1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財"

Transcription

1 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL FAX 千 代 田 税 理 士 法 人

2 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 産 を 承 継 する 方 を 相 続 人 といいます 誰 が 相 続 できますか? 相 続 人 は 民 法 で 定 められており 法 定 相 続 人 と 呼 ばれますが 一 般 に 相 続 人 と 法 定 相 続 人 は 同 じ 意 味 で 使 用 されております なお 相 続 により 相 続 人 以 外 の 人 が 相 続 財 産 を 承 継 できるケースは 遺 言 書 により 相 続 人 以 外 の 人 が 相 続 財 産 を 承 継 する 場 合 です

3 誰 が 相 続 人 になりますか? 相 続 人 となれるのは 被 相 続 人 の 配 偶 者 子 供 父 母 兄 弟 姉 妹 などですが 相 続 人 になれる 順 位 は 決 まっ ていますので 全 員 が 相 続 人 となれるわけではありません 配 偶 者 子 供 ( 孫 ) 父 母 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 必 ず 相 続 人 第 1 順 位 の 相 続 人 第 2 順 位 の 相 続 人 第 3 順 位 の 相 続 人 1 配 偶 者 がいる 場 合 には その 配 偶 者 は 必 ず 相 続 人 となります 配 偶 者 の 他 に 子 供 父 母 兄 弟 姉 妹 がいる 場 合 には 上 記 の 優 先 順 位 の 高 い 方 のみが 配 偶 者 とともに 相 続 人 となります 具 体 的 に 配 偶 者 と 子 供 父 母 がいる 場 合 には 配 偶 者 と 優 先 順 位 の 高 い 子 供 が 相 続 人 となり 父 母 は 相 続 人 となれません 2 配 偶 者 がいない 場 合 には 優 先 順 位 の 高 い 方 が 単 独 で 相 続 人 となります 配 偶 者 がいない 場 合 で 子 供 と 父 母 がいる 場 合 には 優 先 順 位 の 高 い 子 供 のみが 相 続 人 となります 2

4 養 子 も 相 続 人 となれますか? 3 養 子 縁 組 すると 養 親 との 間 に 実 子 と 同 じ 身 分 を 取 得 することとなります したがって 養 子 は 相 続 人 となることが 可 能 です 養 子 縁 組 には 普 通 養 子 縁 組 と 特 別 養 子 縁 組 の 二 種 類 あり 普 通 養 子 縁 組 は 実 の 親 と 養 親 との 親 子 関 係 が 成 立 し 二 重 の 親 子 関 係 となります 特 別 養 子 縁 組 は 実 の 親 との 親 子 関 係 が 断 たれるため 養 親 との 親 子 関 係 のみが 成 立 し 養 親 の 実 子 として 取 り 扱 われます 民 法 上 は 養 子 の 数 に 制 限 はないため 何 人 でも 養 子 縁 組 することができますが 相 続 税 の 基 礎 控 除 額 等 を 計 算 する 際 の 法 定 相 続 人 に 含 められる 普 通 養 子 の 数 は 実 子 がいる 場 合 には 1 人 実 子 がいない 場 合 に は 2 人 までとなります 相 続 人 に 未 成 年 者 がいる 場 合 は? 相 続 人 に 未 成 年 者 がいる 場 合 には 親 権 者 が 法 定 代 理 人 として 同 意 をすることとなりますが 親 権 者 と 子 ( 未 成 年 者 )が 共 に 相 続 人 となる 場 合 親 権 者 が 子 の 法 定 代 理 人 として 遺 産 分 割 協 議 の 同 意 をすることはできません この 場 合 家 庭 裁 判 所 に 特 別 代 理 人 の 申 立 を 行 い 親 権 者 の 代 わりに 代 理 人 となる 特 別 代 理 人 の 選 任 が 必 要 となります 選 任 された 特 別 代 理 人 が 遺 産 分 割 協 議 を 行 うこととなります

5 相 続 財 産 はどのように 分 けますか? 被 相 続 人 が 生 前 に 遺 言 書 を 作 成 している 場 合 には 基 本 的 に 誰 がどの 財 産 を 相 続 するかが 明 確 ですが 遺 言 書 が 存 在 せず 相 続 人 が 複 数 人 いる 場 合 には 相 続 財 産 をどのように 分 けるかが 問 題 となります この 場 合 相 続 人 全 員 が 話 し 合 いの 上 で 相 続 財 産 を 協 議 しなければなりません( 分 割 協 議 ) 話 し 合 いですので 全 部 を 1 人 で 相 続 することも 可 能 ですが 分 割 協 議 が 成 立 するためには 相 続 人 全 員 の 合 意 が 必 要 となります 遺 言 書 が 存 在 する 場 合 でも 分 割 協 議 が 成 立 すれば 分 割 協 議 の 通 り 相 続 することが 可 能 です 遺 産 分 割 協 議 が 成 立 した 際 には 遺 産 分 割 協 議 書 を 作 成 しますが 相 続 人 全 員 の 実 印 での 押 印 が 必 要 となりま す 遺 産 分 割 の 際 に 気 をつけることはありますか? 様 々なケースが 想 定 されますが 下 記 の 様 な 例 があります 1 相 続 財 産 に 不 動 産 がある 場 合 相 続 人 同 士 が 共 有 で 所 有 する 共 有 持 分 として 登 記 するケースがあるので すが 不 動 産 を 共 有 持 分 で 所 有 した 場 合 売 却 や 建 替 え 等 の 際 に 共 有 者 全 員 の 同 意 を 得 なければならず トラブルの 原 因 となります 4

6 2 3 共 有 持 分 での 相 続 を 避 けたい 場 合 には 不 動 産 を 単 独 で 相 続 する 代 償 として 他 の 相 続 人 に 金 銭 などを 与 える 代 償 分 割 といった 方 法 があります 一 時 的 な 相 続 税 を 考 えると 配 偶 者 には 税 額 軽 減 ( 後 述 )がありますので 配 偶 者 が 多 くの 財 産 を 相 続 す れば 相 続 税 額 が 軽 減 されることとなります ただし 配 偶 者 が 多 くの 財 産 を 相 続 すると 次 の 相 続 時 に 多 くの 相 続 財 産 を 残 すこととなり 結 果 として 多 額 の 相 続 税 を 支 払 う 場 合 があります この 場 合 には 次 の 相 続 を 見 込 んだ 分 割 協 議 が 効 果 的 となります 土 地 を 所 有 している 場 合 土 地 の 価 額 は 相 続 財 産 の 多 くを 占 めることとなります 一 定 の 要 件 を 満 たし た 土 地 は 相 続 税 額 を 減 額 できる 特 例 があり( 後 述 ) 要 件 を 満 たした 場 合 と 満 たさない 場 合 とでは 相 続 税 額 に 多 くの 影 響 を 与 えます そのため 土 地 の 減 額 特 例 を 受 けたい 場 合 には 適 用 要 件 を 意 識 した 分 割 協 議 が 必 要 となります 5 法 定 相 続 分 とは? 法 定 相 続 分 とは 民 法 で 定 められた 相 続 財 産 の 取 り 分 で 遺 言 書 が 存 在 しない 場 合 等 に 各 相 続 人 が 相 続 できる 割 合 となります 法 定 相 続 分 は 相 続 人 の 間 で 遺 産 分 割 の 合 意 ができなかったときの 取 り 分 であり 必 ずこの 相 続 分 で 遺 産 分 割 しなければならないわけではありません

7 遺 留 分 とは? 相 続 人 には 最 低 でもこれだけの 財 産 はもらえるという 権 利 があり その 権 利 を 遺 留 分 といいます 遺 言 書 で 遺 産 相 続 の 内 容 があまりに 不 公 平 な 場 合 不 満 のある 相 続 人 から 訴 えられる 可 能 性 があります そのため 遺 言 書 作 成 の 際 には 遺 留 分 を 侵 害 しないような 対 策 が 必 要 となります 相 続 人 法 定 相 続 分 遺 留 分 配 偶 者 のみ 配 偶 者 100% 配 偶 者 1/2 子 供 のみ 子 供 100% 子 供 1/2 兄 弟 姉 妹 のみ 兄 弟 姉 妹 100% なし 直 系 尊 属 のみ 直 系 尊 属 100% 直 系 尊 属 1/3 配 偶 者 と 子 供 配 偶 者 1/2 子 供 ( 全 員 で)1/2 配 偶 者 1/4 子 供 ( 全 員 で)1/4 配 偶 者 と 直 系 尊 属 配 偶 者 2/3 直 系 尊 属 ( 全 員 で)1/3 配 偶 者 1/3 直 系 尊 属 ( 全 員 で)1/6 配 偶 者 と 兄 弟 姉 妹 配 偶 者 3/4 兄 弟 姉 妹 ( 全 員 で)1/4 配 偶 者 1/2 兄 弟 姉 妹 なし 直 系 尊 属 直 系 とは いわゆるタテの 血 縁 関 係 をいい 尊 属 とは 目 上 の 者 を 指 すため 父 母 祖 父 母 などが 該 当 します 6

8 相 続 税 の 基 本 的 なお 話 しです 7 相 続 税 はどのような 場 合 に 課 税 されますか? 相 続 税 は 被 相 続 人 が 残 した 相 続 財 産 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 額 を 上 回 った 場 合 に 課 税 されます 基 礎 控 除 額 はいくらですか? 基 礎 控 除 額 が 相 続 税 法 の 改 正 により 平 成 27 年 1 月 1 日 以 降 大 幅 に 減 少 します 改 正 前 改 正 後 5,000 万 円 + 1,000 万 円 法 定 相 続 人 の 数 4 割 減!! 3,000 万 円 万 円 法 定 相 続 人 の 数 基 礎 控 除 額 の 計 算 例 : 相 続 人 が 妻 と 子 供 2 人 の 場 合 ( 法 定 相 続 人 3 人 ) 改 正 前 5,000 万 円 + 1,000 万 円 3 人 = 8,000 万 円 改 正 後 3,000 万 円 万 円 3 人 = 4,800 万 円

9 前 頁 の 例 の 場 合 改 正 前 は 相 続 財 産 が 8,000 万 円 を 超 えた 場 合 に 改 正 後 は 相 続 財 産 が 4,800 万 円 を 超 えた 場 合 に 相 続 税 の 課 税 対 象 となります この 改 正 により 相 続 税 の 課 税 対 象 となる 方 が 大 幅 に 増 加 することとなり 首 都 圏 に 地 価 の 高 い 自 宅 を 所 有 す る 場 合 等 は 新 たに 相 続 税 の 課 税 対 象 となる 可 能 性 があります 相 続 税 法 改 正 の 影 響 改 正 前 ( 死 亡 者 数 に 占 める 割 合 ) 増 加 改 正 後 ( 死 亡 者 数 に 占 める 割 合 ) 課 税 対 象 となる 死 亡 者 数 4.6 万 人 (4.1%) 約 3 万 人 7 万 人 (6%) 全 国 相 続 税 を 納 める 相 続 人 の 数 11.5 万 人 6 万 人 17.5 万 人 相 続 税 額 1.25 兆 円 3,000 億 円 1.55 兆 円 首 都 圏 課 税 対 象 となる 死 亡 者 数 1.5 万 人 (7%) 1.6 万 人 3.1 万 人 (14.3%) 申 告 対 象 者 ( 納 税 なしを 含 む) 3.9 万 人 (18%) 4.6 万 人 8.5 万 人 (39%) 相 続 税 がかかる 財 産 にはどのようなものがありますか? 相 続 税 がかかる 財 産 は 大 きく 分 けると 次 のようになります 1 本 来 の 財 産 これは 被 相 続 人 から 直 接 相 続 した 財 産 のことです 土 地 建 物 現 預 金 株 式 などがあげられます なお 8

10 お 墓 や 位 牌 などは 非 課 税 となります 2みなし 相 続 財 産 これは 被 相 続 人 の 死 亡 がきっかけで 得 た 財 産 のことです 生 命 保 険 金 死 亡 退 職 金 などがあげられます ただし これらには 一 定 額 の 非 課 税 枠 があります 3 3 年 以 内 の 贈 与 財 産 これは 相 続 開 始 前 3 年 以 内 に 被 相 続 人 から 贈 与 を 受 けた 財 産 のことです 相 続 税 の 計 算 上 は 相 続 財 産 に 加 えて 計 算 されます 4 相 続 時 精 算 課 税 制 度 を 選 択 した 贈 与 財 産 相 続 時 精 算 課 税 制 度 を 選 択 した 財 産 については 相 続 財 産 に 加 えて 計 算 されます 9 相 続 時 精 算 課 税 とはどのような 制 度 ですか? 親 が 子 等 に 贈 与 する 場 合 には 年 間 110 万 円 までが 非 課 税 となり 110 万 円 を 超 える 場 合 には 贈 与 税 が 課 税 されます 相 続 時 精 算 課 税 は 親 等 が 所 有 している 財 産 を 子 供 等 若 い 世 代 に 生 前 に 非 課 税 で 贈 与 することが 可 能 となる 制 度 で 65 歳 以 上 の 親 が 20 歳 以 上 の 子 等 へ 生 前 贈 与 した 場 合 には 2,500 万 円 までが 非 課 税 となり 2,500 万 円 を 超 えた 分 には 20%が 課 税 されます さらに 贈 与 が 住 宅 取 得 等 資 金 の 場 合 には 65 歳 以 上 という 親 の 年 齢 制 限 がなくなります ただし 贈 与 した 親 が 亡 くなったときには 相 続 財 産 にこの 贈 与 した 分 を 加 えて 相 続

11 税 を 計 算 することとなるため 将 来 相 続 税 が 課 税 されない 場 合 には 節 税 となりますが 将 来 相 続 税 が 課 税 され る 場 合 には 贈 与 分 が 相 続 時 に 課 税 されることとなるため 適 用 には 注 意 が 必 要 です また 相 続 時 精 算 課 税 制 度 を 一 度 適 用 した 場 合 には 取 り 消 すことはできず 贈 与 税 の 年 間 110 万 円 の 非 課 税 も 使 えなくなります 相 続 税 の 申 告 はいつ どこにするものでしょうか? 相 続 税 の 申 告 の 期 限 は 被 相 続 人 の 死 亡 した 日 の 翌 日 から 10 か 月 以 内 となります この 期 限 までに 相 続 税 も 原 則 金 銭 で 全 額 納 付 しなければなりません ただし 全 額 を 納 付 できない 場 合 には 相 続 税 を 分 割 により 納 付 する 延 納 が 認 められております さらに 延 納 でも 納 付 できない 場 合 には 有 価 証 券 や 不 動 産 を 現 物 で 納 付 する 物 納 が 認 められておりますが 延 納 物 納 での 納 付 の 場 合 一 定 の 要 件 を 満 たす 必 要 がありますので 注 意 が 必 要 です 相 続 税 の 申 告 は 相 続 人 全 員 で 一 つの 申 告 書 により 被 相 続 人 の 住 所 地 を 管 轄 する 税 務 署 に 提 出 します 相 続 財 産 より 借 入 金 が 多 い 場 合 はどうなるのでしょうか? 相 続 は 亡 くなった 人 のプラスの 財 産 だけでなく マイナスの 財 産 である 債 務 も 引 継 ぐことになります 相 続 税 の 計 算 では 借 入 金 等 の 債 務 はプラスの 相 続 財 産 から 差 し 引 くことができます したがって 借 入 金 が 相 続 財 10

12 11 産 より 多 い 場 合 には 相 続 税 はかかりませんが 相 続 の 方 法 には 注 意 が 必 要 です 相 続 の 方 法 には 単 純 承 認 限 定 承 認 相 続 放 棄 の 3 通 りがあります 1 単 純 承 認 単 純 承 認 とは 被 相 続 人 の 権 利 義 務 のすべてを 承 継 する 方 法 です そのため 相 続 財 産 より 債 務 が 大 きいときは 相 続 人 が 自 分 の 財 産 で 債 務 を 弁 済 することになります 相 続 が 起 きたことを 知 ってから 3 ヶ 月 以 内 に 限 定 承 認 も 相 続 放 棄 もしなかった 場 合 は 自 動 的 に 単 純 承 認 したものとされます 2 限 定 承 認 限 定 承 認 とは 相 続 により 取 得 した 財 産 の 範 囲 内 で 被 相 続 人 の 債 務 を 負 担 すればよく 相 続 人 自 身 の 財 産 でその 債 務 を 弁 済 する 責 任 はありません 相 続 人 が 限 定 承 認 をしようとするときは 相 続 が 起 きたことを 知 った 日 から 3 ヶ 月 以 内 に 家 庭 裁 判 所 に 申 し 立 てをしなければなりません 3 相 続 放 棄 相 続 人 が 相 続 放 棄 をしたときは 初 めから 相 続 人 でなかったものとみなされます 相 続 人 が 相 続 放 棄 を しようとするときは 相 続 が 起 きたことを 知 った 日 から 3 ヶ 月 以 内 に 家 庭 裁 判 所 に 申 し 立 てをしなければ なりません

13 相 続 税 額 を 減 額 できる 制 度 はありますか? 例 えば 下 記 のような 減 額 があります 1 小 規 模 宅 地 の 特 例 この 特 例 は 被 相 続 人 から 取 得 した 相 続 人 の 生 活 基 盤 となる 宅 地 について 重 い 相 続 税 がかからないよう 一 定 の 条 件 を 満 たした 場 合 土 地 の 評 価 額 を 大 幅 に 減 額 できる 特 例 です 改 正 前 改 正 後 事 業 用 地 特 定 事 業 用 宅 地 等 特 定 同 族 会 社 事 業 用 宅 地 等 400m2まで 80% 減 額 400m2まで 80% 減 額 住 宅 用 地 特 定 居 住 用 宅 地 等 240m2まで 80% 減 額 330m2まで 80% 減 額 不 動 産 貸 付 用 宅 地 等 200m2まで 50% 減 額 200m2まで 50% 減 額 12

14 13 2 配 偶 者 の 税 額 軽 減 配 偶 者 が 相 続 する 財 産 については 財 産 を 共 に 形 成 してきたことや 今 後 の 生 活 を 考 慮 し 1 億 6,000 万 円 と 相 続 財 産 に 法 定 相 続 分 を 乗 じて 算 出 した 金 額 のどちらか 高 い 金 額 までの 相 続 税 が 免 除 されます したがって 相 続 が 発 生 した 際 に 配 偶 者 が 多 くの 財 産 を 相 続 した 場 合 には 相 続 税 額 は 低 く 抑 えられま すが 配 偶 者 は 被 相 続 人 と 同 世 代 のため 次 の 相 続 が 比 較 的 早 く 最 初 の 相 続 で 多 くの 財 産 を 配 偶 者 が 相 続 してしまったため 配 偶 者 が 亡 くなった 際 の 相 続 税 が 結 果 として 多 額 となるケースが 想 定 されますので 配 偶 者 の 税 額 軽 減 を 適 用 する 際 にはその 点 を 考 慮 した 対 策 が 必 要 です 相 続 税 はどのように 計 算 しますか? 相 続 税 は 各 々が 相 続 した 財 産 に 税 率 を 乗 じるといった 計 算 方 法 ではなく 相 続 財 産 の 合 計 額 から 基 礎 控 除 額 を 差 し 引 いた 残 額 を 求 め その 残 額 を 法 定 相 続 分 によって 各 人 に 按 分 し 按 分 した 金 額 を 下 記 の 速 算 表 を 基 に 税 額 を 計 算 し 各 々の 税 額 を 合 計 したものが 相 続 税 額 の 基 礎 となります この 基 礎 となった 相 続 税 額 に 財 産 の 取 得 割 合 を 乗 じた 金 額 が 各 人 の 相 続 税 額 となります

15 計 算 例 : 課 税 価 格 4 億 円 法 定 相 続 人 は 配 偶 者 と 長 男 二 男 の 3 人 の 場 合 財 産 の 取 得 割 合 配 偶 者 50% 長 男 30% 二 男 20% 4 億 円 - 基 礎 控 除 額 8,000 万 円 = 3 億 2,000 万 円 相 続 税 の 合 計 額 の 計 算 配 偶 者 3 億 2,000 万 円 1/2 40%- 1,700 万 円 = 4,700 万 円 子 供 3 億 2,000 万 円 1/4 30%- 700 万 円 = 1,700 万 円 4,700 万 円 +1,700 万 円 +1,700 万 円 = 8,100 万 円 改 正 前 ( 平 成 26 年 12 月 31 日 まで) 各 人 の 相 続 税 額 課 税 価 格 税 率 控 除 額 配 偶 者 8,100 万 円 50%= 4,050 万 円 配 偶 者 軽 減 に 1,000 万 円 以 下 10% - 長 男 8,100 万 円 30%= 2,430 万 円 より 免 除 3,000 万 円 以 下 15% 50 万 円 次 男 8,100 万 円 20%= 1,620 万 円 5,000 万 円 以 下 20% 200 万 円 1 億 円 以 下 30% 700 万 円 3 億 円 以 下 40% 1,700 万 円 3 億 円 超 50% 4,700 万 円 14

16 相 続 税 額 の 計 算 は 複 雑 ですが 下 記 の 早 見 表 ではおおまかな 相 続 税 額 が 把 握 できます 相 続 税 早 見 表 ( 平 成 26 年 12 月 31 日 まで) 法 定 相 続 人 単 位 : 万 円 課 税 価 格 配 偶 者 あり(1/2 相 続 した 場 合 ) 配 偶 者 なし 子 供 1 人 子 供 2 人 子 供 3 人 子 供 4 人 子 供 1 人 子 供 2 人 子 供 3 人 子 供 4 人 1 億 円 億 円 1, ,900 2,500 1,800 1,450 3 億 円 2,900 2,300 2,000 1,800 7,900 5,800 4,499 3,500 4 億 円 4,900 4,050 3,525 3,250 12,300 9,800 7,699 6,500 5 億 円 6,900 5,850 5,275 4,750 17,300 13,800 11,700 9,600 6 億 円 8,900 7,850 7,025 6,500 22,300 17,800 15,699 13,600 7 億 円 11,050 9,900 8,825 8,250 27,300 22,100 19,699 17,600 8 億 円 13,550 12,150 11,075 10,250 32,300 27,100 23,700 21,600 9 億 円 16,050 14,400 13,325 12,250 37,300 32,100 27,699 25, 億 円 18,550 16,650 15,575 14,500 42,300 37,100 31,899 29, 億 円 31,050 28,450 26,825 25,750 67,300 62,100 56,899 51, 億 円 43,550 40,950 38,350 37,000 92,300 87,100 81,900 76,700 15

17 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 以 降 ) 法 定 相 続 人 単 位 : 万 円 課 税 価 格 配 偶 者 あり(1/2 相 続 した 場 合 ) 配 偶 者 なし 子 供 1 人 子 供 2 人 子 供 3 人 子 供 4 人 子 供 1 人 子 供 2 人 子 供 3 人 子 供 4 人 1 億 円 , 億 円 1,670 1,350 1,218 1,125 4,860 3,340 2,460 2,120 3 億 円 3,460 2,860 2,540 2,350 9,180 6,920 5,460 4,580 4 億 円 5,460 4,610 4,155 3,850 14,000 10,920 8,980 7,580 5 億 円 7,605 6,555 5,963 5,500 19,000 15,210 12,980 11,040 6 億 円 9,855 8,680 7,838 7,375 24,000 19,710 16,980 15,040 7 億 円 12,250 10,870 9,885 9,300 29,320 24,500 21,240 19,040 8 億 円 14,750 13,120 12,135 11,300 34,820 29,500 25,740 23,040 9 億 円 17,250 15,435 14,385 13,400 40,320 34,500 30,240 27, 億 円 19,750 17,810 16,635 15,650 45,820 39,500 35,000 31, 億 円 32,895 30,315 28,500 27,200 73,320 65,790 60,000 55, 億 円 46,645 43,440 41,183 39, ,820 93,290 85,760 80,500 16

18 相 続 手 続 きの 流 れ 17 相 続 の 開 始 ( 被 相 続 人 の 死 亡 ) 相 続 放 棄 限 定 承 認 は 3 ヶ 月 以 内 に 遺 言 書 の 有 無 を 確 認 相 続 人 調 査 確 認 相 続 財 産 の 把 握 相 続 税 の 放 棄 限 定 継 承 所 得 税 の 準 確 定 申 告 は 4 ヶ 月 以 内 に 所 得 税 の 準 確 定 申 告

19 相 続 税 申 告 は 10 ヶ 月 以 内 に 遺 言 書 がある 遺 言 書 がない 遺 言 書 の 種 類 遺 産 分 割 協 議 が 公 正 証 書 遺 言 自 筆 証 書 遺 言 可 能 不 可 能 検 認 協 議 が 成 立 調 停 遺 産 分 割 協 議 書 の 作 成 調 停 調 書 審 判 書 の 作 成 法 定 相 続 名 義 変 更 相 続 税 計 算 申 告 納 税 18

20 各 専 門 家 の 役 割 相 続 は 一 生 に 一 度 か 二 度 あるかないかの 出 来 事 ですので 不 慣 れな 状 況 で 多 くの 問 題 を 各 専 門 家 に 相 談 する こととなります 一 般 的 には 相 続 人 同 士 の 争 いがなく 相 続 税 の 申 告 が 必 要 な 場 合 には 税 理 士 が 中 心 となっ て 手 続 作 業 を 進 めます 当 事 務 所 では 各 専 門 家 とのネットワークにより お 客 様 の 相 談 窓 口 となり 相 続 の 手 続 きがスムーズに 行 えるようお 手 伝 いさせて 頂 きますので お 気 軽 にお 問 い 合 わせください 税 理 士 弁 護 士 司 法 書 士 行 政 書 士 FP 土 地 家 屋 調 査 士 不 動 産 鑑 定 士 贈 与 計 画 遺 言 書 の 作 成 遺 言 書 の 検 認 遺 産 分 割 協 議 生 命 保 険 の 変 更 相 続 に 関 する 税 務 相 談 相 続 税 の 申 告 不 動 産 名 義 変 更 登 記 その 他 の 名 義 変 更 土 地 の 分 筆 登 記 土 地 と 境 界 線 の 確 認 土 地 の 測 量 財 産 の 評 価 不 動 産 の 鑑 定 評 価 後 見 制 度 FP フィナンシャルプランナー 19

21 手 続 きチェックシート 手 続 き チェック 提 出 / 問 い 合 わせ 先 葬 祭 費 埋 葬 費 高 額 医 療 費 市 区 町 村 役 場 又 は 年 金 事 務 所 支 給 を 受 ける 公 的 年 金 生 命 保 険 生 命 保 険 会 社 死 亡 退 職 金 勤 務 先 公 共 料 金 電 気 ガス 水 道 会 社 電 話 NTT 解 約 等 の 手 続 き クレジットカード カード 会 社 運 転 免 許 証 警 察 署 パスポート パスポートセンター 国 民 健 康 保 険 証 市 区 町 村 役 場 相 続 人 の 確 認 調 査 本 籍 地 の 市 区 町 村 役 場 遺 言 書 の 確 認 ( 実 筆 遺 言 ) 家 庭 裁 判 所 相 続 の 承 認 又 は 放 棄 家 庭 裁 判 所 準 確 定 申 告 準 確 定 申 告 青 色 申 告 承 認 申 請 書 税 務 署 相 続 税 の 申 告 不 動 産 法 務 局 預 貯 金 銀 行 郵 便 局 遺 産 の 名 義 変 更 有 価 証 券 証 券 会 社 銀 行 自 動 車 陸 運 局 住 宅 ローン ローン 会 社 20

22 会 社 概 要 21 千 代 田 税 理 士 法 人 ( 東 京 事 務 所 ) 千 代 田 区 神 田 錦 町 3 丁 目 17 番 地 廣 瀬 ビル9 階 TEL 浦 和 事 務 所 ( 公 認 会 計 士 事 務 所 ) さいたま 市 南 区 太 田 窪 代 表 者 紹 介 公 認 会 計 士 税 理 士 小 島 昇 経 歴 役 職 等 1948 年 12 月 19 日 生 株 式 会 社 ダイエー 社 外 監 査 役 1966 年 埼 玉 県 立 浦 和 高 等 学 校 卒 業 株 式 会 社 エヌ ピー シー 社 外 監 査 役 1981 年 税 理 士 登 録 ( 第 号 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 経 営 管 理 協 会 副 理 事 長 1982 年 公 認 会 計 士 登 録 ( 第 7560 号 ) 元 日 本 公 認 会 計 士 協 会 千 代 田 会 会 長 2009 年 11 月 黄 綬 褒 章 受 章 元 日 本 公 認 会 計 士 協 会 常 務 理 事 ( 財 務 担 当 ) 前 政 府 税 制 調 査 会 法 人 課 税 小 委 員 会 専 門 委 員 元 千 代 田 公 認 会 計 士 監 査 団 理 事 長

23 1. 豊 富 な 実 績 で 誠 実 にお 手 伝 いさせて 頂 きます 当 事 務 所 は 創 業 以 来 50 年 を 超 える 豊 富 な 経 験 と 実 績 を 持 って 誠 実 にお 客 様 のご 相 談 にお 応 えいたし ます おかげさまで 代 表 は 公 認 会 計 士 として 黄 綬 褒 章 を 受 章 させて 頂 きました 相 続 税 の 申 告 実 績 も 100 件 以 上 ございますので 安 心 してご 相 談 ください 2. 初 回 の 相 談 料 を 無 料 とし 料 金 は 明 確 に 提 示 いたします 初 回 の 面 談 後 料 金 が 発 生 する 場 合 には 作 業 内 容 ごとの 見 積 書 を 作 成 し 料 金 を 明 確 に 提 示 いたします 資 産 税 のみならず 会 計 税 務 の 相 談 も 初 回 は 無 料 とさせて 頂 きます 3. 税 務 調 査 を 意 識 した 申 告 をいたします ある 程 度 の 資 産 のある 場 合 相 続 の 申 告 をしたのち 税 務 署 による 調 査 が 入 る 場 合 がございます 調 査 に 備 えて わかりやすい 書 類 作 成 をし 申 告 に 関 する 根 拠 法 令 を 明 らかにいたします 4. 納 め 過 ぎた 相 続 税 を 国 から 取 り 戻 します いったん 税 務 署 に 申 告 した 相 続 税 の 申 告 書 をお 見 せいただき 土 地 等 の 評 価 方 法 または 特 例 の 適 用 の 有 無 について 詳 細 に 検 討 し 納 め 過 ぎた 相 続 税 があれば 国 に 対 して 還 付 請 求 をいたします 平 成 23 年 12 月 2 日 以 後 に 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 が 到 来 する 相 続 の 申 告 についての 還 付 請 求 できる 期 間 は 法 定 納 期 限 後 か ら5 年 となっております 22

24 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL FAX 年 1 月

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご 説 明 致 します 2

1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご 説 明 致 します 2 ご 預 金 等 相 続 お 手 続 きのご 案 内 支 店 名 : 担 当 : TEL: 1 1 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れ 相 続 に 関 するお 手 続 きの 流 れは 以 下 の 通 りです 1 当 金 庫 のお 取 引 店 窓 口 へお 申 出 ください お 取 引 店 にご 相 談 ください ご 準 備 いただく 必 要 書 類 等 をご

More information

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ 様 生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 されたら 相 続 税 はかかるのだろうか? 残 された 家 族 は スムーズに 手 続 きをすることができるのだろうか?

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A91B18EE891B182CC97AC82EA82DC82C682DF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A91B18EE891B182CC97AC82EA82DC82C682DF2E646F63> 相 続 手 続 の 流 れ 相 続 発 生 相 続 人 の 確 定 1 財 産 ( 不 動 産, 預 貯 金 等 ) 負 債 ( 借 金 )の 調 査 確 認 遺 言 書 がある? No Yes 遺 言 書 に 記 載 された とおりに 財 産 を 分 配 します 2 負 債 > 財 産,もしくは 負 債 のみ で 支 払 いが 不 可 能? Yes No 相 続 があったことを 知 った 日 か

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

相 続 の 手 続 の ご 案 内

相 続 の 手 続 の ご 案 内 相 続 税 申 告 の ご 案 内 埼 玉 県 南 埼 玉 郡 宮 代 町 中 島 230-11 松 村 会 計 事 務 所 TEL 0480(33)0575 FAX 0480(34)1194 この 度 は ご 親 族 様 のご 逝 去 に 対 し 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます お 亡 くなりになられた 方 の 遺 産 の 総 額 が 基 礎 控 除 額 を 超 える 場 合 相 続 税

More information

3 遺 産 分 割 遺 産 は 遺 言 書 がある 場 合 は 遺 留 分 (P27 参 照 )を 侵 さ 限 り 遺 言 おり 分 割 されます 遺 言 書 が 場 合 は 人 全 員 で 協 議 して 分 け を 決 めます 人 間 で 争 り 遺 産 分 割 協 議 が 調 わ きや 人 中

3 遺 産 分 割 遺 産 は 遺 言 書 がある 場 合 は 遺 留 分 (P27 参 照 )を 侵 さ 限 り 遺 言 おり 分 割 されます 遺 言 書 が 場 合 は 人 全 員 で 協 議 して 分 け を 決 めます 人 間 で 争 り 遺 産 分 割 協 議 が 調 わ きや 人 中 1 しくみ は 死 亡 した 人 財 産 を したきや 遺 言 よって 財 産 を 取 したき める です 亡 くられた 人 を 被 人 よって 財 産 を 受 け 継 だ 人 を 人 ます 人 住 が 国 内 あるか 国 外 あるかより 課 される 財 産 範 囲 が 異 ります 開 始 時 人 が 死 亡 してる 場 合 は 代 襲 制 度 があります 1 しくみ 2 法 定 分 も 士 * 平

More information

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb も く じ はじめに 相 続 基 礎 6 1 相 続 開 始 6 (1) 相 続 意 味 6 (2) 相 続 開 始 と 場 所 6 (3) 失 踪 宣 告 6 (4) 認 定 死 亡 6 (5) 同 時 死 亡 6 2 相 続 人 範 囲 7 (1) 相 続 人 種 類 7 (2) 子 7 (3) 直 系 尊 属 8 (4) 兄 弟 姉 妹 8 (5) 配 偶 者 8 (6) 推 定 相 続 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083478393836683428393834F836D815B8367955C8E86> E nding No te エンディングノート 目 次 - 私 のこと 生 年 月 日 血 液 型 本 籍 地 電 話 携 帯 電 話 メールアト レス 好 きな 食 べ 物 趣 味 好 きなこと 好 きな 場 所 等 ------------------------------- 4 これからしたいこと 行 きたいところ アレルキ ー 病 歴 等 通 院 先 常 用 薬 等 ---------------------------------------

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 発 行 日 平 成 18 年 8 月 10 日 発 行 者 上 田 会 計 事 務 所 発 行 責 任 者 税 理 士 上 田 勝 660-0822 尼 崎 市 杭 瀬 南 新 町 4 丁 目 1 番 28 号 電 話 06-6483-3005 FAX 06-6483-3006 E-Mail info@ama-uedakaikei.jp H P http://www.ama-uedakaikei.jp

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 見 直 しませんか?すまいの 減 税 節 税 平 成 26 年 度 公 認 会 計 士 高 松 国 明 事 務 所 1 アジェンダ 1. 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 制 2. 住 宅 の 保 有 に 係 る 税 制 3. 住 宅 の 改 修 に 係 る 税 制 4. 住 宅 の 譲 渡 に 係 る 税 制 5. 税 務 調 査 への 対 応 2 すまいに 係 る 税 金 銀 行 ( 借 用

More information

() 葬 儀 費 用 を 準 備 する 1 相 続 が 発 生 すると 預 貯 金 は 凍 結 され 引 き 出 すことができなくなる 預 貯 金 を 引 き 出 す 時 には 遺 言 書 遺 産 分 割 協 議 書 等 に 記 載 されている 預 貯 金 の 相 続 人 を 証 明 する 原 因

() 葬 儀 費 用 を 準 備 する 1 相 続 が 発 生 すると 預 貯 金 は 凍 結 され 引 き 出 すことができなくなる 預 貯 金 を 引 き 出 す 時 には 遺 言 書 遺 産 分 割 協 議 書 等 に 記 載 されている 預 貯 金 の 相 続 人 を 証 明 する 原 因 18. 相 続 手 続 きのスケジュール (1) 相 続 手 続 きのスケジュールを 確 認 する 手 続 きには 期 限 があるものが 多 いので 相 続 手 続 きのスケジュールを 確 認 する 必 要 がある 被 相 続 人 の 死 亡 ( 通 夜 葬 儀 ) 葬 儀 費 用 の 準 備 (できれば 事 前 の 準 備 が 必 要 ) 死 亡 届 を7 日 以 内 に 市 区 町 村 に 届

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

労災保険外国人むけパンフ第一編_

労災保険外国人むけパンフ第一編_ [ 日 本 で 働 く 外 国 人 向 け ] 日 本 語 版 労 災 保 険 請 求 のための ガイドブック < 第 一 編 > 請 求 ( 申 請 )のできる 保 険 給 付 など 労 災 保 険 は 国 籍 を 問 わず 日 本 で 労 働 者 として 働 く 外 国 人 にも 適 用 されます 就 労 することができる 在 留 資 格 を 持 っ ている 方 はもちろん 留 学 中 にアルバイトをしていて

More information

1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所 得 税 減 少 (2) 保 育 園 から 大 学 生 所 得 税 住 民 税 (1)と 同 じ 消 費 税,その 他 間 接 税 自 分 で 支 払 う 国 地 方 公 共 団 体 から 多 額 の 援

1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所 得 税 減 少 (2) 保 育 園 から 大 学 生 所 得 税 住 民 税 (1)と 同 じ 消 費 税,その 他 間 接 税 自 分 で 支 払 う 国 地 方 公 共 団 体 から 多 額 の 援 大 分 県 金 融 広 報 委 員 会 市 民 講 座 10 月 テーマ くらしのなかの 税 金 いろいろ 日 時 平 成 20 年 10 月 18 日 ( 土 ) 14:00~16:00 場 所 講 師 大 分 市 コンパルホール 大 分 県 金 融 広 報 アドバイザー 税 理 士 財 前 朗 担 1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

Microsoft Word - 270701 特別弔慰金のあんない2

Microsoft Word - 270701 特別弔慰金のあんない2 戦 没 者 の 遺 族 に 対 する 特 別 弔 慰 金 のご 案 内 ( 第 十 回 特 別 弔 慰 金 ) 平 成 27 年 7 月 川 西 町 健 康 福 祉 課 目 次 1 特 別 弔 慰 金 とは? (1) 特 別 弔 慰 金 の 制 度 2 (2)これまで 支 給 されてきた 特 別 弔 慰 金 4 2 請 求 する 権 利 がある 人 は? (1) 請 求 する 権 利 がある 人 (

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 3 月 目 標 相 続 アドバイザー3 級 合 格 の 秘 訣 Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 災 害 弔 慰 金 の 支 給 内 容 について 教 えて 下 さい Q2 震 災 により 重 い 障 害 を 負 いました 何 か 支 援 制 度 はありませんか Q3 震 災 で 息 子 が 亡 くなりました 息 子 は 結 婚 していましたが 長 年 別 居 していました この 場 合 でも 息 子 の 妻 が 災 害 弔 慰 金 を 受 け 取 ることになるのでしょうか Q4

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )

目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律 贈 与 と 税 金 相 続 と 法 律 相 続 と 税 金 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 ) 2 級 FP 技 能 検 定 過 去 問 題 & 解 説 集 著 者 杉 山 明 目 次 1 相 続 事 業 承 継... 3 (1) 1 贈 与 と 法 律... 3 1.2 2 贈 与 と 税 金... 3 1.3 2 相 続 と 法 律... 8 1.4 4 相 続 と 税 金... 11 1.5 2 相 続 財 産 の 評 価 ( 不 動 産 以 外 )... 22 1.6 1 相 続 財

More information

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1%

-1,244= 618 となる 3. 適 切 当 年 の 金 融 資 産 残 高 は 前 年 の 金 融 資 産 残 高 (1+ 運 用 利 率 )± 当 年 の 年 間 収 支 で 求 めることができる 2015 年 の 金 融 資 産 残 高 は 126( 万 円 ) 運 用 利 率 は 1% 平 成 27 年 9 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 3 3 1 2 2 1 3 3 1 1 問 11 問 12 問 13 問 14 問 15 問 16 問 17 問 18 問 19 問 20 2 2 3 2 1 3 2

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

生保マーケット共同開拓の ご提案

生保マーケット共同開拓の ご提案 平 成 23 年 中 に 新 築 分 譲 マンションにご 入 居 された 皆 様 へ 平 成 23 年 分 確 定 申 告 のポイント 株 式 会 社 RMパートナーズ 監 修 :MA&P 税 理 士 法 人 平 成 23 年 に 新 築 分 譲 マンションに 入 居 された 方 は 住 宅 ローン 控 除 * が 受 けられます 住 宅 ローン 減 税 のメリットを 受 けるために 平 成 24

More information

は じ め に この 冊 子 は, 成 年 後 見 人 に 選 任 された 方 や 成 年 後 見 人 に 選 任 される 予 定 の 方 を 対 象 に, 成 年 後 見 人 の 職 務 と 責 任 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を,Q&A 方 式 で 説 明 するものです 加 えて, 後

は じ め に この 冊 子 は, 成 年 後 見 人 に 選 任 された 方 や 成 年 後 見 人 に 選 任 される 予 定 の 方 を 対 象 に, 成 年 後 見 人 の 職 務 と 責 任 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を,Q&A 方 式 で 説 明 するものです 加 えて, 後 成 年 後 見 人 ハンドブック 早 わかり 成 年 後 見 人 京 都 家 庭 裁 判 所 ( 平 成 24 年 WEB 版 ) は じ め に この 冊 子 は, 成 年 後 見 人 に 選 任 された 方 や 成 年 後 見 人 に 選 任 される 予 定 の 方 を 対 象 に, 成 年 後 見 人 の 職 務 と 責 任 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を,Q&A 方 式 で 説 明

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

割 合 の 確 を 行 います ( は 最 大 15 まで は5 まで 対 応 できます) 本 ソフトは 複 雑 な 関 係 が 含 まるケースには 対 応 していません 本 表 の 内 容 が 後 の 計 算 に 自 動 的 に 反 映 さますので 正 確 に 入 力 してください ( 属 性 o

割 合 の 確 を 行 います ( は 最 大 15 まで は5 まで 対 応 できます) 本 ソフトは 複 雑 な 関 係 が 含 まるケースには 対 応 していません 本 表 の 内 容 が 後 の 計 算 に 自 動 的 に 反 映 さますので 正 確 に 入 力 してください ( 属 性 o 税 215 について 1) このソフトは 平 成 27 年 度 に 施 行 予 の 税 制 に 準 拠 しています 現 時 点 (213 年 )は 過 渡 期 であり 今 後 修 正 が 施 さる 可 能 性 があります 小 規 模 宅 地 特 例 の 詳 細 は 未 公 表 のため 財 務 省 のパンフ 等 を 参 考 としました 税 制 改 正 の 流 は 1 平 成 22 年 小 規 模 宅

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

― 目次 ―

― 目次 ― 相 互 援 助 活 動 北 本 市 目 的 北 本 市 以 下 子 育 中 保 護 者 安 心 子 育 援 助 活 動 子 育 援 助 行 人 協 力 会 員 援 助 受 人 依 頼 会 員 会 員 間 相 互 援 助 活 動 支 援 会 員 資 格 協 力 会 員 北 本 市 在 住 歳 以 上 心 身 健 康 育 児 性 別 問 理 解 熱 意 方 資 格 依 頼 会 員 北 本 市 在 住 勤

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

<95BD90AC825138944E93782089EE8CEC95DB8CAF958992538CC093788A7A90E096BE82BF82E782B58169918B8CFB816A>

<95BD90AC825138944E93782089EE8CEC95DB8CAF958992538CC093788A7A90E096BE82BF82E782B58169918B8CFB816A> 介 護 保 険 制 度 には 施 設 入 及 び 短 期 入 を 利 用 される 方 を 対 象 に 食 費 部 屋 代 の 負 担 を 軽 減 する 制 度 があります この 減 額 制 度 を 受 けるためには あらかじめ 市 へ 申 請 し 交 付 された 介 護 保 険 負 担 限 度 額 認 定 証 を 利 用 する 事 業 等 に 提 示 する 必 要 があります 世 帯 全 員 ( 世

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額 国 税 相 談 タックスアンサー( 表 紙 裏 面 参 照 )で 分 からないことやもっと 知 りたい ことがあれば 国 税 庁 ホームページ( http://www.nta.go.jp )また は 電 話 相 談 センターをご 利 用 ください 国 税 税 務 署 におかけになった 電 話 のうち 税 に 関 する 一 般 的 なご 質 問 やご 相 談 は 電 話 相 談 センター で 受 け

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

住宅貸付

住宅貸付 住 宅 貸 付 ~ 住 宅 購 入 リフォームの 工 事 費 用 に~ 1. 申 し 込 み 事 由 (1) 加 入 者 が 自 己 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 増 築 改 築 移 築 修 理 購 入 借 り 入 れ 及 びその 敷 地 の 購 入 借 り 入 れのため 資 金 を 必 要 とするときに 住 宅 貸 付 を 利 用 することが できます 自 己 の 用 に 供 する とは

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014-06-06 作 成 相 続 ー 相 続 に 関 する 手 続 きの 進 め 方 ( 事 例 )ー 民 法 第 五 編 相 続 附 則 家 事 審 判 法 ( 家 庭 裁 判 所 ) 相 続 ドットコム( 主 な 参 考 資 料 ) 相 続 相 続 手 続 きホットライン 参 考 資 料 http://www.ron.gr.jp/law/law/minpo_sz.htm http://law.e-gov.go.jp/htmldata/s22/s22ho152.html

More information

高知市市民便利帳_最終H25_12.indd

高知市市民便利帳_最終H25_12.indd 高 知 市 市 民 便 利 帳 29 戸 籍 戸 籍 に 関 する 主 な 一 覧 中 央 窓 口 センター TEL 088-823-9431( 戸 籍 係 ) 種 類 期 限 必 要 なもの 注 意 事 項 戸 籍 生 生 の 日 を 含 んで 14 日 目 が 土 日 曜 日 祝 日 振 替 休 日 及 び 年 末 年 始 (12 月 29 日 から1 月 3 日 )の 閉 庁 日 のときは 翌

More information

~ 営業部 相続・贈与勉強会 ~

~ 営業部 相続・贈与勉強会 ~ 相 続 遺 言 セミナー 遺 恨 を 残 さず 遺 産 をのこす 為 に 今 しかできない 事 目 次 一 度 揉 めたら 大 変! モメないための 争 族 対 策 相 続 税 大 改 正! 相 続 税 対 策 のススメ 事 業 承 継 のポイント ジャパンアップグループ 株 式 会 社 株 式 会 社 アレースファミリーオフィス 一 度 揉 めたら 大 変! モメないための 争 族 対 策 司 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ 作 成 : 平 成 19 年 10 月 中 能 登 町 役 場 鹿 西 庁 舎 住 民 課 929-1692 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 能 登 部 下 85 部 1 番 地 Tel (0767)72-3131 Fax (0767)72-3794 鳥 屋 庁 舎 窓 口 サービス 929-1792 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 末 坂 9 部 46 番 地 Tel (0767)74-2805

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 戸 籍 住 民 登 録 印 鑑 登 録 住 民 基 本 台 帳 カード 及 びパスポートなどの 届 出 等 戸 籍 の 届 出 や 住 民 登 録 などの 業 務 等 は 下 記 の 表 施 設 等 と 主 な 取 扱 業 務 内 容 のとおりです ただし 戸 籍 等 の 郵 送 請 求 パスポート 及 び 外 国 人 住 民 の 届 出 等 は 鉾 田 市 役 所 ( 本 庁 の 市 民 課 )のみです

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

広報みなと2月1日特集号

広報みなと2月1日特集号 金 特 集 号 平 成 26 年 2014 年 2.1 3578-2111 FAX 3578-2634 務 課 http://www.city.minato.tokyo.jp 個 住 民 特 別 区 民 都 民 の 仕 組 み 均 等 割, 割 住 民 と の 主 な 違 い 住 民 均 等 割 あり なし にかかる 率 10% 分 離 課 を 除 く 特 別 区 民 6% 都 民 4% 率 5%~40%

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 (

2 申 請 (1) 申 請 書 類 3~4ページを 参 照 (2) 申 請 方 法 学 生 本 人 ( 保 護 の 付 添 い 可 )が 受 付 場 所 へ 直 接 持 参 又 は 郵 送 により 申 請 してください なお 郵 送 申 請 の 場 合 は 配 達 の 記 録 が 残 る 手 段 ( 東 日 本 大 震 災 被 災 対 象 平 成 27 年 度 前 期 後 期 分 授 業 料 免 除 申 請 について 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 方 で 授 業 料 の 納 付 が 困 難 である 場 合 は 授 業 料 の 免 除 が 許 可 され ることがあります 授 業 料 の 免 除 を 希 望 する 場 合 は 下 記 により 申 請 書 類 を 提 出 してください 1

More information

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 -

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 - 別 添 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 12 月 国 税 庁 目 次 1 生 活 費 又 は 教 育 費 の 全 般 に 関 するQ&A [Q1-1] 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information