1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと"

Transcription

1 Tax news letter tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします なお 税 制 改 正 の 詳 細 は 改 正 法 案 等 の 公 表 を 待 たなければならず 今 後 の 国 会 審 議 等 により 内 容 に 変 更 が 生 じる 可 能 性 があります また 本 文 右 側 に 記 載 するコメントは 現 時 点 で 公 表 されている 資 料 に 基 づき 筆 者 が 作 成 したものであり 今 後 提 出 される 法 案 等 の 内 容 により 異 なる 取 り 扱 いになる 可 能 性 があります < 目 次 > 1. 相 続 税 贈 与 税 2 (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ (2) 相 続 税 の 税 率 見 直 し (3) 贈 与 税 の 税 率 見 直 し (4) 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 対 象 者 の 見 直 し (5) 未 成 年 者 控 除 障 害 者 控 除 の 見 直 し (6) 死 亡 保 険 金 の 非 課 税 額 (7) 小 規 模 宅 地 等 特 例 の 拡 充 (8) 自 社 株 の 納 税 猶 予 制 度 の 要 件 緩 和 等 (9) 教 育 資 金 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 [ 新 設 ] (10) 外 国 籍 を 利 用 した 租 税 回 避 の 防 止 策 2. 所 得 税 6 (1) 最 高 税 率 の 引 き 上 げ (2) 住 宅 ローン 控 除 の 延 長 拡 充 (3) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 (4) 上 場 株 式 等 の 配 当 及 び 譲 渡 所 得 等 の 軽 減 税 率 (5) 少 額 投 資 非 課 税 制 度 ( 日 本 版 ISA)の 拡 充 (6) 社 会 保 険 診 療 報 酬 の 所 得 計 算 特 例 の 見 直 し 3. 法 人 税 9 (1) 所 得 拡 大 促 進 税 制 [ 新 設 ] (2) 雇 用 促 進 税 制 の 拡 充 (3) 中 小 法 人 の 交 際 費 課 税 の 緩 和 (4) 研 究 開 発 税 制 の 拡 充 (5) 生 産 設 備 投 資 促 進 税 制 [ 新 設 ] (6) 環 境 関 連 投 資 促 進 税 制 の 延 長 (7) 商 業 サービス 業 農 林 水 産 業 を 営 む 中 小 企 業 等 支 援 税 制 [ 新 設 ] (8) 特 定 資 産 譲 渡 等 損 失 の 損 金 不 算 入 制 度 等 の 見 直 し 4. その 他 の 税 目 10 (1) 延 滞 税 等 の 税 率 引 き 下 げ (2) 土 地 売 買 に 係 る 登 録 免 許 税 の 軽 減 税 率 1

2 1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りとなっていました 5,000 万 円 + 1,000 万 円 法 定 相 続 人 数 3,000 万 円 万 円 法 定 相 続 人 数 ((2)から(6)の 項 目 も 同 じ) 基 礎 控 除 の 引 下 げにより 4% 程 度 の 課 税 割 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 合 が 6% 台 程 度 に 増 加 すると 見 込 まれ ています( 財 務 省 資 料 より) (2) 相 続 税 の 税 率 見 直 し 相 続 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げと 税 率 構 造 の 見 直 しを 行 う 法 定 相 続 分 取 得 額 1,000 万 円 以 下 10% 10% 3,000 万 円 以 下 15% 15% 5,000 万 円 以 下 20% 20% 1 億 円 以 下 30% 30% 2 億 円 以 下 40% 40% 3 億 円 以 下 45% 6 億 円 以 下 50% 50% 6 億 円 超 55% 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 増 税 法 定 相 続 人 が 2 人 のケースであれば 12 億 円 ( 基 礎 控 除 後 )を 超 える 課 税 遺 産 額 で 初 めて 55%の 最 高 税 率 が 適 用 さ れますので 対 象 者 はそれほど 多 くない でしょう しかし 2 億 円 超 3 億 円 以 下 の 区 分 の 税 率 アップ(40% 45%)の 影 響 を 受 ける 人 は 少 なくないと 考 えられます ので 改 正 後 の 税 率 等 でも 相 続 税 の 試 算 をしておくべきです (3) 贈 与 税 の 税 率 見 直 し 暦 年 贈 与 に 係 る 贈 与 税 率 の 構 造 を 緩 和 する また 相 続 税 の 最 高 税 率 引 き 上 げにあわせて 贈 与 税 の 最 高 税 率 も 引 き 上 げる 贈 与 の 区 分 を 20 歳 以 上 の 者 が 直 系 尊 属 から 受 ける 贈 与 ( 特 定 贈 与 )とそれ 以 外 ( 一 般 贈 与 ) に 区 分 し 異 なる 税 率 を 適 用 する 基 礎 控 除 後 の 課 税 価 格 ( 特 定 ) ( 一 般 ) 200 万 円 以 下 10% 10% 10% 300 万 円 以 下 15% 15% 15% 400 万 円 以 下 20% 15% 20% 600 万 円 以 下 30% 20% 30% 1,000 万 円 以 下 40% 30% 40% 1,500 万 円 以 下 40% 45% 3,000 万 以 下 45% 50% 50% 4,500 万 円 以 下 50% 55% 5,000 万 円 超 55% 太 線 の 枠 内 税 率 引 き 下 げ 部 分 斜 体 字 税 率 引 き 上 げ 部 分 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 から 適 用 主 に 減 税 ( 増 税 ) 相 続 税 が 課 税 強 化 される 一 方 一 定 の 贈 与 については 贈 与 税 率 を 緩 和 し 生 前 に 若 い 世 代 への 財 産 移 転 を 後 押 しする 改 正 を 行 います 今 後 の 相 続 税 対 策 では 生 前 贈 与 の 計 画 的 な 実 施 がより 効 果 的 となります また 平 成 27 年 以 後 の 相 続 贈 与 か ら 最 高 55%の 税 率 が 適 用 されますの で 相 続 税 の 最 高 税 率 引 き 上 げの 影 響 を 大 きく 受 ける 超 資 産 家 の 方 は 今 年 来 年 と 50%の 税 率 のうちにまとまった 金 額 の 贈 与 を 検 討 しても 良 いでしょう 2

3 (4) 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 対 象 者 の 見 直 し 贈 与 者 の 年 齢 要 件 の 引 き 下 げと 受 贈 者 の 範 囲 に 孫 を 追 加 する 贈 与 者 要 件 65 歳 以 上 60 歳 以 上 受 贈 者 要 件 20 歳 以 上 の 推 定 相 続 人 20 歳 以 上 の 推 定 相 続 人 及 び 孫 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 について 適 用 利 用 範 囲 の 拡 大 贈 与 者 の 年 齢 要 件 が 60 歳 以 上 に 引 き 下 げられることで 制 度 の 使 い 勝 手 がよ り 良 くなります 特 に 企 業 オーナーの 自 社 株 の 早 期 移 転 に 活 用 できます ただ し 孫 への 贈 与 は 相 続 時 に 相 続 税 が 2 割 加 算 となりますので 留 意 が 必 要 です (5) 未 成 年 者 控 除 障 害 者 控 除 の 見 直 し 相 続 税 の 計 算 における 未 成 年 者 控 除 障 害 者 控 除 の 金 額 を 引 き 上 げる 未 成 年 者 控 除 20 歳 に 達 するまでの 年 数 6 万 円 10 万 円 障 害 者 控 除 85 歳 に 達 するまでの 年 数 6 万 円 ( 特 別 障 害 者 12 万 円 ) 10 万 円 ( 特 別 障 害 者 20 万 円 ) 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 の 控 除 額 は 昭 和 63 年 に 改 正 され たもので 物 価 の 動 向 と 相 続 税 全 体 の 見 直 しとのバランスを 踏 まえて 減 税 措 置 となりました (6) 死 亡 保 険 金 の 非 課 税 額 改 正 なし ( ) 500 万 円 法 定 相 続 人 数 - 平 成 23 年 度 税 制 では 生 計 一 の 法 定 相 続 人 等 に 限 定 する 予 定 でした (7) 小 規 模 宅 地 等 特 例 の 拡 充 1 居 住 用 宅 地 の 適 用 対 象 面 積 の 拡 大 上 限 240 m2( 約 72 坪 ) 上 限 330 m2( 約 100 坪 ) 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 2 居 住 用 宅 地 と 事 業 用 宅 地 を 併 用 する 場 合 の 限 度 面 積 の 拡 大 特 例 の 対 象 として 選 択 する 宅 地 等 すべてが 居 住 用 宅 地 及 び 事 業 用 宅 地 の 場 合 には 居 住 用 宅 地 と 事 業 用 宅 地 について 完 全 併 用 できるように する 事 業 用 換 算 ( 居 住 用 の 場 合 は 5 居 住 用 330 m2と 事 業 用 400 m2の 3)で 合 計 400 m2が 限 度 合 計 730 m2を 限 度 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 < 計 算 例 > 居 住 用 宅 地 350 m2 事 業 用 宅 地 450 m2で 居 住 用 宅 地 の 単 価 が 高 いため 居 住 用 宅 地 から 小 規 模 宅 地 特 例 を 適 用 すべき 場 合 ( ) 居 住 用 240 m2+ 事 業 用 0=240 m2( 限 度 面 積 ) 240 m2 5/3=400 m2 400 m2 事 業 用 0 ( ) 居 住 用 330 m2+ 事 業 用 400 m2=730 m2( 限 度 面 積 ) 350 m2 330 m2 330 m2 450 m2 400 m2 400 m2 地 価 が 特 に 高 い 東 京 都 などで 相 続 税 の 納 税 者 が 急 激 に 増 加 することへの 配 慮 として 小 規 模 宅 地 等 特 例 が 拡 充 され ます 2 居 住 用 宅 地 と 完 全 併 用 できる 事 業 用 宅 地 には 同 族 会 社 に 賃 貸 している 宅 地 ( 特 定 同 族 会 社 事 業 用 宅 地 等 )も 含 ま れますが 貸 付 事 業 用 宅 地 等 は 完 全 併 用 の 対 象 外 です 同 族 会 社 が 事 業 で 利 用 している 土 地 を 企 業 オーナーが 会 社 から 買 い 取 り 居 住 用 と 事 業 用 のダブル 適 用 による 評 価 引 下 げ 対 策 を 行 うことも 考 えられます なお 居 住 用 宅 地 事 業 用 宅 地 ともに 80%の 減 額 割 合 に 変 更 はありません 3

4 3 二 世 帯 住 宅 の 敷 地 の 要 件 緩 和 居 住 用 宅 地 の 特 例 適 用 にあたり 二 世 帯 住 宅 建 物 の 構 造 要 件 を 撤 廃 内 部 で 二 世 帯 住 宅 を 行 き 来 でき 内 部 で 二 世 帯 住 宅 を 行 き 来 でき る 場 合 のみ 敷 地 すべてが 居 住 用 ない 場 合 でも 敷 地 すべてが 居 住 特 例 の 対 象 行 き 来 不 可 の 場 合 用 特 例 の 対 象 となる は 敷 地 の 一 部 のみ 居 住 用 特 例 の 対 象 3 二 世 帯 住 宅 と 老 人 ホームの 改 正 は 他 の 相 続 税 関 係 の 改 正 時 期 と 異 なり 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 等 から 変 更 となります 4 老 人 ホームに 入 所 した 場 合 の 適 用 要 件 緩 和 被 相 続 人 が 老 人 ホームに 入 所 していた 場 合 老 人 ホームの 終 身 利 用 権 を 取 得 しても 空 き 家 となっていた 自 宅 の 敷 地 について 以 下 の 要 件 を 満 たす 場 合 に 限 り 居 住 用 宅 地 の 特 例 の 適 用 を 認 める 被 相 続 人 の 介 護 のための 老 人 ホームへの 入 所 であること 自 宅 が 貸 付 等 の 用 途 に 供 されていないこと ( ) 老 人 ホームの 終 身 利 用 権 を 取 得 した 場 合 は 空 き 家 となった 自 宅 敷 地 は 居 住 用 宅 地 の 特 例 が 適 用 できない 上 記 3と4の 改 正 は 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 から 適 用 (8) 自 社 株 の 納 税 猶 予 制 度 の 要 件 緩 和 等 1 雇 用 維 持 要 件 の 緩 和 は 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 から 5 年 間 は 雇 用 の 8 割 以 上 を 確 保 する ことが 条 件 となっており 確 保 できない 場 合 は 納 税 猶 予 が 取 消 しとな り 猶 予 されていた 税 金 を 一 括 で 納 税 しなければならない 制 度 適 用 の ネックとなっていた 雇 用 維 持 要 件 を 緩 和 する 制 度 適 用 から 5 年 間 毎 年 雇 用 制 度 適 用 から 5 年 間 平 均 で 8 割 の 8 割 以 上 を 確 保 以 上 を 確 保 2 後 継 者 の 親 族 要 件 の 廃 止 後 継 者 が 先 代 経 営 者 の 親 族 に 限 られている の 親 族 要 件 を 廃 止 し 親 族 以 外 の 後 継 者 も 制 度 適 用 の 対 象 とする 3 贈 与 時 点 の 役 員 退 任 要 件 等 [ 贈 与 税 の 納 税 猶 予 ] 先 代 経 営 者 は 贈 与 時 に 役 員 を 退 代 表 者 を 退 任 すれば 代 表 権 の 任 していなければならない ない 役 員 への 就 任 は 可 能 贈 与 後 に 先 代 経 営 者 が 給 与 の 支 役 員 である 先 代 経 営 者 が 贈 与 後 給 を 受 ける 役 員 になった 場 合 に 会 社 から 給 与 の 支 給 を 受 けて 納 税 猶 予 が 取 消 しとなる も 納 税 猶 予 取 消 にならない 4 猶 予 税 額 の 再 計 算 特 例 の 創 設 民 事 再 生 計 画 等 に 基 づき 事 業 を 再 出 発 するときに 猶 予 税 額 を 再 計 算 し その 一 部 を 免 除 する 利 用 の 拡 大 制 度 創 設 から 4 年 間 で 相 続 税 390 件 贈 与 税 176 件 と 利 用 が 進 んでいません 使 えない 制 度 という 意 見 も 多 いこと から 大 幅 な 要 件 の 緩 和 を 行 います 1 雇 用 維 持 要 件 は 毎 年 の 景 気 変 動 に 配 慮 して 緩 和 されるものです 制 度 適 用 から 2 3 年 は 心 配 ないという 会 社 は 5 年 平 均 での 判 定 ですので 8 割 以 上 確 保 している 時 期 の 貯 金 で 乗 り 切 ることも できます また 仮 に 急 な 業 績 変 動 によ り 早 い 段 階 で 8 割 の 雇 用 を 下 回 ったと しても その 後 リカバリーできる 余 地 も あります 2 後 継 者 の 親 族 要 件 の 廃 止 は 番 頭 さ ん も 後 継 者 に 含 めるという 改 正 です が 番 頭 さんへの 自 社 株 の 移 転 は 贈 与 で はなく 売 買 とするケースも 多 いでしょ う 3 贈 与 税 の 納 税 猶 予 のネックの 一 つ であった 役 員 退 任 要 件 が 緩 和 され 先 代 経 営 者 は 代 表 権 を 譲 ればOKとなりま す 給 与 をもらって 役 員 として 経 営 に 参 画 しつづけることもOKです 4

5 5 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 において 被 相 続 人 の 債 務 及 び 葬 式 費 用 を 非 上 場 株 式 等 以 外 の 財 産 の 価 額 から 控 除 する 6 株 券 不 発 行 会 社 への 適 用 拡 大 株 券 不 発 行 会 社 について 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 には 株 券 の 発 行 をしなくても 担 保 提 供 を 可 能 とし 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 認 める 5 では 猶 予 対 象 株 式 を 取 得 する 後 継 者 が 先 代 経 営 者 の 債 務 を 引 き 継 ぐ と 納 税 猶 予 額 が 小 さくなる 計 算 方 法 に なっています これを 改 正 し 猶 予 税 額 が 小 さくなるのを 緩 和 します 7 猶 予 税 額 に 対 する 延 納 物 納 の 適 用 雇 用 維 持 要 件 が 充 足 できずに 納 税 猶 予 が 取 消 しとなり 猶 予 税 額 を 納 付 しなければならないときに 延 納 又 は 物 納 の 適 用 を 可 能 とする 7 納 税 猶 予 が 取 消 しとなったときは 自 社 株 の 物 納 でしのぐということもで きそうです 8 利 子 税 の 負 担 軽 減 納 税 猶 予 が 取 消 された 場 合 に 本 税 とあわせて 支 払 う 利 子 税 の 負 担 を 軽 減 する また 適 用 から 5 年 経 過 後 に 納 税 猶 予 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 納 付 する 場 合 には 当 該 5 年 間 の 利 子 税 を 免 除 する 利 子 税 率 2.1% 0.9% 特 例 基 準 割 合 が 2%の 場 合 8 利 子 税 の 負 担 が 軽 減 されるという ことは 納 税 猶 予 取 消 となった 場 合 の 経 済 的 リスクが 軽 減 されるということで す 9 事 前 確 認 制 度 の 廃 止 では 相 続 又 は 贈 与 前 に 経 済 産 業 大 臣 への 事 前 確 認 が 必 要 である が 突 然 経 営 者 が 亡 くなった 場 合 にも 制 度 活 用 を 可 能 とするために 事 前 確 認 制 度 を 廃 止 する 10 資 産 保 有 型 会 社 運 用 型 会 社 の 要 件 見 直 し 資 産 保 有 型 会 社 等 から 除 外 される 要 件 のうち 以 下 の 要 件 を 見 直 す 常 時 使 用 従 業 員 5 人 以 上 の 要 件 について 後 継 者 と 生 計 一 親 族 以 外 の 従 業 員 数 で 判 定 する 会 社 が 商 品 販 売 貸 付 等 を 行 っていることとする 要 件 について 後 継 者 の 同 族 関 係 者 等 に 対 する 貸 付 を 除 外 する 11 総 収 入 金 額 の 計 算 方 法 の 見 直 し 納 税 猶 予 の 取 消 事 由 である 総 収 入 金 額 がゼロとなった 場 合 について 総 収 入 金 額 から 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 を 除 外 する 12 上 場 会 社 の 議 決 権 を 50% 超 保 有 し ている 会 社 は 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 対 象 外 です しかし 上 場 会 社 オーナーの 資 産 管 理 会 社 等 が 保 有 する 上 場 会 社 の 議 決 権 割 合 が 50% 以 下 であれば その 資 産 管 理 会 社 で 事 業 を 行 い 従 業 員 を 確 保 するこ とによって 資 産 管 理 会 社 を 通 じて 実 質 的 に 上 場 株 式 について 納 税 猶 予 の 対 象 とすることができました 改 正 により 上 場 株 式 相 当 額 は 猶 予 税 額 の 計 算 上 除 外 されますので 上 場 株 式 を 多 く 保 有 する 資 産 管 理 会 社 で 制 度 を 使 うメリットは 薄 くなります 12 上 場 株 式 等 相 当 額 の 計 算 除 外 資 産 保 有 型 運 用 型 会 社 を 通 じて 上 場 株 式 等 の 1 銘 柄 につき 発 行 済 株 式 等 の 3% 以 上 を 保 有 するときは 猶 予 税 額 の 計 算 上 その 上 場 株 式 等 相 当 額 は 除 外 する 13 みなし 配 当 特 例 の 拡 充 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けた 株 式 を 後 継 者 が 先 代 経 営 者 の 相 続 後 に 自 社 に 売 却 した 場 合 みなし 配 当 課 税 の 特 例 の 対 象 とする 上 記 改 正 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 から 適 用 13 贈 与 税 の 納 税 猶 予 を 受 けた 株 式 は 先 代 経 営 者 の 相 続 時 に 相 続 税 の 計 算 に 持 ち 戻 されます 当 該 株 式 について 3 年 10 ヶ 月 以 内 の 金 庫 株 譲 渡 であれば みなし 配 当 課 税 ではなく 譲 渡 課 税 (20%)となりますので そのまま 相 続 税 の 納 税 猶 予 を 受 けるのではなく 株 価 次 第 では 自 社 に 売 却 し 納 税 してしま うという 選 択 肢 が 取 りやすくなります 5

6 (9) 教 育 資 金 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 [ 新 設 ] 祖 父 母 から 孫 ( 父 母 から 子 )に 教 育 資 金 を 一 括 して 拠 出 した 場 合 1,500 万 円 までを 贈 与 税 の 非 課 税 とする < 内 容 > 贈 与 者 は 金 融 機 関 に 孫 又 は 子 名 義 の 口 座 等 を 開 設 し そこに 教 育 資 金 を 一 括 で 拠 出 する 拠 出 した 金 額 のうち 受 贈 者 一 人 につき 1,500 万 円 までは 贈 与 税 を 課 税 しない 教 育 資 金 の 使 途 は 金 融 機 関 が 領 収 書 等 で 確 認 し これを 保 存 する 教 育 資 金 のうち 学 校 等 以 外 の 者 への 支 払 は 500 万 円 を 限 度 とする 受 贈 者 が 30 歳 に 達 したときに 残 っていた 金 額 は その 時 に 贈 与 が あったものとして 贈 与 税 を 課 税 する 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までの 間 の 拠 出 について 適 用 今 回 の 改 正 は 祖 父 母 から 一 括 して 教 育 資 金 を 受 け 取 ることができる 点 が 大 きなメリットです 新 たな 相 続 税 対 策 と して 活 用 できそうです 拠 出 を 受 けた 資 金 の 使 途 は その 受 け 入 れた 金 融 機 関 が 領 収 書 等 でチェック するとなっていますので 教 育 資 金 以 外 への 利 用 できません (10) 外 国 籍 を 利 用 した 租 税 回 避 の 防 止 策 外 国 籍 を 持 つ 相 続 人 ( 受 贈 者 )が 日 本 国 内 に 居 住 する 被 相 続 人 ( 贈 与 者 ) から 取 得 した 国 外 財 産 について 贈 与 税 相 続 税 の 課 税 対 象 とする 相 続 人 受 贈 者 被 相 続 人 贈 与 者 国 外 に 居 住 国 内 に 居 住 5 年 以 内 に 国 内 に 住 所 あり 上 記 以 外 国 内 に 居 住 国 外 に 居 住 日 本 国 籍 あり 5 年 以 内 に 国 内 左 記 に 住 所 あり 以 外 国 内 国 外 財 産 ともに 課 税 日 本 国 籍 なし 国 内 財 産 のみ 課 税 太 枠 の 箇 所 ( 被 相 続 人 等 が 国 内 に 居 住 し 相 続 人 等 が 外 国 籍 で 国 外 居 住 )について 国 外 財 産 も 課 税 対 象 とする 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 の 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 から 適 用 増 税 子 や 孫 に 外 国 籍 を 取 得 させ 国 外 財 産 への 課 税 を 免 れる 租 税 回 避 スキームを 防 止 するための 改 正 です 最 近 では 居 住 者 の 祖 父 が 外 国 籍 の 孫 に 米 国 の 信 託 受 益 権 を 贈 与 した 事 例 が 係 争 中 となっています 武 富 士 事 件 等 が 発 生 したときに 5 年 以 内 の 国 内 住 所 判 定 が 導 入 されました が 今 回 の 改 正 により 海 外 を 利 用 した 相 続 税 等 の 節 税 スキームがより 狭 まりま す 2. 所 得 税 (1) 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 格 差 の 是 正 を 図 る 観 点 から 所 得 税 の 最 高 税 率 を 5%(40% 45%) 引 き 上 げる < 所 得 税 と 住 民 税 (10%) 合 算 の 税 率 復 興 特 別 所 得 税 含 む> 課 税 所 得 195 万 円 以 下 % 330 万 円 以 下 % 695 万 円 以 下 % 同 左 900 万 円 以 下 % 1,800 万 円 以 下 % 4,000 万 円 以 下 % % 4,000 万 円 超 % 平 成 27 年 度 分 以 後 の 所 得 税 から 適 用 増 税 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 法 案 では 5,000 万 円 超 から 最 高 税 率 引 き 上 げと なっていましたので 最 高 税 率 での 課 税 対 象 が 拡 大 となりました 復 興 税 を 合 わせると 最 大 約 56%が 税 金 となりますので 所 得 分 散 や 法 人 に 所 得 を 留 保 する 等 の 対 策 がより 効 果 的 に なります 6

7 (2) 住 宅 ローン 控 除 の 延 長 拡 充 適 用 期 限 を 平 成 29 年 12 月 31 日 まで 4 年 間 延 長 し 最 大 控 除 額 を 拡 大 1 一 般 の 住 宅 の 場 合 居 住 年 借 入 控 除 各 年 の 最 大 控 除 率 限 度 額 期 間 控 除 額 控 除 額 平 25 年 ~26 2,000 万 円 年 3 月 まで 1% 10 年 20 万 円 200 万 円 平 26 年 4 月 ~ 4,000 万 円 29 年 末 まで 1% 10 年 40 万 円 400 万 円 2 認 定 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 居 住 年 借 入 控 除 各 年 の 最 大 控 除 率 限 度 額 期 間 控 除 額 控 除 額 平 25 年 ~26 3,000 万 円 年 3 月 まで 1% 10 年 30 万 円 300 万 円 平 26 年 4 月 ~ 5,000 万 円 29 年 末 まで 1% 10 年 50 万 円 500 万 円 3 住 民 税 の 控 除 額 所 得 税 額 から 控 除 しきれない 場 合 に 住 民 税 から 控 除 できる 金 額 につい ても 拡 大 する 居 住 年 控 除 限 度 額 平 25 年 ~26 年 3 月 課 税 総 所 得 金 額 5%( 最 高 97,500 円 ) 平 26 年 4 月 ~29 年 末 課 税 総 所 得 金 額 7%( 最 高 136,500 円 ) 消 費 税 率 引 き 上 げによる 住 宅 市 場 へ の 影 響 に 配 慮 した 減 税 措 置 です 控 除 限 度 額 の 拡 大 時 期 については 注 意 が 必 要 です 限 度 額 が 拡 大 された 住 宅 ローン 控 除 の 適 用 は 8% 又 は 10%の 消 費 税 を 支 払 った 場 合 にのみ 認 められま す 消 費 税 率 引 き 上 げ 時 の 経 過 措 置 とし て 工 事 の 請 負 契 約 等 の 場 合 は 平 成 25 年 9 月 30 日 までの 契 約 締 結 であれば 完 成 引 き 渡 しが 平 成 26 年 4 月 1 日 以 後 で あっても 5%の 消 費 税 率 が 適 用 されま す つまり 左 記 4は 住 宅 の 建 築 に 係 る 契 約 を 平 成 25 年 9 月 30 日 までに 締 結 し 居 住 開 始 を 平 成 26 年 4 月 以 降 とす ることにより 消 費 税 率 5%と 住 宅 ロー ン 控 除 拡 大 の 二 重 取 りをすることを 防 止 しています 4 消 費 税 率 との 関 係 ( 留 意 点 ) 上 記 平 成 26 年 4 月 から 平 成 29 年 末 まで の 欄 の 金 額 は 住 宅 の 購 入 価 格 に 含 まれる 消 費 税 率 が 8% 又 は 10%の 場 合 の 金 額 であり 消 費 税 率 が 5%の 場 合 は 平 成 25 年 から 平 成 26 年 3 月 まで の 欄 の 金 額 となる (3) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 1 特 定 公 社 債 公 募 公 社 債 投 資 信 託 等 の 課 税 見 直 し 公 社 債 等 の 利 息 に 係 る 課 税 方 式 を 申 告 分 離 課 税 に 変 更 し 上 場 株 式 等 との 損 益 通 算 を 可 能 にする 利 子 等 20%の 源 泉 分 離 課 税 20%の 申 告 分 離 課 税 譲 渡 所 得 非 課 税 20%の 申 告 分 離 課 税 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となる 利 子 等 について 申 告 不 要 を 選 択 できる 公 社 債 等 及 び 利 子 等 を 源 泉 徴 収 特 定 口 座 に 入 れることができる 国 債 外 国 国 債 公 募 公 社 債 有 価 証 券 報 告 書 等 提 出 会 社 の 社 債 そ の 他 一 定 の 公 社 債 以 外 の 公 社 債 及 び 私 募 公 社 債 投 信 等 は 上 記 取 り 扱 いとは 異 なる 金 融 証 券 税 制 の 大 きな 改 正 です 一 定 の 公 社 債 等 の 利 子 等 と 上 場 株 式 等 の 譲 渡 損 失 等 を 相 殺 することができる ようになります 預 金 利 息 は 源 泉 分 離 課 税 のままですので 損 益 通 算 の 対 象 とは なりません なお システム 対 応 の 都 合 から 平 成 28 年 からの 適 用 となります 2 上 記 1に 含 まれない 一 般 公 社 債 等 利 子 等 20%の 源 泉 分 離 課 税 同 左 譲 渡 所 得 非 課 税 20%の 申 告 分 離 課 税 7

8 3 割 引 債 の 課 税 見 直 し 売 却 益 非 課 税 20%の 申 告 分 離 課 税 償 還 差 益 発 行 時 18% 源 泉 徴 収 20%の 申 告 分 離 課 税 (20%の 源 泉 徴 収 あり) 4 同 族 会 社 が 発 行 した 社 債 の 利 子 同 族 会 社 が 発 行 した 社 債 の 利 子 でその 同 族 会 社 の 役 員 等 が 支 払 を 受 け るものは 総 合 課 税 の 対 象 とする 20% 源 泉 分 離 課 税 総 合 課 税 5 株 式 等 の 譲 渡 に 係 る 分 離 課 税 の 改 組 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 と 非 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 を 別 々 の 分 離 課 税 制 度 とした 上 で 特 定 公 社 債 等 及 び 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 と 一 般 公 社 債 等 及 び 非 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 分 離 課 税 の 区 分 とする 上 記 1から3 及 び5の 改 正 は 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 から 適 用 4 貸 付 金 利 息 は 総 合 課 税 となり 税 負 担 が 重 いため 役 員 から 会 社 へ 資 金 を 貸 し 付 けるときに 少 人 数 私 募 債 の 発 行 引 き 受 けを 行 うことにより 20%の 源 泉 分 離 課 税 が 適 用 できていました 同 族 会 社 の 役 員 についてはこのスキームが 利 用 できなくなります 5 上 場 株 式 等 と 非 上 場 株 式 等 の 譲 渡 を 別 々の 分 離 課 税 区 分 としますので 非 上 場 株 式 の 売 却 益 と 上 場 株 式 等 の 売 却 損 の 通 算 ができなくなると 考 えられま す (4) 上 場 株 式 等 の 配 当 及 び 譲 渡 所 得 等 の 軽 減 税 率 上 場 株 式 等 の 配 当 及 び 譲 渡 所 得 等 に 適 用 されている 10%の 軽 減 税 率 は 平 成 25 年 12 月 31 日 をもって 廃 止 し 本 則 の 20%とする 増 税 平 成 25 年 末 時 点 で 含 み 益 がある 上 場 株 式 等 は 売 却 の 検 討 が 必 要 です (5) 少 額 投 資 非 課 税 制 度 ( 日 本 版 ISA)の 拡 充 平 成 26 年 から 導 入 する 少 額 上 場 株 式 等 の 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 を 拡 充 する < > 口 座 開 設 期 間 : 平 日 から 平 日 までの 10 年 間 非 課 税 投 資 総 額 :500 万 円 (1 口 座 100 万 円 5 年 間 ) 非 課 税 維 持 期 間 : 口 座 開 設 から 最 長 5 年 間 非 課 税 対 象 : 上 場 株 式 公 募 株 式 投 資 信 託 の 配 当 及 び 譲 渡 益 軽 減 税 率 の 廃 止 にあわせて 少 額 投 資 非 課 税 制 度 が 導 入 されます 最 大 で 500 万 円 までの 投 資 金 額 から 生 ずる 配 当 金 や 売 却 益 への 課 税 が 非 課 税 となります ので 個 人 投 資 家 の 積 極 的 な 活 用 が 見 込 まれます (6) 社 会 保 険 診 療 報 酬 の 所 得 計 算 特 例 の 見 直 し 医 師 の 社 会 保 険 診 療 報 酬 の 概 算 経 費 の 特 例 について 収 入 金 額 が 7,000 万 円 を 超 える 者 を 除 外 する( 法 人 税 についても 同 様 ) 個 人 は 平 成 26 年 分 以 後 の 所 得 税 から 適 用 し 法 人 は 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 適 用 する ( 概 算 経 費 率 ) 社 会 保 険 診 療 報 酬 72%~57% 増 税 多 額 の 自 由 診 療 収 入 があるのに 社 会 保 険 診 療 報 酬 が 5,000 万 円 以 下 である ことにより 適 用 していることや 実 際 の 経 費 率 と 概 算 経 費 率 の 差 が 大 きい 等 の 指 摘 により 改 正 されます 8

9 3. 法 人 税 (1) 所 得 拡 大 促 進 税 制 [ 新 設 ] 国 内 雇 用 者 への 給 与 を 増 額 した 企 業 が 増 加 額 の 10%を 税 額 控 除 できる 制 度 を 3 年 間 の 措 置 で 設 ける 控 除 限 度 額 は 法 人 税 額 の 20%( 中 小 企 業 等 以 外 は 10%)とする < 適 用 基 準 > 以 下 の 要 件 をすべて 満 たすこと 1 本 制 度 適 用 初 年 度 の 前 事 業 年 度 ( 基 準 年 度 )と 比 較 して 5% 以 上 国 内 雇 用 者 への 給 与 支 給 総 額 が 増 加 していること 2 国 内 雇 用 者 への 給 与 支 給 総 額 が 前 事 業 年 度 を 下 回 らないこと 3 給 与 の 平 均 支 給 額 が 前 事 業 年 度 を 下 回 らないこと 雇 用 促 進 税 制 とは 選 択 適 用 雇 用 促 進 税 制 では 一 人 あたりの 賃 金 が 増 えないという 批 判 がありました 本 制 度 では 平 均 給 与 額 の 増 加 が 要 件 です ので 個 人 の 所 得 水 準 の 改 善 が 期 待 され ます 給 与 総 額 の 5% 増 加 は 基 準 年 度 との 比 較 ですので 毎 年 度 5% 増 を 求 めるも のではありません(ただし 適 用 初 年 度 は 対 前 年 度 比 で 5% 増 加 が 必 要 です) (2) 雇 用 促 進 税 制 の 拡 充 雇 用 の 増 加 を 促 すため 2 人 以 上 ( 中 小 企 業 等 以 外 は5 人 以 上 ) 雇 用 者 が 増 加 した 場 合 は 増 加 数 20 万 円 が 法 人 税 額 から 控 除 される 制 度 があ り 今 回 の 改 正 では 増 加 数 40 万 円 に 拡 充 される 所 得 拡 大 促 進 税 制 とは 選 択 適 用 制 度 の 適 用 には 一 定 の 要 件 があり そ れを 満 たさなければなりません 例 え ば 雇 用 者 数 が 前 年 比 で 10% 以 上 の 増 加 や 一 定 額 以 上 の 給 与 の 支 払 い 総 額 の 増 加 などです (3) 中 小 法 人 の 交 際 費 課 税 の 緩 和 資 本 金 1 億 円 以 下 の 法 人 が 支 出 する 一 定 額 の 交 際 費 について 全 額 損 金 算 入 とする ( 交 際 費 の 損 金 算 入 限 度 額 ) 支 出 交 際 費 の 額 年 600 万 円 まで 年 800 万 円 まで 損 金 算 入 割 合 90% 100% 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 に 支 出 した 交 際 費 から 適 用 対 象 企 業 は 資 本 金 1 億 円 以 下 の 法 人 ( 大 法 人 による 完 全 支 配 関 係 法 人 を 除 く)です しかし 利 益 を 計 上 している 中 小 法 人 の 年 間 平 均 交 際 費 は 170 万 円 程 度 ( 国 税 庁 資 料 より 推 計 )ですので 大 きな 減 税 効 果 は 期 待 できません (4) 研 究 開 発 税 制 の 拡 充 研 究 開 発 投 資 を 維 持 拡 充 し 国 際 競 争 力 を 強 化 するため 研 究 開 発 税 制 を 拡 充 2 年 間 の 時 限 措 置 として 総 額 型 の 控 除 限 度 額 を 引 き 上 げる ( 総 額 型 の 税 額 控 除 額 及 び 控 除 限 度 額 ) 控 除 額 支 出 試 験 研 究 費 8~10% 同 左 限 度 額 法 人 税 額 の 20% 法 人 税 額 の 30% 平 成 23 年 度 改 正 で 法 人 税 率 引 き 下 げ の 穴 埋 めとして 縮 小 された 控 除 限 度 額 を 2 年 間 に 限 り 30%に 戻 します これにより 増 加 型 又 は 高 水 準 型 とあわせると 最 大 で 法 人 税 額 の 40%の 税 額 控 除 がとれます (5) 生 産 設 備 投 資 促 進 税 制 [ 新 設 ] 国 内 の 生 産 等 設 備 への 投 資 額 が 一 定 の 基 準 を 満 たした 場 合 機 械 装 置 への 投 資 額 の 3%を 法 人 税 額 から 控 除 するか 30%の 特 別 償 却 を 認 める < 判 定 基 準 > 1 国 内 における 生 産 等 設 備 への 年 間 投 資 総 額 >その 事 業 年 度 の 減 価 償 却 費 2 国 内 における 生 産 等 設 備 への 年 間 投 資 総 額 が 対 前 年 度 比 10% 超 増 加 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 について 適 用 生 産 設 備 の 更 新 を 促 進 して 生 産 性 の 向 上 を 図 るとともに 国 内 における 設 備 投 資 需 要 を 喚 起 する 観 点 から 創 設 され ます 中 小 企 業 者 等 の 一 定 の 設 備 投 資 を 対 象 とした 中 小 企 業 投 資 促 進 税 制 があり ますが 本 制 度 は 大 法 人 も 利 用 可 能 で す 9

10 (6) 環 境 関 連 投 資 促 進 税 制 の 延 長 太 陽 光 発 電 設 備 等 について 取 得 時 に 取 得 価 額 全 額 を 即 時 償 却 できる 制 度 の 期 限 を 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 延 長 する( は 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 1 年 間 の 時 限 措 置 であった 即 時 償 却 制 度 が 延 長 となりました 電 力 の 買 取 価 格 次 第 ですが 節 税 効 果 を 含 めた 実 質 利 回 りはまだ 高 い 水 準 であると 予 測 され ます (7) 商 業 サービス 業 農 林 水 産 業 を 営 む 中 小 企 業 等 支 援 税 制 [ 新 設 ] 卸 売 業 小 売 業 サービス 業 農 林 水 産 業 を 営 む 中 小 企 業 等 の 経 営 改 善 のための 設 備 投 資 を 行 った 場 合 30%の 特 別 償 却 又 は 7%の 税 額 控 除 ( 法 人 税 額 の 20%を 限 度 )できる 措 置 を 創 設 する 平 成 25 年 4 月 1 日 から 27 年 3 月 31 日 までの 一 定 の 設 備 投 資 に 適 用 商 工 会 議 所 や 認 定 支 援 機 関 による 経 営 改 善 指 導 等 が 必 要 です (8) 特 定 資 産 譲 渡 等 損 失 の 損 金 不 算 入 制 度 等 の 見 直 し 1 特 定 資 産 の 譲 渡 等 損 失 の 損 金 不 算 入 制 度 の 対 象 となる 特 定 資 産 の 範 囲 に 特 定 適 格 組 織 再 編 成 等 を 行 った 法 人 がその 特 定 適 格 組 織 再 編 成 等 の 日 以 前 に 行 われた 他 の 特 定 適 格 組 織 再 編 成 等 によりその 法 人 と 支 配 関 係 がある 他 の 法 人 から 移 転 を 受 けた 一 定 の 資 産 を 加 える 2 青 色 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 について 支 配 関 係 がある 法 人 間 でみなし 共 同 事 業 要 件 を 満 たさない 適 格 合 併 等 が 行 われた 場 合 において 引 継 ぎ 制 限 の 対 象 となる 被 合 併 法 人 等 の 欠 損 金 及 び 利 用 禁 止 となる 合 併 法 人 等 の 欠 損 金 の 範 囲 に 一 定 の 欠 損 金 を 加 える テクニカル 項 目 含 み 損 を 抱 える 資 産 を 有 する 企 業 を その 企 業 グループごと 買 収 し まずその グループ 内 で 適 格 合 併 させた 後 で これ を 買 収 元 企 業 が 合 併 等 により 取 得 する ことで 買 収 先 企 業 が 有 する 資 産 の 譲 渡 損 失 又 は 欠 損 金 額 を 買 収 元 企 業 で 利 用 できる 条 文 構 成 となっていました 4. その 他 の 税 目 (1) 延 滞 税 等 の 税 率 引 き 下 げ 延 滞 税 等 の 割 合 を 以 下 の 通 りとする 項 目 14.6% 9.3% 延 滞 税 2 ヶ 月 以 内 等 4.3% 3.0% 納 税 の 猶 予 等 4.3% 2.0% 利 子 税 4.3% 2.0% 還 付 加 算 金 4.3% 2.0% の 割 合 は 国 内 銀 行 の 貸 出 約 定 平 均 金 利 の 年 平 均 が 1%の 場 合 平 成 26 年 1 月 1 日 以 後 の 期 間 に 対 応 する 延 滞 税 等 について 適 用 高 すぎるとの 指 摘 がある 延 滞 税 等 の 改 正 です の 割 合 の 計 算 は 日 銀 か ら 公 表 されている 貸 出 約 定 平 均 金 利 の 国 内 銀 行 の 新 規 短 期 の 年 平 均 を 利 用 し ます ( 計 算 例 ) 延 滞 税 3%= 貸 出 約 定 平 均 金 利 +2% (2) 土 地 売 買 に 係 る 登 録 免 許 税 の 軽 減 税 率 土 地 の 売 買 による 所 有 権 の 移 転 登 記 等 に 対 する 登 録 免 許 税 の 税 率 軽 減 措 置 (1.5%)の 適 用 期 限 を 2 年 延 長 する 減 税 平 成 25 年 4 月 1 日 から 2.0%( 本 則 ) になる 予 定 でした より 詳 しい 情 報 個 別 の 事 案 に 関 しては 当 法 人 担 当 者 までお 問 い 合 わせください お 問 い 合 わせ 先 税 理 士 法 人 KOTAKA 税 理 士 小 高 育 幸 Tel

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相 一 時 払 い 終 身 保 険 を 掛 ける 人 の 相 続 税 シミュレーション 相 続 財 産 のうちで 被 相 続 人 が 亡 くなったことにより 受 け 取 った 生 命 保 険 金 は 法 定 相 続 人 1 人 あたり 500 万 円 まで 非 課 税 となり 相 続 税 が 課 税 されません このため 法 定 相 続 人 が 3 人 で 相 続 財 産 として 生 命 保 険 金 を

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル 補 遺 1 平 成 28 年 6 月 ビジネス 教 育 出 版 社 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル をご 購 入 いただきありがとうございます 住 宅 ローンに 関 する 改 正 情 報 等 を 下 記 のとおりお 知 らせさせていただきます 記 1.マイナンバー 制 度 ( 関 連 ページ 5 6 10 31 ページ) (1) 平 成

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29 2015 年 1 月 発 行 平 成 27 年 度 税 制 改 正 ( 速 報 ) 昨 年 末 12 月 30 日 に 自 民 党 と 公 明 党 か 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 公 表 されました 12 月 に 解 散 総 選 挙 が 行 われたため 通 常 時 期 よりも 遅 い 大 綱 の 公 表 となりました 今 回 の 税 制 改 正 の 焦 点 は 法 人 課 税

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に

2. 住 宅 土 地 税 制 (1) 次 の 住 宅 取 得 等 に 係 る 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 31 年 6 月 30 日 まで 1 年 6 カ 月 延 長 される 1 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 ) 2 特 定 の 増 改 築 等 に 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 のポイント( 抜 粋 ) 平 成 27 年 1 月 30 日 中 川 税 理 士 社 労 士 事 務 所 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-10-1 パシフィックマークス 青 葉 台 7 階 TEL:03-3769-1656FAX:03-3769-1657 http://www.nakagawaoffice.com/ e-mail:k.nakagawa@nakagawaoffice.com

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 所 得 税 法 では 個 人 の 日 本 居 住 者 を 納 税 義 務 者 と 定 義 しています 居 住 者 とは 日 本 に 住 所 があるか あるいは 過 去

海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 所 得 税 法 では 個 人 の 日 本 居 住 者 を 納 税 義 務 者 と 定 義 しています 居 住 者 とは 日 本 に 住 所 があるか あるいは 過 去 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 海 外 資 産 と 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 http://www.up-firm.com 1 海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報 1 宛 名 番 号 全 情 報 共 通 2 年 度 賦 課 期 日 情 報 3 算 定 団 体 コード 賦 課 期 日 情 報 4 履 歴 連 番 賦 課 期 日 情 報 5 氏 名 カナ 賦 課 期 日 情 報 6 氏 名 漢 字 賦 課 期 日 情 報 7 生 年 月 日 賦 課 期 日 情 報 8 性 別 賦 課 期 日 情 報 9 町 名 賦 課 期 日 情 報 10 番 地 賦 課 期 日

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

く) 取 得 した 特 例 対 象 宅 地 が 2 区 分 にまたがるときは 下 記 の 算 式 を 限 度 とする A 200/400 + B 200/330 + C 200 m2 A 選 択 特 例 対 象 宅 地 等 である 特 定 事 業 用 等 宅 地 等 の 面 積 の 合 計 B 選

く) 取 得 した 特 例 対 象 宅 地 が 2 区 分 にまたがるときは 下 記 の 算 式 を 限 度 とする A 200/400 + B 200/330 + C 200 m2 A 選 択 特 例 対 象 宅 地 等 である 特 定 事 業 用 等 宅 地 等 の 面 積 の 合 計 B 選 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 利 用 による 相 続 税 対 策 1. 改 正 のポイント 項 目 内 容 適 用 年 月 日 平 成 27 年 1 月 1 日 特 定 居 住 用 宅 地 等 の 適 用 対 象 240m2330m2 以 後 の 相 続 又 は 遺 面 積 の 引 上 げ 贈 居 住 用 330m2 平 成 27 年 1 月 1 日 居 住 用 宅 地 と 事 業 用 宅

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

Microsoft Word - 第74号 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税

Microsoft Word - 第74号 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税 川 崎 市 中 原 区 小 杉 御 殿 町 1-868 電 話 044-271-6690 Fax044-271-6686 E-mail:hara@haratax.jp URL:http://www.haratax.jp 2015 年 5 月 15 日 第 74 号 haratax 通 信 結 婚 子 育 て 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 今 年 の 4 月 から

More information

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 企 業 買 収 ストラクチャーの 有 利 選 択 ( 法 人 株 主 と 個 人 株 主 の 財 務 戦 略 ) http://www.up-firm.com 1 TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 細 則 本 学 における 授 業 料 免 除 等 の 対 象 者 の 選 考 については, 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 及 び 金 沢 大 学 入 学 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 によるもののほか,この 細 則 によるものとする 1. 家 計 基 準 について (1) 授 業 料 免 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与 2014 年 4 月 株 式 会 社 ハウスジーメン 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 の 取 扱 いについて 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 は 中 古 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける ための 耐 震 基 準 を 満 たすことの 証 明 書 類 としてご

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information