1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください"

Transcription

1 ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月

2 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください 3 1 現 行 制 度 の 概 要 の 中 で 印 が 付 された 箇 所 は 平 成 25 年 度 税 制 改 正 事 項 です

3 目 次 1 現 行 制 度 の 概 要 事 業 承 継 税 制 の 全 体 像 ( 現 行 ) 1 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 流 れ( 現 行 ) 2 非 上 場 株 式 等 の 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 要 件 等 ( 現 行 ) 3 資 産 管 理 会 社 4 相 続 税 の 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 ( 現 行 ) 5 相 続 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けるための 基 本 的 な 手 続 き ( 経 産 大 臣 税 務 署 長 への 報 告 ) 6 事 業 承 継 税 制 の 適 用 が 受 けられるのは 7 非 上 場 株 式 等 の 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 要 件 等 ( 現 行 ) 8 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けるための 基 本 的 な 手 続 き ( 経 産 大 臣 税 務 署 長 への 報 告 ) 9 事 業 承 継 税 制 の 全 体 像 のイメージ 生 前 贈 与 により 株 式 の 承 継 を 行 っていくケース 10 [ 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 免 除 ] 適 用 を 受 けるために 必 要 な 書 類 ( 現 行 ) 11 納 税 猶 予 制 度 の 前 提 となる 認 定 件 数 常 時 雇 用 従 業 員 数 12

4 2 改 正 の 概 要 事 業 承 継 税 制 の 抜 本 的 な 見 直 し 13 雇 用 確 保 要 件 の 緩 和 15 利 子 税 の 負 担 軽 減 経 営 承 継 期 間 (5 年 間 )に 対 応 する 利 子 税 の 免 除 イメージ 16 ( 参 考 1) 利 子 税 負 担 の 軽 減 (~5 年 経 過 時 ) 17 ( 参 考 2) 利 子 税 負 担 の 軽 減 (~20 年 経 過 時 ) 18 納 税 猶 予 税 額 の 再 計 算 の 特 例 の 創 設 ( 猶 予 税 額 の 一 部 免 除 ) イメージ 19 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 の 納 税 猶 予 免 除 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 式 ( 債 務 控 除 に 係 る 計 算 方 法 の 見 直 し) 20 資 産 管 理 会 社 の 要 件 の 見 直 し 21 総 収 入 金 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 22 認 定 会 社 が 上 場 株 式 等 を 有 する 場 合 の 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 23 非 上 場 株 式 等 についての 贈 与 税 の 納 税 猶 予 免 除 先 代 経 営 者 の 役 員 退 任 要 件 の 廃 止 24 相 続 等 により 取 得 した 非 上 場 株 式 に 係 るみなし 配 当 課 税 の 特 例 の 拡 充 25 制 度 の 名 称 変 更 26 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 事 由 ( 相 続 税 ) 27 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 事 由 ( 贈 与 税 ) 28

5 1 現 行 制 度 の 概 要

6 事 業 承 継 税 制 の 全 体 像 ( 現 行 ) 事 業 承 継 税 制 とは 後 継 者 が 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 を 受 けた 非 上 場 会 社 の 株 式 等 を 先 代 経 営 者 から 相 続 又 は 贈 与 により 取 得 した 場 合 において 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 が 猶 予 される 特 例 制 度 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 納 税 猶 予 税 額 は 後 継 者 が 納 付 すべ き 相 続 税 のうち 株 式 等 ( )に 係 る 課 税 価 額 の80%に 対 応 する 額 相 続 前 から 後 継 者 が 既 に 保 有 していた 議 決 権 株 式 等 を 含 め 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 2/3に 達 するまでの 部 分 に 限 る 適 用 実 績 : 約 22 億 円 (51 件 ) 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 納 税 猶 予 税 額 は 後 継 者 が 納 付 すべ き 贈 与 税 のうち 株 式 等 ( )に 係 る 課 税 価 額 の 全 額 に 対 応 する 額 贈 与 前 から 後 継 者 が 既 に 保 有 していた 議 決 権 株 式 等 を 含 め 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 2/3に 達 するまでの 部 分 に 限 る 適 用 実 績 : 約 77 億 円 (77 件 ) 後 継 者 が 死 亡 した 場 合 等 には 猶 予 税 額 の 納 税 を 免 除 申 告 期 限 から5 年 間 は 次 のような 要 件 を 満 たして 事 業 を 継 続 することが 必 要 1 後 継 者 が 代 表 者 であること 2 株 式 等 の 継 続 保 有 3 雇 用 の8 割 維 持 4 上 場 会 社 資 産 管 理 会 社 風 俗 関 連 事 業 を 行 う 会 社 等 に 該 当 しないこと 等 ( 注 ) 適 用 実 績 は 国 税 庁 統 計 年 報 書 ( 平 成 23 年 )による 1

7 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 流 れ ( 現 行 ) 中 小 企 業 における 経 営 の 承 継 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 20 年 10 月 1 日 施 行 )に 基 づく 経 済 産 業 大 臣 の 関 与 10ヶ 月 間 5 年 間 ( 注 1) 猶 予 税 額 が 免 除 される 死 亡 以 外 の 例 会 社 の 倒 産 後 継 者 への 贈 与 同 族 関 係 者 以 外 の 者 に 株 式 等 を 全 部 譲 渡 した 場 合 ( 譲 渡 対 価 等 を 上 回 る 税 額 を 免 除 ) 経 産 大 臣 の 確 認 事 業 承 継 の 計 画 的 な 取 組 み 相 続 開 始 経 産 大 臣 の 認 定 会 社 後 継 者 に 関 する 要 件 の 判 定 申 告 期 限 事 業 の 継 続 代 表 者 であること 株 式 等 の 保 有 継 続 雇 用 の8 割 維 持 等 株 式 等 の 保 有 継 続 等 後 継 者 の 死 亡 等 ( 注 1) 申 告 担 保 提 供 要 件 を 満 たさなく なった 場 合 株 式 等 を 譲 渡 等 した 場 合 後 継 者 の 相 続 税 額 のうち 議 決 権 株 式 等 ( 注 2)の 80%に 対 応 する 相 続 税 の 納 税 を 猶 予 全 額 納 付 ( 注 3) 譲 渡 等 した 部 分 に 対 応 する 猶 予 税 額 を 納 付 ( 注 3) 猶 予 税 額 の 免 除 ( 注 2) 発 行 済 議 決 権 株 式 等 の2/3に 達 するまで ( 注 3) 猶 予 税 額 の 納 付 に 併 せて 利 子 税 を 納 付 年 3.6%[ 特 例 : 年 2. 1% ] 特 例 基 準 割 合 2%の 場 合 2

8 非 上 場 株 式 等 の 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 要 件 等 ( 現 行 ) 先 代 経 営 者 の 要 件 会 社 の 代 表 者 であったこと 先 代 経 営 者 と 同 族 関 係 者 で 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 50% 超 を 保 有 し かつ 同 族 内 で 筆 頭 株 主 であったこと 等 後 継 者 の 要 件 会 社 の 代 表 者 であること 先 代 経 営 者 の 親 族 であること 後 継 者 と 同 族 関 係 者 で 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 50% 超 を 保 有 し かつ 同 族 内 で 筆 頭 株 主 であること 等 経 産 大 臣 による 事 前 確 認 先 代 経 営 者 計 画 的 な 承 継 に 係 る 取 組 み( 後 継 者 の 確 定 株 式 の 計 画 的 承 継 等 )に 関 する 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 確 認 先 代 経 営 者 が60 歳 未 満 の 場 合 等 には 大 臣 確 認 は 不 要 株 式 の 相 続 後 継 者 経 営 承 継 期 間 (5 年 間 ) 事 業 継 続 要 件 5 年 間 の 事 業 継 続 代 表 者 であること 株 式 等 の 保 有 継 続 雇 用 の8 割 維 持 等 認 定 対 象 会 社 の 要 件 中 小 企 業 基 本 法 の 中 小 企 業 であること ( 特 例 有 限 会 社 持 分 会 社 も 対 象 ) 非 上 場 会 社 であること 資 産 管 理 会 社 に 該 当 しないこと 等 会 社 認 定 [ 認 定 基 準 ] 先 代 経 営 者 後 継 者 及 び 会 社 に 係 る 要 件 等 に 該 当 し ているか 否 か 経 済 産 業 大 臣 事 業 継 続 の チ ェ ッ ク 5 年 経 過 後 は 対 象 株 式 を 継 続 保 有 していれば 猶 予 が 継 続 さ れ 経 営 者 が 死 亡 した 場 合 等 に は 猶 予 税 額 が 免 除 される 3

9 資 産 管 理 会 社 資 産 保 有 型 会 社 特 定 資 産 の 合 計 額 総 資 産 額 < = 70% 資 産 運 用 型 会 社 特 定 資 産 の 運 用 収 入 の 合 計 額 総 収 入 金 額 < = 75% ( 注 ) 特 定 資 産 とは 次 に 掲 げる 資 産 をいう 1 有 価 証 券 等 2 現 に 自 ら 使 用 していない 不 動 産 3ゴルフ 会 員 権 レジャー 会 員 権 4 絵 画 彫 刻 工 芸 品 貴 金 属 等 5 現 預 金 代 表 者 同 族 関 係 者 等 に 対 する 貸 付 金 未 収 金 4

10 相 続 税 の 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 ( 現 行 ) 基 本 的 な 考 え 方 経 営 承 継 相 続 人 が 対 象 株 式 のみを 相 続 するものとして その80%に 対 応 する 相 続 税 額 の 納 税 を 猶 予 特 例 の 適 用 により 経 営 承 継 相 続 人 以 外 の 相 続 人 の 税 額 に 影 響 を 与 えないようにする 計 算 例 計 算 の 前 提 遺 産 総 額 は3 億 円 子 2 人 (A B)が 法 定 相 続 分 により 相 続 し 子 B( 経 営 承 継 相 続 人 )が 納 税 猶 予 の 対 象 となる 株 式 (1 億 円 )を 相 続 遺 産 総 額 3 億 円 子 A:1.5 億 円 子 B:1.5 億 円 通 常 の 相 続 税 額 の 計 算 子 A 2,900 万 円 子 B 2,900 万 円 子 Aの 相 続 税 額 は 子 Bの 特 例 適 用 に 影 響 されない 納 付 税 額 1,488 万 円 猶 予 税 額 1,412 万 円 経 営 承 継 相 続 人 で その 相 続 財 産 には 納 税 猶 予 の 対 象 株 式 1 億 円 を 含 む 子 Bの 猶 予 税 額 の 計 算 子 Bが 対 象 株 式 (1 億 円 )のみを 相 続 するとした 場 合 の 子 Bの 相 続 税 額 <1,600 万 円 > - 子 Bが 対 象 株 式 の20%(2,000 万 円 )のみを 相 続 するとした 場 合 の 子 Bの 相 続 税 額 <188 万 円 > 子 A:1.5 億 円 子 B: 株 1 億 円 として 計 算 子 A:1.5 億 円 子 B: 株 2,000 万 円 として 計 算 = 1,412 万 円 5

11 相 続 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けるための 基 本 的 な 手 続 き ( 経 産 大 臣 税 務 署 長 への 報 告 ) 相 続 1 年 1 年 10 月 5 月 5 月 5 月 8 月 3 月 3 月 経 営 承 継 期 間 5 年 間 認 定 申 請 基 準 日 認 定 申 ( 請 期 限 産 局 ) 経 相 続 税 申 告 期 務 限 署 ) ( 税 報 告 基 準 日 1 報 告 ( 期 限 1 産 局 ) 経 届 出 期 ( 限 1 務 署 ) 税 報 告 基 準 日 2 報 告 基 準 日 5 報 告 ( 期 限 5 産 局 ) 経 届 出 期 ( 限 5 務 署 ) 税 その 後 は 税 務 署 に 対 してのみ 3 年 に1 回 届 出 書 の 提 出 が 必 要 認 定 書 添 付 報 告 に 係 る 確 認 書 添 付 報 告 に 係 る 確 認 書 添 付 6

12 事 業 承 継 税 制 の 目 的 は 株 式 の 分 散 の 防 止 と 株 式 の 集 中 による 安 定 的 な 事 業 継 続 の 支 援 このため 事 業 承 継 税 制 の 適 用 が 受 けられるのは 1つの 会 社 につき1 人 [ケース1] 40% 相 続 父 ( 先 代 経 営 者 ) 80% 保 有 40% 相 続 子 A ( 代 表 者 ) 子 B ( 代 表 者 ) 株 式 が 分 散 すると 子 A Bのいずれも 経 営 権 を 握 ることが できず 経 営 が 不 安 定 となるおそれがあり さらに 世 代 を 経 る 毎 に ねずみ 算 的 に 株 式 が 分 散 そこで 左 図 の 場 合 会 社 が 後 継 者 として 選 んだ 子 A 一 人 が 事 業 承 継 税 制 の 適 用 対 象 [ケース2] 父 ( 先 代 経 営 者 ) 80% 保 有 140% 相 続 140% 相 続 母 ( 代 表 者 ) 40% 保 有 240% 相 続 株 式 の 集 中 が 図 られる 場 合 については 異 なる 被 相 続 人 からの 相 続 についても 各 々 事 業 承 継 税 制 を 適 用 左 図 の 場 合 父 親 からの 相 続 と その 後 母 親 からの 相 続 の 両 方 に 事 業 承 継 税 制 の 適 用 が 有 り 子 A ( 代 表 者 ) 7

13 非 上 場 株 式 等 の 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 要 件 等 ( 現 行 ) 先 代 経 営 者 の 要 件 会 社 の 代 表 者 であったこと 先 代 経 営 者 と 同 族 関 係 者 で 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 50% 超 を 保 有 し かつ 同 族 内 で 筆 頭 株 主 であったこと 役 員 を 退 任 すること 等 後 継 者 の 要 件 会 社 の 代 表 者 であること 先 代 経 営 者 の 親 族 であること 後 継 者 と 同 族 関 係 者 で 発 行 済 議 決 権 株 式 総 数 の 50% 超 を 保 有 し かつ 同 族 内 で 筆 頭 株 主 であること 20 歳 以 上 の 者 であり 役 員 就 任 から3 年 以 上 経 過 していること 等 経 産 大 臣 による 事 前 確 認 先 代 経 営 者 計 画 的 な 承 継 に 係 る 取 組 み( 後 継 者 の 確 定 株 式 の 計 画 的 承 継 等 )に 関 する 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 確 認 一 定 数 以 上 の 株 式 の 贈 与 後 継 者 経 営 贈 与 承 継 期 間 (5 年 間 ) 事 業 継 続 要 件 5 年 間 の 事 業 継 続 代 表 者 であること 株 式 等 の 保 有 継 続 雇 用 の8 割 維 持 等 認 定 対 象 会 社 の 要 件 中 小 企 業 基 本 法 の 中 小 企 業 であること ( 特 例 有 限 会 社 持 分 会 社 も 対 象 ) 非 上 場 会 社 であること 資 産 管 理 会 社 に 該 当 しないこと 等 会 社 認 定 [ 認 定 基 準 ] 先 代 経 営 者 後 継 者 及 び 会 社 に 係 る 要 件 等 に 該 当 し ているか 否 か 経 済 産 業 大 臣 事 業 継 続 の チ ェ ッ ク 5 年 経 過 後 は 対 象 株 式 を 継 続 保 有 していれば 猶 予 が 継 続 さ れ 経 営 者 が 死 亡 した 場 合 等 に は 猶 予 税 額 が 免 除 される ( 注 ) 下 線 部 分 は 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 との 相 違 部 分 8

14 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けるための 基 本 的 な 手 続 き ( 経 産 大 臣 税 務 署 長 への 報 告 ) 贈 与 3/15 3/15 3/15 3/15 1 年 1 年 贈 与 日 が 1/ 1 ~10/15 10/15 10/16~12/31 贈 与 日 認 定 申 請 基 準 日 1/1 1/15 認 定 申 ( 請 期 限 産 局 ) 経 贈 与 税 申 告 期 務 限 署 ) ( 税 報 告 基 準 日 1 3 月 5 月 6/15 8/15 経 営 贈 与 承 継 期 間 5 年 間 報 告 ( 期 限 1 産 局 ) 経 届 出 期 ( 限 1 務 署 ) 税 報 告 基 準 日 2 報 告 基 準 日 5 3 月 5 月 6/15 報 告 期 ( 限 5 産 局 ) 経 8/15 届 出 期 ( 限 5 務 署 ) 税 その 後 は 税 務 署 に 対 してのみ 3 年 に1 回 届 出 書 の 提 出 が 必 要 認 定 書 添 付 報 告 に 係 る 確 認 書 添 付 報 告 に 係 る 確 認 書 添 付 9

15 事 業 承 継 税 制 の 全 体 像 のイメージ 生 前 贈 与 により 株 式 の 承 継 を 行 っていくケース 経 営 者 経 営 者 1 代 目 2 代 目 贈 与 大 臣 認 定 贈 与 税 の 課 税 70の7 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 と 同 様 雇 用 確 保 を 含 む5 年 間 の 事 業 継 続 その 後 も 株 式 の 継 続 保 有 等 の 要 件 を 満 たすことが 必 要 1 代 目 の 経 営 者 の 死 亡 大 臣 確 認 ( 切 替 確 認 ) 贈 与 税 の 猶 予 税 額 の 免 除 + 2 相 続 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 1 相 続 税 の 課 税 70の7の4 1 1 代 目 から2 代 目 に 相 続 があったものとみ なして 贈 与 時 の 時 価 で 相 続 財 産 に 合 算 して 相 続 税 を 課 税 70の7の3 2 1で 課 税 された 相 続 税 の80%を 納 税 猶 予 贈 与 から5 年 間 の 事 業 継 続 その 後 も 株 式 の 継 続 保 有 等 の 要 件 を 満 たすことが 必 要 贈 与 後 継 者 (3 代 目 )が 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けること 等 相 続 税 の 猶 予 税 額 の 免 除 大 臣 認 定 経 営 者 3 代 目 贈 与 税 の 課 税 70の7 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 10

16 [ 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 免 除 ] 適 用 を 受 けるために 必 要 な 書 類 ( 現 行 ) < 税 務 署 所 定 の 書 類 > 1 2 添 付 書 類 株 式 等 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 書 認 定 承 継 会 社 に 関 する 明 細 書 < 適 用 を 受 ける 個 人 に 係 る 書 類 > 戸 籍 の 謄 本 又 は 抄 本 ( 親 族 であることを 明 らかにする 書 類 ) 遺 産 分 割 協 議 書 の 写 しなど ( 財 産 の 取 得 を 明 らかにする 書 類 ) 担 保 提 供 関 係 書 類 < 適 用 に 係 る 認 定 会 社 の 書 類 > 手 続 書 類 ( 本 体 ) 経 産 大 臣 の 認 定 書 その 申 請 書 の 写 し 年 次 報 告 書 それに 係 る 経 産 大 臣 の 確 認 書 の 写 し 従 業 員 数 証 明 書 登 記 事 項 証 明 書 貸 借 対 照 表 と 損 益 計 算 書 定 款 の 写 し 株 主 名 簿 の 写 し ( 株 主 等 の 氏 名 住 所 議 決 権 の 数 が 確 認 できる 書 類 ) 相 続 税 贈 与 税 の 申 告 期 限 後 5 年 以 内 に 限 り 添 付 ( 提 出 )が 必 要 相 続 税 の 申 告 書 贈 与 税 継 続 届 出 書 - - 免 除 届 出 書

17 納 税 猶 予 制 度 の 前 提 となる 認 定 件 数 常 時 雇 用 従 業 員 数 平 成 21 年 度 分 平 成 22 年 度 分 平 成 23 年 度 分 平 成 24 年 度 分 相 続 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 常 時 雇 用 従 業 員 数 153 件 133 件 63 件 64 件 5,932 人 7,039 人 2,747 人 5,449 人 税 認 定 1 件 当 たり 39 人 53 人 44 人 85 人 贈 与 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 常 時 雇 用 従 業 員 数 29 件 67 件 73 件 68 件 2,149 人 3,875 人 5,599 人 3,389 人 税 認 定 1 件 当 たり 74 人 58 人 77 人 50 人 ( 備 考 ) 中 小 企 業 庁 調 べ 12

18 2 改 正 の 概 要

19 事 業 承 継 税 制 の 抜 本 的 な 見 直 し 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 件 の 緩 和 1. 雇 用 確 保 要 件 の 緩 和 毎 年 の 景 気 変 動 に 配 慮 現 行 の 要 件 ( 毎 年 8 割 以 上 確 保 )を 5 年 間 平 均 で8 割 以 上 確 保 に 緩 和 する 2. 後 継 者 の 親 族 間 承 継 要 件 の 廃 止 優 秀 な 番 頭 さんも 後 継 者 に 親 族 外 の 後 継 者 への 相 続 又 は 贈 与 の 場 合 であっても 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 対 象 とする 3. 先 代 経 営 者 の 役 員 退 任 要 件 贈 与 税 の 緩 和 先 代 経 営 者 の 知 見 も 活 用 ⑴ 先 代 経 営 者 ( 贈 与 者 )は 贈 与 時 に 代 表 者 を 退 任 すれば 贈 与 後 に 引 き 続 き 役 員 であっても 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 対 象 とする ⑵ 役 員 である 贈 与 者 が 認 定 会 社 から 給 与 の 支 給 等 を 受 けた 場 合 であっても 納 税 猶 予 の 継 続 を 可 能 とする 負 担 の 軽 減 ~より 多 くの 中 小 企 業 が 活 用 できるように~ ~ 安 心 して 制 度 を 利 用 していただくために~ 4. 利 子 税 の 負 担 軽 減 利 子 税 への 不 安 を 軽 減 ⑴ 納 税 猶 予 期 間 に 係 る 利 子 税 率 を 引 下 げ( 現 行 :2.1% 0.9%( 足 元 )) ⑵ 納 税 猶 予 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 には 事 業 承 継 期 間 (5 年 間 )の 利 子 税 を 免 除 する 5. 納 税 猶 予 税 額 の 再 計 算 の 特 例 の 創 設 ( 猶 予 税 額 の 一 部 免 除 ) 事 業 の 再 出 発 に 配 慮 民 事 再 生 計 画 等 に 基 づき 事 業 を 再 出 発 させる 際 に 納 税 猶 予 税 額 を 再 評 価 し 税 額 を 一 部 免 除 する 6. 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 猶 予 される 税 額 が より 多 くなるように 先 代 経 営 者 の 個 人 債 務 葬 式 費 用 を 相 続 税 額 の 計 算 に 反 映 されやすくする 13

20 手 続 の 簡 素 化 ~ 手 間 暇 を 少 なくし 使 い 勝 手 の 良 い 制 度 へ~ 7. 事 前 確 認 制 度 の 廃 止 突 然 経 営 者 が 亡 くなった 場 合 にも 制 度 活 用 可 能 に 相 続 又 は 贈 与 前 の 経 済 産 業 大 臣 による 事 前 確 認 を 不 要 とする 8. 提 出 書 類 の 簡 略 化 ( 減 量 ) 経 産 局 と 税 務 署 の 資 料 の 重 複 を 排 除 相 続 税 等 の 申 告 書 継 続 届 出 書 に 係 る 添 付 書 類 を 大 幅 に 減 量 する 9. 株 券 不 発 行 会 社 への 適 用 拡 大 株 券 を 発 行 しなくても 制 度 活 用 可 能 株 券 を 発 行 しなくても 担 保 提 供 を 可 能 とし 株 券 不 発 行 会 社 に 制 度 活 用 の 途 を 開 く 10. 納 税 猶 予 税 額 に 対 する 延 納 物 納 の 利 用 手 元 資 金 がない 場 合 に 配 慮 雇 用 確 保 要 件 が 満 たされなかった 場 合 において 納 税 猶 予 税 額 を 納 付 しなければならないときには 延 納 又 は 物 納 の 利 用 を 可 能 とする その 他 ( 適 正 化 措 置 等 ) 11. 資 産 管 理 会 社 の 要 件 の 見 直 し 12. 総 収 入 金 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 13. 資 産 管 理 会 社 に 該 当 する 場 合 で 上 場 株 式 等 (1 銘 柄 の 発 行 済 株 式 等 の3% 以 上 )を 保 有 するとき には その 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 上 その 上 場 株 式 等 相 当 額 は 算 入 しない 14. みなし 配 当 課 税 に 係 る 特 例 措 置 の 拡 充 15. 制 度 の 名 称 の 変 更 ( 注 ) 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する 14

21 雇 用 確 保 要 件 の 緩 和 25 年 度 改 正 事 業 承 継 税 制 に 係 る 雇 用 確 保 要 件 を 次 のように 緩 和 する 改 正 前 5 年 毎 年 雇 用 の8 割 以 上 を 確 保 すること 改 正 後 5 年 平 均 で 雇 用 を8 割 以 上 を 確 保 すること 100% 100% ( 雇 用 水 準 ) 改 正 前 120% 100% 80% 5 年 平 均 8 割 水 準 雇 用 8 割 を 下 回 った 時 点 で 認 定 取 消 し 納 税 猶 予 ストップ 60% 改 正 後 相 続 税 の 申 告 期 限 1 年 後 2 年 後 3 年 後 4 年 後 5 年 後 5 年 平 均 で8 割 を 確 保 できれば 一 時 的 に 8 割 を 下 回 っても 可 納 税 猶 予 が 継 続 ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 に 適 用 する 15

22 利 子 税 の 負 担 軽 減 経 営 承 継 期 間 (5 年 間 )に 対 応 する 利 子 税 の 免 除 イメージ 25 年 度 改 正 経 営 ( 贈 与 ) 承 継 期 間 (5 年 間 ) 経 過 後 に 猶 予 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 納 付 する 場 合 については 当 該 期 間 中 の 利 子 税 を 課 さない < 事 例 > 納 税 猶 予 税 額 1 億 円 で 10 年 後 に 全 部 確 定 ( 納 税 猶 予 がストップ)した 場 合 相 続 贈 与 申 告 期 限 納 税 猶 予 納 付 = 確 定 事 由 発 生 ( 全 部 確 定 ) 経 営 ( 贈 与 ) 承 継 期 間 (5 年 間 ) 10 年 経 過 後 利 子 税 年 2.1% 1 改 正 前 利 子 税 2,100 万 円 利 子 税 0% 利 子 税 年 0.9% 2 改 正 後 1 措 法 93 条 による 軽 減 後 の 割 合 ( 基 準 割 引 率 が0.3%の 場 合 ) 0.3%+4.0% 本 則 3.6% = 2.1% 改 正 前 7.3% 1.0%+1.0% 利 子 税 450 万 円 2 ( 短 期 貸 出 平 均 利 率 が1%の 場 合 ) 本 則 3.6% = 0.9% 改 正 後 ( 注 )1 確 定 事 由 が 生 じた 日 から2 月 を 経 過 する 日 を 納 税 猶 予 期 限 とする 7.3% ( 注 )2 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する また 利 子 税 率 の 軽 減 ( 上 図 2.1% 0.9%)は 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 期 間 に 適 用 する ( 注 )3 改 正 後 の 制 度 においても 経 営 ( 贈 与 ) 承 継 期 間 内 に 確 定 事 由 が 生 じた 場 合 には 納 税 猶 予 期 限 までの 期 間 中 の 利 子 税 ( 年 0.9%)を 納 付 しなければならない 16

23 ( 参 考 1) 利 子 税 負 担 の 軽 減 (~5 年 経 過 時 ) 25 年 度 改 正 [ 猶 予 税 額 が 1 億 円 の 場 合 (イメージ)] 申 告 期 限 納 税 猶 予 ( 単 位 : 万 円 ) 840 1, % ( 改 正 前 ) 各 経 過 時 点 までの 利 子 税 負 担 の 合 計 ,050 見 直 し % ( 改 正 後 ) 年 経 過 時 2 年 経 過 時 3 年 経 過 時 4 年 経 過 時 5 年 経 過 時 ( 注 ) ( 単 位 : 万 円 ) 利 子 税 率 1 年 経 過 時 2 年 経 過 時 3 年 経 過 時 4 年 経 過 時 5 年 経 過 時 特 例 ( 本 則 ) 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 前 2.1 % (3.6 % ) ,050 - 改 正 後 0.9 % (3.6 % ) , %+4.0% 改 正 前 の 利 子 税 率 ( 特 例 )は 基 準 割 引 率 が 0.3%の 場 合 本 則 3.6% 7.3% = 2.1% 1.0%+1.0% 改 正 後 の 制 度 は 延 滞 税 等 の 見 直 しを 踏 まえて 計 算 した 場 合 ( 短 期 貸 出 平 均 利 率 が1%の 場 合 ) 本 則 3.6% 7.3% = 0.9% 利 子 税 率 の 軽 減 は 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 期 間 について 適 用 する ( 注 ) 改 正 後 は 納 税 猶 予 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 には 経 営 ( 贈 与 ) 承 継 期 間 (5 年 間 ) 分 の 利 子 税 ( 上 図 の 場 合 450 万 円 )が 免 除 される( 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する ) 17

24 ( 参 考 2) 利 子 税 負 担 の 軽 減 (~20 年 経 過 時 ) 25 年 度 改 正 [ 猶 予 税 額 が 1 億 円 の 場 合 (イメージ)] 申 告 期 限 納 税 猶 予 ( 単 位 : 万 円 ) 4, % ( 改 正 前 ) 3,150 2,850 見 直 し 各 経 過 時 点 までの 利 子 税 負 担 の 合 計 2,100 1,650 1, ,050 ( 注 ) ( 注 ) ,250 ( 注 ) 1,350 ( 注 ) 0.9% ( 改 正 後 ) 3 年 経 過 時 5 年 経 過 時 10 年 経 過 時 15 年 経 過 時 20 年 経 過 時 ( 単 位 : 万 円 ) 利 子 税 率 3 年 経 過 時 5 年 経 過 時 10 年 経 過 時 15 年 経 過 時 20 年 経 過 時 特 例 ( 本 則 ) 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 による 差 額 改 正 前 2.1 % (3.6 % ) 630-1,050-2,100-3,150-4,200 - 改 正 後 0.9 % (3.6 % ) , , ,250 1,350 2,850 改 正 前 の 利 子 税 率 ( 特 例 )は 基 準 割 引 率 が 0.3%の 場 合 0.3%+4.0% 本 則 3.6% 7.3% = 2.1% 1.0%+1.0% 本 則 3.6% 7.3% = 0.9% 改 正 後 の 制 度 は 延 滞 税 等 の 見 直 しを 踏 まえて 計 算 した 場 合 ( 短 期 貸 出 平 均 利 率 が1%の 場 合 ) 利 子 税 率 の 軽 減 は 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 期 間 について 適 用 する ( 注 ) 改 正 後 は 納 税 猶 予 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 には 経 営 ( 贈 与 ) 承 継 期 間 (5 年 間 ) 分 の 利 子 税 ( 上 図 の 場 合 450 万 円 )が 免 除 される( 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する ) 18

25 納 税 猶 予 税 額 の 再 計 算 の 特 例 の 創 設 ( 猶 予 税 額 の 一 部 免 除 ) イメージ 25 年 度 改 正 認 可 決 定 を 受 けた 民 事 再 生 計 画 等 に 基 づき 財 産 価 額 の 評 定 が 行 われた 場 合 には 認 可 決 定 日 における 株 式 等 の 価 額 に 基 づき 納 税 猶 予 税 額 を 再 計 算 し 再 計 算 後 の 猶 予 税 額 について 納 税 猶 予 を 継 続 する 再 計 算 後 の 猶 予 税 額 と 当 初 の 猶 予 税 額 との 差 額 については 免 除 する 金 額 株 価 1 2 納 税 猶 予 税 額 1 納 税 猶 予 税 額 2 免 除 当 初 の 猶 予 税 額 再 計 算 後 の 猶 予 税 額 時 間 期 申 限 告 納 税 猶 予 1 認 再 可 生 決 計 定 画 納 税 猶 予 2 ( 注 )1 上 図 は 当 初 の 猶 予 税 額 について 一 部 確 定 がない 場 合 である 2 認 可 決 定 日 前 5 年 以 内 に 会 社 から 支 払 われた 配 当 等 については 納 付 しなければならない 3 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する 19

26 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 の 納 税 猶 予 免 除 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 式 ( 債 務 控 除 に 係 る 計 算 方 法 の 見 直 し) 25 年 度 改 正 改 正 前 改 正 後 非 上 場 株 式 (A) その 他 の 財 産 非 上 場 株 式 (A) その 他 の 財 産 計 算 債 務 正 味 取 得 財 産 計 算 債 務 正 味 取 得 財 産 ⑴ ( 本 来 の) 納 付 すべき 税 額 ⑴ ( 本 来 の) 納 付 すべき 税 額 計 算 ⑵ 法 70の7の2 2 五 イ 旧 令 40の8の2 14 非 上 場 株 式 (A ) 債 務 計 算 ⑵ 法 70の7の2 2 五 イ 新 令 40の8の2 13 非 上 場 株 式 (A) 計 算 ⑶ 法 70の7の2 2 五 ロ 旧 令 40の8の 一 非 上 場 株 式 (A 20%) Ⅰ 納 税 猶 予 税 額 Ⅱ 計 算 ⑶ 非 上 場 株 式 (A 20%) ( 法 70の7の22 五 ) ( 法 70の7の22 五 ) Ⅰ+Ⅱ= 納 付 すべき 税 額 法 70の7の2 2 五 ロ 新 令 40の8の 一 Ⅰ 納 税 猶 予 税 額 Ⅱ Ⅰ+Ⅱ= 納 付 すべき 税 額 ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 又 は 遺 贈 について 適 用 する 20

27 資 産 管 理 会 社 の 要 件 の 見 直 し 25 年 度 改 正 資 産 管 理 会 社 資 産 管 理 会 社 に 該 当 する 会 社 については 事 業 承 継 税 制 の 適 用 が 受 けられない 猶 予 期 限 が 確 定 する( 納 税 猶 予 ストップ) 資 産 保 有 型 会 社 特 定 資 産 の 合 計 額 総 資 産 額 > 70% = ただし 次 の 要 件 の 全 てを 満 たす 会 社 は 適 用 可 資 産 運 用 型 会 社 特 定 資 産 の 運 用 収 入 の 合 計 額 総 収 入 金 額 = > 75% 改 正 前 1 3 年 以 上 商 品 販 売 貸 付 け 等 を 行 っていること 改 正 後 3 年 以 上 商 品 販 売 貸 付 け( 同 族 関 係 者 に 対 する 貸 付 けを 除 く ) 等 を 行 っていること ( 注 ) 特 定 資 産 とは 次 に 掲 げる 資 産 をいう 1 有 価 証 券 等 2 現 に 自 ら 使 用 していない 不 動 産 3ゴルフ 会 員 権 レジャー 会 員 権 4 絵 画 彫 刻 工 芸 品 貴 金 属 等 5 現 預 金 代 表 者 同 族 関 係 者 等 に 対 する 貸 付 金 未 収 金 2 常 時 使 用 従 業 員 が5 人 以 上 であること 3 事 務 所 等 を 所 有 又 は 賃 借 していること 後 継 者 生 計 を 一 にする 親 族 以 外 の 常 時 使 用 従 業 員 ( 同 左 ) ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する 21

28 総 収 入 金 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 25 年 度 改 正 納 税 猶 予 の 取 消 事 由 である 総 収 入 金 額 が 零 となった 場 合 について 次 のように 見 直 す 改 正 前 総 収 入 金 額 が 零 となった 場 合 改 正 後 総 収 入 金 額 ( 主 たる 事 業 活 動 から 生 じる 収 入 の 額 に 限 る )が 零 となった 場 合 改 正 前 改 正 後 費 用 収 益 費 用 収 益 売 上 原 価 販 管 費 売 上 高 総 収 入 金 額 売 上 原 価 販 管 費 売 上 高 総 収 入 金 額 純 利 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 等 特 別 利 益 固 定 資 産 売 却 益 等 純 利 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 等 特 別 利 益 固 定 資 産 売 却 益 等 除 外 ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する 22

29 認 定 会 社 が 上 場 株 式 等 を 有 する 場 合 の 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 25 年 度 改 正 資 産 管 理 会 社 である 認 定 会 社 等 が 上 場 会 社 等 の 大 口 株 主 等 (1 銘 柄 につき3% 以 上 保 有 )となっている 場 合 には 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 上 その 上 場 会 社 等 の 株 式 等 相 当 額 を 除 外 する T 認 定 会 社 ( 資 産 管 理 会 社 ) 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 イメージ T 認 定 会 社 の 貸 借 対 照 表 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 発 行 済 株 式 等 の 3% 未 満 を 保 有 発 行 済 株 式 等 の 3% 未 満 を 保 有 A B 発 行 済 株 式 等 の 3% 以 上 を 保 有 上 場 株 式 等 V ( 純 資 産 の 部 ) N(=A-B) 上 場 会 社 除 外 せず 改 正 前 改 正 後 V 上 場 会 社 除 外 せず 除 外 上 場 会 社 除 外 せず 納 税 猶 予 税 額 計 算 上 のT 社 の 株 価 算 定 除 外 =(N-V) S S:T 社 の 発 行 済 株 式 総 数 一 定 の 外 国 会 社 及 び 医 療 法 人 についても 同 様 に 除 外 される ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 若 しくは 遺 贈 又 は 贈 与 について 適 用 する 23

30 非 上 場 株 式 等 についての 贈 与 税 の 納 税 猶 予 免 除 先 代 経 営 者 の 役 員 退 任 要 件 の 廃 止 25 年 度 改 正 役 員 である 贈 与 者 が 認 定 会 社 から 給 与 の 支 給 等 を 受 けた 場 合 であっても 納 税 猶 予 の 継 続 を 可 能 とする 平 成 27 年 1 月 1 日 経 営 贈 与 承 継 期 間 (5 年 間 ) 贈 与 贈 与 税 の 納 税 猶 予 代 表 者 役 員 無 給 役 員 有 給 改 正 前 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 改 正 後 納 税 猶 予 継 続 参 考 代 表 者 代 表 者 就 任 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 代 表 者 代 表 者 就 任 代 表 者 代 表 者 役 員 ( 有 給 無 給 )であっても 納 税 猶 予 継 続 納 税 猶 予 継 続 ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 について 適 用 する 24

31 相 続 等 により 取 得 した 非 上 場 株 式 に 係 るみなし 配 当 課 税 の 特 例 の 拡 充 25 年 度 改 正 改 正 前 の 特 例 の 概 要 相 続 等 により 非 上 場 株 式 を 取 得 した 者 が その 相 続 税 の 申 告 期 限 の 翌 日 以 後 3 年 以 内 に その 株 式 を 発 行 会 社 に 譲 渡 した 場 合 には みなし 配 当 課 税 を 行 わない ( 株 式 譲 渡 益 として 課 税 ) 改 正 の 内 容 ~ 適 用 対 象 者 の 範 囲 の 拡 充 ~ 改 正 前 改 正 後 相 続 又 は 遺 贈 により 非 上 場 株 式 を 取 得 した 者 相 続 又 は 遺 贈 により 非 上 場 株 式 を 取 得 した 者 取 得 したとみなされる 者 事 業 承 継 との 関 係 次 の1 2の 者 は ( 相 続 等 により 非 上 場 株 式 を 取 得 していない 場 合 であっても) 発 行 会 社 に 株 式 を 譲 渡 したときに みなし 配 当 課 税 を 行 わず 株 式 譲 渡 益 として 課 税 する 特 例 の 適 用 が 可 能 となる 会 社 への 株 式 売 却 による 納 税 資 金 の 捻 出 が 可 能 に 1 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 後 贈 与 者 が 死 亡 した 場 合 に 相 続 等 により 非 上 場 株 式 を 取 得 したとみなされる 後 継 者 2 相 続 等 により 財 産 を 取 得 しなかった 相 続 時 精 算 課 税 適 用 者 のうち 相 続 等 により 非 上 場 株 式 を 取 得 したとみなされる 者 特 例 の 概 要 先 代 経 営 者 から 贈 与 により 会 社 の 株 式 を 取 得 先 代 経 営 者 の 死 亡 10ヵ 月 相 続 税 の 申 告 期 限 株 式 を 会 社 へ 売 却 3 年 後 継 者 等 納 税 猶 予 又 は 精 算 課 税 の 適 用 相 続 があったものと みなされる (みなし 相 続 ) 売 却 代 金 - 資 本 金 等 に 対 応 する 部 分 について 原 則 みなし 配 当 課 税 ( 総 合 課 税 最 高 55%( 注 )) (( 注 ) 平 成 27 年 分 以 降 ) 特 例 株 式 譲 渡 益 課 税 ( 分 離 課 税 一 律 20%) ( 注 ) 改 正 後 の 制 度 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 又 は 遺 贈 により 非 上 場 株 式 を 取 得 したとみなされる 個 人 について 適 用 する 25

32 制 度 の 名 称 変 更 25 年 度 改 正 改 正 前 非 上 場 株 式 等 についての 贈 与 税 の 納 税 猶 予 改 正 後 非 上 場 株 式 等 についての 贈 与 税 の 納 税 猶 予 及 び 免 除 ~ 改 正 の 趣 旨 ~ 制 度 のメリット( 免 除 )が 端 的 に 表 現 されていない 中 小 企 業 オーナーの 多 くが 贈 与 税 が 猶 予 されるだけで 最 終 的 には 利 子 税 とともに 納 付 しなければならない と 誤 解 ( 参 考 ) 災 害 等 による 納 税 猶 予 ( 通 則 法 46)や 住 宅 用 宅 地 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 ( 地 法 73の25)は 納 税 の 免 除 はしない 制 度 の 活 用 促 進 を 図 るため 最 大 限 の 措 置 を 講 じる 必 要 制 度 の 活 用 促 進 策 を 相 続 税 の 見 直 しと 併 せて 行 うことは 重 要 な 政 策 課 題 ( 抜 本 改 革 法 7 四 イ) 名 称 変 更 は 有 効 かつ 適 切 な 活 用 促 進 策 ( 参 考 ) 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の7 第 1 項 第 16 項 納 税 猶 予 分 の 贈 与 税 額 に 相 当 する 贈 与 税 については その 納 税 を 猶 予 する 猶 予 中 贈 与 税 額 に 相 当 する 贈 与 税 は 免 除 する ( 注 ) 第 70 条 の7の2 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 の 納 税 猶 予 ( 注 ) 第 70 条 の7の4 非 上 場 株 式 等 の 贈 与 者 が 死 亡 した 場 合 の 相 続 税 の 納 税 猶 予 も 同 様 とする ( 注 ) 農 地 等 についての 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 ( 第 70 条 の4, 第 70 条 の6) ( 注 ) 山 林 についての 相 続 税 の 納 税 猶 予 ( 第 70 条 の6の4)も 同 様 とする 26

33 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 事 由 ( 相 続 税 ) 経 営 承 継 相 続 人 等 に 係 るもの 確 定 事 由 1. 認 定 承 継 会 社 の 代 表 権 を 有 しないこととなった 場 合 2. 同 族 関 係 者 と 合 わせて 有 する 議 決 権 の 数 が 総 株 主 等 議 決 権 数 の50% 未 満 となった 場 合 3. 同 族 関 係 者 内 で 筆 頭 株 主 でなくなった 場 合 4. 特 例 非 上 場 株 式 等 の 一 部 の 譲 渡 等 をした 場 合 5. 特 例 非 上 場 株 式 等 の 全 部 の 譲 渡 等 をした 場 合 6. 納 税 猶 予 の 適 用 をやめる 旨 の 届 出 をした 場 合 認 定 承 継 会 社 に 係 るもの 確 定 事 由 1. 常 時 使 用 従 業 員 の 数 が 相 続 開 始 時 の80% 未 満 となった 場 合 改 正 後 5 年 間 平 均 で80% 未 満 となった 場 合 2. 会 社 分 割 をした 場 合 ( 吸 収 分 割 承 継 会 社 等 の 株 式 等 を 配 当 財 産 とする 剰 余 金 の 配 当 があった 場 合 に 限 る ) 3. 組 織 変 更 をした 場 合 ( 認 定 承 継 会 社 の 株 式 等 以 外 の 財 産 の 交 付 があった 場 合 に 限 る ) 4. 解 散 した 場 合 5. 資 産 保 有 型 会 社 又 は 資 産 運 用 型 会 社 に 該 当 した 場 合 ( 事 業 実 態 がある 場 合 を 除 く ) 改 正 後 常 時 使 用 従 業 員 から 生 計 を 一 にする 親 族 等 を 除 外 する 等 所 要 の 見 直 し 6. 総 収 入 金 額 がゼロとなった 場 合 改 正 後 主 たる 事 業 活 動 から 生 じる 収 入 の 額 に 限 る その 他 確 定 事 由 8. 準 備 金 の 減 少 をした 場 合 ( 欠 損 填 補 目 的 等 を 除 く) 1. 継 続 届 出 書 が 提 出 期 限 までに 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 されなかった 場 合 2. 税 務 署 長 の 担 保 変 更 命 令 に 応 じなかった 場 合 経 営 承 継 期 間 内 ( 適 格 合 併 を 除 く) 3. 継 続 届 出 書 に 記 載 された 事 項 と 相 違 する 事 実 が 判 明 した 場 合 9. 合 併 により 適 格 合 併 をした 場 合 4. 経 営 承 継 相 続 人 等 の 相 続 税 等 の 負 担 が 不 当 に 減 少 する 結 果 消 滅 した 場 合 ( 吸 収 合 併 存 続 会 社 等 の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) となると 認 められる 場 合 経 営 承 継 期 間 経 過 後 ( 吸 収 合 併 存 続 会 社 等 の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 経 営 承 継 期 間 内 ( 適 格 交 換 等 を 除 く) 10. 株 式 交 換 等 により 完 全 子 適 格 交 換 等 をした 場 合 ( 株 式 交 換 完 全 親 会 社 等 ( 注 )の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 会 社 となった 場 合 経 営 承 継 期 間 経 過 後 ( 株 式 交 換 完 全 親 会 社 等 ( 注 )の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 11. 上 場 会 社 となった 場 合 12. 風 俗 営 業 会 社 となった 場 合 13. 特 定 特 別 子 会 社 が 風 俗 営 業 会 社 となった 場 合 14. 黄 金 株 を 経 営 承 継 相 続 人 等 以 外 の 者 が 有 することとなった 場 合 ( 注 )1. 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 又 は 遺 贈 について 適 用 する 株 式 会 社 15. 議 決 権 を 制 限 した 場 合 ( 注 )2. 株 式 交 換 等 により 認 定 承 継 会 社 が 他 の 会 社 の 完 全 子 会 社 となった 場 合 の 当 該 他 の 会 社 をいう 持 分 会 社 網 掛 け 部 分 : 経 営 承 継 期 間 経 過 後 も 期 限 確 定 事 由 となるもの 7. 減 資 をした 場 合 ( 欠 損 填 補 目 的 等 を 除 く) 27

34 納 税 猶 予 期 限 の 確 定 事 由 ( 贈 与 税 ) 経 営 承 継 受 贈 者 に 係 るもの 確 定 事 由 1. 認 定 贈 与 承 継 会 社 の 代 表 権 を 有 しないこととなった 場 合 2. 同 族 関 係 者 と 合 わせて 有 する 議 決 権 の 数 が 総 株 主 等 議 決 権 数 の50% 未 満 となった 場 合 3. 同 族 関 係 者 内 で 筆 頭 株 主 でなくなった 場 合 4. 特 例 受 贈 非 上 場 株 式 等 の 一 部 の 譲 渡 等 をした 場 合 5. 特 例 受 贈 非 上 場 株 式 等 の 全 部 の 譲 渡 等 をした 場 合 6. 納 税 猶 予 の 適 用 をやめる 旨 の 届 出 をした 場 合 贈 与 者 に 係 るもの 確 定 事 由 1. 認 定 贈 与 承 継 会 社 の 代 表 権 を 有 することとなった 場 合 2. 認 定 贈 与 承 継 会 社 の 役 員 ( 代 表 権 を 有 する 者 を 除 く )となり 給 与 の 支 給 を 受 けた 場 合 改 正 後 廃 止 網 掛 け 部 分 : 経 営 贈 与 承 継 期 間 経 過 後 も 期 限 確 定 事 由 となるもの 認 定 贈 与 承 継 会 社 に 係 るもの 確 定 事 由 1. 常 時 使 用 従 業 員 の 数 が 贈 与 時 の80% 未 満 となった 場 合 改 正 後 5 年 間 平 均 で80% 未 満 となった 場 合 2. 会 社 分 割 をした 場 合 ( 吸 収 分 割 承 継 会 社 等 の 株 式 等 を 配 当 財 産 とする 剰 余 金 の 配 当 があった 場 合 に 限 る ) 3. 組 織 変 更 をした 場 合 ( 認 定 贈 与 承 継 会 社 の 株 式 等 以 外 の 財 産 の 交 付 があった 場 合 に 限 る ) 4. 解 散 した 場 合 5. 資 産 保 有 型 会 社 又 は 資 産 運 用 型 会 社 に 該 当 した 場 合 ( 事 業 実 態 がある 場 合 を 除 く ) 改 正 後 常 時 使 用 従 業 員 から 生 計 を 一 にする 親 族 等 を 除 外 する 等 所 要 の 見 直 し 6. 総 収 入 金 額 がゼロとなった 場 合 改 正 後 主 たる 事 業 活 動 から 生 じる 収 入 の 額 に 限 る 7. 減 資 をした 場 合 ( 欠 損 填 補 目 的 等 を 除 く) 8. 準 備 金 の 減 少 をした 場 合 ( 欠 損 填 補 目 的 等 を 除 く) 経 営 承 継 期 間 内 ( 適 格 合 併 を 除 く) 適 格 合 併 をした 場 合 ( 吸 収 合 併 存 続 会 社 等 の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 9. 合 併 により 消 滅 した 場 合 その 他 確 定 事 由 1. 継 続 届 出 書 が 提 出 期 限 までに 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 されなかった 場 合 経 営 承 継 期 間 内 ( 適 格 交 換 等 を 除 く) 2. 税 務 署 長 の 担 保 変 更 命 令 に 応 じなかった 場 合 10. 株 式 交 換 等 により 完 全 子 3. 継 続 届 出 書 に 記 載 された 事 項 と 相 違 する 事 実 が 判 明 した 場 合 会 社 となった 4. 経 営 承 継 受 贈 者 等 の 相 続 税 等 の 負 担 が 不 当 に 減 少 する 結 果 場 合 となると 認 められる 場 合 11. 上 場 会 社 となった 場 合 12. 風 俗 営 業 会 社 となった 場 合 13. 特 定 特 別 子 会 社 が 風 俗 営 業 会 社 となった 場 合 14. 黄 金 株 を 経 営 承 継 受 贈 者 以 外 の 者 が 有 することとなった 場 合 ( 注 )1. 改 正 後 の 制 度 は 原 則 として 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 について 適 用 する 株 式 会 社 15. 議 決 権 を 制 限 した 場 合 ( 注 )2. 株 式 交 換 等 により 認 定 贈 与 承 継 会 社 が 他 の 会 社 の 完 全 子 会 社 となった 場 合 の 当 該 他 の 会 社 をいう 持 分 会 社 経 営 承 継 期 間 経 過 後 ( 吸 収 合 併 存 続 会 社 等 の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 適 格 交 換 等 をした 場 合 ( 株 式 交 換 完 全 親 会 社 等 ( 注 )の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 経 営 承 継 期 間 経 過 後 ( 株 式 交 換 完 全 親 会 社 等 ( 注 )の 株 式 以 外 の 財 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 に 限 る ) 28

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与

2 個 人 と 法 人 の 税 負 担 比 較 1. 給 与 所 得 控 除 額 を 利 用 した 税 負 担 の 軽 減 平 成 24 年 度 改 正 により 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が 以 下 のように 設 定 されました 具 体 的 には 平 成 25 年 分 より 1 給 与 医 療 法 人 化 のメリットデメリットレジュメダイジェスト 版 1 医 療 法 人 化 するということは 1. 権 利 義 務 の 主 体 は 法 人 に 1 個 人 事 業 は 廃 業 2 法 人 設 立 法 人 格 の 付 与 ( 権 利 義 務 主 体 ) 法 律 に 基 づいて 設 立 登 記 された 法 人 ( 法 人 法 定 主 義 ) 経 営 主 体 の 継 続 性 がない 役 員

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information