建物配管用エスロハイパーAWカタログ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "建物配管用エスロハイパーAWカタログ"

Transcription

1

2

3

4 エスロハイパーAWの特長 従来配管 金属管 では成し得なかった 耐久性 耐震性 省力化 を オール樹脂管路で達成 耐久性 ポリエチレン管の採用で 錆びなし 漏れなし 錆びることのない高性能ポリエチレン PE100 を使用 赤水の心配なし 酸 アルカリに強く腐食性土壌や海岸付近の塩害地域でも腐食の発生なし 電気絶縁性にも優れ 鉄道付近でも電食の心配なし 優れた長期耐久性 こんな効果も 50年クリープ強度 内圧クリープ性能 きれいな水 耐脈動水圧性能 脈動 WH 腐食しない 電気 迷走電流 酸 なめらかなため 汚れが着きにくい 水道用耐震型高性能ポリエチレン管内 アルカリ 赤水の心配なし 赤水など サビや汚れ 錆びた金属管の内部 従来の配管内 PE100 内圧クリープ試験50年後の円周応力が10MPa 100kg /cm2 以上のものを PE100と言います P.5参照 耐震性 埋設配管で実績をつんだ 水道用耐震型高性能ポリエチレン管を採用 管体独自の可とう性とEF接合により地震に強い一体管路を構築 エスロハイパーAW 免震継手 登場で 免震構造の建物にも対応 埋設配管 エスロハイパーAW では 2003年宮城県北部地震 2004年新潟県中越地震 2007年新潟県中越沖地震で被害件数がゼロ 30cmの強制変位もクリア 被害ゼロ せん断試験 水道ビジョン 厚生労働省2004 に耐震管 として定義 水道ビジョンとは水道の将来について の共通認識形成を目指した指針 3

5 省力化 信頼のEF接合 軽量 柔軟な管材 保温レス可能により 施工工数の省力化 と トータルコスト削減 信頼性が高く熟練不要のEF接合により スピーディな施工が可能 軽量かつ柔軟なポリエチレン管により 施工性が大幅アップ ねじ切りや接着が不要 改修工事でもシール材 油 接着剤で現場を汚しません エスロハイパーのメリット 給水立て管 としての メリット 管体の軽量化 EF接合 樹脂管による断熱性 枝付片受直管 さらに 保温レスが可能 1 鋼管の約1/6 施工時間短縮 接合が1箇所のみ 2 枝付片受直管 EF接合 トータルコスト削減 1. 使用条件 地域により保温が必要な場合がありますので別途ご相談ください また 天井配管 水温が低い水源を使用する配管 及び寒冷地等では原則保温が必要と なりますのでご注意ください 2. 立て管の1フロアにおける接合箇所 建物内配管 他にもこんな 用途が 日常生活に 密接してるのね 冷却水管 使用条件により 保温が必要な場 合がありますの で別途ご相談く ださい オフィスビル ショッピングセンター 冷水管 保温が必要 となります 病院 ホテル 4

6 エスロハイパーAWの 特 長 (PE100) 5

7 6

8 エスロハイパーAWの 品 揃 え 一 覧 7

9 8

10 エ スロハイパーAWの 品 揃 え 規 格 敷 地 内 埋 設 配 管 から ピット 内 横 引 き 管 給 水 立 て 管 メーター 部 まで オール 樹 脂 管 路 を 実 現 水 道 用 耐 震 型 高 性 能 ポリエチレン 管 性 震 性 施 工 性 直 管 EF 受 口 付 直 管 EF 枝 付 片 受 直 管 9

11 受 口 共 通 寸 法 ( 参 考 ) 備 考 : 建 築 設 備 用 ポリエチレンパイプシ ステム 研 究 会 規 格 PWA002 PWA006 によるものです 受 口 長 さlについては 各 継 手 ごとの 寸 法 を 確 認 してください EFソケット EFレデューサ EF 片 受 レデューサ レデューサ EFチーズ NEW 10

12 EFロング 枝 付 チーズ NEW EF 片 受 チーズ SPチーズ フランジ 付 EF 片 受 チーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 11

13 SPフランジ 付 チーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 パッキン(EPDM) 同 梱 品 番 表 フランジ 付 EFチーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 フランジ 付 チーズ 用 支 持 金 具 12

14 13 ショートベンド NEW ベンド EFエルボ NEW EF 片 受 ベンド EF45 エルボ

15 Sベンド EF 片 受 Sベンド EFキャップ NEW NEW SPキャップ S 式 ソフトシール 仕 切 弁 14

16 フランジ 短 管 (JIS 10K 7.5K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 EFフランジ 短 管 (JIS 10K 7.5K) G 形 :グルーブ 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 F 形 :フラット 形 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 15

17 フランジについて フランジ 寸 法 (G 形 ) エスロハイパーのフランジ 短 管 をご 使 用 の 際 は 下 記 の 組 み 合 わせに してください ゴムパッキンの 向 きに してください 組 み 合 わせ 例 ボルト 長 さ( 参 考 ) 異 管 種 のフランジと 接 続 する 組 み 合 わせ 例 フランジの 材 質 は SUS304 です 締 結 フランジの 材 質 に 応 じて 絶 縁 ボルト ナットを 使 用 してください フランジ 短 管 同 士 を 接 続 する 組 み 合 わせ 例 異 管 種 のフランジと 接 続 する 場 合 フランジ 短 管 同 士 を 接 続 する 場 合 ボルト ナットはパッキンが 均 等 に 圧 縮 されるように 締 め 付 け その 後 すべてのボルトが 標 準 締 付 けトルク 以 上 であることを 確 認 してください 16

18 サドル EFサドル 注 ) 呼 び 径 は 破 線 の 形 状 です ( 備 考 ) 分 岐 側 は エスロハイパーAWのEF 継 手 で EF 融 着 接 合 してください 不 断 水 施 工 は 分 岐 で 可 能 です ( 不 断 水 では) 穿 孔 は 枝 側 の 融 着 をバルブまで 終 えて から 実 施 してください EFサドル 付 分 水 栓 金 属 部 分 は 新 浸 出 基 準 ( 平 成 15 年 4 月 )に 適 合 しています ポリエチレン 管 用 ハンディードリルPHD ( 株 ) 日 邦 バルブ 製 EFスクリュージョイント 器 具 ねじこみ 後 に 融 着 を 行 います オネジソケット コア 内 蔵 バルブ 対 応 のシールが 貼 付 されています NEW コア 内 蔵 バルブ 対 応 ( 対 応 シール 貼 付 品 ) メネジソケット 17

19 ユニオンソケット エラスジョイント エスロハイパーAW 用 呼 び 径 用 呼 び 径 100 対 応 貫 通 できる 壁 床 :ALC コンクリート( 厚 100mm 以 上 ) 詳 細 はフィブロックカタログや 評 定 書 認 定 書 でご 確 認 ください NEW 100 対 応 一 巻 りで 施 工 できるおよその( 呼 び 径 ) 関 連 商 品 AW 媒 介 継 手 メタッチAW 媒 介 継 手 NEW メタッチAW 媒 介 継 手 エルボ NEW 18

20 金 ポリエチレン 管 の 品 揃 え 給 水 枝 管 として 使 用 できます 管 の 寸 法 長 尺 管 ( 巻 き 物 ) メタッチオスねじアダプター メタッチ 袋 ナットアダプター 19

21 メタッチメスねじエルボ メタッチ 回 転 アダプター45 エルボ NEW ( 備 考 ) 施 工 にあたっては 別 途 メタッチ 回 転 アダプター45 エルボの 標 準 施 工 方 法 を ご 熟 読 の 上 事 項 を 守 って 安 全 確 実 に 施 工 してください メタッチ 回 転 アダプター45 エルボは 回 転 できるので 枝 管 の 施 工 が 容 易 に なります 関 連 部 材 [ 推 奨 品 ] 詳 細 につきましては 製 造 メーカーにお 問 い 合 わせください 水 圧 試 験 治 具 ( 株 ) 川 西 水 道 機 器 製 呼 び 径 用 呼 び 径 用 SKXめねじ 付 ソケット(ポリエチレン 管 用 )(SKX-MS) スッポンMVメカ 形 キャップ I II(ポリエチレン 管 用 ) 本 キャップ C 形 ストップリング ムパッキン め 付 けット(ルト) 継 手 以 外 の 部 品 は 別 途 ご 用 意 ください 本 継 手 を 取 り 付 けた 管 は 外 面 に 傷 が 付 いている 可 能 性 があるため そのまま 配 管 せず 必 ず 先 端 をカットしてから 継 手 と 接 続 してください チーズの 枝 管 やフランジ 短 管 等 継 手 の 差 し 口 は 切 断 することができませんので 直 接 水 圧 試 験 治 具 を 接 続 しないでください ストッリング ( 可 と 防 金 具 ) プラグのサイズはⅠは 呼 び20 Ⅱは 呼 び50です 必 ずポリエチレン 管 用 をご 指 定 ください 20

22 エスロハイパーAW 免 震 継 手 ポリエチレン 管 の 可 とう 性 を 活 かしたセキスイ 独 自 の 形 状 設 計 免 震 建 物 給 水 管 用 免 震 継 手 柔 軟 なポリエチレンで 免 震 構 造 に 対 応! 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 急 速 に 普 及 している 免 震 構 造 の 建 物 地 下 のピット 内 に 設 けられた 免 震 構 造 により 地 震 時 の 強 い 揺 れを 吸 収 し 建 物 に 揺 れを 伝 わらせにくい 構 造 になっています しかし 配 管 にかかる 負 荷 は 大 きく 建 物 内 と 外 で 大 きな 相 対 変 位 が 発 生 するため 免 震 構 造 での 配 管 では 専 用 の 継 手 が 必 要 となります セキスイでは 独 自 の 形 状 設 計 により ポリエチレン 管 の 可 とう 性 を 最 大 限 に 引 き 出 した 免 震 継 手 をラインアップ 変 位 追 随 性 や 繰 り 返 し 発 生 する 変 位 に 対 しての 耐 久 性 も 高 く 建 物 給 水 管 用 エスロハイパー AW と 組 み 合 わせることで オール 樹 脂 での 耐 震 管 路 をご 提 案 いたします エスロハイパーAW 免 震 継 手 の 使 用 条 件 許 容 変 形 量 使 用 圧 力 水 平 方 向 600mmの 同 心 円 内 600mmを 超 える 場 合 は 別 途 ご 相 談 ください 最 高 使 用 圧 力 1.0MPa( 静 水 圧 0.75MPa+ 水 撃 圧 0.25MPa) 性 能 評 価 社 団 法 人 日 本 免 震 構 造 協 会 免 震 建 物 の 建 築 設 備 標 準 ー 2009 の 性 能 評 価 に 基 づき 変 位 追 従 性 能 耐 久 性 及 び 耐 水 圧 に 問 題 ないことを 確 認 しております 21

23 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ 配 管 支 持 部 材 セット 品 詳 細 ( 各 免 震 継 手 に 含 まれており 同 送 されます) 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ 22

24 エスロハイパーAW 消 火 管 継 手 水 道 本 管 で 豊 富 な 実 績 を 持 つエスロハイパーが 屋 外 消 火 栓 設 備 等 にご 使 用 いただけます 屋 外 消 火 栓 設 備 用 高 性 能 ポリエチレン 管 震 性 性 施 工 性 用 部 位 ( 外 消 火 配 管 の 場 合 ) 消 火 栓 ポンプ 防 火 対 物 呼 び 径 で 消 防 設 備 安 全 センターの 性 能 認 定 取 継 手 の 品 は 規 格 をください コスト 屋 内 消 火 配 管 埋 設 用 スリンクラー 配 管 埋 設 用 消 火 設 備 埋 設 用 ( 消 火 剤 合 置 の 一 で 水 配 管 にる) 水 配 管 埋 設 用 にもご 使 用 いただけます 工 事 は 建 工 事 準 材 は 建 設 物 で 試 100 設 の 材 工 材 工 で に コストメリット り 直 管 D d t L EF 受 口 付 直 管 NEW EFソケット D d L 23

25 EF90 エルボ L Z L Z 90 ショートベンド 90 ベンド 片 受 90 ベンド レデューサ EF 片 受 レデューサ EFチーズ 24

26 フランジ 付 EFチーズ(G 形 :JIS10K) EF 片 受 チーズ ゴムパッキンシール 付 属 フランジ 短 管 (G 形 :JIS10K F 形 :JIS10K) G 形 F 形 G 形 EFフランジ 短 管 (G 形 :JIS10K F 形 :JIS10K) G 形 F 形 ゴムパッキンシール 付 属 F 形 ゴムパッキンシール 付 属 NEW NEW NEW 消 火 栓 用 フランジ 短 管 (F 形 :JIS10K 65フランジ 接 続 用 ) EFキャップ SPキャップ NEW 25

27 エスロハイパーAW 地 中 熱 用 管 継 手 エスロハイパーAWを 地 中 熱 利 用 システムにご 使 用 できるようになりました 性 施 工 性 性 品 品 揃 え ここがポイント! 地 中 熱 利 用 システム 地 中 熱 クリーンエネルギー( 再 生 可 能 エネルギー) 自 然 エネルギーの 有 効 活 用 地 中 100m 前 後 の 熱 を 利 用 したクリーンエネルギーシステムです 一 年 中 安 定 的 なエネルギー 年 中 安 定 ( 約 15 )した 地 中 熱 源 を 利 用 するため 気 温 や 日 照 の 影 響 を 受 けません 省 エネ 低 コスト CO2 削 減 地 中 熱 ヒートポンプを 利 用 することにより 電 力 消 費 を 削 減 でき コスト CO2を 抑 制 できます 26

28 地 中 熱 交 換 パイプ NEW EFソケット EFエルボ EF45 エルボ EFチーズ 27

29 T 形 サドル NEW W L 媒 介 継 手 90 ユニオンエルボ NEW 媒 介 継 手 60 ユニオンエルボ NEW 媒 介 継 手 ストレートユニオン NEW 媒 介 継 手 ソケット NEW この 他 のエスロハイパー AW 管 継 手 も 地 中 熱 利 用 システムにご 使 用 いただけます 28

30 配 管 支 持 方 法 および 機 器 との 接 続 エスロハイパーAW 立 て 管 横 引 き 管 の 支 持 について ゲートバルブ 支 持 エアき 弁 青 フブロックきルタル 埋 めし 青 のはみ 出 し 量 :10 以 下 中 れめ 支 持 (U バンド) ゲートバルブ ( 防 コアなし) アングル 付 ルト アングル レタン 樹 脂 ガイド ルトテープき 付 Uルト Uルト (テープき) アングル ( 固 定 ) 中 れめ 支 持 (U バンド) ゲートバルブ 支 持 最 下 階 エルを 支 持 (アングルUルト) 横 引 き 管 の 支 持 呼 び 径 最 下 階 エル 支 持 Uルト 25 Uルト40 用 ( 合 管 外 径 486) 30 Uルト50 用 ( 合 管 外 径 605) 40 C 用 Uルト50 用 ( 合 管 外 径 641) 50 C 用 Uルト65 用 ( 合 管 外 径 799) 75 C 用 Uルト100 用 ( 合 管 外 径 1183) 100 Uルト150 用 ( 合 管 外 径 1652) 備 SP 管 用 外 面 管 用 SP 管 用 横 引 き 配 管 の 支 持 例 下 エルボ 支 持 例 り 呼 び 径 2075 支 持 10 以 下 以 下 形 れめ 支 持 呼 び 径 支 持 以 下 以 下 以 下 29

31 エスロハイパーAW 建 物 内 配 管 エスロハイパーAW20の 場 合 スーパーエスロメタックス20の 場 合 スラブ 面 の 支 持 例 中 れめの 支 持 の 例 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ エスロハイパーAW 消 火 管 継 手 地 下 式 消 火 栓 との 接 続 浅 層 埋 設 の 場 合 30

32 エスロハイパーAWの 水 理 特 性 ハイパーAWの 量 線 (ーンィリアズ 式 :C140) EF 継 手 の 管 長 呼 び 径 EFエルボ EFチーズ 直 分 単 位 :m EFレデューサ ( 縮 径 側 ) エスロハイパーAWの 施 工 手 順 1 管 の 切 断 2 管 の 清 掃 管 に 有 害 なキズがある 場 合 は その 部 分 を 切 断 して 除 去 してください 5mm 以 上 の 斜 め 切 れは 融 着 不 良 の 原 因 となります 高 速 砥 石 タイプ 等 の 熱 を 生 じる 切 断 機 は 管 切 断 面 変 形 の 原 因 となります 継 手 の 挿 口 は 切 断 して 長 さを 調 節 することはできません 管 に 付 着 している 土 や 汚 れをペー パータオルで 清 掃 してください 4 挿 入 標 線 の 記 入 継 手 挿 入 代 を 管 または 継 手 差 し 口 の 円 周 方 向 に 記 入 してください 5 切 削 面 の 記 入 EF 接 合 各 継 手 ごとの 寸 法 を 確 認 して ください 継 手 の 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で マーキングします 3 フィブロックの 巻 き 付 け( 防 火 区 画 貫 通 部 の 処 理 ) 25 75:FIBAW 100:FIBAW1H 建 物 内 施 工 のみ ハイパーAWの 管 端 から 上 階 のスラブ 上 端 または 下 端 までの 寸 法 を 測 定 し 位 置 を 決 定 してからフィブロックを1 周 以 上 巻 き 付 けてください この 時 スラブ 上 端 または 下 端 からフィブロックをはみ 出 すように 巻 き 付 けてください (はみだし 量 :10mm 以 下 ) 6 融 着 面 の 切 削 ハンドスクレーパー 7 継 手 内 面 と 管 外 面 の 清 掃 油 性 ペンでマーキングした 部 分 が 完 全 に 消 えるまで(5mm 程 度 余 分 に) 専 用 切 削 工 具 で 切 削 してください 切 削 なしや 切 削 むらは 融 着 不 良 の 原 因 となります 継 手 差 し 口 部 分 も 必 ず 切 削 してください アセトン 等 を 浸 み 込 ませたペーパー タオルを 使 用 して 融 着 面 を 清 掃 して ください ティッシュペーパーやウエ スは 使 用 しないでください 素 手 で 清 掃 してください 31

33 エスロハイパーAWの 施 工 手 順 8 継 手 と 管 の 固 定 管 を 継 手 の 奥 まで 挿 入 し 挿 入 標 線 を 再 度 記 入 後 クランプを 使 って 管 と 継 手 を 固 定 します 13 立 て 管 の 支 持 固 定 建 物 内 施 工 のみ 9 融 着 準 備 EC-300Rの 場 合 は 初 期 画 面 で 使 用 用 途 配 水 ガス を 選 択 ください 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 確 認 を 行 います 2)コネクターと 継 手 のターミナル ピンを 接 続 します EF 片 受 直 管 等 は 添 付 し ているターミナルピンをねじ 込 んで ください ターミナルピン 1)スラブ 固 定 スラブ 固 定 はモルタルで 埋 め 戻 し た 後 に 床 バンド(ゴム 無 )でスラ ブに 確 実 に 固 定 してください 14 枝 管 の 配 管 エスロハイパーAWの 場 合 2) 振 れ 止 め 支 持 アングルとUバンド 等 を 組 み 合 わせて 中 間 支 持 を 行 ってく ださい 枝 管 クランプ 10 融 着 1)バーコードリーダーで 継 手 に 添 付 されているバーコードを 読 み 取 り 表 示 内 容 ( 種 類 時 間 )を 確 認 してから 通 電 開 始 スイッチを 押 してください 2) 融 着 終 了 後 表 示 画 面 の 融 着 完 了 を 確 認 してください エラー 表 示 が 出 たり 通 電 が 途 中 停 止 した 場 合 は 継 手 を 廃 棄 し 新 しい 継 手 でやり 直 してください 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがありますので 直 射 日 光 を 避 けてください 標 準 (23)における 通 例 11 冷 却 (クランプ 保 持 ) 1) 融 着 完 了 を 確 認 後 コネクター を 取 り 外 してください 2) 融 着 終 了 後 表 の 冷 却 時 間 を 加 え た 時 刻 を 継 手 表 面 に 油 性 ペン 等 で 記 入 してください 冷 却 時 間 終 了 後 ク ランプを 取 り 外 してください スーパーエスロメタックスの 場 合 メーターユニットと 枝 管 との 距 離 を 計 り ハイパーAWを 切 断 し エルボと 組 み 合 わせて メーター 側 まで 仮 組 みしてください 立 て 管 と 同 様 の 手 順 で 融 着 作 業 を 行 ってください 枝 管 も 振 れ 止 め 支 持 を 行 います スーパーユニットと 枝 管 との 距 離 を 計 り スーパーエスロメタック スを 切 断 してください チーズ 分 岐 部 にAW 媒 介 継 手 を 接 続 してください 立 て 管 分 岐 側 メーター 側 にそれ ぞれスーパーエスロメタックスを 接 合 してください 冷 却 終 了 まではクランプを 取 り 外 さないでください 冷 却 青 い 部 分 の 施 工 (3,13,14)に 関 しましては 建 物 内 配 管 のみの 施 工 方 法 となり その 他 の 手 順 は 建 物 内 外 配 管 共 同 じ 施 工 方 法 にな ります 12 検 査 インジケーター インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 していること を 確 認 してください インジケーターが 隆 起 していない 場 合 は 融 着 異 常 の 可 能 性 がありますので 切 断 し やりかえてください [ 継 手 間 最 小 寸 法 について ] 継 手 と 継 手 の 間 は クランプを かけられる 寸 法 以 上 離 してく ださい 右 図 Aの 目 安 呼 び50 以 下 :30mm 以 上 呼 び :50mm 以 上 ( 但 し 使 用 するクランプでの 事 前 確 認 は 必 要 ) A 32

34 EFサドルの 接 合 方 法 1 管 の 清 掃 8 管 に 傷 汚 れがないかを 点 検 してください 管 に 付 着 し ている 土 や 汚 れをペーパー タオルで 清 掃 してください 管 に 有 害 な 傷 がある 場 合 は 補 修 を 行 って ください 2 サドル 取 付 け 位 置 の 記 入 サドル 取 付 け 位 置 を 油 性 ペ ン 等 でマーキングします 3 サドルの 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で まんべんなく マーキングします 4 マーキングが 完 全 に 消 える まで 専 用 切 削 工 具 で 表 面 を 切 削 してください 切 削 面 の 記 入 融 着 面 の 切 削 切 削 なしや 切 削 むら は 融 着 不 良 の 原 因 と なります 標 準 温 度 (23 )における 通 電 時 間 EF サドル ( 全 サイズ 共 通 ) 冷 却 時 間 EF サドル ( 全 サイズ 共 通 ) 120 秒 5 分 以 上 1)バーコードリーダーで 継 手 に 貼 付 されているバー コードを 読 み 取 り 表 示 内 容 ( 種 類 時 間 )を 確 認 してから 通 電 開 始 スイ ッチを 押 してください 2) 融 着 終 了 後 コネクタ ーを 取 外 してください 9 融 着 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがあ りますので 直 射 日 光 を 避 けてください 検 査 インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 している ことを 確 認 してください 10 冷 却 融 着 終 了 時 に 冷 却 時 間 を 加 えた 時 刻 を 継 手 表 面 にペン 等 で 記 入 した 後 放 置 冷 却 してください 冷 却 時 間 終 了 後 クランプを 取 り 外 し てください 冷 却 終 了 まではクラ ンプを 取 り 外 さない でください 5 サドルの 融 着 面 と 管 の 切 削 面 を アセトン 等 を 浸 み 込 ま せたペーパータオルで 清 掃 してください ティッシュペーパーや ウエスは 使 用 しないで ください 6 継 手 と 管 の 清 掃 継 手 と 管 の 固 定 管 の 切 削 面 にサドルを 当 て サドルクランプを 用 いて 管 と サドルを 固 定 してください 管 の 表 面 とサドルの 融 着 面 に 隙 間 ができ ないように 固 定 して ください 11 穿 孔 不 断 水 施 工 は 分 岐 で 可 能 です 穿 孔 は 専 用 の 穿 孔 具 で 行 い ます 奥 まで 行 き 当 たった ら 穿 孔 完 了 となります 穿 孔 刃 を 引 き 上 げれば 通 水 可 能 状 態 となります 穿 孔 は 所 定 の 冷 却 時 間 終 了 後 行 ってください 但 し 水 圧 負 荷 時 は 30 分 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください 不 断 水 穿 孔 時 は 水 抜 きホースを 取 り 付 けてから 行 ってください 12 キャップ 取 り 付 け キャップを 手 で 確 実 に 締 め 付 けます 7 融 着 準 備 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 確 認 を 行 います 2)コネクターと 継 手 のター ミナルピンを 接 続 します パイプレンチ 等 を 使 用 しないでください 穿 孔 刃 が EF サドルの 面 より 突 き 出 ていないことを 確 認 した 後 キャップ(O リング 内 蔵 )を 締 め 付 けてください 33

35 EFサドル 付 分 水 栓 の 接 合 方 法 1 管 に 傷 汚 れがないかを 点 検 してください 管 に 付 着 し ている 土 や 汚 れをペーパー タオルで 清 掃 してください 管 に 有 害 な 傷 がある 場 合 は 補 修 を 行 って ください 2 サドル 取 付 け 位 置 を 油 性 ペン 等 でマーキングします 3 管 の 清 掃 サドル 取 付 け 位 置 の 記 入 切 削 面 の 記 入 サドルの 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で まんべんなく マーキングします 標 準 温 度 (23 )における 通 電 時 間 EF サドル 付 分 水 栓 ( 全 サイズ 共 通 ) インジケーター 120 秒 8 バーコードリーダーで 継 手 に 添 付 されているバーコードを 読 み 取 り コントローラーの 通 電 開 始 スイッチを 押 してく ださい 融 着 終 了 後 コネク ターを 取 り 外 してください 9 融 着 検 査 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがあ りますので 直 射 日 光 を 避 けてください インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 している ことを 確 認 してください 10 冷 却 4 専 用 の 切 削 工 具 でマーキ ングが 完 全 に 消 えるまで 表 面 を 切 削 してください 融 着 面 の 切 削 切 削 なしや 切 削 むら は 融 着 不 良 の 原 因 と なります 冷 却 時 間 EF サドル 付 分 水 栓 ( 全 サイズ 共 通 ) 5 分 以 上 融 着 終 了 時 に 冷 却 時 間 を 加 えた 時 刻 を 継 手 表 面 にペン 等 で 記 入 した 後 放 置 冷 却 してください 冷 却 終 了 まではクラ ンプを 取 り 外 さない でください 5 サドルの 融 着 面 と 管 の 切 削 面 を アセトン 等 を 浸 み 込 ませたペーパータオルで 清 掃 してください 継 手 と 管 の 清 掃 ティッシュペーパーや ウエスは 使 用 しないで ください 11 穿 孔 穿 孔 はポリエチレン 管 用 ハ ンディドリル PHD( 日 邦 バルブ 製 ) 等 の 専 用 工 具 で 行 います 6 継 手 と 管 の 固 定 管 の 切 削 面 にサドルを 当 て サドルクランプを 用 い て 管 とサドルを 密 着 固 定 し てください 管 の 表 面 とサドルの 融 着 面 に 隙 間 ができると 融 着 不 良 となるのでしっかり と 固 定 してください 穿 孔 機 によっては 穿 孔 できなかったり 管 底 に 傷 を 付 ける 場 合 があ りますので 必 ず 穿 孔 機 の 適 応 を 確 認 ください 穿 孔 は 所 定 の 冷 却 時 間 終 了 後 行 ってください 不 断 水 での 穿 孔 は 融 着 終 了 後 30 分 以 上 経 過 した 後 に 行 って ください 通 水 試 験 は 融 着 終 了 後 試 験 圧 力 1.0MPa 未 満 は30 分 以 上 1.0 MPa 以 上 は1 時 間 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください サドル 取 り 付 け 位 置 は 直 管 部 のみとします ベンド チーズ レデューサ 等 には 取 り 付 けないでください 7 融 着 準 備 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 を 確 認 します 2) 次 に コネクターと 継 手 のタ ーミナルピンを 接 続 します コネクターにゆるみが ある 場 合 には 融 着 不 良 の 原 因 となりますので コネクターピンを 交 換 してください 34

36 AW 媒 介 継 手 の 標 準 施 工 方 法 部 材 構 成 袋 ナット 樹 脂 リング インコア 本 体 おねじ 側 1 EF チーズ 枝 管 端 部 の 確 認 EF チーズ 枝 管 端 部 にゴミの 付 着 やキズが 無 いか 確 認 してください 枝 管 部 のスクレープは 行 わないでください 2 袋 ナットおよび 樹 脂 リングの 向 きを 確 認 し 袋 ナットから 樹 脂 リングの 順 に 枝 管 の 奥 まで 通 してください 袋 ナット 樹 脂 リングの 装 着 部 材 の 向 き 入 れ 忘 れに してください 必 ず 樹 脂 リングを 根 元 の 位 置 まで 通 してください 3 袋 ナットおよび 樹 脂 リングの 向 きが 正 しく 装 着 されていることを 確 認 してください 4 樹 脂 リングが 管 端 に 近 い 位 置 でインコアをたたき 込 むと 樹 脂 リングが 割 れる 場 合 が 有 ります 万 一 割 れた 樹 脂 リングは そのまま 使 用 せず 新 しい 物 に 交 換 してください インコアの 変 形 や 表 面 に 傷 がないことを 確 認 してください 変 形 したインコアはそのまま 使 用 せず 新 しい 物 に 交 換 してください インコアの 装 着 には インコア 端 面 をプラスチックハン マー 木 槌 で 管 端 面 と 一 致 するまで 叩 き 込 んで 装 着 してください 挿 入 不 足 は 漏 水 の 原 因 となります 必 ずインコアを 装 着 してください インコアを 入 れ 忘 れた 場 合 漏 水 します 部 材 装 着 の 確 認 インコアの 挿 入 ( 装 着 ) 誤 って 装 着 したインコアを 取 り 出 して 再 使 用 しないでください 再 使 用 した 場 合 インコアの 変 形 や 表 面 傷 が 漏 水 の 原 因 となります 5 本 体 のねじに 袋 ナットを 掛 け 手 で 仮 締 めしてください 次 に 本 体 と 袋 ナットにレンチを 掛 け 袋 ナットを 締 め 込 んでください 袋 ナットねじ 込 み 必 ず 二 本 のレンチを 使 用 し 袋 ナットを 回 転 させ 標 準 トルクで 締 め 込 んでください 締 め 込 み 不 良 は 漏 水 します 本 体 が 共 回 りしないように してください 樹 脂 リングを 逆 に 取 り 付 けた 場 合 は 袋 ナットがかかりません 本 体 のおねじ 側 は 先 にねじ 込 み 継 手 をねじ 込 んでから 接 続 作 業 を 行 ってください 但 し 後 からねじ 込 み 継 手 をねじ 込 む 場 合 本 体 が 回 転 しない 様 に 本 体 おねじ 側 の 六 角 部 を 固 定 してねじ 込 んでください 35

37 EF 接 合 の 工 具 対 サイズ 外 NEW コンパクト 寸 法 量 レンタル 1 各 EFコントローラーの 必 定 格 力 EC-75 EC-100 EC-300R WE200-10A 以 上 12A 以 上 20A 以 上 20A 以 上 工 具 レンタル おい 合 継 手 ルブ() レントオール() 36

38 施 工 事 例 埋 設 配 管 外 構 配 管 外 構 配 管 施 工 ピット 内 配 管 チーズ 分 岐 付 近 スリーブ 貫 通 箇 所 付 近 天 井 内 配 管 1 階 天 井 部 チーズ 分 岐 付 近 ( 保 温 が 必 要 です ) 1 階 天 井 部 チーズ 分 岐 付 近 ( 保 温 が 必 要 です ) 機 械 室 ポンプ 室 配 管 受 水 槽 廻 り 増 圧 ポンプ 廻 り 37

39 パイプシャフト 配 管 パイプシャフト 内 パイプシャフト 内 最 下 階 ゲートバルブ 付 近 立 て 管 支 持 固 定 の 状 況 枝 管 がエスロハイパーAWの 場 合 枝 管 がスーパーエスロメタックスの 場 合 最 上 階 空 気 弁 防 火 区 画 貫 通 部 支 持 固 定 最 下 階 継 手 での 支 持 固 定 (アングルとUバンドでの 支 持 ) スラブ 面 の 支 持 固 定 ( 床 バンドと 足 を 用 いた 支 持 固 定 ) 床 バンドコンクリート 埋 設 による 固 定 支 持 (コンクリート 増 し 打 ち 前 ) 38

40 施 工 状 況 軽 量 性 を 活 かした 運 搬 柔 軟 性 を 活 かしたピット 内 への 管 の 搬 入 柔 軟 性 を 活 かしたPS 内 への 管 の 挿 入 免 震 配 管 免 震 継 手 ( 横 配 管 タイプ 呼 び 径 :75) 固 定 架 台 ( 地 盤 側 ) 固 定 架 台 ( 建 物 側 ) 屋 外 埋 設 消 火 管 埋 設 消 火 配 管 消 火 栓 との 接 続 39

41 地 中 熱 配 管 孔 への 挿 入 横 引 き 管 横 引 き 管 との 接 続 部 横 引 き 管 と 分 岐 部 充 実 したサポート 体 制 : 水 工 式 : 水 受 : 成 上 のは エスロハイパAW 施 工 技 術 講 習 を 講 し そのを 修 了 したことを 証 する 施 工 技 術 講 習 会 修 了 証 施 工 講 習 会 風 景 40

42 安 全 上 の 安 全 かつ 適 切 に 使 用 していただくために 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 表 示 と 意 味 は 以 下 の 通 りです 1. 設 計 上 の エスロハイパー AW 管 を 水 道 配 管 以 外 の 用 途 に 使 用 する 場 合 は 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 せください 使 用 水 圧 について 管 は 使 用 圧 力 0.75MPa 7.6kgf/cm 2 以 下 の 水 道 に 使 用 します 使 用 圧 力 とは 通 常 の 使 用 状 態 における 水 の 圧 力 であ って 最 高 使 用 圧 力 ( 静 水 圧 )です ただし 管 の 最 高 許 容 圧 力 ( 設 計 内 圧 )は 使 用 圧 力 に 水 撃 圧 0.25MPa 2.6kgf/ cm 2 を 加 えた1.0MPa 10.2kgf/cm 2 とします 使 用 温 度 について 使 用 温 度 は 40 以 下 でご 使 用 ください この 場 合 の 40 は 給 水 管 周 囲 の 気 温 上 昇 を 想 定 したもので 40 以 下 であっても 熱 源 器 により 昇 温 される 管 路 では 使 用 しな いでください 配 管 の 保 温 について 天 井 配 管 ( 駐 車 場 等 での 露 出 配 管 含 む) 地 下 水 や 井 戸 水 な ど 水 温 が 低 い 水 源 を 使 用 する 配 管 及 び 寒 冷 地 等 で 使 用 す る 配 管 は 原 則 保 温 が 必 要 となりますのでご ください 天 井 配 管 地 下 水 等 を 使 用 する 配 管 寒 冷 地 等 で 使 用 する 配 管 2. 運 搬 上 の 地 下 水 その 他 高 温 となりえる 場 所 や 準 寒 冷 地 では 保 温 の 検 討 が 必 要 な 場 合 がありますので 別 途 ご 相 談 ください 手 袋 を 着 用 作 業 時 は けが 防 止 のために 必 ずすべりにくいゴム 引 き 手 袋 を 着 用 してください 管 の 上 には 乗 らない エスロハイパー AW 管 の 表 面 は 滑 りやすく 事 故 の 原 因 になるので 管 の 上 には 乗 らないでください 取 り 扱 いはていねいに トラックへの 積 み 込 み 積 み 降 ろし 時 は エスロハイパー AW 管 を 投 げ 込 んだり 引 きずったりしないでください 管 の 傷 つき 破 損 防 止 ケガ 防 止 のためにていねいに 扱 ってください 管 の 吊 り 上 げ 吊 り 下 ろしに クレーン 付 トラックなどを 使 用 するときは ケガ 防 止 の ために 吊 りバランスに してください 安 易 な 荷 扱 いは 危 険 です エスロハイパー AW 管 は 大 口 径 管 あるいは 管 の 結 束 単 位 によっては 重 くなります ケガ 防 止 のために 荷 扱 い には してください この 表 示 を 無 視 して 誤 った 取 り 扱 いをすると 使 用 者 が 死 亡 または 重 傷 を 負 う 危 険 性 が 想 定 される 内 容 が 記 載 されています この 表 示 を 無 視 して 誤 った 取 り 扱 いをすると 使 用 者 が 障 害 を 負 う 危 険 性 が 想 定 される 内 容 及 び 物 的 損 害 の 発 生 が 想 定 される 内 容 が 記 載 されています クッション 材 を 活 用 管 の 傷 つき 変 形 防 止 のためにトラックの 荷 台 との 接 触 部 ロープの 固 定 部 などには クッション 材 をあててください 運 送 中 の 荷 くずれ 防 止 ロープのゆるみやはずれによる 管 の 落 下 等 に 十 分 し てください EF 受 口 付 管 EF 継 手 の 小 運 搬 EF 受 口 の 融 着 面 に 異 物 (シリコンシーラント 油 脂 等 )が 付 着 す ると 融 着 不 良 漏 水 の 原 因 となります 小 運 搬 時 は 梱 包 状 態 の ままで 行 い EF 受 口 部 及 び EF 継 手 は 使 用 直 前 に 開 封 してください 3. 施 工 上 の 専 用 工 具 の 使 用 正 しい 施 工 と 安 全 のため 管 の 切 断 融 着 等 の 作 業 に 用 い る 工 具 は 専 用 工 具 または 性 能 が 確 認 されたものを 選 択 し 取 扱 説 明 書 の 規 定 を 理 解 して 使 用 してください 管 継 手 のねじ 切 りの 禁 止 管 継 手 に 直 接 ねじを 切 らないでください 管 の 熱 加 工 の 禁 止 施 工 現 場 での 管 の 熱 加 工 による 配 管 作 業 は 良 好 な 品 質 の 確 保 が 困 難 になるので 決 して 行 わないでください 管 施 工 上 の 点 可 塑 剤 入 りの 被 覆 電 線 (コード)などの 可 塑 剤 の 入 っ たものは 管 を 侵 すことがありますので 直 接 管 に 触 れ させないように 施 工 してください ターミナルピンは 切 断 しないでください 納 まり 上 や むを 得 ない 場 合 は 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 わせください 主 に 水 道 直 結 型 スプリンクラー 配 管 など 屋 根 裏 等 で 環 境 温 度 の 上 昇 が 予 想 される 部 位 の 配 管 に 使 用 する 場 合 は 圧 力 上 昇 で 管 の 破 損 や 機 器 に 損 傷 を 与 える 場 合 があります これを 防 止 するため に 管 に 保 温 を 行 うとともに 水 道 用 途 に 適 合 した 膨 張 弁 逃 が し 弁 ( 設 定 圧 :0.75MPa 以 下 ) 等 の 設 置 を 検 討 してください EF 接 合 時 における 点 清 掃 後 の EF 接 合 部 に 水 がかかると 通 電 時 の 温 度 上 昇 の 妨 げや 水 蒸 気 の 発 生 により 融 着 不 良 となります また 融 着 装 置 が 濡 れた 状 態 で 作 業 を 行 うと 感 電 や 装 置 の 故 障 の 原 因 になりますので EF 接 合 部 や 機 器 が 水 に 濡 れない 状 態 にして 接 合 してください 大 雨 の 時 は EF 接 合 を 中 止 してください 大 きな 電 圧 降 下 にはご ください 融 着 時 にブレーカーが 落 ちた 場 合 は コントローラーの 表 示 に 従 って その 箇 所 を 切 断 し やり 直 してください アセトンは 必 ずレンタルセットに 同 梱 されたポリエチ レン 製 の 容 器 に 入 れてください アクリル 製 や 塩 ビ 製 などの 容 器 に 入 れた 場 合 容 器 の 樹 脂 がアセトンに 溶 出 し 融 着 不 良 を 起 こす 恐 れがあります 管 継 手 の 養 生 キャップは EF 接 合 の 直 前 まで 取 り 外 さないでください 41

43 配 管 付 近 で 塗 装 作 業 を 行 う 際 には 付 着 しないように 養 生 を 実 施 してください 塗 料 等 が 付 着 した 場 合 は 速 やかにアセトン 等 で 拭 き 取 ってください 配 管 付 近 で 溶 接 作 業 を 行 う 際 には 溶 接 スパッタが 付 着 しないように 養 生 を 実 施 してください 二 度 融 着 の 禁 止 一 度 融 着 した 継 手 を 再 度 融 着 しないでください 露 出 配 管 での 措 置 エスロハイパー AW は 長 時 間 紫 外 線 にさらされると 物 性 に 変 化 が 生 じますので 紫 外 線 は 遮 断 してください スクリュージョイントの 接 合 スクリュージョイントを 使 用 する 際 は 樹 脂 部 をつかまず に 必 ず 六 角 部 分 をつかんで 接 合 してください ガス 給 湯 器 等 ガス 機 器 と 周 囲 の 配 管 との 離 隔 距 離 について ガス 機 器 の 設 置 基 準 及 び 実 務 指 針 ( 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 )に 定 められた 基 準 を 遵 守 ください またガス 給 湯 器 の 機 種 により 緩 和 されることがありますので 具 体 的 な 離 隔 距 離 につ いてはガス 事 業 者 またはガス 機 器 メーカーにご 確 認 ください 防 水 塗 膜 および 基 礎 貫 通 部 のコーキングについて 防 水 塗 膜 および 基 礎 貫 通 部 のコーキングにおいては 水 溶 性 (エマルジョ ン 系 )の 製 品 の 中 から プライマーも 含 め 樹 脂 材 料 を 侵 す 有 機 溶 剤 が 含 まれていないことを 防 水 材 メーカーにご 確 認 の 上 ご 使 用 ください エスロハイパー JW との 接 続 について エスロハイパーAWの 管 継 手 と エスロハイパーJWの 管 継 手 は 規 格 が 異 なるため 接 続 できません 上 記 の 接 続 はJWW A PWA 変 換 継 手 を 必 ず 使 用 してください アセトンもしくはエタノールの 清 掃 剤 取 り 扱 いについて ご 使 用 にあたっては 必 ずそれぞれの 薬 品 の 書 きおよびMS DS( 製 品 安 全 データシート)をよく 読 み 内 容 に 従 ってください 消 防 法 の 危 険 物 第 4 類 に 該 当 します 保 管 は 法 令 条 例 に 従 ってください 4. 水 圧 試 験 管 に 水 圧 を0.75MPまで 圧 し 5 分 置 く 5 分 水 圧 を0.75MPまで 再 圧 を 再 圧 すに0.50MPまで 圧 し 計 をする 水 圧 試 験 の 点 施 工 完 了 計 後 をしてか 1の は 水 圧 試 験 を 実 施 し 水 圧 同 を 確 時 認 に する 継 手 接 合 部 の 目 視 / 触 診 を 行 い 漏 れがないことを 確 認 してください 0.4MP 以 上 0.4MP 水 圧 試 験 は 最 後 の EF 接 合 が 終 了 してから 1 時 間 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください 計 を 継 続 し 24の 水 圧 を 確 認 する 水 圧 試 験 を 行 う 際 はエア 抜 きを 行 ってください 0.3MP 以 上 0.3MP エスロハイパー AW は 可 とう 性 です 水 圧 を 負 荷 すると 真 円 に 戻 ろうとする 力 が 働 き 時 間 の 経 過 とともに 若 干 の 水 合 格 合 格 圧 低 下 をきたすことがありますのでご ください ( 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 試 験 標 準 ) 管 に 水 圧 を1.75MPで1 分 圧 する 1 分 圧 水 圧 を1.0MPまで 圧 して 計 をする 計 をしてか 1の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 以 上 0.MP 以 上 0.7MP 再 1.75MPで1 分 圧 1.0MPまで 圧 して 計 をする 再 検 査 をしてか 1の 水 圧 を 確 認 する 0.MP 合 格 合 格 水 圧 をかけるときは 2.0MPaを 上 限 とし 過 度 な 水 圧 がかからないようにしてください 管 破 損 の 原 因 となります ( 水 圧 試 験 までの 時 間 短 縮 ) 改 修 工 事 等 で やむを 得 ず 水 圧 試 験 までの 時 間 を 短 縮 する 場 合 は 最 後 の EF 接 続 の 冷 却 時 間 が 終 了 してから 少 なくとも 30 分 以 上 経 過 した 後 に 以 下 を 参 考 に 実 施 してください 0.6MP 以 上 5. 保 管 上 の 屋 内 に 横 置 き 管 の 反 り 変 形 などの 防 止 および 安 全 確 保 のため 屋 内 に 千 鳥 積 みにして 保 管 してください また 端 部 には 必 ず 荷 くずれ 防 止 の 端 止 め 材 を 施 してください 積 上 げ 段 数 ( 参 考 ) 直 管 保 管 方 法 ( 千 鳥 積 み) 立 てかけ 保 管 の 場 合 やむを 得 ず 立 てかけ 保 管 する 場 合 は 安 全 確 保 のために ロープがけなどの 転 倒 防 止 策 を 施 してください 管 の 屋 外 保 管 やむを 得 ず 屋 外 に 保 管 する 場 合 は 管 の 反 り 変 形 光 によ る 劣 化 を 防 止 するため 簡 単 な 屋 根 を 設 けるか 熱 気 のこもらな い 方 法 でシートを 掛 けて 直 射 日 光 を 避 けるようにしてください 継 手 の 保 管 継 手 も 管 と 同 様 に 屋 内 保 管 とし やむを 得 ず 屋 外 に 保 管 す る 場 合 は 管 と 同 様 にしてください 6. その 他 管 に 水 圧 を1.0MPで5 分 圧 する 計 をしてか の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 以 上 呼 び 径 MP 再 1.0MPで5 分 圧 計 をする 再 検 査 をしてか の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 合 格 合 格 水 圧 をかけるときは 予 備 加 圧 を 含 めて1.0MPa を 超 えないようにしてください 段 数 7 以 下 5 以 下 3 以 下 有 機 溶 剤 等 による 水 質 汚 染 防 止 エスロハイパー AW 管 は 通 常 の 埋 設 状 態 では 有 機 溶 剤 の 水 道 水 中 への 浸 透 が 問 題 となることはありませんが 大 量 に 灯 油 ガ ソリンなどを 扱 うスタンド 車 両 工 場 化 学 工 場 などで 高 濃 度 汚 染 がある 場 所 やそのことが 予 測 される 場 所 に 布 設 する 場 合 は 非 汚 染 土 による 埋 め 戻 し 影 響 を 受 けない 経 路 の 検 討 または 浸 透 防 止 スリーブ 等 を 用 いた 防 護 措 置 を 行 う 必 要 があります 管 の 表 面 傷 保 管 や 運 搬 時 埋 設 などで 発 生 した 傷 が 管 厚 の 10% 以 上 の 深 さの 傷 である 場 合 は その 部 分 の 管 を 切 取 って 使 用 してください 実 際 の 設 計 施 工 に 当 たっては 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 わせください その 他 施 工 にあたっては 設 計 施 工 マニュアルをご 参 考 ください 42

44

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

目 次 ページ 1. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 特 長 2 2. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 性 能 4 3. 運 搬 保 管 上 の 注 意 事 項 8 4. 施 工 9 5. 使 用 上 の 注 意 事 項 23 参 考 資 料 1 施 工 上 のQ&A 27 参

目 次 ページ 1. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 特 長 2 2. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 性 能 4 3. 運 搬 保 管 上 の 注 意 事 項 8 4. 施 工 9 5. 使 用 上 の 注 意 事 項 23 参 考 資 料 1 施 工 上 のQ&A 27 参 目 次 ページ 1. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 特 長 2 2. 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 性 能 4 3. 運 搬 保 管 上 の 注 意 事 項 8 4. 施 工 9 5. 使 用 上 の 注 意 事 項 23 参 考 資 料 1 施 工 上 のQ&A 27 参 考 資 料 2 水 道 用 ポリエチレン 二 層 管 の 規 格 31 参 考 資 料 3 水 道 用

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829>

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829> デッキ 施 工 取 扱 説 明 書 14.01 版 1. 安 全 上 のご 注 意 本 製 品 はデッキ 用 途 として 設 計 製 品 化 されたものであり 本 書 はその 施 工 取 扱 いのガイドラインを 提 供 するものです よって 他 の 用 途 に 使 用 して 不 具 合 を 起 こした 場 合 や 当 社 ガイドラインよる 標 準 施 工 法 以 外 の 施 工 の 場 合 は 当

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して 床 置 き 型 手 すり ルーツ ア ウトドア 段 差 タイプ 目 次 ステップ 台 付 き 注 意 事 項 P1 各 部 名 称 P2 組 み 立 ておよび 設 置 方 法 P3 フィッティングおよび 高 さ 調 整 方 法 P6 運 搬 保 管 方 法 P7 お 手 入 れ 方 法 P8 点 検 項 目 P8 このようなときには P9 各 部 寸 法 および 仕 様 P10 この 度 は 当 社

More information

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が 久 留 米 市 公 告 第 58 号 下 記 の 物 品 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 ( 家 庭 用 大 小 ) について 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 を 施 行 するので 物 品 の 内 容 並 びに 入 札 参 加 申 請 の 受 付 の 期 間 及 び 方 法 を 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 4 月 22 日 品 名 入 札 1 久 留 米 市 指 定 ごみ

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

Microsoft Word - 2-2-3.doc

Microsoft Word - 2-2-3.doc 技 術 分 類 2-2-3 個 別 空 調 / 冷 媒 配 管 /ビル 用 エアコンの 冷 媒 配 管 技 術 名 称 2-2-3-1 冷 媒 配 管 の 分 岐 技 術 内 容 ビル 用 エアコン(いわゆるビルマルチエアコン)では1 台 の 室 外 機 に 対 して 複 数 台 の 室 内 機 を 接 続 し 冷 媒 配 管 は 分 岐 点 までは 主 配 管 を1 本 とし 分 岐 点 以 降

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案)

炉内中継装置等検討委員会 審議概要及び検討の整理(案) 第 5 回 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 資 料 5-1-2 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 第 1~5 回 までの 審 議 内 容 のまとめ 平 成 24 年 1 月 26 日 平 成 24 年 2 月 6 日 改 1 炉 内 中 継 装 置 等 検 討 委 員 会 事 務 局 本 委 員 会 は もんじゅの 安 全 性 向 上 に 資 する 観 点 から 炉 内

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73>

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73> [ 作 業 手 順 書 ] 松 岡 コンクリート 工 業 株 式 会 社 岐 阜 県 大 垣 市 神 田 町 1 丁 目 6 番 地 TEL 0584-6-7837 FAX 0584-6-565 問 い 合 わせ 先 テクノ 事 業 部 戸 島 和 茂 携 帯 080-3669-800 1 7.5.16 改 [ 作 業 手 順 書 ] ロードクーラーの 施 工 には 下 記 の 商 品 を 使 用

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散…

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散… ヒーター 交 換 要 領 書 油 拡 散 ポンプ 型 番 ULK-10A ULK-14A 株 式 会 社 アルバック 規 格 品 事 業 部 http://www.ulvac.co.jp/ はじめに この 度 は ULVAC の ULK-10A および ULK-14A をご 使 用 いただき ありがとうございます この はじめに には 本 ポンプのヒーター 交 換 要 領 書 の 内 容 の 記 述

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378> 明 石 市 立 山 手 小 学 校 プレハブ 教 室 賃 貸 借 仕 様 書 1. 住 所 明 石 市 大 久 保 町 大 窪 1600 番 地 ( 明 石 市 立 山 手 小 学 校 敷 地 内 ) 2. 賃 貸 借 建 物 軽 量 鉄 骨 造 2 階 建 1 棟 ( 建 物 及 び 設 備 の 仕 様 については 別 添 図 面 を 参 照 ) 延 床 面 積 約 704m2( 建 物 本 体

More information

<483236303894F692A388AE8B8B90859195927590DD8C7681458E7B8D738AEE8F80816982508FCD816091E682568FCD816A2E786477>

<483236303894F692A388AE8B8B90859195927590DD8C7681458E7B8D738AEE8F80816982508FCD816091E682568FCD816A2E786477> 第 6 章 給 水 装 置 の 実 施 基 準 ( 関 係 法 規 等 ) 第 30 条 直 結 直 圧 給 水 における 給 水 装 置 は 施 行 令 第 5 条 及 び 構 造 材 質 基 準 に 基 づき 安 全 上 及 び 衛 生 上 支 障 のない 構 造 とする 2 直 結 直 圧 給 水 装 置 は 本 市 の 水 道 水 のみの 専 用 系 統 による 給 水 装 置 とし 他 の

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結 改 訂 版 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 給 水 設 計 施 工 基 準 平 成 24 年 4 月 1 日 改 定 高 崎 市 水 道 局 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

改 訂 事 項 改 訂 事 項 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 ~18 給 水 用 具 が 多 い 建 物 等 で 同 時 使 用 水 量 により 必 要 とする 給 水 管 の 口 径 ( 管 内 流 速 は 毎 秒 2.0メートル 以 ~18 直 結

改 訂 事 項 改 訂 事 項 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 P313 ⑵ 同 時 使 用 水 量 ~18 給 水 用 具 が 多 い 建 物 等 で 同 時 使 用 水 量 により 必 要 とする 給 水 管 の 口 径 ( 管 内 流 速 は 毎 秒 2.0メートル 以 ~18 直 結 改 訂 事 項 改 訂 事 項 P11 1.2 用 語 の 定 義 P11 1.2 用 語 の 定 義 ~2 この 施 行 要 領 において 用 いられる 主 な 用 語 の 定 義 は 次 のとおりとする ~2 この 施 行 要 領 において 用 いられる 主 な 用 語 の 定 義 は 次 のとおりとする 1~16 1~16 17 直 結 給 水 システム 設 計 施 工 基 準 とは さいたま

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

ハイブリッドファンセカンド

ハイブリッドファンセカンド ハイブリッドファン サード 取 扱 説 明 書 [HBF-T] 日 本 特 許 3717509 国 際 特 許 (PCT) 出 願 ハイブリッドファンの 効 果 的 なご 利 用 方 法 ハイブリッドファンはエアコンからの 直 撃 風 を 防 ぐと 共 に 室 内 の 温 度 ムラ 解 消 を 目 的 とした 機 器 です 建 物 や 室 内 の 環 境 等 にもよりますが 室 内 の 温 度 ムラ(

More information

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 使 用 吹 付 け 施 工 のため 複 雑 な 形 状 にも 対 応 できる 足 場 仮 設 道 路

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 SDS 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 :03-3296-3274 FAX 番 号 :03-3296-3458 安 全 データシート :アサクリン 本 SDSはアサクリン 製 品 の 次 のグレードに 適 用 される アサクリン UP,newUP,HP,UF2,UL2,UB,SX

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 京 都 既 存 登 録 者 用 安 定 器 等 汚 染 物 の 登 録 について 登 録 受 付 開 始 : 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 当 初 施 設 増 設 施 設 中 間 貯 蔵 環 境 安 全 事 業 株 式 会 社 北 海 道 PCB 処 理 事 業 所 Japan Environmental Storage and Safety Corporation, Hokkaido

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

減圧軽油水素化脱硫装置の運転再開中、熱交換器からガス漏洩・爆発・火災

減圧軽油水素化脱硫装置の運転再開中、熱交換器からガス漏洩・爆発・火災 基 本 事 項 事 例 番 号 00037 投 稿 日 2007/04/02 タイトル 減 圧 軽 油 水 素 化 脱 硫 装 置 の 運 転 再 開 中 熱 交 換 器 からガス 漏 洩 爆 発 発 生 年 月 日 1992/10/16 発 生 時 刻 15:52 気 象 条 件 発 生 場 所 ( 国 名 ) 発 生 場 所 ( 都 道 府 県 州 都 市 など) プロセス 天 候 : 晴 れ

More information

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 紙 の 修 理 ご 相 談 窓 口 へご 用 命 ください パナソニック 住 まいの 設 備 と 建

More information

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙 NM19 OSTOMY CARE SIMULATOR 取 扱 説 明 書 ご 使 用 の 前 に ご 使 用 の 前 の 確 認 とご 注 意 P1 準 備 P2 実 習 P3 後 片 付 け P4 はじめに このたびは 人 工 肛 門 シミュレータ をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 本 製 品 は 患 者 さんや 学 生 研 修 生 に 人 工 肛 門 の 術 後 ケアの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366837E8347815B8358208EE688B590E096BE8F912893FA967B8CEA94C5292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366837E8347815B8358208EE688B590E096BE8F912893FA967B8CEA94C5292E646F6378> カートリッジ 純 水 器 デミエース DX-05 / DX-07 / DX-10 DX-15 / DX-25 / DX-50 取 扱 説 明 書 安 全 上 のご 注 意 1 もくじ 4 1 はじめに 5 2 設 置 する 11 3 純 水 を 採 水 する 19 4 純 水 の 水 質 を 測 定 する 22 5 日 々のお 手 入 れ 23 6 樹 脂 筒 を 交 換 する 25 7 こんなときは

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

<95E694E8939982CC8E7B8D4882C98AD682B782E9928D88D38E968D802E584C53>

<95E694E8939982CC8E7B8D4882C98AD682B782E9928D88D38E968D802E584C53> 1 飯 盛 霊 園 墓 碑 等 施 工 に 関 する 注 意 事 項 当 霊 園 では 全 国 どこ 施 工 業 者 でも 同 じ 条 件 で 施 工 できますが こ 注 意 事 項 を 遵 守 して 下 さい 当 霊 園 で 施 工 される 業 者 方 は 注 意 事 項 を 確 認 いただき 受 取 書 提 出 し 工 事 申 請 が 必 要 です 違 反 された 場 合 過 料 や 園 内 で

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

3M(TM) 電力製品総合カタログ-03

3M(TM) 電力製品総合カタログ-03 49 P.5255 P.5657 P.6869 P.7073 50 P.5859 P.6063 P.6467 P.7475 P.7679 P.8081 51 1 2 3 4 5 6 6 7 8 8 7 52 53 54 55 1 2 3 4 5 6 56 57 1 2 3 4 5 6 58 59 1 2 3 60 61 1 2 3 62 63 1 2 3 1 2 3 64 65 1 2 3 66 67

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<8DA188E490EC89FC8F438AD698418AAE90AC2E786477>

<8DA188E490EC89FC8F438AD698418AAE90AC2E786477> 配 管 平 S=: 耐 衝 撃 性 硬 質 塩 化 ヒ ニル 管 I-VP(RR)φ0 L=0.m 鞘 管 SGP-VD 00A L=.m L=.m L=.m L=.0m 既 設 DIP-Kφ DP0. 3 L=.3m L=.0m L=.m T- TP. T- NO. NO. NO.3 NO. NO. NO. 美 容 室 AASA ( 駐 ) 庄 司 隆 神 田 健 治 岩 田 賢 司 株 式 会

More information

直 管 巻 き 癖 のない 定 尺 の 直 管 です フォム 工 事 等 で 巻 き 癖 が 気 になる 場 合 の 配 管 施 工 に 最 適 です 品 番 定 尺 m 1 材 質 :PB 2にはサズ 規 格 等 を 表 示 してあります 確 認 の 上 使 用 してください 3 円 周 方 向

直 管 巻 き 癖 のない 定 尺 の 直 管 です フォム 工 事 等 で 巻 き 癖 が 気 になる 場 合 の 配 管 施 工 に 最 適 です 品 番 定 尺 m 1 材 質 :PB 2にはサズ 規 格 等 を 表 示 してあります 確 認 の 上 使 用 してください 3 円 周 方 向 とは -1 を 重 合 することにより 製 造 される 合 成 樹 脂 で 側 鎖 にエチ 基 を 持 つらせん 構 造 を しています 分 子 量 が 約 120 万 と 非 常 に 大 きく 耐 熱 ク 特 性 耐 スレスクラック 性 に 優 れています 優 れた 耐 久 性 耐 熱 ク 特 性 に 優 れているので 高 状 態 で 長 時 間 使 用 しても 強 度 の 低 下 がほとんど ありません

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

給水装置工事施行要領

給水装置工事施行要領 5 図 面 作 成 5.1 図 面 作 成 図 面 は 給 水 装 置 計 画 の 技 術 的 表 現 であり 工 事 施 行 の 際 の 基 礎 であるとともに 給 水 装 置 の 適 切 な 維 持 管 理 のための 必 須 の 資 料 であるので 明 確 かつ 容 易 に 理 解 できるもの であること 1 図 面 は 設 計 図 と 給 水 装 置 しゅん 工 図 ( 以 下 しゅん 工 図

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D382A482B682EB82A4826981408376838C8358838A838A815B83583036313230372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D382A482B682EB82A4826981408376838C8358838A838A815B83583036313230372E646F63> 2006 年 2 月 7 日 株 式 会 社 小 川 テック 株 式 会 社 ミヤデラ 小 川 テック ミヤデラ アスベスト 除 去 処 理 を 大 幅 に 簡 素 化 コストダウンする 部 分 隔 離 アスベスト 除 去 ラッヒ ンク 工 法 ふうじろう Jシリーズ を 製 造 販 売 開 始 第 号 0 月 東 京 都 杉 並 区 内 のマンションに 除 去 施 工 完 了 この 度 株 式 会

More information

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 蕨 市 水 道 部 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 理 業 務 ( 以 下

More information

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額 固 定 資 産 税 償 却 資 産 申 告 の 手 引 き 茨 城 県 鉾 田 市 役 所 税 務 課 目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 5-1 石 油 コンビナート 防 災 アセスメント 施 設 調 査 票 ( 案 ) 本 調 査 は 平 成 21 年 度 に 千 葉 県 が 実 施 した 防 災 アセスメント 調 査 による 施 設 調 査 データのご 確 認 及 び 更 新 をお 願 いするものです ご 提 供 いただいたデータの 取 扱 いは 厳 重 に 行 い 当 該 データは 本 業 務 以 外 には 使 用 いたしません

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

VISAについて

VISAについて 住 宅 建 設 技 術 設 計 書 I. 工 事 全 般 1. 工 事 は 以 下 を 含 む a. 土 壌 掘 下 げ 工 事 は 以 下 を 含 む: 基 礎 浄 化 槽 上 下 水 道 トイレ 排 水 / 家 庭 排 水 b. 基 礎 の 隙 間 に 土 砂 を 戻 し 平 地 化 する 工 事 c. 基 礎 の 敷 石 工 事 d. レンガ 積 み 工 事 e. モルタル 作 業 f. ドア

More information

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品 コンプレッションウエアスポーツ 用 インナーウエア)の に 関 する 商 品 比 較 テスト 1 はじめに 埼 玉 県 内 の 消 費 生 活 相 談 窓 口 には 洗 濯 による 衣 類 などの に 関 する 相 談 が 最 近 5 年 間 平 成 22 年 1 月 ~ 平 成 26 年 12 月 )に30 件 寄 せられています 平 成 26 年 コ ンプレッションウエアを 家 庭 で 洗 濯

More information

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73>

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73> 第 14 章 維 持 管 理 第 14 章 維 持 管 理 14.1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 14.1.1 基 本 事 項 1. 水 道 使 用 者 等 は 水 が 汚 染 又 は 漏 水 しないように 給 水 装 置 を 管 理 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 管 理 者 に 届 け 出 なければならない ( 給 水 条 例 第 21 条 第 1 項 ) 2. 前 項 において

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information