第1部 総 説

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第1部 総 説"

Transcription

1 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県

2

3 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化 2 (1) 若 年 者 2 (2) 女 性 3 (3) 高 齢 者 3 (4) 障 害 者 4 (5) 非 正 規 労 働 者 4 3 労 働 力 需 要 面 の 変 化 4 (1) 産 業 職 業 別 の 状 況 4 (2) 労 働 移 動 等 の 動 向 5 第 3 部 職 業 能 力 開 発 の 主 要 な 課 題 1 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 6 (1) 成 長 が 期 待 される 分 野 やものづくり 分 野 の 人 材 育 成 6 (2) 民 間 における 職 業 能 力 開 発 の 促 進 6 (3) 公 共 職 業 訓 練 の 充 実 6 2 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 の 推 進 7 3 技 能 の 振 興 7 4 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 する 職 業 能 力 開 発 の 推 進 8 第 4 部 職 業 能 力 開 発 の 実 施 目 標 基 本 的 施 策 1 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 の 推 進 9 (1) 成 長 が 期 待 される 分 野 やものづくり 分 野 の 人 材 育 成 9 (2) 民 間 における 職 業 能 力 開 発 の 促 進 9 (3) 公 共 職 業 訓 練 の 充 実 10 1 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 10 2 ポリテクセンター 山 梨 13

4 (4) 山 梨 大 学 との 連 携 13 (5) 施 策 の 目 標 14 2 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 の 推 進 14 (1) 個 人 の 主 体 的 な 能 力 開 発 の 支 援 14 (2) 企 業 による 労 働 者 の 能 力 開 発 の 支 援 15 (3) キャリア 教 育 の 推 進 15 (4) 施 策 の 目 標 15 3 技 能 の 振 興 15 (1) 技 能 の 継 承 15 (2) 技 能 の 振 興 16 (3) 技 能 者 の 評 価 の 推 進 16 (4) 施 策 の 目 標 16 4 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 する 職 業 能 力 開 発 の 推 進 16 (1) 長 期 失 業 者 に 対 する 能 力 開 発 16 (2) 学 卒 未 就 職 者 に 対 する 能 力 開 発 17 (3) ニート 等 の 若 年 者 に 対 する 能 力 開 発 17 (4) 障 害 者 への 支 援 17 (5) 母 子 家 庭 の 母 等 への 支 援 18 (6) 施 策 の 目 標 18 5 国 際 化 と 職 業 能 力 開 発 18 6 職 業 能 力 開 発 施 策 の 推 進 体 制 18 (1) 職 業 訓 練 の 実 施 体 制 の 整 備 18 (2) 関 連 行 政 分 野 における 施 策 との 連 携 の 強 化 19 (3) 行 政 評 価 を 通 じた 効 率 的 な 施 策 の 推 進 19 (4) 施 策 の 周 知 広 報 19

5 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 本 県 では 国 の 職 業 能 力 開 発 基 本 計 画 に 基 づき 昭 和 46 年 以 降 8 次 にわたり 職 業 能 力 開 発 計 画 を 策 定 し 産 業 技 術 短 期 大 学 校 をはじめとする 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 における 職 業 訓 練 の 充 実 強 化 や 技 能 の 継 承 振 興 などの 施 策 を 展 開 してきた 近 年 第 一 次 第 二 次 産 業 から 第 三 次 産 業 へと 産 業 構 造 が 転 換 する 中 で 建 設 業 製 造 業 の 雇 用 が 縮 小 する 一 方 介 護 福 祉 医 療 子 育 て 情 報 通 信 観 光 環 境 分 野 等 今 後 の 成 長 が 期 待 される 産 業 での 雇 用 の 拡 大 が 見 られる また 中 国 や 東 单 アジア 諸 国 の 目 覚 しい 成 長 は 企 業 にとってアジアでの 巨 大 な 需 要 の 創 出 や 外 資 系 企 業 との 協 同 等 の 企 業 戦 略 の 選 択 肢 を 増 やす 一 方 国 際 競 争 の 激 化 をもたらすなど 労 働 市 場 をめぐる 環 境 や 企 業 の 経 営 環 境 が 大 きく 変 化 してき ている こうした 状 況 下 において 今 後 成 長 が 期 待 される 分 野 や 県 内 の 基 幹 産 業 であ る 機 械 電 子 産 業 を 中 心 とした 国 際 競 争 力 を 有 するものづくり 分 野 における 人 材 育 成 を 図 ることが 喫 緊 の 課 題 となっている 県 では 平 成 20 年 6 月 には 産 業 界 教 育 界 労 働 界 などの 代 表 者 で 構 成 する 産 学 官 労 連 携 人 材 確 保 育 成 推 進 会 議 を 設 置 し 技 術 系 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 んでいる また 平 成 22 年 3 月 に 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 の 在 り 方 ビジョン を 策 定 し 専 門 課 程 については 富 士 東 部 地 域 に 産 業 技 術 短 期 大 学 校 都 留 キャンパスを 新 設 し 生 産 部 門 を 管 理 し 中 核 を 担 う 専 門 的 技 術 者 の 育 成 を 目 指 すとともに 普 通 課 程 短 期 課 程 については 企 業 や 求 職 者 のニーズを 踏 まえて 学 科 の 見 直 しを 行 う 中 で 職 業 訓 練 全 般 の 充 実 強 化 を 図 ることとした 平 成 23 年 3 月 には 山 梨 県 産 業 振 興 ビジョン を 策 定 し 本 県 の 今 後 成 長 が 期 待 さ れる 産 業 分 野 を 明 らかにするとともに 県 内 中 小 企 業 の 経 営 革 新 や 業 種 転 換 を 促 す 中 で 地 域 社 会 を 担 う 優 れた 人 材 の 確 保 育 成 を 図 る 必 要 があるとした こうした 情 勢 を 踏 まえ 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 では 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 の 在 り 方 ビジョン の 方 向 性 に 沿 った 新 たな 職 業 能 力 開 発 の 推 進 体 制 の 整 備 や 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 確 保 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 など 職 業 能 力 開 発 施 策 の 中 期 的 な 基 本 的 方 向 を 策 定 するものである 2 計 画 の 期 間 この 計 画 の 期 間 は 平 成 23 年 度 から 平 成 27 年 度 までの 5 年 間 とする - 1 -

6 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 全 国 の 総 人 口 は 平 成 16 年 に1 億 2,779 万 人 とピークを 迎 えた 後 減 尐 局 面 に 入 っ ており 平 成 22 年 3 月 末 時 点 では1 億 2,705 万 人 となっている 今 後 も 人 口 減 尐 が 進 む ことが 予 測 されている こうした 人 口 減 尐 社 会 の 到 来 は 消 費 者 人 口 と 労 働 力 人 口 の 減 尐 という 需 要 と 供 給 の 両 面 で 縮 小 をもたらすことから 社 会 経 済 活 動 全 体 に 影 響 を 及 ぼすものと 推 測 される また 製 造 業 においては 経 済 のグローバル 化 を 背 景 に 労 働 集 約 的 な 部 分 を 中 心 に 海 外 移 転 が 進 み 知 識 集 約 的 な 産 業 への 移 行 や 産 業 の 空 洞 化 といった 現 象 が 生 じ ている こうした 社 会 経 済 状 況 の 変 化 により 高 度 な 専 門 技 術 やノウハウを 持 った 人 材 へ の 需 要 が 高 まる 一 方 非 正 規 労 働 者 の 増 加 や 賃 金 格 差 の 拡 大 など 職 業 能 力 開 発 を めぐる 様 々な 問 題 が 顕 在 化 してきている 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化 本 県 の 平 成 21 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.31 と 全 国 平 均 を 下 回 り 尐 子 化 が 一 段 と 進 行 しているとともに 人 口 も 平 成 11 年 の 89 万 3 千 人 をピークに 減 尐 に 転 じてお り 平 成 27 年 には 85 万 3 千 人 平 成 32 年 には 82 万 9 千 人 となり 高 齢 化 率 は 30% を 超 えると 推 計 されている このような 急 激 な 尐 子 高 齢 化 の 進 展 に 伴 い 本 県 の 就 業 者 数 も 減 尐 することが 見 込 まれる 総 人 口 に 対 する 生 産 年 齢 人 口 の 割 合 をみると 平 成 22 年 の 62%が 平 成 27 年 に 60% 平 成 32 年 には 58%に 減 尐 することが 予 測 されている (1) 若 年 者 若 年 者 の 雇 用 情 勢 については 完 全 失 業 率 が 相 対 的 に 高 い 水 準 で 推 移 しており 平 成 22 年 における 全 国 の 状 況 は 全 体 の 失 業 率 が 5.1%であるのに 対 し 15 歳 から 19 歳 までの 完 全 失 業 率 は 9.6% 20 歳 から 24 歳 までの 完 全 失 業 率 は 9.1%となって いる 県 内 の 平 成 23 年 3 月 卒 業 の 高 校 新 卒 者 の 就 職 内 定 率 は 95.6%と 前 年 同 期 に 比 べ 2.2 ポイント 上 回 っており 大 学 新 卒 者 の 就 職 内 定 率 も 87.4%と 前 年 同 期 を 3.1 ポ イント 上 回 るなど 若 干 持 ち 直 しているものの 東 日 本 大 震 災 の 影 響 もあり 若 年 者 の 雇 用 情 勢 は 依 然 として 厳 しい 状 況 にある - 2 -

7 全 国 におけるフリーター *の 数 は 平 成 15 年 の 217 万 人 をピークに5 年 連 続 で 減 尐 したものの 平 成 21 年 には 178 万 人 と6 年 ぶりに 増 加 し 平 成 22 年 には 183 万 人 と 更 に 増 えている また 教 育 も 訓 練 も 受 けず 就 労 もしていないニート 状 態 ** の 若 者 の 数 (15~34 歳 の 若 年 無 業 者 )は 平 成 22 年 において 60 万 人 と 依 然 として 高 止 まりしている 中 で 本 県 における 若 年 無 業 者 数 の 推 計 値 は 平 成 14 年 の 4,300 人 から 平 成 19 年 の 3,500 人 に 減 尐 している *フリーター:アルバイトやパートタイマーなど 正 社 員 以 外 の 就 労 形 態 で 生 計 を 立 ててい る 15 歳 から 34 歳 の 者 **ニート: 職 に 就 かず 求 職 活 動 もせず 通 学 もしていない15 歳 から34 歳 の 無 業 者 (2) 女 性 女 性 の 雇 用 者 数 は 昭 和 60 年 以 降 増 加 しており 今 後 もこの 傾 向 は 続 くものと 見 込 まれる 平 成 19 年 就 業 構 造 基 本 調 査 によると 本 県 の 雇 用 者 数 37 万 9 千 人 のうち 女 性 は 16 万 6 千 人 で 前 回 の 平 成 14 年 調 査 より 1 万 7 千 人 増 え 雇 用 者 総 数 の 43.9%を 占 めている また 平 成 22 年 度 の 女 性 求 職 者 は 新 規 求 職 者 全 数 の 50.9%に 及 び 就 労 意 欲 の 高 さが 窺 える こうした 中 最 近 は 離 婚 や 未 婚 女 性 の 出 産 の 増 加 などの 理 由 から 母 子 世 帯 が 増 加 しており 平 成 20 年 の 調 査 では 前 回 の 平 成 16 年 調 査 より 10.6% 増 えて 7,739 世 帯 となっている (3) 高 齢 者 全 国 における 高 齢 者 の 就 業 率 は 男 性 は 55 歳 から 59 歳 までが 88.0% 60 歳 か ら 64 歳 までが 70.6% 65 歳 から 69 歳 までが 46.8%で 女 性 は 55 歳 から 59 歳 ま でが 61.2% 60 歳 から 64 歳 までが 44.2% 65 歳 から 69 歳 までが 26.9%となって おり 60 歳 を 過 ぎても 多 くの 高 齢 者 が 就 業 している 本 県 における 労 働 力 人 口 全 体 に 占 める 65 歳 以 上 の 割 合 は 平 成 2 年 8.8% 平 成 7 年 10.3% 平 成 12 年 10.8% 平 成 17 年 11.6%と 年 々 増 加 しており 今 後 も 引 き 続 き 増 加 していくものと 見 込 まれる こうした 中 企 業 の 67.5%が 契 約 社 員 やパート アルバイトなど 何 らかの 形 態 で 定 年 後 も 雇 用 すると 回 答 していることから 職 業 生 涯 の 長 期 化 が 窺 える - 3 -

8 (4) 障 害 者 本 県 における 平 成 22 年 度 末 の 障 害 者 数 は 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 合 わせ て 51,993 人 となっている 県 内 民 間 企 業 (56 人 以 上 規 模 )の 障 害 者 の 実 雇 用 率 は 平 成 22 年 は 1.67%で 前 年 より 0.06 ポイント 上 昇 しているものの 全 国 平 均 1.68%を 下 回 っている また 50.4%の 企 業 は 法 定 雇 用 率 1.8%を 達 成 していない 一 方 厳 しい 雇 用 情 勢 下 においても 障 害 者 の 就 労 意 欲 は 年 々 高 まりを 見 せてお り 障 害 者 の 新 規 求 職 申 込 件 数 は 平 成 19 年 度 が 785 人 平 成 20 年 度 が 844 人 平 成 21 年 度 が 886 人 と 増 加 している (5) 非 正 規 労 働 者 バブル 崩 壊 以 降 の 雇 用 情 勢 の 悪 化 の 中 で 非 正 規 労 働 者 は 近 年 増 加 している 県 内 の 非 正 規 労 働 者 の 労 働 者 全 体 に 占 める 割 合 は 平 成 14 年 には 28.6%であった が 平 成 19 年 には 33.5%に 上 昇 している 内 訳 を 性 別 で 見 ると 非 正 規 労 働 者 全 体 の 7 割 程 度 を 女 性 が 占 め 男 性 は 全 体 の 3 割 前 後 であるが 平 成 14 年 から 平 成 19 年 までの 増 加 割 合 を 見 ると 女 性 の 20%に 対 して 男 性 は 31%と 女 性 より 10 ポイ ント 以 上 高 くなっている 労 働 者 が 非 正 規 雇 用 の 就 業 形 態 を 選 んだ 理 由 に 関 する 国 の 調 査 結 果 * を 見 ると 平 成 19 年 においては 自 分 の 都 合 のよい 時 間 に 働 きたいから(42.0%) 家 計 の 補 助 学 費 等 を 得 たいから(34.8%) 正 社 員 として 働 ける 会 社 がなかったから (18.9%) などとなっているが その 中 で 正 社 員 として 働 ける 会 社 がなかったか ら と 答 えた 割 合 は 平 成 11 年 の 14.0%から 4.9 ポイント 上 昇 している 非 正 規 から 他 の 就 業 形 態 に 変 わりたいとする 者 の 割 合 は 平 成 11 年 の 13.5%か ら 平 成 19 年 は 30.6%に 上 昇 しており そのうち 90.9%は 正 社 員 になりたいと 答 え ている * 国 の 調 査 結 果 : 就 業 形 態 の 多 様 化 に 関 する 総 合 実 態 調 査 ( 平 成 19 年 度 厚 生 労 働 省 ) 3 労 働 力 需 要 面 の 変 化 (1) 産 業 職 業 別 の 状 況 本 県 における 産 業 別 の 労 働 力 の 推 移 を 見 ると 第 一 次 産 業 の 就 業 者 の 全 体 に 占 める 割 合 は 平 成 2 年 11.7% 平 成 7 年 9.9% 平 成 12 年 8.8% 平 成 17 年 は 8.5%と 長 期 にわたり 減 尐 を 続 けている 第 二 次 産 業 の 就 業 者 数 は 昭 和 60 年 から 平 成 2 年 までは 増 加 傾 向 で 推 移 してき - 4 -

9 たが 就 業 者 全 体 に 占 める 割 合 は 平 成 7 年 に 35.3%であったものが 景 気 の 低 迷 等 により 平 成 12 年 には 34.1% 平 成 17 年 には 30.6%と 減 尐 傾 向 に 転 じている 第 三 次 産 業 については 就 業 者 数 全 体 に 占 める 割 合 とも 増 加 傾 向 で 推 移 して きており 医 療 福 祉 の 生 活 支 援 分 野 教 育 産 業 分 野 ビジネスサービス 分 野 な どの 拡 大 を 背 景 に 平 成 12 年 は 57% 平 成 17 年 は 60.1%と 増 加 している 平 成 22 年 に 行 ったニーズ 調 査 * の 中 で 雇 用 している 労 働 者 数 と 現 時 点 で 補 充 が 必 要 と 考 えられる 労 働 者 数 を 調 査 しているが その 結 果 を 職 種 別 でみると 管 理 監 督 者 専 門 技 術 者 が 高 い 数 値 となっている *ニーズ 調 査 : 専 門 職 種 別 労 働 者 需 給 状 況 及 び 職 業 能 力 開 発 に 関 するニーズ 調 査 ( 平 成 22 年 度 山 梨 県 産 業 人 材 課 ) (2) 労 働 移 動 等 の 動 向 尐 子 高 齢 化 の 進 展 や 就 業 者 数 の 減 尐 に 伴 う 産 業 構 造 の 変 化 により 労 働 力 需 給 構 造 は 著 しく 変 動 している 前 述 のとおり 産 業 別 の 就 業 者 は 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 が 減 尐 第 3 次 産 業 が 増 加 傾 向 にあり ( 独 ) 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 が 政 府 の 新 成 長 戦 略 の 目 標 値 を 踏 まえて 実 施 した 産 業 別 就 業 者 数 の 将 来 推 計 においても 平 成 32 年 の 推 計 就 業 者 数 は 医 療 福 祉 情 報 通 信 業 の 分 野 で 増 加 すると 見 込 まれている 企 業 側 でも 成 長 が 期 待 できる 分 野 として 環 境 関 連 医 療 福 祉 関 連 情 報 通 信 関 連 といった 分 野 を 挙 げており 今 後 もこの 動 きが 加 速 し 産 業 間 に おける 労 働 移 動 が 増 加 するものと 見 込 まれる - 5 -

10 第 3 部 職 業 能 力 開 発 の 主 要 な 課 題 1 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 (1) 成 長 が 期 待 される 分 野 やものづくり 分 野 の 人 材 育 成 山 梨 県 産 業 振 興 ビジョン では 成 長 が 期 待 される 分 野 として 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 分 野 など5つの 分 野 を 挙 げており ものづくり 分 野 としては クリーンエ ネルギー 関 連 産 業 スマートデバイス * や 複 合 素 材 環 境 素 材 に 関 連 する 部 品 加 工 産 業 生 産 機 器 システム 産 業 を 位 置 づけている 産 業 構 造 が 変 化 し 国 際 競 争 が 激 化 する 中 これまで 蓄 積 してきた 技 術 や 人 材 を 活 かしながら 経 済 社 会 が 持 続 的 な 発 展 を 続 け 雇 用 を 確 保 していくためには 成 長 が 期 待 される 分 野 やものづくり 分 野 の 人 材 育 成 に 強 力 に 取 り 組 む 必 要 がある また 長 い 歴 史 に 培 われ 地 域 に 根 を 張 った 本 県 地 場 産 業 等 においても 成 長 に 向 けた 主 体 的 な 経 営 革 新 や 人 材 育 成 の 取 り 組 みが 重 要 となる *スマートデバイス: 革 新 的 な 機 能 を 有 し 長 期 の 優 位 性 を 保 持 できる 超 精 密 超 微 細 な 高 機 能 部 品 インターネットに 接 続 して 様 々な 用 途 に 使 える 電 子 機 器 の 呼 び 名 として 用 いられる (2) 民 間 における 職 業 能 力 開 発 の 促 進 技 術 革 新 の 進 展 等 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 急 激 に 変 化 する 中 で 企 業 は 長 期 的 視 点 に 立 ち 計 画 的 なOJT( 業 務 の 遂 行 過 程 内 において 行 う 職 業 訓 練 )も 含 めた 職 業 能 力 開 発 に 計 画 的 に 取 り 組 むことが 一 層 重 要 になっている また 企 業 は 労 働 者 の 自 発 的 な 職 業 能 力 開 発 の 取 り 組 みに 対 して 必 要 な 支 援 を 行 うよう 努 めるこ とが 重 要 である しかしながら 時 間 的 余 裕 がない 事 業 所 内 の 教 育 体 制 が 整 っていない など を 職 業 能 力 開 発 の 問 題 点 として 挙 げる 企 業 が 多 いことから こうした 労 働 者 の 職 業 キャリアの 形 成 に 際 しての 企 業 の 計 画 的 な 取 り 組 みに 対 し 助 成 制 度 等 の 支 援 を 維 持 強 化 することが 必 要 である (3) 公 共 職 業 訓 練 の 充 実 技 術 革 新 の 進 展 経 済 のソフト 化 やサービス 化 の 進 展 を 背 景 に 労 働 者 に 必 要 と される 能 力 も 急 激 に 変 化 してきており 職 務 に 必 要 な 実 践 的 な 技 能 知 識 に 加 え 幅 広 い 知 識 能 力 を 持 った 人 材 への 需 要 が 高 まっている こうしたニーズに 的 確 に 対 応 した 人 材 の 育 成 を 図 るためには 産 業 技 術 短 期 大 学 校 や 高 等 技 術 専 門 校 が 行 う 若 年 者 を 対 象 とした 職 業 訓 練 を 一 層 充 実 強 化 する 必 要 が ある - 6 -

11 また 離 転 職 者 を 対 象 とした 職 業 訓 練 では 早 期 就 業 につながるよう 企 業 や 求 職 者 のニーズに 迅 速 かつ 柔 軟 に 対 応 する 職 業 訓 練 が 求 められる 2 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 の 推 進 職 業 生 涯 の 長 期 化 や 働 き 方 の 多 様 化 等 が 進 む 中 労 働 者 の 段 階 的 体 系 的 な 職 業 能 力 の 開 発 向 上 を 促 し ひいては 人 材 の 育 成 確 保 や 労 働 生 産 性 の 向 上 等 につな げるためには 職 業 訓 練 の 充 実 強 化 を 支 援 するだけでなく 一 人 一 人 に 合 った 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 * を 支 援 していくことが 必 要 である このため それぞれの 職 業 キャリア 段 階 に 応 じたキャリア 形 成 の 機 会 を 提 供 する ことにより 産 業 構 造 の 変 化 や 国 際 競 争 が 激 化 する 中 でも 柔 軟 に 対 応 できる 人 材 を 育 成 するための 環 境 整 備 が 求 められている こうした 中 労 働 者 個 人 が 主 体 的 に 職 業 生 活 設 計 を 行 うとともに 職 業 訓 練 の 受 講 等 の 能 力 開 発 を 適 切 に 行 うことができるよう 教 育 訓 練 給 付 等 の 効 果 的 な 活 用 を 図 る 必 要 がある また 産 業 就 業 構 造 の 変 化 等 で 経 済 情 勢 が 変 化 する 中 にあっては 職 業 生 涯 に わたる 個 々 人 の 主 体 的 なキャリア 形 成 により 職 業 生 涯 の 節 目 において キャリア コンサルティング ** の 活 用 を 一 層 進 めて 行 くことが 重 要 である さらに 企 業 が 自 ら 労 働 者 の 能 力 開 発 を 行 うことは 企 業 が 求 める 人 材 の 育 成 に つながるものとして 重 要 である キャリア 教 育 については 若 年 者 雇 用 対 策 上 の 意 義 を 踏 まえ 教 育 機 関 との 連 携 のもと 初 等 中 等 教 育 から 本 格 的 な 進 路 決 定 に 至 るまでの 各 学 校 段 階 での 計 画 的 な キャリア 教 育 の 推 進 が 重 要 である 一 方 卒 業 後 も 生 涯 学 習 の 観 点 から 学 び 直 しの 機 会 を 提 供 する 等 教 育 施 策 と 密 接 に 連 携 が 必 要 である *キャリア 形 成 : 職 務 経 験 や 教 育 訓 練 の 受 講 等 を 積 み 重 ねていくことによる 段 階 的 な 職 業 能 力 の 形 成 **キャ リ ア コン サルテ ィ ン グ: 個 人 が その 適 性 や 職 業 経 験 等 に 応 じて 自 ら 職 業 生 活 設 計 を 行 い これ に 即 した 職 業 選 択 や 職 業 訓 練 等 の 職 業 能 力 開 発 を 効 果 的 に 行 う こ と が でき る よう 個 別 の 希 望 に 応 じ て 実 施 され る 相 談 そ の 他 の 支 援 3 技 能 の 振 興 若 年 者 を 中 心 としたものづくり 離 れや 熟 練 技 能 者 の 高 齢 化 団 塊 の 世 代 の 退 職 等 により 企 業 内 において 優 れた 熟 練 技 能 の 継 承 が 困 難 な 状 況 になっており 今 後 の 本 県 産 業 の 発 展 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 懸 念 されている このような 状 況 下 において 技 能 の 振 興 を 図 り 若 者 が 進 んで 技 能 労 働 者 を 目 指 - 7 -

12 すような 環 境 を 整 えるためには 県 民 の 間 に 技 能 尊 重 の 機 運 を 醸 成 することが 重 要 である そのためには 子 供 から 大 人 までが 気 軽 に 技 能 に 触 れ 技 能 の 大 切 さを 身 近 に 感 じる 機 会 を 設 けるほか 熟 練 技 能 者 を 指 導 者 とし 若 年 者 に 対 する 技 能 の 維 持 継 承 の 取 り 組 みなどを 進 めることが 必 要 である 4 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 する 職 業 能 力 開 発 の 推 進 長 期 失 業 者 学 卒 未 就 職 者 ニート 等 の 若 年 者 母 子 家 庭 の 母 等 は 他 の 求 職 者 と 比 べて 技 能 のミスマッチや 知 識 技 能 経 験 の 不 足 等 により 就 職 が 困 難 な 状 況 にあり それぞれの 特 性 に 応 じた 訓 練 を 実 施 する 必 要 がある また 障 害 者 の 社 会 参 加 や 自 立 を 促 すため 障 害 者 の 雇 用 を 促 進 することは 社 会 全 体 として 重 要 な 課 題 であり 障 害 特 性 等 に 配 慮 した 訓 練 を 実 施 する 必 要 がある こうした 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 し 職 業 訓 練 の 機 会 を 拡 充 するとともに きめ 細 やかな 職 業 能 力 開 発 の 実 施 が 求 められる - 8 -

13 第 4 部 職 業 能 力 開 発 の 実 施 目 標 基 本 的 施 策 1 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 の 推 進 (1) 成 長 が 期 待 される 分 野 やものづくり 分 野 の 人 材 育 成 国 では 産 業 構 造 の 変 化 に 対 応 し 国 際 競 争 力 を 強 化 するために 成 長 が 見 込 ま れる 分 野 における 人 材 育 成 を 戦 略 的 に 進 める 必 要 があるとして 訓 練 カリキュラム や 指 導 技 法 を 開 発 し その 普 及 を 図 るとしている 県 の 職 業 能 力 開 発 施 設 においてもそれらを 適 切 に 運 用 して 積 極 的 に 人 材 育 成 を 進 めていくとともに 訓 練 指 導 員 のスキルアップのための 研 修 の 受 講 機 会 を 拡 充 し 指 導 力 向 上 を 図 っていく ものづくり 分 野 の 人 材 育 成 は 高 レベルの 指 導 員 や 高 額 な 設 備 を 必 要 とするとい うものづくり 分 野 の 職 業 訓 練 の 特 性 から 個 々の 企 業 特 に 中 小 企 業 では 企 業 独 自 の 実 施 が 困 難 であり 民 間 教 育 訓 練 機 関 においても 実 施 は 困 難 であることから 引 き 続 き 公 共 職 業 訓 練 施 設 で 県 内 産 業 の 人 材 ニーズに 沿 った 技 術 技 能 を 習 得 させる 訓 練 を 実 施 していく このため 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 における 在 職 者 訓 練 特 にオーダーメイド 型 訓 練 * の 充 実 を 図 るとともに キャリア 形 成 促 進 助 成 金 や 認 定 職 業 訓 練 制 度 の 活 用 を 促 していく また 地 場 産 業 や 伝 統 産 業 の 分 野 においても 成 長 に 向 けて 引 き 続 き 人 材 の 育 成 を 支 援 していく *オーダーメイド 型 訓 練 : 企 業 と 協 議 して 訓 練 カリキュラムや 実 施 期 間 等 を 決 める 訓 練 (2) 民 間 における 職 業 能 力 開 発 の 促 進 企 業 内 において 段 階 的 体 系 的 な 職 業 能 力 開 発 を 計 画 的 に 進 める 観 点 から 国 や 関 係 機 関 と 連 携 しながら 事 業 内 職 業 能 力 開 発 計 画 の 策 定 及 びキャリア 形 成 促 進 助 成 金 制 度 の 活 用 を 促 進 するとともに 企 業 内 における 自 主 的 な 教 育 訓 練 の 充 実 を 図 るため その 中 核 的 な 役 割 を 担 う 職 業 能 力 開 発 推 進 者 の 選 任 を 促 進 し その 活 動 を 支 援 する また 認 定 職 業 訓 練 については 中 小 企 業 が 雇 用 する 労 働 者 の 職 業 能 力 開 発 の 機 会 を 確 保 するための 有 効 な 手 段 であるため 制 度 の 一 層 の 周 知 と 助 成 制 度 の 活 用 を 促 進 するとともに 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 と 連 携 し 認 定 職 業 訓 練 の 実 施 体 制 の 強 化 訓 練 内 容 の 充 実 のための 指 導 援 助 を 行 う さらに キャリア 開 発 アドバイザーや 人 材 育 成 コンサルタントによる 相 談 などを - 9 -

14 行 う 職 業 能 力 開 発 サービスセンター の 活 用 促 進 を 図 っていく こうした 施 策 を 通 じて 労 働 者 の 職 業 経 歴 の 各 段 階 や 就 業 形 態 に 応 じた 職 業 能 力 の 開 発 向 上 を 支 援 する また 事 業 主 等 の 職 業 能 力 開 発 の 取 り 組 みを 支 援 する 中 核 施 設 である 中 小 企 業 人 材 開 発 センターについては ( 独 ) 雇 用 能 力 開 発 機 構 から 施 設 の 譲 渡 を 受 けて 平 成 23 年 度 から 山 梨 県 立 中 小 企 業 人 材 開 発 センター として 設 置 し 指 定 管 理 者 制 度 により 運 営 管 理 している 県 では 指 定 管 理 者 との 連 携 のもと 企 業 訪 問 や 業 界 団 体 を 通 じての 啓 発 など 様 々 な 広 報 手 段 を 通 じて 県 内 中 小 企 業 による 施 設 の 一 層 の 利 用 の 促 進 を 図 る さらに 今 後 は 成 長 が 期 待 される 介 護 福 祉 医 療 子 育 て 情 報 通 信 観 光 環 境 新 エネルギーなどの 分 野 を 中 心 に 事 業 主 等 が 行 う 職 業 訓 練 の 認 定 職 業 訓 練 化 や 助 成 制 度 の 活 用 を 促 進 し 企 業 内 における 人 材 の 育 成 確 保 を 支 援 する (3) 公 共 職 業 訓 練 の 充 実 1 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 職 業 能 力 開 発 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 が 大 きく 変 化 している 中 ものづくりの 現 場 を 担 う 技 術 者 には 新 技 術 への 対 応 問 題 解 決 能 力 など より 高 い 専 門 能 力 が 求 められている 産 業 界 からも 技 術 の 高 度 化 専 門 化 に 対 応 できる 人 材 や 即 戦 力 の 確 保 につな がる 訓 練 実 施 の 要 望 が 高 まってきたことを 踏 まえ 平 成 22 年 3 月 に 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 の 在 り 方 ビジョン を 策 定 した 同 ビジョンの 基 本 的 方 針 を 基 に 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 における 新 たな 推 進 体 制 の 整 備 を 進 めていく 新 たな 推 進 体 制 に 必 要 な 施 設 の 整 備 改 修 や 機 械 器 具 等 設 備 の 整 備 について 計 画 的 に 実 施 していく 職 業 能 力 開 発 施 設 における 人 材 育 成 資 源 を 最 大 限 活 用 して 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 と 産 業 界 との 交 流 や 他 の 高 等 教 育 機 関 等 との 連 携 を 推 進 する 地 域 社 会 や 産 業 界 等 に 開 かれた 施 設 となるよう 指 導 員 の 派 遣 や 技 術 指 導 児 童 生 徒 を 対 象 としたものづくり 講 座 の 開 催 施 設 設 備 の 開 放 や 相 談 コーナー の 設 置 など 専 門 ノウハウを 活 かしたサービスを 提 供 する ア 産 業 技 術 短 期 大 学 校 本 県 は 機 械 電 子 工 業 の 比 重 が 高 い 産 業 構 造 であるが 富 士 東 部 地 域 は 機 械

15 電 子 工 業 にかかる 事 業 所 数 や 従 業 員 数 製 造 品 出 荷 額 が 約 3 割 を 占 めており ものづくり 分 野 の 人 材 育 成 を 一 層 推 進 していく 必 要 がある こうした 地 域 の 人 材 育 成 の 要 請 に 応 えるため 富 士 東 部 地 域 に 産 業 技 術 短 期 大 学 校 都 留 キャンパスを 新 設 する 同 キャンパスに 専 門 課 程 として 生 産 部 門 を 管 理 し 中 核 を 担 う 専 門 的 技 術 者 を 育 成 する 生 産 技 術 科 と 電 子 技 術 科 の2 科 を 設 置 する 産 業 技 術 短 期 大 学 校 と 工 業 系 高 校 との 連 携 を 一 層 推 進 するため 連 携 カリキ ュラム 作 成 優 先 入 学 制 度 出 身 校 別 フォロー 等 の 取 り 組 みを 行 う 短 期 課 程 の 在 職 者 訓 練 については 経 済 情 勢 の 長 引 く 低 迷 などから 各 企 業 が 自 社 内 で 職 業 能 力 開 発 を 実 施 することが 困 難 な 状 況 であるため 企 業 ニーズに 応 じてカリキュラムを 作 成 するオーダーメイド 型 訓 練 など 多 様 なコースを 設 定 して 実 施 していく 現 在 都 留 高 等 技 術 専 門 校 が 行 っている 在 職 者 訓 練 は 産 業 技 術 短 期 大 学 校 都 留 キャンパスにおいて 引 き 続 き 実 施 する イ 都 留 高 等 技 術 専 門 校 産 業 技 術 短 期 大 学 校 都 留 キャンパス 設 置 に 伴 って 都 留 高 等 技 術 専 門 校 は 廃 止 する これに 伴 い 現 在 設 置 している 普 通 課 程 のうち 電 気 システム 科 は 第 二 種 電 気 工 事 士 資 格 が 取 得 できる 課 程 として 県 内 では 唯 一 国 から 養 成 施 設 の 指 定 を 受 けている 学 科 であり 電 気 職 種 関 連 における 人 材 育 成 の 推 進 に 効 果 的 である ことから 今 後 も 引 き 続 き 人 材 育 成 の 要 請 に 応 えていくことが 必 要 であるこ とから 峡 单 高 等 技 術 専 門 校 において 実 施 する 一 方 OAビジネス 科 については 民 間 教 育 訓 練 機 関 が 充 実 しているため 委 託 訓 練 や 民 間 教 育 訓 練 機 関 による 実 施 への 転 換 を 検 討 する 短 期 課 程 の 施 設 内 訓 練 については 定 員 充 足 率 就 職 率 関 連 就 職 率 を 指 標 に 民 間 教 育 訓 練 機 関 における 実 施 状 況 や( 独 ) 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 の 山 梨 職 業 能 力 開 発 促 進 センター(ポリテクセンター 山 梨 )との 役 割 分 担 などを 踏 まえて 他 の 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 で 引 き 続 き 実 施 するか 委 託 訓 練 への 転 換 や 民 間 教 育 訓 練 機 関 等 による 実 施 への 転 換 などを 進 める 短 期 課 程 の 委 託 訓 練 については 他 の 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 での 実 施 を 検 討 す る 短 期 課 程 の 在 職 者 訓 練 は 産 業 技 術 短 期 大 学 校 都 留 キャンパスにおいて 実 施 す る

16 ウ 峡 单 高 等 技 術 専 門 校 現 在 普 通 課 程 は 自 動 車 整 備 科 建 築 科 の2 学 科 を 設 置 しているが この うち 自 動 車 整 備 科 については 二 級 自 動 車 整 備 士 の 受 験 資 格 が 取 得 できる 課 程 として 県 内 では 唯 一 国 から 養 成 施 設 の 指 定 を 受 けている 学 科 であり 自 動 車 関 連 職 種 における 人 材 育 成 の 推 進 に 効 果 的 であることから 今 後 も 引 き 続 き 人 材 育 成 の 要 請 に 応 えていく 一 方 建 築 科 については 企 業 求 職 者 のニーズの 減 尐 に 伴 い 定 員 割 れしてい る 状 況 にあることから 同 様 の 訓 練 を 行 っているポリテクセンター 山 梨 との 役 割 分 担 を 検 討 する また 前 述 のとおり 現 在 都 留 高 等 技 術 専 門 校 が 行 っている 電 気 システム 科 は 峡 单 高 等 技 術 専 門 校 において 引 き 続 き 実 施 する 短 期 課 程 の 施 設 内 訓 練 については 定 員 充 足 率 就 職 率 関 連 就 職 率 を 指 標 に 民 間 教 育 訓 練 機 関 における 実 施 状 況 やポリテクセンター 山 梨 との 役 割 分 担 などを 踏 まえて 委 託 訓 練 や 民 間 教 育 訓 練 機 関 等 による 実 施 への 転 換 などを 検 討 する 短 期 課 程 の 委 託 訓 練 については 多 様 なコースの 設 定 や 規 模 の 拡 大 など 施 設 内 訓 練 に 比 べより 機 動 的 な 対 応 が 可 能 であることから 今 後 雇 用 情 勢 に 柔 軟 に 対 応 するため ニーズを 的 確 に 把 握 し 随 時 訓 練 コースを 見 直 しながら 引 き 続 き 充 実 を 図 っていく 特 に OA IT 経 理 事 務 関 係 については ノウハウを 有 した 民 間 教 育 訓 練 機 関 が 多 数 存 在 することから 公 共 訓 練 から 民 間 訓 練 への 移 行 を 積 極 的 に 進 める 短 期 課 程 の 在 職 者 訓 練 については 引 き 続 き 多 様 なコースを 設 定 して 実 施 して いく エ 就 業 支 援 センター 短 期 課 程 の 施 設 内 訓 練 については 定 員 充 足 率 就 職 率 関 連 就 職 率 を 指 標 に 民 間 教 育 訓 練 機 関 における 実 施 状 況 を 踏 まえて 委 託 訓 練 や 民 間 教 育 訓 練 機 関 による 実 施 への 転 換 を 検 討 する 短 期 課 程 の 委 託 訓 練 については ニーズを 的 確 に 把 握 し 随 時 訓 練 コースを 見 直 しながら 充 実 を 図 っていく 特 に OA IT 経 理 事 務 関 係 については 民 間 訓 練 への 移 行 を 積 極 的 に 進 める 障 害 者 を 対 象 とする 総 合 実 務 科 は 障 害 者 の 自 立 促 進 につながる 訓 練 である

17 ことから 引 き 続 き 実 施 する また 障 害 者 の 態 様 に 応 じた 多 様 な 委 託 訓 練 は 就 労 支 援 や 社 会 参 加 自 立 促 進 の 観 点 から 非 常 に 重 要 であることから 引 き 続 き 実 施 する 短 期 課 程 の 在 職 者 訓 練 については 多 様 なコースを 設 定 して 実 施 していく 2 ポリテクセンター 山 梨 離 転 職 者 訓 練 のアビリティコース( 施 設 内 訓 練 )については ものづくり 分 野 に 特 化 した 職 業 訓 練 特 に 本 県 産 業 の 中 心 となっている 製 造 業 に 関 連 した 機 械 加 工 金 属 加 工 電 気 電 子 建 築 系 などの 訓 練 を 実 施 し 次 のような 取 り 組 み を 進 めている 事 業 所 等 の 人 材 ニーズの 把 握 や 受 講 生 の 満 足 度 調 査 等 による 的 確 なカリキ ュラム 編 成 及 び 訓 練 の 質 の 一 層 の 向 上 さまざまな 就 職 支 援 ツールを 活 用 した 受 講 者 に 対 する 相 談 情 報 提 供 的 確 なキャリア コンサルティングによる 就 職 率 の 向 上 また 専 門 短 期 課 程 の 在 職 者 訓 練 については 事 業 所 及 び 事 業 主 団 体 の 人 材 ニ ーズに 基 づく 訓 練 コースの 設 置 体 系 的 段 階 的 な 人 材 育 成 の 相 談 援 助 の 実 施 及 びオーダーメイド 型 セミナーの 充 実 を 進 めている 事 業 主 等 が 行 う 教 育 訓 練 への 支 援 については 訓 練 技 法 等 に 関 する 相 談 情 報 提 供 及 び 施 設 設 備 の 貸 与 等 を 一 層 促 進 している 県 では ( 独 ) 高 齢 障 害 求 職 者 雇 用 支 援 機 構 と 連 携 し 公 共 職 業 訓 練 の 充 実 を 図 っていく (4) 山 梨 大 学 との 連 携 山 梨 大 学 では 県 や 関 係 団 体 の 要 請 を 踏 まえ 本 県 産 業 界 のリーダーとして 活 躍 できる 人 材 を 育 成 するため 平 成 21 年 度 工 学 部 に 地 域 産 業 リーダー 養 成 特 別 枠 を 設 置 し 学 生 に 対 して 特 別 演 習 や 特 別 インターンシップ * などを 実 施 している 県 では これらの 特 別 教 育 プログラムの 実 施 に 対 して 助 成 し また 県 機 械 電 子 工 業 会 でも 学 生 に 対 し 奨 学 一 時 金 を 支 給 している 今 後 も 引 き 続 き 企 業 のニーズを 的 確 に 把 握 しながら 産 学 官 労 が 連 携 して 本 県 産 業 を 担 う 技 術 系 人 材 の 確 保 育 成 を 図 っていく *インターンシップ: 在 学 中 に 実 際 の 企 業 で 就 業 体 験 を 行 うこと 又 はその 制 度

18 (5) 施 策 の 目 標 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 の 推 進 における 目 標 指 標 名 職 業 能 力 開 発 推 進 者 数 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 883 人 988 人 1,076 人 1,201 人 1,236 人 1,077 人 1,350 人 指 標 名 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 ( 専 門 課 程 普 通 課 程 ) 修 了 者 の 就 職 率 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 99.2% 100% 97.5% 97.6% 94.8% 97.6% 100% 指 標 名 県 離 転 職 者 訓 練 ( 施 設 内 ) 修 了 者 の 就 職 率 < 修 了 3か 月 後 > 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 69.5% 70.8% 60.4% 59.7% 61.2% 64.2% 80.0% 指 標 名 県 離 転 職 者 訓 練 ( 委 託 ) 修 了 者 の 就 職 率 < 修 了 3か 月 後 > 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 71.6% 81.8% 50.7% 62.9% 66.7% 65.0% 70.0% 2 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 の 推 進 (1) 個 人 の 主 体 的 な 能 力 開 発 の 支 援 労 働 者 個 人 が 主 体 的 に 職 業 生 活 設 計 を 行 うとともに その 下 で 職 業 選 択 や 職 業 訓 練 の 受 講 等 の 能 力 開 発 を 適 切 に 行 うことができるよう 教 育 訓 練 給 付 等 の 効 果 的 な 活 用 について 周 知 を 図 っていく また 職 業 生 涯 にわたる 個 々 人 の 主 体 的 なキャリア 形 成 の 取 り 組 みを 支 援 する 観 点 から 就 職 転 職 時 や 中 高 年 期 において 培 ってきた 職 業 資 産 を 活 かし 自 律 的 に キャリアの 見 直 しを 目 指 す 時 や 引 退 により 仕 事 以 外 の 活 動 を 中 心 とする 生 活 へと 転 換 する 時 等 職 業 生 涯 の 節 目 において ハローワークのキャリア コンサルティ ングの 効 果 的 な 活 用 の 周 知 やジョブ カードの 活 用 促 進 を 図 っていく また 在 職 者 のキャリア 形 成 や 求 職 者 と 企 業 の 職 業 能 力 のミスマッチを 解 消 する ために 効 果 的 な キャリアパスポート についても その 活 用 を 促 進 する

19 (2) 企 業 による 労 働 者 の 能 力 開 発 の 支 援 企 業 自 らによる 労 働 者 の 能 力 開 発 を 促 進 するため キャリア 形 成 促 進 助 成 金 認 定 職 業 訓 練 制 度 等 のより 効 果 的 な 活 用 や 企 業 内 でキャリア 形 成 の 推 進 役 となる 人 材 の 育 成 等 を 促 進 し 労 働 者 の 能 力 開 発 やキャリア 形 成 支 援 のため 積 極 的 な 取 り 組 み が 進 められるよう 周 知 に 努 める また 設 備 訓 練 指 導 員 訓 練 ノウハウ 資 金 等 の 面 で 企 業 内 では 実 施 困 難 な 職 業 訓 練 については 企 業 ニーズに 即 して 個 別 に 実 施 するオーダーメイドによる 在 職 者 訓 練 の 実 施 や 訓 練 指 導 員 の 企 業 への 派 遣 等 を 効 果 的 に 実 施 し 在 職 者 のキャリア 形 成 や 労 働 生 産 性 の 向 上 を 図 っていく (3) キャリア 教 育 の 推 進 若 年 者 雇 用 対 策 上 の 意 義 を 踏 まえ 望 ましい 勤 労 観 職 業 観 の 育 成 のために 教 育 関 係 機 関 と 連 携 を 図 る 中 で 初 等 中 等 教 育 から 本 格 的 な 進 路 決 定 に 至 るまでの 各 学 校 段 階 での 計 画 的 なキャリア 教 育 の 推 進 を 働 きかけていく 特 に 高 校 においては 各 学 校 でキャリア 教 育 職 業 教 育 の 全 体 計 画 年 間 指 導 計 画 の 作 成 を 進 めるとともに キャリア 教 育 職 業 教 育 の 導 入 教 材 山 梨 に 生 きる を 教 育 課 程 に 位 置 づけた 取 り 組 みを 推 進 する また 県 内 企 業 と 連 携 し 高 校 における 企 業 見 学 やインターンシップを 促 進 する さらに 卒 業 後 も 生 涯 学 習 の 観 点 から 学 び 直 しの 機 会 を 提 供 する 等 教 育 施 策 と 密 接 に 連 携 して 職 業 能 力 開 発 施 策 を 展 開 する (4) 施 策 の 目 標 職 業 生 涯 を 通 じたキャリア 形 成 支 援 の 推 進 における 目 標 指 標 名 県 在 職 者 訓 練 におけるオーダーメイド 型 訓 練 の 実 施 コース 数 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 技 能 の 振 興 (1) 技 能 の 継 承 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 技 能 士 団 体 教 育 機 関 等 と 連 携 し 1 級 技 能 士 や 高 度 熟 練 技 能 者 による 技 能 に 関 する 講 習 会 等 を 開 催 する また 技 能 検 定 や 各 種 試 験 講 習 及 び 公 的 機 関 や 民 間 が 行 う 教 育 訓 練 等 に 関 する 情 報 提 供 を 強 化 する

20 さらに ものづくり 技 能 者 の 育 成 と 技 能 の 継 承 を 図 る 観 点 で 平 成 18 年 度 から 山 梨 県 技 能 士 会 連 合 会 に 委 託 して 実 施 している やまなし 匠 の 技 伝 承 塾 により 引 き 続 き 熟 練 技 能 者 の 技 術 技 能 の 若 年 者 への 伝 承 を 図 っていく (2) 技 能 の 振 興 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 や 山 梨 県 技 能 士 会 連 合 会 と 連 携 し 技 能 検 定 制 度 の 一 層 の 普 及 を 図 り 特 に 技 能 者 を 目 指 す 高 校 生 や 産 業 技 術 短 期 大 学 校 学 生 若 年 技 能 労 働 者 に 対 し2 級 及 び3 級 技 能 検 定 の 受 検 を 促 進 する また 技 能 五 輪 全 国 大 会 や 技 能 グランプリへの 参 加 を 積 極 的 に 推 進 するとともに 卓 越 した 技 能 者 等 の 優 れた 技 能 者 の 表 彰 を 行 うことにより 広 く 社 会 一 般 に 技 能 尊 重 気 運 を 浸 透 し 技 能 の 重 要 性 の 理 解 を 図 る 加 えて 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 や 山 梨 県 技 能 士 会 連 合 会 と 連 携 し 児 童 生 徒 や 保 護 者 地 域 住 民 に 対 し 技 能 に 関 する 体 験 教 室 などによるものづくり 体 験 の 機 会 を 提 供 する さらに 技 術 技 能 を 身 近 に 感 じ 職 業 意 識 を 醸 成 するため 業 界 団 体 や 県 内 企 業 と 連 携 し 大 学 高 校 におけるインターンシップを 推 進 する (3) 技 能 者 の 評 価 の 推 進 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 と 連 携 し 技 能 検 定 等 の 公 的 資 格 の 普 及 啓 発 に 努 め 技 能 者 の 適 正 な 評 価 とそれに 見 合 った 処 遇 や 人 事 考 課 の 改 善 を 促 進 する また 資 格 や 職 業 訓 練 歴 などを 記 載 するキャリアパスポートは 企 業 における 労 働 者 の 能 力 評 価 や 雇 用 の 際 の 基 準 として 有 効 であることから その 活 用 を 促 進 する (4) 施 策 の 目 標 技 能 の 振 興 における 目 標 指 標 名 技 能 検 定 受 検 申 請 者 数 合 格 者 数 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 受 検 者 1,883 人 1,990 人 1,914 人 1,830 人 1,826 人 1,888 人 2,000 人 合 格 者 868 人 1,004 人 1,020 人 979 人 988 人 971 人 1,080 人 4 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 する 職 業 能 力 開 発 の 推 進 (1) 長 期 失 業 者 に 対 する 能 力 開 発 長 期 失 業 者 については 技 能 のミスマッチ 等 により 就 職 困 難 な 状 況 にあることか

21 ら スキルの 向 上 や 働 く 意 欲 の 向 上 等 を 含 めた 就 職 に 必 要 な 基 礎 的 及 び 実 践 的 な 職 業 能 力 を 高 めるための 訓 練 が 必 要 である 雇 用 保 険 を 受 給 できない 求 職 者 等 に 対 して 職 業 相 談 や 職 業 訓 練 給 付 金 の 支 給 な どを 行 う 求 職 者 支 援 制 度 により 国 と 連 携 して 失 業 者 や 非 正 規 雇 用 者 の 再 就 職 を 支 援 する (2) 学 卒 未 就 職 者 に 対 する 能 力 開 発 学 卒 未 就 職 者 については 円 滑 な 就 職 を 支 援 するため 知 識 技 能 経 験 の 不 足 を 補 い コミュニケーション 能 力 など 基 礎 的 能 力 を 向 上 するための 訓 練 を 実 施 していく また 求 職 者 支 援 制 度 により 国 と 連 携 して 学 卒 未 就 職 者 の 早 期 就 職 を 支 援 する (3) ニート 等 の 若 年 者 に 対 する 能 力 開 発 ニート 等 の 若 年 者 については 就 労 支 援 を 行 う 山 梨 県 若 者 サポートステーショ ン が 設 置 されているが きめ 細 かい 支 援 プログラムの 充 実 を 図 るとともに 地 域 の 関 係 機 関 専 門 家 とのより 幅 広 い 連 携 や 支 援 人 材 の 計 画 的 養 成 を 推 進 するなど 機 能 の 一 層 の 充 実 を 図 っていく また フリーターや 若 年 失 業 者 に 対 する 日 本 版 デュアルシステム * をはじめと する 若 年 者 訓 練 等 により 訓 練 受 講 機 会 の 充 実 を 図 る * 日 本 版 デュアルシステム: 企 業 における 実 習 と 教 育 訓 練 機 関 における 座 学 ( 企 業 におけ る 実 習 に 関 連 した 内 容 )を 並 行 的 に 実 施 する 訓 練 システム (4) 障 害 者 への 支 援 障 害 者 が 社 会 の 一 員 として 様 々な 分 野 で 活 躍 することができるようにするという ノーマライゼーションの 推 進 の 観 点 から 職 業 能 力 開 発 に 関 するきめ 細 かな 情 報 提 供 を 行 うとともに 職 業 安 定 機 関 や 教 育 機 関 等 と 連 携 し 訓 練 受 講 が 必 要 とされる 者 については 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 への 受 け 入 れを 推 進 する 就 業 による 自 立 を 支 援 するための 職 業 訓 練 については 知 的 障 害 者 を 対 象 とした 職 業 訓 練 を 実 施 するとともに 民 間 教 育 訓 練 機 関 等 を 活 用 した 障 害 者 の 態 様 に 応 じ た 多 様 な 委 託 訓 練 では 座 学 訓 練 と 企 業 における 実 習 を 組 み 合 わせた 障 害 者 向 け の 日 本 版 デュアルシステムを 導 入 するなどの 拡 充 を 図 る また 障 害 者 就 職 支 援 コーディネーター を 引 き 続 き 配 置 し 委 託 訓 練 の 受 講 者 に 対 するきめ 細 かな 就 職 支 援 を 行 う さらに 職 業 訓 練 の 受 講 を 容 易 にするため 訓 練 手 当 の 支 給 に 努 めるとともに 障

22 害 者 就 業 生 活 支 援 センターにおいて 就 業 の 支 援 や 日 常 生 活 上 の 問 題 に 関 する 指 導 や 助 言 などに 努 める (5) 母 子 家 庭 の 母 等 への 支 援 母 子 家 庭 の 母 等 の 職 業 的 自 立 を 支 援 するため 訓 練 受 講 が 必 要 とされる 求 職 者 に ついては 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 への 受 け 入 れを 推 進 する また 自 立 支 援 プログラムに 基 づき 受 講 を 希 望 する 児 童 扶 養 手 当 受 給 者 及 び 生 活 保 護 受 給 者 等 については 職 業 安 定 機 関 や 福 祉 機 関 等 と 連 携 し 民 間 教 育 訓 練 機 関 等 を 活 用 して 準 備 講 習 付 き 職 業 訓 練 と 託 児 サービスの 提 供 を 組 み 合 わせた 支 援 を 実 施 する さらに 職 業 訓 練 の 受 講 を 容 易 にするため 訓 練 手 当 の 支 給 を 行 う (6) 施 策 の 目 標 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 者 に 対 する 職 業 能 力 開 発 の 推 進 における 目 標 指 標 名 障 害 者 訓 練 修 了 者 の 就 職 率 < 修 了 3 か 月 後 > 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 55.9% 60.7% 37.7% 33.8% 49.4% 46.8% 60.0% 指 標 名 母 子 家 庭 の 母 等 の 訓 練 修 了 者 の 就 職 率 < 修 了 3か 月 後 > 実 績 H18 H19 H20 H21 H 平 均 H27 目 標 値 87.5% 76.9% % 77.8% 75.4% 85.0% 5 国 際 化 と 職 業 能 力 開 発 技 術 技 能 の 移 転 を 通 じ 開 発 途 上 国 の 経 済 発 展 に 寄 与 する 観 点 から 技 能 実 習 制 度 については 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 と 連 携 し 制 度 の 適 正 かつ 円 滑 な 実 施 を 促 進 する また 県 が 行 う 海 外 研 修 員 受 け 入 れ 事 業 については 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 への 受 け 入 れを 積 極 的 に 行 う さらに 企 業 活 動 の 国 際 化 の 進 展 等 に 対 応 して 国 際 感 覚 を 持 った 人 材 を 育 成 す る 観 点 から 在 職 労 働 者 に 対 し 外 国 語 等 に 関 する 職 業 能 力 開 発 機 会 の 提 供 を 行 う 6 職 業 能 力 開 発 施 策 の 推 進 体 制 (1) 職 業 訓 練 の 実 施 体 制 の 整 備

23 長 期 的 な 視 点 から 地 域 社 会 を 担 う 優 れた 人 材 を 確 保 育 成 するため 引 き 続 き 産 学 官 労 連 携 人 材 確 保 育 成 推 進 会 議 において 現 状 の 把 握 や 課 題 の 整 理 さら に 効 果 的 な 対 策 の 検 討 などを 行 っていく また 雇 用 対 策 の 一 環 としての 行 政 を 推 進 するため 訓 練 コースの 設 定 等 につい て 国 や 市 町 村 との 連 携 を 図 る さらに 県 立 職 業 能 力 開 発 施 設 及 び 中 小 企 業 人 材 開 発 センターとポリテクセンタ ー 山 梨 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 協 会 山 梨 県 技 能 士 会 連 合 会 等 との 連 携 強 化 を 図 り 職 業 能 力 開 発 施 策 をより 効 果 的 に 推 進 する (2) 関 連 行 政 分 野 における 施 策 との 連 携 の 強 化 職 業 訓 練 修 了 者 の 就 職 支 援 にあたっては 職 業 安 定 機 関 との 連 携 を 一 層 強 化 する とともに ものづくり 人 材 の 育 成 技 能 の 振 興 に 関 する 事 業 の 推 進 にあたっては 産 業 支 援 機 関 教 育 関 係 機 関 との 連 携 を 一 層 強 化 する また 今 後 は 若 年 者 キャリア 支 援 対 策 に 係 る 教 育 施 策 や 産 業 施 策 との 連 携 高 度 かつ 実 践 的 な 教 育 の 活 用 に 係 る 高 等 教 育 機 関 との 連 携 福 祉 受 給 者 等 に 対 して 福 祉 から 自 立 に 向 けて 雇 用 への 誘 導 を 図 るための 職 業 能 力 開 発 に 係 る 福 祉 行 政 との 連 携 起 業 等 を 含 めた 能 力 開 発 への 支 援 に 係 る 産 業 行 政 との 連 携 など 関 係 機 関 との 連 携 を 図 る (3) 行 政 評 価 を 通 じた 効 率 的 な 施 策 の 推 進 行 政 評 価 に 基 づき 職 業 能 力 開 発 施 策 の 効 果 的 効 率 的 実 施 に 引 き 続 き 努 めると ともに 企 業 や 求 職 者 等 のニーズに 応 じた 訓 練 コースの 設 定 に 努 める 特 に 在 職 者 訓 練 については 受 講 者 にアンケートを 行 い その 結 果 を 訓 練 内 容 の 見 直 しに 活 用 するなど 受 講 者 のニーズにマッチした 訓 練 コースの 開 発 に 努 める また 職 業 能 力 開 発 事 業 全 般 について 事 業 実 施 経 費 の 見 直 しを 行 い 経 費 の 節 減 や 効 率 化 を 図 る (4) 施 策 の 周 知 広 報 職 業 能 力 開 発 に 係 る 施 策 及 びこれに 関 連 する 基 本 的 な 情 報 を 整 理 し ホームペー ジによる 情 報 提 供 や 各 職 業 能 力 開 発 施 設 等 の 窓 口 において 情 報 提 供 を 行 うとともに 情 報 の 内 容 や 質 について 利 用 者 の 立 場 に 立 った 充 実 を 図 る 労 使 団 体 等 の 関 係 団 体 にも 協 力 を 得 るなど 広 く 情 報 が 行 き 渡 るよう 努 める

【参考資料3頭紙】 第9次職業能力開発基本計画

【参考資料3頭紙】 第9次職業能力開発基本計画 第 9 次 職 業 能 力 開 発 基 本 計 画 ( 平 成 23~27 年 度 )の 全 体 像 - 成 長 が 見 込 まれる 分 野 の 人 材 育 成 と 雇 用 のセーフティネットの 強 化 - 現 状 認 識 少 子 高 齢 化 や 産 業 構 造 の 変 化 グローバル 化 等 の 社 会 経 済 環 境 の 変 化 を 背 景 に 労 働 力 の 需 給 両 面 にわたる 構 造

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き 一 般 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会 平 成 27 年 10 月 はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

Microsoft PowerPoint - 1.ppt

Microsoft PowerPoint - 1.ppt 精 神 保 健 医 療 福 祉 施 策 の 現 状 と 退 院 促 進 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 改 革 ビジョン 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 改 革 ビジョン(H16.9)の 枠 組 み 精 神 保 健 福 祉 施 策 について について 入 院 医 療 中 心 から から 地 域 生 活 中 心 へ へ 改 革 を 進 めるため めるため 1 国 民 の 理 解 の 深 化 2

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲 ( 事 業 主 の 方 へ) このパンフレットの 内 容 は 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 のものです 平 成 28 年 度 雇 用 関 係 助 成 金 のご 案 内 ( 簡 略 版 ) 平 成 28 年 度 の 雇 用 関 係 の 助 成 金 についてご 紹 介 します 雇 用 の 安 定 職 場 環 境 の 改 善 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 従 業 員 の 能 力 向

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

現行データ体系と新データ体系のマッピング

現行データ体系と新データ体系のマッピング 運 送 事 業 者 の 皆 様 へ 人 材 の 確 保 育 成 定 着 への 取 組 を 応 援 します!! 運 送 事 業 者 の 皆 様 に 特 にトラックドライバーの 確 保 定 着 に 向 けて 活 用 が 見 込 まれる 助 成 金 をご 案 内 しています この 冊 子 にご 紹 介 したもののほかにも 多 くの 雇 用 関 係 助 成 金 がありますので 平 成 27 年 度 雇 用

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63> 資 料 4 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 について 1 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 国 データは, 平 成 23 年 版 子 ども 若 者 白 書 より 抜 粋 (1) 子 ども 若 者 人 口 子 ども 若 者 人 口 及 び 総 人 口 に 占 めるその 割 合 は, 昭 和 50 年 以 降 ほぼ 一 貫 して 減 少 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 の

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪

ントロールが 難 しく 政 策 的 機 動 的 に 人 材 を 確 保 したいという 場 面 では 足 枷 となる ( 情 報 が 伝 播 しない) 東 京 五 輪 の 二 大 人 材 ニーズ 産 業 は 建 設 業 とサービス 業 ( 観 光 飲 食 )である この 両 産 業 は 東 京 五 輪 国 土 交 通 政 策 研 究 所 第 173 回 政 策 課 題 勉 強 会 概 要 日 時 : 平 成 27 年 3 月 18 日 ( 水 )12 時 30 分 ~14 時 00 分 講 師 : リクルートワークス 研 究 所 主 任 研 究 員 中 村 天 江 氏 テーマ : これからの 労 働 市 場 と 建 設 人 材 の 獲 得 (1) 建 設 人 材 不 足 の 背 景 東 日 本 大

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

名称未設定-4

名称未設定-4 私 立 短 期 大 学 におけるカリキュラムマネジメントに 関 する 考 察 カリキュラムマネジメントを 支 える 要 素 に 着 目 して 楊 暁 興 ( 平 成 27 年 3 月 修 了 ) 章 構 成 序 章 問 題 所 在 と 目 的 論 文 構 成 第 一 節 問 題 所 在 第 二 節 短 期 大 学 を 巡 る 先 行 研 究 の 検 討 第 三 節 本 研 究 の 目 的 構 成 と

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

平成21年 9月 3日

平成21年 9月 3日 平 成 25 年 第 3 回 浜 松 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 及 び 浜 松 市 答 弁 質 問 者 市 民 クラブ 袴 田 修 司 質 問 答 弁 1 世 界 都 市 浜 松 を 実 現 させるた めのひとづくりについて 本 市 の 小 中 学 校 教 育 における 英 語 教 育 などの 語 学 学 習 多 文 化 共 生 など 国 際 化 に 対 応 する 学 習 のこれまでの

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information