Taro-ひとり親家庭のしおり[PD

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-ひとり親家庭のしおり[PD"

Transcription

1 平 成 28 年 5 月 作 成 秋 田 市

2 目 次 1 相 談 や 悩 みごとがあるとき 1 家 庭 相 談 員 女 性 相 談 員 母 子 父 子 自 立 支 援 員 わかくさ 相 談 電 話 民 生 委 員 児 童 委 員 主 任 児 童 委 員 自 立 相 談 支 援 事 業 2 子 どもが 病 院 にかかるとき 3 福 祉 医 療 制 度 3 子 どもを 保 育 所 幼 稚 園 に 入 れたいとき 4 保 育 所 等 幼 稚 園 に 入 れたいとき 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 事 業 すこやか 子 育 て 支 援 事 業 第 2 子 以 降 保 育 料 無 償 化 事 業 病 児 病 後 児 保 育 について 4 子 どもが 学 校 に 入 るとき 5 就 学 援 助 放 課 後 の 児 童 について その 他 就 学 についての 援 助 5 子 どもを 預 けたいとき 6 秋 田 市 ファミリー サポート センター 短 期 入 所 生 活 援 助 (ショートステイ) 事 業 夜 間 養 護 等 (トワイライトステイ) 事 業 6 手 当 等 について 8 児 童 扶 養 手 当 児 童 手 当 秋 田 県 災 害 遺 児 愛 護 基 金 事 業 給 付 金 9 7 暮 らしについて 10 母 子 生 活 支 援 施 設 市 営 住 宅 JR 通 勤 定 期 乗 車 券 の 割 引 秋 田 市 母 子 寡 婦 福 祉 連 合 会 11 ハローワーク 秋 田 ( 公 共 職 業 安 定 所 )ほか 秋 田 県 ひとり 親 家 庭 就 業 自 立 支 援 センター 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 12 高 等 職 業 訓 練 促 進 給 付 金 制 度 助 産 制 度 13 8 税 の 軽 減 14 寡 夫 寡 婦 控 除 特 別 の 寡 婦 控 除 9 貸 付 について 15 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 生 活 福 祉 資 金 市 民 小 口 資 金 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 一 覧 16 17

3 1 相 談 や 悩 みごとがあるとき 家 庭 相 談 員 子 ども 未 来 センター: 乳 幼 児 から18 歳 までの 子 どものことについて 育 て 方 やしつけ 子 どもの 性 格 や 問 題 行 動 な ど 専 門 の 相 談 員 が 相 談 に 応 じます 電 話 相 談 や 面 接 相 談 のほか 特 別 の 事 情 がある 場 合 には 相 談 員 がご 家 庭 に 出 向 く 訪 問 相 談 に も 応 じています ( 相 談 日 時 : 日 曜 年 末 年 始 を 除 く 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 ) 女 性 相 談 員 子 ども 未 来 センター: 男 女 間 のトラブルや 嫁 姑 の 問 題 家 庭 のいざこざなど 誰 に 相 談 してよいかわからないとき 女 性 相 談 員 が 相 談 に 応 じます また 特 別 な 事 情 により 帰 宅 できない 女 性 落 ち 着 き 先 のない 女 性 の 身 体 生 命 の 安 全 を 確 保 するための 相 談 も 行 っています ( 相 談 日 時 : 日 曜 年 末 年 始 を 除 く 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 ) 母 子 父 子 自 立 支 援 員 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : ひとり 親 家 庭 の 子 どもが 健 やかに 成 長 し 母 子 家 庭 の 母 父 子 家 庭 の 父 も 安 定 した 生 活 ができ るよう 暮 らしや 住 まい 仕 事 のこと 等 生 活 全 般 にわたって 相 談 に 応 じます わかくさ 相 談 電 話 子 ども 未 来 センター 内 少 年 指 導 センター 専 用 電 話 : 相 談 専 用 電 話 わかくさ 相 談 電 話 を 設 置 し 青 少 年 に 関 わる 様 々な 悩 みや 心 配 事 に 専 任 の 相 談 員 が 応 じます また 面 接 相 談 も 行 っています 一 人 で 悩 まず 気 軽 にご 相 談 ください 相 談 日 時 : 祝 日 年 末 年 始 を 除 く 月 曜 日 午 前 10 時 ~ 午 後 4 時 火 ~ 金 曜 日 午 前 9 時 ~ 午 後 4 時 民 生 委 員 児 童 委 員 主 任 児 童 委 員 福 祉 総 務 課 地 域 福 祉 推 進 室 : 民 生 委 員 児 童 委 員 主 任 児 童 委 員 は 地 域 住 民 の 中 から 選 ばれ 厚 生 労 働 大 臣 から 委 嘱 され ます 社 会 奉 仕 の 精 神 をもって 常 に 住 民 の 立 場 に 立 って 相 談 に 応 じ 福 祉 サービスを 必 要 とする 人 に 情 報 の 提 供 や 援 助 を 行 うほか 関 係 行 政 機 関 への 橋 渡 し 役 を 務 めるなど 地 域 福 祉 の 促 進 者 として 活 躍 しています また 主 任 児 童 委 員 は いじめ 非 行 不 登 校 子 育 て 不 安 など 子 どもや 家 庭 への きめ 細 かな 相 談 援 助 活 動 のニーズが 高 まってくるなかで 多 様 化 するこれらの 児 童 問 題 を 専 門 的 に 担 当 する 委 員 として 民 生 委 員 児 童 委 員 と 連 携 して 活 躍 しています 民 生 委 員 児 童 委 員 主 任 児 童 委 員 には 守 秘 義 務 があり 相 談 内 容 や 個 人 の 秘 密 は 必 ず 守 られ ますので お 気 軽 にご 相 談 ください 民 生 委 員 児 童 委 員 の 定 数 は 市 内 38 地 区 に638 人 主 任 児 童 委 員 は76 人 です 各 地 区 の 担 当 委 員 については 福 祉 総 務 課 地 域 福 祉 推 進 室 までお 問 い 合 わせください - 1 -

4 自 立 相 談 支 援 事 業 福 祉 総 務 課 生 活 支 援 担 当 : 働 きたくても 働 けない 住 む 所 がないなど 生 活 全 般 にわたる 困 りごとの 相 談 窓 口 を 設 置 して います 生 活 の 困 りごとや 不 安 を 抱 えている 場 合 支 援 員 が 相 談 を 受 け どのような 支 援 が 必 要 かをあ なたと 一 緒 に 考 え 具 体 的 な 支 援 プランを 作 成 し 寄 り 添 いながら 自 立 に 向 けた 支 援 を 行 います 離 職 などにより 住 宅 を 失 った 方 や 失 うおそれの 高 い 方 には 就 職 に 向 けた 活 動 をすることなど を 条 件 に 一 定 期 間 家 賃 相 当 額 を 支 給 します 生 活 の 土 台 となる 住 居 を 整 えた 上 で 就 職 に 向 けた 支 援 を 行 います お 子 さんに 対 しては 社 会 的 な 居 場 所 づくりや 進 学 など 学 習 に 関 する 指 導 等 中 学 生 の 子 ども に 必 要 な 支 援 を 行 います 家 計 に 関 する 問 題 の 相 談 に 応 じ 必 要 な 情 報 提 供 および 助 言 を 行 うことにより 家 計 収 支 の 改 善 家 計 管 理 能 力 の 向 上 を 図 り もって 自 立 した 生 活 の 定 着 を 支 援 します - 2 -

5 2 子 どもが 病 院 にかかるとき 福 祉 医 療 制 度 子 ども 総 務 課 子 ども 福 祉 医 療 担 当 : ひとり 親 家 庭 等 の 子 どもが 18 歳 になった 後 の 最 初 の3 月 31 日 までに 病 気 やけがなどで 医 療 機 関 にかかるとき 福 祉 医 療 費 受 給 者 証 と 健 康 保 険 証 を 提 示 すると 保 険 診 療 の 自 己 負 担 分 が 助 成 されます 県 外 で 医 療 機 関 にかかったときなどは 申 請 により 払 い 戻 しされます 対 象 ひ と り 親 家 庭 の 児 童 所 得 制 限 あ り ( 1 ) 子 ど も が 社 会 保 険 の 本 人 ( 2 ) の 場 合 は 父 母 の な い 児 童 非 該 当 子 ど も 又 は 父 母 が 婚 姻 ( 事 実 婚 を 含 む ) 重 度 の 身 体 障 害 者 手 帳 を お 持 ち の を し た 場 合 は 対 象 外 父 又 は 母 が い る 児 童 ( 1) 所 得 制 限 についてはお 問 い 合 わせください ( 2) 社 会 保 険 の 本 人 とは 国 民 健 康 保 険 ( 秋 田 市 国 保 および 国 保 組 合 ) 以 外 の 健 康 保 険 の 被 保 険 者 をいいます 申 請 窓 口 子 ども 総 務 課 西 部 市 民 サービスセンター 北 部 市 民 サービスセンター 南 部 市 民 サービスセンター 河 辺 市 民 サービスセンター 雄 和 市 民 サービスセンター 駅 東 サービスセンター 必 要 なもの(ご 用 意 いただく 前 に 担 当 にご 相 談 ください) 1 子 どもの 名 前 が 記 載 された 健 康 保 険 証 2 印 鑑 ( 認 め 印 可 ) 3 戸 籍 の 全 部 事 項 証 明 書 等 の 写 し( 離 婚 日 死 亡 日 親 子 関 係 がわかるもの) 4 父 又 は 母 が 重 度 の 身 体 障 害 者 手 帳 を 持 っている 児 童 については 父 又 は 母 の 身 体 障 害 者 手 帳 等 転 入 さ れ た 方 は 所 得 証 明 書 等 ( 総 所 得 金 額 扶 養 人 数 控 除 内 訳 市 ( 区 町 村 ) 民 税 課 税 状 況 が 記 載 されているもの 源 泉 徴 収 票 は 不 可 )が 必 要 な 場 合 があります - 3 -

6 3 子 どもを 保 育 所 幼 稚 園 に 入 れたいとき 保 育 所 幼 稚 園 について 保 育 所 等 に 入 れたいとき 子 ども 育 成 課 入 所 担 当 仕 事 や 病 気 などにより 日 中 家 庭 で 子 どもの 世 話 ができないときは 保 育 所 認 定 こども 園 小 規 模 保 育 事 業 所 事 業 所 内 保 育 事 業 所 に 子 どもを 預 けることができます 幼 稚 園 に 入 れたいとき 各 幼 稚 園 へ 直 接 または 子 ども 育 成 課 入 所 担 当 へ 市 内 には 国 立 幼 稚 園 が1 園 私 立 幼 稚 園 が13 園 あります 料 金 の 助 成 等 について 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 事 業 各 幼 稚 園 または 子 ども 育 成 課 子 育 て 事 業 担 当 秋 田 市 に 住 所 がある 満 3 歳 以 上 のお 子 さんを 私 立 幼 稚 園 に 就 園 させている 保 護 者 で 国 が 定 め る 基 準 に 該 当 する 場 合 は 保 育 料 等 の 一 部 が 減 免 になります すこやか 子 育 て 支 援 事 業 幼 稚 園 や 保 育 所 に 通 っているお 子 さんの 保 育 料 給 食 費 などの 費 用 の4 分 の1 又 は2 分 の1が 助 成 されます ただし 所 得 制 限 があります 第 2 子 以 降 保 育 料 無 償 化 事 業 平 成 28 年 4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 第 2 子 以 降 の 保 育 料 を 全 額 助 成 します すこやか 子 育 て 支 援 事 業 と 同 じ 所 得 制 限 があります 認 可 保 育 所 については 子 ども 育 成 課 入 所 担 当 へ 認 定 こども 園 小 規 模 保 育 事 業 所 事 業 所 内 保 育 事 業 所 認 可 外 保 育 施 設 幼 稚 園 については 各 施 設 または 子 ども 育 成 課 子 育 て 事 業 担 当 へ 病 児 病 後 児 保 育 について 病 児 対 応 型 市 立 秋 田 総 合 病 院 病 児 保 育 園 あすなろ 中 通 総 合 病 院 病 児 保 育 室 病 後 児 対 応 型 あきた 保 育 園 あおぞら 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 白 百 合 保 育 園 ナーサリーふじ すくすく 保 育 園 または 子 ども 育 成 課 入 所 担 当 日 中 家 庭 で 保 育 できないお 子 さんで 病 気 中 または 病 気 回 復 期 のため 保 育 所 などに 預 けられ ない 場 合 に 各 施 設 でお 預 かりします 詳 細 は 各 施 設 にお 問 い 合 わせください - 4 -

7 4 子 どもが 学 校 に 入 るとき 就 学 援 助 通 学 先 の 学 校 または 教 育 委 員 会 学 事 課 : 小 中 学 生 を 養 育 している 保 護 者 で 経 済 的 な 理 由 でお 困 りのかたに 学 習 に 必 要 な 費 用 の 一 部 ( 給 食 費 学 用 品 費 修 学 旅 行 費 等 )を 援 助 しています ( 所 得 制 限 あり) 放 課 後 の 児 童 について 子 ども 育 成 課 放 課 後 児 童 担 当 : 児 童 館 児 童 センター 児 童 室 は 放 課 後 から 午 後 6 時 30 分 まで 開 館 しており( 日 曜 祝 日 を 除 く 土 曜 日 と 長 期 学 校 休 業 日 は 午 前 8 時 30 分 ~ 午 後 6 時 30 分 ) 放 課 後 の 子 どもたちに さまざまな 遊 びや 交 流 の 場 を 提 供 しています また 保 護 者 が 仕 事 などのために 日 中 家 庭 にいない 場 合 は 放 課 後 児 童 クラブの 利 用 もできま す ( 有 料 ) その 他 就 学 についての 援 助 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( ナビダイヤル ) 短 大 大 学 大 学 院 などの 学 費 を 貸 し 付 けします 秋 田 県 育 英 会 奨 学 金 大 学 月 額 奨 学 金 多 子 世 帯 向 け 奨 学 金 大 学 入 学 一 時 金 専 修 学 校 入 学 一 時 金 高 等 学 校 等 奨 学 金 ( 公 財 ) 秋 田 県 育 英 会 : 大 学 短 大 に 入 学 したかたに 学 資 を 貸 与 します 大 学 入 学 の 前 年 および 大 学 入 学 時 に 応 募 できます 大 学 短 大 に 合 格 したとき 入 学 金 を 貸 与 します 大 学 入 学 の 前 年 に 応 募 できます 専 修 学 校 専 門 課 程 に 合 格 したとき 入 学 金 を 貸 与 します 専 修 学 校 入 学 の 前 年 に 応 募 できます 高 等 学 校 等 に 在 学 しているかたに 学 資 を 貸 与 します 高 等 学 校 等 入 学 の 前 年 および 高 等 学 校 等 在 学 中 に 応 募 できます 秋 田 県 学 生 寮 ( 公 財 ) 秋 田 県 育 英 会 : 秋 田 県 出 身 者 で 寮 から 通 学 できる 範 囲 の 大 学 短 大 専 修 学 校 に 入 学 したかたや 在 学 しているかた 施 設 名 所 在 地 定 員 東 京 寮 ( 男 子 寮 ) 東 京 都 世 田 谷 区 北 沢 一 丁 目 名 ビューリー 千 秋 ( 女 子 寮 ) 神 奈 川 県 川 崎 市 中 原 区 宮 内 四 丁 目 名 - 5 -

8 5 子 どもを 預 けたいとき 秋 田 市 ファミリー サポート センター 急 な 残 業 等 でお 子 さんを 保 育 園 や 放 課 後 児 童 クラブのお 迎 えができない 時 や お 子 さんが 発 熱 などで 保 育 園 をお 休 みするけれど 自 分 は 仕 事 を 休 めない 時 などに 協 力 会 員 がお 子 さんを 預 かり ます 利 用 する 前 に あらかじめ 利 用 会 員 としての 登 録 が 必 要 です ご 利 用 案 内 区 分 利 用 時 間 利 用 料 健 康 児 の 預 かり 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 1 時 間 600 円 早 朝 夜 間 ( 午 後 10 時 ~ 翌 日 午 前 6 時 ) 1 時 間 800 円 宿 泊 ( 午 後 10 時 ~ 翌 日 午 前 6 時 ) 1 泊 5,000 円 病 児 の 預 かり 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 1 時 間 800 円 申 請 により 利 用 料 金 の 半 額 を 助 成 しています 受 付 時 間 平 日 土 曜 日 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 午 前 9 時 ~ 午 後 5 時 日 曜 日 祝 日 および 年 末 年 始 (12/29~1/3) はお 休 みです 短 期 入 所 生 活 援 助 (ショートステイ) 事 業 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 保 護 者 の 方 が 病 気 や 冠 婚 葬 祭 出 張 育 児 疲 れなどのため 数 日 間 お 子 さん( 小 学 校 3 年 生 ま で)の 世 話 ができないときに 秋 田 赤 十 字 乳 児 院 感 恩 講 児 童 保 育 院 聖 園 天 使 園 わかばハイ ムでお 預 かりします ただし お 子 さんが 病 気 の 場 合 や 施 設 の 状 況 によりお 預 かりできないことがあります 利 用 者 2 歳 未 満 児 2 歳 以 上 児 負 担 金 (1 日 ) 生 活 保 護 世 帯 無 料 無 料 ひとり 親 で 市 民 税 非 課 税 世 帯 ひとり 親 で 市 民 税 課 税 世 帯 1,100 円 1,000 円 両 親 で 市 民 税 課 税 世 帯 一 般 世 帯 10,700 円 5,500 円 - 6 -

9 夜 間 養 護 等 (トワイライトステイ) 事 業 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 親 の 仕 事 が 恒 常 的 に 夜 間 にわたるような 場 合 お 子 さん( 小 学 生 のみ)を 母 子 生 活 支 援 施 設 ( 秋 田 婦 人 ホーム 聖 徳 会 若 草 ハイム)で 預 かり 生 活 指 導 を 行 います 時 間 平 日 放 課 後 ~ 午 後 10 時 土 日 祝 祭 日 学 校 休 校 日 午 前 8 時 ~ 午 後 10 時 利 用 者 生 活 保 護 世 帯 無 料 負 担 金 ひとり 親 で 市 民 税 非 課 税 世 帯 (1 日 ) ひとり 親 で 市 民 税 課 税 世 帯 平 日 300 円 両 親 で 市 民 税 課 税 世 帯 土 日 祝 祭 日 学 校 休 校 日 350 円 一 般 世 帯 平 日 1,500 円 土 日 祝 祭 日 学 校 休 校 日 2,700 円 - 7 -

10 6 手 当 等 について 児 童 扶 養 手 当 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 父 母 の 離 婚 などにより 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 の 年 度 末 までの 児 童 を 養 育 している 母 又 は 父 又 は 父 や 母 に 代 わってその 児 童 を 養 育 しているかたに 支 給 される 手 当 です また 心 身 に 中 程 度 以 上 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 が 対 象 です ただし 里 子 や 児 童 福 祉 施 設 等 に 入 所 している 児 童 は 対 象 になりません 手 当 月 額 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 以 降 ) 支 給 区 分 全 額 支 給 の 場 合 児 童 1 人 のとき 42,330 円 児 童 2 人 のとき 47,330 円 児 童 3 人 目 以 降 3 人 目 以 降 1 人 増 加 するごとに3,000 円 加 算 一 部 支 給 については 就 労 等 による 年 間 収 入 額 の 増 加 に 応 じて 手 当 額 を 加 えた 総 収 入 額 がなだ らかに 増 加 するよう 手 当 額 が42,320 円 ( 月 額 )から9,990 円 ( 月 額 )まで 細 かく 設 定 されます 申 請 手 続 きには 受 給 資 格 者 および 対 象 となる 児 童 の 戸 籍 謄 本 受 給 資 格 者 の 所 得 証 明 書 等 が 必 要 になります 平 成 26 年 12 月 1 日 からの 児 童 扶 養 手 当 法 の 改 正 により これまで 受 給 資 格 者 や 児 童 が 公 的 年 金 等 を 受 給 している 場 合 は 児 童 扶 養 手 当 を 受 給 できませんでしたが 公 的 年 金 等 を 受 給 してい ても その 額 が 児 童 扶 養 手 当 の 額 より 低 い 場 合 は その 差 額 分 の 児 童 扶 養 手 当 を 受 給 できるよう になりました 詳 しくは 直 接 お 問 い 合 わせください 児 童 手 当 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 歳 に 到 達 した 日 以 降 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 児 童 ( 中 学 校 修 了 前 )を 養 育 してい るかたに 支 給 されます ( 所 得 制 限 あり) 手 当 月 額 ( 月 額 1 人 あたり) 支 給 区 分 月 額 所 得 制 限 を 超 え た 受 給 者 3 歳 未 満 ( 一 律 ) 1 5, 円 5, 円 ( 一 律 ) 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 ( 第 1 0, 円 1 子 第 2 子 ) 1 5, 円 ( 第 3 子 以 降 ) 中 学 生 ( 一 律 ) 1 0, 円 注 意 第 1 子 第 2 子 の 数 え 方 :18 歳 到 達 後 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 児 童 の 中 で 第 1 子 第 2 子 と 数 えます したがって 19 歳 16 歳 11 歳 の 子 がいる 場 合 11 歳 の 子 は 第 2 子 となります また 兄 弟 に 施 設 入 所 している 児 童 がいる 場 合 は その 児 童 を 除 いて 数 えます - 8 -

11 秋 田 県 災 害 遺 児 愛 護 基 金 事 業 給 付 金 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 秋 田 県 社 会 福 祉 協 議 会 : ( 災 害 遺 児 愛 護 基 金 事 業 担 当 ) 交 通 労 働 又 は 自 然 災 害 により 父 又 は 母 を 亡 くし 又 は それらにより 著 しい 障 がい 者 となっ た 父 又 は 母 をもつ 中 学 生 までの 児 童 を 養 育 しているかたに 援 護 給 付 金 が 支 給 されます 1 見 舞 金 災 害 で 遺 児 となったとき 1 人 につき10 万 円 2 入 学 祝 金 遺 児 が 小 学 校 中 学 校 ( 特 別 支 援 学 校 を 含 む )に 入 学 したとき 1 人 に つき5 万 円 3 激 励 金 1 人 につき 年 3 万 円 4 卒 業 祝 金 遺 児 が 義 務 教 育 を 終 了 したとき 1 人 につき5 万 円 - 9 -

12 7 暮 らしについて 母 子 生 活 支 援 施 設 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 夫 と 死 別 離 別 など さまざまな 事 情 で18 歳 未 満 の 子 どもを 十 分 に 養 育 できないときに 母 と 子 が 入 所 し 自 立 の 促 進 のための 生 活 支 援 を 受 けることのできる 児 童 福 祉 施 設 です 居 室 を 提 供 するほか 生 活 相 談 や 子 どもの 学 習 指 導 も 行 っています 負 担 金 は 課 税 状 況 によっ て 異 なります 秋 田 婦 人 ホ ー ム 楢 山 古 川 新 町 秋 田 わ か ば ハ イ ム 南 通 築 地 秋 田 聖 徳 会 若 草 ハイム 川 元 小 川 町 市 営 住 宅 使 用 料 の 納 付 納 付 相 談 減 免 車 庫 証 明 等 に 関 すること 住 宅 整 備 課 : 入 退 去 修 繕 住 宅 に 関 する 相 談 世 帯 異 動 届 出 等 に 関 すること ( 一 財 ) 秋 田 県 建 築 住 宅 センター: 市 内 20カ 所 に 市 営 住 宅 があります 入 居 の 募 集 をしている 団 地 については 毎 月 変 動 がありま すので 直 接 お 問 い 合 わせください 応 募 者 多 数 の 場 合 は 抽 せんとなります 母 子 家 庭 のかたは 同 一 団 地 で 同 じタイプの 住 戸 を2 戸 以 上 募 集 している 住 宅 に 応 募 した 場 合 2 個 の 抽 せん 番 号 が 設 定 されます JR 通 勤 定 期 乗 車 券 の 割 引 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 普 通 定 期 券 の3 割 引 で 特 定 使 用 者 の 通 勤 定 期 券 が 購 入 できます 1 対 象 者 児 童 扶 養 手 当 受 給 者 又 はそのかたと 同 一 世 帯 のかたで 通 勤 定 期 乗 車 券 を 必 要 とするかたです 2 手 続 方 法 1 子 ども 総 務 課 の 窓 口 で 特 定 者 資 格 証 明 書 の 交 付 を 受 けてください 必 要 書 類 特 定 資 格 者 証 明 書 交 付 申 請 書 定 期 券 を 購 入 するかたの 写 真 ( 最 近 6ヶ 月 以 内 正 面 上 半 身 縦 4cm 横 3cm) 児 童 扶 養 手 当 証 書 印 鑑 2 特 定 者 用 定 期 乗 車 券 購 入 証 明 書 に 市 長 の 証 明 を 受 けてください 必 要 書 類 特 定 者 用 定 期 乗 車 券 購 入 証 明 書 3 定 期 乗 車 券 の 購 入 JRみどりの 窓 口 にて1の 特 定 者 資 格 証 明 書 を 示 し 2の 特 定 者 用 定 期 乗 車 券 購 入 証 明 書 を 提 出 して 定 期 乗 車 券 をお 求 めください

13 秋 田 市 母 子 寡 婦 福 祉 連 合 会 会 員 数 230 名 母 子 家 庭 および 寡 婦 の 福 祉 の 向 上 を 図 るため 母 子 部 会 活 動 の 活 性 化 や 会 員 相 互 の 連 携 を 深 めるための 活 動 を 行 っております 平 成 2 8 年 度 は 秋 田 市 母 子 寡 婦 福 祉 大 会 を 秋 田 市 老 人 福 祉 セ ン タ ー に お い て 1 1 月 19 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 開 催 します ハローワーク 秋 田 ( 公 共 職 業 安 定 所 ) ハローワーク 秋 田 は 土 曜 日 曜 祝 日 および 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 )を 除 く 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 まで 開 庁 しており 一 般 (フルタイム)およびパートの 求 人 情 報 を 誰 でも 簡 単 に 検 索 できるパソコン(タッチ 画 面 方 式 )53 台 を 設 置 しているほか 夜 間 休 日 で も ハローワークの 正 面 玄 関 前 にある 求 人 情 報 ボックスから 求 人 情 報 を 自 由 にお 持 ち 帰 りできま す また 就 職 に 必 要 なスキルを 習 得 するための 職 業 訓 練 等 のあっせんも 行 っております ハローワークプラザアトリオン ハローワークプラザアトリオンは ハローワーク 秋 田 の 付 属 施 設 としてアトリオン3 階 に 設 置 されており 日 曜 祝 日 および 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 3 日 )を 除 き 月 金 曜 日 は 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 30 分 火 水 木 曜 日 は 午 前 9 時 ~ 午 後 5 時 15 分 土 曜 日 ( 第 2 第 4 土 曜 日 のみ 開 庁 )は 午 前 10 時 ~ 午 後 5 時 まで 開 庁 し ハローワーク 秋 田 と 同 様 の 職 業 相 談 紹 介 を 行 い 求 人 情 報 を 検 索 するパソコンも 設 置 しております また 子 育 てを 行 いながら 就 職 を 希 望 する 方 の 就 職 を 支 援 するための マザーズコーナー(キ ッズコーナーあり) を 設 置 しております ハローワークプラザ 御 所 野 ハローワークプラザ 御 所 野 は ハローワーク 秋 田 の 付 属 施 設 として 秋 田 テルサ3 階 に 設 置 され ており 土 曜 日 曜 祝 日 および(12 月 29 日 ~1 月 3 日 )を 除 く 午 前 9 時 から 午 後 5 時 15 分 ま で 開 庁 し ハローワーク 秋 田 と 同 様 の 職 業 相 談 紹 介 を 行 い 求 人 情 報 を 検 索 するパソコンも 設 置 しております 秋 田 県 ひとり 親 家 庭 就 業 自 立 支 援 センター ひとり 親 家 庭 の 母 等 に 対 し 就 業 に 関 する 相 談 や 技 能 習 得 講 習 会 の 実 施 就 業 情 報 の 提 供 など 一 貫 した 就 業 支 援 サービスを 提 供 するほか 子 どもの 養 育 費 に 関 する 相 談 ( 法 律 相 談 )など 生 活 支 援 サービスを 提 供 し ひとり 親 家 庭 の 母 等 の 就 業 自 立 を 支 援 します

14 自 立 支 援 教 育 訓 練 給 付 金 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : ひとり 親 家 庭 の 父 または 母 が 就 職 やキャリアアップのために 対 象 となる 教 育 訓 練 を 受 講 した 場 合 支 給 します 受 講 前 に 申 請 が 必 要 です 1 対 象 者 秋 田 市 に 住 所 があるひとり 親 家 庭 の 父 または 母 で 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 を 受 けている 又 は 同 等 の 所 得 水 準 にある 方 受 講 開 始 日 現 在 において 雇 用 保 険 の 教 育 訓 練 給 付 の 受 給 資 格 を 有 していない 方 当 該 教 育 訓 練 を 受 けることが 適 職 に 就 くために 必 要 であると 認 められる 方 2 対 象 講 座 雇 用 保 険 制 度 の 教 育 訓 練 給 付 の 指 定 教 育 訓 練 講 座 厚 生 労 働 省 ホームページ( 市 が 認 める 就 業 に 結 びつく 可 能 性 の 高 い 講 座 3 支 給 額 受 講 に 要 した 経 費 の60% ただし その60%に 相 当 する 額 が20 万 円 を 超 える 場 合 の 支 給 額 は20 万 円 とし 1 万 2 千 円 を 超 えない 場 合 は 支 給 対 象 になりません 受 講 前 に 申 請 が 必 要 です 希 望 職 種 生 活 の 展 望 就 業 経 験 技 能 資 格 等 を 調 査 し 教 育 訓 練 を 受 講 することが 適 職 に 就 くために 必 要 と 認 められた 場 合 にのみ 支 給 されます 高 等 職 業 訓 練 促 進 給 付 金 制 度 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : ひとり 親 家 庭 の 父 または 母 が 対 象 となる 資 格 を 取 得 するために 養 成 機 関 で 修 業 をしている 場 合 支 給 します 1 対 象 者 秋 田 市 に 住 所 があるひとり 親 家 庭 の 父 または 母 で 次 の 要 件 をすべて 満 たしている 方 で 対 象 となる 資 格 を 取 得 するため 現 に 修 業 中 の 方 児 童 扶 養 手 当 の 支 給 を 受 けている 又 は 同 等 の 所 得 水 準 にある 方 養 成 機 関 において1 年 以 上 のカリキュラムを 修 業 し 資 格 取 得 が 見 込 まれる 方 就 業 又 は 育 児 と 修 業 の 両 立 が 困 難 であると 認 められる 方 2 対 象 資 格 看 護 師 介 護 福 祉 士 保 育 士 理 学 療 法 士 作 業 療 法 士 歯 科 衛 生 士 等 3 支 給 額 ( 月 額 ) 市 民 税 非 課 税 世 帯 :100,000 円 市 民 税 課 税 世 帯 :70,500 円 4 支 給 期 間 等 養 成 機 関 で 修 業 している 全 期 間 ( 上 限 3 年 ) (4 年 課 程 の4 年 目 は 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 を 利 用 することができます ) 養 成 機 関 で 修 業 する 予 定 のある 方 は 事 前 に 子 ども 総 務 課 に 相 談 してください 資 格 取 得 への 意 欲 や 能 力 資 格 の 取 得 見 込 収 入 や 生 活 状 況 等 を 調 査 し 必 要 と 認 められた 場 合 にのみ 支 給 されます

15 助 産 制 度 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : 保 健 上 入 院 して 分 娩 する 必 要 があるにもかかわらず 経 済 的 な 理 由 で 入 院 することが 困 難 な 妊 産 婦 のかたを 援 助 します 所 得 制 限 があり 所 得 によって 自 己 負 担 が 発 生 し 退 院 後 に 市 から 郵 送 される 納 入 通 知 書 によ り 納 付 していただきます 制 度 を 利 用 できる 施 設 は 決 められています なお 出 産 後 は この 制 度 を 利 用 できません 1 利 用 対 象 1 生 活 保 護 世 帯 2 市 民 税 非 課 税 世 帯 (4~6 月 は 前 年 度 分 7 月 ~3 月 は 当 該 年 度 分 ) 2 助 産 施 設 秋 田 赤 十 字 病 院 中 通 総 合 病 院 市 立 秋 田 総 合 病 院 秋 田 厚 生 医 療 センター

16 8 税 の 軽 減 税 の 軽 減 市 民 税 課 個 人 市 民 税 担 当 : ひとり 親 家 庭 のお 父 さん お 母 さんは 所 得 税 および 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )について 確 定 申 告 市 民 税 県 民 税 申 告 および 年 末 調 整 により 寡 夫 控 除 寡 婦 控 除 を 受 けられる 場 合 があり ます < 寡 夫 控 除 > 寡 夫 控 除 は その 年 ( 住 民 税 は 課 税 年 度 の 前 年 )の12 月 31 日 現 在 妻 と 死 別 又 は 離 婚 して から 婚 姻 していないかたのうち 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 で かつ 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 額 (38 万 円 ) 以 下 の 生 計 を 一 にする 子 ども( 他 のかたの 扶 養 になっている 場 合 を 除 く )がいるかたが 受 けられます < 寡 婦 控 除 > その 年 ( 住 民 税 は 課 税 年 度 の 前 年 )の12 月 31 日 現 在 次 のどちらかに 当 てはまるかたが 受 けられます 1 夫 と 死 別 又 は 離 別 してから 婚 姻 していないかたで 扶 養 親 族 又 は 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 額 (38 万 円 ) 以 下 の 生 計 を 一 にする 子 ども( 他 のかたの 扶 養 になってい る 場 合 を 除 く )がいるかた 2 夫 と 死 別 してから 婚 姻 していないかたで 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 のかた < 特 別 の 寡 婦 控 除 > 寡 婦 控 除 を 受 けることができるかたのうち 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 で かつ 子 ども を 扶 養 しているかたが 受 けられます 控 除 額 所 得 税 住 民 税 寡 夫 寡 婦 控 除 27 万 円 26 万 円 特 別 寡 婦 控 除 35 万 円 30 万 円

17 9 貸 付 について 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 子 ども 総 務 課 給 付 支 援 担 当 : ひとり 親 家 庭 および 寡 婦 の 経 済 的 自 立 と 生 活 の 安 定 子 どもの 福 祉 の 向 上 を 目 的 とした 制 度 で す 詳 細 はP.16~17の 貸 付 一 覧 をご 覧 ください 1 対 象 者 ひとり 親 家 庭 等 2 申 請 相 談 窓 口 子 ども 総 務 課 窓 口 へ 直 接 ご 相 談 ください ( 相 談 に 時 間 を 要 し ますので 事 前 にご 連 絡 してください ) 3 連 帯 保 証 人 原 則 として 秋 田 市 に 住 んでおり 保 証 能 力 のある65 歳 未 満 の 借 受 人 の 親 族 4 資 金 の 種 類 修 学 資 金 修 業 資 金 就 職 支 度 資 金 就 学 支 度 資 金 など 5 償 還 方 法 年 賦 半 年 賦 又 は 月 賦 による 元 利 均 等 償 還 6 他 資 金 との 併 用 修 学 資 金 は 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 秋 田 県 育 英 会 奨 学 金 生 活 福 祉 資 金 ( 修 学 資 金 ) 等 との 併 用 を 禁 止 しています 申 請 から 資 金 の 貸 付 けまで 審 査 に1~2か 月 かかります また 貸 付 けが 承 認 されないこと もあります 貸 付 けの 希 望 に 添 えない 場 合 もありますのでご 了 承 ください 税 金 や 返 済 金 の 滞 納 があったり 多 額 の 負 債 があったりする 場 合 貸 付 できませんのでご 了 承 ください 生 活 福 祉 資 金 秋 田 市 社 会 福 祉 協 議 会 : 低 所 得 世 帯 障 がい 者 世 帯 高 齢 者 世 帯 などを 対 象 に 総 合 支 援 資 金 福 祉 資 金 教 育 支 援 資 金 不 動 産 担 保 型 生 活 資 金 などの 貸 付 窓 口 業 務 をしています 所 得 制 限 があるほか 連 帯 保 証 人 が 必 要 な 場 合 があります 市 民 小 口 資 金 秋 田 市 社 会 福 祉 協 議 会 : 市 内 在 住 6カ 月 以 上 の 生 計 を 営 む 成 年 者 で 一 時 的 な 出 費 等 により 生 活 が 困 難 になった 低 所 得 者 に 対 して 4 万 円 までの 貸 付 けをしています ただし 連 帯 保 証 人 が 必 要 です 市 内 在 住 6カ 月 以 上 の 生 計 を 営 む 成 年 者 で 一 時 的 な 出 費 等 により 生 活 が 困 難 になった 低 所 得 者 に 対 して 4 万 円 までの 貸 付 けをしています ただし 連 帯 保 証 人 が 必 要 です

18 母 子 父 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 一 覧 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 資 金 の 種 類 貸 付 対 象 等 貸 付 金 額 の 限 度 据 置 期 間 償 還 期 限 利 率 事 業 開 始 資 金 ひとり 親 家 庭 事 業 を 開 始 す る た め に 必 要 な 設 備 283 万 円 貸 付 の 日 から 据 置 期 間 経 年 1 % 又 は 寡 婦 母 子 父 子 什 器 機 械 等 の 購 入 資 金 母 子 父 子 福 祉 団 体 426 万 円 1 年 間 7 年 以 内 無 利 子 事 業 継 続 資 金 福 祉 団 体 現 在 営 ん で い る 事 業 を 継 続 す る た め 142 万 円 貸 付 の 日 から に 必 要 な 商 品 材 料 等 を 購 入 す る 運 6カ 月 間 転 資 金 修 学 資 金 ひ と り 親 家 庭 の 母 高 校 大 学 等 に 就 学 さ せ る た め の 授 学 校 等 種 別 及 び 学 年 に よ っ 卒 業 後 6 カ 月 20 年 以 内 無 利 子 又 は 父 が 扶 養 す る 児 業 料 書 籍 代 交 通 費 等 に 必 要 な 資 て 限 度 額 が 異 なります を 経 過 す る ま 専 修 学 校 童 父 母 の な い 児 童 金 で ( 一 般 課 程 ) 寡 婦 が 扶 養 する 子 5 年 以 内 技 能 習 得 資 金 ひとり 親 家 庭 知 識 や 技 能 を 習 得 す る た め に 必 要 な 月 額 68,000 円 特 に 必 要 と 認 め 習 得 期 間 満 了 20 年 以 内 年 1 % 又 は 寡 婦 授 業 料 材 料 費 等 の 資 金 た 場 合 は 816,000 円 後 1 年 を 経 過 す 無 利 子 るまで 修 業 資 金 ひ と り 親 家 庭 の 母 又 事 業 開 始 又 は 就 職 す る た め に 必 要 な 月 額 68,000 円 特 に 必 要 と 認 め 6 年 以 内 無 利 子 は 父 が 扶 養 す る 児 童 知 識 技 能 を 習 得 す る た め に 必 要 な 資 た 場 合 は 460,000 円 父 母 の な い 児 童 金 寡 婦 が 扶 養 す る 子 就 職 支 度 資 金 ひとり 親 家 庭 就 職 す る た め に 直 接 必 要 な 被 服 履 100,000 円 ( 自 動 車 購 入 の 場 合 貸 付 の 日 から 1 6 年 以 内 配 偶 者 の な ひ と り 親 家 庭 の 母 物 自 動 車 等 を 購 入 する 資 金 は 330,000 円 ) 年 間 い 女 子 又 は 男 又 は 父 が 扶 養 す る 児 童 父 母 の な い 児 童 子 は 年 1 % 又 は 無 利 子 寡 婦 子 は 無 利 子 医 療 介 護 資 金 ひとり 親 家 庭 保 険 料 の 自 己 負 担 分 お よ び 通 院 に 要 医 療 分 340,000 円 ( 特 に 必 要 と 医 療 を 受 け る 5 年 以 内 年 1 % 又 は 無 ひ と り 親 家 庭 の 母 する 交 通 費 等 に 必 要 な 資 金 認 めた 場 合 は 480,000 円 ) 期 間 が 満 了 後 利 子 又 は 父 が 扶 養 す る 児 介 護 を 受 けるのに 必 要 な 資 金 介 護 分 500,000 円 6 ヵ 月 を 経 過 童 寡 婦 するまで 生 活 資 金 ひとり 親 家 庭 1 技 能 習 得 資 金 を 借 り 受 け て 知 識 技 一 般 月 額 103,000 円 知 識 技 能 習 得 1 20 年 以 12 4 寡 婦 能 を 習 得 している 間 ( た だ し 借 受 人 が 生 計 中 心 後 医 療 若 し 内 年 1 % 又 は 2 医 療 介 護 資 金 を 借 り 受 け て 医 療 又 者 でな い 場 合 は 月 額 69,000 円 ) く は 介 護 終 了 無 利 子 は 介 護 を 受 けている 間 技 能 月 額 141,000 円 後 又 は 貸 付 期 25 年 以 内 3 母 子 家 庭 又 は 父 子 家 庭 に な っ て 7 3につ いては 月 額 103,000 円 間 満 了 後 6 ヵ 35 年 未 満 合 計 240 万 円 を 限 度 とする こ 月 を 経 過 す る 38 年 以 内 年 1 % ( 一 部 4 失 業 期 間 中 ( 離 職 から1 年 未 満 ) のうち 月 額 4 万 円 合 計 96 まで 無 利 子 ) 又 は 5 養 育 費 の 取 得 に 係 る 裁 判 等 の 費 用 万 円 を 越 えな い 範 囲 を 無 利 子 45 年 以 内 無 利 子 5 生 活 安 定 期 間 中 の 養 育 費 の 取 得 の た め の 裁 判 費 用 に つ い 58 年 以 内 ては 1,236,000 円 を 限 度 と する ( 無 利 子 48 万 円 ) 住 宅 資 金 住 宅 を 建 設 購 入 補 修 保 全 改 150 万 円 ( 特 に 必 要 と 認 めた 場 貸 付 の 日 から 6 年 以 内 年 1 % 又 は 築 又 は 増 築 す る た め に 必 要 な 資 合 200 万 円 ) 6ヵ 月 間 ( 特 別 分 は 無 利 子 金 7 年 以 内 ) 転 宅 資 金 住 居 を 移 転 す る た め 住 宅 の 貸 借 に 際 260,000 円 3 年 以 内 し 必 要 な 資 金 就 学 支 度 資 金 ひ と り 親 家 庭 の 母 就 学 修 業 す る た め に 必 要 な 被 服 等 学 校 の 種 別 等 に よ っ て 修 学 終 了 後 6 就 学 2 0 年 無 利 子 又 は 父 が 扶 養 す る 児 の 購 入 に 必 要 な 資 金 ( 小 中 学 校 に 限 度 額 が 異 な ります ヵ 月 又 は 修 業 以 内 童 父 母 の な い 児 童 つ い て は 経 済 的 に 困 窮 す る 場 合 の 終 了 後 6 ヵ 月 修 業 5 年 寡 婦 が 扶 養 する 子 み ) を 経 過 す る ま 以 内 で 結 婚 資 金 ひとり 親 家 庭 扶 養 し て い る 児 童 が 結 婚 す る た め に 300,000 円 貸 付 の 日 から 5 年 以 内 年 1 % 又 は 寡 婦 必 要 な 挙 式 披 露 宴 の 経 費 お よ び 家 具 6ヵ 月 間 無 利 子 什 器 等 を 購 入 する 資 金

19 修 学 資 金 限 度 額 一 覧 単 位 : 円 学 校 等 種 別 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 国 公 立 自 宅 18,000 18,000 18,000 高 等 学 校 自 宅 外 23,000 23,000 23,000 ( 高 等 課 程 ) 私 立 自 宅 30,000 30,000 30,000 自 宅 外 35,000 35,000 35,000 国 公 立 自 宅 21,000 21,000 21,000 45,000 45,000 高 等 専 門 学 校 自 宅 外 22,500 22,500 22,500 51,000 51,000 私 立 自 宅 32,000 32,000 32,000 53,000 53,000 自 宅 外 35,000 35,000 35,000 60,000 60,000 国 公 立 自 宅 45,000 45,000 短 期 大 学 自 宅 外 51,000 51,000 専 修 学 校 ( 専 門 課 程 ) 私 立 自 宅 53,000 53,000 自 宅 外 60,000 60,000 国 公 立 自 宅 45,000 45,000 45,000 45,000 大 学 自 宅 外 51,000 51,000 51,000 51,000 私 立 自 宅 54,000 54,000 54,000 54,000 自 宅 外 64,000 64,000 64,000 64,000 専 修 学 校 ( 一 般 家 庭 ) 32,000 32,000 修 学 資 金 について 特 に 必 要 と 認 められる 場 合 にのみ 特 別 分 限 度 額 での 貸 付 制 度 があります 就 学 支 度 資 金 貸 付 限 度 額 単 位 : 円 学 校 等 種 別 限 度 額 小 学 校 40,600 中 学 校 47,400 公 立 自 宅 150,000 高 等 学 校 高 専 専 修 学 校 自 宅 外 160,000 ( 高 等 課 程 ) 私 立 自 宅 410,000 自 宅 外 420,000 国 公 立 自 宅 370,000 大 学 短 大 専 修 学 校 自 宅 外 380,000 ( 専 門 課 程 ) 私 立 自 宅 580,000 自 宅 外 590,000 修 業 施 設 自 宅 90,000 自 宅 外 100,

20 関 係 機 関 の ご 案 内 秋 田 市 子 ども 未 来 部 子 ども 総 務 課 秋 田 市 山 王 1 丁 目 秋 田 市 子 ども 未 来 部 子 ども 育 成 課 秋 田 市 山 王 1 丁 目 秋 田 市 子 ども 未 来 部 子 ども 健 康 課 秋 田 市 八 橋 南 1 丁 目 秋 田 市 子 ど も 未 来 セ ン タ ー ( 代 表 ) ファミリー サホ ート センター 秋 田 市 東 通 仲 町 4-1 (ファミ) 家 庭 相 談 女 性 相 談 等 ( 相 談 ) わかくさ 相 談 (わかくさ) 秋 田 市 教 育 委 員 会 学 事 課 秋 田 市 山 王 1 丁 目 秋 田 市 母 子 寡 婦 福 祉 連 合 会 秋 田 市 社 会 福 祉 協 議 会 秋 田 市 八 橋 南 1 丁 目 秋 田 市 八 橋 南 1 丁 目 秋 田 県 女 性 相 談 所 秋 田 市 手 形 住 吉 町 秋 田 県 母 子 寡 婦 福 祉 連 合 会 秋 田 市 手 形 住 吉 町 秋 田 県 中 央 児 童 相 談 所 でんわ 相 談 よい 子 に 秋 田 市 新 屋 下 川 原 町 メール 相 談 編 集 発 行 平 成 28 年 5 月 秋 田 市 山 王 1 丁 目 1-1 秋 田 市 子 ども 未 来 部 子 ども 総 務 課

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 について 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 提 出 書 類 について 提 出 書 類 を 必 ず 事 前 に 確 認 のうえ 不 備 のないように 申 請 してください < 必 ず 提 出 が 必 要 なもの> 1) 願 書 2) 応 募 者 の 顔 写 真 ( 最 近 6 カ 月 以 内 に 撮 影 したもの 4.0cm

More information

原発避難者に対する支援の方法等の検討

原発避難者に対する支援の方法等の検討 大 学 用 平 成 27 年 度 東 北 文 化 学 園 大 学 授 業 料 減 免 制 度 について 学 校 法 人 東 北 文 化 学 園 大 学 が 設 置 する 東 北 文 化 学 園 大 学 では 学 業 優 秀 で 特 別 な 事 情 ( 天 災 失 業 など)により 経 済 的 に 困 窮 し 授 業 料 等 の 納 付 が 極 めて 困 難 な 学 生 に 対 して 学 生 本 人

More information

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる 平 成 25 年 度 保 育 所 認 定 こども 園 入 所 のご 案 内 お 問 い 合 わせ 先 会 津 若 松 市 役 所 こども 課 ( 栄 町 第 二 庁 舎 1 階 ) 965-8601 会 津 若 松 市 栄 町 5 番 17 号 0242-39-1243 ( 直 通 ) Fax0242-39-1434 http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

712 高 知 民 便 利 帳 児 童 サービス 等 入 申 し 込 みにつ 入 申 し 込 みできる 児 童 高 知 に 実 際 に 居 し 民 をしる 児 童 を 対 象 としす なお 転 入 予 定 ( 転 入 先 決 定 場 合 みに 限 る) 場 合 でも 申 し 込 みはできすが 入 に

712 高 知 民 便 利 帳 児 童 サービス 等 入 申 し 込 みにつ 入 申 し 込 みできる 児 童 高 知 に 実 際 に 居 し 民 をしる 児 童 を 対 象 としす なお 転 入 予 定 ( 転 入 先 決 定 場 合 みに 限 る) 場 合 でも 申 し 込 みはできすが 入 に 児 童 手 当 等 児 童 手 当 支 給 対 象 となる ども 0 歳 から15 歳 到 達 後 最 初 3 月 31 日 で 間 にある 児 童 ( 中 学 卒 業 前 児 童 )で 日 本 国 に を 有 する 児 童 支 給 額 支 給 日 0 歳 ~3 歳 未 満 15,000 円 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 ( 第 1 第 2 ) 10,000 円 3 歳 以 上 小 学 校

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

平成21年度 保育所入所案内

平成21年度 保育所入所案内 保 育 等 とは この 入 案 内 での 保 育 等 とは 浦 添 市 内 の 認 可 保 育 小 規 模 保 育 事 業 内 保 育 のことです 保 育 等 では 保 護 者 が 働 いている または 疾 病 などのために 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 家 庭 の 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です したがって

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

25援護制度一覧まとめ.xls

25援護制度一覧まとめ.xls 平 成 25 年 度 就 修 学 及 び 進 学 就 職 を 支 援 するための 援 護 制 度 一 覧 区 分 対 象 名 等 対 象 者 額 減 免 貸 付 返 済 等 の 概 要 併 給 1 乳 幼 児 母 子 家 庭 奨 学 母 子 家 庭 の 母 が お 子 さん 金 等 を 扶 養 されている 場 合 に 教 育 または 養 育 に 必 要 な 費 用 を しま 内 ( 京 都 市 を

More information

手 引 書 の 作 成 にあたって この 手 引 書 は 平 成 28 年 度 において 田 原 市 で 実 施 している 主 な 子 育 て 支 援 事 業 ひとり 親 家 庭 等 支 援 事 業 を それぞれ 目 的 別 にまとめたものです 少 子 化 や 核 家 族 化 の 進 行 また ひと

手 引 書 の 作 成 にあたって この 手 引 書 は 平 成 28 年 度 において 田 原 市 で 実 施 している 主 な 子 育 て 支 援 事 業 ひとり 親 家 庭 等 支 援 事 業 を それぞれ 目 的 別 にまとめたものです 少 子 化 や 核 家 族 化 の 進 行 また ひと 平 成 28 年 度 版 愛 知 県 の 子 育 て 応 援 マスコットキャラクターです はぐみん 田 原 市 健 康 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 手 引 書 の 作 成 にあたって この 手 引 書 は 平 成 28 年 度 において 田 原 市 で 実 施 している 主 な 子 育 て 支 援 事 業 ひとり 親 家 庭 等 支 援 事 業 を それぞれ 目 的 別 にまとめたものです

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前 届 戸 籍 戸 籍 は 生 から 死 亡 までの 身 分 関 係 を 公 的 に する 大 切 なものです 届 届 の 種 類 届 の 期 間 届 人 必 要 なもの 生 届 書 生 届 生 まれた 日 から 14 日 以 内 父 か 母 または 同 居 人 など 届 人 の 印 鑑 母 子 健 康 手 帳 健 康 保 険 預 金 通 帳 ( 児 童 手 当 申 請 者 名 義 のもの) 死 亡 届

More information

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 (

目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および 免 除 1 ( 犯 罪 被 害 者 等 支 援 施 策 に 関 する 相 談 窓 口 のご 紹 介 平 成 28 年 度 秋 田 市 目 次 Ⅰ 秋 田 市 の 各 種 相 談 窓 口 1 犯 罪 被 害 者 等 支 援 の 総 合 的 対 応 窓 口 1 2 経 済 的 支 援 に 関 する 相 談 (1) 高 額 療 養 費 の 支 給 1 (2) 医 療 費 の 一 部 負 担 金 の 徴 収 猶 予 および

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

子どもが生まれたら

子どもが生まれたら お 子 さんが 生 まれたら すこやかな 成 長 のために こんにちは 赤 ちゃん 訪 問 助 産 師 保 健 師 による 訪 問 新 生 児 聴 覚 検 査 費 助 成 胆 道 閉 鎖 症 検 査 乳 幼 児 健 康 診 査 乳 幼 児 相 談 はみがき 教 室 とフッ 化 物 塗 布 離 乳 食 教 室 お 子 さんが 健 やかに 成 長 されるよう また 保 護 者 が 不 安 なく 育 児

More information

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1

も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件 P 2~ 3 3. 保 育 認 定 について P 4 4. 入 園 までの 流 れについて P 5~ 7 5. 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 )について P 8~11 6.その 他 保 育 サービス P1 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 保 育 園 に 関 す る ご 案 内 安 曇 野 市 子 ど も 支 援 課 ( 本 庁 舎 1 階 16 番 窓 口 ) 399-8281 安 曇 野 市 豊 科 6000 番 地 T E L:0263-71-2256( 直 通 ) FAX:0263-72-2065 1 も く じ 1. 保 育 園 とは P 2 2. 保 育 園 を 利 用 できる 条 件

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63> 場 転 所 ( 入 所 後 別 の 保 育 園 への 入 所 希 望 )については 入 所 と 同 じ 取 扱 いとなります に 合 入 市 に 所 立 できるものではなく 保 保 育 護 所 者 に 認 代 可 わってその 保 育 園 は 日 保 児 頃 護 童 者 の 保 が 保 育 仕 育 する 事 を または 行 集 人 うための 団 のいない 生 活 病 に 気 慣 等 児 れさせるためといった

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果 平 成 2 7 年 度 龍 ケ 崎 市 役 所 健 康 福 祉 部 こども 課 TEL:0297-64-1111 ( 内 270 271) ( 注 意 ) 国 等 の 動 向 により,この 案 内 に 記 載 された 内 容 が 今 後 変 更 になる 場 合 が ありますので,ご 了 承 ください 目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校 平 成 25 年 版 就 学 修 学 就 職 のための 貸 与 制 度 のご 案 内 ( 掲 載 している 制 度 は 平 成 24 年 12 月 現 在 のもの) 和 歌 山 県 教 A 育 委 員 会 小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 26 年 度 中 野 市 所 入 所 のご 案 内 平 成 26 年 4 月 ~ 平 成 27 年 3 月 入 所 分 所 とは 保 護 者 ( 両 親 祖 父 母 等 )の 就 労 又 は 病 気 などのために 家 庭 において することのできない 児 童 を 保 護 者 にかわって を 実 施 する 施 設 です お 問 い 合 わせは 中 野 市 子 ども 部 課 係 ( 市 役 所

More information

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 11 月 発 行 ) 入 園 基 準 保 育 園 入 園 申 込 案 内 保 育 園 とは 保 育 園 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 にかかっていたり またはその 他 の 理 由 で 家 庭 にお いて 児 童 を 保 育 することができない 場 合 に その 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 するところです 受 付 期 間

More information

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73>

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73> 2013.04~ 総 合 支 援 資 金 を 利 用 して 生 活 建 に 向 けた 取 り 組 みをされる 方 へ 社 会 福 祉 法 人 東 京 都 社 会 福 祉 協 議 会 総 合 支 援 資 金 は 日 常 生 活 全 般 に 困 難 を 抱 えた 世 帯 の 生 活 の 建 て 直 しのために 継 続 的 な 相 談 支 援 と 生 活 費 及 び 一 時 的 な 資 金 の 貸 付 を

More information

Microsoft Word - 27入園案内.docx

Microsoft Word - 27入園案内.docx 平 成 27 年 度 (2015 年 度 版 ) 認 定 こども 園 神 立 幼 稚 園 入 園 案 内 315-0054 茨 城 県 かすみがうら 市 稲 吉 二 丁 目 18 番 8 号 TEL 029-831-0328 FAX 029-831-6563 ホームページ http//www.kandatsu.ac.jp メール info@kandatsu.ac.jp 入 園 のご 案 内 お 子

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

保育所とは

保育所とは 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 受 付 窓 口 309-1792 笠 間 市 中 央 三 丁 目 2 番 1 号 笠 間 市 役 所 子 ども 福 祉 課 保 育 グループ 0296-77-1101 ( 内 線 164 165) 309-1698 笠 間 市 石 井 717 番 地 笠 間 支 所 福 祉 課 福 祉 グループ 0296-72-1111 ( 内 線 72131)

More information

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の

戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 方 ) 親 の 同 意 書 ( 未 成 年 の 方 ) 離 婚 届 夫 妻 離 婚 届 書 印 鑑 ( 届 出 人 の もの) 届 出 人 を 確 認 できるも の( 運 転 免 許 証 等 ) 戸 籍 謄 本 ( 本 籍 が 当 市 以 外 の 戸 籍 住 民 登 録 印 鑑 登 録 住 民 基 本 台 帳 カード 及 びパスポートなどの 届 出 等 戸 籍 の 届 出 や 住 民 登 録 などの 業 務 等 は 下 記 の 表 施 設 等 と 主 な 取 扱 業 務 内 容 のとおりです ただし 戸 籍 等 の 郵 送 請 求 パスポート 及 び 外 国 人 住 民 の 届 出 等 は 鉾 田 市 役 所 ( 本 庁 の 市 民 課 )のみです

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 28 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 28 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

目 次 1 離 職 時 に 必 要 な 手 続 き... 1 2 保 険 年 金 税 金 の 手 続 き... 1 3 離 職 によって 生 活 や 住 宅 にお 困 りの 人 に 対 する 支 援 (1) 保 険 年 金 1 国 民 健 康 保 険 税 の 非 自 発 的 失 業 者 の 軽 減.

目 次 1 離 職 時 に 必 要 な 手 続 き... 1 2 保 険 年 金 税 金 の 手 続 き... 1 3 離 職 によって 生 活 や 住 宅 にお 困 りの 人 に 対 する 支 援 (1) 保 険 年 金 1 国 民 健 康 保 険 税 の 非 自 発 的 失 業 者 の 軽 減. 離 職 時 に 必 要 な 各 種 手 続 き 支 援 制 度 のご 案 内 甲 斐 市 平 成 26 年 10 月 ( 平 成 28 年 1 月 改 訂 ) 目 次 1 離 職 時 に 必 要 な 手 続 き... 1 2 保 険 年 金 税 金 の 手 続 き... 1 3 離 職 によって 生 活 や 住 宅 にお 困 りの 人 に 対 する 支 援 (1) 保 険 年 金 1 国 民 健 康

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63> に きるものではなく 市 保 保 立 育 平 護 保 所 者 育 ( に 所 園 成 代 )への わってその 認 可 保 25 日 入 育 頃 所 園 年 児 は 保 童 育 保 度 の する 護 保 者 育 人 が を のいない 仕 行 事 または 病 気 等 のため 家 庭 で 児 童 を 十 分 に 保 育 することができない 場 合 保 うための 育 児 童 所 児 が 童 福 入 祉 所

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します

平成15年4月から保育所に入所を希望される乳幼児の申込を次のとおり受付します 平 成 27 年 10 月 発 行 多 気 町 平 成 28 年 度 保 育 園 等 入 園 のご 案 内 ( 平 成 28 年 4 月 平 成 29 年 3 月 入 園 分 ) (お 問 合 せ 先 ) 多 気 町 役 場 町 民 福 祉 課 こども 係 電 話 :0598-38-1114 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 子 ども 子 育

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

家 計 の 金 融 資 産 構 成 の 国 際 比 較 図 表 2-18 33 2 2 負 債 借 入 金 のある 世 帯 の 割 合 と 借 入 残 高 図 表 2-19 34 住 宅 ローンのタイプ 別 新 規 貸 出 額 図 表 2-20 34 借 入 の 目 的 図 表 2-21 35 消

家 計 の 金 融 資 産 構 成 の 国 際 比 較 図 表 2-18 33 2 2 負 債 借 入 金 のある 世 帯 の 割 合 と 借 入 残 高 図 表 2-19 34 住 宅 ローンのタイプ 別 新 規 貸 出 額 図 表 2-20 34 借 入 の 目 的 図 表 2-21 35 消 目 次 1 家 計 の 収 支 1 1 収 入 賃 金 支 給 額 の 内 訳 図 表 1-1 2 性 別 年 代 別 収 入 図 表 1-2 2 都 道 府 県 別 常 用 労 働 者 現 金 給 与 総 額 図 表 1-3 3 都 道 府 県 別 女 性 労 働 者 パートタイム 賃 金 図 表 1-4 4 転 職 時 の 賃 金 変 化 図 表 1-5 5 退 職 者 1 人 平 均 退 職

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

お 申 し 込 みに 必 要 な 書 類 ( 書 類 に 不 足 不 備 がある 場 合, 入 所 申 込 をお 受 けできない 場 合 があります ) お 申 し 込 みの 際 は, 必 ずお 子 様 同 伴 でお 越 しください 1 保 育 所 入 所 申 込 書 児 童 1 人 に1 部 必

お 申 し 込 みに 必 要 な 書 類 ( 書 類 に 不 足 不 備 がある 場 合, 入 所 申 込 をお 受 けできない 場 合 があります ) お 申 し 込 みの 際 は, 必 ずお 子 様 同 伴 でお 越 しください 1 保 育 所 入 所 申 込 書 児 童 1 人 に1 部 必 保 育 所 とは 児 童 の 保 護 者 が, 就 労, 病 気, 出 産 などで 児 童 を 家 庭 で 保 育 できないとき, 保 護 者 にかわって 児 童 の 保 育 をする 施 設 です ( 小 学 校 入 学 の 準 備 のため, 集 団 保 育 を 体 験 させるため,あるいは 下 のお 子 様 の 保 育 に 手 がかかるためなどの 理 由 は, 入 所 の 対 象 となりません )

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

広報みなと2月1日特集号

広報みなと2月1日特集号 金 特 集 号 平 成 26 年 2014 年 2.1 3578-2111 FAX 3578-2634 務 課 http://www.city.minato.tokyo.jp 個 住 民 特 別 区 民 都 民 の 仕 組 み 均 等 割, 割 住 民 と の 主 な 違 い 住 民 均 等 割 あり なし にかかる 率 10% 分 離 課 を 除 く 特 別 区 民 6% 都 民 4% 率 5%~40%

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

高知市市民便利帳_最終H25_12.indd

高知市市民便利帳_最終H25_12.indd 高 知 市 市 民 便 利 帳 29 戸 籍 戸 籍 に 関 する 主 な 一 覧 中 央 窓 口 センター TEL 088-823-9431( 戸 籍 係 ) 種 類 期 限 必 要 なもの 注 意 事 項 戸 籍 生 生 の 日 を 含 んで 14 日 目 が 土 日 曜 日 祝 日 振 替 休 日 及 び 年 末 年 始 (12 月 29 日 から1 月 3 日 )の 閉 庁 日 のときは 翌

More information

も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病

も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病 平 成 28 年 度 版 子 育 て 支 援 ガイドブック 長 柄 町 も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病 気 やけがのとき 17 子

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 (

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 ( 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 支 援 制 度 等 のお 知 らせ 平 成 28 年 5 月 20 日 現 在 この 度 の 地 震 で 被 災 された 方 に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 住 まいのことや 各 種 支 援 制 度 に 関 する 内 容 を 紹 介 しています 新 たな 支 援 制 度 が 決 まったり 今 の 支 援 制 度 の 基 準 が 緩 和 されたりしたときには

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

<3238944E937887438C8892E88D5A81693237303932368DC58F498D589056816A2E786C7378>

<3238944E937887438C8892E88D5A81693237303932368DC58F498D589056816A2E786C7378> 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 発 行 ) 豊 島 区 認 可 保 育 施 設 入 園 のしおり 豊 島 区 は 認 可 保 育 施 設 を 順 次 開 設 する 予 定 です 詳 細 はホームページをご 覧 ください 認 可 保 育 施 設 とは 保 護 者 が 次 のような 事 情 のため 家 庭 で 乳 幼 児 の 保 育 が 必 要 な 場 合 に 保 護 者

More information

Unknown

Unknown 保 育 園 入 園 申 し 込 み 入 園 保 育 料 なは 育 て 支 援 課 育 て 支 援 係 へ 問 い 合 わせください 私 立 保 育 園 保 育 園 名 所 在 地 電 話 定 員 1 慈 光 保 育 園 番 田 町 7-7 42-8581 45 人 2 無 量 寺 保 育 園 伊 田 3635 45-2877 45 人 3 慶 興 保 育 園 栄 町 4-66 42-2218 60

More information

Microsoft Word - 契約のしおり.docx

Microsoft Word - 契約のしおり.docx 本 預 金 にかかるお 手 続 きや 注 意 事 項 を 記 載 しております 口 座 作 成 前 に 必 ずお 読 みください 結 婚 子 育 て 資 金 を 贈 与 する 方 を 祖 父 母 さま 等 結 婚 子 育 て 資 金 の 贈 与 を 受 ける 方 を お 孫 さ ま 等 と 表 記 させていただきます 本 預 金 は 平 成 27 年 の 税 制 改 正 における 結 婚 子 育 て

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 27 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

2015年くれ のコピー.indd

2015年くれ のコピー.indd 51 新 新 庁 舎 移 転 後 は 表 記 場 所 へ 市 民 窓 口 課 ( 市 役 所 1 階 1 階 ) 0823-25-3161 住 民 票 届 出 本 人 または 同 一 世 帯 人 が 市 民 窓 口 課 または へ ( では でません ) 届 出 種 類 転 入 届 ( 呉 市 内 に 引 っ 越 た 日 か14 日 以 内 ) 転 出 届 ( 呉 市 外 へ 引 っ 越 すとに 転

More information

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対 平 成 25 年 度 市 町 村 少 子 化 対 策 事 業 一 覧 ( 平 成 25 年 12 月 16 日 現 在 ) 市 町 村 名 分 類 事 業 名 内 容 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関 する 取 組 こんにちは 赤 ちゃん 事 業 育 児 不 安 を 解 消 するため 生 後 4か 月 までの 乳 児 がいる 家 庭 の 訪 問 相 談 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関

More information

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領 平 成 28 年 度 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 入 室 申 請 要 領 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 335-0023 埼 玉 県 戸 田 市 本 町 1-17-7 担 当 和 栗 松 永 Tel 048-443-2387 Fax 048-431-3871 1 入 室 資 格 戸 田 市 立 戸 田 南 小 学 校 及 び 戸 田 第 一 小 学 校 に 通 学

More information

保 育 所 入 所 ( 園 ) 申 込 について 平 成 27 年 度 から 子 ども 子 育 て 新 制 度 がスタートする 事 により 保 育 所 ( 園 ) 等 の 利 用 手 続 き 方 法 が 変 わります 保 育 所 ( 園 )を 利 用 する 場 合 は 支 給 認 定 申 請 と 利

保 育 所 入 所 ( 園 ) 申 込 について 平 成 27 年 度 から 子 ども 子 育 て 新 制 度 がスタートする 事 により 保 育 所 ( 園 ) 等 の 利 用 手 続 き 方 法 が 変 わります 保 育 所 ( 園 )を 利 用 する 場 合 は 支 給 認 定 申 請 と 利 受 付 期 間 : 平 成 26 年 12 月 8 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 1 月 6 日 ( 火 ) 受 付 時 間 : 8 時 ~17 時 まで ( 原 則 として 12 時 ~13 時 は 除 く ) 受 付 場 所 : 中 城 村 役 場 福 祉 課 Tel 098-895-2131( 内 線 264) 土 日 祝 祭 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 2 日

More information

< 最 初 にお 読 みください> < 施 設 事 業 の 利 用 にあたって> 各 施 設 事 業 によって その 教 育 保 育 の 方 針 や 費 用 ( 基 本 保 育 料 を 除 く) 取 り 組 みはさまざ まです 利 用 申 込 にあたっては 希 望 される 施 設 事 業 を 必 ず

< 最 初 にお 読 みください> < 施 設 事 業 の 利 用 にあたって> 各 施 設 事 業 によって その 教 育 保 育 の 方 針 や 費 用 ( 基 本 保 育 料 を 除 く) 取 り 組 みはさまざ まです 利 用 申 込 にあたっては 希 望 される 施 設 事 業 を 必 ず H27.10ver 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 豊 中 市 教 育 保 育 施 設 等 利 用 のご 案 内 この 案 内 は 保 育 所 ( 園 ) 認 定 こども 園 幼 稚 園 家 庭 保 育 所 地 域 型 保 育 事 業 その 他 子 育 てサ ービス 支 援 事 業 等 豊 中 市 でご 利 用 いただける 施 設 事 業 のご 案 内 です 子 ども 子 育 て 支

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 更 新 手 続 きのご 案 内 平 成 28 年 4 月! 重 要 なお 知 らせ! 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 今 お 持 ちの 指 定 難 病 特 定 医 療 費 受 給 者 証 は 平 成 28 年 9 月 30 日 で 有 効 期 間 が 終 了 します 引 き 続 き 更 新 を 希 望 される 場 合 は, 更

More information

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲

〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 本 学 の 授 業 料 免 除 について 本 学 では, 授 業 料 免 除 の 区 分 を 全 額 免 除, 半 額 免 除,1/4 免 除 の3 区 分 で 実 施 して おり, 本 学 の 授 業 料 免 除 予 算 額 の 範 囲 北 海 道 大 学 授 業 料 免 除 申 請 のしおり ( 平 成 24 年 度 版 ) 目 次 〇 授 業 料 免 除 の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 授 業 料 免 除 について 授 業 料 免 除 の 申 請 資 格 学 力 基 準 留 年 者, 修 業 年 限 超 過 者 の 申 請 について 〇 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 等 について 3 提 出

More information

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希 市 町 村 項 目 事 業 名 対 象 者 内 容 黒 潮 町 医 療 乳 幼 児 医 療 費 助 成 制 度 乳 幼 児 の 健 康 を 守 るため 医 療 費 の 助 成 を 行 っています 中 学 校 卒 業 まで: 入 院 通 院 とも 自 己 負 担 なし 健 康 福 祉 課 保 健 衛 生 係 : 0880-43-2836 H25 年 9 月 作 成 多 子 世 帯 保 育 料 助 成

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか?

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか? 児 童 手 当 Q&A ~ 平 成 24 年 4 月 から 新 しい 児 童 手 当 が 始 まります!~ 厚 生 労 働 省 Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手

More information

目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育 とは p4 休 日 保 育 とは p4 保 育 園 の 給

目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育 とは p4 休 日 保 育 とは p4 保 育 園 の 給 保 育 園 入 所 案 内 平 成 25 年 度 版 大 磯 町 子 育 て 支 援 課 保 育 園 幼 稚 園 係 ( 平 成 24 年 10 月 改 定 ) 目 次 保 育 園 とは? p1 保 育 園 に 入 所 できる 基 準 p1 保 育 の 実 施 期 間 p1 保 育 時 間 p2 開 放 保 育 p2 町 内 の 保 育 園 p3 保 育 園 のクラス 編 成 p4 延 長 保 育

More information

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群 平 成 26 年 度 版 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )( 厳 守 ) 第 2 期 分 掲 示 及 び 本 学 ホームページにてお 知 らせします (8 月 上 旬 頃 ) 申 請 場 所 : 対 応 支 援 室 学 生 支 援 教 務 へ 持 参 してください 1 平 成 26 年

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

第○章 msゴシック16P太字

第○章 msゴシック16P太字 第 3 節 療 育 手 帳 3-1 療 育 手 帳 とは 療 育 手 帳 の 交 付 により 知 的 障 がいのある 人 に 対 して 一 貫 した 相 談 や 援 助 を 行 うとともに 各 種 サー ビスを 受 けやすくすることを 目 的 としています (1) 療 育 手 帳 の 交 付 対 象 児 童 相 談 所 または 知 的 障 害 者 更 生 相 談 所 ( 手 を つなぐ 相 談 センター

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給 まんのう 町 内 には 6 つのこども 園 と 1 つの 保 育 園 があります 希 望 により 施 設 を 選 べますが 定 員 を 超 えると 希 望 施 設 に 入 園 できない 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください 施 設 名 電 話 まんのう 町 のこども 園 保 育 園 入 園 案 内 町 内 こども 園 保 育 園 一 覧 定 員 0 歳 児 1 2 歳 児 2 号

More information