(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

Size: px
Start display at page:

Download "(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着"

Transcription

1 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方 の 声 をひろいやすい 体 制 づくりをしてはいかがでし ょうか 2. 避 難 所 運 営 委 員 会 の 仕 事 総 務 班 情 報 広 報 班 給 食 給 水 班 救 護 班 清 掃 班 物 資 分 配 班 名 簿 総 括 班 を 分 担 し 次 の 仕 事 をします (1) 食 料 水 救 援 物 資 などの 配 布 (2) 生 活 情 報 の 提 供 (3) 家 族 の 安 否 確 認 など 避 難 所 における 障 害 のある 方 ご 高 齢 の 方 への 配 慮 1. 物 的 環 境 について (1) 建 物 の 配 慮 - バリアフリーを 目 指 して 避 難 所 に 行 きたくても 入 口 で 階 段 になっていると 入 れません 災 害 の 時 には 皆 が 大 変 なの で 車 いすに 手 を 貸 してくれとはなかなかいえないので 避 難 所 にいくのはあきらめています 1 入 口 の 段 差 解 消 を 簡 易 の 段 差 解 消 板 を 設 置 するだけでも 助 かります 2スペース 確 保 を 車 いすや 杖 松 葉 つえが 通 るためには 最 低 80cm の 幅 が 回 転 するためには 直 径 150cm が 必 要 です これらの 空 間 を 確 保 してください 28

2 (2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 脱 にも 時 間 がかかって 迷 惑 をか けそう 次 の 3 つを 配 慮 していただければ かなり 不 便 が 改 善 されます 1 洋 式 トイレが 必 要 2 障 害 のある 方 専 用 のトイレ 3 おむつを 替 えることのできる 場 所 (3) 椅 子 の 用 意 床 に 座 ることができない 方 長 時 間 座 ることができない 方 もいます (4) 配 置 の 工 夫 1 トイレに 近 いところに < 視 覚 に 障 害 がある 方 の 声 > 避 難 所 の 慣 れないところではトイレの 使 用 や 食 事 をもらいにいくことができないと 思 った 避 難 所 内 での 移 動 に 手 間 がかかるので 周 囲 に 迷 惑 をかけると 思 う 夜 間 にトイレの 回 数 が 多 いので 避 難 所 ではトイレに 行 くのが 大 変 だと 思 う 車 いすの 方 や 杖 を 使 っている 方 視 覚 に 障 害 がある 方 ( 壁 伝 いに 移 動 できるように) ご 高 齢 でトイレに 不 安 がある 方 などは トイレに 近 いところに ポイント 1 視 覚 に 障 害 のある 方 へはトイレや 配 給 の 場 所 や 使 用 方 法 を 一 緒 にたどりながら 伝 える また 環 境 に 変 化 があった 時 も 即 座 に 同 様 の 方 法 で 伝 える ポイント 2 障 害 がある 方 に 支 障 はないか 一 言 確 認 してください 29

3 2 環 境 に 敏 感 な 方 への 配 慮 < 知 的 障 害 があるお 子 さんの 保 護 者 の 声 > 私 の 息 子 は4 歳 自 閉 症 です 地 震 で 体 育 館 に 避 難 しましたがやはり 息 子 は 落 ち 着 かず 体 育 館 をかけまわり 他 人 の 目 が 気 になって 夜 中 散 歩 して 過 ごしました これが 何 日 も 続 い たら と 考 えてしまいました 障 害 者 は 障 害 者 で 別 のところに 避 難 するところがあればよいの ですが 中 で 一 晩 過 ごしました 子 供 は 自 閉 症 で 慣 れない 場 所 ざわざわしている 場 所 が 苦 手 で す 子 どもはずっと 泣 き 続 け 周 りの 方 に 迷 惑 をかけてしまいました 本 人 もとても 疲 れたと 思 います 障 害 者 は 感 じやすいのでこういうとき 一 番 大 変 だと 思 います 認 知 症 があると 本 人 は 状 況 が 全 く 理 解 できないので 周 囲 の 人 に 合 わせることができない 高 次 脳 機 能 障 害 のため 混 雑 の 中 落 ち 着 いていられない 夜 間 大 声 を 出 すので 他 人 に 迷 惑 をかけてしまう < 精 神 障 害 のある 方 の 声 > 人 がたくさんいるとパニックになり 精 神 的 に 辛 くなるので 避 難 所 にいるのがこわい 上 の 声 にみるように 周 囲 に 人 がいたり 環 境 の 変 化 があると 不 安 になったり 混 乱 する 方 もいます そのような 場 合 は 気 持 ちを 落 ち 着 かせることが 必 要 で 周 囲 に 家 族 や 友 人 などがい るよう 配 慮 する ついたてをたてる 別 室 を 用 意 するなどしてみてください また どうしても 本 人 から 避 難 所 での 生 活 が 難 しいとの 訴 えがある 場 合 は 避 難 所 の 市 職 員 に 話 をして 福 祉 避 難 所 への 移 動 を 検 討 してみましょう 3 医 療 的 配 慮 < 膀 胱 直 腸 障 害 のある 方 の 声 > 自 分 が 人 工 肛 門 であることを 周 囲 に 知 られたくないです 避 難 所 では 装 具 を 取 り 換 える 場 所 がないのではないかと 不 安 です < 精 神 障 害 のある 方 の 声 > いつも 飲 んでいる 抗 精 神 薬 を 避 難 所 で 過 ごした 3 日 間 くらい 飲 むことができず 妄 想 幻 聴 幻 覚 などの 症 状 が 非 常 に 強 く 出 て 大 変 困 りました 人 工 肛 門 の 方 には 消 毒 交 換 のために 清 潔 で 周 囲 から 見 えない 場 所 を 確 保 する 人 工 呼 吸 器 などの 医 療 機 器 を 使 用 する 方 は 別 室 にし 清 潔 で 静 かな 環 境 を 確 保 する 医 療 機 関 と 連 絡 をとり 急 変 に 対 応 する 30

4 2. 情 報 提 供 複 数 の 伝 達 方 法 で < 視 覚 に 障 害 のある 方 の 声 > 掲 示 板 の 情 報 は 読 むことができないので 情 報 からもれるのではと 不 安 です < 聴 覚 に 障 害 のある 方 の 声 > 今 回 避 難 所 に 文 字 の 伝 達 はありませんでした 情 報 の 伝 達 は 校 内 放 送 やハンドマイクなどでの 音 声 での 伝 達 と 掲 示 板 張 り 紙 に よる 文 字 での 伝 達 を 併 用 特 に 視 覚 に 障 害 がある 方 や 聴 覚 に 障 害 がある 方 には 情 報 を 直 接 伝 える 聴 覚 障 害 者 協 会 から 聴 覚 に 障 害 のある 方 に 大 きな 声 で 話 せば 大 丈 夫 か 手 話 も 筆 談 のどちらが 必 要 か コミュニケ ーションの 方 法 を 確 認 してください 唇 の 動 きだけでは 正 確 に 伝 わりません 筆 談 や 携 帯 メール 画 面 などを 使 ってみてください 特 に 停 電 された 暗 闇 では 手 話 や 筆 談 ができないので 手 の 届 くとこ ろに 懐 中 電 灯 などライトを 確 保 してください 茨 城 県 聴 覚 障 害 者 協 会 災 害 時 における 聴 覚 障 害 者 支 援 に 係 る 諸 課 題 等 に 関 する 検 討 結 果 報 告 書 平 成 24 年 3 月 3. 人 的 環 境 (1) 障 害 があることを 知 ってほしい 人 < 視 覚 に 障 害 のある 方 の 声 > 避 難 所 に 行 ったが 視 覚 に 障 害 があることに 気 がついてもらえず あっちにトイレがあります と いうような 説 明 をされて 戸 惑 った あっち と 言 われても 指 さす 姿 は 見 えていません < 聴 覚 に 障 害 のある 方 の 声 > 外 見 からは 聴 覚 に 障 害 があることはわからないので 話 しかけられても 戸 惑 うことがありま す < 内 部 障 害 のある 方 の 声 > 外 見 からは 障 害 があることをわかってもらえず 困 ることが 多 いです 外 見 からは 障 害 があることがわからない 人 もいます 本 人 はとても 困 っているのにそ れを 周 囲 に 理 解 してもらえません そのような 人 に 対 しては 自 分 に 障 害 があることを 知 ってもらうよう 私 は 目 がみ えません 私 は 耳 が 聞 こえません などと 書 いたカードやゼッケンをつけてもらう 方 法 もあります また 避 難 所 運 営 者 がわかるように リボンをつけたり スカーフを 巻 いたりする 方 法 ( 暗 に 障 害 があることを 知 らせる)もあります ただし 必 ず 本 人 の 意 思 を 確 認 し 希 望 する 人 のみ にしてください 31

5 (2) 頼 れる 人 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方 の 相 談 に 乗 ったり 支 援 したりする 人 がひとめでわかる ように 腕 章 やゼッケン 同 じ 色 のエプロンなどをつけると 障 害 のある 方 などは 遠 慮 なく 声 をかけることができます (3) 障 害 がある 方 などの 相 談 窓 口 の 設 置 災 害 時 要 援 護 者 といわれる 人 々が 避 難 所 で 生 活 できるように 配 慮 することは 当 然 で す しかし どのように 配 慮 しても 不 便 なことや 生 活 を 続 けることが 困 難 に 思 う 状 況 も おこってきます そうした 時 気 軽 にそれらの 不 便 や 困 りごとを 話 せる 窓 口 があれば 迅 速 に 対 処 でき 状 況 の 悪 化 を 防 ぐことができます (4) 障 害 者 団 体 医 療 機 関 などとの 連 携 対 応 方 法 に 困 ったときや 急 変 した 時 などは 関 係 団 体 と 連 絡 をとり 連 携 体 制 をと ることも 大 切 です [ 県 聴 覚 障 害 者 協 会 から 次 のようなアナウンスがすでに 出 されています] 避 難 所 に 聴 覚 障 害 者 がいたら 茨 城 県 立 聴 覚 障 害 者 福 祉 センター やすらぎ や 行 政 の 福 祉 事 務 所 などに 連 絡 してください 自 宅 で 避 難 生 活 をしている 人 のことも 忘 れないで 避 難 所 には 行 かずに 自 宅 で 過 ごしている 人 もいます 自 宅 にいるのは 避 難 所 に 行 く 体 力 がなかったり 何 らかの 事 情 で 避 難 所 に 行 けない 人 だったりと むしろ 支 援 がより 必 要 な 人 である 可 能 性 があります 災 害 時 要 援 護 者 名 簿 をもとに 避 難 所 に 来 ていない 人 の 把 握 に 努 めましょう そして 避 難 所 にいる 人 と 同 様 に 情 報 や 救 援 物 資 の 分 配 を 行 ないましょう 災 害 時 の 手 引 書 はどんなに 書 いても 十 分 ではありません 本 書 をたたき 台 にして それぞれの 地 域 で お 互 いに 助 け 合 う 独 自 の 仕 組 み づくりができるきっかけになれば 幸 いです 32

Ⅰ 要 配 慮 者 の 方 へ 1 日 ごろの 準 備 ア) 共 通 事 項 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 に 参 加 しましょう 町 内 会 や 自 主 防 災 組 織 が 実 施 する 防 災 訓 練 などに 積 極 的 に 参 加 し 災 害 時 に 場 合 によって

Ⅰ 要 配 慮 者 の 方 へ 1 日 ごろの 準 備 ア) 共 通 事 項 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 に 参 加 しましょう 町 内 会 や 自 主 防 災 組 織 が 実 施 する 防 災 訓 練 などに 積 極 的 に 参 加 し 災 害 時 に 場 合 によって Ⅰ 要 配 慮 者 の 方 へ 1 日 ごろの 準 備 ア) 共 通 事 項 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 に 参 加 しましょう 町 内 会 や 自 主 防 災 組 織 が 実 施 する 防 災 訓 練 などに 積 極 的 に 参 加 し 災 害 時 に 場 合 によって 手 助 けが 必 要 な 状 況 を 理 解 してもらい 声 をかけあえる 関 係 を 作 るよう 努

More information

避 難 所 での 配 慮 事 項 (すべての 障 害 共 通 ) 災 害 時 要 援 護 者 が 避 難 所 に 容 易 に 出 入 りできるように 区 役 所 及 び 災 害 対 策 委 員 が 施 設 管 理 者 と 調 整 の 上 移 動 の 障 壁 となる 箇 所 の 把 握 に 努 めると

避 難 所 での 配 慮 事 項 (すべての 障 害 共 通 ) 災 害 時 要 援 護 者 が 避 難 所 に 容 易 に 出 入 りできるように 区 役 所 及 び 災 害 対 策 委 員 が 施 設 管 理 者 と 調 整 の 上 移 動 の 障 壁 となる 箇 所 の 把 握 に 努 めると 第 1 章 避 難 所 での 配 慮 事 項 ( 各 障 害 別 ) 1 避 難 所 での 配 慮 事 項 (すべての 障 害 共 通 ) 災 害 時 要 援 護 者 が 避 難 所 に 容 易 に 出 入 りできるように 区 役 所 及 び 災 害 対 策 委 員 が 施 設 管 理 者 と 調 整 の 上 移 動 の 障 壁 となる 箇 所 の 把 握 に 努 めるとと もに 簡 易 スロープなど

More information

駅 職 員 は コンコース 内 の 天 井 から 吊 ってある 案 内 用 ディスプレ イモニターに 毛 布 を 掛 けて 見 えないようにし モニターの 前 に 人 が 集 まらないようにしている 別 の 駅 職 員 は JR 東 日 本 のすべ ての 鉄 道 路 線 は 運 転 見 合 わせをし

駅 職 員 は コンコース 内 の 天 井 から 吊 ってある 案 内 用 ディスプレ イモニターに 毛 布 を 掛 けて 見 えないようにし モニターの 前 に 人 が 集 まらないようにしている 別 の 駅 職 員 は JR 東 日 本 のすべ ての 鉄 道 路 線 は 運 転 見 合 わせをし 八 王 子 駅 周 辺 の 滞 留 者 の 様 子 市 民 部 八 王 子 駅 南 口 総 合 事 務 所 15 時 40 分 ごろ 所 長 と 課 長 補 佐 が JR 八 王 子 駅 南 口 および 北 口 周 辺 などの 状 況 を 視 察 滞 留 者 で 混 雑 する 八 王 子 駅 南 口 ビックカメラ 前 八 王 子 駅 では 場 内 放 送 で 鉄 道 路 線 の 運 行 見 合 わせと

More information

1 自 分 で 歯 磨 きをして 出 来 ないところがあったので 職 員 に 手 伝 ってほしいと 頼 んだのに 自 分 で 頑 張 るように 言 われた できないから 頼 んだのに どうしてしてもらえないのか? 不 快 な 思 いをさせてしまい 大 変 申 し 訳 ありませんでした 今 まで 歯 磨 きは 自 分 で 磨 いている 方 な ので ご 本 人 の 話 を 十 分 に 聞 かずに 出

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

目 次 災 害 時 要 援 護 者 の 方 を 地 域 で 支 えましょう P1 Ⅰ 要 援 護 者 の 方 ヘ 1 日 ごろの 準 備 P2 (1) 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 ヘ の 参 加 (2) 避 難 所 への 避 難 方 法 の 確 認 (3) 家 族 間 の

目 次 災 害 時 要 援 護 者 の 方 を 地 域 で 支 えましょう P1 Ⅰ 要 援 護 者 の 方 ヘ 1 日 ごろの 準 備 P2 (1) 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 ヘ の 参 加 (2) 避 難 所 への 避 難 方 法 の 確 認 (3) 家 族 間 の 要 援 護 者 のための 災 害 時 支 援 マニュアル 木 更 津 市 目 次 災 害 時 要 援 護 者 の 方 を 地 域 で 支 えましょう P1 Ⅰ 要 援 護 者 の 方 ヘ 1 日 ごろの 準 備 P2 (1) 防 災 のための 地 域 の 自 主 的 な 活 動 ヘ の 参 加 (2) 避 難 所 への 避 難 方 法 の 確 認 (3) 家 族 間 の 連 絡 方 法 集 合 場

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の 様 式 1 平 成 年 月 日 川 崎 市 特 別 養 護 老 人 ホーム 入 居 申 込 書 施 設 長 様 特 別 養 護 老 人 ホームに 入 居 したいので 次 のとおり 申 し 込 みます ( 今 後 郵 便 物 などはこの 連 絡 先 にお 送 りさせていただきます ) フリガナ 入 居 希 望 者 との 関 係 申 込 者 - 連 絡 先 電 話 番 号 ( ) 終 日 日 中 のみ

More information

評価項目(利用者編)大項目2_ 削除済

評価項目(利用者編)大項目2_ 削除済 静 岡 市 介 護 サービス 評 価 基 準 利 用 者 用 介 護 サービスアンケート (デイサービス デイケア 編 ) 平 成 26 年 4 月 静 岡 市 では サービスの 選 択 や 質 を 判 断 するための 統 一 的 な 指 標 として 利 用 者 からの 視 点 に 基 づく 利 用 者 評 価 基 準 の アンケートを 作 成 しました このアンケートは 1 利 用 者 自 身 が

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

1 自 分 で 歯 磨 きをして 出 来 ないところがあったので 職 員 に 手 伝 ってほしいと 頼 んだのに 自 分 で 頑 張 るように 言 われた できないから 頼 んだのに どうしてしてもらえないのか? 不 快 な 思 いをさせてしまい 大 変 申 し 訳 ありませんでした 今 まで 歯

1 自 分 で 歯 磨 きをして 出 来 ないところがあったので 職 員 に 手 伝 ってほしいと 頼 んだのに 自 分 で 頑 張 るように 言 われた できないから 頼 んだのに どうしてしてもらえないのか? 不 快 な 思 いをさせてしまい 大 変 申 し 訳 ありませんでした 今 まで 歯 1 色 落 ちしたズボンがタンスに 入 っていた 前 にもトランクスが 2 回 ぐらい 色 落 ちしていたことが あ ったのに 1 年 程 したらまたこんな 風 になるのか 何 度 も 繰 り 返 されるとさすがに 腹 が 立 つ 大 変 申 し 訳 ありませんでした 漂 白 用 のハイターと 衣 類 用 のハイターの 容 器 を 誰 が 見 てもわかるよう にわかりやすく 表 示 し 職 員 に

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3

簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目 1 ) 区 外 右 足 切 り 傷 1 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 2 男 女 ( 丁 目 ) 区 外 3 Ver.2.01 2015.01.19 様 式 編 様 式 編 では 災 害 時 に 利 用 する 書 式 を 載 せてありま す 平 常 時 から 訓 練 等 でどのように 利 用 するか 検 証 し ましよう 簡 易 受 付 簿 様 式 1 ( 避 難 所 名 : ) ( 枚 目 ) 平 成 年 No 氏 名 性 別 お 住 まい 備 考 例 目 黒 太 郎 男 女 ( 中 目 黒 1 丁 目

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

資 料 3 要 援 護 者 の 障 害 別 の 特 徴 と 災 害 時 のニーズ 災 害 時 要 援 護 者 である 障 害 のある 方 は 日 頃 から 支 援 が 必 要 であり その 支 援 の 方 法 も 障 害 別 に 様 々です 障 害 別 の 特 徴 や 災 害 時 に 必 要 な 支

資 料 3 要 援 護 者 の 障 害 別 の 特 徴 と 災 害 時 のニーズ 災 害 時 要 援 護 者 である 障 害 のある 方 は 日 頃 から 支 援 が 必 要 であり その 支 援 の 方 法 も 障 害 別 に 様 々です 障 害 別 の 特 徴 や 災 害 時 に 必 要 な 支 資 料 2 防 災 災 害 時 の 要 援 護 者 ( 障 害 者 )に 対 する 自 助 共 助 公 助 の 視 点 からみた 対 応 一 覧 表 防 災 対 策 を 考 えるとき また 災 害 が 起 きたときには 自 助 共 助 公 助 の 意 識 が 大 切 と 言 われています 普 段 の 防 災 のための 対 策 や 災 害 が 起 きたときの 対 処 などにおいて 災 害 弱 者 である

More information

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 1 2 5 6 70 代 以 上 3 2 4 2 4 6 8 10 どのようなことが 問

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 1 2 5 6 70 代 以 上 3 2 4 2 4 6 8 10 どのようなことが 問 駅 利 用 者 アンケート 調 査 結 果 概 要 JR 行 田 駅 前 広 場 周 辺 再 整 備 基 本 計 画 を 策 定 するにあたり JR 行 田 駅 利 用 者 へのアンケート 調 査 を 実 施 した アンケートの 概 要 は 以 下 の 通 りである アンケート 調 査 の 概 要 調 査 対 象 : 平 成 26 年 7 月 16 日 の JR 行 田 駅 利 用 者 に 手 渡

More information

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362>

< F31332D ED8A5195F18D908F C8362> T-11 番 要 約 1 被 害 者 伊 藤 維 平 成 8 年 1 月 11 日 生 2 接 種 前 健 康 中 学 校 通 学 バイオリン 剣 道 3 接 種 サーバリックス(2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 2011 年 4 月 16 日 ) 4 経 過 概 要 2010 年 7 月 31 日 9 月 4 日 サーバリックス 接 種 2011 年 4 月 16 日 サーバリックス3

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5194688CAD96F28DDC8E7481458BE38F428375838D8362834E8CBB926E8A8893AE95F18D905F4E6F31362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5194688CAD96F28DDC8E7481458BE38F428375838D8362834E8CBB926E8A8893AE95F18D905F4E6F31362E646F63> 熊 本 地 震 災 害 派 遣 薬 剤 師 九 州 ブロック 現 地 活 動 報 告 No.16 平 成 28 年 5 月 12 日 派 遣 日 程 4 月 21 日 ( 木 )~4 月 22 日 ( 金 ) 報 告 者 佐 賀 県 川 内 信 幸 メンバー 宇 都 宮 圭, 吉 富 靖 浩, 川 内 信 幸 派 遣 先 益 城 町 保 健 福 祉 センター 活 動 内 容 21 日 8 時 45

More information

金融市場2016年5月号

金融市場2016年5月号 分 析 レポート 国 内 経 済 金 融 要 旨 人 にやさしい 金 融 機 関 をめざして 古 江 晋 也 障 害 者 差 別 解 消 法 が 2016 年 4 月 から 施 行 された 同 法 は 障 がいを 理 由 とした 差 別 を 禁 止 しており 当 該 差 別 を 不 当 な 差 別 的 取 扱 い と 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 の 観 点 から 整 理 していることが 大

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc 自 動 車 整 備 士 へのヒヤリング 結 果 1. 対 象 者 所 属 性 別 役 職 整 備 士 資 格 勤 続 年 数 ディーラ 女 性 主 任 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 19 年 男 性 主 任 検 査 員 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 14 年 専 業 A 女 性 2 級 ガソリン 20 年 男 性 2 級 ガソリン 9 年 専 業 B 女 性 2 級 ガソリン 3 年 男

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

調査

調査 社 会 問 題 化 する 子 どもの 便 秘 実 態 を 把 握 するため 小 学 生 1,718 名 を 対 象 にアンケート 小 学 生 のお 通 じに 関 する 調 査 毎 日 お 通 じがある 子 どもは 約 6 割 に 留 まることが 明 らかに! 保 護 者 が 感 じる 子 どもの 健 康 について 気 になること の 第 2 位 は 便 秘 しやすい という 結

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

Microsoft Word - 01_表紙.doc

Microsoft Word - 01_表紙.doc 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 乳 幼 児 に 関 連 した 防 災 対 策 調 査 平 成 19 年 2 月 東 京 都 < 調 査 の 概 要 > 本 調 査 は 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 及 び 乳 幼 児 に 対 する 防 災 対 策 事 業 の 実 施 状 況 について 把 握 し 今 後 の 区 市 町 村 における 地 域 防 災 計 画 の 改 訂 や 各 種 マニュ

More information

避難所運営マニュアル策定の概要

避難所運営マニュアル策定の概要 第 2 編 避 難 所 運 営 マニュアル 避 難 所 運 営 マニュアル 策 定 の 概 要 マニュアル 策 定 の 目 的 大 規 模 災 害 時 の 避 難 所 における 諸 課 題 に 的 確 に 対 応 し 避 難 所 を 円 滑 に 運 営 していく ためには 市 職 員 はもとより 地 域 住 民 も 避 難 所 運 営 に 積 極 的 に 参 画 していくことが 求 められる そのためには

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等 第1回資料 これまでの検討経緯

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等  第1回資料 これまでの検討経緯 実 証 実 験 結 果 資 料 2-1 目 次 1. 実 証 実 験 概 要 2. 実 証 実 験 結 果 2 実 証 実 験 概 要 日 時 場 所 1 平 成 28 年 1 月 19 日 ( 火 )@ 豊 洲 ( 東 京 ) 2 平 成 28 年 1 月 21 日 ( 木 )@ 所 沢 ( 埼 玉 ) 被 験 者 < 通 報 者 > 聴 覚 障 がい 者 :8 名 ( 内 訳 ) スマートフォンの

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 あいの 里 竜 間 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 当 施 設 は 介 護 保 険 の 指 定 を 受 けています 事 業 所 番 号 (2771900319) 当 施 設 はご 契 約 者 に 対 して 指 定 介 護 福 祉 施 設 サービスを

More information

NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開 始 日 平 成 17 年 4 月 1 日 社 員

NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開 始 日 平 成 17 年 4 月 1 日 社 員 ウェブアクセシビリティを 必 要 とする 障 害 者 のニーズ 平 成 22 年 9 月 22 日 NTTクラルティ 株 式 会 社 小 高 公 聡 NTTクラルティの 概 要 特 例 認 定 会 社 親 会 社 : 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 関 連 会 社 : 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 エヌ ティ ティ 都 市 開 発 株 式 会 社 他 計 32 社 営 業 開

More information

防災マニュアル 分割1

防災マニュアル 分割1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 79-004 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel 0897--6656 Fax 0897-44-5599 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防

More information

第 7 章 自 由 記 述 第 7 章 自 由 記 述 1 就 学 前 児 童 ( 記 入 者 : 稲 城 市 内 に 居 住 する 就 学 前 児 童 の 保 護 者 ) 主 な 回 答 を 抜 粋 して 掲 載 (1) 子 育 て( 教 育 を 含 む)をする 上 で 周 囲 ( 身 近 な 人 行 政 担 当 者 など)からど のようなサポートを 受 けたいか 問 11 地 域 における 子

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 歯 並 びが 気 になる これでわかる! 矯 正 治 療 歯 並 びを 治 すには 色 々な 方 法 があります 歯 を 削 らず デコボコがなくなって 自 分 の 歯 でずっと 噛 めるのが 矯 正 治 療! 初 めての 矯 正 わからないことだらけ 少 しの 不 安 もなくなるように 日 々のカウンセリングの 中 で 質 問 が 多 かったことや 基 本 的 なことについてまとめてみました 目

More information

Microsoft Word - 05_所沢市地域防災計画(資料編)_4章 指定避難所運営マニュアル_ doc

Microsoft Word - 05_所沢市地域防災計画(資料編)_4章 指定避難所運営マニュアル_ doc 第 4 章 指 定 避 難 所 運 営 マニュアル -227-0 1 平 成 27 年 1 月 改 定 指 定 避 難 所 運 営 マニュアル 2 マニュアルの 使 い 方 このマニュアルは 事 前 に 全 体 を 通 読 することにより 避 難 所 での 業 務 の 全 体 について 理 解 が 得 られるよう 構 成 していますが また 実 際 に 業 務 で 利 用 する 場 合 に 立 場

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

標 本 構 成 2 年 代 60 代 以 上 9.2% 20 代 4.4% 性 別 男 性 10.2% 50 代 21.8% 30 代 33.0% 40 代 31.6% 女 性 89.8% エリア その 他 4.9% 16.0% 14.6% 64.6%

標 本 構 成 2 年 代 60 代 以 上 9.2% 20 代 4.4% 性 別 男 性 10.2% 50 代 21.8% 30 代 33.0% 40 代 31.6% 女 性 89.8% エリア その 他 4.9% 16.0% 14.6% 64.6% 調 査 概 要 1 調 査 件 名 調 査 方 法 実 施 期 間 標 本 数 調 査 項 目 調 査 実 施 機 関 銀 行 ATM についてのアンケート 弊 社 アンケートモニター Qrieモニター を 対 象 とし インターネット 調 査 およびFAX 調 査 の 併 用 平 成 21 年 2 月 24 日 ( 火 )~27 日 ( 金 ) 有 効 回 収 数 206s(Web105s FAX101s)

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

事 例 50 発 生 月 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 発 生 場 所 : 厚 別 区 発 生 状 況 : 本 日 15 時 ごろに 北 海 道 電 力 を 名 乗 る 男 性 から 電 話 があり 多 く 徴 収 してしまった1 月 分 2 月 分 の 電 気 料 金 を 返 金 し

事 例 50 発 生 月 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 発 生 場 所 : 厚 別 区 発 生 状 況 : 本 日 15 時 ごろに 北 海 道 電 力 を 名 乗 る 男 性 から 電 話 があり 多 く 徴 収 してしまった1 月 分 2 月 分 の 電 気 料 金 を 返 金 し ほくでん をかたる 不 審 者 にご 注 意 ください!6 事 例 45 発 生 月 日 : 平 成 28 年 4 月 28 日 発 生 場 所 : 恵 庭 市 発 生 状 況 : 北 電 の 女 性 の 担 当 から ご 使 用 量 のお 知 らせを 手 元 に 準 備 してもらい 説 明 したい と 入 電 あり 受 付 の 方 は 院 長 不 在 のため 対 応 を 終 了 した 院 長 より

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

その 他 42.9% 役 務 その 他 サービス 1.9% フリーローン サラ 金 1.9% 図 1 商 品 別 割 合 不 動 産 貸 借 12.2% ガソリン 10.3% 工 事 建 築 9.6% 他 の 行 政 サービス 相 談 その 他 7.7% 4.5% 火 災 保 険 2.6% 修 理

その 他 42.9% 役 務 その 他 サービス 1.9% フリーローン サラ 金 1.9% 図 1 商 品 別 割 合 不 動 産 貸 借 12.2% ガソリン 10.3% 工 事 建 築 9.6% 他 の 行 政 サービス 相 談 その 他 7.7% 4.5% 火 災 保 険 2.6% 修 理 資 料 2-2 報 道 発 表 資 料 平 成 23 年 4 月 8 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 震 災 に 関 連 する 悪 質 商 法 110 番 の 受 付 状 況 ( 第 1 報 ) 開 設 後 一 週 間 のまとめ このたびの 東 日 本 大 震 災 において 被 災 された 方 々には 心 からお 見 舞 い 申 し 上 げます 国 民 生 活 センターでは 各

More information

Microsoft Word - H20shimo52.doc

Microsoft Word - H20shimo52.doc モニタリング 結 果 報 告 書 施 設 三 浦 ふれあいの 村 指 定 管 理 者 横 浜 YMCA 施 設 所 管 課 子 ども 教 育 支 援 課 ( 平 成 20 年 度 下 半 期 ) 管 理 運 営 状 況 総 括 1 例 報 告 書 によるモニタリングの 概 況 報 告 受 理 確 認 通 知 備 考 ( 確 認 事 項 等 ) 10 11 7 11 27 適 正 に 行 われてい 11

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

Ⅱ 意 見 交 換 会 における 意 見 <1. 理 解 に 関 すること> ~ 研 修 知 識 の 普 及 ~ 障 がい 特 性 を 理 解 するための 研 修 を 行 ってほしい 研 修 は 何 回 かに 1 回 は 障 がい 当 事 者 を 入 れるとよい 学 校 GH などの 見 学 を 企

Ⅱ 意 見 交 換 会 における 意 見 <1. 理 解 に 関 すること> ~ 研 修 知 識 の 普 及 ~ 障 がい 特 性 を 理 解 するための 研 修 を 行 ってほしい 研 修 は 何 回 かに 1 回 は 障 がい 当 事 者 を 入 れるとよい 学 校 GH などの 見 学 を 企 平 成 27 年 12 月 1 日 ( 火 ) 資 料 9 平 成 27 年 度 第 2 回 自 立 支 援 協 議 会 障 害 者 差 別 解 消 法 へ の 取 組 み Ⅰ 板 橋 区 職 員 対 応 要 領 ( 案 )の 概 要 1. 目 的 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 において 地 方

More information

1304_jyuusetu_riturin.xls

1304_jyuusetu_riturin.xls 別 紙 様 式 重 要 事 項 説 明 書 記 入 者 名 武 田 博 文 記 入 年 月 日 所 属 職 名 平 成 25 年 4 月 4 日 マネジメント 本 部 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先 事 業 主 体 の 名 称 法 人 等 の 種 類 営 利 法 人 名 称 (ふりがな)

More information

聴覚障害者の災害準備状況と***

聴覚障害者の災害準備状況と*** 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 障 害 対 策 総 合 研 究 事 業 ) 障 害 の 防 災 対 策 とまちづくりに 関 す 研 究 分 担 研 究 報 告 書 障 害 ( 児 ) の 個 人 避 難 計 画 と 避 難 所 におけ 配 慮 ガイドラインの 作 成 ~ 聴 覚 障 害 の 災 害 準 備 状 況 と 課 題 ~ 研 究 代 表 北 村 弥 生 国 立 障 害 リハビリテーションセンター

More information

資料5県条例について

資料5県条例について 資 料 5 障 害 のある 人 の 人 権 を 尊 重 し 県 民 皆 が 共 にいきいきと 輝 く 富 山 県 づくり 条 例 について ( 平 成 28 年 4 月 1 日 施 行 ) 1 条 例 の 概 要 ( 別 紙 1) 2 条 例 施 行 に 向 けた 主 な 取 組 み (1) 相 談 体 制 の 整 備 地 域 相 談 員 : 身 体 障 害 者 相 談 員 知 的 障 害 者 相

More information

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ 1 食 料 品 生 活 必 需 品 等 供 給 県 市 町 村 ~ 何 があったか どう 対 応 したか ~ 県 本 庁 速 やかな 物 資 供 給 が 困 難 発 災 当 初 においては 通 信 が 途 絶 し 避 難 者 のニーズはもちろんのこと 避 難 者 がどこに 避 難 しているのかさえ 把 握 が 困 難 であったことや 道 路 の 寸 断 市 町 村 職 員 の 被 災 等 により 被

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

警備業務仕様書

警備業務仕様書 警 備 業 務 仕 様 1. 目 的 範 囲 施 設 内 外 全 域 にわたり 盗 難 火 災 不 法 侵 入 破 壊 加 害 および 不 良 行 為 を 予 防 発 見 し 人 命 財 産 を 保 護 することを 目 的 とする 2. 警 備 方 法 常 駐 警 備 (7:30~22:30) 及 び 機 械 警 備 (22:30~7:30) 併 用 による 機 械 警 備 は 別 途 委 託 とする

More information

touzisyaservicewish.xls

touzisyaservicewish.xls 買 い 物 やサービスの 利 用 等 における 配 慮 や 工 夫 障 がい 者 が 困 ったこと あったらいいな と 思 う 配 慮 や 工 夫 1 バリアフリーに 関 すること 店 の 前 に 段 差 があると 非 常 に 不 便 である 介 助 者 と 本 人 の 二 人 が 並 んで 歩 くには 通 路 が 狭 く 込 んでいる 店 には 行 きにくい 商 品 が 置 かれている 棚 の 高

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

(ソフト 面 得 点 順 ) 点 数 要 望 事 項 事 業 へ の 反 映 147 充 実 したスタッフサービス 今 後 の 運 営 面 で 検 討 65 子 ども 主 体 のスペースやイベント 読 み 聞 かせコーナーをはじめ 児 童 スペースの 確 保 54 開 館 時 間 が 長 い 祝 日

(ソフト 面 得 点 順 ) 点 数 要 望 事 項 事 業 へ の 反 映 147 充 実 したスタッフサービス 今 後 の 運 営 面 で 検 討 65 子 ども 主 体 のスペースやイベント 読 み 聞 かせコーナーをはじめ 児 童 スペースの 確 保 54 開 館 時 間 が 長 い 祝 日 新 図 書 館 建 設 ワークショップによる 複 合 交 流 センター 建 設 事 業 への 基 本 設 計 段 階 での 意 見 反 映 状 況 ( 平 成 22 年 3 月 19 日 現 在 ) 新 図 書 館 ワークショップより( 平 成 21 年 1 月 14 日 ~2 月 11 日 計 4 回 ) (ハード 面 得 点 順 ) 点 数 要 望 事 項 事 業 へ の 反 映 149 バリアフリー

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

平成16年6月16日

平成16年6月16日 平 成 24 年 度 昭 島 市 公 立 中 学 校 PTA 協 議 会 要 望 書 回 答 1. 学 校 運 営 教 育 などに 関 する 要 望 1 情 緒 障 害 の 固 定 学 級 の 設 立 を4 年 間 継 続 で 要 望 ( 青 梅 市 の 固 定 学 級 を 見 習 ったもので 愛 の 手 帳 がもらえないサポートが 必 要 な 子 供 たちに 人 生 の 準 備 ができる 様 支

More information

障害者自立支援法等の一部を改正する法律案の概要

障害者自立支援法等の一部を改正する法律案の概要 Ⅵ 全 国 障 害 児 者 等 実 態 調 査 ( 仮 称 )について 平 成 23 年 度 においては 制 度 の 谷 間 のない 障 害 者 総 合 福 祉 法 ( 仮 称 ) の 実 施 等 の 検 討 の 基 礎 資 料 を 得 るため 障 害 児 者 (これまでの 法 制 度 では 支 援 の 対 象 とな らない 者 を 含 む )の 生 活 実 態 やニーズを 把 握 することを 目

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

Taro-28要01 センターにおける障

Taro-28要01 センターにおける障 別 紙 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センターにおける 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ

避 難 生 活 の 現 実 被 災 者 が 置 かれがちな 状 況 ( 誰 でも どの 立 場 になるかはわからない ) 災 害 発 生 自 宅 を 失 う 自 宅 が 残 る 自 宅 は 当 分 住 めない 自 宅 だと 恐 い 情 報 が 欲 しい 直 後 ~ 2 3 日 指 定 避 難 所 へ 資 料 1-1 災 害 時 に 女 性 ( 男 性 )が 直 面 する 困 難 と 男 女 共 同 参 画 による 対 策 報 告 者 浅 野 幸 子 早 稲 田 大 学 地 域 社 会 と 危 機 管 理 研 究 所 客 員 研 究 員 東 京 女 学 館 大 学 非 常 勤 講 師 別 添 資 料 1-2 いくつかの 自 治 体 の 計 画 ガイドラインの 紹 介 資 料 1-3 現 場 に 学

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc 2012 年 度 愛 知 大 学 全 学 地 震 防 災 訓 練 総 括 1. 目 的 と 概 要 2012 年 度 の 地 震 防 災 訓 練 は 東 日 本 大 震 災 を 教 訓 とし 名 古 屋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 び それに 伴 う 津 波 発 生 を 想 定 した また 車 道 校 舎 及 び 豊 橋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 びそれ

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信 2012 年 4 月 16 日 第 1 号 4 月 11 日 ( 水 )に 新 入 生 オリエンテーションが 行 われました 農 業 クラブの 説 明 や 三 大 行 事 の 説 明 学 科 紹 介 に 実 習 服 の 紹 介 を 行 いました このプロジェクトは 日 頃 から 学 んでいる 食 や 農 のアイデア やノウハウを 活 かして 被 災 地 を 笑 顔 にしよう!という 高 校 生 の

More information

日本貨物鉄道株式会社

日本貨物鉄道株式会社 日 本 貨 物 鉄 道 株 式 会 社 関 東 支 社 長 福 島 義 平 殿 国 労 東 日 本 申 第 6 号 2011 年 11 月 21 日 国 鉄 労 働 組 合 東 日 本 本 部 執 行 委 員 長 高 野 苗 実 職 場 環 境 要 求 申 し 入 れ 貨 物 会 社 は 安 全 安 定 輸 送 の 向 上 については 最 重 点 課 題 としているが 設 備 投 資 についても 老

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に 平 成 25 年 1 2 月 2 日 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター 入 浴 中 に 急 死 する 高 齢 者 数 - 冬 場 は 夏 場 の 11 倍! 主 な 原 因 は 脱 衣 室 浴 室 等 の 温 度 低 下 による ヒートショック 冬 場 の 住 居 内 の 温 度 管 理 と 健 康 について 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

Taro-20140327shiji.jtd

Taro-20140327shiji.jtd 平 成 26 年 3 月 27 日 近 畿 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 特 定 継 続 的 役 務 提 供 事 業 者 に 対 する 指 示 処 分 について 近 畿 経 済 産 業 局 は パソコン 教 室 の 特 定 継 続 的 役 務 提 供 を 行 っていた 株 式 会 社 リンクアカデミー( 本 社 : 東 京 都 中 央 区 )( 旧 社 名 : 株 式 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E31302E303881408DF78B759191814090B68A8882CC82B582A882E88140817989FC92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E31302E303881408DF78B759191814090B68A8882CC82B582A882E88140817989FC92E894C5817A2E646F63> 生 活 のしおり ~ 快 適 な 毎 日 をすごしていただくために ~ ( 平 成 25 年 10 月 一 部 改 正 ) 士 別 市 養 護 老 人 ホーム 士 別 桜 丘 荘 士 別 市 東 11 条 4 丁 目 3029 番 地 19 電 話 0165-23-2560 FAX 0165-22-1718 はじめに 士 別 桜 丘 荘 は 定 員 100 名 の 養 護 老 人 ホームです 生 活

More information

調 査 実 施 にあたって 青 少 年 の 薬 物 乱 用 については 近 年 の 学 校 等 における 薬 物 乱 用 の 有 害 性 危 険 性 に 関 す る 指 導 の 充 実 などをはじめとする 種 々の 取 組 により 青 少 年 の 覚 せい 剤 事 犯 の 検 挙 者 数 が 減 少

調 査 実 施 にあたって 青 少 年 の 薬 物 乱 用 については 近 年 の 学 校 等 における 薬 物 乱 用 の 有 害 性 危 険 性 に 関 す る 指 導 の 充 実 などをはじめとする 種 々の 取 組 により 青 少 年 の 覚 せい 剤 事 犯 の 検 挙 者 数 が 減 少 薬 物 たばこ 酒 に 対 する 意 識 等 調 査 報 告 書 横 浜 市 教 育 委 員 会 事 務 局 横 浜 市 健 康 福 祉 局 協 力 :( 一 般 社 団 法 人 ) 横 浜 市 薬 剤 師 会 ファイザー 株 式 会 社 調 査 実 施 にあたって 青 少 年 の 薬 物 乱 用 については 近 年 の 学 校 等 における 薬 物 乱 用 の 有 害 性 危 険 性 に 関 す

More information

CW6_A2200A01.indd

CW6_A2200A01.indd 1 発 育 発 達 について 1 発 育 発 達 子 どもの 特 徴 は 常 に 発 育 ( 成 長 発 達 )していることです 成 長 は 身 体 の 量 的 な 増 大 のことで 発 達 は 機 能 的 な 成 熟 を 意 味 しています 子 どもの 発 育 期 を 区 分 すると 新 生 児 期 ( 出 生 後 の4 週 間 ) 乳 児 期 ( 出 生 より1 年 ) 幼 児 期 ( 小 学

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

Ⅱ 知 的 障 害 者 ( 児 ) 実 態 調 査 1 回 答 者 について (1) 調 査 票 の 記 入 者 問 1 この 調 査 に 回 答 される 方 はどなたですか 調 査 票 の 記 入 者 については 父 母 が 67.1%で 主 体 となっている 本 人 が 17.4% 兄 弟 姉 妹 が 11.0% 子 ども および 祖 父 母 が 0.6%となっている [ 図 1 参 照 ]

More information