1.はじめに 研 究 目 的 高 速 小 型 旅 客 船 について 省 エネの 観 点 からヒアリングおよ び 実 船 計 測 を 行 い, 運 航 に 関 する 各 種 データを 収 集 する 建 造 時 データや 試 運 転 成 績 等 から 小 型 高 速 船 の 初 期 検 討 用 資 料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1.はじめに 研 究 目 的 高 速 小 型 旅 客 船 について 省 エネの 観 点 からヒアリングおよ び 実 船 計 測 を 行 い, 運 航 に 関 する 各 種 データを 収 集 する 建 造 時 データや 試 運 転 成 績 等 から 小 型 高 速 船 の 初 期 検 討 用 資 料"

Transcription

1 平 成 26 年 度 内 航 船 舶 (SES) 技 術 セミナー 資 料 3 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 運 航 に 関 する 調 査 について 講 演 内 容 1.はじめに 2. 小 型 高 速 旅 客 船 の 実 船 計 測 3. 省 エネマニュアルの 概 要 4.まとめ ( 独 ) 海 上 技 術 安 全 研 究 所 平 田 宏 一, 宮 崎 恵 子 1

2 1.はじめに 研 究 目 的 高 速 小 型 旅 客 船 について 省 エネの 観 点 からヒアリングおよ び 実 船 計 測 を 行 い, 運 航 に 関 する 各 種 データを 収 集 する 建 造 時 データや 試 運 転 成 績 等 から 小 型 高 速 船 の 初 期 検 討 用 資 料 を 作 成 する 今 後 の 高 速 小 型 旅 客 船 の 設 計 改 良 に 役 立 つ 省 エネ 運 航 整 備 マニュアルを 作 成 する 2012 年 度 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 調 査 研 究 ( 九 州 運 輸 振 興 センター) 運 航 実 態 調 査 解 析 に 基 づく 運 航 事 業 者 に 対 す る 省 エネ 方 策 の 提 案 2013 年 度 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 運 航 に 関 する 調 査 ( 鉄 道 運 輸 機 構 ) 小 型 高 速 旅 客 船 の 建 造 時 データと 実 態 調 査 の 比 較 評 価 省 エネ 運 航 マニュアル, 省 エネ 診 断 シートの 作 成 2

3 2. 小 型 高 速 旅 客 船 の 実 船 計 測 2013 年 度 には,5 隻 の 小 型 高 速 旅 客 船 に 乗 船 し,ヒ アリングおよび 実 船 計 測 を 実 施 している 2ポーラスター 5 鼓 海 Ⅱ 1さがのしま 丸 4ニューかさおか 3しおかぜ 2012 年 度 は, 瀬 戸 内 海 を 中 心 に4 隻 の 小 型 高 速 旅 客 船 ( 離 島 航 路 ) に 乗 船 している 3

4 (1) 対 象 船 の 主 要 目 (2013 年 度 ) 航 行 時 間 は13 分 ~2 時 間 30 分 程 度 であり,2 往 復 の 実 船 計 測 を 行 っている 乗 船 した 船 舶 のほとんどは 離 島 航 路 であり, 総 トン 数 19~100トン 程 度, 速 力 20~26knotである 船 質 は,FRP,アルミニウム 合 金, 鋼 鉄 と 多 岐 に 渡 っている 船 名 さがのしま 丸 ポーラスター しおかぜ ニューかさおか 鼓 海 Ⅱ 航 路 嵯 峨 島 - 貝 津 青 森 - 佐 井 日 振 - 宇 和 島 笠 岡 - 真 鍋 島 徳 山 - 大 津 島 航 行 時 間 片 道 約 13 分 片 道 約 2 時 間 30 分 往 復 1 時 間 40 分 片 道 約 44 分 片 道 約 25 分 全 長 m m 23.0 m 19.0 m m 垂 線 間 長 さ m m m m m 幅 4.30 m 6.5 m 5.70 m 4.0 m 5.30 m 満 載 喫 水 0.68 m m m m 1.00 m 総 トン 数 19トン 101トン 61トン 19トン 59 トン 主 機 関 主 機 出 力 ヤンマー 6HY-WET1 374kW/2000rpm 2 MTU 16V2000M kW/2100rpm 2 MTU 8V2000M72 665kW/2180rpm 2 ヤンマー 6HYP-WET 423kW/2084rpm 2 ヤンマー 6AY-ET 540kW/1842rpm 2 最 大 搭 載 人 員 51 名 100 名 74 名 81 名 153 名 速 力 21.5 knot 22.5 knot 26 knot 23.5 knot 20 knot 竣 工 平 成 24 年 2 月 平 成 20 年 11 月 平 成 23 年 11 月 平 成 24 年 6 月 2007 年 3 月 船 質 FRP 製 鋼 鉄 製 アルミニウム 合 金 軽 合 金 軽 合 金 4

5 (2) 実 船 計 測 システムの 概 要 2012 年 度 は,ブリッジと 機 関 室 の 両 方 に 計 測 装 置 を 設 置 し, 機 関 室 におけるラック 変 位 や 機 関 回 転 数, 燃 料 消 費 量 の 計 測 を 試 みたが,センサの 設 置 に 十 分 な 時 間 がとれず, 適 切 な 計 測 がで きなかった 2013 年 度 は, 簡 易 的 な 計 測 システムを 使 用 し,ブリッジだけで 計 測 をしている GPSによる 計 測 項 目 No. 記 号 内 容 単 位 1 Vkt 対 地 船 速 [knot] 2 Direct 針 路 [deg] 3 N, E 緯 度 経 度 [deg] A/D 変 換 による 計 測 項 目 ch 記 号 内 容 単 位 0 speed 機 関 回 転 数 (FV)[rpm] 1 vib 振 動 センサ 波 形 [V] 2 AccX ピッチング 角 度 [deg] 3 AccY ローリング 角 度 [deg] 4 AccZ Z 方 向 加 速 度 [G] 簡 易 計 測 システムの 構 成 (2013 年 度 ) 5 RotX X 方 向 角 加 速 度 [deg/s 2 ] 6 RotY Y 方 向 角 加 速 度 [deg/s 2 ] 5

6 (3) 計 測 表 示 用 ソフトウェア 機 関 出 力 を 機 関 回 転 数 とプロペラ 三 乗 特 性 から 推 定 する さ らに, 陸 上 試 験 結 果 や 海 上 試 験 結 果 から 出 力 と 燃 料 消 費 量 の 関 係 式 を 作 成 し, 燃 料 消 費 量 を 求 める 入 出 港 予 定 時 刻 および 港 の 位 置 ( 緯 度 経 度 )をあらかじめ 入 力 しておき, 計 測 時 刻 と 現 在 位 置 を 棒 グラフで 表 示 する 実 船 計 測 (ブリッジ) プログラム 表 示 画 面 時 刻 と 位 置 の 簡 易 計 算 6

7 (4) 実 船 計 測 結 果 の 概 要 さがのしま 丸 長 崎 県 五 島 と 嵯 峨 ノ 島 を1 日 に4 便, 運 航 している 約 13 分 さがのしま 丸 (19トン) ブリッジ 主 機 関 (374 kw 2) さがのしま 丸 の 航 路 (GPSで 計 測 ) 7

8 船 速 および 機 関 回 転 数 の 計 測 結 果 例 (さがのしま 丸 ) ほぼ 一 定 の 針 路 船 速 で 運 航 GPSにより, 対 地 船 速 と 針 路 を 計 測 してい る 出 港 直 前 に 機 関 始 動 概 ね 適 切 に 燃 料 消 費 量 を 推 定 できる ( 積 算 値 で 比 較 ) 着 港 直 後 に 機 関 停 止 機 関 回 転 数 はブリッジの 回 転 計 を 見 なが ら 手 入 力 をして いる 機 関 回 転 数 から 機 関 出 力 ( 負 荷 率 )と 燃 料 消 費 量 を 推 定 している 8

9 ポーラスター ポーラスター(101トン) 船 首 部 分 ( 隅 田 川 造 船 ) 主 機 関 (1050KW 2) 主 機 の 回 転 数 と 燃 料 の 噴 射 率 が 表 示 されている エンジンモニタ(MTU) 青 森 港 での 給 油 9

10 船 体 運 動 の 計 測 結 果 例 (ポーラスター) 湾 内 と 半 島 沖 で 海 象 が 大 きく 変 わっている 2 日 目 は1 日 目 よりも 海 象 が 悪 く, 船 体 が 大 き くローリングしている 加 速 度 センサの 信 号 (1secに1000 個 )から, 傾 斜 角 度 を 推 定 している 動 的 な 傾 斜 角 度 の 算 出 には 詳 細 な 解 析 が 必 要 である 仏 ヶ 浦 佐 井 最 大 4deg 程 度 1 日 目 約 2 時 間 30 分 最 大 10deg 程 度 2 日 目 青 森 ポーラスターの 航 路 (GPSで 計 測 ) ロール 角 度 の 計 測 結 果 ( 青 森 佐 井 ) 10

11 しおかぜ ブリッジ しおかぜ(61トン) 船 首 部 分 ( 双 胴 船 ) エンジンの 運 転 状 態 が 表 示 され る( 燃 料 消 費 量 を 含 む) 主 機 関 (665 kw 2) エンジンモニタ(MTU) エンジンモニタ 画 面 のプリント 11

12 船 体 運 動 の 計 測 結 果 (しおかぜ) 約 1 時 間 40 分 宇 和 島 2 日 目 は 海 象 が 悪 く, 大 きく 揺 れている しおかぜは 双 胴 船 であり,ポーラスター( 単 胴 船 )の 揺 れ 方 とは 全 く 異 なるように 感 じる 青 森 1 日 目 日 振 島 2 日 目 しおかぜの 航 路 (GPSで 計 測 ) ロール 角 度 の 計 測 結 果 12

13 ニューかさおか 笠 岡 約 44 分 ニューかさおか(19トン) 白 石 島 ブリッジ 主 機 関 (423 kw 2) 真 鍋 島 ニューかさおかの 航 路 (GPSで 計 測 ) 13

14 運 航 状 態 の 見 える 化 (ニューかさおか) 現 在 時 刻 と 現 在 位 置 (GPS)の 関 係 を 棒 グラフで 表 している 途 中 の 入 出 港 を 含 めない 簡 易 的 な 表 示 であるが, 運 航 状 態 は 概 ね 妥 当 に 表 示 されている 左 のバーは 時 刻 [%]を 表 す 時 刻 に 対 する 位 置 が±5% 以 内 のときは 緑 色 に 表 示 船 が 速 いときは 赤 色 に 表 示 船 が 遅 いときは 青 色 に 表 示 最 終 港 では 左 右 のバー がほぼ 一 致 する 航 行 時 間 が 短 い 定 期 旅 客 船 では, 見 える 化 に よる 高 い 省 エネ 効 果 は 見 込 めない 可 能 性 がある 計 測 装 置 としての 機 能 や 旅 客 への 情 報 提 供 サービスを 含 めて 検 討 し ている 14

15 鼓 海 Ⅱ 電 動 タラップ ブリッジ 鼓 海 Ⅱ(59トン) 主 機 関 (540 kw 2) 昇 降 装 置 航 海 中 15

16 鼓 海 Ⅱの 計 測 結 果 海 象 がよく, 他 の 船 舶 と 比 べて 揺 れが 少 ない 船 高 が 高 く, 風 に 弱 い ため, 操 船 しづらい( 船 長 ) 約 25 分 鼓 海 Ⅱの 航 路 (GPSで 計 測 ) 16

17 3. 省 エネマニュアルの 概 要 2013 年 度 には, 以 下 の3 種 類 の 省 エネマニュアルを 作 成 した 1 省 エネマニュアル 運 航 編 運 航 会 社 が 日 常 使 うマニュアル 2012 年 度 の 日 常 編 のバージョンアップ 2 省 エネマニュアル 建 造 編 建 造 時 に 用 いるマニュアル 船 体 や 機 関 の 選 定 に 役 立 つ 情 報 3 省 エネマニュアル 基 本 編 主 に 地 方 自 治 体 に 配 布 するマニュアル 建 造 編 と 運 航 編 をより 簡 単 にした 内 容 17

18 (1) 省 エネマニュアルの 記 載 内 容 例 運 航 編 より 1 運 航 前 2 運 航 中 3 運 航 後 1) 主 機 関 2) その 他 の 機 器 a. 排 水 量 及 びトリム 管 理 h. 空 調 の 合 理 化 1 運 航 前 b. 主 機 関 の 起 動 時 刻 管 理 i. 照 明 の 合 理 化 c. 減 速 航 行 2 運 航 中 j. 稼 働 台 数 の 合 理 化 d. 航 海 計 画 の 見 直 し k. 発 電 機 の 性 能 保 持 e. その 他 の 合 理 的 運 航 3 運 航 後 l. 船 体 の 洗 浄 f. 主 機 関 の 停 止 時 刻 管 理 m. プロペラの 洗 浄 g. 主 機 関 の 性 能 保 持 排 水 量 が1トン 増 えると 燃 料 費 が1 分 当 たり7 円 程 度 増 加 します 適 正 な 滑 走 姿 勢 を 確 保 す ることが 効 率 的 な 航 行 に つながります 搭 載 している 燃 料 の 重 量 を 抑 えましょう 予 備 品 や 乗 組 員 の 荷 物 は 使 用 実 績 を 踏 まえて 船 内 に 保 管 する 量 を 最 小 限 としましょう 18

19 (2) 減 速 航 行 による 省 エネ 効 果 の 試 算 例 運 航 編 より 現 状 20 分 の 運 航 時 間 ( 片 道 )を25 分 とす れば20%の 燃 料 消 費 削 減 が 見 込 まれる 許 容 される 範 囲 での 減 速 運 航 を 検 討 し ましょう 20% 省 エネ ニューのしま( 防 府 市,2011 年 乗 船 ) 主 要 目 総 トン 数 :67トン 定 員 :95 人 実 航 海 速 力 :26.8knot 機 関 回 転 数 :1100PS/1980rpm 片 道 :20 分 (14.8km) 10% 省 エネ 減 速 運 航 による 省 エネ 化 の 試 算 19

20 (3) 船 の 寸 法 と 省 エネ 約 50 隻 の 建 造 時 データ( 要 目 表 や 試 運 転 成 績 )から, 船 の 寸 法 ( 排 水 量 ), 総 トン 数 (GT) 等 を 基 に 整 理 し, 建 造 初 期 段 階 に 用 いる 参 考 資 料 をまとめる 総 トン 数 は18~101 GTであり,そのうちの21 隻 が19 GT 以 下 の 小 型 船 舶 である V: 速 力 [kt] L: 全 長 [m] : 海 上 試 験 時 の 排 水 量 [ton] kw: 主 機 関 総 出 力 [kw] V/ Lに 対 するkW/ をプロットした( 左 図 ) それぞれの 船 舶 による 相 違 はかなり 大 きいものの,ほぼ 全 ての データは 同 図 に 記 載 した2 本 の 破 線 に 含 まれている 最 小 二 乗 法 により 整 理 した 式 を 用 いることによって, 建 造 時 の 初 期 的 な 検 討 として, 速 力 に 対 する 主 機 関 総 出 力 を 導 くことができる ニューかさおか (19 GT)およびし おかぜ(61 GT) は 推 定 値 によく あっているが,そ の 他 の 船 舶 では 相 違 が 大 きい 20

21 燃 料 消 費 がわかる 試 算 用 シート 建 造 編 より 建 造 初 期 段 階 で 機 関 出 力 や 燃 料 消 費 量 を 推 定 するた めの 燃 料 消 費 がわかる 試 算 用 シート を 作 成 した 総 トン 数 を 入 力 することで 全 長 と 満 載 排 水 量 が 求 めら れる 航 海 速 力 を 入 力 することで 機 関 出 力 (MCR)や 燃 料 消 費 量 (90 % 負 荷 時 )などが 求 め られる 1 航 海 の 距 離, 航 海 数, 燃 料 の 価 格 を 入 力 することで 年 間 の 燃 料 消 費 量 や 燃 料 費 な どが 求 められる 本 調 査 研 究 では, 陸 上 海 上 試 験 結 果 と 航 路 のデータを 入 力 することで, 自 船 の 航 行 状 態 と 省 エネについて 確 認 できる 自 分 で 簡 単 に 確 認 できる 試 算 シート も 作 成 している( 運 航 編 ) 21

22 計 算 シートによる 省 エネ 効 果 の 試 算 例 船 の 小 型 化 による 省 エネ 60 GTの 船 を30 GTにすることで26 %の 燃 料 消 費 削 減,19 GTにすることで38 %の 燃 料 消 費 削 減 となる 建 造 編 より 26% 削 減 38% 削 減 減 速 航 行 による 省 エネ 航 海 速 力 25 ktの 船 (1 航 海 24 min 4 航 海 / 日 )を23 kt(26 min)にすることで5.5 %の 燃 料 消 費 削 減,21 kt(28 min)にすることで 11 %の 燃 料 消 費 削 減 となる 5.5% 削 減 11% 削 減 22

23 (4) 各 種 省 エネ 技 術 の 効 果 建 造 編 より 海 上 交 通 低 炭 素 化 促 進 事 業 費 補 助 制 度 により, 船 舶 の 低 炭 素 化 に 資 する 設 備 として 以 下 の 設 備 が 挙 げられている 1 船 体 船 尾 に 取 り 付 けられる 整 流 板 2ハブ 渦 発 生 防 止 プロペラ 3プロペラボス 取 付 翼 4プロペラ 前 部 放 射 状 型 取 付 翼 5 整 流 板 付 舵 6 低 燃 費 ディーゼル 機 関 7 低 負 荷 運 転 システム 付 ディーゼル 機 関 8 電 子 制 御 ディーゼル 機 関 9 燃 料 改 質 器 10 低 摩 擦 型 船 底 塗 料 など 11 港 湾 施 設 等 からの 電 力 を 受 電 するための 設 備 省 エネ 技 術 の 導 入 による 費 用 対 効 果 について 検 討 することも 有 効 です 新 旧 機 関 の 燃 料 消 費 率 23

24 4.まとめ (1) 小 型 高 速 旅 客 船 の 実 船 調 査 を 行 った 結 果, 無 駄 な 主 機 の 運 転 はされてないこ とが 確 認 された (2) 多 くの 船 舶 では, 停 泊 中 に 空 調 のための 発 電 機 運 転 が 行 われている その 運 転 方 法 等 による 省 エネ 化 の 可 能 性 がある (3) 実 船 調 査 等 の 結 果 を 踏 まえて, 減 速 航 行 や 低 燃 費 ディーゼル 機 関 の 導 入 な どによる 省 エネ 効 果 を 試 算 し,3 種 類 の 省 エネマニュアルを 作 成 した (4) 約 50 隻 の 建 造 時 データを 整 理 し, 建 造 初 期 段 階 で 機 関 出 力 や 燃 料 消 費 量 を 推 定 するための 試 算 用 シートを 作 成 した (5) 定 期 航 路 を 運 航 する 小 型 高 速 旅 客 船 において, 船 舶 建 造 後 の 大 幅 な 省 エネ 化 は 難 しく, 建 造 時 の 省 エネ 化 が 重 要 であると 考 えられる 本 研 究 の 一 部 は,2012 年 度 日 本 財 団 殿 の 助 成 事 業 である 九 州 運 輸 振 興 センター 殿 からの 請 負 研 究 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 調 査 研 究 と,2013 年 度 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 殿 からの 請 負 研 究 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 運 航 に 関 する 調 査 (2013 年 ) において 実 施 しました 24

2. 実 船 計 測 の 対 象 船 2013 年 度 は,5 隻 の 小 型 高 速 旅 客 船 に 乗 船 し,ヒア リングおよび 実 船 計 測 を 実 施 している 2ポーラスター 5 鼓 海 Ⅱ 1さがのしま 丸 4ニューかさおか 3しおかぜ 2012 年 度 は, 瀬 戸 内 海 を 中

2. 実 船 計 測 の 対 象 船 2013 年 度 は,5 隻 の 小 型 高 速 旅 客 船 に 乗 船 し,ヒア リングおよび 実 船 計 測 を 実 施 している 2ポーラスター 5 鼓 海 Ⅱ 1さがのしま 丸 4ニューかさおか 3しおかぜ 2012 年 度 は, 瀬 戸 内 海 を 中 2013 年 10 月 26 日 2013 年 度 日 本 クルーズ&フェリー 学 会 総 会 講 演 会 小 型 高 速 旅 客 船 の 実 船 計 測 と 運 航 手 法 による 省 エネ 化 講 演 内 容 1.はじめに 2. 実 船 計 測 の 対 象 船 3. 実 船 計 測 システムの 概 要 4. 実 船 調 査 の 状 況 と 計 測 結 果 5. 小 型 高 速 旅 客 船 の 省

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204C454483568393837C8376838C835B839381698A43976D90858E598B5A8F7081408EF088E4816A2E707074> 1.LED 漁 技 術 開 発 の 推 移 2.20 年 度 終 了 時 における 課 題 と 21 年 度 実 証 事 業 結 果 1サンマ 棒 受 網 漁 業 への 導 入 事 例 2イカ 釣 り 漁 業 への 導 入 事 例 平 成 22 年 4 月 22 日 ( 木 ) ( 株 ) 海 洋 水 産 技 術 酒 井 拓 宏 3.LED 漁 実 証 試 験 に 係 る 現 状 の 到 達 点 1.LED

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

パブコメ募集に向けた作業の進め方(案)’04

パブコメ募集に向けた作業の進め方(案)’04 船 舶 に 係 る 排 出 量 参 考 14 船 舶 に 係 る 排 出 量 については 貨 物 船 旅 客 船 等 漁 船 プレジャーボート の 3 つに 区 分 して 推 計 を 行 う < 推 計 の 対 象 範 囲 > 推 計 対 象 範 囲 は 領 海 内 を 一 応 の 目 安 と 考 える( 図 1 参 照 ) ただし 海 外 との 往 来 に 使 われる 外 航 船 舶 は 国 内

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074> 第 6 回 北 九 州 港 長 期 構 想 検 討 委 員 会 資 料 ~ 港 湾 計 画 改 訂 ( 案 )の の 検 討 ~ 平 成 23 年 8 月 22 日 北 九 州 市 港 湾 空 港 局 社 団 法 人 日 本 港 湾 協 会 港 湾 計 画 について アジア 輸 送 における 国 際 拠 点 港 湾 シャトル 航 路 北 九 州 港 アジア 基 幹 航 路 ( 本 船 航 路 ) 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

裁決録

裁決録 平 成 19 年 那 審 第 10 号 貨 物 船 りゅうなん 機 関 損 傷 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 19 年 7 月 20 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 那 覇 支 部 ( 西 林 眞, 岩 渕 三 穂, 黒 田 敏 幸 ) 理 事 官 上 原 直 受 審 人 A 職 名 りゅうなん 機 関 長 海 技 免 許 四 級 海 技 士 ( 機 関 )( 機 関 限

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書 旅 費 支 給 手 続 マニュアル 島 根 大 学 平 成 26 年 6 月 10 日 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

裁決録

裁決録 平 成 16 年 仙 審 第 70 号 貨 物 船 第 八 あきつ 丸 貨 物 船 ミハイル ルコニン 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 7 月 28 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 原 清 澄, 半 間 俊 士, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 今 泉 豊 光 受 審 人 A 職 名 ミハイル ルコニン 水 先 人 水 先 免 許 小 名 浜 水 先 区

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

平成18年第二審第37号

平成18年第二審第37号 平 成 20 年 門 審 第 13 号 漁 船 日 進 丸 油 送 船 センタム ケミスト 衝 突 事 件 公 益 財 団 法 海 難 審 判 船 舶 事 故 調 査 協 会 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 24 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 小 金 沢 重 充, 井 上 卓, 阿 部 直 之 ) 理 事 官 内 藤 優 治 受 審 人 A 職 名 日 進 丸

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

1.スーパーエコシップ(SES)の 建 造 促 進 SESとは SESの 建 造 実 績 SESに 対 する 評 価 SESへのご 意 見 SESとは スーパーエコシップ(SES)とは 電 気 推 進 システムを 採 用 する ことにより 環 境 負 荷 低 減 物 流 効 率 化 等 が 図 られ

1.スーパーエコシップ(SES)の 建 造 促 進 SESとは SESの 建 造 実 績 SESに 対 する 評 価 SESへのご 意 見 SESとは スーパーエコシップ(SES)とは 電 気 推 進 システムを 採 用 する ことにより 環 境 負 荷 低 減 物 流 効 率 化 等 が 図 られ 平 成 24 年 度 スーパーエコシップ 技 術 セミナー 資 料 2 内 航 船 に 関 する 機 構 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 10 月 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 本 日 の 講 演 の 内 容 1. スーパーエコシップの 建 造 促 進 2. 2 軸 型 SESの 竣 工 3. 旅 客 船 の 代 替 建 造 促 進 4.

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 仙 審 第 36 号 貨 物 船 阿 武 隈 丸 漁 船 第 十 八 徳 洋 丸 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 18 年 2 月 16 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 半 間 俊 士, 原 清 澄, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 保 田 稔 受 審 人 A 職 名 阿 武 隈 丸 船 長 海 技 免 許 二 級 海 技 士 ( 航 海 ) 補

More information

ページ設定

ページ設定 ( 資 料 1-2-4 ) 第 1 回 天 然 ガス 燃 料 船 の 普 及 促 進 に 向 けた 総 合 対 策 検 討 委 員 会 燃 料 供 給 の 方 法 と 検 討 条 件 1 検 討 の 概 要 天 然 ガス 燃 料 船 に 対 する 燃 料 (LNG)の 供 給 については 世 界 的 にインフラの 整 備 が 遅 れてお り 安 全 を 確 保 可 能 な 運 用 基 準 も 確 立

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

本 日 の 講 演 の 内 容 1. 環 境 負 荷 低 減 船 (1)スーパーエコシップ (2) 先 進 二 酸 化 炭 素 低 減 化 船 2. 海 上 労 働 条 約 2

本 日 の 講 演 の 内 容 1. 環 境 負 荷 低 減 船 (1)スーパーエコシップ (2) 先 進 二 酸 化 炭 素 低 減 化 船 2. 海 上 労 働 条 約 2 平 成 25 年 度 共 有 建 造 支 援 セミナー 資 料 2 環 境 負 荷 低 減 船 の 推 進 と 海 上 労 働 条 約 等 への 対 応 平 成 25 年 4 月 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 本 日 の 講 演 の 内 容 1. 環 境 負 荷 低 減 船 (1)スーパーエコシップ (2) 先 進 二 酸 化 炭 素 低 減 化 船

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画 資 料 10-1-2 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

船舶・海洋事業説明会資料

船舶・海洋事業説明会資料 船 舶 海 洋 事 業 説 明 会 2009.6.4 船 舶 海 洋 事 業 本 部 長 飯 島 史 郎 1 目 次 1. 2008 年 度 の 総 括 2. 船 舶 海 洋 事 業 の 近 況 3. 2009 年 度 の 業 績 見 通 し 4. 2009 年 度 対 策 の 骨 子 5. 全 社 緊 急 対 策 チャレンジ09 6. 事 業 戦 略 の 再 構 築 ( 本 部 事 業 方 針 )

More information

資料01~09

資料01~09 資 料 1 しらせ 後 利 用 に 関 する 検 討 委 員 会 第 1 回 H20.7.30 南 極 地 域 観 測 統 合 推 進 本 部 しらせ 後 利 用 に 関 する 検 討 委 員 会 名 簿 委 員 長 野 本 敏 治 ( 財 ) 溶 接 接 合 工 学 振 興 会 理 事 長 大 津 皓 平 東 京 海 洋 大 学 先 端 科 学 技 術 センター 特 任 教 授 北 川 弘 光 元

More information

地震発生

地震発生 大 規 模 災 害 時 の 船 舶 の 活 用 等 に 関 する 調 査 検 討 会 資 料 4 大 規 模 災 害 時 のフェリーの 役 割 と 課 題 プレゼンター: 正 美 佐 々 木 正 美 2013 年 5 月 28 日 新 日 本 海 フェリー 株 式 会 社 1 阪 神 淡 路 大 震 災 でのフェリー 活 動 新 日 本 海 フェリー グループ 船 舶 の 活 動 報 告 2 阪 神

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業 における 割 引 サービスにつ

目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業 における 割 引 サービスにつ 平 成 22 年 度 第 3 回 宗 像 市 渡 船 事 業 運 営 審 議 会 参 考 資 料 平 成 22 年 9 月 28 日 目 次 1 航 路 の 再 編 に 伴 う 渡 船 事 業 の 全 体 収 支 について 1 宗 像 市 渡 船 事 業 全 体 収 支 表 ( 第 1 案 ) 1 別 紙 航 路 損 益 見 込 資 料 ( 大 島 航 路 地 島 航 路 ) 2 2 渡 船 事 業

More information

第4号の2様式(第7条関係)

第4号の2様式(第7条関係) 様 式 第 2-12 号 の3 航 路 改 善 計 画 平 成 27 年 2 月 2 日 航 路 名 鹿 児 島 ~ 十 島 ~ 名 瀬 航 路 事 業 者 名 十 島 村 1. 十 島 村 離 島 航 路 改 善 協 議 会 の 概 要 十 島 村 離 島 航 路 改 善 協 議 会 は, 本 航 路 が 外 洋 の 厳 しい 自 然 環 境 の 中 にある 各 島 と 鹿 児 島 港 及 び 名

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63> 高 知 県 の 地 震 目 次 高 知 県 の 地 震 活 動 震 央 分 布 図 及 び 断 面 図 1 地 震 概 況 1 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 表 2 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 分 布 図 2~3 地 震 一 口 メモ 沖 合 で 観 測 される 津 波 について 4 2015( 平 成 27) 年 の 地 震 活 動 5~16

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<8D488FEA939987402E786477>

<8D488FEA939987402E786477> 工 場 等 騒 音 の 規 制 のあらまし 愛 知 県 では 騒 音 規 制 法 規 制 法 及 び 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 ( 県 条 例 )により 著 しい 騒 音 を 発 生 させる 施 設 ( 特 定 施 設 騒 音 発 生 施 設 発 生 施 設 )を 設 置 している 工 場 事 業 場 ( 工 場 等 )に 対 し 騒 音 の 大 きさの 規

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通

第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 日 本 国 内 の 船 舶 交 通 が 輻 輳 する 特 殊 な 海 域 ( 東 京 湾 伊 勢 湾 大 阪 湾 を 含 む 瀬 戸 内 海 )では 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 の 安 全 を 図 ることを 目 的 とした 海 上 衝 突 予 防 法 の 特 則 として

More information

1. はじめに 1.1 調 査 概 要 本 調 査 は, 将 来 発 生 し 得 る 津 波 の 浸 水 が 予 想 される 地 域 において, 津 波 来 襲 時 に 漂 流 し, 建 築 物 に 被 害 を 与 え 得 る 船 舶 の 停 泊 状 況 を 調 査 し, 今 後 の 津 波 避 難

1. はじめに 1.1 調 査 概 要 本 調 査 は, 将 来 発 生 し 得 る 津 波 の 浸 水 が 予 想 される 地 域 において, 津 波 来 襲 時 に 漂 流 し, 建 築 物 に 被 害 を 与 え 得 る 船 舶 の 停 泊 状 況 を 調 査 し, 今 後 の 津 波 避 難 震 災 時 に 津 波 漂 流 物 となり 得 る 船 舶 の 停 泊 状 況 に 関 する 調 査 報 告 書 目 次 1. はじめに 2 2. 調 査 地 域 と 調 査 行 程 4 3. 調 査 結 果 6 4. データ 分 析 28 付 録 調 査 船 舶 リスト 2015 年 2 月 4 日 Ver. 1.0 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 中 埜 研 究 室 1 1. はじめに

More information

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 参 考 資 料 資 料 番 号 刊 行 年 度 主 地 域 名 港 区 地 区 岸 壁 埠 頭 等 調 査 概 要 調 査 概 要 資 料 名 ( 名 ) 委 託 者 委 員 長 伊 1 1975 昭 和 50 伊 勢 湾 LNG 輸 送 伊 勢 湾 液 化 天 然 ガス 輸 送 問 題 に 関

More information

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整 資 料 2 指 定 公 共 機 関 関 係 説 明 資 料 平 成 25 年 1 月 9 日 内 閣 官 房 新 型 インフルエンザ 等 対 策 室 ~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1)

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

○大型タンカー及び大型タンカーバースの安全防災対策基準

○大型タンカー及び大型タンカーバースの安全防災対策基準 大 型 タンカー 及 び 大 型 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 について 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 第 1 部 : 大 型 油 タンカー 及 び 大 型 油 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 第 1 部 : 大 型 油 タンカー 及 び 大 型 油 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 Ⅰ 対 象 船 舶 及 び 対 象 バース Ⅰ 対 象 船 舶 及 び 対

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2

地 区 追 浜 N0 施 設 名 契 約 年 月 日 備 考 21 追 浜 下 水 ポンプ 場 旧 海 軍 天 神 用 地 235 - - - 平 成 7 年 7 月 18 日 22 市 道 敷 ( 第 4,818 号 ) 旧 第 一 海 軍 技 術 廠 42 - - 昭 和 26 年 3 月 2 地 区 N0 施 設 名 1 日 向 公 園 旧 海 軍 運 輸 部 日 向 地 区 1,509-3 昭 和 26 年 3 月 2 日 昭 和 26 年 6 月 1 日 2 夏 島 小 学 校 旧 海 軍 鉈 切 山 用 地 21,302-12 昭 和 29 年 12 月 20 日 昭 和 31 年 11 月 7 日 3 鷹 取 公 園 旧 海 軍 追 浜 高 等 官 宿 舎 11,963-17 昭

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

untitled

untitled 防 衛 省 自 衛 隊 : 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 開 催 要 綱 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/kaisai/kaisai.html 1/1 ページ PDFページ 1/7 2010/04/25 文 字 サイズ よくある 質 問 サイトマップ 検 索 詳

More information

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要 トラック 輸 送 状 況 の 実 態 調 査 ( 版 ) 結 果 概 要 参 考 資 料 平 成 28 年 2 月 1 日 版 調 査 概 要 有 効 回 答 数 運 送 事 業 者 1,252 社 ドライバー5,029 名 (うち 女 性 62 名 ) 調 査 期 間 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )~20 日 ( 日 )の 7 日 間 1. 回 答 ドライバーの 概 要 3ページ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 と 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 詳 細 版 ( 社 ) 全 日 本 トラック 協 会 平 成 23 年 12 月 20 日 要 望 事 項 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 ( ) 内 は 大 綱 の 該 当 ページ 1. 自 動 車 関 係 諸 税 の 簡 素 化 軽 減 の 実 現 (1) 一 般 財 源

More information

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上 平 成 27 年 度 ロケット 打 上 げ 計 画 書 宇 宙 ステーション 補 給 機 こうのとり 5 号 機 (HTV5)/ H-ⅡBロケット5 号 機 (H-ⅡB F5) 平 成 27 年 6 月 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

2 2016 年 3 月 13 日 発 行

2 2016 年 3 月 13 日 発 行 1/100 スケール 駆 逐 艦 長 波 建 造 中 間 公 開 書 1 2 2016 年 3 月 13 日 発 行 本 報 告 書 の 目 的 この 発 行 物 はサークル 主 ツバサが 1/100 スケールで 再 現 している 駆 逐 艦 長 波 最 終 予 想 姿 の 製 作 進 行 状 況 を 端 的 に 解 説 するものである 建 造 しているモデルは 図 面 発 行 元 である 深 雪

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄 共 交 通 の 現 状 と 再 構 築 方 針 案 について 資 料 3 第 1 章 共 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 山 ノ 内 の 共 交 通 特 性 の 共 交 通 は 長 電 鉄 長 線 長 ~ 湯 田 があります 日 常 生 活 に 利 用 される 路 線 バは 上 林 線 須 賀 線 菅 角 線 の 3 路 線 が から 隣 接 する 市 街 にかけて 運 行 しています 当 市

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E634313481603432318D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E634313481603432318D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 5 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 6 8 号 ないし 同 第 275 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 1 4 号 ないし 同 第 4 2 1 号 ) 事 件 名 : 平 成 1 4 年 2 月 から6 月

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information