施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県"

Transcription

1 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 : ( 直 通 ) ( 代 表 ) 内 線 3718 FAX: 人 口 定 着 確 かな 暮 らしの 実 現 に 向 けた 施 策 展 開 の 方 向 性 ( 中 間 取 りまとめ) 平 成 27 年 度 に 策 定 する 長 野 県 人 口 定 着 確 かな 暮 らし 実 現 総 合 戦 略 では この 施 策 展 開 の 方 向 性 に 沿 って しあわせ 信 州 創 造 プラン の 取 組 をさらに 進 め 地 方 創 生 のフ ロントランナーとなるべく 人 口 減 少 の 抑 制 と 人 口 減 少 を 踏 まえた 地 域 社 会 の 維 持 活 性 化 に 向 けた 施 策 の 具 体 化 を 進 めていきます 人 口 ビジョン 対 象 期 間 :2060 年 までを 基 本 1 人 口 の 現 状 分 析 2 人 口 の 将 来 展 望 人 口 動 向 の 分 析 総 人 口 や 年 齢 3 区 分 別 人 口 出 生 数 死 亡 数 転 出 入 数 等 の 時 系 列 の 状 況 分 析 等 将 来 人 口 の 推 計 と 分 析 出 生 率 や 移 動 率 等 の 仮 定 値 の 違 いに よる 推 計 値 の 比 較 自 然 増 減 社 会 増 減 の 影 響 度 の 分 析 小 地 域 別 人 口 の 分 析 等 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 え る 影 響 の 分 析 考 察 地 域 経 済 構 造 の 分 析 将 来 展 望 に 必 要 な 調 査 分 析 結 婚 出 産 子 育 てや 移 住 に 関 する 意 識 希 望 等 目 指 すべき 将 来 の 方 向 人 口 減 尐 に 向 けた 現 状 と 課 題 を 整 理 し 人 口 に 関 し て 目 指 すべき 将 来 の 方 向 性 を 提 示 人 口 の 将 来 展 望 自 然 増 減 希 望 出 生 率 などに 基 づく 出 生 率 等 社 会 増 減 移 住 希 望 などに 基 づく 移 動 率 等 総 人 口 や 年 齢 3 区 分 別 人 口 等 の 将 来 を 展 望 総 合 戦 略 対 象 期 間 :2015~2019 年 度 ( 平 成 27~31 年 度 )の5か 年 施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 人 生 を 楽 しむことができる 県 づくり 多 様 な 人 材 が 活 躍 できる 県 づくり 地 域 資 源 を 徹 底 的 に 活 用 する 県 づくり 大 都 市 と 共 創 する 県 づくり 世 界 とともに 発 展 する 県 づくり Ⅰ みんなで 支 える 子 育 て 安 心 戦 略 ~ 自 然 減 の 抑 制 ~ Ⅱ 未 来 を 担 う 人 材 定 着 戦 略 ~ 社 会 増 への 転 換 ~ Ⅲ 経 済 自 立 戦 略 ~ 仕 事 と 収 入 の 確 保 ~ Ⅳ 確 かな 暮 らし 実 現 戦 略 ~ 人 口 減 少 下 での 地 域 の 活 力 確 保 ~ 多 様 な 主 体 と 協 働 した 策 定 実 行 地 域 戦 略 会 議 等 で 市 町 村 と 協 働 して 施 策 立 案 実 行 ( 子 育 て 支 援 移 住 促 進 等 ) 人 口 定 着 確 かな 暮 らし 実 現 会 議 で 産 業 界 労 働 界 等 と 協 働 して 施 策 立 案 実 行 タウンミーティング 等 で 若 者 女 性 等 の 意 見 を 積 極 的 に 聴 取 し 策 定 段 階 から 目 標 を 共 有 して 県 民 全 体 で 実 行 基 本 目 標 ( 例 ) 雇 用 創 出 数 人 就 業 者 数 人 評 価 指 標 を 設 定 施 策 に 関 する 基 本 的 方 向 次 ページ 以 下 を 基 本 として 策 定 具 体 的 な 施 策 施 策 に 関 する 基 本 的 方 向 に 沿 って 具 体 化 評 価 指 標 を 設 定 評 価 指 標 を 設 定 し 効 果 検 証 するPDCAサイクルを 導 入 1

2 施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 づくり ~ 暮 らす 人 訪 れる 人 が 充 実 したときを 過 ごす~ 暮 らす 人 訪 れる 人 がともに 幸 を 分 かち 合 い 絆 を 育 む 信 州 ならではのライフスタイルをつ くること 持 続 可 能 な 集 落 まちづくりの 取 組 によって 中 山 間 地 域 でも 都 市 部 でも 住 みたいところで 安 心 して 暮 らし 続 けられる 環 境 をつくること 日 本 有 数 の 山 岳 高 原 や 豊 かな 自 然 など 充 実 したアウトドア 環 境 を 活 かして 多 くの 人 をひき つけること 風 土 に 根 ざした 伝 統 文 化 や 活 発 な 芸 術 活 動 で 精 神 的 な 豊 かさを 実 感 できること 多 様 な 人 材 が 活 躍 できる 県 づくり ~ 能 力 を 発 揮 しきれていない 人 夢 の 実 現 に 向 けて 挑 戦 する 人 など 多 様 な 人 材 に 活 躍 の 機 会 を 提 供 する~ ひとり 親 子 育 て 世 代 の 女 性 高 齢 者 障 がい 者 外 国 人 などが 能 力 を 十 分 に 発 揮 すること 創 業 希 望 者 プロフェッショナル 人 材 などが 信 州 での 暮 らしの 中 で 夢 の 実 現 に 向 けて 挑 戦 し 創 造 性 をより 発 揮 すること 高 等 教 育 をはじめとする 教 育 の 充 実 により 県 内 で 学 び 育 ち 郷 土 に 誇 りと 愛 着 を 持 って 活 躍 できること 地 域 資 源 を 徹 底 的 に 活 用 する 県 づくり ~ 地 域 資 源 を 徹 底 的 に 活 用 することにより 経 済 の 自 立 性 を 高 める~ 自 然 環 境 や 健 康 長 寿 など 地 域 の 強 みや 資 源 を 活 かし 地 域 や 国 内 外 の 課 題 解 決 を 通 じて 産 業 の 強 化 やイノベーションを 図 ること 世 界 水 準 の 山 岳 高 原 観 光 地 や 付 加 価 値 の 高 い 農 林 業 エネルギー 自 立 地 域 の 創 出 を 通 じ て 地 域 内 で 経 済 が 循 環 し 外 部 需 要 も 取 り 込 む 仕 組 みを 構 築 すること 大 都 市 と 共 創 する 県 づくり ~ 大 都 市 とのつながりが 相 乗 効 果 を 発 揮 する~ 大 都 市 からの 移 住 者 が 自 らの 希 望 をかなえるだけではなく 社 会 産 業 の 新 たな 担 い 手 と して 快 く 受 け 入 れられ 地 域 に 貢 献 できる 環 境 をつくること 大 都 市 の 機 能 との 連 携 を 強 化 し 双 方 に 好 影 響 を 及 ぼすこと 大 都 市 住 民 との 交 流 や 二 地 域 居 住 の 促 進 により 大 都 市 の 住 民 に 信 州 ならではの 体 験 を 提 供 するとともに 県 民 にも 刺 激 をもたらすこと 単 なる 友 好 提 携 に 留 まらず 共 創 を 志 向 した 自 治 体 間 の 連 携 や 県 人 会 など 県 外 在 住 の 長 野 県 出 身 者 との 協 働 関 係 を 構 築 すること 世 界 とともに 発 展 する 県 づくり ~ 世 界 と 直 接 つながりを 持 ち 人 と 需 要 の 取 り 込 みと 県 内 産 業 の 海 外 展 開 を 進 める~ 自 然 環 境 や 健 康 長 寿 などを 活 かした 誘 客 グローバル 企 業 の 誘 致 や 高 度 人 材 の 招 聘 など 世 界 から 人 を 呼 び 込 むこと 企 業 のグローバル 化 製 造 業 や 農 業 の 海 外 市 場 開 拓 など 信 州 に 根 ざした 産 業 が 海 外 展 開 すること 世 界 の 国 々との 関 係 を 友 好 交 流 に 留 めず 互 恵 協 働 関 係 に 再 構 築 すること 2

3 Ⅰ みんなで 支 える 子 育 て 安 心 戦 略 ~ 自 然 減 の 抑 制 ~ 誰 もが 希 望 する 数 の 子 どもを 産 み 安 心 して 子 育 てすることができる みんなで 支 える 子 育 て 安 心 県 を 構 築 することにより 人 口 の 自 然 減 を 抑 制 します 市 町 村 と 協 働 し 県 民 の 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 をかなえること 各 段 階 に 応 じて 切 れ 目 が 生 じないよう 子 育 て 世 代 の 目 線 で 取 り 組 むこと 医 療 福 祉 労 働 教 育 な ど 関 係 分 野 の 縦 割 りの 弊 害 を 解 消 すること 自 然 環 境 や 住 民 の 絆 など 信 州 ならでは の 特 色 を 活 かすことを 基 本 として 取 り 組 みます 1 子 どもを 産 み 育 てる 人 への 一 貫 支 援 若 い 世 代 が 結 婚 し 子 ども 家 庭 を 持 つ 希 望 を 実 現 できる 地 域 を 目 指 します そのために 若 い 世 代 の 多 様 な 交 流 の 促 進 就 労 支 援 非 正 規 社 員 の 正 規 化 の 促 進 等 による 生 活 基 盤 づくりなど 結 婚 出 産 しやすい 社 会 づくりに 取 り 組 みま す どのような 状 況 であっても 安 心 して 出 産 子 育 てできる 地 域 を 目 指 します そのために 県 と 市 町 村 との 連 携 による 妊 娠 時 から 切 れ 目 なく 子 育 て 世 帯 を 支 援 する 仕 組 みづくり 出 産 や 子 どもにかかる 医 療 サービスの 充 実 など 出 産 や 子 育 ての 不 安 解 消 や 子 育 て 時 の 孤 立 化 の 防 止 に 取 り 組 みます 2 信 州 ならではの 魅 力 ある 子 育 て 環 境 づくり 希 望 する 数 の 子 どもを 持 つことができ 自 然 環 境 や 住 民 の 絆 などの 特 色 を 活 か した 魅 力 ある 子 育 てができる 地 域 を 目 指 します そのために 子 育 てと 仕 事 の 両 立 支 援 多 子 世 帯 を 中 心 とする 子 育 てに 伴 う 経 済 的 負 担 の 軽 減 野 外 保 育 や 地 域 住 民 との 交 流 の 促 進 多 世 代 同 居 の 促 進 困 難 を 抱 える 子 どもや 家 庭 への 支 援 事 業 者 による 家 族 支 援 の 促 進 子 育 てを 支 える 財 源 の 検 討 などに 取 り 組 みます 3

4 Ⅱ 未 来 を 担 う 人 材 定 着 戦 略 ~ 社 会 増 への 転 換 ~ 人 生 を 楽 しみながら 多 様 な 人 材 が 互 いに 高 め 合 い 新 しい 価 値 を 創 造 できる 信 州 を 構 築 することにより 人 口 の 社 会 減 を 社 会 増 に 転 換 します 県 と 市 町 村 がともに 移 住 希 望 者 (U I Jターン)の 目 線 に 立 つこと 多 様 な 人 材 を 快 く 受 け 入 れることができる 地 域 づくりを 進 めること 企 業 人 材 の 誘 致 に 際 して 県 内 の 技 術 や 人 材 風 土 等 との 相 乗 効 果 を 重 視 することを 基 本 として 取 り 組 みます 1 多 様 な 人 材 の 定 着 豊 かな 自 然 文 化 に 囲 まれ アウトドア 環 境 にも 恵 まれた 楽 園 信 州 に 様 々な バックグラウンドを 持 つ 人 たちが 国 内 外 から 訪 れ 住 民 とともにしあわせに 暮 らす 地 域 を 目 指 します そのために 情 報 提 供 から 体 験 定 住 までの 一 貫 した 相 談 支 援 二 地 域 居 住 の 推 奨 などに 取 り 組 みます とりわけ 豊 かな 信 州 の 自 然 と 調 和 した 暮 らしを 望 む 女 性 や ゆとりある 暮 らしの 中 でアイデア 創 出 を 望 むクリエイティブ 人 材 金 銭 で は 測 れない 本 物 の 田 舎 暮 らしを 重 視 する 人 などに 焦 点 を 当 てて 取 り 組 みます 2 イノベーションを 誘 発 する 企 業 研 究 人 材 の 誘 致 大 都 市 海 外 と 県 内 の 企 業 研 究 機 関 との 人 材 の 交 流 連 携 により 相 互 に 有 益 なイノベーションを 誘 発 する 地 域 を 目 指 します そのために 大 都 市 圏 との 高 速 交 通 網 整 備 や 近 接 性 を 活 かした 企 業 の 本 社 機 能 研 究 開 発 機 能 の 移 転 促 進 政 府 関 係 の 研 究 機 関 研 修 所 の 誘 致 大 都 市 の 企 業 に 所 属 しながら 県 内 で 働 けるサテライトオフィスの 設 置 促 進 などによる 人 材 の 誘 致 に 取 り 組 みます 3 知 の 集 積 と 教 育 の 充 実 信 州 で 学 び 育 つ 県 民 が 新 たな 知 見 を 生 み 出 し 企 業 や 社 会 の 課 題 を 自 ら 解 決 していく 地 域 を 目 指 します そのために 新 たな 県 立 4 年 制 大 学 の 設 置 や 特 色 ある 教 育 機 関 の 拡 充 県 内 高 等 教 育 機 関 との 連 携 による 地 域 に 密 着 した 教 育 研 究 の 充 実 地 域 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 卒 業 後 の 県 内 への 就 職 促 進 などに 取 り 組 みます 信 州 の 風 土 や 文 化 を 知 り 時 代 が 求 める 知 識 や 技 能 を 身 に 付 けることにより 子 どもの 頃 から 愛 着 を 持 って 暮 らせる 地 域 を 目 指 します そのために 地 域 に 開 かれた 学 校 づくり ふるさとに 誇 りと 愛 着 を 持 つ 教 育 多 様 な 主 体 による 教 育 機 会 の 提 供 地 域 ニーズに 応 える 特 色 ある 県 立 高 校 づくり 大 都 市 圏 の 学 校 との 相 互 交 流 勤 労 観 の 形 成 ICTの 活 用 など 特 色 ある 教 育 の 充 実 に 取 り 組 みます 4

5 Ⅲ 経 済 自 立 戦 略 ~ 仕 事 と 収 入 の 確 保 ~ 地 域 の 資 源 人 材 を 活 かした 産 業 構 造 を 構 築 することにより 仕 事 と 収 入 を 確 保 し ます 経 営 安 定 と 賃 金 上 昇 に 直 結 する 労 働 生 産 性 の 向 上 を 重 視 すること 信 州 の 地 域 資 源 産 品 を 活 用 して 地 域 経 済 自 立 度 を 高 めること 多 様 な 人 材 の 就 業 を 通 じて 産 業 の 創 造 性 を 高 めること 地 域 と 人 を 大 切 にする 信 州 の 企 業 文 化 に 立 脚 することを 基 本 として 取 り 組 みます 1 貢 献 と 自 立 の 経 済 構 造 への 転 換 グローバルな 課 題 に 応 える 高 い 付 加 価 値 の 製 品 サービスを 生 み 国 内 外 に 貢 献 するとともに 稼 ぐ 力 で 県 民 の 暮 らしを 支 えるダイナミックな 地 域 を 目 指 しま す そのために 既 存 産 業 の 新 分 野 展 開 労 働 生 産 性 の 向 上 や 地 域 内 の 企 業 間 連 携 の 促 進 信 州 の 商 品 物 産 サービスのブランド 力 の 強 化 日 本 一 創 業 しや すい 環 境 づくりを 通 じて 新 たなマーケットや 社 会 的 ニーズに 応 える 産 業 の 創 出 促 進 などに 取 り 組 みます 地 域 資 源 を 活 用 した 製 品 サービスを 供 給 することにより 地 域 内 で 経 済 が 循 環 し 域 外 需 要 の 持 続 的 な 取 り 込 みができる 地 域 を 目 指 します そのために 豊 富 な 地 域 資 源 を 活 用 する 農 林 業 の 生 産 性 向 上 6 次 産 業 化 海 外 展 開 の 推 進 や 分 散 型 エネルギー の 活 用 に 取 り 組 みます また 来 訪 者 が 信 州 の 自 然 や 日 常 の 暮 らしを 楽 しむことができる 観 光 業 や 長 寿 県 日 本 一 である 信 州 の 強 みが 活 用 できる ヘルスケア 産 業 など 雇 用 の 約 7 割 を 占 める サービス 産 業 の 振 興 などに 取 り 組 みます 2 経 済 の 自 立 的 発 展 を 支 える 担 い 手 の 確 保 労 働 力 人 口 の 減 尐 が 見 込 まれる 中 にあっても 事 業 者 が 必 要 な 人 材 を 地 域 で 得 ることができ 多 様 な 人 材 が 経 済 活 動 の 中 で 活 躍 できる 地 域 を 目 指 します そのために 第 二 新 卒 ( 新 卒 採 用 後 3 年 以 内 の 退 職 者 )も 含 む 若 者 のU I J ターン 採 用 の 促 進 やシニア 世 代 の 人 生 二 毛 作 の 促 進 に 加 え 女 性 障 がい 者 などともすれば 活 躍 の 機 会 を 得 にくい 状 況 にある 人 たちの 就 労 支 援 職 業 訓 練 技 能 向 上 働 きやすい 職 場 づくり キャリアアップなどに 取 り 組 みます 中 小 企 業 農 林 業 の 後 継 者 が 不 足 する 中 で 事 業 継 続 や 技 術 者 職 人 の 技 能 継 承 が 円 滑 に 行 われる 地 域 を 目 指 します そのために 中 小 企 業 等 の 事 業 承 継 の 支 援 技 術 者 等 の 技 能 継 承 の 促 進 業 務 に 必 要 な 技 能 資 格 の 習 得 による 人 材 の 育 成 高 度 化 農 林 業 への 就 業 の 促 進 などに 取 り 組 みます 自 らの 望 む 仕 事 をすることで 人 生 と 仕 事 の 相 乗 効 果 (ワーク ライフ シナ ジー)が 発 揮 され 充 実 した 人 生 を 送 ることができるよう ワーク ライフ バランス が 実 現 できる 地 域 を 目 指 します そのために 仕 事 と 生 活 が 調 和 できる 多 様 な 働 き 方 の 構 築 農 山 村 で 自 然 を 実 感 しながら 暮 らすために 農 林 業 を 始 めること 自 らのアイデアを 具 現 化 するた めに 創 業 することの 促 進 などに 取 り 組 みます 5

6 Ⅳ 確 かな 暮 らし 実 現 戦 略 ~ 人 口 減 少 下 での 地 域 の 活 力 確 保 ~ 人 口 減 少 下 でも 生 活 に 不 可 欠 なサービスを 提 供 できる 地 域 構 造 を 構 築 することに より 暮 らしの 安 心 と 地 域 の 活 力 を 確 保 します 市 町 村 による 計 画 的 な 地 域 づくりを 支 援 すること 必 要 とされる 機 能 を 都 市 と 中 山 間 地 域 の 広 域 的 な 連 携 の 強 化 により 確 保 すること 中 山 間 地 域 で 子 どもや 高 齢 者 が 安 心 して 暮 らせること 高 齢 者 が 居 場 所 と 出 番 を 持 って 地 域 で 元 気 に 活 躍 するこ と 県 外 の 大 都 市 との 共 創 関 係 を 強 化 することを 基 本 として 取 り 組 みます 1 確 かな 暮 らしを 支 える 地 域 構 造 の 構 築 買 い 物 や 医 療 福 祉 様 々な 生 活 サービスを 確 保 するための 工 夫 知 恵 を 出 し 合 い 安 心 して 暮 らせる 中 山 間 地 域 を 目 指 します そのために 地 域 内 で 生 活 に 係 る 機 能 を 集 積 した 小 さな 拠 点 の 形 成 支 援 集 落 と 拠 点 都 市 部 を 結 ぶネットワークの 整 備 連 携 中 枢 都 市 圏 定 住 自 立 圏 等 による 効 率 的 なサービス 提 供 体 制 の 構 築 中 長 期 的 な 視 点 での 公 共 施 設 の 整 備 更 新 や 空 き 家 等 の 既 存 ストックの 管 理 活 用 などに 取 り 組 みます 2 信 州 に 根 づくつながりの 継 承 地 域 コミュニティの 核 としての 学 校 の 役 割 を 重 視 するとともに 住 民 の 精 神 的 な 拠 りどころとなる 文 化 スポーツ 活 動 が 活 発 で 住 民 の 絆 と 支 え 合 いが 保 たれる 地 域 を 目 指 します そのために 人 口 減 尐 下 でも 豊 かに 学 び 合 える 活 力 ある 学 校 づくり 伝 統 文 化 や 地 域 コミュニティの 担 い 手 確 保 地 域 防 災 力 の 向 上 様 々な 場 面 での 交 流 に よる 県 外 の 大 都 市 との 共 創 農 山 村 での 生 活 サービス 提 供 の 促 進 文 化 やス ポーツ 等 を 通 じた 地 域 活 性 化 などに 取 り 組 みます 3 地 域 の 絆 に 立 脚 する しあわせ 健 康 県 の 実 現 子 どもの 頃 からの 健 康 的 な 生 活 習 慣 の 定 着 を 図 り 高 齢 になっても 元 気 に 活 躍 できる 地 域 を 目 指 します そのために 県 民 総 ぐるみで 健 康 づくりに 取 り 組 む 信 州 ACE(エース)プロ ジェクト 予 防 に 重 点 を 置 いた 保 健 介 護 施 策 などに 取 り 組 みます 多 様 な 専 門 人 材 と 住 民 との 連 携 により 住 み 慣 れた 地 域 で 安 心 して 暮 らし 続 け られる 地 域 を 目 指 します そのために 住 まい 医 療 介 護 予 防 生 活 支 援 など 暮 らしの 安 心 を 一 体 的 に 提 供 する 地 域 包 括 ケア 体 制 の 構 築 医 療 福 祉 等 の 専 門 人 材 の 養 成 確 保 など に 取 り 組 みます 6

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施 策 の 展

目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施 策 の 展 資 料 2 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ( 中 間 案 ) 平 成 27 年 7 月 目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

青 森 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 青 森 県 目 次 Ⅰ 計 画 の 目 的 と 背 景 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 2 計 画 期 間 2 3 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいに 関 する 現 状 と 将 来 推 計 3 (1) 青 森 県 の 人 口 と 世 帯 数 (2) 青 森 県 の 高 齢 化 率 (3) 青

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2) 弥 富 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)まち ひと しごとの

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要 概 要 版 さかい 魅 力 安 心 住 まいプラン ( 堺 市 住 生 活 基 本 計 画 ) - 堺 市 はじめに 策 定 の 目 的 本 市 では に 堺 市 住 宅 マスタープラン を 策 定 し 住 みたい 住 みよいま ち 堺 をめざして 取 り 組 みを 行 うとともに 7 の 堺 市 住 宅 まちづくり 審 議 会 答 申 を 受 け さまざまな 施 策 の 推 進 に 取 り 組 んできました

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

48423本編表紙out

48423本編表紙out 2 神 戸 地 域 の 将 来 像 楽 しいまち 神 戸 をめざそう 神 戸 はどのような 地 域 をめざしていくべきなのでしょうか その 将 来 像 はどのよ うなものなのでしょうか 神 戸 らしさ もふまえながら 地 域 のめざす 目 標 として 提 案 します 夢 提 案 1 ( 地 域 の 将 来 像 ) 人 々が 集 い 喜 びと 感 動 が 共 有 できる 楽 しいまち 神 戸 をめざそう

More information

65

65 第 二 章 総 合 戦 略 つつじが 岡 公 園 64 65 Ⅰ 基 本 方 針 66 1 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 国 の 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方 や 政 策 5 原 則 等 を 踏 まえ 本 市 における 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 の 克 服 まち ひと しごとの 創 生 と 好 循 環 の 確 立 を 目 指 します 国 の 総 合 戦 略

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と 氷 川 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 総 合 戦 略 ( 案 ) 平 成 27 年 11 月 氷 川 町 西 日 本 測 量 設 計 目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現 視 点 3 地 域 の 経 営 資 源 を 生 かした 課 題 解 決

目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現 視 点 3 地 域 の 経 営 資 源 を 生 かした 課 題 解 決 長 浜 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ~ 2060 年 未 来 予 想 図 長 浜 からの 挑 戦 ~ 平 成 27 年 6 月 長 浜 市 - 0 - 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

基 本 目 標 1 人 と 人 がつながり 活 力 と 賑 わいをつくる( 地 域 に 元 気 を) 市 民 一 人 ひとりが 主 体 的 にまちづくりに 関 わる 仕 掛 けづくりや 多 世 代 交 流 による 賑 わいの 創 出 を 通 じて 魅 力 溢 れる 成 熟 都 市 として 本 市 の

基 本 目 標 1 人 と 人 がつながり 活 力 と 賑 わいをつくる( 地 域 に 元 気 を) 市 民 一 人 ひとりが 主 体 的 にまちづくりに 関 わる 仕 掛 けづくりや 多 世 代 交 流 による 賑 わいの 創 出 を 通 じて 魅 力 溢 れる 成 熟 都 市 として 本 市 の 三 田 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 概 案 資 料 2 基 本 目 標 1 人 と 人 がつながり 活 力 と 賑 わいをつくる( 地 域 に 元 気 を) 1-1 多 様 な 主 体 世 代 をつなぐ 1-2 若 者 が 集 うまちづくり 1-3 交 流 と 連 携 による 文 化 スポーツの 振 興 1-4 多 様 な 就 業 機 会 をつくる 1-5 地 域 経 済 を 活

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

平成10年6月定例市議会

平成10年6月定例市議会 平 成 28 年 3 月 市 議 会 定 例 会 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 ) 午 前 10 時 から 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 要 旨 ) 1 あいさつ 議 案 は 合 計 56 件 条 例 案 23 件 ( 新 設 6 件 一 部 改 正 16 件 廃 止 1 件 ) 予 算 案 28 件 [ 内 訳 ] 補 正 14 件 ( 一 般 会 計 特 別 会 計 8 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

泉 佐 野 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ( 案 ) 平 成 27 年 月 泉 佐 野 市 目 次 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 (1) 総 合 戦 略 策 定 の 背 景 1 (2) 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 1 2 基 本 方 針 1 (1) 基 本 姿 勢 1 (2) 戦 略 方 針 1 3 計 画 期 間 2 4 目 標 達 成 のための 施 策

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が 骨 太 方 針 に 向 けて ~600 兆 円 経 済 の 実 現 ~ 平 成 28 年 4 月 4 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 資 料 1 新 浪 剛 史 1. 現 状 と 課 題 アベノミクスの 取 組 の 下 企 業 収 益 は 過 去 最 高 水 準 となり 3 年 連 続 でベースアップ の 流 れも 広 がりつつある 中 で 賃 金 等 の 上 昇 や 世 帯 収 入 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63> 文 化 の う ね り を 巻 き 起 こ す ~ 文 化 振 興 の 基 本 的 な 考 え 方 ~ 平 成 18 年 3 月 千 葉 県 はじめに 千 葉 県 は 豊 かな 自 然 環 境 に 恵 まれ 古 代 から 多 くの 生 活 文 化 が 生 み 出 され また 海 川 街 道 によって 紀 州 江 戸 鎌 倉 など 各 地 と 活 発 に 交 流 し 特 色 ある 多 様 な 文 化

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0 平 成 28 年 2 月 29 日 第 3 回 倉 吉 市 議 会 定 例 会 議 案 提 案 理 由 説 明 倉 吉 市 長 議 案 の 説 明 に 先 立 ちまして 一 言 所 見 を 述 べさせていただきます 我 が 国 の 状 況 を 見 ますと 中 国 の 景 気 減 速 原 油 安 などの 影 響 で 国 内 でも 年 明 けから 円 高 や 株 安 が 続 き 日 本 銀 行 が 初

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 第 1 章 目 指 す 姿 5 第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 会 実 現 に 不 可 欠 なもです さらに とそれを 支 える 活

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D31817A918D8D8790ED97AA82C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D31817A918D8D8790ED97AA82C982C282A282C42E646F6378> Ⅱ 総 合 長 戦 岡 略 版 ( 総 長 合 岡 戦 リジュベネーション)について( 略 ( 仮 称 )の 策 定 概 要 案 ) 資 料 2 1 総 合 戦 略 策 定 にあたって 特 に 大 切 にした 考 え 方 ~ 志 を 未 来 に 活 かす ながおか~ 長 岡 市 は 将 来 の 人 口 減 活 力 減 が 見 込 まれる 今 日 の 社 会 状 況 において その 将 来 を 実 際

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療 平 成 26 年 度 県 南 広 域 振 興 局 保 健 福 祉 環 境 部 業 務 方 針 組 織 スローガン キャッチフレーズ など ~つながり ともに つくる~ 岩 手 県 職 員 憲 章 の 定 着 や 行 動 の 実 践 につながる 創 意 工 夫 アイディア 1 幹 部 職 員 と 若 手 職 員 とが 自 由 にコミニュケーションできる 場 を 設 定 し 職 員 のモチベーションを

More information

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針

高齢者の居住安定確保プラン 第3章 高齢者の居住の安定確保に向けた基本的方針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 向 けた 基 本 的 方 針 1 節 高 齢 者 の 住 まいを 取 り 巻 く 課 題 (1) 高 齢 化 の 動 向 や 住 まいの 現 状 と 課 題 東 京 は 今 本 格 的 な 高 齢 社 会 を 迎 えようとしており 今 後 とりわけ 75 歳 以 上 の 後

More information

目 次 1 趣 旨... 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ( 総 合 計 画 との 関 係 )... 1 3 計 画 期 間... 1 4 基 本 的 な 考 え 方... 1 5 今 後 の 施 策 の 方 向... 2 施 策 体 系... 2 基 本 目 標 1 若 い 世 代 の 結

目 次 1 趣 旨... 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ( 総 合 計 画 との 関 係 )... 1 3 計 画 期 間... 1 4 基 本 的 な 考 え 方... 1 5 今 後 の 施 策 の 方 向... 2 施 策 体 系... 2 基 本 目 標 1 若 い 世 代 の 結 資 料 3 旭 川 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ( 案 ) 平 成 27 年 10 月 旭 川 市 目 次 1 趣 旨... 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ( 総 合 計 画 との 関 係 )... 1 3 計 画 期 間... 1 4 基 本 的 な 考 え 方... 1 5 今 後 の 施 策 の 方 向... 2 施 策 体 系... 2 基 本 目 標 1 若

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information