建物配管用エスロハイパーAWカタログ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "建物配管用エスロハイパーAWカタログ"

Transcription

1

2

3

4 エスロハイパーAWの特長 従来配管 金属管 では成し得なかった 耐久性 耐震性 省力化 を オール樹脂管路で達成 耐久性 ポリエチレン管の採用で 錆びなし 漏れなし 錆びることのない高性能ポリエチレン PE100 を使用 赤水の心配なし 酸 アルカリに強く腐食性土壌や海岸付近の塩害地域でも腐食の発生なし 電気絶縁性にも優れ 鉄道付近でも電食の心配なし 優れた長期耐久性 こんな効果も 50年クリープ強度 内圧クリープ性能 きれいな水 耐脈動水圧性能 脈動 WH 腐食しない 電気 迷走電流 酸 なめらかなため 汚れが着きにくい 水道用耐震型高性能ポリエチレン管内 アルカリ 赤水の心配なし 赤水など サビや汚れ 錆びた金属管の内部 従来の配管内 PE100 内圧クリープ試験50年後の円周応力が10MPa 100kg /cm2 以上のものを PE100と言います P.5参照 耐震性 埋設配管で実績をつんだ 水道用耐震型高性能ポリエチレン管を採用 管体独自の可とう性とEF接合により地震に強い一体管路を構築 エスロハイパーAW 免震継手 登場で 免震構造の建物にも対応 埋設配管 エスロハイパーAW では 2003年宮城県北部地震 2004年新潟県中越地震 2007年新潟県中越沖地震で被害件数がゼロ 30cmの強制変位もクリア 被害ゼロ せん断試験 水道ビジョン 厚生労働省2004 に耐震管 として定義 水道ビジョンとは水道の将来について の共通認識形成を目指した指針 3

5 省力化 信頼のEF接合 軽量 柔軟な管材 保温レス可能により 施工工数の省力化 と トータルコスト削減 信頼性が高く熟練不要のEF接合により スピーディな施工が可能 軽量かつ柔軟なポリエチレン管により 施工性が大幅アップ ねじ切りや接着が不要 改修工事でもシール材 油 接着剤で現場を汚しません エスロハイパーのメリット 給水立て管 としての メリット 管体の軽量化 EF接合 樹脂管による断熱性 枝付片受直管 さらに 保温レスが可能 1 鋼管の約1/6 施工時間短縮 接合が1箇所のみ 2 枝付片受直管 EF接合 トータルコスト削減 1. 使用条件 地域により保温が必要な場合がありますので別途ご相談ください また 天井配管 水温が低い水源を使用する配管 及び寒冷地等では原則保温が必要と なりますのでご注意ください 2. 立て管の1フロアにおける接合箇所 建物内配管 他にもこんな 用途が 日常生活に 密接してるのね 冷却水管 使用条件により 保温が必要な場 合がありますの で別途ご相談く ださい オフィスビル ショッピングセンター 冷水管 保温が必要 となります 病院 ホテル 4

6 エスロハイパーAWの 特 長 (PE100) 5

7 6

8 エスロハイパーAWの 品 揃 え 一 覧 7

9 8

10 エ スロハイパーAWの 品 揃 え 規 格 敷 地 内 埋 設 配 管 から ピット 内 横 引 き 管 給 水 立 て 管 メーター 部 まで オール 樹 脂 管 路 を 実 現 水 道 用 耐 震 型 高 性 能 ポリエチレン 管 性 震 性 施 工 性 直 管 EF 受 口 付 直 管 EF 枝 付 片 受 直 管 9

11 受 口 共 通 寸 法 ( 参 考 ) 備 考 : 建 築 設 備 用 ポリエチレンパイプシ ステム 研 究 会 規 格 PWA002 PWA006 によるものです 受 口 長 さlについては 各 継 手 ごとの 寸 法 を 確 認 してください EFソケット EFレデューサ EF 片 受 レデューサ レデューサ EFチーズ NEW 10

12 EFロング 枝 付 チーズ NEW EF 片 受 チーズ SPチーズ フランジ 付 EF 片 受 チーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 11

13 SPフランジ 付 チーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 パッキン(EPDM) 同 梱 品 番 表 フランジ 付 EFチーズ(JIS 10K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 フランジ 付 チーズ 用 支 持 金 具 12

14 13 ショートベンド NEW ベンド EFエルボ NEW EF 片 受 ベンド EF45 エルボ

15 Sベンド EF 片 受 Sベンド EFキャップ NEW NEW SPキャップ S 式 ソフトシール 仕 切 弁 14

16 フランジ 短 管 (JIS 10K 7.5K) G 形 :グルーブ 形 F 形 :フラット 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 EFフランジ 短 管 (JIS 10K 7.5K) G 形 :グルーブ 形 ゴムパッキンシール(SBR) 付 属 F 形 :フラット 形 品 番 表 パッキン(EPDM) 同 梱 15

17 フランジについて フランジ 寸 法 (G 形 ) エスロハイパーのフランジ 短 管 をご 使 用 の 際 は 下 記 の 組 み 合 わせに してください ゴムパッキンの 向 きに してください 組 み 合 わせ 例 ボルト 長 さ( 参 考 ) 異 管 種 のフランジと 接 続 する 組 み 合 わせ 例 フランジの 材 質 は SUS304 です 締 結 フランジの 材 質 に 応 じて 絶 縁 ボルト ナットを 使 用 してください フランジ 短 管 同 士 を 接 続 する 組 み 合 わせ 例 異 管 種 のフランジと 接 続 する 場 合 フランジ 短 管 同 士 を 接 続 する 場 合 ボルト ナットはパッキンが 均 等 に 圧 縮 されるように 締 め 付 け その 後 すべてのボルトが 標 準 締 付 けトルク 以 上 であることを 確 認 してください 16

18 サドル EFサドル 注 ) 呼 び 径 は 破 線 の 形 状 です ( 備 考 ) 分 岐 側 は エスロハイパーAWのEF 継 手 で EF 融 着 接 合 してください 不 断 水 施 工 は 分 岐 で 可 能 です ( 不 断 水 では) 穿 孔 は 枝 側 の 融 着 をバルブまで 終 えて から 実 施 してください EFサドル 付 分 水 栓 金 属 部 分 は 新 浸 出 基 準 ( 平 成 15 年 4 月 )に 適 合 しています ポリエチレン 管 用 ハンディードリルPHD ( 株 ) 日 邦 バルブ 製 EFスクリュージョイント 器 具 ねじこみ 後 に 融 着 を 行 います オネジソケット コア 内 蔵 バルブ 対 応 のシールが 貼 付 されています NEW コア 内 蔵 バルブ 対 応 ( 対 応 シール 貼 付 品 ) メネジソケット 17

19 ユニオンソケット エラスジョイント エスロハイパーAW 用 呼 び 径 用 呼 び 径 100 対 応 貫 通 できる 壁 床 :ALC コンクリート( 厚 100mm 以 上 ) 詳 細 はフィブロックカタログや 評 定 書 認 定 書 でご 確 認 ください NEW 100 対 応 一 巻 りで 施 工 できるおよその( 呼 び 径 ) 関 連 商 品 AW 媒 介 継 手 メタッチAW 媒 介 継 手 NEW メタッチAW 媒 介 継 手 エルボ NEW 18

20 金 ポリエチレン 管 の 品 揃 え 給 水 枝 管 として 使 用 できます 管 の 寸 法 長 尺 管 ( 巻 き 物 ) メタッチオスねじアダプター メタッチ 袋 ナットアダプター 19

21 メタッチメスねじエルボ メタッチ 回 転 アダプター45 エルボ NEW ( 備 考 ) 施 工 にあたっては 別 途 メタッチ 回 転 アダプター45 エルボの 標 準 施 工 方 法 を ご 熟 読 の 上 事 項 を 守 って 安 全 確 実 に 施 工 してください メタッチ 回 転 アダプター45 エルボは 回 転 できるので 枝 管 の 施 工 が 容 易 に なります 関 連 部 材 [ 推 奨 品 ] 詳 細 につきましては 製 造 メーカーにお 問 い 合 わせください 水 圧 試 験 治 具 ( 株 ) 川 西 水 道 機 器 製 呼 び 径 用 呼 び 径 用 SKXめねじ 付 ソケット(ポリエチレン 管 用 )(SKX-MS) スッポンMVメカ 形 キャップ I II(ポリエチレン 管 用 ) 本 キャップ C 形 ストップリング ムパッキン め 付 けット(ルト) 継 手 以 外 の 部 品 は 別 途 ご 用 意 ください 本 継 手 を 取 り 付 けた 管 は 外 面 に 傷 が 付 いている 可 能 性 があるため そのまま 配 管 せず 必 ず 先 端 をカットしてから 継 手 と 接 続 してください チーズの 枝 管 やフランジ 短 管 等 継 手 の 差 し 口 は 切 断 することができませんので 直 接 水 圧 試 験 治 具 を 接 続 しないでください ストッリング ( 可 と 防 金 具 ) プラグのサイズはⅠは 呼 び20 Ⅱは 呼 び50です 必 ずポリエチレン 管 用 をご 指 定 ください 20

22 エスロハイパーAW 免 震 継 手 ポリエチレン 管 の 可 とう 性 を 活 かしたセキスイ 独 自 の 形 状 設 計 免 震 建 物 給 水 管 用 免 震 継 手 柔 軟 なポリエチレンで 免 震 構 造 に 対 応! 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 急 速 に 普 及 している 免 震 構 造 の 建 物 地 下 のピット 内 に 設 けられた 免 震 構 造 により 地 震 時 の 強 い 揺 れを 吸 収 し 建 物 に 揺 れを 伝 わらせにくい 構 造 になっています しかし 配 管 にかかる 負 荷 は 大 きく 建 物 内 と 外 で 大 きな 相 対 変 位 が 発 生 するため 免 震 構 造 での 配 管 では 専 用 の 継 手 が 必 要 となります セキスイでは 独 自 の 形 状 設 計 により ポリエチレン 管 の 可 とう 性 を 最 大 限 に 引 き 出 した 免 震 継 手 をラインアップ 変 位 追 随 性 や 繰 り 返 し 発 生 する 変 位 に 対 しての 耐 久 性 も 高 く 建 物 給 水 管 用 エスロハイパー AW と 組 み 合 わせることで オール 樹 脂 での 耐 震 管 路 をご 提 案 いたします エスロハイパーAW 免 震 継 手 の 使 用 条 件 許 容 変 形 量 使 用 圧 力 水 平 方 向 600mmの 同 心 円 内 600mmを 超 える 場 合 は 別 途 ご 相 談 ください 最 高 使 用 圧 力 1.0MPa( 静 水 圧 0.75MPa+ 水 撃 圧 0.25MPa) 性 能 評 価 社 団 法 人 日 本 免 震 構 造 協 会 免 震 建 物 の 建 築 設 備 標 準 ー 2009 の 性 能 評 価 に 基 づき 変 位 追 従 性 能 耐 久 性 及 び 耐 水 圧 に 問 題 ないことを 確 認 しております 21

23 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ 配 管 支 持 部 材 セット 品 詳 細 ( 各 免 震 継 手 に 含 まれており 同 送 されます) 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ 22

24 エスロハイパーAW 消 火 管 継 手 水 道 本 管 で 豊 富 な 実 績 を 持 つエスロハイパーが 屋 外 消 火 栓 設 備 等 にご 使 用 いただけます 屋 外 消 火 栓 設 備 用 高 性 能 ポリエチレン 管 震 性 性 施 工 性 用 部 位 ( 外 消 火 配 管 の 場 合 ) 消 火 栓 ポンプ 防 火 対 物 呼 び 径 で 消 防 設 備 安 全 センターの 性 能 認 定 取 継 手 の 品 は 規 格 をください コスト 屋 内 消 火 配 管 埋 設 用 スリンクラー 配 管 埋 設 用 消 火 設 備 埋 設 用 ( 消 火 剤 合 置 の 一 で 水 配 管 にる) 水 配 管 埋 設 用 にもご 使 用 いただけます 工 事 は 建 工 事 準 材 は 建 設 物 で 試 100 設 の 材 工 材 工 で に コストメリット り 直 管 D d t L EF 受 口 付 直 管 NEW EFソケット D d L 23

25 EF90 エルボ L Z L Z 90 ショートベンド 90 ベンド 片 受 90 ベンド レデューサ EF 片 受 レデューサ EFチーズ 24

26 フランジ 付 EFチーズ(G 形 :JIS10K) EF 片 受 チーズ ゴムパッキンシール 付 属 フランジ 短 管 (G 形 :JIS10K F 形 :JIS10K) G 形 F 形 G 形 EFフランジ 短 管 (G 形 :JIS10K F 形 :JIS10K) G 形 F 形 ゴムパッキンシール 付 属 F 形 ゴムパッキンシール 付 属 NEW NEW NEW 消 火 栓 用 フランジ 短 管 (F 形 :JIS10K 65フランジ 接 続 用 ) EFキャップ SPキャップ NEW 25

27 エスロハイパーAW 地 中 熱 用 管 継 手 エスロハイパーAWを 地 中 熱 利 用 システムにご 使 用 できるようになりました 性 施 工 性 性 品 品 揃 え ここがポイント! 地 中 熱 利 用 システム 地 中 熱 クリーンエネルギー( 再 生 可 能 エネルギー) 自 然 エネルギーの 有 効 活 用 地 中 100m 前 後 の 熱 を 利 用 したクリーンエネルギーシステムです 一 年 中 安 定 的 なエネルギー 年 中 安 定 ( 約 15 )した 地 中 熱 源 を 利 用 するため 気 温 や 日 照 の 影 響 を 受 けません 省 エネ 低 コスト CO2 削 減 地 中 熱 ヒートポンプを 利 用 することにより 電 力 消 費 を 削 減 でき コスト CO2を 抑 制 できます 26

28 地 中 熱 交 換 パイプ NEW EFソケット EFエルボ EF45 エルボ EFチーズ 27

29 T 形 サドル NEW W L 媒 介 継 手 90 ユニオンエルボ NEW 媒 介 継 手 60 ユニオンエルボ NEW 媒 介 継 手 ストレートユニオン NEW 媒 介 継 手 ソケット NEW この 他 のエスロハイパー AW 管 継 手 も 地 中 熱 利 用 システムにご 使 用 いただけます 28

30 配 管 支 持 方 法 および 機 器 との 接 続 エスロハイパーAW 立 て 管 横 引 き 管 の 支 持 について ゲートバルブ 支 持 エアき 弁 青 フブロックきルタル 埋 めし 青 のはみ 出 し 量 :10 以 下 中 れめ 支 持 (U バンド) ゲートバルブ ( 防 コアなし) アングル 付 ルト アングル レタン 樹 脂 ガイド ルトテープき 付 Uルト Uルト (テープき) アングル ( 固 定 ) 中 れめ 支 持 (U バンド) ゲートバルブ 支 持 最 下 階 エルを 支 持 (アングルUルト) 横 引 き 管 の 支 持 呼 び 径 最 下 階 エル 支 持 Uルト 25 Uルト40 用 ( 合 管 外 径 486) 30 Uルト50 用 ( 合 管 外 径 605) 40 C 用 Uルト50 用 ( 合 管 外 径 641) 50 C 用 Uルト65 用 ( 合 管 外 径 799) 75 C 用 Uルト100 用 ( 合 管 外 径 1183) 100 Uルト150 用 ( 合 管 外 径 1652) 備 SP 管 用 外 面 管 用 SP 管 用 横 引 き 配 管 の 支 持 例 下 エルボ 支 持 例 り 呼 び 径 2075 支 持 10 以 下 以 下 形 れめ 支 持 呼 び 径 支 持 以 下 以 下 以 下 29

31 エスロハイパーAW 建 物 内 配 管 エスロハイパーAW20の 場 合 スーパーエスロメタックス20の 場 合 スラブ 面 の 支 持 例 中 れめの 支 持 の 例 縦 配 管 タイプ 横 配 管 タイプ エスロハイパーAW 消 火 管 継 手 地 下 式 消 火 栓 との 接 続 浅 層 埋 設 の 場 合 30

32 エスロハイパーAWの 水 理 特 性 ハイパーAWの 量 線 (ーンィリアズ 式 :C140) EF 継 手 の 管 長 呼 び 径 EFエルボ EFチーズ 直 分 単 位 :m EFレデューサ ( 縮 径 側 ) エスロハイパーAWの 施 工 手 順 1 管 の 切 断 2 管 の 清 掃 管 に 有 害 なキズがある 場 合 は その 部 分 を 切 断 して 除 去 してください 5mm 以 上 の 斜 め 切 れは 融 着 不 良 の 原 因 となります 高 速 砥 石 タイプ 等 の 熱 を 生 じる 切 断 機 は 管 切 断 面 変 形 の 原 因 となります 継 手 の 挿 口 は 切 断 して 長 さを 調 節 することはできません 管 に 付 着 している 土 や 汚 れをペー パータオルで 清 掃 してください 4 挿 入 標 線 の 記 入 継 手 挿 入 代 を 管 または 継 手 差 し 口 の 円 周 方 向 に 記 入 してください 5 切 削 面 の 記 入 EF 接 合 各 継 手 ごとの 寸 法 を 確 認 して ください 継 手 の 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で マーキングします 3 フィブロックの 巻 き 付 け( 防 火 区 画 貫 通 部 の 処 理 ) 25 75:FIBAW 100:FIBAW1H 建 物 内 施 工 のみ ハイパーAWの 管 端 から 上 階 のスラブ 上 端 または 下 端 までの 寸 法 を 測 定 し 位 置 を 決 定 してからフィブロックを1 周 以 上 巻 き 付 けてください この 時 スラブ 上 端 または 下 端 からフィブロックをはみ 出 すように 巻 き 付 けてください (はみだし 量 :10mm 以 下 ) 6 融 着 面 の 切 削 ハンドスクレーパー 7 継 手 内 面 と 管 外 面 の 清 掃 油 性 ペンでマーキングした 部 分 が 完 全 に 消 えるまで(5mm 程 度 余 分 に) 専 用 切 削 工 具 で 切 削 してください 切 削 なしや 切 削 むらは 融 着 不 良 の 原 因 となります 継 手 差 し 口 部 分 も 必 ず 切 削 してください アセトン 等 を 浸 み 込 ませたペーパー タオルを 使 用 して 融 着 面 を 清 掃 して ください ティッシュペーパーやウエ スは 使 用 しないでください 素 手 で 清 掃 してください 31

33 エスロハイパーAWの 施 工 手 順 8 継 手 と 管 の 固 定 管 を 継 手 の 奥 まで 挿 入 し 挿 入 標 線 を 再 度 記 入 後 クランプを 使 って 管 と 継 手 を 固 定 します 13 立 て 管 の 支 持 固 定 建 物 内 施 工 のみ 9 融 着 準 備 EC-300Rの 場 合 は 初 期 画 面 で 使 用 用 途 配 水 ガス を 選 択 ください 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 確 認 を 行 います 2)コネクターと 継 手 のターミナル ピンを 接 続 します EF 片 受 直 管 等 は 添 付 し ているターミナルピンをねじ 込 んで ください ターミナルピン 1)スラブ 固 定 スラブ 固 定 はモルタルで 埋 め 戻 し た 後 に 床 バンド(ゴム 無 )でスラ ブに 確 実 に 固 定 してください 14 枝 管 の 配 管 エスロハイパーAWの 場 合 2) 振 れ 止 め 支 持 アングルとUバンド 等 を 組 み 合 わせて 中 間 支 持 を 行 ってく ださい 枝 管 クランプ 10 融 着 1)バーコードリーダーで 継 手 に 添 付 されているバーコードを 読 み 取 り 表 示 内 容 ( 種 類 時 間 )を 確 認 してから 通 電 開 始 スイッチを 押 してください 2) 融 着 終 了 後 表 示 画 面 の 融 着 完 了 を 確 認 してください エラー 表 示 が 出 たり 通 電 が 途 中 停 止 した 場 合 は 継 手 を 廃 棄 し 新 しい 継 手 でやり 直 してください 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがありますので 直 射 日 光 を 避 けてください 標 準 (23)における 通 例 11 冷 却 (クランプ 保 持 ) 1) 融 着 完 了 を 確 認 後 コネクター を 取 り 外 してください 2) 融 着 終 了 後 表 の 冷 却 時 間 を 加 え た 時 刻 を 継 手 表 面 に 油 性 ペン 等 で 記 入 してください 冷 却 時 間 終 了 後 ク ランプを 取 り 外 してください スーパーエスロメタックスの 場 合 メーターユニットと 枝 管 との 距 離 を 計 り ハイパーAWを 切 断 し エルボと 組 み 合 わせて メーター 側 まで 仮 組 みしてください 立 て 管 と 同 様 の 手 順 で 融 着 作 業 を 行 ってください 枝 管 も 振 れ 止 め 支 持 を 行 います スーパーユニットと 枝 管 との 距 離 を 計 り スーパーエスロメタック スを 切 断 してください チーズ 分 岐 部 にAW 媒 介 継 手 を 接 続 してください 立 て 管 分 岐 側 メーター 側 にそれ ぞれスーパーエスロメタックスを 接 合 してください 冷 却 終 了 まではクランプを 取 り 外 さないでください 冷 却 青 い 部 分 の 施 工 (3,13,14)に 関 しましては 建 物 内 配 管 のみの 施 工 方 法 となり その 他 の 手 順 は 建 物 内 外 配 管 共 同 じ 施 工 方 法 にな ります 12 検 査 インジケーター インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 していること を 確 認 してください インジケーターが 隆 起 していない 場 合 は 融 着 異 常 の 可 能 性 がありますので 切 断 し やりかえてください [ 継 手 間 最 小 寸 法 について ] 継 手 と 継 手 の 間 は クランプを かけられる 寸 法 以 上 離 してく ださい 右 図 Aの 目 安 呼 び50 以 下 :30mm 以 上 呼 び :50mm 以 上 ( 但 し 使 用 するクランプでの 事 前 確 認 は 必 要 ) A 32

34 EFサドルの 接 合 方 法 1 管 の 清 掃 8 管 に 傷 汚 れがないかを 点 検 してください 管 に 付 着 し ている 土 や 汚 れをペーパー タオルで 清 掃 してください 管 に 有 害 な 傷 がある 場 合 は 補 修 を 行 って ください 2 サドル 取 付 け 位 置 の 記 入 サドル 取 付 け 位 置 を 油 性 ペ ン 等 でマーキングします 3 サドルの 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で まんべんなく マーキングします 4 マーキングが 完 全 に 消 える まで 専 用 切 削 工 具 で 表 面 を 切 削 してください 切 削 面 の 記 入 融 着 面 の 切 削 切 削 なしや 切 削 むら は 融 着 不 良 の 原 因 と なります 標 準 温 度 (23 )における 通 電 時 間 EF サドル ( 全 サイズ 共 通 ) 冷 却 時 間 EF サドル ( 全 サイズ 共 通 ) 120 秒 5 分 以 上 1)バーコードリーダーで 継 手 に 貼 付 されているバー コードを 読 み 取 り 表 示 内 容 ( 種 類 時 間 )を 確 認 してから 通 電 開 始 スイ ッチを 押 してください 2) 融 着 終 了 後 コネクタ ーを 取 外 してください 9 融 着 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがあ りますので 直 射 日 光 を 避 けてください 検 査 インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 している ことを 確 認 してください 10 冷 却 融 着 終 了 時 に 冷 却 時 間 を 加 えた 時 刻 を 継 手 表 面 にペン 等 で 記 入 した 後 放 置 冷 却 してください 冷 却 時 間 終 了 後 クランプを 取 り 外 し てください 冷 却 終 了 まではクラ ンプを 取 り 外 さない でください 5 サドルの 融 着 面 と 管 の 切 削 面 を アセトン 等 を 浸 み 込 ま せたペーパータオルで 清 掃 してください ティッシュペーパーや ウエスは 使 用 しないで ください 6 継 手 と 管 の 清 掃 継 手 と 管 の 固 定 管 の 切 削 面 にサドルを 当 て サドルクランプを 用 いて 管 と サドルを 固 定 してください 管 の 表 面 とサドルの 融 着 面 に 隙 間 ができ ないように 固 定 して ください 11 穿 孔 不 断 水 施 工 は 分 岐 で 可 能 です 穿 孔 は 専 用 の 穿 孔 具 で 行 い ます 奥 まで 行 き 当 たった ら 穿 孔 完 了 となります 穿 孔 刃 を 引 き 上 げれば 通 水 可 能 状 態 となります 穿 孔 は 所 定 の 冷 却 時 間 終 了 後 行 ってください 但 し 水 圧 負 荷 時 は 30 分 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください 不 断 水 穿 孔 時 は 水 抜 きホースを 取 り 付 けてから 行 ってください 12 キャップ 取 り 付 け キャップを 手 で 確 実 に 締 め 付 けます 7 融 着 準 備 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 確 認 を 行 います 2)コネクターと 継 手 のター ミナルピンを 接 続 します パイプレンチ 等 を 使 用 しないでください 穿 孔 刃 が EF サドルの 面 より 突 き 出 ていないことを 確 認 した 後 キャップ(O リング 内 蔵 )を 締 め 付 けてください 33

35 EFサドル 付 分 水 栓 の 接 合 方 法 1 管 に 傷 汚 れがないかを 点 検 してください 管 に 付 着 し ている 土 や 汚 れをペーパー タオルで 清 掃 してください 管 に 有 害 な 傷 がある 場 合 は 補 修 を 行 って ください 2 サドル 取 付 け 位 置 を 油 性 ペン 等 でマーキングします 3 管 の 清 掃 サドル 取 付 け 位 置 の 記 入 切 削 面 の 記 入 サドルの 融 着 面 の 範 囲 に 油 性 ペン 等 で まんべんなく マーキングします 標 準 温 度 (23 )における 通 電 時 間 EF サドル 付 分 水 栓 ( 全 サイズ 共 通 ) インジケーター 120 秒 8 バーコードリーダーで 継 手 に 添 付 されているバーコードを 読 み 取 り コントローラーの 通 電 開 始 スイッチを 押 してく ださい 融 着 終 了 後 コネク ターを 取 り 外 してください 9 融 着 検 査 炎 天 下 に 放 置 すると 誤 作 動 することがあ りますので 直 射 日 光 を 避 けてください インジケーターにより 融 着 部 の 検 査 を 行 います インジケーターが 左 右 とも 継 手 表 面 より 隆 起 している ことを 確 認 してください 10 冷 却 4 専 用 の 切 削 工 具 でマーキ ングが 完 全 に 消 えるまで 表 面 を 切 削 してください 融 着 面 の 切 削 切 削 なしや 切 削 むら は 融 着 不 良 の 原 因 と なります 冷 却 時 間 EF サドル 付 分 水 栓 ( 全 サイズ 共 通 ) 5 分 以 上 融 着 終 了 時 に 冷 却 時 間 を 加 えた 時 刻 を 継 手 表 面 にペン 等 で 記 入 した 後 放 置 冷 却 してください 冷 却 終 了 まではクラ ンプを 取 り 外 さない でください 5 サドルの 融 着 面 と 管 の 切 削 面 を アセトン 等 を 浸 み 込 ませたペーパータオルで 清 掃 してください 継 手 と 管 の 清 掃 ティッシュペーパーや ウエスは 使 用 しないで ください 11 穿 孔 穿 孔 はポリエチレン 管 用 ハ ンディドリル PHD( 日 邦 バルブ 製 ) 等 の 専 用 工 具 で 行 います 6 継 手 と 管 の 固 定 管 の 切 削 面 にサドルを 当 て サドルクランプを 用 い て 管 とサドルを 密 着 固 定 し てください 管 の 表 面 とサドルの 融 着 面 に 隙 間 ができると 融 着 不 良 となるのでしっかり と 固 定 してください 穿 孔 機 によっては 穿 孔 できなかったり 管 底 に 傷 を 付 ける 場 合 があ りますので 必 ず 穿 孔 機 の 適 応 を 確 認 ください 穿 孔 は 所 定 の 冷 却 時 間 終 了 後 行 ってください 不 断 水 での 穿 孔 は 融 着 終 了 後 30 分 以 上 経 過 した 後 に 行 って ください 通 水 試 験 は 融 着 終 了 後 試 験 圧 力 1.0MPa 未 満 は30 分 以 上 1.0 MPa 以 上 は1 時 間 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください サドル 取 り 付 け 位 置 は 直 管 部 のみとします ベンド チーズ レデューサ 等 には 取 り 付 けないでください 7 融 着 準 備 1)コントローラーの 電 源 を 入 れ 表 示 内 容 を 確 認 します 2) 次 に コネクターと 継 手 のタ ーミナルピンを 接 続 します コネクターにゆるみが ある 場 合 には 融 着 不 良 の 原 因 となりますので コネクターピンを 交 換 してください 34

36 AW 媒 介 継 手 の 標 準 施 工 方 法 部 材 構 成 袋 ナット 樹 脂 リング インコア 本 体 おねじ 側 1 EF チーズ 枝 管 端 部 の 確 認 EF チーズ 枝 管 端 部 にゴミの 付 着 やキズが 無 いか 確 認 してください 枝 管 部 のスクレープは 行 わないでください 2 袋 ナットおよび 樹 脂 リングの 向 きを 確 認 し 袋 ナットから 樹 脂 リングの 順 に 枝 管 の 奥 まで 通 してください 袋 ナット 樹 脂 リングの 装 着 部 材 の 向 き 入 れ 忘 れに してください 必 ず 樹 脂 リングを 根 元 の 位 置 まで 通 してください 3 袋 ナットおよび 樹 脂 リングの 向 きが 正 しく 装 着 されていることを 確 認 してください 4 樹 脂 リングが 管 端 に 近 い 位 置 でインコアをたたき 込 むと 樹 脂 リングが 割 れる 場 合 が 有 ります 万 一 割 れた 樹 脂 リングは そのまま 使 用 せず 新 しい 物 に 交 換 してください インコアの 変 形 や 表 面 に 傷 がないことを 確 認 してください 変 形 したインコアはそのまま 使 用 せず 新 しい 物 に 交 換 してください インコアの 装 着 には インコア 端 面 をプラスチックハン マー 木 槌 で 管 端 面 と 一 致 するまで 叩 き 込 んで 装 着 してください 挿 入 不 足 は 漏 水 の 原 因 となります 必 ずインコアを 装 着 してください インコアを 入 れ 忘 れた 場 合 漏 水 します 部 材 装 着 の 確 認 インコアの 挿 入 ( 装 着 ) 誤 って 装 着 したインコアを 取 り 出 して 再 使 用 しないでください 再 使 用 した 場 合 インコアの 変 形 や 表 面 傷 が 漏 水 の 原 因 となります 5 本 体 のねじに 袋 ナットを 掛 け 手 で 仮 締 めしてください 次 に 本 体 と 袋 ナットにレンチを 掛 け 袋 ナットを 締 め 込 んでください 袋 ナットねじ 込 み 必 ず 二 本 のレンチを 使 用 し 袋 ナットを 回 転 させ 標 準 トルクで 締 め 込 んでください 締 め 込 み 不 良 は 漏 水 します 本 体 が 共 回 りしないように してください 樹 脂 リングを 逆 に 取 り 付 けた 場 合 は 袋 ナットがかかりません 本 体 のおねじ 側 は 先 にねじ 込 み 継 手 をねじ 込 んでから 接 続 作 業 を 行 ってください 但 し 後 からねじ 込 み 継 手 をねじ 込 む 場 合 本 体 が 回 転 しない 様 に 本 体 おねじ 側 の 六 角 部 を 固 定 してねじ 込 んでください 35

37 EF 接 合 の 工 具 対 サイズ 外 NEW コンパクト 寸 法 量 レンタル 1 各 EFコントローラーの 必 定 格 力 EC-75 EC-100 EC-300R WE200-10A 以 上 12A 以 上 20A 以 上 20A 以 上 工 具 レンタル おい 合 継 手 ルブ() レントオール() 36

38 施 工 事 例 埋 設 配 管 外 構 配 管 外 構 配 管 施 工 ピット 内 配 管 チーズ 分 岐 付 近 スリーブ 貫 通 箇 所 付 近 天 井 内 配 管 1 階 天 井 部 チーズ 分 岐 付 近 ( 保 温 が 必 要 です ) 1 階 天 井 部 チーズ 分 岐 付 近 ( 保 温 が 必 要 です ) 機 械 室 ポンプ 室 配 管 受 水 槽 廻 り 増 圧 ポンプ 廻 り 37

39 パイプシャフト 配 管 パイプシャフト 内 パイプシャフト 内 最 下 階 ゲートバルブ 付 近 立 て 管 支 持 固 定 の 状 況 枝 管 がエスロハイパーAWの 場 合 枝 管 がスーパーエスロメタックスの 場 合 最 上 階 空 気 弁 防 火 区 画 貫 通 部 支 持 固 定 最 下 階 継 手 での 支 持 固 定 (アングルとUバンドでの 支 持 ) スラブ 面 の 支 持 固 定 ( 床 バンドと 足 を 用 いた 支 持 固 定 ) 床 バンドコンクリート 埋 設 による 固 定 支 持 (コンクリート 増 し 打 ち 前 ) 38

40 施 工 状 況 軽 量 性 を 活 かした 運 搬 柔 軟 性 を 活 かしたピット 内 への 管 の 搬 入 柔 軟 性 を 活 かしたPS 内 への 管 の 挿 入 免 震 配 管 免 震 継 手 ( 横 配 管 タイプ 呼 び 径 :75) 固 定 架 台 ( 地 盤 側 ) 固 定 架 台 ( 建 物 側 ) 屋 外 埋 設 消 火 管 埋 設 消 火 配 管 消 火 栓 との 接 続 39

41 地 中 熱 配 管 孔 への 挿 入 横 引 き 管 横 引 き 管 との 接 続 部 横 引 き 管 と 分 岐 部 充 実 したサポート 体 制 : 水 工 式 : 水 受 : 成 上 のは エスロハイパAW 施 工 技 術 講 習 を 講 し そのを 修 了 したことを 証 する 施 工 技 術 講 習 会 修 了 証 施 工 講 習 会 風 景 40

42 安 全 上 の 安 全 かつ 適 切 に 使 用 していただくために 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 表 示 と 意 味 は 以 下 の 通 りです 1. 設 計 上 の エスロハイパー AW 管 を 水 道 配 管 以 外 の 用 途 に 使 用 する 場 合 は 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 せください 使 用 水 圧 について 管 は 使 用 圧 力 0.75MPa 7.6kgf/cm 2 以 下 の 水 道 に 使 用 します 使 用 圧 力 とは 通 常 の 使 用 状 態 における 水 の 圧 力 であ って 最 高 使 用 圧 力 ( 静 水 圧 )です ただし 管 の 最 高 許 容 圧 力 ( 設 計 内 圧 )は 使 用 圧 力 に 水 撃 圧 0.25MPa 2.6kgf/ cm 2 を 加 えた1.0MPa 10.2kgf/cm 2 とします 使 用 温 度 について 使 用 温 度 は 40 以 下 でご 使 用 ください この 場 合 の 40 は 給 水 管 周 囲 の 気 温 上 昇 を 想 定 したもので 40 以 下 であっても 熱 源 器 により 昇 温 される 管 路 では 使 用 しな いでください 配 管 の 保 温 について 天 井 配 管 ( 駐 車 場 等 での 露 出 配 管 含 む) 地 下 水 や 井 戸 水 な ど 水 温 が 低 い 水 源 を 使 用 する 配 管 及 び 寒 冷 地 等 で 使 用 す る 配 管 は 原 則 保 温 が 必 要 となりますのでご ください 天 井 配 管 地 下 水 等 を 使 用 する 配 管 寒 冷 地 等 で 使 用 する 配 管 2. 運 搬 上 の 地 下 水 その 他 高 温 となりえる 場 所 や 準 寒 冷 地 では 保 温 の 検 討 が 必 要 な 場 合 がありますので 別 途 ご 相 談 ください 手 袋 を 着 用 作 業 時 は けが 防 止 のために 必 ずすべりにくいゴム 引 き 手 袋 を 着 用 してください 管 の 上 には 乗 らない エスロハイパー AW 管 の 表 面 は 滑 りやすく 事 故 の 原 因 になるので 管 の 上 には 乗 らないでください 取 り 扱 いはていねいに トラックへの 積 み 込 み 積 み 降 ろし 時 は エスロハイパー AW 管 を 投 げ 込 んだり 引 きずったりしないでください 管 の 傷 つき 破 損 防 止 ケガ 防 止 のためにていねいに 扱 ってください 管 の 吊 り 上 げ 吊 り 下 ろしに クレーン 付 トラックなどを 使 用 するときは ケガ 防 止 の ために 吊 りバランスに してください 安 易 な 荷 扱 いは 危 険 です エスロハイパー AW 管 は 大 口 径 管 あるいは 管 の 結 束 単 位 によっては 重 くなります ケガ 防 止 のために 荷 扱 い には してください この 表 示 を 無 視 して 誤 った 取 り 扱 いをすると 使 用 者 が 死 亡 または 重 傷 を 負 う 危 険 性 が 想 定 される 内 容 が 記 載 されています この 表 示 を 無 視 して 誤 った 取 り 扱 いをすると 使 用 者 が 障 害 を 負 う 危 険 性 が 想 定 される 内 容 及 び 物 的 損 害 の 発 生 が 想 定 される 内 容 が 記 載 されています クッション 材 を 活 用 管 の 傷 つき 変 形 防 止 のためにトラックの 荷 台 との 接 触 部 ロープの 固 定 部 などには クッション 材 をあててください 運 送 中 の 荷 くずれ 防 止 ロープのゆるみやはずれによる 管 の 落 下 等 に 十 分 し てください EF 受 口 付 管 EF 継 手 の 小 運 搬 EF 受 口 の 融 着 面 に 異 物 (シリコンシーラント 油 脂 等 )が 付 着 す ると 融 着 不 良 漏 水 の 原 因 となります 小 運 搬 時 は 梱 包 状 態 の ままで 行 い EF 受 口 部 及 び EF 継 手 は 使 用 直 前 に 開 封 してください 3. 施 工 上 の 専 用 工 具 の 使 用 正 しい 施 工 と 安 全 のため 管 の 切 断 融 着 等 の 作 業 に 用 い る 工 具 は 専 用 工 具 または 性 能 が 確 認 されたものを 選 択 し 取 扱 説 明 書 の 規 定 を 理 解 して 使 用 してください 管 継 手 のねじ 切 りの 禁 止 管 継 手 に 直 接 ねじを 切 らないでください 管 の 熱 加 工 の 禁 止 施 工 現 場 での 管 の 熱 加 工 による 配 管 作 業 は 良 好 な 品 質 の 確 保 が 困 難 になるので 決 して 行 わないでください 管 施 工 上 の 点 可 塑 剤 入 りの 被 覆 電 線 (コード)などの 可 塑 剤 の 入 っ たものは 管 を 侵 すことがありますので 直 接 管 に 触 れ させないように 施 工 してください ターミナルピンは 切 断 しないでください 納 まり 上 や むを 得 ない 場 合 は 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 わせください 主 に 水 道 直 結 型 スプリンクラー 配 管 など 屋 根 裏 等 で 環 境 温 度 の 上 昇 が 予 想 される 部 位 の 配 管 に 使 用 する 場 合 は 圧 力 上 昇 で 管 の 破 損 や 機 器 に 損 傷 を 与 える 場 合 があります これを 防 止 するため に 管 に 保 温 を 行 うとともに 水 道 用 途 に 適 合 した 膨 張 弁 逃 が し 弁 ( 設 定 圧 :0.75MPa 以 下 ) 等 の 設 置 を 検 討 してください EF 接 合 時 における 点 清 掃 後 の EF 接 合 部 に 水 がかかると 通 電 時 の 温 度 上 昇 の 妨 げや 水 蒸 気 の 発 生 により 融 着 不 良 となります また 融 着 装 置 が 濡 れた 状 態 で 作 業 を 行 うと 感 電 や 装 置 の 故 障 の 原 因 になりますので EF 接 合 部 や 機 器 が 水 に 濡 れない 状 態 にして 接 合 してください 大 雨 の 時 は EF 接 合 を 中 止 してください 大 きな 電 圧 降 下 にはご ください 融 着 時 にブレーカーが 落 ちた 場 合 は コントローラーの 表 示 に 従 って その 箇 所 を 切 断 し やり 直 してください アセトンは 必 ずレンタルセットに 同 梱 されたポリエチ レン 製 の 容 器 に 入 れてください アクリル 製 や 塩 ビ 製 などの 容 器 に 入 れた 場 合 容 器 の 樹 脂 がアセトンに 溶 出 し 融 着 不 良 を 起 こす 恐 れがあります 管 継 手 の 養 生 キャップは EF 接 合 の 直 前 まで 取 り 外 さないでください 41

43 配 管 付 近 で 塗 装 作 業 を 行 う 際 には 付 着 しないように 養 生 を 実 施 してください 塗 料 等 が 付 着 した 場 合 は 速 やかにアセトン 等 で 拭 き 取 ってください 配 管 付 近 で 溶 接 作 業 を 行 う 際 には 溶 接 スパッタが 付 着 しないように 養 生 を 実 施 してください 二 度 融 着 の 禁 止 一 度 融 着 した 継 手 を 再 度 融 着 しないでください 露 出 配 管 での 措 置 エスロハイパー AW は 長 時 間 紫 外 線 にさらされると 物 性 に 変 化 が 生 じますので 紫 外 線 は 遮 断 してください スクリュージョイントの 接 合 スクリュージョイントを 使 用 する 際 は 樹 脂 部 をつかまず に 必 ず 六 角 部 分 をつかんで 接 合 してください ガス 給 湯 器 等 ガス 機 器 と 周 囲 の 配 管 との 離 隔 距 離 について ガス 機 器 の 設 置 基 準 及 び 実 務 指 針 ( 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 )に 定 められた 基 準 を 遵 守 ください またガス 給 湯 器 の 機 種 により 緩 和 されることがありますので 具 体 的 な 離 隔 距 離 につ いてはガス 事 業 者 またはガス 機 器 メーカーにご 確 認 ください 防 水 塗 膜 および 基 礎 貫 通 部 のコーキングについて 防 水 塗 膜 および 基 礎 貫 通 部 のコーキングにおいては 水 溶 性 (エマルジョ ン 系 )の 製 品 の 中 から プライマーも 含 め 樹 脂 材 料 を 侵 す 有 機 溶 剤 が 含 まれていないことを 防 水 材 メーカーにご 確 認 の 上 ご 使 用 ください エスロハイパー JW との 接 続 について エスロハイパーAWの 管 継 手 と エスロハイパーJWの 管 継 手 は 規 格 が 異 なるため 接 続 できません 上 記 の 接 続 はJWW A PWA 変 換 継 手 を 必 ず 使 用 してください アセトンもしくはエタノールの 清 掃 剤 取 り 扱 いについて ご 使 用 にあたっては 必 ずそれぞれの 薬 品 の 書 きおよびMS DS( 製 品 安 全 データシート)をよく 読 み 内 容 に 従 ってください 消 防 法 の 危 険 物 第 4 類 に 該 当 します 保 管 は 法 令 条 例 に 従 ってください 4. 水 圧 試 験 管 に 水 圧 を0.75MPまで 圧 し 5 分 置 く 5 分 水 圧 を0.75MPまで 再 圧 を 再 圧 すに0.50MPまで 圧 し 計 をする 水 圧 試 験 の 点 施 工 完 了 計 後 をしてか 1の は 水 圧 試 験 を 実 施 し 水 圧 同 を 確 時 認 に する 継 手 接 合 部 の 目 視 / 触 診 を 行 い 漏 れがないことを 確 認 してください 0.4MP 以 上 0.4MP 水 圧 試 験 は 最 後 の EF 接 合 が 終 了 してから 1 時 間 以 上 経 過 した 後 に 行 ってください 計 を 継 続 し 24の 水 圧 を 確 認 する 水 圧 試 験 を 行 う 際 はエア 抜 きを 行 ってください 0.3MP 以 上 0.3MP エスロハイパー AW は 可 とう 性 です 水 圧 を 負 荷 すると 真 円 に 戻 ろうとする 力 が 働 き 時 間 の 経 過 とともに 若 干 の 水 合 格 合 格 圧 低 下 をきたすことがありますのでご ください ( 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 試 験 標 準 ) 管 に 水 圧 を1.75MPで1 分 圧 する 1 分 圧 水 圧 を1.0MPまで 圧 して 計 をする 計 をしてか 1の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 以 上 0.MP 以 上 0.7MP 再 1.75MPで1 分 圧 1.0MPまで 圧 して 計 をする 再 検 査 をしてか 1の 水 圧 を 確 認 する 0.MP 合 格 合 格 水 圧 をかけるときは 2.0MPaを 上 限 とし 過 度 な 水 圧 がかからないようにしてください 管 破 損 の 原 因 となります ( 水 圧 試 験 までの 時 間 短 縮 ) 改 修 工 事 等 で やむを 得 ず 水 圧 試 験 までの 時 間 を 短 縮 する 場 合 は 最 後 の EF 接 続 の 冷 却 時 間 が 終 了 してから 少 なくとも 30 分 以 上 経 過 した 後 に 以 下 を 参 考 に 実 施 してください 0.6MP 以 上 5. 保 管 上 の 屋 内 に 横 置 き 管 の 反 り 変 形 などの 防 止 および 安 全 確 保 のため 屋 内 に 千 鳥 積 みにして 保 管 してください また 端 部 には 必 ず 荷 くずれ 防 止 の 端 止 め 材 を 施 してください 積 上 げ 段 数 ( 参 考 ) 直 管 保 管 方 法 ( 千 鳥 積 み) 立 てかけ 保 管 の 場 合 やむを 得 ず 立 てかけ 保 管 する 場 合 は 安 全 確 保 のために ロープがけなどの 転 倒 防 止 策 を 施 してください 管 の 屋 外 保 管 やむを 得 ず 屋 外 に 保 管 する 場 合 は 管 の 反 り 変 形 光 によ る 劣 化 を 防 止 するため 簡 単 な 屋 根 を 設 けるか 熱 気 のこもらな い 方 法 でシートを 掛 けて 直 射 日 光 を 避 けるようにしてください 継 手 の 保 管 継 手 も 管 と 同 様 に 屋 内 保 管 とし やむを 得 ず 屋 外 に 保 管 す る 場 合 は 管 と 同 様 にしてください 6. その 他 管 に 水 圧 を1.0MPで5 分 圧 する 計 をしてか の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 以 上 呼 び 径 MP 再 1.0MPで5 分 圧 計 をする 再 検 査 をしてか の 水 圧 を 確 認 する 0.7MP 合 格 合 格 水 圧 をかけるときは 予 備 加 圧 を 含 めて1.0MPa を 超 えないようにしてください 段 数 7 以 下 5 以 下 3 以 下 有 機 溶 剤 等 による 水 質 汚 染 防 止 エスロハイパー AW 管 は 通 常 の 埋 設 状 態 では 有 機 溶 剤 の 水 道 水 中 への 浸 透 が 問 題 となることはありませんが 大 量 に 灯 油 ガ ソリンなどを 扱 うスタンド 車 両 工 場 化 学 工 場 などで 高 濃 度 汚 染 がある 場 所 やそのことが 予 測 される 場 所 に 布 設 する 場 合 は 非 汚 染 土 による 埋 め 戻 し 影 響 を 受 けない 経 路 の 検 討 または 浸 透 防 止 スリーブ 等 を 用 いた 防 護 措 置 を 行 う 必 要 があります 管 の 表 面 傷 保 管 や 運 搬 時 埋 設 などで 発 生 した 傷 が 管 厚 の 10% 以 上 の 深 さの 傷 である 場 合 は その 部 分 の 管 を 切 取 って 使 用 してください 実 際 の 設 計 施 工 に 当 たっては 弊 社 営 業 所 までお 問 い 合 わせください その 他 施 工 にあたっては 設 計 施 工 マニュアルをご 参 考 ください 42

44

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災 京 都 市 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 に 関 する 手 引 目 次 1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 1 1-2 事 業 の 概 要 1 1-3 狭 あい 道 路 とは 3 2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 について 2-1 狭 あい 道 路 整 備 申 出 の 手 続 の 流 れ 4 2-2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 書 の 記 入 方

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information

Microsoft PowerPoint - 06 資料6 技術基準.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 06  資料6 技術基準.ppt [互換モード] 資 料 6 通 信 放 送 の 法 体 系 における 技 術 基 準 について 平 成 21 年 2 月 27 日 現 行 の 技 術 基 準 の 概 要 放 送 中 止 事 故 への 対 処 1 現 在 の 技 術 基 準 の 概 要 1.コンテンツに 係 る 技 術 基 準 (1) 目 的 放 送 の 品 質 の 確 保 受 信 端 末 の 安 定 的 な 供 給 の 確 保 等 (2) 概 要

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

八幡公民館警備初期設定業務委託仕様書

八幡公民館警備初期設定業務委託仕様書 老 蘇 コミュニティセンターエレベータ 保 守 点 検 業 務 委 託 仕 様 書 1. 委 託 事 業 名 老 蘇 コミュニティセンターエレベータ 保 守 点 検 業 務 委 託 2. 委 託 期 間 契 約 締 結 日 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 )から 平 成 29 年 12 月 31 日 3. 場 所 近 江 八 幡 市 安 土 町 東 老 蘇 4. 委 託 料 支 払 毎 月 末

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事)

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事) 別 記 3 総 合 評 価 点 算 定 基 準 ( 簡 易 型 建 築 電 気 管 工 事 ) 1 総 合 評 価 点 の 算 定 方 法 総 合 評 価 点 は 以 下 すべてを 満 たす 者 について 次 の 算 式 により 算 定 する 1 入 札 書 が 無 効 でない 者 2 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 者 ( 失 格 となった 者 を 除 く ) 3 施 工 計 画

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

平成23年度事例集06

平成23年度事例集06 違 反 是 正 事 例 ( 事 例 6-3) テーマ < 消 防 用 設 備 設 置 工 事 の 基 準 違 反 に 対 する 違 反 通 告 措 置 平 成 22 年 > 平 成 22 年 消 防 設 備 士 が 建 物 5 階 のベランダに 設 置 した 緩 降 機 の 取 り 付 け 方 法 が 不 適 切 であったことから 違 反 事 項 を 通 告 した 事 例 防 火 対 象 物 の 概

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

<5461726F2D91E6343089F18BDF91E389BB955C8E86208169979D8E9689EF2E>

<5461726F2D91E6343089F18BDF91E389BB955C8E86208169979D8E9689EF2E> 平 成 28 年 度 ( 第 40 回 ) 奈 良 県 近 代 化 基 金 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 公 募 期 間 融 資 公 募 枠 総 枠 3 億 円 平 成 28 年 6 月 15 日 ( 水 )~ 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 融 資 対 象 事 業 近 代 化 基 金 1.トラックターミナル 配 送 センター 等 の 物 流 施 設 の 整 備 に 要

More information

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770>

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770> な る ほ ど! 貸 借 取 引 のしくみ Japan Securities Finance Co.,Ltd 1 目 次 1. 貸 借 取 引 について 2. 貸 借 取 引 における 株 式 調 達 について 3. 品 貸 料 の 決 定 方 法 について 4. 制 限 措 置 を 含 む 貸 借 取 引 情 報 について 5.よくある 質 問 Japan Securities Finance Co.,Ltd

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 22 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (H22 年 度 末 ) 50,605 人 真 庭 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 31,121,198 千 円 1,321,257 千 円 5,711,211 千 円 ( 注 ) 平 成 22 年 度 の 歳 出 額 に 対

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析 資 料 6-2 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 費 用 対 効 果 の 算 定 ( 事 前 評 価 ) 平 成 25 年 8 月 29 日 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

1. 手 続 の 流 れ( 補 助 金 の 申 請 から 受 け 取 りまで) 加 美 町 申 請 者 受 付 審 査 補 助 金 交 付 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) 申 請 交 付 決 定 申 込 順 に 予 算 の 範 囲 内 で 決 定 します 交 付 決 定 通 知 書 ( 様

1. 手 続 の 流 れ( 補 助 金 の 申 請 から 受 け 取 りまで) 加 美 町 申 請 者 受 付 審 査 補 助 金 交 付 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) 申 請 交 付 決 定 申 込 順 に 予 算 の 範 囲 内 で 決 定 します 交 付 決 定 通 知 書 ( 様 太 陽 光 発 電 は 石 油 代 替 エネルギー そして 地 球 環 境 の 負 荷 軽 減 を 図 る 新 エネルギ ーとして 期 待 されています 加 美 町 では 将 来 のエネルギー 自 給 の 実 現 を 目 指 し 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 助 成 制 度 を 実 施 します 補 助 金 額 太 陽 電 池 モジュールの 公 称 最 大 出 力 1kWあたり 20,000

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4)

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 四 様 式 ( 第 六 条 第 六 条 の 二 の 二 関 係 )(A4) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 ( 同 法 第 88 条 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 します この 報 告 書 に 記 載 の 事

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

入札公告 機動装備センター

入札公告 機動装備センター 千 葉 県 一 般 競 争 入 札 公 告 県 警 第 18 号 機 動 装 備 センター 屋 内 舗 装 改 修 工 事 の 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 )の 実 施 について 地 方 自 治 法 第 234 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する なお この 入 札 は ちば 電 子 調 達 システムに 係 る 電 子 入

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

サービス説明書 - STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30

サービス説明書 - STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30 故 障 したファンの 交 換 STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30 1 本 書 について 1.1 適 用 範 囲 本 書 は 以 下 の 型 式 のファンの 交 換 方 法 を 説 明 しています STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information