(3) ガス 設 備 (4) 給 排 水 衛 生 設 備 (5) 空 調 ( 冷 暖 房 換 気 ) 設 備 (6) 消 火 設 備 ( 火 災 報 知 器 スプリンクラー 等 ) (7) 排 煙 設 備 (8) 汚 物 処 理 設 備 (9) 煙 突 (10) 運 搬 設 備 ( 昇 降 機 エス

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) ガス 設 備 (4) 給 排 水 衛 生 設 備 (5) 空 調 ( 冷 暖 房 換 気 ) 設 備 (6) 消 火 設 備 ( 火 災 報 知 器 スプリンクラー 等 ) (7) 排 煙 設 備 (8) 汚 物 処 理 設 備 (9) 煙 突 (10) 運 搬 設 備 ( 昇 降 機 エス"

Transcription

1 用 地 補 償 非 木 造 建 物 調 査 積 算 要 領 平 成 27 年 7 月 1 日 制 定 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 要 領 は 大 阪 市 の 事 業 用 地 取 得 に 伴 う 損 失 補 償 基 準 細 則 ( 昭 和 38 年 12 月 16 日 決 裁 ) 第 12 第 1 項 (6)の 建 物 の 移 転 料 の 算 定 に 係 る 非 木 造 建 物 の 推 定 再 建 築 費 の 調 査 積 算 に 適 用 するものとする ( 用 語 の 定 義 ) 第 2 条 この 要 領 において 既 存 図 とは 調 査 対 象 建 物 の 建 築 確 認 申 請 通 知 書 の 設 計 図 請 負 契 約 書 の 添 付 設 計 図 完 成 時 の 竣 工 図 等 の 図 面 及 びその 他 の 法 令 の 定 めによっ て 作 成 された 図 面 をいう 2 この 要 領 において 不 可 視 部 分 とは 建 物 の 調 査 を 行 う 場 合 に 剥 離 及 び 破 壊 等 を 行 わなければ 容 易 に 調 査 できない 部 分 をいう 3 この 要 領 において 細 目 とは 非 木 造 建 物 工 事 内 訳 明 細 書 式 に 計 上 する 補 償 金 額 積 算 の 最 小 単 位 の 項 目 をいい 細 目 は 原 則 として 数 量 に 単 価 を 乗 じて 計 算 する 4 この 要 領 において 複 合 単 価 とは 材 料 労 務 機 械 損 料 等 複 数 の 原 価 要 素 を 含 んだ 細 目 の 単 価 をいう 5 この 要 領 において 合 成 単 価 とは 複 数 の 細 目 の 複 合 単 価 から 構 成 される 単 価 をいう ( 非 木 造 建 物 の 区 分 ) 第 3 条 調 査 算 定 に 当 たり 非 木 造 建 物 は 次 表 のとおり 区 分 する 建 物 区 分 判 断 基 準 柱 梁 等 の 主 要 な 構 造 部 が 木 材 以 外 の 材 料 により 建 築 され 非 木 造 建 物 Ⅰ ている 鉄 骨 造 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 コンクリートブロック 造 等 の 建 物 石 造 レンガ 造 及 びプレハブ 工 法 により 建 築 されている 鉄 非 木 造 建 物 Ⅱ 骨 系 又 はコンクリート 系 の 建 物 注 ) 建 築 設 備 及 び 建 物 附 随 工 作 物 (テラス ベランダ 等 建 物 と 一 体 として 施 工 され 建 物 の 効 用 に 寄 与 しているもの)は 建 物 の 調 査 に 含 めて 行 うものとし この 場 合 の 建 築 設 備 とは 建 物 と 一 体 となって 建 物 の 効 用 を 全 うするために 設 けられている または 建 物 の 構 造 と 密 接 不 可 分 な 関 係 におおむね 次 に 掲 げるものをいう (1) 電 気 設 備 ( 電 灯 設 備 動 力 設 備 受 変 電 設 備 (キュービクル 式 受 変 電 設 備 を 除 く ) ソーラーパネル 等 発 電 設 備 等 ) (2) 通 信 情 報 設 備 ( 電 話 設 備 電 気 時 計 放 送 設 備 インターホン 設 備 警 備 設 備 表 示 設 備 テレビジョン 共 同 受 信 設 備 等 ) 1

2 (3) ガス 設 備 (4) 給 排 水 衛 生 設 備 (5) 空 調 ( 冷 暖 房 換 気 ) 設 備 (6) 消 火 設 備 ( 火 災 報 知 器 スプリンクラー 等 ) (7) 排 煙 設 備 (8) 汚 物 処 理 設 備 (9) 煙 突 (10) 運 搬 設 備 ( 昇 降 機 エスカレーター 等 ただし 工 場 倉 庫 等 の 搬 送 設 備 を 除 く ) (11) 避 雷 針 ただし 借 家 人 等 の 建 物 所 有 者 と 異 なる 者 の 所 有 であり かつ 容 易 に 取 り 外 しが 行 えるような 場 合 は この 限 りでない 2 非 木 造 建 物 Ⅰ の 推 定 再 建 築 費 の 調 査 積 算 については 次 条 以 下 に 定 めるとこ ろによる 3 非 木 造 建 物 Ⅱ の 推 定 再 建 築 費 の 調 査 については 次 条 第 5 条 及 び 第 6 条 の 規 定 を 準 用 して 行 うほか 推 定 再 建 築 費 用 の 積 算 が 可 能 となるよう 行 うものとし 積 算 については 第 7 条 以 下 の 規 定 を 準 用 して 行 うものとする ( 調 査 ) 第 4 条 非 木 造 建 物 の 調 査 は 現 地 において 当 該 建 物 の 位 置 用 途 構 造 規 模 仕 様 規 格 経 過 年 数 管 理 状 況 等 建 築 費 が 算 出 できるようにするための 調 査 を 行 うもの とする ( 既 存 図 の 利 用 ) 第 5 条 前 条 の 調 査 を 行 うにあたっては 既 存 図 がある 場 合 はこれを 利 用 して 調 査 するこ とができるものとする ( 不 可 視 部 分 の 調 査 ) 第 6 条 不 可 視 部 分 の 調 査 については 既 存 図 を 利 用 して 調 査 を 行 うものとする ただし 当 該 不 可 視 部 分 の 数 量 を 別 に 定 める 統 計 数 量 により 計 算 する 場 合 には 当 該 不 可 視 部 分 の 調 査 は 不 要 とする 2 前 項 の 調 査 において 当 該 建 物 に 既 存 図 がない 場 合 又 は 当 該 建 物 と 既 存 図 の 間 に 相 違 があると 認 められる 場 合 においては 所 有 者 設 計 者 又 は 施 工 者 からの 聞 き 込 み 等 の 方 法 により 調 査 を 行 うものとする ( 構 造 計 算 ) 第 7 条 既 存 の 建 物 の 一 部 又 は 全 部 を 変 更 して 積 算 を 行 う 場 合 については 建 築 基 準 法 第 20 条 第 2 項 に 規 定 する 構 造 計 算 を 行 うものとする ただし 鉄 骨 造 りの 建 物 につ いては 建 物 の 構 造 が 軽 量 鉄 骨 造 りから 重 量 鉄 骨 造 りに 又 は 重 量 鉄 骨 造 りから 鉄 2

3 筋 コンクリート 造 に 変 更 になる 場 合 等 を 除 いて 構 造 計 算 は 不 要 とする ( 補 償 金 積 算 に 必 要 な 図 面 の 作 成 ) 第 8 条 補 償 金 を 積 算 する 場 合 の 図 面 は 別 添 1 非 木 造 建 物 図 面 作 成 基 準 に 基 づき 作 成 す るものとする ( 数 量 の 計 測 計 算 ) 第 9 条 細 目 の 数 量 は 原 則 として 当 該 建 物 の 作 成 図 面 に 基 づいて 計 測 計 算 するもの とする 計 測 計 算 方 法 等 は 別 添 2 非 木 造 建 物 数 量 計 測 基 準 によるものとする ( 内 訳 書 の 表 示 ) 第 10 条 積 算 結 果 を 表 示 する 内 訳 書 は 非 木 造 建 物 工 事 内 訳 明 細 書 式 によるものとする ( 積 算 単 価 等 ) 第 11 条 補 償 金 の 積 算 に 用 いる 単 価 は 次 の 各 号 に 定 めるものとする 一 補 償 標 準 単 価 表 ( 近 畿 地 区 用 対 連 損 失 補 償 標 準 書 )に 記 載 された 単 価 二 補 償 標 準 単 価 表 ( 近 畿 地 区 用 対 連 損 失 補 償 標 準 書 )に 記 載 されていない 項 目 の 単 価 については 建 設 物 価 (( 財 ) 建 設 物 価 調 査 会 発 行 ) 積 算 資 料 (( 財 ) 経 済 調 査 会 発 行 ) 又 はこれらと 同 等 であると 認 められる 公 刊 物 に 記 載 されている 単 価 及 び 専 門 業 者 の 資 料 単 価 ( 写 真 撮 影 等 ) 第 12 条 次 により 写 真 を 撮 影 し 所 有 者 ごとに 写 真 台 帳 を 作 成 するものとする 一 写 真 撮 影 ア 四 方 からの 外 部 及 び 屋 根 イ 各 室 ウ 造 作 建 築 設 備 及 び 建 物 附 随 工 作 物 二 写 真 台 帳 撮 影 の 位 置 方 向 及 び 写 真 番 号 を 記 載 した 建 物 の 配 置 図 及 び 平 面 図 を 添 付 し 撮 影 年 月 日 を 記 入 する 3

4 別 添 1 非 木 造 建 物 図 面 作 成 基 準 ( 趣 旨 ) 1 この 基 準 は 用 地 補 償 非 木 造 建 物 調 査 積 算 要 領 第 8 条 に 規 定 する 図 面 の 作 成 基 準 であ る ( 既 存 の 設 計 書 図 面 等 の 準 用 ) 2 補 償 対 象 となる 非 木 造 建 物 等 について 既 存 図 がある 場 合 は 現 地 調 査 において 当 該 建 物 と 照 合 を 行 ったうえでこれを 使 用 して 図 面 を 作 成 できるものとする ( 作 成 図 面 ) 3 作 成 する 図 面 の 種 類 縮 尺 及 び 記 載 事 項 等 は( 別 表 )に 掲 げるものを 標 準 とする ( 用 紙 及 び 図 面 ) 4 (1) 原 図 用 紙 は トレーシングペーパー 製 図 用 フィルム 等 の 青 焼 複 写 が 可 能 なもの とする (2) 図 面 の 大 きさは 原 則 として 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) 第 11 条 に より 制 定 された 日 本 工 業 規 格 ( 以 下 日 本 工 業 規 格 という )A 列 2 判 横 とし 中 2つ 折 りにして 製 本 するものとする (3) 各 図 面 には おおむね3cm 程 度 の 枠 を 設 けるものとする (4) 各 図 面 の 右 下 におおむね 縦 5cm 横 12cmの 標 題 欄 を 設 け 業 務 名 称 図 面 名 称 図 面 の 縮 尺 図 面 番 号 請 負 者 の 名 称 資 格 及 び 資 格 登 録 番 号 並 びに 作 成 者 氏 名 を 記 載 し 作 成 者 の 押 印 を 行 うものとする 標 題 欄 参 考 (5) 図 面 の 表 紙 には 作 成 年 度 業 務 名 称 作 成 年 月 計 画 機 関 の 名 称 及 び 作 業 機 関 の 名 称 を 記 載 するものとする 4

5 ( 文 字 ) 5 (1) 文 字 は 明 瞭 に 書 き 原 則 として 横 書 きとする (2) 漢 字 は 楷 書 述 語 のかなはひらがな 外 来 語 はかたかな 数 字 はアラビア 数 字 と する (3) 文 字 の 大 きさは 原 則 として 漢 字 は 3.0ミリメートル 以 上 アラビア 数 字 かな 及 びローマ 字 は 2.0ミリメートル 以 上 とする ( 図 の 配 置 ) 6 平 面 図 配 置 図 などは 原 則 として 図 面 の 上 方 が 北 の 方 位 となるよう 配 置 し 立 面 図 断 面 図 などは 原 則 として 上 下 方 向 を 図 面 の 上 下 に 合 わせる ( 縮 尺 及 びその 表 示 ) 7 (1) 尺 度 ( 現 寸 及 び 縮 尺 )は 原 則 として 次 の13 種 類 とし 表 示 もこれによる 1/1 1/10 1/100 1/2 1/20 1/200 1/250 1/30 1/300 1/5 1/50 1/500 1/600 (2) 尺 度 の 記 入 箇 所 は 表 題 欄 とする 同 一 図 面 に 異 なる 尺 度 を 用 いるときは 図 ごとに 表 題 欄 にはこれらの 主 な 尺 度 を 記 入 する ( 建 物 の 計 測 ) 8 (1) 建 物 の 調 査 において 長 さ 高 さ 等 の 計 測 単 位 は メートルを 基 本 とし 小 数 点 以 下 第 2 位 ( 小 数 点 以 下 第 3 位 四 捨 五 入 )までとする ただし 排 水 管 等 の 長 さ 等 で 小 数 点 以 下 第 2 位 の 計 測 が 困 難 なものは この 限 りでない (2) 面 積 に 係 る 計 測 は 原 則 として 柱 又 は 壁 の 中 心 間 で 行 うこととする (3) 建 物 等 の 構 造 材 仕 上 げ 材 等 の 厚 さ 幅 等 の 計 測 は 原 則 として ミリメートル を 単 位 とする ( 図 面 等 に 表 示 する 数 値 及 び 面 積 計 算 ) 9 (1) 調 査 図 面 に 表 示 する 数 値 は 8の 計 測 値 を 基 にミリメートル 単 位 で 記 入 するもの とする (2) 面 積 計 算 は 前 項 で 記 入 した 数 値 をメートル 単 位 により 小 数 点 以 下 第 4 位 まで 算 出 し それを 各 階 ごとに 累 計 し 小 数 点 以 下 第 2 位 ( 小 数 点 以 下 第 3 位 切 捨 て)ま での 数 値 を 求 めるものとする (3) 延 べ 床 面 積 は 前 項 で 算 出 した 各 階 別 の 小 数 点 以 下 第 2 位 までの 数 値 を 合 計 した 数 値 とするものとする 5

6 (4) 1 棟 の 建 物 が2 以 上 の 用 途 に 使 用 されているときは 用 途 別 の 面 積 を 前 2 項 の 定 めるところにより 算 出 するものとする ( 線 ) 10 (1) 線 は 原 則 として 次 の4 種 類 とする 実 線 破 線 点 線 鎖 線 なお 基 準 線 を 示 す 場 合 には 原 則 として 鎖 線 を 用 いる (2) 線 の 太 さは 原 則 として 0.2ミリメートル 以 上 とする (3) 線 間 隔 ( 中 心 距 離 )は 次 のとおりとする 1 平 行 線 の 場 合 は その 線 間 隔 を 線 の 太 さの3 倍 以 上 とする 2 密 集 する 交 差 線 の 場 合 は その 線 間 隔 を 線 の 太 さの4 倍 以 上 とする ( 寸 法 及 び 切 断 の 表 示 ) 11 (1) 寸 法 は 原 則 として 寸 法 線 にそって 横 書 きするものとする (2) 切 断 は 原 則 として 切 断 面 を 鎖 線 で 表 示 するものとする ( 角 度 及 びこう 配 の 表 示 ) 12 角 度 及 びこう 配 は 原 則 として 度 又 は 正 接 を 用 い 正 接 による 場 合 は 一 般 に 分 子 を 1とした 分 数 を 用 いてもよい ( 記 号 略 号 等 ) 13 図 面 に 記 載 する 記 号 略 号 等 については 原 則 として 日 本 工 業 規 格 の 図 記 号 による ( 別 表 ) 図 面 名 縮 尺 作 成 の 標 準 備 考 配 置 図 配 置 図 は 次 により 作 成 するものとする 一 建 物 等 の 所 有 者 ( 同 族 法 人 及 び 親 子 を 含 む )を 単 位 として 作 成 する 二 縮 尺 は 原 則 として 次 の 区 分 によ る (1) 建 物 庭 園 及 び 墳 墓 を 除 く 工 作 物 庭 木 等 を 除 く 立 竹 木 100 分 の 1 又 は 200 分 の 1 (2) 庭 園 墳 墓 庭 木 等 50 分 の 1 又 は 100 分 の 1 6

7 平 面 図 1/50~ 1/100 三 敷 地 境 界 線 及 び 方 位 を 明 確 に 記 入 す る 方 位 は 原 則 として 図 面 の 上 方 を 北 の 方 位 とし 図 面 右 上 部 に 記 入 す る 四 土 地 の 取 得 等 の 予 定 線 を 赤 色 の 実 線 で 記 入 する 五 建 物 工 作 物 及 び 立 竹 木 の 位 置 等 を 記 入 し 建 物 工 作 物 及 び 立 竹 木 ごと に 番 号 を 付 す ただし 工 作 物 及 び 立 竹 木 が 多 数 存 する 場 合 には これらの 配 置 図 を 各 々 作 成 することができる 六 図 面 中 に 次 の 事 項 を 記 入 する (1) 敷 地 面 積 (2) 用 途 地 域 (3) 建 ぺい 率 (4) 容 積 率 (5) 建 築 年 月 (6) 構 造 概 要 (7) 建 築 面 積 ( 一 階 の 床 面 積 をいう 以 下 同 じ ) (8) 建 物 延 べ 床 面 積 (1) 平 面 図 は 建 物 及 び 各 階 (R 階 を 含 む)ごとに 作 成 する (2) 建 物 の 方 位 は 原 則 として 図 面 の 上 方 を 北 の 方 位 とし 図 面 右 上 部 に 記 入 する (3) 建 物 の 面 積 計 算 に 必 要 な 部 分 及 び 借 家 人 の 占 有 面 積 店 舗 等 の 用 途 区 分 に 応 じて 主 要 間 仕 切 りに 寸 法 線 を 記 入 する (4) 建 物 の 面 積 計 算 は 各 階 の 床 面 積 ご とに 行 い 原 則 として 図 面 の 左 下 側 に 記 入 する (5) 変 形 建 物 等 で 通 常 の 面 積 計 算 によ り 算 出 が 困 難 な 場 合 には 当 該 部 分 の 三 斜 計 算 を 行 う (6) 店 舗 事 務 所 工 場 等 の 用 途 別 の 面 積 及 び 占 有 区 分 の 面 積 については 別 7

8 途 必 要 と 認 められる 部 分 のみの 計 算 を 行 う (7) 各 室 の 仕 上 げは 次 表 を 用 いて 表 示 する 室 名 壁 床 天 井 (8) 建 具 については その 位 置 を 表 示 す る ただし 別 に 建 具 表 ( 図 面 )を 作 成 することができる (9) 外 壁 仕 上 げは 特 に 必 要 な 場 合 はそ の 名 称 を 記 入 する (10) 当 該 建 物 に 用 地 取 得 等 の 予 定 線 が 掛 かる 場 合 は 赤 色 の 実 線 で 表 示 す る 構 造 詳 細 図 ( 断 面 図 ) 1/50 ~1/100 1 面 程 度 地 盤 (GL) 最 高 高 さ 軒 高 階 高 天 井 高 床 高 ( 杭 地 業 想 定 設 計 図 ) 1/20 ~1/100 杭 伏 図 杭 配 置 杭 種 杭 寸 法 ( 根 切 想 定 設 計 図 ) 1/20 ~1/100 1 根 切 平 面 図 2 根 切 断 面 図 ( 上 部 く 体 現 伏 1/20 柱 梁 床 版 壁 階 段 土 間 コンクリ 図 ) ~1/100 ート その 他 の 図 面 1 柱 梁 床 版 壁 伏 図 ( 配 置 ) 2 柱 梁 床 版 壁 断 面 図 ( 形 状 寸 法 ) 立 面 図 他 ( 立 面 図 ) 1/50 外 観 各 面 の 立 面 図 ~1/100 各 外 面 の 仕 上 開 口 部 の 位 置 ( 写 真 方 向 撮 影 1/50 建 物 平 面 図 等 に 写 真 方 向 を 記 載 する 図 ) ~1/100 ( 配 置 図 ) 1/100 1 敷 地 形 状 寸 法 隣 接 道 路 建 物 統 計 値 を 使 用 して 算 定 を 行 う 場 合 には 作 成 する 必 要 はない ( 数 量 計 測 基 準 Ⅲ 建 築 ( 土 工 )3 参 照 ) 土 間 コンクリートを 除 き 統 計 値 を 使 用 して 算 定 を 行 う 場 合 には 作 成 する 必 要 は ない( 数 量 計 測 基 準 Ⅴ 建 築 (く 体 ) 参 照 ) 8

9 ~1/250 施 設 等 2 当 該 建 物 等 の 位 置 寸 法 方 位 3 補 償 に 関 係 する 計 画 道 路 計 画 施 設 等 と 当 該 建 物 及 び 敷 地 との 関 係 その 他 調 査 書 ( 仕 上 表 ) 1 外 部 仕 上 表 ( 下 地 を 含 む) 屋 上 外 壁 外 部 天 井 外 部 階 段 庇 犬 走 り 等 場 所 別 に 表 示 2 内 部 仕 上 表 ( 下 地 を 含 む) 床 壁 幅 木 天 井 回 り 縁 内 部 階 段 造 付 建 具 機 器 類 等 各 階 各 室 別 に 表 示 ( 面 積 表 ) 1 敷 地 面 積 図 求 積 表 2 建 物 面 積 表 1) 建 築 面 積 2) 各 階 床 面 積 同 合 計 3) 延 べ 床 面 積 ( 建 具 表 ) 1 建 具 配 置 図 (キープラン) 2 建 具 表 建 具 番 号 建 具 の 名 称 材 質 姿 図 寸 法 箇 所 数 建 具 枠 ガラス 塗 装 建 具 金 物 開 口 部 としての 附 合 物 ( 面 格 子 額 縁 網 戸 ) 等 のうち 必 要 な 事 項 建 築 設 備 ( 電 気 設 備 ) 器 具 一 覧 表 器 具 配 置 図 1/50 ~1/100 受 変 電 設 備 図 1/50 ~1/100 幹 線 系 統 図 1/50 ~1/100 動 力 設 備 系 統 図 1/50 ~1/100 ( 給 排 水 衛 生 設 備 ) 器 具 一 覧 表 器 具 配 置 図 1/50 ~1/100 建 築 面 積 床 面 積 延 べ 床 面 積 は 建 築 基 準 法 上 の 名 称 測 量 の 成 果 を 利 用 可 能 な 場 合 1は 作 成 不 要 同 種 同 様 の 開 口 部 については 寸 法 等 の 表 示 のみによること ができる 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 9

10 消 火 設 備 系 統 図 1/50 ~1/100 汚 水 処 理 設 備 図 1/50 ~1/100 ( 空 気 調 和 設 備 ) 器 具 一 覧 表 器 具 配 置 図 1/50 ~1/100 ( 昇 降 設 備 ) 諸 元 表 (その 他 設 備 ) 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 建 物 平 面 図 を 利 用 し て 作 成 する 必 要 に 応 じて 作 成 す る ( 注 )その 他 積 算 に 必 要 となる 図 面 は 上 記 以 外 のものであっても 適 宜 作 成 するものとする 10

11 別 添 2 非 木 造 建 物 数 量 計 測 基 準 Ⅰ 総 則 1 この 基 準 は 用 地 補 償 非 木 造 建 物 調 査 積 算 要 領 第 9 条 に 規 定 する 工 事 数 量 の 計 測 及 び 計 算 等 の 基 準 である 2 数 量 を 求 める 対 象 は 推 定 再 建 築 費 計 算 書 において 数 量 の 表 示 されている 細 目 又 はこれに 準 ずる 細 目 を 標 準 とする 3 この 基 準 において 数 量 とは 原 則 として 設 計 数 量 ( 設 計 寸 法 に 基 づく 計 算 数 量 ) をいう ただし 計 画 数 量 ( 施 工 計 画 に 基 づく 数 量 ) 又 は 所 要 数 量 ( 市 場 寸 法 による 切 り 無 駄 及 び 施 工 上 のやむを 得 ない 損 耗 などを 含 む 予 測 数 量 )を 必 要 とする 場 合 は この 基 準 に 基 づいて 計 算 する 4 この 基 準 において 設 計 寸 法 とは 別 添 1 非 木 造 建 物 図 面 作 成 基 準 に 基 づいて 作 成 した 図 面 等 に 表 示 された 寸 法 及 び 表 示 された 寸 法 から 計 算 することのできる 寸 法 を いう また この 基 準 において 図 示 の 寸 法 とは 図 面 について 物 差 により 読 み 取 るこ とのできる 寸 法 を 含 むものとする 5 この 基 準 において 使 用 する 統 計 値 は( 別 表 )に 掲 げるものとする Ⅱ 建 築 ( 直 接 仮 設 ) 1 直 接 仮 設 の 数 量 は 図 面 により 仮 設 計 画 を 想 定 し 細 目 ごとに 計 画 数 量 を 算 出 する 算 出 方 法 は 次 を 標 準 とする (1) 水 盛 やり 方 建 物 の 建 築 面 積 とする (2) 墨 出 し 建 物 の 延 べ 面 積 とする (3) 現 寸 型 板 建 物 の 延 べ 面 積 とする (4) 外 部 足 場 1 足 場 面 積 とする 足 場 面 積 は 建 物 の 壁 芯 から1m 離 れた 部 分 の 水 平 延 長 に 建 物 の 外 壁 上 部 の 高 さを 乗 じた 面 積 とする なお 外 壁 の 高 さが 異 なる 場 合 の 外 壁 上 部 の 高 さは 平 均 高 とする 2 外 部 足 場 の 使 用 区 分 は 表 1を 標 準 とする ただし 立 地 条 件 等 を 考 慮 して 他 の 足 場 を 使 用 することができる 表 1 外 部 足 場 使 用 区 分 建 物 の 高 さ 建 物 の 階 数 区 分 4m 以 下 平 家 建 単 管 一 側 足 場 ( 布 板 ) 9m 以 下 2 階 建 単 管 一 側 足 場 (プラケット) 31m 以 下 3~8 階 建 単 管 本 足 場 45m 以 下 9~12 階 建 枠 組 本 足 場 11

12 (5) 登 り 桟 橋 掛 延 長 (m)とする 原 則 として3 階 建 以 上 の 建 物 で 必 要 のある 場 合 に 設 ける 登 り 桟 橋 の 勾 配 は 30 度 以 下 とする (6) 内 部 足 場 1 棚 足 場 の 数 量 は 足 場 の 平 面 面 積 ( 伏 m2)とする 2 脚 立 足 場 の 数 量 は 足 場 の 供 用 延 べ 床 面 積 とする 3 本 足 場 一 側 足 場 を 使 用 する 場 合 は (4) 外 部 足 場 に 準 ずる 4 内 部 足 場 の 使 用 区 分 は 表 2を 標 準 とする ただし 施 工 条 件 等 を 考 慮 して 他 の 足 場 を 使 用 することができる 表 2 内 部 足 場 使 用 区 分 項 目 条 件 区 分 く 体 階 高 4.0m 以 下 脚 立 足 場 階 高 4.0m 超 枠 組 足 場 仕 上 ( 天 井 ) 階 高 3.5m 以 下 脚 立 足 場 階 高 3.5 超 棚 足 場 仕 上 ( 壁 ) 階 高 3.5m 以 下 脚 立 足 場 階 高 3.5m 超 本 足 場 設 備 階 高 3.5m 以 下 脚 立 足 場 階 高 3.5 超 移 動 式 足 場 (7) 乗 入 構 台 構 台 の 平 面 面 積 により 算 出 する 市 街 地 又 は 地 下 室 のある 建 物 で 必 要 のある 場 合 に 設 ける (8) 災 害 防 止 1 枠 付 金 網 張 り ネット 張 り シート 張 り 水 平 ネット 張 り 朝 顔 などを 必 要 に 応 じて 計 上 する 2 数 量 の 算 出 は 垂 直 方 向 に 設 置 するものは 垂 直 掛 面 積 水 平 に 設 置 するものは 水 平 掛 面 積 朝 顔 は 設 置 延 長 により 算 出 する (9) 養 生 建 物 の 延 面 積 により 算 出 する (10) 清 掃 片 付 け 1 建 物 の 延 べ 面 積 により 算 出 し 工 事 期 間 中 毎 日 の 清 掃 片 付 け 整 理 整 頓 及 び 竣 工 時 の 清 掃 片 付 けなどの 費 用 を 計 算 する 2 ダストシュートを 設 置 する 場 合 は 箇 所 当 たりで 算 出 する Ⅲ 建 築 ( 土 工 ) 1 土 工 とは 根 切 埋 戻 盛 土 不 用 土 処 分 砂 利 敷 など 建 築 工 事 のための 土 の 処 理 並 びにこれらに 伴 う 山 止 排 水 などをいう 2 土 工 のうち 根 切 及 び 砂 利 敷 などは 別 表 統 計 数 量 表 により 算 出 する 3 根 切 数 量 が 統 計 数 値 によりがたい 場 合 ( 地 下 階 が2 階 以 上 又 は8 階 建 以 上 の 建 物 ) 並 びに 根 切 及 び 砂 利 敷 などを 除 く 他 の 細 目 の 数 量 は 次 による 12

13 (1) 土 工 の 計 測 計 算 は その 土 の 処 理 山 止 排 水 などについては 計 画 数 量 とする (2) 土 工 の 計 測 は 原 則 として 設 計 地 盤 を 基 準 線 (GL)とする ただし 現 地 盤 ( 敷 地 の 平 均 高 さ)が 設 計 地 盤 と 異 なるときは 現 地 盤 を 基 準 線 とすることができる (3) 土 の 処 理 による 土 砂 量 ( 以 下 土 量 という)の 増 加 又 は 突 き 固 めなどによる 土 量 の 減 少 はないものとする (4) 根 切 根 切 とは 基 礎 又 は 地 下 構 築 物 などのための 土 の 掘 削 をいい その 数 量 は 計 算 上 次 の 各 号 に 定 めるところにより 根 切 側 面 を 垂 直 とみなし その 根 切 面 積 と 根 切 深 さとによる 体 積 による 根 切 面 積 とは 原 則 として 基 礎 又 は 地 下 構 築 物 などの 底 面 の 設 計 寸 法 による 各 辺 の 左 右 に 余 幅 を 加 えて 計 算 した 面 積 をいう 根 切 深 さ とは 基 準 線 から 基 礎 又 は 地 下 構 築 物 の 底 面 までの 深 さに 捨 コン クリート 及 び 砂 利 敷 などの 厚 さを 加 えたものをいう ただし 地 下 構 築 物 などのた めの 総 掘 後 の 独 立 基 礎 布 基 礎 基 礎 梁 などのための 基 礎 根 切 については 総 掘 根 切 底 を 基 準 線 とみなす 1 余 幅 は 原 則 として 作 業 上 のゆとり 幅 に 根 切 側 面 の 崩 壊 にそなえるため 根 切 深 さに 土 質 と 根 切 深 さとに 応 ずる 係 数 を 乗 じた 法 幅 ( 基 準 線 における 根 切 のひろ がり)の 1/2 を 加 えた 幅 とする 作 業 場 のゆとり 幅 は 基 準 線 から 根 切 深 さ 2.0mまでは 0.3m 2.0mを 超 える ときは 0.6mを 標 準 とする 土 質 と 根 切 深 さとに 応 ずる 係 数 は 適 切 な 統 計 値 によるものとし 一 般 には 普 通 土 として 根 切 深 さ 5.0mまでは 0.3 を 5.0mを 超 えるときは 0.6 を 標 準 とする 必 要 あるときは 山 止 を 計 画 するものとし 山 止 を 設 ける 場 合 の 余 幅 は 1.0mを 標 準 とする 2 基 礎 梁 のための 根 切 の 長 さは 独 立 基 礎 のための 根 切 側 面 から 計 測 するものと し 交 叉 する 基 礎 梁 又 は 布 基 礎 のための 根 切 の 長 さは いずれか 一 方 の 根 切 側 面 から 計 測 する 3 基 礎 根 切 に 囲 まれて 残 存 することとなる 部 分 のいずれか 一 方 の 辺 の 長 さが 1.0 m 以 下 であるときは その 残 存 部 分 はないものとみなす 4 杭 の 余 長 による 根 切 量 の 減 少 はないものとみなす (5) 埋 戻 埋 戻 とは 根 切 と 基 礎 又 は 地 下 構 築 物 などとの 間 隙 の 土 又 は 砂 などによる 充 填 をいい その 数 量 は 根 切 数 量 から 基 準 線 以 下 の 基 礎 又 は 地 下 構 築 物 の 体 積 及 び 砂 利 敷 捨 コンクリートの 体 積 を 減 ずるものとする 余 盛 は 加 算 しないものとする 根 切 土 を 使 用 する 場 合 と 購 入 土 などを 使 用 する 場 合 などに 分 類 する (6) 盛 土 盛 土 とは 図 示 によって 土 又 は 砂 などを 盛 ることをいい その 数 量 は 盛 土 す べき 面 積 と 基 準 線 からの 平 均 厚 さとによる 体 積 とする 余 盛 は 加 算 しないものとす る 根 切 土 を 使 用 する 場 合 と 購 入 土 などを 使 用 する 場 合 などに 分 類 する 13

14 (7) 不 用 土 処 分 不 用 土 処 分 とは 当 該 建 築 工 事 について 不 用 となる 土 の 処 分 をいい その 数 量 は 選 択 した 工 法 により 根 切 の 数 量 から 埋 戻 及 び 盛 土 数 量 を 減 じた 数 量 とする (8) 山 止 1 山 止 とは 根 切 側 面 の 土 の 崩 壊 などを 防 御 するための 仮 設 備 をいい その 数 量 は 根 切 深 さを 高 さとする 山 止 高 さと 山 止 壁 周 長 とによる 山 止 壁 面 積 及 び 根 切 面 積 による 切 ばり 面 積 による 基 礎 根 切 などの 山 止 については それぞれの 山 止 高 さと 山 止 長 さによる 箇 所 を 数 量 とすることができる 2 山 止 壁 腹 起 し 切 ばりなど 山 止 用 機 材 類 の 数 量 を 求 める 必 要 があるときは 前 項 による 山 止 数 量 と 土 質 湧 水 量 などに 基 づいて 山 止 計 画 を 設 定 したうえ 計 測 計 算 する (9) 排 水 1 排 水 とは 工 事 中 の 湧 水 及 び 雨 水 の 排 除 をいい その 数 量 は 湧 水 量 及 び 降 雨 量 により 一 式 で 計 上 する 2 排 水 用 機 材 類 の 数 量 を 求 める 必 要 があるときは 前 項 による 排 水 の 数 量 と 土 質 などに 基 づいて 排 水 計 画 を 設 定 したうえで 計 測 計 算 する Ⅳ 建 築 ( 地 業 ) 1 杭 地 業 とは 既 製 杭 場 所 打 コンクリート 杭 など 独 立 基 礎 布 基 礎 又 は 底 盤 など 建 築 物 の 底 面 に 接 続 して 建 築 物 を 支 持 する 部 分 をいう 2 杭 地 業 の 数 量 は 次 により 算 出 するものとする (1) 杭 地 業 の 計 測 は 図 面 による (2) 既 製 杭 の 数 量 は 材 種 形 状 寸 法 工 法 などにより 区 分 し 杭 の 本 数 による (3) 場 所 打 コンクリート 杭 の 数 量 は 材 種 形 状 寸 法 工 法 などにより 区 分 し 原 則 として 箇 所 数 による (4) 杭 間 さらえ 又 は 杭 頭 の 処 理 などの 数 量 を 求 める 必 要 があるときは 杭 打 ち 部 分 の 面 積 又 は 杭 の 本 数 による Ⅴ 建 築 (く 体 ) 1 コンクリート (1) コンクリートは 積 算 上 捨 コンクリート 土 間 コンクリート く 体 コンクリート に 区 分 し 土 間 コンクリートを 除 く 各 部 分 の 数 量 は 別 表 統 計 数 量 表 により 算 出 す る 1 く 体 コンクリートは 必 要 に 応 じて 基 礎 く 体 と 上 部 く 体 とに 区 分 することがで きる 壁 式 構 造 の 場 合 も 本 基 準 に 準 ずる 2 基 礎 部 分 には 基 礎 柱 基 礎 梁 を 含 むものとする 3 コンクリートは 必 要 に 応 じて 捨 コンクリート 無 筋 コンクリート 鉄 筋 コン クリート 軽 量 コンクリートなどの 調 合 強 度 材 料 などにより 区 分 する (2) 土 間 コンクリートを 設 計 寸 法 により 計 測 計 算 する 場 合 には 次 に 定 めるところ による 14

15 鉄 筋 及 び 小 口 径 管 類 ( 一 般 的 な 設 備 配 管 )によるコンクリートの 欠 除 はないもの とみなす 2 型 枠 (1) 型 枠 の 数 量 は 別 表 統 計 数 量 表 により 算 出 する (2) 型 枠 の 数 量 は 普 通 型 枠 打 放 し 型 枠 曲 面 型 枠 及 びラーメン 構 造 壁 式 構 造 な ど 材 料 工 法 コンクリート 打 設 面 などにより 区 分 して 計 算 する 3 鉄 筋 (1) 鉄 筋 の 数 量 は 別 表 統 計 数 量 表 により 算 出 する (2) 鉄 筋 の 数 量 は ラーメン 構 造 壁 式 構 造 に 区 分 して 計 算 する 4 鉄 骨 (1) 鉄 骨 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす (2) ボルト 類 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす (3) 工 場 塗 装 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす (4) 工 場 加 工 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす (5) 現 場 溶 接 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす (6) 現 場 建 方 の 数 量 は 算 出 した 鋼 材 の 数 量 を 計 上 し 鋼 材 重 量 (t)で 表 わす Ⅵ 建 築 ( 仕 上 ) 1 間 仕 切 下 地 間 仕 切 下 地 とは く 体 に 附 合 する 壁 の 骨 組 下 地 をいい 下 地 ( 板 ) 類 は 含 まな いものとする 間 仕 切 下 地 は 仕 上 の 計 測 においてく 体 とみなし 準 く 体 という (1) 間 仕 切 下 地 の 計 測 計 算 1 間 仕 切 下 地 はその 主 な 材 種 別 に 材 質 形 状 寸 法 工 法 などにより 区 別 する 主 な 材 種 別 はおおむね 工 事 内 訳 明 細 書 における 科 目 の 材 料 名 による 2 間 仕 切 下 地 の 数 量 は 原 則 としてく 体 又 は 準 く 体 の 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 に よる 面 積 から 建 具 類 の 内 法 寸 法 など 開 口 部 の 面 積 を 差 し 引 いた 面 積 とする ただし 開 口 部 の 内 法 面 積 が1 箇 所 当 たり 0.5 m2 以 下 のときは 差 し 引 かない 3 間 仕 切 下 地 の 開 口 部 のための 補 強 は 原 則 として 計 測 の 対 象 としない (2) 間 仕 切 下 地 の 材 種 による 特 則 材 種 による 間 仕 切 下 地 の 計 測 の 特 則 は 以 下 に 定 めるところによる 1 コンクリート 材 材 料 としてコンクリート 型 枠 鉄 筋 の 数 量 を 求 める 必 要 があるときは それ ぞれⅤ 建 築 (く 体 )の1 2 3の 定 めによる 2 既 製 コンクリート 材 ALC 版 PC 版 PS 版 などによる 間 仕 切 下 地 は 図 示 による 枚 数 面 積 又 は 体 積 を 数 量 とすることができる 3 木 材 木 材 による 間 仕 切 下 地 について 材 料 としての 木 材 の 所 要 数 量 を 求 める 必 要 が あるときは 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 長 さをm 単 位 に 切 り 上 げた 長 さと 15

16 図 示 の 断 面 積 とによる 体 積 に5%の 割 増 をした 体 積 とする ただし 長 さの 短 い ものについては 切 り 使 いを 考 慮 するものとする 4 金 属 材 軽 量 鉄 骨 などの 間 仕 切 下 地 で 金 属 材 の 胴 縁 を 伴 うときは 胴 縁 を 含 めた 数 量 と することができる 2 仕 上 仕 上 とは く 体 又 は 準 く 体 の 保 護 意 匠 装 飾 その 他 の 目 的 による 材 料 製 品 器 具 類 などの 附 合 又 はく 体 の 表 面 の 加 工 などをいう ただし 建 築 設 備 に 属 するもの を 除 く (1) 仕 上 の 区 分 1 外 部 仕 上 と 内 部 仕 上 仕 上 は 積 算 上 建 築 物 の 内 外 を 遮 断 する 面 を 基 準 とし 外 部 仕 上 と 内 部 仕 上 に 大 別 する ただし 内 外 を 遮 断 する 開 口 部 としての 建 具 類 は 外 部 仕 上 に 属 するものとする 2 外 部 仕 上 外 部 仕 上 は 原 則 として 屋 上 各 側 面 外 部 階 段 玄 関 ピロティー バルコ ニーなどごとに 以 下 に 定 めるところにより 屋 根 外 部 床 外 壁 外 部 開 口 部 外 部 天 井 の 部 分 に 区 分 する これらの 部 分 に 区 分 することが 適 当 でないもの 又 は 区 分 することができないものは 外 部 雑 とする ア 屋 根 外 部 床 屋 根 外 部 床 とは 建 築 物 外 部 の 上 面 又 は 見 下 ろし 面 をいう 床 段 違 い の 側 面 階 段 蹴 上 げなどは 床 に 属 するものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する イ 外 壁 外 壁 とは 建 築 物 外 部 の 側 面 をいい 開 口 部 を 除 く 独 立 柱 壁 付 柱 壁 付 梁 開 口 部 周 囲 の 見 込 パラペット 笠 木 手 摺 り 笠 木 などは 外 壁 に 属 する ものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する ウ 外 部 開 口 部 外 部 開 口 部 とは 建 具 類 (シャッター エアカーテンなどを 含 む 以 下 同 じ ) 及 び 各 部 分 の 開 口 部 枠 類 をいう 建 具 類 の 枠 額 縁 窓 台 靴 摺 などは 開 口 部 に 属 するものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する エ 外 部 天 井 外 部 天 井 とは 建 築 物 外 部 の 見 上 面 をいう 天 井 付 梁 天 井 段 違 い 側 面 庇 の 小 端 などは 天 井 に 属 するものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する オ 外 部 雑 外 部 雑 は 各 部 分 に 附 合 する 製 品 器 具 類 などを 必 要 によって 区 分 する 場 合 及 びルーフドレイン 樋 類 煙 突 などア~エの 部 分 に 区 分 することが 適 当 でな いもの 又 は 区 分 することができないものを 総 称 する 区 分 で 原 則 としてそれぞ れ 適 当 な 名 称 を 付 して 区 別 する 16

17 3 内 部 仕 上 内 部 仕 上 とは 原 則 として 各 階 各 室 内 部 階 段 などごとに いかに 定 め るところにより 内 壁 内 部 開 口 部 内 部 天 井 内 部 床 の 部 分 に 区 分 する これら の 部 分 に 区 分 することが 適 当 でないもの 又 は 区 分 することができないものは 内 部 雑 とする ア 内 部 床 内 部 床 とは 建 築 物 内 部 の 見 下 ろし 面 をいう 床 段 違 い 側 面 階 段 蹴 上 げなどは 床 に 属 するものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する イ 内 壁 内 壁 とは 建 築 物 内 部 の 側 面 をいい 開 口 部 を 除 く 独 立 柱 壁 付 柱 壁 付 梁 幅 木 開 口 部 周 辺 の 見 込 階 段 ささら 桁 手 摺 笠 木 などは 壁 に 属 す るものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する ウ 内 部 開 口 部 内 部 開 口 部 とは 建 築 物 内 部 の 建 具 類 及 び 開 口 部 枠 類 などをいう 建 具 類 の 枠 額 縁 膳 板 靴 摺 などは 内 部 開 口 部 に 属 するものとし 必 要 あるとき はそれぞれ 区 別 する エ 内 部 天 井 内 部 天 井 とは 建 築 物 内 部 の 見 上 げ 面 をいう 独 立 柱 天 井 段 違 い 側 面 回 縁 などは 天 井 に 属 するものとし 必 要 あるときはそれぞれ 区 別 する オ 内 部 雑 内 部 雑 は 各 部 分 ごとに 附 合 する 製 品 器 具 類 などを 必 要 によって 区 分 する 場 合 及 びスクリーン 家 具 類 仕 上 ユニット 製 品 などア~エの 各 部 分 に 区 分 す ることが 適 当 でないもの 又 は 区 分 することができないものを 総 称 する 区 分 で 原 則 としてそれぞれ 適 当 な 名 称 を 付 して 区 別 する (2) 仕 上 の 計 測 計 算 1 共 通 事 項 ア 各 部 分 の 計 測 仕 上 計 測 の 定 めは 原 則 として 外 部 内 部 又 は 壁 開 口 部 天 井 床 雑 の 各 部 分 について 共 通 とする イ 計 測 上 の 区 別 仕 上 は その 主 な 材 種 別 に 材 質 形 状 寸 法 工 法 などにより 区 別 する 主 な 材 種 別 は おおむね 工 事 内 訳 明 細 書 における 科 目 の 材 料 名 による ウ 仕 上 の 構 成 仕 上 の 構 成 は 表 面 処 理 主 仕 上 仕 上 下 地 及 び 附 合 物 よりなるものとする (ア) 表 面 処 理 とは 仕 上 表 面 の 保 護 又 は 意 匠 装 飾 などのための 塗 装 吹 付 などをいう (イ) 主 仕 上 とは 表 面 処 理 を 除 く 仕 上 表 面 層 をいう (ウ) 仕 上 下 地 とは 主 仕 上 とく 体 又 は 準 く 体 との 中 間 層 をいい 鉄 骨 下 地 下 地 ( 板 ) 類 などに 区 別 する (エ) 附 合 物 とは 仕 上 の 保 護 又 は 意 匠 装 飾 などのために 主 として 主 仕 上 17

18 に 附 合 する 材 料 製 品 器 具 などをいう エ 仕 上 計 測 の 対 象 仕 上 は 原 則 として 表 面 処 理 主 仕 上 附 合 物 仕 上 下 地 などの 組 合 せによ り 区 分 し その 計 測 の 対 象 は 主 仕 上 とする 表 面 処 理 主 仕 上 附 合 物 仕 上 下 地 の 複 合 物 としての 建 具 類 カーテンウォール その 他 の 仕 上 ユニットにつ いてもその 主 仕 上 を 計 測 の 対 象 とする オ 表 面 処 理 附 合 物 仕 上 下 地 の 計 測 表 面 処 理 附 合 物 又 は 仕 上 下 地 について 計 測 する 必 要 があるときは 原 則 と して 主 仕 上 の 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 を 設 計 寸 法 とする 2 主 仕 上 の 計 測 計 算 ア 原 則 (ア) 主 仕 上 の 数 量 は 原 則 としてく 体 又 は 準 く 体 の 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 から 建 具 類 など 開 口 部 の 内 法 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 を 差 し 引 いた 面 積 とする ただし 開 口 部 などの 面 積 が 0.5 m2 以 下 のときは 開 口 部 等 による 主 仕 上 の 欠 除 はないものとみなす (イ) (ア)の 定 めにかかわらず 天 井 高 は 図 示 の 寸 法 を 設 計 寸 法 とする (ウ) (ア)の 定 めにかかわらず 主 仕 上 の 表 面 からく 体 又 は 準 く 体 の 表 面 まで の 仕 上 代 が 0.05mを 超 えるときは 原 則 としてその 主 仕 上 の 表 面 の 寸 法 を 設 計 寸 法 とする イ 附 合 物 などの 計 測 附 合 物 などについて 計 測 する 必 要 があるときは 原 則 として 主 仕 上 の 設 計 寸 法 又 は 図 示 に 基 づく 長 さ 面 積 又 は 箇 所 数 を 数 量 とする ウ 仕 上 ユニットの 計 測 建 具 類 カーテンウォール その 他 の 仕 上 げユニットの 数 量 は その 内 法 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 個 数 又 は 箇 所 数 による エ 特 殊 材 料 などの 計 測 一 般 に 用 いられない 材 料 特 に 高 価 な 材 料 による 場 合 又 は 特 殊 な 加 工 を 要 す る 場 合 など 前 各 号 の 定 めによらないときはその 旨 明 記 する (3) 仕 上 の 材 種 による 特 則 材 種 による 主 仕 上 上 計 測 の 特 則 及 び 附 合 物 又 は 表 面 処 理 について 計 測 する 必 要 が あるときの 特 則 は 以 下 のア 項 に 定 めるところにより 仕 上 下 地 について 計 測 する 必 要 があるとき 又 は 仕 上 下 地 を 区 別 して 鉄 骨 下 地 下 地 ( 板 ) 類 防 水 層 等 につい て 計 測 する 必 要 があるときの 特 則 は 以 下 のイ 項 に 定 めるところによる 1 コンクリート 材 ア 打 放 し 仕 上 コンクリート 面 のはつり 目 荒 し 加 工 などについて 計 測 する 必 要 があるときは そのコンクリート 面 の 面 積 を 数 量 とする イ 防 水 押 え 各 種 コンクリートについて 計 測 する 必 要 があるときは その 平 均 厚 さと 設 計 寸 法 に 基 づく 面 積 はこれらによる 体 積 を 数 量 とする ウ 防 水 押 えコンクリートの 補 強 メッシュなどについて 計 測 する 必 要 があるとき 18

19 は 防 水 押 えコンクリートの 面 積 を 数 量 とする 2 既 製 コンクリート ア ALC 版 PC 版 PS 版 などによる 仕 上 又 は 仕 上 下 地 の 数 量 は 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 枚 数 面 積 又 は 体 積 によることができる イ 防 水 立 上 り 部 の 押 えブロック レンガなどの 組 積 材 について 計 測 する 必 要 が あるときは 設 計 寸 法 又 は 図 示 に 基 づく 長 さ 又 は 面 積 を 数 量 とする 3 防 水 材 ア(ア) 防 水 材 による 主 仕 上 及 び 仕 上 下 地 の 計 測 の 特 則 は 原 則 として 共 通 する (イ) 防 水 層 などの 数 量 は 原 則 としてく 体 又 は 準 く 体 の 設 計 寸 法 又 は 図 示 に よる 面 積 とする (ウ) 立 上 り 防 水 層 などの 数 量 は その 立 上 り 寸 法 に 基 づく 長 さ 又 はこれらに よる 面 積 による (エ) 伸 縮 目 地 開 口 部 などのコーキング 防 水 などについて 計 測 する 必 要 があ るときは 図 示 の 長 さ 開 口 部 などの 内 法 寸 法 に 基 づく 周 長 を 数 量 とする 4 石 材 ア(ア) 天 然 石 人 造 石 など 石 材 による 主 仕 上 の 計 測 に 当 たっては 2(2)2ア 原 則 の 定 めにかかわらず その 主 仕 上 の 表 面 の 寸 法 を 設 計 寸 法 とする 面 積 から 建 具 類 など 開 口 部 の 内 法 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 を 差 し 引 いた 面 積 とする ただし 開 口 部 などの 面 積 が 0.1 m2 以 下 のときは 開 口 部 等 による 主 仕 上 の 欠 除 はないものとみなす (イ) 石 材 による 主 仕 上 の 役 物 類 の 処 理 については 図 示 の 寸 法 による 長 さ 又 は 箇 所 数 を 数 量 とすることができる 石 材 による 主 仕 上 の 数 量 は 設 計 寸 法 又 は 図 示 による 体 積 又 は 個 数 によ ることができる 石 材 による 主 仕 上 の 取 付 金 物 裏 込 材 目 地 仕 上 などについて 計 測 する 必 要 があるときは 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 に 基 づく 長 さ 又 は 個 数 を 数 量 とする 5 タイル 材 ア(ア) 陶 磁 器 タイル 材 による 主 仕 上 の 役 物 類 の 処 理 については 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 長 さ 又 は 箇 所 数 を 役 物 類 の 数 量 とする (イ) タイル 材 による 主 仕 上 の 取 付 金 物 モルタル 目 地 仕 上 などは 主 仕 上 の 構 成 部 材 とみなし 原 則 として 計 測 の 対 象 としない 6 木 材 ア(ア) 木 材 による 開 口 部 などの 枠 額 縁 などの 数 量 は 原 則 として 図 示 の 寸 法 による 箇 所 数 による 必 要 があるときは 開 口 部 などの 内 法 寸 法 に 基 づく 周 長 を 数 量 とする (イ) 銘 木 類 は 図 示 の 寸 法 による 本 数 枚 数 又 は 面 積 を 数 量 とすることができ る (ウ) 木 材 による 主 仕 上 について 材 料 としての 木 材 の 所 要 数 量 を 求 める 必 要 19

20 があるときは ひき 立 寸 法 による 図 示 の 断 面 積 と 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 長 さに 両 端 の 接 合 のため 必 要 な 長 さとして 0.15mを 加 えた 長 さとに よる 体 積 に 5%の 割 増 をした 体 積 による ひき 立 寸 法 が 示 されていない ときは 図 示 の 断 面 を 囲 む 最 小 の 長 方 形 又 は 正 方 形 の 辺 の 長 さに 削 り 代 として 片 面 削 りの 場 合 は 0.003m 両 面 削 りの 場 合 は 0.005mを 加 えた 寸 法 をひき 立 寸 法 とみなす (エ) 板 類 の 木 材 による 主 仕 上 について 材 料 としての 木 材 の 所 要 数 量 を 求 め る 必 要 があるときは その 設 計 数 量 に 次 の 割 増 率 を 加 えたものを 標 準 とす る 板 材 ( 突 き 付 けの 場 合 ) 10% ( 実 はぎの 場 合 ) 15% ( 合 いじゃくり 羽 重 ねの 場 合 ) 15% 各 種 合 板 類 15% 各 種 フローリング 類 10% (オ) 養 生 砥 の 粉 塗 りなどは 原 則 として 計 測 の 対 象 としない イ(ア) 木 材 による 天 井 又 は 床 の 骨 組 下 地 について 計 測 する 必 要 があるときは く 体 からの 図 示 の 寸 法 により 区 別 し その 主 仕 上 の 数 量 による (イ) 木 材 による 下 地 板 類 について 計 測 する 必 要 があるときは 原 則 としてそ の 主 仕 上 の 数 量 による 壁 胴 縁 などは 仕 上 下 地 の 構 成 部 材 とみなし 原 則 として 計 測 の 対 象 としない 必 要 のあるときは 図 示 の 寸 法 による 面 積 を 数 量 とする (ウ) 骨 組 下 地 又 は 下 地 板 類 の 木 材 としての 所 要 数 量 を 求 める 必 要 があるとき は 1 間 仕 切 下 地 (2)3 木 材 の 定 めによる (エ) 板 類 の 所 要 数 量 を 求 める 必 要 があるときは ア(エ)の 定 めによることが できる 7 屋 根 材 ア(ア) 瓦 スレート 金 属 又 は 合 成 樹 脂 製 などの 屋 根 材 による 主 仕 上 の 計 測 に 当 たっては 2 仕 上 (2)2 主 仕 上 の 計 測 計 算 の 定 めは 通 用 せず 原 則 と して 軒 先 などまでの 図 示 の 寸 法 による 面 積 から 天 窓 の 内 法 寸 法 など 図 示 の 寸 法 による 開 口 部 の 面 積 を 差 し 引 いた 葺 上 げ 面 を 数 量 とする (イ) 棟 瓦 鬼 瓦 軒 瓦 などは 原 則 として 役 物 類 としない 特 殊 な 役 瓦 など について 計 測 する 必 要 があるときは 図 示 の 形 状 寸 法 などに 基 づく 長 さ 又 は 個 数 を 数 量 とする (ウ) スレート 金 属 合 成 樹 脂 製 などの 屋 根 材 の 役 物 類 について 計 測 する 必 要 があるときは 原 則 としてその 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 長 さ 又 は 箇 所 数 を 数 量 とする 8 金 属 材 ア(ア) 金 属 材 による 手 摺 タラップ 面 格 子 改 め 口 投 入 口 など 又 は 谷 樋 呼 び 樋 軒 樋 ルーフドレイン 竪 樋 養 生 管 などの 数 量 は 原 則 として 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 長 さ 又 は 箇 所 数 による 20

21 (イ) ルーフドレイン 竪 樋 養 生 管 など 雨 水 排 水 金 物 類 などで 系 統 又 は 組 と して 機 能 するものは 系 統 又 は 組 ごとの 箇 所 数 を 数 量 とすることができる (ウ) (ア)に 類 するもので 合 成 樹 脂 材 などによるものについては 原 則 として 材 種 を 明 記 して 金 属 材 の 定 めを 準 用 する イ(ア) 金 属 材 による 天 井 又 は 床 の 骨 組 下 地 について 計 測 する 必 要 があるときは く 体 からの 図 示 の 寸 法 により 区 別 し その 主 仕 上 の 数 量 による (イ) 金 属 材 などによる 骨 組 下 地 の 開 口 部 などのための 補 強 について 計 測 する 必 要 があるときは 図 示 の 寸 法 による 開 口 部 の 箇 所 数 を 数 量 とする (ウ) メタルラス ワイヤラスなど 金 属 材 による 下 地 類 について 計 測 する 必 要 があるときは 原 則 としてその 主 仕 上 の 数 量 による 壁 胴 縁 は 仕 上 下 地 の 構 成 部 材 とみなし 原 則 として 計 測 の 対 象 としない 必 要 あるときは 図 示 の 寸 法 に 基 づく 面 積 を 数 量 とする 9 左 官 材 ア(ア) 左 官 材 による 笠 木 水 切 幅 木 ボーダー 側 溝 などの 数 量 は 原 則 と して 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 高 さ 幅 又 は 糸 尺 ごとの 延 長 さによる (イ) 左 官 材 による 表 面 処 理 は 原 則 として 計 測 の 対 象 としない 必 要 あると きは 表 面 処 理 すべき 主 仕 上 の 数 量 による イ(ア) モルタル 下 地 ラスこすりなど 左 官 材 による 下 地 類 について 計 測 する 必 要 あるときはその 主 仕 上 の 数 量 による (イ) 建 具 類 の 周 囲 モルタル 充 填 などについて 計 測 する 必 要 あるときは 建 具 類 の 内 法 寸 法 に 基 づく 周 長 を 数 量 とする 10 木 製 建 具 類 ア(ア) 木 製 建 具 類 は 表 面 処 理 主 仕 上 附 合 物 仕 上 下 地 の 複 合 した 仕 上 ユ ニットとみなし 主 仕 上 の 材 質 形 状 などにより 区 別 し 建 具 類 の 内 法 寸 法 による 面 積 ごとの 箇 所 数 を 数 量 とする (イ) 塗 装 などの 表 面 処 理 について 計 測 する 必 要 あるときは 13 塗 装 材 アの 定 めによる (ウ) 附 合 物 のうち 建 具 金 物 などについて 計 測 する 必 要 あるときは その 規 格 仕 様 などごとの 組 数 又 は 個 数 を 数 量 とする (エ) ガラスについて 計 測 する 必 要 あるときは 12ガラス 材 アの 定 めによる 11 金 属 製 建 具 類 ア(ア) 金 属 製 建 具 類 は 表 面 処 理 主 仕 上 附 合 物 仕 上 下 地 及 び 枠 類 を 複 合 し た 仕 上 ユニットとみなし 主 仕 上 の 材 質 形 状 などにより 区 別 し 建 具 類 の 内 法 寸 法 による 面 積 ごとの 箇 所 数 を 数 量 とする (イ) 塗 装 などの 表 面 処 理 について 計 測 する 必 要 あるときは 13 塗 装 材 アの 定 めによる (ウ) 附 合 物 のうち 建 具 金 物 などについて 計 測 する 必 要 あるときは その 規 格 仕 様 などごとの 組 数 又 は 個 数 を 数 量 とする (エ) ガラスについて 計 測 する 必 要 あるときは 12ガラス 材 アの 定 めによる (オ) 強 化 ガラス アクリルなどによる 建 具 類 の 計 測 については 原 則 として 21

22 材 種 を 明 記 し 金 属 製 建 具 類 の 定 めを 準 用 する 12 ガラス 材 ア(ア) 全 面 がガラスである 建 具 類 のガラスについて 計 測 する 必 要 あるときは 材 質 規 格 などごとに 原 則 として 建 具 類 の 内 法 寸 法 による 面 積 を 数 量 とす る ただし かまち 方 立 桟 などの 見 付 幅 が 0.1mを 超 えるものがあるとき は その 見 付 幅 を 差 し 引 いた 寸 法 を 内 法 寸 法 とみなす (イ) 額 入 建 具 などのガラスについて 計 測 する 必 要 あるときは 原 則 として 図 示 の 寸 法 による (ウ) 特 殊 寸 法 特 殊 形 状 あるいは 特 殊 な 材 質 を 有 するガラス 材 については 図 示 の 寸 法 による (エ) トップライト デッキガラス ガラスブロック アートブロックなどの ガラス 材 による 主 仕 上 の 数 量 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 又 は 箇 所 数 による 枠 金 物 のあるトップライト デッキガラスなどは ガラスを 主 仕 上 とす る 仕 上 ユニットとみなし 枠 金 物 としては 計 測 の 対 象 としない (オ) 鏡 などガラス 加 工 品 の 数 量 は 図 示 の 形 状 寸 法 による 枚 数 又 は 箇 所 数 による (カ) ガラス 類 の 清 掃 養 生 などを 計 測 する 必 要 あるときはガラスの 数 量 によ る (キ) パテ シール コーキング ガスケットなどについて 計 測 する 必 要 ある ときはガラスの 設 計 寸 法 に 基 づく 周 長 を 数 量 とする 13 塗 装 材 ア(ア) 塗 装 材 による 表 面 処 理 の 数 量 は 原 則 として 表 面 処 理 すべき 主 仕 上 の 数 量 による (イ) 表 面 に 凹 凸 がある 場 合 など 複 雑 な 仕 上 又 は 役 物 類 などの 塗 装 材 による 表 面 処 理 について 計 測 する 必 要 あるときは 主 仕 上 の 表 面 の 糸 尺 による 長 さ を 設 計 寸 法 とする 面 積 を 数 量 とする 建 具 類 又 は 鉄 骨 などの 塗 装 材 による 表 面 処 理 について 計 測 する 必 要 あるときは 適 切 な 統 計 値 によることがで きる 14 内 ( 外 ) 装 材 ア(ア) 布 張 り 紙 張 りなどの 重 ね 代 は 計 測 の 対 象 としない (イ) 内 外 装 材 による 主 仕 上 の 底 目 地 ジョイント 工 法 による 目 地 などは 主 仕 上 の 構 成 部 材 とみなし 原 則 として 計 測 の 対 象 としない 必 要 あるとき は 図 示 の 寸 法 に 基 づく 長 さ 又 は 箇 所 数 を 数 量 とする (ウ) たたみ じゅうたんなどの 数 量 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 または 枚 数 に よる イ 仕 上 下 地 としての 布 張 り 紙 張 りの 重 ね 代 は 計 測 の 対 象 としない 15 仕 上 ユニット ア(ア) 間 仕 切 ユニットなどは 材 種 規 格 などにより 区 別 し 設 計 寸 法 又 は 図 示 の 寸 法 による 面 積 又 は 箇 所 数 を 数 量 とする 22

23 (イ) 仕 上 ユニットとしての 浴 室 便 所 などは 図 示 の 性 能 形 状 などごとに 組 数 又 は 個 数 を 数 量 とする (ウ) 家 具 備 品 スクリーンなどは 図 示 の 寸 法 による 組 数 又 は 個 数 を 数 量 とする (エ) 造 付 の 家 具 カウンター 浴 槽 シンク 換 気 塔 などは 表 面 処 理 主 仕 上 附 合 物 仕 上 下 地 を 複 合 して 仕 上 ユニットとみなし 個 数 又 は 箇 所 数 を 数 量 とすることができる 16 カーテンウォール ア(ア) コンクリート 材 金 属 材 などによる 外 装 のカーテンウォールは 仕 上 ユ ニットとみなし その 数 量 は 原 則 として 図 示 の 形 状 寸 法 による 面 積 又 は ユニットの 個 数 による (イ) カーテンウォールの 建 具 類 又 はガラスについて 計 測 する 必 要 あるときは それぞれ11の 金 属 製 建 具 類 又 は12のガラス 材 の 定 めによる (ウ) 方 立 力 骨 取 付 金 具 エキスパンション ジョイント シーリング さび 止 め 処 理 などは 仕 上 の 構 成 部 材 とみなし 原 則 として 計 測 の 対 象 と しない 必 要 あるときは 図 示 の 寸 法 に 基 づく 長 さ 又 は 面 積 を 数 量 とする 17 その 他 ア 防 音 防 湿 など 特 別 の 目 的 のある 材 料 もしくは 前 記 の 材 種 に 区 別 するこ とが 適 当 でない 材 料 又 は 区 別 することができない 材 料 による 仕 上 又 は 仕 上 下 地 の 計 測 については 原 則 として 材 種 又 は 材 質 の 近 似 する 材 種 の 特 則 を 準 用 し 必 要 に 応 じて 適 当 な 名 称 を 付 して 区 別 する ただし その 材 料 について 特 別 の 定 めがある 場 合 は その 定 めによる Ⅶ 電 気 設 備 1 共 通 工 事 (1) 土 工 事 建 築 に 準 ずる ただし 別 表 統 計 数 量 表 は 適 用 しない (2) コンクリート 工 事 建 物 に 準 ずる ただし 別 表 統 計 数 量 表 は 適 用 しない (3) 配 管 配 線 工 事 統 計 単 価 によりがたい 場 合 は 次 による 1 建 物 別 ( 棟 別 ) 工 事 種 目 別 科 目 別 並 びに 屋 内 又 は 屋 外 工 事 別 に 区 分 する 2 電 線 保 護 管 等 は 種 別 寸 法 別 とし いんぺい 露 出 幹 線 分 岐 別 に 区 分 する 3 配 管 配 線 は 階 別 に 明 示 する 4 位 置 ボックス ジョイントボックスは 使 用 区 分 により 区 分 する 5 プルボックス ダクト ラック 類 は 形 式 寸 法 材 料 仕 上 別 に 区 分 する 6 電 線 ケーブル 類 は 規 格 寸 法 別 幹 線 分 岐 別 保 護 材 料 別 及 び 工 事 方 法 別 に 区 分 する 7 ケーブルの 端 末 処 理 は 規 格 寸 法 別 に 個 数 を 算 出 する 8 配 管 配 線 の 平 面 図 上 における 寸 法 ( 長 さ)の 起 点 端 末 の 位 置 は 次 による 23

24 ア 位 置 ボックス 相 互 間 は 各 位 置 ボックスの 中 心 とする イ プルボックス 相 互 間 は 各 位 置 プルボックスの 中 心 とする ウ 分 電 盤 制 御 盤 端 子 盤 等 の 起 点 は 図 上 の 中 心 の 壁 面 とする エ 壁 面 に 取 付 く 位 置 ボックスは 壁 面 に 接 する 中 心 とする オ ダクト 内 配 線 は 布 設 方 向 の 中 心 寸 法 とする カ 配 管 配 線 は 原 則 として 図 面 上 の 平 面 部 分 と 立 上 り 引 下 げ 部 分 とに 区 分 する 9 材 料 としての 所 要 数 量 を 求 める 必 要 あるときは その 設 計 数 量 は 次 の 割 増 をす ることを 標 準 とする 電 線 10% ケーブル 10% 電 線 管 10% (4) 接 地 工 事 1 接 地 種 別 接 地 極 別 材 質 寸 法 別 に 箇 所 数 を 算 出 する 2 接 地 端 子 箱 は 記 号 別 に 区 分 する 3 接 地 極 埋 設 標 を 計 上 する (5) 塗 装 工 事 1 塗 装 工 事 を 必 要 とする 鋼 材 などは その 部 分 の 外 表 面 積 とする 2 複 合 単 価 に 塗 装 費 を 含 む 材 料 については 計 測 の 対 象 としない 24

25 (6) はつり 工 事 1 配 管 がコンクリート 壁 を 貫 通 する 場 合 は 貫 通 口 径 又 は 断 面 積 コンクリート 壁 の 厚 さ 別 の 数 量 ( 箇 所 )とする 2 溝 はつりの 場 合 は はつり 幅 と 深 さにより 区 分 し 床 壁 天 井 別 に 長 さを 算 出 する 3 面 はつりの 場 合 は はつり 部 分 の 面 積 を 算 出 する (7) 搬 入 費 搬 入 費 を 必 要 とする 機 器 の 重 量 による 2 各 設 備 工 事 (1) 電 灯 設 備 電 灯 設 備 に 関 して 統 計 単 価 による 場 合 は 器 具 設 置 数 量 を 計 上 する 器 具 設 置 数 量 は 建 物 に 設 置 されている 電 灯 取 付 箇 所 コンセント スイッチ 分 電 盤 の 合 計 数 とする 統 計 単 価 によりがたい 場 合 は 次 による 1 配 線 器 具 ア タンブラスイッチは 極 数 容 量 形 状 などによる 組 合 せ(プレート 共 )を 単 位 として 算 出 する イ コンセントは 壁 付 床 付 に 区 別 し 極 数 容 量 形 状 などによる 組 合 せ(プ レート 共 )を 単 位 として 算 出 する また プラグ 付 の 場 合 はその 旨 明 示 する ウ その 他 の 配 線 器 具 などについては 上 記 に 準 ずる 2 照 明 器 具 ア 照 明 器 具 は 形 式 記 号 などにより 区 分 する イ 数 量 は 回 路 別 階 別 又 は 室 別 に 区 分 し 集 計 表 を 作 成 する 3 分 電 盤 分 電 盤 は 名 称 記 号 形 式 別 及 び 階 別 に 区 分 する 4 その 他 その 他 の 機 材 は 上 記 に 準 ずる (2) 動 力 設 備 1 制 御 盤 ア 制 御 盤 は 名 称 記 号 形 式 別 負 荷 容 量 別 及 び 階 別 に 区 分 し 集 計 表 を 作 成 する イ モーターへの 結 線 材 料 は 可 とう 電 線 管 などを 規 格 別 に 計 上 する (3) 避 雷 設 備 1 突 針 種 別 支 持 パイプの 記 号 寸 法 別 に 区 分 する 2 むね 上 導 体 導 線 は 規 格 寸 法 別 とし 支 持 金 物 は 支 持 方 法 別 に 区 分 する (4) 構 内 配 電 線 路 1 架 空 線 路 ア 電 柱 支 持 及 び 支 線 柱 は 種 別 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 する イ 装 柱 材 料 等 は 種 別 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 する ウ 支 線 は 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 し 箇 所 数 を 計 上 する 25

26 エ 架 空 電 線 及 び 引 込 線 は 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 する オ 高 圧 引 下 線 低 圧 引 下 線 及 び 通 信 引 下 線 は 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 する カ 柱 上 変 圧 器 気 中 開 閉 器 等 は 電 気 方 式 種 別 及 び 容 量 別 に 計 上 する 2 地 中 線 路 ア 地 中 ケーブルの 保 護 材 料 は 種 別 規 格 及 び 寸 法 別 に 区 分 する イ マンホール 及 びハンドホールは 記 号 及 び 寸 法 別 に 区 分 する ウ 暗 きょ 内 に 布 設 するケーブルラック 等 は 形 式 寸 法 材 質 及 び 仕 上 別 に 区 分 する (5) 受 変 電 設 備 1 高 低 圧 配 電 盤 などは 形 式 構 造 規 格 別 により 区 分 する 2 監 視 制 御 盤 継 電 気 盤 類 は 形 式 構 造 別 などにより 区 分 する 3 直 流 電 源 装 置 は 形 式 構 造 規 格 容 量 などにより 区 分 する 4 変 圧 器 は 電 気 方 式 絶 縁 方 式 容 量 別 に 区 分 する 5 交 流 遮 断 機 は 種 別 規 格 別 により 区 分 する 6 高 圧 ( 特 別 高 圧 ) 進 相 コンデンサなどは 規 格 容 量 別 により 区 分 する 7 断 路 器 は 極 数 容 量 操 作 方 式 別 により 区 分 する 8 高 圧 負 荷 開 閉 器 その 他 機 器 類 は 電 気 方 式 定 路 容 量 別 により 区 分 する 9 各 機 器 類 に 対 応 する 付 属 品 類 を 計 上 する 10 電 線 ケーブル 類 保 護 材 料 などは 1 共 通 工 事 (3)の 該 当 事 項 による 11 制 御 用 ケーブルなどは 10によるほか 機 器 相 互 間 の 長 さを 規 格 別 系 統 別 に 計 上 する 12 バスダクトは 構 造 規 格 容 量 別 に 所 要 長 さを 計 上 し 付 属 品 はエルボ テ ィーエンドクローザーなどに 区 分 する 13 接 地 母 線 分 岐 線 は 第 1 種 第 2 種 第 3 種 特 別 第 3 種 などの 接 地 工 事 の 種 類 により 区 分 する (6) 自 家 発 電 機 盤 1 交 通 発 電 機 原 動 機 は 形 式 構 造 性 能 容 量 などにより 区 分 する 2 配 電 盤 などは (5)2による 3 燃 料 槽 減 圧 水 槽 などは 材 質 容 量 別 に 計 上 する 4 その 他 の 機 器 類 は (5)1~9による 5 燃 料 油 冷 却 水 排 気 用 配 管 などは 系 統 別 管 種 別 寸 法 別 に 区 分 する 6 上 記 以 外 の 工 事 材 料 については (5)10~13による (7) 電 話 設 備 電 話 設 備 に 関 して 統 計 単 価 による 場 合 は 電 話 機 設 置 箇 所 数 量 を 計 上 する 統 計 単 価 によりがたい 場 合 は 次 による 1 ボックス 類 壁 付 位 置 ボックス フロアボックスに 区 分 する 2 フロアダクト 種 別 寸 法 別 に 区 分 する 3 端 子 盤 類 26

27 端 子 盤 は 記 号 形 式 構 造 容 量 別 及 び 階 別 に 区 分 する (8) インターホン 設 備 電 気 時 計 拡 声 装 置 テレビ 共 同 受 信 設 備 火 災 報 知 設 備 インターホン 電 気 時 計 拡 声 テレビ 共 聴 及 び 火 災 報 知 設 備 などの 機 器 類 は 形 式 記 号 別 に 区 分 する (9) 構 内 交 換 設 備 1 交 換 機 は 形 式 構 造 容 量 などにより 区 分 する 2 局 線 中 継 台 は 形 式 構 造 などにより 区 分 する 3 本 配 線 盤 類 は 形 式 構 造 容 量 などにより 区 分 する 4 電 源 装 置 は 形 式 構 造 定 格 容 量 などにより 区 分 する 5 電 話 機 は 形 式 別 に 区 分 する 6 その 他 の 機 器 類 については 上 記 に 準 ずるものとする 7 電 線 ケーブル 保 護 材 料 などは 1(3)の 該 当 事 項 による Ⅷ 電 気 設 備 以 外 の 設 備 1 共 通 事 項 (1) 土 工 事 建 築 に 準 ずる ただし 別 表 統 計 数 量 表 は 適 用 しない (2) コンクリート 工 事 建 築 に 準 ずる ただし 別 表 統 計 数 量 表 は 適 用 しない (3) 配 管 工 事 統 計 単 価 によりがたい 場 合 は 次 による 1 建 物 別 工 事 種 目 別 科 目 別 用 途 別 管 種 別 施 工 場 所 別 呼 び 径 別 に 区 分 する 2 材 料 としての 所 要 数 量 を 求 める 必 要 あるときは その 設 計 数 量 に 次 の 割 増 をす ることを 標 準 とする 屋 内 配 管 鋼 管 10% 銅 管 5% 鉛 管 5% 硬 質 塩 ビ 管 10% 屋 外 配 管 鋼 管 5% 硬 質 塩 ビ 管 5% (4) 保 温 工 事 1 工 事 科 目 別 などに 区 分 する 2 配 管 の 保 温 数 量 は 保 温 工 事 を 必 要 とする 配 管 の 設 計 数 量 とする 3 風 道 の 保 温 数 量 は 保 温 工 事 を 必 要 とする 風 道 の 設 計 数 量 とする 4 チャンバー 及 び 消 音 エルボの 吸 音 材 の 内 張 装 数 量 は その 鉄 板 の 設 計 数 量 とす る 5 機 器 類 槽 類 で 保 温 を 必 要 とする 場 合 は それらの 表 面 積 による 6 室 内 冷 水 管 冷 温 水 管 に 取 付 ける 呼 び 径 65 以 上 の 弁 ストレーナーなどの 保 温 工 事 は 区 別 する 27

28 (5) 塗 装 工 事 1 工 事 科 目 などに 区 分 する 2 配 管 の 塗 装 数 量 は 塗 装 を 必 要 とする 配 管 の 設 計 数 量 とする 3 風 道 の 塗 装 数 量 は 塗 装 を 必 要 とする 風 道 の 設 計 数 量 とする 4 機 器 類 で 塗 装 を 必 要 とする 場 合 は それらの 表 面 積 とする 5 複 合 単 価 に 塗 装 費 を 含 む 材 料 については 数 量 計 測 の 対 象 としない (6) はつり 工 事 1 工 事 科 目 別 などに 区 分 する 2 壁 又 は 床 を 配 管 もしくは 風 道 が 貫 通 する 場 合 は 貫 通 口 径 断 面 積 コンクリ ートの 厚 さ 別 の 数 量 ( 箇 所 )とする 3 溝 はつりの 数 量 は はつり 幅 深 さ 別 の 長 さを 計 測 する 4 面 はつりの 数 量 は はつり 部 分 の 面 積 を 計 測 する (7) スリーブ 入 れ 1 スリーブの 数 量 はスリーブの 口 径 別 コンクリートの 厚 さ 別 に 区 分 して 計 算 す る 2 箱 入 れ 数 量 は 貫 通 口 の 断 面 積 コンクリートの 梁 又 は 壁 の 厚 さ 別 に 区 分 して 計 算 する (8) 搬 入 費 搬 入 費 を 必 要 とする 機 器 の 重 量 などによる 2 給 排 水 衛 生 設 備 給 排 水 設 備 に 関 して 統 計 単 価 による 場 合 は 器 具 設 置 数 量 を 計 上 する 給 排 水 設 備 の 器 具 設 置 数 量 は 建 物 に 設 置 されている 水 栓 水 洗 便 器 手 洗 器 洗 面 器 等 の 合 計 数 とする 統 計 単 価 によりがたい 場 合 は 次 による (1) 衛 生 機 器 設 備 衛 生 機 器 は 種 類 規 格 寸 法 記 号 など 別 に 区 分 する (2) 給 排 水 設 備 の 機 器 1 ポンプ 類 給 湯 ボイラー 貯 油 槽 高 置 水 槽 受 水 槽 ガス 湯 沸 器 屋 内 消 火 栓 箱 厨 房 器 具 などの 各 機 器 は 工 事 科 目 形 式 能 力 容 量 規 格 寸 法 など 別 又 は 記 号 別 に 区 分 して 数 量 を 計 算 する 2 弁 水 栓 類 ボールタップ 弁 きょう 量 水 器 排 水 トラップ 掃 除 口 排 水 金 物 可 とう 継 手 防 振 継 手 などの 各 機 器 は 形 式 規 格 呼 び 径 別 などに 区 分 して 数 量 を 計 測 する 3 弁 桝 量 水 器 桝 溜 め 桝 インバート 桝 などの 桝 類 については 記 号 別 GL から 管 底 までの 深 さ 別 に 区 分 して 組 数 を 計 算 する 3 空 気 調 和 設 備 (1) 空 気 調 和 設 備 1 ボイラ 及 び 付 属 機 器 設 備 ア ボイラ 空 調 用 ポンプ 類 熱 交 換 器 還 水 槽 地 下 貯 油 槽 サービスタンク 膨 張 水 槽 管 寄 せ 温 風 暖 房 機 送 風 機 などの 数 量 は 形 式 能 力 容 量 規 28

29 格 寸 法 などの 別 又 は 記 号 別 に 区 分 して 計 算 する イ 鋼 板 製 煙 道 は 板 厚 別 に 外 周 面 積 を 計 算 する 2 冷 凍 機 設 備 冷 凍 機 冷 却 塔 及 び 冷 却 水 ポンプは 1アに 準 ずる 3 空 気 調 和 機 設 備 ユニット 型 空 気 調 和 機 パッケージ 型 空 気 調 和 機 全 熱 交 換 器 ファンコイル ユニット 送 風 機 集 塵 機 などの 機 器 は 1アに 準 ずる 4 風 道 設 備 ア 建 物 別 工 事 科 目 別 に 矩 形 風 道 スパイラルダクト 円 形 風 道 ( 排 煙 用 ) の 名 称 別 に 分 け 矩 形 風 道 は 板 厚 別 に スパイラルダクト 及 び 円 形 風 道 は 口 径 別 に 区 分 し さらに 各 階 別 系 統 別 設 置 場 所 別 ( 屋 内 露 出 天 井 内 ダクト シャフト 内 屋 外 露 出 など)に 区 分 する イ 風 道 の 長 さは ダクトの 中 心 線 の 長 さを 計 測 する 5 風 道 付 属 品 ア フレキシブルダクトの 数 量 は 口 径 別 に 区 分 し 長 さを 計 測 する イ 風 道 と 送 風 器 を 連 結 するたわみ 継 手 の 数 量 は 送 風 機 の 仕 様 ( 型 番 両 吸 込 み 形 片 吸 込 み 形 ) 別 に 区 分 し 箇 所 数 を 計 算 する 風 道 と 空 調 機 を 連 結 する 場 合 は 長 さを 計 測 する ウ ガラリは 材 質 及 び 形 状 大 きさ( 幅 高 さ) 別 に 区 分 して 計 測 する エ チャンバーの 数 量 は 名 称 板 厚 大 きさ 別 に 区 分 し 表 面 積 を 計 測 する 6 仕 切 弁 玉 形 弁 安 全 弁 圧 力 計 温 度 計 伸 縮 継 手 可 とう 継 手 防 振 継 手 ストレーナー ボールタップなどの 器 具 は 2(2)2に 準 ずる (2) 換 気 設 備 空 気 調 和 設 備 の 当 該 事 項 に 準 ずる (3) 排 煙 設 備 空 気 調 和 設 備 の 当 該 事 項 に 準 ずる 4 昇 降 設 備 必 要 に 応 じて 計 上 する 5 その 他 設 備 必 要 に 応 じて 計 上 する Ⅸ 解 体 解 体 工 事 は 次 によるものとする 1 仮 設 工 事 立 地 条 件 工 法 使 用 機 材 などを 十 分 考 慮 する (1) 外 部 足 場 足 場 面 積 によるものとする (2) 内 部 足 場 必 要 部 分 の 床 面 積 により 算 出 する (3) 養 生 29

30 セーフティーネット シート 金 網 及 び 朝 顔 などの 必 要 なものを 計 上 する (4) その 他 その 他 必 要 に 応 じて 計 上 する 2 直 接 解 体 (1) 労 務 費 1 鉄 筋 コンクリート 造 ア ブレーカ 工 法 スチールボール 工 法 ジャッキ 工 法 及 び 圧 砕 工 法 などの 工 法 別 に 区 分 する イ 地 上 部 分 と 地 下 部 分 とに 区 分 する 2 鉄 骨 造 1に 準 ずる (2) 機 械 器 具 費 解 体 に 要 する 機 械 損 料 工 具 損 料 消 耗 品 燃 料 及 びそれらの 運 搬 費 などを 計 上 する 3 廃 棄 材 処 理 (1) ガラ 処 理 解 体 の 際 発 生 するガラを 捨 てるための 運 搬 費 捨 場 代 などで 場 所 条 件 など を 考 慮 する (2) 発 生 材 解 体 の 際 発 生 する 市 場 価 値 のある 材 を 種 別 等 級 などに 区 別 して 計 上 する 30

31 別 表 統 計 数 量 表 第 1 総 則 1 用 途 の 取 り 扱 い 統 計 数 量 表 で 区 分 する 用 途 以 外 の 用 途 については 表 (1)による 区 分 に 応 じ それぞれ の 用 途 の 統 計 数 量 表 を 適 用 することができるものとする 表 (1) 用 途 適 用 することができる 範 囲 専 用 住 宅 併 用 ( 店 舗 事 務 所 等 ) 住 宅 医 院 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 専 用 住 宅 に 類 似 するもの を 含 むものとする 共 同 住 宅 マンション アパート 家 族 寮 独 身 寮 病 院 診 療 所 老 人 ホーム 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 共 同 住 宅 に 類 似 するものを 含 むものとする 銀 行 信 用 金 庫 郵 便 局 公 民 館 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 店 舗 又 は 事 務 所 に 類 似 するも 店 舗 事 務 所 のを 含 むものとする なお 大 型 小 売 店 舗 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 他 の 用 途 に 類 似 する 場 合 は その 用 途 を 認 定 し 適 用 することができるものとする 工 場 倉 庫 作 業 所 畜 舎 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 工 場 又 は 倉 庫 に 類 似 するものを 含 むものとする 旅 館 ホテル 等 で 構 造 躯 体 の 形 状 が 校 舎 園 舎 に 類 似 するものを 含 むものとする 校 舎 園 舎 なお 学 校 等 にその 他 の 施 設 ( 事 務 室 給 食 堂 等 )については その 構 造 躯 体 の 形 状 によって 他 の 用 途 を 適 用 するものとする 車 庫 基 礎 ( 土 台 ) 屋 根 壁 等 があり 建 物 として 取 り 扱 うことができるもの ( 注 ) 本 表 で 適 用 することが 困 難 な 公 衆 浴 場 劇 場 映 画 館 体 育 館 神 社 仏 閣 教 会 土 蔵 等 につ いては 原 則 として 別 途 個 別 に 各 数 量 を 計 算 するものとする 31

32 2 階 層 の 取 り 扱 い 統 計 数 量 表 の 階 数 の 認 定 は 次 式 により 算 出 した 数 値 を 基 に 表 (2)の 区 分 により 行 うも のとする 階 層 率 = 建 物 延 床 面 積 1 階 床 面 積 表 (2) 階 層 率 適 用 階 層 1.30 未 満 1 階 1.30 以 上 2.30 未 満 2 階 2.30 以 上 3.30 未 満 3 階 3.30 以 上 4.30 未 満 4 階 4.30 以 上 5.30 未 満 5 階 5.30 以 上 6 階 32

33 第 2 土 工 ( 基 礎 ) 関 係 1 工 種 別 の 数 量 基 礎 に 係 る 工 種 別 の 数 量 は 次 式 によって 算 出 するものとする 数 量 =1 階 床 面 積 ( 統 計 数 量 値 杭 地 業 による 補 正 率 地 盤 状 況 による 補 正 率 ) ア 統 計 数 量 値 各 工 種 の 数 量 値 は 表 (5)から(9)の 構 造 用 途 等 の 区 分 によるものとする ただし 表 (5) 及 び(6)の 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 のラーメン 式 及 び 壁 式 の 基 礎 コンクリートは 表 (12) 及 び(13)の 躯 体 コンクリートに 含 まれてい るので 重 複 計 上 に 注 意 すること また 統 計 数 量 値 には 地 下 階 の 数 量 は 含 まれていないので 地 下 階 がある 場 合 には その 地 下 階 部 分 の 数 量 を 別 途 算 出 して 計 上 するものとする イ 杭 地 業 による 補 正 杭 地 業 による 補 正 率 は 杭 地 業 の 有 無 により 表 (3)の 区 分 による ただし 補 正 は 根 切 砂 利 割 石 敷 捨 てコンクリート 及 び 基 礎 コンクリートに ついて 行 い 型 枠 及 び 鉄 筋 は 補 正 の 対 象 としない 表 (3) 杭 地 業 の 有 無 補 正 率 有 0.90 無 1.00 ウ 地 盤 状 況 ( 地 耐 力 )による 補 正 地 盤 状 況 ( 地 耐 力 )による 補 正 率 は 表 (4)の 区 分 による ただし 杭 地 業 が 有 る 場 合 は 補 正 の 対 象 としない また 補 正 は 根 切 砂 利 割 石 敷 捨 てコンクリート 及 び 基 礎 コンクリートについ て 行 い 型 枠 及 び 鉄 筋 は 補 正 の 対 象 としない 表 (4) 判 断 基 準 となる 地 耐 力 地 盤 状 況 補 正 率 (t/m2) 硬 質 地 盤 20t 以 上 0.85 普 通 地 盤 5t 以 上 20t 未 満 1.00 軟 弱 地 盤 5t 未 満 1.40 ( 注 ) 地 盤 の 状 況 は 補 償 建 物 の 存 する 敷 地 における 基 礎 の 底 面 での 地 耐 力 で 判 定 するものとするが 地 耐 力 は 当 該 建 物 の 建 築 時 のボーリング 調 査 又 は 近 隣 地 域 におけるボーリング 調 査 資 料 を 参 考 と して 判 断 することができるものとする 33

34 土 工 ( 基 礎 ) 関 係 統 計 数 量 表 表 (5) 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 層 工 種 単 位 専 用 住 宅 共 同 住 宅 店 舗 事 務 所 工 場 倉 庫 校 舎 園 舎 備 考 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m ( 注 )1 各 工 種 の 数 量 は 1 階 床 面 積 1m2 当 たりの 数 量 である 2 基 礎 コンクリートには 土 間 コンクリート 分 が 含 まれていないので 施 工 されている 場 合 は 別 途 個 別 に 算 出 して 計 上 するものとする 以 下 表 (6)から(9)についても 同 じ 34

35 表 (6) 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 区 分 壁 式 階 層 工 種 単 位 専 用 住 宅 共 同 住 宅 店 舗 事 務 所 校 舎 園 舎 備 考 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m

36 表 (7) 構 造 重 量 鉄 骨 造 (S 造 ) 区 分 肉 厚 4mm を 超 え 9mm 未 満 のもの 及 び 肉 厚 9mm 以 上 のもの 階 層 工 種 単 位 専 用 住 宅 共 同 住 宅 店 舗 事 務 所 工 場 倉 庫 車 庫 備 考 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t ( 注 ) 本 表 の 型 枠 鉄 筋 については 基 礎 コンクリート1m3あたりの 数 量 である 以 下 表 (8)から(9) についても 同 じ 36

37 表 (8) 構 造 軽 量 鉄 骨 造 (LGS 造 ) 区 分 肉 厚 4mm 未 満 のもの 階 層 工 種 単 位 専 用 住 宅 共 同 住 宅 店 舗 事 務 所 工 場 倉 庫 車 庫 備 考 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t

38 表 (9) 構 造 コンクリートブロック 造 (CB 造 ) 区 分 階 層 工 種 単 位 専 用 住 宅 共 同 住 宅 店 舗 事 務 所 工 場 倉 庫 車 庫 備 考 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t 根 切 1F 床 面 積 m 砂 利 割 石 敷 m 捨 コンクリート m 基 礎 コンクリート m 型 枠 基 礎 コンクリート m 鉄 筋 t ( 注 ) 梁 屋 根 部 分 がコンクリートで 施 工 されている 場 合 には その 部 分 を 別 途 個 別 に 算 出 して 計 上 す るものとする 38

39 第 3 躯 体 コンクリート 量 関 係 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 及 び 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 )の 躯 体 コンク リート 等 に 係 る 数 量 は 次 式 によって 算 出 するものとする 躯 体 コンクリート 量 = 延 床 面 積 ( 統 計 数 量 値 階 高 補 正 率 ) 型 枠 鉄 筋 =コンクリート 量 統 計 数 量 値 ア 統 計 数 量 値 コンクリート 量 の 数 量 値 は 表 (12)から(13)の 構 造 区 分 (ラーメン 式 壁 式 ) 及 び 用 途 によるものとする ただし コンクリート 量 には 表 (5) 及 び(6)の 基 礎 コンクリート 量 を 含 むものとす る イ 階 高 による 補 正 統 計 数 量 値 の 階 高 は を 基 準 としたものであり 階 高 が の 場 合 は 表 (10)による 補 正 を 行 うものとする ただし 補 正 はコンクリート 量 についてのみ 行 うものとする 表 (10) 階 高 6 6m 未 満 7m 未 満 項 目 m 以 上 7m 以 上 補 正 率 ウ SRC 造 のコンクリート 量 及 び 鉄 骨 量 の 取 り 扱 い SRC 造 のコンクリート 量 及 び 鉄 骨 量 の 取 り 扱 いは 次 により 行 うものとする (1) 鉄 骨 量 鉄 骨 量 は 次 式 によって 算 出 するものとする 鉄 骨 量 = 延 床 面 積 統 計 数 量 値 ( 注 ) 統 計 数 量 値 は 表 (11)の 区 分 による 表 (11) 用 途 延 床 面 積 当 たり 鉄 骨 量 共 同 住 宅 0.053t 事 務 所 店 舗 0.085t 工 場 倉 庫 0.073t 校 舎 園 舎 0.059t 39

40 (2) 躯 体 コンクリート 量 SRC 造 のコンクリート 量 は 統 計 数 量 値 によって 算 出 したコンクリート 総 量 から 次 式 によって 算 出 した 総 量 を 控 除 するものとする 躯 体 コンクリート 量 = 躯 体 コンクリート 総 量 -( 鉄 骨 量 m3) 1 ( 注 ) 鉄 骨 量 7.85t 当 りコンクリート 1.00 m3を 基 準 としている 1 鉄 骨 1t 当 りのm3 (3) 型 枠 の 取 り 扱 い SRC 造 建 物 の 型 枠 については RC 造 として 算 出 したコンクリート 量 を 基 準 として 算 出 するものとする (4) 鉄 筋 の 取 り 扱 い SRC 造 建 物 の 鉄 筋 については RC 造 として 算 出 したコンクリート 量 から 鉄 骨 分 の コンクリート 量 を 控 除 した 数 量 を 基 準 として 算 出 するものとする 40

41 躯 体 コンクリート 量 等 関 係 統 計 数 量 表 表 (12) 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 専 用 住 宅 3 4 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t ( 注 )1 コンクリート 量 は 建 物 の 延 床 面 積 1m2 当 たりの 数 量 である ただし 土 間 コンクリートは 含 まれていないため 別 途 個 別 計 算 をして 計 上 するものとする 2 型 枠 は コンクリート 量 を 単 位 とする 3 鉄 筋 は コンクリート 量 を 単 位 とする ( 以 下 表 (13)について 同 じ) 41

42 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 共 同 住 宅 3 4 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t

43 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t 店 舗 事 務 所 3 4 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t

44 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 工 場 倉 庫 2 3 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t

45 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 (SRC 造 ) 区 分 ラーメン 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 校 舎 園 舎 3 4 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t

46 表 (13) 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 (RC 造 ) 区 分 壁 式 階 高 用 途 階 層 種 別 単 位 200 m2 未 満 200 m2 以 上 500 m2 未 満 延 床 面 積 500 m2 以 上 1000 m2 以 上 1000 m2 未 満 2000 m2 未 満 2000 m2 以 上 3000 m2 未 満 3000 m2 以 上 コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 専 用 住 宅 3 4 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t コンクリート m 型 枠 m 鉄 筋 t

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 草 加 市 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 2. 業 務 期 間 契 約 の 翌 日 から 平 成 28 年 3 月 25 日 まで 3. 計 画 施 設 概 要 (1) 複 合 型 施 設 a 施 設 名 称 ( 仮 称 )

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww)

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww) 上 田 市 位 置 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 により の 位 置 指 定 を 行 うについて 上 田 市 位 置 指 定 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という )により 定 められた 具 体 的 な 基 準 を 定 め

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

gyousyusenntaku.xls

gyousyusenntaku.xls 建 設 工 事 業 種 選 択 表 変 更 追 加 登 録 を 希 望 する 部 門 にチェックを 入 れ を 記 入 してくださ の 記 入 については 追 加 のみの 場 合 はその 項 目 の を 既 に 登 録 済 みの 業 種 と 入 れ 替 える 場 合 は 既 登 録 業 種 と 変 更 追 加 業 種 の 全 てを 記 入 してくださ 登 録 可 能 業 種 数 浜 松 市 内 に

More information

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成 5 騒 音 振 動 () 騒 音 振 動 の 概 要 と 環 境 基 準 騒 音 及 び 振 動 は 個 人 差 や 慣 れが 大 きく 作 用 し 同 じ 音 や 振 動 であってもその 種 類 や 性 質 によって 感 じ 方 が 異 なるという 特 徴 があります 騒 音 及 び 振 動 の 防 止 対 策 としては 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づき 市 長 ( 平

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

経理規定_別表第3_減価償却資産の耐用年数および償却率

経理規定_別表第3_減価償却資産の耐用年数および償却率 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 取 得 した 減 価 償 却 資 産 ) ( 有 形 固 定 資 産 ) 建 物 放 送 会 館 の 本 屋 放 送 文 化 研 究 所 放 送 技 術 研 究 所 博 物 館 事 務 所 の 各 本 屋 放 送 所 中 継 放 送 所 受 信 所 無 線 中 継 所 の 各 本 屋 及 び 付 属 舎 屋 宿 舎 厚 生 施 設 の 各 本 屋 建

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

入札公告 機動装備センター

入札公告 機動装備センター 千 葉 県 一 般 競 争 入 札 公 告 県 警 第 18 号 機 動 装 備 センター 屋 内 舗 装 改 修 工 事 の 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 )の 実 施 について 地 方 自 治 法 第 234 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する なお この 入 札 は ちば 電 子 調 達 システムに 係 る 電 子 入

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 民 の 居 住 環 境 の 向 上 及 び 市 内 の 商 工 業 等 の 活 性 化 を 図 るため 市 民 が 自 己 の 居 住 の 目 的 に 使 用 する 住 宅 のリフォームを 施 工 業 者 によって 行 う 場 合 に 要 した 経 費 に 対 し, 予 算 の 範 囲

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地 第 14 回 審 議 会 資 料 1 和 光 都 市 計 画 事 業 和 光 市 駅 北 口 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 和 光 市 目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事)

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事) 別 記 3 総 合 評 価 点 算 定 基 準 ( 簡 易 型 建 築 電 気 管 工 事 ) 1 総 合 評 価 点 の 算 定 方 法 総 合 評 価 点 は 以 下 すべてを 満 たす 者 について 次 の 算 式 により 算 定 する 1 入 札 書 が 無 効 でない 者 2 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 者 ( 失 格 となった 者 を 除 く ) 3 施 工 計 画

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道 第 63 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 価 格 の 修 正 及 び 家 屋 の 所 有 権 移 転 に 係 る 課 税 関 係 からの 出 題 であった 1の 価 格 の 修 正 については 過 去 の 本 試 験 問 題 を 通 じて 対 策 をしていた 論 点 であり 判 断 に 迷 う 点 もないこと から 高 得 点 を 取 ることが 可 能

More information

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版 公 共 建 築 工 事 共 通 費 積 算 基 準 平 成 26 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 最 終 改 定 平 成 26 年 3 月 20 日 国 営 計 第 138-1 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information