4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

Size: px
Start display at page:

Download "4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産"

Transcription

1 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の 南 端 部 に 位 置 し 北 海 道 にあっては 温 暖 な 気 候 と 季 節 感 豊 かな 自 然 に 恵 まれた 総 面 積 k m2の 都 市 である また 当 市 は 我 が 国 最 初 の 国 際 貿 易 港 として 開 港 以 来 集 積 した 都 市 機 能 さらには 歴 史 と 伝 統 に 培 われた 文 化 など 数 多 くの 優 れた 特 性 を 背 景 に 北 海 道 と 本 州 を 結 ぶ 玄 関 口 として 道 南 における 行 政 経 済 文 化 の 中 核 都 市 として 発 展 してきた そのような 中 で 当 市 の 人 口 は 昭 和 55 年 の 約 34 万 5 千 人 をピークに 減 少 に 転 じ 平 成 26 年 4 月 には 中 核 市 として 唯 一 全 市 域 が 過 疎 地 域 に 指 定 される など 自 然 減 (H25 1,885 人 )と 社 会 減 (H25 1,125 人 )が 相 まって 人 口 減 少 に 歯 止 めがかからない 状 況 が 続 いており 平 成 27 年 3 月 末 の 人 口 は 約 26 万 9 千 人 となっている 一 方 当 市 の 産 業 の 特 性 としては 全 国 有 数 の 水 揚 げを 誇 る 昆 布 やイカなど の 水 産 加 工 製 品 を 中 心 とする 食 料 品 製 造 業 が 従 業 員 数 4,845 人 出 荷 額 94,339 百 万 円 ( 平 成 24 年 工 業 統 計 調 査 )で いずれも 製 造 業 全 体 ( 従 業 員 数 8,406 人 出 荷 額 177,632 百 万 円 )の 半 数 以 上 を 占 めるなど 当 市 の 主 要 産 業 となっ ており さらには 平 成 元 年 の 国 際 観 光 都 市 宣 言 を 一 つの 契 機 として 歴 史 街 並 み 食 などの 豊 富 な 観 光 資 源 を 生 かした 積 極 的 なプロモーション 活 動 や 受 入 体 制 の 整 備 などを 進 めてきたことにより 年 間 約 480 万 人 が 訪 れる 観 光 産 業 は 当 市 の 基 幹 産 業 として 大 きく 成 長 してきたところである 雇 用 情 勢 においては 管 内 における 有 効 求 人 倍 率 は 平 成 21 年 度 月 平 均 値 の 0.33 倍 を 底 に 上 昇 傾 向 にあり 平 成 25 年 度 月 平 均 値 が 0.74 倍 まで 回 復 してい るが 全 国 値 の 0.87 倍 を 下 回 っているほか 人 口 減 少 に 伴 う 労 働 力 人 口 の 減 少 雇 用 のミスマッチの 顕 在 化 非 正 規 雇 用 や 若 年 者 の 離 職 の 増 加 など 厳 しい 状 況 が 続 いている 平 成 28 年 3 月 の 北 海 道 新 幹 線 開 業 は 地 域 経 済 活 性 化 の 牽 引 力 となることが 大 いに 期 待 されることから 交 流 人 口 の 拡 大 企 業 立 地 の 促 進 やビジネスチャ ンスの 拡 大 など 北 海 道 新 幹 線 開 業 が 地 域 にもたらす 多 様 な 効 果 をしっかりと 引 き 出 し 最 大 限 地 域 に 波 及 させることが 必 要 である - 1 -

2 4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 科 学 研 究 院 や 北 海 道 立 工 業 技 術 センターなどの 学 術 的 技 術 的 支 援 による 資 源 の 量 産 技 術 や 食 品 加 工 技 術 などが 地 域 に 蓄 積 されており その 出 荷 額 は 製 造 業 全 体 の 半 数 以 上 を 占 める 中 心 産 業 となっている しかしながら 景 気 低 迷 による 販 売 不 振 や 他 地 域 との 競 合 などにより 水 産 加 工 品 の 生 産 量 は 減 少 傾 向 にある こうしたことから 当 市 では 函 館 マリンバイオクラスター 事 業 に よる 新 商 品 の 開 発 や 物 産 展 アンテナショップなどによる 販 路 の 拡 大 北 海 道 フード コンプレックス 国 際 戦 略 総 合 特 区 の 活 用 による 海 外 貿 易 の 推 進 など 食 関 連 産 業 の 振 興 に 取 り 組 んできたところである (2) 観 光 関 連 産 業 分 野 当 市 の 観 光 入 込 客 数 は 平 成 17 年 度 に 500 万 人 を 割 り 込 んでから 減 少 傾 向 が 続 き 平 成 23 年 度 の 東 日 本 大 震 災 の 影 響 で 約 410 万 人 にまで 落 ち 込 ん だが 平 成 25 年 度 には 480 万 人 まで 回 復 してきている 近 年 は 台 湾 や 中 国 シンガポール タイなど 東 アジア 東 南 アジア 地 区 からの 外 国 人 観 光 客 の 伸 びが 顕 著 となっており さらには 新 千 歳 空 港 と 函 館 空 港 を 組 み 合 わせて 道 内 を 旅 行 するケースが 多 いことから 今 後 も 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 が 見 込 まれている また 平 成 27 年 度 は 函 館 アリーナ や 函 館 フットボールパーク の 供 用 開 始 に 伴 い MICE( ) 市 場 の 拡 大 も 期 待 され 平 成 28 年 3 月 の 北 海 道 新 幹 線 開 業 により 新 幹 線 の 沿 線 地 域 である 北 関 東 および 南 東 北 エリアなどとの 交 通 アクセスの 利 便 性 が 向 上 することから これまで 以 上 に 交 流 人 口 が 増 えることが 見 込 まれている MICE:Meeting( 会 議 研 修 セミナーなど) Incentive( 報 奨 旅 行 招 待 旅 行 ) Convention( 大 会 学 会 国 際 会 議 業 界 団 体 の 会 議 ) Exhibition( 展 覧 会 展 示 会 イベント)の 頭 文 字 を 取 った 造 語 (3) 情 報 関 連 産 業 分 野 当 市 では 公 立 はこだて 未 来 大 学 や 函 館 工 業 高 等 専 門 学 校 等 において 高 度 情 報 化 社 会 に 対 応 する 人 材 育 成 や 地 域 企 業 との 産 学 の 共 同 研 究 が 行 わ れているほか IT 産 業 の 下 支 えとなる 電 子 部 品 関 連 企 業 の 集 積 もなされ ている また 近 年 首 都 圏 のIT 企 業 等 においては 地 方 への 拠 点 確 保 を 求 め る 動 きが 加 速 しており 当 市 では こうした 社 会 情 勢 の 変 化 や 地 域 の 優 位 性 を 踏 まえ 情 報 関 連 産 業 に 着 目 し 企 業 誘 致 に 取 り 組 んでいるところで あり 平 成 26 年 度 にはIT 企 業 が1 件 進 出 したほか 平 成 27 年 4 月 にも さらに1 件 進 出 したところである - 2 -

3 また 平 成 25 年 度 より 函 館 デザイン 協 議 会 と 連 携 し 食 品 加 工 企 業 を 対 象 に デザイン 性 の 高 い 商 品 開 発 等 を 支 援 するなど 地 場 製 品 のブ ランド 化 や 地 域 のデザインビジネスの 活 性 化 の 取 り 組 みを 進 めている 4-3 雇 用 面 における 地 域 の 課 題 と 今 後 の 取 り 組 み 当 市 は 高 齢 化 社 会 の 進 行 や 若 年 層 の 首 都 圏 等 への 流 出 などから 労 働 力 人 口 が 減 少 傾 向 にあり 企 業 によっては 人 材 の 確 保 が 難 しい 状 況 にある このことは 地 元 企 業 における 従 業 員 の 高 齢 化 や 採 用 人 材 育 成 のノウハウ 不 足 などを 招 き 事 業 の 拡 大 や 新 分 野 進 出 を 阻 害 する 懸 念 材 料 にもなっている また 雇 用 情 勢 については 全 国 的 な 景 気 の 持 ち 直 しに 伴 い 有 効 求 人 倍 率 は 改 善 傾 向 にあるものの 全 国 に 比 べて 低 い 水 準 となっており 職 種 における 求 人 求 職 のミスマッチや 非 正 規 雇 用 の 増 加 若 年 者 の 職 場 定 着 率 の 低 下 など といった 課 題 がある こうしたことから 北 海 道 新 幹 線 開 業 効 果 を 地 域 経 済 の 活 性 化 につなげるた め 当 市 の 観 光 や 食 などのブランド 力 を 生 かした 産 業 振 興 による 雇 用 の 創 出 と 人 材 の 育 成 の 取 り 組 みを 進 めていく (1) 食 関 連 産 業 分 野 裾 野 が 広 い 食 関 連 産 業 は 大 きな 波 及 効 果 が 期 待 できることから 水 産 物 などの 豊 富 な 食 資 源 のさらなるブラッシュアップや 新 たな 商 品 の 開 発 観 光 施 策 と 連 携 したブランド 化 の 推 進 などに 取 り 組 み 地 域 産 業 の 競 争 力 の 強 化 と 販 売 の 拡 大 を 図 ることで 地 域 経 済 の 活 性 化 および 雇 用 の 創 出 を 図 る (2) 観 光 関 連 産 業 分 野 北 海 道 新 幹 線 開 業 を 契 機 に 函 館 ブランドの 確 立 に 向 け さらに 観 光 客 を 呼 び 込 む 取 り 組 みと 同 時 に 飲 食 や 土 産 品 の 購 入 等 観 光 客 の 消 費 行 動 を 喚 起 し その 上 1 泊 から2 泊 への 観 光 地 を 目 指 すなど 1 人 当 たりの 観 光 消 費 額 を 向 上 させる 取 り 組 みにより 今 以 上 に 地 域 への 経 済 波 及 効 果 の 高 い 観 光 産 業 へと 発 展 させ 雇 用 の 創 出 を 図 る (3) 情 報 関 連 産 業 分 野 IT 産 業 やデザイン 産 業 などの 情 報 関 連 産 業 は それ 自 体 が 競 争 力 を 持 った 産 業 として 成 長 が 見 込 まれているが これらの 産 業 の 振 興 に 取 り 組 み 地 域 の 企 画 力 情 報 発 信 力 マーケティング 力 等 が 向 上 し 当 市 の 基 幹 産 業 である 地 域 資 源 ( 食 観 光 ) 分 野 の 競 争 力 が 強 化 され それらの 相 乗 効 果 により 地 域 全 体 の 産 業 振 興 につなげ 雇 用 の 創 出 を 図 る 4-4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 本 計 画 は 平 成 28 年 3 月 の 北 海 道 新 幹 線 開 業 を 契 機 に 1 次 産 業 から3 次 産 業 まで 裾 野 が 広 い 食 関 連 産 業 やポテンシャルの 高 い 観 光 関 連 産 業 の 振 興 さらにはエンジニア 不 足 やカントリーリスクの 不 安 から 海 外 拠 点 の 撤 退 - 3 -

4 国 内 回 帰 の 動 きも 見 られるIT 企 業 の 誘 致 も 含 めた 情 報 関 連 産 業 の 振 興 に 取 り 組 むことで 地 域 経 済 の 活 性 化 による 雇 用 の 創 出 を 図 ることを 目 標 とする なお 目 標 の 達 成 に 向 けては 厚 生 労 働 省 の 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 お よび 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 制 度 を 活 用 するものであり 取 り 組 みの 成 果 を 示 す 指 標 を 以 下 のとおり 設 定 する 数 値 目 標 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 活 用 による 雇 用 創 出 数 273 人 ( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 制 度 活 用 による 雇 用 創 出 数 25 人 ( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 5 地 域 再 生 を 図 るために 行 う 事 業 5-1 全 体 の 概 要 当 市 においては 経 済 団 体 等 と 連 携 し 販 路 開 拓 や 貿 易 の 推 進 による 地 場 産 業 の 振 興 北 海 道 新 幹 線 開 業 を 見 据 えた 観 光 振 興 今 後 成 長 が 見 込 まれるIT 産 業 の 振 興 等 を 通 じた 雇 用 創 出 に 取 り 組 んでいるところであり これらの 取 り 組 みと 厚 生 労 働 省 の 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 の 活 用 による 新 商 品 の 開 発 や 人 材 の 育 成 および 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 制 度 の 活 用 による 企 業 誘 致 の 推 進 や 域 内 投 資 の 誘 引 などの 取 り 組 みを 効 果 的 に 組 み 合 わせることで 相 乗 的 な 雇 用 創 出 を 図 るものである 5-2 特 定 政 策 課 題 に 関 する 事 項 該 当 なし 5-3 法 第 5 章 の 特 別 の 措 置 を 適 用 して 行 う 事 業 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 の 活 用 (1) 支 援 措 置 の 名 称 と 番 号 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 A2004 (2) 当 該 支 援 措 置 を 受 けて 実 施 する 取 り 組 み 内 閣 総 理 大 臣 の 指 定 を 受 けた 金 融 機 関 が 当 市 における 新 たな 雇 用 機 会 の 創 出 を 伴 う 事 業 基 盤 の 強 化 拡 張 や 新 分 野 進 出 新 規 起 業 等 の 取 り 組 みに 必 要 な 資 金 を 貸 し 付 ける 場 合 の 利 子 補 給 を 行 う (3) 貸 し 付 けの 対 象 とする 事 業 の 種 別 1 企 業 その 他 の 事 業 者 が 独 自 に 開 発 した 技 術 又 は 蓄 積 した 知 見 を 活 用 し た 新 商 品 の 開 発 又 は 新 役 務 の 提 供 その 他 の 新 たな 事 業 の 分 野 への 進 出 等 を 行 う 事 業 であって 地 域 産 業 の 高 度 化 新 産 業 の 創 出 雇 用 機 会 の 増 大 その 他 の 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 する 事 業 2 企 業 その 他 の 事 業 者 が 行 う 新 技 術 の 研 究 開 発 及 びその 成 果 の 企 業 化 等 の 事 業 であって 地 域 産 業 の 高 度 化 新 産 業 の 創 出 雇 用 機 会 の 増 大 そ の 他 の 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 する 事 業 - 4 -

5 3 歴 史 上 若 しくは 芸 術 上 価 値 の 高 い 建 造 物 として 文 化 財 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 214 号 )の 規 定 による 指 定 を 受 けたもの 又 は 歴 史 的 な 建 造 物 と してその 他 の 法 令 の 規 定 による 指 定 を 受 けたものの 活 用 又 は 整 備 を 行 う 事 業 4 地 域 経 済 の 振 興 を 図 るために 行 われる 流 通 の 基 盤 を 整 備 する 事 業 5 その 他 内 閣 総 理 大 臣 が 地 域 再 生 に 資 すると 認 める 事 業 (4) 利 子 補 給 金 の 受 給 を 予 定 する 金 融 機 関 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 地 域 再 生 協 議 会 の 構 成 員 である 以 下 の 金 融 機 関 とする 株 式 会 社 みずほ 銀 行 株 式 会 社 北 海 道 銀 行 株 式 会 社 青 森 銀 行 株 式 会 社 みちのく 銀 行 株 式 会 社 北 陸 銀 行 株 式 会 社 北 洋 銀 行 函 館 信 用 金 庫 渡 島 信 用 金 庫 江 差 信 用 金 庫 函 館 商 工 信 用 組 合 株 式 会 社 商 工 組 合 中 央 金 庫 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 (5) 利 子 補 給 を 受 けて 実 施 する 上 記 (3)の 事 業 による 経 済 的 社 会 的 効 果 等 本 事 業 により 事 業 者 の 金 利 負 担 の 軽 減 を 図 ることで 食 関 連 産 業 分 野 観 光 関 連 産 業 分 野 情 報 関 連 産 業 分 野 における 事 業 の 拡 大 や 企 業 の 進 出 等 を 誘 発 し 新 たな 雇 用 機 会 の 創 出 を 図 るものであり 計 画 期 間 内 の 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 中 に 利 子 補 給 金 給 付 対 象 事 業 を3 件 雇 用 創 出 効 果 を 25 人 と 想 定 する なお 雇 用 創 出 の 数 値 指 標 については 市 が 対 象 事 業 者 への 調 査 等 を 行 い 把 握 する 当 市 の1 事 業 所 あたりの 従 業 者 数 約 8.1 人 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 結 果 により 算 出 従 業 者 数 109,928 人 /13,509 事 業 所 ( 公 務 事 業 内 容 不 詳 を 除 く) 利 子 補 給 金 活 用 見 込 み 件 数 3 件 ( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 の3ヵ 年 度 ) 雇 用 創 出 効 果 8.1 人 3 件 25 人 5-4 その 他 の 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 に 基 づく 支 援 措 置 (1) 支 援 措 置 の 名 称 と 番 号 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 B

6 (2) 実 施 主 体 はこだて 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 (3) 構 成 員 北 海 道 渡 島 総 合 振 興 局 函 館 商 工 会 議 所 公 益 財 団 法 人 函 館 地 域 産 業 振 興 財 団 一 般 社 団 法 人 函 館 国 際 観 光 コンベンション 協 会 連 合 北 海 道 函 館 地 区 連 合 会 公 立 はこだて 未 来 大 学 函 館 市 (4) 実 施 する 事 業 内 容 Ⅰ 雇 用 拡 大 メニュー( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 1 戦 略 的 販 売 促 進 研 修 事 業 主 や 販 売 責 任 者 等 を 対 象 に マーケティング デザイン 戦 略 ソーシャルメディアのビジネス 活 用 に 関 する 講 義 や 海 外 航 空 路 線 の 拡 充 により 観 光 入 込 客 数 の 増 加 が 見 込 まれる 東 アジア 東 南 ア ジアの 国 地 域 別 の 習 慣 や 特 性 に 関 する 講 義 等 の 販 売 促 進 につなが る 研 修 の 実 施 により 雇 用 機 会 の 拡 大 に 結 びつける 2H 3 日 間 2 回 2H 3 日 間 3 回 事 業 主, 販 売 責 任 者, 在 職 者 等 20 社 /1 回 2 経 営 力 向 上 研 修 事 業 主 総 務 経 理 責 任 者 人 事 責 任 者 等 を 対 象 に 経 営 計 画 策 定 に 関 する 講 義 や 正 規 雇 用 求 人 の 拡 大 雇 用 管 理 等 に 関 するノウハ ウを 習 得 する 研 修 の 実 施 により 雇 用 機 会 の 拡 大 に 結 びつける 2H 2 日 間 1 回 2H 2 日 間 2 回 事 業 主, 総 務 経 理 責 任 者 人 事 責 任 者 等 15 社 /1 回 3 地 域 の 食 資 源 活 用 研 修 事 業 主 調 理 担 当 者 商 品 開 発 担 当 者 等 を 対 象 に ガゴメ 昆 布 等 の 地 域 の 食 資 源 の 具 体 的 な 活 用 方 法 を 習 得 する 研 修 の 実 施 により 雇 用 機 会 の 拡 大 に 結 びつける 2H 3 日 間 1 回 2H 3 日 間 3 回 事 業 主, 調 理 担 当 者, 商 品 開 発 担 当 者, 生 産 者 等 15 社 /1 回 - 6 -

7 4 情 報 サービス スタートアップ 研 修 情 報 関 連 産 業 分 野 の 事 業 主 や 経 営 部 門 責 任 者 等 を 対 象 に 事 業 成 長 につながる 他 分 野 との 連 携 ビジネスなど ITやデザインを 利 活 用 した 新 たなサービスやビジネスモデル 構 築 のプロセス 先 進 事 例 等 に 関 する 研 修 の 実 施 により 雇 用 機 会 の 拡 大 に 結 びつける 2H 2 日 間 1 回 2H 2 日 間 2 回 事 業 主, 経 営 部 門 責 任 者 等 10 社 /1 回 5 雇 用 創 出 実 践 メニュー 公 開 活 用 研 修 事 業 主 商 品 開 発 担 当 者 起 業 希 望 者 等 を 対 象 に 雇 用 創 出 実 践 メニューで 開 発 した 成 果 物 やノウハウを 広 く 公 開 するとともに そ の 活 用 方 法 や 販 路 の 開 拓 状 況 を 周 知 することにより 成 果 物 の 活 用 を 促 す 2H 1 日 間 2 回 事 業 主, 調 理 担 当 者, 商 品 開 発 担 当 者, 起 業 希 望 者 等 20 社 /1 回 Ⅱ 人 材 育 成 メニュー( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 1 即 戦 力 養 成 講 座 地 域 重 点 分 野 の 企 業 等 において 活 躍 できるスキルを 習 得 する 講 座 の 実 施 により 求 職 者 を 早 期 就 業 につなげる なお 講 座 は 接 客 や 販 売 等 のフロントオフィス 業 務 を 担 う 人 材 を 育 成 する 観 光 関 連 コース と 各 種 企 業 等 への 就 職 に 必 要 なパ ソコンやタブレット 等 の 基 本 スキルを 習 得 する パソコンコース の2つのコースで 実 施 する 観 光 関 連 コース パソコンコース 6H 10 日 間 1 回 6H 10 日 間 2 回 20 人 /1 回 6H 5 日 間 1 回 6H 5 日 間 3 回 20 人 /1 回 - 7 -

8 2 地 域 ブランド 発 信 人 材 養 成 講 座 地 域 資 源 のブランディングやセールスプロモーションを 担 う 人 材 を 育 成 するため 地 域 の 食 観 光 資 源 の 特 性 活 用 方 法 を 把 握 し 広 く 域 外 に 発 信 するスキルや 貿 易 のターゲットである 東 南 アジア や 東 アジアの 商 取 引 習 慣 等 の 基 礎 知 識 を 習 得 する 講 座 の 実 施 により 食 観 光 関 連 企 業 等 への 就 職 につなげる 6H 5 日 間 1 回 6H 5 日 間 2 回 15 人 /1 回 3 販 売 力 向 上 マーケティング 講 座 地 場 産 品 の 販 路 拡 大 や 増 加 が 見 込 まれる 国 内 および 海 外 ( 東 アジ ア 東 南 アジア)の 観 光 客 に 対 する 売 上 げの 拡 大 に 向 け 小 売 店 等 の 営 業 や 販 売 マネジメントを 担 う 人 材 を 育 成 するため マーケティ ングスキルや 観 光 客 の 満 足 度 購 買 意 欲 を 高 めるノウハウを 習 得 する 講 座 の 実 施 により 食 観 光 関 連 企 業 等 への 就 職 につなげる 6H 10 日 間 1 回 6H 10 日 間 2 回 15 人 /1 回 4 Web 管 理 者 育 成 講 座 首 都 圏 等 のIT 企 業 の 市 内 進 出 に 伴 うWebサイト 管 理 業 務 の 需 要 拡 大 に 対 応 し 市 内 IT 企 業 において Webサイトの 管 理 更 新 業 務 を 担 う 人 材 を 育 成 するため HTML CSS 等 の 活 用 やアクセス 解 析 などのスキルを 習 得 する 講 座 の 実 施 により 情 報 関 連 企 業 等 への 就 職 につなげる ~H29 6H 10 日 間 1 回 10 人 /1 回 5 起 業 家 養 成 講 座 地 域 内 の 起 業 希 望 者 に 対 し 起 業 に 必 要 な 事 業 計 画 資 金 計 画 等 の 基 礎 知 識 を 習 得 する 講 座 や 各 種 支 援 制 度 の 紹 介 先 輩 起 業 者 と の 意 見 交 換 会 などを 実 施 し 起 業 の 支 援 を 行 う なお 講 座 は カフェ 等 の 飲 食 店 の 起 業 を 目 指 す 飲 食 コース 雑 貨 やアパレル 等 の 小 売 店 の 起 業 を 目 指 す 販 売 コース Web ショップの 起 業 を 目 指 す Webコース の3つのコースを 実 施 す - 8 -

9 る 各 コース ~29 3H 5 日 間 1 回 10 人 /1 回 Ⅲ 就 職 促 進 メニュー( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 1 函 館 地 域 合 同 企 業 説 明 会 地 元 求 人 企 業 と 地 域 内 求 職 者 を 対 象 とした 合 同 企 業 説 明 会 とキャ リアカウンセラーによる 就 職 相 談 を 実 施 し 地 元 企 業 の 人 材 確 保 企 業 情 報 の 説 明 によるミスマッチの 防 止 求 職 者 の 就 職 支 援 を 行 う 事 業 期 間 回 数 参 加 対 象 参 加 者 数 1 日 間 1 回 1 日 間 2 回 70 人 /1 回 2 ホームページによる 就 職 情 報 の 発 信 等 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 で 実 施 予 定 の 各 種 事 業 の 周 知 のほか 就 職 関 連 情 報 や 地 元 企 業 情 報 の 発 信 などを 行 うため ホームページの 開 設 管 理 を 行 い 雇 用 促 進 を 図 る 事 業 期 間 : 平 成 27 年 7 月 ~ 平 成 30 年 3 月 Ⅳ 雇 用 創 出 実 践 メニュー( 平 成 27 年 度 ~29 年 度 ) 1 地 域 資 源 を 活 用 した 新 商 品 の 開 発 および 販 路 の 開 拓 地 域 産 業 の 競 争 力 の 向 上 を 図 るため いちごや 昆 布 などの 地 域 の 豊 富 な 食 資 源 を 活 用 した 新 商 品 を 開 発 し 新 たなブランド 化 を 目 指 す また 成 果 物 は 観 光 振 興 施 策 と 一 体 的 にプロモーション 等 を 実 施 し 販 路 の 開 拓 と 観 光 客 の 誘 客 につなげるとともに 開 発 のノウ ハウや 開 拓 した 販 路 については 広 く 地 域 の 事 業 者 に 公 開 のうえ 活 用 を 促 し 事 業 者 の 売 上 げの 拡 大 による 地 域 経 済 の 活 性 化 と 雇 用 の 創 出 を 目 指 す なお 成 果 物 は お 菓 子 等 の 土 産 品 と 海 藻 等 の 水 産 資 源 を 活 用 し た 商 品 を 想 定 している 事 業 期 間 : 平 成 27 年 7 月 ~ 平 成 30 年 3 月 複 数 事 業 と 密 接 に 関 連 させて 効 果 を 高 める 独 自 の 取 り 組 み 該 当 なし 支 援 措 置 によらない 独 自 の 取 組 (1) 食 関 連 産 業 分 野 に 関 する 取 り 組 み 1 函 館 マリンバイオクラスター 事 業 の 推 進 - 9 -

10 産 学 官 が 連 携 して 地 域 の 水 産 資 源 を 活 用 した 研 究 技 術 開 発 に 取 り 組 み 高 付 加 価 値 化 商 品 や 新 技 術 新 事 業 を 創 出 し 世 界 に 通 用 す るクラスターの 形 成 を 目 指 している 北 海 道 ( 中 核 機 関 :( 公 財 ) 函 館 地 域 産 業 振 興 財 団 ) 2 食 料 品 製 造 業 の 振 興 地 場 一 次 産 品 を 活 用 した 魅 力 的 な 商 品 開 発 を 促 進 するとともに 地 域 内 外 における 函 館 産 加 工 食 品 の 認 知 度 向 上 を 図 っている 3 販 路 拡 大 に 関 する 取 り 組 み 函 館 物 産 協 会 および 函 館 スイーツ 推 進 協 議 会 等 と 連 携 し 全 国 各 地 の 百 貨 店 で 開 催 される 北 海 道 物 産 展 への 参 加 東 京 都 内 でのアンテナ ショップの 開 設 首 都 圏 商 業 施 設 でのスイーツフェアの 開 催 全 国 チ ェーンのスーパーでのフェア 開 催 などにより 水 産 品 やスイーツなど の 地 場 産 品 の 販 路 拡 大 を 図 っている 函 館 物 産 協 会 ほか 4 貿 易 振 興 に 関 する 取 り 組 み 輸 入 制 度 や 市 場 規 模 親 日 度 等 を 勘 案 して 香 港 台 湾 シンガポ ール タイを 主 要 なターゲットと 定 め 北 海 道 道 南 のみならず 青 森 県 とも 連 携 し 豊 かな 食 材 を 活 用 した 地 域 産 品 の 輸 出 促 進 を 図 るため 関 係 機 関 および 団 体 等 と 連 携 しながら 現 地 での 物 産 展 開 催 食 品 展 示 商 談 会 への 出 展 や 海 外 バイヤーを 招 へいした 商 談 会 の 開 催 等 に 取 り 組 んでいる 5 産 学 官 金 連 携 の 推 進 函 館 マリンバイオクラスター 形 成 の 推 進 をはじめ 北 海 道 フード コンプレックス 国 際 戦 略 総 合 特 区 の 各 種 支 援 制 度 の 活 用 のほか 金 融 機 関 との 連 携 強 化 によるネットワークの 活 用 など 大 学 等 の 研 究 成 果 を 活 用 した 産 学 官 金 の 連 携 による 各 種 の 取 り 組 みを 推 進 している ( 公 財 ) 函 館 地 域 産 業 振 興 財 団 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 科 学 研 究 院 ほか (2) 観 光 関 連 産 業 分 野 に 関 する 取 り 組 み 1 函 館 市 観 光 基 本 計 画 に 基 づく 各 種 観 光 施 策 の 展 開 交 流 にぎわいの 創 出 おもてなし 満 足 度 の 向 上 国 際 化 の 推 進 を 基 本 方 針 として 平 成 25 年 度 に 策 定 した 函 館 市 観 光 基 本 計 画 に 基 づき 各 種 施 策 を 展 開 している ( 計 画 期 間 は 平 成 35 年 度 まで) ( 一 社 ) 函 館 国 際 観 光 コンベンション 協 会 ほか 2 北 海 道 新 幹 線 開 業 はこだて 活 性 化 アクションプランの 推 進 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 を 見 据 え 官 民 が 協 働 しながら 開 業 効 果 を 最 大 限 に 生 かし 観 光 をはじめとする 地 域 産 業 等 の 振 興 を 図 っている

11 (プラン 推 進 期 間 は 平 成 27 年 度 まで) 実 施 主 体 北 海 道 新 幹 線 新 函 館 開 業 対 策 推 進 機 構 3 北 海 道 新 幹 線 開 業 記 念 イベントの 実 施 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 に 向 けた 気 運 の 醸 成 を 図 り 賑 わいを 創 出 する とともに 地 域 の 魅 力 を 広 く 全 国 に 発 信 し 誘 客 を 促 進 するなど 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 るため 開 業 前 開 業 時 開 業 後 にイベントを 開 催 することとしている ( 平 成 28 年 度 まで) (3) 情 報 関 連 産 業 分 野 に 関 する 取 り 組 み 1 IT 産 業 の 振 興 IT 人 材 の 確 保 育 成 に 努 めるとともに 地 域 のIT 企 業 や 関 連 団 体 との 連 携 を 図 り 製 造 業 等 における 地 場 企 業 のITの 高 度 利 用 によ る 競 争 力 強 化 に 係 る 取 り 組 みを 推 進 している はこだてIKA 2 デザイン 産 業 との 連 携 食 品 加 工 企 業 を 対 象 として 企 業 とデザイナーをマッチングし 企 業 経 営 者 とデザイナーとの 協 業 によって 企 業 理 念 や 商 品 サービス の 価 値 を 消 費 者 にわかりやすく 伝 えるためのデザイン 開 発 を 進 めるた め その 方 針 となるデザイン 戦 略 およびデザインコンセプトの 策 定 を 支 援 している 函 館 デザイン 協 議 会 (4) 各 分 野 に 共 通 する 取 り 組 み 1 中 心 市 街 地 活 性 化 に 関 する 取 り 組 み 平 成 25 年 3 月 に 認 定 を 受 けた 函 館 市 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 に 基 づき 中 心 市 街 地 の 賑 わいの 創 出 と 地 域 経 済 の 活 性 化 を 推 進 して いる ( 計 画 期 間 は 平 成 29 年 度 まで) 2 起 業 支 援 に 関 する 取 り 組 み 起 業 支 援 の 助 成 金 やセミナー 等 の 実 施 のほか 支 援 機 能 を 備 えたイ ンキュベーション 施 設 の 設 置 等 により 起 業 を 促 進 している ( 公 財 ) 函 館 地 域 産 業 振 興 財 団 3 企 業 立 地 促 進 法 に 基 づく 基 本 計 画 の 推 進 平 成 26 年 度 に 策 定 した 産 業 集 積 の 形 成 等 に 関 する 基 本 計 画 に 基 づき 恵 まれた 地 理 的 自 然 的 条 件 や 活 発 な 産 学 連 携 の 取 り 組 みなど を 活 かした 水 産 海 洋 関 連 産 業 や 情 報 技 術 情 報 サービス 産 業 などの 集 積 を 目 指 している ( 計 画 期 間 は 平 成 30 年 度 まで) 北 斗 市 七 飯 町 北 海 道 4 函 館 市 企 業 立 地 の 促 進 に 関 する 条 例 に 基 づく 助 成 措 置 安 定 的 な 雇 用 環 境 を 創 出 する 企 業 の 立 地 促 進 誘 致 企 業 の 製 品 の 高 度 化 や 生 産 能 力 の 向 上 IT 関 連 企 業 の 誘 致 促 進 などを 目 的 に 立 地

12 企 業 に 対 して 補 助 金 を 交 付 している 5 雇 用 対 策 の 推 進 地 域 経 済 の 再 生 に 向 けた 施 策 と 連 動 した 雇 用 対 策 や 若 者 の 就 労 支 援 IJUターンの 推 進 事 業 などを 実 施 している 6 人 口 減 少 対 策 事 業 の 実 施 人 口 減 少 を 抑 制 するため 若 者 や 女 性 の 就 労 支 援 地 場 産 業 の 活 性 化 による 雇 用 の 創 出 などに 関 する 取 り 組 みを 実 施 する ( 年 度 か らの 実 施 に 向 けて 事 業 内 容 を 検 討 中 ) 5-5 計 画 期 間 地 域 再 生 計 画 認 定 の 日 から 平 成 35 年 3 月 末 まで 6 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 に 関 する 事 項 6-1 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 の 手 法 本 計 画 の 目 標 達 成 状 況 については 市 が 年 度 ごとにその 達 成 状 況 を 評 価 し 改 善 すべき 事 項 の 検 討 を 行 う なお 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 の 取 り 組 みについては はこだて 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 において 年 度 ごとに 参 加 者 へのアンケート 調 査 や 就 職 状 況 調 査 等 を 実 施 し 達 成 状 況 の 確 認 を 行 う また 地 域 再 生 支 援 利 子 補 給 金 事 業 については 市 が 利 子 補 給 金 制 度 活 用 事 業 者 への 雇 用 状 況 調 査 を 実 施 し 達 成 状 況 の 確 認 を 行 う 6-2 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 の 時 期 及 び 評 価 を 行 う 内 容 評 価 の 時 期 については 終 了 後 6 月 頃 に 実 施 する また 評 価 を 行 う 内 容 は 下 表 のとおりとする なお 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 については の 事 業 実 施 計 画 において 目 標 値 に 変 更 があった 場 合 には 同 様 に 本 計 画 の 目 標 値 を 変 更 するものとする

13 目 標 1 実 践 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 活 用 による 雇 用 創 出 数 雇 用 拡 大 メニュー 参 加 事 業 者 によ る 雇 い 入 れ 数 人 材 育 成 メニュー 参 加 求 職 者 の 就 職 者 数 創 業 者 数 就 職 促 進 メニュー 参 加 求 職 者 の 就 職 者 数 創 業 者 数 雇 用 創 出 実 践 メニューによる 雇 い 入 れ 数 年 度 H28 年 度 H29 年 度 3ヵ 年 度 計 61 人 106 人 106 人 273 人 8 人 15 人 15 人 38 人 34 人 60 人 60 人 154 人 13 人 25 人 25 人 63 人 6 人 6 人 6 人 18 人 目 標 2 年 度 H28 年 度 ( 中 間 目 標 ) H29 年 度 ( 最 終 目 標 ) 地 域 再 生 利 子 補 給 金 制 度 活 用 による 雇 用 創 出 数 - 人 8 人 25 人 6-3 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 公 表 の 手 法 函 館 市 のホームページにおいて 毎 年 7 月 頃 に 公 表 する 7 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 に 関 する 事 項 該 当 なし 8 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 に 関 する 事 項 該 当 なし 9 産 業 集 積 形 成 等 基 本 計 画 に 関 する 事 項 該 当 なし

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低 Ⅱ 自 立 型 経 済 産 業 構 造 に 向 けた 施 策 展 開 本 道 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 と 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 を 柱 に 施 策 を 展 開 する < 施 策 の 柱

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

今 後 は この たたら 製 鉄 で 栄 えてきた 地 域 で 地 域 資 源 等 を 活 用 した 産 業 振 興 を 図 り 更 なる 雇 用 環 境 の 改 善 を 図 る 必 要 があるが 基 幹 産 業 である 農 林 業 の 変 革 や 農 商 工 連 携 の 推 進 バイオマス 事 業

今 後 は この たたら 製 鉄 で 栄 えてきた 地 域 で 地 域 資 源 等 を 活 用 した 産 業 振 興 を 図 り 更 なる 雇 用 環 境 の 改 善 を 図 る 必 要 があるが 基 幹 産 業 である 農 林 業 の 変 革 や 農 商 工 連 携 の 推 進 バイオマス 事 業 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 市 民 総 がかりで たたらの 里 山 再 生 に 挑 戦!! ~ 自 立 型 地 域 経 済 圏 の 確 立 に 向 けたふるさと 産 業 の 創 出 ~ 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 雲 南 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 雲 南 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

大分市商工業振興計画策定委員会

大分市商工業振興計画策定委員会 第 2 次 大 分 市 商 工 業 振 興 計 画 策 定 委 員 会 第 3 回 策 定 委 員 会 日 時 : 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 )10:00~ 場 所 : 大 分 市 役 所 議 会 棟 4 階 全 員 協 議 会 室 次 第 1 開 会 2 報 告 事 項 (1) 第 1 次 計 画 推 進 外 部 委 員 会 の 評 価 結 果 について (2) 第 2 次 大

More information

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 28 年 3 月 18 日 ( 金 ) 高 知 県 総 務 部 人 事 課 1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H27.4.1 H28.4.1 増 減 事 務 (うち 男 性

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 7 月 北 海 道 経 済 連 合 会 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用)

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用) 観 光 庁 の 兵 庫 神 戸 への 移 転 提 案 1 地 方 創 生 上 の 意 義 (1) 今 後 の 日 本 成 長 の 象 徴 地 方 創 生 の 意 義 は 東 京 一 極 集 中 を 是 正 し 地 方 主 導 で 日 本 に 成 長 をも たらすこと 成 長 力 の 中 核 観 光 行 政 の 司 令 塔 が 地 方 創 生 の 旗 頭 として 関 西 神 戸 に 位 置 することは

More information

(2) 多 様 な 主 体 の 活 躍 の 場 づくり なでしこ 応 援 女 性 の 活 躍 推 進 事 業 (なでしこ 応 援 雇 用 機 会 拡 大 職 場 環 境 整 備 促 進 事 業 ) 道 と 札 幌 市 が 連 携 して 子 育 て 中 の 女 性 が 安 心 して 働 くこ とのでき

(2) 多 様 な 主 体 の 活 躍 の 場 づくり なでしこ 応 援 女 性 の 活 躍 推 進 事 業 (なでしこ 応 援 雇 用 機 会 拡 大 職 場 環 境 整 備 促 進 事 業 ) 道 と 札 幌 市 が 連 携 して 子 育 て 中 の 女 性 が 安 心 して 働 くこ とのでき 資 料 4 平 成 28 年 度 当 初 予 算 (H27.5 定 補 正 含 む) 北 海 道 創 生 総 合 戦 略 ( 重 点 戦 略 プロジェ) 関 連 事 業 の 概 要 1. 安 心 のまち 暮 らし 住 まいる 北 海 道 プロジェ 子 育 てやゆとりある 生 活 に 適 した 本 道 の 暮 らしのブランド 化 と 発 信 により 誰 もが 自 らの 個 性 に 応 じ 活 躍 し

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月 東 大 震 災 へ 対 応 16 実 施 17 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 2 平 成 25 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 22 資 調 達 24 そ 他 26 214 15 東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

個 別 調 書 等 1 政 策 評 価 について 2 事 務 事 業 評 価 について 3 公 共 事 業 評 価 について 4 規 模 事 業 評 価 について 1 政 策 評 価 について 7つの 政 策 分 野 42の 政 策 項 目 及 び 具 体 的 な 推 進 方 策 の 体 系 と 評 価 結 果 政 策 Ⅰ 産 業 雇 用 項 目 名 評 価 1 国 際 競 争 力 の 高 いものづくり

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

資 料 4 ( 案 ) 宮 行 評 委 第 号 平 成 2 7 年 7 月 2 3 日 宮 城 県 知 事 村 井 嘉 浩 殿 宮 城 県 行 政 評 価 委 員 会 委 員 長 堀 切 川 一 男 宮 城 県 行 政 評 価 委 員 会 政 策 評 価 部 会 部 会 長 井 上 千 弘 平 成 2 7 年 度 政 策 評 価 施 策 評 価 に つ い て ( 答 申 ) 平 成 2 7 年 5

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

PowerPoint 簡報

PowerPoint 簡報 アジア 太 平 洋 布 陣 勝 機 の 第 一 選 択 台 湾 自 由 経 済 示 範 区 2/34 要 綱 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾 投 資 の 目 玉 : 自 由 経 済 示 範 区 示 範 区 の 特 長 と 優 遇 措 置 示 範 区 の 発 展 重 点 示 範 区 園 区 の 紹 介 示 範 区 の 連 絡 先 3/34 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾

More information

平成21年4月1日

平成21年4月1日 各 位 2009 年 5 月 15 日 会 社 名 林 兼 産 業 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 橋 本 鉄 志 (コード 番 号 2286 東 証 大 証 第 1 部 福 証 ) 問 合 せ 先 管 理 本 部 総 務 部 長 宮 﨑 一 郎 TEL(083)266-0210 < 中 期 経 営 計 画 アクションプラン 策 定 について> ( 2009 年 度 ~

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

Ⅰ 産学官連携の推進

Ⅰ 産学官連携の推進 平 成 28 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 産 学 官 連 携 の 推 進 1 産 学 官 連 携 推 進 事 業 国 際 的 な 企 業 間 競 争 の 激 化 や 技 術 革 新 が 急 速 に 進 展 していることから 本 県 においては 新 商 品 の 開 発 や 新 分 野 への 進 出 等 が 求 められている このため 産 学 官 が 連 携 し 富 山 ならでは の 先 端 産 業 の

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls 平 成 27 年 度 績 報 告 書 申 請 者 概 要 申 請 者 担 当 者 団 体 名 代 表 者 職 氏 名 職 氏 名 会 頭 岸 脇 淳 介 所 在 地 594-1144 大 阪 府 和 泉 市 テクノステージ3 丁 目 1 番 10 号 連 絡 先 中 小 企 相 談 所 所 長 代 理 電 話 番 号 ( 直 通 ): Fax: E-mail: 増 谷 好 幸 0725-53-0320

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

Ⅰ はじめに 1. 総 合 戦 略 の 策 定 に つ い て ( 1 ) 策 定 の 趣 旨 本 市 の 重 要 課 題 で あ る 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 を 克 服 し 魅 力 と 活 気 に あ ふ れ 心 豊 か に 安 心 し て 暮 ら せ る 境 港 市 を 構

Ⅰ はじめに 1. 総 合 戦 略 の 策 定 に つ い て ( 1 ) 策 定 の 趣 旨 本 市 の 重 要 課 題 で あ る 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 を 克 服 し 魅 力 と 活 気 に あ ふ れ 心 豊 か に 安 心 し て 暮 ら せ る 境 港 市 を 構 境 港 市 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 平 成 27 年 7 月 境 港 市 当 骨 子 ( 案 ) に つ い て は 平 成 27 年 7 月 9 日 の 会 議 時 点 の も の で あ り 確 定 し た も の で は ご ざ い ま せ ん Ⅰ はじめに 1. 総 合 戦 略 の 策 定 に つ い て ( 1 ) 策 定 の 趣 旨 本 市 の 重 要 課 題 で あ る 人

More information

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち とちぎブランド デザイン 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 するとちぎブランド デザイン 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 委 託 業 務 名 とちぎブランド デザイン 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 〇 本 県 では 栃 木 県 重 点 戦 略

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月

新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月 新 しい 公 共 支 援 事 業 の 実 施 に 関 するガイドライン 参 考 資 料 新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月 8 日 閣

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の 松 山 の 観 光 コンベンション 誘 客 事 業 の 取 組 公 益 財 団 法 人 松 山 観 光 コンベンション 協 会 松 山 観 光 コンベンション 協 会 は 平 成 17 年 4 月 1 日 に 財 団 法 人 松 山 コンベンション ビューローと 松 山 市 観 光 協 会 が 統 合 してでき た 組 織 です 平 成 24 年 4 月 1 日 には 公 益 財 団 法 人 として

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information