23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "23信託の会計処理に関する実務上の取扱い"

Transcription

1 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 平 成 20 年 12 月 26 日 改 正 ) (2) 企 業 会 計 基 準 第 21 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 ( 平 成 20 年 12 月 26 日 改 正 ) (3) 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 ( 平 成 20 年 12 月 26 日 公 表 ) 目 的 信 託 の 会 計 処 理 は 金 銭 の 信 託 やその 他 の 金 融 資 産 の 信 託 については 企 業 会 計 基 準 第 10 号 金 融 商 品 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 金 融 商 品 会 計 基 準 という )や 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 14 号 金 融 商 品 会 計 に 関 する 実 務 指 針 ( 以 下 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 という )などに 基 づいて 行 われており 不 動 産 の 信 託 については 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 15 号 特 別 目 的 会 社 を 活 用 した 不 動 産 の 流 動 化 に 係 る 譲 渡 人 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 ( 以 下 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 という )など に 基 づいて 行 われている こうした 中 平 成 18 年 12 月 15 日 に 公 布 された 信 託 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 108 号 以 下 新 信 託 法 という )では 委 託 者 が 自 ら 受 託 者 となる 信 託 (いわゆる 自 己 信 託 )など の 新 たな 制 度 が 導 入 されている 新 信 託 法 では 信 託 は 財 産 の 管 理 又 は 処 分 の 制 度 である というこれまでの 特 徴 を 残 しつつ 受 託 者 の 義 務 や 受 益 者 の 権 利 行 使 に 関 する 規 定 の 整 備 や 信 託 の 多 様 な 利 用 形 態 に 対 応 するための 整 備 がなされており これらに 対 応 する 会 計 処 理 を 示 す 必 要 があるのではないかという 意 見 が 多 い 企 業 会 計 基 準 委 員 会 では これま での 信 託 の 基 本 的 な 会 計 処 理 を 整 理 するとともに 今 般 公 布 された 新 信 託 法 による 新 たな 類 型 の 信 託 等 について 必 要 と 考 えられる 会 計 処 理 を 明 らかにするために 本 実 務 対 応 報 告 を 公 表 することとした 1 1 ここでの 信 託 は 委 託 者 が 当 初 受 益 者 となるもの(いわゆる 自 益 信 託 )を 前 提 としており 受 益 者 の 金 銭 拠 出 を 伴 う 場 合 を 除 き 委 託 者 以 外 の 第 三 者 が 当 初 受 益 者 となるもの(いわゆる 他 益 信 託 )は 対 象 としていない なお Q6 では 受 益 者 の 定 めのない 信 託 (いわゆる 目 的 信 託 )を 取 り 扱 っている - 1 -

2 会 計 処 理 委 託 者 及 び 受 益 者 の 会 計 処 理 Q1 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どのよ うに 会 計 処 理 するか A 信 託 は これまで 委 託 者 が 信 託 行 為 によって 受 託 者 に 財 産 権 の 移 転 を 行 い 当 該 受 託 者 が 一 定 の 目 的 ( 信 託 目 的 )に 従 って 受 益 者 のためにその 財 産 ( 信 託 財 産 )の 管 理 又 は 処 分 の 拘 束 を 加 えるところに 成 立 する 法 律 関 係 とされており これは 新 信 託 法 に おいても 基 本 的 に 変 わるところはない( 第 2 条 第 1 項 なお 新 信 託 法 においては 信 託 行 為 において いわゆる 信 託 宣 言 が 定 められ 委 託 者 が 自 ら 受 託 者 となる 信 託 ( 自 己 信 託 )が 可 能 となった( 第 2 条 第 2 項 第 3 号 及 び 第 3 条 第 3 号 ) この 自 己 信 託 の 会 計 処 理 については Q7 を 参 照 のこと また 信 託 行 為 の 定 めがあり 信 託 前 に 生 じた 委 託 者 に 対 する 債 権 に 係 る 債 務 の 引 受 けがされたときには その 債 務 が 信 託 財 産 責 任 負 担 債 務 の 範 囲 に 含 まれることが 明 示 された( 第 21 条 第 1 項 第 3 号 ) これに 関 連 するいわゆ る 事 業 の 信 託 の 会 計 処 理 については Q5 を 参 照 のこと ) 委 託 者 が 当 初 の 受 益 者 になる 自 益 信 託 においては 実 務 上 委 託 者 が 信 託 行 為 によっ て 信 託 財 産 とする 財 産 の 種 類 により 金 銭 の 信 託 と 金 銭 以 外 の 信 託 ( 金 銭 と 金 銭 以 外 の 財 産 を 信 託 する 包 括 信 託 も 含 む 以 下 同 じ )に 分 類 されることが 多 い さらに これら は それぞれ 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 場 合 ( 合 同 運 用 を 除 く 以 下 同 じ )と 複 数 である 場 合 ( 合 同 運 用 を 含 む 以 下 同 じ )に 分 類 されることが 多 い 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 の 会 計 処 理 は 次 のように 取 り 扱 われて いる 1 信 託 設 定 時 の 会 計 処 理 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 の 設 定 時 に 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 信 託 財 産 となる 金 銭 を 金 銭 の 信 託 であることを 示 す 適 切 な 科 目 に 振 り 替 える 2 期 末 時 の 会 計 処 理 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 は 有 価 証 券 と 同 様 に その 保 有 目 的 に より 運 用 目 的 満 期 保 有 目 的 その 他 に 区 分 することができるが 特 定 金 銭 信 託 又 は 指 定 金 外 信 託 等 については 一 般 に 運 用 を 目 的 とするものと 考 えられている( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 87 項 及 び 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 97 項 ) 運 用 を 目 的 とする 金 銭 の 信 託 の 信 託 財 産 である 金 融 資 産 及 び 金 融 負 債 については 金 融 商 品 会 計 基 準 及 び 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 により 付 すべき 評 価 額 を 合 計 した 額 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とし その 評 価 差 額 は 当 期 の 損 益 として 処 理 することとなる( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 24 項 及 び 金 融 商 品 会 計 実 務 - 2 -

3 指 針 第 98 項 ) Q2 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どのよ うに 会 計 処 理 するか A 合 同 運 用 2 の 金 銭 の 信 託 を 含 む 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 のうち 受 益 権 が 有 価 証 券 として 取 り 扱 われている 投 資 信 託 3 については 有 価 証 券 としての 会 計 処 理 を 行 い(この 点 については 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 58 項 及 び 第 62 項 を 参 照 のこと ) また これまで 有 価 証 券 として 取 り 扱 われていなかった 合 同 運 用 指 定 金 銭 信 託 で 設 定 さ れている 商 品 ファンドについても 有 価 証 券 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 うこととされてきた このため 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 の 会 計 処 理 は 次 のように 取 り 扱 われている 4 1 信 託 設 定 時 の 会 計 処 理 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 の 設 定 時 に 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 信 託 財 産 となる 金 銭 を 有 価 証 券 又 は 合 同 運 用 の 金 銭 の 信 託 であることを 示 す 適 切 な 科 目 に 振 り 替 える 2 受 益 権 の 売 却 時 及 び 期 末 時 の 会 計 処 理 金 銭 の 信 託 の 受 益 者 ( 当 初 受 益 者 のみならず 他 から 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 も 含 む )は 有 価 証 券 として 又 は 有 価 証 券 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 うこととなる ただし 預 金 と 同 様 の 性 格 を 有 する 合 同 運 用 の 金 銭 の 信 託 ( 投 資 信 託 を 含 む )は 取 得 原 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とする( 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 64 項 ) 3 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 と 子 会 社 及 び 関 連 会 社 の 範 囲 ( 考 え 方 ) 1 及 び 2 のように これまで 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 について 個 別 財 務 諸 表 上 受 益 者 は 信 託 財 産 を 持 分 に 応 じて 直 接 保 有 する 会 計 処 理 を 行 わず 有 価 証 券 として 又 は 有 価 証 券 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 っている 一 方 このような 金 銭 の 信 託 については 一 般 に 多 くの 受 益 者 を 想 定 しているため 連 結 財 務 諸 表 上 子 2 本 実 務 対 応 報 告 では 共 同 しない 多 数 の 委 託 者 の 信 託 財 産 を 合 同 して 運 用 するものを 指 すもの とする(この 点 については 法 人 税 法 第 2 条 第 26 号 や 貸 付 信 託 法 第 2 条 第 1 項 を 参 照 のこと ) 3 投 資 信 託 は 委 託 者 が 単 数 である 他 益 信 託 として 設 定 されるが 当 初 から 受 益 権 を 分 割 して 複 数 の 者 に 取 得 させることを 目 的 とするものであるため 本 実 務 対 応 報 告 では 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 に 含 めている 4 当 該 信 託 において 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 形 式 的 には 複 数 であっても 他 の 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 金 融 商 品 会 計 基 準 第 24 項 の 適 用 を 回 避 するための 名 目 的 な 存 在 に 過 ぎない 場 合 には Q1 に よることが 適 当 であると 考 えられる - 3 -

4 会 社 や 関 連 会 社 に 該 当 するかどうかを 判 定 する 必 然 性 は 乏 しかったものと 考 えられる 信 託 は 財 産 管 理 の 制 度 としての 特 徴 も 有 しており 通 常 会 社 に 準 ずる 事 業 体 に 該 当 するとは 言 えない 5 が 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 の 中 には 連 結 財 務 諸 表 上 財 産 管 理 のための 仕 組 みとみるより むしろ 子 会 社 及 び 関 連 会 社 とみる 方 が 適 切 な 会 計 処 理 ができる 場 合 がある 6 また 新 信 託 法 においては 受 益 者 集 会 の 制 度 ( 第 106 条 以 下 )など 受 益 者 が 2 人 以 上 ある 信 託 における 受 益 者 の 意 思 決 定 の 方 法 が 明 示 された このため 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 については 当 該 受 益 者 の 連 結 財 務 諸 表 上 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 該 当 する 場 合 があり 得 ると 考 えられる 7 ( 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 の 信 託 が 子 会 社 及 び 関 連 会 社 と 判 定 される 場 合 ) 上 記 の 考 え 方 を 踏 まえ 受 益 者 が 2 人 以 上 ある 信 託 における 次 の 受 益 者 ( 当 初 受 益 者 のみならず 他 から 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 も 含 む )は 連 結 会 計 基 準 に 従 い 原 則 として 当 該 信 託 を 子 会 社 として 取 り 扱 うことが 適 当 である 8 9 (1) すべての 受 益 者 の 一 致 によって 受 益 者 の 意 思 決 定 がされる 信 託 ( 新 信 託 法 第 105 条 第 1 項 )においては 自 己 以 外 のすべての 受 益 者 が 緊 密 な 者 ( 自 己 と 出 資 人 事 資 金 技 術 取 引 等 において 緊 密 な 関 係 があることにより 自 己 の 意 思 と 同 一 の 内 容 の 意 思 決 定 を 行 うと 認 められる 者 ) 又 は 同 意 している 者 ( 自 己 の 意 思 と 同 一 の 内 容 の 意 思 決 定 を 行 うことに 同 意 していると 認 められる 者 )であり かつ 連 結 会 計 5 このため 信 託 は 本 実 務 対 応 報 告 により 子 会 社 及 び 関 連 会 社 に 該 当 する 場 合 を 除 き 連 結 財 務 諸 表 上 会 社 に 準 ずる 事 業 体 としては 取 り 扱 われないこととなる なお 本 実 務 対 応 報 告 では 企 業 会 計 基 準 第 22 号 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 連 結 会 計 基 準 という ) 第 5 項 が 示 す 企 業 のうち 会 社 以 外 を 会 社 に 準 ずる 事 業 体 としている 6 今 後 も 従 来 と 同 様 に 多 くの 受 益 者 からなる 合 同 運 用 の 金 銭 の 信 託 については 子 会 社 や 関 連 会 社 に 該 当 するか 否 かについて 判 定 を 必 要 とすることは 少 ないと 考 えられるが 例 えば 合 同 運 用 の 金 銭 の 信 託 において ある 受 益 者 が 中 心 となって 事 業 を 購 入 したり 他 社 の 議 決 権 のある 株 式 の 過 半 数 を 購 入 したりするケース(Q5 のA3 参 照 )では 子 会 社 や 関 連 会 社 に 該 当 するか 否 かについて 判 定 する 意 義 はあり 得 る 7 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 については その 信 託 財 産 に 係 るすべての 損 益 が 当 該 受 益 者 に 帰 属 し 改 めて 子 会 社 や 関 連 会 社 に 該 当 するか 否 かについて 判 定 する 必 要 はないものと 考 えられ る 8 当 該 信 託 の 受 益 権 が 売 買 目 的 であって 金 融 商 品 会 計 基 準 や 特 別 の 法 令 の 定 めに 適 切 に 従 っ た 結 果 時 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とし 評 価 差 額 を 当 期 の 損 益 として 処 理 することとなる 場 合 には 事 業 投 資 である 子 会 社 や 関 連 会 社 への 投 資 には 該 当 しない なお 子 会 社 又 は 関 連 会 社 に 該 当 することとなった 金 銭 の 信 託 において その 構 成 物 である 株 式 等 が 売 買 目 的 であって 金 融 商 品 会 計 基 準 や 特 別 の 法 令 の 定 めに 適 切 に 従 った 結 果 時 価 をもって 貸 借 対 照 表 価 額 とし 評 価 差 額 を 当 期 の 損 益 として 処 理 することとなるときには 当 該 株 式 等 についても 同 様 に 子 会 社 や 関 連 会 社 への 投 資 には 該 当 しない 9 なお 信 託 行 為 における 別 段 の 定 めにより 信 託 に 関 する 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 該 当 する 事 項 について 当 該 受 益 者 以 外 の 特 定 の 受 益 者 や 委 託 者 債 権 者 等 の 合 意 を 必 要 とす る 場 合 には 当 該 受 益 者 だけでは 意 思 決 定 を 行 うことができないため 本 文 の 3(1)から(3)に 該 当 していても 当 該 信 託 は 当 該 受 益 者 の 子 会 社 に 該 当 しないものと 考 えられる(ただし 当 該 受 益 者 以 外 の 特 定 の 受 益 者 や 委 託 者 債 権 者 等 が 緊 密 な 者 又 は 同 意 している 者 に 該 当 している 場 合 には この 限 りではない ) - 4 -

5 基 準 第 7 項 (2)の2から5までのいずれかの 要 件 に 該 当 する 受 益 者 (2) 信 託 行 為 に 受 益 者 集 会 における 多 数 決 による 旨 の 定 めがある 信 託 ( 新 信 託 法 第 105 条 第 2 項 )においては 連 結 会 計 基 準 第 7 項 で 示 す 他 の 企 業 の 議 決 権 を 信 託 における 受 益 者 の 議 決 権 と 読 み 替 えて 連 結 会 計 基 準 第 7 項 の 企 業 に 該 当 10 することとなる 受 益 者 (3) 信 託 行 為 に 別 段 の 定 めがあり その 定 めるところによって 受 益 者 の 意 思 決 定 が 行 われる 信 託 ( 新 信 託 法 第 105 条 第 1 項 ただし 書 き)では その 定 めにより 受 益 者 の 意 思 決 定 を 行 うことができる 11 こととなる 受 益 者 (なお 自 己 だけでは 受 益 者 の 意 思 決 定 を 行 うことができないが 緊 密 な 者 又 は 同 意 している 者 とを 合 わせれば 受 益 者 の 意 思 決 定 を 行 うことができることとなる 場 合 には 連 結 会 計 基 準 第 7 項 (2)の 2から5までのいずれかの 要 件 に 該 当 する 受 益 者 ) また 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 持 分 法 会 計 基 準 という ) 第 5-2 項 で 示 す 他 の 企 業 の 議 決 権 を 信 託 における 受 益 者 の 議 決 権 と 読 み 替 えて 持 分 法 会 計 基 準 第 5-2 項 の 企 業 に 該 当 することとなる 受 益 者 は 当 該 信 託 を 関 連 会 社 として 取 り 扱 うこととなる Q3 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どの ように 会 計 処 理 するか A 有 価 証 券 の 信 託 のように 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 は 基 本 的 に 財 産 を 管 理 するために 用 いられている 場 合 が 多 いが 近 年 流 動 化 などに 用 いられ ることも 多 い 1 信 託 設 定 時 の 会 計 処 理 金 融 資 産 の 信 託 ( 有 価 証 券 の 信 託 を 含 む )や 不 動 産 の 信 託 などにおいて 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うものとされている( 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 78 項 及 び 第 100 項 (1) 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 44 項 ) このため 信 託 設 定 時 に 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 において 損 益 は 計 上 されない 2 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 による 受 益 権 の 売 却 時 の 会 計 処 理 上 記 のように 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うこと 10 ただし 信 託 行 為 に 別 段 の 定 めがあり( 新 信 託 法 第 105 条 第 2 項 ただし 書 き) その 定 めによ って 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 該 当 する 事 項 について 決 議 要 件 が 加 重 されている 場 合 には 当 該 要 件 を 用 いる 11 信 託 行 為 における 別 段 の 定 めにおいて 受 益 者 の 意 思 決 定 の 要 件 が 意 思 決 定 事 項 の 内 容 によ って 異 なる 場 合 財 務 及 び 営 業 又 は 事 業 の 方 針 の 決 定 に 該 当 しない 軽 微 な 事 項 については この 対 象 とはならない - 5 -

6 から 受 益 権 が 売 却 された 場 合 信 託 財 産 を 直 接 保 有 していたものとみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 及 び 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 19 項 から 第 21 項 ) の 要 否 を 判 断 することとなる ( 流 動 化 する 場 合 の 留 意 事 項 ) 会 計 上 上 記 のような 信 託 を 利 用 して 信 託 財 産 となる 資 産 を 流 動 化 するときは 次 の 点 に 留 意 する 必 要 がある 1 金 融 資 産 の 信 託 による 流 動 化 において 優 先 部 分 と 劣 後 部 分 のように 質 的 に 異 なる 受 益 権 に 分 割 されて 優 先 受 益 権 のみを 譲 渡 する 場 合 優 先 受 益 権 を 売 却 処 理 するためには 優 先 受 益 権 が 消 滅 の 認 識 要 件 を 満 たす 必 要 がある( 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 291 項 ) また 当 該 金 融 資 産 の 譲 受 人 たる 信 託 が 金 融 商 品 会 計 基 準 ( 注 4)の 要 件 を 満 たす 特 別 目 的 会 社 の 場 合 には 当 該 信 託 の 新 たな 受 益 者 を 当 該 金 融 資 産 の 譲 受 人 とみなして 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 (2)の 要 件 を 適 用 することと なる 2 不 動 産 の 信 託 による 流 動 化 において 優 先 部 分 と 劣 後 部 分 のように 質 的 に 異 な る 受 益 権 に 分 割 されて 譲 渡 されている 場 合 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 当 該 不 動 産 全 体 に 関 するリスクと 経 済 価 値 のほとんどすべてが 他 の 者 に 移 転 しているときに 売 却 処 理 を 行 う(このような 考 え 方 については 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 21 項 を 参 照 のこと ) 3 1 及 び2において 当 該 信 託 が 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 三 で 示 す 特 別 目 的 会 社 にあたることから 子 会 社 には 該 当 しないものと 推 定 され ている 場 合 には 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 15 号 一 定 の 特 別 目 的 会 社 に 係 る 開 示 に 関 する 適 用 指 針 に 基 づき 開 示 対 象 特 別 目 的 会 社 の 開 示 が 必 要 となる 12 3 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 による 期 末 時 の 会 計 処 理 (1) 原 則 的 な 取 扱 い 金 銭 以 外 の 信 託 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 に 会 計 処 理 する (これには 表 示 及 び 注 記 を 含 む 以 下 同 じ )こととなるため 信 託 財 産 のうち 持 分 割 合 に 相 当 する 部 分 を 受 益 者 の 貸 借 対 照 表 における 資 産 及 び 負 債 として 計 上 し 損 益 計 算 書 についても 同 様 に 持 分 割 合 に 応 じて 処 理 する 方 法 ( 以 下 総 額 法 とい う )によることとなる ただし 重 要 性 が 乏 しい 場 合 には この 限 りではない (2) 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 の 取 扱 い 12 なお 信 託 を 利 用 して 信 託 財 産 となる 資 産 を 流 動 化 する 場 合 でも 連 結 会 計 基 準 第 7 項 (1)か ら(3)( 本 実 務 対 応 報 告 では Q2 のA3(1)から(3)が 該 当 する )のいずれにも 該 当 せず 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 三 によらず 子 会 社 に 該 当 しないとされたものは 当 該 開 示 の 対 象 にはならない - 6 -

7 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 であっても 次 のような 場 合 に は 各 受 益 者 が 当 該 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するものとみなして 会 計 処 理 を 行 うことは 困 難 であることから 受 益 者 の 個 別 財 務 諸 表 上 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 の 保 有 とみなして 評 価 する 13 1 受 益 権 が 優 先 劣 後 等 のように 質 的 に 異 なるものに 分 割 されており かつ 譲 渡 等 により 受 益 者 が 複 数 となる 場 合 この 場 合 には 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 100 項 (2)において 個 別 財 務 諸 表 上 信 託 を 一 種 の 事 業 体 とみなして 当 該 受 益 権 を 信 託 に 対 する 金 銭 債 権 の 取 得 又 は 信 託 からの 有 価 証 券 の 購 入 とみなして 取 り 扱 うとされている これは 信 託 財 産 から 生 ずる 効 果 は 受 益 者 に 帰 属 するものの 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 さ れており かつ 受 益 者 が 複 数 となっている 場 合 には 当 該 信 託 財 産 を 受 益 者 が 直 接 保 有 するものとみなして 会 計 処 理 を 行 うことは 困 難 であると 考 えられること による 2 受 益 権 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 多 数 ( 多 数 になると 想 定 されるものも 含 む 以 下 同 じ )となる 場 合 この 場 合 には 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 100 項 (1)ただし 書 きにおいて 個 別 財 務 諸 表 上 受 益 者 が 多 数 で 信 託 財 産 を 持 分 に 応 じて 直 接 保 有 するのと 同 様 の 評 価 を 行 うことが 困 難 な 場 合 には 1のように 信 託 を 実 体 のある 事 業 体 とした 評 価 を 行 うことができるとされている なお 受 益 権 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 とは 受 益 権 の 分 割 や 譲 渡 が 有 価 証 券 の 募 集 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 3 項 ) 又 は 有 価 証 券 の 売 出 し( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 4 項 )にあたるときが 該 当 すると 考 えられる また 受 益 権 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 多 数 になると 想 定 される 場 合 とは 受 益 権 が 私 法 上 の 有 価 証 券 とされている 受 益 証 券 発 行 信 託 の 受 益 証 券 を 発 行 しているとき( 新 信 託 法 第 207 条 )が 該 当 すると 考 えられる また 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうか については Q2 のA3 に 準 じることとなる ただし 企 業 が 信 託 財 産 構 成 物 である 金 融 資 産 の 委 託 者 である 場 合 で かつ 信 託 財 産 構 成 物 が 委 託 者 たる 譲 渡 人 にとって 金 融 資 産 の 消 滅 の 認 識 要 件 を 満 たす 場 合 には 譲 渡 人 の 保 有 する 信 託 受 益 権 は 新 たな 金 融 資 産 ではなく 譲 渡 金 融 資 産 の 残 存 部 分 として 評 価 する( 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 100 項 (2)ただし 書 き) 14 なお 当 該 信 託 が 子 会 社 等 の 範 囲 の 見 直 しに 係 る 具 体 的 な 取 扱 い 三 で 示 す 特 別 目 的 会 社 にあ たる 場 合 には 出 資 者 及 び 譲 渡 者 の 子 会 社 に 該 当 しないものと 推 定 されることとなる(この 場 合 には 2 における 流 動 化 する 場 合 の 留 意 事 項 3を 参 照 のこと ) また 受 益 者 が 優 先 受 益 権 のみの 保 有 者 である 場 合 には 通 常 信 託 に 対 する 債 権 者 と 同 様 であると 考 えられるため こ のときには 当 該 信 託 は 当 該 受 益 者 の 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 われない - 7 -

8 4 他 から 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 の 会 計 処 理 (1) 原 則 的 な 取 扱 い 受 益 者 は 原 則 として 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うた め 受 益 権 を 取 得 したときは 信 託 財 産 を 直 接 取 得 したものとみて 会 計 処 理 を 行 い 受 益 権 をさらに 売 却 したときには 信 託 財 産 を 直 接 保 有 していたものとみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 並 びに 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 19 項 及 び 第 20 項 )の 要 否 を 判 断 する また 期 末 時 に 金 銭 以 外 の 信 託 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 に 会 計 処 理 することとなるため 総 額 法 によることとなる (2) 当 該 信 託 に 係 る 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 の 取 扱 い この 場 合 各 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するものとみなして 会 計 処 理 を 行 う ことは 困 難 であることから 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 とみなして 処 理 す ることとなる このため 当 該 受 益 権 を 取 得 したときは 有 価 証 券 の 取 得 とみなし て 処 理 し 受 益 権 をさらに 売 却 したときには 有 価 証 券 の 売 却 とみなして 売 却 処 理 を 行 うかどうか 判 断 することとなる 期 末 時 においては 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 の 保 有 とみなして 処 理 す ることとなる また 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうかについては Q2 のA3 に 準 じることとなる Q4 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どの ように 会 計 処 理 するか A これまで 金 銭 以 外 の 信 託 において 複 数 の 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 の 財 産 を 合 同 で 運 用 す ることはあまり 見 られなかったため 会 計 基 準 等 において 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 の 会 計 処 理 は 明 示 されていなかったが ここでは 必 要 と 考 えられ る 会 計 処 理 を 明 らかにすることとする なお ここでの 金 銭 以 外 の 財 産 は 会 計 上 事 業 15 とはならない 資 産 を 指 す( 事 業 の 信 託 については Q5 を 参 照 のこと ) 1 信 託 設 定 時 の 会 計 処 理 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 金 銭 以 外 の 信 託 を 設 定 した 場 合 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 受 託 者 に 対 してそれぞれの 財 産 を 移 転 し 受 益 権 を 受 け 取 ることとなる この 場 合 も 他 の 信 託 の 設 定 時 と 同 様 に 当 該 信 託 の 設 定 により 損 益 は 計 上 されないものと 考 15 会 計 上 事 業 とは 企 業 活 動 を 行 うために 組 織 化 され 有 機 的 一 体 として 機 能 する 経 営 資 源 をいう( 事 業 分 離 等 会 計 基 準 第 3 項 ) - 8 -

9 えられる ただし 当 該 信 託 の 設 定 は 共 同 で 現 物 出 資 により 会 社 を 設 立 することに 類 似 するも のであるため 現 物 出 資 による 会 社 の 設 立 における 移 転 元 の 企 業 の 会 計 処 理 ( 企 業 会 計 基 準 第 7 号 事 業 分 離 等 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 事 業 分 離 等 会 計 基 準 という ) 第 31 項 )に 準 じて 当 該 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 当 該 信 託 について 支 配 することも 重 要 な 影 響 を 及 ぼすこともない 場 合 には その 個 別 財 務 諸 表 上 原 則 として 移 転 損 益 を 認 識 す ることが 適 当 であると 考 えられる 16 この 場 合 当 該 受 益 者 が 受 け 取 った 受 益 権 の 取 得 原 価 は 信 託 した 財 産 に 係 る 時 価 又 は 当 該 受 益 権 の 時 価 のうち より 高 い 信 頼 性 をもって 測 定 可 能 な 時 価 に 基 づいて 算 定 される 2 受 益 権 の 売 却 時 及 び 期 末 時 の 会 計 処 理 (1) 受 益 権 が 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 からの 財 産 に 対 応 する 経 済 的 効 果 を 実 質 的 に 反 映 し かつ 売 却 後 の 受 益 者 が 多 数 とはならない 場 合 の 取 扱 い 例 えば 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 共 有 していた 財 産 を 信 託 し その 財 産 に 対 応 する 受 益 権 を 受 け 取 る 場 合 のように 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 であっても それ ぞれにおける 経 済 的 効 果 が 信 託 前 と 実 質 的 に 異 ならない 場 合 には 信 託 財 産 から 生 ずる 経 済 的 効 果 を 受 益 者 に 直 接 的 に 帰 属 するように 会 計 処 理 することが 可 能 であ ることから 当 該 受 益 権 を 売 却 するときは 受 益 者 が 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するもの とみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 及 び 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 20 項 )の 要 否 を 判 断 することとなる また この 場 合 受 益 者 ( 当 初 受 益 者 のみならず ある 受 益 権 を 質 的 に 異 ならな い 受 益 権 に 分 割 し その 譲 渡 等 によっても 新 たな 受 益 者 が 多 数 とならない 場 合 にお ける 当 該 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 も 含 む )の 個 別 財 務 諸 表 上 総 額 法 によるこ とが 適 当 であると 考 えられる ただし 重 要 性 が 乏 しい 場 合 には 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 双 方 について 持 分 相 当 額 を 純 額 で 取 り 込 む 方 法 ( 純 額 法 )によること ができる (2) (1) 以 外 の 場 合 この 場 合 には 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 当 該 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するものとみな して 会 計 処 理 を 行 うことは 困 難 であることから 当 該 受 益 者 ( 当 初 受 益 者 のみなら ず 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 に は 他 から 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 も 含 む )の 個 別 財 務 諸 表 上 受 益 権 を 信 託 に 対 する 有 価 証 券 の 保 有 とみなして 評 価 する このような 受 益 権 を 売 却 する 場 合 当 該 受 益 者 は 有 価 証 券 の 売 却 とみなして 売 却 処 理 の 要 否 を 判 断 することとなる 16 なお 2(1)で 示 すように 受 益 権 が 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 からの 財 産 に 対 応 する 経 済 的 効 果 を 実 質 的 に 反 映 している 場 合 には 受 益 者 が 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するものとみて 会 計 処 理 を 行 うた め 信 託 設 定 時 に 損 益 は 計 上 されない - 9 -

10 また 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうか については Q2 のA3 に 準 じることとなる 当 該 受 益 者 の 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 が 子 会 社 又 は 関 連 会 社 となる 場 合 現 物 出 資 による 会 社 の 設 立 における 移 転 元 の 企 業 の 会 計 処 理 ( 事 業 分 離 等 会 計 基 準 第 31 項 )に 準 じて 当 該 受 益 者 から 移 転 されたとみなされる 額 と 移 転 した 資 産 に 係 る 受 益 者 の 持 分 の 減 少 額 との 間 に 生 ず る 差 額 については 持 分 変 動 差 額 として 取 り 扱 う Q5 事 業 の 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どのように 会 計 処 理 するか A 新 信 託 法 では 信 託 行 為 の 定 めがあり 信 託 前 に 生 じた 委 託 者 に 対 する 債 権 に 係 る 債 務 の 引 受 けがされたときには その 債 務 が 信 託 財 産 責 任 負 担 債 務 の 範 囲 に 含 まれること が 明 示 され( 第 21 条 第 1 項 第 3 号 ) 金 銭 その 他 の 財 産 の 信 託 ( 金 銭 以 外 の 信 託 )と 同 時 に 債 務 の 引 受 けを 組 み 合 わせることにより これらから 構 成 される 事 業 自 体 の 信 託 を 行 うのと 同 様 の 状 態 を 作 り 出 すことができると 言 われている(いわゆる 事 業 の 信 託 ) そ の 会 計 処 理 については 基 本 的 にこれまでの 信 託 と 相 違 はないと 考 えられる 1 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 場 合 (1) 原 則 的 な 取 扱 い 事 業 の 信 託 は 金 銭 以 外 の 信 託 にあたることから 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 であ る 場 合 には Q3 のAに 準 じて 処 理 することとなる このため 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 において 信 託 設 定 時 に 損 益 は 計 上 されない また この 場 合 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うこととなるため 受 益 権 を 売 却 した 場 合 当 該 事 業 を 直 接 移 転 したものとみて 売 却 処 理 の 要 否 を 判 断 することとなり(この 点 については 事 業 分 離 等 会 計 基 準 第 14 項 から 第 16 項 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 10 号 企 業 結 合 会 計 基 準 及 び 事 業 分 離 等 会 計 基 準 に 関 する 適 用 指 針 第 95 項 及 び 第 96 項 を 参 照 のこと ) 期 末 時 には 総 額 法 によることとなる(Q3 のA3(1) 及 びA4(1) 参 照 ) (2) 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 の 取 扱 い 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 単 数 であるが 質 的 に 異 なる 受 益 権 に 分 割 されており そ の 一 部 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 複 数 となる 場 合 又 は 受 益 権 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 (Q3 のA3(2) 参 照 ) 受 益 者 ( 当 初 受 益 者 のみならず 他 か ら 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 も 含 む )は 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 と みなして 処 理 することとなる(Q3 のA3(2) 及 びA4(2) 参 照 ) ただし 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 受 益 権 を 売 却 するときは (1)と 同 様 に 当 該 事 業 を 直 接 移 転 したも のとみて 売 却 処 理 の 要 否 を 判 断 する

11 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうかについ ては Q2 のA3 に 準 じることとなる 2 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 場 合 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 複 数 である 場 合 には Q4 のAに 準 じて 処 理 することとなる このため 当 該 事 業 の 信 託 を 設 定 した 場 合 各 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 は 受 託 者 に 対 しそ れぞれの 事 業 を 移 転 し 受 益 権 を 受 け 取 ることとなり 共 同 新 設 分 割 における 分 離 元 企 業 の 会 計 処 理 ( 事 業 分 離 等 会 計 基 準 第 17 項 第 20 項 及 び 第 23 項 企 業 会 計 基 準 第 21 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 第 39 項 )に 準 じることが 適 当 である また 受 益 権 の 売 却 時 及 び 期 末 時 の 会 計 処 理 については Q4 のA2 に 準 じることとな る 3 その 他 事 業 の 信 託 ( 事 業 を 直 接 金 銭 以 外 の 信 託 の 対 象 とする )に 関 連 して 金 銭 の 信 託 に おいて 事 業 を 譲 り 受 ける 場 合 や 事 業 の 信 託 の 受 益 権 を 他 の 受 益 者 から 譲 り 受 ける 場 合 が 考 えられる このような 場 合 であっても 事 業 の 信 託 が 設 定 された 場 合 と 整 合 的 になる ように 個 別 財 務 諸 表 上 総 額 法 によることが 適 当 であると 考 えられる 17 なお 事 業 の 信 託 であるかどうかにかかわらず 受 益 者 が 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 うとき( 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 単 数 である 金 銭 の 信 託 として 会 計 処 理 を 行 うときを 含 む )には 当 該 受 益 者 と 当 該 信 託 との 取 引 は 内 部 取 引 として 消 去 される Q6 受 益 者 の 定 めのない 信 託 (いわゆる 目 的 信 託 )における 委 託 者 は どのように 会 計 処 理 するか A これまで 公 益 信 託 を 除 き 受 益 者 の 定 めのない 信 託 は 認 められていなかったが 新 信 託 法 では 信 託 契 約 による 方 法 又 は 遺 言 による 方 法 によって 受 益 者 の 定 めのない 信 託 ( 受 益 者 を 定 める 方 法 の 定 めのない 信 託 を 含 む 以 下 同 じ )をすることができるもの とされた( 第 258 条 ) 受 益 者 の 定 めのない 信 託 は 目 的 信 託 と 呼 ばれることが 多 い 信 託 契 約 によってなされた 受 益 者 の 定 めのない 信 託 については 委 託 者 がいつでも 信 託 を 終 了 できるなど 通 常 の 信 託 とは 異 なるため 原 則 として 委 託 者 の 財 産 として 処 理 することが 適 当 であると 考 えられる ただし 信 託 契 約 の 内 容 等 からみて 委 託 者 に 信 託 財 産 の 経 済 的 効 果 が 帰 属 しないことが 明 らかであると 認 められる 場 合 には もはや 委 託 者 の 財 産 ではないものとして 処 理 する 17 同 様 に 金 銭 の 信 託 の 信 託 財 産 構 成 物 として 事 業 投 資 である 子 会 社 株 式 を 保 有 している 場 合 も 個 別 財 務 諸 表 上 は 総 額 法 によることが 適 当 であり 連 結 財 務 諸 表 上 は 原 則 として その 子 会 社 を 連 結 の 範 囲 に 含 めることになる

12 Q7 自 己 信 託 における 委 託 者 及 び 受 益 者 は どのように 会 計 処 理 するか A 新 信 託 法 においては 信 託 契 約 を 締 結 する 方 法 による 信 託 や 遺 言 をする 方 法 による 信 託 に 加 え 自 ら 信 託 財 産 の 管 理 等 をすべき 旨 の 意 思 表 示 を 書 面 等 によってする 方 法 によ る 自 己 信 託 が 定 められた 自 己 信 託 においては 委 託 者 が 受 託 者 となるという 点 に 特 徴 があるが その 会 計 処 理 は 基 本 的 には 他 者 に 信 託 した 通 常 の 信 託 と 相 違 はないと 考 え られる 18 なお 受 託 者 が 受 益 権 の 全 部 を 固 有 財 産 で 有 する 状 態 が 1 年 間 継 続 した 場 合 信 託 は 終 了 する( 新 信 託 法 第 163 条 第 2 号 )ため 委 託 者 が 自 己 信 託 をし かつ その 受 益 権 の 全 部 につき 自 らが 当 初 受 益 者 となるときには 通 常 受 益 権 の 一 部 又 は 全 部 を 信 託 設 定 後 に 売 却 することとなると 考 えられる 信 託 が 終 了 した 場 合 信 託 財 産 構 成 物 は 受 入 時 点 において 当 該 信 託 財 産 構 成 物 に 付 されている 帳 簿 価 額 によって 受 け 入 れられるこ ととなる 1 信 託 設 定 時 の 会 計 処 理 委 託 者 兼 受 託 者 である 自 らのみが 当 初 受 益 者 となる 自 己 信 託 においては 金 銭 の 信 託 として 行 われる 場 合 はQ1 のAに 準 じて 金 銭 以 外 の 信 託 として 行 われる 場 合 はQ3 のA に 準 じて 会 計 処 理 を 行 うこととなる このため 単 独 で 信 託 設 定 するだけで 損 益 が 計 上 されることはない なお 前 述 したように 委 託 者 が 自 己 信 託 した 場 合 には 通 常 受 益 権 の 一 部 又 は 全 部 を 信 託 設 定 後 に 売 却 することになると 考 えられる このため 受 益 権 を 売 却 していな いときでも 通 常 売 却 を 前 提 とした 会 計 処 理 を 行 うことが 適 当 である この 例 として は 次 のような 場 合 が 考 えられる 1 満 期 保 有 目 的 の 債 券 を 自 己 信 託 した 場 合 (この 場 合 には 保 有 目 的 の 変 更 があ ったものとして 取 り 扱 う( 金 融 商 品 会 計 実 務 指 針 第 83 項 ) ) 2 固 定 資 産 を 自 己 信 託 した 場 合 (この 場 合 には 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 を 適 用 するにあたり 他 の 資 産 又 は 資 産 グループのキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 として 取 り 扱 う( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 第 8 項 ) ) 2 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 による 受 益 権 の 売 却 時 及 び 期 末 時 の 会 計 処 理 (1) 原 則 的 な 取 扱 い 18 自 己 信 託 についても 委 託 者 兼 受 託 者 が 自 ら 当 初 受 益 者 となるもの(いわゆる 自 益 信 託 )と 委 託 者 兼 受 託 者 以 外 の 第 三 者 が 当 初 受 益 者 となるもの(いわゆる 他 益 信 託 )とがあるが ここでは 前 者 のみを 取 り 上 げている

13 受 益 権 が 売 却 された 場 合 金 銭 以 外 の 信 託 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 して いたものとみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 並 びに 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 19 項 及 び 第 20 項 )の 要 否 を 判 断 する(Q3 のA2 参 照 ) また 期 末 時 に 金 銭 以 外 の 信 託 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 に 会 計 処 理 することとなるため 総 額 法 によることとなり(Q3 のA3(1) 参 照 ) 金 銭 の 信 託 の 受 益 者 は 他 者 に 信 託 した 通 常 の 信 託 と 同 様 に 会 計 処 理 することとな る(Q1 のA2 及 びQ5 のA3 参 照 ) (2) 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 の 取 扱 い 自 己 信 託 が 質 的 に 異 なる 受 益 権 の 一 部 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 複 数 となる 場 合 又 は 受 益 権 の 譲 渡 等 により 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 において 受 益 権 が 売 却 された ときは 信 託 財 産 を 直 接 保 有 していたものとみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 及 び 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 19 項 から 第 21 項 )の 要 否 を 判 断 する(Q3 のA2 参 照 ) また 期 末 時 に 受 益 権 は 原 則 として 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 の 保 有 とみな して 処 理 されることとなる(Q3 のA3(2) 参 照 ) 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうかについては Q2 のA3 に 準 じることと なる (3) 自 己 信 託 の 信 託 財 産 及 び 受 益 権 の 注 記 自 己 信 託 においては 委 託 者 兼 受 託 者 が 自 己 の 固 有 財 産 として 受 益 権 の 一 部 又 は 全 部 を 保 有 していることから 自 己 の 貸 借 対 照 表 に 計 上 されることとなる 自 己 信 託 の 信 託 財 産 に 属 する 財 産 について 追 加 情 報 として その 貸 借 対 照 表 計 上 額 及 び 自 らが 委 託 者 兼 受 託 者 である 自 己 信 託 の 信 託 財 産 に 属 する 旨 の 注 記 を 行 うことが 適 当 である また 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 において 委 託 者 兼 受 託 者 が 受 益 権 の 一 部 を 保 有 している 受 益 権 についても 追 加 情 報 として その 貸 借 対 照 表 計 上 額 及 び 自 らが 委 託 者 兼 受 託 者 である 自 己 信 託 の 受 益 権 である 旨 の 注 記 を 行 うことが 適 当 である 3 他 から 受 益 権 を 譲 り 受 けた 受 益 者 の 会 計 処 理 (1) 原 則 的 な 取 扱 い 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 の 会 計 処 理 を 行 う(Q3 のA1 参 照 ) このため 受 益 権 を 取 得 したときは 信 託 財 産 を 直 接 取 得 したものとみて 会 計 処 理 を 行 い 受 益 権 をさらに 売 却 したときには 信 託 財 産 を 直 接 保 有 していたも

14 のとみて 消 滅 の 認 識 ( 又 は 売 却 処 理 )( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 9 項 並 びに 不 動 産 流 動 化 実 務 指 針 第 19 項 及 び 第 20 項 )の 要 否 を 判 断 する また 期 末 時 に 金 銭 以 外 の 信 託 の 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 する 場 合 と 同 様 に 会 計 処 理 することとなるため 総 額 法 によることとなり(Q3 のA4(1) 参 照 ) 金 銭 の 信 託 の 受 益 者 は 他 者 に 信 託 した 通 常 の 信 託 と 同 様 に 会 計 処 理 することとな る(Q1 のA2 及 びQ5 のA3 参 照 ) (2) 当 該 信 託 に 係 る 受 益 権 が 質 的 に 異 なるものに 分 割 されている 場 合 や 受 益 者 が 多 数 となる 場 合 の 取 扱 い この 場 合 各 受 益 者 は 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するものとみなして 会 計 処 理 を 行 う ことは 困 難 であることから 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 とみなして 処 理 す ることとなる このため 当 該 受 益 権 を 取 得 したときは 有 価 証 券 の 取 得 とみなし て 処 理 し 受 益 権 をさらに 売 却 したときには 有 価 証 券 の 売 却 とみなして 売 却 処 理 を 行 うかどうか 判 断 することとなる(Q3 のA4(2) 参 照 ) 期 末 時 においては 受 益 権 を 当 該 信 託 に 対 する 有 価 証 券 の 保 有 とみなして 処 理 す ることとなる また 連 結 財 務 諸 表 上 当 該 信 託 を 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うかどうかについては Q2 のA3 に 準 じることとなる(Q3 のA4(2) 参 照 ) 受 託 者 の 会 計 処 理 Q8 受 託 者 は どのように 会 計 処 理 するか A 新 信 託 法 において 信 託 の 会 計 は 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 会 計 の 慣 行 に 従 うも のとする( 第 13 条 )とされている これまで 信 託 は 財 産 の 管 理 又 は 処 分 のための 法 制 度 であり これを 適 切 に 反 映 するために その 会 計 は 主 に 信 託 契 約 など 信 託 行 為 の 定 19 め 等 に 基 づいて 行 われてきたと 考 えられる むろん 信 託 の 会 計 を 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 準 じて 行 うことも 妨 げられないものの 新 信 託 法 においても 信 託 は 財 産 の 管 理 又 は 処 分 の 制 度 であるというこれまでの 特 徴 を 有 しているため 今 後 も これまでと 同 様 に 明 らかに 不 合 理 であると 認 められる 場 合 を 除 き 信 託 の 会 計 は 信 託 行 為 の 定 め 等 に 基 づいて 行 うことが 考 えられる 20 ただし 次 のような 信 託 については 債 権 者 が 存 在 したり 現 在 の 受 益 者 以 外 の 者 が 受 益 者 になることが 想 定 されたりするなど 多 様 に 利 用 される 信 託 の 中 で 利 害 関 係 者 に 対 する 財 務 報 告 をより 重 視 する 必 要 性 があると 考 えられるため 当 該 信 託 の 会 計 について 19 これには 信 託 行 為 の 定 めにはないものの これまで 定 着 している 信 託 会 計 の 慣 行 も 含 まれる このような 取 扱 いは 信 託 は 財 産 の 管 理 又 は 処 分 のための 法 制 度 であるため その 会 計 は 分 配 可 能 な 財 産 を 明 らかにする 必 要 があるという 考 え 方 を 踏 まえたものと 考 えられる 20 なお 信 託 の 会 計 は 信 託 財 産 に 係 る 帳 簿 等 の 作 成 義 務 を 負 う 受 託 者 によって 行 われるが 信 託 財 産 は 受 託 者 の 分 別 管 理 義 務 などにより 法 的 に 独 立 性 が 認 められるため 受 託 者 の 固 有 財 産 に 係 る 会 計 とは 区 別 されている

15 は 株 式 会 社 の 会 計 ( 会 社 法 第 431 条 )や 持 分 会 社 の 会 計 ( 会 社 法 第 614 条 )に 準 じて 行 うことが 考 えられる この 場 合 には 原 則 として 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 21 に 準 じて 行 うこととなる (1) 新 信 託 法 第 216 条 に 基 づく 限 定 責 任 信 託 (2) 受 益 者 が 多 数 となる 信 託 (この 点 については Q3 のA3(2)2を 参 照 のこと ) 22 なお 受 託 者 が 信 託 行 為 の 定 めに 基 づくなど 財 産 管 理 のための 信 託 の 会 計 を 行 ってい ても 受 益 者 の 会 計 処 理 は 原 則 として 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 基 づいて 行 うことに 留 意 する 必 要 がある 23 適 用 時 期 等 24 本 実 務 対 応 報 告 は 新 信 託 法 の 施 行 日 以 後 にその 効 力 が 生 じた 信 託 及 びそれより 前 に 効 力 が 生 じた 信 託 であって 信 託 の 変 更 により 新 信 託 法 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 信 託 ( 信 託 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 3 条 )について 適 用 する ただし 受 益 者 は 新 信 託 法 の 施 行 日 前 に 効 力 が 生 じ なお 従 前 の 例 によるとされてい る 信 託 ( 旧 法 信 託 )( 信 託 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 30 条 第 1 項 及 び 第 56 条 第 1 項 )についても 本 実 務 対 応 報 告 を 適 用 することができる この 場 合 には すべての 旧 法 信 託 について 本 実 務 対 応 報 告 を 適 用 し 本 実 務 対 応 報 告 によ 21 ただし 特 定 信 託 財 産 について 作 成 すべき 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 については 特 定 目 的 信 託 財 産 の 計 算 に 関 する 規 則 又 は 投 資 信 託 財 産 の 計 算 に 関 する 規 則 によることとな る( 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 第 2 条 の 2) 同 様 に ある 信 託 に 関 して 法 令 等 により 作 成 すべき 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 についての 定 めが 設 けられ る 場 合 には 当 該 法 令 等 の 定 めによることとなると 考 えられる 22 この 信 託 には 受 益 権 の 分 割 や 譲 渡 が 有 価 証 券 の 募 集 ( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 3 項 ) 又 は 売 出 し( 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 4 項 )にあたる 場 合 の 信 託 や 受 益 証 券 発 行 信 託 ( 新 信 託 法 第 185 条 )が 該 当 する(ただし 当 初 から 譲 渡 の 制 限 がある 場 合 には 現 在 の 受 益 者 以 外 の 者 が 受 益 者 になることは 想 定 され 難 いため 受 益 者 が 多 数 となる 信 託 には 含 まれないものと 考 えられる ) なお 会 計 監 査 人 設 置 信 託 ( 新 信 託 法 第 248 条 )の 会 計 については 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められ る 企 業 会 計 の 基 準 に 準 じて 行 うこととなる 23 自 己 信 託 においても 基 本 的 には 他 者 に 信 託 した 通 常 の 信 託 と 相 違 はなく したがって 受 託 者 が 信 託 行 為 の 定 めに 基 づくなど 財 産 管 理 のための 信 託 の 会 計 を 行 っていても 受 益 者 の 会 計 処 理 は 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 基 づいて 行 うこととなる なお 委 託 者 兼 当 初 受 益 者 が 受 託 者 になる 自 己 信 託 においては 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 基 づいて 行 った 当 該 信 託 の 会 計 を 当 初 受 益 者 の 会 計 処 理 として 取 り 込 む 場 合 実 務 上 自 己 信 託 の 受 託 者 として 行 う 信 託 の 会 計 についても 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 基 づいて 行 うことが 考 えられる 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 企 業 会 計 の 基 準 に 基 づいて 行 った 当 該 信 託 の 会 計 を 当 初 受 益 者 の 会 計 処 理 として 取 り 込 む 場 合 としては 自 己 信 託 の 当 初 受 益 者 が 1 信 託 財 産 を 直 接 保 有 するのと 同 様 の 評 価 を 行 うときや 2 信 託 を 連 結 財 務 諸 表 上 子 会 社 又 は 関 連 会 社 として 取 り 扱 うときが 該 当 する 24 新 信 託 法 は 公 布 日 から 起 算 して 1 年 6 ヶ 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 され( 附 則 第 1 項 ) 自 己 信 託 については 新 信 託 法 の 施 行 日 から 起 算 して 1 年 を 経 過 する 日 までの 間 は 適 用 しない( 附 則 第 2 項 )とされている

16 る 取 扱 いを 適 用 することとなる 最 初 の 事 業 年 度 において これまで 行 ってきた 会 計 処 理 と 異 なることとなるときには これまでの 会 計 処 理 が 明 らかに 不 合 理 であると 認 められる 場 合 を 除 き 会 計 基 準 の 変 更 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 として 取 り 扱 うことに 留 意 する 必 要 があ る 議 決 本 実 務 対 応 報 告 は 第 133 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 9 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された 以 上

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

経営の健全化のための計画フォローアップ

経営の健全化のための計画フォローアップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( 億 円 ) 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 ( 図 表 18) 評 価 損 益 総 括 表 ( 平 成 13 年 3 月 末 連 結 ) 有 価 証 券 ( 億 円

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

Microsoft Word - 001-20050215-01-05.doc

Microsoft Word - 001-20050215-01-05.doc Ⅰ 金 融 商 品 会 計 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1. これまで 金 融 商 品 の 会 計 処 理 では 一 部 の 取 引 につき 時 価 会 計 が 採 用 されていた が 多 くの 取 引 については 取 得 原 価 会 計 に 基 づいて 損 益 の 認 識 が 行 われてきた 他 方 先 物 取 引 オプション 取 引 及 び 市 場 性 のある 有 価 証 券 に 係

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information