<4D F736F F F696E74202D B438A7789EF C D E9197BF28938C8B9E936497CD814689AA967B292E707074>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031343032303393648B438A7789EF83568393837C8357834583808D7589898E9197BF28938C8B9E936497CD814689AA967B292E707074>"

Transcription

1 電 気 学 会 公 開 シンポジウム 電 気 を 送 る~ 電 気 の 品 質 と 送 る 技 術 ~ 電 力 輸 送, 電 気 の 品 質 ( 周 波 数, 電 圧 ) 平 成 26 年 2 月 3 日 東 京 電 力 株 式 会 社 パワーグリッド カンパニー 系 統 エンジニアリングセンター 所 長 岡 本 浩 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社

2 目 次 1. 電 気 を 送 るしくみ 2. 電 気 を 送 る 設 備 ( 電 力 流 通 設 備 ) 3. 電 力 流 通 設 備 の 新 しい 課 題 ~ 再 生 可 能 エネルギー 分 散 型 システムとの 統 合 電 力 全 面 自 由 化 ~ 4. 将 来 のグリッドに 向 けて 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 1

3 1. 電 気 を 送 るしくみ 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社

4 1-1 電 気 事 業 のはじまり 1882 年 9 月 4 日 にトマス エジソン[Edison Thomas Alva] (1847~1931) がニューヨーク 市 のパールストリートに 直 流 配 電 系 統 を 構 築 事 業 内 容 中 央 ステーション( 発 電 所 )に 火 力 発 電 機 を 設 置 [6 台 / 出 力 540kW] 100,000フィート( 約 30km)におよぶ 配 電 網 ウオール 街 の 半 径 1kmにある 白 熱 電 灯 千 個 強 に 供 給 図.ハ ールストリートの 中 央 ステーション 図.エシ ソンの 発 電 機 システム 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 3

5 1-2 直 流 から 交 流 へ(1) 1887( 明 治 20) 年 に 東 京 電 燈 は, 直 流 送 電 による 電 気 の 一 般 供 給 を 開 始 事 業 内 容 エジソンが 開 発 した 低 圧 直 流 方 式 を 採 用 電 燈 局 ( 発 電 所 )から 半 径 2km 程 度 に 送 電 低 電 圧 により 送 電 ロスが 大 きく, 送 電 範 囲 も 狭 かったため 複 数 の 電 燈 局 から 送 電 図. 麹 町 の 第 一 電 燈 局 配 電 盤 図. 麹 町 の 第 一 電 燈 局 に 設 置 された ブラックシェアーク 灯 用 発 電 機 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 4

6 1-2 直 流 から 交 流 へ(2) 1897( 明 治 30) 年 に 東 京 電 燈 は, 東 京 都 内 に 分 散 配 置 していた 変 電 所 を 一 箇 所 に 集 約 し, 大 規 模 交 流 発 電 所 となる 浅 草 火 力 発 電 所 を 本 格 運 転 した 供 給 方 法 直 接 2,000Vの 交 流 で 配 電 交 流 2,000Vで 配 電 所 に 送 電 し, 直 流 125Vへ 変 換 した 後, 需 要 家 へ 配 電 図. 浅 草 発 電 所 全 景 図. 浅 草 発 電 所 AEG 社 (ト イツ) 製 発 電 機 50Hzの 始 まり 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 5

7 1-3 交 流 の 電 気 交 流 について 周 波 数 電 圧 位 相 とは 電 圧 + 位 相 θ 電 圧 変 動 0 時 間 - 周 波 数 50Hzの 場 合 1 秒 間 に + と - の 電 圧 変 動 が50 回 繰 り 返 される 1 秒 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 6

8 ( 参 考 ) 交 流 の 電 気 日 本 の 周 波 数 の 違 い 西 日 本 60Hz 東 日 本 50Hz 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 7

9 1-4 交 流 で 電 気 を 送 る 水 の 流 れのように, 交 流 の 電 力 は 位 相 が 進 んでいる( 標 高 の 高 い)とこ ろから 位 相 が 遅 れている( 標 高 の 低 い)ところへ 流 れていく 水 の 流 れ 標 高 : 高 い 電 力 の 流 れ 位 相 : 進 み 高 低 差 位 相 差 標 高 : 低 い 位 相 : 遅 れ 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 8

10 1-5 三 相 交 流 Va Vb 120 Vc 240 三 相 電 圧 のベクトル 図 Va 2 回 線 送 電 鉄 塔 図 120 Vc 240 Vb 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 9

11 1-6 パワープールと 周 波 数 交 流 でつながっている 範 囲 では 巨 大 な 貯 水 池 のように 水 位 ( 周 波 数 ) はどこも 同 じ 需 要 側 ( 取 水 口 )から 電 気 が 流 れていくが 同 量 を 発 電 して 水 位 を 厳 密 に 一 定 に 保 つ 必 要 がある 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 10

12 1-7 電 圧 と 無 効 電 力 需 要 増 加 などで 電 気 の 流 れが 増 すと, 需 要 家 側 の 電 圧 が 低 下 ( 逆 に 流 れが 減 ると 電 圧 上 昇 )する このため,コンデンサや 変 圧 器 の 調 整 により 系 統 内 の 電 圧 を 維 持 している これは 交 流 電 力 の 送 電 に 不 可 欠 な 無 効 電 力 ( 潤 滑 油 的 な 性 質 の 電 力 )が 増 加 する ため 電 圧 が 適 切 に 維 持 できないと, 需 要 家 設 備 が 動 作 しなくなる, 送 電 ロスが 増 すな どの 弊 害 が 発 生 する 需 要 家 側 の 電 圧 を 一 定 に 維 持 コンデンサによる 無 効 電 力 供 給 変 圧 器 の 調 整 出 典 電 力 中 央 研 究 所 : 電 力 系 統 の 安 定 運 用 のために,2001 年 11 月 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 11

13 1-8 安 定 度 交 流 の 電 力 系 統 では, 安 定 度 の 問 題 ( 発 電 機 の 回 転 の 足 並 みの 乱 れ)に よって 送 電 能 力 に 限 度 が 生 じる 安 定 度 の 限 度 を 超 えて 送 電 すると, 発 電 機 は 安 定 した 運 転 を 継 続 できな い 安 定 度 で 決 まる 送 電 能 力 は 同 じ 太 さ( 同 じ 電 流 を 流 せる 能 力 を 持 つ) の 送 電 線 であっても, 距 離 が 長 くなるに 従 い 小 さくなる 特 性 がある 発 電 所 送 電 線 送 電 能 力 送 電 距 離 電 力 系 統 (kw) 安 定 度 で 決 ま る 送 電 能 力 送 電 距 離 (km) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 12

14 ( 参 考 ) 安 定 度 安 定 度 の 分 類 過 渡 安 定 度 不 安 定 送 電 線 への 落 雷 など, 大 きな 外 乱 発 生 時 の 安 定 度 外 乱 発 生 後 1~2 秒 で 発 電 機 が 同 期 外 れ( 脱 調 ) 発 電 機 位 相 角 外 乱 発 生 安 定 時 間 動 態 安 定 度 不 安 定 負 荷 変 動 や 送 電 線 の 投 入 開 放 等 の 小 さな 外 乱 発 生 時 の 安 定 度 外 乱 発 生 後, 数 十 秒 程 度 以 内 に 動 揺 が 発 散 し, 同 期 外 れ( 脱 調 )に 至 る 発 電 機 位 相 角 外 乱 発 生 安 定 時 間 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 13

15 1-9 電 圧 安 定 性 過 去 の 事 例 1987 年 7 月 23 日 に 東 京 電 力 エリアで 電 圧 安 定 性 が 原 因 で 大 規 模 停 電 発 生 1 昼 休 み 終 了 後 通 常 の2 倍 の 速 度 ( 例 年 比 )で 電 力 需 要 が 増 加 2 系 統 の 電 圧 を 維 持 するための コンデンサによる 無 効 電 力 の 供 給 が 追 いつけず, 系 統 電 圧 が 中 央 部 の 系 統 を 中 心 に 低 下 万 kw( 東 京 電 力 の 約 1/5の 需 要 )の 需 要 家 が 停 電 4 結 果 として 需 要 が 減 ったため に, 系 統 電 圧 は 回 復 したがな かなか 安 定 な 電 圧 とならな かった 電 力 系 統 の 中 央 部 の 電 圧 電 圧 動 揺 電 圧 大 幅 低 下 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 14

16 1-10 送 電 容 量 はどうやって 決 まる? 送 電 能 力 は おおむね 送 電 電 圧 の2 乗 に 比 例 送 電 ロスは 電 圧 の2 乗 に 反 比 例 高 電 圧 の 基 幹 系 統 のロスは 小 さい:2~3%( 東 京 電 力 の 例 ) 送 電 能 力 の 目 安 ( 万 kw) 供 給 系 統 電 圧 6.6~7.7 万 V 15.4 万 V 27.5 万 V 18.7 万 V 基 幹 系 統 電 圧 50 万 V 100 万 V ( ) 送 電 電 圧 ( 万 V) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 15

17 1-10 送 電 容 量 はどうやって 決 まる? 運 転 可 能 限 界 送 電 電 力 の 決 まり 方 通 過 電 流 制 約, 安 定 度 制 約, 電 圧 制 約 の 最 も 厳 しい 制 約 が 送 電 容 量 を 決 める 系 統 の 状 態 によって 変 わるため 詳 細 なシミュレーションによって 確 認 送 電 能 力 電 圧 安 定 性 による 限 界 設 備 の 通 過 電 流 による 限 界 (*) 安 定 度 による 限 界 送 電 可 能 な 電 力 時 間 (*) ネットワーク 内 の 設 備 ( 送 電 線, 変 圧 器 など)に 電 流 を 流 し 過 ぎると 温 度 が 上 昇 しすぎて 壊 れてしまう 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 16

18 2. 電 気 を 送 る 設 備 ( 電 力 流 通 設 備 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社

19 2-1 電 力 システムの 構 成 超 高 圧 (50 万 ボルト)から100ボルトまで 一 貫 した 設 備 運 用 発 電 所 群 と 変 電 所 群 を 高 位 の 電 圧 で 結 ぶ 送 電 系 統 と, 配 電 用 変 電 所 から 消 費 者 までを 低 位 の 電 圧 で 結 ぶ 配 電 系 統 とで 構 成 発 電 送 電 変 電 配 電 お 客 さま 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 18

20 2-2 東 京 電 力 の 電 力 ネットワークの 発 展 の 歴 史 1955 年 当 時 山 間 部 の 水 力 発 電 所 と 京 浜 地 区 を 結 ぶ 154kV 送 電 線 と 都 区 内 周 辺 を 取 り 巻 く66kV 内 輪 線 で 構 成 1965 年 当 時 大 容 量 火 力 水 力 発 電 所 建 設 により 安 定 的 な 電 力 系 統 とするため 275kV 外 輪 系 統 を 構 築 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 19

21 2-2 東 京 電 力 の 電 力 ネットワークの 発 展 の 歴 史 1975 年 当 時 電 力 需 要 の 増 大 発 電 所 の 大 容 量 遠 隔 化 に 対 応 するため 500kV 外 輪 系 統 を 構 築 し 275kV 系 統 で 都 内 に 導 入 1985 年 当 時 首 都 圏 を 囲 む500kV 二 重 外 輪 系 統 がほぼ 完 成 その 後 も 需 要 の 増 大 電 源 の 開 発 に 対 応 して 500kV 系 統 を 逐 次 構 築 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 20

22 2-2 東 京 電 力 の 電 力 ネットワークの 発 展 の 歴 史 2014 年 現 在 遠 隔 地 の 大 容 量 発 電 所 の 開 発 進 展 系 統 規 模 拡 大 に 対 応 するため 500kV 外 輪 系 統 の 外 側 に1000kV 設 計 送 電 線 を 構 築 ( 現 在 は500kVで 運 転 中 ) また 都 内 の 需 要 増 加 に 伴 い 500kV 系 統 を 地 中 送 電 線 変 電 所 で 直 接 導 入 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 21

23 2-3 変 電 設 備 変 電 所 とは 電 気 の 電 圧 や 周 波 数 の 変 換 を 行 い 適 正 に 維 持 するとともに 各 系 統 の 接 続 開 閉 を 行 って 電 力 の 流 れを 制 御 する 電 力 流 通 の 拠 点 となる 施 設 西 群 馬 開 閉 所 新 古 河 変 電 所 敷 地 面 積 西 群 馬 開 閉 所 : 約 38,000m 2 新 古 河 変 電 所 : 約 270,000m 2 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 22

24 2-3 変 電 設 備 変 電 所 を 構 成 する 設 備 受 電 変 圧 送 電 断 路 器 LS 変 圧 器 Tr 1 次 側 設 備 2 次 側 設 備 遮 断 器 CB 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 23

25 2-4 送 電 設 備 送 電 線 は 発 電 所 と 変 電 所,あるいは 変 電 所 どうしの 間 を 結 んで, 大 量 の 電 気 を 高 電 圧 で 効 率 的 に 送 る 役 目 を 持 つ 新 新 潟 幹 線 新 新 潟 幹 線 電 圧 階 級 : 50 万 ホ ルト 線 路 亘 長 : 約 100km 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 24

26 2-4 送 電 設 備 送 電 線 を 構 成 する 設 備 架 空 地 線 地 上 高 80 m 1 送 電 線 がいし 1:50 万 ホ ルト 設 計 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 25

27 2-4 送 電 設 備 送 電 線 と 自 然 災 害 ( 落 雷 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 26

28 2-4 送 電 設 備 高 層 ビルが 立 ち 並 ぶ 都 心 地 区 には 高 い 供 給 信 頼 度 と 少 ないロスで 送 電 することができる 地 中 送 電 線 が 使 用 されている 50 万 ボルトや27 万 ボルトの 超 高 圧 で 電 気 を 送 る 狭 い 空 間 に 収 納 するため 安 全 な 絶 縁 処 理 が 施 されている 地 中 送 電 線 50 万 V 設 計 導 体 公 称 断 面 積 :2,500mm 2 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 27

29 2-5 配 電 設 備 配 電 線 を 構 成 する 設 備 高 圧 配 電 線 ホ ルト 2 1 高 圧 結 合 器 低 圧 配 電 線 220/110ホ ルト 3 2 自 動 開 閉 器 装 柱 写 真 4 3 柱 上 変 圧 器 4 遠 方 制 御 器 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 28

30 2-5 配 電 設 備 配 電 自 動 化 の 主 な 機 能 通 常 時 : 現 地 自 動 開 閉 器 の 入 切 を 遠 方 制 御 ( 業 務 効 率 の 向 上 ) 事 故 時 : 健 全 停 電 区 間 への 自 動 送 電 ( 停 電 時 間 の 短 縮 ) 隣 接 配 電 線 と 連 系 可 能 な 自 動 開 閉 器 ( 連 系 用 )を 自 動 的 に 遠 方 制 御 で 入 配 電 線 遮 断 器 自 動 送 電 復 旧 時 間 5 分 程 度 健 全 停 電 区 間 1 事 故 区 間 ロック 確 認 配 電 自 動 化 システム( 制 御 所 ) ロック 連 系 開 閉 器 事 故 区 間 事 故 4 入 制 御 2 復 旧 手 順 自 動 作 成 3 手 順 自 動 実 行 健 全 停 電 区 間 自 動 開 閉 器 ( 幹 線 用 ) 入 自 動 送 電 ~ 自 動 開 閉 器 入 : 自 動 開 閉 器 切 : 送 電 済 み 区 間 : 事 故 停 電 区 間 : 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 29

31 2-6 電 力 流 通 設 備 の 計 画 ( 系 統 計 画 ) 流 通 設 備 新 設 の 所 要 工 期 (( 例 ) 送 電 線 [50 万 V-2 回 線 亘 長 19km] ) 年 度 初 年 度 5 年 目 6 年 目 7 年 目 8 年 目 10 年 目 工 程 送 電 線 ルート 調 査 基 本 ルー ト 決 定 調 査 測 量 用 地 交 渉 工 事 着 手 運 転 開 始 関 係 自 治 体 と 事 前 協 議 工 事 着 手 できない 期 間 12 月 ~2 月 : 積 雪 時 期 2~7 月 : 気 象 猛 禽 類 の 繁 殖 時 期 建 設 箇 所 による 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 30

32 2-6 電 力 流 通 設 備 の 計 画 ( 系 統 計 画 ) 社 会 情 勢 エネルギー 需 要, 燃 料 コスト 環 境 技 術 動 向 など 設 備 更 新 ニーズ 形 成 のフロー 関 連 フロー 長 期 構 想 (20~30 年 ) 電 源 ベストミックス 流 通 系 統 の 骨 格 技 術 開 発 方 針 など 長 期 計 画 (10~15 年 ) 構 想 の 具 体 展 開 コストダウンなど 個 別 計 画 ( 数 年 ~15 年 ) 用 地 確 保, 共 同 溝 占 用 発 電 所, 変 電 所, 送 電 線 ( 計 画 中 止 も 含 む) 先 行 部 分 ( 条 件 整 備 ) (10~20 年 先 ) 用 地 ( 地 域 ) 調 査 技 術 開 発 設 備 形 成 コストダウンなど 計 画 は 最 新 の 状 況 を 反 映 し 調 整 (ローリングプラン) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 31

33 2-6 電 力 流 通 設 備 の 計 画 ( 系 統 計 画 ) 具 体 的 計 画 事 項 送 電 電 圧 と 電 線 サイズ 送 電 能 力 と 経 済 性 から 評 価 架 空 送 電 と 地 中 送 電 環 境 性, 経 済 性, 地 域 性 から 評 価 送 電 方 式 と 回 線 構 成 ループ 方 式 と 放 射 状 方 式 多 くの 場 合, 架 空 送 電 線 には1ルート2 回 線 構 成 を 採 用 送 電 線 の 変 電 所 への 引 き 込 み 方 式 π 引 き 込 み 方 式 やT 引 き 込 み 方 式 を 採 用 送 電 能 力, 信 頼 度, 経 済 性, 運 用 面 から 評 価 変 電 所 規 模 と 母 線 構 成 変 電 所 の 系 統 における 位 置 づけ, 供 給 規 模, 信 頼 度 から 評 価 発 電 設 備 の 仕 様 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 32

34 2-7 電 力 流 通 設 備 の 運 用 ( 需 給 運 用 ) 中 央 給 電 指 令 所 (24 時 間 3 交 替 のコントロールセンター)で 周 波 数 調 整 需 給 周 波 数 調 整 出 力 変 化 速 度 制 約 等 を 考 慮 した 指 令 により 周 波 数 を 一 定 に 維 持 朝 の 立 ち 上 がり 時 の 指 令 イメージ 中 央 給 電 指 令 所 ( 東 京 電 力 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 33

35 2-7 電 力 流 通 設 備 の 運 用 ( 系 統 運 用 ) 系 統 運 用 の 役 割 系 統 の 安 定 運 用 ( 大 規 模 停 電 防 止 迅 速 な 事 故 復 旧 ) 経 済 的 な 運 用 事 前 の 準 備 ( 系 統 運 用 計 画 ) 様 々な 断 面 のシミュレーションにより, 安 定 運 転 対 策 をオフラインで 検 討 来 年,1ヶ 月 先, 来 週, 翌 日,あるいは 正 月,GWなどの 特 殊 期 間 送 変 電 設 備 の 停 止 計 画 リアルタイムオペレーション( 日 々の 運 用 ) 需 給 バランス 維 持 ( 系 統 制 約 を 考 慮 した 経 済 負 荷 配 分 (ELD)) 周 波 数 制 御 (LFC) 電 圧 調 整 のための 無 効 電 力 制 御 (VQC) 系 統 保 護 システムによる 事 故 除 去 事 故 波 及 防 止 等 < 参 考 : 系 統 制 約 を 考 慮 した 電 源 運 用 > 通 常 時 系 統 制 約 発 生 時 1 回 線 停 止 お 客 さま お 客 さま 経 済 性 の 高 い 発 電 所 ( 出 力 大 ) 経 済 性 の 低 い 発 電 所 ( 常 時 は 停 止 ) 経 済 性 の 高 い 発 電 所 ( 出 力 小 ) 経 済 性 の 低 い 発 電 所 ( 稼 働 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 34

36 参 考 揚 水 発 電 揚 水 発 電 効 率 約 70%でロスが 発 生 するため 必 要 量 のみ 稼 動 するのが 経 済 合 理 的 1 日 に 利 用 可 能 な 水 量 上 池 と 下 池 の 容 量 制 約 一 晩 で 汲 み 上 げ 可 能 な 水 量 には 限 界 があることから ある 特 定 の1 日 だけでなく 連 続 した 複 数 日 の 池 水 位 を 総 合 的 に 考 慮 し 計 画 的 な 運 用 をする 必 要 揚 水 発 電 とは 軽 負 荷 時 に 下 池 の 水 を 汲 み 上 げ 重 負 荷 時 にこの 水 を 発 電 に 使 用 する 発 電 所 [ 出 所 ]パワーアカデミー 上 池 発 電 揚 水 G 下 池 日 々の 水 位 運 用 水 位 運 用 可 能 範 囲 揚 水 発 電 の 運 用 は 池 水 位 制 約 により1 日 単 位 では 定 まらず 週 間 単 位 の 計 画 が 重 要 である 昼 夜 昼 夜 昼 夜 1 日 目 上 限 水 位 発 電 揚 水 発 電 揚 水 発 電 揚 水 下 限 水 位 2 日 目 3 日 目 日 数 上 池 水 位 の 上 限 制 約 ダム 設 計 上 の 許 容 範 囲 で 運 用 が 必 要 ( 洪 水 時 は 運 用 上 限 を 下 げる 箇 所 あり) 上 池 水 位 の 下 限 制 約 発 電 用 の 権 利 水 量 や 取 水 口 位 置 により 制 限 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 35

37 3. 電 力 流 通 設 備 の 新 しい 課 題 ~ 再 生 可 能 エネルギー 分 散 型 システムとの 統 合 電 力 全 面 自 由 化 ~ 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社

38 3-1 再 生 可 能 エネルギーの 拡 大 2,970 万 kw( 月 末 : 認 定 出 力 含 む) 1,080 万 kw( 月 末 実 績 ) 再 エネ 導 入 目 標 2020 年 2,800 万 kw 510 万 kw( 月 末 実 績 ) 再 エネ 固 定 買 取 制 度 開 始 ~ 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 37

39 3-1 太 陽 光 発 電 の 連 系 数 と 出 力 推 移 ( 東 京 電 力 エリア) [ 万 kw] [ 千 軒 ] 万 kw 2013 年 11 月 末 現 在 :48 万 軒 275 万 kw 軒 数 太 陽 光 発 電 の 出 力 晴 天 変 化 曇 り 雨 天 扇 島 太 陽 光 発 電 所 1.3 万 kw 気 象 条 件 による にSource: 不 Energy 安 定 White な 出 Paper, 力 変 METI 化 160 神 奈 川 県 川 崎 市 神 奈 川 県 川 崎 市 < 出 所 > 東 京 電 力 HP: 毎 月 更 新 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 38 0

40 3-1 再 エネの 導 入 目 標 再 エネ 導 入 計 画 (2030 年 時 点 ) 太 陽 光 風 力 水 力 地 熱 バイオ 海 洋 エネルギー 基 本 計 画 (2010) 万 kw 5,340 1,000 2, 億 kwh , 革 新 的 エネルギー 環 境 戦 略 ( 民 主 党 ) (2012) 万 kw 億 kwh 6, , ,378 1, [ 出 所 ] 再 生 可 能 エネルギー 関 連 資 料, エネルギー 環 境 会 議, 2012 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 39

41 3-1 再 エネの 特 徴 1 ~ 変 動 予 測 困 難 ~ 出 力 が 変 動 する 太 陽 光 発 電 は 太 陽 高 度 への 依 存 を 基 本 に, 気 象 条 件 に 大 きく 依 存 風 力 発 電 も 気 象 条 件 に 大 きく 依 存 他 の 電 源 によるバックアップ 画 筆 用 出 力 の 予 測 把 握 が 困 難 予 測 精 度 は, 概 ね 天 気 予 報 と 同 程 度 小 規 模 設 備 の 実 時 間 計 測 通 信 はコスト 面 から 困 難 定 格 容 量 で 割 っ た 出 力 [%] 太 陽 光 発 電 出 力 太 陽 光 発 電 の 出 力 変 化 晴 天 定 格 容 量 で 割 った 出 力 [%] 風 力 発 電 出 力 雨 天 曇 り [ 出 所 ] Energy White Paper, METI [ 時 ] [ 出 所 ] Tappi Wind Park, Aug 1999 [ 日 ] 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 40

42 3-1 再 エネの 特 徴 2 ~ 低 密 度 需 要 地 遠 隔 ~ 再 エネの 多 くは 太 陽 エネルギー 由 来 であり,エネルギー 密 度 が 小 太 陽 光 発 電 はスケールメリットが 小 さいため 小 規 模 配 電 系 統 に 接 続 ( 特 に 風 力 で) 適 地 が 偏 在 ( 需 要 地 域 から 離 れている) 以 上 から, 普 及 時 に 送 電 系 統 や 配 電 系 統 の 設 備 増 強 を 要 する 可 能 性 風 力 大 量 導 入 地 域 高 需 要 地 域 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 41

43 3-1 再 エネ 大 量 普 及 の 課 題 1 ~ 需 給 調 整 力 ~ 各 種 電 源 の 制 約 と, 再 エネ 予 測 の 不 確 実 性 を 考 慮 すると, 運 用 は 複 雑 化 再 エネ( 下 図 では 太 陽 光 ) 出 力 の, 天 候 に 依 存 した 変 化 に 備 え, 既 設 電 源 ( 代 表 的 には 火 力 )をバックアップ 運 転 させる 必 要 部 分 負 荷 運 転 時 ( 出 力 を 絞 って 運 転 する 場 合 )の 火 力 は 効 率 が 低 下 する 火 力 は 最 低 出 力 以 下 では 安 定 に 運 転 できない またいったん 止 めてしまうと 再 起 動 に 時 間 がかかる( 数 時 間 ~ 数 日 ) 揚 水 発 電 を 余 剰 吸 収 に 用 いることもできるが 効 率 は70% 程 度 でロス 発 生 火 力 発 電 機 は 最 低 出 力 ( 下 限 値 ) 以 下 では 安 定 に 運 転 で きない 総 需 要 火 力 ( 最 低 出 力 ) + 水 力 + 原 子 力 他 天 候 の 時 間 的 変 化 の 例 晴 太 陽 光 曇 太 陽 光 雨 火 力 ( 調 整 可 能 分 ) [ 出 所 ] 既 設 火 力 に よるバック アップ( 変 動 分 補 償 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 42

44 3-1 再 エネ 大 量 普 及 の 課 題 2 ~ 再 エネの 余 剰 ~ 大 量 普 及 下 での 需 給 バランスの 例 を 下 図 に 示 す 従 来 との 違 いは, 揚 水 のエネルギー 規 模 拡 大 と 運 用 変 更 図 から 見 て 取 れる 課 題 は 次 のとおり 揚 水 等 のエネルギー 貯 蔵 設 備 が 不 足 してくる 揚 水 機 の 発 電 と 動 力 を 短 時 間 で 切 り 替 えるケースが 生 じてくる さらに 予 測 外 れも 考 慮 する 必 要 があるため, 運 用 が 複 雑 化 する 揚 水 発 電 は, 上 池 下 池 容 量 の 範 囲 でしかエネ ルギー 貯 蔵 でき ない 揚 水 動 力 揚 水 発 電 揚 水 動 力 揚 水 発 電 総 需 要 総 需 要 太 陽 光 ベース 供 給 力 火 力 ( 最 低 出 力 ) + 水 力 + 原 子 力 他 ベース 供 給 力 火 力 ( 最 低 出 力 ) + 水 力 + 原 子 力 他 太 陽 光 無 の 場 合 の 需 給 運 用 ( 軽 負 荷 期 ) 太 陽 光 大 量 導 入 後 ( 同 時 期 晴 天 日 ) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 43

45 3-1 再 エネ 大 量 普 及 の 課 題 3 ~ 電 圧 逸 脱 ~ 配 電 系 統 の 末 端 に 再 エネが 大 量 に 接 続 され 発 電 すると, 電 圧 が 上 昇 し 許 容 範 囲 を 逸 脱 する 恐 れがある (なお, 過 電 圧 を 防 止 するため, 再 エネ 機 器 自 身 が 連 系 地 点 の 電 圧 に 応 じ て, 出 力 抑 制 する 機 能 が 具 備 されている ) 高 圧 (6600V) 低 圧 (100V) 出 力 抑 制 柱 上 変 圧 器 二 次 側 直 下 の 電 圧 電 圧 107V 95V 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 44

46 3-2 分 散 システムとの 統 合 (スマートメータシステム) 国 際 標 準 の 製 品 導 入 により 技 術 的 拡 張 性 を 担 保 将 来 的 にマルチベンダ 化 とする 事 でコストを 削 減 宅 内 HAN EMS 等 ホームエリアネットワーク ( 宅 内 機 器 相 互 間 の 通 信 ネットワーク) 領 域 1 スマート メータ ECHONET Lite FAN フィールト エリア ネットワーク (メーターまわりの 通 信 ネットワーク) IPプロトコル (v6)を 実 装 コンセント レータ ( 集 約 装 置 ) 領 域 2 WAN ワイト エリア ネットワーク ヘッドエンド (データ 収 集 および 通 信 制 御 を 行 う 装 置 ) 国 際 標 準 規 格 (IEC , 61,62)に 準 拠 領 域 3 MDMS (メーターテ ータ マネシ メント システム) WAN お 客 さま 管 理 システム (TEPCO) お 客 さま 管 理 システム ( 新 電 力 等 ) 原 則, 国 際 標 準 規 格 (IEC61968-CIM) に 準 拠 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 45

47 3-2 スマートメーター 導 入 で 実 現 する 機 能 の 例 太 陽 光 ご 高 齢 者 見 守 りサービス 携 帯 インターネット 節 電 サービス (EMS) 事 業 者 見 える 化 (Web) 見 える 化 ( 直 接 提 供 ) 地 域 情 報 サービス セキュリティ サービス 事 業 者 等 自 動 検 針 計 量 機 能 通 信 HEMS 蓄 電 池 MDMS スマートメーター 需 要 調 整 (デマンドレスポンス) 電 気 自 動 車 省 エネルギーコンサルト 携 帯 インターネット 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 46

48 3-2 デマンドレスポンスの 活 用 拡 大 [ 万 kw] 家 庭 用 DR デイリー ウィークリープラン BSP 緊 急 時 調 整 249 万 kw ピーク 需 要 の 4~5% 発 電 設 備 容 量 縮 小 により 設 備 投 資 抑 制 計 画 年 度 < 出 所 > 新 総 合 特 別 事 業 計 画 (2014) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 47

49 3-2 家 庭 用 デマンドレスポンスメニューの 検 討 導 入 < 横 浜 スマートシティプロジェクト(YSCP) 家 庭 部 門 におけるDR 実 証 イメージ> 横 浜 スマートシティプロジェクト(YSCP)の 結 果 等 を 踏 まえ 新 たなデマンドレスポンス 新 メニューへ 反 映 予 定 DR 信 号 ( 需 要 抑 制 信 号 ) 計 量 データ インターネット ~9 実 証 では 最 大 ピークカット 効 果 15.2% kw Bルート ピーク 時 間 時 刻 1,900 世 帯 CPP(Critical Critical Peak Pricing) 需 給 バランスが 危 機 的 状 況 になると 予 想 される 日 のピーク 時 間 帯 の 料 金 を 大 幅 に 引 き 上 げ 円 /kwh PTR(Peak Peak Time Rebate) CPPの 該 当 時 間 帯 に, 電 力 消 費 を 抑 制 した 需 要 家 にリベートを 付 与 kw ピーク 時 間 時 刻 ピーク 時 間 時 刻 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 48

50 3-2 アグリゲーターを 介 したデマンドレスポンス 電 気 需 給 契 約 電 力 会 社 調 整 依 頼 契 約 アグリゲータ 各 需 要 家 に 抑 制 通 知 複 数 の 需 要 家 デマンドレスポンス 契 約 アグリゲーター 需 要 家 間 で 締 結 したデマンドレスポンス 契 約 に 基 づき, 電 力 需 要 を 抑 制 空 調 ( 設 定 温 度 変 更 等 ) 照 明 ( 間 引 き 照 度 変 更 等 ) 休 止 中 の 自 家 発 稼 働 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 49 49

51 3-3 現 在 の 日 本 の 電 力 市 場 新 信 濃 FC: FC: 300MW 2 佐 久 間 FC: FC: 300MW 東 清 水 FC: FC: 300MW 九 州 中 国 500kV 500kV 500kV 関 西 北 陸 500kV 500kV 中 部 北 海 道 DC±250kV 東 北 東 京 500kV 四 国 DC±250kV 60Hz 系 統 50Hz 系 統 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 50

52 3-3 部 分 自 由 化 ( 現 在 )における 各 フ レイヤーの 役 割 分 担 広 域 電 力 系 統 利 用 協 議 会 (ESCJ) 地 域 間 連 系 線 混 雑 管 理 一 般 電 気 事 業 者 域 内 域 内 の 需 給 ミスマッチ(ACE: Area Control Error) を 最 小 化 周 波 数 調 整 イン 送 供 配 給 電 義 網 務 の 所 有 運 用 バランス 調 整 など 発 託 電 送 応 卸 諾 取 義 引 務 新 電 力 小 売 BG(BRP)を 構 成 G D G D G D 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 51

53 3-3 電 力 の 全 面 自 由 化 後 の 各 フ レイヤーの 役 割 分 担 広 域 広 域 的 運 営 推 進 機 関 TSO 間 協 調 域 内 送 配 電 事 業 者 (TSO) 域 内 の 需 給 ミスマッチ(ACE: Area Control Error)を 最 小 化 送 配 電 網 の 所 有 運 用 周 波 数 調 整 インバランス 調 整 市 場 参 加 者 1 ( 発 電 小 売 事 業 者 ) 市 場 参 加 者 2 G D G D G D 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 52

54 3-3 送 電 系 統 運 用 者 (TSO)と 市 場 参 加 者 (BG)の 役 割 分 担 市 場 参 加 者 (バランスグループBG) 1. お 客 さまに 低 廉 な 電 気 を 供 給 するため 経 済 性 効 率 性 を 追 求 2. 自 社 需 要 を 想 定 一 定 時 間 単 位 での 自 社 需 給 をバランス (ずれ 分 はTSOがまとめて 調 整 して 精 算 ) 3. TSOもしくはTSOの 運 営 する 市 場 にアンシラリーサービス( 周 波 数 調 整 混 雑 管 理 など)を 提 供 TSOの 定 めるルールやインセンティブにより 安 定 供 給 に 貢 献 TSO 1. 短 期 的 な 安 定 供 給 を 維 持 ( 周 波 数 維 持 電 圧 維 持 など) 安 定 供 給 確 保 のための 各 種 のサービス(アンシラリーサービ ス)を 市 場 参 加 者 から 公 平 かつ 競 争 的 な 手 段 で 調 達 2. 中 長 期 的 な 需 給 バランス 維 持 に 向 けたインセンティブの 導 入 3. 中 長 期 的 な 系 統 計 画 中 長 期 の 義 務 は 市 場 や 契 約 にゆだねられる 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 53

55 3-3 TSOとBGの 役 割 分 担 上 の 課 題 例 1 現 在 東 京 電 力 ( 全 体 調 整 ) 常 時 の 需 給 調 整 全 面 自 由 化 後 事 業 者 (BG) 毎 TSO( 全 体 調 整 ) Demand Demand Demand 8.4GW ずれ 分 140MW/min ずれ 分 と30 分 以 内 の 変 動 を 調 整 7:30 8:00 8:30 9:00 7:30 8:00 8:30 9:00 7:30 8:00 8:30 9:00 まとめて 調 整 BG/TSOの 役 割 分 担 による 調 整 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 54

56 3-3 TSOとBGの 役 割 分 担 上 の 課 題 例 2 非 常 時 対 応 火 力 発 電 の 定 期 点 検 の 延 期 経 年 火 力 発 電 所 の 運 転 再 開 緊 急 設 置 電 源 の 設 置 新 増 設 機 の 試 運 転 電 力 の 活 用 定 格 出 力 を 超 える 出 力 での 運 転 需 要 抑 制 など 信 頼 度 維 持 のための 運 用 天 候 急 変 などに 備 え - ネットワークを 切 り 替 えるために コスト の 高 い 発 電 所 を 運 転 - 大 規 模 電 源 脱 落 時 の 瞬 動 予 備 力 を 確 保 する ため 揚 水 発 電 所 を 動 力 運 転 - 発 電 所 の 持 ち 替 え( 経 済 性 を 犠 牲 )による 潮 流 の 事 前 調 整 系 統 ルート 断 へ 備 えて 潮 流 を 調 整 G D G=D 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 55

57 4. 将 来 のグリッドに 向 けて 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社

58 4-1 今 後 の 電 力 流 通 部 門 (グリッド)の 役 割 とは? 高 品 質 な 電 気 を 安 全 かつ 出 来 るだけ 安 価 にお 届 け 追 加 されるミッション 役 割 の 拡 大 グリッド 上 でさまざまなサービスを 行 う 市 場 参 加 者 に 対 す る プラットフォーム を 提 供 スマートメーターなど 情 報 の 管 理 や 提 供 も 含 む 自 ら 提 供 するプラットフォーム 上 での 市 場 参 加 者 の 競 争 を 通 じてお 客 さまにとってのよりよいサービスや 経 済 性 を 実 現 電 力 会 社 や 発 電 側 だけでなく 需 要 側 からもサービス 調 達 電 力 システム 全 体 での 整 合 性 確 保 や 全 体 最 適 を 実 現 するためのルー ル 作 りやインセンティブを 導 入 ICTなどを 活 用 しプラットフォームを 常 に 進 化 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 57

59 4-2 将 来 に 向 けた 取 り 組 みの 領 域 例 広 域 的 運 用 推 進 機 関 2 系 統 運 用 の 広 域 化 ( 広 域 周 波 数 調 整 ) 他 社 3 地 域 間 連 系 容 量 拡 大 風 力 送 電 網 給 電 指 令 所 4 将 来 の 再 エネ エネ 大 量 導 入 に 向 けた けた 予 測 調 整 抑 制 と 需 給 運 用 検 討 1 配 電 ネットワーク 高 度 化 変 電 所 蓄 電 池 蓄 電 池 太 陽 光 原 子 力 水 力 火 力 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 58

60 4-2 1 配 電 ネットワークの 高 度 化 < 次 期 配 電 自 動 化 > 太 陽 光 連 系 協 議 電 圧 計 算 簡 素 化 自 家 発 電 SVR 等 最 適 配 置 風 力 発 電 太 陽 光 発 電 スマートメーター 現 地 機 器 の 遠 隔 設 定 による 非 出 向 配 電 用 変 電 所 < 事 業 所 > 新 たな 情 報 電 圧 電 流 等 計 測 情 報 位 相 差 計 測 による 異 系 統 ループ 切 替 東 京 電 力 断 線 等 の 事 故 予 兆 検 出 による 事 故 未 然 防 止 :センサ 内 蔵 自 動 開 閉 器 : 配 電 網 : 情 報 通 信 網 高 圧 線 断 線 等 監 視 情 報 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 59

61 4-2 2 地 域 間 連 系 の 広 域 化 による 風 力 発 電 の 導 入 拡 大 ~ 東 地 域 実 証 ~ 課 題 北 海 道 東 北 : 風 力 発 電 の 適 地 が 多 いが 系 統 容 量 が 小 さく 連 系 可 能 量 に 制 約 東 京 電 力 : 系 統 容 量 が 大 きいが 風 力 発 電 の 適 地 が 少 ない 実 証 試 験 地 域 間 連 系 線 を 使 用 系 統 規 模 の 大 きい 東 京 の 調 整 力 を 活 用 [ 出 所 ] 東 京 電 力 プレス(2011) 風 力 発 電 20 万 kw 募 集 風 力 発 電 40 万 kw 募 集 供 給 現 状 調 整 力 調 整 力 ベース 電 源 将 来 調 整 力 調 整 力 供 給 ベース 電 源 需 要 需 要 東 京 電 力 への 送 電 分 調 整 力 の 不 足 時 には, 風 力 発 電 所 の 出 力 を 制 御 風 力 発 電 の 出 力 制 御 連 系 線 利 用 による 拡 大 地 域 間 連 系 線 の 活 用 北 海 道 東 北 電 力 から 受 電 することで 北 海 道 東 北 両 地 域 の 調 整 力 を 拡 大 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 60

62 4-2 2 広 域 周 波 数 調 整 の 導 入 広 域 機 関 (i)res 出 力 増 MAX Hydro Thermal Wind 0 (iii) 電 源 調 整 MAX 0 Thermal 調 整 Area A (ii) 調 整 力 を 各 エ リアに 配 分 連 系 線 潮 流 ΔPT Area B Thermal Hydro 調 整 (iii) 電 源 調 整 MAX 0 中 央 給 電 指 令 所 (TSO A) 中 央 給 電 指 令 所 (TSO B) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 61

63 4-2 3 地 域 間 連 系 容 量 の 拡 大 東 京 (50Hz)と 中 部 (60Hz)の 電 力 を 直 流 に 変 換 し 地 域 間 連 系 を 強 化 東 西 連 系 容 量 を120 万 kw 210 万 kwへ 拡 大 2020 年 度 の 運 用 開 始 を 目 指 し プロジェクト 推 進 中 長 野 方 面 直 流 連 系 (90 万 kw) の 新 設 越 前 加 賀 南 福 光 60Hz 50Hz 新 高 瀬 川 信 濃 幹 線 新 北 信 柏 崎 刈 羽 新 榛 名 新 東 信 秩 新 信 濃 佐 久 父 線 中 信 安 曇 幹 線 新 秩 父 系 統 越 美 50Hz 信 濃 60Hz 系 統 幹 線 上 越 南 新 潟 幹 線 西 群 馬 現 状 の 東 西 連 系 設 備 ( 周 波 数 変 換 所 ) 佐 久 間 ( 電 源 開 発 )30 万 kw 新 信 濃 ( 当 社 ) 60 万 kw 東 清 水 ( 中 部 ) 30 万 kw Hz 系 統 合 計 120 万 kw 岐 阜 南 信 西 群 馬 幹 線 新 多 摩 嶺 南 北 部 南 信 幹 線 東 山 梨 新 秦 野 北 近 江 豊 根 幹 線 豊 根 佐 久 間 新 富 士 東 近 江 東 栄 幹 線 東 栄 静 岡 幹 線 静 岡 駿 河 東 清 水 < 出 所 > 東 京 中 部 間 連 系 設 備 の 増 強 に 関 わる 提 言 ESCJ (2013) 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 62

64 4-2 4 広 域 周 波 数 調 整 や 分 散 システムを 統 合 した 再 エネ 拡 大 策 送 配 電 事 業 者 B 広 域 機 関 抑 制 予 測 把 握 調 整 調 整 再 エネ 電 源 出 力 変 動 抑 制 予 測 把 握 地 域 間 連 系 給 電 指 令 所 制 御 所 TM 情 報 制 御 信 号 調 整 用 電 源 送 配 電 事 業 者 A 調 整 調 整 オンライン リアルタイム 制 御 必 要 調 整 力 の 確 保 揚 水 発 電 の 活 用 火 力 発 電 の 調 整 力 拡 大 デマンド レスポンス ( 新 たな 制 御 資 源 ) スマートメータ 蓄 電 池 EV ヒー トポンプ など 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 63

65 4-3 将 来 のグリッド 像 電 気 工 学 に 加 えて さまざまな 領 域 ( 経 済 金 融 ICT 機 械 など)の 知 見 を 総 合 的 に 発 揮 して 全 体 最 適 の 視 点 をもちながら 新 領 域 に 積 極 果 敢 にチャレン ジする 若 手 人 材 の 育 成 が 必 要 風 力 広 域 機 関 太 陽 光 広 域 系 統 60Hz 地 域 50Hz 地 域 地 域 間 融 通 能 力 拡 大 直 流 送 電 給 電 所 送 電 網 次 世 代 の 監 視 制 御 技 術 再 エネ 導 入 拡 大 に 向 けた 系 統 技 術 ネットワークの 高 度 化 技 術 変 電 所 配 電 網 制 御 所 急 速 充 電 器 蓄 電 池 情 報 通 信 網 電 圧 管 理 の 高 度 化 海 外 原 子 力 海 外 への 展 開 と 国 際 貢 献 水 力 火 力 大 規 模 集 中 電 源 協 調 分 散 電 源 EV スマートメーター 系 統 特 性 の 見 える 化 無 断 複 製 転 載 禁 止 東 京 電 力 株 式 会 社 64

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

術 の 活 用 により 太 陽 光 発 等 の 分 散 型 源 や 需 要 家 の 情 報 を 統 合 活 用 して 高 効 率 高 品 質 高 信 頼 度 の 供 給 システムの 実 現 を 目 指 すもの と 国 の 研 究 会 で 整 理 されている( 低 炭 素 供 給 システムに 関 する

術 の 活 用 により 太 陽 光 発 等 の 分 散 型 源 や 需 要 家 の 情 報 を 統 合 活 用 して 高 効 率 高 品 質 高 信 頼 度 の 供 給 システムの 実 現 を 目 指 すもの と 国 の 研 究 会 で 整 理 されている( 低 炭 素 供 給 システムに 関 する 関 西 が 考 えるスマートグリッドについて A Smart Grid concept of the Kansai Electric Power 関 西 株 式 会 社 The Kansai Electric Power Co., INC. 月 山 將 Susumu TSUKIYAMA キーワード:スマートグリッド(Smart Grid) 太 陽 光 発 (solar power system) (surplus

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3.

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3. 資 料 4 託 送 供 給 等 約 款 申 請 の 概 要 平 成 2 7 年 9 月 4 日 北 陸 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化

More information

( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28 年 目 途 に

( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28 年 目 途 に 電 力 自 由 化 に 関 連 した 各 種 取 組 について 平 成 26 年 5 月 13 日 経 済 産 業 省 ( 2015 年 目 途 : 新 たな 規 制 組 織 ) 電 力 システム 革 の 工 程 表 と 第 2 弾 正 の 位 置 づけ 電 事 法 第 1 弾 正 法 の 規 定 ( )に 基 づき 第 2 弾 正 ( 小 売 参 入 全 面 自 由 化 等 )について 平 成 28

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 7 23 7 2210 22 23 4 1500 1 120 1,200 24 ( 12 5 125 700 9 24 26 700 10 225 825 25 ( 26 25 9 ) 28 23 12 24 25 MH 100 1 HEMS 24 1 25 HEMS 2 24 6 40% 24 2 24 ( ) 30 ( ) 22 24 1,000 23 24 3 3 4

More information

エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性

エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性 電 力 自 由 化 におけるエネットのスマートサービス ~エネルギーとITの 融 合 によるスマートなエネルギーサービスの 取 り 組 み~ 2015 年 6 月 5 日 株 式 会 社 エネット 谷 口 直 行 エネットの 概 要 と 制 度 改 の 向 性 会社概要 エネルギーの新しい価値を創造する Ennet ENERGY NETWORK 株式会社エネット 英文名 ENNET Corporation

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 7- ガススマートメーターへの 取 組 み 平 成 24 3 月 2 日 一 般 社 団 法 人 日 本 ガス 協 会 ガス 業 界 全 体 としてのこれまでの 取 り 組 み マイコンメーターの 開 発 ~ 普 及 通 信 機 能 付 き 膜 式 メーターの 導 入 新 型 メーターの 仕 様 統 一 等 ガス 業 界 においては これまで 様 々な 取 組 みを 業 界 全 体 として

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気

1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報 告 されているが その 内 電 気 用 品 ( 移 動 可 能 な 電 熱 器 ( 電 気 資 料 1 自 然 災 害 ( 地 震 ) 時 における 電 気 火 災 防 止 への 対 応 について 平 成 26 年 5 月 14 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 1. 地 震 に 伴 う 電 気 火 災 発 生 等 の 状 況 (1) (1) 電 気 火 災 の 発 生 状 況 と 想 定 等 阪 神 淡 路 大 震 災 において85 件 の 電 気 火 災 が 報

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション FCVの 普 及 に 向 けた 水 素 供 給 事 業 の 展 開 について 2015 年 2 月 10 日 総 合 企 画 部 1 JXグループ 概 要 2010 年 7 月 発 足 国 内 燃 料 油 販 売 シェア シェア36%: 国 内 1 位 *2012 年 度 需 要 統 計 ベース パラキシレン 供 給 能 力 262 万 トン/ 年 :アジア1 位 原 油 天 然 ガス 生 産 量

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと 電 力 小 売 市 場 の 自 由 化 について 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 電 力 ガス 事 業 部 電 力 市 場 整 備 課 平 成 24 年 8 月 本 資 料 は 資 源 エネルギー 庁 のホームページからもダウンロードできます http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/index.html http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

Microsoft PowerPoint - 20150614横浜2014夏期_Optin_HEMS(解説付き版).pptx

Microsoft PowerPoint - 20150614横浜2014夏期_Optin_HEMS(解説付き版).pptx 2015 年 6 月 14 日 横 浜 スマートシティプロジェクト(YSCP)フォーラム ( 次 世 代 エネルギー 社 会 システムにおける デマンド レスポンス 経 済 効 果 調 査 事 業 ) 横 浜 市 における 社 会 実 証 (オプトイン 加 入 促 進 ) 世 界 に 先 駆 ける 社 会 実 装 化 HEMS 単 体 +PV 付 きHEMSデータ 分 析 版 京 都 大 学 大 学

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 資 料 4 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 活 動 状 況 について 平 成 27 年 6 月 25 日 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 理 事 長 金 本 良 嗣 目 次 2 1. 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 広 域 機 関 ) 発 足 までの 経 緯 2. 広 域 機 関 の 概 要 3. 発 足 後 の 活 動 概 要 4. 発 足 後 の

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

<95788E6D8E7382CC8AC28BAB4832382D3136322E786477>

<95788E6D8E7382CC8AC28BAB4832382D3136322E786477> 騒 音 振 動 Ⅰ 騒 音 振 動 公 害 の 現 況 1 環 境 基 準 騒 音 振 動 は 住 民 の 日 常 生 活 に 身 近 な 問 題 として 深 く 関 わり また 感 知 する 者 の 主 観 や 感 情 等 に 大 きく 左 右 される いわゆる 感 覚 公 害 の 1 つとされています 他 の 公 害 と 比 べ 苦 情 と しての 件 数 が 多 く 中 でも 工 場 事 業

More information

平成16年3月期 中間決算説明会資料

平成16年3月期 中間決算説明会資料 資 料 10 設 備 投 資 関 連 費 用 1. 設 備 投 資 2.レートベース 3. 減 価 償 却 費 4. 固 定 資 産 除 却 費 5. 有 識 者 会 議 の 提 言 事 項 関 連 平 成 24 年 6 月 12 日 東 京 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 設 備 投 資 1-1. 今 後 必 要 となる 設 備 投 資 額 3 1-2. 主 な 新 規 電 源 設 備 5

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定 1 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 5つの 経 営 方 針 に 基 づく 各 種 施 策 を 着 実 に 推 進 していくため 中 長 期 事 業 を 策 定 しました 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 の 実 績 及 び 今 後 の は 次 のとおりです 水 道 事 業 ❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 新 流 杉 浄 水 場 ( 現 施 設 能 力 100,000m3

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

中山間地域ってなあに?

中山間地域ってなあに? 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 等 発 電 施 設 導 入 のポイント 農 村 振 興 課 環 境 対 策 担 当 平 成 27 年 3 月 6 日 目 次 1 農 業 農 村 の 概 況 1 2 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 可 能 量 2 3 農 村 地 域 における 太 陽 光 発 電 の 手 引 ( 抜 粋 ) 5 4 農 業 用 水 を 活 用 した

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 )

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 小 売 全 面 自 由 化 によって

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

( 様 式 2) ( 1 / 1 ) 事 業 者 概 要 書 1. 事 業 者 情 報 事 業 者 名 業 種 エネルギー 販 売 業 所 在 地 - 東 京 都 中 央 区 町 丁 目 番 号 代 表 者 氏 名 環 境 太 郎 設 立 年 月 日 年 月 日 資 本 金 ( 万 円 ) 5,00

( 様 式 2) ( 1 / 1 ) 事 業 者 概 要 書 1. 事 業 者 情 報 事 業 者 名 業 種 エネルギー 販 売 業 所 在 地 - 東 京 都 中 央 区 町 丁 目 番 号 代 表 者 氏 名 環 境 太 郎 設 立 年 月 日 年 月 日 資 本 金 ( 万 円 ) 5,00 ( 様 式 1) 平 成 25 年 3 月 15 日 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチブ 代 表 理 事 赤 池 学 殿 東 京 都 中 央 区 町 丁 目 番 号 代 表 取 締 役 社 長 環 境 太 郎 印 平 成 24 年 度 スマートマンション 導 入 加 速 化 推 進 事 業 アグリゲータ 登 録 申 請 書 平 成 24 年 度 スマートマンション 導 入 加 速

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保

我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保 電 力 システム 改 革 の 概 要 平 成 26 年 10 月 経 済 産 業 省 我 が 国 の 電 気 事 業 制 度 1 1. 戦 後 我 が 国 においては 民 間 電 力 会 社 10 社 の 垂 直 一 貫 体 制 による 地 域 独 占 と 総 括 原 価 方 式 により 投 資 回 収 を 保 証 する 電 気 事 業 制 度 の 下 大 規 模 電 源 の 確 保 と 地 域 への

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

090723自治制度演習A(新井田智).doc

090723自治制度演習A(新井田智).doc 自 治 制 度 演 習 A 2009/7/23 公 共 経 営 研 究 科 1 年 新 井 田 智 新 潟 市 市 街 地 周 辺 地 域 における 公 共 交 通 状 況 -デマンド 型 交 通 システム 導 入 の 可 能 性 - はじめに 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 核 家 族 化 による 高 齢 者 世 帯 のみの 増 加 により 自 家 用 車 中 心 の 生 活 形 態

More information

スライド 1

スライド 1 太 陽 光 発 電 システムを 導 入 した 環 境 配 慮 型 賃 貸 アパートのご 提 案 太 陽 光 発 電 を 搭 載 し 空 室 ゼロへ 今 賃 貸 アパートへの 太 陽 光 発 電 システム 導 入 が 増 えています なぜ? エコカー 減 税 & 補 助 金 家 電 版 エコポイント 住 宅 版 エコポイントなど 政 府 の 緊 急 景 気 対 策 で 推 し 進 められたエコへの 取

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

PPTVIEW

PPTVIEW マンション 管 理 組 合 様 への 電 気 料 金 の 削 減 と 節 電 の ご 提 案 NPO-MOC 2013 年 2 月 吉 日 はじめに マンション 世 帯 に 安 価 な 電 力 が 得 られる 方 法 をご 提 案 なぜ 電 気 料 金 が 安 くなるのか? その 方 法 といは? さらに 節 電 が 促 進 できる! さらに 省 電 力 化 が 推 進 できる! さらに 安 心 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A 5 騒 音 振 動 関 係 (1) 法 令 等 の 概 要 ア 騒 音 規 制 法 / 昭 和 43 年 法 律 98 号 振 動 規 制 法 / 昭 和 51 年 法 律 64 号 工 場 及 び 事 業 場 から 発 生 する 騒 音 振 動 を 規 制 し 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 を 推 進 する 法 律 です 法 で 定 める 特 定 施 設 を 設 置 する 工 場 及 び 事

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information