R&D提案書2014_00w

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "R&D提案書2014_00w"

Transcription

1 最 新! 製 品 安 全 対 策 取 り 組 みの 流 通 小 売 事 業 者 向 け R&D 2014 年 版 TDN インターナショナル 株 式 会 社

2 当 社 の R&D コンサルティングについて 一 般 的 に R&D(Research and development) は 研 究 開 発 と 解 釈 され 新 製 品 開 発 という 企 業 の 将 来 を 決 定 する 大 きな 役 割 を 担 っています 当 然 研 究 者 たちの 発 見 した 成 果 他 の 事 業 者 の 考 案 した 最 新 技 術 などを 自 社 の 技 術 や 経 験 などと 組 み 合 わせ 新 たな 産 業 知 的 財 産 を 生 み 出 すことなどに 繋 がり 巨 額 の 予 算 を 投 じ 具 体 的 な 新 製 品 開 発 や 将 来 の 企 業 ビジョンを 生 み 出 します 研 究 はいわゆる 研 究 所 の 世 界 であり R&D とは 異 なります R&D は 企 業 経 営 リスクの 中 の 新 製 品 開 発 リスクマネジメントに 深 く 関 わり 自 社 の 苦 手 分 野 であっても 将 来 的 に 自 社 の 存 続 に 大 きく 関 係 するならば 様 々な 手 段 で 乗 り 越 えなければなりません 例 えば 自 動 車 産 業 が 環 境 問 題 やエネルギー 調 達 リスクとともに 世 界 的 な 脱 原 油 エコ 優 先 になり クリーンエネルギーとして 電 気 に 注 目 し 内 燃 機 関 からの 転 換 を 図 り 電 気 自 動 車 の 実 用 化 を 進 めるなどです 国 のエネルギー 政 策 も 石 油 調 達 リスクの 高 まりを 背 景 に 脱 石 油 を 目 指 しクリーンで 効 率 の 良 い 原 子 力 にシフトしてき ました しかし 専 門 家 や 国 電 力 会 社 が 巨 大 地 震 のリスクの 見 積 もりを 誤 り 福 島 原 発 でそのリスクが 一 気 に 顕 在 化 原 発 依 存 のエネルギー 政 策 に 戻 れずにいま す 国 も 含 めあらゆる 産 業 が ICT に 代 表 される 21 世 紀 の 社 会 環 境 の 激 変 近 隣 国 ととのトラブルなど 戦 後 日 本 経 済 成 長 の 時 代 とは 全 く 異 なる 流 動 的 なリスクの 中 で 事 業 を 行 っています 製 造 物 起 因 リスクとして 中 国 という 巨 大 な 世 界 の 工 場 でのモノ 作 りに 国 内 消 費 材 の 供 給 を 託 するようになり 従 前 の 自 社 で 開 発 生 産 販 売 してきた 経 験 という 本 質 安 全 の 品 質 管 理 が 難 しくなっています 海 外 で 生 産 されたものを 日 本 で 品 質 保 証 するということですから 今 までのような 日 本 的 な 性 善 説 は 通 用 しません 製 品 やサービス インフラも 含 め 人 が 手 を 加 え 事 業 を 行 う 上 では 企 画 段 階 から 危 機 管 理 の 視 点 で 自 社 都 合 だけではなく 広 い 知 識 や 考 え 方 を 組 み 入 れて 将 来 に 向 けて 正 しい 事 業 活 動 を 行 えるようにする これが R&D という 製 品 ( 商 品 ) 開 発 時 のリスク 軽 減 のマネジメント です モノを 市 場 に 供 給 するという 事 業 者 の 責 任 は 賠 償 責 任 の10 年 ではなく 何 十 年 先 にも 発 令 される 可 能 性 のあるリコールやグローバル 化 による 新 たなリスク 例 えば SNS を 利 用 した 国 際 的 な 集 団 訴 訟 知 的 財 産 権 などの 対 応 が 必 須 になります 企 画 設 計 製 造 販 売 後 全 てに 大 きく 効 果 をあげる 当 社 の R&D コンサルティ ングをぜひご 活 用 ください TDN インターナショナル 株 式 会 社 -1-

3 -2-

4 製 品 リスクマネジメントはR&D 手 法 で! 商 品 リスクマネジメントは 誰 が? メーカーであれば 同 一 同 類 の 製 品 を 作 り 続 けることが 本 質 であり 様 々な 失 敗 なども 新 しい 製 品 開 発 時 にその 改 善 策 を 組 み 込 んで 多 くの 蓄 積 技 術 を 次 世 代 製 品 に 反 映 し 安 全 性 も 維 持 できます 一 方 いわゆる 流 通 小 売 事 業 者 は 市 場 ニーズに 応 じ 多 種 多 様 な 製 品 を 扱 います 専 門 家 を 雇 用 するには 多 くの 人 員 を 必 要 とし 実 際 には 最 新 の 状 態 を 維 持 することは 不 可 能 です 事 業 におけるリスクは 1 資 金 的 リスク 2 人 的 リスク 3 商 品 リスク この3つであり 一 般 的 に 資 金 については 税 務 署 や 金 融 機 関 税 理 士 や 公 認 会 計 士 などの 第 三 者 にて 客 観 的 に 検 証 されています 人 的 リスクは 社 会 保 険 労 務 士 保 険 国 の 監 督 社 内 でも 採 用 時 か ら 社 員 教 育 などを 通 し 健 康 管 理 なども 含 め 通 常 は 健 全 にリスク 管 理 されています 派 遣 社 員 にすることで 社 内 リスクも 大 きく 軽 減 します 一 方 商 品 リスクについては 最 近 の 低 価 格 競 争 翌 年 には 同 じ 価 格 で 売 れないという 商 品 の 市 場 傾 向 海 外 生 産 という 文 化 習 慣 法 律 の 異 なる 国 に 依 存 したものづくり オムニチャネルによるリスクの 拡 大 などが 特 に 安 全 分 野 において 問 題 になっています 企 画 設 計 製 造 段 階 でどのようなリスク 管 理 を 行 い 販 売 後 10 年 リコール であれはその 先 30 年 先 でも 残 存 リスクがあります 輸 入 販 売 してし まった 後 の 商 品 リスク は 益 々 高 くなり 会 社 存 続 に 関 わる 経 営 負 担 になっています 消 費 者 保 護 政 策 下 では 商 品 リスクが 肥 大 します! -3-

5 小 売 事 業 者 の 課 題 設 計 意 図 を 把 握 できないリスク ものづくりの 原 点 は 設 計 意 図 それは 企 画 書 そして 具 体 化 する 情 報 として 設 計 図 書 に 集 約 されます 市 場 ニーズや 将 来 像 法 律 や 環 境 の 変 化 なども 視 野 にいれて 企 画 を 立 ち 上 げ それを 所 定 の 項 目 として 漏 れなく 確 認 し 裏 側 の 隠 れたリスクなども 全 てアセスメントし ます 当 然 安 全 設 計 が 最 優 先 され 必 要 によっては 自 社 技 術 だけでなく 様 々な 外 部 の 協 力 を 得 ます その 結 果 製 品 の 概 要 がまとまり サンプル 制 作 市 場 テスト もの によっては 治 験 などを 繰 り 返 し 全 てを 記 録 し 改 善 を 行 い リスクの 低 減 を 図 ります それらの 結 果 を 最 終 的 な 設 計 生 産 技 術 検 査 などの 行 程 に 反 映 し 市 場 に 供 給 します 小 売 事 業 者 は 1 納 入 事 業 者 からの 設 計 図 書 を 読 み 取 れるか 2 生 産 工 程 の 監 視 をどうするか 3 残 留 リスクがあるか これらをしっかり 把 握 し 安 全 上 の 完 成 度 を 確 認 し その 上 で 正 しい 広 告 表 示 に 至 るまで 管 理 する 必 要 があります 販 売 した 後 は ここからはPL( Product Liability)という 新 たな 事 業 者 責 任 が 生 じてい ます 民 法 上 は10 年 リコールであれば30 年 経 っても 責 任 を 負 います 購 入 者 リスト は 長 期 使 用 する 製 品 などは 実 使 用 者 とのずれがそ のまま リコールなどに 影 響 します 売 った 後 は 実 際 に 使 用 している 人 をどのように 把 握 するか を 重 視 してください -4-

6 流 通 事 業 者 の 課 題 どれだけ 正 確 に 設 計 意 図 を 小 売 事 業 者 に 伝 えら れるか! 特 に 海 外 で 生 産 された 場 合 その 製 品 の 詳 しい 情 報 は その 仲 立 ち をした 事 業 者 や 担 当 者 の 知 識 経 験 道 徳 観 などに 依 存 することに なります 小 売 事 業 者 や 消 費 者 は 選 択 の 余 地 無 く いわれたままの 情 報 を 信 じるしかありません 価 格 や 納 期 などでしか 採 用 判 断 できないレベルでは 必 ず 安 全 性 の 欠 如 という 大 きなリスクを 負 うことになります どういう 情 報 が 必 要 なのでしょうか 1 設 計 図 書 の 確 認 2 正 しく 消 費 するための 情 報 の 正 確 さ 3リスクを 回 避 するための 情 報 の 全 て 回 路 図 や 構 造 図 設 計 意 図 に 基 づいた 正 しい 使 用 方 法 などから こ れから 販 売 する 市 場 のあらゆる 消 費 者 行 動 使 用 環 境 を 鑑 みて 検 証 する 力 が 必 須 です 当 然 法 律 や 基 準 を 順 守 するは 当 たり 前 です 今 までは 問 題 が 無 かったから 大 量 に 生 産 販 売 しているから 自 分 たちも 判 読 できない 試 験 データに 依 存 する 全 品 検 査 をするからといわれたなど 文 字 にしてみればその 判 断 の 曖 昧 さが 顕 著 になります こんな 曖 昧 な 判 断 で 売 ってしまうと 納 入 先 という 大 切 なパートナーに 重 大 な 損 害 を 与 えることになります 売 れれば 良 い 安 いほど 良 い 売 るためなら 事 実 を 欺 い て 広 告 する こんなことが 通 用 する 社 会 ではありません その 結 果 責 任 は 説 明 するまでもあ りません 知 らなかった では 済 みません -5-

7 導 入 前 大 手 通 信 販 売 事 業 者 の 導 入 事 例 -6-

8 -7-

9 -8-

10 費 用 について 費 用 については 事 業 規 模 形 態 などにより 大 きく 異 なります 又 特 許 に 発 展 する 場 合 なども 含 め 一 般 的 には 特 定 契 約 を 締 結 しています ただし 小 規 模 の 事 業 者 などの 場 合 は 採 用 予 定 品 や 設 計 図 書 説 明 書 広 告 など 数 時 間 の 対 応 で 解 決 することも 多 く その 場 合 は 時 間 当 たりの 相 談 料 ををいただい ています 1コンサルティング( 相 談 ) 料 金 基 本 的 に 初 回 相 談 ( 当 社 対 応 力 の 確 認 など)は 無 料 です 但 し 具 体 的 なアドバイスを 求 める 場 合 は1 時 間 20,000 円 のコンサル 料 をいただきます 撮 影 や 録 音 をする 場 合 は 内 容 などにより 可 否 判 断 させていただきます 訪 問 する 必 要 のある 場 合 は 場 所 により 交 通 費 コンサルティングの 費 用 をいただ くことになります 消 費 税 は 外 税 です 2 定 期 訪 問 拘 束 時 間 責 任 の 度 合 いなどにより 顧 問 料 などの 名 目 で 請 求 させていただきます 3 海 外 などの 生 産 拠 点 の 指 導 別 途 条 件 を 協 議 し 決 定 します 4 定 量 的 な 作 業 を 伴 う 場 合 は 別 途 協 議 となります いずれにしても 当 社 のあらかじめ 準 備 したバックアップシステム(トリセツデータナビ JTDNAの 検 証 プログラム SCODTなど)を 利 用 していただくか オリジナルに 貴 社 にそ れらの 類 似 システムなどを 構 築 して 運 用 されるなどの 選 択 により 費 用 が 大 きく 変 わ ります これらについては 別 表 のコンサルティング 費 用 一 覧 をご 参 照 ください -9-

11 -10-

12 TDN インターナショナル 株 式 会 社 東 京 都 豊 島 区 西 池 袋 パークスビル2F 電 話 03(3590)7370 FAX 03(5875)6176

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください 契 約 書 作 成 の 手 引 ( 建 築 関 係 業 務 用 ) 平 成 17 年 3 月 ( 最 終 改 正 平 成 28 年 5 月 ) 京 丹 後 市 財 務 部 入 札 契 約 課 TEL 0772 69 0170 FAX 0772 69 0903 契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 一 般 社 団 法 人 日 本 翻 訳 連 盟 会 員 の 皆 様 へ 平 成 27 年 度 版 ( 翻 訳 事 業 者 専 門 職 務 賠 償 責 任 特 約 条 項 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) 翻 訳 事 業 者 専 門 職 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 保 険 期 間 : 平 成 27 年 12 月 1 日 ( 火 )より1 年 間 保 険 申 込 締 切 : 平 成 27

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information

Ⅰ Ⅰ. 本 文 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 Ⅲ. 交 付 規 程 Ⅳ. 様 式 等 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 事 業 事 務 処 理 マニュアル Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 平 成 21 年 度 版 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 目 次 1. 助 成 金 交 付 申 請 の 提 出 書 類 1 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 金 交 付 申 請

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

補償重複の対応に関するガイドライン(案)

補償重複の対応に関するガイドライン(案) 補 償 重 複 の 対 応 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 1. 本 ガイドラインの 目 的 保 険 募 集 にあたって 保 険 会 社 は 法 令 等 により 保 険 契 約 締 結 の 判 断 に 際 して 必 要 とな る 情 報 を 顧 客 に 提 供 するとともに 顧 客 が 申 し 込 もうとする 契 約 の 内 容 が 自 らのニーズに

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード] ガバナンス 関 係 資 料 ( 作 成 日 は 各 ページに 記 載 しています ) http://www.tokyu-reit.co.jp REITが 取 る4つのリスクとガバナンス REITは4つのリスクを 取 っており これをコントロールするのが ガバナンスとマネジメントである 不 動 産 賃 貸 業 リスク + 物 件 売 買 価 格 リスク + 負 債 リスク + マネジメント リスク マネジメントによるリスクコントロール

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

DRBFMとは DRBFMの 効 果 DRBFM (Design Review Based on Failure Mode) 製 品 開 発 における 品 質 確 保 の 基 本 は 良 い 設 計 の 条 件 を 変 えないこと です しかし 実 際 の 開 発 では 変 更 点 や 変 化 点

DRBFMとは DRBFMの 効 果 DRBFM (Design Review Based on Failure Mode) 製 品 開 発 における 品 質 確 保 の 基 本 は 良 い 設 計 の 条 件 を 変 えないこと です しかし 実 際 の 開 発 では 変 更 点 や 変 化 点 DRBFM トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 お 取 引 先 様 向 け DRBFM 手 法 講 座 ~ 未 然 防 止 に 着 眼 したデザインレビュー 手 法 ~ 十 分 な 商 品 テストを 行 うにあらずんば 真 価 を 世 に 問 うべからず - 豊 田 佐 吉 翁 - 十 分 な 検 証 をせず 急 いで 世 に 出 した 製 品 で 失 敗 した 経 験 を 戒 めた 言 葉 DRBFMとは

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務 細 胞 検 査 士 会 会 員 の 皆 様 へ 平 成 28 年 度 版 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 ( 正 式 名 称 : 臨 床 検 査 技 師 特 別 約 款 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) ご 加 入 のおすすめ 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 とは 団 体 割 引 20% 適 用 細 胞 検 査 士 が 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 他 人 の 生

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈 オートオークション 規 約 2008 年 8 月 2008 年 9 月 2010 年 12 月 2012 年 4 月 一 部 改 定 実 施 一 部 改 定 一 部 改 定 P1 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

Microsoft Word - ★ZSC_サービス利用規約(NPOver.)_140221

Microsoft Word - ★ZSC_サービス利用規約(NPOver.)_140221 NPO 法 人 ウーマン キャリア デザイン 在 宅 秘 書 ご 紹 介 サービス ご 利 用 規 約 同 意 事 項 この 度 は NPO 法 人 ウーマン キャリア デザインの 在 宅 秘 書 ご 紹 介 サービス をお 申 込 み 下 さ いまして 誠 に 有 難 うございます 全 ての 起 業 家 の 方 には 更 に 上 のステージに 進 まれる 過 程 において 組 織 化 というものにぜ

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 適 用 す るものとする 第 2 条 ( 目 的 及 び 実 施 方 針 ) 本 業 務 は 平 成 27 基 準 年 度 における 固 定 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63> 第 12 章 税 制 カンボジアの 税 に 関 する 基 本 法 は 1997 年 1 月 に 国 民 議 会 により 採 択 された 1997 年 税 法 (Low on Taxation)である その 後 2000 年 には 経 済 財 務 省 が 法 人 税 に 関 する 大 臣 令 を 発 行 2003 年 には 税 法 改 正 に 関 する 法 律 (Law on Amendment on

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374>

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374> 第 1 節 FPとライフプランニング 1 FPとは (1) ライフプランと 資 金 ニーズ ライフプランとは 自 分 の 夢 や 生 き 甲 斐 を 基 にした 人 生 設 計 のことをいう 就 職 結 婚 子 供 の 誕 生 住 宅 取 得 子 供 の 進 学 子 供 の 独 立 夫 婦 の 老 後 生 活 というように 人 生 はさまざまな 出 来 事 (ライフイベント)の 繰 り 返 しである

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内 S E R V I C E I N F O R M A T I O N http://www.ddr8.co.jp これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

ではありません 資 金 決 済 法 では 為 替 取 引 を 金 額 によって 区 分 し 一 定 金 額 以 下 の 為 替 取 引 は 軽 い 資 金 移 動 業 の 登 録 を 得 れ ば 営 むことができるとして 規 制 緩 和 が 図 られる 一 方 それより 大 きな 金 額 の 為 替

ではありません 資 金 決 済 法 では 為 替 取 引 を 金 額 によって 区 分 し 一 定 金 額 以 下 の 為 替 取 引 は 軽 い 資 金 移 動 業 の 登 録 を 得 れ ば 営 むことができるとして 規 制 緩 和 が 図 られる 一 方 それより 大 きな 金 額 の 為 替 金 融 ニューズレター 2009 年 12 月 資 金 決 済 法 及 び 関 連 政 令 内 閣 府 令 案 の 概 要 1. はじめに 本 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 以 下 資 金 決 済 法 又 は 単 に 法 といいます )が 公 布 され これによって 一 定 金 額 以 下 の 送 金 業 務 が 銀 行 及 びそれに 準 じる 金 融 機 関 (

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社 ロッテ 免 税 店 VIP 会 員 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は ロッテ 免 税 店 の 会 員 がロッテ 免 税 店 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 会 員 サービスを 利 用 するにあたり ロッテ 免 税 店 の 会 員 と 当 社 内 における 諸 権 利 義 務 及 び 関 連 諸 手 続 きなどを 規 定 することにその 目 的 があります 第

More information

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード] 2010 年 度 ( 財 ) 経 済 広 報 センター 寄 附 講 座 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 リスク 管 理 と 企 業 経 営 事 例 を 踏 まえて 影 響 と 問 題 点 を 探 る 2010 年 6 月 29 日 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 売 買 審 査 部 東 証 COMLEC 本 資 料 は, 作 成 日 現 在 のインサイダー 取 引 規 制 についての

More information

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表 太 陽 光 発 電 協 会 販 売 規 準 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 販 売 従 事 者 が 遵 守 すべきこと [ 2015 年 1 月 2 版 ] 目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客

More information

患 者 の 複 科 受 診 時 の 受 付 処 理 患 者 案 内 票 の 発 行 自 動 再 来 受 付 機 で 受 付 できない 患 者 への 対 応 診 察 券 を 忘 れた 患 者 への 診 察 券 の 再 発 行 健 康 保 険 証 公 費 医 療 証 等 の 確 認 変 更 分 の 処

患 者 の 複 科 受 診 時 の 受 付 処 理 患 者 案 内 票 の 発 行 自 動 再 来 受 付 機 で 受 付 できない 患 者 への 対 応 診 察 券 を 忘 れた 患 者 への 診 察 券 の 再 発 行 健 康 保 険 証 公 費 医 療 証 等 の 確 認 変 更 分 の 処 小 牧 市 民 病 院 病 棟 外 来 窓 口 医 事 業 務 及 び 当 直 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 小 牧 市 民 病 院 ( 小 牧 市 常 普 請 一 丁 目 20 番 地 内 ) 2 業 務 時 間 業 務 時 間 については 原 則 として 月 ~ 金 曜 日 ( 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 及 び 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月

More information

中 小 企 業 の 健 全 性 支 援 マガジン( 毎 月 1 日 発 行 ) BUSINESS ONE POINT ニュースレター 2015.9No.289 今 月 のコンテンツ 健 全 性 支 援 実 績 No1を 目 指 す! & roup 税 理 士 法 人 株 式 会 社 東 亜 経 営 総 研 検 索 550-001 大 阪 市 西 区 阿 波 座 1-4-4-8F TEL(06)6538-0872(

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

消費者契約法チェックシート

消費者契約法チェックシート 消 費 者 契 約 法 チェックシート 本 チェックシートは 消 費 者 が 遭 われたトラブルを 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できるかどうかを 判 断 する 材 料 として 作 成 したものです ただし 万 一 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できない 場 合 でも 民 法 の 詐 欺 等 で 取 り 消 しできる 場 合 があります トラブルの 具 体 的 な 相 談 は 本 チェックシートを

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 について 社 会 福 祉 法 人 制 度 改 正 を 踏 まえて 平 成 28 年 1 月 14 日 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 調 整 課 社 会 福 祉 法 人 係 1 東 京 都 における 社 会 福 祉 法 人 の 状 況 1 所 轄 庁 別 所 轄 庁 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 27 年 3

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 第 5 回 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 1 2 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 法 令 及 び 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://tokaiholdings.co.jp/ir/library/meeting.html)に

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定

8 国 家 秘 密 保 護 法 実 施 条 例 9 政 府 情 報 公 開 条 例 ( 中 国 経 済 六 法 2010 年 版 に 収 録 ) 10 政 府 情 報 公 開 行 政 事 件 の 審 理 における 若 干 問 題 に 関 する 規 定 11 上 海 市 政 府 情 報 公 開 規 定 Ⅰ 憲 法 行 政 法 一 憲 法 国 家 機 構 1 改 革 の 全 面 的 深 化 における 若 干 の 重 大 な 問 題 に 関 する 決 定 2 法 による 国 家 統 治 の 全 面 的 な 推 進 における 若 干 の 重 大 問 題 に 関 する 決 定 ( 中 国 経 済 六 法 2015 年 版 に 収 録 ) 3 全 国 人 民 代 表 大 会 及 び 地 方 各 級 人 民

More information

<8AA892E889C896DA88EA9797955C816988EA9797955C8145835483938376838B816A2E786C73>

<8AA892E889C896DA88EA9797955C816988EA9797955C8145835483938376838B816A2E786C73> 一 覧 表 顧 問 料 不 要 の(@システム)の 三 輪 会 計 事 務 所 541-0051 大 阪 市 中 央 区 備 後 町 2-4-6 森 田 ビル1F TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 目 次 < 一 覧 表 > (1) 資 産 項 目 (2) 負 債 項 目 (3) 売 上 項 目 (4) 経 費 項 目 複 雑 な 取 引 の 仕

More information

不正競争防止法

不正競争防止法 不 正 競 争 防 止 法 営 業 の 自 由 と 不 正 競 争 職 業 選 択 の 自 由 経 済 活 動 の 自 由 の 基 本 となる 原 理 憲 法 第 22 条 第 1 項 営 業 の 自 由 財 産 権 の 保 障 憲 法 第 29 条 成 果 を 導 く 前 提 : 営 業 の 自 由 と 不 正 競 争 事 業 者 間 公 正 な 競 争 が 行 われていること 営 業 の 自 由

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

アルクマールのチーズ市

アルクマールのチーズ市 第 10 章 保 険 1.オランダの 保 険 事 情 オランダに 長 期 滞 在 する 場 合 保 険 なしの 生 活 は 考 えられません オ ランダでは 保 険 制 度 が 非 常 に 発 達 しており 一 例 を 挙 げると 約 1600 万 の 人 口 に 対 して 損 害 保 険 会 社 が 約 500 社 生 命 保 険 会 社 92 社 が そ れぞれ 独 自 の 保 険 商 品 を

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報 事業者の皆さん その取り扱いで大丈夫 個人情報 こんな時 どうしたらいい?? 携帯電話を 落とした アンケートを とるときに 気をつけることは 個人情報って 取引先に 渡していいの これを読んで 考えよう!! 私の個人情報が 知らないうちに 使われているという 苦情が入った 本パンフレットは 事業者の皆さんに 個人情報保護法を遵守し 大切な個人情報を適切に活用するために 最低限知っていていただきたいことを

More information

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この 放 置 自 転 車 等 売 払 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 募 集 案 内 書 ) 平 成 28 年 度 三 重 県 桑 名 市 防 災 危 機 管 理 課 生 活 安 全 対 策 室 * 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は 必 ずこの 案 内 書 をお 読 みください *この 入 札 に 参 加 するには 事 前 に 申 し 込 みが 必 要 です 1. 一 般 競 争

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

採用の基礎知識

採用の基礎知識 経 営 Q&A 2009 年 7 月 相 談 に 答 える 人 岡 田 人 事 労 務 管 理 事 務 所 所 長 岡 田 良 則 採 用 の 基 礎 知 識 Question 10 年 近 く 勤 めていたレストランから 独 立 し 自 分 の 店 を 持 つことになりました 先 日 正 社 員 とパートタイマーを 募 集 したところ 総 勢 4 名 の 応 募 がありました 飲 食 業 界 での

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及

第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及 丸 善 CHIホールディングス 株 式 会 社 定 款 平 成 28 年 4 月 27 日 改 定 第 1 章 総 則 ( 商 号 ) 第 1 条 当 会 社 は 丸 善 CHI ホールディングス 株 式 会 社 と 称 し 英 文 では Maruzen CHI Holdings Co., Ltd.と 表 示 する ( 目 的 ) 第 2 条 当 会 社 は 次 の 事 業 を 営 む 会 社 及

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年 News Release 平 成 23 年 6 月 24 日 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについ ては 本 年 3 月 頃 から 各 地 の 消 費 生 活 センターに 多 数 の 相 談 が 寄 せられていま す 勧 誘 にあたり 震

More information

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業)

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業) 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる 内 容 となるよう 助 言 を 行 ってください 事 業 テーマ

More information