< F2D30362D C8AFA8CD F58F418BC68B4B92F6>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>"

Transcription

1 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 ) 第 4 章 服 務 ( 第 26 条 第 30 条 ) 第 5 章 勤 務 時 間 及 び 休 暇 等 ( 第 31 条 第 49 条 ) 第 6 章 女 性 ( 第 50 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 51 条 第 52 条 ) 第 8 章 研 修 ( 第 53 条 ) 第 9 章 賞 罰 ( 第 54 条 第 59 条 ) 第 10 章 安 全 衛 生 ( 第 60 条 第 63 条 ) 第 11 章 災 害 補 償 ( 第 64 条 ) 第 12 章 発 明 等 ( 第 65 条 ) 第 13 章 苦 情 処 理 及 び 不 正 の 通 報 ( 第 66 条 第 67 条 ) 第 14 章 雑 則 ( 第 68 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 ( 以 下 科 学 博 物 館 という )に 勤 務 する 非 常 勤 職 員 のうち 有 期 雇 用 職 員 の 就 業 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるものとす る ( 定 義 及 び 名 称 ) 第 2 条 この 規 程 において 有 期 雇 用 職 員 とは 期 間 を 定 めた 労 働 契 約 により1 週 間 の 所 定 勤 務 時 間 を 常 勤 職 員 と 異 ならない 勤 務 時 間 に 定 められて 科 学 博 物 館 に 雇 用 され 科 学 博 物 館 の 業 務 に 従 事 する 職 員 をいう 2 この 規 程 を 適 用 する 有 期 雇 用 職 員 の 名 称 は 従 事 する 業 務 の 内 容 に 応 じて 次 の 各 号 に 掲 げる 名 称 を 用 いる 一 事 務 補 佐 員 事 務 に 関 する 業 務 を 補 佐 する 二 技 術 補 佐 員 技 術 に 関 する 業 務 を 補 佐 する 三 技 能 補 佐 員 技 能 に 関 する 業 務 を 補 佐 する 四 労 務 補 佐 員 労 務 に 関 する 業 務 を 補 佐 する 3 前 項 の 業 務 以 外 の 業 務 に 従 事 する 者 については その 業 務 に 則 した 名 称 を 付 す

2 ( 法 令 との 関 係 ) 第 3 条 有 期 雇 用 職 員 の 就 業 に 関 しては この 規 程 に 定 めるもののほか 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 )その 他 の 関 係 法 令 及 び 関 係 規 則 の 定 めるところによる 第 2 章 人 事 ( 採 用 ) 第 4 条 有 期 雇 用 職 員 の 採 用 は 選 考 により 行 う ( 雇 用 期 間 ) 第 5 条 有 期 雇 用 職 員 は 採 用 日 の 属 する 事 業 年 度 を 超 えない 範 囲 内 で 雇 用 期 間 を 定 め 採 用 するものとする 2 前 項 の 場 合 において 業 務 遂 行 上 必 要 があると 認 めるときは 本 人 の 勤 務 実 績 及 び 科 学 博 物 館 の 経 営 状 況 等 を 勘 案 して 一 事 業 年 度 を 超 えない 範 囲 で 雇 用 期 間 を 定 め 雇 用 を 更 新 することがあるものとする ただし 通 算 雇 用 期 間 は3 年 を 超 えないものとす る 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 長 ( 以 下 館 長 という ) が 特 に 必 要 と 認 めるときは 通 算 雇 用 期 間 が5 年 を 超 えない 範 囲 内 で 雇 用 を 更 新 するこ とがあるものとする 4 事 業 年 度 の 途 中 において 第 6 条 に 定 める 雇 用 上 限 年 齢 に 達 する 有 期 雇 用 職 員 の 雇 用 期 間 については 第 2 項 及 び 前 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 事 業 年 度 を 超 えないものとす る ( 雇 用 上 限 期 間 ) 第 6 条 有 期 雇 用 職 員 の 雇 用 の 上 限 年 齢 は 満 65 歳 とする ただし 事 務 補 佐 員 について は 満 60 歳 とする 2 前 条 及 び 前 項 の 規 定 にかかわらず 最 初 の 採 用 時 に 満 60 歳 ( 事 務 補 佐 員 以 外 の 者 につ いては 満 65 歳 ) 以 上 の 者 については 採 用 日 の 属 する 年 度 の 末 日 までを 雇 用 上 限 期 間 と し 更 新 はしないものとする 3 前 2 項 の 規 定 は 他 の 規 程 等 において 別 段 の 定 めがある 場 合 は その 定 めるところに よる ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 有 期 雇 用 職 員 の 採 用 に 際 しては 採 用 しようとする 者 に 対 し あらかじめ 次 の 事 項 を 記 載 した 文 書 を 交 付 するものとする 一 給 与 に 関 する 事 項 二 就 業 の 場 所 及 び 従 事 する 業 務 に 関 する 事 項 三 労 働 契 約 の 期 間 及 び 更 新 に 関 する 事 項 四 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 所 定 労 働 時 間 を 超 える 労 働 の 有 無 休 憩 時 間 休 日 並 びに 休 暇 に 関 する 事 項 五 退 職 ( 雇 止 め 及 び 解 雇 を 含 む )に 関 する 事 項 ( 提 出 書 類 ) 第 8 条 有 期 雇 用 職 員 に 採 用 された 者 は 次 の 各 号 に 掲 げる 書 類 を 速 やかに 提 出 しなけれ ばならない 一 科 学 博 物 館 の 指 定 する 履 歴 書 ( 写 真 添 付 )

3 二 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 ( 外 国 籍 の 場 合 は 外 国 人 登 録 証 明 書 又 はパスポートの 写 し) 三 健 康 診 断 書 四 その 他 館 長 が 必 要 と 認 める 書 類 2 前 項 各 号 の 提 出 書 類 の 記 載 事 項 に 異 動 があったときは その 都 度 速 やかに 館 長 に 届 け 出 なければならない ( 試 用 期 間 ) 第 9 条 有 期 雇 用 職 員 として 採 用 された 日 から30 日 間 は 試 用 期 間 とする ただし 館 長 が 必 要 と 認 めたときは その 期 間 を 延 長 又 は 短 縮 することができる 2 試 用 期 間 中 の 有 期 雇 用 職 員 については 第 13 条 に 該 当 するなどの 事 由 により 科 学 博 物 館 に 引 き 続 き 雇 用 しておくことが 適 当 でない 場 合 には 解 雇 することができ また 試 用 期 間 満 了 時 に 本 採 用 を 拒 否 することがある 3 試 用 期 間 は 雇 用 期 間 に 通 算 する ( 配 置 換 ) 第 10 条 有 期 雇 用 職 員 は 業 務 上 の 都 合 により 配 置 換 を 命 ぜられることがある 2 有 期 雇 用 職 員 は 正 当 な 理 由 がない 限 り 前 項 の 命 令 を 拒 むことができない ( 退 職 ) 第 11 条 有 期 雇 用 職 員 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは 退 職 とし 有 期 雇 用 職 員 と しての 身 分 を 失 う 一 自 己 の 都 合 により 退 職 を 願 い 出 て 承 認 されたとき 二 雇 用 期 間 を 満 了 したとき 三 死 亡 したとき 2 前 項 第 2 号 の 場 合 において 引 き 続 き1 年 を 超 えて 雇 用 した 有 期 雇 用 職 員 について 雇 用 を 更 新 しない 場 合 は 雇 用 期 間 が 満 了 する 日 の30 日 前 までに 通 知 するものとする ( 自 己 都 合 による 退 職 手 続 ) 第 12 条 有 期 雇 用 職 員 は 自 己 の 都 合 により 退 職 しようとするときは 原 則 として 退 職 を 予 定 する 日 の30 日 前 までに 文 書 をもって 申 し 出 なければならない ただし やむ を 得 ない 事 由 があるときは 退 職 を 予 定 する 日 の14 日 前 までに 申 し 出 ることができる 2 有 期 雇 用 職 員 は 退 職 を 申 し 出 た 後 においても 退 職 の 日 までは 引 き 続 き 職 務 に 従 事 しなければならない ( 解 雇 ) 第 13 条 有 期 雇 用 職 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は これを 解 雇 することができ る 一 勤 務 実 績 が 著 しく 良 くない 場 合 二 心 身 の 故 障 のため 職 務 の 遂 行 に 著 しく 支 障 があり 又 はこれに 耐 えない 場 合 三 前 2 号 に 規 定 する 場 合 のほか その 職 務 に 必 要 な 適 格 性 を 欠 く 場 合 四 事 業 の 運 営 上 やむを 得 ない 事 情 又 は 天 災 事 変 その 他 これに 準 ずるやむを 得 ない 事 情 により 事 業 の 継 続 が 困 難 となった 場 合 五 事 業 の 運 営 上 やむを 得 ない 事 情 又 は 天 災 事 変 その 他 これに 準 ずるやむを 得 ない 事 情 により 事 業 の 縮 小 転 換 又 は 組 織 の 改 廃 を 行 う 必 要 が 生 じ 他 の 職 務 に 転 換 させる ことが 困 難 となった 場 合

4 六 その 他 前 2 号 に 準 ずるやむを 得 ない 事 情 がある 場 合 2 有 期 雇 用 職 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 解 雇 する 一 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となった 場 合 二 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 ( 解 雇 制 限 ) 第 14 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 期 間 は 解 雇 しない ただ し 第 1 号 の 場 合 において 療 養 開 始 後 3 年 を 経 過 しても 負 傷 又 は 疾 病 が 治 癒 せず 労 働 基 準 法 第 81 条 の 規 定 により 打 切 補 償 を 支 払 う 場 合 ( 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 以 下 労 災 保 険 法 という ) 第 19 条 に 基 づき 打 切 補 償 を 支 払 ったとみなされ る 場 合 を 含 む )は 解 雇 する 一 業 務 上 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかり 療 養 のため 休 業 する 期 間 及 びその 後 30 日 間 二 産 前 産 後 の 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 労 働 基 準 法 第 65 条 の 規 定 により 休 業 する 期 間 及 び その 後 30 日 間 ( 解 雇 予 告 ) 第 15 条 第 13 条 の 規 定 により 有 期 雇 用 職 員 を 解 雇 する 場 合 は 30 日 前 までに 予 告 をする か 又 は 労 働 基 準 法 第 12 条 に 規 定 する 平 均 賃 金 の30 日 以 上 の 解 雇 予 告 手 当 を 支 払 うもの とする ただし 予 告 の 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 に 応 じて 短 縮 することができ る 2 前 項 の 規 定 は 試 用 期 間 中 の 有 期 雇 用 職 員 ( 試 用 期 間 が14 日 を 経 過 した 者 を 除 く ) 及 び2 箇 月 以 内 の 期 間 を 定 めて 雇 用 される 者 を 解 雇 する 場 合 及 び 所 轄 労 働 基 準 監 督 署 長 の 認 定 を 受 けて 第 56 条 第 5 号 に 定 める 懲 戒 解 雇 をする 場 合 には 適 用 しない ( 退 職 後 の 責 務 ) 第 16 条 有 期 雇 用 職 員 が 退 職 又 は 解 雇 された 場 合 は 科 学 博 物 館 から 借 用 している 物 品 を 退 職 又 は 解 雇 の 日 の 翌 日 から7 日 以 内 に 返 還 しなければならない ( 退 職 証 明 書 の 交 付 ) 第 17 条 退 職 又 は 解 雇 に 際 し 有 期 雇 用 職 員 から 労 働 基 準 法 第 22 条 に 定 める 証 明 書 の 交 付 の 請 求 があった 場 合 は これを 交 付 する 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 給 与 の 種 類 ) 第 18 条 有 期 雇 用 職 員 に 支 給 することのできる 給 与 の 種 類 は 次 のとおりとする 一 基 本 給 二 諸 手 当 イ 超 過 勤 務 手 当 ロ 通 勤 手 当 ハ 住 居 手 当 ニ 期 末 手 当 ホ 勤 勉 手 当 ( 基 本 給 ) 第 19 条 有 期 雇 用 職 員 の 基 本 給 の 支 給 単 位 は 日 給 とする ( 日 給 の 決 定 )

5 第 20 条 第 19 条 の 日 給 は 次 の 各 号 に 掲 げるところにより 決 定 するものとする 一 有 期 雇 用 職 員 の 日 給 は 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 職 員 給 与 規 程 ( 以 下 職 員 給 与 規 程 という )に 基 づいて その 者 を 常 勤 の 職 員 として 採 用 した 場 合 に 受 けるこ ととなる 俸 給 月 額 及 びこれに 対 する 地 域 手 当 の 月 額 の 合 計 額 に12を 乗 じて 得 た 額 を 常 勤 職 員 の1 週 間 当 たりの 勤 務 時 間 に52を 乗 じたもので 除 して 得 た 額 に 定 められた1 日 の 勤 務 時 間 を 乗 じて 得 た 額 の 範 囲 内 の 額 とする この 場 合 において 計 算 した 確 定 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てるものとする 二 有 期 雇 用 職 員 に 適 用 される 俸 給 表 については それぞれの 有 期 雇 用 職 員 の 従 事 する 業 務 の 内 容 に 応 じて 次 に 掲 げるとおり 定 めるものとする イ 事 務 補 佐 員 一 般 職 俸 給 表 ロ 技 術 補 佐 員 一 般 職 俸 給 表 ハ 技 能 補 佐 員 技 能 労 務 職 俸 給 表 二 労 務 補 佐 員 技 能 労 務 職 俸 給 表 三 前 号 に 掲 げる 者 以 外 の 者 については その 業 務 の 内 容 に 応 じた 俸 給 表 を 適 用 する 2 職 務 の 特 殊 性 等 により 有 期 雇 用 職 員 の 採 用 が 著 しく 困 難 である 場 合 又 は 相 当 高 度 の 知 識 技 術 又 は 経 験 を 有 すると 認 められる 者 で 他 に 適 任 者 がいないために 有 期 雇 用 職 員 として 採 用 される 者 について 特 に 必 要 があると 認 められる 場 合 には 前 項 の 規 定 にか かわらず 別 に 定 めるところにより 基 本 給 を 決 定 することができるものとする 3 日 給 の 額 の 改 定 は 前 項 に 規 定 する 場 合 を 除 き 第 1 項 各 号 の 規 定 により 算 出 した 額 の 範 囲 内 で 行 うものとする 4 有 期 雇 用 職 員 が 定 められた 勤 務 時 間 内 において 勤 務 しないとき(その 勤 務 しない 時 間 が 年 次 有 給 休 暇 及 び 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 有 給 の 休 暇 として 承 認 された 場 合 を 除 く ) は 第 1 項 第 1 号 により 算 出 した 日 給 を 定 められた1 日 の 勤 務 時 間 数 で 除 して 得 た 額 に 勤 務 しない 時 間 数 を 乗 じて 得 た 額 を 当 該 日 給 から 減 じて 得 た 額 を 支 給 することとす る この 場 合 において 計 算 した 確 定 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は これを 切 り 捨 てるものとする ( 給 与 の 支 給 日 ) 第 21 条 有 期 雇 用 職 員 の 給 与 ( 次 項 に 定 める 給 与 を 除 く )は 毎 月 17 日 ( 以 下 この 項 に おいて 支 給 定 日 という )に 支 給 する ただし 支 給 定 日 が 日 曜 日 にあたるとき は 支 給 定 日 の 前 々 日 (その 日 が 休 日 にあたるときは 支 給 定 日 の 翌 日 )に 支 給 定 日 が 土 曜 日 にあたるときは 支 給 定 日 の 前 日 に 支 給 する 2 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 に 相 当 する 給 与 は 6 月 30 日 及 び12 月 10 日 ( 以 下 この 項 におい て 支 給 定 日 という )に 支 給 する ただし 支 給 定 日 が 日 曜 日 にあたるときは 支 給 定 日 の 前 々 日 に 支 給 定 日 が 土 曜 日 にあたるときは 支 給 定 日 の 前 日 に 支 給 する ( 給 与 の 支 給 方 法 ) 第 22 条 前 条 第 1 項 に 規 定 する 支 給 定 日 においては 前 月 分 の 日 給 通 勤 手 当 住 居 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 手 当 を 支 給 する 2 前 項 に 規 定 する 手 当 の 支 給 を 開 始 し もしくは 停 止 すべき 事 由 が 生 じた 時 又 はこれら の 額 に 変 更 を 生 じたときは 翌 月 以 降 の 支 給 定 日 においてその 差 額 を 追 給 し 又 は 控 除 する 3 有 期 雇 用 職 員 の 毎 月 の 給 与 の 計 算 期 間 は 毎 月 1 日 からその 月 の 末 日 までとする

6 4 有 期 雇 用 職 員 の 給 与 は 前 項 によるもののほか その 全 額 を 通 貨 で 直 接 有 期 雇 用 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 に 基 づき 給 与 から 控 除 すべき 金 額 がある 場 合 に は その 有 期 雇 用 職 員 に 支 払 うべき 給 与 の 金 額 から その 金 額 を 控 除 して 支 払 うものと する 5 有 期 雇 用 職 員 が 給 与 の 全 部 につき 自 己 の 預 金 又 は 貯 金 への 振 込 みを 申 し 出 た 場 合 に は その 方 法 によって 支 払 うことができる ( 諸 手 当 ) 第 23 条 有 期 雇 用 職 員 には その 勤 務 の 実 績 に 応 じて 次 に 掲 げる 給 与 を 支 給 する 超 過 勤 務 手 当 所 定 労 働 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 勤 務 1 時 間 につき 支 給 する 超 過 勤 務 手 当 の 額 は 第 20 条 により 決 定 された 日 給 額 を 定 められた1 日 の 勤 務 時 間 数 で 除 した 額 に 次 の 各 号 に 掲 げる 勤 務 の 区 分 に 応 じてそれぞれ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 (その 勤 務 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 である 場 合 は その 割 合 に100 分 の25を 加 算 した 割 合 )を 乗 じて 得 た 額 とする この 場 合 において 計 算 した 確 定 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は これを 四 捨 五 入 するものとする イ 所 定 労 働 時 間 が 割 り 振 られた 日 における 勤 務 100 分 の125 ロ 前 号 に 掲 げる 勤 務 以 外 の 勤 務 100 分 の135 2 前 項 イに 定 めるもののほか 一 の 月 の 初 日 から 末 日 までの 間 に 前 項 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 額 定 に100 分 の125(その 勤 務 が 深 夜 において 行 われた 場 合 は 100 分 の150)を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 することとなる 時 間 ( 以 下 割 増 賃 金 対 象 時 間 とい う ) 及 び 第 35 条 に 規 定 する 休 日 に 勤 務 した 時 間 を 累 計 して60 時 間 に 達 した 時 点 より 後 に 行 われた 割 増 賃 金 対 象 時 間 に 対 して 前 項 に 定 める 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に100 分 の150(その 勤 務 が 深 夜 において 行 われた 場 合 は 100 分 の175)の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する 3 第 1 項 ロに 定 めるもののほか 一 の 月 の 初 日 から 末 日 までの 間 の 休 日 に 勤 務 した 全 時 間 及 び 割 増 賃 金 対 象 時 間 を 累 計 して60 時 間 に 達 した 時 点 より 後 に 行 われた 休 日 に 勤 務 し た 全 時 間 に 対 して 第 1 項 に 定 める 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に100 分 の150(その 勤 務 が 深 夜 において 行 われた 場 合 は 100 分 の175)の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 支 給 する 4 有 期 雇 用 職 員 には その 勤 務 の 実 態 に 応 じて 次 の 各 号 に 掲 げる 給 与 を 当 該 各 号 に 掲 げるところにより 支 給 することができる 一 通 勤 手 当 1 月 以 上 の 期 間 を 定 めて 雇 用 された 有 期 雇 用 職 員 のうち 交 通 機 関 等 により 通 勤 することを 常 例 とする 者 については 職 員 給 与 規 程 第 23 条 に 規 定 する 通 勤 手 当 に 準 じて 通 勤 手 当 に 相 当 する 給 与 を 支 給 することができる 二 住 居 手 当 雇 用 予 定 期 間 が3 月 未 満 の 職 員 を 除 き 職 員 給 与 規 程 第 22 条 に 規 定 す る 住 居 手 当 に 準 じて 住 居 手 当 に 相 当 する 給 与 を 支 給 することができる 三 期 末 手 当 職 員 給 与 規 程 第 29 条 に 規 定 する 期 末 手 当 に 準 じて 期 末 手 当 に 相 当 する 給 与 を 支 給 することができる この 場 合 において 算 出 の 基 礎 となる 俸 給 の 月 額 は 同 条 に 規 定 する 日 ( 退 職 した 有 期 雇 用 職 員 にあっては 退 職 の 日 ) 現 在 その 有 期 雇 用 職 員 に 支 給 される 日 給 額 の 算 出 の 基 礎 となった 級 号 俸 に 係 る 俸 給 の 月 額 とする 四 勤 勉 手 当 職 員 給 与 規 程 第 30 条 に 規 定 する 勤 勉 手 当 に 準 じて 勤 勉 手 当 に 相 当 する 給 与 を 支 給 することができる この 場 合 において 算 出 の 基 礎 となる 俸 給 の 月 額 は 前 号 に 準 ずる

7 第 24 条 この 規 程 による 給 与 は すべて 既 定 予 算 の 範 囲 内 で 支 給 するものとする ( 退 職 手 当 ) 第 25 条 有 期 雇 用 職 員 のうち 一 事 業 年 度 において6 月 を 超 えて 勤 務 し かつ その 勤 務 時 間 以 上 勤 務 した 日 が18 日 以 上 ある 月 が 引 き 続 いて6 月 を 超 える 者 が 任 期 満 了 となっ た 場 合 又 は 退 職 し 若 しくは 解 雇 されたときは 退 職 手 当 を 支 給 することができる ただし 第 56 条 の 規 定 により 懲 戒 解 雇 又 は 諭 旨 解 雇 された 場 合 には 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないことがある 2 退 職 手 当 の 額 は 第 20 条 の 規 定 により 算 出 された 俸 給 月 額 相 当 額 に0.3を 乗 じて 得 た 額 とする 3 退 職 手 当 に 関 する 事 項 は 別 に 定 める 場 合 を 除 き 前 2 項 に 定 めるもののほか 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 職 員 退 職 手 当 規 程 の 定 めるところによる 第 4 章 服 務 ( 服 務 の 根 本 基 準 ) 第 26 条 有 期 雇 用 職 員 は 科 学 博 物 館 の 業 務 の 公 共 性 を 自 覚 し 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しな ければならない 2 有 期 雇 用 職 員 は 科 学 博 物 館 の 利 益 と 相 反 する 行 為 を 行 ってはならない ( 職 務 専 念 義 務 ) 第 27 条 有 期 雇 用 職 員 は この 規 則 又 は 関 係 諸 規 則 の 定 めるときを 除 いては その 勤 務 時 間 及 び 職 務 上 の 注 意 力 すべてをその 職 務 遂 行 のために 用 い 科 学 博 物 館 がなすべき 責 を 有 する 職 務 にのみ 従 事 しなければならない ( 遵 守 事 項 ) 第 28 条 有 期 雇 用 職 員 は 次 の 事 項 を 守 らなければならない 一 職 務 を 遂 行 するに 当 たっては 関 係 法 令 及 び 科 学 博 物 館 の 諸 規 則 を 遵 守 し 上 司 の 指 示 命 令 に 従 ってその 職 務 を 遂 行 しなければならない 二 職 場 の 内 外 を 問 わず 科 学 博 物 館 の 信 用 を 傷 つけ その 利 益 を 害 し 又 は 職 員 全 体 の 不 名 誉 となるような 行 為 をしてはならない 三 職 務 上 知 ることのできた 秘 密 を 他 に 漏 らしてはならない その 職 を 退 いた 後 も 同 様 とする 四 科 学 博 物 館 の 敷 地 及 び 施 設 内 ( 以 下 科 学 博 物 館 内 という )で 喧 騒 その 他 の 秩 序 風 紀 を 乱 す 行 為 をしてはならない 五 科 学 博 物 館 内 で 政 治 活 動 又 は 宗 教 活 動 を 行 ってはならない 六 科 学 博 物 館 の 許 可 なく 科 学 博 物 館 内 で 業 務 外 の 集 会 又 は 文 書 図 画 等 の 掲 示 その 他 これに 準 ずる 行 為 をしてはならない ( 有 期 雇 用 職 員 の 倫 理 ) 第 29 条 有 期 雇 用 職 員 が 遵 守 すべき 倫 理 については 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 職 員 倫 理 規 程 の 定 めるところによる (ハラスメントの 防 止 等 ) 第 30 条 有 期 雇 用 職 員 は セクシュアル ハラスメント 等 のいかなるハラスメントも 行 ってはならず これの 防 止 に 努 めなければならない 2 科 学 博 物 館 は 有 期 雇 用 職 員 からハラスメント 等 に 関 する 相 談 又 は 苦 情 を 受 け 付 け

8 これを 迅 速 かつ 公 正 に 処 理 するために 適 切 な 措 置 を 講 ずるものとする 第 5 章 勤 務 時 間 及 び 休 暇 等 ( 所 定 勤 務 時 間 ) 第 31 条 有 期 雇 用 職 員 の 勤 務 時 間 は 休 憩 時 間 を 除 き 1 日 について7 時 間 45 分 とし 1 週 間 当 たり38 時 間 45 分 とする ( 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 ) 第 32 条 有 期 雇 用 職 員 の 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 次 のとおりとする 一 始 業 午 前 8 時 30 分 二 終 業 午 後 17 時 15 分 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 業 務 の 都 合 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 必 要 がある 場 合 には 別 に 定 めるところにより 1 日 の 労 働 時 間 を7 時 間 45 分 を 超 えない 範 囲 内 で 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 繰 り 上 げ 又 は 繰 り 下 げることがある ( 休 憩 時 間 ) 第 33 条 有 期 雇 用 職 員 の 休 憩 時 間 は 午 後 12 時 30 分 から 午 後 1 時 30 分 までとする 2 有 期 雇 用 職 員 は 休 憩 時 間 を 自 由 に 使 うことができる 3 館 長 は 科 学 博 物 館 の 運 営 上 必 要 と 認 められる 場 合 には 別 に 定 めるところにより 休 憩 時 間 の 時 間 帯 を 変 更 することがある ( 通 常 の 勤 務 場 所 を 離 れて 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 ) 第 34 条 有 期 雇 用 職 員 が 勤 務 時 間 の 全 部 又 は 一 部 について 通 常 の 勤 務 場 所 を 離 れて 業 務 に 従 事 した 場 合 において 勤 務 時 間 を 算 定 し 難 いときは 所 定 の 勤 務 時 間 を 勤 務 したも のとみなす ただし 当 該 業 務 を 遂 行 するために 所 定 の 勤 務 時 間 を 超 えて 勤 務 すること が 必 要 となる 場 合 においては 当 該 業 務 の 遂 行 に 通 常 必 要 とされる 時 間 勤 務 したものと みなす ( 休 日 ) 第 35 条 休 日 は 次 のとおりとする 一 日 曜 日 二 土 曜 日 三 年 末 年 始 (12 月 29 日 から1 月 3 日 まで) 四 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 規 定 する 休 日 五 その 他 特 に 指 定 する 日 2 業 務 上 の 必 要 がある 場 合 には 前 項 第 1 号 及 び 第 2 号 の 休 日 に 替 えて 1 週 間 につき 1 日 以 上 の 割 合 で 休 日 を 別 に 定 めることができる 3 前 項 の 休 日 が 第 1 項 第 3 号 から 第 5 号 までの 休 日 に 当 たる 場 合 には 当 該 休 日 に 相 当 する 休 日 を 与 えるものとする 4 前 項 までの 規 定 にかかわらず 業 務 上 の 必 要 がある 場 合 の 有 期 雇 用 職 員 の 休 日 につい ては 第 31 条 に 規 定 する 所 定 勤 務 時 間 の 範 囲 内 において 1 週 間 に1 日 以 上 とし 当 該 有 期 雇 用 職 員 毎 に 館 長 が 定 める ( 休 日 の 振 替 ) 第 36 条 業 務 上 の 必 要 により 前 条 の 休 日 に 勤 務 を 命 じる 場 合 は あらかじめ 当 該 休 日 を 他 の 勤 務 日 に 振 り 替 える( 以 下 休 日 の 振 替 という )ことができる

9 2 前 項 の 規 定 により 休 日 の 振 替 を 行 う 場 合 は 当 該 休 日 の 振 替 を 行 った 後 において 1 週 間 の 勤 務 時 間 が 第 31 条 に 規 定 する 週 の 所 定 勤 務 時 間 を 超 えず また1 週 間 に1 日 以 上 の 休 日 を 設 けるようにしなければならない ( 代 休 ) 第 37 条 前 条 の 規 定 によらず 休 日 に 特 に 勤 務 を 命 じた 場 合 には 当 該 休 日 の 代 休 を 与 えることができる 2 前 項 の 休 日 の 代 休 は 当 該 休 日 の 日 以 降 に 与 えるものとする ( 時 間 外 及 び 休 日 の 勤 務 ) 第 38 条 業 務 上 の 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 第 36 条 の 規 定 に 基 づく 労 使 協 定 の 定 めるところにより 有 期 雇 用 職 員 に 所 定 の 勤 務 時 間 を 超 える 勤 務 ( 以 下 超 過 勤 務 という ) 又 は 休 日 に 勤 務 を 命 ずることがある 2 前 項 の 規 定 により 超 過 勤 務 を 命 じた 時 間 が 所 定 の 勤 務 時 間 を 通 じて1 日 につき8 時 間 を 超 える 場 合 は 1 時 間 の 休 憩 時 間 ( 所 定 の 勤 務 時 間 に 置 かれる 休 憩 時 間 を 含 む ) を 当 該 勤 務 時 間 の 途 中 に 置 くものとする 3 休 日 において 6 時 間 を 超 え8 時 間 までの 勤 務 を 命 じたときは 当 該 勤 務 時 間 の 途 中 に45 分 の 8 時 間 を 超 える 勤 務 を 命 じたときは 1 時 間 の 休 憩 時 間 を 当 該 勤 務 時 間 の 途 中 に 置 くものとする ( 災 害 時 等 の 勤 務 ) 第 39 条 災 害 その 他 避 けることのできない 事 由 によって 臨 時 の 必 要 がある 場 合 には 有 期 雇 用 職 員 に 労 働 基 準 法 第 33 条 第 1 項 に 規 定 する 超 過 勤 務 又 は 休 日 の 勤 務 を 命 ずること がある (1 箇 月 以 内 の 変 形 労 働 時 間 制 ) 第 40 条 業 務 上 の 必 要 がある 場 合 には 労 働 基 準 法 第 32 条 の2の 規 定 により 有 期 雇 用 職 員 を 毎 月 1 日 を 起 算 日 とする1 箇 月 単 位 又 は4 週 間 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 の 勤 務 に 就 かせることがある 2 週 の 所 定 労 働 時 間 は 1 箇 月 又 は4 週 間 を 平 均 して38 時 間 45 分 とする 3 各 日 の 始 業 及 び 終 業 時 刻 並 びに 休 憩 時 間 は 別 に 定 める ただし 業 務 の 都 合 によ り これらを 繰 り 上 げ 又 は 繰 り 下 げることがある 4 各 人 ごとの 各 日 の 所 定 の 勤 務 時 間 は 勤 務 時 間 割 振 表 により 起 算 日 の7 日 前 までに 通 知 する 5 勤 務 時 間 割 振 表 の 作 成 は 1 箇 月 又 は4 週 間 ごとに 行 うものとする 6 各 人 ごとの 休 日 は 1 箇 月 又 は4 週 間 を 通 じて 変 形 労 働 時 間 制 が 適 用 されない 者 と 同 じ 日 数 とし 1 週 間 に 少 なくとも1 日 以 上 とする 7 前 項 の 休 日 は 勤 務 時 間 割 振 表 により 通 知 する ただし 業 務 の 都 合 によりやむを 得 ない 場 合 は あらかじめ 他 の 日 に 振 り 替 えることがある ( 出 勤 及 び 退 勤 の 手 続 ) 第 41 条 有 期 雇 用 職 員 は 出 勤 及 び 退 勤 の 際 に 所 定 の 手 続 きをとらなければならない ( 年 次 有 給 休 暇 ) 第 42 条 有 期 雇 用 職 員 の 年 次 有 給 休 暇 は 4 月 1 日 ( 最 初 に 雇 用 される 年 度 にあっては 当 該 雇 用 の 日 )に 一 事 業 年 度 において 別 表 に 定 める 日 数 を 付 与 する ( 年 次 有 給 休 暇 の 繰 越 )

10 第 43 条 継 続 雇 用 された 場 合 における 年 次 有 給 休 暇 は 付 与 日 から2 年 経 過 するまでの 間 に 限 り 繰 り 越 すことができるものとする ( 年 次 有 給 休 暇 の 手 続 等 ) 第 44 条 年 次 有 給 休 暇 は 有 期 雇 用 職 員 が 請 求 した 時 季 に 与 えるものとする ただし 業 務 の 運 営 上 真 にやむを 得 ない 事 由 が 生 じた 場 合 には 他 の 時 季 に 変 更 することがある ものとする 2 有 期 雇 用 職 員 は 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 する 場 合 には あらかじめ 所 定 の 様 式 に 記 入 し て 申 し 出 なければならない ただし やむを 得 ない 理 由 により あらかじめ 申 し 出 るこ とができない 場 合 には その 理 由 を 付 して 事 後 に 申 し 出 ることができる 3 年 次 有 給 休 暇 は 1 日 又 は 半 日 を 単 位 とする ただし 有 期 雇 用 職 員 が 請 求 した 場 合 で 特 に 必 要 があると 認 められるときは 原 則 5 日 以 内 について1 時 間 を 単 位 とすること ができる 4 労 働 基 準 法 第 39 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づく 労 使 協 定 があるときは 前 条 に 定 める 年 次 有 給 休 暇 ( 前 項 に 定 める 繰 越 分 を 含 む )のうち 5 日 を 超 える 部 分 については 当 該 労 使 協 定 に 定 められた 時 季 に 年 次 有 給 休 暇 を 付 与 するものとする ( 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 有 給 休 暇 ) 第 45 条 館 長 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 には 有 期 雇 用 職 員 に 対 して 当 該 各 号 に 掲 げる 期 間 の 有 給 休 暇 を 与 えるものとする 一 有 期 雇 用 職 員 が 公 職 選 挙 法 に 規 定 する 選 挙 権 のほか 最 高 裁 判 所 の 国 民 審 査 及 び 普 通 地 方 公 共 団 体 の 議 会 の 議 員 又 は 長 の 解 職 の 投 票 に 係 る 権 利 権 を 行 使 する 場 合 で 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 二 有 期 雇 用 職 員 が 裁 判 員 証 人 鑑 定 人 参 考 人 等 として 国 会 裁 判 所 地 方 公 共 団 体 等 の 議 会 その 他 官 公 署 へ 出 頭 する 場 合 で その 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 三 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 又 は 交 通 機 関 の 事 故 等 により 出 勤 することが 極 めて 困 難 であると 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 四 地 震 水 害 火 災 その 他 の 災 害 時 において 有 期 雇 用 職 員 が 退 勤 途 上 における 身 体 の 危 険 を 回 避 するために 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 五 親 族 ( 常 勤 職 員 の 例 による)が 死 亡 した 場 合 で 有 期 雇 用 職 員 が 葬 儀 服 喪 その 他 の 親 族 の 死 亡 に 伴 い 必 要 と 認 められる 行 事 等 のために 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められるとき 常 勤 職 員 の 例 による 六 夏 季 における 盆 等 の 諸 行 事 心 身 の 健 康 の 維 持 及 び 増 進 又 は 家 庭 生 活 の 充 実 のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 一 事 業 年 度 の7 月 から9 月 までの 期 間 内 における 原 則 として 連 続 する3 日 の 範 囲 内 の 期 間 ( 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 無 給 休 暇 ) 第 46 条 館 長 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 には 有 期 雇 用 職 員 に 対 して 当 該 各 号 に 掲 げる 期 間 の 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 無 給 休 暇 を 与 えるものとする 一 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 である 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 申 し 出 た 場 合 出 産 の 日 までの 申 し 出 た 期 間 二 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 出 産 した 場 合 出 産 の 日 の 翌 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 ま

11 での 期 間 ( 産 後 6 週 間 を 経 過 した 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 就 業 を 申 し 出 た 場 合 において 医 師 が 支 障 ないと 認 めた 業 務 に 就 く 期 間 を 除 く ) 三 生 後 満 1 年 に 達 しない 子 を 育 てる 有 期 雇 用 職 員 が その 子 の 保 育 のために 必 要 と 認 められる 授 乳 等 を 行 う 場 合 1 日 2 回 それぞれ30 分 の 期 間 (ただし その 子 の 親 で ある 科 学 博 物 館 の 男 性 の 職 員 は その 子 の 親 である 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 がこの 号 の 休 暇 を 使 用 しようとする 日 におけるこの 号 の 休 暇 (これに 相 当 する 休 暇 を 含 む )を 承 認 され 又 は 労 働 基 準 法 第 67 条 の 規 定 により 同 日 における 育 児 時 間 を 請 求 した 場 合 は これを 取 得 することができない ) 四 妊 娠 中 の 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 及 び 産 後 1 年 を 経 過 しない 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 ( 以 下 妊 産 婦 である 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 という )が 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 14 1 号 )に 定 める 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 ける 場 合 妊 娠 満 23 週 までは4 週 間 に1 回 妊 娠 満 24 週 から 満 35 週 までは2 週 間 に1 回 妊 娠 満 36 週 から 出 産 までは1 週 間 に 1 回 産 後 1 年 まではその 間 に1 回 ( 医 師 又 は 助 産 師 ( 以 下 医 師 等 という )の 特 別 の 指 示 があった 場 合 には いずれの 期 間 についてもその 指 示 された 回 数 )につい て それぞれ1 日 の 所 定 の 勤 務 時 間 の 範 囲 内 で 必 要 と 認 められる 時 間 五 妊 娠 中 の 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 医 師 等 から 通 勤 に 利 用 する 交 通 機 関 の 混 雑 の 程 度 が 母 体 又 は 健 康 保 持 に 影 響 があるとして 通 勤 緩 和 の 指 導 を 受 けた 場 合 所 定 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにつき1 日 を 通 じて1 時 間 を 超 えない 範 囲 内 でそれぞれ 必 要 と 認 める 時 間 六 妊 産 婦 である 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 医 師 等 からその 有 期 雇 用 職 員 の 業 務 が 母 体 又 は 胎 児 の 健 康 保 持 に 影 響 があると 認 められ 適 宜 休 息 し 又 は 補 食 するために 必 要 な 時 間 をとるように 指 導 を 受 けた 場 合 所 定 勤 務 時 間 の 始 めから 連 続 する 時 間 若 しく は 終 わりまでの 連 続 する 時 間 若 しくは 休 憩 時 間 に 連 続 する 時 間 又 は 勤 務 しないことを 請 求 した 有 期 雇 用 職 員 について 他 の 規 定 により 勤 務 しないことを 承 認 している 時 間 に 連 続 する 時 間 以 外 の 時 間 で 適 宜 休 息 し 又 は 補 食 するために 必 要 と 認 められる 時 間 七 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 ( 配 偶 者 の 子 を 含 む )を 養 育 する 有 期 雇 用 職 員 が その 子 の 看 護 ( 負 傷 し 又 は 疾 病 にかかったその 子 の 世 話 を 行 うこと( 又 は 当 該 子 に 予 防 接 種 や 健 康 診 断 等 を 受 けさせること)をいう )のため 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 一 事 業 年 度 において1 人 の 場 合 5 日 2 人 以 上 の 場 合 は10 日 の 範 囲 内 の 期 間 八 女 性 の 有 期 雇 用 職 員 が 生 理 日 における 就 業 が 著 しく 困 難 なため 勤 務 しないことがや むを 得 ないと 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 九 有 期 雇 用 職 員 が 業 務 上 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 があり その 勤 務 しないこ とがやむを 得 ないと 認 められる 場 合 必 要 と 認 められる 期 間 十 有 期 雇 用 職 員 が 負 傷 又 は 疾 病 のため 療 養 する 必 要 があり その 勤 務 しないことがや むを 得 ないと 認 められる 場 合 ( 前 二 号 に 掲 げる 場 合 を 除 く ) 一 事 業 年 度 におい て10 日 の 範 囲 内 の 期 間 十 一 有 期 雇 用 職 員 が 骨 髄 移 植 のための 骨 髄 若 しくは 末 梢 血 幹 細 胞 移 植 のための 末 梢 血 幹 細 胞 の 提 供 希 望 者 としてその 登 録 を 実 施 するものに 対 して 登 録 の 申 し 出 を 行 い 又 は 配 偶 者 父 母 子 及 び 兄 弟 姉 妹 以 外 の 者 に 骨 髄 移 植 のため 骨 髄 若 しくは 末 梢 血 幹 細 胞 移 植 のため 末 梢 血 幹 細 胞 を 提 供 する 場 合 で 当 該 申 出 又 は 提 供 に 伴 い 必 要 な 検 査

12 入 院 等 のため 勤 務 しないことがやむを 得 ないと 認 められるとき 必 要 と 認 められる 期 間 十 二 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 2 週 間 以 上 の 期 間 にわたり 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 があり 常 時 介 護 を 必 要 とする 状 態 ( 以 下 要 介 護 状 態 と いう )にある 者 ( 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 介 護 休 業 規 程 第 3 条 各 号 に 掲 げる 者 ( 以 下 対 象 家 族 という ))を 介 護 等 するために 勤 務 しないことが 相 当 であると 認 められる 場 合 一 事 業 年 度 において1 人 の 場 合 5 日 2 人 以 上 の 場 合 は10 日 の 範 囲 内 の 期 間 ( 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 休 暇 の 手 続 等 ) 第 47 条 有 期 雇 用 職 員 は 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 有 給 休 暇 又 は 無 給 休 暇 ( 以 下 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 休 暇 という )の 承 認 を 受 けようとする 場 合 には あらかじめ 所 定 の 様 式 に 記 入 して 申 し 出 なければならない ただし やむを 得 ない 理 由 により あらかじめ 申 し 出 ることができない 場 合 には その 理 由 を 付 して 事 後 に 申 し 出 ることができる 2 前 項 の 場 合 において 必 要 に 応 じて その 請 求 理 由 期 間 等 を 確 認 することができる 書 類 等 を 提 出 又 は 提 示 しなければならない 3 前 条 第 1 号 の 申 出 は あらかじめ 所 定 の 様 式 に 必 要 事 項 を 記 入 して 行 わなければなら ない 4 前 条 第 2 号 に 掲 げる 場 合 に 該 当 することとなった 有 期 雇 用 職 員 は その 旨 を 速 やかに 届 け 出 るものとする 5 年 次 有 給 休 暇 以 外 の 休 暇 は 必 要 に 応 じて1 日 1 時 間 又 は1 分 を 単 位 とする ( 育 児 休 業 等 ) 第 48 条 有 期 雇 用 職 員 の 育 児 休 業 等 については 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 職 員 育 児 休 業 等 規 程 の 定 めるところによる ( 介 護 休 業 等 ) 第 49 条 有 期 雇 用 職 員 の 介 護 休 業 等 については 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 職 員 介 護 休 業 等 規 程 の 定 めるところによる 第 6 章 女 性 ( 妊 産 婦 である 有 期 雇 用 職 員 の 就 業 制 限 等 ) 第 50 条 館 長 は 妊 娠 中 の 女 性 及 び 産 後 1 年 を 経 過 しない 女 性 ( 以 下 妊 産 婦 とい う )を 妊 娠 出 産 保 育 等 に 有 害 な 業 務 に 就 かせてはならない 2 館 長 は 妊 産 婦 である 有 期 雇 用 職 員 が 請 求 した 場 合 には 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 における 勤 務 又 は 正 規 の 勤 務 時 間 以 外 の 時 間 における 勤 務 をさせてはならな い 3 館 長 は 妊 産 婦 である 有 期 雇 用 職 員 が 請 求 した 場 合 には その 者 の 業 務 を 軽 減 し 又 は 軽 易 な 業 務 に 就 かせなければならない 第 7 章 出 張 ( 出 張 ) 第 51 条 館 長 は 業 務 上 必 要 がある 場 合 には 有 期 雇 用 職 員 に 出 張 を 命 ずることがあ る

13 2 出 張 を 命 ぜられた 有 期 雇 用 職 員 が 出 張 を 終 えたときは 速 やかに 報 告 しなければなら ない 3 有 期 雇 用 職 員 が 出 張 した 場 合 には 所 定 の 勤 務 時 間 を 勤 務 したものとみなす ( 旅 費 ) 第 52 条 前 条 の 出 張 に 要 する 旅 費 については 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 旅 費 規 程 の 定 めるところによる 第 8 章 研 修 ( 研 修 ) 第 53 条 館 長 は その 業 務 に 関 し 必 要 な 知 識 及 び 技 能 を 向 上 させるため 有 期 雇 用 職 員 に 研 修 を 命 ずることがある 第 9 章 賞 罰 ( 表 彰 ) 第 54 条 有 期 雇 用 職 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 表 彰 する 一 業 務 遂 行 上 職 員 の 模 範 として 推 奨 すべき 行 為 があった 場 合 二 業 務 上 特 に 顕 著 な 功 績 があった 場 合 三 その 他 館 長 が 必 要 と 認 める 場 合 ( 懲 戒 ) 第 55 条 有 期 雇 用 職 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 懲 戒 処 分 を 行 う 一 正 当 な 理 由 なく 無 断 欠 勤 した 場 合 二 正 当 な 理 由 なくしばしば 遅 刻 早 退 するなど 勤 務 を 怠 った 場 合 三 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 科 学 博 物 館 に 損 害 を 与 えた 場 合 四 窃 盗 横 領 傷 害 等 の 刑 法 犯 に 該 当 する 行 為 があった 場 合 五 科 学 博 物 館 の 名 誉 又 は 信 用 を 著 しく 傷 つけた 場 合 六 素 行 不 良 で 科 学 博 物 館 の 秩 序 又 は 風 紀 を 乱 した 場 合 七 重 大 な 経 歴 詐 称 をした 場 合 八 法 令 その 他 この 規 則 によって 遵 守 すべき 事 項 に 違 反 し 又 は 前 各 号 に 準 ずる 不 都 合 な 行 為 があった 場 合 ( 懲 戒 処 分 の 種 類 及 び 内 容 ) 第 56 条 懲 戒 処 分 の 種 類 及 び 内 容 は 次 のとおりとする 一 戒 告 将 来 を 戒 める 二 減 給 1 回 の 額 が 労 働 基 準 法 第 12 条 に 規 定 する 平 均 賃 金 の1 日 分 の 半 額 を 超 えず 総 額 が 一 給 与 支 払 期 間 の 給 与 総 額 の10 分 の1を 超 えない 範 囲 内 で 給 与 を 減 額 する 三 停 職 2 月 以 内 を 限 度 として 勤 務 を 停 止 し 職 務 に 従 事 させず その 間 の 給 与 を 支 給 しない 四 諭 旨 解 雇 退 職 願 の 提 出 を 勧 告 し これに 応 じない 場 合 は 懲 戒 解 雇 とする 五 懲 戒 解 雇 予 告 期 間 を 設 けないで 即 時 に 解 雇 する ( 懲 戒 の 手 続 ) 第 57 条 前 条 の 規 定 による 懲 戒 処 分 は 懲 戒 処 分 書 を 交 付 して 行 う 2 館 長 は 有 期 雇 用 職 員 に 懲 戒 処 分 を 行 うに 当 たっては 当 該 有 期 雇 用 職 員 に 対 して 弁

14 明 の 機 会 を 設 けるものとする 3 懲 戒 処 分 の 効 力 は 懲 戒 処 分 書 を 有 期 雇 用 職 員 に 交 付 したときに 発 生 するものとす る ( 訓 告 等 ) 第 58 条 第 55 条 に 規 定 する 場 合 のほか 服 務 を 厳 正 にし 規 律 を 保 持 するために 必 要 が あるときは 訓 告 厳 重 注 意 又 は 注 意 を 行 うことがある ( 損 害 賠 償 ) 第 59 条 有 期 雇 用 職 員 が 故 意 又 は 重 大 な 過 失 によって 科 学 博 物 館 に 損 害 を 与 えた 場 合 は その 損 害 の 全 部 又 は 一 部 を 賠 償 させるものとする 第 10 章 安 全 衛 生 ( 安 全 衛 生 管 理 ) 第 60 条 科 学 博 物 館 は 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 ) 及 びその 他 の 関 係 法 令 に 基 づき 有 期 雇 用 職 員 の 健 康 増 進 及 び 危 険 防 止 のために 必 要 な 措 置 を 講 じなければな らない 2 有 期 雇 用 職 員 は 前 項 の 規 定 に 基 づき 科 学 博 物 館 が 講 ずる 措 置 に 協 力 しなければなら ない 3 有 期 雇 用 職 員 の 安 全 及 び 衛 生 管 理 については 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 安 全 衛 生 管 理 規 程 の 定 めるところによる ( 非 常 災 害 時 の 措 置 ) 第 61 条 有 期 雇 用 職 員 は 火 災 その 他 の 非 常 災 害 の 発 生 を 発 見 し 又 は 発 生 のおそれの あることを 知 ったときは 緊 急 の 措 置 をとるとともに 直 ちに 上 司 その 他 の 関 係 者 に 連 絡 して その 指 示 に 従 い 被 害 を 最 小 限 にくいとめるよう 努 力 しなければならない ( 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 遵 守 事 項 ) 第 62 条 有 期 雇 用 職 員 は 安 全 及 び 衛 生 に 関 し 次 の 事 項 を 守 らなければならない 一 安 全 及 び 衛 生 について 上 司 の 命 令 に 従 い 実 行 すること 二 常 に 職 場 の 整 理 整 頓 及 び 清 潔 に 務 め 災 害 防 止 と 衛 生 の 向 上 に 努 めること 三 安 全 衛 生 装 置 消 火 設 備 衛 生 設 備 その 他 の 危 険 防 止 等 のための 諸 施 設 を 無 断 で 移 動 したり 許 可 なく 当 該 地 域 又 は 施 設 に 立 ち 入 らないこと ( 就 業 の 禁 止 ) 第 63 条 有 期 雇 用 職 員 は 自 己 同 居 人 又 は 近 隣 の 者 が 伝 染 病 にかかり 若 しくはその 疑 いがある 場 合 は 直 ちに 上 司 に 届 け 出 てその 命 令 に 従 わなければならない 2 前 項 の 届 出 の 結 果 必 要 と 認 める 場 合 には 当 該 有 期 雇 用 職 員 に 就 業 の 禁 止 を 命 ずる ことがある 第 11 章 災 害 補 償 第 64 条 有 期 雇 用 職 員 が 業 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 途 上 における 災 害 を 受 けた 場 合 の 災 害 補 償 被 災 した 有 期 雇 用 職 員 の 社 会 復 帰 の 促 進 被 災 した 有 期 雇 用 職 員 及 びその 遺 族 の 援 護 を 図 るために 必 要 な 福 祉 事 業 に 関 しては 労 働 基 準 法 労 災 保 険 法 及 び 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 法 定 外 災 害 補 償 規 程 の 定 めるところによる

15 第 12 章 発 明 等 ( 発 明 等 及 び 権 利 の 帰 属 ) 第 65 条 有 期 雇 用 職 員 が 職 務 上 行 った 発 明 等 及 び 権 利 の 帰 属 に 関 する 取 扱 いについて は 別 に 定 める 第 13 章 苦 情 処 理 及 び 不 正 の 通 報 ( 苦 情 処 理 ) 第 66 条 科 学 博 物 館 は 有 期 雇 用 職 員 から 就 業 に 関 する 相 談 又 は 苦 情 を 受 け 付 け これ を 迅 速 かつ 公 正 に 処 理 するために 適 切 な 措 置 を 講 ずるものとする ( 不 正 の 通 報 ) 第 67 条 科 学 博 物 館 は 有 期 雇 用 職 員 から 法 令 違 反 行 為 等 の 不 正 の 事 実 に 関 する 相 談 又 は 通 報 を 受 け 付 け これを 迅 速 かつ 公 正 に 処 理 するために 適 切 な 措 置 を 講 ずるものと する 2 有 期 雇 用 職 員 は 前 項 の 相 談 又 は 通 報 したことを 理 由 として 解 雇 その 他 いかなる 不 利 益 も 受 けない 第 14 章 雑 則 ( 雑 則 ) 第 68 条 この 規 程 の 実 施 について 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 附 則 1 この 規 程 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 施 行 日 の 前 々 日 に 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 非 常 勤 職 員 就 業 規 程 に 基 づく 日 々 雇 用 職 員 として 在 職 し 施 行 日 に 有 期 雇 用 職 員 に 継 続 雇 用 される 者 ( 以 下 継 続 雇 用 者 ) への 第 5 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 の 適 用 にあたっては 同 項 の 通 算 雇 用 期 間 に 施 行 日 前 の 雇 用 期 間 を 含 むものとする 3 継 続 雇 用 者 のうち 他 の 規 程 等 別 段 の 定 めがある 者 の 第 5 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 の 適 用 にあたっては なお 従 前 の 例 による 4 継 続 雇 用 者 に 付 与 する 年 次 有 給 休 暇 の 日 数 については 改 正 後 の 第 42 条 の 規 定 にかか わらず 別 表 の 雇 用 の 日 から 起 算 した 継 続 勤 務 年 数 に 対 応 する 日 数 に 施 行 日 の 前 々 日 における 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 ( 平 成 20 年 度 中 に 付 与 された 年 次 有 給 休 暇 の 残 日 数 に 限 る )を 加 えた 日 数 とする 附 則 この 規 程 は 平 成 21 年 12 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する

16 附 則 この 規 程 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する

17 別 表 ( 第 42 条 関 係 ) 雇 用 期 間 6 月 を 超 え12 月 以 下 5 月 を 超 え6 月 以 下 4 月 を 超 え5 月 以 下 3 月 を 超 え4 月 以 下 2 月 を 超 え3 月 以 下 1 月 を 超 え2 月 以 下 1 月 以 下 年 度 区 分 最 初 に 雇 2 年 度 3 年 度 4 年 度 5 年 度 6 年 度 7 年 度 8 年 度 用 される 年 度 以 降 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 20 日 8 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 6 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 4 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 3 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 2 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日 1 日 10 日 11 日 12 日 14 日 16 日 18 日 20 日

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康

( 雇 用 契 約 期 間 ) 第 5 条 本 会 は 雇 用 契 約 の 締 結 に 当 たって 期 間 の 定 めをする 場 合 には 1 年 以 内 の 期 間 とし 契 約 時 に 本 人 の 希 望 等 を 考 慮 のうえ 各 人 別 に 決 定 する ただし 必 要 に 応 じて 健 康 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 非 正 規 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 精 華 町 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 と いう )の 非 正 規 職 員 ( 以 下 職 員 という )の 勤 務 条 件 服 務 規 律 そ の 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものとする

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB3904588F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 京 都 教 育 大 学 教 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 3 月 28 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 京 都

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 任 期 制 職 給 与 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 3 号 改 正 : 平 成 18 年 7 月 18 日 18 規 程 第 79 号 改 正 : 平 成 18 年 10 月 2 日 18 規 程 第 96 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 29 号 改 正 : 平 成 19

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 フェロー 採 用 等 規 程 平 成 23 年 3 月 31 日 平 22 規 程 第 3 号 平 成 25 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information