな 5 割 前 後 あり 関 心 低 人 多 とも 考 えられ る どちらとも 言 えな を 除 くと 男 性 はすべての 項 目 でマイナス 評 価 をする 人 のほう 多 く 女 性 はプラス 評 価 をする 人 のほう 多 特 に 保 育 や 介 護 の 施 設 やサービス につ ては 女 性 の 2 割 以 上 プラス 評 価 をしてる 項 目 別 に 比 較 すると 男 性 は 相 談 や 交 流 の 場 や 保 育 や 介 護 の 施 設 やサービスの 充 実 の 評 価 若 干 低 く 女 性 は 相 談 や 交 流 の 場 や 女 性 の 意 見 や 視 点 の 評 価 若 干 低 6

11 一 方 男 女 共 同 参 画 に 関 する 情 報 提 供 や 啓 発 の 評 価 は 男 女 とも5 項 目 の 中 で 最 も 高 (4) 今 後 の 各 施 策 の 重 要 性 男 女 共 同 参 画 に 関 する 情 報 提 供 や 啓 発 政 策 決 定 に 女 性 の 意 見 や 視 点 を 生 かす 男 女 の 平 等 や 相 互 の 理 解 に 対 する 学 校 教 育 や 社 会 教 育 の 充 実 男 女 の 生 き 方 に 関 する 相 談 や 交 流 の 場 の 提 供 は 男 女 とも 6 割 近 くの 人 重 要 視 しており 男 女 差 は 小 さ 最 も 重 要 視 する 人 多 のは 保 育 や 介 護 の 施 設 やサービスの 充 実 で 男 女 とも 7 割 以 上 だ 特 に 女 性 では とても 重 要 とう 人 6 割 近 くる 7

12 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 1 性 別 と 年 齢 F1 あなたの 性 別 はどちらですか (1つ 選 択 ) 1 男 性 2 女 性 2.7% F1 性 別 2,077 人 45.3% 52.0% 男 性 女 性 回 答 者 の 男 女 比 は 男 性 45.3% 女 性 52.0%で 女 性 上 回 ってる 前 回 調 査 と 比 較 すると 男 性 は 1.1 ポイント 増 (44.2% 45.3%) 女 性 は 2.0 ポイント 減 (54.0% 52.0%)と ほとんど 変 化 はみら れなかった 男 女 別 の 配 布 数 各 2,000 人 に 対 する 回 収 率 をみると 男 性 は 47.0%(940 人 ) 女 性 は 54.0%(1,080 人 )で 前 回 調 査 と 比 較 すると 男 性 は 9.3 ポイント 増 (37.7% 47.0%) 女 性 は 7.9 ポイント 増 (46.1% 54.0%)と 特 に 男 性 の 回 答 増 加 してる 8

13 F2 あなたの 満 年 齢 はおくつですか (1つ 選 択 ) 1 20~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 以 上 F2 年 齢 ( 男 性 ) F2 年 齢 ( 女 性 ) 30.7% 10.6% % 10.5% 3.2% 940 人 4.1% 3.7% 4.7% 6.4% 9.9% 6.6% 9.5% 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69 70 以 上 27.3% 12.5% 9.4% % 1,080 人 3.7% 4.0% 5.0% 9.4% 6.9% 5.7% 8.0% 8.1% 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69 70 以 上 回 答 者 の 年 齢 構 成 は 男 女 ともに 高 齢 者 の 割 合 高 く 65 以 上 の 割 合 は 男 性 41.3% 女 性 39.8%で 更 に 60 以 上 の 割 合 をみると 男 性 51.8% 女 性 49.2%と 全 体 のほぼ 半 数 を 占 めてる 一 方 若 年 層 の 割 合 をみると 20 代 では 男 性 7.3% 女 性 7.7% 30 代 では 男 性 8.4% 女 性 10.7%と 低 割 合 になってる F2 年 齢 ( 男 性 ) 50 F2 未 年 満 齢 20 ( 男 性 ) ~49 F2 F2 年 齢 ( 男 性 ) F2 F2 年 齢 ( F2 年 齢 ( 男 性 ) ) 29.8% 29.8% 29.8% 29.8% 29.8% 29.8% 29.8% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 299 人 14.7% 14.7% 14.7% 14.7% 14.7% 14.7% 14.7% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 20~2 20~2 420~2 20~2 25~2 20~2 25~2 420~2 925~2 25~2 4 30~3 25~2 30~3 925~2 430~3 9 30~3 35~3 30~3 35~3 430~3 935~3 4 35~3 40~4 35~3 40~4 935~3 40~4 40~4 9 45~4 40~4 45~4 40~4 945~4 45~4 4 45~4 945~4 9 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 F2 年 齢 ( 男 性 ) F2 F2 F2 年 齢 ( 男 性 ) F2 F2 年 齢 ( F2 年 F2 齢 ( 年 男 齢 性 ( 女 ) ) 性 ) 29.8% 29.8% 29.8% 29.8% 23.4% 29.8% 29.8% 29.8% 20.7% 20.7% 23.1% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 20.7% 回 答 372 者 人 数 299 人 10.8% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 13.0% 11.6% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 11.7% 14.5% 11.7% 11.7% 14.7% 14.7% 14.7% 16.7% 14.7% 14.7% 14.7% 14.7% 20~2 20~2 420~2 20~2 25~2 20~2 25~2 420~2 925~2 25~2 4 30~3 25~2 30~3 925~2 430~3 9 30~3 35~3 30~3 35~3 430~3 935~3 4 35~3 40~4 35~3 40~4 935~3 40~4 40~4 9 45~4 45~4 40~4 945~4 45~4 4 45~4 945~4 9 20~24 25~29 30~34 30~34 35~39 35~39 40~44 40~44 45~49 45~49 40~4 高 齢 者 の 意 識 や 高 齢 者 を 含 む 市 民 全 体 の 意 識 も 重 要 である これからの 社 会 を 担 う 世 代 の 意 識 を 把 握 するため 若 者 世 代 及 び 現 在 子 育 て 中 の 世 代 として 50 未 満 (20 ~49 )の 集 計 結 果 を 年 齢 別 集 計 結 果 とともに 分 析 することとした 9

14 35.0% 3% 日 立 市 の 人 口 比 率 とアンケート 回 答 比 率 ( 男 性 ) 30.7% 25.0% 2% 人 口 比 率 18.7% 15.0% 5.0% % 回 答 比 率 5.2% 5.7% 5.4% 5.9% 3.2% 4.1% 3.7% 4.7% 7.8% 6.6% 9.5% 9.9% 10.5% 10.6% 6.4% 7.5% 6.6% 5.9% 6.9% 7.1% 35.0% 日 立 市 の 人 口 比 率 とアンケート 回 答 比 率 ( 女 性 ) 3% 25.0% 27.3% 2 2% 人 口 比 率 15.0% 5.0% 回 答 比 率 5.0% 5.7% 4.4% 4.2% 4.5% 5.3% 8.0% 7.6% 8.1% 6.8% 6.9% 9.4% 9.4% 5.9% 5.9% 6.9% 12.5% 8.2% % 3.7% 4.0% 出 典 : 平 成 27 年 10 月 住 民 基 本 台 帳 10

15 未 婚 の 別 ( 男 性 ) F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) % 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) % 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 0% % % F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 未 婚 F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 2 配 偶 関 係 未 婚 未 婚 F3 あなたは 結 婚 されてますか (1つ 2.3% F3 既 婚 選 択 未 婚 ) の 別 ( 男 性 ) 未 1 未 婚 結 2 婚 してなパートナーと 未 結 してなパートナーと 結 婚 してなパートナー 2.3% F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 暮 らしてる( 事 実 ) 3 結 1.0% 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 婚 してる 未 4 結 してる 別 居 してる 未 結 してなパートナーと 結 婚 してなパートナー 2.3% F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 5 離 別 1.0% 未 暮 6 らしてる( 死 別 事 実 婚 ) 未 結 してる してなパートナーと 暮 らしてる( 事 実 婚 ) F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 結 婚 してる してなパートナー 2.3% 1.0% 暮 未 らしてる( 事 実 婚 ) 暮 未 らしてる( 事 実 婚 ) してなパートナーと F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 2.3% 結 婚 してる F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 女 男 性 ) 結 婚 してなパートナー してる 未 暮 1.0% らしてる( 事 実 婚 ) 未 暮 らしてる( 事 実 婚 ) してなパートナーと 2.3% 2.3% 結 婚 してる 別 居 してる 0.1% 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 2.3% 12.9% してなパートナー 結 婚 してる 別 居 してる 1.0% 11.8% 暮 らしてる( 事 実 婚 ) してなパートナーと トナーと してる してなパートナー 2.3% 暮 1.0% 結 暮 婚 らしてる( してる 事 別 実 居 婚 してる 0.6% トナーと ) 1.0% 結 暮 1.0% 暮 婚 してる らしてる( してる 事 別 実 居 婚 してる ) ( 事 実 ) 4.4% ( 事 実 ) してなパートナーと 結 婚 してなパートナー 離 してる 別 居 してる 結 暮 別 らしてる( 事 実 婚 ) 離 1.0% 暮 別 婚 してる 別 居 してる らしてる( 事 実 婚 ) してる 0.6% してる 結 婚 してる 別 居 し 別 居 し 別 居 してる てる 離 別 てる 離 結 婚 別 してる 別 居 してる 940 人 1, 人 離 結 婚 してる 別 居 してる 離 結 婚 してる 別 居 してる 死 別 死 別 結 婚 してる 別 居 してる 結 婚 してる 別 居 してる 死 離 別 死 離 別 結 離 婚 してる 別 居 してる 結 婚 してる 別 居 してる 死 別 死 離 別 答 答 離 69.6% 離 無 死 回 別 死 別 答 無 離 死 回 別 離 死 別 答 F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 死 別 死 別 未 婚 は 男 性 女 性 11.8%であり 男 性 のほう 5.0 ポイント 高 また 最 無 も 回 多 答 結 F3 既 婚 の 別 ( 男 性 ) 婚 してる の 割 合 は 男 性 女 性 69.6%で 男 性 のほう 5.7 ポイント 高 く 女 性 は 死 別 死 無 未 回 婚 別 答 未 死 無 婚 回 別 答 12.9%と 比 較 的 高 割 合 となってる F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 無 未 回 婚 答 未 婚 前 回 調 査 と 比 較 すると 未 婚 2.3% の F3 割 既 合 婚 ( 未 婚 男 の 性 別 ( 男 17.5% 性 ) 女 性 9.8% 11.8%) 離 別 の 割 未 合 ( 男 性 2.7% 2.3% 女 性 4.0% 4.4%)とも 結 婚 してなパートナーと 大 きな 変 化 はみられな 未 結 無 婚 回 してなパートナーと 答 2.3% F3 既 婚 暮 未 らしてる( の 別 ( 男 性 ) 事 実 婚 ) 50 未 満 では 未 婚 の 割 合 男 1.0% 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 性 結 未 36.8% 婚 してなパートナーと 女 性 27.4%と 高 くなってる 未 結 婚 してなパートナーと 2.3% F3 既 婚 未 婚 の 別 ( 男 性 ) 1.0% 未 未 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 暮 らしてる( 事 実 婚 ) F2 年 齢 ( 男 性 ) 結 婚 してる してなパートナーと してなパートナーと F2 F3 既 婚 未 の 別 ( 男 性 ) 結 婚 してる 50 F2 年 齢 2.3% ( 男 未 性 満 ) 20 ~49 暮 1.0% 未 らしてる( 20~2 事 実 婚 ) 暮 未 らしてる( 事 実 婚 ) F2 年 してなパートナーと F3 齢 ( 男 2.3% F3 F3 既 既 婚 婚 未 婚 の 別 ( 男 ( 女 性 ) F3 既 性 婚 ) 既 婚 未 婚 未 の 婚 別 の ( 別 男 ( 性 20~2 男 ) 結 性 ) 20~2 婚 してなパートナーと してる ) 結 婚 してる 4 1.0% 未 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 未 暮 20~2 らしてる( 事 実 婚 ) してなパートナーと 2.3% 2.3% 5.4% 0.5%% 結 婚 してる 別 居 してる 2.7% 0.7%% 25~ % してなパートナーと 結 婚 してる 別 居 してる 暮 25~2 4 らしてる( 事 実 婚 ) 1.0% 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 29.8% 36.8% 925~2 してなパートナーと してなパートナーと 29.8% 0.3% 2.3% 13.0% トナーと 1.0% 1.1% トナーと 結 してる 13.0% トナーと 25~2 暮 暮 29.8% 1.0% 結 暮 暮 9 婚 してる 1.0% 27.4% 暮 婚 らしてる( してる 事 別 実 居 婚 してる 13.0% ) ( 30~3 らしてる( してる 事 別 実 居 婚 してる ) ( 事 事 実 実 婚 ) ) ( 事 実 ) 29.8% 30~3 9 してなパートナーと してなパートナーと 13.0% 結 30~3 結 婚 離 暮 4 離 してる 別 居 してる 別 婚 してる 別 居 してる 1.0% 30~3 らしてる( 事 実 婚 ) 暮 別 らしてる( 事 実 婚 ) 35~3 4 してる してる 別 別 居 居 しし 結 婚 してる 別 居 し 回 答 回 者 答 者 数 数 35~3 4 別 居 してる 11.7% てる 離 結 婚 てる 935~3 別 してる 別 居 してる てる 離 別 人 人 11.7% 35~ 人 11.7% 9 離 結 婚 してる 別 居 してる 離 結 婚 してる 別 居 してる F2 年 齢 ( 男 性 ) 40~4 11.7% 死 40~4 9 別 0.8% 死 別 結 440~4 婚 20~2 してる 別 居 してる 結 婚 してる 別 居 してる 回 58.5% 答 者 数 940 人 死 離 440~4 別 死 離 20.7% 別 20.7% 14.7% 45~4 14.7% 1.0% 45~ % 14.7% 結 離 945~4 婚 してる 別 居 してる 死 結 離 婚 してる 別 居 してる 不 25~2 明 64.8% 死 不 明 別 20.7% 940 人 答 14.7% 無 45~4 回 別 答 答 離 9 離 29.8% 死 13.0% 無 9 別 死 別 回 答 30~3 無 離 死 別 離 死 別 4 回 答 死 別 無 35~3 回 死 別 答 11.7% 9 死 無 回 別 答 死 無 回 別 答 40~4 無 4 回 答 20.7% 14.7% 45~4 無 9 回 答 未 婚 11

16 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~ ~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~ F3 配 偶 関 係 ( 男 性 年 齢 別 ) F3 配 偶 関 係 ( 男 79.8 性 年 齢 別 ) 以 上 % 20% 40% 60% 80% 100% 未 婚 結 婚 してなパートナーと 暮 らしてる( 事 実 婚 ) 結 婚 してる 結 婚 してる 別 居 してる 離 別 F3 配 偶 関 係 ( 女 性 死 別 年 齢 別 ) ~ ~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~ ~ 以 上 % 20% 40% 60% 80% 100% 人 39 人 35 人 44 人 62 人 89 人 93 人 60 人 99 人 100 人 289 人 40 人 43 人 人 62 人 人 102 人 70 以 上 人 人 0% 20% 40% 60% 80% 100% 人 人 人 未 婚 未 婚 結 婚 結 婚 してなパートナーと 暮 らしてる( 事 暮 実 婚 らしてる( ) 事 実 婚 ) 結 婚 してる 結 婚 してる 結 婚 結 してる 婚 してる 別 居 してる 別 居 してる 離 別 死 別 離 別 死 別 男 女 別 年 齢 別 にみると どの 年 齢 層 におても 女 性 より 男 性 の 未 婚 率 高 特 に 20 から 34 までの 年 齢 層 の 男 性 の 未 婚 率 高 く 30~34 の 男 性 では 約 4 割 未 婚 である 女 性 におても 20 代 は 未 婚 率 高 く 20~24 で8 割 以 上 25~29 で6 割 以 上 未 婚 である また 離 別 者 の 割 合 をみると 男 性 では 45~49 (6.7%) 女 性 では 50~54 (8.1%) 60~64 (7.8%)の 年 齢 層 比 較 的 高 未 婚 率 を 前 回 調 査 と 比 較 すると 男 性 では 25~ ポイント 低 下 (82.4% 64.1%)した 30~34 では 12.3 ポイント 上 昇 (30.6% 42.9%) 女 性 では 25~ ポイント 上 昇 (52.4% 65.1)するなど 晩 婚 化 非 婚 化 進 んでることうかわれる 12

17 (%) F3 既 婚 率 の 変 化 ( 男 性 ) 前 々 回 男 性 前 回 男 性 今 回 男 性 (%) F3 既 婚 率 の 変 化 ( 女 性 ) 前 々 回 女 性 前 回 女 性 今 回 女 性 既 婚 率 の 変 化 を 過 去 2 回 の 調 査 と 比 較 すると 男 性 では 25~29 35~39 で 前 2 回 の 調 査 を 上 回 る 30~34 40~44 55~59 では 逆 に 下 回 り 年 齢 層 でばらつきみられる 女 性 は 前 2 回 の 調 査 と 比 較 し 既 婚 率 低 くなっており 特 に 25~29 の 層 では 前 回 調 査 よりも 15 ポイントも 低 くなってる なお 既 婚 率 は 結 婚 してる のほか 別 居 離 別 死 別 も 含 んだ 合 計 となってる 13

18 3 家 族 構 成 F4 あなた 現 在 同 居 してるご 家 族 の 構 成 は 次 のうちどれにあてはまりますか (1つ 選 択 ) 1 ひとり 暮 らし 2 夫 婦 のみ( 事 実 婚 も 夫 婦 とみなします ) 3 親 と 子 ( 二 世 代 ) 4 親 と 子 と 孫 など( 三 世 代 以 上 ) 5 その 他 F4 家 族 構 成 ( 男 性 ) F4 家 族 構 成 ( 女 性 ) 8.1% 4.6% 2.1% 9.4% ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ 11.7% 4.7% 2.5% 9.3% 28.2% ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ 940 人 31.8% 親 と 子 ( 二 世 代 ) 親 と 子 と 孫 など ( 三 世 代 以 上 ) その 他 1,080 人 親 と 子 ( 二 世 代 ) 親 と 子 と 孫 など ( 三 世 代 以 上 ) その 他 44.0% 43.6% 家 族 構 成 につて 最 も 割 合 高 のは 親 と 子 ( 二 世 代 ) ( 男 性 44.0% 女 性 43.6%) 次 で 夫 婦 のみ 高 親 と 子 と 孫 など( 三 世 代 以 上 ) は 男 性 で 8.1% 女 性 で 11.7%であり 女 性 のほう 3.6 ポイント 高 これは 女 性 の 平 均 寿 命 男 性 より 高 ことから 配 偶 者 と 死 別 した 後 子 ども 世 帯 との 同 居 増 えるためと 考 えられる 50 未 満 では 男 女 とも 6 割 以 上 親 と 子 ( 二 世 代 ) となってる 前 回 調 査 と 比 較 すると ひとり 暮 らし 男 性 1.1 ポイント 減 少 (10.5% 9.4%) 女 性 1.3 ポイ ント 増 加 ( %)など どの 項 目 も 大 きな 変 化 はな 50 未 満 20 ~49 F4 家 族 構 成 ( 男 性 ) 7.7% 3.7% 1.7% 12.4% 11.7% ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ F4 家 族 構 成 ( 女 性 ) 12.9% 3.5% 2.4% 3.5% 1 ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ 親 と 子 ( 二 世 代 ) 親 と 子 ( 二 世 代 ) 299 人 親 と 子 と 孫 など ( 三 世 代 以 上 ) その 他 372 人 親 と 子 と 孫 など ( 三 世 代 以 上 ) その 他 62.9% 67.5% 14

19 F4 同 居 家 族 ( 男 性 年 齢 別 ) 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69 70 以 上 人 39 人 35 人 44 人 62 人 89 人 93 人 60 人 99 人 100 人 289 人 0% 20% 40% 60% 80% 100% ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ 親 と 子 ( 二 世 代 ) F4 同 居 家 族 ( 女 性 年 親 齢 と 別 子 ) と 孫 など( 三 世 代 以 上 ) その 他 20~ ~ ~34 35~ ~ ~ ~54 55~ ~ ~69 70 以 上 人 43 人 54 人 62 人 86 人 87 人 74 人 102 人 102 人 135 人 295 人 0% 20% 40% 60% 80% 100% ひとり 暮 らし 夫 婦 のみ 親 と 子 ( 二 世 代 ) 親 と 子 と 孫 など( 三 世 代 以 上 ) その 他 男 女 別 年 齢 別 に ひとり 暮 らし の 割 合 をみると 男 性 では 25~29 女 性 では 70 以 上 最 も 高 前 回 調 査 で ひとり 暮 らし の 割 合 最 も 高 かったのは 男 女 とも 20~24 だ 今 回 の 調 査 では 男 性 の 20~24 は 29.6 ポイント 減 女 性 の 20~24 は 13.7 ポイント 減 と それぞれ 低 下 して る 20~24 で 増 えてるのは 親 と 子 ( 二 世 代 ) で 男 性 21.9 ポイント 女 性 は 15.5 ポイン ト 増 加 してる 70 以 上 の ひとり 暮 らし の 割 合 は 前 回 調 査 と 比 較 して 男 性 0.5 ポイント 減 女 性 0.3 ポイン ト 減 と 変 化 はみられな 15

20 4 育 児 の 必 要 な 子 どもや 介 護 を 必 要 とする 人 の 有 無 F5 あなたには 育 児 などの 必 要 な 子 どもや 介 護 の 必 要 な 方 ( 同 居 以 外 の 親 等 も 含 む)ますか ( 複 数 回 答 ) 1 就 学 前 の 子 どもる 2 小 学 生 の 子 どもる 3 中 学 生 の 子 どもる 4 介 護 必 要 な 家 族 る 5 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 はな 8% 6% F5 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 の 有 無 ( 男 女 別 ) 男 性 940 人 女 性 1,080 人 61.5% 53.4% 25.0% 2% F5 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 の 有 無 ( 男 女 別 ) 19.8% 23.0% 15.0% 4% 2% % 11.4% 8.5% 就 学 前 の る 子 ど も 12.1% 10.9% 小 学 生 の る 子 ど も 7.3% 7.1% 中 学 生 の る 子 ど も 15.0% 17.6% 介 護 必 る 要 な 家 族 育 児 家 や 族 介 は 護 な 必 要 な 6.4% 8.2% 無 回 答 5.0% % 就 学 の 前 年 か 代 ら の 中 子 学 ど 生 も ま で の る ず れ か 2.1% 育 児 な 必 家 要 族 な の 子 両 供 方 と 介 る 護 必 要 1.9% 育 児 の 必 要 な 子 どもや 介 護 を 必 要 とする 人 の 有 無 につては 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 はな 男 性 61.5% 女 性 53.4%であり 男 性 のほう 8.1 ポイント 高 一 方 介 護 必 要 な 家 族 る は 男 性 15.0% 女 性 17.6%で 女 性 のほう 2.6 ポイント 高 また 就 学 前 から 中 学 生 までのずれかの 子 どもる の 割 合 は 男 性 19.8% 女 性 23.0% 育 児 必 要 な 子 どもと 介 護 必 要 な 家 族 の 両 方 る の 割 合 は 男 性 2.1% 女 性 1.9%となってる 50 未 満 では 就 学 前 から 中 学 生 までのずれかの 子 どもる の 割 合 は 男 性 42.1% 女 性 50.8% 育 児 必 要 な 子 どもと 介 護 必 要 な 家 族 の 両 方 る の 割 合 は 男 性 3.7% 女 性 3.8%であり 子 育 てや 介 護 の 負 担 この 年 齢 層 に 集 中 してるとえる 50 未 満 20 ~49 8% 6% 4% 2% % 25.0% 19.4% 就 学 前 の る 子 ど も F5 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 の 有 無 ( 男 女 別 ) 男 性 299 人 27.2% 23.4% 小 学 生 の る 子 ど も 14.4% 14.8% 中 学 生 の る 子 ど も 7.7% 1 介 護 必 る 要 な 家 族 49.8% 育 児 家 や 族 介 は 護 な 必 要 な 37.6% 4.0% 5.1% 無 回 答 女 性 372 人 6% 5% 4% 3% 2% % F5 育 児 や 介 護 必 要 な 家 族 の 有 無 (50 未 満 男 女 別 ) 42.1% 50.8% 就 学 の 前 年 か 代 ら の 中 子 学 ど 生 も ま で の る ず れ か 3.7% 3.8% 育 児 な 必 家 要 族 な の 子 両 供 方 と 介 る 護 必 要 16

21 F5 中 学 生 以 下 の 子 どもの 有 無 ( 男 性 年 齢 別 ) 20~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~64 65~69 70 以 上 % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% F5 中 学 生 以 下 の 子 どもの 有 無 ( 男 性 年 齢 別 ) 30 人 39 人 35 人 44 人 62 人 89 人 93 人 60 人 99 人 100 人 289 人 20~24 25~ ~ 子 どもる( 末 子 就 学 前 ) 子 どもる( 末 子 小 学 生 ) 子 どもる( 末 子 中 学 生 ) 3.3 中 学 生 までの 子 どもはな ~3425~29 35~3930~ ~4435~ ~44 45~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ F5 中 学 生 以 下 の 子 どもの 有 96.7 無 ( 女 性 年 齢 別 ) 以 70 上 以 2.4 上 % 0% 10% 10% 20% 20% 30% 30% 40% 50% 60% 60% 70% 70% 80% 80% 90% 90% 100% 100% 人 43 人 54 人 62 人 86 人 87 人 74 人 102 人 102 人 135 人 295 人 子 どもる( 末 子 就 学 前 ) 子 どもる( 末 子 小 学 生 ) 子 どもる( 末 子 中 学 生 ) 子 どもる( 末 子 就 学 前 ) 子 どもる( 末 子 小 学 生 ) 子 どもる( 末 子 中 学 生 ) 中 学 生 までの 子 どもはな 中 学 生 までの 子 どもはな 男 女 別 年 齢 別 でみると 中 学 生 以 下 の 子 ども る 年 齢 層 は 男 女 とも 35~39 最 も 多 く 7 割 を 超 えてる 子 どもる( 末 子 就 学 前 ) は 男 性 は 25 から 44 まで 女 性 は 20 から 44 までの 年 齢 で 多 くなってる 子 どもる( 末 子 小 学 生 ) は 男 性 では 35 から 49 まで 女 性 では 30 から 49 まで 多 前 回 の 調 査 と 比 較 して 子 どものる 割 合 に 変 化 みられるのは 男 性 では 25~29 の 11.7 ポイン ト 上 昇 (8.8% 20.5%)と 30~34 の 19.4 ポイント 低 下 (5% 30.6%) 女 性 では 25~29 の 4.1 ポイント 上 昇 (23.8% 27.9%)である 17

22 F5 介 護 必 要 な 家 族 る 人 ( 男 女 年 齢 別 ) 20~ ~ ~34 35~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 以 上 (%) 男 性 女 性 男 女 別 年 齢 別 に 介 護 必 要 な 家 族 る 人 をみると 男 女 とも 最 も 多 年 齢 層 は 55~59 と なってる また 介 護 必 要 な 家 族 る 人 は 総 じて 男 性 よりも 女 性 のほう 多 40~44 65~69 では 男 性 のほう 多 くなってる 18

23 5 最 終 学 歴 F6 あなた 最 後 に 卒 業 した 学 校 又 は 現 在 在 学 中 の 学 校 はどれですか (1つ 選 択 ) 28.8% 1 中 学 校 高 等 学 校 2 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 3 大 学 大 学 院 4 その 他 F6 最 終 学 歴 ( 男 性 ) 1.1% 2.1% 940 人 56.2% 中 学 校 高 等 学 校 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 大 学 大 学 院 その 他 28.8% 26.5% F6 最 終 学 歴 ( 男 性 ) F6 最 終 学 歴 ( 女 性 ) 1.1% 2.1% 2.0% 2.2% 11.5% 回 答 940 者 人 数 1,080 人 56.2% 57.8% 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 高 等 学 校 専 門 学 校 短 大 専 専 修 門 学 校 短 大 専 修 学 校 大 大 学 大 学 院 その その 他 11.8% 11.8% 最 終 学 歴 で 最 も 多 のは 中 学 校 高 等 学 校 で 男 性 56.2% 女 性 57.8%と ほぼ 同 じ 割 合 であ る 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 は 男 性 11.8% 女 性 26.5%で 女 性 14.7 ポイント 高 一 方 大 学 大 学 院 は 全 年 齢 では 男 性 28.8% 女 性 11.5% 50 未 満 では 男 性 37.1% 女 性 23.7%とずれも 男 性 のほう 多 平 成 22 年 以 降 の 本 市 における 高 等 学 校 卒 業 後 の 進 路 をみると 大 学 進 学 者 数 の 男 女 の 差 はあまりみられな 50 未 満 20 ~49 F6 最 終 学 歴 ( 男 性 ) 0.3% 1.3% 42.5% 中 学 校 高 等 学 校 F6 最 終 学 歴 ( 女 性 ) 0.3% 3.0% 38.2% 中 学 校 高 等 学 校 37.1% 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 23.7% 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 299 人 大 学 大 学 院 372 人 大 学 大 学 院 その 他 その 他 18.7% 34.9% 参 考 - 日 立 市 の 高 等 学 校 進 路 別 卒 業 者 数 年 次 卒 業 者 大 学 等 進 学 者 大 学 短 大 大 学 短 期 大 学 の 通 信 教 育 部 及 び 別 科 等 (B) 専 修 学 校 進 学 者 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 等 入 学 者 就 職 者 ( 各 年 5 月 現 在 ) その 他 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 平 成 22 年 1,046 1, 年 989 1, 年 1, 年 1,011 1, 年 資 料 : 茨 城 の 学 校 統 計 19

24 20~24 25~29 F6 学 歴 ( 男 性 年 齢 別 ) 20~24 25~ 人 39 人 30~ 人 35~ 人 40~44 45~ 人 89 人 50~ 人 55~ 人 60~ 人 65~ 人 F6 学 歴 ( 女 性 年 齢 別 ) 70 以 上 人 2.8 0% 20% 40% 60% 80% 100% 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~ ~ ~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69 中 学 校 高 等 学 校 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 大 学 大 学 院 その 他 F6 学 歴 ( 女 性 年 齢 別 ) 中 学 校 高 等 学 校 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 大 学 大 学 院 その 他 人 43 人 54 人 62 人 86 人 87 人 102 人 135 人 70 以 上 以 上 人 % 0% 20% 20% 40% 60% 60% 80% 80% 100% 100% 人 人 中 学 校 高 等 学 校 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 大 学 大 学 院 その 他 男 女 別 年 齢 別 に 学 歴 をみると 若 年 代 ほど 大 学 大 学 院 の 割 合 高 くなってる また 女 性 は 男 性 に 比 べ 専 門 学 校 短 大 専 修 学 校 の 割 合 高 近 年 の 高 等 学 校 卒 業 後 の 進 路 では 女 性 の 約 半 数 大 学 に 進 学 してるにもかかわらず 若 年 代 にも 大 学 卒 業 の 女 性 少 なのは 大 学 進 学 に 伴 って 市 外 に 転 出 し 卒 業 後 日 立 市 に 戻 ってこな 人 多 こと 考 えられる 20

25 6 居 住 地 区 F7 あなたお 住 まの 小 学 校 学 区 に をつけてくださ (1つ 選 択 ) 1 助 川 2 会 瀬 3 宮 田 4 滑 川 5 仲 町 6 中 小 路 7 大 久 保 8 河 原 子 9 成 沢 10 諏 訪 11 水 木 12 大 みか 13 大 沼 14 金 沢 15 塙 山 16 油 縄 子 17 田 尻 18 日 高 19 豊 浦 20 久 慈 21 坂 本 22 東 小 沢 23 中 里 24 櫛 形 25 山 部 8.0% 7.0% 6.0% 5.0% 4.0% 3.0% 2.0% 1.0% % 4.2% 助 川 2.4% 2.1% 会 瀬 4.5% 4.1% 宮 田 6.1% 6.0% 滑 川 2.2% 2.2% 1.7% 2.0% 仲 町 中 小 路 6.2% 5.7% 大 久 保 2.7% 2.3% 河 原 子 5.1% 4.7% 成 沢 3.4% 3.3% 諏 訪 5.6% 4.8% 水 木 F7 居 住 地 区 ( 男 女 別 ) 3.7% 3.1% 大 み か 5.6% 5.6% 5.3% 5.0% 大 沼 金 沢 3.8% 3.0% 2.5% 2.4% 塙 山 油 縄 子 5.7% 5.6% 田 尻 6.7% 5.5% 4.9% 4.6% 日 高 豊 浦 3.8% 3.7% 久 慈 5.5% 5.1% 坂 本 1.0% 0.7% 0.6% 東 小 沢 男 性 940 人 女 性 1,080 人 中 里 7.0% 6.9% 櫛 形 0.3% 山 部 3.4% 無 回 答 2.6% 50 未 満 20 ~49 9.0% 8.0% 7.0% 6.0% 5.0% 4.0% 3.0% 2.0% 1.0% % 4.0% 2.3% 2.3% 1.9% 助 川 会 瀬 5.1% 5.0% 4.6% 宮 田 4.0% 滑 川 1.6% 3.3% 仲 町 2.2% 1.3% 中 小 路 7.4% 7.3% 6.2% 6.4% 5.7% 5.0% 5.0% 4.8% 4.6% 4.7% 4.6% 3.8% 3.7% 3.8% 3.5% 3.5% 3.3% 3.0% 2.7% 2.7% 2.3% 大 久 保 河 原 子 成 沢 諏 訪 水 木 F7 居 住 地 区 ( 男 女 別 ) 大 み か 大 沼 金 沢 塙 山 油 縄 子 6.5% 6.0% 5.9% 5.4% 田 尻 日 高 5.4% 豊 浦 4.6% 4.3% 2.7% 久 慈 5.7% 坂 本 0.7% 0.3% % % 東 中 小 里 沢 男 性 299 人 女 性 372 人 8.3% 櫛 形 7.4% 0.7% 0.3% 山 部 3.0% 無 回 答 1.7% 21

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8D5D93EC8E738169926A8F97816A834183938350815B836795F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F8D5D93EC8E738169926A8F97816A834183938350815B836795F18D908F91> Ⅴ.アンケート 調 査 票 113 114 江 南 市 男 女 共 同 参 画 に 関 するアンケート 調 査 江 南 市 男 女 共 同 参 画 に 関 するアンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い 市 民 の 皆 さまには 日 ごろから 市 政 にご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 誠 にありがとうございます 本 市 では 平 成 13 年 度 に こうなん 男 女 共 同 参 画 プラン~ライフスタイルの

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

共通項目

共通項目 第 2 章 調 査 結 果 8 1 調 査 結 果 概 要 家 庭 生 活 につて 問 1 家 庭 内 で 現 在 分 担 19~24ページ 参 照 日 常 的 家 事 ほんどは 主 て 妻 が 担 ってるこが 多 主 て 夫 が 分 担 て るは 役 所 銀 行 等 手 続 き 除 く すべて1 割 に 満 問 2 家 庭 内 で 理 想 的 分 担 25~32ページ 参 照 日 常 的 家 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825281408E9F90A291E3836A815B835992B28DB85F816932308145333091E3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825281408E9F90A291E3836A815B835992B28DB85F816932308145333091E3816A2E646F63> 20 30 代 用 調 査 票 案 20080916 次 世 代 育 成 支 援 に 関 する 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 平 素 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をただき 誠 にありがとござます わが 国 の 少 子 化 傾 向 が 顕 著 になるなか 各 自 治 体 及 び 企 業 におて 次 世 代 育 成 支 援 対 策 動 計 画 が 策

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

第1章 調査概要

第1章 調査概要 大 垣 市 共 同 参 画 に 関 する 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 17 年 1 月 大 垣 市 企 画 部 秘 書 広 報 課 共 同 参 画 室 目 次 第 1 章 調 査 概 要 1 調 査 目 的 ----------------------------------------------------------------1 2 調 査 方 法 ----------------------------------------------------------------1

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

青 森 市 男 女 共 同 参 画 関 す 市 民 事 所 意 識 調 査 報 告 書 ( 平 成 23 年 7 月 調 査 ) 平 成 23 年 10 月 青 森 市 目 次 第 Ⅰ 部 調 査 概 要 1 第 1 章 調 査 実 施 概 要 3 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 設 計 3 3. 収 状 況 結 果 3 4. 調 査 項 目 4 5. 参 考 掲 載 調 査 概 要 5

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

2012_03

2012_03 報 道 関 係 各 位 2012 年 6 月 11 日 人 と 人 とのつながり( 絆 )に 関 する 調 査 子 ども とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 9 割 超 配 偶 者 9 割 弱 両 親 8 割 強 近 所 の 人 とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 約 4 人 に1 人 SNS 上 でのつながり を 大 切 だと 思 う は 約 1 割 職 場 の 人 とのつながりを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A> 第 4 章 就 労 働 き 方 について 1. 女 性 が 職 業 をもつこと について (1) 女 性 が 職 業 をもつこと についての 考 え 方 問 9 一 般 的 に 女 性 が 職 業 をもつこと について あなたは どのような 考 え 方 をおもち ですか あなたの 考 えに 最 も 近 いものを 選 んでください (1つに ) 全 体 性 別 今 回 調 査 0.8 4.2 全 体

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」 子 育 て 中 の 女 性 の 就 労 意 識 に 関 する アンケート 調 査 報 告 書 女 性 の 再 チャレンジ 促 進 緊 急 雇 用 創 出 事 業 報 告 書 (2/3) 平 成 26 年 3 月 三 重 県 目 次 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 調 査 結 果 の 概 要... 2 3. 調 査 結 果... 6 Ⅰ.あなたご 自 身 について... 6 A.あなたの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

社会福祉施設における『採用と定着』に関する実態調査結果(概要)

社会福祉施設における『採用と定着』に関する実態調査結果(概要) 社 会 福 祉 における 採 用 と 定 着 に 関 する 実 態 調 査 Ⅰ 実 概 要 調 査 目 的 福 祉 における 人 材 確 保 が 困 難 とる 中 事 業 所 における 効 果 的 採 用 と 定 着 に 寄 与 することを 目 的 とする 2 実 主 体 社 会 福 祉 法 人 東 京 都 社 会 福 祉 協 議 会 東 京 都 福 祉 人 材 センター 3 実 時 期 平 成 月

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

平 成 22 年 度 共 同 参 画 社 会 に 向 けての 意 識 報 告 書 上 田 市 市 民 生 活 部 人 権 共 同 参 画 課 はじめに 共 同 参 画 社 会 基 本 法 が 平 成 11 年 6 月 23 日 に 施 行 されてから 10 年 を 経 過 し 国 においては 第 2 次 の 基 本 計 画 の 見 直 しが 進 められ 平 成 22 年 12 月 に 第 3 次

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果 2016 年 4 月 11 日 日 本 銀 行 情 報 サ ー ビ ス 局 生 活 意 識 に 関 するアンケート 調 査 ( 第 65 回 )の 結 果 2016 年 3 月 調 査 日 本 銀 行 では 政 策 業 務 運 営 の 参 考 とするため 本 支 店 や 事 務 所 を 通 じた 広 報 活 動 のなかで 国 民 各 層 の 意 見 や 要 望 を 幅 広 く 聴 取

More information

門 真 市 男 共 同 参 画 に 関 す ア ン ケ ー ト 調 査 報 告 書 平 成 23 年 3 月 門 真 市 目 次 1 男 共 同 参 画 に 関 す 市 民 意 識 調 査 Ⅰ 調 査 概 要 1 調 査 目 的 1 2 調 査 設 計 1 3 回 収 結 果 1 4 調 査 項 目 1 5 報 告 書 見 方 2 6 標 本 検 定 2 (1) 別 標 本 構 成 4 (2) 年

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票 地 域 の 福 祉 活 動 に 関 する 市 民 意 識 調 査 平 成 22 年 9 月 札 幌 市 日 ごろから 札 幌 市 の 福 祉 行 政 にご 協 力 をいただき ありがとうございます 札 幌 市 では 多 くの 市 民 が 参 加 し 市 民 事 業 者 ( 会 社 など) 行 政 ( 市 役 所 区 役 所 など)が 一 体 となり 安 心 して 暮 らせるぬくもりのある 地 域 福

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

せたがや自治政策Vol.8.indd

せたがや自治政策Vol.8.indd 2 母 親 の 社 会 参 加 と 子 どもの 教 育 に 関 する 調 査 研 究 1 基 礎 分 析 29 2 詳 細 分 析 37 考 察 47-25 - -25- はじめに 本 報 告 は 平 成 年 月 に 実 施 した 母 親 の 社 会 参 加 と 子 どもの 教 育 に 関 する 調 査 に つて 集 計 結 果 と 研 究 成 果 の 一 部 をまとめたものである この 調 査

More information

表紙

表紙 は じ め に 大 分 大 では 平 成 22 年 度 文 部 科 省 科 技 術 振 興 調 整 費 ( 女 性 研 究 者 支 援 モデル 育 成 ) 事 業 に 地 域 社 会 で 育 む 輝 く 女 性 研 究 者 支 援 が 採 択 されたことを 契 機 と して 同 年 7 月 に 女 性 研 究 者 サポート 室 が 設 置 されました 女 性 研 究 者 サポート 室 FAB では

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

<834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E786C73>

<834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E786C73> 男 問 女 共 あなたの 同 参 画 アンケート 性 別 は 集 計 結 果 無 回 答 % 男 % 問 あなたの 職 業 は ハ ート アルハ イト 常 勤 家 自 事 営 従 自 無 その 事 営 回 無 学 者 業 答 他 職 生 問 あなたの 就 業 地 は 市 外 6% 9 女 6% 0 7 7 67 問 あなたの 無 年 回 齢 答 は 以 上 % 代 0 0 0 60 80 00 0

More information

東 京 都 保 士 実 態 報 告 書 こ 報 告 書 における 見 方 数 値 は 回 答 率 で 表 示 してる 回 答 率 母 数 は そ 質 問 項 目 に 該 当 する 回 答 者 総 数 であり そ 数 は 及 びnで 示 してる また.% 未 につては 非 表 示 としてる 回 答 率

東 京 都 保 士 実 態 報 告 書 こ 報 告 書 における 見 方 数 値 は 回 答 率 で 表 示 してる 回 答 率 母 数 は そ 質 問 項 目 に 該 当 する 回 答 者 総 数 であり そ 数 は 及 びnで 示 してる また.% 未 につては 非 表 示 としてる 回 答 率 東 京 都 保 士 実 態 報 告 書 平 成 6 年 月 東 京 都 保 士 実 態 報 告 書 こ 報 告 書 における 見 方 数 値 は 回 答 率 で 表 示 してる 回 答 率 母 数 は そ 質 問 項 目 に 該 当 する 回 答 者 総 数 であり そ 数 は 及 びnで 示 してる また.% 未 につては 非 表 示 としてる 回 答 率 につては 小 数 点 第 位 を 四 捨

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永

(1) 基 本 属 性 年 齢 20 歳 代 14% 30 歳 代 35% 40 歳 代 28% 50 歳 代 以 上 13% 国 籍 ブラジル 国 籍 97% 配 偶 者 の 日 本 国 籍 4% 日 系 1 世 6% 2 世 41% 日 系 3 世 31% 非 日 系 18% 在 留 資 格 永 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 の 調 査 結 果 ( 概 要 ) H20.9 月 静 岡 県 は 平 成 19 年 度 に 静 岡 文 化 芸 術 大 学 に 委 託 して 静 岡 県 外 国 人 労 働 実 態 調 査 を 実 施 した 以 下 は である 構 成 は Ⅰ 外 国 人 調 査 Ⅱ 事 業 所 調 査 ( 派 遣 元 受 託 事 業 所 ) Ⅲ 事 業 所 調 査

More information

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き 資 料 家 の 個 別 化 の 実 態 に 関 するアンケートの 結 果 について 1 本 アンケートの 概 要 (1) 調 査 目 的 公 的 統 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 画 に 掲 げられた 個 化 の 状 況 のより 的 確 な 把 握 について 検 討 するための 基 礎 資 料 として 二 人 以 上 の 世 帯 における 家 管 理 の 形 態 と 収 支 の 把 握

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 27 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 27 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

別冊仮申込書記入要領130624(P1)

別冊仮申込書記入要領130624(P1) 気 仙 沼 市 災 害 公 営 住 宅 入 居 仮 申 込 みのご 案 内 別 冊 1. 仮 申 込 書 記 入 要 領 P1~P4 2. 家 の 目 安 P5~P7 3. 家 及 び 家 以 外 の 経 費 について P8~P9 4. 政 令 月 収 の 算 出 方 法 について P10~P14 5. 仮 申 込 書 提 出 チェックリスト P15 1. 仮 申 込 書 の 記 入 要 領 ( 表

More information

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2 資 料 9-1 岩 内 町 まち ひと しごと 創 生 アンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い 岩 内 町 ではこの 度 町 民 の 皆 さまのご 意 見 を 今 後 の 地 方 創 生 のため 役 立 てていきたいと 考 え アンケー ト 調 査 を 実 施 することといたしました お 答 えいただいた 内 容 は 岩 内 町 のまち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 策 定 のための

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

<8F9790EC92AC89638F5A91EE95E58F57CADFDDCC3230313630333238288A6D92E8292E786C7378>

<8F9790EC92AC89638F5A91EE95E58F57CADFDDCC3230313630333238288A6D92E8292E786C7378> 女 川 町 町 営 住 宅 応 募 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 宮 城 県 住 宅 供 給 公 社 1. 町 営 住 宅 と, 住 宅 に 困 ってる 方 のための 公 的 な 賃 貸 住 宅 です 2. 空 家 の 募 集 住 宅 及 び 募 集 スケジュールにつきまして, 別 紙 の 定 期 募 集 住 宅 一 覧 表 ( 募 集 月 ごとに 更 新 ) をご 覧 くださ 3.

More information

都市生活者意識調査 2012|データ編

都市生活者意識調査 2012|データ編 3. 都 市 生 活 者 のコミュニティ 意 識 と 実 態 (1) 人 づきあい に 対 する 意 識 態 度 TOTAL でみると る が 52%で 最 も 高 く 以 下 親 戚 づきあ いは 必 要 だと 思 う 声 をかければ 必 ず 付 きあってくれる 友 人 がいる 異 なる 世 代 との 交 流 は 重 要 だと 思 う (それぞれ 40% 台 ) 趣 味 やスポーツの 仲 間 がいる

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 28 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満 第 2 章 再 チャレンジ 事 例 調 査 結 果 2.1 基 本 集 計 結 果 2.1.1 回 答 者 の 属 性 1 年 齢 再 チャレンジ 支 援 を 受 けた 女 性 の 年 齢 構 成 は 35~39 歳 が 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 40~44 歳 の 順 に 続 いている 図 表 2-1-1 年 齢 (SA) n=505 0% 10% 20% 30% 24 歳 以 下

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

応 募 者 から 見 られている 採 用 面 接 官 採 用 面 接 で 重 要 なことは? 人 材 を 採 用 する 際 採 用 面 接 を 実 施 しない 企 業 はほとんどないでしょう 面 接 を 担 当 する 人 ( 面 接 官 )は こんな 質 問 をして 自 社 に 必 要 な 人 材

応 募 者 から 見 られている 採 用 面 接 官 採 用 面 接 で 重 要 なことは? 人 材 を 採 用 する 際 採 用 面 接 を 実 施 しない 企 業 はほとんどないでしょう 面 接 を 担 当 する 人 ( 面 接 官 )は こんな 質 問 をして 自 社 に 必 要 な 人 材 ブラック 企 業 の 定 義 と 労 働 行 政 の 対 応 ブラック 企 業 の 定 義 は? 最 近 マスコミ 等 で 大 きな 話 題 となっている ブラック 企 業 ですが 労 働 法 令 を 遵 守 せず 労 働 者 の 人 格 を 著 しく 無 視 したかたちで 働 かせている 企 業 違 法 な 長 時 間 労 働 や 賃 金 不 払 い 残 業 があり 離 職 率 が 極 端 に 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91> 平 成 17 度 民 間 住 宅 ローンの 実 態 に 関 する 調 査 ( 住 宅 関 連 事 業 者 向 け) 結 果 報 告 書 平 成 18 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 及 び Ⅲ 調 査 集 計 データ (カッコ 内 は 調 査 集 計 データ 掲 載 頁 ) ポイント 3 Q1 回 答 者 が 所 属 する 企 業 の

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年)

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年) 11 月 5 日 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] ( ) 1. 調 査 時 期 6 月 13 日 ( 金 )~7 月 22 日 ( 火 ) 2. 調 査 対 象 全 国 8, 世 帯 ( 世 帯 主 が2 歳 以 上 でかつ 世 帯 員 が2 名 以 上 の 世 帯 ) 3. 回 収 率 49.4% 4. 調 査 対 象 世 帯 の

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

いい夫婦の日2013年度アンケート

いい夫婦の日2013年度アンケート いい 夫 婦 の 日 アンケート 果 2013 いい 夫 婦 の 日 をすすめる 会 では 主 婦 の 今 を 知 り 素 敵 な 夫 婦 の 明 日 を 築 く 道 標 のなることを 願 って 既 者 を 対 象 にしたアンケート2007 から 実 施 してい ます 対 象 者 に 対 し 夫 婦 としての 現 状 の 気 持 ち 暮 らし コミュニケー ション などの 実 態 とともに いい 夫

More information

「生活意識に関するアンケート調査」(第45回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第45回)の結果 本 件 の 対 外 公 表 時 刻 は 4 月 1 日 ( 金 ) 14 時 00 分 平 成 23 年 4 月 1 日 日 本 銀 行 情 報 サービス 局 日 本 銀 行 では 政 策 業 務 運 営 の 参 考 とするため 本 支 店 や 事 務 所 を 通 じた 広 報 活 動 のなかで 国 民 各 層 の 意 見 や 要 望 を 幅 広 く 聴 取 するよう 努 めており その 一 環 として

More information

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11.

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11. 2015 年 卒 業 生 調 査 集 計 表 ( ) Ⅰ 入 学 時 の 状 況 と 大 学 生 活 問 1 入 学 試 験 形 態 一 般 入 試 413 66.7 201 67.9 211 65.5 93 51.4 152 72.4 159 72.9 AO 入 試 7 1.1 3 1.0 4 1.2 6 3.3 1 0.5 0 0.0 推 薦 入 試 148 23.9 71 24.0 77 23.9

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

doc_file

doc_file 転 出 者 アンケート 調 査 票 4 アンケート 用 紙 (1) 転 出 者 アンケート 問 1 今 回 転 出 されるのは 単 身 ですか 世 帯 ですか あてはまる 一 つに をつけてください 1 単 身 で 2 夫 婦 で 3 二 世 代 世 帯 ( 親 と 子 ) 4 三 世 代 世 帯 ( 親 と 子 と 孫 ) 5 その 他 問 2 転 出 される 方 の 年 齢 は ( 世 帯 で

More information

Microsoft Word - 自主自立報告書(ver21_ 入稿原稿

Microsoft Word - 自主自立報告書(ver21_ 入稿原稿 政 策 形 成 過 程 における 住 民 参 加 のあり 方 に 関 する 調 査 研 究 平 成 26 年 3 月 一 般 財 団 法 人 地 方 自 治 研 究 機 構 目 次 序 章 調 査 研 究 の 概 要... 3 1 調 査 研 究 の 背 景...3 2 調 査 研 究 の 目 的...5 3 調 査 研 究 の 体 制...6 第 1 章 行 政 活 動 領 域 における 住 民

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

資料3-2

資料3-2 資 料 3-2 改 訂 案 ( 昨 年 からの 変 更 点 は 赤 字 ) 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 28 年 版 データ 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 ( )に 女 性 が 占 める 割 合 を 少 なくとも 30% 程 度 とする 目 標 を 設

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答 佐 久 市 まち ひと しごと 創 生 に 関 する アンケート 調 査 レポート 平 成 27 年 9 月 25 日 目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート...

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

平 成 27 年 度 国 立 市 人 口 ビジョン 作 成 に 係 る 基 礎 調 査 結 果 報 告 書 国 立 市 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 1 目 的... 1 2 アンケートの 概 要... 1 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法... 1 (2) 実 施 期 間... 1 (3) 回 収 率... 1 (4) 報 告 書 の 見 方... 1 (5) 標 本 誤

More information

<95BD90AC3236944E937890A2985F92B28DB88AAE90AC956931305F32302E786477>

<95BD90AC3236944E937890A2985F92B28DB88AAE90AC956931305F32302E786477> 第 43 回 世 論 調 査 富 士 市 に 住 んで 私 はこ 思 ~ 第 五 次 富 士 市 総 合 計 画 に 係 る 市 民 意 識 調 査 ~ 富 士 市 の 公 共 施 設 につて 報 告 書 平 成 26 年 度 富 士 市 総 務 部 広 報 広 聴 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 3 Ⅱ 調 査 対 象 者 の 属 性 9 Ⅲ 質 問 と 単 純 集 計 結 果 17 Ⅳ 調

More information

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人 浦 臼 町 公 営 住 宅 入 居 のご 案 内 Ⅰ. 入 居 申 込 者 の 資 格 ( 次 の~6のすべての 資 格 がある 方 ). 現 在 住 宅 に 困 っている 方 原 則 として 申 込 者 本 人 及 び 同 居 しようとしている 親 族 に 持 家 の 方 ( 共 有 名 義 の 場 合 も 含 む)がいる 場 合 は 申 し 込 みできません 日 本 国 籍 の 方 または 既

More information

職業斡旋者等からみた自動車整備業の労働環境等に関する調査

職業斡旋者等からみた自動車整備業の労働環境等に関する調査 資 料 2 職 業 斡 旋 者 等 からみた 自 動 車 整 備 業 の 労 働 環 境 等 に 関 する 調 査 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 調 査 の 概 要 職 業 斡 旋 者 ( 労 働 局 民 間 企 業 )へのアンケート 調 査 等 により 職 業 斡 旋 者 の 立 場 からみた 自 動 車 整

More information

[ことぶき科学情報]株式会社オーネット

[ことぶき科学情報]株式会社オーネット 2008 年 10 月 編 集 発 行 株 式 会 社 オーネット 2008.8.27-8.31 調 査 首 都 圏 阪 神 圏 20 代 40 代 女 性 900 人 結 婚 意 識 調 査 20 代 30 代 40 代 女 性 900 人 に 聞 いた 結 婚 お 金 がないと 幸 せな 結 婚 生 活 を 続 けるのは 難 しい 83.8% 結 婚 している 人 は していない 人 よりも 幸

More information

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378>

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378> 相 続 贈 与 投 資 に 関 する 意 識 調 査 調 査 結 果 報 告 書 親 調 査 / 子 供 調 査 215 年 7 月 調 査 概 要 財 産 を 残 し 与 える 親 立 場 ( 親 調 査 )と 財 産 を 受 け 継 ぐ 子 供 立 場 ( 子 供 調 査 )2 調 査 を 実 施 親 財 産 を 残 す 与 える 子 供 親 調 査 調 査 手 法 :インターネット 調 査 対

More information