審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補"

Transcription

1 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社

2 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 漏 えいした 重 油 により 防 油 堤 内 で 火 災 が 発 生 した 場 合 でも アクセ スルートまで 約 30mの 離 隔 距 離 が 確 保 されており ルート 上 の 放 射 熱 強 度 が 長 時 間 さらされても 苦 痛 を 感 じない 強 度 である.6kW/m 2 以 下 まで 低 減 されることから 通 行 は 可 能 と 考 える 補 助 ボイラ 燃 料 タンク 近 傍 に 着 火 源 となるものがないため 火 災 の 発 生 は 考 えにくいが 仮 に 火 災 が 発 生 した 場 合 専 属 消 防 隊 による 初 期 消 火 活 動 を 実 施 する 初 期 消 火 活 動 にて 消 火 が 困 難 な 場 合 は 継 続 して 周 辺 施 設 への 延 焼 防 止 に 努 め 被 害 の 拡 大 防 止 を 図 るとともに 大 容 量 ポンプ 車 ( 泡 消 火 設 備 ) 及 び 放 水 砲 による 消 火 活 動 を 実 施 する なお 発 電 所 内 で 火 災 が 発 生 した 場 合 に 使 用 する 消 火 設 備 として 消 防 自 動 車 2 台 と 泡 消 火 薬 剤 2,200lを 配 備 し ている

3 火 災 想 定 施 設 配 置 : 防 護 上 の 観 点 から 公 開 できません 2

4 火 災 想 定 施 設 配 置 : 防 護 上 の 観 点 から 公 開 できません 3

5 補 助 ボイラ 燃 料 タンク 消 火 活 動 について アクセスルートまで 約 30mの 離 隔 距 離 が 確 保 されており 万 一 初 期 消 火 活 動 にて 消 火 が 完 了 しなかった 場 合 でも ルート 上 の 放 射 熱 強 度 が 長 時 間 さらされても 苦 痛 を 感 じない 強 度 である.6kW/m 2 以 下 まで 低 減 されることから 通 行 は 可 能 と 考 える 川 内 原 子 力 発 電 所 内 には 火 災 が 発 生 した 場 合 の 初 期 消 火 活 動 用 として 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 に 消 防 自 動 車 2 台 と 泡 消 火 薬 剤 を 約 2,200l 配 備 しており また 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 は 地 震 により 倒 壊 しないことを 別 途 確 認 している 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 で 火 災 が 発 生 した 場 合 は 専 属 消 防 隊 による 初 期 消 火 活 動 を 実 施 する 初 期 消 火 活 動 にて 消 火 が 困 難 な 場 合 は 継 続 して 周 辺 施 設 への 延 焼 防 止 に 努 め 被 害 の 拡 大 防 止 を 図 るとともに 大 容 量 ポンプ 車 泡 消 火 設 備 ( 約 000l 4 基 ) 及 び 放 水 砲 による 消 火 活 動 を 実 施 する また 中 間 受 槽 の 設 置 箇 所 や 仮 設 ホースの 敷 設 ルートは 火 災 の 影 響 を 受 けないような 箇 所 に 設 置 する 出 典 石 油 コンビナートの 防 災 アセスメント 指 針 主 要 変 圧 器 の 火 災 について 地 震 により 主 要 変 圧 器 が 損 傷 変 圧 器 内 の 絶 縁 油 が 漏 洩 し 火 災 が 発 生 した 場 合 は 迂 回 ルートを 使 用 した 通 行 及 び 仮 設 ホースの 敷 設 が 可 能 である ( 前 ページ 火 災 想 定 施 設 配 置 参 照 ) 防 油 堤 内 に 漏 えいした 絶 縁 油 は 防 油 堤 内 の 集 油 マスに 流 入 した 後 地 下 の 漏 油 受 槽 に 流 下 するため 万 一 火 災 が 発 生 した 場 合 でもアクセ スルートへの 影 響 は 考 えにくい ( 防 油 堤 内 に 保 有 油 量 の 全 量 を 一 時 貯 留 できるよう 一 部 嵩 上 げ 及 び 補 強 を 実 施 する ) 各 漏 油 受 槽 は 当 該 変 圧 器 の 保 有 油 量 の 全 量 を 貯 留 するだけの 容 量 を 確 保 している 本 体 油 量 漏 油 受 槽 受 入 量 号 主 変 圧 器 / 所 内 用 変 圧 器 2 号 主 変 圧 器 / 所 内 用 変 圧 器 58kl 58kl 変 圧 器 漏 油 受 槽 600m 3 起 動 変 圧 器 予 備 変 圧 器 50kl 23.6kl 特 高 開 閉 所 漏 油 受 槽 390m 3 なお 各 変 圧 器 にはそれぞれ 水 噴 霧 消 火 設 備 が 設 置 されているが 水 源 タンクや 消 火 ポンプの 損 傷 により 消 火 が 出 来 ない 場 合 は 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 を 実 施 し 被 害 の 拡 大 を 防 止 する また 同 時 発 災 した 場 合 は アクセスルートへの 影 響 の 大 きい 箇 所 から 消 火 活 動 を 実 施 する 4

6 参 考 火 災 源 からの 放 射 熱 強 度 の 算 出 方 法 ( 出 典 ; 石 油 コンビナートの 防 災 アセスメント 指 針 ) 形 態 係 数 の 算 出 火 災 源 を 円 筒 火 炎 モデル として 設 定 し 火 災 源 からの 受 熱 側 が 受 け 取 る 放 射 熱 量 の 割 合 に 関 連 する 形 態 係 数 φを 算 出 する φ= πn tan - m n m π (A-2n) nab tan - A(n-) B(n+) - tan n - ただし H m= R 3, n= L R, A=(+n) 2+m2, B=(-n) 2+m2 (n-) (n+) 油 火 災 において 任 意 の 位 置 における 放 射 熱 ( 強 度 )を 計 算 により 求 めるには 半 径 が.5m 以 上 の 場 合 で 火 炎 の 高 さを 燃 焼 半 径 の3 倍 とした 円 筒 火 災 モデ ルを 採 用 する なお 燃 焼 半 径 Rは 次 の 式 から 算 出 する R= W d π R: 燃 焼 半 径 (m),w: 防 油 堤 幅 (m),d: 防 油 堤 奥 行 (m) 図 円 筒 火 炎 モデルと 受 熱 面 放 射 熱 強 度 の 算 出 火 災 源 の 放 射 発 散 度 Rfと 形 態 係 数 φより 受 熱 側 の 放 射 強 度 Eを 算 出 する E=Rf φ E: 放 射 熱 強 度 (W/m 2 ),Rf: 放 射 発 散 度 (W/m 2 ),φ: 形 態 係 数 液 面 火 災 では 火 炎 面 積 の 直 径 が0mを 越 えると 空 気 供 給 不 足 により 大 量 の 黒 煙 が 発 生 し 放 射 発 散 度 は 低 減 する 放 射 発 散 度 の 低 減 率 rと 燃 焼 容 器 直 径 Dの 関 係 は 次 式 で 算 出 する r=exp(-0.06d) ただし r=0.3 程 度 を 下 限 とする 表 主 な 可 燃 物 の 放 射 発 散 度 5

7 離 隔 距 離 と 輻 射 熱 強 度 の 関 係 各 可 燃 物 施 設 からアクセスルートまでの 離 隔 距 離 と 放 射 熱 強 度 が 長 時 間 さらされても 苦 痛 を 感 じない 強 度 である.6kW/m 2 以 下 とな る 距 離 を 以 下 に 示 す 表 放 射 熱 の 影 響 ( 出 典 : 石 油 コンビナートの 防 災 アセスメント 指 針 ) 火 炎 中 心 からの 距 離 防 油 堤 端 からの 距 離 火 災 時 に 使 用 する アクセスルートま での 離 隔 距 離 補 助 ボイラ 燃 料 タンク 約 25m 約 5m 約 30m 号 機 主 所 内 用 変 圧 器 約 25m 3 約 5m 3 約 80m 2 2 号 機 主 所 内 用 変 圧 器 約 25m 3 約 5m 3 約 35m 2 起 動 変 圧 器 約 25m 3 約 2m 3 約 65m 2 予 備 変 圧 器 約 20m 3 約 6m 3 約 45m 油 計 量 タンク 約 25m 3 約 20m 3 約 35m 防 油 堤 端 からの 距 離 2 迂 回 路 までの 距 離 3 絶 縁 油 及 びタービン 油 の 放 射 発 散 度 は 物 性 を 近 しい 重 油 の 値 を 使 用 して 算 出 6

8 主 / 所 内 用 変 圧 器 ヤード 防 油 堤 嵩 上 げ 及 び 補 強 主 / 所 内 用 変 圧 器 ヤード 防 油 堤 嵩 上 げ 及 び 補 強 イメージ 図 防 火 壁 0.4m 嵩 上 げ EL+3.8m(GL) 砂 利 石 グレーチング EL+3.0m(GL) A HTr MTr 集 油 マス 変 圧 器 漏 油 受 槽 A-A 断 面 A 変 圧 器 漏 油 受 槽 防 油 堤 嵩 上 げ(EL3.8mまで) 及 び 補 強 を 実 施 7

9 変 圧 器 故 障 時 の 火 災 拡 大 防 止 対 策. 主 変 圧 器 内 部 故 障 及 び 電 気 回 路 故 障 時 の 事 故 拡 大 防 止 対 策 変 圧 器 内 部 の 巻 き 線 及 び 電 気 回 路 に 地 震 等 により 短 絡 が 発 生 すると 主 変 圧 器 次 側 と2 次 側 の 電 流 の 比 率 が 変 化 することから 比 率 差 動 継 電 器 により 電 流 値 の 比 率 を 監 視 している 故 障 を 検 知 した 場 合 は 発 電 機 を 停 止 するため 瞬 時 に 主 変 しゃ 断 器 及 び 界 磁 しゃ 断 器 を 開 放 することにより 事 故 点 を 隔 離 し 電 気 的 に 遮 断 するため 万 一 絶 縁 油 が 漏 洩 したとしても 火 災 発 生 のリスクは 低 減 されると 考 える 500kV 母 線 主 変 圧 器 故 障 及 びプラントトリップ 時 の 主 なインターロック 87MA 主 変 圧 器 発 電 機 比 率 差 動 継 電 器 主 変 しゃ 断 器 OFケーブル 87MB 87MB 87G 主 変 圧 器 比 率 差 動 継 電 器 発 電 機 比 率 差 動 継 電 器 OR 主 変 圧 器 起 動 変 圧 器 原 子 炉 トリップ タービントリップ 30 秒 タービン 故 障 ( 軸 振 動 大 他 ) タービントリップ 0 秒 OR 2 87MA タービン 故 障 (スラスト 軸 受 磨 耗 ) タービントリップ 瞬 時 87G G 所 内 変 圧 器 2 発 電 機 トリップ 主 変 しゃ 断 器 界 磁 しゃ 断 器 切 切 界 磁 しゃ 断 器 受 電 しゃ 断 器 タービントリップ 原 子 炉 トリップ 接 地 変 圧 器 6.6kV 所 内 母 線 8

10 2 周 辺 タンクの 損 壊 ) 可 燃 物 施 設 及 び 薬 品 タンク 前 回 資 料 一 部 修 正 : 防 護 上 の 観 点 から 公 開 できません 9

11 可 燃 物 施 設 漏 洩 時 被 害 想 定 判 定 フロー 可 燃 物 施 設 前 回 資 料 一 部 修 正 Y 耐 震 S 設 計 又 は 耐 震 評 価 実 施 N Y 防 油 堤 の 設 置 の 有 無 Y 漏 洩 可 燃 物 が 全 量 収 容 可 能 か N Y 防 油 堤 の 耐 震 性 の 有 無 N アクセスルートから 離 隔 距 離 を 確 保 3 Y 2 N N 3 4 Y Y 運 用 等 による 可 燃 物 の 漏 えい 防 止 N 専 用 のコンテナ 倉 庫 等 に 収 容 2 N ボンベ 口 金 の 通 常 閉 運 用 ( 口 金 を 開 としている 期 間 は 作 業 員 を 配 置 し 直 ちに 閉 止 可 能 とする) 2 保 管 可 燃 物 は ドラム 缶 等 の 容 器 に 収 納 し 固 縛 し 転 倒 防 止 措 置 を 行 う 火 災 を 想 定 5 Y アクセスルートから 離 隔 距 離 を 確 保 可 能 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 6 N 設 計 ベースにて アクセスルートへの 影 響 を 排 除 運 用 ベースにて アクセスルートへの 影 響 を 排 除 迂 回 ルートの 設 定 により アクセスルートへの 影 響 を 排 除 専 属 消 防 隊 による 消 火 により アクセスルートへの 影 響 を 排 除 3 仮 に 火 災 が 発 生 した 場 合 でもアクセスルートに 影 響 はないが 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 を 実 施 する 0

12 可 燃 物 施 設 漏 洩 時 被 害 想 定 前 回 資 料 一 部 修 正 対 象 設 備 内 容 物 容 量 被 害 想 定 対 応 内 容 非 常 用 ディーゼル 発 電 機 燃 料 油 貯 油 槽 燃 料 油 貯 蔵 タンク 移 動 式 大 容 量 発 電 機 車 移 動 式 大 容 量 発 電 機 用 燃 料 タンク 重 油 35kl 200kl 0.7kl 2kl なし 耐 震 Sクラス 設 計 の 機 器 及 び 付 属 配 管 は 地 震 により 破 損 し ないため 火 災 は 発 生 しないと 考 えられる アスファルト 貯 蔵 タンク アスファルト m3 なし Ss 地 震 動 にて 耐 震 評 価 済 であり 地 震 により 破 損 しないこ とから 火 災 は 発 生 しないと 考 えられる 可 燃 物 の 引 火 点 が 高 い(260 )ことから 火 災 発 生 のリス クは 低 い 補 助 ボイラ 燃 料 タンク 重 油 500kl なし 燃 料 タンク 及 び 付 属 配 管 の 破 損 により 重 油 が 漏 洩 した 場 合 でも 高 さ2.3mの 防 油 提 内 に 全 量 溜 まる 防 油 堤 はSs 地 震 動 に 耐 えられるよう 補 強 を 実 施 済 火 災 が 発 生 した 場 合 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 を 実 施 す る 専 用 の 泡 消 火 設 備 を 有 している アクセスルートより 約 30m 程 度 離 れているためアクセス ルートへの 影 響 はない 2 油 計 量 タンク タービン 油 30kl なし 油 計 量 タンクは 通 常 運 転 時 は 貯 蔵 しておらず タンク 又 は 付 属 配 管 が 破 損 した 場 合 でも 漏 洩 しない 周 囲 に 防 油 堤 を 設 置 している ( 耐 震 補 強 予 定 ) 専 用 のCO 2 消 火 装 置 を 有 している 油 計 量 タンク 受 入 時 に 地 震 により 破 損 した 場 合 でも ター ビン 油 の 引 火 点 が 高 い(228 )ことから 火 災 発 生 のリス クは 低 い 火 災 が 発 生 した 場 合 は 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 を 実 施 する アクセスルートから 約 35m 程 度 離 れており アクセスルー トへの 影 響 はない 2

13 前 回 資 料 一 部 修 正 対 象 設 備 内 容 物 容 量 被 害 想 定 対 応 内 容 補 助 ボイラ 用 プロパンガスボ ンベ LPガス 4 本 なし ガスボンベの 口 金 を 開 けている 期 間 は 作 業 員 を 現 場 に 待 機 させることとしており 地 震 発 生 時 は 直 ちに 閉 止 が 可 能 であるため ガス 漏 洩 による 火 災 発 生 を 防 止 できる 運 用 と している 3 発 電 機 用 水 素 ガスコンテナ 水 素 ガス 2 基 なし 同 上 3 潤 滑 油 保 管 コンテナ ( 第 2,4,6 緊 急 用 保 管 エリア) 潤 滑 油 2.8kl なし 専 用 のコンテナ 内 にドラム 缶 等 を 固 縛 して 保 管 しており 着 火 源 となるものを 排 除 していることから 火 災 は 発 生 し ないと 考 えられる ( 保 管 状 況 はP7 図 参 照 ) 潤 滑 油 は 引 火 点 が 高 い( 約 40 以 上 )ことから 火 災 発 生 のリスクは 低 い 4 油 倉 庫 タービン 油 潤 滑 油 軽 油 5.4kl.0kl 0.4kl なし 消 防 法 に 基 づき 設 置 された 専 用 の 倉 庫 内 にドラム 缶 等 を 固 縛 して 保 管 しており 着 火 源 となるものを 排 除 しているこ とから 火 災 は 発 生 しないと 考 えられる ( 保 管 状 況 はP7 図 参 照 ) 4 危 険 物 屋 内 貯 蔵 庫 軽 油 ガソリン.9kl 0.4kl なし 同 上 ( 保 管 状 況 はP7 図 参 照 ) 4 ガソリンについては 今 後 使 用 しない 2

14 前 回 資 料 一 部 修 正 対 象 設 備 内 容 物 容 量 被 害 想 定 対 応 内 容 雑 固 体 焼 却 設 備 用 プロパンガ スボンベ LPガス 3 本 な し プロパンガスボンベは 横 置 きであり 基 礎 架 台 に 固 縛 して 設 置 していることから 転 倒 による 損 傷 は 考 えにくく ま た 着 火 源 とも 成 り 難 いため 火 災 の 発 生 はないと 考 える 基 礎 架 台 は 補 強 を 行 い ガスボンベの 転 倒 防 止 の 強 化 を 図 る 廃 棄 物 処 理 建 屋 ガスボンベ 室 は 前 面 が 開 放 されており 漏 えいした 場 合 でも 外 気 中 に 拡 散 する 4 水 素 マニホルド 建 屋 内 水 素 ボンベ 水 素 ガス 0 本 /0 本 な し 水 素 ボンベ( 通 常 0 本 中 2 本 開 運 用 )は 水 素 マニホルドに 一 連 で 固 定 されており 転 倒 による 損 傷 は 考 えにくく ま た 着 火 源 とも 成 り 難 いため 火 災 の 発 生 はないと 考 える 水 素 マニホルドは 補 強 を 行 い ガスボンベの 転 倒 防 止 の 強 化 を 図 る 換 気 扇 やガラリを 備 えた 屋 外 の 専 用 建 屋 であり 万 一 漏 洩 が 発 生 した 場 合 でも 外 気 中 に 拡 散 する 4 ディーゼル 消 火 ポンプ 燃 料 タ ンク 軽 油 480l Ss 地 震 動 によりタンク 又 は 付 属 配 管 が 破 損 し 漏 洩 した 軽 油 によ る 火 災 発 生 の 恐 れ ディーゼル 消 火 ポンプ 燃 料 タンクはコンクリート 造 の 消 火 ポンプ 室 内 に 設 置 された 小 規 模 タンクであり 建 屋 内 火 災 のため 外 部 のアクセスルートへの 影 響 は 小 さいと 考 える 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 (24 時 間 常 駐 )の 近 傍 のため 早 期 の 消 火 活 動 が 可 能 6 主 要 変 圧 器 号 主 / 所 内 用 変 圧 器 2 号 主 / 所 内 用 変 圧 器 起 動 変 圧 器 予 備 変 圧 器 絶 縁 油 58kl 58kl 50kl 23.6kl Ss 地 震 動 により 主 要 変 圧 器 が 破 損 し 漏 洩 した 軽 油 による 火 災 発 生 の 恐 れ 近 傍 のアクセスルートから 離 隔 距 離 を 確 保 するため 迂 回 可 能 なアクセスルートを 選 択 し 火 災 発 生 箇 所 を 迂 回 する ( 次 ページ 迂 回 ルート 図 参 照 ) 主 / 所 内 用 変 圧 器 ヤードの 防 油 堤 は 変 圧 器 の 絶 縁 油 の 全 量 を 貯 留 可 能 なよう 嵩 上 げするとともに 補 強 を 実 施 する 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 (24 時 間 常 駐 )の 近 傍 のため 早 期 の 消 火 活 動 が 可 能 5 3

15 危 険 物 貯 蔵 所 保 管 状 況 前 回 資 料 流 用 潤 滑 油 保 管 コンテナ 第 緊 急 用 保 管 エリア 第 2 緊 急 用 保 管 エリア 第 4 緊 急 用 保 管 エリア 油 倉 庫 危 険 物 屋 内 貯 蔵 庫 ( 第 3 緊 急 用 保 管 エリア) 4

16 危 険 物 貯 蔵 所 保 管 状 況 雑 固 体 廃 棄 物 焼 却 設 備 用 プロパンガスボンベ 一 体 化 したボンベ 架 台 上 にプロパンガスボンベを 固 縛 し 転 倒 防 止 の 強 化 を 図 るとともに ボ ンベ 同 士 が 接 触 し 火 花 により 引 火 することを 防 止 する プロパンガスボンベ プロパンガスボンベ 架 台 ( 現 状 ) プロパンガスボンベ 架 台 ( 補 強 後 ) 廃 棄 物 処 理 建 屋 ガスボンベ 室 プロパンガスボンベ 固 縛 状 況 ( 現 状 ) 雑 固 体 廃 棄 物 焼 却 設 備 用 プロパンガスボンベ 架 台 補 強 イメージ 図 5

17 危 険 物 貯 蔵 所 保 管 状 況 水 素 マニホールド 建 屋 内 水 素 ボンベ 水 素 マニホールド 建 屋 内 に 水 素 マニホルドの 補 強 用 架 台 を 設 置 し 水 素 マニホルドと 連 結 するこ とで 水 素 マニホルド 及 び 水 素 ボンベの 転 倒 防 止 の 強 化 を 図 る また 一 体 化 した 水 素 マニホルド 及 び 補 強 用 架 台 に 水 素 ボンベを 固 縛 することで 水 素 ボンベ 同 士 の 接 触 を 防 止 し 火 花 による 引 火 を 防 止 する 水 素 マニホルド( 現 状 ) 水 素 マニホルド 補 強 用 架 台 水 素 ボンベ( 常 用 ) 水 素 ボンベ( 予 備 ) 水 素 マニホールド 建 屋 バンド 水 素 ボンベ 固 縛 状 況 ( 現 状 ) 水 素 マニホールド 補 強 イメージ 図 6

18 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (2/2) No 指 摘 事 項 Ss 地 震 後 発 生 する 火 災 において 自 衛 消 防 隊 による 消 火 活 動 が 可 能 であることを 説 明 すること 2. 回 答 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 について 基 準 地 震 動 Ssに 対 する 地 震 応 答 解 析 を 実 施 した 結 果 建 屋 が 倒 壊 しないことを 確 認 した 地 震 時 の 建 屋 変 形 により 扉 シャッター 等 が 開 閉 不 能 となる 可 能 性 があるため シャッターを 常 時 開 放 し 車 両 や 専 属 消 防 隊 員 の 出 動 が 可 能 な 運 用 とする 以 上 のことより 地 震 後 に 発 生 する 火 災 において 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 は 可 能 である 7

19 専 属 消 防 隊 による 消 火 活 動 について. 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 専 属 消 防 本 部 建 屋 について 基 準 地 震 動 Ss(Ss-)に 対 する 地 震 応 答 解 析 を 実 施 した 結 果 層 間 変 形 角 が/30 以 下 となり 建 屋 が 倒 壊 しないことを 確 認 した 表 建 屋 の 検 討 結 果 地 震 動 方 向 層 間 変 形 角 許 容 値 2 判 定 X 方 向 /66 /30 以 下 OK 基 準 地 震 動 Ss Y 方 向 /69 /30 以 下 OK 基 準 地 震 動 Ssの 変 更 に 対 する 評 価 は 後 日 提 示 する 2( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の 震 災 建 築 物 の 被 災 度 区 分 判 定 基 準 および 復 旧 技 術 指 針 にお ける 倒 壊 の 目 安 2. 専 属 消 防 隊 による 消 防 活 動 について 専 属 消 防 本 部 建 屋 は 倒 壊 しないが 地 震 時 の 変 形 により 建 屋 扉 やシャッターの 開 閉 が 不 能 と なる 可 能 性 がある そのため シャッターを 常 時 開 放 し 消 防 車 両 及 び 専 属 消 防 隊 員 の 出 動 が 可 能 な 運 用 とする なお 建 屋 内 照 明 等 の 落 下 が 考 えられるが 重 量 物 の 落 下 がないため 消 防 設 備 への 影 響 は 考 えにくい また 専 属 消 防 本 部 建 屋 前 の 道 路 はアクセスルートの 一 部 となっており 基 準 地 震 動 による 段 差 の 発 生 がないことを 確 認 している また 専 属 消 防 本 部 建 屋 と 前 面 道 路 との 段 差 は5cm 以 下 であることを 確 認 しており 消 防 車 両 の 通 行 は 可 能 である なお より 確 実 に 通 行 できる よう 本 部 建 屋 内 に 土 のう 袋 等 を 配 備 する 消 火 用 の 水 源 としては 防 火 水 槽 ろ 過 水 貯 蔵 タンク 海 水 等 を 使 用 する ( 泡 消 火 薬 材 は 海 水 使 用 も 可 能 ) 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋 段 差 発 生 箇 所 敷 鉄 板 による 補 強 前 面 道 路 ケーブルダクト EL. 3.2m 埋 戻 土 EL..7m 礫 混 じり 粘 土 EL. 6.0m EL. 5.7m 砂 岩 概 略 地 質 図 専 属 消 防 隊 本 部 建 屋.5m 6.0m 7.5m 8

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 5-1 石 油 コンビナート 防 災 アセスメント 施 設 調 査 票 ( 案 ) 本 調 査 は 平 成 21 年 度 に 千 葉 県 が 実 施 した 防 災 アセスメント 調 査 による 施 設 調 査 データのご 確 認 及 び 更 新 をお 願 いするものです ご 提 供 いただいたデータの 取 扱 いは 厳 重 に 行 い 当 該 データは 本 業 務 以 外 には 使 用 いたしません

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

001-01 建物配置図(20.10.15).xls

001-01 建物配置図(20.10.15).xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

001-01 建物配置図.xls

001-01 建物配置図.xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081793689CE8B5A89F08EDF8169967B91CC816A817A5F88F38DFC9770722E646F63> 発 電 用 火 力 設 備 の 技 術 基 準 の 解 釈 平 成 17 年 12 月 14 日 制 定 平 成 17 年 12 月 27 日 一 部 改 正 平 成 18 年 10 月 27 日 一 部 改 正 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 ボイラー 及 びその 附 属 設 備 ( 第 2 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 蒸 気 タービン 及 びその 附 属 設

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 危 険 物 施 設 の 震 災 等 対 策 のあり 方 に 関 する 検 討 報 告 書 平 成 26 年 3 月 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 危 険 物 施 設 の 震 災 等 対 策 のあり 方 に 関 する 検 討 報 告 書 目 次 はじめに...- 1-1 検 討 の 概 要...- 2-1.1 検

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために 写 真 1 2 エマルジョン 回 収 既 に 66%の 海 水 を 含 む(H 2. 1 京 都 府 伊 根 C 重 油 900 トン) (2) 砂 石 海 浜 の 漂 着 油 は 時 間 が 経 つと 潮 間 帯 で 油 砂 小

油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために 写 真 1 2 エマルジョン 回 収 既 に 66%の 海 水 を 含 む(H 2. 1 京 都 府 伊 根 C 重 油 900 トン) (2) 砂 石 海 浜 の 漂 着 油 は 時 間 が 経 つと 潮 間 帯 で 油 砂 小 記 事 油 濁 事 故 における 適 正 な 廃 棄 物 処 理 のために O.S.C 油 濁 コンサルタント 佐 々 木 邦 昭 1 油 濁 防 除 措 置 の 基 本 的 考 え 油 濁 事 故 が 発 生 した 時 実 施 される 油 の 回 収 等 の 活 動 について 船 舶 油 濁 損 害 賠 償 法 に 次 の 記 述 がある( 抜 粋 ) 1 その 損 害 を 防 止 し 又 は 軽

More information

歩 行 距 離 20m 以 下

歩 行 距 離 20m 以 下 歩 行 距 離 20m 以 下 1 2 4 3 5 6 8 7 9 蓄 圧 式 消 火 器 の 指 示 圧 力 計 緑 色 範 囲 NEW 水 系 消 火 器 粉 末 消 火 器 別 記 様 式 第 1 名 所 称 在 消 火 器 具 点 検 票 防 火 管 理 者 立 会 者 (その1) 点 検 種 別 機 器 点 検 点 検 年 月 日 年 月 日 ~ 年 月 日 資 格 番 号 社 名

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

Microsoft Word - 23修正(本編)新旧対照表all新240105

Microsoft Word - 23修正(本編)新旧対照表all新240105 千 葉 県 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 平 成 23 年 度 修 正 ) 素 案 新 旧 対 照 表 - - 千 葉 県 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 計 画 の 頁 ( 平 成 23 年 度 修 正 ) 素 案 第 1 編 総 第 1 章 総 説 則 第 2 節 防 災 計 画 の 性 格 と 範 囲 1 3 この 防 災 計 画 は 地 震 対

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

Microsoft Word - 【決定稿】20震災編

Microsoft Word - 【決定稿】20震災編 震 災 編 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 防 災 体 制 の 整 備...1 第 2 節 災 害 に 強 いまちづくりの 推 進...7 第 3 節 火 災 予 防 消 防 力 の 強 化...20 第 4 節 危 険 物 設 等 の 安 全 強 化...25 第 5 節 救 援 救 護 体 制 の 整 備...30 第 6 節 緊 急 輸 送 体 制 の 整 備...37

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i 5.4.1.2 津 波 によるコンビナートの 被 害 津 波 浸 水 予 測 ( 房 総 半 島 東 方 沖 日 本 海 溝 沿 い 地 震 )の 結 果 から コンビナートでは 浸 水 しない ことが 想 定 されており 5.2 項 で 示 したような 津 波 浸 水 被 害 は 発 生 しない また 1677 年 延 宝 房 総 沖 地 震 は 顕 著 な 揺 れを 伴 わなかった 津 波 地

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

Microsoft Word - 001~003修正

Microsoft Word - 001~003修正 千 葉 県 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 案 ) 平 成 23 年 度 修 正 千 葉 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 目 次 第 1 編 総 説 第 1 章 総 則 第 1 節 防 災 計 画 の 目 的 1 第 2 節 防 災 計 画 の 性 格 と 範 囲 1 第 3 節 防 災 計 画 の 基 本 方 針 1 第 4 節 特 別 防 災 区 域 の 範 囲 1

More information

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

空気調和設備

空気調和設備 自 家 用 発 電 機 整 備 基 準 表 ( 整 備 は 本 基 準 を 元 に 整 備 表 に 従 い 実 施 ) 種 別 A B C D E F 間 隔 ( 竣 工 後 又 はF 後 ) 3ヶ 月 毎 6ヶ 月 毎 1 年 毎 2 年 毎 4 年 毎 8 年 毎 主 たる 作 業 項 目 ( 詳 細 は 整 備 表 による) 備 考 周 囲 外 観 状 況 始 動 運 転 停 止 状 況 の

More information

は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本

は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本 霧 島 市 建 築 基 準 法 取 扱 基 準 ( 第 2 版 ) 霧 島 市 - 1 - は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本 基 準 は

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 広 審 第 66 号 油 送 船 第 三 八 宝 丸 火 災 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 10 月 18 日 審 判 庁 広 島 地 方 海 難 審 判 庁 ( 吉 川 進, 黒 田 均, 道 前 洋 志 ) 理 事 官 河 本 和 夫 指 定 海 難 関 係 人 A 社 業 種 名 船 舶 修 繕 業 指 定 海 難 関 係 人 B 職 名 A 社 現 業 グループ

More information

東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を踏まえた泊発電所1号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果について(報告) 添付5-(4)

東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を踏まえた泊発電所1号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果について(報告) 添付5-(4) 添 付 5-(4)-1 泊 発 電 所 1 号 機 電 源 構 成 概 要 図 275kV 泊 幹 線 (2 回 線 ) 275kV 後 志 幹 線 (2 回 線 ) 66kV 泊 支 線 (2 回 線 ) 主 変 圧 器 1 号 発 電 機 起 動 変 圧 器 所 内 変 圧 器 予 備 変 圧 器 6.6kV 常 用 高 圧 C 母 線 6.6kV 常 用 高 圧 D 母 線 6.6kV 非 常

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

大規模太陽光発電システム導入の手引書

大規模太陽光発電システム導入の手引書 1 1-1 1-2 (33kV) 6.6kV/33kV PV (20kW) (10kW10) 210/6.6kV PCS 420/6.6kV PCS PV 3.9MW PV 1MW NAS (1MW+0.5MW) (a) 3 3 2 [kw] 280 4450 20 260 10 1-3 (b) 1-4 (c) (d) 1-5 (e) (f) 1-6 PV 1-7 1-8 1-9 18 22 5 1.3.2-1

More information

(3) 施 設 の 維 持 管 理 方 法 について a.モニタリング 方 法 既 に 整 理 されている 事 項 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 項 目 測 定 位 置 )( 参 考 6) 今 後 の 課 題 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 頻 度 ) 漏 えい 検 知 システム b. 点

(3) 施 設 の 維 持 管 理 方 法 について a.モニタリング 方 法 既 に 整 理 されている 事 項 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 項 目 測 定 位 置 )( 参 考 6) 今 後 の 課 題 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 頻 度 ) 漏 えい 検 知 システム b. 点 資 料 1 安 全 な 施 設 管 理 に 向 けた 技 術 的 検 討 課 題 ( 案 ) 指 定 廃 棄 物 処 理 施 設 の 構 造 維 持 管 理 による 安 全 性 の 確 保 に 関 する 対 策 等 については これまでの 有 識 者 会 議 で 整 理 されたところであるが 今 後 実 際 に 指 定 廃 棄 物 を 処 理 施 設 において 安 全 に 長 期 管 理 していくにあたり

More information

工 名 工 場 所 工 期 間 15 子 育 て 支 援 課 水 深 小 学 校 放 課 後 児 童 健 全 育 成 室 建 設 工 大 室 165 9 建 築 健 全 育 成 室 の 建 設 工 ( 後 審 査 型 ) 16 子 育 て 支 援 課 17 子 育 て 支 援 課 水 深 小 学 校

工 名 工 場 所 工 期 間 15 子 育 て 支 援 課 水 深 小 学 校 放 課 後 児 童 健 全 育 成 室 建 設 工 大 室 165 9 建 築 健 全 育 成 室 の 建 設 工 ( 後 審 査 型 ) 16 子 育 て 支 援 課 17 子 育 て 支 援 課 水 深 小 学 校 平 成 28 年 度 発 注 見 通 し 一 覧 表 建 設 工 発 注 課 名 工 名 工 場 所 工 期 間 1 資 源 リサイクル 課 2 号 ごみクレーンバケッ ト 修 繕 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 2 機 械 器 具 設 置 ごみ 焼 却 用 クレーンバケット 部 品 取 替 2 資 源 リサイクル 課 1 2 号 炉 中 央 制 御 室 内 監 視 盤 修 繕 加 須 市

More information

契 約 管 財 局 発 注 の 工 事 請 負 契 約 案 件 における 随 意 契 約 ( 特 名 随 意 契 約 )の 結 果 について( 小 額 随 意 契 約 を 除 く) No. 案 件 名 称 工 事 種 目 事 業 主 管 局 契 約 の 相 手 方 契 約 金 額 ( 円 ) 税 込

契 約 管 財 局 発 注 の 工 事 請 負 契 約 案 件 における 随 意 契 約 ( 特 名 随 意 契 約 )の 結 果 について( 小 額 随 意 契 約 を 除 く) No. 案 件 名 称 工 事 種 目 事 業 主 管 局 契 約 の 相 手 方 契 約 金 額 ( 円 ) 税 込 契 約 管 財 局 発 注 の 工 事 請 負 契 約 案 件 における 随 意 契 約 ( 特 名 随 意 契 約 )の 結 果 について( 小 額 随 意 契 約 を 除 く) No. 案 件 名 称 工 事 種 目 事 業 主 管 局 契 約 の 相 手 方 契 約 金 額 ( 円 ) 税 込 契 約 日 WTO 随 意 契 約 理 由 備 考 舞 洲 スラッジセンター 汚 泥 溶 融 炉 施

More information

目  次

目  次 11. 震 災 害 シナリオの 作 成 11.1 シナリオ 作 成 の 目 的 震 被 害 結 果 に 基 づき 内 市 町 村 におけ 災 害 応 急 の 内 容 あ いは 量 的 な 備 えが 十 分 であかどうかを 検 討 すための 資 料 として 今 回 の3つの 震 が 発 生 した 場 合 に そぞの 被 害 応 状 況 がどのように 推 移 していく かという 震 災 害 シナリオ を

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

-

- 原 子 力 災 害 対 策 指 針 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ( 平 成 25 年 2 月 27 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 6 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 9 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 4 月 22 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 8 月 26 日 全 部 改 正 )

More information