消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル

Size: px
Start display at page:

Download "消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル"

Transcription

1 平 成 20 年 3 月 25 日 消 費 者 が 事 業 者 との 通 話 内 容 を 録 音 され 録 音 を 消 去 してほしいと 求 めたが 事 業 者 に 断 られたトラブル ( 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 小 委 員 会 ) 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 は 平 成 19 年 11 月 12 日 付 で 国 民 生 活 センター 理 事 長 から 事 業 者 が 消 費 者 との 通 話 内 容 を 録 音 した 場 合 における 個 人 情 報 保 護 法 の 解 釈 と 紛 争 解 決 に 当 たっての 考 え 方 の 検 討 を 諮 問 された 本 小 委 員 会 は 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 委 員 長 の 指 名 によって 平 成 19 年 12 月 26 日 以 降 3 回 にわたって 審 議 を 行 い 苦 情 処 理 にあたっての 考 え 方 として 以 下 のように 助 言 を 取 りまとめたので 報 告 する 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 小 委 員 会 委 員 長 野 村 豊 弘 委 員 池 本 誠 司 委 員 村 千 鶴 子 1. 諮 問 案 件 事 業 者 が 消 費 者 との 通 話 内 容 を 録 音 した 場 合 における 個 人 情 報 保 護 法 の 解 釈 と 紛 争 解 決 に 当 たっての 考 え 方 の 検 討 2. 消 費 者 苦 情 事 案 (1) 事 案 の 概 要 メーカーのお 客 様 相 談 室 に 保 証 期 間 の 確 認 などのため 電 話 をかけた その 際 冒 頭 で 通 話 内 容 を 録 音 します とのメッセージが 流 れたので 録 音 されることが 分 かった その 後 担 当 者 から 折 り 返 し 電 話 があったが その 時 は 事 前 に 通 話 内 容 を 録 音 します といっ たメッセージは 流 れず 話 が 終 わった 後 に 担 当 者 から 今 の 会 話 内 容 を 録 音 させていただ きました と 告 げられた 直 ちに 録 音 の 消 去 を 求 め 苦 情 を 申 し 入 れたが 消 去 はできませ ん と 断 られた 一 度 受 話 器 を 置 いたが 納 得 できず 再 度 電 話 をかけて 消 去 を 求 めたと ころ 消 去 はいたしますが 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 書 類 の 提 出 をお 願 いします と 新 たな 条 件 を 提 示 された 事 前 に 録 音 することを 告 げないのは 個 人 情 報 保 護 法 上 問 題 ではないのか また 事 業 者 には 録 音 の 消 去 に 応 じる 義 務 はないのか 1

2 録 音 の 消 去 のために 新 たな 個 人 情 報 の 提 出 を 求 められることにも 納 得 がいかないし 消 費 者 側 に 録 音 されない という 選 択 肢 がなく 録 音 されたくなければ 問 い 合 わせができ ない 状 況 も 問 題 である (40 歳 代 女 性 給 与 生 活 者 ) (2) 事 案 の 経 緯 個 人 情 報 保 護 法 上 の 解 釈 と 顧 客 対 応 のあり 方 の 検 討 個 人 情 報 保 護 法 ( 以 下 法 という )では 録 音 による 個 人 情 報 の 取 得 に 関 して 明 確 な 定 めがないことから 事 業 者 から 様 々な 反 応 が 予 見 され 以 下 の 事 項 について どの ような 法 解 釈 が 可 能 かについて 国 民 生 活 センター 相 談 調 査 部 内 において 検 討 を 試 みた 法 2 条 1 項 では この 法 律 において 個 人 情 報 とは ( 中 略 ) 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるもの と 定 義 している したがって 明 文 上 録 音 内 容 が 個 人 情 報 に 該 当 するとは 規 定 されていないが 解 釈 上 録 音 内 容 が 特 定 の 個 人 を 識 別 できる 形 であ れば 同 法 で 規 定 する 個 人 情 報 に 該 当 すると 思 われる ( 注 1) 録 音 内 容 が 保 有 個 人 データ ( 法 2 条 5 項 )に 該 当 した 場 合 1 利 用 目 的 による 制 限 ( 法 16 条 1 項 ) 2 適 正 な 取 得 ( 法 17 条 )に 違 反 していることが 判 明 したときで 本 人 からの 求 めがあった 場 合 は 違 反 を 是 正 するために 必 要 な 限 度 で 原 則 として 利 用 の 停 止 又 は 消 去 ( 以 下 利 用 停 止 等 という )を 行 わなければならない( 法 27 条 1 項 ) それ 以 外 は 事 業 者 が 自 主 的 に 行 う 利 用 停 止 等 といえる 個 人 情 報 の 利 用 停 止 等 に 当 たっては 本 人 の 情 報 であることを 証 明 するための 書 類 等 を 事 業 者 が 求 めるのは 一 定 の 合 理 性 がある と 思 われるが たった 今 なされた 通 話 内 容 の 録 音 について 消 去 を 求 めた 本 件 では 杓 子 定 規 に 本 人 確 認 書 類 の 提 出 を 求 める 対 応 は 顧 客 対 応 のあり 方 としては 不 適 切 といえる のではないか ( 注 1) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 についての 経 済 産 業 分 野 を 対 象 とするガイドライン 等 に 関 する Q&A Q11:(1) 電 話 の 通 話 内 容 は 個 人 情 報 に 該 当 しますか (2) 通 話 内 容 を 録 音 している 場 合 録 音 している 旨 を 相 手 方 に 伝 える 必 要 がありますか A11:(1) 特 定 の 個 人 を 識 別 することが 可 能 な 場 合 には 個 人 情 報 に 該 当 します (2) 個 人 情 報 に 該 当 する 場 合 でも 録 音 していることについて 伝 える 必 要 はありません ただし 利 用 目 的 を 通 知 又 は 公 表 する 必 要 があります Q21: 会 話 を 録 音 しました 会 話 の 内 容 に 個 人 の 氏 名 が 含 まれていますが この 場 合 個 人 情 報 データベース 等 に 該 当 しますか A21: 会 話 の 内 容 に 氏 名 が 含 まれていても 当 該 氏 名 により 容 易 に 検 索 可 能 な 状 態 に 整 理 さ れていない 限 り 個 人 情 報 データベース 等 には 該 当 しません 2

3 (3) 同 種 事 例 ( 事 業 者 に 通 話 内 容 を 録 音 されたケース) 事 例 1 携 帯 電 話 会 社 に 付 加 サービスの 契 約 を 電 話 で 申 し 込 んだ しかし 実 際 は 契 約 したことに なっておらず 申 し 込 んだ 申 し 込 まれていない と 押 し 問 答 となった 事 業 者 側 が 通 話 内 容 をボイスレコーダーに 記 録 してある というので では 聞 かせてほしい と 伝 え たところ 個 人 情 報 なので 無 理 である と 言 われた (40 歳 代 女 性 家 事 従 事 者 ) 事 例 2 銀 行 のコールセンターと 何 度 か 話 をしているうちに 担 当 者 が 前 回 と 言 っていること が 違 います 録 音 で 確 認 すれば 分 かります と 発 言 した その 言 葉 で 初 めて 銀 行 が 今 まで の 電 話 の 内 容 を 録 音 していることを 知 った 本 当 に 前 回 と 異 なることを 言 っているのか 確 かめたいと 思 い 自 分 にも 録 音 を 聞 かせてほしい と 申 し 出 たところ 対 応 しかねます と 言 われた 当 該 銀 行 の 個 人 情 報 保 護 相 談 窓 口 の 開 示 担 当 者 に 尋 ねても 録 音 は 個 人 情 報 保 護 法 第 25 条 1 項 2 号 に 当 たるので 開 示 はしません と 言 う 録 音 を 消 費 者 に 聞 かせることが 業 務 の 著 しい 支 障 に 当 たるのか 事 業 者 が 業 務 に 支 障 があると 言 えば 録 音 を 聞 かせてもら うことはできないのか (20 歳 代 男 性 給 与 生 活 者 ) 3. 小 委 員 会 の 結 論 事 業 者 のお 客 様 相 談 室 が 顧 客 との 通 話 を 事 前 の 同 意 なく 録 音 する 行 為 は 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 という 観 点 からは 必 ずしも 個 人 情 報 の 不 正 な 取 得 ( 法 17 条 )には 当 たらず ま た 利 用 目 的 の 通 知 義 務 等 ( 法 18 条 )に 直 ちに 違 反 するものとはいえない しかし 通 話 を 無 断 で 録 音 することは 個 別 事 情 によっては 個 人 の 人 格 権 侵 害 として 違 法 性 を 帯 びる 可 能 性 があること 顧 客 にとって 不 意 打 ち 的 な 行 為 として 不 信 感 を 持 つ 可 能 性 があることを 踏 まえ 事 業 者 が 顧 客 の 信 頼 を 確 保 する 対 応 のあり 方 としては 書 面 による 直 接 取 得 における 利 用 目 的 の 事 前 明 示 ( 法 18 条 2 項 )に 準 じた 取 り 扱 いが 望 まれる 事 業 者 が 本 人 から 通 話 録 音 データの 開 示 を 求 められた 場 合 それが 保 有 個 人 データに 該 当 するときは 開 示 義 務 を 負 う 開 示 の 方 法 としては 当 該 本 人 との 通 話 録 音 部 分 をダビ ングする 方 法 が 考 えられる 4. 理 由 ( 法 的 考 察 ) (1)はじめに 本 事 例 は 通 話 を 本 人 の 同 意 なく 録 音 する 行 為 が 個 人 情 報 の 取 り 扱 いの 適 正 さという 観 点 からどのような 問 題 が 生 ずるかという 事 案 である 3

4 もっとも 通 話 の 録 音 は 個 人 情 報 の 取 り 扱 い 一 般 の 問 題 であるとともに 個 人 の 写 真 や 肉 声 などと 同 様 に 人 格 権 に 関 わる 問 題 という 側 面 もある したがって 情 報 の 種 類 を 問 わない 一 般 的 規 律 である 個 人 情 報 保 護 法 に 照 らして 違 法 かどうかという 観 点 だけでなく 通 話 録 音 の 特 性 を 踏 まえた 実 質 的 な 違 法 性 の 検 討 が 必 要 である さらに 当 小 委 員 会 は 現 行 法 に 照 らして 直 ちに 違 法 と 評 価 すべきかどうかという 観 点 だけでなく 事 業 者 が 事 業 活 動 の 中 で 顧 客 の 信 頼 を 確 保 するうえであるべき 対 処 はどうか という 観 点 からの 指 摘 も 重 要 であると 考 えられることから 現 行 法 上 の 違 法 性 の 検 討 とと もに 事 業 者 の 顧 客 対 応 のあり 方 という 観 点 からも 検 討 を 加 える なお お 客 様 相 談 室 における 通 話 の 録 音 やその 取 り 扱 いについては 実 情 がほとんど 知 られていないので 当 小 委 員 会 の 事 務 局 において 各 事 業 分 野 ( 家 電 金 融 自 動 車 情 報 通 信 日 用 品 )の 代 表 的 な 事 業 者 5 社 に 対 しヒヤリング 調 査 を 行 った その 結 果 も 参 考 にしつつ 検 討 する (2) 通 話 の 録 音 データは 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 対 象 か 法 は 事 業 者 に 課 す 義 務 の 内 容 に 応 じて 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ という3つの 定 義 を 使 い 分 けている そこで まず 本 件 の 通 話 を 録 音 したデータがこれら に 該 当 するかどうかを 検 討 する なお 法 が 義 務 を 課 す 対 象 事 業 者 は 5000 件 を 超 える 個 人 情 報 を 事 業 に 関 して 取 り 扱 う 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 ( 法 2 条 3 項 政 令 2 条 )であることが 要 件 となる 以 下 では 本 件 事 業 者 が 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 に 当 たることを 前 提 に 検 討 する 1) 個 人 情 報 ( 法 2 条 1 項 )に 当 たるか 個 人 情 報 とは 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって 当 該 情 報 に 含 まれる 氏 名 生 年 月 日 その 他 の 記 述 等 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるもの( 法 2 条 1 項 )とさ れている 記 述 等 とは 文 字 や 記 号 に 限 らず 写 真 音 声 生 体 情 報 (DNA 等 )など 個 人 を 識 別 できるものは 広 く 含 むものとされている したがって 通 話 内 容 を 磁 気 テープやデジタル 機 器 に 録 音 したデータ( 以 下 録 音 デー タ という )の 中 に 氏 名 や 顧 客 番 号 など 特 定 の 個 人 を 識 別 できる 内 容 が 含 まれていれば 個 人 情 報 に 該 当 する 匿 名 の 問 い 合 わせ 電 話 のように 会 話 の 内 容 に 個 人 を 識 別 でき る 情 報 が 何 も 含 まれていなければ 個 人 情 報 とはいえない ただし 録 音 された 会 話 の 内 容 だけでなく 電 話 番 号 や 相 談 受 付 簿 の 記 載 など 他 の 資 料 と 照 合 することにより 特 定 の 個 人 を 識 別 できる 場 合 は 個 人 情 報 に 当 たる 以 下 では 本 件 録 音 データが 特 定 個 人 を 識 別 できる 内 容 を 含 むか 関 連 資 料 を 照 合 す ることにより 識 別 可 能 であることにより 個 人 情 報 に 当 たる 場 合 を 前 提 に 論 じる 個 人 情 報 の 取 り 扱 いについては 利 用 目 的 の 特 定 ( 法 15 条 ) 目 的 外 利 用 の 制 限 ( 法 16 条 ) 不 正 な 取 得 の 禁 止 ( 法 17 条 ) 利 用 目 的 の 通 知 公 表 ( 法 18 条 1 項 )の 義 務 が 課 され 4

5 る 2) 個 人 データ ( 法 2 条 4 項 )に 当 たるか 個 人 データ とは 個 人 情 報 のうち 個 人 情 報 データベース 等 を 構 成 するもの( 法 2 条 4 項 )をいう 個 人 情 報 データベース 等 とは 個 人 情 報 を 含 む 情 報 の 集 合 物 であって 特 定 の 個 人 情 報 を 容 易 に 検 索 することができるように 体 系 的 に 構 成 したものをいう( 法 2 条 2 項 政 令 1 条 ) したがって 録 音 データが 収 録 されている 媒 体 の 中 から ある 特 定 個 人 の 情 報 を 容 易 に 検 索 することが 可 能 であれば その 媒 体 は 個 人 情 報 データベース 等 に 当 たり これに 記 録 された 特 定 個 人 の 録 音 内 容 は 個 人 データ に 当 たる 例 えば デジタル 方 式 で 録 音 してある 場 合 は その 録 音 機 器 自 体 によって 個 人 の 氏 名 等 の 検 索 が 可 能 である 機 器 が 多 い と 思 われる また 録 音 データの 集 合 体 と 相 談 受 付 簿 その 他 の 資 料 を 照 合 することによっ て 検 索 できる 場 合 でも 個 人 データに 該 当 する ヒヤリング 調 査 によれば 通 話 の 録 音 は いずれも 事 業 者 も 通 話 録 音 用 の 専 用 サーバー 又 はPCハードディスクに 音 声 データとして 保 存 しており 日 付 電 話 番 号 等 により 検 索 可 能 であるという したがって 本 件 録 音 データについては 個 人 を 検 索 可 能 な 個 人 データ に 該 当 すると いう 前 提 で 論 じる 個 人 データ の 取 り 扱 いについては 正 確 性 の 確 保 ( 法 19 条 ) 安 全 管 理 措 置 ( 法 20 条 ) 従 業 者 委 託 先 の 監 督 ( 法 21,22 条 ) 第 三 者 提 供 の 制 限 ( 法 23 条 )の 義 務 が 課 され る 3) 保 有 個 人 データ ( 法 2 条 5 項 )に 当 たるか 保 有 個 人 データ とは 個 人 データのうち 1 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 開 示 訂 正 追 加 又 は 削 除 利 用 の 停 止 消 去 及 び 第 三 者 への 提 供 の 停 止 を 行 うことのできる 権 限 を 有 するものであり 26 ヶ 月 を 超 えて 保 有 するものであることをいう( 法 2 条 5 項 ) したがって 個 々の 録 音 データを 取 得 したときから 6 ヶ 月 以 内 に 消 去 するものであれば 保 有 個 人 データ に 該 当 しないが 録 音 した 事 業 者 が 6 ヶ 月 を 超 えて 保 有 する 取 り 扱 い であれば 基 本 的 に 保 有 個 人 データ に 該 当 する なお その 存 否 が 明 らかになることにより 違 法 又 は 不 当 な 行 為 を 助 長 し 又 は 誘 発 す るおそれがあるもの は 保 有 個 人 データ から 除 外 される( 政 令 3 条 2 号 ) 例 えば 悪 質 クレーマー 等 に 関 する 情 報 がこれに 当 たるとされている( 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 についての 経 済 産 業 分 野 を 対 象 とするガイドライン( 経 済 産 業 省 ) 以 下 経 済 産 業 省 ガイドライン という 参 照 ) 保 有 個 人 データに 当 たるときは 開 示 ( 法 25 条 ) 訂 正 ( 法 26 条 ) 利 用 停 止 等 ( 法 27 条 )の 義 務 が 課 される 5

6 ヒヤリング 調 査 によれば 通 話 録 音 データの 保 有 期 間 は サーバーの 容 量 との 関 係 で 6 ヶ 月 未 満 と 定 めている 例 サーバーの 容 量 が 一 杯 になれば 自 動 的 に 消 去 されるという 例 原 則 として 6 ヶ 月 未 満 と 定 めているが 紛 議 の 可 能 性 があるものは 別 途 長 期 間 保 存 するとい う 例 など 様 々である したがって 個 人 から 事 業 者 に 対 し 保 有 個 人 データの 開 示 消 去 等 を 求 めるに 当 たって は 当 該 事 業 者 における 保 有 期 間 の 取 り 扱 いを 確 認 する 必 要 がある ただし 保 有 期 間 の 定 めの 有 無 を 問 わず 現 に 6 ヶ 月 を 超 えて 保 有 している 場 合 は 保 有 個 人 データに 該 当 す ることとなり 開 示 等 の 対 象 となるので 実 情 の 確 認 が 重 要 である (3) 本 人 の 同 意 通 知 なしに 通 話 を 録 音 することは 個 人 情 報 保 護 法 に 違 反 するか 1) 不 正 な 取 得 ( 法 17 条 )に 当 たるか 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 偽 りその 他 不 正 な 手 段 により 個 人 情 報 を 取 得 してはならない( 法 17 条 ) 利 用 目 的 を 偽 って 個 人 情 報 を 聞 き 出 すことや 名 簿 等 を 盗 み 出 すことや 他 人 のコンピ ューターに 不 正 アクセスすることが 不 正 な 手 段 の 典 型 である 具 体 的 に 何 が 不 正 な 手 段 と 評 価 されるかは 個 人 情 報 の 種 類 性 質 事 業 者 の 利 用 目 的 や 必 要 性 等 を 勘 案 して 判 断 するものとされている 本 人 の 同 意 を 得 ないで 通 話 を 録 音 することは 本 人 が 知 らないうちに 個 人 情 報 を 取 得 さ れる 点 で 不 正 な 取 得 と 見 る 余 地 もある しかし 他 方 で 法 は 1 利 用 目 的 を 通 知 公 表 する 義 務 は 定 めているものの( 法 18 条 1 項 ) 同 意 を 得 て 取 得 する 義 務 は 定 めていない こと 2 本 人 からの 直 接 取 得 ( 法 18 条 2 項 ) 以 外 の 間 接 取 得 も 認 める 前 提 であること( 法 18 条 1 項 )に 照 らせば 本 人 の 同 意 を 得 ないで 録 音 することが 一 律 に 不 正 な 取 得 ( 法 17 条 違 反 )に 当 たるものと 解 することは 困 難 であろう もちろん 不 正 な 取 得 とは 本 法 に 違 反 する 方 法 である 場 合 だけでなく 他 の 法 令 全 般 の 中 で 実 質 的 に 違 法 不 正 と 評 価 されるような 場 合 を 含 めて 判 断 しなければならないの で この 点 は 後 に 検 討 する(8 頁 (4)) 2) 録 音 することの 通 知 ( 法 18 条 )は 必 要 か 法 は 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 手 続 的 な 義 務 として 1 本 人 から 書 面 により 個 人 情 報 を 直 接 取 得 するときは 事 前 に 利 用 目 的 を 明 示 しなければならないものとし( 法 18 条 2 項 ) 2その 他 の 方 法 で 取 得 する 場 合 ( 書 面 によらない 取 得 間 接 的 な 取 得 など)は 利 用 目 的 を 速 やかに 通 知 又 は 公 表 するものとしている( 法 18 条 1 項 ) 法 18 条 1 項 の 通 知 は 個 人 情 報 を 取 得 した 場 合 速 やかに 行 うこととして おり 事 後 的 な 通 知 でもよい また 通 知 又 は 公 表 は 選 択 的 な 義 務 であるから 容 易 に 知 りうるような 方 法 で 公 表 してあれば 個 別 の 通 知 は 必 須 ではない 通 話 の 録 音 は 個 人 情 報 を 本 人 から 直 接 取 得 する 形 態 であるが 書 面 ではなく 口 頭 の 取 6

7 得 であるから 手 続 的 な 義 務 としては 事 前 の 明 示 義 務 ( 法 18 条 2 項 )ではなく 事 後 的 に 通 知 又 は 公 表 ( 法 18 条 1 項 )すればよいこととなる このように 本 法 を 形 式 的 に 適 用 すると 事 前 の 同 意 や 告 知 がなく 行 われた 通 話 の 録 音 であっても 基 本 的 に 違 法 ではないということになりそうである ところで 法 が 書 面 による 直 接 取 得 とその 他 の 方 法 の 場 合 とで 利 用 目 的 の 告 知 方 法 を 区 別 した 趣 旨 は 本 人 からの 書 面 による 直 接 取 得 の 場 合 には 本 人 自 らその 提 供 の 可 否 を 判 断 できる 状 況 にあることにもかんがみ 個 人 情 報 を 取 得 した 後 に 利 用 目 的 を 通 知 公 表 することで 足 りることとはせず 原 則 として 取 得 前 に 本 人 に 対 して 利 用 目 的 を 明 確 に 示 すことを 義 務 付 けることが 必 要 であるとしたものであること これに 加 えて 個 人 情 報 の 有 益 な 活 用 を 阻 害 しないため 事 業 者 に 過 剰 な 事 務 負 担 をかけないように 配 慮 したものだ とされている( 書 面 による 直 接 取 得 の 場 合 は 事 前 の 通 知 が 容 易 であるが 間 接 的 な 取 得 の 場 合 や 口 頭 のやり 取 りをメモする 場 合 に 常 に 事 前 通 知 を 要 求 することが 過 剰 な 負 担 となる) そうだとすると 通 話 の 録 音 は 本 人 から 直 接 取 得 する 場 面 であり 本 人 自 らその 提 供 の 可 否 を 判 断 できる 状 況 にあるものであり かつ 通 話 の 冒 頭 に 告 知 することは 何 ら 過 剰 な 事 務 負 担 とはならない しかも 書 面 による 取 得 は インターネット 等 を 通 じた 電 子 データによる 取 得 を 含 むものと 解 されている そうであれば 法 18 条 の 解 釈 としても 通 話 を 録 音 機 器 に 収 録 する 場 合 は 法 18 条 2 項 に 含 むものと 解 する 余 地 があるのではないか もちろん 行 政 規 制 の 対 象 行 為 を 安 易 に 類 推 適 用 することには 慎 重 でなければならないが 現 行 法 が 書 面 による 直 接 取 得 とその 他 の 取 得 とで 告 知 方 法 に 大 きな 落 差 がある 点 を 是 正 す る 解 釈 論 として 考 慮 に 値 すると 思 われる 3) 個 人 情 報 保 護 法 に 違 反 しなければすべて 適 法 として 許 されるか 以 上 のとおり 本 法 を 形 式 的 に 適 用 する 限 り 事 前 の 同 意 や 告 知 がなく 行 われた 通 話 の 録 音 であっても 必 ずしも 違 法 ではないということになりそうである しかし 本 法 は 情 報 の 種 類 を 問 わずすべての 個 人 情 報 に 共 通 に 適 用 される 必 要 最 低 限 のルールを 定 めるものである( 平 成 16 年 4 月 2 日 閣 議 決 定 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 基 本 方 針 参 照 ) そのため 信 用 情 報 や 金 融 情 報 など 他 人 に 知 られたくないと 望 むプライバシ ー 性 が 高 い 個 人 情 報 や 病 歴 医 療 情 報 思 想 信 条 情 報 などセンシティブな 個 人 情 報 の 場 合 は 本 法 の 規 律 だけでは 不 十 分 なことが 少 なくない また 個 人 の 自 己 情 報 コントロ ール 権 の 尊 重 という 観 点 から 見 ると 本 法 のルールでは 不 十 分 だと 感 じる 者 が 多 いと 思 わ れる このように 本 法 は 情 報 の 種 類 を 問 わない 必 要 最 低 限 の 規 制 であることから これを 遵 守 すれば 常 に 十 分 というわけではなく 情 報 の 種 類 や 特 質 に 応 じてより 慎 重 な 取 り 扱 いが 求 められるものと 解 されている 言 い 換 えれば 必 要 最 低 限 のルールである 個 人 情 報 保 護 法 を 遵 守 していたとしても すべての 場 面 で 適 法 と 評 価 されるわけではなく 例 えば 差 別 的 な 情 報 を 本 人 の 同 意 なく 収 7

8 集 利 用 したような 場 合 には プライバシー 侵 害 として 不 法 行 為 損 害 賠 償 責 任 ( 民 法 709 条 ) を 構 成 することもあり 得 る (4) 同 意 のない 通 話 録 音 の 実 質 的 な 違 法 性 評 価 と 事 業 者 の 対 応 方 法 1) 同 意 のない 録 音 と 人 格 権 侵 害 そこで 通 話 者 の 同 意 なく 録 音 することが 実 質 的 に 違 法 と 評 価 される 場 合 があるか 否 かを 検 討 する 通 話 の 録 音 は 個 人 の 肉 声 をそのまま 記 録 し 利 用 することであり 個 人 の 肖 像 を 写 真 撮 影 する 場 合 と 同 様 に 個 人 の 人 格 権 に 関 わる 問 題 であって ケースによっては 人 格 権 侵 害 行 為 として 違 法 性 を 帯 びることがあると 考 えられる 場 面 はやや 異 なるが 同 意 のない 通 話 録 音 データを 民 事 訴 訟 の 証 拠 として 提 出 すること が 許 されるか( 証 拠 能 力 )については 議 論 があるところである 2) 通 話 録 音 行 為 の 違 法 性 評 価 の 視 点 ア) 通 話 録 音 の 利 用 目 的 本 件 のような 通 話 録 音 は お 客 様 相 談 室 に 寄 せられた 苦 情 相 談 問 い 合 わせを 事 業 者 が 顧 客 の 申 し 出 内 容 を 正 確 に 把 握 するため(メモ 代 わり) 相 談 担 当 者 側 の 顧 客 対 応 の 適 正 さを 事 後 的 に 検 証 するため( 内 部 検 証 用 ) 紛 争 となった 場 合 の 対 応 のため( 信 用 性 の 検 証 ) などの 目 的 で 録 音 するものだと 思 われる ヒヤリング 調 査 においても いずれの 事 業 者 もこうした 利 用 目 的 により 音 声 自 動 録 音 方 式 で 通 話 録 音 を 行 っているということである こうした 利 用 目 的 は 事 業 者 の 顧 客 対 応 の 適 正 さを 確 保 向 上 するため 一 般 的 に 見 て 必 要 性 が 認 められるものと 考 えられる しかし 他 方 で 顧 客 の 立 場 からすれば 自 分 がクレーマー 扱 いされているのではない かという 不 快 感 を 抱 くであろうし 通 話 の 録 音 を 条 件 としなければ 製 品 に 関 する 問 い 合 わせができないという 不 満 を 抱 く 者 が 少 なくないと 思 われる イ) 通 話 録 音 の 内 容 お 客 様 相 談 室 への 通 話 は 顧 客 としては 製 品 等 に 関 する 問 い 合 わせや 苦 情 を 相 手 方 事 業 者 に 伝 えることが 主 眼 であり 特 定 の 電 話 対 応 者 との 間 で 秘 密 であることを 条 件 に 発 言 する 趣 旨 とは 通 常 考 えられない しかし 口 頭 の 申 し 出 を 相 談 担 当 者 がメモする 方 法 に 比 べ 肉 声 を 録 音 することは 情 報 の 内 容 密 度 ( 言 葉 遣 いや 声 色 等 を 含 む)において 格 段 に 濃 厚 であり 顧 客 が 書 面 で 申 し 出 る 場 合 よりも 保 護 対 象 としてより 重 要 である さらに 通 話 内 容 が 単 に 製 品 の 使 用 方 法 を 質 問 するような 場 合 だけでなく 金 融 商 品 に 関 連 して 顧 客 の 生 活 収 入 状 況 を 話 す 場 合 や 保 険 契 約 に 関 連 して 顧 客 の 病 歴 を 話 す 場 合 や 食 品 の 摂 取 に 関 連 して 8

9 顧 客 の 健 康 状 態 を 話 す 場 合 など プライバシー 性 の 高 い 場 合 には 要 保 護 性 に 大 きな 違 い があると 考 えられる つまり 個 人 の 肉 声 を 録 取 することの 特 質 と 通 話 内 容 とを 考 慮 する 必 要 がある ウ) 通 話 録 音 の 方 法 お 客 様 相 談 室 にかかってきた 通 話 をそのまま 録 音 する 方 法 は 事 業 者 側 で 顧 客 に 対 し 電 話 をかけることを 誘 導 したような 場 面 ではない また 通 話 の 当 事 者 双 方 に 無 断 で 第 三 者 が 録 音 する 場 合 は 通 信 の 秘 密 に 反 することになるが 通 話 の 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 会 話 を 紙 にメモする 代 わりに 音 声 自 体 を 記 録 する 行 為 だと 見 れば 不 正 な 方 法 で 取 得 したとはいえない さらに デジタル 録 音 技 術 の 進 展 により 長 時 間 の 録 音 が 容 易 にな った 現 在 では メモの 手 間 を 省 き 正 確 性 を 確 保 するために 事 業 者 が 様 々な 場 面 で 顧 客 との 通 話 を 録 音 することが ますます 増 えると 思 われる しかし 他 方 で 一 般 顧 客 の 意 識 からすれば 通 信 販 売 のように 電 話 で 取 引 の 注 文 をす る 場 面 であれば 契 約 締 結 行 為 として 責 任 ある 発 言 をする 必 要 があると 自 覚 しているであ ろうし 仮 にその 通 話 が 録 音 されたとしても 違 和 感 は 少 ないと 思 われるのに 対 し お 客 様 相 談 室 への 問 い 合 わせは 顧 客 の 立 場 で 相 談 に 乗 ってくれる 窓 口 として 安 心 して 自 由 に 申 し 出 ることができるものと 想 定 している 者 が 少 なくないと 思 われる そのような 顧 客 からすれば お 客 様 相 談 室 への 問 い 合 わせ 電 話 を 無 断 で 録 音 されることは 不 意 打 ち 的 な 行 為 として 大 きな 不 満 を 抱 くことになる 3) 通 話 録 音 行 為 の 実 質 的 な 違 法 性 評 価 ( 小 括 ) 以 上 の 検 討 を 踏 まえれば 事 業 者 の 顧 客 対 応 の 適 正 さを 確 保 向 上 するため お 客 様 相 談 室 にかかってきた 通 話 を 個 別 の 同 意 や 告 知 なしに 録 音 する 行 為 は それ 自 体 が 一 律 に 違 法 だと 評 価 することは 困 難 であると 考 えられる しかし 顧 客 の 立 場 からは 自 分 の 肉 声 が 無 断 で 録 音 される 不 利 益 顧 客 の 立 場 で 相 談 できるはずの 相 談 窓 口 で 不 意 打 ち 的 に 録 音 される 不 満 感 録 音 されることを 我 慢 しなけれ ば 製 品 に 関 する 問 い 合 わせができないという 不 利 益 などの 問 題 があることから 通 話 内 容 や 録 音 することの 告 知 方 法 などの 個 別 事 情 によっては 違 法 性 を 帯 びることもあり 得 るも のと 考 えられる 4) 事 業 者 の 対 応 のあり 方 以 上 のとおり 法 的 な 結 論 としては 事 前 の 同 意 がない 通 話 録 音 は 原 則 として 不 正 な 取 得 ( 法 17 条 )には 当 たらないと 解 されるし 事 前 の 通 知 がない 通 話 録 音 であっても 直 ちに 利 用 目 的 の 通 知 義 務 等 ( 法 18 条 1 項 )に 違 反 しているとは 判 断 できない しかしながら 前 述 のとおり 通 話 を 無 断 で 録 音 することは 個 人 の 人 格 権 侵 害 として 個 別 事 情 によっては 違 法 性 を 帯 びる 可 能 性 があることや 顧 客 が 安 心 して 相 談 できるはず 9

10 のお 客 様 相 談 室 が 無 断 で 通 話 を 録 音 することに 対 して 顧 客 が 不 満 感 を 抱 くおそれが 強 いこ とに 照 らせば 事 業 者 が 顧 客 の 信 頼 関 係 を 確 保 する 対 応 のあり 方 という 観 点 からすれば 少 なくとも 書 面 による 直 接 取 得 における 利 用 目 的 の 事 前 明 示 ( 法 18 条 2 項 )に 準 じた 取 り 扱 いが 望 まれる ヒヤリング 調 査 によれば 通 話 録 音 を 行 っていることの 告 知 方 法 としては 多 くの 業 者 が WEBサイト 上 に 録 音 する 旨 を 公 表 しているほか 事 業 者 によっては 取 扱 説 明 書 や パンフレット 等 に 録 音 する 旨 を 記 載 している 例 がある さらに 担 当 者 につながる 前 に 自 動 音 声 テープにより 録 音 する 旨 をアナウンスする 例 がある このうち お 客 様 相 談 室 に 電 話 をかけた 際 冒 頭 の 自 動 音 声 により 相 談 対 応 の 適 正 さ を 確 保 するため 通 話 内 容 を 録 音 します 旨 を 告 知 することが 法 18 条 2 項 の 事 前 明 示 の 趣 旨 にも 合 致 する これに 対 し WEBサイトに 個 人 情 報 取 扱 方 針 を 記 載 していても 多 くの 消 費 者 はこれを 読 んでいるとは 思 われないので 事 前 の 明 示 とは 評 価 できないであろ う そうすると 少 なくとも 顧 客 に 交 付 する 取 扱 説 明 書 や 契 約 書 面 やパンフレット 類 に 記 載 するお 客 様 相 談 室 の 電 話 番 号 の 直 近 に 相 談 対 応 の 適 正 さを 確 保 するため 通 話 内 容 を 録 音 します と 表 示 することが 求 められる 5) 本 事 案 への 適 用 本 事 案 は 相 談 者 からお 客 様 相 談 室 に 電 話 をかけた 際 冒 頭 に 通 話 内 容 を 録 音 します というメッセージが 流 れたというものであり この 点 の 対 応 は 適 切 である その 後 相 談 室 の 担 当 者 から 折 り 返 し 電 話 をした 際 この 点 の 説 明 がなかったことが 苦 情 となっているが 初 回 のメッセージによって 通 話 録 音 の 取 り 扱 いが 一 般 的 に 表 示 されて いることに 照 らし 担 当 者 から 電 話 をかけるときにも 毎 回 同 様 なメッセージを 加 えるべき であるとまでは 解 釈 できないと 思 われる (5) 通 話 録 音 データの 開 示 消 去 が 要 求 できるか 1) 通 話 録 音 データの 開 示 義 務 事 業 者 は 本 人 から 保 有 個 人 データの 開 示 を 求 められたときは 開 示 しなければならな い( 法 25 条 1 項 ) この 開 示 義 務 は 保 有 個 人 データに 該 当 する 場 合 であれば 原 則 としてすべてに 適 用 さ れる 規 定 であり 例 外 的 に 開 示 を 拒 否 できる 場 合 としては 1 本 人 又 は 第 三 者 の 生 命 身 体 財 産 その 他 の 権 利 利 益 を 侵 害 するおそれがある 場 合 2 当 該 事 業 者 の 業 務 の 適 正 な 実 施 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがある 場 合 3 他 の 法 令 に 違 反 することとなる 場 合 とされ ている( 法 25 条 1 項 但 書 ) このうち 業 務 の 適 正 な 実 施 に 著 しい 支 障 を 及 ぼす とは 開 示 することにより 営 業 上 の 秘 密 保 持 や 人 事 運 営 問 題 などに 著 しい 不 利 益 が 生 じる 場 合 が 典 型 である また 同 一 人 から 複 雑 な 対 応 を 要 する 開 示 請 求 が 繰 り 返 し 行 われることにより 開 示 対 応 窓 口 が 事 実 上 10

11 独 占 されて 他 の 問 い 合 わせ 業 務 に 著 しい 支 障 が 生 じるような 場 合 は 該 当 するが( 経 済 産 業 省 ガイドライン) 単 に 開 示 すべき 保 有 個 人 データの 量 が 多 いことのみではこれに 該 当 しな い( 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 金 融 庁 ) ) 本 件 録 音 データは お 客 様 相 談 室 に 寄 せられる 通 話 一 般 を 記 録 した 個 人 データであるか ら その 存 否 が 明 らかになることにより 違 法 不 当 な 行 為 を 助 長 誘 発 するおそれがある 情 報 ( 政 令 3 条 2 項 )に 当 たるとはいえない そうであれば 保 有 期 間 の 定 めにおいてま たは 実 際 の 保 有 状 態 において 6 ヶ 月 を 超 えて 保 有 しているものであれば 保 有 個 人 データ に 該 当 することとなり 開 示 請 求 の 対 象 となる 録 音 データの 開 示 については 録 音 機 器 の 中 から 通 話 の 日 付 氏 名 等 により 本 人 の 通 話 部 分 を 検 索 し 本 人 の 通 話 部 分 だけを 取 り 出 して 開 示 することは 業 務 に 著 しい 支 障 が 生 じる 事 態 は 想 定 できないので 開 示 義 務 を 負 うと 解 される 保 有 個 人 データに 該 当 しない 場 合 は 法 律 上 の 開 示 義 務 は 負 わないこととなる しかし 開 示 義 務 の 対 象 を 6 ヶ 月 を 超 える 保 有 データに 限 定 したのは 事 業 者 の 事 務 負 担 を 考 慮 し たものと 考 えられるところ 開 示 請 求 をした 時 点 で 現 にそのデータが 存 在 しており かつ 本 人 の 通 話 部 分 を 検 索 して 取 り 出 し 開 示 することが 容 易 な 場 合 であれば 事 業 者 の 顧 客 対 応 のあり 方 としては できるだけ 開 示 に 応 ずることが 望 ましいであろう ヒヤリング 調 査 によれば 本 人 確 認 書 類 等 を 含 む 開 示 請 求 手 続 を 踏 む 場 合 には 開 示 に 対 応 する 事 業 者 と 原 則 として 断 るという 事 業 者 とに 対 応 が 分 かれている なお 関 連 事 例 1や 事 例 2において 通 話 の 録 音 データが 存 在 しているのに それを 聞 かせて 欲 しいという 顧 客 の 要 求 に 対 し 事 業 者 が 拒 否 する 対 応 は それが 保 有 個 人 データに 該 当 する 場 合 には 基 本 的 に 開 示 義 務 に 違 反 するものと 考 えられる なお 事 業 者 が 本 人 の 開 示 請 求 を 拒 否 するときは 拒 否 の 理 由 を 説 明 するよう 努 めなければならない( 法 28 条 ) とされているので 拒 否 理 由 の 説 明 を 求 めることを 通 じて 開 示 すべきことを 再 度 説 得 す ることが 有 効 である 開 示 の 方 法 は 原 則 として 書 面 の 交 付 によるものとし 本 人 が 同 意 した 方 法 があるとき はその 方 法 とする( 法 25 条 1 項 政 令 6 条 )と 定 められている これは 原 則 としてある がままの 状 態 で 開 示 することが 望 ましいという 趣 旨 であり 文 字 情 報 の 場 合 は それが 記 載 されている 書 面 をコピーして 交 付 することが 原 則 となる 録 音 データの 場 合 文 字 に 反 訳 して 交 付 することは かえって 事 業 者 の 手 間 と 消 費 者 の 費 用 負 担 が 大 きくなることから 磁 気 テープ 又 はデジタル 録 音 をダビングして 交 付 するこ とが 原 則 的 な 取 り 扱 いとなろう 顧 客 が 録 音 を 再 生 して 聞 くことを 求 める 場 合 は より 簡 易 な 開 示 方 法 として 認 められる ヒヤリング 調 査 によれば 録 音 データの 開 示 例 が 未 だないようであるが ダビングして 交 付 することを 予 定 している 事 業 者 がある 11

12 2) 通 話 録 音 データの 消 去 義 務 事 業 者 は 保 有 個 人 データの 取 り 扱 いが 利 用 目 的 の 制 限 ( 法 16 条 ) 又 は 不 正 な 取 得 ( 法 17 条 )に 違 反 しているという 理 由 で 本 人 から 利 用 停 止 又 は 消 去 を 求 められたときは 違 反 を 是 正 するため これに 応 じなければならない( 法 27 条 ) 第 三 者 提 供 の 制 限 ( 法 23 条 ) に 違 反 している 場 合 は 第 三 者 提 供 の 停 止 義 務 を 負 う つまり 事 業 者 は 本 人 から 保 有 個 人 データの 消 去 請 求 があった 場 合 にすべて 応 じる 義 務 を 負 うのではなく 不 正 な 取 得 等 の 規 定 に 違 反 している 場 合 に 限 られる 本 件 録 音 データは 仮 に 保 有 個 人 データに 該 当 する 場 合 であっても 本 人 の 同 意 なく 通 話 を 録 音 する 行 為 は 基 本 的 に 法 17 条 違 反 とは 評 価 できないことから 消 去 に 応 じる 義 務 はないと 解 される また 法 は 保 有 個 人 データの 保 有 期 間 については 何 ら 定 めておらず 一 定 期 間 経 過 後 に 消 去 する 義 務 も 何 ら 定 めがない もっとも 保 有 個 人 データの 利 用 目 的 との 関 係 でみると 利 用 目 的 を 達 した 後 は もは や 保 有 しておく 必 要 性 はないはずであるし 安 全 管 理 の 面 でも 保 有 を 継 続 することの 危 険 性 のみが 伴 うし 目 的 外 利 用 の 可 能 性 を 疑 われるばかりである また 事 業 者 としては 利 用 目 的 をできる 限 り 特 定 しなければならず( 法 15 条 ) その 利 用 目 的 を 達 した 後 は 速 やか に 消 去 することが 事 業 者 の 対 応 のあり 方 として 望 ましいところである 本 件 録 音 データの 利 用 目 的 は 前 述 のとおり 相 談 業 務 の 適 正 さを 確 保 することなどが 想 定 されるが その 利 用 目 的 を 特 定 し 必 要 な 保 有 期 間 及 び 消 去 時 期 を 明 確 に 定 めておく ことが 望 まれるところである ヒヤリング 調 査 によれば 本 人 確 認 のうえで 消 去 請 求 にも 応 じるという 事 業 者 がある 一 方 で 多 くの 事 業 者 は 消 去 の 申 し 出 を 断 る 方 針 であるという 法 的 な 義 務 としては 消 去 に 応 じる 義 務 はないうえ 事 案 によっては 保 存 しておく 必 要 性 があるケースもあるであろう から 一 律 に 消 去 要 求 に 応 じることが 望 ましいとまでは 言 い 難 い したがって 消 去 要 求 については 案 件 に 応 じて 事 業 者 の 任 意 の 対 応 に 委 ねるほかないと 思 われる 3) 開 示 利 用 停 止 等 の 請 求 における 本 人 確 認 保 有 個 人 データの 開 示 利 用 停 止 等 の 請 求 を 受 けた 事 業 者 は その 個 人 情 報 を 誤 って 第 三 者 に 提 供 することにならないよう 本 人 確 認 資 料 の 提 示 を 求 めることできる( 法 29 条 2 項 ) このことは 個 人 データの 安 全 管 理 ( 法 20 条 )という 観 点 からみても 基 本 的 に 是 認 される 対 応 である ただし 開 示 の 手 続 が 本 人 に 過 重 な 負 担 とならないよう 配 慮 しなけ ればならないとされている( 法 29 条 4 項 ) 本 件 の 場 合 顧 客 が 電 話 で 録 音 データの 開 示 を 求 めたのであれば 電 話 のやり 取 りでは 本 人 の 確 認 ができないため 別 に 本 人 確 認 資 料 の 提 出 を 求 めることは 原 則 として 是 認 で きる これに 対 し 1 回 の 電 話 でのやり 取 りの 途 中 で 消 去 を 求 めたような 場 合 ( 原 則 として 消 去 に 応 じる 義 務 がないことは 前 述 のとおりであるが 消 去 に 応 じる 場 合 の 手 続 として 12

13 は) 本 人 からの 申 し 出 であることが 明 らかであるから 改 めて 本 人 確 認 資 料 の 提 出 を 求 め る 必 要 はないはずである なお 例 えば インターネット 取 引 において それまでは 会 員 番 号 やID 番 号 の 照 合 に より 処 理 していたのに 開 示 等 の 請 求 に 対 してだけ 突 然 過 剰 な 証 明 資 料 を 要 求 するような ケースを 考 えると 開 示 等 請 求 をことさら 困 難 にするような 過 剰 な 要 求 は 不 当 である( 法 29 条 4 項 ) むしろ 当 該 取 引 の 中 で 簡 便 な 本 人 確 認 方 法 があるのであれば その 方 法 でも 良 いと 考 えるべきである <title> 消 費 者 が 事 業 者 との 通 話 内 容 を 録 音 され 録 音 を 消 去 してほしいと 求 めたが 事 業 者 に 断 られたトラブル</title> 13

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

金融機関における個人情報保護に関するQ&A

金融機関における個人情報保護に関するQ&A 金 融 機 関 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するQ&A Ⅰ 総 論 ( 問 Ⅰ-1) 個 人 情 報 保 護 法 の 体 系 と 各 業 法 の 体 系 の 関 係 はどのようなものか 個 人 情 報 保 護 法 の 体 系 では 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 ) 及 び 同 法 施 行 令 金 融 分 野 における 個 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

ガイドライン(案)に対する修文案

ガイドライン(案)に対する修文案 不 動 産 業 における 個 人 情 報 保 護 のあり 方 に 関 する 研 究 会 報 告 ( 不 動 産 流 通 業 における 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 の 考 え 方 ) 平 成 1 7 年 1 月 ( 改 正 : 平 成 2 4 年 6 月 ) 目 次 1. はじめに 2 2. 論 点 一 覧 3 3. 論 点 とその 考 え 方 6 不 動 産 業 における 個 人 情 報

More information

1.ホームページ ホームページ( 全 体 )について (1) 代 理 店 が 作 成 運 営 管 理 しているホームページ ホームページがある がある 代 理 店 自 らのホームページを 開 設 ( 作 成 運 営 管 理 )している 関 連 会 社 等 のホームページ 内 に 代 理 店 に 関

1.ホームページ ホームページ( 全 体 )について (1) 代 理 店 が 作 成 運 営 管 理 しているホームページ ホームページがある がある 代 理 店 自 らのホームページを 開 設 ( 作 成 運 営 管 理 )している 関 連 会 社 等 のホームページ 内 に 代 理 店 に 関 損 害 保 険 代 理 店 作 成 のホームページ ホームページの 点 検 チェックリスト 記 入 要 領 1 はじめに 2013 年 6 月 7 日 に 取 りまとめられた 新 しい 保 険 商 品 サービス 及 び 募 集 ルールのあり 方 について ( 金 融 審 議 会 保 険 商 品 サービスの 提 供 等 の 在 り 方 に 関 するワーキンググループ 報 告 書 )において 保 険 募

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378> 平 成 27 年 12 月 平 成 26 年 改 正 保 険 業 法 (2 年 以 内 施 行 )に 関 するQ&A 本 Q&Aは 保 険 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 45 号 )に 基 づく 改 正 政 令 内 閣 府 令 および 保 険 会 社 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 以 下 監 督 指 針 )が 平 成 28 年 5

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報 事業者の皆さん その取り扱いで大丈夫 個人情報 こんな時 どうしたらいい?? 携帯電話を 落とした アンケートを とるときに 気をつけることは 個人情報って 取引先に 渡していいの これを読んで 考えよう!! 私の個人情報が 知らないうちに 使われているという 苦情が入った 本パンフレットは 事業者の皆さんに 個人情報保護法を遵守し 大切な個人情報を適切に活用するために 最低限知っていていただきたいことを

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft Word - 2 答申概要.doc

Microsoft Word - 2 答申概要.doc 情 報 公 開 審 査 会 答 申 の 概 要 答 申 第 658 号 ( 諮 問 第 1119 号 ) 名 陳 述 書 の 法 的 性 格 について 記 載 した 文 書 等 の 不 開 示 ( 不 存 在 ) 決 定 に 関 する 不 開 示 決 定 ( 平 成 23 年 5 月 2 日 ) 原 処 分 本 開 示 請 求 は 教 育 委 員 会 に 対 するもので 本 請 求 対 象 文 書

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方 1. 保 険 業 の 定 義 から 除 かれるもの 関 係 都 道 府 県 県 単 位 のPTA 連 合 会 が 設 立 した 互 助 会 による 共 済 についても 適 用 除 外 とすべき 各 団 体 が 構 成 員 のために 運 営 する 自 主 的 な 共 済 制 度 を 適 用 除 外 とすること 構 成 員 が 真 に 限 定 されているものについては 特 定 の 者 を 相 手 方 とする

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の 金 融 ニューズレター 2009 年 11 月 保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 はどのような 行 為 か( 保 険 募 集 の 定 義 ) 録 又 は 届 出 ( 以 下 これらの 資 格 を 総 称 して 保 険 募 集 人 資 格 といいます )が 必 要 ということになります 平 成 21 年 6 月 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 第 二 部 会 保 険 の

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

H28.4月_情報公開・個人情報保護の手引

H28.4月_情報公開・個人情報保護の手引 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 務 の 手 引 平 成 28 年 4 月 青 森 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 務 の 手 引 総 目 次 Ⅰ 青 森 県 情 報 公 開 条 例 の 解 釈 運 用 基 準 1 Ⅱ 青 森 県 個 人 情 報 保 護 条 例 の 解 釈 運 用 基 準 79 Ⅲ 青 森 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 条 例 の

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン)

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン) 平 成 24 年 5 月 税 理 士 法 人 の 手 引 日 本 税 理 士 会 連 合 会 目 次 一 はじめに 3 頁 二 税 理 士 法 人 制 度 の 意 義 4 1. 税 理 士 法 人 の 性 格 2. 税 理 士 法 人 の 人 的 構 成 3. 税 理 士 法 人 の 業 務 内 容 4. 税 理 士 法 人 の 業 務 執 行 5. 社 員 の 常 駐 6. 社 員 の 競 業 禁

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

< F31322D90528DB88AEE8F80955C8E DA8E9F >

< F31322D90528DB88AEE8F80955C8E DA8E9F > 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 に 基 づく 開 示 決 定 等 に 関 する 審 査 基 準 外 務 省 ( 平 成 13 年 4 月 制 定 ) ( 平 成 18 年 3 月 改 正 ) 目 次 Ⅰ. 情 報 公 開 法 第 五 条 本 文 ( 開 示 / 不 開 示 に 係 る 基 本 的 考 え 方 等 ) P.1 Ⅱ. 情 報 公 開 法 第 五

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information