建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

Size: px
Start display at page:

Download "建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め"

Transcription

1 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H ) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成 長 軌 道 への 移 行 に 向 けた 経 済 構 造 の 改 革 (3)オープンな 国 づくり ( 内 なるグローバル 化 ) 2020 年 における 対 日 直 接 投 資 残 高 倍 増 目 標 実 現 のため, 対 日 直 接 投 資 推 進 会 議 において, 投 資 案 件 の 発 掘 誘 致 活 動 を 推 進 するとともに, 関 係 会 議 と 連 携 しながら, 規 制 改 革 など, 必 要 な 制 度 改 革 等 の 実 現 を 図 る また,グローバル 人 材 の 育 成 及 び 多 言 語 対 応 の 強 化 等 を 行 うほか, 国 際 金 融 セン ターとしての 東 京 市 場 の 地 位 を 確 立 するための 施 策 を 推 進 する 外 国 人 材 の 活 用 は, 移 民 政 策 ではない 基 本 的 な 価 値 観 を 共 有 する 国 々との 連 携 を 強 化 する 優 秀 な 研 究 者 など 外 国 の 高 度 人 材 や 留 学 生 等 が 活 躍 しやすい 環 境 を 整 備 する 技 能 実 習 制 度 は, 制 度 本 来 の 目 的 を 踏 まえ, 国 の 関 与 の 強 化 により 適 正 化 を 図 り, 実 習 期 間 の 延 長 等 の 拡 充 を 図 る 外 国 人 材 に ついては, 女 性 の 活 躍 推 進 や 中 長 期 的 な 経 済 成 長 の 観 点 から, 国 家 戦 略 特 区 の 枠 組 みの 中 で 十 分 な 管 理 体 制 の 下 で 活 用 する 仕 組 みや, 製 造 業 における 海 外 子 会 社 等 従 業 員 の 国 内 受 入 れ 等 の 検 討 を 進 める 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 未 来 への 挑 戦 ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 一 概 論 Ⅱ. 改 訂 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本 でその 能 力 を 発 揮 してもらいやす くすることが 重 要 である 当 面 の 対 応 策 として, 管 理 監 督 体 制 の 強 化 を 前 提 に 技 能 実 習 制 度 を 拡 充 す ることとしたほか, 建 設 業 及 び 造 船 業 に 従 事 する 技 能 者 の 就 労 を 円 滑 化 するための 緊 急 措 置 を 整 備 す ることとした また, 今 後, 日 本 への 留 学 生 や 海 外 の 優 秀 な 人 材 が 日 本 で 働 き 暮 らしやすくするため, 国 家 戦 略 特 区 の 活 用 にとどまらず, 中 長 期 的 な 視 点 に 立 って 総 合 的 な 検 討 を 進 めていく < 鍵 となる 施 策 > ( 前 略 ) 3 外 国 人 が 日 本 で 活 躍 できる 社 会 へ( 技 能 実 習 制 度 の 拡 充 等 ) Ⅳ. 改 訂 戦 略 の 主 要 施 策 例 2. 担 い 手 を 生 み 出 す~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 3 外 国 人 が 活 躍 できる 社 会 へ 外 国 人 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 管 理 監 督 体 制 の 抜 本 的 強 化 を 図 りつつ, 対 象 職 種 の 拡 大, 技 能 実 習 期 間 の 延 長 ( 最 大 3 年 間 最 大 5 年 間 ), 受 け 入 れ 枠 の 拡 大 等 を 行 う 2015 年 度 中 に 実 施 1について を 参 照 1

2 建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 めることを 基 本 としつつ, 建 設 分 野 において, 即 戦 力 となり 得 る 外 国 人 材 の 活 用 促 進 を 図 るための 新 制 度 を 導 入 する また, 造 船 分 野 についても, 同 様 の 措 置 を 講 ずる 2015 年 度 初 頭 から 開 始 2について を 参 照 国 家 戦 略 特 区 における 家 事 支 援 人 材 の 受 け 入 れ 家 事 等 の 負 担 を 軽 減 するため, 国 家 戦 略 特 区 において, 外 国 人 家 事 支 援 人 材 の 受 け 入 れを 可 能 とする 検 討 を 進 め, 速 やかに 所 要 の 措 置 を 講 ずる 3について を 参 照 介 護 分 野 における 外 国 人 留 学 生 の 活 躍 介 護 福 祉 士 等 の 国 家 資 格 を 取 得 した 外 国 人 留 学 生 の 卒 業 後 の 国 内 における 就 労 を 可 能 とする ため, 在 留 資 格 の 拡 充 を 含 む 制 度 設 計 を 行 う 年 内 目 途 に 制 度 設 計 4について を 参 照 日 本 再 興 戦 略 の 改 定 について( 中 短 期 工 程 表 ) 中 短 期 工 程 表 雇 用 制 度 改 革 人 材 力 の 強 化 10 ( 参 考 ) 日 本 経 済 再 生 本 部 日 本 再 興 戦 略 改 訂 未 来 への 挑 戦 - が 閣 議 決 定 されました(H ) 工 程 表 ( 掲 載 URL)http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/kouteihyou.pdf 2

3 全 般 について 今 後 の 出 入 国 管 理 行 政 の 在 り 方 平 成 26 年 12 月 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 第 6 共 生 社 会 の 実 現 に 向 けた 取 組 ( 検 討 事 項 等 ) 我 が 国 における 中 長 期 在 留 者 の 増 加 に 伴 い, 生 活 者 としての 外 国 人 の 観 点 からは, 様 々な 課 題 が 生 じ ている 外 国 人 が 多 く 居 住 する 地 方 公 共 団 体 においては, 先 進 的 な 取 組 がなされており, 国 の 取 組 の 検 討 に 当 たっては,これらを 参 考 にしつつ, 労 働 市 場 や 年 金, 医 療 等 の 社 会 保 障, 日 本 語 教 育, 地 域 社 会 への 影 響 や 治 安 等 国 民 生 活 への 影 響 も 踏 まえ, 適 切 に 対 応 していく 必 要 がある 今 後 も, 中 長 期 在 留 者 の 増 加 傾 向 は 続 くことが 見 込 まれ, 日 本 語 の 学 習 支 援, 外 国 人 の 子 どもの 教 育, 社 会 保 障, 外 国 人 の 就 業 支 援, 住 宅 などの 課 題 に 対 し, 国 としても 生 活 者 としての 外 国 人 に 対 する 施 策 を 更 に 講 じていくことが 必 要 であり, 外 国 人 との 共 生 社 会 の 実 現 に 向 けて 積 極 的 な 取 組 を 行 っていかね ばならない その 際 には 外 国 人 が 地 域 の 住 民 として 貢 献 できるよう 生 活 環 境 を 整 えていくことが 重 要 で あり,また 同 時 に 権 利 等 への 配 慮 や 社 会 的 負 担 の 観 点 からの 検 討 が 必 要 である この 問 題 は 政 府 全 体 で 取 り 組 むべき 課 題 であり, 出 入 国 管 理 行 政 を 担 う 法 務 省 もその 取 組 に 積 極 的 に 参 画 していかなければな らない 1について 技 能 実 習 制 度 の 見 直 しに 関 する 法 務 省 厚 生 労 働 省 合 同 有 識 者 懇 談 会 報 告 書 平 成 27 年 1 月 30 日 法 務 省 入 国 管 理 局 厚 生 労 働 省 職 業 能 力 開 発 局 第 2 制 度 の 見 直 しに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 制 度 の 見 直 しに 当 たっては, 国 際 貢 献 を 目 的 とするという 趣 旨 を 徹 底 するため,まずは, 現 在 指 摘 されている 問 題 点 の 徹 底 的 な 改 善 を 図 り, 併 せて, 制 度 の 活 用 を 図 ることとする 技 能 等 の 修 得 移 転 の 確 保 については, 実 習 の 各 段 階 での 技 能 評 価 の 推 進 及 び 実 習 生 の 帰 国 後 フォ ローアップ 技 能 発 揮 の 推 進 を 図 るべきである 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 の 適 正 化 については, 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 のガバナンス 強 化 並 び に 問 題 のある 機 関 の 排 除, 新 たな 法 律 に 基 づく 制 度 管 理 運 用 機 関 の 創 設, 不 適 正 な 監 理 団 体 等 に 対 す る 罰 則 や 名 称 の 公 表 制 度 の 整 備 並 びに 関 係 機 関 による 取 組 連 携 の 強 化 を 行 うべきである また, 技 能 実 習 制 度 を 適 切 かつ 円 滑 に 推 進 するため, 監 理 団 体 や 実 習 実 施 機 関 に 対 する 必 要 な 支 援 が 引 き 続 き 行 われることが 重 要 である 実 習 生 に 対 する 人 権 侵 害 行 為 等 の 防 止 及 び 対 策 については, 制 度 管 理 運 用 機 関 における 通 報 申 告 窓 口 の 整 備, 実 習 先 変 更 支 援 の 充 実, 技 能 実 習 の 延 長 又 は 再 実 習 ( 以 下 3 号 という )の 際 の 実 習 先 の 選 択 可 能 化, 実 習 生 の 賃 金 等 の 処 遇 の 適 正 化 及 び 関 係 法 令 等 に 関 する 啓 発 活 動 の 推 進 を 行 うべ きである 送 出 し 機 関 の 適 正 化 については, 送 出 し 国 との 政 府 ( 当 局 ) 間 取 決 めの 作 成 及 び 監 理 団 体 及 び 実 習 実 施 機 関 による 送 出 し 機 関 実 習 生 間 の 契 約 確 認 の 義 務 化 を 行 うべきである 技 能 実 習 3 号 については, 一 定 の 要 件 を 満 たす 監 理 団 体, 実 習 実 施 機 関 及 び 実 習 生 について, 一 旦 帰 国 の 後, 認 めるものとすべきである 受 入 れ 人 数 枠 の 見 直 しについては, 優 良 な 受 入 れ 機 関 への 受 け 入 れ 人 数 枠 の 拡 大 及 び 実 習 実 施 機 関 の 常 勤 職 員 数 に 応 じた 受 け 入 れ 人 数 枠 の 均 整 化 を 行 うべきである 対 象 職 種 の 拡 大 等 については, 地 域 ごとの 産 業 特 性 を 踏 まえた 職 種 等 の 追 加 を 可 能 とする 措 置, 多 能 工 化 のニーズへの 対 応 等 を 行 うべきである 3

4 2について 建 設 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 に 係 る 緊 急 措 置 平 成 26 年 4 月 4 日 建 設 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 に 係 る 緊 急 措 置 を 検 討 する 閣 僚 会 議 とりまとめ 建 設 産 業 の 担 い 手 不 足 については,1 近 年 の 建 設 投 資 の 減 少 により, 建 設 企 業 が 倒 産 するなど, 技 能 労 働 者 の 離 職 が 進 んだこと,2 技 能 労 働 者 の 高 齢 化 が 進 み, 高 齢 者 が 仕 事 を 辞 めていっていること,3 建 設 産 業 の 処 遇 改 善 が 進 んでいないことなどから, 若 者 が 入 職 を 避 けるようになっていること,という 3つの 要 因 が 考 えられる このうち,23の 要 因 については, 建 設 産 業 が 直 面 している 構 造 的 な 問 題 こうした 問 題 を 看 過 すれば, 中 長 期 的 には, 将 来 にわたるインフラの 維 持 管 理 や 災 害 対 応 等 を 地 域 で 担 う 人 材 が 不 足 することが 懸 念 こうした 構 造 的 要 因 による 担 い 手 不 足 の 懸 念 に 対 しては, 今 回 の 緊 急 措 置 とは 別 に, 中 長 期 的 な 観 点 から, 必 要 な 人 材 を 国 内 で 確 保 していくことが 基 本 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ,2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 に よる 当 面 の 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 必 要 となる 技 能 労 働 者 については,まずは, 就 労 環 境 の 改 善, 教 育 訓 練 の 充 実 強 化 等 によって, 離 職 者 の 再 入 職 や 高 齢 層 の 踏 み 止 まりなどにより, 国 内 で の 確 保 に 最 大 限 努 めることが 基 本 その 上 で, 当 面 の 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 への 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 (2020 年 度 で 終 了 )として, 国 内 での 人 材 確 保 育 成 と 併 せて, 即 戦 力 となり 得 る 外 国 人 材 の 活 用 促 進 を 図 り, 大 会 の 成 功 に 万 全 を 期 す る 活 用 を 図 る 外 国 人 材 即 戦 力 の 確 保 を 念 頭 に 置 き, 建 設 分 野 の 技 能 実 習 修 了 者 について, 技 能 実 習 に 引 き 続 き 国 内 に 在 留 し, 又 は 技 能 実 習 を 修 了 して 一 旦 本 国 へ 帰 国 した 後 に 再 入 国 し, 雇 用 関 係 の 下 で 建 設 業 務 に 従 事 することができることとする(2020 年 度 までに 限 る) 新 たな 特 別 の 監 理 体 制 ( 技 能 実 習 制 度 を 上 回 る 水 準 の 監 理 ) 技 能 実 習 制 度 と 同 等 の 監 理 に 加 え, 更 に 体 制 を 強 化 充 実 し, 適 正 監 理 を 図 る 2について 外 国 人 造 船 就 労 者 受 入 事 業 に 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 国 土 交 通 省 海 事 局 第 1 章 はじめに 1 国 内 人 材 の 確 保 及 び 外 国 人 造 船 就 労 者 受 入 事 業 の 概 要 造 船 業 は, 国 内 立 地 型 の 輸 出 産 業 として 我 が 国 経 済 を 支 えるとともに, 裾 野 の 広 い 労 働 集 約 型 産 業 として 地 域 経 済 を 支 えている 産 業 であり, 造 船 業 が 長 期 的 に 成 長 し 続 けるためには, 就 労 環 境 の 改 善, 教 育 訓 練 の 充 実 強 化 等 によって, 国 内 での 造 船 労 働 者 の 確 保 に 最 大 限 努 めることが 最 も 重 要 です その 上 で, 造 船 業 と 人 材 の 相 互 流 動 が 大 きい 建 設 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 促 進 に 係 る 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 について, 造 船 分 野 においても 同 様 の 措 置 を 講 じることが 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014に おいて 閣 議 決 定 ( 平 成 26 年 6 月 24 日 )されました 具 体 的 には, 造 船 分 野 の 技 能 実 習 修 了 者 について, 技 能 実 習 に 引 き 続 き 国 内 に 在 留 し, 又 は 技 能 実 習 を 修 了 して 一 旦 本 国 へ 帰 国 した 後 に 再 入 国 ( 注 )し, 受 入 企 業 との 雇 用 関 係 の 下 で 造 船 業 務 に 従 事 することができることとし,あわせて, 受 入 れに 当 たっては, 賃 金 不 払 いや 不 法 就 労 などの 問 題 が 生 じないよう, 受 入 れを 優 良 な 監 理 団 体 や 受 入 企 業 に 限 定 する 等 の 新 たな 特 別 の 監 理 体 制 を 構 築 するも のです 4

5 3について 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 要 綱 平 成 27 年 4 月 3 日 閣 議 決 定 7 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 特 例 (1) 国 家 戦 略 特 別 区 域 会 議 が, 国 家 戦 略 特 別 区 域 家 事 支 援 外 国 人 受 入 事 業 ( 国 家 戦 略 特 別 区 域 において 家 事 支 援 活 動 ( 政 令 で 定 める 家 事 の 代 行 等 の 業 務 に 従 事 する 活 動 )を 行 う 外 国 人 ( 政 令 で 定 める 要 件 を 満 たすものに 限 る )を, 政 令 で 定 める 基 準 に 適 合 する 本 邦 の 公 私 の 機 関 ( 以 下 特 定 機 関 という )が 雇 用 契 約 に 基 づいて 受 け 入 れる 事 業 をいう )を 定 めた 区 域 計 画 について, 内 閣 総 理 大 臣 の 認 定 を 申 請 し, その 認 定 を 受 けたときは, 当 該 認 定 の 日 以 後 は, 法 務 大 臣 は, 本 邦 に 上 陸 しようとする 外 国 人 から, 特 定 家 事 支 援 活 動 ( 特 定 機 関 との 雇 用 契 約 に 基 づいて, 国 家 戦 略 特 別 区 域 内 に 限 って 行 う 家 事 支 援 活 動 を いう )を 行 うものとして, 在 留 資 格 認 定 証 明 書 の 交 付 の 申 請 があった 場 合 には, 当 該 特 定 家 事 支 援 活 動 を 特 定 活 動 の 在 留 資 格 をもって 在 留 する 外 国 人 が 本 邦 において 行 うことができる 活 動 として 法 務 大 臣 が あらかじめ 告 示 をもって 定 めるものに 該 当 するものとみなして, 在 留 資 格 認 定 証 明 書 を 交 付 することが できるもの 等 とすること ( 第 十 六 条 の 三 関 係 ) 4について 外 国 人 介 護 人 材 受 入 れの 在 り 方 に 関 する 検 討 会 中 間 まとめ 平 成 27 年 2 月 4 日 外 国 人 介 護 人 材 受 入 れの 在 り 方 に 関 する 検 討 会 3 技 能 実 習 への 介 護 職 種 の 追 加 について 2 必 要 なコミュニケーション 能 力 の 確 保 (2) 職 種 追 加 するとした 場 合 の 個 別 の 検 討 事 項 について ア 介 護 職 種 を 追 加 する 場 合 に 求 められる 水 準 内 容 介 護 はコミュニケーションを 前 提 として 業 務 を 遂 行 する 対 人 サービスであるとともに, 利 用 者 の 中 には, 認 知 症 などを 抱 える 方 もいるため, 日 本 語 によるコミュニケーション 能 力 が 不 可 欠 の 要 素 である また, 介 護 はチームケアであるため, 利 用 者 家 族 とのコミュニケーションのみならず, 同 僚 である 介 護 職 員 や 他 職 種 との 連 携 を 担 保 する 観 点 からも, 日 本 語 による 一 定 のコミュニケーショ ン 能 力 が 求 められる さらに, 介 護 現 場 で 必 要 とされる 基 礎 的 な 専 門 用 語, 地 域 ごとの 方 言 についての 一 定 の 理 解 も 求 められる 4 外 国 人 留 学 生 が 介 護 福 祉 士 資 格 を 取 得 した 場 合 の 在 留 資 格 の 付 与 等 について (1) 具 体 的 な 制 度 設 計 等 について 今 般 の 在 留 資 格 の 拡 充 の 対 象 となる 者 の 範 囲 については, 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 ( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )において, 外 国 人 留 学 生 が, 日 本 の 高 等 教 育 機 関 を 卒 業 した 場 合 と 明 記 されていることを 踏 まえ, 該 当 する 分 野 の 専 門 的 な 学 習 を 行 うこと 及 び 国 家 資 格 を 取 得 すること が 求 められることから, 介 護 福 祉 士 の 国 家 資 格 取 得 を 目 的 として 養 成 施 設 に 留 学 し, 介 護 福 祉 士 資 格 を 取 得 した 者 とすることが 適 当 である なお, 在 留 資 格 を 認 められることとなる 介 護 福 祉 士 資 格 を 取 得 した 外 国 人 の 就 労 場 所 については, 専 門 的 技 術 的 分 野 の 一 つとして, 介 護 分 野 の 国 家 資 格 取 得 者 に 在 留 資 格 が 付 与 されることを 踏 まえ, 日 本 人 と 同 様 に 就 労 を 認 めるべきである 一 方, 単 独 でサービスが 提 供 されることが 基 本 となる 訪 問 系 サービスについては, 外 国 人 労 働 者 の 人 権 擁 護 や 適 切 な 在 留 管 理 等 の 観 点 も 含 め, 慎 重 に 検 討 する 必 要 があるとの 意 見, 将 来 的 に 就 労 を 認 めるべきとの 意 見 もあった 5

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について ( 別 添 ) 外 国 人 技 能 実 習 制 度 について 技 能 実 習 生 の 受 け 入 れを 希 望 する 場 合 実 習 実 施 機 関 ( 病 院 等 受 入 れ 施 設 )には 次 の 業 務 及 び 費 用 等 が 発 生 いたしますので 以 下 の 事 項 にご 留 意 ください 以 下 は 現 在 の 法 令 等 に 基 づいたものであり 今 後 法 令 等 の 改 正 により

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

新国立競技場整備の財源確保に向けて

新国立競技場整備の財源確保に向けて 新 国 立 競 技 場 整 備 の 財 源 確 保 に 向 けて 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター 法 及 びスポーツ 振 興 投 票 の 実 施 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 成 立 文 教 科 学 委 員 会 調 査 室 渡 辺 直 哉 1.はじめに 第 190 回 国 会 ( 常 会 )に 提 出 された 独 立 行 政 法 人

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

等 事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 30 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 課 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 本 部 御 中 消 防 庁 予 防 課 民 泊 サービス を 提 供 する 場 合 注 意 喚 起 リーフレット 送 付 について 住 宅 ( 戸 建 住 宅 共 同 住 宅 等 ) 全 部 又 は 一 部 を 活 用 して 宿 泊 サービスを 提 供

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が 骨 太 方 針 に 向 けて ~600 兆 円 経 済 の 実 現 ~ 平 成 28 年 4 月 4 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 資 料 1 新 浪 剛 史 1. 現 状 と 課 題 アベノミクスの 取 組 の 下 企 業 収 益 は 過 去 最 高 水 準 となり 3 年 連 続 でベースアップ の 流 れも 広 がりつつある 中 で 賃 金 等 の 上 昇 や 世 帯 収 入 の

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3 5. 生 活 環 境 (1) 住 宅 の 確 保 5-(1)-1 公 営 住 宅 を 新 たに 整 備 する 際 にはバリアフリー 対 応 を 原 則 とするとともに, 既 存 の 公 営 住 宅 のバリアフリー 化 改 修 を 促 進 し, 障 害 者 向 けの 公 共 賃 貸 住 宅 の 供 給 を 推 進 する ま た, 障 害 者 に 対 する 優 先 入 居 の 実 施 や 単 身 入 居

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管 官 民 ファンドの 運 営 に 係 るガイドライン 平 成 2 5 年 9 月 2 7 日 官 民 ファンドの 活 用 推 進 に 関 する 関 係 閣 僚 会 議 決 定 平 成 2 6 年 6 月 2 7 日 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 平 成 2 7 年 7 月 3 1 日 平 成 2 7 年 1 2 月 1 8 日 日 本 経 済 を 停 滞 から 再 生 へ そして 成 長

More information