PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社

2 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多 くの 家 屋 が 倒 壊 する 等 内 陸 地 震 特 有 の 被 害 が 発 生 しました その 後 震 度 6 強 を はじめとする 大 きな 余 震 が 頻 発 しましたが 次 第 にその 数 は 減 少 しつつあり ました ところが 4 月 16 日 1 時 25 分 にM7.3の 地 震 ( 本 震 )が 発 生 し その 余 震 を 含 む 被 害 は 熊 本 地 方 だけではなく 東 側 の 阿 蘇 地 方 大 分 県 にまで 拡 大 することとなりました 弊 社 では 地 震 翌 日 の4 月 15 日 朝 から 被 害 調 査 を 開 始 しました 現 在 も 調 査 を 継 続 中 ですが 被 害 の 実 態 を 知 っていただくため 速 報 の 形 で 公 表 するこ とと 致 しました 調 査 の 進 捗 に 伴 って 内 容 を 追 加 更 新 していく 予 定 です なお 速 報 に 付 したコメント 等 はあくまで 目 視 観 察 に 基 づく 定 性 的 なもので あり 事 実 と 相 違 する 場 合 もあります 最 後 になりましたが この 地 震 でお 亡 くなりになりました 皆 様 のご 冥 福 を お 祈 りするとともに 被 害 者 の 方 々が 一 刻 も 早 い 復 旧 復 興 の 道 を 歩 まれま すよう 祈 念 いたします

3 地 震 の 諸 元 および 各 地 の 震 度 2016 年 4 月 14 日 21 時 26 分 の 地 震 ( 前 震 ) 発 生 時 刻 :2016 年 4 月 14 日 21 時 26 分 地 震 のマグニチュード: 本 震 6.5( 暫 定 値 ) 最 大 余 震 6.4(4 月 15 日 0 時 3 分 ) 場 所 及 び 深 さ: 熊 本 県 熊 本 地 方 深 さ11km 発 震 機 構 : 南 北 方 向 に 張 力 軸 を 持 つ 横 ずれ 断 層 型 ( 速 報 ) 各 地 の 震 度 : 震 度 7 熊 本 県 益 城 町 震 度 6 弱 玉 名 市 西 原 村 宇 城 市 熊 本 市 気 象 庁 : 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 の 熊 本 県 熊 本 地 方 の 地 震 について( 第 3 報 )より 抜 粋

4 地 震 の 諸 元 および 各 地 の 震 度 2016 年 4 月 16 日 01 時 25 分 の 地 震 ( 本 震 ) 発 生 時 刻 :2016 年 4 月 16 日 01 時 25 分 地 震 のマグニチュード: 本 震 7.3( 暫 定 値 ) 最 大 余 震 5.9(4 月 16 日 1 時 45 分 ) 場 所 及 び 深 さ: 熊 本 県 熊 本 地 方 深 さ12km 発 震 機 構 : 北 西 - 南 東 方 向 に 張 力 軸 を 持 つ 横 ずれ 断 層 型 ( 速 報 ) 各 地 の 震 度 : 震 度 7 熊 本 県 益 城 町 西 原 村 震 度 6 強 南 阿 蘇 村 菊 池 市 宇 土 市 大 津 町 嘉 島 町 宇 城 市 合 志 市 熊 本 市 ( 中 央 区 東 区 西 区 ) 特 徴 : 地 震 のマグニチュードは1995 年 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 ) と 同 じで 九 州 内 陸 部 の 地 震 としては この100 年 で 最 大 規 模 である

5 震 央 分 布 図 気 象 庁 : 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について ( 第 28 報 ) より 抜 粋

6 震 度 分 布 図 4 月 14 日 21 時 26 分 (M6.5)の 地 震 ( 前 震 ) 4 月 16 日 1 時 25 分 (M7.3)の 地 震 ( 本 震 ) 防 災 科 学 技 術 研 究 所 HPより 抜 粋

7 地 震 を 起 こしたと 思 われる 活 断 層 断 層 帯 区 間 発 生 確 率 予 想 される 地 震 規 模 布 田 川 断 層 帯 布 田 川 0~0.9% 7.0 日 奈 久 断 層 帯 高 野 - 白 旗 不 明 日 の 震 央 (M7.3) 14 日 の 震 央 (M6.5)

8 熊 本 県 のその 周 辺 の 既 往 の 地 震 活 動 陸 域 の 浅 い 地 震 は 主 に 別 府 - 島 原 地 溝 帯 と その 周 辺 ( 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 に 沿 う 地 域 )で 発 生 しており 阿 蘇 山 周 辺 と 熊 本 市 周 辺 に 多 い 熊 本 県 に 被 害 を 及 ぼした 主 な 地 震 熊 本 県 周 辺 の 主 な 奈 被 害 地 震 (~1997) 地 震 調 査 研 究 本 部 地 震 調 査 委 員 会 編 : 日 本 の 地 震 活 動 - 被 害 地 震 から 見 た 地 域 別 の 特 長 -< 第 2 版 >

9 地 震 による 強 震 動 -4 月 14 日 21 時 26 分 の 地 震 ) 震 源 近 傍 の 益 城 観 測 点 (KMMH16)において 最 大 加 速 度 1580gal( 三 成 分 合 成 )が 記 録 された 波 形 は2~5Hz 程 度 の 周 波 数 が 卓 越 した 短 周 期 地 震 動 である 最 大 加 速 度 分 布 図 加 速 度 波 形 防 災 科 学 技 術 研 究 所 HPより 抜 粋

10 地 震 による 強 震 動 -4 月 16 日 01 時 25 分 の 地 震 ) 震 源 近 傍 の 益 城 観 測 点 (KMMH16)において 最 大 加 速 度 1362gal( 三 成 分 合 成 )が 記 録 された 波 形 は1.3~2.5Hz 程 度 の 周 波 数 が 卓 越 した 地 震 動 である 最 大 加 速 度 分 布 図 加 速 度 波 形 防 災 科 学 技 術 研 究 所 HPより 抜 粋

11 地 震 による 被 害 の 概 要 死 者 :60 人 ( 災 害 関 連 死 12 人 を 含 む) 重 傷 :279 人 軽 傷 :1,071 人 家 屋 倒 壊 : 全 壊 1,553 半 壊 1,460 一 部 損 壊 2,457) 火 災 :16 件 原 子 力 発 電 所 コンビナート 川 内 原 子 力 発 電 所 ( 鹿 児 島 県 ): 被 害 なし 玄 海 原 子 力 発 電 所 ( 佐 賀 県 ): 被 害 なし 八 代 地 区 コンビナート( 熊 本 県 ): 道 路 に 若 干 の 液 状 化 あるも 被 害 なし 大 分 地 区 コンビナート( 大 分 県 ):JXエネルギー 大 分 製 油 所 の 原 油 タンク (5 基 )の 浮 き 屋 根 に 油 のにじみあり 消 防 庁 : 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 36 報 4 月 24 日 7 時 40 分 )より

12 調 査 地 点 ルート

13 地 表 に 現 れた 断 層 (1) < 益 城 町 附 近 > 益 城 町 役 場 の 東 北 東 約 3kmの 地 点 において 断 層 と 思 われる 連 続 した 亀 裂 が 認 められた( 益 城 町 下 陳 )

14 地 表 に 現 れた 断 層 (2)< 益 城 町 附 近 > 写 真 1: 断 層 運 動 によ り 食 い 違 いが 生 じた 畦 道 変 位 量 はおよそ 30~40cm 程 度 である 写 真 2: 北 側 の 木 山 川 の 支 流 の 護 岸 に 現 れた 変 状 写 真 3: 道 路 (マミ コゥロード)を 斜 めに 横 断 する 断 層 写 真 4:ビニールハウ スの 下 を 断 層 が 横 断 し たため ハウスがやや 変 形 している

15 地 表 に 現 れた 断 層 (3)< 阿 蘇 市 >

16 河 川 堤 防 (1) 乙 女 橋 左 岸 の 法 面 崩 壊 ( 前 震 後 ) 木 山 川 左 岸 の 変 状 ( 本 震 後 ) 同 上 同 上

17 河 川 堤 防 (2) 加 勢 川 右 岸 の 法 面 崩 壊 ( 本 震 後 ) 緑 川 左 岸 18.6k 付 近 の 亀 裂 ( 前 震 後 ) 緑 川 右 岸 8k 付 近 の 噴 砂 ( 本 震 後 ) ( 本 震 後 ) 上 の 赤 丸 と 同 じ 位 置

18 河 川 堤 防 (3) 緑 川 右 岸 8.5k 付 近 天 端 の 亀 裂 と 沈 下

19 河 川 護 岸 (1) 河 川 ( 秋 津 川 支 流 )の 護 岸 の 崩 壊 ( 益 城 町 古 閑 )

20 河 川 護 岸 (2) 鏡 川 左 岸 ( 八 代 市 鏡 町 宝 出 )

21 道 路 盛 土 (1) 九 州 自 動 車 道 ( 益 城 町 福 富 )では 護 岸 の 崩 壊 に 伴 う 盛 土 および 遮 音 壁 の 被 害 が 発 生 した

22 1 道 路 盛 土 (2) 2 写 真 1 2: 県 道 298 号 ( 南 阿 蘇 村 下 野 )に おける 道 路 法 面 の 崩 壊 地 形 から 沢 部 を 横 断 す る 盛 土 と 見 られる 3 写 真 3: 県 道 298 号 ( 南 阿 蘇 村 河 陽 )にお ける 道 路 法 面 の 崩 壊

23 道 路 盛 土 (3) 1 2 写 真 1 2: 南 阿 蘇 村 河 陽 地 区 沢 津 野 におけ る 道 路 法 面 の 崩 壊 斜 面 の 腹 付 盛 土 の 崩 壊 と 思 われる

24 道 路 擁 壁 (1) 1 2 写 真 1: 県 道 298 号 ( 南 阿 蘇 村 下 野 )にお ける 道 路 擁 壁 の 倒 壊 写 真 2:ブロック 積 擁 壁 の 上 部 が 倒 壊 ( 県 道 299 号 南 阿 蘇 村 河 陽 )

25 橋 梁 (1) 大 小 河 川 関 わらず 市 内 の 多 くの 橋 梁 で 取 付 け 部 に 段 差 が 生 じ 通 行 止 めになっていた 緑 川 田 口 橋 取 付 け 部 の 段 差 秋 津 川 上 沼 山 津 橋 取 付 け 部 の 段 差

26 橋 梁 (2) 九 州 自 動 車 道 の 緑 川 PA 付 近 にある 府 領 第 1 跨 道 橋 ( 長 さ61m)が 倒 壊 した 跨 道 橋 は 鋼 製 の 支 柱 等 で 支 持 されていたが 地 震 動 で 支 柱 が 外 れて 橋 桁 が 落 下 したとみ られる

27 1 3 橋 梁 (3) 2 4 宇 土 市 境 目 町 のJR 鹿 児 島 線 と 九 州 新 幹 線 を 跨 ぐ 跨 線 橋 の 橋 脚 の 一 部 で 亀 裂 が 見 られ 路 面 が 若 干 沈 下 していた 写 真 1: 亀 裂 が 生 じた 橋 脚 写 真 2: 路 面 の 段 差 写 真 3 4: 橋 脚 の 亀 裂

28 1 3 橋 梁 (4) 2 4 八 代 市 の 鏡 川 に 架 かる 国 道 338 号 横 江 大 橋 で は 橋 脚 部 で 路 面 が 沈 下 していた( 写 真 2) 当 該 部 の 橋 脚 がやや 沈 下 傾 斜 しているのが 認 められた( 写 真 3) 橋 脚 は 護 岸 背 後 に 位 置 しており 基 礎 がやや 地 盤 にめり 込 んでいる ように 見 える( 写 真 4)

29 1 3 橋 梁 (5) 2 4 緑 川 に 架 かる 主 要 地 方 道 38 号 乙 女 橋 ( 甲 佐 町 )では 路 面 の 沈 下 と 橋 軸 直 交 方 向 の 移 動 が 見 られた( 写 真 2) 橋 脚 の 支 師 部 が 被 害 ( 写 真 3)を 受 け 橋 桁 が 直 交 方 向 に 移 動 し ているのが 認 められた ( 写 真 4)

30 1 3 橋 梁 (6) 2 4 緑 川 に 架 かる 国 道 239 号 田 口 橋 ( 甲 佐 町 )の 左 岸 では 伸 縮 継 手 が 浮 き 上 がっていた( 写 真 2 3) 左 岸 方 向 に 強 く 押 されたように 見 える 右 岸 では 橋 台 取 付 部 が 若 干 沈 下 していたが 伸 縮 継 手 の 異 常 は 認 め られなかった( 写 真 4 )

31 1 橋 梁 (7) 2 黒 川 に 架 かる 阿 蘇 長 陽 大 橋 ( 南 阿 蘇 村 立 野 ) では 橋 台 取 り 付 け 部 が 大 きく 沈 下 していた ( 写 真 1 2) 3 阿 蘇 長 陽 大 橋 に 直 交 する 様 な 形 で 国 道 325 号 線 の 南 阿 蘇 橋 があ るが 遠 景 からは 大 きな 被 害 は 見 られない( 写 真 3)

32 斜 面 崩 壊 地 すべり(1) 1 2 写 真 1 2: 県 道 299 号 ( 南 阿 蘇 村 河 陽 地 区 )の 沿 道 で 見 られた 大 規 模 な 地 すべり 3 写 真 3: 南 阿 蘇 村 立 野 における 大 規 模 斜 面 崩 壊 この 崩 壊 によ り 山 裾 を 通 る 国 道 57 号 とJR 豊 肥 本 線 が 埋 没 し 黒 川 に 架 けられ ていた 阿 蘇 大 橋 が 落 橋 した

33 斜 面 崩 壊 地 すべり(2) 南 阿 蘇 村 立 野 地 区 新 所 では 斜 面 崩 壊 による 土 砂 が 下 流 の 家 屋 を 襲 っ た( 写 真 1~3) 写 真 4は 最 下 流 部 の 家 屋 の 壁 に 残 った 泥 水 の 痕 跡 である

34 1 送 電 線 (1) 2 南 阿 蘇 村 立 野 の 黒 川 を 横 断 する 送 電 線 (66kv) の 鉄 塔 が 黒 川 沿 いの 斜 面 崩 壊 のため 傾 いた( 写 真 1 2) 3 4 送 電 鉄 塔 の 下 の 地 盤 は 斜 面 崩 壊 のため 崩 壊 線 に 平 行 な 地 割 れが 発 生 した すぐ 向 こうが 崩 壊 していると 思 われる ( 写 真 3 ) 崩 壊 線 と 平 行 に 背 後 地 盤 に 発 生 した 地 割 れ( 写 真 4 )

35 1 送 電 線 (2) 2 崩 壊 地 点 近 傍 にある 送 電 鉄 塔 が 倒 壊 のリスク があるため 仮 設 の 鉄 塔 の 建 設 による 復 旧 工 事 が 行 われている

36 建 築 物 宅 地 (1)

37 建 築 物 宅 地 (2)

38 建 築 物 宅 地 (3) 宇 土 市 役 所 庁 舎 の 被 害 レンガ 壁 車 庫 の 被 害 ( 宇 土 市 役 所 )

39 建 築 物 宅 地 (4) 病 院 1 階 ピロティ 柱 の せん 断 破 壊 ( 益 城 町 古 閑 ) 建 物 の 柱 のせん 断 破 壊 ( 熊 本 市 東 区 錦 ケ 丘 )

40 建 築 物 宅 地 (5) 5 階 建 てビルの1 階 が 潰 れて 倒 壊 の 恐 れがある ため 国 道 3 号 線 下 り 3 車 線 のうちの2 車 線 が 通 行 止 めになった ( 熊 本 市 東 区 西 原 )

41 建 築 物 宅 地 (6) 倒 壊 の 恐 れのある 店 舗 ( 熊 本 市 東 区 健 軍 健 軍 商 店 街 )

42 益 城 町 木 山 地 区 の 住 宅 の 倒 壊 (1) 益 城 町 中 心 部 の 木 山 地 区 の 東 西 約 300m 南 北 約 400mの 範 囲 で 家 屋 の 倒 壊 が 集 中 した 被 害 を 受 けたのは 南 北 方 向 の 小 さな 谷 の 西 側 斜 面 に 位 置 する 家 屋 群 である 写 真 の 被 害 家 屋 は 寺 迫 橋 北 側 の 斜 面 の 一 角 に 建 てられていたもの である

43 益 城 町 寺 迫 地 区 の 住 宅 の 倒 壊 (2) 厚 さ1m 程 度 の 盛 土 上 に 建 築 された 住 宅 で 一 見 被 害 がなさそうに 見 えるが 応 急 危 険 度 判 定 では 危 険 である ( 写 真 1) この 家 屋 は 若 干 右 に 傾 いており 木 材 で 支 えていた( 写 真 2) 盛 土 に 大 きな 開 口 が 生 じており( 写 真 3) すぐ 近 傍 の 護 岸 の 擁 壁 の 一 部 が 倒 壊 し 背 後 には 地 割 れが 生 じていた( 写 真 4)

44 益 城 町 寺 迫 地 区 の 住 宅 の 倒 壊 (3) 寺 迫 地 区 を 南 北 に 伸 び る 国 道 443 号 は 西 側 の 歩 道 部 の 擁 壁 が 大 きく 崩 れた( 写 真 1) 崩 壊 した 歩 道 部 の 西 側 斜 面 では 家 屋 が 集 中 的 に 倒 壊 していた( 写 真 2 3)

45 益 城 町 寺 迫 地 区 の 住 宅 の 倒 壊 (4) 1 2 寺 迫 地 区 にあった 神 社 や 寺 院 が 倒 壊 していた 写 真 2は 神 社 の 鳥 居 と 本 殿 の 倒 壊 写 真 4は 寺 院 の 本 殿 の 倒 壊 であ る 3 4

46 益 城 町 寺 迫 地 区 の 住 宅 の 倒 壊 (5) 1 2 古 い 家 屋 の 多 くが 倒 壊 した 中 で 新 しい 家 は 一 見 無 被 害 のよ うに 見 える( 写 真 2) 3

47 住 宅 の 盛 土 擁 壁 (1) 1 2 主 要 地 方 道 28 号 の 寺 迫 交 差 点 の 北 側 の 緩 斜 面 に 位 置 する 住 宅 地 は 新 しい 家 屋 が 多 く 完 全 に 倒 壊 した 家 屋 は 少 な いが 盛 土 崩 壊 が 目 立 った 3 写 真 3: 斜 面 沿 いのヒ ナ 壇 タイプの 住 宅 地 に おける 石 積 擁 壁 の 崩 壊 ( 南 阿 蘇 村 立 野 )

48 住 宅 の 盛 土 擁 壁 (2) 地 震 前 の 擁 壁

49 ブロック 塀 石 塀 (1)

50 液 状 化 (1) 3 階 建 て 建 物 の 沈 下 めり 込 み 建 物 の 傾 斜 同 上 1 階 床 の 亀 裂 と 噴 砂

51 液 状 化 (2) グランドの 噴 砂 ( 熊 本 市 西 区 飽 田 東 小 ) テニスコートと 隣 接 す る 畑 の 噴 砂 テニス コートと 隣 接 する 畑 に 同 じ 方 向 の 噴 砂 列 が 生 じている ( 熊 本 市 西 区 飽 田 中 )

52 液 状 化 (3) 下 水 道 マンホールの 浮 き 上 がり 付 近 には 噴 砂 は 見 当 たらなかった ( 嘉 島 町 上 島 ) 下 水 道 マンホールの 浮 き 上 がり 地 点 近 傍 のポンプ 場 の 地 盤 がや や 沈 下 していた( 嘉 島 町 上 島 )

53 その 他 1 写 真 1: 脱 線 した 電 車 ( 豊 肥 本 線 赤 水 駅 付 近 )

54 弊 社 熊 本 支 店 内 の 状 況 本 棚 が 転 倒 し 中 の 本 が 散 乱 して 足 の 踏 み 場 がない 状 況 でした

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 現 地 調 査 平 成 28 年 4 月 20 日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 (4 月 14 日 21 時 26 分 発 生 )の 翌 15 日 から 18 日 に 地 表 地 震 断 層 の 有 無 について 緊 急 調 査 を 実 施 した 阿 蘇 郡 西 原 村 から 上 益 城 郡 益 城 町 嘉 島 町 御

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の 6 年 熊 本 地 震 における 各 観 測 データについて 6.4.6 エス エー アイ 構 造 設 計 株 式 会 社. はじめに 6 年 4 月 に 熊 本 地 方 で 発 生 した 一 連 の 地 震 活 動 により 数 多 くの 方 々が 被 災 され 多 くの 尊 い 命 が 奪 われている また 建 物 の 倒 壊 崩 壊 により 避 難 生 活 を 強 いられる 方 々は 何 十 万

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

熊本地震電気通信施設被害調査報告

熊本地震電気通信施設被害調査報告 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団 電 気 通 信 施 設 被 害 調 査 報 告 ( 速 報 ) 調 査 期 間 : 平 成 28 年 4 月 26 日 ~28 日 一 般 社 団 法 人 建 設 電 気 技 術 協 会 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

【資料9】熊本県説明資料

【資料9】熊本県説明資料 資 料 9 避 難 所 となった 学 校 における 施 設 面 の 課 題 等 について 於 ) 熊 本 地 震 の 被 害 を 踏 まえた 学 校 施 設 の 整 備 に 関 する 検 討 会 2016.6.13 0 目 次 1 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 概 要 2 2 における 学 校 施 設 の 被 害 状 況 3 3 における 学 校 施 設 の 避 難 所 利 用 状 況 6

More information

Microsoft Word - 表紙(正)

Microsoft Word - 表紙(正) ( 社 内 技 術 資 料 ) 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 報 告 書 ( 速 報 版 1) 平 成 28 年 5 月 1. 地 震 の 概 要 1.1 地 震 の 概 要 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 気 象 庁 発 表 による 前 震 本 震 並 びに 余 震 の 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 概 要 を 以 下 に 示 す( 暫 定 値 を 含 む)

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\))

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\)) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 災 害 調 査 報 告 B1( ) 班 : 吉 田 信 之, 山 下 典 彦, 深 田 隆 弘 東 北 支 部 関 西 支 部 合 同 第 一 次 調 査 団 調 査 期 間 :2011 : 年 4 月 5 日 8 日 調 査 員 :(B1 : 班 : ) 吉 田 信 之 ( 神 戸 大 学 ), 山 下 典 彦 ( 神 戸 市 立 工 業 高 等 専 門 学

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震における千葉県内の液状化*流動化被害(第2報)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震における千葉県内の液状化*流動化被害(第2報) 平 成 23 年 (2011 年 ) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 千 葉 県 内 の 液 状 化 - 流 動 化 被 害 ( 第 2 報 ) 2011 年 4 月 4 日 作 成 環 境 研 究 センター 千 葉 県 環 境 研 究 センターでは 地 質 環 境 研 究 室 において 平 成 23 年 (2011 年 ) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 し

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

36

36 3.5 201606081330 28(2016)(M7.3) 16(2004)(M6.8) 200 100 20(2008)(M7.2) 7(1995)(M7.3) 2005(M7.0) 12(2000)(M7.3) 1997(M6.6) 0 0 10 20 30 40 50 60 35 36 平 成 28 年 4 月 15 日 15 時 30 分 時 点 緑 川 前 震 での 堤 体 の 被 害

More information

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx 地 震 解 説 資 料 第 2 0 号 平 成 28 年 10 日 11 時 00 分 福 岡 管 区 気 象 台 大 分 地 方 気 象 台 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について 大 分 県 中 部 では 強 い 揺 れを 伴 う 余 震 が 発 生 する 可 能 性 は 低 下 地 震 調 査 委 員 会 の 評 価 結 果 を 踏 まえた 留 意 事 項 現 在 も

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc 日 本 建 築 学 会 第 32 回 地 盤 震 動 シンポジウム 2005 年 1 月 2004 年 新 潟 県 中 越 地 震 地 盤 と 地 震 被 害 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake Sub-Surface Soil Condition and Earthquake Damage 久 田 嘉 章 Yoshiaki HISADA The damage of

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

ÿþ‘yö\¿−ûg

ÿþ‘yö\¿−ûg 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 福 島 県 南 部 地 域 の 木 造 建 築 物 の 被 害 調 査 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 被 害 調 査 福 島 県 南 中 部 域 在 来 木 軸 構 法 大 谷 石 土 蔵 1. はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 は 福 島 県 南 中 部 域 にも 甚 大

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074> 防 衛 施 設 建 設 工 事 と 総 合 評 価 落 札 方 式 について 平 成 23 年 7 月 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 施 設 計 画 課 1 Ⅰ 平 成 22 年 度 建 設 工 事 等 の 契 約 統 計 上 の 傾 向 Ⅱ 平 成 23 年 度 における 総 合 評 価 落 札 方 式 の 改 正 点 Ⅲ 平 成 23 年 度 における 調 達 部 長 支 局 長 顕 彰

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建 平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 1 石 積 埋 立 処 分 場 第 2 期 整 備 搬 入 道 路 改 良 測 量 設 計 業 務 土 木 設 計 黒 川 郡 富 谷 町 石 積 字 堀 田 6ケ 月 石 積 埋 立 処 分 場

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

スライド 1

スライド 1 リモートセンシングを 活 用 した 国 土 地 理 院 の 防 災 への 取 り 組 み 国 土 防 災 リモートセンシング 研 究 会 ワークショップ2014 2014 年 11 月 27 日 国 土 地 理 院 地 理 地 殻 活 動 研 究 センター 地 理 情 報 解 析 研 究 室 長 中 島 秀 敏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport

More information

安全報告書2014

安全報告書2014 JR 0 鮫 釜 厩 釜 釜 鮫 釜 釜 釜 釜 釜 4. 地 震 に 対 する 取 組 み これまで 当 社 では 阪 神 淡 路 大 震 災 三 陸 南 地 震 新 潟 県 中 越 地 震 等 を 教 訓 とし 次 の3 点 を 柱 として 地 震 対 策 を 進 めてきました 1 走 行 している 列 車 を 早 く 止 める 列 車 緊 急 停 止 対 策

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

„¤‰ƒŁñ“’010226.p65

„¤‰ƒŁñ“’010226.p65 研 究 論 文 2000 年 鳥 取 県 西 部 地 震 による 建 築 構 造 物 の 被 害 菊 池 健 児 *, 黒 木 正 幸 *, 田 中 圭 **, 工 藤 聡 *** Damage to Building Structures Caused by the Tottoriken-seibu Earthquake in 2000 Kenji KIKUCHI, Masayuki KUROKI,

More information

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神 平 成 27 年 1 月 5 日 ( 株 ) 昭 建 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 259 名 神 高 速 道 路 滋 賀 高 速 道 路 事 務 所 管 内 舗 装 補 修 工 事 滋 賀 県 東 近 江 市 尻 無 町 ~ 滋 賀 県 大 津 市 追 分 町 他 舗 装 工 事 本 工 事 は 車 線 規 制 内 で 行 う 切 削 オーバーレイ 工 による 舗 装 補 修 工 事 を 行

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

2. 地 震 と 地 震 被 害 の 概 要 2.1 2016 年 熊 本 地 震 の 概 要 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 11km でマグニチュード M6.5 の 地 震 が 発 生 し, 益 城 町 で 最 大 震 度 7を 観 測 した そ

2. 地 震 と 地 震 被 害 の 概 要 2.1 2016 年 熊 本 地 震 の 概 要 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 11km でマグニチュード M6.5 の 地 震 が 発 生 し, 益 城 町 で 最 大 震 度 7を 観 測 した そ 平 成 28 年 5 月 6 日 2016 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 速 報 長 谷 川 修 一 山 中 稔 野 々 村 敦 子 ( 香 川 大 学 工 学 部 ) 1. 調 査 の 概 要 1.1 調 査 目 的 2016 年 熊 本 地 震 から 今 後 の 地 震 防 災 減 災 対 策 に 対 する 新 たな 知 見 を 得 るため 1.2 調 査 期 間 : 平 成 28 年 4

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 15 日 18 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 ) (1) 発 生 日 時 平

More information

平成28年(2016年)熊本地震の評価

平成28年(2016年)熊本地震の評価 平 成 28 年 5 月 13 日 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 * の 評 価 [ 地 震 活 動 の 概 要 ] 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 約 10km でマグニチュード(M) 6.5 の 地 震 が 発 生 した また 4 月 16 日 01 時

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

<817997BC96CA88F38DFC A835F B C815B83588EC090D1955C5F E786477>

<817997BC96CA88F38DFC A835F B C815B83588EC090D1955C5F E786477> ダンパーブレース 採 用 実 績 表 No. 納 入 年 月 施 主 対 象 橋 梁 採 用 本 数 1 2003 年 12 月 広 島 県 2 2006 年 11 月 広 島 高 速 道 路 公 社 3 2007 年 3 月 愛 知 県 道 路 公 社 国 土 交 通 省 中 国 地 方 整 備 局 4 2007 年 4 月 岡 山 国 道 事 務 所 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備

More information

2007 3 (2) 震 源 要 素 ア. 本 震 2007 年 7 月 16 日 10 時 13 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 33.4'N 138 36.5'E 17km M6.8 イ. 最 大 余 震 2007 年 7 月 16 日 15 時 37 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 30.2'N 138 38.6'E 23km M5.8 (3) 緊 急 地 震 速 報 の 内 容

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E7396AF8D758DC0814592A3205B8CDD8AB78382815B83685D> 2 3 平 成 二 十 四 年 市 民 講 座 第 五 講 座 略 歴 日 本 人 が 一 番 怖 いもの 耐 震 構 造 への 理 解 を 深 めよう チョウ ケイヨウ 張 景 耀 Email: zhang@sda.nagoya-cu.ac.jp 名 古 屋 市 立 大 学 大 学 院 芸 術 工 学 研 究 科 所 属 : 名 古 屋 市 立 大 学 芸 術 工 学 部 建 築 都 市 デザイン

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770> 調 査 地 概 要 図 液 状 化 発 生 範 囲 及 びその 影 響 Kaiapoi 土 木 学 会 調 査 団 地 盤 工 学 会 調 査 団 清 田 隆 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 Kaiapoi 南 部 撮 影 : 安 田 教 授 東 京 電 気 大 学 Kaiapoi 北 部 2010 年 の 地 震 後 2010 年 の 地 震 後 川 の 南 側 にある 公 園 2010

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 9 第 3 章 地 震 津 波 の 特 性 第 1 節 本

More information

概要28.ec7

概要28.ec7 平 成 8 年 度 青 森 県 工 業 用 水 道 事 業 概 要 八 戸 工 業 用 水 道 管 理 事 務 所 039-03 八 戸 市 大 字 長 苗 代 字 窪 田 54 T EL 078-8-436 FAX 078-9-435 Email K_HACHI@pref.aomori.lg.jp 目 次. 青 森 県 工 業 用 水 道 事 業 概 要 図. 事 業 の 概 要 3. 組 織 及

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 :

地 震 1:818 年 関 東 諸 国 地 震 発 生 年 月 日 : 西 暦 年 月 日 818/--/-- 和 暦 元 号 弘 仁 9 年 7 月 -- 日 震 央 : 緯 度 ( 北 緯 ) 36.0~37.0 経 度 ( 東 経 ) 139.0~140.0 領 海 内 対 応 地 域 名 : 1. 想 定 地 震 に 係 る 歴 史 地 震 の 整 理 について 本 編 2.2~2.3 節 で 抽 出 した 各 想 定 地 震 と 対 比 される 歴 史 地 震 ( で 表 示 )を 含 む 埼 玉 県 に 被 害 をもたらした 以 下 の 地 震 について 概 要 及 び 埼 玉 県 内 の 震 度 分 布 につい て 個 別 に 整 理 した 地 震 1: 818 年 関 東 諸 国

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要 第 2 回 河 川 堤 防 耐 震 対 策 緊 急 検 討 委 員 会 資 料 44 現 状 の 耐 震 照 査 及 び 設 計 の 改 善 今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人 1. 日 本 全 体 の 人 口 の 推 移 と 大 都 市 過 疎 地 の 事 情 ( 図 1)に 示 すグラフは 2010 年 から 40 年 にかけてのわが 国 全 体 の 人 口 の 動 向 を 示 す 12000 10000 8000 2010 40 年 年 齢 階 級 別 人 口 推 移 0-64 歳 は 約 3000 万 人 減 少 6000 4000 2000 0 65-74 歳 は

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

九州地域の活断層の長期評価(第一版)

九州地域の活断層の長期評価(第一版) 九 州 地 域 の 活 断 層 の 長 期 評 価 ( 第 一 版 ) 平 成 2 5 年 2 月 1 日 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 九 州 地 域 として 評 価 の 対 象 とした 地 域 は 九 州 とその 近 隣 島 嶼 及 び 周 辺 海 域 からなる ここでは 九 州 地 域 における 活 断 層 で 発 生 する 地 震 について その 活 動

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1- 参 考 5 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 24 年 度 修 正 案 津 市 防 災 会 議 津 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 被 害 想 定... 1 2 災 害 の 記 録... 14 3 過 去 の 主 な 地 震 災 害... 22 4 津 市 で 震 度 4 以 上 あった 主 な 地 震... 27 5 避 難 所 指 定 一 覧...

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災 大 分 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 27 年 度 改 正 版 ) [ 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ] 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 26 年 4 月 改 正 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 正 ) 大 分 市 目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路

More information

熊 本 県 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 災 害 対 策 編 ) 平 成 26 年 度 修 正 熊 本 県 防 災 会 議 沿 革 平 成 9 年 6 月 3 日 作 成 平 成 14 年 5 月 16 日 修 正 平 成 19 年 5 月 23 日 修 正 平 成 10 年 5 月 19 日 修 正 平 成 15 年 5 月 19 日 修 正 平 成 20 年 5 月 27 日 修

More information

220831

220831 大 阪 府 道 路 公 社 中 期 経 営 計 画 平 成 28 年 度 ~30 年 度 平 成 28 年 3 月 大 阪 府 道 路 公 社 目 次 はじめに Ⅰ. 公 社 の 経 営 の 現 状 と 課 題 2 1. 路 線 の 概 要 2 2. 公 社 の 経 営 の 現 状 6 3. 公 社 の 経 営 の 課 題 9 Ⅱ. 公 社 の 経 営 改 善 に 向 けた 今 後 の 取 り 組

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

Microsoft Word - 04 熊本地震への対応

Microsoft Word - 04 熊本地震への対応 年 月 日 作 成 部 局 平 成 28 年 5 月 23 日 関 西 広 域 連 合 広 域 防 災 局 兵 庫 県 防 災 企 画 局 災 害 対 策 局 平 成 28 年 熊 本 地 震 への 対 応 1 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 支 援 チーム( 第 6 陣 )の 派 遣 益 城 町 に 対 し 支 援 チーム 第 6 陣 を 派 遣 する (1) 派 遣 期 間 5 月

More information

資料〔2・2・1〕  松山市防災会議条例

資料〔2・2・1〕  松山市防災会議条例 資 料 3 3 11 公 民 館 ( 分 館 ) 有 線 放 送 施 設 一 覧 表 網 掛 けの 分 館 有 線 放 送 設 備 は 松 山 市 管 理 外 ( 平 成 26 年 2 月 現 在 ) 施 設 名 ( 分 館 ) 所 在 地 施 設 名 ( 分 館 ) 所 在 地 菊 水 食 場 町 甲 163-1 高 井 高 井 町 1071 高 野 高 野 町 甲 60-2 南 土 居 南 土

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information