Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx"

Transcription

1 人 や 動 物 にとってカルシウムは 骨 や 細 胞 をつくる 上 で 欠 かすことのできない 成 分 ですが 植 物 にとってカルシウムはどのような 役 目 をするのでしょうか? 植 物 には 骨 はありませんが 細 胞 と 細 胞 を 強 固 に 結 びつけることでしっかりと 体 を 支 えています ここで 重 要 なはたらきをするのが カルシウムなのです カルシウムは 三 大 栄 養 素 に 次 いで 多 く 利 用 されるので 中 量 要 素 と 呼 ばれていますが 植 物 の 生 長 には 三 大 栄 養 素 と 並 ぶ 必 須 要 素 です 三 大 栄 養 素 プラス α 植 物 が 生 長 するのに 必 要 な 栄 養 素 としてはチッ 素 リン 酸 カリが 重 視 され これを 三 大 栄 養 素 と 呼 んでいます チッ 素 は 生 育 を 促 す 葉 肥 (はごえ) リン 酸 は 花 つきや 実 つきをよくする 花 肥 (はなごえ)あるいは 実 肥 (みごえ) カリは 根 の 生 育 を 促 す 根 肥 (ねごえ)などと 呼 ばれています チッ 素 は N リン 酸 は P カリは K の 記 号 で 書 かれていることもあり ますが この 三 つの 栄 養 素 の 配 合 比 は 複 合 肥 料 のパッケージにも 記 載 され 成 分 量 が 必 ず 表 示 されています カルシウムはマグネシウム イオウとともに 肥 料 の 中 量 要 素 のひとつに 数 えられ 細 胞 組 織 を 強 めたり 光 などの 外 部 からの 刺 激 を 植 物 体 に 伝 え 根 の 生 育 を 促 進 したりするのに 重 要 なはたらきをしています カルシウムは 土 の 中 に も 多 く 含 まれていますが 植 物 がすぐに 吸 収 できない 難 溶 性 カルシウムであることがほとんどです 植 物 体 がより 吸 収 しやすい 水 溶 性 カルシウムであれば 植 物 が 必 要 な 分 を 有 効 に 活 用 できるのです では カルシウムとは どのような ものなのかを 個 々にひもといてみましょう カルシウムはこんなに 吸 収 されています 種 類 によって 異 なりますが 多 くの 植 物 の 体 は 90% 以 上 が 水 分 によってなりたっています 吸 収 量 が 多 く 不 足 しがち なうえ 土 の 中 から 流 亡 しやすいチッ 素 とカリ また 一 般 的 に 家 庭 園 芸 で 使 用 されている 赤 玉 土 や 赤 土 の 場 合 土 に 吸 着 されて 植 物 に 利 用 される 効 率 の 低 いリンは 肥 料 として 重 視 されてきましたが 植 物 体 の 無 機 成 分 を 分 析 すると カルシウムの 含 有 量 も 高 いことがわかります カルシウムは 植 物 が 必 要 とする 栄 養 素 で 特 に 必 要 としている 植 物 は 野 菜 ではトマト ホウレンソウをはじめ エダマメ ダイコンなど 果 菜 類 から 根 菜 類 まで 多 岐 にわたります 草 花 ではカ ーネーション ストック キク スイートピー 鉢 花 ではシクラメンなどが 他 の 栄 養 素 とならんで 多 くのカルシウムを 吸 収 しています

2 カルシウムの 吸 収 は 低 濃 度 で 持 続 的 に 養 分 はすべてイオンの 形 で 植 物 体 に 吸 収 されていますが カルシウムは 陽 イオン 三 大 栄 養 素 のチッ 素 は 陽 イオン(アンモニア 態 )と 陰 イオン( 硝 酸 態 ) リンは 陰 イオン カリは 陽 イオンの 形 で 吸 収 されます 植 物 体 が 養 分 を 吸 収 する 際 には さまざまな 椅 子 取 りゲーム にも 似 た 吸 収 を 競 争 する 拮 抗 作 用 があり カリ マグネシウム カルシウムは 定 量 のキャ パシティをめぐって 争 います 例 えばカリの 吸 収 が 多 すぎるとカルシウムは 負 けて 吸 収 され にくくなります さらに 三 大 栄 養 素 のチッ 素 リン 酸 カリは 植 物 体 にとって ぜいたく 吸 収 が 可 能 で 人 にたとえれば 喰 いだめ が 効 き しかも 肥 料 の 供 給 が 不 足 したときには 植 物 体 内 を 移 動 して 不 足 している 部 分 を 補 うこともできます 一 方 カルシウムは 一 気 に 吸 収 することができない 喰 いだめ が 効 かない 肥 料 成 分 であるうえに 植 物 体 内 での 移 動 が 少 ないため 持 続 的 にたえず 根 から 吸 収 できる 状 態 でないと 不 足 してしまう 成 分 なのです カルシウムは 一 方 通 行 カルシウムなどの 栄 養 分 が 一 番 必 要 な 葉 の 先 端 部 に 届 いたかどうかの 診 断 のバロメーターの 一 つとして 葉 の 水 孔 から 出 る 溢 液 (いつえき) 現 象 が 挙 げられます 根 から 吸 い 上 げられたカルシウムは 養 分 の 通 り 道 である 導 管 を 通 じて 植 物 全 体 に 運 ばれていきます 日 中 は 蒸 散 活 動 がさかんに 行 われることによって 蒸 散 流 が 生 じ 養 分 はそれ に 乗 って 葉 の 先 端 まで 運 ばれていきますが 夜 間 は 吸 収 された 養 分 が 根 圧 流 により 先 端 まで 運 ばれて 余 分 な 水 分 が 水 孔 から 排 出 されて 溢 液 という 形 で 観 察 されます 根 から 吸 収 されたカルシウムは 養 分 や 水 分 の 通 り 道 である 導 管 で 観 察 されますが 葉 からの 養 分 の 通 り 道 である 師 管 には 観 察 されません このことは カルシウムが 植 物 体 の 中 で 行 ったり 来 たりしないことを 示 しています 他 の 三 大 栄 養 素 は 師 管 の 中 で も 観 察 されるように 植 物 体 の 中 をあちこちに 移 動 していることがわかります チッ 素 などの 肥 料 分 は 不 足 すると 下 葉 に 使 用 されている 養 分 を 上 手 に 再 利 用 できますが カルシウムは 動 きが 一 方 通 行 であるため 足 りないと 下 葉 までしかいきわたらず 上 の 葉 までは 届 かないような 欠 乏 症 となって 現 れま す つまり 常 に 一 定 量 の 供 給 が 必 要 という 訳 です

3 カルシウムが 欠 乏 するとこんな 症 状 が 植 物 にとってカルシウムは さかんに 生 長 している 部 分 がいちばん 要 求 度 が 高 い のです 結 球 野 菜 では 芯 葉 の 部 分 伸 長 している 植 物 では 新 葉 新 芽 などです また 夏 場 などで 温 度 が 上 昇 し 急 に 植 物 が 生 育 したりするときにカルシウムの 供 給 が 一 時 的 にまにあわずに トマト 栽 培 では 果 実 の 尻 ぐされ 症 が 出 て 農 家 では せっかくの 収 穫 を 台 なしにしてしまうことがあります これは 家 庭 菜 園 でも 同 じように 発 生 するカルシウム 欠 乏 による 症 状 です トマトの 場 合 へたの 上 部 ( 果 柄 部 )の 関 節 がカルシウムの 移 動 を 妨 げるバリアの 構 造 となっているため カルシウムが 果 実 にまんべんなくいきわたりにくく 幼 果 の 細 胞 壁 がこわれ 尻 ぐされ 症 が 発 生 しがちで 尻 ぐされ 症 の 発 生 果 (トマト) す さらに 土 が 乾 燥 したり 根 が 傷 んだりするとますますカルシウムの 吸 収 がうまくいかなくなり 夏 期 の 高 温 時 には 特 に 障 害 が 多 発 します 果 実 のほかには 葉 先 がカールしたり ちぢれたり 枯 れたりする 症 状 が 発 生 します この 原 因 は 高 温 で 植 物 の 生 長 速 度 が 急 に 早 くなってしまったのにも 関 わらず 根 から 吸 収 されるカルシウムの 移 行 する 速 度 が 遅 く 下 葉 には 供 給 されても 上 葉 では 供 給 量 が 追 いつかず 欠 乏 症 を 起 こしてしまうためです また キャベツやハクサイなどの 結 球 野 菜 の 芯 ぐされ 症 もカルシウムの 欠 乏 症 のひとつです 草 花 のカルシウム 欠 乏 症 としてはカーネーションや キクなどの 先 端 葉 の 生 育 が 阻 害 され 枯 死 するなどの 症 状 があ ります これは 細 胞 の 伸 長 がふぞろいになる 生 理 的 な 障 害 です カルシウムは 細 胞 分 裂 を 促 進 し 細 胞 壁 を 丈 夫 にし その 結 果 病 害 虫 に 強 い 植 物 体 をつくります 生 育 期 にコンスタ ントに 肥 料 分 として 補 給 されることによって 植 物 の 生 長 をスムースにし 活 性 化 できる 重 要 な 要 素 なのです

4 好 カルシウム 植 物 ( 草 花 )とは? カルシウムは 全 ての 植 物 にとって 重 要 な 栄 養 素 ですが 特 にカルシウム 要 求 が 高 く 欠 乏 症 がでやすい 植 物 を 好 カ ルシウム 植 物 と 言 います 代 表 的 な 好 カルシウム 植 物 は 下 記 の 通 りです 植 物 名 カルシウム 欠 乏 症 の 症 状 パンジー 新 葉 およびその 近 傍 の 葉 に 暗 褐 色 のシミのような 斑 点 が 生 じ 生 育 が 阻 害 される マリーゴールド 先 端 葉 の 葉 脈 間 に 褐 色 の 小 斑 点 が 生 じ 枯 れ 込 む カーネーション キク ジニア キンセンカ スイートピー ヒマワリ ストック 先 端 部 の 葉 先 の 生 育 が 阻 害 され 生 長 点 が 枯 死 する 先 端 葉 の 生 育 が 阻 害 され 上 葉 の 葉 脈 間 が 黄 化 するとともに 葉 縁 より 枯 死 する 先 端 部 の 生 育 が 阻 害 され 奇 形 となる やがて 葉 先 は 枯 死 する 新 葉 の 葉 先 の 先 端 部 が 障 害 を 受 け 奇 形 となる また 症 状 が 進 行 すると 首 折 れ 現 象 が 発 生 する 未 展 開 葉 展 開 葉 ともに 葉 先 の 生 育 が 阻 害 される 成 葉 では 葉 緑 が 白 変 するとともに 葉 脈 間 に 不 整 形 の 白 斑 を 生 じる 先 端 部 の 葉 はカッピング 症 状 を 示 すとともに 生 育 が 阻 害 される 上 葉 の 葉 脈 間 に 褐 色 の 不 整 形 斑 点 がところどころに 生 じる 好 カルシウム 植 物 ( 野 菜 )とは? 分 類 植 物 名 カルシウム 欠 乏 症 の 症 状 トマト 先 端 葉 の 葉 先 の 枯 死 と 尻 腐 れ 果 実 の 発 生 ナス 尻 腐 れ 果 実 の 発 生 キュウリ 上 葉 がカッピング 症 状 を 示 し 葉 脈 間 が 黄 変 する 果 菜 類 ピーマン 先 端 葉 の 生 育 阻 害 と 果 実 に 障 害 が 発 生 豆 類 イチゴ スイカ カボチャ エンドウ エダマメ 先 端 葉 が 褐 変 する 先 端 葉 の 生 育 が 阻 害 される 先 端 葉 はカッピングし 先 端 に 近 い 葉 は 奇 形 となる 先 端 葉 から 黄 変 し 枯 死 する 先 端 葉 の 葉 脈 間 が 黄 変 するとともに 子 実 形 成 が 阻 害 される 葉 菜 類 レタス 心 葉 の 葉 脈 が 褐 変 するとともに 生 育 が 阻 害 される

5 ホウレンソウ 新 葉 の 葉 先 から 障 害 が 発 生 し 葉 先 は 内 側 に 巻 き 易 い パセリ コマツナ キャベツ 新 葉 の 葉 先 が 黄 変 し 中 心 部 の 生 育 が 阻 害 される 心 葉 の 生 育 が 阻 害 され 奇 形 化 する 心 葉 の 生 育 が 阻 害 され 葉 が 内 側 に 巻 き やがて 枯 死 する ハクサイ 心 葉 の 生 育 が 著 しく 阻 害 され 葉 先 が 内 側 に 巻 き 枯 死 する 芯 腐 れ 症 状 の 発 生 セロリ 芯 腐 れ 症 状 の 発 生 ハナヤサイ ネギ 上 葉 に 症 状 が 現 れ 先 端 部 が 奇 形 となる 葉 の 中 心 部 に 不 整 形 の 白 色 の 枯 死 斑 点 を 生 じる タマネギ 球 の 中 心 部 は 芯 腐 れ 症 状 を 示 す ニンジン 心 葉 の 生 育 が 阻 害 され 近 傍 の 葉 は 外 側 に 巻 く 根 菜 類 カブ ダイコン ジャガイモ サトイモ 心 葉 の 生 育 が 阻 害 される 心 葉 の 生 育 は 阻 害 されるとともに 葉 縁 は 褐 変 枯 死 する 先 端 部 の 生 育 が 阻 害 される また 葉 脈 間 は 黄 変 する 新 葉 の 葉 脈 間 が 白 ~ 黄 変 する カルシウムイオン 水 液 肥 元 気 一 発!! をぜひ 試 してください

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は 第 4 章 植 物 工 場 とコスト -61- 概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は リーフレタス 120 円 / 株 の 売 価 換 算

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

1. 技 術 部 (1) 野 菜 花 き 部 門 1) 果 菜 類 C 第 1 表 平 成 20 年 度 における 野 菜 花 卉 の 耕 種 生 産 概 要 a kg.,,,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,,.,,.,,,.,.,.,,.,,.,.,,.,.,.,,.,.,.,.,,.,.,,.,,.,.,,,.,,.,., No.32 2010 第 2 表 圃 場 別 作 付 け 概 要

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センター 干 拓 営 農 研 究 部 門 要 覧 Nagasaki Agricultural and Forestry Technical Development Center Reclaimed Land Farming Research Division 組 織 研 究 施 設 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センターの 組 織 研 究 施 設 の 概 要

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc)

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc) JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 8 月 の 菜 園 管 理 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 の 種 まき 秋 まき 野 菜 は 種 まきが1 日 遅 れると 収 穫 が5~7 日 遅 れると 言 います 作 業 は 計 画 的 に 行 い 適 期 に 行 いましょう 土 は 細 かくしすぎない 特 に 土 が 地 中 深 くまで 乾 燥 している 時 に 耕 起 すると 土 が 細

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22 年 度 )

目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22 年 度 ) 登 別 市 市 民 農 園 のあゆみ 平 成 23 年 3 登 別 市 観 光 経 済 部 農 林 水 産 グループ 目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

TK25_P02-P19_final.indd

TK25_P02-P19_final.indd 02 栄 養 豊 富 で 食 卓 に 彩 りを 添 える ホウレンソウ ホウレンソウの 原 産 地 はイランと 言 われています 7 世 紀 には 中 国 へ 11 世 紀 にはヨーロッパへ 伝 わったとの 記 録 が 残 っています これらヨーロッパの 品 種 は 約 100 年 前 に 日 本 へ 伝 わり 洋 種 ( 西 洋 種 )と 呼 ばれました これより 古 く 約 400 年 前 に

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 10 月 の 菜 園 管 理 味 覚 の 秋! キノコ クリなどが 食 欲 をさそいます! 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 類 の 追 肥 (P-4) 秋 の 訪 れとともに 気 温 の 低 下 が 早 くなります 適 期 に 追 肥 を 施 用 し 生 育 の 遅 れがないようにしましょう タマネギの 植 え 付 け(P-7) 苗 の 大 きさと 植

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303831323033814690B682B282DD91CD94EC89BB8D758DC0816991CD94EC979897708D758DC0816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303831323033814690B682B282DD91CD94EC89BB8D758DC0816991CD94EC979897708D758DC0816A2E707074> 知 っておきたい 基 礎 知 識 堆 肥 利 用 講 座 ( 生 ごみ 堆 肥 化 講 座 3) 三 重 県 中 央 農 業 改 良 普 及 センター 土 壌 物 理 性 化 学 性 生 物 性 植 物 の 生 理 何 科 原 産 地 など ゼロ 吉 三 重 県 ごみゼロキャラクター 土 は 養 分 水 分 空 気 のタンク 植 物 は 根 から 養 分 を 吸 収 します 水 に 溶 けた 状 態

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

H28求人一覧表(7.27現在)

H28求人一覧表(7.27現在) ( 公 社 ) 茨 城 県 林 振 興 公 社 ( 無 料 職 紹 介 所 )に 登 録 している 法 人 等 求 人 一 覧 表 < 正 社 員 > 求 人 情 報 の 詳 細 については( 公 社 ) 茨 城 県 林 振 興 公 社 (029-239-7131)にお 問 い 合 わせください 1 ( ) 華 川 牧 場 畜 産 肥 育 牛 牛 の 飼 養 北 茨 城 市 2 ( ) 大 久 保

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

報 道 発 表 資 料 2007 年 8 月 21 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 土 壌 中 のアンモニア 態 窒 素 を 吸 収 する 輸 送 体 の 役 割 を 解 明 - アンモニア 態 窒 素 の 吸 収 とバイオマス 生 産 の 関 係 が 明 らかに - ポイント

報 道 発 表 資 料 2007 年 8 月 21 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 土 壌 中 のアンモニア 態 窒 素 を 吸 収 する 輸 送 体 の 役 割 を 解 明 - アンモニア 態 窒 素 の 吸 収 とバイオマス 生 産 の 関 係 が 明 らかに - ポイント 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 8 月 21 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 土 壌 中 のアンモニア 態 窒 素 を 吸 収 する 輸 送 体 の 役 割 を 解 明 - アンモニア 態 窒 素 の 吸 収 とバイオマス 生 産 の 関 係 が 明 らかに - 窒 素 リン 酸 カリウム は 作 物 の 3 大 栄 養 素 として 知 られています この 栄 養

More information

スライド 1

スライド 1 農 業 の 新 技 術 No. No. 98 2011 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温

More information

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖 体 温 を 上 げる 食 事 について 食 事 は 食 事 誘 発 性 熱 代 謝 により 熱 の 産 出 を 高 めると 同 時 に 体 がそこから 得 た 栄 養 素 を 使 って 生 命 活 動 を 行 うために 必 要 不 可 欠 なものです 食 事 に 関 して 体 温 を 高 めるためには 栄 養 素 食 材 食 べ 方 などを 考 慮 する 必 要 があります 1. 栄 養 素 私 たちが

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208DEC95A88DCD947C82CC8AEE9162926D8EAF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208DEC95A88DCD947C82CC8AEE9162926D8EAF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 作 物 栽 培 の 基 礎 知 識 安 全 安 心 な 農 産 物 づくり JAならけん 営 農 部 営 農 推 進 課 基 礎 的 な 栽 培 管 理 JAならけん 営 農 部 ファーマーズマーケット 設 立 準 備 室 安 全 安 心 な 農 産 物 づくり 奈 良 県 農 業 協 同 組 合 1. 生 産 履 歴 記 帳 目 的 : 県 産 農 産 物 の 安 全 性 を 確 保 し 消 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464> (1) ア 凍 害 厳 寒 ( 時 期 成 期 葉 に 発 と 生 冬 芽 することが )= 赤 枯 れ多 いが 初 冬 や 春 先 に 発 生 する 場 合 もある 5. 気 象 災 害 の 種 類 と 対 策 イ する 発 茶 生 樹 要 組 因 の 度 限 は 織 界 組 や であるが 織 細 器 胞 官 が 耐 えられない 品 冬 種 芽 の 時 場 期 合 低 によって はもう 温 に 遭

More information

EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 について( 概 要 ) 1. イタリア 政 府 ( 保 健 省 )は 2014 年 6 月 ミラノ 万 博 参 加 国 に 対 し 万 博 公 社 を 通 じて 万 博 への 持 込 みを 希 望 する 動 物 由 来 食 品 の

EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 について( 概 要 ) 1. イタリア 政 府 ( 保 健 省 )は 2014 年 6 月 ミラノ 万 博 参 加 国 に 対 し 万 博 公 社 を 通 じて 万 博 への 持 込 みを 希 望 する 動 物 由 来 食 品 の EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 の 概 要 2014 年 10 月 農 林 水 産 省 大 臣 官 房 政 策 課 ミラノ 国 際 博 覧 会 チャレンジ 本 部 事 務 局 注 意 本 資 料 に 記 載 されている 情 報 は 現 時 点 のものであり あくまで 参 考 として 捉 え てください より 正 確 な 情 報 は その 都 度 個 別 に EU

More information

■ 準備するもの

■ 準備するもの 緑 のカーテンの 作 り 方 第 5 版 姫 路 市 環 境 政 策 室 監 修 姫 路 市 農 業 振 興 センター 緑 のカーテンとは 緑 のカーテンとは つるが 伸 びる 植 物 を 育 てて 壁 や 窓 をカーテンのように 覆 うこ とで 夏 の 暑 さをやわらげようとするものです 葉 っぱでできた 自 然 のカーテンは 植 物 の 力 をうまく 利 用 することで すだれや 布 のカーテン

More information

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464>

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464> シンテッポユリ Lilium formolongi hort.ユリ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 テッポユリのような 球 根 による 栄 養 繁 殖 でなく 実 生 による 繁 殖 で 播 種 後 810ヶ 月 で 開 花 する 性 質 を 持 っているので 冬 季 に 播 種 して 春 に 定 植 すれば 1 年 以 内 に 切 り 花 ができる 球 根 養 成 期 間 が 必

More information

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx 公 益 財 団 法 人 日 本 健 康 アカデミー 健 康 セミナー 誰 も 教 えてくれなかった 薬 の 話 ~ご 存 知 ですか? 薬 を 知 ることが 国 民 の 義 務 になったこと~ 講 師 : 宮 本 法 子 氏 東 京 薬 科 大 学 薬 学 部 客 員 教 授 日 時 平 成 28 年 6 月 15 日 (18:30~20:00) 会 場 日 本 生 命 八 王 子 ビル8 階 研

More information

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A>

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A> かぼちゃ 栽 培 マニュアル 1 作 物 特 性 (1) 気 象 条 件 ア ウリ 科 の 植 物 で 原 産 はアメリカ 熱 帯 アジアとされている イ 生 育 適 温 は 17 ~ 20 かぼちゃの 中 でも 道 内 で 一 般 的 に 栽 培 されている 西 洋 かぼちゃは 比 較 的 低 温 を 好 むため 冷 涼 な 地 域 での 栽 培 が 多 い (2) 土 壌 条 件 ア 他 のウリ

More information

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378>

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378> 1 の 放 射 性 物 質 検 査 について 実 施 主 体 産 地 結 果 (Bq/kg) 1 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 洋 野 町 CS 乳 乳 製 品 原 乳 岩 手 県 環 境 保 健 研 究 セン Ge H23.12.12 H23.12.13 < 6.5 < 6.6 < 7.3 2 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 岩 泉 町 CS 乳

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き)

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き) 長 雨 ( 大 雨 豪 雨 ) 対 策 3. 花 き 水 害 ( 大 雨 ) 大 雨 ( 短 時 闘 に 集 中 的 に 降 るもの)だけでなく 長 時 間 降 り 続 くものや 長 時 間 降 り 続 く 中 で 短 時 間 に 集 中 する 雨 などがあり 特 に 最 後 の 例 で 大 災 害 が 起 きやすい 被 害 は 洪 水 による 冠 水 土 砂 の 流 入 や 施 設 の 破 壊 と

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

(Taro12-\216w\220j0307.jtdc)

(Taro12-\216w\220j0307.jtdc) 対 抗 性 植 物 (おとり 作 物 )の 利 用 対 抗 性 植 物 おとり 作 物 コンパニオンプランツ バ ンカープランツなど 耕 種 的 な 病 害 虫 防 除 法 として 用 いられる それぞれの 手 法 について 以 下 整 理 した ア. 対 抗 性 植 物 対 抗 性 植 物 は 含 有 する 物 質 または 組 織 内 で 産 生 される 活 性 成 分 が 直 接 または 間 接

More information

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8.

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8. キウイフルーツかいよう 病 防 除 対 策 マニュアル 平 成 26 年 8 月 和 歌 山 県 農 林 水 産 部 目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

6 有機質資材の施用

6 有機質資材の施用 6 有 機 質 資 材 の 施 用 6-1 有 機 質 肥 料 の 利 用 法 (1) 有 機 質 肥 料 の 肥 効 特 性 有 機 質 資 材 では 窒 素 リン 酸 等 の 肥 料 成 分 は 有 機 物 の 分 解 に 伴 い 有 効 化 する 有 機 質 肥 料 が 畑 に 施 用 された 後 に 有 効 化 してくる 養 分 量 は 有 機 物 の 種 類 により 大 きく 異 なる が

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

オクラ(アオイ 科 ) 原 産 地 :アフリカ 北 東 部 H26 年 4 月 講 習 会 資 料 オクラは 未 熟 な 果 実 をサヤごと 食 べます 収 穫 が 早 すぎると 種 ができず ネバネバがありません 収 穫 が 遅 れると 皮 が 硬 くなって 食 用 に 向 きません 1 本 ずつ

オクラ(アオイ 科 ) 原 産 地 :アフリカ 北 東 部 H26 年 4 月 講 習 会 資 料 オクラは 未 熟 な 果 実 をサヤごと 食 べます 収 穫 が 早 すぎると 種 ができず ネバネバがありません 収 穫 が 遅 れると 皮 が 硬 くなって 食 用 に 向 きません 1 本 ずつ インゲン 豆 ( 三 度 豆 )(マメ 科 ) [つるなし 品 種 つるあり 品 種 がある] H26 年 4 月 講 習 会 資 料 インゲンマメは 豆 を 食 べるよりも 若 い 幼 果 のさやを 食 べます 若 採 りして 柔 らかいさやを 収 穫 します 1 年 に 何 回 か 種 まきすることができるので 三 度 豆 ともよばれています 1. 地 ごしらえ 2 週 間 前 に1m2あたり

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63> 環 境 に 優 しく 土 壌 植 物 を 活 性 化 キトサン 溶 液 スーパーグリーン キトサン 土 壌 改 良 溶 液 スーパーグリーン 活 用 基 本 マニュアル 当 社 は25 年 の 経 験 とお 客 様 から 寄 せられるご 意 見 使 用 結 果 を 参 考 にし 他 社 には 見 られない 独 自 の 商 品 を 開 発 し 皆 様 に 永 年 にわたり 愛 好 されております これまでも

More information

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理 シマミミズ 基 礎 知 識 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 1 目 次 1. 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 の 販 売 するシマミミズのふん 粒 成 分 について P3. 2. ミミズ 糞 は 壊 れにくい 団 粒 構 造 P3. 3. ミミズの 液 肥 は 活 着 にすぐれています P3. 4. 台 所 の 生 ごみ 処 理 はミミズにお 任 せ(キャノワーム 設 置 事

More information

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ

寺さんのもっと健康セミナー18   夏バテ はじめに 近 年 はエルニーニョ 現 象 のため 高 温 の 日 が 何 日 も 続 くようになってきまし た また 原 発 停 止 による 節 電 のため 冷 房 をなるべく 使 わず じっと 暑 さを 耐 え しのぐ 生 活 を 強 いられるようになってきました 高 温 の 日 には 熱 中 症 搬 送 者 が 何 人 いたかが 報 道 され この 人 数 が 暑 さのバロメータになっています

More information

農産物輸出に関しては、輸出対象国によって、関税制度や検疫制度、輸出品の表示制度などが品目ごとに異なることがあるため、野菜や果物、植木などの分野別にセミナーを開催し、情報提供や取り組みに向けて検討するセミナーを開催しています

農産物輸出に関しては、輸出対象国によって、関税制度や検疫制度、輸出品の表示制度などが品目ごとに異なることがあるため、野菜や果物、植木などの分野別にセミナーを開催し、情報提供や取り組みに向けて検討するセミナーを開催しています (1) 平 成 27 年 2 月 1 日 第 64 巻 第 2 号 千 葉 の 園 芸 発 行 所 千 葉 市 中 央 区 市 場 町 1-1 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 園 芸 協 会 連 絡 先 043(223)3005 毎 月 1 日 発 行 平 成 27 年 2 月 号 野 菜 ニュース 千 葉 県 におけるIPMの 取 り 組 み 千 葉 県 農 林 水 産 部 担 い 手 支 援

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

Microsoft Word - ~2693857.doc

Microsoft Word - ~2693857.doc 波 板 標 準 施 工 資 料 施 工 資 料 対 応 品 種 鉄 板 小 波 幅 :655mm 鉄 板 小 波 幅 :1108mm 鉄 板 小 波 (フンカン 波 板 ) 鉄 板 小 波 ( 防 曇 波 板 ) 壁 材 用 鉄 板 小 波 大 日 本 プラスチックス 株 式 会 社 作 成 :2001 年 8 月 11 日 改 定 :2006 年 7 月 24 日 Contents 1. ダイプラポリカーボネート

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 樹 木 健 全 度 緊 急 調 査 業 務 特 記 仕 様 書 1. 業 務 概 要 本 業 務 は 今 後 の 維 持 管 理 を 見 据 えて 本 市 が 管 理 する 樹 木 の 一 部 について 街 路 樹 の 倒 伏 対 策 の 手 引 き( 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ) に 基 づく 樹 木 健 全 度 調 査 を 行 うものである 2. 業 務 目

More information

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ 堆 肥 の 特 性 堆 肥 の 特 性 について 堆 肥 化? 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 繊 維 などの 有 機 物 は 分 解 されやすい 有 機 物 ( 易 分 解 性 有 機 物 ) と 分 解 され 難 い 有 機 物 ( 難 分 解 性 有 機 物 ) に 分 けられます 堆 肥 化 とは 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 易 分 解 性 有 機 物 が 空 気 の 十 分 存 在

More information

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ いちご 苗 の 育 て 方 プロ 農 家 が 解 説 するおいしいいちごの 育 て 方 いちご 苗 の 栽 培 スケジュール( 普 通 栽 培 ) 苗 の 定 植 追 肥 葉 欠 き 及 びマルチ 脇 芽 取 り 敷 き 藁 収 穫 10 月 中 旬 ~12 月 中 旬 2 月 ~3 月 4 月 中 旬 5 月 ~6 月 < 参 考 >その 他 の 栽 培 方 法 (プロ 農 家 の 栽 培 方 法

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478> 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 から 食 品 添 加 物 の 安 全 性 の 考 え 方 やリスク 評 価 の 進 め 方 に ついて 話 題 提 供 させていただきます 1 食 品 添 加 物 は 食 品 の 保 存 性 を 向 上 させたり 栄 養 を 保 持 したり 品 質 を 高 めたり おいしさに 彩 りを 添 えるため 食 品 に 添 加 されるものです 食 品 添 加 物 には

More information

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ( のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 感 染 症 の 細 胞 診 症 例 1 喀 痰 症 例 6 喀 痰 症 例 2 膣 断 端 症 例 7 胆 汁 症 例 3 気 管 支 擦 過 症 例 8 子 宮 頚 部 症 例 4 胆 汁 症 例 9 気 管 支 洗 浄 症 例 5 腹 水 症 例 10 副 鼻 腔 症 例 1 Pap 染 色 ( 喀 痰 ) 30 歳 タイ 人 女 性 日 本 在 住 6 年 画 像 画 像 をクリックすると 拡

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

平 成 19 年 度 県 立 広 島 大 学 研 究 開 発 助 成 事 業 への 取 り 組 み 庄 原 産 農 産 物 を 用 いた 高 機 能 性 食 品 の 加 工 ならびに 製 品 化 大 豆 の 加 工 大 豆 生 産 の 定 着 化 と 生 産 規 模 の 拡 大 地 域 内 での 加

平 成 19 年 度 県 立 広 島 大 学 研 究 開 発 助 成 事 業 への 取 り 組 み 庄 原 産 農 産 物 を 用 いた 高 機 能 性 食 品 の 加 工 ならびに 製 品 化 大 豆 の 加 工 大 豆 生 産 の 定 着 化 と 生 産 規 模 の 拡 大 地 域 内 での 加 庄 原 市 県 立 広 島 大 学 研 究 開 発 助 成 事 業 ( 事 業 実 施 年 度 : 平 成 19 年 度 ) 研 究 開 発 課 題 [ 農 業 振 興 ] 庄 原 産 農 産 物 を 用 いた 高 機 能 性 食 品 の 加 工 ならびに 製 品 化 研 究 者 (1 名 ): 武 藤 徳 男 県 立 広 島 大 学 生 命 環 境 学 部 生 命 科 学 科 報 告 会 開 催

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

<4D F736F F F696E74202D C928D4E C182C4967B939682C991CC82C982A282A282CC F4390B394C529>

<4D F736F F F696E74202D C928D4E C182C4967B939682C991CC82C982A282A282CC F4390B394C529> 健 康 食 品 は 本 当 に 体 にいいの? ~ 健 康 食 品 の 使 い 方 ~ 消 費 安 全 政 策 課 1 (c) 農 林 水 産 省 要 約 健 康 食 品 には 法 律 上 の 定 義 がなく 効 果 や 安 全 性 についての 保 証 もありません ま た 錠 剤 や 粉 末 などに 加 工 された 健 康 食 品 は 過 剰 に 摂 取 しやすいため 使 用 する 場 合 に は

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

Microsoft Word - 第2次食育推進計画(ホームページ用).doc

Microsoft Word - 第2次食育推進計画(ホームページ用).doc 第 4 章 施 策 の 展 開 4-1 食 と 環 境 身 近 な 食 べ 物 の 消 費 や 利 用 を 進 めることは 遠 くから 運 ばれてくる 食 べ 物 を 使 うよ りも 輸 送 にかかるエネルギーを 節 約 できます また 食 べ 残 しや 消 費 期 限 賞 味 期 限 切 れなどによる 食 品 の 廃 棄 ( 食 品 ロス)が 家 庭 や 食 品 関 連 事 業 者 から 大 量

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の 指 導 内 容 生 物 育 成 が 必 修 扱 いとなり そのため 栽 培 学 習 を 多 くの 学 校 で 取 り 組 むことになりました そのよう

はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の 指 導 内 容 生 物 育 成 が 必 修 扱 いとなり そのため 栽 培 学 習 を 多 くの 学 校 で 取 り 組 むことになりました そのよう 食 育 栽 培 コーディネーター 養 成 実 技 研 修 会 開 催 のご 提 案 平 成 26 27 年 度 向 け 全 体 研 修 会 での 講 義 の 様 子 ペットボトルマイ 豆 苗 ギョウザピザの 試 食 牛 乳 パックでのマイ 畑 作 り はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 28 年 7 月 5 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 遅 くても 出 穂 1か 月 前 までに 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 く ことのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 維 持 しましょう 2

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領 あたらしい 農 業 技 術 No.605 在 来 シバ 等 を 活 用 した グランドカバー 作 り 平 成 26 年 度 - 静 岡 県 経 済 産 業 部 - 要 旨 1 技 術 情 報 の 内 容 及 び 特 徴 (1) 管 理 労 力 不 足 等 の 理 由 で 雑 草 が 繁 茂 しやすい 耕 作 放 棄 地 では 外 来 シバを 利 用 したグラン ドカバー 植 物 による 被 覆 管

More information

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc 水 稲 べんモリ 直 播 マニュアル 2016 年 版 水 稲 湛 水 直 播 の 苗 立 ちの 安 定 化 を 目 的 とした 安 価 で 簡 易 な 種 子 被 覆 法 国 立 研 究 開 発 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 水 稲 直 播 の 問 題 苗 作 りを 行 わず 水 田 に 直 接 播 種 する 直 播 は

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

Ⅰ 花 き 総 合 振 興 方 針 1 総 合 方 針 花 き 産 業 は 生 産 流 通 販 売 に 加 え 新 品 種 を 育 成 する 分 野 からなっている 本 県 の 多 くの 生 産 者 は 各 農 業 協 同 組 合 に 集 荷 された 荷 物 を 県 内 外 の 市 場 に 運 んで

Ⅰ 花 き 総 合 振 興 方 針 1 総 合 方 針 花 き 産 業 は 生 産 流 通 販 売 に 加 え 新 品 種 を 育 成 する 分 野 からなっている 本 県 の 多 くの 生 産 者 は 各 農 業 協 同 組 合 に 集 荷 された 荷 物 を 県 内 外 の 市 場 に 運 んで 平成27年3月 秋 田 県 秋田県花きイノベーション推進協議会 Ⅰ 花 き 総 合 振 興 方 針 1 総 合 方 針 花 き 産 業 は 生 産 流 通 販 売 に 加 え 新 品 種 を 育 成 する 分 野 からなっている 本 県 の 多 くの 生 産 者 は 各 農 業 協 同 組 合 に 集 荷 された 荷 物 を 県 内 外 の 市 場 に 運 んでいる 販 売 は ほとんどが 市 場

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

. 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 (1 995) 年 における 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 類 型..125 の 実 地 調 査 地 として 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 地 区 ( 川 内 1 丁 目 ~6 丁 目 )を 選 島 菜 の 特 産 団 地 として1O ~12 月 は, 耕 地 全 体 が 広 島 菜 一 色 に 埋 められる C,ナイアシンなどの

More information

シャインマスカット栽培指針.docx

シャインマスカット栽培指針.docx シャインマスカット の 栽 培 マニュアル 平 成 28 年 3 月 大 阪 府 目 次 1 シャインマスカットの 特 徴 1 (1) 来 歴 (2) 樹 果 実 の 特 性 2 ぶどうの 植 付 け 方 法 と 初 年 度 の 管 理 2 (1) 植 付 け 方 法 (2) 初 年 度 の 管 理 方 法 ( 棚 栽 培 の 場 合 ) (3) 新 植 幼 木 期 の 管 理 3 シャインマスカットの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

ネットはり スケジュール ネットはり 台 風 などで 飛 ばされないように しっかりと 固 定 してください ベランダの 手 すりなどに 結 んでも 構 いません 棒 などを 通 すと 作 業 が 楽 でネットがたわみません 固 定 する 場 所 がないとき は 支 柱 が 必 要 で 必 要 に

ネットはり スケジュール ネットはり 台 風 などで 飛 ばされないように しっかりと 固 定 してください ベランダの 手 すりなどに 結 んでも 構 いません 棒 などを 通 すと 作 業 が 楽 でネットがたわみません 固 定 する 場 所 がないとき は 支 柱 が 必 要 で 必 要 に プランターでゴーヤやアサガオを 育 てる 何 を 植 えますか 緑 のカーテンには 夏 にぐんぐん 伸 び 冬 は 日 ざしを 取 り 入 れられるように 葉 が 落 ちる1 年 草 のつる 性 植 物 が 最 適 で おすすめの 植 物 は ゴーヤ アサガオ フウセンカズラ ヘチマ ヒョウタンな どで 今 回 はゴーヤとアサガオをプランターで 育 てま 準 備 するもの プランター ネット 土 や

More information

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145>

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145> 2. 栽 培 (1) 茶 の 特 性 茶 は 亜 熱 帯 性 の 常 緑 作 物 で 生 育 の 温 度 限 界 は 年 平 均 気 温 が12.5 ~13.0 の 範 囲 にあり 年 間 降 水 量 は1,300mm 以 上 が 望 ましい 栽 培 適 地 は 広 く 酸 性 土 壌 (ph4.0~5.0)に 適 している 土 壌 の 物 理 性 ( 通 気 性 透 水 性 保 水 性 )が 良

More information

心 電 図 検 査 正 しく 電 極 を 装 着 する 正 しく 波 形 を 記 録 する 正 しく 波 形 を 判 読 する

心 電 図 検 査 正 しく 電 極 を 装 着 する 正 しく 波 形 を 記 録 する 正 しく 波 形 を 判 読 する 緊 急 検 査 における 心 電 図 の 読 み 方 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 高 橋 秀 一 心 電 図 検 査 正 しく 電 極 を 装 着 する 正 しく 波 形 を 記 録 する 正 しく 波 形 を 判 読 する この 講 座 の 目 標 緊 急 の 現 場 において 心 電 図 とどうつき 合 うか? 正 しい 場 所 に 電 極 を 装 着 する 記 録 手 順 を 遵 守

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患

寺さんのもっと健康セミナー (その3) 脳血管疾患 脳 血 管 疾 患 はガン 心 疾 患 についで 死 亡 率 が 高 い 右 図 参 照 親 鴨 会 会 員 には 脳 血 管 疾 患 を 患 っている 方 がおられるため 発 病 後 の 改 善 を 中 心 に 書 きます 疾 患 の 予 防 に 関 しても 第 6 章 に 書 きました 近 年 話 題 となっている 認 知 症 に 関 しては 死 亡 率 よりも 介 護 の 観 点 が 高 いた

More information

本文1

本文1 策 定 年 月 変 更 年 月 平 成 16 年 4 月 平 成 17 年 4 月 平 成 18 年 4 月 平 成 19 年 4 月 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 4 月 平 成 22 年 4 月 平 成 23 年 4 月 平 成 24 年 4 月 平 成 25 年 4 月 平 成 26 年 4 月 平 成 27 年 4 月 平 成 28 年 4 月 三 川 町 地 域 水 田 農

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida

原 因 菌 とリスク 因 子 内 因 性 真 菌 性 眼 病 変 の 原 因 となる 真 菌 で 最 も 多 いものはカンジダ 属 で 90%を 占 める とされています カンジダ 属 の 他 にはアスペルギルス 属 クリプトコックス 属 などが 続 きます カンジダ 属 のなかでは Candida 2014 年 9 月 17 日 放 送 真 菌 性 眼 内 炎 の 予 防 と 治 療 兵 庫 医 科 大 学 感 染 制 御 部 講 師 中 嶋 一 彦 はじめに カンジダ 血 症 真 菌 による 眼 内 感 染 症 は 眼 科 手 術 や 外 傷 コンタクトレンズなどが 原 因 でフサリウム 属 やアスペルギルス 属 などの 糸 状 菌 による 感 染 症 を 生 じる 外 因 性 のもの と

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_ 30 第 2 章 桑 の 栽 培 ている 品 種 は, 一 ノ 瀬 が 約 半 数 をしめ, 次 いで はやてさかり が 多 くそのほかに し んいちのせ みなみさかり 改 良 鼠 返 し などがあげられる 2 5 表 主 要 な 品 種 項 目 主 要 な 品 種 名 やまぐわ 型 剣 持, 赤 木, 島 ノ 内, 五 郎 治 早 生, 市 平, 根 小 屋 高 助, 新 桑 1 号 ~2 号,

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

untitled

untitled みんなで 止 めよう 温 暖 化 チーム マイナス6% ガイドブック CONTENTS 緑 のカーテンで 涼 しい 夏 を! 1 なぜ 涼 しいの? 緑 のカーテン 2 育 ててみよう! 緑 のカーテン 3 準 備 するもの ゴーヤ 作 業 暦 3 ネット 張 り 支 柱 立 て 設 置 裏 技 4 土 作 り 苗 の 植 え 付 け 5 水 やり 雨 水 タンク 利 用 6 ツルの 誘 引 追 肥

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

1 1. 植 物 のなかま 分 け( 分 類 )について, 次 の 文 を 読 み, 次 の 各 問 いに 答 えなさい スウェーデンの 生 物 学 者,カール フォン リンネ(1707 1778)は 分 類 学 の 父 と 言 われている 彼 は, 生 物 の 学 名 を 属 名 と 種 小 名 の2つのラテン 語 で 表 す 二 名 法 ( 二 命 名 法 )を 確 立 した また,リンネは 花 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 150629 生 態 系 の 科 学 流 域 生 態 系 における 物 質 循 環 九 州 大 学 演 習 林 大 槻 恭 一 智 和 正 明 自 己 紹 介 最 近 の 生 態 系 研 究 の 動 向 森 林 の 水 はきれい? 森 林 における 窒 素 循 環 多 々 良 川 流 域 の 水 はなぜ 汚 れているのか? 森 林 は 窒 素 飽 和 しているのか? 自 己 紹 介 最 近 の 生

More information