1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低

Size: px
Start display at page:

Download "1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低"

Transcription

1 Ⅱ 自 立 型 経 済 産 業 構 造 に 向 けた 施 策 展 開 本 道 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 と 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 を 柱 に 施 策 を 展 開 する < 施 策 の 柱 > 1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 道 内 経 済 への 影 響 対 策 被 災 地 への 支 援 と 我 が 国 の 経 済 復 興 に 向 けた 本 道 の 貢 献 2 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり (1) 中 小 企 業 の 競 争 力 強 化 経 営 基 盤 の 強 化 と 経 営 革 新 等 の 促 進 多 様 な 事 業 主 体 の 経 済 活 動 への 支 援 建 設 業 の 体 質 強 化 (2) 地 域 商 業 の 活 性 化 地 域 商 業 の 実 態 に 応 じた 自 主 的 な 取 組 の 誘 発 促 進 (3)ものづくり 産 業 の 競 争 力 強 化 と 地 域 展 開 幅 広 いものづくり 産 業 の 振 興 立 地 環 境 を 活 かした 企 業 誘 致 の 推 進 集 積 の 促 進 地 域 における 産 業 技 術 の 高 度 化 (4) 地 域 産 業 を 担 う 人 材 育 成 と 就 業 促 進 成 長 分 野 などにおける 産 業 人 材 の 育 成 雇 用 の 創 出 と 若 年 者 等 の 就 業 促 進 3 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 (1) 食 の 総 合 産 業 化 による 食 産 業 立 国 の 形 成 食 関 連 産 業 の 振 興 ( 食 クラスターの 取 組 の 加 速 ) 食 関 連 企 業 の 誘 致 推 進 (2) 地 域 における 魅 力 ある 観 光 の 新 展 開 地 域 の 個 性 を 生 かした 観 光 地 づくり 効 果 的 な 誘 致 活 動 (3) 世 界 の 中 の 北 海 道 を 意 識 した 海 外 市 場 の 開 拓 海 外 への 販 路 拡 大 海 外 からの 投 資 促 進 交 通 物 流 ネットワークの 構 築 (4) 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 省 エネルギー 新 エネルギーなどの 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 環 境 エネルギー 産 業 の 誘 致 推 進

2 1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低 迷 や 外 国 人 観 光 客 が 減 少 するなど 本 道 経 済 は 大 きな 影 響 を 受 けている このため 直 接 被 害 を 受 けた 水 産 関 連 施 設 の 復 旧 復 興 とともに 地 域 を 支 える 中 小 企 業 の 経 営 安 定 を 図 る 融 資 制 度 を 創 設 したほか 観 光 需 要 の 喚 起 に 向 けた 観 光 客 誘 致 のための 集 中 キャンペーンに 緊 急 的 に 取 り 組 んで いるが 原 発 事 故 により 先 行 きに 不 透 明 感 があり 厳 しい 状 況 が 長 期 化 す ることも 懸 念 される まず 本 道 観 光 や 道 産 品 に 対 する 風 評 を 早 急 に 払 拭 することが 重 要 であ ることから 放 射 線 等 モニタリング 調 査 を 実 施 し ホームページやさまざ まな 機 会 を 活 用 して 安 全 安 心 な 北 海 道 を 国 内 外 に 発 信 するほか トッ プセールスを 行 うなど 道 産 品 の 販 路 拡 大 や 道 外 外 国 人 観 光 客 の 誘 致 促 進 などに 積 極 的 に 取 り 組 んでいく (2) 被 災 地 への 支 援 と 我 が 国 の 経 済 復 興 に 向 けた 本 道 の 貢 献 東 北 首 都 圏 において 大 震 災 の 影 響 による 復 興 資 材 や 部 品 原 材 料 など の 調 達 に 対 する 地 域 ニーズに 応 えるため 本 道 と 東 北 首 都 圏 における 企 業 間 の 受 発 注 を 支 援 する また 企 業 のリスク 分 散 や 電 力 制 約 を 背 景 にした 活 動 拠 点 の 移 転 分 散 化 の 動 きを 的 確 に 捉 え データセンターや 食 品 産 業 などターゲットを 絞 り 集 中 的 企 業 訪 問 やセミナーの 開 催 など 効 果 的 な 誘 致 活 動 を 展 開 する さらに 自 然 災 害 のリスクが 低 く 広 大 で 安 価 な 用 地 の 確 保 が 容 易 とい った 本 道 の 立 地 環 境 を 活 かした 産 業 活 動 のバックアップ 機 能 の 検 討 を 行 い 我 が 国 の 産 業 活 動 に 本 道 が 積 極 的 に 貢 献 していくための 方 策 を 国 に 提 案 することなどにより 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 へと つなげていく

3 具 体 的 な 施 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 ア 風 評 被 害 などに 対 する 対 策 放 射 線 等 のモニタリングを 実 施 するとともに 産 地 等 の 証 明 書 を 発 行 するほか 信 頼 回 復 やブランド 再 構 築 に 向 けた 販 路 拡 大 の 取 組 を 推 進 イ 観 光 需 要 の 喚 起 道 民 の 道 内 旅 行 を 推 進 するほか 誘 客 キャンペーンの 実 施 など 道 外 外 国 人 観 光 客 の 誘 致 を 推 進 ウ 中 小 企 業 の 経 営 対 策 緊 急 経 営 相 談 会 の 開 催 や 震 災 等 関 連 特 別 貸 付 をはじめとした 制 度 融 資 の 利 用 促 進 による 資 金 繰 り 支 援 道 内 と 東 北 首 都 圏 との 企 業 間 の 受 発 注 を 支 援 (2) 被 災 地 への 支 援 と 我 が 国 の 経 済 復 興 に 向 けた 本 道 の 貢 献 ア 東 北 地 方 の 産 業 支 援 策 の 検 討 実 施 被 災 企 業 の 北 海 道 での 事 業 展 開 に 対 する 支 援 を 行 うとともに 道 内 中 小 企 業 者 によ る 道 外 被 災 地 の 経 済 復 興 に 資 する 事 業 に 対 する 金 融 支 援 や 道 内 と 東 北 首 都 圏 との 企 業 間 の 受 発 注 を 支 援 イ 首 都 圏 等 の 電 力 事 情 に 応 じた 生 産 オフィス 機 能 の 代 替 検 討 実 施 と 我 が 国 における 生 産 活 動 等 のバックアップ 機 能 の 検 討 提 案 大 震 災 を 契 機 とした 企 業 の 活 動 拠 点 の 地 方 分 散 化 の 動 きを 捉 えた 積 極 的 な 誘 致 活 動 を 実 施 するとともに 経 済 団 体 や 金 融 機 関 と 連 携 した 企 業 誘 致 や 道 内 企 業 の 受 注 機 会 の 確 保 に 向 けた 取 組 を 実 施 首 都 圏 企 業 等 のリスク 分 散 ニーズ 等 の 調 査 及 び 経 済 団 体 などとの 連 携 による バック アップ 機 能 の 検 討 提 案

4 2 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり (1) 中 小 企 業 の 競 争 力 強 化 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン ア 経 営 基 盤 の 強 化 と 経 営 革 新 等 の 促 進 ( 公 財 ) 北 海 道 中 小 企 業 総 合 支 援 センターをはじめ 道 内 各 地 の 産 業 支 援 機 関 商 工 会 商 工 会 議 所 北 海 道 中 小 企 業 団 体 中 央 会 等 が 相 互 の 連 携 を 図 り 中 小 企 業 等 への 効 果 的 な 支 援 が 行 えるよう 総 合 的 な 支 援 体 制 を 整 備 充 実 する また 創 業 や 中 小 企 業 等 の 新 事 業 展 開 を 促 進 するため 起 業 意 欲 の 喚 起 から 研 究 開 発 事 業 化 市 場 開 拓 などの 事 業 段 階 に 応 じた 総 合 的 な 支 援 を 行 うとともに 経 営 の 悪 化 した 中 小 企 業 の 早 期 再 生 を 図 るため 個 別 企 業 等 の 状 況 に 合 わせて 段 階 的 かつ 総 合 的 に 支 援 する さらに 中 小 企 業 等 の 経 営 の 効 率 化 や 生 産 性 の 向 上 等 を 図 り 競 争 力 を 強 化 するため IT 利 活 用 の 促 進 を 図 る 加 えて 中 小 企 業 者 等 に 対 する 受 注 機 会 の 確 保 に 関 する 推 進 方 針 を 定 め 中 小 企 業 者 等 の 育 成 が 地 域 経 済 の 発 展 に 寄 与 することに 配 慮 しなが ら 中 小 企 業 者 等 の 受 注 機 会 の 確 保 拡 大 に 努 める また 依 然 として 厳 しい 経 営 環 境 に 置 かれている 中 小 企 業 が 円 滑 に 資 金 を 調 達 できるよう 制 度 の 充 実 を 図 るとともに 今 後 成 長 が 期 待 できる 分 野 での 事 業 資 金 の 円 滑 な 調 達 を 支 援 する イ 多 様 な 事 業 主 体 の 経 営 活 動 への 支 援 域 内 での 資 金 循 環 や 雇 用 の 場 づくりにつながる ソーシャルビジネスや コミュニティビジネスなど 地 域 課 題 の 解 決 を 図 る 取 組 を 促 進 するため 地 域 経 済 の 活 性 化 及 び 雇 用 の 担 い 手 として 大 きな 可 能 性 や 役 割 を 持 ってい る 多 様 な 事 業 者 の 創 業 と 持 続 的 発 展 を 支 援 する ウ 建 設 業 の 体 質 強 化 公 共 投 資 縮 減 等 による 地 域 の 経 済 と 雇 用 への 影 響 を 最 小 限 に 止 めるた め 各 企 業 の 自 助 努 力 を 基 本 に 経 営 体 質 の 強 化 や 技 術 力 の 向 上 など 建 設 業 本 業 の 強 化 や 新 分 野 進 出 などに 向 けた 取 組 を 促 進 する (2) 地 域 商 業 の 活 性 化 ア 地 域 商 業 の 実 態 に 応 じた 自 主 的 な 取 組 の 誘 発 促 進 地 域 商 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 して 地 域 の 実 態 に 応 じた 自 主 的 な 取 組 を 促 すため 暮 らしと 消 費 生 活 の 基 盤 や 地 域 コミュニティとして 重 要 な 役 割 を 担 う 地 域 商 業 の 活 性 化 に 関 する 条 例 を 制 定 し 道 の 責 務 や 関 係 者 の 役 割 を 明 らかにするとともに 買 い 物 弱 者 の 顕 在 化 や 大 型 店 の 撤 退 によ る 中 心 市 街 地 の 空 洞 化 といった 新 たな 課 題 などに 関 係 者 が 一 体 となった 取 組 を 進 めていくことにより 道 民 生 活 の 持 続 的 安 定 と 地 域 コミュニティの 活 性 化 活 力 ある 地 域 経 済 づくりを 促 進 する

5 [ 指 標 ] 1 開 業 率 平 成 26 年 6.0% ( 平 成 21 年 3.0%) 2 産 業 支 援 機 関 における 課 題 解 決 が 図 られた 企 業 数 平 成 26 年 度 500 社 ( 平 成 22 年 度 452 社 ) 3 新 たな 事 業 活 動 に 挑 戦 する 企 業 数 ( 経 営 革 新 計 画 承 認 企 業 数 ) 平 成 23~26 年 度 200 社 ( 平 成 22 年 度 41 社 ) (1) 中 小 企 業 の 競 争 力 強 化 ア イ ウ 経 営 基 盤 の 強 化 と 経 営 革 新 等 の 促 進 (ア) 支 援 体 制 の 充 実 強 化 ( 公 財 ) 北 海 道 中 小 企 業 総 合 支 援 センターが 他 の 支 援 機 関 と 連 携 しながら 中 小 企 業 の 経 営 課 題 の 解 決 に 向 けた 取 組 や 経 営 改 善 市 場 開 拓 など 競 争 力 強 化 に 向 けた 取 組 を 支 援 中 小 企 業 がきめ 細 かな 経 営 支 援 を 受 けられるよう 地 域 の 商 工 会 議 所 商 工 会 に 経 営 指 導 員 等 を 配 置 するとともに 指 導 助 言 を 行 う 専 門 家 を 派 遣 するなどの 支 援 を 実 施 中 小 企 業 の 組 織 化 を 支 援 し また 中 小 企 業 連 携 組 織 の 抱 える 課 題 に 対 し 適 切 な 指 導 を 行 うなど 北 海 道 中 小 企 業 団 体 中 央 会 による 組 合 への 支 援 を 実 施 (イ) 創 業 新 事 業 展 開 の 促 進 と 事 業 再 生 への 対 応 幅 広 い 年 齢 層 による 創 業 や 社 会 的 企 業 による 創 業 など 多 様 な 形 態 による 創 業 の 促 進 を 図 るとともに 創 業 の 各 段 階 に 応 じた 総 合 的 な 支 援 を 実 施 産 業 支 援 機 関 のインキュベーション マネージャー(IM)が 企 業 個 々の 課 題 解 決 を 支 援 するとともに IMがナビゲートした 企 業 の 販 路 拡 大 や 更 なる 製 品 改 良 への 支 援 を 実 施 産 業 支 援 機 関 に 配 置 した 再 生 支 援 マネージャーが 地 域 の 金 融 機 関 と 連 携 するなどして 経 営 改 善 支 援 を 行 うとともに 経 営 者 の 財 務 に 対 する 予 防 気 づきを 促 進 中 小 企 業 新 事 業 活 動 促 進 法 に 基 づき 経 営 革 新 に 取 り 組 む 中 小 企 業 の 新 たな 事 業 活 動 を 促 進 (ウ)IT 利 活 用 の 促 進 経 営 の 効 率 化 や 生 産 性 の 向 上 等 を 図 り 競 争 力 を 強 化 するための 取 組 を 促 進 (エ) 中 小 企 業 者 等 の 受 注 機 会 の 確 保 中 小 企 業 者 等 に 対 する 受 注 機 会 の 確 保 に 関 する 推 進 方 針 (15 年 度 策 定 )に 基 づき 中 小 企 業 者 等 の 受 注 機 会 の 確 保 拡 大 (オ) 資 金 供 給 の 円 滑 化 セーフティネット 貸 付 など 融 資 制 度 の 不 断 の 見 直 しにより 厳 しい 経 営 環 境 に 置 かれ ている 中 小 企 業 への 金 融 支 援 を 実 施 今 後 の 成 長 が 期 待 できる 食 観 光 環 境 エネルギーなどの 分 野 での 事 業 活 動 に 必 要 な 資 金 の 円 滑 化 を 図 るため 融 資 制 度 の 創 設 に 向 けた 取 組 を 推 進 多 様 な 事 業 主 体 の 経 営 活 動 への 支 援 地 域 経 済 を 支 える 多 様 な 事 業 者 の 創 業 や 持 続 的 発 展 を 支 援 するための 推 進 方 策 を 検 討 地 域 におけるソーシャルビジネス 等 の 起 業 促 進 に 向 けた 支 援 体 制 を 整 備 NPOなど 多 様 な 事 業 主 体 の 経 営 活 動 を 資 金 面 で 支 援 建 設 業 の 体 質 強 化 北 海 道 建 設 産 業 支 援 プラン ( 平 成 20 年 3 月 策 定 )に 基 づき 地 域 建 設 業 協 会 等 建 設 業 団 体 が 取 り 組 む 新 分 野 進 出 や 本 業 強 化 のための 企 業 連 携 等 の 取 組 を 支 援 するとともに 個 々 の 建 設 業 者 に 対 する 新 分 野 進 出 の 取 組 への 助 成 や 融 資 人 材 開 発 などの 各 種 支 援 を 実 施 [ 指 標 ] 1 商 店 街 の 平 均 空 き 店 舗 数 (2) 地 域 商 業 の 活 性 化 ア 平 成 26 年 地 域 商 業 の 実 態 に 応 じた 自 主 的 な 取 組 の 誘 発 促 進 7.1 件 ( 平 成 22 年 7.6 件 ) 地 域 商 業 の 活 性 化 に 関 する 条 例 を 制 定 し 関 係 者 が 一 体 となって 進 める 地 域 の 実 態 に 応 じ た 取 組 を 促 進 していくことにより 道 民 生 活 の 持 続 的 安 定 と 地 域 コミュニティの 活 性 化 活 力 ある 地 域 経 済 づくりを 促 進

6 (3)ものづくり 産 業 の 競 争 力 強 化 と 地 域 展 開 ア 幅 広 いものづくり 産 業 の 振 興 ものづくり 産 業 が 本 道 経 済 の 活 性 化 と 力 強 い 地 域 経 済 づくりの 牽 引 役 としての 役 割 を 担 っていくためには 集 積 促 進 に 粘 り 強 く 取 り 組 み その 産 業 力 を 強 化 する 必 要 がある このため これまで 重 点 としてきた 自 動 車 産 業 に 加 え 自 動 車 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 で 蓄 積 された 技 術 やノウハ ウを 活 用 して 食 クラスターに 関 連 した 食 関 連 機 械 や 今 後 成 長 が 期 待 され る 環 境 関 連 機 械 などへの 参 入 を 促 進 し 幅 広 いものづくり 産 業 の 振 興 を 図 る また 自 動 車 製 造 の 国 内 第 3の 拠 点 形 成 となるなど ものづくり 産 業 の 集 積 が 進 んでいる 東 北 地 域 などとの 連 携 を 強 化 して 本 道 ものづくり 産 業 の 技 術 力 向 上 や 販 路 拡 大 につなげる イ 立 地 環 境 を 活 かした 企 業 誘 致 の 推 進 集 積 の 促 進 これまで 重 点 的 に 誘 致 に 取 り 組 んできた 経 済 波 及 効 果 の 高 い 自 動 車 や 電 気 電 子 産 業 に 加 え 本 道 に 立 地 優 位 性 がある 豊 富 な 食 資 源 を 活 かした 食 料 品 製 造 業 や 食 品 機 械 製 造 業 などの 食 関 連 産 業 冷 涼 な 外 気 等 を 空 調 に 用 いる 環 境 配 慮 型 データセンターのほか 今 後 も 成 長 が 期 待 され 積 極 的 な 投 資 が 見 込 まれる 次 世 代 自 動 車 や 太 陽 光 発 電 LEDなどの 環 境 関 連 の 加 工 組 立 型 工 業 とそれを 支 える 基 盤 技 術 産 業 などを 重 点 に 誘 致 活 動 を 強 化 す るとともに 大 震 災 を 契 機 とした 企 業 の 活 動 拠 点 の 地 方 分 散 化 の 動 きを 捉 えた 鋳 物 や 熱 処 理 半 導 体 等 の 電 力 多 消 費 型 製 造 業 など 幅 広 い 分 野 にお けるものづくり 産 業 の 立 地 を 促 進 する また 苫 小 牧 東 部 地 域 においては 自 動 車 産 業 や 再 生 可 能 エネルギーを 活 用 する 産 業 など 集 積 の 拡 大 が 期 待 される 産 業 の 立 地 を 一 層 進 めるとと もに 開 発 の 核 となるプロジェクトの 導 入 を 図 るほか 国 の 支 援 措 置 や 道 の 産 業 振 興 条 例 に 基 づく 助 成 制 度 などを 積 極 的 にPRし 効 果 的 な 企 業 誘 致 活 動 を 展 開 する さらに 石 狩 湾 新 港 地 域 においては 地 元 市 などと 連 携 を 強 化 し 大 都 市 圏 に 位 置 すること グリーンエネルギーを 利 活 用 できる 環 境 が 整 備 され つつあるなどの 優 位 性 を 活 かしつつ 多 様 な 分 野 への 誘 致 活 動 を 展 開 する ウ 地 域 における 産 業 技 術 の 高 度 化 経 済 波 及 効 果 の 高 い 自 動 車 産 業 などの 加 工 組 立 型 工 業 や 基 盤 技 術 産 業 等 を 中 心 に 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 や 地 域 の 技 術 支 援 機 関 との 連 携 を 強 化 し 企 業 に 対 する 技 術 系 人 材 育 成 や 新 製 品 新 技 術 開 発 の 支 援 など 産 業 技 術 の 高 度 化 に 取 り 組 み 本 道 のものづくり 産 業 の 競 争 力 強 化 につなげる

7 [ 指 標 ] 1 加 工 組 立 型 工 業 の 出 荷 額 等 平 成 26 年 10,600 億 円 施 策 展 開 ( 平 成 22 年 7,793 億 円 ) 2 製 造 業 付 加 価 値 生 産 性 平 成 26 年 1,079 万 円 / 人 ( 平 成 21 年 813 万 円 / 人 ) 3 製 造 業 における 部 品 等 の 地 場 調 達 率 平 成 26 年 度 27%( 平 成 22 年 度 12%) 4 企 業 立 地 件 数 平 成 23~26 年 度 250 件 ( 平 成 22 年 度 49 件 ) (3)ものづくり 産 業 の 競 争 力 強 化 と 地 域 展 開 ア イ ウ 幅 広 いものづくり 産 業 の 振 興 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン (ア) 本 道 の 基 幹 産 業 である 食 関 連 分 野 への 参 入 促 進 農 業 機 械 の 研 究 開 発 と 販 路 拡 大 及 び 食 品 加 工 機 械 の 開 発 に 向 けた 取 組 を 促 進 (イ) 今 後 成 長 が 期 待 される 環 境 関 連 分 野 への 参 入 促 進 次 世 代 自 動 車 や 太 陽 光 発 電 LEDなど 環 境 関 連 産 業 への 参 入 に 向 けた 技 術 力 向 上 の 取 組 を 促 進 (ウ) 東 北 地 域 などとの 連 携 による 道 内 ものづくり 産 業 の 参 入 促 進 自 動 車 製 造 の 拠 点 形 成 が 進 む 東 北 地 域 などとの 連 携 を 図 ることにより 道 内 ものづくり 産 業 の 道 内 外 の 自 動 車 産 業 等 への 参 入 を 促 進 立 地 環 境 を 活 かした 企 業 誘 致 の 推 進 集 積 の 促 進 食 料 品 製 造 業 や 食 品 機 械 製 造 業 など 食 関 連 産 業 の 誘 致 を 推 進 大 震 災 を 契 機 に 活 動 拠 点 の 分 散 化 や 需 要 拡 大 が 見 込 まれる 業 種 の 誘 致 活 動 の 強 化 を 図 る ため 電 力 制 限 等 により 需 要 拡 大 が 見 込 まれる 省 エネルギー 新 エネルギー 関 連 の 製 造 業 や 半 導 体 など 電 力 制 約 の 影 響 を 受 けやすい 製 造 業 をターゲットとした 誘 致 活 動 を 実 施 冷 涼 な 気 候 など 本 道 の 立 地 優 位 性 を 活 かすことに 加 え 自 然 リスクの 低 さなど リスク 分 散 の 適 地 としての 観 点 からもPRを 強 化 し 環 境 配 慮 型 データセンターの 誘 致 を 推 進 次 世 代 自 動 車 産 業 の 立 地 を 促 進 するため 関 連 サプライヤーをターゲットとして 誘 致 活 動 に 取 り 組 むとともに 既 に 道 内 に 立 地 している 大 手 自 動 車 部 品 企 業 が 関 連 部 品 に 参 入 でき るよう 本 社 等 への 要 望 活 動 を 実 施 豊 富 な 日 射 量 や 風 量 広 大 な 土 地 確 保 の 容 易 さなど 本 道 の 立 地 優 位 性 を 活 かし 市 町 村 等 と 連 携 し 太 陽 光 等 の 再 生 可 能 エネルギーを 活 用 した 発 電 施 設 ( 発 電 所 )の 誘 致 活 動 を 実 施 苫 小 牧 東 部 地 域 においては 新 たなブランドイメージを 全 国 の 企 業 等 に 発 信 するためのプ ロモーション 事 業 や 企 業 訪 問 等 の 誘 致 活 動 を 展 開 するとともに 公 的 プロジェクトの 導 入 に 向 け 調 査 検 討 や 国 に 対 する 要 望 活 動 を 実 施 石 狩 湾 新 港 地 域 においては 関 係 機 関 との 連 携 のもと 企 業 立 地 フェアへの 出 展 企 業 立 地 セミナー 等 の 開 催 により 環 境 面 における 高 付 加 価 値 フィールドとしての 情 報 発 信 や 企 業 誘 致 を 実 施 するとともに LNG 冷 熱 が 冷 凍 冷 蔵 倉 庫 食 品 製 造 データセンターなど 広 範 囲 な 産 業 で 利 用 が 可 能 であることから LNG 基 地 の 稼 働 に 向 けて 関 連 産 業 の 立 地 に 係 る 取 組 を 実 施 地 域 における 産 業 技 術 の 高 度 化 付 加 価 値 生 産 性 の 推 移 年 度 H19 H20 H21 金 額 ( 万 円 / 人 ) 工 業 統 計 より 付 加 価 値 生 産 性 とは 本 道 のものづくり 産 業 の 技 術 力 を 示 す 指 標 付 加 価 値 生 産 性 ( 万 円 / 人 )= 付 加 価 値 額 / 従 業 員 数 (ア) 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 や 地 域 の 技 術 支 援 機 関 との 連 携 による 産 業 技 術 の 高 度 化 工 業 技 術 センターによる 研 究 開 発 の 促 進 と WINGほっかいどうによる 新 事 業 新 産 業 創 出 に 向 けた 研 究 開 発 を 実 施 地 域 の 技 術 支 援 機 関 や 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 等 と 連 携 した 技 術 支 援 を 行 うとともに 大 学 等 の 研 究 シーズを 活 用 した 新 製 品 新 サービス 等 への 支 援 (イ) 道 内 中 小 企 業 の 技 術 力 の 向 上 道 内 中 小 企 業 の 技 術 力 の 向 上 を 図 るため 産 業 振 興 条 例 に 基 づき 中 小 企 業 の 新 製 品 新 技 術 開 発 を 支 援 するとともに 地 域 における 基 盤 技 術 の 向 上 に 向 けた 技 術 指 導 や 人 材 育 成 の 促 進 大 学 や 試 験 研 究 機 関 と 企 業 等 が 連 携 し 道 内 6 圏 域 の 産 業 支 援 機 関 が 地 域 の 産 業 力 知 的 資 源 を 活 用 して 行 う 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けた 取 組 を 支 援

8 (4) 地 域 産 業 を 担 う 人 材 育 成 と 就 業 促 進 ア 成 長 分 野 などにおける 産 業 人 材 の 育 成 食 や 観 光 など 本 道 の 優 位 性 を 活 かした 地 域 の 基 盤 となる 産 業 ものづく り 産 業 など 経 済 の 牽 引 役 が 期 待 される 産 業 など 本 道 経 済 の 成 長 を 担 う 重 点 分 野 における 人 材 の 育 成 方 針 を 明 らかにするとともに 次 世 代 人 材 の 育 成 を 図 るため 職 業 能 力 開 発 施 設 の 推 進 体 制 を 整 備 し 効 果 的 な 職 業 訓 練 を 促 進 する また 在 職 者 に 対 しては 観 光 産 業 など 産 業 人 材 を 育 成 するための 研 修 会 などを 開 催 するほか 企 業 における 人 材 育 成 確 保 に 向 けて 各 訓 練 機 関 等 が 行 う 事 業 や 取 組 に 係 る 情 報 の 収 集 発 信 やU Iターン 事 業 に 取 り 組 む さらに 産 学 官 が 連 携 し 高 校 生 等 が 主 体 的 に 行 うインターンシップを はじめとする 体 験 的 な 学 習 活 動 の 充 実 を 図 る イ 雇 用 の 創 出 と 若 年 者 等 の 就 業 促 進 厳 しい 雇 用 情 勢 に 対 応 するため 失 業 者 に 対 する 短 期 の 雇 用 就 業 機 会 の 創 出 を 図 るとともに 地 域 における 急 激 な 雇 用 変 動 に 対 して 関 係 機 関 が 一 体 となって 緊 急 的 な 対 策 に 取 り 組 むなど セーフティネットの 充 実 を 図 るとともに 成 長 分 野 や 地 域 を 支 える 産 業 の 振 興 などの 産 業 施 策 と 雇 用 施 策 の 一 体 的 な 取 組 を 展 開 することにより 安 定 した 雇 用 の 場 づくりな ど 雇 用 の 受 け 皿 づくり を 進 める ジョブカフェ ジョブサロンなど 就 職 を 希 望 する 若 年 者 や 再 就 職 が 厳 しい 中 高 年 の 求 職 者 に 対 する 就 職 対 策 など 就 業 の 促 進 に 取 り 組 む 特 に 若 年 者 に 対 しては 教 育 機 関 や 保 護 者 をはじめ 地 域 ぐるみの 対 策 を 行 う また 全 国 を 上 回 るスピードで 進 展 する 人 口 減 少 は 産 業 活 動 における 労 働 力 の 不 足 につながるなど 本 道 経 済 の 活 力 低 下 をもたらすことが 懸 念 されるため 女 性 の 就 業 環 境 の 整 備 や 高 齢 者 や 障 がい 者 雇 用 などに 対 する 理 解 促 進 に 取 り 組 むなど 様 々な 働 き 手 の 就 業 を 促 進 する 雇 用 創 出 基 本 計 画 に 基 づくこうした 施 策 を 産 業 振 興 面 からも 推 進 する ことにより 着 実 な 雇 用 創 出 に 結 びつけていく

9 [ 指 標 ] 1 雇 用 創 出 数 ( 常 用 雇 用 ) 平 成 23~26 26 年 度 10 万 人 ( 平 成 22 年 度 28,073 人 ) 2 高 等 技 術 専 門 学 院 就 職 率 平 成 26 年 度 94%( 平 成 22 年 度 86%) 3 委 施 託 策 訓 展 練 開 受 講 者 の 就 職 率 平 成 26 年 度 84%( 平 成 22 年 度 61%) 4ジョブカフェによる 就 職 者 数 平 成 23~26 26 年 度 25,000 人 ( 平 成 22 年 度 6,215 人 ) 5ジョブサロンによる 再 就 職 者 数 平 成 23~26 26 年 度 1,200 人 ( 平 成 22 年 6 月 ~ 平 成 23 年 3 月 260 人 ) (4) 地 域 産 業 を 担 う 人 材 育 成 と 就 業 促 進 年 度 H20 H21 H22 雇 用 創 出 数 24,432 人 26,603 人 28,073 人 ア 成 長 分 野 などにおける 産 業 人 材 の 育 成 (ア) 道 立 高 等 技 術 専 門 学 院 の 推 進 体 制 の 整 備 高 等 技 術 専 門 学 院 中 長 期 ビジョン(H20 策 定 )に 基 づき 職 業 訓 練 の 内 容 施 設 配 置 などの 推 進 体 制 を 整 備 (イ) 重 点 分 野 における 人 材 の 育 成 本 道 経 済 の 人 材 育 成 の 現 状 と 課 題 や 求 められる 人 材 像 を 明 らかにし 今 後 の 展 開 方 向 を 示 す 産 業 人 材 育 成 方 針 を 策 定 し 重 点 分 野 における 人 材 の 育 成 を 促 進 (ウ) 高 度 技 術 者 等 の 人 材 の 確 保 U Iターン 求 人 求 職 情 報 の 提 供 や 国 との 連 携 による 合 同 面 接 会 を 実 施 (エ) 人 材 育 成 ネットワークの 推 進 国 や 道 経 済 界 産 業 支 援 機 関 教 育 機 関 などが 連 携 し 産 業 人 材 育 成 の 総 合 的 な 支 援 を 推 進 (オ) 高 校 生 などの 円 滑 な 就 業 の 促 進 学 校 家 庭 地 域 社 会 や 産 業 界 が 一 体 となった 企 業 実 習 やインターンシップ 等 の 体 験 活 動 の 充 実 地 域 や 企 業 等 の 理 解 協 力 の 促 進 に 向 け 経 済 団 体 等 への 要 請 活 動 の 実 施 インターンシップ 受 入 企 業 の 開 拓 を 推 進 するとともに 高 校 大 学 等 へ 情 報 提 供 し 早 期 の 有 効 活 用 について 働 きかけ イ 雇 用 の 創 出 と 若 年 者 等 の 就 業 促 進 (ア)セーフティネットの 充 実 失 業 者 に 対 する 一 時 的 な 雇 用 就 業 機 会 の 創 出 を 図 るとともに 地 域 の 急 激 な 雇 用 変 動 に 対 して 迅 速 な 対 応 に 努 めるほか 多 様 な 職 業 訓 練 機 会 の 拡 大 を 図 り 離 職 者 の 再 就 職 を 促 進 (イ) 雇 用 の 受 け 皿 づくり 本 道 が 優 位 性 を 有 し 今 後 も 成 長 発 展 が 見 込 まれる 産 業 分 野 の 振 興 や 創 業 の 促 進 中 小 企 業 の 競 争 力 強 化 や 経 営 革 新 の 促 進 を 図 るとともに 企 業 誘 致 の 戦 略 的 展 開 農 林 水 産 業 流 通 業 建 設 業 等 地 域 を 支 える 産 業 の 振 興 により 雇 用 の 場 づくりを 推 進 (ウ) 就 業 の 促 進 就 職 環 境 が 厳 しい 新 規 学 卒 者 をはじめとした 若 年 者 や 再 就 職 が 厳 しい 中 高 年 の 求 職 者 に 対 する 就 職 支 援 産 業 振 興 施 策 との 連 携 による 季 節 労 働 者 の 通 年 雇 用 化 の 促 進 非 正 規 労 働 者 への 対 応 や 調 和 のとれた 働 き 方 の 推 進 など 就 業 環 境 の 整 備 産 業 人 材 の 育 成 確 保 や 人 手 不 足 解 消 に 向 けた 取 組 などにより 就 業 を 促 進

10 3 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 (1) 食 食 の 総 合 産 業 化 による 食 産 業 立 国 の 形 成 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン ア 食 関 連 産 業 の 振 興 ( 食 クラスターの 取 組 の 加 速 ) 地 域 の 主 要 産 業 である 食 品 工 業 の 活 性 化 を 図 るため 本 道 の 持 つ 優 位 性 等 を 最 大 限 に 活 かし 地 域 特 性 や 消 費 者 ニーズに 対 応 した 新 製 品 新 技 術 開 発 などに 取 り 組 むほか 食 品 工 業 の 生 産 性 の 向 上 や 試 験 研 究 機 関 が 中 心 となって 関 連 企 業 などと 連 携 し 食 品 加 工 技 術 などの 研 究 開 発 技 術 支 援 を 促 進 することにより 食 の 高 付 加 価 値 化 を 推 進 する また 豊 富 な 農 林 水 産 資 源 を 活 用 した 健 康 食 品 をはじめとする 本 道 のバ イオ 産 業 は 健 康 志 向 の 高 まりにより 今 後 一 層 の 成 長 が 見 込 まれるため 特 区 構 想 の 活 用 などにより 競 争 力 ブランド 力 の 強 化 を 図 る さらに 消 費 者 ニーズに 基 づく 商 品 開 発 等 マーケティング 発 想 の 導 入 や 販 路 拡 大 に 向 けた 新 たな 手 法 の 確 立 道 産 食 品 製 造 企 業 と 百 貨 店 等 バイ ヤーによる 商 談 会 の 開 催 など 道 産 品 の 販 路 拡 大 の 取 組 を 促 進 する 食 クラスター 連 携 協 議 体 における 提 案 プロジェクト 推 進 システムによる 迅 速 かつ 的 確 な 推 進 を 図 るとともに 参 画 者 間 の 連 携 協 働 の 拡 大 や 地 域 推 進 体 制 の 強 化 を 進 め 大 きな 経 済 波 及 効 果 が 期 待 されるプロジェクト の 創 出 や 販 路 の 拡 大 などの 成 果 を 生 み 出 すとともに これら 活 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 各 関 係 機 関 において 支 援 施 策 の 充 実 を 図 る さらに 地 域 間 連 携 モデルに 位 置 づけられる 北 海 道 フード コンプレッ クス 国 際 戦 略 総 合 特 区 構 想 の 実 現 に 向 けた 取 組 を 推 進 するほか 豊 富 で 高 品 質 な 一 次 産 品 の 生 産 から 加 工 流 通 販 売 に 至 る 関 連 産 業 が 密 接 に 結 びついた6 次 産 業 化 を 推 進 する 農 商 工 連 携 の 取 組 を 促 すため 農 商 工 連 携 ファンド 等 による 新 商 品 新 サービスの 開 発 に 対 する 助 成 を 行 うとともに 地 域 における 連 携 支 援 の 仕 組 みを 構 築 する 食 の 総 合 産 業 化 を 目 指 す 観 点 から 農 業 分 野 における 安 全 安 心 な 農 畜 産 物 生 産 や 地 産 地 消 等 の 推 進 による 消 費 者 と 生 産 者 の 結 び 付 きの 一 層 の 強 化 など 効 率 的 安 定 的 な 生 産 流 通 システムの 確 立 等 の 取 組 また 水 産 分 野 における 安 全 かつ 良 質 な 水 産 物 の 安 定 的 な 供 給 や 地 域 の 特 性 を 活 かした 付 加 価 値 向 上 への 取 組 とも 十 分 に 連 携 しながら 食 関 連 産 業 の 振 興 を 図 る イ 食 関 連 企 業 の 誘 致 推 進 大 震 災 を 契 機 としたリスク 分 散 の 観 点 からの 製 造 拠 点 の 移 転 や 原 料 確 保 に 有 利 な 生 産 地 立 地 の 動 きを 捉 えて 本 道 の 豊 富 な 食 資 源 を 活 かした 食 品 製 造 業 高 付 加 価 値 化 やコスト 低 減 につながる 食 品 機 械 製 造 業 さらに は 物 流 企 業 など 幅 広 い 食 関 連 企 業 の 立 地 を 促 進 する

11 [ 指 標 ] 1 食 品 工 業 の 出 荷 額 等 平 成 26 年 23,500 億 円 ( 平 成 22 年 20,677 億 円 ) 2 施 食 策 品 展 工 開 業 付 加 価 値 率 平 成 26 年 32%( 平 成 21 年 28%) 3 商 談 会 等 における 国 内 新 規 成 約 件 数 平 成 26 年 度 1,880 件 ( 平 成 21 年 度 1,471 件 ) 30.0% 29.5% 29.0% 28.5% 28.0% 27.5% 27.0% 26.5% 食 品 工 業 付 加 価 値 率 の 推 移 29.0% 29.4% 28.5% 28.3% 27.6% H17 H18 H19 H20 H21 (1) 食 の 総 合 産 業 化 による 食 産 業 立 国 の 形 成 ア 食 関 連 産 業 の 振 興 ( 食 クラスターの 取 組 の 加 速 ) (ア) 社 会 ニーズを 捉 えた 研 究 開 発 の 推 進 と 実 用 化 の 拡 大 地 域 特 性 や 社 会 ニーズ 等 に 的 確 に 対 応 した 新 製 品 新 技 術 開 発 など 付 加 価 値 の 高 い 食 品 づくりを 推 進 するとともに 東 アジア 向 け 商 品 やエゾシカをはじめと した 地 域 の 食 材 を 活 かした 食 品 づくりを 推 進 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 と 地 域 公 設 試 験 研 究 機 関 が 中 心 となって 関 連 企 業 などと 連 携 し 食 品 加 工 技 術 や 食 品 加 工 機 械 などの 研 究 開 発 を 促 進 するとともに 地 域 食 品 加 工 技 術 センターによる 地 域 ニーズに 対 応 した 研 究 開 発 技 術 支 援 や 食 品 工 業 の 生 産 性 向 上 を 促 進 道 内 バイオ 製 品 の 販 路 拡 大 のための 商 談 会 や 展 示 会 への 出 展 支 援 等 を 実 施 する とともに 食 品 の 機 能 性 に 着 目 した 取 組 を 推 進 (イ) 国 内 外 への 販 路 拡 大 と 新 たなセールスプロモーション 手 法 の 確 立 消 費 者 ニーズに 基 づく 商 品 開 発 等 マーケティング 発 想 の 導 入 や 販 路 拡 大 に 向 けた 新 たな 手 法 の 確 立 道 産 食 品 製 造 企 業 と 百 貨 店 等 バイヤーによる 商 談 会 の 開 催 など 道 産 食 品 の 販 路 拡 大 を 促 進 道 産 食 品 の 発 掘 磨 き 上 げや 販 売 促 進 に 向 けたプロモーションを 行 うととも に 北 海 道 どさんこプラザ などでのテスト 販 売 等 によりマーケティング 活 動 を 支 援 (ウ) 食 クラスター 活 動 の 推 進 とプロジェクトの 成 果 発 現 生 産 者 や 食 関 連 企 業 ( 食 品 加 工 卸 小 売 物 流 等 )などの 食 クラスター 連 携 協 議 体 への 参 画 促 進 を 図 るとともに 参 画 者 間 の 連 携 協 働 の 拡 大 を 推 進 プロジェクトの 着 実 な 推 進 を 図 るとともに 大 きな 経 済 波 及 効 果 が 期 待 される プロジェクトを 創 出 各 ( 総 合 ) 振 興 局 と 管 内 の 産 学 官 金 融 との 連 携 協 働 によりプロジェク トを 発 掘 推 進 するとともに 地 域 推 進 体 制 を 強 化 マーケットニーズを 捉 えた 商 品 開 発 システムの 構 築 やマーケティングパーソン の 育 成 地 域 間 連 携 などの 取 組 を 促 進 食 クラスター 活 動 と 支 援 施 策 との 連 携 を 強 化 するため 各 機 関 の 食 関 連 施 策 の 充 実 と 活 用 を 図 るとともに マスコミやHP メルマガ 等 を 活 用 した 効 果 的 な 情 報 提 供 を 実 施 経 済 産 業 局 農 政 事 務 所 など 各 機 関 のコーディネーター 派 遣 施 策 などの 活 用 を 促 進 北 海 道 フード コンプレックス 国 際 戦 略 総 合 特 区 構 想 の 実 現 に 向 けた 取 組 を 推 進 イ 食 関 連 企 業 の 誘 致 推 進 豊 富 な 食 資 源 や 食 品 製 造 業 の 集 積 など 本 道 の 食 に 関 する 立 地 優 位 性 を 活 かし た 食 品 製 造 業 や 食 品 加 工 機 械 物 流 企 業 など 幅 広 い 食 関 連 企 業 への 誘 致 活 動 を 実 施

12 (2) 観 光 地 域 における 魅 力 ある 観 光 の 新 展 開 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン ア 地 域 の 個 性 を 生 かした 観 光 地 づくり 本 道 の 優 れた 自 然 環 境 と 共 生 しながら 温 泉 や 食 文 化 産 業 など 北 海 道 らしい 地 域 の 様 々な 資 源 を 生 かした 誰 もが 訪 れてみた いと 感 じる 魅 力 ある 観 光 地 づくりを 推 進 するとともに 観 光 情 報 の 充 実 や ホスピタリティの 向 上 により 受 入 体 制 を 整 備 し 滞 在 型 観 光 などを 促 進 す る また こうした 取 組 の 重 要 な 要 素 となる 体 験 型 観 光 の 充 実 ブランド 化 を 図 るため 北 海 道 アウトドア 資 格 制 度 認 定 ガイドなどの 積 極 的 な 活 用 を 推 進 する イ 効 果 的 な 誘 致 活 動 北 海 道 が 優 位 性 や 可 能 性 を 持 つ 観 光 資 源 の 発 掘 磨 き 上 げから 旅 行 商 品 化 による 誘 客 までの 取 組 を 総 合 的 に 展 開 することで 本 道 観 光 のブランド 力 を 高 めるとともに 大 震 災 を 契 機 に 需 要 が 高 まった 道 内 での 教 育 旅 行 や 長 期 滞 在 型 観 光 の 拡 大 に 向 けた 取 組 を 促 進 する また 国 内 観 光 においては 道 民 の 旅 行 需 要 の 喚 起 や 北 海 道 デスティネ ーションキャンペーンの 展 開 新 幹 線 開 通 も 視 野 に 入 れて 東 北 地 域 と 連 携 するなど 大 震 災 により 減 少 した 観 光 客 の 誘 致 を 促 進 するとともに 海 外 においては 国 際 会 議 やインセンティブ 旅 行 などのMICEの 誘 致 促 進 や 東 アジア 地 域 などを 中 心 にマーケットのニーズ 等 を 踏 まえた 効 果 的 効 率 的 な 宣 伝 誘 致 活 動 の 展 開 により 観 光 客 の 誘 致 を 促 進 する さらに 道 内 地 方 空 港 と 本 州 とを 結 ぶ 航 空 路 線 の 維 持 確 保 や 運 休 路 線 の 再 開 新 規 路 線 の 開 設 に 向 けた 取 組 を 推 進 するとともに 国 際 航 空 路 線 の 誘 致 や 空 港 の 機 能 強 化 などに 向 けた 取 組 を 関 係 自 治 体 や 経 済 界 などと 連 携 を 図 りながら 積 極 的 に 行 う

13 [ 指 標 ] 1 施 観 策 光 展 入 開 込 客 数 平 成 26 年 度 6,500 万 人 ( 平 成 22 年 度 5,127 万 人 ) 2 外 国 人 来 道 者 数 平 成 26 年 度 110 万 人 ( 平 成 22 年 度 74 万 人 ) 北 海 道 観 光 入 込 客 数 ( 実 人 数 )と 万 人 外 国 人 来 道 者 数 ( 実 人 数 )の 推 移 6, ,000 5,500 5,000 4,500 4, ,909 4,958 外 国 人 来 道 者 数 4,707 4,682 観 光 入 込 客 数 5,127 H18 H19 H20 H21 H22 北 海 道 観 光 入 込 客 数 調 査 報 告 書 より H22から 新 方 式 による 算 定 万 人 (2) 地 域 における 魅 力 ある 観 光 の 新 展 開 ア イ 地 域 の 個 性 を 生 かした 観 光 地 づくり (ア) 地 域 の 多 彩 な 魅 力 を 生 かした 観 光 資 源 のブランディングの 促 進 地 域 の 個 性 などを 生 かした 旅 行 商 品 づくりを 促 進 (イ) 安 心 快 適 な 受 入 環 境 づくり 人 材 の 育 成 に 加 え 観 光 地 での 情 報 提 供 やホスピタリティの 向 上 など 受 入 体 制 の 整 備 を 促 進 観 光 関 連 産 業 従 事 者 への 外 国 人 接 遇 研 修 を 促 進 するとともに 外 国 人 観 光 客 へ の 対 応 マニュアルや 会 話 ツールを 活 用 促 進 外 国 語 による 観 光 情 報 案 内 機 能 の 整 備 促 進 を 図 るとともに 観 光 地 などにおけ る 案 内 標 識 等 を 整 備 促 進 北 海 道 アウトドア 資 格 制 度 認 定 ガイドを 活 用 した 安 全 安 心 なアウトドア 体 験 観 光 の 周 知 PRを 展 開 するとともに より 多 くの 道 民 のアウトドア 活 動 へ の 参 加 を 促 進 効 果 的 な 誘 致 活 動 (ア) 国 内 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 道 民 による 道 内 観 光 の 促 進 に 加 え 避 暑 地 としての 誘 客 など 長 期 滞 在 に 向 けて の 取 組 や 観 光 プロモーション 活 動 東 北 地 域 と 連 携 した 取 組 など 国 内 からの 誘 致 促 進 を 図 るとともに 観 光 情 報 を 発 信 道 内 地 方 空 港 と 本 州 とを 結 ぶ 航 空 路 線 の 確 保 に 向 けて 道 管 理 空 港 における 着 陸 料 の 軽 減 などを 図 るとともに 各 地 域 の 空 港 利 用 促 進 期 成 会 などの 関 係 者 と 一 体 となって 運 休 路 線 の 再 開 や 増 便 新 規 路 線 の 開 設 に 向 けた 取 組 を 推 進 (イ) 外 国 人 観 光 客 の 誘 致 強 化 東 アジア 地 域 などを 中 心 とした 誘 致 活 動 や 冬 季 における 外 国 人 観 光 客 誘 致 のた めの 宣 伝 誘 致 活 動 の 展 開 海 外 のマスコミ 等 の 招 へい 事 業 の 推 進 や 訪 日 教 育 旅 行 国 際 会 議 等 MICE 北 海 道 へのロケーションの 誘 致 促 進 など ターゲットに 応 じた 効 果 的 な 宣 伝 誘 致 活 動 を 促 進 CIQ 体 制 の 整 備 及 び 新 千 歳 空 港 における 一 部 外 国 航 空 会 社 の 乗 り 入 れ 制 限 の 緩 和 について 国 に 働 きかけるとともに 国 際 線 空 港 地 上 業 務 等 の 受 入 体 制 の 充 実 を 促 進 し 航 空 路 線 の 誘 致 や 運 休 路 線 の 再 開 に 向 けた 取 組 を 実 施

14 (3) 国 際 世 界 の 中 の 北 海 道 を 意 識 した 海 外 市 場 の 開 拓 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン ア 海 外 への 販 路 拡 大 中 国 に 加 え シンガポールやベトナムなどの 海 外 市 場 において 人 材 企 業 等 のネットワークの 構 築 アンテナショップやネット 販 売 などの 新 た な 流 通 ルートづくりの 支 援 など 道 産 品 の 販 路 拡 大 を 図 るほか 本 道 が 優 位 性 を 持 つ 寒 冷 地 技 術 製 品 のロシア 連 邦 極 東 地 域 などへの 売 り 込 みを 強 化 する また 海 外 での 商 談 会 等 の 開 催 後 マッチングの 効 果 を 高 めるため 参 加 企 業 に 対 するフォローアップを 実 施 する ソウル ユジノサハリンスクに 加 え 平 成 23 年 12 月 に 上 海 に 開 設 した 道 の 拠 点 を 活 用 して 情 報 発 信 やビジネスサポートに 取 り 組 み 東 ア ジア 地 域 における 北 海 道 ブランド の 確 立 を 目 指 す また 原 発 事 故 による 風 評 被 害 対 策 として 道 産 食 品 の 安 全 性 のPRを 行 うなど 海 外 での 食 の 北 海 道 ブランド の 再 構 築 を 図 る イ 海 外 からの 投 資 促 進 本 道 が 有 する 様 々な 資 源 ( 資 産 )を 有 効 に 活 用 して 新 たなビジネスを 生 み 出 すためには 道 内 国 内 からの 投 資 のみならず 海 外 の 活 力 を 取 り 込 むことも 必 要 であることから 本 道 の 経 済 活 性 化 にとってメリットのあ る 海 外 からの 産 業 投 資 を 促 進 するため 投 資 促 進 の 進 め 方 としてのル ールづくりや 地 域 との 連 携 方 策 づくりを 進 め 総 合 的 な 投 資 相 談 サービス による 投 資 誘 致 を 進 める ウ 交 通 物 流 ネットワークの 構 築 新 千 歳 空 港 や 国 際 港 湾 等 を 一 体 的 に 捉 え 海 上 航 空 陸 上 輸 送 を 組 み 合 わせた 交 通 物 流 ネットワーク( 北 東 アジア ターミナル 構 想 )を 構 築 し 最 適 な 輸 送 サービスの 提 供 を 図 る また 苫 小 牧 東 部 地 域 や 石 狩 湾 新 港 地 域 等 への 物 流 関 連 企 業 物 流 施 設 の 立 地 促 進 集 積 拡 大 を 図 ることにより 物 流 機 能 を 強 化 し 加 工 食 品 を はじめとした 道 産 品 の 販 路 拡 大 につなげる 取 組 を 展 開 する

15 [ 指 標 ] 1 加 工 食 品 輸 出 額 平 成 26 年 134 億 円 ( 平 成 22 年 97 億 円 ) 2 商 談 会 等 における 海 外 新 規 成 約 件 数 平 成 23~26 年 度 350 件 施 策 展 ( 平 開 成 22 年 度 132 件 ) 億 円 加 工 食 品 輸 出 額 の 推 移 H18 H19 H20 H21 H22 財 務 省 貿 易 統 計 より (3) 世 界 の 中 の 北 海 道 を 意 識 した 海 外 市 場 の 開 拓 ア イ ウ 海 外 への 販 路 拡 大 (ア)ビジネス 展 開 支 援 や 人 材 企 業 等 のネットワークの 構 築 道 の 海 外 拠 点 や 北 海 道 国 際 ビジネスセンターによるビジネス 展 開 支 援 中 国 や 韓 国 など 東 アジア 地 域 における 市 場 開 拓 やビジネス 展 開 を 支 援 する 取 組 を 推 進 す るとともに 商 談 会 等 のフォローアップを 実 施 中 国 韓 国 に 加 え シンガポール 台 湾 香 港 など 東 アジア 地 域 における 所 得 の 高 い 地 域 や 経 済 成 長 とともにビジネス 環 境 が 整 いつつあるベトナムなどアジ ア 新 興 国 との 人 材 企 業 等 のネットワークの 構 築 (イ) 新 たな 流 通 ルートづくりの 取 組 東 アジア 地 域 の 大 都 市 をターゲットに 本 道 の 物 産 の 魅 力 を 強 力 にアピールす るアンテナショップなどを 設 置 するほか インターネット 販 売 を 促 進 ロシア 市 場 における 道 産 食 品 の 販 路 拡 大 への 取 組 を 促 進 (ウ) 新 たな 拠 点 を 活 用 した 北 海 道 ブランドの 確 立 成 長 著 しい 中 国 上 海 市 に 新 たな 道 の 拠 点 を 設 置 し 情 報 発 信 やビジネスサポー トに 取 り 組 み 道 産 品 の 販 路 拡 大 や 道 内 企 業 の 事 業 展 開 の 支 援 を 強 化 し 東 アジア 地 域 における 北 海 道 ブランドを 確 立 (エ) 優 位 性 を 持 つ 道 産 製 品 寒 冷 地 向 け 技 術 による 部 資 材 の 販 路 拡 大 海 外 で 売 れる 商 品 の 改 良 支 援 の 取 組 を 進 めるとともに ロシア 極 東 地 域 などへの 高 断 熱 高 気 密 住 宅 部 資 材 緑 化 防 雪 柵 など 北 海 道 の 強 みである 寒 冷 地 向 け 製 品 の 販 路 拡 大 を 促 進 (オ) 原 発 事 故 による 風 評 被 害 への 対 策 福 島 第 一 原 発 事 故 による 海 外 での 風 評 被 害 への 対 策 として 正 確 な 情 報 に 基 づく 道 産 食 品 の 安 全 性 のPRを 行 うなど 海 外 での 北 海 道 の 食 のブランド を 再 構 築 海 外 からの 投 資 促 進 (ア) 海 外 からの 産 業 投 資 を 促 進 するための 検 討 及 び 取 組 の 実 施 海 外 からの 投 資 の 実 態 や 本 道 の 投 資 環 境 の 調 査 を 行 うとともに 有 識 者 による 検 討 会 議 を 設 置 し 本 道 経 済 の 活 性 化 にメリットがある 産 業 投 資 の 類 型 や 誘 致 促 進 のあり 方 を 検 討 投 資 促 進 の 方 策 を 確 立 し 地 域 と 連 携 しながら 本 道 にとってメリットのある 投 資 を 促 進 交 通 物 流 ネットワークの 構 築 空 港 港 湾 などの 交 流 拠 点 の 機 能 強 化 や 海 上 航 空 陸 上 輸 送 を 一 体 的 に 捉 えた 迅 速 で 円 滑 な 物 流 ネットワークの 形 成 などにより 北 海 道 全 体 を 世 界 をつなぐ 北 東 ア ジアのターミナル としていくため 構 想 ( 北 東 アジア ターミナル 構 想 )を 策 定 し 最 適 な 輸 送 サービスを 提 供 苫 小 牧 東 部 地 域 や 石 狩 湾 新 港 地 域 等 への 物 流 関 連 企 業 物 流 施 設 の 立 地 促 進 集 積 拡 大 により 物 流 機 能 を 強 化

16 (4) 環 境 エネルギー 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 ほっかいどう 産 業 振 興 ビジョン ア 省 エネルギー 新 エネルギーなどの 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 本 道 経 済 の 新 たな 成 長 を 牽 引 する 産 業 の 創 出 に 向 け 再 生 可 能 エネルギ ー 資 源 の 宝 庫 である 強 みを 活 かして 関 連 産 業 の 集 積 を 促 進 するとともに 高 断 熱 高 気 密 技 術 などを 活 用 した 製 品 の 国 内 市 場 開 拓 や 海 外 寒 冷 地 域 へ の 販 路 拡 大 などの 取 組 を 促 進 する 地 域 の 特 色 を 活 かした 産 業 を 育 てるため 道 内 に 豊 富 に 賦 存 する 森 林 資 源 や 家 畜 ふん 尿 等 のバイオマスなど 再 生 可 能 エネルギーの 有 効 利 用 や 持 続 可 能 なビジネスモデルの 構 築 普 及 を 目 指 し 地 域 特 性 に 応 じたエネルギ ーの 地 産 地 消 に 向 けた 研 究 開 発 事 業 化 を 促 進 するほか 環 境 配 慮 型 製 品 の 開 発 促 進 特 色 ある 製 品 の 開 発 と 収 益 性 のあるビジネスモデルづくりを 促 進 する また 成 長 産 業 における 幅 広 い 関 連 需 要 を 取 り 込 み 省 エネルギー 新 エネルギーなどの 環 境 産 業 の 拡 大 を 図 るため 大 学 や 研 究 機 関 と 連 携 した エネルギー 関 連 技 術 の 開 発 や 企 業 間 の 連 携 協 働 による 製 品 づくりなど 北 海 道 ならではの 技 術 の 磨 き 上 げと 製 品 開 発 を 促 進 する さらに 次 世 代 自 動 車 に 係 る 利 用 者 ニーズの 把 握 や 冬 季 走 行 における 課 題 の 検 討 といった 産 学 官 連 携 による 取 組 寒 冷 地 技 術 の 実 証 など 開 発 製 造 拠 点 の 誘 致 及 び 道 内 企 業 の 参 入 を 促 進 する 環 境 と 産 業 の 好 循 環 を 実 現 するため 企 業 やNPO 地 域 など 様 々な 主 体 が 連 携 し 環 境 産 業 を 育 成 振 興 する 仕 組 みを 整 備 する イ 環 境 エネルギー 産 業 の 誘 致 推 進 平 成 23 年 8 月 の 電 気 事 業 者 による 再 生 可 能 エネルギー 電 気 の 調 達 に 関 する 特 別 措 置 法 の 成 立 を 踏 まえ 今 後 成 長 が 期 待 できる 環 境 産 業 の 集 積 に 向 け 太 陽 光 等 の 再 生 可 能 エネルギー 発 電 施 設 の 立 地 を 促 進 する とともに 積 極 的 な 投 資 が 見 込 まれる 次 世 代 自 動 車 やLEDをはじめと した 省 エネルギー 新 エネルギー 関 連 などのものづくり 産 業 本 道 に 立 地 優 位 性 がある 環 境 配 慮 型 データセンターなどの 誘 致 活 動 を 強 化 する

17 [ 指 標 ] 1 温 室 効 果 ガス 総 排 出 量 2 新 エネルギーの 導 入 量 施 策 ( 展 平 開 成 20 年 度 :7,132 万 t-co2 CO2) ( 平 成 20 年 度 :148 万 kl) 指 標 については 北 海 道 省 エネルギー 新 エネルギー 促 進 行 動 計 画 等 の 策 定 を 踏 まえて 設 定 (4) 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 ア イ 省 エネルギー 新 エネルギーなどの 環 境 エネルギー 産 業 の 振 興 (ア) 新 たな 成 長 産 業 の 創 出 産 業 集 積 を 視 野 に 入 れた 新 エネルギー 供 給 事 業 者 の 立 地 促 進 技 術 の 磨 き 上 げやマッチングなどによる 道 内 企 業 の 参 入 促 進 バイオマスなど 新 エネルギーの 有 効 活 用 に 向 けた 技 術 開 発 の 促 進 道 内 発 の 省 エネルギー 新 エネルギー 活 用 設 備 技 術 の 道 外 への 発 信 を 促 進 高 断 熱 高 気 密 技 術 などを 活 かした 製 品 の 国 内 市 場 開 拓 や 海 外 寒 冷 地 域 への 販 路 拡 大 などの 取 組 を 促 進 (イ) 地 域 の 特 色 を 活 かした 産 業 の 育 成 道 内 のバイオマスなど 未 利 用 資 源 の 有 効 利 用 などに 向 けた 研 究 開 発 の 促 進 バイオマスなどを 活 用 した 持 続 可 能 なビジネスモデルの 構 築 普 及 を 促 進 環 境 配 慮 型 製 品 に 関 するオンリーワンの 技 術 の 活 用 など 特 色 ある 取 組 の 事 業 化 の 支 援 や コスト 低 減 の 取 組 を 通 じた 収 益 性 のあるビジネスモデルづくりを 促 進 (ウ) 成 長 産 業 における 幅 広 い 関 連 需 要 を 取 り 込 んだ 参 入 者 の 拡 大 大 学 や 研 究 機 関 との 連 携 による 積 雪 寒 冷 地 特 性 を 踏 まえた 省 エネルギー 技 術 の 開 発 促 進 や 企 業 間 の 連 携 協 働 による 製 品 開 発 の 促 進 次 世 代 自 動 車 に 関 する 利 用 者 ニーズの 把 握 や 産 学 官 の 連 携 による 利 用 環 境 の 整 備 に 向 けた 取 組 の 促 進 道 内 研 究 機 関 の 技 術 シーズの 活 用 (エ) 環 境 と 産 業 の 好 循 環 を 実 現 するための 仕 組 みづくり 企 業 やNPO 地 域 など 様 々な 主 体 が 連 携 し 本 道 の 環 境 産 業 の 育 成 振 興 を 推 進 する 仕 組 みの 整 備 環 境 エネルギー 産 業 の 誘 致 推 進 (ア) 太 陽 光 等 再 生 可 能 エネルギーを 活 用 した 発 電 施 設 ( 発 電 所 )の 誘 致 豊 富 な 日 射 量 広 大 な 土 地 確 保 のしやすさなど 本 道 の 立 地 優 位 性 を 活 かしなが ら 市 町 村 等 と 連 携 して 太 陽 光 等 の 再 生 可 能 エネルギーを 活 用 した 発 電 施 設 の 立 地 に 向 けた 誘 致 活 動 を 実 施 (イ) 次 世 代 自 動 車 をはじめとした 省 エネルギー 新 エネルギー 関 連 などのものづくり 産 業 の 誘 致 次 世 代 自 動 車 関 連 サプライヤーをターゲットとした 誘 致 活 動 を 実 施 既 に 道 内 に 立 地 している 大 手 自 動 車 部 品 企 業 が 関 連 部 品 に 参 入 できるよう 本 社 等 への 要 望 活 動 を 実 施 中 京 圏 などの 自 動 車 関 連 企 業 等 に 対 し リスク 分 散 の 観 点 から 誘 致 活 動 を 実 施 太 陽 光 等 の 再 生 エネルギー 発 電 施 設 の 誘 致 と 連 動 した 関 連 のものづくり 産 業 をは じめ 省 エネルギー 新 エネルギー 関 連 企 業 に 対 する 積 極 的 なアプローチを 実 施 (ウ) 環 境 配 慮 型 データセンターの 誘 致 冷 涼 な 気 候 など 本 道 の 立 地 優 位 性 を 活 かすことに 加 え 自 然 災 害 のリスクの 低 さ など リスク 分 散 の 適 地 としての 観 点 からもPRを 強 化 し 本 道 への 立 地 を 促 進

18 Ⅲ 推 進 にあたって 1 関 係 者 の 連 携 経 済 界 や 産 業 界 教 育 機 関 市 町 村 などと 認 識 を 共 有 し 各 種 会 議 や 不 断 の 意 見 交 換 を 通 じて 関 係 者 間 の 緊 密 な 連 携 協 力 のもとに 本 ビ ジョンを 推 進 していくこととする 2 推 進 体 制 本 ビジョンを 効 果 的 効 率 的 に 推 進 するとともに 取 組 の 実 効 性 を 高 めるため 新 生 北 海 道 戦 略 推 進 プランにおける5つの 戦 略 を 重 点 的 に 進 めるために 設 置 された 庁 内 横 断 的 な 推 進 組 織 (タスクフォース) や 庁 内 会 議 を 活 用 しながら 庁 内 各 部 局 間 の 調 整 や 施 策 の 連 携 を 図 る 3 推 進 管 理 経 済 情 勢 などの 変 化 に 対 応 しながら 重 点 施 策 を 展 開 していくため 毎 年 実 施 計 画 を 策 定 するとともに 翌 年 度 に 取 組 実 績 と 目 標 の 達 成 状 況 を 取 りまとめ 経 済 効 果 の 分 析 評 価 を 行 い 公 表 するものと する また 地 域 の 強 みや 特 性 を 活 かした 取 組 を 推 進 するため 実 施 計 画 の 地 域 版 もあわせて 策 定 する

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 7 月 北 海 道 経 済 連 合 会 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

(2) 多 様 な 主 体 の 活 躍 の 場 づくり なでしこ 応 援 女 性 の 活 躍 推 進 事 業 (なでしこ 応 援 雇 用 機 会 拡 大 職 場 環 境 整 備 促 進 事 業 ) 道 と 札 幌 市 が 連 携 して 子 育 て 中 の 女 性 が 安 心 して 働 くこ とのでき

(2) 多 様 な 主 体 の 活 躍 の 場 づくり なでしこ 応 援 女 性 の 活 躍 推 進 事 業 (なでしこ 応 援 雇 用 機 会 拡 大 職 場 環 境 整 備 促 進 事 業 ) 道 と 札 幌 市 が 連 携 して 子 育 て 中 の 女 性 が 安 心 して 働 くこ とのでき 資 料 4 平 成 28 年 度 当 初 予 算 (H27.5 定 補 正 含 む) 北 海 道 創 生 総 合 戦 略 ( 重 点 戦 略 プロジェ) 関 連 事 業 の 概 要 1. 安 心 のまち 暮 らし 住 まいる 北 海 道 プロジェ 子 育 てやゆとりある 生 活 に 適 した 本 道 の 暮 らしのブランド 化 と 発 信 により 誰 もが 自 らの 個 性 に 応 じ 活 躍 し

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

Ⅰ 産学官連携の推進

Ⅰ 産学官連携の推進 平 成 28 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 産 学 官 連 携 の 推 進 1 産 学 官 連 携 推 進 事 業 国 際 的 な 企 業 間 競 争 の 激 化 や 技 術 革 新 が 急 速 に 進 展 していることから 本 県 においては 新 商 品 の 開 発 や 新 分 野 への 進 出 等 が 求 められている このため 産 学 官 が 連 携 し 富 山 ならでは の 先 端 産 業 の

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

今 後 は この たたら 製 鉄 で 栄 えてきた 地 域 で 地 域 資 源 等 を 活 用 した 産 業 振 興 を 図 り 更 なる 雇 用 環 境 の 改 善 を 図 る 必 要 があるが 基 幹 産 業 である 農 林 業 の 変 革 や 農 商 工 連 携 の 推 進 バイオマス 事 業

今 後 は この たたら 製 鉄 で 栄 えてきた 地 域 で 地 域 資 源 等 を 活 用 した 産 業 振 興 を 図 り 更 なる 雇 用 環 境 の 改 善 を 図 る 必 要 があるが 基 幹 産 業 である 農 林 業 の 変 革 や 農 商 工 連 携 の 推 進 バイオマス 事 業 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 市 民 総 がかりで たたらの 里 山 再 生 に 挑 戦!! ~ 自 立 型 地 域 経 済 圏 の 確 立 に 向 けたふるさと 産 業 の 創 出 ~ 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 雲 南 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 雲 南 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

大分市商工業振興計画策定委員会

大分市商工業振興計画策定委員会 第 2 次 大 分 市 商 工 業 振 興 計 画 策 定 委 員 会 第 3 回 策 定 委 員 会 日 時 : 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 )10:00~ 場 所 : 大 分 市 役 所 議 会 棟 4 階 全 員 協 議 会 室 次 第 1 開 会 2 報 告 事 項 (1) 第 1 次 計 画 推 進 外 部 委 員 会 の 評 価 結 果 について (2) 第 2 次 大

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

個 別 調 書 等 1 政 策 評 価 について 2 事 務 事 業 評 価 について 3 公 共 事 業 評 価 について 4 規 模 事 業 評 価 について 1 政 策 評 価 について 7つの 政 策 分 野 42の 政 策 項 目 及 び 具 体 的 な 推 進 方 策 の 体 系 と 評 価 結 果 政 策 Ⅰ 産 業 雇 用 項 目 名 評 価 1 国 際 競 争 力 の 高 いものづくり

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

senryaku2013original.doc

senryaku2013original.doc 大 阪 バイオ 戦 略 2013 大 阪 バイオ 戦 略 推 進 会 議 構 成 団 体 ( 構 成 員 ) 50 音 順 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 ( 理 事 長 米 田 悦 啓 ) 大 阪 医 薬 品 協 会 ( 会 長 相 良 暁 ) 大 阪 市 ( 市 長 橋 下 徹 ) 大 阪 商 工 会 議 所 ( 会 頭 佐 藤 茂 雄 ) 公 立 大 学 法 人 大 阪 市

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月 東 大 震 災 へ 対 応 16 実 施 17 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 2 平 成 25 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 22 資 調 達 24 そ 他 26 214 15 東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

資 料 4 ( 案 ) 宮 行 評 委 第 号 平 成 2 7 年 7 月 2 3 日 宮 城 県 知 事 村 井 嘉 浩 殿 宮 城 県 行 政 評 価 委 員 会 委 員 長 堀 切 川 一 男 宮 城 県 行 政 評 価 委 員 会 政 策 評 価 部 会 部 会 長 井 上 千 弘 平 成 2 7 年 度 政 策 評 価 施 策 評 価 に つ い て ( 答 申 ) 平 成 2 7 年 5

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

<3033814081798DC58F49817A32368C888E5A918D8A878B7982D18F64935F8EE6916782CC8EC090D1816930358E598ACF816A303831328F4390B3203237303930328F4390B3>

<3033814081798DC58F49817A32368C888E5A918D8A878B7982D18F64935F8EE6916782CC8EC090D1816930358E598ACF816A303831328F4390B3203237303930328F4390B3> 産 業 観 光 局 決 算 の 概 要 1 決 算 総 括 国 内 外 での 競 争 に 打 ち 勝 ち 所 得 を 稼 ぐ 産 業, 企 業 の 振 興 ( 成 長 戦 略 ) と 雇 用 を 守 り 地 域 を 支 える 企 業 への 支 援 ( 下 支 え) の2 本 の 柱 のもと, 各 分 野 の 施 策 展 開 の 方 向 性 として, 1 京 都 企 業 の 海 外 展 開 支 援 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

企 業 支 援 に 当 たっての 重 点 事 項 1 企 業 担 当 制 による 窓 口 のワンストップ 化 2 挑 戦 する 企 業 に 対 する 一 歩 踏 み 込 んだ 支 援 企 業 カルテに 基 づく 企 業 の 強 み 弱 み ありたい 姿 の 明 確 化 企 画 開 発 試 作 生 産

企 業 支 援 に 当 たっての 重 点 事 項 1 企 業 担 当 制 による 窓 口 のワンストップ 化 2 挑 戦 する 企 業 に 対 する 一 歩 踏 み 込 んだ 支 援 企 業 カルテに 基 づく 企 業 の 強 み 弱 み ありたい 姿 の 明 確 化 企 画 開 発 試 作 生 産 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 事 業 計 画 1 現 状 及 び 背 景 (1) 日 本 経 済 の 現 状 平 成 27 年 10~12 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 前 期 比 年 率 マイナス1.4%と 第 2 四 半 期 ぶりにマイナス 成 長 となり 昨 年 度 とは 一 転 し 景 気 の 減 速 感 が 鮮 明 になった

More information

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後

域 主 権 社 会 への 移 行 も 踏 まえて オール 京 都 で 共 有 できる 都 市 ビジョン 作 りに 積 極 的 に 参 加 して 明 日 の 魅 力 ある 京 都 作 りに 貢 献 したい 臨 時 議 員 総 会 では 会 頭 に 選 任 いただけるよう これまでの 成 果 と 今 後 平 成 22 年 10 月 26 日 会 頭 記 者 会 見 発 言 要 旨 本 所 の 動 きについて 中 国 上 海 万 博 視 察 団 の 派 遣 報 告 10 月 16 日 から 20 日 までの 日 程 で 上 海 万 博 視 察 団 を 派 遣 し 万 博 や 現 地 に 進 出 している 京 都 企 業 などを 視 察 した まさに 反 日 デモが 発 生 したタイミングとなったが 上

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

平成15年度予算理事会

平成15年度予算理事会 公 益 財 団 法 人 神 戸 国 際 協 力 交 流 センター 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1. 事 業 計 画 はじめに 現 在 の 神 戸 市 国 際 化 推 進 大 綱 は 平 成 27 年 度 が 目 標 年 次 であり その 最 終 年 度 として 引 き 続 き 神 戸 の 魅 力 を 活 かした 新 たな 国 際 都 市 を 目 指 し 1 開 発 途 上 国 に 対 する

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF33203132303420817994BD896694C5817A8FAB97889357965D82C682E882DC82C682DF88C4817988CF88F58FC689EF817A208D58905694C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF33203132303420817994BD896694C5817A8FAB97889357965D82C682E882DC82C682DF88C4817988CF88F58FC689EF817A208D58905694C5> 北 海 道 開 発 の 将 来 展 望 に 関 するとりまとめ( 案 ) 資 料 3 1. 我 が 国 をめぐる 長 期 的 な 潮 流 と 課 題 人 口 急 減 超 高 齢 化 我 が 国 は 今 後 も 人 口 減 少 が 続 き 25 年 後 には 年 間 100 万 人 減 35% 超 の 高 齢 化 率 とな る 人 口 急 減 超 高 齢 化 が 予 測 されている これにより 経 済

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 プラン ( 横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 基 本 条 例 に 基 づく 実 行 計 画 ) 平 成 25 年 (2013 年 )2 月 策 定 の 趣 旨 総 務 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 の 結 果 では 本 市 の 民 営 事 業 所 数 ( 非 農 林 漁 業 )は 14,593 従 業 者 100 人 未 満

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に

新 的 な 技 術 に 対 し 市 場 からベンチャーキャピタル 等 の 資 金 を 呼 び 込 む 仕 組 みを 組 み 込 むことにより 新 エネルギーの 自 立 的 な 発 展 を ナショナルプロジェクトとして 誘 導 加 速 化 させる また イノベーション コースト 構 想 の 推 進 に 新 エネルギーベンチャー 技 術 革 新 事 業 基 本 計 画 P10020 イノベーション 推 進 部 1. 制 度 の 目 的 目 標 内 容 (1) 制 度 の 目 的 1 政 策 的 な 重 要 性 本 事 業 は 2001 年 3 月 に 閣 議 決 定 した 科 学 技 術 基 本 計 画 における 国 家 的 社 会 的 課 題 に 対 応 した 研 究 開 発 の 重 点 分 野

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682538FCD81408E598BC690558BBB8E7B8DF482CC82A082E895FB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682538FCD81408E598BC690558BBB8E7B8DF482CC82A082E895FB2E646F63> チが サービス 前 章 必 で 要 掲 となる げた 政 策 産 の 業 方 振 向 興 施 性 を 策 のあり 実 現 するためには 方 の 検 討 に 当 様 たっては ものづくり 々な 施 策 による 多 角 産 的 なアプロー ぞれの 産 業 において についてその 競 争 振 力 興 の のために 源 泉 となる ものづくり 必 要 な 要 素 を 区 分 力 して あきない 整 理 する

More information

○新計画工程表(2 経済・好循環 27.5.7)

○新計画工程表(2 経済・好循環 27.5.7) 基 本 目 標 2 経 済 好 循 環 とくしま の 実 現 重 点 戦 略 1 二 つの 光 を 軸 にした 成 長 戦 略 の 展 開 主 要 事 業 実 施 工 程 表 (2-1 二 つの 光 を 軸 にした 成 長 戦 略 の 展 開 ) 1 飛 躍 する LEDバレイ 徳 島 ( 長 期 :3, 中 期 :Ⅳ-21) 1 飛 主 躍 要 する LEDバレイ 指 標 構 想 ( 長 期 :3,

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

Taro-資料1(最終)

Taro-資料1(最終) 1 フードビジネスの 推 進 分 野 別 構 想 等 みやざきフードビジネス 振 興 構 想 ( 平 成 25~32 年 度 ) 基 本 目 標 等 総 合 的 な 食 関 連 産 業 (フードビジネス)の 成 長 産 業 化 を 目 指 して 構 想 等 の 項 目 当 初 値 現 況 値 目 標 値 数 値 目 標 (H21 年 度 ) (23 年 度 ) (H32 年 度 ) ( 主 なもの)

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療 平 成 26 年 度 県 南 広 域 振 興 局 保 健 福 祉 環 境 部 業 務 方 針 組 織 スローガン キャッチフレーズ など ~つながり ともに つくる~ 岩 手 県 職 員 憲 章 の 定 着 や 行 動 の 実 践 につながる 創 意 工 夫 アイディア 1 幹 部 職 員 と 若 手 職 員 とが 自 由 にコミニュケーションできる 場 を 設 定 し 職 員 のモチベーションを

More information

4-(2)-ア①-4 沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力推進事業

4-(2)-ア①-4 沖縄・ハワイクリーンエネルギー協力推進事業 施 策 展 開 4(2)ア 主 な 取 組 検 証 票 アジア 太 平 洋 地 域 の 共 通 課 題 に 対 応 する 技 術 協 力 等 の 推 進 施 策 1 各 分 野 における 国 際 的 な 研 究 交 流 ネットワークの 構 築 ( 施 策 の 小 項 目 ) 国 際 的 な 研 究 交 流 ネットワークの 構 築 主 な 取 組 沖 縄 ハワイクリーンエネルギー 協 力 推 進 実

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費 総 行 応 第 2 3 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 3 日 各 都 道 府 県 担 当 部 局 長 殿 ( 財 政 担 当 課 市 町 村 担 当 課 扱 い) ( 地 域 おこし 協 力 隊 担 当 課 扱 い) 総 務 省 地 域 力 創 造 グループ 地 域 自 立 応 援 課 長 ( 公 印 省 略 ) 地 域 おこし 協 力 隊 推 進 要 綱 の 一 部 改 正 について(

More information

ナショナルプロジェクトの 獲 得 等 による 研 究 資 金 の 確 保 ( 全 団 体 ) 先 端 医 療 開 発 特 区 (スーパー 特 区 ) の 推 進 ( 基 盤 研 阪 大 国 循 ) 地 域 イノベーションクラスタープログラムの 推 進 ( 千 里 LF 府 ) ヒト ips 細 胞

ナショナルプロジェクトの 獲 得 等 による 研 究 資 金 の 確 保 ( 全 団 体 ) 先 端 医 療 開 発 特 区 (スーパー 特 区 ) の 推 進 ( 基 盤 研 阪 大 国 循 ) 地 域 イノベーションクラスタープログラムの 推 進 ( 千 里 LF 府 ) ヒト ips 細 胞 大 阪 バイオ 戦 略 2010 大 阪 バイオ 戦 略 推 進 会 議 構 成 団 体 ( 構 成 員 ) 50 音 順 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 ( 理 事 長 山 西 弘 一 ) 大 阪 医 薬 品 協 会 ( 会 長 手 代 木 功 ) 大 阪 商 工 会 議 所 ( 会 頭 佐 藤 茂 雄 ) 国 立 大 学 法 人 大 阪 大 学 ( 総 長 鷲 田 清 一 )

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 3 月 17 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 について 当 社 の 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 についてお 知 らせいたします 添 付 資 料 : 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 以 上 添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月

More information

市町村における優遇措置制度

市町村における優遇措置制度 における 優 遇 措 置 制 度 前 橋 市 (1) H28.4 等 対 象 要 件 1 産 業 用 公 有 地 取 得 型 2,000 平 方 メートルを 超 える 産 業 用 公 有 地 1を 取 得 し 当 該 土 地 2に 対 象 施 設 の 新 設 等 を 行 う 2 産 業 用 公 有 地 事 業 用 賃 借 型 2,000 平 方 メートルを 超 える 産 業 用 公 有 地 1を 本

More information

構 想 会 議 を 立 ち 上 げ 今 年 3 月 までに 次 の 時 代 の 新 たな 目 標 設 定 とそのた めに 必 要 な 対 応 方 針 について ビジョンを 取 りまとめることとしております このような 中 で 県 内 の 観 光 動 向 は 観 光 庁 の 宿 泊 旅 行 統 計 調

構 想 会 議 を 立 ち 上 げ 今 年 3 月 までに 次 の 時 代 の 新 たな 目 標 設 定 とそのた めに 必 要 な 対 応 方 針 について ビジョンを 取 りまとめることとしております このような 中 で 県 内 の 観 光 動 向 は 観 光 庁 の 宿 泊 旅 行 統 計 調 平 成 2 8 年 2 月 県 議 会 定 例 会 に お け る 観 光 部 長 議 案 説 明 要 旨 今 回 提 出 いたしました 議 案 のうち 観 光 部 関 係 につきまして その 概 要 を 御 説 明 申 し 上 げます 観 光 部 関 係 の 平 成 28 年 度 予 算 案 の 総 額 は 一 般 会 計 で11 億 7,532 万 4 千 円 で あります また 国 の 補 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information