に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数"

Transcription

1 小 学 部 算 数 科 学 習 指 導 案 1 日 時 平 成 28 年 6 月 20 日 ( 月 ) 第 5 校 時 13:30~14:15 2 学 級 小 学 部 第 3 学 年 2 組 ( 男 子 2 名, 女 子 1 名 ) ( 習 熟 度 別 クラス) 3 場 所 小 学 部 3 年 2 組 教 室 (324 教 室 ) 4 単 元 名 わり 算 を 考 えよう ( 新 編 新 しい 算 数 3 上 東 京 書 籍 ) 5 単 元 設 定 の 理 由 単 元 観 学 習 指 導 要 領 に 示 された 本 単 元 にかかわ 目 標, 内 容 は 次 のとおりであ 指 導 者 広 島 南 特 別 支 援 学 校 教 諭 井 上 奈 穂 子 第 3 学 年 の 目 標 (1) 加 法 及 び 減 法 を 適 切 に 用 いことができようにとともに, 乗 法 についての 理 解 を 深 め, 適 切 に 用 いことができように また, 除 法 の 意 味 について 理 解 し,その 計 算 の 仕 方 を 考 え, 用 いことができように さらに, 小 数 及 び 分 数 の 意 味 や 表 し 方 について 理 解 できように 第 3 学 年 の 内 容 A 数 と 計 算 (4) 除 法 の 意 味 について 理 解 し,それを 用 いことができように ア 除 法 が 用 いられ 場 合 について 知 こと また, 余 りについて 知 こと イ 除 法 と 乗 法 や 減 法 との 関 係 について 理 解 こと ウ 除 数 と 商 が 共 に1 位 数 であ 除 法 の 計 算 が 確 実 にできこと エ 簡 単 な 場 合 について, 除 法 が1 位 数 で 商 が2 位 数 の 除 法 の 計 算 の 仕 方 を 考 えこと [ 算 数 的 活 動 ] ア 整 数, 小 数 及 び 分 数 についての 計 算 の 意 味 や 計 算 の 仕 方 を, 具 体 物 を 用 いたり, 言 葉, 数, 式, 図 を 用 いたりして 考 え, 説 明 活 動 これまで 児 童 は, 第 2 学 年 で 乗 法 九 九 とその 基 本 的 な 性 質 について 学 習 し, 第 3 学 年 の 初 めに 除 法 の 素 地 であa =b, a=bの にあてはま 数 の 見 付 け 方 を 学 習 してきてい それ らの 学 習 を 踏 まえ, 前 単 元 で, 除 法 の 意 味 や, 乗 法 九 九 を1 回 用 いてでき 余 りのない 除 法 計 算 について 学 習 してい 本 単 元 では,その 発 展 として 乗 法 九 九 を1 回 用 いてでき 除 法 で, 余 りのあ 場 合 (わりきれ ない 場 合 )について 計 算 の 意 味 と 計 算 の 方 法 について 理 解 を 図 り, 問 題 の 解 決 に 活 用 できよう にことをねらいとしてい 前 単 元 で 学 習 した 乗 法 九 九 を1 回 用 いて 商 を 求 め 除 法 は,わ られ 数 が, 九 九 表 の 積 と 一 致 場 合 であ そのため,わ 数 の 段 の 九 九 を 順 に 探 していけ ば,わられ 数 が 見 付 かり, 商 を 求 めことができたが, 余 りのあ 除 法 の 場 合, 商 を 求 めた めに, 除 数 の 段 の 九 九 を 順 に 探 しても 被 除 数 は 見 付 からない しかし, 同 様 の 方 法 でわられ 数 を 超 えない 一 番 近 い 積 を 見 付 けことで, 商 と 余 りを 求 めことができ 既 習 の 学 習 を 使 いな がら,わり 算 を 広 い 意 味 で 捉 え 単 元 であ また, 余 りのあわり 算 の 検 算 の 方 法 を 学 習 とともに, 問 題 文 の 場 面 にあわせて, 余 りを 切 り 上 げたり 切 り 捨 てたりして 処 理 こともあ ということを 学 習 ことで, 日 常 生 活 に 結 び 付 けていくことのでき 単 元 であ この 単 元 において, 算 数 的 活 動 として, 計 算 の 意 味 や 計 算 の 仕 方 を, 具 体 物 を 用 いたり, 言 葉, 数, 式, 図 を 用 いたりして 考 え, 説 明 活 動 が 組 まれてい 除 法 の 答 えを 見 付 け 際

2 に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数 科 の 授 業 においては, 習 熟 度 別 で 授 業 を 行 っていため, 本 授 業 においては 男 子 2 名, 女 子 1 名 の 構 成 で 実 施 幼 稚 部 から 本 校 に 通 ってい 児 童 であり,3 名 とも 補 聴 器 を 装 用 してい そのうち,A 児 はFM 補 聴 システムを 使 用 してい 児 童 の 主 なコミュニケーション 手 段 は 音 声 を 伴 った 手 話 であ 3 名 とも 日 常 的 に 音 声 を 用 いながら 手 話 で 積 極 的 に 会 話 していが,お 互 い の 意 見 が 理 解 できず, 教 員 の 支 援 が 必 要 なこともあ 第 3 学 年 には, 単 一 障 害 のあ 児 童 が8 名 在 籍 していため,2 学 級 での 編 制 であ そのため, 毎 年 クラス 替 えが 行 われ,その 都 度, 少 人 数 ながら 新 しい 人 間 関 係 を 作 ってい 本 校 児 童 は, 聴 覚 障 害 があために 日 本 語 の 語 彙 力 が 十 分 ではなく, 問 題 文 を 読 みとこと, 問 題 文 から 情 報 や 条 件 を 整 理 したり, 既 習 事 項 を 関 連 付 けて 考 えたり 力 や, 見 通 しをもち 筋 道 を 立 てて 考 え, 論 理 的 に 説 明 力 に 課 題 が 見 られことが 多 い さらに, 本 学 級 の 児 童 間 で は, 語 彙 力 や 読 解 力 などの 差 が 大 きく, 学 習 の 理 解 度 にも 差 が 出 てい 実 態 があ 算 数 科 の 学 習 に 関 して,3 人 とも 意 欲 的 に 取 り 組 んでい 特 に, 操 作 体 験 活 動 を 取 り 入 れ た 学 習 では,より 意 欲 が 高 ま かけ 算 九 九 を1 回 用 いた 余 りのない 場 合 のわり 算 については, 時 々 計 算 間 違 いがあが, 概 ね 身 に 付 いてい 等 分 除, 包 含 除 の 問 題 において, 図 で 表 現 し 立 式 ことは 身 に 付 いてい 図 と 式 を 結 び 付 けて 説 明 ことに 関 しては,1つ1つ 確 認 しな がら 進 めていくことにより,できつつあ 個 の 実 態 については, 次 の 通 りであ ( 省 略 ) 指 導 観 指 導 に 当 たっては, 思 考 力 を 育 て 観 点 から, 本 単 元 において,1つかむ 見 通,2 追 究,3 使 ってみ 振 り 返 4 生 かという 思 考 プロセスを 意 識 して 指 導 を 行 う また,1 時 間 の 授 業 を,1つかむ 見 通,2 追 究,3 使 ってみ 振 り 返 という3つの 展 開 で 行 い, それぞれの 過 程 において, 既 習 事 項 と 関 連 させていく 活 動, 考 えたことを 言 語 化 活 動 を 行 う ことで, 事 柄 と 事 柄 を 結 び 付 け, 筋 道 立 てて 考 えことができ 指 導 を 行 っていく 聴 覚 障 害 のあ 児 童 の 多 くは, 問 題 文 から 情 報 や 条 件 を 整 理 したり, 言 葉 を 使 って 物 事 を 関 連 させて 考 えたりことに 課 題 があ また, わられ 数 わ 数 わり 切 れ わり 切 れない あまりがあ あまりがない という 言 葉 や,その 意 味 を 関 連 付 けて 理 解 こ とも 困 難 であことが 予 想 され そのため, 具 体 的 操 作 と 手 話 表 現, 図 により, 意 味 の 理 解 を 図 り,そのことと 言 葉 を 丁 寧 につなげていく 具 体 的 操 作 と 手 話 と 言 葉 の 結 び 付 きを 意 識 しなが ら, 繰 り 返 し 指 導 していく また, 問 題 の 中 に 出 てく 助 数 詞 の 使 い 方, 読 み 方 も 確 認 さらに, 聴 覚 障 害 があり, 視 覚 優 位 の 児 童 が 多 いため, 図 や 絵, 具 体 物 等, 見 たそのものに 左 右 され 過 ぎ 面 もあ そのため, 繰 り 返 し 学 習 ことを 大 切 にしながらも,いろいろな 場 面 の 問 題 を 取 り 上 げ また, 図 や 式 を 写 真 のように 記 憶 してい 場 合 も 考 えられので, 図 や 式 の 意 味 を,その 都 度, 確 認 していく 問 題 場 面 に 応 じて 商 や 余 りの 処 理 を 考 え 学 習 では, 問 題 場 面 をしっかりと 理 解 させために, 日 常 生 活 の 中 でイメージできような 問 題 設 定 を 行 う 形 式 的 な 理 解 にならないように 体 験 させ 中 で, 理 解 を 図 本 時 は, 第 1 次 の4/8 時 間 とし,わ 数 と 余 りの 大 きさを 比 べ, 余 りは 除 数 よりも 小 さく ことを 理 解 させ 学 習 であ 具 体 的 操 作 で 余 りが 小 さいことを 理 解 させつつ,それを 一 般 化 さ せ,どの 場 面 でも わ 数 > 余 り となことを 理 解 し, 活 用 させていく 必 要 があ 1 つかむ 見 通 活 動 においては,まず, 問 題 を 読 んでこれまで 学 習 したことを 使 って, 児 童 それぞれに 図 で 表 現 して 考 えさせ その 後 で,わ 数 よりも 余 りが 大 きい 場 合 と 小 さい 場 合 の 例 を 提 示 し, 自 分 の 考 えとの 比 較 で 余 りについて 考 えさせ どちらの 考 えが 正 しいと 思 う

3 かについて, 自 分 の 考 えを 説 明 際 は, 相 手 に 分 かりやく 説 明 ために, わたしの 考 え を 説 明 しま だと 思 いま なぜかというと と, 話 型 を 掲 示 しておくことで, 話 し 方 の 見 通 しをもたせ 2 追 究 活 動 においては, つかむ 見 通 で 考 えたことを 基 に,わられ 数 を 代 えて 立 式 し,わ 数 と 余 りの 数 を 比 較 し, 大 小 関 係 について 追 究 していく 本 時 では, 自 力 解 決 と 集 団 解 決 の 場 を 交 互 に 設 定 し,1つ1つの 式 に 対 して,わ 数 と 余 りの 関 係 性 をおさえていく ことに 教 科 書 にあように, 表 としてまとめて 提 示 ことで, 規 則 性 は 見 付 けやくな が, 本 時 では,まず,わ 数 と 余 りの 関 係 をおさえことをねらいたいため, 問 題 を1つ1つ 提 示 して 自 分 で 考 え 説 明 させ 自 分 の 考 えを 発 表 際 には, 図 と 言 葉, 図 と 式 を 関 連 付 けな がら 説 明 させ 言 語 化 が 難 しい 場 合 は, 手 話 を 用 いて 説 明 させ, 口 声 模 倣 させ また, 誤 答 を 提 示 し, 間 違 いとその 理 由 を 説 明 させ, 理 解 を 深 めさせ 3 使 ってみ 振 り 返 活 動 においては, わ 数 という 一 般 化 した 言 葉 で 押 さえ また, 本 時 の 課 題 では,わ 数 は4のため, 余 りは3 以 下 となってい 視 覚 的 な 記 憶 が 強 ぎ て, 余 りは,いつも1,2,3と 思 ってしまわないように,わ 数 が5 以 上 の 計 算 問 題 も 提 示 6 単 元 の 目 標 わり 切 れない 場 合 の 除 法 について 理 解 し, 除 法 の 意 味 について 理 解 を 深 めとともに,それを 用 いことができように わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 意 味 や 計 算 の 仕 方 について,わり 切 れ 場 合 の 除 法 を 基 に, 乗 法 と の 関 連 や 具 体 物 の 操 作 などからとらえようと ( 関 ) わり 切 れ 場 合 とわり 切 れない 場 合 の 除 法 を 統 合 してとらえ, 除 法 の 意 味 や 計 算 の 仕 方 を 具 体 物 や 図, 式 を 用 いて 表 現 ことができ ( 考 ) わりきれない 場 合 の 除 法 の 計 算 ができ, 商 や 余 りを 求 めことができ ( 技 ) 余 りの 意 味 や 余 りと 除 数 の 大 小 関 係 を 知 り, 除 法 について 理 解 ( 知 ) 7 単 元 の 指 導 計 画 ( 総 時 数 13 時 間 ) 次 時 学 習 内 容 評 価 規 準 評 価 の 観 点 関 考 技 知 一 次 1 既 習 の 余 りのないわり 算 について 振 り 返 つ か む 見 通 2 3 日 常 の 分 け 場 面 を 想 起 させ,わり 切 れない ことがあことに 気 付 かせ 除 数 と 商 が1 位 数 の 除 数 で, 余 りのあわり 算 の 仕 方 を 考 え 既 習 のわりきれわり 算 だけで なく,わり 切 れないわり 算 もあ ことを 理 解 してい わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 計 算 の 仕 方 を 既 習 の 除 法 を 基 に 考 えようとしてい わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 計 算 の 仕 方 について, 具 体 物 や 図, 式 などを 用 いて 説 明 してい

4 追 究 4 ( 本 時 ) 余 りと 除 数 の 大 小 関 係 について 調 べ 等 分 徐 についてもわり 切 れない 場 合 の 除 法 が 適 応 できことを 理 解 図 を 使 って 余 りの 大 きさについ て 考 え, 余 りは 除 数 より 小 さく なことを 理 解 してい 余 りのあ 等 分 除 の 計 算 の 仕 方 を,わり 切 れ 場 合 の 等 分 徐 を 基 に 考 え, 具 体 物 や 図, 式 など を 用 いて 説 明 してい わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 計 算 について 答 えの 確 かめ 方 を 理 解 わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 答 え の 確 かめ 方 を 理 解 してい 振 り 返 使 っ て み 8 わり 切 れない 場 合 を 含 む 除 法 の 計 算 練 習 を わり 切 れない 場 合 の 除 法 の 計 算 ができ, 商 や 余 りを 求 めこと ができ 二 次 問 題 場 面 に 応 じて 商 や 余 りの 処 理 を 考 え 問 題 場 面 に 応 じて 余 りの 適 切 な 処 理 の 仕 方 を 考 えことがで き 三 次 生 か 学 習 内 容 を 適 用 して 問 題 を 解 決 学 習 内 容 を 適 切 に 活 用 して, 活 動 に 取 り 組 もうとしてい 学 習 内 容 を 適 用 して, 問 題 を 解 決 ことができ 8 本 時 の 目 標 余 りと 除 数 の 大 小 関 係 について 調 べ, 余 りは 除 数 より 小 さくなことを 理 解 9 本 時 の 評 価 基 準 十 分 満 足 でき 状 況 おおむね 満 足 でき 状 況 努 力 を 要 児 童 への 手 立 て 図 を 使 って 余 りの 大 きさについて 考 え, 余 りは 除 数 より 小 さく なことを 理 解 し, 図 と 式 を 関 連 させて 言 葉 で 説 明 でき 図 を 使 って 余 りの 大 きさについて 考 え, 余 りは 除 数 より 小 さく なことに 気 づき, 図 や 式 を 用 いて 自 分 の 考 えを 表 現 でき 具 体 物 を 用 いて 操 作 活 動 をし, 実 際 に 余 りをイメージさせこ とによって, 余 りが 除 数 より 小 さくなことを 理 解 させ 式 の 数 字 と 図 を 関 連 させて 考 えさせ

5 10 学 習 過 程 学 習 学 習 活 動 過 程 1 はじめのあいさつを (1 分 ) 2 前 時 までの 振 り 返 り を (3 分 ) 聞 こえの 確 認 を 指 導 上 の 留 意 点 ( 聴 覚 障 害 に 対 指 導 支 援 ) A B C はっきりとした 口 形 音 声 を 伴 った 手 話 で 話 よう 促 既 習 事 項 の 確 認 を わられ 数 わ 数 わり 切 れ わり 切 れない あまり などの 言 葉 等 の 確 認 も 行 う 評 価 規 準 と 評 価 つ か む 見 通 3 本 時 の 学 習 課 題 を 知 も 問 題 をつかもう み 見 通 しをもとう ( )の 中 の 数 を13 として, 各 自 で 図 を 考 え 見 通 し もとめのは, 何 箱 で きて, 何 本 あまか 図 を 使 って 考 え 1 箱 に4 本 ずつ 入 れ ので, を4つずつ 囲 んでいけばよい 分 けことができなく なまで 分 け 2つの 考 え 方 の 例 (わ 数 より 余 りが 大 きい 場 合 と 小 さい 場 合 )を 見 て どちらがふさわしいか 考 え (10 分 ) かん 問 題 ( ) 本 の 缶 ジュースがありま 1はこに 4 本 ずつ 箱 に 入 れと, はこ なんぼん 何 箱 できて 何 本 あまりまか 絵 を 提 示 ことで, 問 題 のイメージをつかみやく 手 話, 音 声 で 問 題 を 読 ませ, 問 題 文 の 意 味 を 確 認 ( 助 数 詞 の 読 み 方 に, 注 意 ) 問 題 を 読 んで 分 かこと に 青 い 線, 求 めこと( 知 りたいこと) に 赤 い 線 を 引 いて 整 理 させ, 見 通 しをもちやくさせ 缶 ジュース の 数 を 並 べた 図 を 配 り, 各 自 で 図 を 使 って 自 分 の 考 えを 表 現 させ, 式 も 考 えさせ 複 文 が 理 解 しにくい 場 合 は, 単 文 で 示 自 分 の 考 えを 基 にして 考 えられように, 各 自 で 考 えた 後 に, 次 の2つの 例 を 提 示 13 4=2あまり5 2はこできて,5 本 あま 13 4=3あまり1 3はこできて,1 本 あま 2つの 例 は, 式 は 同 じでも 余 りが 異 なことを 確 認 した 上 で,どちらが 正 しいか 考 えさせ その 理 由 を, 図 を 用 いて 説 明 させ 説 明 ときの 簡 単 な 話 型 を 掲 示 しておく 言 語 化 が 難 しい 場 合 は, 口 声 模 倣 させて 言 葉 と 結 びつけよ うに 図 でイメージがもてない 場 合 は, 具 体 物 を 操 作 ことで 意 味 を 考 えやく 言 語 化 が 難 しい 場 合 は, 口 声 模 倣 させて 言 葉 と 結 びつけよ うに 友 だちに 伝 わりやいよう に, 口 形 をつけてはっきりと 手 話 表 現 させ

6 学 習 過 程 追 究 自 力 解 決 集 団 解 決 学 習 活 動 4( )の 中 の 数 字 を14,15,16 と 変 え,1つ1つわ 数 と 余 りの 大 きさに ついて 大 小 関 係 を 考 え じ 自 分 で 考 えよう 図 を 書 いたり, 操 作 し たりして, 自 分 で 考 え 自 力 解 決 か 考 えを 話 し 合 おう 自 分 の 考 えを, 図 を 用 いて 説 明 し, 考 えを 話 し 合 う 集 団 解 決 14 本 のとき,15 本 の とき,16 本 のとき の 図 と 式, 答 えについ て, 図 と 式 を 関 連 させて 自 分 の 考 えを 説 明 させ めあて 話 し 合 い 指 導 上 の 留 意 点 A B C わ 数 とあまりの 数 の 大 きさをくらべて, 考 えを 説 明 しよう めあてを 確 認 際 には, 音 声 と 手 話 で 読 むように 促 板 書 を 写 際 には,まとまりごと に 覚 えて 写 させように わ 数 (4 本 ずつ)は, 変 わらず,わられ 数 ( 缶 ジュース)の 数 だけ 変 わっていくこと をおさえ (わ 数,わられ 数 という 言 葉 も 確 認 ) を14,15,16 並 べた 図 を 使 って, 自 分 の 考 えを 表 現 させ (ワークシートに 記 入 ) 時 間 内 に, 途 中 までしか 考 えられなかった 場 合 は,そこまででき たことを 認 め,みんなで 考 えていくように 表 の 形 にして 一 度 に 提 示 と, 必 要 な 情 報 がつかめず,わ 数 とあまりの 数 の 関 係 につ いて 思 考 しにくいことが 考 えられため,1 問 ずつわ 数 とあまりの 大 きさについて 考 え させ 図 と 式 と 答 えを 確 認 後, わ 数 >あまり を 確 認 ことで,わ 数 と 余 りの 大 きさについて 理 解 しやく 1 問 ずつ, 誤 答 と 比 較 し, 間 違 いを 見 付 けさせ,その 理 由 を 説 明 させことにより,わ 数 とあまりの 大 きさについての 理 解 を 深 めように 言 語 化 が 難 しい 場 合 は, 児 童 が 手 話 表 現 したことを 指 導 者 が 文 に 変 え, 口 声 模 倣 させ 友 だちに 分 かりやいよう に,はっきりと 手 話 表 現 させ 早 くできた 場 合 は,17,18 と 数 を 増 やして 考 えさせ 友 だちに 伝 わりやいよう に, 口 形 をつけて,はっきり と 手 話 表 現 させ まずは, 自 分 の 言 葉 で 考 えを 表 現 させ 説 明 が 不 足 してい 場 合, 図 と 式 を 関 連 付 け よう 発 問 を 行 うことで, 思 考 を 整 理 させ, 説 明 を 加 えられよう 指 導 評 価 規 準 と 評 価 図 を 使 って 余 り の 大 きさについ て 考 え, 余 りは 除 数 より 小 さくな ことに 気 づき, 図 や 式 を 用 いて 自 分 の 考 えを 説 明 してい 発 言 (18 分 ) 互 いの 説 明 の 意 味 を 理 解 できていかどうか, 確 認 ( 相 互 読 話 )しながら 進 め

7 学 習 過 程 学 習 活 動 指 導 上 の 留 意 点 A B C 評 価 規 準 と 評 価 5 まとめ (5 分 ) まとめ わり 算 のあまりは,(わ) 数 より( 小 さく) まとめに 関 しては,( ) 抜 きで 提 示 し, 中 に 入 言 葉 を 考 えさせように 手 話 と 音 声 で 読 んで 自 分 の 言 葉 となった 後,まとめを 書 かせ 使 っ て み 振 り 返 6 適 用 問 題 に 取 り 組 む (5 分 ) で できた ~より という 表 現 は, 聴 覚 障 害 のあ 児 童 にとって, 定 着 しにくい 場 合 が 多 いので, 本 時 の 学 習 の 式 を 振 り 返 りながら, 言 葉 と 結 びつけように 問 題 まちがいを 正 しく 直 しましょう 16 3=4あまり4 25 4=5あまり5 21 5=3あまり6 7 本 時 の 学 習 を 振 り 返 (2 分 ) 8 おわりのあいさつを (1 分 ) 3 問 の 問 題 から,1 問 選 んで 解 答 ように なぜ 間 違 えていのかも, 記 述 させ 言 語 化 が 難 しい 場 合 は, 板 書 を 確 認 させ, 追 究 場 面 で 使 った 言 葉 やまとめで 使 った 言 葉 を 振 り 替 えさせ 早 くできた 場 合 は, 他 の 問 題 にも 取 り 組 むように 早 くできた 場 合 は, 他 の 問 題 にも 取 り 組 むように ゴシック 体 で 書 いてあところは, 思 考 力 を 育 て 指 導 に 関 事 項 であ

8 11 準 備 物 既 習 事 項 の 掲 示 物, 問 題 ( 提 示 用 ),ワークシート, 発 表 用 の 図 式 答 えを 書 くカード 12 座 席 配 置 ( 黒 板 に 向 かって 左 から) 黒 板 A 13 板 書 計 画 つ か む 見 通 めあて 既 習 事 項 の 確 認 問 題 かん ( ) 本 の 缶 ジュースが ありま 4 本 ずつ 箱 に 入 れと, はこ 何 箱 できて 何 本 あまり まか 見 通 し なんぼん 追 究 自 分 で 考 えよう 考 えを 話 し 合 おう 例 13 本 のとき 14 本 のとき 児 童 の 考 え 15 本 のとき 児 童 の 考 え 使 っ て み 振 り 返 まとめ 練 習 問 題 16 本 のとき 児 童 の 考 え 17 本 のとき 児 童 の 考 え

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464>

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464> 小 学 校 第 3 学 年 算 数 学 習 指 導 案 1 単 元 名 見 やすく 整 理 しよう ( 東 京 書 籍 ) 期 日 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 公 開 授 業 Ⅱ 場 所 大 村 市 立 大 村 小 学 校 3 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 春 田 潔 2 単 元 について (1) 児 童 はこれまでも, 簡 単 な 事 柄 を 分 類 整 理 したり

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ / 5 ページ 写 真 マークへの 興 味 を 持 たせ コミュニケーションの 補 助 手 段 として 日 課 生 活 習 慣 を 示 す 日 々の 活 動 カードなど を 見 せ 絵 写 真 を 用 いたコミュニケーションをはか 絵 本 の 絵 や 過 去 の 体 験 の 写 真 によってコミュニケーションを 楽 しませ カードによる 字 指 字 に 気 づかせ カードに 単 語 で 字 を 併

More information

問題解決能力等の調査(小学校)

問題解決能力等の調査(小学校) 平 成 24 年 度 授 業 改 善 推 進 プラン 国 語 板 橋 区 立 若 木 小 学 校 相 手 を 意 識 して 伝 え 合 う ことを 大 切 にする 意 識 が 高 まってきた 文 章 を 読 み 取 る 力 文 章 を 書 く 力 を 向 上 させたい 自 分 の 考 えを 分 かりやすく 伝 えようとする 意 欲 が 高 まったが 友 達 の 考 えを 聞 いて 深 める 態 度

More information

Microsoft Word Viewer - 2年1組指導案算数.doc

Microsoft Word Viewer - 2年1組指導案算数.doc 第 2 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 めざせ! 九 九 マスター 1 組 男 子 13 名 女 子 11 名 計 24 名 指 導 者 小 野 博 司 2 教 材 名 かけ 算 (2) 九 九 をつくろう ( 東 京 書 籍 2 年 下 ) 3 研 究 との 関 わり 本 単 元 を 通 して 育 てたい 力 追 究 力 かけ 算 (1)で 見 つけた 性 質 やきまりを

More information

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】 平 成 25 年 度 基 礎 基 本 習 得 のための 実 践 研 究 事 業 技 術 家 庭 科 ( 家 庭 分 野 ) 公 開 授 業 授 業 者 安 中 市 立 第 二 中 学 校 土 屋 真 美 教 諭 11 月 26 日 ( 火 ) 第 5 校 時 1 年 6 組 (30 名 ) 県 内 の 小 中 学 校 の 先 生 方 や 群 馬 大 学 の 学 生 さん 等 70 名 を 超 える

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても 意 欲 的 に 活 動 をするこ とができた また 買 い 物 という 日 常 生 活 の 指 導

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A>

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A> 数 学 科 学 習 指 導 案 1. 倶 知 安 町 立 東 陵 中 学 校 校 内 研 究 日 時 : 平 成 17 年 11 月 30 日 第 5 校 時 生 徒 : 1 年 B 組 男 子 18 名 女 子 16 名 計 34 名 授 業 者 : 教 諭 伏 間 達 郎 教 諭 三 浦 真 嗣 研 究 主 題 生 徒 が 真 剣 に 取 り 組 む 授 業 の 創 造 ~ 基 礎 基 本 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63> 123 指 導 者 松 島 恵 子 4 日 学 単 元 について 時 年 名 平 第 面 成 4 積 22 学 年 年 男 10 子 12 月 20 名 日 ( 女 水 子 4 ) 名 第 計 21 校 時 名 算 数 科 学 習 指 導 案 角 味 これまで を 本 理 単 解 元 は, し, 量 学 正 と 習 方 測 指 形 定 導 及 の 要 び 長 領 の 方 域 内 形 では, 容 の

More information

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想 第 3 学 年 5 組 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 第 5 校 時 戸 田 市 立 笹 目 中 学 校 3 年 5 組 在 籍 生 徒 数 男 子 16 名 女 子 17 名 指 導 者 教 諭 廣 川 隼 志 1 単 元 名 教 材 名 状 況 を 読 む 挨 拶 - 原 爆 の 写 真 によせて 2 単 元 について (1) 指 導 観 まもなく

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

Microsoft Word - 2015入試総括

Microsoft Word - 2015入試総括 2015 年 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 総 括 名 学 館 EXCEL 教 務 部 2015 年 2 月 16 日 ( 月 )に 行 われました 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 の 問 題 につ いて 簡 単 ではありますが 文 章 にさせていただきました 特 に 今 後 受 験 をされる 皆 さん にはどのように 入 試 が 変 化 しどのように

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案 高 等 学 校 生 物 Ⅰ 学 習 指 導 案 埼 玉 県 立 所 沢 北 高 等 学 校 授 業 者 2 年 必 修 2 年 組 教 室 男 子 2 名 女 子 9 名 計 40 人 単 元 名 : 第 3 編 遺 伝 2 章 遺 伝 子 と 染 色 体 2 この 単 元 の 目 標 遺 伝 子 が 染 色 体 上 に 存 在 することを 観 察 実 験 などを 通 して 探 究 し 染 色 体

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量 第 5 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 ( 習 熟 度 別 少 人 数 算 数 ) 1. 単 元 名 図 の を 調 べよう[ 図 の ] 2. 目 標 筋 道 立 てて 考 えることのよさを 認 め, 三 の 内 の 和 が 180 であること 基 に, 四 や 他 の 図 の 性 質 を 調 べようとす 関 心 意 欲 態 度 三 の 内 の 和 が 180 になることを 帰 納 的 に

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸 第 二 学 年 技 術 家 庭 科 ( 技 術 分 野 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 26 年 0 月 2 日 ( 火 ) 学 校 名 美 郷 町 立 大 和 中 学 校 授 業 者 教 諭 立 木 光 史 題 材 名 生 物 育 成 に 関 す 技 術 2 題 材 の 目 標 生 物 育 成 に 関 す 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 及 び 技 術 を 習 得 すとともに 生 物

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

<4D F736F F D2082D782C282D782C282C92C82A282C182B582E582C92E646F6378>

<4D F736F F D2082D782C282D782C282C92C82A282C182B582E582C92E646F6378> 第 3 学 年 算 数 科 学 習 活 動 案 支 援 者 N.Y すいすいコース T.S じっくりコース 1 単 元 名 べつべつに,いっしょに 2 単 元 の 目 標 ( 学 習 指 導 要 領 より) A(3)ウ 乗 法 に 関 して 成 り 立 つ 性 質 を 調 べ,それを 計 算 の 仕 方 を 考 えたり 計 算 の 確 かめ をしたりすることに 生 かすこと 関 心 意 欲 態 度

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す 1 年 間 計 画 1 年 の 取 り 組 み 単 元 名 4 月 おはなし よんで 主 な 学 習 内 容 読 み 聞 かせに 興 味 を 持 つ 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 身 につけ る 好 きな 本 を 探 して 読 み 読 書 の 楽 しさを 知 る 使 用 ソフト 機 器 指 導 時 間 3 5 月 どうぞ よろしく 自 分 を 紹 介 する 名 刺 を 見 せて 学 級

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 国 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 1. 単 元 名 国 語 科 体 験 したことを 先 生 に 話 そう 2. 指 導 観 本 学 級 の 生 徒 は 中 学 3 年 生 1 名 である 自 閉 的 傾 向 があり 特 定 の 乗 り 物 に 対 するこだわりがあ る また 級 友 が 話 した 冗 談 の 意 味 を 言 葉 どおりに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA8E7889878A778D5A814590B68A8892508CB38A778F4B81698FC08C4793C18E78816A2E646F63> 特 別 支 援 学 校 : 知 的 障 害 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 県 立 沼 隈 特 別 支 援 学 校 指 導 者 村 上 大 樹 (T1) 高 橋 美 紀 子 (T2) 1 日 時 平 成 22 年 10 月 15 日 ( 金 ) 第 2 校 時 (10:20~11:05) 2 学 部 学 年 小 学 部 第 1 2 学 年 ( 計 4 名 ) 3 場 所 小 学 部 第

More information

指導案の形式について       2010

指導案の形式について       2010 Hi, friends! Lesson2 I m happy. ジェスチャーをつけてあいさつしよう 単 元 の 考 え 方 本 単 元 の 構 成 は, 音 声 を 聞 いて 誰 の 様 子 を 表 しているか 線 で 結 んだり,ジェスチャーについてどんなことを 表 しているかを 予 想 したり,ジェスチャーをつけてあいさつをするゲームを 経 験 させることを 通 して, 表 情 やジェ スチャーをつけて

More information

参考資料

参考資料 平 成 6 年 度 佐 賀 県 小 中 学 校 学 習 状 況 調 査 4 月 調 査 結 果 報 告 平 成 6 年 7 月 日 木 佐 賀 県 教 育 委 員 会 - 目 次 - 調 査 の 実 施 概 要 教 科 に 関 する 調 査 の 概 要 4 教 科 ごとの 調 査 結 果 国 語 全 体 的 な 傾 向 及 び 観 点 別 の 正 答 率 5 地 域 別 の 正 答 率 7 設 ごとの

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯 保 健 体 育 科 学 習 指 導 案 1 評 価 問 題 坂 町 立 坂 中 学 校 指 導 者 横 山 寿 一 (T1) 池 田 裕 一 (T2) バドミントンのハイクリア(コートの 奥 に 打 つ)のポイントを3つ 答 えなさい 2 日 時 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 ) 第 5 校 時 3 場 所 坂 町 立 坂 中 学 校 体 育 館 4 学 年 学 級 第 3 学 年

More information

複式学級における国語学習で「読解力」を高める

複式学級における国語学習で「読解力」を高める 複 式 学 級 おけ 国 語 学 習 で 読 解 力 高 め 学 習 指 導 法 関 す 研 究 ~ 書 くこと 取 り 入 れて~ 大 豊 町 立 大 豊 小 学 校 教 諭 西 村 三 知 現 在 国 語 教 育 で 読 解 力 総 合 的 高 めことが 求 められており 複 式 学 級 が 多 い 高 知 県 でも 同 様 であ 学 習 場 面 での 課 題 が 多 い 複 式 学 級 だが

More information

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友 指 導 例 : 感 情 をコントロールする 力 を 身 に 付 け, 学 校 適 応 感 を 高 める 指 導 の 実 際 廿 日 市 市 立 四 季 が 丘 小 学 校 教 諭 空 田 由 美 1 指 導 のねらい 自 分 や 相 手 の 感 情 に 気 付 き, 感 情 の 適 切 な 処 理 や 表 現 方 法 を 考 え, 実 際 に 体 験 する 活 動 を 通 して, 感 情 をコントロールする

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

(3) 指 導 観 第 1 教 材 はたらくじどう 車 は, 各 自 動 車 につい つかいみち つくり はたらき 関 係 を, 順 序 を 追 っ 明 確 に 読 み 取 り,3つ 文 文 章 構 成 に 目 を 向 けさせ まず, 何 ために 使 う 車 か,そためにどんなつく りになっいるか,

(3) 指 導 観 第 1 教 材 はたらくじどう 車 は, 各 自 動 車 につい つかいみち つくり はたらき 関 係 を, 順 序 を 追 っ 明 確 に 読 み 取 り,3つ 文 文 章 構 成 に 目 を 向 けさせ まず, 何 ために 使 う 車 か,そためにどんなつく りになっいるか, 第 1 2 年 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 22 年 10 月 22 日 ( 金 )5 校 時 国 頭 村 立 安 田 小 学 校 第 1 学 年 女 子 1 名 第 2 学 年 女 子 1 名 計 2 名 指 導 者 宇 良 恵 里 奈 印 第 1 学 年 1 名 じゅんじょをかんがえよう 教 材 名 はたらくじどう 車 りもことを しらせよう 2 設 定 理 由 (1) 教 材 観

More information

1 ドリームプロジェクト 中 確 かな 学 力 について 1 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども 育 成 について ドリームプロジェクト3 本 柱 うち 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども 育 成 について 説 明 します 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども

1 ドリームプロジェクト 中 確 かな 学 力 について 1 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども 育 成 について ドリームプロジェクト3 本 柱 うち 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども 育 成 について 説 明 します 確 かな 学 力 を 身 に 付 けた 子 ども 伊 勢 市 教 育 委 員 会 学 力 向 上 にむけた 取 組 ~ 平 成 27 年 度 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 子 どもたちが 変 化 激 しいこれから 社 会 を 生 きるためには 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 知 徳 体 をバランスよく 育 てていくことが 重 要 となります 伊 勢 市 教 育 委 員 会 において は 子

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を 第 1 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Unit 8 ナンシーに 会 いに (New Horizon English Course Ⅰ) 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )5 校 時 指 導 学 級 1 年 5 組 指 導 者 JTE 小 松 加 代 子 ALT Willem De Jager 場 所 1 年 5 組 教 室 2 単 元 の 目 標 自 分 の

More information

「子どもが自ら学ぼうとする力の育成」―自分の思いを伝える子・高めあう子をめざして

「子どもが自ら学ぼうとする力の育成」―自分の思いを伝える子・高めあう子をめざして 平 成 25 年 度 コア ティーチャー 養 成 ( 読 解 力 向 上 研 究 指 定 ) 研 究 越 前 市 味 真 野 小 学 校 校 長 小 島 義 彦 1 研 究 主 題 子 どもが 自 ら 学 ぼうとする 力 の 育 成 自 分 の 思 いを 伝 える 子 高 めあう 子 をめざして 2 研 究 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 平 成 17 年 度 に 文 部 科 学 省 の 確

More information

るようにする 楽 曲 に 合 わせて 体 を 動 かすことを 通 して 楽 曲 の 気 分 を 感 じたり 歌 詞 が 表 す 情 景 を 想 像 したりし て 虫 の 様 子 や 擬 声 語 の 感 じから 歌 い 方 の 工 夫 を 考 えた また 歌 詞 に 登 場 する5 匹 の 虫 をグル

るようにする 楽 曲 に 合 わせて 体 を 動 かすことを 通 して 楽 曲 の 気 分 を 感 じたり 歌 詞 が 表 す 情 景 を 想 像 したりし て 虫 の 様 子 や 擬 声 語 の 感 じから 歌 い 方 の 工 夫 を 考 えた また 歌 詞 に 登 場 する5 匹 の 虫 をグル 群 教 セ G05-03 平 25.251 集 小 音 楽 思 いや 意 図 をもって 歌 唱 表 現 する 音 楽 科 指 導 の 工 夫 感 じ 取 った 楽 曲 の 気 分 を 伝 え 合 う 活 動 を 通 して 特 別 研 修 員 小 島 一 剛 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 県 の 指 針 である はばたく 群 馬 の 指 導 プラン では 音 楽 科 で 伸 ばしたい 資 質 能 力

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031328A778F4B8E7793B188C45F8FAC81458ED089EF816A8DD593632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031328A778F4B8E7793B188C45F8FAC81458ED089EF816A8DD593632E646F63> 小 学 校 社 会 科 学 習 指 導 案 尾 市 立 栗 原 小 学 校 教 諭 横 松 和 義 1 学 年 第 3 学 年 2 単 元 名 尾 市 様 子 3 単 元 つ (1) 単 元 観 本 単 元, 小 学 校 学 習 指 導 要 領 社 会 第 3 学 年 及 び 第 4 学 年 内 容 (1) 自 分 たち 住 んで 身 近 な 地 域 や 市 ( 区, 町, 村 )つ, 次 ことを

More information

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx)

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx) ,4 12 指 導 者 山 口 愛 美 3 日 時 平 月 日 ( 金 ) 第 校 時 4 学 年 組 第 5 学 年 1 組 ( 男 名 女 名 名 ) 5 場 所 5 年 1 組 教 室 〇 名 の 角 5 を 単 元 について 和 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 第 5 学 年 の 内 容 C 図 形 (1) 図 形 についての 観 察 や 構 成 などの 活 動 の 通 して, 平

More information

Microsoft Word - 6nenn-jyunnjyoyokuseirisitesirabeyou

Microsoft Word - 6nenn-jyunnjyoyokuseirisitesirabeyou 第 6 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 吹 田 市 立 山 手 小 学 校 授 業 者 小 園 悠 記 1. 日 時 平 成 26 年 1 月 15 日 ( 水 ) 第 5 時 間 目 2. 学 年 組 第 6 学 年 2 組 (33 名 ) 3. 場 所 吹 田 市 立 山 手 小 学 校 6 年 2 組 教 室 4. 単 元 名 順 序 よく 整 理 して 調 べよう 東 京 書 籍 5.

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

ン 群 教 セ F12-01 平 25.251 集 小 外 国 語 積 極 的 にコミュニケーション 活 動 を 行 う 小 学 校 英 語 科 指 導 の 工 夫 ICTの 主 体 的 個 別 活 用 を 通 して 特 別 研 修 員 木 暮 理 人 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 伊 勢 崎 市 の 指 定 により 小 学 校 英 語 科 の 指 導 に 取 り 組 んでいる 児 童 は

More information

小学校第5学年家庭科学習指導案

小学校第5学年家庭科学習指導案 小 学 校 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 ) 指 導 者 5 年 担 任 教 諭 宮 本 ルミ 1 題 材 名 針 と 糸 を 使 ってみよう ~ 見 つめよう 家 庭 生 活 ~ 2 題 材 について (1)ねらいについて 本 題 材 は 小 学 校 学 習 指 導 要 領 家 庭 科 の 内 容 (3) 生 活 に 役 立 つ

More information

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤)

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤) 第 6 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 新 しい 日 本, 平 和 な 日 本 へ ( 東 京 書 籍 ) 2 単 元 について 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 内 容 (1)ケ 日 華 事 変, 我 が 国 にかかわる 第 二 次 世 界 大 戦, 日 本 国 憲 法 制 定,オリンピック 開 催 などについて 調 べ, 戦 後 我 が 国 は 民 主 的 な 国

More information

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開 第 6 学 年 外 国 語 活 動 指 導 案 場 所 すずかけホール 児 童 6 年 2 組 35 名 ( 男 子 17 名 女 子 18 名 ) 指 導 者 T1 福 井 千 佳 子 T2 田 淵 由 紀 1 単 元 名 Let s go to Italy. 友 だちを 旅 行 に 誘 おう (Hi, friends! 2 Lesson5) 2 単 元 について (1) 教 材 について 世 界

More information

英数学館小学校 アドバンストコース

英数学館小学校 アドバンストコース 平 成 28(2016) 年 度 英 数 館 小 校 イマ ジョンクラス 第 4 年 国 語 年 4 年 生 教 科 国 語 週 あたりの 時 間 数 6 時 間 担 当 清 水 克 習 指 導 の 到 達 目 標 使 用 教 科 書 相 手 や 目 的 に 応 じ 調 べたことなどについて 筋 道 をたてて 話 すことや 話 の 中 心 に 気 をつけて 聞 くことができるようになる また 進 んで

More information

2 次 は 自 分 の 製 作 計 画 に 従 って 製 作 を 進 める 縫 い 方 はミシン 縫 いを 基 本 と 必 要 に 応 じて 手 縫 いでもよいこととする 上 糸 や 下 糸 のかけ 方 や 返 縫 いの 仕 方 等 の 既 習 事 項 を 想 起 できるよ 掲 示 資 料 を 用

2 次 は 自 分 の 製 作 計 画 に 従 って 製 作 を 進 める 縫 い 方 はミシン 縫 いを 基 本 と 必 要 に 応 じて 手 縫 いでもよいこととする 上 糸 や 下 糸 のかけ 方 や 返 縫 いの 仕 方 等 の 既 習 事 項 を 想 起 できるよ 掲 示 資 料 を 用 第 6 学 年 2 組 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 ) 場 所 日 進 小 学 校 授 業 者 並 木 里 未 1 題 材 名 生 活 を 楽 よソーイング イウ 2 題 材 について (1) 児 童 観 ( 省 略 ンケー 結 果 のみ 掲 載 ) 家 庭 科 は 好 きですか 16% 裁 縫 は 好 きですか 宿 題 以 外 で 製 作 またか

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

の 生 徒 は 一 次 関 数 の 式 を 求 め,x=8を 代 入 して 地 上 から8kmの 高 さの 気 温 を 求 めるであろう しかし, 表 でxとyの 対 応 を 調 べ,x=8のとき のyの 値 を 求 めたり,グラフをかいてx=8のとき のyの 値 を 読 み 取 ったりして 求 め

の 生 徒 は 一 次 関 数 の 式 を 求 め,x=8を 代 入 して 地 上 から8kmの 高 さの 気 温 を 求 めるであろう しかし, 表 でxとyの 対 応 を 調 べ,x=8のとき のyの 値 を 求 めたり,グラフをかいてx=8のとき のyの 値 を 読 み 取 ったりして 求 め G3-03 中 学 校 数 学 関 数 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 てる 指 導 の 工 夫 - 一 次 関 数 の 授 業 実 践 を 通 して- 総 社 市 立 総 社 東 中 学 校 教 諭 村 田 敏 彦 研 究 の 概 要 本 研 究 では, 一 次 関 数 の 授 業 実 践 において, 関 数 関 係 にあるものを 数 学 的 に 考 察 する 活 動 を 通 して, 関

More information

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について)

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について) 平 成 2 7 年 4 月 2 8 日 教 育 課 程 企 画 特 別 部 会 資 料 3-1 幼 児 教 育 幼 小 接 続 に 関 する 現 状 について 1. 幼 児 教 育 の 現 状 1 2. 子 供 の 発 達 の 現 状 12 3. 幼 小 接 続 14 1. 幼 児 教 育 の 現 状 乳 幼 児 期 における 教 育 保 育 の 制 度 発 小 学 校 達 や 学 び の 連 続

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅 平 成 3 年 度 研 究 概 要 () 研 究 主 題 豊 かな 読 解 力 を 育 てる 指 導 のあり 方 文 学 教 材 の 読 みの 交 流 を 通 して () 主 題 について 本 校 の 国 語 科 研 究 では 豊 かな 読 解 力 を 読 みの 深 まりと 考 えている 文 学 教 材 を 読 み ひと つの 言 葉 から 想 像 を 広 げたり 言 葉 と 言 葉 を 関 係 づけたりすることで

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

(2) アンケートやワークシートの 記 述 分 析 による 生 徒 の 実 態 調 査 と,それを 基 にした 検 証 授 業 計 画 の 作 成 (3) 検 証 授 業 を 行 い, 導 入 部 分 に 事 象 提 示 を 取 り 入 れた 指 導 の 検 証 及 び 考 察 5 研 究 内 容

(2) アンケートやワークシートの 記 述 分 析 による 生 徒 の 実 態 調 査 と,それを 基 にした 検 証 授 業 計 画 の 作 成 (3) 検 証 授 業 を 行 い, 導 入 部 分 に 事 象 提 示 を 取 り 入 れた 指 導 の 検 証 及 び 考 察 5 研 究 内 容 テーマA-2 中 学 校 理 科 基 山 町 立 基 山 中 学 校 教 諭 奥 園 洋 光 要 旨 理 科 では, 自 然 の 事 象 と 既 習 の 内 容 を 関 連 付 けて 論 理 的 に 説 明 したり, 表 現 したりする 力 におい て 課 題 があるといわれている そこで,2つの 事 象 を 比 較 させ, 変 化 をもたらす 要 因 に 着 目 して 学 習 問 題 を 設 定

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分 家 庭 学 習 の 手 引 き 確 かな 学 力 を 身 に 付 けるために 充 実 した 家 庭 学 習 をするために 家 庭 学 習 の 意 義 家 庭 学 習 を 通 して 自 分 にあった 学 習 方 法 を 見 つけていくことが 何 よりも 大 切 なことです そのためには,まず 授 業 の 進 度 に 合 わせて,しっかりと 予 習 復 習 をする 習 慣 を 身 に 付 けていくことが

More information

りの 整 理 整 とんをしてみよう では, 身 の 回 りの 整 理 整 とんを 通 して,3R(リユー ズ リデュース リサイクル)を 意 識 し, 環 境 に 配 慮 した 生 活 ができるようにしていく 針 と 糸 を 使 ってみよう では, 玉 結 びや 玉 どめ,なみ 縫 いなどいろいろな

りの 整 理 整 とんをしてみよう では, 身 の 回 りの 整 理 整 とんを 通 して,3R(リユー ズ リデュース リサイクル)を 意 識 し, 環 境 に 配 慮 した 生 活 ができるようにしていく 針 と 糸 を 使 ってみよう では, 玉 結 びや 玉 どめ,なみ 縫 いなどいろいろな 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 平 成 22 年 9 月 8 日 ( 水 ) 指 導 者 教 諭 高 橋 和 宏 1 題 材 名 わたしたちにできることをやってみよう 2 題 材 の 目 標 日 常 の 食 生 活 に 関 心 を 持 ち, 調 理 に 必 要 な 食 品 や 用 具 の 衛 生 的 で 安 全 な 扱 いが 分 かり, 簡 単 な 調 理 ができるようにする 身 の

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発 第 5 学 年 1 組 国 語 科 学 習 指 導 指 導 者 磯 﨑 順 子 1 単 元 名 みんなアイディアで 楽 い 図 館 に 2 教 材 名 わち 図 館 改 造 3 指 導 観 本 学 級 児 童 ( 男 子 19 名 女 子 7 名 )は,ほとんど 児 童 が 読 をすことが 好 きだと 言 って い 確 かに 図 館 に 行 くと,それぞれが 好 きな 本 を 選 んで, 本 世 界

More information

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案 中 学 校 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 10 月 26 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 2 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 田 﨑 英 明 ALT Huy Tran 1 単 元 名 Program 6 A Work Experience Program (SUNSHINE ENGLISH COURSE

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭 平 成 26~27 年 度 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 関 係 指 定 事 業 (5) 企 業 活 動 の 基 礎 ウ 雇 用 配 布 資 料 : 教 師 用 1 学 習 指 導 案 1~4 2 2 指 導 と 評 価 の 計 画 6 3 観 察 シート 10 4 ティーチングノート 11 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 (5)- ウ - 教 -

More information

*山下小研究誌.indb

*山下小研究誌.indb 自 立 活 動 学 習 指 導 案 難 聴 通 級 指 導 教 室 (たいよう 教 室 )1 人 (1 年 男 子 ) 指 導 者 渡 邊 貴 久 1 題 材 名 ことばをあつめよう 2 題 材 について ⑴ 題 材 の 価 値 対 象 となる 子 どもは, 補 聴 器 を 装 用 し, 主 に 聴 覚 口 話 法 により 他 者 とのコミュニケーションをとっ ている これまでに, 傾 聴 についての

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

個王座授業事例集(高英語)

個王座授業事例集(高英語) 高 等 学 校 第 1 学 年 コミュニケーション 英 語 Ⅰ 学 習 指 導 案 日 時 平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 ) 第 2 限 授 業 者 教 育 センター 所 員 相 島 倫 子 1 単 元 名 Lesson 5 Teammates 2 教 材 教 科 書 PROMINENCE Communication English Ⅰ ( 東 京 書 籍 ) 3 教 材 観 黒 人

More information

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す (1) 単 元 の 評 価 規 準 と 小 単 元 の 評 価 規 準 科 目 名 会 計 実 務 単 位 数 4 単 位 研 究 事 例 国 税 庁 Webサイトを 利 用 した 授 業 展 開 例 単 元 名 第 4 編 税 と 会 計 第 11 章 税 のあらまし 第 12 章 法 人 税 の 計 算 第 13 章 法 人 税 の 申 告 と 納 付 税 の 意 義 種 類 体 系 のあらましを

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

12月サポートたより

12月サポートたより 平 成 27 年 度 新 潟 県 学 向 上 サポートたより No.4( 通 算 第 29 号 ) H27 第 2 回 を 配 信 しました 12 月 1 日 ( 火 ) に, 今 年 度 第 2 回 の を 配 信 し ま し た す で に 御 案 内 の よ う に, 今 年 度 か ら 新 潟 県 小 学 校 教 育 研 究 会, 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 と の 連 携

More information

国語科(国語)調査資料1

国語科(国語)調査資料1 新 しい 科 学 ( 東 京 書 籍 ) 巻 頭 で 科 学 と 人 の 物 語 単 元 や 章 の 導 入 では 身 近 な 事 物 事 象 の 写 真 を2ページに 掲 載 し 学 習 意 欲 を 喚 起 するようになっている 導 入 部 分 で 既 習 事 項 を 示 し 観 察 実 験 で 生 徒 の 疑 問 や 思 考 の 流 れに 沿 って 課 題 が 提 示 され 生 徒 が 事 実

More information

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年)

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年) 英 語 第 2 学 年 熊 野 町 立 熊 野 東 中 学 校 単 元 名 大 使 になって 熊 野 町 を PR しよう! 指 導 者 安 村 由 美 子 篠 原 真 由 美 Jovine nikkol Antonio 本 単 元 で 育 成 する 資 質 能 力 先 を 見 通 す 力,,チャレンジ 精 神, 粘 り 強 さ, 単 元 について 本 単 元 は, 熊 野 町 の 研 究 テーマ

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 27 年 度 英 語 科 第 1 学 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問 平 成 22 年 度 全 国 力 習 状 況 調 査 の 結 果 について 調 査 結 果 の 公 表 平 成 19 年 度 から 全 国 全 ての 6 年 生 3 年 生 を 対 象 として 行 われてい るこの 調 査 は 平 成 22 年 度 の 調 査 においては これまでの 調 査 と 一 定 の 継 続 性 を 保 ちながら 調 査 方 式 を 悉 皆 調 査 から 抽 出 調 査 及

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

<5461726F2D979D89C88E7793B188C482678251825381408254944E81758381>

<5461726F2D979D89C88E7793B188C482678251825381408254944E81758381> 12 江 田 島 市 立 切 串 小 学 校 3 日 場 時 所 平 理 第 成 科 524 室 学 年 年 男 6 子 月 529 名 日 ( 金 ) 第 5 校 時 指 導 教 諭 織 田 晴 美 理 女 子 科 7 名 学 計 習 12 指 名 導 案 45 3 単 学 年 元 習 内 チョウをそだてよう 5 容 の メダカのたんじょう 関 連 植 物 の 発 芽 と 成 長 年 メダカのたんじょう

More information

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 学 びの 地 図 社 会 科 学 習 指 導 案 1 時 間 目 北 海 道 東 北 地 方 が 米 作 りが 盛 んなわけを 予 想 しよ 北 海 道 米 の ゆめぴりか を 調 べて,まちの 人 にしょかい しよ ど し て お い し い の だ ろ? 2 時 間 目 米 がたくさんとれると ころはどんなところだ ろ 3 4 時 間 目 米

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

研究職員会資料

研究職員会資料 平 成 27 年 度 伊 野 小 学 校 研 究 構 想 1 研 究 主 題 一 人 一 人 の 読 解 力 を 高 める 授 業 づくり (3 年 次 ) ~ 説 明 文 を 中 心 とした 国 語 科 読 むこと の 指 導 ~ 2 主 題 設 定 の 理 由 本 校 では 一 昨 年 度 から 読 解 力 の 育 成 を 研 究 の 中 心 におき 読 解 力 を 高 める 授 業 づくりについて

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり 1 日 本 語 で 自 己 紹 介 をする POINT 1 会 話 を 始 めるとき どうしますか POINT 1 のねらいは 自 ら 積 極 的 に 日 本 語 でインターアクションを 始 めるにはどうしたら いいか 考 えてもらい 実 際 の 場 面 で 使 う 方 法 を 学 習 することです 1 こんなとき どの 人 に どう 話 しかけますか 表 現 例 A : 男 の 人 が 食 べ 物

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 北 広 島 町 立 大 朝 中 学 校 教 諭 三 田 直 子 1. 日 時 平 成 26 年 12 月 10 日 ( 水 )4 校 時 2. 場 所 3 年 生 教 室 3. 学 級 第 3 学 年 ( 男 子 10 名 女 子 12 名 計 22 名 ) 4. 単 元 名 第 3 編 私 たちの 生 活 と 経 済 第 3 章 財 政

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information