(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ"

Transcription

1 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として 遵 守 すべき 行 為 及 び 判 断 等 に 関 する 基 本 的 事 項 を 定 めるものとする 2. 定 義 (1) 情 報 資 産 ネットワーク 並 びに 情 報 システムの 開 発 運 用 に 関 する 情 報 及 びそれらが 取 り 扱 う 全 ての 情 報 をいう (2)データ 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することができない 方 式 で 記 録 された 情 報 をいう (3)コンピュータ 演 算 装 置 記 憶 装 置 及 びその 他 の 装 置 から 構 成 されるハードウェア 並 びにハードウ ェアを 制 御 する 形 式 で 表 現 されたデータ 及 びプログラムその 他 の 電 子 的 手 順 からなる ソフトウェアにより 構 成 された 機 械 装 置 で データの 貯 蔵 検 索 加 工 等 を 高 速 度 で 行 うことができるものをいう (4) 記 録 媒 体 磁 気 テープ 磁 気 ディスク フロッピィディスクその 他 電 子 的 磁 気 的 な 記 録 方 式 をもってデータを 記 録 しておくことができるものをいう (5)バックアップ データ 又 はソフトウェアについて 滅 失 き 損 改 ざん 等 に 備 えるため 別 の 記 憶 領 域 又 は 記 録 媒 体 に 複 製 することをいう 1

2 (6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセス 正 規 の 手 続 を 行 わず 不 正 にコンピュータを 操 作 して 行 うアクセス 行 為 及 び 不 正 ア クセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 128 号 )その 他 情 報 セキュリ ティに 関 係 する 法 令 等 に 違 反 すると 認 められる 行 為 をいう (9)コンピュータウイルス 情 報 システムへの 攻 撃 動 作 妨 害 機 密 情 報 の 盗 聴 等 を 行 う 目 的 で 悪 意 をもって 作 成 されたソフトウェアをいう (10)サーバ ネットワーク 又 は 情 報 システム 上 で 情 報 のアクセス 制 御 業 務 処 理 通 信 制 御 バックアップその 他 の 処 理 を 行 うコンピュータ 及 び 附 帯 装 置 をいう (11) 端 末 機 ネットワーク 又 は 情 報 システム 上 で サーバとの 間 でデータの 入 出 力 を 行 うコンピ ュータ プリンタ 等 の 情 報 入 出 力 装 置 をいう (12)ネットワーク 中 継 装 置 ネットワーク 又 は 異 なるネットワーク 間 において 分 配 監 視 接 続 等 の 通 信 制 御 又 は 通 信 履 歴 の 管 理 等 を 行 う 機 械 装 置 をいう (13) 主 たるネットワーク 市 長 の 事 務 部 局 を 中 心 にその 他 の 事 務 部 局 及 び 市 に 属 する 機 関 等 を 相 互 に 接 続 した コンピュータネットワークをいう (14) 個 別 業 務 用 ネットワーク 部 局 又 は 主 管 課 が 所 掌 事 務 を 遂 行 するため 主 たるネットワーク 以 外 に 自 ら 構 築 し 管 理 するネットワーク 及 び 情 報 システムをいう 2

3 (15) 個 人 情 報 草 加 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 十 二 年 条 例 第 三 十 一 号 ) 第 2 条 第 3 号 に 定 める 情 報 をいう (16) 情 報 セキュリティポリシー 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 及 びこの 基 準 をいう 3. 適 用 範 囲 この 基 本 方 針 の 適 用 範 囲 は 本 市 が 保 有 する 情 報 資 産 並 びに 本 市 が 保 有 する 情 報 資 産 に 関 する 事 務 に 携 わる 全 ての 職 員 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 労 働 者 派 遣 事 業 により 本 市 の 事 務 に 携 わる 者 ( 以 下 職 員 等 という ) 及 び 委 託 事 業 者 とする 4. 組 織 体 制 (1) 最 高 情 報 統 括 責 任 者 1 副 市 長 を 最 高 情 報 統 括 責 任 者 とする 最 高 情 報 統 括 責 任 者 は 本 市 における 全 て のネットワーク 情 報 システム 等 の 情 報 資 産 の 管 理 及 び 情 報 セキュリティ 対 策 に 関 する 最 終 決 定 権 限 及 び 責 任 を 有 する (2) 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 1 総 合 政 策 部 長 を 最 高 情 報 統 括 責 任 者 直 属 の 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 とする 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 最 高 情 報 統 括 責 任 者 を 補 佐 しなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 本 市 の 全 てのネットワークにおける 開 発 設 定 の 変 更 運 用 見 直 し 等 を 行 う 権 限 及 び 責 任 を 有 する 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 本 市 の 全 てのネットワークにおける 情 報 セキュリ ティ 対 策 に 関 する 権 限 及 び 責 任 を 有 する 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 情 報 セキュリティ 責 任 者 情 報 セキュリティ 管 理 者 情 報 システム 管 理 者 及 び 情 報 システム 担 当 者 に 対 して 情 報 セキュリティに 関 する 指 導 及 び 助 言 を 行 う 権 限 を 有 する 5 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 本 市 の 情 報 資 産 に 対 する 侵 害 が 発 生 した 場 合 又 は 侵 害 のおそれがある 場 合 に 最 高 情 報 統 括 責 任 者 の 指 示 に 従 い 最 高 情 報 統 括 責 任 者 が 不 在 の 場 合 には 自 らの 判 断 に 基 づき 必 要 かつ 十 分 な 措 置 を 行 う 権 限 及 び 責 任 を 有 する 3

4 6 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 本 市 の 主 たるネットワーク 情 報 システム 及 び 情 報 資 産 に 関 する 情 報 セキュリティ 実 施 手 順 の 維 持 管 理 を 行 う 権 限 及 び 責 任 を 有 す る 7 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 緊 急 時 等 の 円 滑 な 情 報 共 有 を 図 るため 最 高 情 報 統 括 責 任 者 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 情 報 セキュリティ 責 任 者 情 報 セキュ リティ 管 理 者 情 報 システム 管 理 者 を 網 羅 する 連 絡 体 制 を 整 備 しなければならない 8 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 自 身 の 権 限 に 属 する 事 務 を 情 報 推 進 課 長 に 処 理 さ せることができる (3) 情 報 セキュリティ 責 任 者 1 各 部 局 の 長 会 計 管 理 者 行 政 委 員 会 事 務 局 の 長 消 防 長 及 び 地 方 公 営 企 業 の 長 を 情 報 セキュリティ 責 任 者 とする 2 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 当 該 部 局 等 の 情 報 セキュリティ 対 策 に 関 する 統 括 的 な 権 限 及 び 責 任 を 有 する 3 情 報 セキュリティ 責 任 者 は その 所 管 する 部 局 等 において 所 有 している 情 報 システ ムにおける 開 発 設 定 の 変 更 運 用 見 直 し 等 を 行 う 統 括 的 な 権 限 及 び 責 任 を 有 す る 4 各 部 局 における 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 部 局 に 属 する 内 部 組 織 以 外 の 機 関 は 別 表 に 掲 げるとおりとする (4) 情 報 セキュリティ 管 理 者 1 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 草 加 市 個 人 情 報 保 護 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 13 年 規 則 第 2 号 ) 第 3 条 に 定 める 個 人 情 報 保 護 管 理 者 ( 議 会 事 務 局 長 及 び 監 査 委 員 事 務 局 長 を 除 く )をもって 充 てる 2 議 会 事 務 局 及 び 監 査 委 員 事 務 局 における 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 議 会 事 務 局 に 属 する 課 の 課 長 及 び 監 査 委 員 事 務 局 次 長 をもって 充 てる 3 情 報 セキュリティ 管 理 者 はその 所 管 する 課 室 等 の 情 報 セキュリティ 対 策 に 関 する 権 限 及 び 責 任 を 有 する 4 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 情 報 セキュリティポリシーの 遵 守 に 関 して 職 員 等 に 対 する 教 育 訓 練 助 言 及 び 指 示 を 行 う (5) 情 報 システム 管 理 者 1 各 情 報 システム 及 び 個 別 業 務 用 ネットワークを 掌 握 する 担 当 課 室 長 等 を 当 該 情 報 システム 及 び 個 別 業 務 用 ネットワークに 関 する 情 報 システム 管 理 者 とする 2 情 報 システム 管 理 者 は 所 管 する 情 報 システム 及 び 個 別 業 務 用 ネットワークにおけ る 開 発 設 定 の 変 更 運 用 見 直 し 等 を 行 う 権 限 及 び 責 任 を 有 する 4

5 3 情 報 システム 管 理 者 は 所 管 する 情 報 システム 及 び 個 別 業 務 用 ネットワークにおけ る 情 報 セキュリティに 関 する 権 限 及 び 責 任 を 有 する (6) 情 報 システム 担 当 者 情 報 システム 管 理 者 の 指 示 等 に 従 い 情 報 システム 及 び 個 別 業 務 用 ネットワークの 開 発 設 定 の 変 更 運 用 更 新 等 の 作 業 を 行 う 者 を 情 報 システム 担 当 者 とする (7) 情 報 セキュリティ 委 員 会 1 本 市 の 情 報 セキュリティ 対 策 を 統 一 的 に 行 うため 情 報 セキュリティ 委 員 会 におい て 情 報 セキュリティポリシー 等 情 報 セキュリティに 関 する 重 要 な 事 項 を 決 定 す る 2 情 報 セキュリティ 委 員 会 は 次 の 事 項 に 関 する 事 務 を 所 掌 する 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 の 評 価 及 び 見 直 し 等 に 関 する 事 項 情 報 セキュリティ 侵 害 に 係 る 企 画 立 案 に 関 する 事 項 情 報 セキュリティの 調 査 分 析 等 に 関 する 事 項 情 報 セキュリティ 侵 害 の 調 査 分 析 等 に 関 する 事 項 情 報 セキュリティに 関 する 教 育 及 び 研 修 に 関 する 事 項 その 他 情 報 セキュリティに 関 する 事 項 3 組 織 及 び 運 営 は 草 加 市 情 報 化 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 ( 平 成 16 年 5 月 14 日 施 行 ) で 規 定 する 草 加 市 情 報 化 推 進 委 員 会 を 充 てる 4 情 報 セキュリティ 委 員 会 に 関 し その 他 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める (8) 兼 務 の 禁 止 1 情 報 セキュリティ 対 策 の 実 施 において やむを 得 ない 場 合 を 除 き 承 認 又 は 許 可 の 申 請 を 行 う 者 とその 承 認 者 又 は 許 可 者 は 同 じ 者 が 兼 務 してはならない 2 監 査 を 受 ける 者 とその 監 査 を 実 施 する 者 は やむを 得 ない 場 合 を 除 き 同 じ 者 が 兼 務 してはならない 5. 情 報 資 産 の 分 類 と 管 理 方 法 (1) 情 報 資 産 の 分 類 本 市 における 情 報 資 産 は 機 密 性 完 全 性 及 び 可 用 性 により 次 のとおり 分 類 し 必 要 に 応 じ 取 扱 制 限 を 行 うものとする 5

6 機 密 性 による 情 報 資 産 の 分 類 分 類 分 類 基 準 取 扱 制 限 機 密 性 3 機 密 性 2 草 加 市 情 報 公 開 条 例 第 7 条 に 規 定 する 非 公 開 情 報 のうち 特 定 の 職 員 等 又 は 組 織 など 業 務 上 必 要 とする 最 小 限 の 者 のみが 扱 う 情 報 資 産 草 加 市 情 報 公 開 条 例 第 7 条 に 規 定 する 非 公 開 情 報 のうち 機 密 性 3 以 外 の 情 報 資 産 必 要 以 上 の 複 製 及 び 配 付 禁 止 保 管 場 所 の 制 限 保 管 場 所 への 必 要 以 上 の 外 部 記 録 媒 体 等 の 持 ち 込 み 禁 止 情 報 の 送 信 情 報 資 産 の 運 搬 提 供 時 における 暗 号 化 パスワード 設 定 や 鍵 付 きケースへの 格 納 復 元 不 可 能 な 処 理 を 施 しての 廃 棄 信 頼 のできるネットワーク 回 線 の 選 択 外 部 記 録 媒 体 の 施 錠 可 能 な 場 所 へ の 保 管 機 密 性 1 機 密 性 2 又 は 機 密 性 3の 情 報 資 産 以 外 の 情 報 資 産 完 全 性 による 情 報 資 産 の 分 類 分 類 分 類 基 準 取 扱 制 限 完 全 性 2 行 政 事 務 で 取 り 扱 う 情 報 資 産 の うち 改 ざん 誤 びゅう 又 は 破 損 により 住 民 の 権 利 が 侵 害 され バックアップの 作 成 保 管 外 部 記 録 媒 体 の 施 錠 可 能 な 場 所 へ の 保 管 る 又 は 行 政 事 務 の 適 確 な 遂 行 に 支 障 ( 軽 微 なものを 除 く )を 及 ぼすおそれがある 情 報 資 産 完 全 性 1 完 全 性 2の 情 報 資 産 以 外 の 情 報 資 産 6

7 可 用 性 による 情 報 資 産 の 分 類 分 類 分 類 基 準 取 扱 制 限 可 用 性 2 行 政 事 務 で 取 り 扱 う 情 報 資 産 の うち 滅 失 紛 失 又 は 当 該 情 報 資 産 が 利 用 不 可 能 であることによ バックアップの 作 成 外 部 記 録 媒 体 の 施 錠 可 能 な 場 所 へ の 保 管 り 住 民 の 権 利 が 侵 害 される 又 は 行 政 事 務 の 安 定 的 な 遂 行 に 支 障 ( 軽 微 なものを 除 く )を 及 ぼ すおそれがある 情 報 資 産 可 用 性 1 可 用 性 2の 情 報 資 産 以 外 の 情 報 資 産 (2) 情 報 資 産 の 管 理 1 管 理 責 任 (ア) 情 報 セキュリティ 管 理 者 は その 所 管 する 情 報 資 産 について 管 理 責 任 を 有 する (イ) 情 報 資 産 が 複 製 又 は 伝 送 された 場 合 には 複 製 等 された 情 報 資 産 も(1)の 分 類 に 基 づき 管 理 しなければならない 2 情 報 資 産 の 分 類 の 表 示 職 員 等 は 情 報 資 産 について 必 要 に 応 じて 格 納 する 記 憶 媒 体 等 に 分 類 及 び 取 扱 制 限 についても 明 示 する 等 適 切 な 管 理 を 行 わなければならない 3 情 報 の 作 成 (ア) 職 員 等 は 業 務 上 必 要 のない 情 報 を 作 成 してはならない (イ) 情 報 を 作 成 する 者 は 情 報 の 作 成 時 に(1)の 分 類 に 基 づき 当 該 情 報 の 分 類 と 取 扱 制 限 を 定 めなければならない (ウ) 情 報 を 作 成 する 者 は 作 成 途 上 の 情 報 についても 紛 失 や 流 出 等 を 防 止 しなけ ればならない また 情 報 の 作 成 途 上 で 不 要 になった 場 合 は 当 該 情 報 を 消 去 し なければならない 4 情 報 資 産 の 入 手 (ア) 庁 内 の 者 が 作 成 した 情 報 資 産 を 入 手 した 者 は 入 手 元 の 情 報 資 産 の 分 類 に 基 づ いた 取 扱 いをしなければならない (イ) 庁 外 の 者 が 作 成 した 情 報 資 産 を 入 手 した 者 は (1)の 分 類 に 基 づき 当 該 情 報 の 分 類 と 取 扱 制 限 を 定 めなければならない (ウ) 情 報 資 産 を 入 手 した 者 は 入 手 した 情 報 資 産 の 分 類 が 不 明 な 場 合 情 報 セキュ リティ 管 理 者 に 判 断 を 仰 がなければならない 5 情 報 資 産 の 利 用 (ア) 情 報 資 産 を 利 用 する 者 は 業 務 以 外 の 目 的 に 情 報 資 産 を 利 用 してはならない 7

8 (イ) 情 報 資 産 を 利 用 する 者 は 情 報 資 産 の 分 類 に 応 じ 適 切 な 取 扱 いをしなければ ならない (ウ) 情 報 資 産 を 利 用 する 者 は 記 録 媒 体 に 情 報 資 産 の 分 類 が 異 なる 情 報 が 複 数 記 録 されている 場 合 最 高 度 の 分 類 に 従 って 当 該 記 録 媒 体 を 取 り 扱 わなければなら ない 6 情 報 資 産 の 保 管 (ア) 情 報 セキュリティ 管 理 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 資 産 の 分 類 に 従 って 情 報 資 産 を 適 切 に 保 管 しなければならない (イ) 情 報 セキュリティ 管 理 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は 重 要 と 認 められる 情 報 資 産 については 定 期 的 にバックアップを 取 る 等 適 切 な 措 置 を 講 じなければならな い 7 情 報 の 送 信 電 子 メール 等 により 機 密 性 2 以 上 の 情 報 を 送 信 する 者 は 必 要 に 応 じ 暗 号 化 又 は パスワード 設 定 を 行 わなければならない 8 情 報 資 産 の 運 搬 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 運 搬 する 者 は 必 要 に 応 じ 鍵 付 きのケース 等 に 格 納 し 暗 号 化 又 はパスワードの 設 定 を 行 う 等 情 報 資 産 の 不 正 利 用 を 防 止 するための 措 置 を 講 じなければならない 又 置 き 忘 れ 紛 失 散 逸 等 のないよう 十 分 に 注 意 し なければならない 9 情 報 資 産 の 提 供 公 表 (ア) 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 外 部 に 提 供 する 者 は 必 要 に 応 じ 暗 号 化 又 はパスワ ードの 設 定 を 行 わなければならない (イ) 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 外 部 に 提 供 する 者 は 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 許 可 を 得 なければならない (ウ) 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 外 部 に 公 開 する 情 報 資 産 について 完 全 性 を 確 保 しなければならない (エ) 情 報 資 産 を 外 部 に 公 表 又 は 提 供 する 場 合 は 公 表 に 不 要 な 付 加 情 報 を 削 除 する 等 不 用 意 な 情 報 漏 えいを 防 止 するための 措 置 を 講 じること 10 情 報 資 産 の 廃 棄 (ア) 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 廃 棄 する 者 は 情 報 を 記 録 している 記 録 媒 体 が 不 要 になった 場 合 記 録 媒 体 の 初 期 化 等 情 報 を 復 元 できないように 処 置 した 上 で 廃 棄 しなければならない (イ) 情 報 資 産 の 廃 棄 を 行 う 者 は 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 を 得 なければなら ない 8

9 6. 物 理 的 セキュリティ 6.1. サーバ 等 の 管 理 (1) 機 器 の 取 付 け 情 報 システム 管 理 者 は サーバ 等 の 機 器 の 取 付 けを 行 う 場 合 火 災 水 害 埃 振 動 温 度 湿 度 等 の 影 響 を 可 能 な 限 り 排 除 した 場 所 に 設 置 し 容 易 に 取 り 外 せないよ う 適 切 に 固 定 する 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない (2)サーバの 冗 長 化 情 報 システム 管 理 者 は 必 要 に 応 じサーバ 等 を 冗 長 化 し 同 一 データを 保 持 しなけれ ばならない (3) 機 器 の 電 源 情 報 システム 管 理 者 は サーバ 等 の 機 器 の 電 源 について 停 電 等 による 電 源 供 給 の 停 止 に 備 え 当 該 機 器 が 適 切 に 停 止 するまでの 間 に 十 分 な 電 力 を 供 給 する 容 量 の 予 備 電 源 を 備 え 付 けなければならない 又 落 雷 等 による 過 電 流 に 対 して サーバ 等 の 機 器 を 保 護 するための 措 置 を 講 じなければならない (4) 通 信 ケーブル 等 の 配 線 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 通 信 ケーブル 及 び 電 源 ケ ーブルの 損 傷 等 を 防 止 するために 配 線 収 納 管 を 使 用 する 等 必 要 な 措 置 を 講 じなけ ればならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は ネットワーク 接 続 口 を 可 能 な 限 り 他 者 が 容 易 に 接 続 できない 場 所 に 設 置 する 等 適 切 に 管 理 しなければなら ない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 自 ら 又 は 操 作 を 認 めた 者 以 外 の 者 が 容 易 に 配 線 を 変 更 追 加 できないよう 必 要 な 措 置 を 施 さなければなら ない (5) 機 器 の 定 期 保 守 及 び 修 理 1 情 報 システム 管 理 者 は 所 管 するサーバ 等 の 機 器 の 定 期 保 守 を 必 要 に 応 じて 実 施 し なければならない 2 情 報 システム 管 理 者 は 記 録 媒 体 を 内 蔵 する 機 器 を 外 部 で 事 業 者 に 修 理 させる 場 合 内 容 を 消 去 した 状 態 で 行 わせなければならない 内 容 を 消 去 できない 場 合 情 報 シ ステム 管 理 者 は 修 理 を 委 託 する 事 業 者 との 間 で 機 器 の 機 密 性 に 応 じて 守 秘 義 務 契 約 を 締 結 するなど 秘 密 保 持 に 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 9

10 (6) 敷 地 外 への 機 器 の 設 置 情 報 システム 管 理 者 は 草 加 市 が 管 理 する 施 設 敷 地 外 に 所 管 するサーバ 等 の 機 器 を 設 置 する 場 合 最 高 情 報 統 括 責 任 者 の 承 認 を 得 なければならない また 定 期 的 に 当 該 機 器 への 情 報 セキュリティ 対 策 状 況 について 確 認 しなければならない (7) 機 器 の 廃 棄 等 情 報 システム 管 理 者 は 機 器 を 廃 棄 リース 返 却 等 をする 場 合 機 器 内 部 の 記 憶 装 置 から 全 ての 情 報 を 消 去 の 上 復 元 不 可 能 な 状 態 にする 措 置 を 講 じなければならな い 6.2. 管 理 区 域 (コンピュータ 室 等 )の 管 理 (1) 管 理 区 域 の 構 造 等 1 管 理 区 域 とは ネットワークの 基 幹 機 器 及 び 重 要 な 情 報 システムを 設 置 し 当 該 機 器 等 の 管 理 並 びに 運 用 を 行 うための 部 屋 ( 以 下 コンピュータ 室 いう )や 電 磁 的 記 録 媒 体 の 保 管 庫 をいう (2) 管 理 区 域 の 管 理 条 件 1 管 理 区 域 は 固 定 された 隔 壁 で 区 画 された 専 用 の 事 務 室 であること 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 管 理 区 域 を 地 下 階 に 設 け てはならない また 外 部 からの 侵 入 が 容 易 にできないようにしなければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 管 理 区 域 から 外 部 に 通 ず るドアは 必 要 最 小 限 とし 鍵 監 視 機 能 警 報 装 置 等 によって 許 可 されていない 立 入 りを 防 止 しなければならない 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は コンピュータ 室 内 の 機 器 等 に 転 倒 及 び 落 下 防 止 等 の 耐 震 対 策 防 火 措 置 防 水 措 置 等 を 講 じなければなら ない 5 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 管 理 区 域 に 配 置 する 消 火 薬 剤 や 消 防 用 設 備 等 が 機 器 等 及 び 記 録 媒 体 に 影 響 を 与 えないようにしなければな らない (3) 管 理 区 域 の 入 退 室 管 理 等 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 管 理 区 域 への 入 退 室 を 許 可 された 者 のみに 制 限 し IDカード 静 脈 認 証 等 の 生 体 認 証 又 は 入 退 室 管 理 簿 の 記 載 による 入 退 室 管 理 を 行 わなければならない 2 職 員 等 は 管 理 区 域 に 入 室 する 場 合 身 分 証 明 書 等 を 携 帯 し 求 めにより 提 示 しな 10

11 ければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 事 前 に 許 可 を 得 ていない 訪 問 者 が 管 理 区 域 に 入 る 場 合 には 必 要 に 応 じて 立 入 区 域 を 制 限 した 上 で 管 理 区 域 への 入 退 室 を 許 可 された 職 員 等 が 付 き 添 うものとする ただし 統 括 情 報 セキュ リティ 責 任 者 及 び 管 理 区 域 管 理 者 が 定 める 手 続 を 実 施 し 事 前 に 承 認 した 者 につい ては その 限 りではない 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 扱 うシステムを 設 置 している 管 理 区 域 について 持 ち 込 みを 許 可 していないコン ピュータ 通 信 回 線 装 置 外 部 記 録 媒 体 等 を 持 ち 込 ませないようにしなければなら ない (4) 機 器 等 の 搬 入 出 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 搬 入 する 機 器 等 が 既 存 の 情 報 システムに 与 える 影 響 について あらかじめ 職 員 又 は 委 託 した 業 者 に 確 認 を 行 わせなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は コンピュータ 室 の 機 器 等 の 搬 入 出 について 職 員 を 立 ち 会 わせなければならない 6.3. 通 信 回 線 及 び 通 信 回 線 装 置 の 管 理 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 庁 内 の 通 信 回 線 及 び 通 信 回 線 装 置 を 適 切 に 管 理 しなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 外 部 へのネットワーク 接 続 を 必 要 最 低 限 に 限 定 し できる 限 り 接 続 ポイントを 減 らさなければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 行 政 系 のネットワークを 総 合 行 政 ネットワーク (LGWAN)に 集 約 し 外 部 へのインターネット 接 続 から 切 り 離 さなければならない 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 機 密 性 2 以 上 の 情 報 資 産 を 取 り 扱 う 情 報 システム に 外 部 の 通 信 回 線 を 接 続 する 場 合 必 要 なセキュリティ 水 準 を 検 討 の 上 適 切 な 回 線 を 選 択 しなければならない 5 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は ネットワークに 使 用 する 回 線 について 転 送 途 上 に 情 報 が 破 壊 盗 聴 改 ざん 消 去 等 が 生 じないように 十 分 なセキュリティ 対 策 を 実 施 しなければならない 7. 人 的 セキュリティ 7.1. 職 員 等 の 遵 守 事 項 11

12 (1) 職 員 等 の 遵 守 事 項 1 情 報 セキュリティポリシー 等 の 遵 守 職 員 等 は 情 報 セキュリティポリシーを 遵 守 しなければならない また 情 報 セ キュリティ 対 策 について 不 明 な 点 遵 守 することが 困 難 な 点 等 がある 場 合 は 速 や かに 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 相 談 し 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 指 示 を 仰 が なければならない 2 不 正 行 為 運 用 妨 害 の 禁 止 職 員 等 は ネットワーク 及 び 情 報 システムに 対 する 不 正 アクセス データの 盗 聴 改 ざん 攻 撃 等 の 不 正 行 為 及 び 正 常 な 運 用 を 妨 害 してはならない 3 業 務 以 外 の 目 的 での 使 用 の 禁 止 職 員 等 は 業 務 以 外 の 目 的 で 情 報 資 産 の 外 部 への 持 ち 出 し 情 報 システムへのア クセス 電 子 メールアドレスの 使 用 及 びインターネットへのアクセスを 行 ってはな らない 4パソコン 等 の 端 末 の 持 ち 出 し 及 び 外 部 における 情 報 処 理 作 業 の 制 限 (ア) 職 員 等 は 本 市 のパソコン 等 の 端 末 記 録 媒 体 情 報 資 産 及 びソフトウェアを 外 部 に 持 ち 出 す 場 合 には 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない (イ) 職 員 等 は 外 部 で 情 報 処 理 業 務 を 行 う 場 合 には 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない (ウ) 職 員 等 は 外 部 で 情 報 処 理 作 業 を 行 う 際 私 物 パソコンを 用 いてはならない ただし 業 務 上 必 要 な 場 合 で 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 を 得 て 情 報 セキ ュリティ 管 理 者 が 定 めた 実 施 手 順 を 遵 守 し 行 う 場 合 はこの 限 りではない 5パソコン 等 の 端 末 等 の 持 込 職 員 等 は 私 物 のパソコン 等 の 機 器 及 び 記 録 媒 体 を 対 象 資 産 に 読 み 込 み 又 は 接 続 してはならない 6 持 ち 出 し 及 び 持 ち 込 みの 記 録 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 端 末 等 の 持 ち 出 し 及 び 持 ち 込 みについて 記 録 を 作 成 し 保 管 しなければならない 7パソコン 等 の 無 許 可 変 更 の 禁 止 (ア) 職 員 等 は 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 な く パソコン 等 の 端 末 に 対 し 機 器 の 改 造 増 設 交 換 及 びソフトウェアの 導 入 を 行 ってはならない (イ) 職 員 等 は 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 な く パソコンその 他 周 辺 機 器 をネットワーク 及 び 情 報 システムに 接 続 又 は 付 加 し てはならない (ウ) 職 員 等 は 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 な く パソコン 等 の 端 末 のソフトウェアに 関 するセキュリティ 機 能 の 設 定 を 変 更 し 12

13 てはならない 8 机 上 の 情 報 資 産 の 管 理 (ア) 職 員 等 は 専 用 的 に 使 用 する 端 末 機 の 日 常 的 な 管 理 を 行 わなければならない また 職 員 が 共 用 して 使 用 する 端 末 機 その 他 課 等 に 配 置 付 けられた 端 末 機 の 管 理 は 情 報 システム 管 理 者 又 は 情 報 セキュリティ 管 理 者 が 行 わなければならない (イ) 職 員 等 は 机 上 のパソコン 等 の 端 末 を 第 三 者 に 使 用 閲 覧 されることがないよ うに 離 席 時 にアプリケーション 及 びシステムの 終 了 シャットダウン 等 を 行 う ことにより 情 報 資 産 を 保 全 しなければならない (ウ) 職 員 等 は 記 録 媒 体 情 報 が 印 刷 された 文 書 等 について 第 三 者 に 使 用 閲 覧 されることがないように 離 席 時 に 記 録 媒 体 文 書 等 の 容 易 に 閲 覧 されない 場 所 への 保 管 等 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない 9 退 職 時 等 の 遵 守 事 項 職 員 等 は 異 動 退 職 等 により 業 務 を 離 れる 場 合 には 利 用 していた 情 報 資 産 を 返 却 しなければならない (2) 情 報 セキュリティポリシー 等 の 掲 示 統 括 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 職 員 等 が 情 報 セキュリティポリシーを 閲 覧 できる ようにしなければならない (3) 外 部 委 託 事 業 者 に 対 する 説 明 情 報 セキュリティ 管 理 者 は ネットワーク 及 び 情 報 システムの 開 発 保 守 等 を 外 部 委 託 事 業 者 に 発 注 する 場 合 外 部 委 託 事 業 者 から 再 委 託 を 受 ける 事 業 者 も 含 めて 情 報 セキュリティポリシー 等 のうち 外 部 委 託 事 業 者 が 守 るべき 内 容 を 理 解 させ これを 遵 守 させなければならない 7.2. 研 修 訓 練 (1) 情 報 セキュリティに 関 する 研 修 訓 練 統 括 セキュリティ 責 任 者 は 情 報 セキュリティに 関 する 研 修 訓 練 を 実 施 しなけれ ばならない (2) 緊 急 時 対 応 訓 練 統 括 セキュリティ 責 任 者 は 緊 急 時 対 応 を 想 定 した 訓 練 を 行 うように 指 示 すること ができる 訓 練 計 画 は ネットワーク 及 び 各 情 報 システムの 規 模 等 を 考 慮 し 訓 練 実 施 の 範 囲 等 を 定 め また 効 果 的 に 実 施 できるようにしなければならない (3) 研 修 訓 練 への 参 加 13

14 全 ての 職 員 等 は 定 められた 研 修 訓 練 に 参 加 しなければならない 7.3. 事 故 欠 陥 等 の 報 告 (1) 事 故 等 の 報 告 1 職 員 等 は 情 報 セキュリティに 関 する 事 故 システム 上 の 欠 陥 及 び 誤 動 作 を 発 見 し た 場 合 速 やかに 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 報 告 しなければならない 2 報 告 を 受 けた 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 速 やかに 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 責 任 者 に 報 告 しなければならない 3 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 報 告 のあった 事 故 等 について 必 要 に 応 じて 最 高 情 報 統 括 責 任 者 に 報 告 しなければならない (2) 事 故 等 の 分 析 記 録 等 統 括 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 事 故 等 の 記 録 を 保 存 しなければならない 7.4. ID 及 びパスワード 等 の 管 理 (1)IDカード 等 の 取 扱 い 1 職 員 等 は 自 己 の 管 理 するID IDカード 等 に 関 し 次 の 事 項 を 遵 守 しなければ ならない (ア) 認 証 に 用 いるID IDカード 等 を 職 員 等 間 で 共 有 してはならない ただし 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 許 可 を 得 て 部 門 で 共 用 利 用 するために 用 意 されたも のは 除 く (イ) 業 務 上 必 要 のないときは IDカード 等 をカードリーダ 若 しくはパソコン 等 の 端 末 のスロット 等 から 抜 いておかなければならない (ウ)IDカード 等 を 紛 失 した 場 合 には 速 やかに 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 通 報 し 指 示 に 従 わなければならない (エ) 業 務 上 必 要 がなくなった 場 合 は 利 用 者 登 録 を 抹 消 するよう 統 括 情 報 セキュ リティ 責 任 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 に 通 知 しなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 は IDカード 等 の 紛 失 等 の 通 報 があり 次 第 当 該 IDカード 等 を 使 用 したアクセス 等 を 速 やかに 停 止 しな ければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 は IDカード 等 を 切 り 替 える 場 合 切 替 え 前 のカードを 回 収 し 破 砕 するなど 復 元 不 可 能 な 処 理 を 行 った 上 で 廃 棄 しなければならない (2)パスワードの 取 扱 い 職 員 等 は 自 己 の 管 理 するパスワードに 関 し 次 の 事 項 を 遵 守 しなければならない 14

15 1パスワードは 他 者 に 知 られないように 管 理 しなければならない 2パスワードを 秘 密 にし パスワードの 照 会 等 には 一 切 応 じてはならない 3パスワードは 十 分 な 長 さとし 文 字 列 は 想 像 しにくいものにしなければならない 4パスワードが 流 出 したおそれがある 場 合 には 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 速 やかに 報 告 し パスワードを 速 やかに 変 更 しなければならない 8. 技 術 的 セキュリティ 8.1. コンピュータ 及 びネットワークの 管 理 (1)バックアップの 実 施 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は サーバ 等 に 記 録 された 情 報 について 必 要 に 応 じて 定 期 的 にバックアップを 実 施 しなければならない (2)アクセス 記 録 の 取 得 等 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 各 種 アクセス 記 録 及 び 情 報 セキュリティの 確 保 に 必 要 な 記 録 を 取 得 し 一 定 の 期 間 保 存 しなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は アクセス 記 録 等 が 詐 取 改 ざん 誤 消 去 等 されないように 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない (3)ネットワークの 接 続 制 御 経 路 制 御 等 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は フィルタリング 及 びルーティングについて 設 定 の 不 整 合 が 発 生 しないように ファイアウォール ルータ 等 の 通 信 ソフトウェア 等 を 設 定 しなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 不 正 アクセスを 防 止 するため ネットワークに 適 切 なアクセス 制 御 を 施 さなければならない (4) 外 部 の 者 が 利 用 できるシステムの 分 離 等 情 報 システム 管 理 者 は 市 民 等 の 外 部 の 者 が 利 用 できるシステムについて 必 要 に 応 じ 他 のネットワーク 及 び 情 報 システムと 物 理 的 に 分 離 する 等 の 措 置 を 講 じなければ ならない (5) 外 部 ネットワークとの 接 続 制 限 等 1 情 報 システム 管 理 者 は 所 管 するネットワークを 外 部 ネットワークと 接 続 しようと する 場 合 には 最 高 情 報 統 括 責 任 者 及 び 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 許 可 を 得 な ければならない 15

16 2 情 報 システム 管 理 者 は 接 続 した 外 部 ネットワークのセキュリティに 問 題 が 認 めら れ 情 報 資 産 に 脅 威 が 生 じることが 想 定 される 場 合 には 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 判 断 に 従 い 速 やかに 当 該 外 部 ネットワークを 物 理 的 に 遮 断 しなければなら ない (6) 個 別 業 務 用 ネットワークの 接 続 制 限 1 主 たるネットワークは 個 別 業 務 用 ネットワークと 接 続 することはできない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 業 務 遂 行 上 必 要 やむを 得 ないときは 統 括 情 報 セキュリ ティ 管 理 者 は 情 報 セキュリティに 関 する 影 響 の 有 無 等 を 検 討 し 接 続 の 許 可 を 行 う ことができる (7)ネットワーク 接 続 の 対 策 統 括 情 報 セキュリティ 管 理 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は (5) 及 び(6)に 関 し 異 なるネットワークを 接 続 する 場 合 には その 接 続 によって 生 じるおそれがある 不 正 アクセス 情 報 漏 えいその 他 情 報 セキュリティに 関 する 脅 威 から 情 報 資 産 を 防 御 する ため 対 策 を 講 じなければならない (8)ネットワークの 盗 聴 対 策 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は 機 密 性 の 高 い 情 報 を 扱 う ネットワークについて 情 報 の 盗 聴 等 を 防 ぐため 必 要 に 応 じて 暗 号 化 等 の 措 置 を 講 じなければならない (9) 電 子 メールのセキュリティ 管 理 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 権 限 のない 利 用 者 により 外 部 から 外 部 への 電 子 メール 転 送 ( 電 子 メールの 中 継 処 理 )が 行 われることを 不 可 能 とするよう 電 子 メ ールサーバの 設 定 を 行 わなければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 大 量 のスパムメール 等 の 受 信 又 は 送 信 を 検 知 した 場 合 は メールサーバの 運 用 を 停 止 しなければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 職 員 等 が 使 用 できる 電 子 メールボックスの 容 量 の 上 限 を 設 定 し 上 限 を 超 えた 場 合 の 対 応 を 職 員 等 に 周 知 しなければならない 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は システム 開 発 や 運 用 保 守 等 のため 庁 舎 内 に 常 駐 している 外 部 委 託 事 業 者 の 作 業 員 による 電 子 メールアドレス 利 用 について 委 託 先 との 間 で 利 用 方 法 を 取 り 決 めなければならない (10) 電 子 メールの 利 用 制 限 1 職 員 等 は 業 務 上 必 要 な 場 合 を 除 き 自 動 転 送 機 能 を 用 いて 電 子 メールを 転 送 して 16

17 はならない 2 職 員 等 は 複 数 人 に 電 子 メールを 送 信 する 場 合 必 要 がある 場 合 を 除 き 他 の 送 信 先 の 電 子 メールアドレスが 分 からないようにしなければならない 3 職 員 等 は 重 要 な 電 子 メールを 誤 送 信 した 場 合 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 報 告 し なければならない (11)ソフトウェアのライセンスの 管 理 情 報 セキュリティ 管 理 者 は その 所 掌 する 課 室 等 で 利 用 するソフトウェアについて 不 正 にコピー 改 ざん 等 されたものを 利 用 することや 保 有 するライセンス 数 を 超 え て 利 用 すること 等 を 防 止 するため ライセンスを 管 理 しなければならない 8.2. アクセス 制 御 (1)アクセス 制 御 1アクセス 制 御 (ア) 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は 所 管 するネットワーク 又 は 情 報 システムに 権 限 のない 職 員 等 がアクセスできないように 制 限 しなければ ならない (イ) 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は (ア)を 担 保 するため 必 要 に 応 じて 情 報 システム 等 へのログイン 時 にパスワードの 入 力 あるいは 生 体 認 証 を 必 要 とするように 設 定 しなければならない 2 利 用 者 IDの 取 扱 い 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 利 用 者 の 登 録 変 更 抹 消 等 の 情 報 管 理 職 員 等 の 異 動 出 向 退 職 者 に 伴 う 利 用 者 IDの 取 扱 い 等 の 方 法 を 定 めなければならない 3 特 権 を 付 与 されたIDの 管 理 等 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 管 理 者 権 限 等 の 特 権 を 付 与 されたIDを 利 用 する 者 利 用 する 期 間 を 必 要 最 小 限 にし 当 該 ID 及 びパス ワードを 厳 重 に 管 理 しなければならない (2) 職 員 等 による 外 部 からのアクセス 等 の 制 限 1 職 員 等 が 外 部 から 内 部 のネットワーク 又 は 情 報 システムにアクセスする 場 合 は 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 内 部 のネットワーク 又 は 情 報 システムに 対 する 外 部 からのアクセスを アクセスが 必 要 な 合 理 的 理 由 を 有 す る 必 要 最 小 限 の 者 に 限 定 しなければならない 3 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 外 部 からのアクセスを 認 める 場 合 システム 上 利 17

18 用 者 の 本 人 確 認 を 行 う 機 能 を 確 保 しなければならない 4 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 外 部 からのアクセスを 認 める 場 合 通 信 途 上 の 盗 聴 を 防 御 するために 暗 号 化 等 の 措 置 を 講 じなければならない 5 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 外 部 からのアクセスに 利 用 するパソコン 等 の 端 末 を 職 員 等 に 貸 与 する 場 合 セキュリティ 確 保 のために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 6 職 員 等 は 持 ち 込 んだ 又 は 外 部 から 持 ち 帰 ったパソコン 等 の 端 末 を 庁 内 のネットワ ークに 接 続 する 前 に コンピュータウイルスに 感 染 していないこと パッチの 適 用 状 況 等 を 確 認 しなければならない (3)パスワードに 関 する 情 報 の 管 理 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 又 は 情 報 システム 管 理 者 は 職 員 等 のパスワードに 関 する 情 報 を 厳 重 に 管 理 しなければならない 8.3. システム 開 発 導 入 保 守 等 (1) 情 報 システムの 調 達 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 システム 開 発 導 入 保 守 等 の 調 達 に 当 たっては 受 託 者 にセキュリティポリシーを 遵 守 させなけらばな らない 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 機 器 やソフトウェア の 調 達 に 当 たっては 当 該 製 品 のセキュリティ 機 能 を 調 査 し 情 報 セキュリティ 上 問 題 のないことを 確 認 しなければならない (2) 情 報 システムの 開 発 1 情 報 システム 管 理 者 は システム 開 発 の 責 任 者 及 び 作 業 者 を 特 定 しなければならな い 2 情 報 システム 管 理 者 は システム 開 発 に 用 いる 開 発 用 IDをやアクセス 権 を 適 正 に 設 定 するよう システム 開 発 の 責 任 者 に 求 めなければならない (3) 情 報 システムの 導 入 1 開 発 環 境 と 運 用 環 境 の 分 離 及 び 移 行 手 順 の 明 確 化 (ア) 情 報 システム 管 理 者 は システム 開 発 保 守 及 びテスト 環 境 とシステム 運 用 環 境 を 必 要 に 応 じて 分 離 しなければならない (イ) 情 報 システム 管 理 者 は システム 開 発 保 守 及 びテスト 環 境 からシステム 運 用 環 境 への 移 行 について 手 順 を 明 確 にしなければならない (ウ) 情 報 システム 管 理 者 は 移 行 の 際 情 報 システムに 記 録 されている 情 報 資 産 の 18

19 保 存 を 確 実 に 行 い 移 行 に 伴 う 情 報 システムの 停 止 等 の 影 響 が 最 小 限 になるよう 配 慮 しなければならない 2テスト 確 認 等 (ア) 情 報 システム 管 理 者 は 新 たに 情 報 システムを 導 入 する 場 合 既 に 稼 働 してい る 情 報 システムに 接 続 する 前 に 十 分 な 試 験 を 行 わなければならない (イ) 情 報 システム 管 理 者 は 運 用 テストを 行 う 場 合 あらかじめ 擬 似 環 境 による 操 作 確 認 を 行 わなければならない (ウ) 職 員 等 は システム 変 更 等 の 作 業 を 行 う 場 合 は 必 要 に 応 じて2 名 以 上 で 作 業 し 互 いにその 作 業 を 確 認 しなければならない (4)システム 開 発 保 守 運 用 に 関 連 する 資 料 等 の 保 管 1 情 報 システム 管 理 者 は システム 開 発 保 守 運 用 に 関 連 する 資 料 及 び 文 書 等 を 適 切 に 保 管 しなければならない 2 情 報 システム 管 理 者 は システム 障 害 に 対 する 処 理 結 果 又 は 問 題 等 を 適 切 に 保 管 し なければならない 3 情 報 システム 管 理 者 は テスト 結 果 を 一 定 期 間 保 管 しなければならない (5) 情 報 システムにおける 入 出 力 データの 正 確 性 の 確 保 1 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 システムに 入 力 されるデータについて 範 囲 妥 当 性 のチェック 機 能 及 び 不 正 な 文 字 列 等 の 入 力 の 除 去 を 可 能 な 限 り 行 うよう 情 報 シス テムを 設 計 しなければならない 2 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 システムから 出 力 されるデータについて 情 報 の 処 理 が 正 しく 反 映 され 出 力 されるように 情 報 システムを 設 計 しなければならない (6) 開 発 保 守 用 のソフトウェアの 更 新 等 情 報 システム 管 理 者 は 開 発 保 守 用 のソフトウェア 等 を 更 新 又 はパッチの 適 用 をする 場 合 他 の 情 報 システムとの 整 合 性 を 確 認 しなければならない (7)システム 更 新 又 は 統 合 時 の 検 証 等 情 報 システム 管 理 者 は システム 更 新 統 合 を 行 う 場 合 必 要 に 応 じてリスク 管 理 体 制 の 構 築 移 行 基 準 の 明 確 化 及 び 更 新 統 合 後 の 業 務 運 営 体 制 の 検 証 を 行 わなけれ ばならない 8.4. 不 正 プログラム 対 策 (1) 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 措 置 事 項 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 不 正 プログラム 対 策 として 次 の 事 項 を 措 置 しな 19

20 ければならない 1 外 部 ネットワークから 受 信 したファイルは インターネットのゲートウェイにおい てコンピュータウイルス 等 の 不 正 プログラムのチェックを 行 い 不 正 プログラムの システムへの 侵 入 を 防 止 しなければならない 2 所 掌 するサーバ 及 びパソコン 等 の 端 末 に コンピュータウイルス 等 の 不 正 プログラ ム 対 策 ソフトウェアを 常 駐 させなければならない 3 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアのパターンファイルは 常 に 最 新 の 状 態 に 保 たな ければならない 4 不 正 プログラム 対 策 のソフトウェアは 常 に 最 新 の 状 態 に 保 たなければならない (2) 情 報 システム 管 理 者 の 措 置 事 項 情 報 システム 管 理 者 は 不 正 プログラム 対 策 に 関 し 次 の 事 項 を 措 置 しなければな らない 1 情 報 システム 管 理 者 は その 所 掌 するサーバ 及 びパソコン 等 の 端 末 に コンピュー タウイルス 等 の 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアをシステムに 常 駐 させなければな らない 2 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアのパターンファイルは 常 に 最 新 の 状 態 に 保 たな ければならない 3 不 正 プログラム 対 策 のソフトウェアは 常 に 最 新 の 状 態 に 保 たなければならない 4 記 録 媒 体 を 使 う 場 合 コンピュータウイルス 等 の 感 染 を 防 止 するために 市 が 管 理 している 媒 体 以 外 を 職 員 等 に 利 用 させてはならない 5インターネットに 接 続 していないシステムにおいて 不 正 プログラムの 感 染 侵 入 が 生 じる 可 能 性 が 著 しく 低 い 場 合 を 除 き 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアを 導 入 し 定 期 的 に 当 該 ソフトウェア 及 びパターンファイルの 更 新 を 実 施 しなければならない (3) 職 員 等 の 遵 守 事 項 職 員 等 は 不 正 プログラム 対 策 に 関 し 次 の 事 項 を 遵 守 しなければならない 1パソコン 等 の 端 末 において 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアが 導 入 されている 場 合 は 当 該 ソフトウェアの 設 定 を 変 更 してはならない 2 外 部 からデータ 又 はソフトウェアを 取 り 入 れる 場 合 には 必 ず 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアによるチェックを 行 わなければならない 3 端 末 に 対 して 不 正 プログラム 対 策 ソフトウェアによるフルチェックを 定 期 的 に 実 施 しなければならない 4 添 付 ファイルが 付 いた 電 子 メールを 送 受 信 する 場 合 は 不 正 プログラム 対 策 ソフト ウェアでチェックを 行 わなければならない 5コンピュータウイルス 等 の 不 正 プログラムに 感 染 した 場 合 は LANケーブルの 即 20

21 時 取 り 外 しあるいは 機 器 の 電 源 切 断 を 行 い 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 に 連 絡 しなければならない 8.5. 不 正 アクセス 対 策 (1) 攻 撃 の 予 告 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は サーバ 等 に 攻 撃 を 受 ける ことが 明 確 になった 場 合 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない また 関 係 機 関 と 連 絡 を 密 にして 情 報 の 収 集 に 努 めなければならない (2) 記 録 の 保 存 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は サーバ 等 に 攻 撃 を 受 け 当 該 攻 撃 が 不 正 アクセス 禁 止 法 違 反 等 の 犯 罪 の 可 能 性 がある 場 合 には 攻 撃 の 記 録 を 保 存 するとともに 関 係 機 関 との 緊 密 な 連 携 に 努 めなければならない (3) 職 員 等 による 不 正 アクセス 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 職 員 等 による 不 正 アクセ スを 発 見 した 場 合 は 当 該 職 員 等 が 所 属 する 課 室 等 の 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 通 知 し 適 切 な 処 置 を 求 めなければならない 8.6. セキュリティ 情 報 の 収 集 (1) 情 報 セキュリティに 関 する 情 報 の 収 集 及 び 共 有 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 不 正 プロフラム システ ムの 脆 弱 性 など 情 報 セキュリティにに 関 する 情 報 を 収 集 し 必 要 に 応 じ 関 係 者 間 で 共 有 しなければならない 新 たな 脅 威 を 認 識 した 場 合 は セキュリティ 侵 害 等 を 未 然 に 防 止 するための 対 策 を 速 やかに 講 じなければならない (2) 他 団 体 とのセキュリティ 等 に 関 する 情 報 等 の 交 換 情 報 システム 管 理 者 は 他 の 団 体 とセキュリティに 関 する 情 報 を 交 換 する 場 合 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 許 可 を 得 なければならない 9. 運 用 9.1. 情 報 システムの 監 視 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は セキュリティに 関 する 事 案 を 検 知 するため 情 報 システムを 監 視 しなければならない 21

22 2 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 重 要 なアクセスログ 等 を 取 得 するサーバの 正 確 な 時 刻 設 定 及 びサーバ 間 の 時 刻 同 期 ができる 措 置 を 講 じなけ ればならない 9.2. 情 報 セキュリティポリシーの 遵 守 状 況 の 確 認 (1) 遵 守 状 況 の 確 認 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 セキュリティポリシーの 遵 守 状 況 について 確 認 を 行 わなければならない (2) 端 末 及 び 記 録 媒 体 等 の 利 用 状 況 調 査 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 は 不 正 アクセス 不 正 プログラム 等 の 調 査 のために 職 員 等 が 使 用 しているパソコン 等 の 端 末 記 録 媒 体 のアクセス 記 録 電 子 メールの 送 受 信 記 録 等 の 利 用 状 況 を 調 査 することができる 9.3. 外 部 委 託 (1) 外 部 委 託 先 の 選 定 基 準 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 外 部 委 託 先 の 選 定 に 当 たり 委 託 内 容 に 応 じた 情 報 セキュリティ 対 策 が 確 保 されることを 確 認 しなければならない (2) 契 約 項 目 情 報 システムの 運 用 保 守 等 を 外 部 委 託 する 場 合 には 委 託 事 業 者 との 間 で 必 要 に 応 じて 次 の 情 報 セキュリティ 要 件 を 明 記 した 契 約 を 締 結 しなければならない 情 報 セキュリティポリシーの 遵 守 提 供 された 情 報 の 目 的 外 利 用 及 び 受 託 者 以 外 の 者 への 提 供 の 禁 止 業 務 上 知 り 得 た 情 報 の 守 秘 義 務 再 委 託 に 関 する 制 限 事 項 の 遵 守 (3) 確 認 等 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 必 要 に 応 じ 外 部 委 託 事 業 者 に おいて 必 要 なセキュリティ 対 策 が 確 保 されていることを 確 認 しなければならない 9.4. 例 外 措 置 (1) 例 外 措 置 の 許 可 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 情 報 セキュリティポリシーを 遵 守 することが 困 難 な 状 況 で 行 政 事 務 の 適 正 な 遂 行 を 継 続 するため 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 には 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 の 許 可 を 得 て 例 外 措 置 を 取 ることが 22

23 できる (2) 緊 急 時 の 例 外 措 置 情 報 セキュリティ 管 理 者 及 び 情 報 システム 管 理 者 は 行 政 事 務 の 遂 行 に 緊 急 を 要 す る 等 の 場 合 であって 例 外 措 置 を 実 施 することが 不 可 避 のときは 事 後 速 やかに 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 に 報 告 しなければならない 9.5. 法 令 遵 守 職 員 等 は 職 務 の 遂 行 において 使 用 する 情 報 資 産 を 保 護 するために 次 の 法 令 のほ か 関 係 法 令 を 遵 守 し これに 従 わなければならない 1 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 二 十 五 年 十 二 月 十 三 日 法 律 第 二 百 六 十 一 号 ) 2 著 作 権 法 ( 昭 和 四 十 五 年 法 律 第 四 十 八 号 ) 3 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 二 十 八 号 ) 4 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 五 年 五 月 三 十 日 法 律 第 五 十 七 号 ) 5 草 加 市 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 十 二 年 条 例 第 三 十 一 号 ) 9.6. 違 反 時 の 対 応 情 報 セキュリティポリシーに 違 反 する 行 動 を 確 認 した 場 合 には 速 やかに 次 の 措 置 を 講 じなければならない 1 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 が 違 反 を 確 認 した 場 合 は 当 該 職 員 等 が 所 属 する 課 室 等 の 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 通 知 し 適 切 な 措 置 を 求 めなければならない 2 情 報 システム 管 理 者 等 が 違 反 を 確 認 した 場 合 は 速 やかに 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 当 該 職 員 等 が 所 属 する 課 室 等 の 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 通 知 し 適 切 な 措 置 を 求 めなければならない 3 職 員 等 が 違 反 を 確 認 した 場 合 は 速 やかに 統 括 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 情 報 セ キュリティ 管 理 者 に 報 告 しなければならない 4 情 報 セキュリティ 管 理 者 の 指 導 によっても 改 善 されない 場 合 統 括 情 報 セキュリテ ィ 責 任 者 は 当 該 職 員 等 のネットワーク 又 は 情 報 システムを 使 用 する 権 利 を 停 止 あ るいは 剥 奪 することができる 10. 評 価 見 直 し 監 査 (1) 実 施 方 法 情 報 セキュリティ 委 員 会 は 情 報 セキュリティ 監 査 統 括 責 任 者 を 指 名 し ネットワ 23

24 ーク 及 び 情 報 システム 等 の 情 報 資 産 における 情 報 セキュリティ 対 策 状 況 について 必 要 に 応 じて 監 査 を 行 わせなければならない (2) 監 査 を 行 う 者 の 要 件 1 情 報 セキュリティ 監 査 統 括 責 任 者 は 監 査 を 実 施 する 場 合 には 被 監 査 部 門 から 独 立 した 者 に 対 して 監 査 の 実 施 を 依 頼 しなければならない 2 監 査 を 行 う 者 は 監 査 及 び 情 報 セキュリティに 関 する 専 門 知 識 を 有 する 者 でなけれ ばならない (3) 監 査 実 施 計 画 の 立 案 及 び 実 施 への 協 力 1 情 報 セキュリティ 監 査 統 括 責 任 者 は 監 査 を 行 うに 当 たっては 監 査 実 施 計 画 を 立 案 し 情 報 セキュリティ 委 員 会 の 承 認 を 得 なければならない 2 被 監 査 部 門 は 監 査 の 実 施 に 協 力 しなければならない (4) 報 告 情 報 セキュリティ 監 査 統 括 責 任 者 は 監 査 結 果 は 情 報 セキュリティ 委 員 会 に 報 告 しなければならない (5) 監 査 結 果 への 対 応 最 高 情 報 統 括 責 任 者 及 び 統 括 情 報 セキュリティ 管 理 者 は 監 査 結 果 を 踏 まえ 指 摘 事 項 を 所 管 する 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 対 し 当 該 事 項 への 対 処 を 指 示 しなければ ならない また 指 摘 事 項 を 所 管 していない 情 報 セキュリティ 管 理 者 に 対 しても 同 種 の 課 題 及 び 問 題 点 がある 可 能 性 が 高 い 場 合 には 当 該 課 題 及 び 問 題 点 の 有 無 を 確 認 させなければならない (6) 情 報 セキュリティポリシーの 見 直 し 等 への 活 用 情 報 セキュリティ 委 員 会 は 監 査 結 果 を 情 報 セキュリティポリシーの 見 直 し その 他 情 報 セキュリティ 対 策 の 見 直 し 時 に 活 用 しなければならない 情 報 セキュリティポリシーの 見 直 し 情 報 セキュリティ 委 員 会 は 情 報 セキュリティ 監 査 の 結 果 及 び 情 報 セキュリティに 関 する 状 況 の 変 化 等 を 踏 まえ 定 期 的 に 見 直 しを 行 い 必 要 があると 認 めた 場 合 そ の 改 定 を 行 うものとする 24

25 別 表. ( 組 織 体 制 関 係 ) 情 報 セキュリティ 責 任 者 及 び 部 局 に 属 する 内 部 組 織 以 外 の 機 関 職 名 部 局 に 属 する 内 部 組 織 以 外 の 機 関 備 考 市 長 室 長 総 合 政 策 部 長 総 務 部 長 選 挙 管 理 委 員 会 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 土 地 開 発 公 社 自 治 文 化 部 長 健 康 福 祉 部 長 子 ども 未 来 部 長 農 業 委 員 会 事 務 局 福 祉 事 務 所 福 祉 事 務 所 市 民 生 活 部 長 都 市 整 備 部 長 建 設 部 長 会 計 管 理 者 病 院 事 務 部 長 診 療 部 医 療 技 術 部 看 護 部 議 会 事 務 局 長 教 育 総 務 部 長 小 学 校 中 学 校 監 査 委 員 事 務 局 長 公 平 委 員 会 上 下 水 道 部 長 消 防 長 25

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

セキュリティ規程

セキュリティ規程 セキュリティ 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-47 号 改 正 : 平 成 16 年 3 月 29 日 規 程 第 16-27 号 改 正 : 平 成 16 年 6 月 29 日 規 程 第 16-39 号 改 正 : 平 成 16 年 11 月 1 日 規 程 第 16-55 号 改 正 : 平 成 17 年 5 月 12 日 規 程 第 17-46 号 改 正 :

More information

<5461726F2D8B7B8DE88CA7835C837483678345834683418E918E598AC7979D>

<5461726F2D8B7B8DE88CA7835C837483678345834683418E918E598AC7979D> 宮 崎 県 ソフトウェア 資 産 管 理 基 準 1 目 的 宮 崎 県 ソフトウェア 資 産 管 理 基 準 ( 以 下 本 基 準 という )は 次 に 定 める 組 織 の 対 象 範 囲 におけるソフトウェア(ソフトウェアとは その 機 能 を 利 用 するためにパーソ ナルコンピュータやサーバに 導 入 することができる 又 は 導 入 されたものをいう 実 行 可 能 なアプリケーションだけでなく

More information

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 に 基 づく 矯 正 情 報 ネットワークシステムの 運 用 管 理 業 務 における 民 間 競 争 入 札 に 係 る 契 約 の 締 結 について 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 51 号 以 下 法 という )に 基 づく 民 間 競

More information

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用 ( 別 紙 3) 輸 出 証 明 書 発 行 システムの 使 用 について 農 林 水 産 省 が 運 用 する 輸 出 証 明 書 発 行 システム( 以 下 システム という )を 利 用 して 食 品 等 を 輸 出 する 際 に 必 要 な 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 別 添 の 輸 出 証 明 書 発 行 システム 利 用 規 約 ( 以 下 利 用 規 約 という

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

諮問第148号説明資料

諮問第148号説明資料 ( 諮 問 第 148 号 説 明 資 料 ) 区 立 小 中 学 校 校 務 支 援 システムをリプレースすること 及 び 同 システムサーバーの 運 用 保 守 を 外 部 に 委 託 することについて 1 諮 問 内 容 区 内 小 中 学 校 校 務 支 援 システム( 以 下 本 件 システム という )は 区 立 の8 小 学 校 2 中 学 校 の 児 童 生 徒 の 成 績 学 籍

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

目 次 1 調 達 件 名 作 業 の 概 要... 1 (1) 目 的... 1 (2) 用 語 の 定 義... 1 (3) 業 務 の 概 要... 1 (4) 保 守 の 範 囲... 1 (5) 保 守 内 容 納 入 成 果 物... 3 (6) 検 収 情

目 次 1 調 達 件 名 作 業 の 概 要... 1 (1) 目 的... 1 (2) 用 語 の 定 義... 1 (3) 業 務 の 概 要... 1 (4) 保 守 の 範 囲... 1 (5) 保 守 内 容 納 入 成 果 物... 3 (6) 検 収 情 審 査 業 務 共 有 ファイルサーバ 機 器 等 運 用 支 援 業 務 調 達 仕 様 書 平 成 27 年 2 月 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 目 次 1 調 達 件 名... 1 2 作 業 の 概 要... 1 (1) 目 的... 1 (2) 用 語 の 定 義... 1 (3) 業 務 の 概 要... 1 (4) 保 守 の 範 囲... 1

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア)

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア) 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 仕 様 書 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 に 関 する 仕 様 書 は 次 のとおりと し 受 託 者 は 本 仕 様 書 及 び 別 に 締 結 する 業 務 委 託 契 約 書 に 基 づき 業 務 を 履 行 しなければならない また 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 業 務 の 公 共

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 資 料 1 評 価 書 番 号 4 評 価 書 名 特 別 給 付 金 特 別 弔 慰 金 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 厚 生 労 働 大 臣 及 び47 都 道 府 県 知 事 は 戦 没 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

本 サービスは エディモバの 付 加 機 能 として 提 供 します 2. 本 サービスには 以 下 の 種 類 があります 提 供 機 能 については 別 紙 に 定 めます 種 類 内 容 EM セキュリティ powered by Norton 専 用 ソフト(パソコン 用 )を 利 用 して

本 サービスは エディモバの 付 加 機 能 として 提 供 します 2. 本 サービスには 以 下 の 種 類 があります 提 供 機 能 については 別 紙 に 定 めます 種 類 内 容 EM セキュリティ powered by Norton 専 用 ソフト(パソコン 用 )を 利 用 して EM セキュリティサービス 規 約 株 式 会 社 エディオンコミュニケーションズ 株 式 会 社 エディオンコミュニケーションズ( 以 下 当 社 といいます )は 以 下 に 定 める EM セキュリティサー ビス 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )および 株 式 会 社 シマンテック( 以 下 セキュリティ 事 業 者 といいます ) が 定 める 使 用 許 諾 契 約 に 従

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 2 目 的 福 島 県 環 境 創 造 センター( 以 下 環 境 創 造 センター という )は 県 土 の 環 境 を 回 復 創 造 に 取 り 組 むための 調 査 研 究 及 び 情 報 発 信 教 育 等 を 行

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

参考資料1

参考資料1 参 考 資 料 1 参 考 :サンプリングデータセットにおける 具 体 的 な 利 用 環 境 の 一 例 および その 利 用 環 境 に 即 した 各 種 規 程 の 例 について 運 用 フロー 図 の 例 < 具 体 的 な 記 載 方 法 > サンプリングデータセットの 提 供 依 頼 申 出 に 当 たり 添 付 する 必 要 のあるセキュリティ 対 策 関 係 の 書 類 の 記 載

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 11 評 価 書 名 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 福 山 市 は, 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり,

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

ファイル共有サービス利用規約

ファイル共有サービス利用規約 平 成 28 年 3 月 22 日 東 北 インテリジェント 通 信 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 利 用 規 約 の 適 用... 1 第 2 条 利 用 規 約 の 変 更... 1 第 3 条 用 語 の 定 義... 1 第 2 章 サービスの 種 別 等... 3 第 4 条 種 別 等... 3 第 3 章 サービスの 提 供 区 間... 4 第 5

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

改 訂 履 歴 Ver. 日 付 改 版 内 容 1.0 2004 年 1 月 29 日 初 版 発 行 1.1 2005 年 1 月 19 日 施 行 規 則 改 正 等 に 伴 う 改 版 1.2 2006 年 11 月 1 日 法 改 正 に 伴 う 改 版 1.3 2008 年 9 月 19

改 訂 履 歴 Ver. 日 付 改 版 内 容 1.0 2004 年 1 月 29 日 初 版 発 行 1.1 2005 年 1 月 19 日 施 行 規 則 改 正 等 に 伴 う 改 版 1.2 2006 年 11 月 1 日 法 改 正 に 伴 う 改 版 1.3 2008 年 9 月 19 地 方 公 共 団 体 による 公 的 個 人 認 証 サービス 宮 崎 県 認 証 局 運 用 規 程 Ver.1.5 2014 年 4 月 1 日 宮 崎 県 改 訂 履 歴 Ver. 日 付 改 版 内 容 1.0 2004 年 1 月 29 日 初 版 発 行 1.1 2005 年 1 月 19 日 施 行 規 則 改 正 等 に 伴 う 改 版 1.2 2006 年 11 月 1 日 法

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 4 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 草 津 市 は 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイル の 取 扱 いにあたり

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 2/32

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 2/32 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 2 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 桑 名 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 の 概 要 1.マイナンバーって 何?? 国 民 の 一 人 ひとりに 12 桁 の 個 人 番 号 が 割 り 当 てられる 今 年 の10 月 5 日 から12 月 までに 住 民 票 がある 市 区 町 村 からマイナ ンバー 通 知 カードが 届 く 2. 何 に

Ⅰ マイナンバー 制 度 の 概 要 1.マイナンバーって 何?? 国 民 の 一 人 ひとりに 12 桁 の 個 人 番 号 が 割 り 当 てられる 今 年 の10 月 5 日 から12 月 までに 住 民 票 がある 市 区 町 村 からマイナ ンバー 通 知 カードが 届 く 2. 何 に 10 分 +αでわかる マイナンバー 平 成 27 年 9 月 9 日 弁 護 士 法 人 エルティ 総 合 法 律 事 務 所 (この 文 書 の 著 作 権 は 弁 護 士 法 人 エルティ 総 合 法 律 事 務 所 に 帰 属 します ) Ⅰ マイナンバー 制 度 の 概 要 1.マイナンバーって 何?? 国 民 の 一 人 ひとりに 12 桁 の 個 人 番 号 が 割 り 当 てられる

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information