(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国"

Transcription

1 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム は 日 本 政 府 が 推 進 する 事 業 であり 日 本 とアジア 大 洋 州 北 米 欧 州 中 南 米 の 各 国 地 域 との 間 で 将 来 各 界 にて 活 躍 が 期 待 される 優 秀 な 人 材 を 招 へい 派 遣 するものです 人 的 交 流 を 通 じ 我 が 国 の 政 治 社 会 歴 史 及 び 外 交 政 策 に 関 する 理 解 促 進 を 図 るとともに 親 日 派 知 日 派 を 発 掘 することで 我 が 国 の 外 交 基 盤 を 拡 充 し さらに 被 招 へい 者 被 派 遣 者 に 日 本 の 外 交 姿 勢 や 日 本 の 魅 力 等 を 積 極 的 に 発 信 してもら い 国 際 社 会 における 対 日 イメージ 向 上 や 日 本 への 持 続 的 な 関 心 の 増 進 に 寄 与 することを 目 的 としています KAKEHASHI Project は 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム のうち 北 米 地 域 を 対 象 とした 交 流 事 業 です 派 遣 期 間 時 期 (1) 派 遣 期 間 :8 日 間 ( 往 復 の 旅 行 期 間 含 む) (2) 派 遣 時 期 : 平 成 27 年 11 月 平 成 28 年 2 月 末 ~3 月 ( 応 募 申 込 書 に 左 記 候 補 期 間 のうち 派 遣 可 能 時 期 をご 記 入 ください ) 派 遣 対 象 国 米 国 (ニューヨーク シアトル サンフランシスコ 各 グループそれぞれ 1 都 市 を 訪 問 予 定 : 変 更 の 可 能 性 あり 訪 問 地 の 希 望 は 受 け 付 けません) カナダ( 大 学 ( 院 ) 生 :オタワ トロント バンクーバー モントリオール 高 校 生 :エドモントン) 参 加 者 及 び 派 遣 人 数 アメリカ: 大 学 ( 院 ) 生 250 名 高 校 生 50 名 ( 日 本 の 外 交 姿 勢 日 本 の 魅 力 を 積 極 的 に 発 信 できる 方 ) 原 則 として 1 グループ 学 生 23 名 引 率 者 2 名 での 応 募 とする カナダ: 大 学 ( 院 ) 生 24 名 高 校 生 6 名 ( 日 本 の 外 交 姿 勢 日 本 の 魅 力 を 積 極 的 に 発 信 できる 方 ) 大 学 ( 院 ) 生 は1グループ 学 生 6 名, 高 校 生 は 1 グループ 生 徒 5 名 引 率 者 1 名 での 応 募 とする ( 詳 細 はⅢ. 募 集 選 考 の 応 募 条 件 参 照 ) Ⅱ.プログラム プログラム 内 容 (1) 出 発 前 オリエンテーション( 出 発 日 前 日 又 は 当 日 ) (2) 派 遣 国 日 本 総 領 事 館 及 び 派 遣 国 政 府 関 係 機 関 等 表 敬 訪 問 (3) 市 内 視 察 (4) 日 本 紹 介 プレゼンテーション 及 び 実 演 ( 学 校 交 流 ) 学 校 交 流 時 プレゼンテーション 及 び 実 演 形 式 で 発 表 を 行 う 例 ) 外 交 歴 史 文 化 自 然 地 域 の 魅 力 先 端 技 術 伝 統 芸 能 ポップカルチャー 等 (5) 国 際 機 関 訪 問 NGO 団 体 等 の 訪 問 地 域 活 動 への 参 加 1

2 (6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です カナダの 派 遣 については カナダ アジア 太 平 洋 財 団 がプログラムの 作 成 実 施 を 行 います 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラム 事 後 活 動 ( 各 自 実 施 ) (1) 事 前 準 備 ( 渡 航 前 ) 1) 派 遣 国 の 歴 史 文 化 政 治 経 済 宗 教 民 族 等 についての 事 前 学 習 2) 日 本 の 外 交 姿 勢 歴 史 文 化 政 治 経 済 先 端 技 術 や 在 住 地 域 についての 事 前 学 習 3) 日 本 紹 介 プレゼンテーション 及 び 実 演 に 向 けての 準 備 (2)プログラム 中 の 活 動 ( 滞 在 中 ) 1) 派 遣 国 での 気 づきを 毎 日 気 づき ノートにまとめる 2) プログラム 中 の 様 子 や 日 本 の 魅 力 を 英 語 にてブログまたは SNS で 発 信 (3) 事 後 活 動 ( 帰 国 後 ) 1) アクションプランの 実 施 及 び 報 告 1 所 属 校 等 での 報 告 会 を 実 施 2 在 住 地 域 での 報 告 会 を 実 施 3 日 本 の 魅 力 を 派 遣 国 含 め 世 界 へ 継 続 発 信 2) プログラム 直 後 アンケートの 提 出 ( 感 想 文 含 む) 3) 2 ヶ 月 後 1 年 後 アンケートの 提 出 ( 感 想 文 含 む) Ⅲ. 募 集 選 考 応 募 条 件 本 事 業 の 趣 旨 を 理 解 し 本 事 業 へ 参 加 できる 高 校 大 学 団 体 を 対 象 とします なお 営 利 目 的 の 団 体 は 申 請 で きません 原 則 として 以 下 の 条 件 に 適 う 学 生 23 名 と 引 率 者 2 名 の 25 名 1 組 での 派 遣 となります 1 (1) 派 遣 日 時 点 で 大 学 院 生 大 学 生 高 校 生 であること 2 (2) 引 率 者 は 英 語 でコミュニケーションが 取 れること (3) 所 属 先 の 許 可 を 得 て 参 加 できること (4) 心 身 ともに 健 康 であること (5) 日 本 国 籍 を 有 していること あるいは 在 留 資 格 永 住 権 を 有 するか 特 別 永 住 者 証 明 書 を 有 し 日 本 に 居 住 して いること 3 (6) 本 事 業 の 趣 旨 を 理 解 し 英 語 でプレゼンテーションを 行 い, 積 極 的 に 交 流 し 外 交 姿 勢 や 日 本 の 強 み 魅 力 等 を 積 極 的 に 発 信 できること (7) 米 国 カナダに 興 味 関 心 があり 同 地 域 について 学 ぶ 意 欲 あり 積 極 的 に 交 流 し コミュニケーションをとること ができること (8) 出 発 前 に 積 極 的 に 当 該 プログラムについて 学 び 事 前 課 題 に 取 り 組 み また 帰 国 後 学 内 または 地 域 内 でプログラムの 成 果 を 生 かした 活 動 を 行 うこと (9) 規 律 ある 団 体 行 動 ができること 2

3 (10) 語 学 力 ( 英 語 )は 選 考 の 際 の 参 考 とする (11) プログラム 中 の 責 任 範 囲 に 同 意 すること (12) 個 人 情 報 利 用 同 意 書 に 同 意 すること 1 応 募 時 点 では 引 率 者 及 び 学 生 の 個 人 を 特 定 する 必 要 はありません 様 式 1のみご 提 出 ください 派 遣 決 定 後 学 校 団 体 内 で 選 出 していただき その 引 率 者 及 び 参 加 者 にエントリーフォーム 等 の 提 出 をお 願 いします なお 米 国 派 遣 は 1 団 体 で 25 名 の 応 募 が 不 可 能 な 場 合 学 生 12 名 と 引 率 者 1 名 の 13 名 1 組 での 応 募 も 可 能 ですが この 場 合 は 異 なる 学 校 団 体 2 組 を 1 グループとして 派 遣 します ( 学 生 12 名 未 満 での 応 募 はできま せん )また 他 にも 同 一 の 日 程 で 訪 米 するグループがあり オリエンテーションや 米 国 における 日 程 の 一 部 は 他 グループと 同 一 行 動 になりますのでご 了 承 ください 応 募 校 団 体 多 数 の 場 合 は 25 名 で 申 請 しても 13 名 に 調 整 する 場 合 がありますのでご 了 承 ください カナダ 派 遣 は 大 学 ( 院 ) 生 : 学 生 6 名 で 1 組 高 校 生 : 生 徒 5 名 + 引 率 者 1 名 1 組 として 応 募 して 下 さい 2 派 遣 国 交 流 受 入 校 の 都 合 上 米 国 大 学 生 派 遣 は 学 部 生 カナダ 大 学 生 派 遣 は 大 学 院 生 を 優 先 します 3 永 住 者 及 び 特 別 永 住 者 ( 日 本 居 住 者 )については エントリーフォームと 一 緒 に 証 明 書 のコピーを 提 出 してくださ い 注 別 途 実 施 の 北 米 地 域 との 青 少 年 交 流 ( 米 国 事 業 ) 青 少 年 短 期 招 へい 事 業 や キズナ 強 化 プロジェクト( 北 米 事 業 )において 米 国 との 学 校 交 流 を 受 入 れた 実 績 または 今 後 本 事 業 の 招 へい 受 入 にご 協 力 いただける 学 校 団 体 を 優 先 します プログラム 費 用 本 事 業 で 負 担 する 経 費 日 本 を 出 国 する 国 際 空 港 ~ 派 遣 国 往 復 国 際 航 空 賃 派 遣 国 滞 在 中 宿 泊 費 派 遣 国 滞 在 中 食 費 派 遣 国 内 移 動 交 通 費 施 設 / 拝 観 料 海 外 旅 行 傷 害 保 険 料 参 加 者 が 負 担 する 経 費 は 上 記 の 経 費 以 外 のすべて( 以 下 はあくまで 例 示 ) 自 宅 ~ 日 本 を 出 入 国 する 国 際 空 港 往 復 交 通 費 フライト 時 間 により 国 際 線 出 発 空 港 付 近 で 前 泊 が 必 要 となる 場 合 の 宿 泊 費 ホテル 宿 泊 において 発 生 する 宿 泊 費 以 外 の 個 人 的 経 費 ( 電 話 ミニバー クリーニング 等 ) 超 過 荷 物 輸 送 料 ( 航 空 機 ) ESTA(アメリカ 電 子 渡 航 認 証 )に 係 る 費 用 (14 ドル) パスポート 取 得 費 その 他 ( 個 人 の 土 産 代 主 催 者 で 費 用 負 担 する 旅 行 傷 害 保 険 とは 別 に 参 加 者 が 任 意 で 加 入 する 保 険 料 や 参 加 決 定 後 の 自 己 都 合 によるキャンセルで 発 生 する 費 用 本 事 業 負 担 に 含 まれない 費 用 ) 応 募 方 法 所 定 の 申 請 書 式 に 記 入 の 上 以 下 の 宛 て 先 にご 提 出 ください( 郵 送 ( 必 着 )または 持 参 ) 封 筒 の 表 に カケハシ プロジェクト 派 遣 応 募 書 類 在 中 と 記 入 願 います (1) 応 募 申 込 書 ( 団 体 用 )( 様 式 1) 応 募 申 込 書 は 当 センターホームページよりダウンロードできます 旅 券 を 持 っていない 参 加 者 は 旅 券 を 各 自 申 請 取 得 して 下 さい 3

4 応 募 先 / 問 合 せ 先 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 二 丁 目 7 番 1 号 小 田 急 第 一 生 命 ビル 16 階 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター 国 際 交 流 部 青 少 年 交 流 課 KAKEHASHI 派 遣 担 当 電 話 : FAX: お 問 合 せの 際 には KAKEHASHI 派 遣 事 業 の 問 い 合 わせである 旨 をお 知 らせください 応 募 締 め 切 り 平 成 27 年 9 月 4 日 ( 金 ) 17:00 必 着 審 査 結 果 通 知 1 次 審 査 ( 書 類 ) 終 了 後 合 否 結 果 を 各 団 体 のご 担 当 者 様 にメールにて 連 絡 いたします なお ご 提 出 いただきました 応 募 書 類 は 返 却 いたしませんので ご 承 知 おき 下 さい ( 合 否 判 定 に 係 る 個 別 のお 問 い 合 わせには お 答 えできません ) 2015 年 9 月 4 日 ( 金 )17 時 応 募 締 め 切 り 9 月 上 旬 ~ 1 次 (2 次 ) 審 査 実 施 選 考 結 果 発 送 ( 派 遣 校 派 遣 時 期 決 定 ) 10 月 初 旬 ~ 11 月 派 遣 団 体 参 加 者 名 簿 取 付 11 月 下 旬 ~ 2 3 月 派 遣 団 体 参 加 者 名 簿 取 付 Ⅳ.プログラム 中 の 責 任 範 囲 (1) 各 国 の 事 情 等 やむを 得 ない 事 由 により 旅 程 や 宿 泊 先 が 変 更 される 場 合 があります (2) 実 施 団 体 (JICE)は 派 遣 中 派 遣 団 の 健 康 状 態 や 行 動 等 が 不 適 切 と 判 断 した 場 合 プログラム 参 加 を 取 り 消 し 帰 国 を 命 じる 場 合 があります 参 加 取 り 消 しによって 生 じる 費 用 は 当 該 者 に 請 求 する 場 合 があり ます (3) 派 遣 時 期 の 延 長 又 は 中 止 により 個 人 の 費 用 負 担 が 発 生 した 場 合 や 第 三 者 ( 航 空 会 社 ホテル 等 宿 泊 施 設 およびレストランを 含 む)のいかなる 行 動 または 過 失 並 びに 参 加 者 に 対 する 損 害 及 び 所 持 品 に 対 して JICEは 一 切 の 責 任 を 負 いません 4

5 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター(JICE)とは 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター(JICE)は 1977 年 の 設 立 以 来 主 に 開 発 途 上 国 を 対 象 とした 国 際 協 力 事 業 に 関 する 業 務 を 行 ってまいりました 現 在 は 開 発 途 上 国 のみならず 我 が 国 と 諸 外 国 との 互 恵 関 係 の 強 化 に 資 する 事 業 を 通 じて 国 際 社 会 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とした 事 業 を 行 っています 主 な 事 業 は 外 務 省 をはじめとする 中 央 官 庁 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 大 学 地 方 自 治 体 公 益 法 人 企 業 国 際 機 関 および 外 国 政 府 などの 国 際 研 修 運 営 国 際 交 流 留 学 生 受 入 支 援 通 訳 派 遣 日 本 語 研 修 コンベンション セミナー プロジ ェクト 支 援 開 発 教 育 支 援 事 業 です JICE では 254 の 事 務 スタッフに 加 え 31 言 語 に 対 応 した 1087 名 の 専 門 スタッフが これまでの 経 験 知 見 を 十 分 に 活 かして 各 事 業 の 案 件 形 成 調 査 研 究 実 施 及 び 評 価 を 行 っています JICE は 知 をつなぐ 世 界 をつなぐ 未 来 をつなぐ をキャッチフレーズに 心 と 言 葉 で 日 本 の 技 術 知 識 経 験 をつなぎ 世 界 の 人 々と 共 に 学 びあい 理 解 を 深 めながら 各 国 の 将 来 を 担 う 人 材 育 成 に 取 り 組 んでいます 以 上 5

6 別 紙 1 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム KAKEHASHIプロジェクト 標 準 日 程 案 ( 現 地 7 泊 ) プログラム 目 的 宿 泊 事 前 説 明 会 ( 渡 航 1か 月 前 を 目 安 に 派 遣 国 1 回 ( 於 JICE)) 成 田 / 羽 田 / 関 空 近 辺 出 発 前 に 事 業 概 要 や 目 的 参 加 者 の 役 割 について 十 分 に 理 解 す る 1 日 目 火 オリエンテーション 現 地 泊 (1) 成 田 / 羽 田 / 関 空 相 手 国 2 日 目 水 午 前 午 後 日 本 国 大 使 館 / 総 領 事 館 訪 問 相 手 国 関 係 機 関 国 際 機 関 等 訪 問 相 手 国 の 歴 史 文 化 政 治 経 済 等 を 知 り 相 手 国 理 解 の 一 助 とす る また 相 手 国 との 関 係 日 本 の 位 置 づけや 評 価 を 把 握 し 日 本 の 政 治 社 会 歴 史 および 外 交 政 策 を 発 信 する 準 備 へとつなげ る 現 地 泊 (2) 夕 方 市 内 視 察 相 手 国 の 人 々の 生 活 の 様 子 や 都 市 を 見 学 し 相 手 国 の 現 状 を 参 加 者 自 身 の 眼 で 確 かめ 理 解 を 深 める 3 日 目 木 終 日 4 日 目 金 終 日 学 校 訪 問 1 校 内 見 学 授 業 参 加 日 本 の 魅 力 紹 介 プレゼンテーション 実 演 ( 経 済 産 学 歴 史 自 然 文 化 等 ) 相 手 国 学 生 からの 相 手 国 紹 介 プレゼンテー ション 現 地 学 生 とのディスカッション 学 校 訪 問 2 校 内 見 学 授 業 参 加 日 本 の 魅 力 紹 介 プレゼンテーション 実 演 ( 経 済 産 学 歴 史 自 然 文 化 等 ) 相 手 国 学 生 からの 相 手 国 紹 介 プレゼンテー ション 現 地 学 生 とのディスカッション 相 手 国 の 同 世 代 の 青 少 年 に 対 し 日 本 の 歴 史 文 化 自 然 地 域 の 魅 力 先 端 技 術 外 交 等 についてプレゼンテーションを 行 い 相 手 国 学 生 が 日 本 の 良 さを 知 り 日 本 に 関 心 を 持 つきっかけ 作 りを 行 う また 相 手 国 学 生 からも 同 国 の 良 さをプレゼンテーションしてもら い 両 国 の 特 色 に 関 するディスカッションを 行 う また 相 互 交 流 を 通 じ 日 本 と 相 手 国 間 の 友 情 を 育 む 相 手 国 の 同 世 代 の 青 少 年 に 対 し 日 本 の 歴 史 文 化 自 然 地 域 の 魅 力 先 端 技 術 外 交 等 についてプレゼンテーションを 行 い 相 手 国 学 生 が 日 本 の 良 さを 知 り 日 本 に 関 心 を 持 つきっかけ 作 りを 行 う また 相 手 国 学 生 からも 同 国 の 良 さをプレゼンテーションしてもら い 両 国 の 特 色 に 関 するディスカッションを 行 う また 相 互 交 流 を 通 じ 日 本 と 相 手 国 間 の 友 情 を 育 む 現 地 泊 (3) ホームステイ 現 地 泊 (4) ホームステイ 午 前 郊 外 へ 移 動 都 市 を 離 れ 郊 外 で 相 手 国 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 について 理 解 を 5 日 目 土 現 地 泊 (5) 深 める 歴 史 / 文 化 / 自 然 体 験 その 他 / 地 域 活 動 への 午 後 参 加 午 前 都 市 へ 移 動 6 日 目 日 現 地 泊 (6) 午 後 ワークショップ 報 告 準 備 今 回 のプログラムから 学 んだことや 帰 国 後 活 動 案 ( 学 んだ 事 をどう 活 かすか 継 続 的 な 日 本 に 関 する 情 報 の 発 信 方 法 等 )について 相 手 国 関 係 者 に 報 告 する 内 容 をまとめる 午 前 報 告 会 / 歓 送 会 今 回 のプログラムから 学 んだことや 帰 国 後 活 動 案 について 日 本 大 使 館 / 総 領 事 館 相 手 国 機 関 交 流 学 校 関 係 者 等 に 報 告 する 7 日 目 月 機 内 泊 午 後 帰 国 準 備 8 日 目 火 終 日 相 手 国 成 田 / 羽 田 / 関 空 解 散 6

7 個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 以 下 を 確 認 の 上 応 募 申 込 書 の 個 人 情 報 の 取 り 扱 い の 欄 にご 同 意 下 さい 1. 利 用 目 的 お 預 かりする 個 人 情 報 は 本 事 業 にかかる 選 考 及 び 渡 航 等 の 手 続 き また 青 少 年 交 流 事 業 や 当 財 団 に 関 するご 案 内 送 付 等 に 利 用 し それ 以 外 に 利 用 することはありません なお 個 人 情 報 の 中 には 健 康 状 態 も 含 まれます この 情 報 は 個 人 の 健 康 管 理 や 食 事 手 配 等 のために 利 用 されます 2. 個 人 情 報 の 委 託 お 預 かりする 個 人 情 報 を 業 務 上 の 必 要 に 応 じて 外 部 の 旅 行 会 社 印 刷 発 送 業 者 等 に 委 託 する 場 合 があります この 場 合 当 財 団 は 委 託 業 者 と 契 約 を 締 結 し 個 人 情 報 を 適 切 に 取 り 扱 い 管 理 します 3. 個 人 情 報 の 第 三 者 への 提 供 当 財 団 が 本 事 業 を 遂 行 する 上 で 下 記 の 条 件 で お 預 かりした 個 人 情 報 を 書 面 による 郵 送 または FAX 及 び 電 子 データ による 通 信 にて 提 供 する 場 合 があります 提 供 する 個 人 情 報 項 目 提 供 目 的 提 供 先 (1) 氏 名 年 齢 生 年 月 日 性 別 電 話 番 号 メールアドレス 学 校 名 語 学 資 格 / 経 験 団 体 活 動 / 国 際 交 流 事 業 / 渡 航 経 験 健 康 状 態 応 募 理 由 自 己 PR 銀 行 口 座 (2) 事 業 実 施 期 間 中 に 当 財 団 または 第 三 者 が 撮 影 をさせていただく 写 真 映 像 事 業 実 施 上 の 情 報 共 有 本 事 業 の 関 係 機 関 ( 外 務 省 日 米 教 育 委 員 会 ローラシアン 協 会 等 ) および 関 係 業 者 ( 旅 行 会 社 印 刷 発 送 業 者 等 ) 事 業 実 施 後 に 作 成 する 報 告 書 や 当 財 団 広 報 媒 体 (ホームページ 年 報 広 報 誌 等 )への 掲 載 平 成 26 年 6 月 2 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター 個 人 情 報 保 護 管 理 責 任 者 4. 個 人 情 報 の 任 意 性 及 び 個 人 情 報 を 提 供 しなかった 場 合 に 生 じる 結 果 情 報 開 示 請 求 等 本 人 の 権 利 当 財 団 への 個 人 情 報 の 提 供 は 皆 様 の 任 意 ですが 個 人 情 報 の 一 部 を 提 供 していただかない 場 合 は 事 業 実 施 に 必 要 な 連 絡 ができないことがあります また 皆 様 には 当 財 団 に 提 出 して 頂 いた 個 人 情 報 について 利 用 目 的 の 通 知 個 人 情 報 の 開 示 訂 正 項 目 の 追 加 削 除 また 個 人 情 報 自 体 の 消 去 や 利 用 停 止 提 供 停 止 を 求 める 権 利 があります 自 己 の 個 人 情 報 の 開 示 等 の 請 求 は 下 記 担 当 者 までご 連 絡 ください ただし 選 考 結 果 についてのお 問 合 せにはお 答 えできませんので 予 めご 了 承 ください 5. 応 募 書 類 の 保 管 お 預 かりする 個 人 情 報 は 事 業 上 の 用 途 が 終 了 した 段 階 で 適 切 な 方 法 にて 廃 棄 いたします 別 紙 2 個 人 情 報 相 談 窓 口 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター 総 務 部 個 人 情 報 相 談 窓 口 TEL:

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 学 生 募 集 要 項 Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム は 日 本 政 府 が 推 進 する 事 業 であり 日 本 とアジア 大 洋 州 北 米 欧 州 中 南 米 の 各 国 地 域 との 間 で 将 来 各 界 にて 活 躍 が 期 待 される

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

Microsoft Word - H28社債募集説明.docx

Microsoft Word - H28社債募集説明.docx 無 担 保 社 債 募 集 について 拝 啓 啓 蟄 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます おかげさまで 2014 年 12 月 に 設 立 した ( 代 表 取 締 役 為 近 智 行 )は 1 周 年 を 迎 え 順 調 に 2 期 目 の 事 業 を 行 っております この 度 では 昨 年 に 続 き 無 担 保 社 債 を 発 行 す

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816993968ED0838D8353816A8347835883508343836783898378838B81408EE8947A97B78D738FF08C8F8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816993968ED0838D8353816A8347835883508343836783898378838B81408EE8947A97B78D738FF08C8F8F912E646F63> エスケイトラベル 手 配 旅 行 条 件 書 手 配 旅 行 契 約 とは 当 社 がお 客 様 の 依 頼 により お 客 様 のために 代 理 媒 介 又 は 取 次 をすること 等 によりお 客 様 が 運 送 宿 泊 期 間 等 の 旅 行 に 関 するサービスの 提 供 を 受 けることが 出 来 るように 手 配 することを 引 き 受 ける 契 約 をいいます この 書 面 は 旅 行

More information

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針 2016 年 7 月 1 日 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 個 人 情 報 保 護 方 針 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は お 客 様 からご 信 頼 いた だける 会 社 として お 客 様 の 個 人 情 報 保 護 を 徹 底 することが 極 めて 重 要 であると 考 えております 当 社 では 個 人 情

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

平成23年度

平成23年度 沖 縄 県 委 託 事 業 平 成 2 8 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 公 募 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 25 日 ( 水 ) 相 談 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 20 日 ( 金 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 28 年 5 月 23 日

More information

< 羽 田 発 > [ 日 程 表 ] 東 京 ( 羽 田 ) 09:15 15:20 SQ-631 羽 田 空 港 より 航 空 にてシ 着 東 京 ( 羽 田 ) 08:05 16:05 SQ-632 航 空 にて 羽 田 空 港 へ 羽 田 空 港 着 < 大 阪 発 > 大 阪 ( 関 西

< 羽 田 発 > [ 日 程 表 ] 東 京 ( 羽 田 ) 09:15 15:20 SQ-631 羽 田 空 港 より 航 空 にてシ 着 東 京 ( 羽 田 ) 08:05 16:05 SQ-632 航 空 にて 羽 田 空 港 へ 羽 田 空 港 着 < 大 阪 発 > 大 阪 ( 関 西 第 3 回 アジア ADHD 学 会 3rd Asian Congress on ADHD 会 期 :2016 年 於 : 冠 省 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 既 にご 高 承 の 通 り 標 記 学 会 が 2016 年 05 月 にシンガ ポールで 開 催 されます つきましては 弊 社 ケイ コンベンションではご 出 席 の 先 生 方 へ 学 会

More information

< 第1回 韓国文化院主催 韓国語スピーチコンテスト(仮称)>(案)

< 第1回 韓国文化院主催 韓国語スピーチコンテスト(仮称)>(案) 第 11 回 話 してみよう 韓 国 語 青 森 大 会 大 会 要 項 1 趣 旨 韓 国 語 を 学 ぶ 方 が 韓 国 語 を 学 ぶ 楽 しさを 実 感 し 一 層 学 ぶ 意 欲 を 持 つことができるよう 韓 国 語 の 学 習 成 果 を 発 表 する 機 会 とするため 本 大 会 を 行 います また これを 機 会 に 友 だちや 家 族 の 皆 さんにも 気 軽 にご 来 場

More information

公 益 財 団 法 人 国 際 花 と 緑 の 博 覧 会 記 念 協 会 職 員 3 名 看 護 師 ( 日 本 人 )1 名 ほかに 台 湾 市 立 研 究 者 4 名 が 現 地 で 調 査 指 導 にあたります JTB 西 日 本 社 員 は 添 乗 しませんが バス 移 動 などには 現

公 益 財 団 法 人 国 際 花 と 緑 の 博 覧 会 記 念 協 会 職 員 3 名 看 護 師 ( 日 本 人 )1 名 ほかに 台 湾 市 立 研 究 者 4 名 が 現 地 で 調 査 指 導 にあたります JTB 西 日 本 社 員 は 添 乗 しませんが バス 移 動 などには 現 平 成 28 年 度 海 外 青 少 年 交 流 事 業 高 校 生 のための 生 き 物 調 査 体 験 ツアーin 台 湾 募 集 要 項 1. 目 的 本 事 業 は 次 世 代 を 担 う 高 校 生 が 海 外 の 未 知 の 自 然 環 境 に 触 れること で 自 然 科 学 分 野 での 視 野 を 広 げると 共 に 現 地 の 高 校 生 との 交 流 により 国 際 的 な 感

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

5. 手 続 きの 流 れについて 1FAX でのお 申 し 込 みの 場 合 2WEB よりお 申 し 込 みの 場 合 別 紙 参 加 申 込 書 に 記 入 全 肢 連 響 (ひびき)にリンクされた 大 会 案 内 ページ https://conv.toptour.co.jp/shop/evt

5. 手 続 きの 流 れについて 1FAX でのお 申 し 込 みの 場 合 2WEB よりお 申 し 込 みの 場 合 別 紙 参 加 申 込 書 に 記 入 全 肢 連 響 (ひびき)にリンクされた 大 会 案 内 ページ https://conv.toptour.co.jp/shop/evt 第 49 回 全 国 肢 体 不 自 由 児 者 父 母 の 会 連 合 会 全 国 大 会 第 53 回 関 東 甲 信 越 肢 体 不 自 由 児 者 父 母 の 会 連 合 会 神 奈 川 大 会 大 会 参 加 申 込 のご 案 内 お 申 込 み 方 法 について 1. 申 込 受 付 期 間 平 成 28 年 3 月 7 日 ( 月 )~6 月 3 日 ( 金 ) 2. 参 加 費 用

More information

平成23年度

平成23年度 平 成 24 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 ( 二 次 募 集 ) 公 募 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 9 日 ( 火 ) 相 談 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 3 日 ( 水 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 24 年 10 月 4 日 ( 木

More information

目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4. 預 金 口 座 の 解 約 3 5. 研 究 費 の 執 行 期 限 3 6. 研 究 費 の 合 算 使 用

目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4. 預 金 口 座 の 解 約 3 5. 研 究 費 の 執 行 期 限 3 6. 研 究 費 の 合 算 使 用 平 成 2 6 年 度 日 本 医 科 大 学 公 的 研 究 費 ( 直 接 経 費 ) 取 扱 要 領 平 成 26 年 4 月 1 日 日 本 医 科 大 学 事 務 局 研 究 推 進 部 研 究 推 進 課 目 次 Ⅰ. 公 的 研 究 費 の 管 理 執 行 について 1. 公 的 研 究 費 の 取 り 扱 い 方 法 2 2. 預 金 の 方 法 2 3. 預 金 の 管 理 3 4.

More information

Microsoft Word - (7)アントレサロン利用規約ver20150225.docx

Microsoft Word - (7)アントレサロン利用規約ver20150225.docx アントレサロン 利 用 規 約 銀 座 セカンドライフ 株 式 会 社 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 ) 銀 座 セカンドライフ 株 式 会 社 ( 以 下 弊 社 といいます)は アントレサロン 利 用 規 約 ( 以 下 本 利 用 規 約 といいます)を 定 め これによりアントレサロンサービス( 以 下 当 サービス といいます)を 会 員 に 提 供 し ます 本 利 用 規

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

派 遣 補 助 事 業 の 主 な 流 れは, 次 頁 のとおりです 詳 細 は, 各 項 目 をご 覧 くださ い なお, 派 遣 補 助 事 業 に 応 募 された 団 体 は, 本 要 領 書 に 記 載 されている 事 項 に 合 意 いただいたものとしてお 取 扱 させていただきます 本

派 遣 補 助 事 業 の 主 な 流 れは, 次 頁 のとおりです 詳 細 は, 各 項 目 をご 覧 くださ い なお, 派 遣 補 助 事 業 に 応 募 された 団 体 は, 本 要 領 書 に 記 載 されている 事 項 に 合 意 いただいたものとしてお 取 扱 させていただきます 本 第 1 版 2014-06-10 第 2 版 2015-04-06 第 3 版 2015-07-24 第 4 版 2016-04-01 平 成 28 年 度 ISO/IEC 国 際 会 議 への 専 門 家 派 遣 に 係 わる 補 助 事 業 応 募 要 領 1. 事 業 の 概 要 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下, 当 協 会 と 称 します)では, 平 成 27 年

More information

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部 湖 北 省 と 湖 南 省 における 外 国 人 就 業 許 可 証 書 と 外 国 専 家 証 の 取 得 について (2015 年 3 月 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 武 漢 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門...

More information

2 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 将 来 水 道 分 野 における 国 際 協 力 や 国 際 ビジネスの 場 で 活 躍 するような 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 に 寄 与 する 3 最 新 情 報 の 入 手 研 修 報 告 から 研 修 実 施 国 の 水

2 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 将 来 水 道 分 野 における 国 際 協 力 や 国 際 ビジネスの 場 で 活 躍 するような 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 に 寄 与 する 3 最 新 情 報 の 入 手 研 修 報 告 から 研 修 実 施 国 の 水 平 成 28 年 度 インドネシア 水 道 事 業 研 修 について 1. 本 研 修 の 目 的 インドネシア 水 道 協 会 (PERPAMSI)の 協 力 の 下 当 該 国 の 水 道 事 情 を 学 ぶととも に 国 際 協 力 将 来 のビジネス 展 開 の 基 礎 となるような 情 報 交 換 ディスカッションの 機 会 を 交 えた 研 修 講 義 説 明 は 全 て 英 語 で 行

More information

2. プログラム( 予 定 ) 日 程 午 前 昼 午 後 夕 方 9 月 7 日 ( 水 ) 一 般 研 究 発 表 ( 口 頭 ) 技 術 セミナー 一 般 及 び 若 手 研 究 者 学 生 セッション(ポス ター) 学 生 会 員 セッション( 口 頭 ) 分 科 会 9 月 8 日 ( 木

2. プログラム( 予 定 ) 日 程 午 前 昼 午 後 夕 方 9 月 7 日 ( 水 ) 一 般 研 究 発 表 ( 口 頭 ) 技 術 セミナー 一 般 及 び 若 手 研 究 者 学 生 セッション(ポス ター) 学 生 会 員 セッション( 口 頭 ) 分 科 会 9 月 8 日 ( 木 第 57 回 大 気 環 境 学 会 年 会 のお 知 らせ( 第 3 報 ) 第 57 回 大 気 環 境 学 会 年 会 を 下 記 のとおり 開 催 します 会 期 : 平 成 28 年 9 月 7 日 ( 水 ) ~9 日 ( 金 ) 会 場 : 北 海 道 大 学 工 学 部 ( 060-8628 北 海 道 札 幌 市 北 区 北 13 条 西 8 丁 目 ) 年 会 ホームページ:http://www.knt.co.jp/ec/2016/jsae57/

More information

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区 坂 井 市 旧 竹 田 小 学 校 校 舎 等 利 活 用 改 修 工 事 設 計 者 選 定 プロポーザル 募 集 要 領 平 成 26 年 7 月 7 日 平 成 26 年 8 月 20 日 一 部 修 正 坂 井 市 役 所 総 務 部 企 画 情 報 課 Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL FAX URL

入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL FAX URL 平 成 26 年 度 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 公 立 大 学 法 人 鳥 取 環 境 大 学 入 試 に 関 する 問 い 合 わせ 先 入 試 広 報 課 689-1111 鳥 取 市 若 葉 台 北 一 丁 目 1 番 1 号 TEL 0857-38-6720 FAX 0857-38-6709 URL E-mail http://www.kankyo-u.ac.jp/ nyushi@kankyo-u.ac.jp

More information

大崎町総合計画策定業務仕様書

大崎町総合計画策定業務仕様書 スポーツ 合 宿 市 場 調 査 業 務 委 託 募 集 要 項 1. 業 務 名 称 スポーツ 合 宿 市 場 調 査 業 務 2. 目 的 近 年, 鹿 児 島 県 大 崎 町 を 含 む 大 隅 地 域 ではスポーツ 合 宿 利 用 者 が 増 加 傾 向 にあり, 鹿 児 島 県 が 新 たな 種 目 のスポーツ 合 宿 利 用 者 の 獲 得 のため, 本 町 に 陸 上 競 技 場 を

More information

目 次 1. 事 業 の 目 的 1 2. 事 業 内 容 1 3. 補 助 対 象 事 業 1 4. 事 業 実 施 期 間 2 5. 応 募 資 格 2 6. 補 助 上 限 額 及 び 補 助 率 4 7. 応 募 方 法 4 8. 審 査 採 択 5 9. 交 付 申 請 決 定 8 10.

目 次 1. 事 業 の 目 的 1 2. 事 業 内 容 1 3. 補 助 対 象 事 業 1 4. 事 業 実 施 期 間 2 5. 応 募 資 格 2 6. 補 助 上 限 額 及 び 補 助 率 4 7. 応 募 方 法 4 8. 審 査 採 択 5 9. 交 付 申 請 決 定 8 10. 小 規 模 事 業 者 支 援 パッケージ 事 業 共 同 販 売 拠 点 (アンテナショップ)による 地 域 産 品 等 の 販 路 開 拓 支 援 事 業 公 募 要 領 応 募 期 間 応 募 開 始 日 : 平 成 28 年 3 月 8 日 ( 火 ) 締 切 日 : 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 火 )17 時 必 着 申 請 書 送 付 先 全 国 商 工 会 連 合 会 企

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50 2015 年 度 沙 漠 を 緑 に! やればできる! が 合 言 葉 沙 漠 での 感 動 体 験 と 最 前 線 の 活 動! 緑 はいのち 沙 漠 森 林 化 は 世 界 平 和 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 初 代 会 長 遠 山 正 瑛 愛 知 大 学 校 友 センター 事 業 NPO 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 主 催 緑 の 協 力 隊 2015 年 度 愛 知

More information

参 考 2 国 内 実 施 主 体 について 国 内 実 施 主 体 である 神 戸 市 は 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 以 降 従 来 の 重 厚 長 大 型 の 産 業 だけではなく IT 関 連 や 医 療 関 連 といった 新 たな 産 業 の 育 成 にも

参 考 2 国 内 実 施 主 体 について 国 内 実 施 主 体 である 神 戸 市 は 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 以 降 従 来 の 重 厚 長 大 型 の 産 業 だけではなく IT 関 連 や 医 療 関 連 といった 新 たな 産 業 の 育 成 にも 地 域 間 交 流 支 援 (RIT) 事 業 事 前 調 査 神 戸 を 中 心 とする 兵 庫 県 -アフリカ ルワンダ 案 件 IT 関 連 産 業 海 外 出 張 調 査 にかかる 専 門 家 の 公 募 2016 年 6 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 副 理 事 長 赤 星 康 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 ジェトロ という )では 2007

More information

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅 自 由 設 型 住 宅 ローン 仮 審 査 込 書 記 入 要 領 込 みにあたって. 込 み 内 容 につきまして 客 さまにご 確 認 させていただく 場 合 がございますでご 了 承 ください.こ 仮 審 査 込 書 は 客 さまにご 返 却 いたしません 3. 込 後 日 程 度 経 過 して 仮 審 査 結 果 等 連 絡 がない 場 合 は 仮 審 査 込 書 未 着 も 考 えられま

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

(6) 当 社 および 当 社 関 係 会 社 にお 問 い 合 いただいたお わ 問 い 合 わせ 等 へのご 回 答 せ 等 をいただいた 方 に 関 する 情 報 なお 当 社 が 個 別 の 個 人 情 報 の 収 集 に 際 し 個 々の 利 用 目 的 等 を 明 示 のうえ ご 本 人

(6) 当 社 および 当 社 関 係 会 社 にお 問 い 合 いただいたお わ 問 い 合 わせ 等 へのご 回 答 せ 等 をいただいた 方 に 関 する 情 報 なお 当 社 が 個 別 の 個 人 情 報 の 収 集 に 際 し 個 々の 利 用 目 的 等 を 明 示 のうえ ご 本 人 個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 といいます)では 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 取 得 する 個 人 情 報 につい て その 利 用 目 的 等 所 定 の 事 項 を 公 表 もしくは 本 人 が( 容 易 に) 知 り 得 る 状 態 に 置 くべきものと 定 めていま テンプスタッフプラス 株 式 会 社

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

2012 年 ドイツ ホスピス 視 察 研 修 (ミュンヘン/ケルン) 日 程 表 予 定 2012/5/21 現 在 日 数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 月 日 ( 曜 日 ) 9 月 15 日 ( 土 ) 東 京 ( 成 田 ) 発 9 月 16 日 ( 日 ) 9 月 17 日 ( 月

2012 年 ドイツ ホスピス 視 察 研 修 (ミュンヘン/ケルン) 日 程 表 予 定 2012/5/21 現 在 日 数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 月 日 ( 曜 日 ) 9 月 15 日 ( 土 ) 東 京 ( 成 田 ) 発 9 月 16 日 ( 日 ) 9 月 17 日 ( 月 ミュンヘン/ケルン 研 修 期 間 :2012 年 9 月 15 日 ( 土 ) ~ 9 月 23 日 ( 日 ) 9 日 間 訪 問 都 市 :ドイツ/ミュンヘン ケルン 募 集 人 数 :25 名 様 ( 最 少 催 行 人 数 15 名 様 ) 募 集 締 切 :2012 年 7 月 27 日 ( 金 ) ~ 第 一 次 締 め 切 り~ 募 集 締 切 後 も 可 能 な 限 り ご 参 加

More information

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平

質 疑 回 答 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 3 技 術 提 案 及 びVE 提 案 の 提 出 VE 提 案 書 の 提 出 期 間 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~ 平 成 26 年 11 月 18 日 ( 火 ) 技 術 提 案 書 の 提 出 期 間 平 新 城 市 新 庁 舎 建 設 工 事 施 工 候 補 者 選 定 プロポーザル 実 施 要 項 Ⅰ 一 般 事 項 1 目 的 新 城 市 は 新 庁 舎 の 建 設 にあたり 新 城 市 新 庁 舎 基 本 構 想 で 示 した 新 庁 舎 の 基 本 理 ひ と 念 である 市 民 まち 未 来 が 見 える 新 城 型 庁 舎 を 最 もコストパフォーマ ンスに 優 れた 形 で 実 現 するため

More information

改 訂 履 歴

改 訂 履 歴 プライバシーポリシー ( 個 人 情 報 保 護 方 針 ) 制 定 : 平 成 17 年 04 月 01 日 最 終 改 訂 : 平 成 27 年 12 月 25 日 ひまわり 証 券 株 式 会 社 当 社 は 金 融 商 品 取 引 業 務 及 びその 関 連 業 務 等 において 取 り 扱 う 全 ての 個 人 情 報 及 び 個 人 番 号 ( 以 下 個 人 情 報 等 という )の

More information

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事 業 企 画 運 営 業 務 委 託 に 係 る 企 画 競 争 実 施 の 公 示 岡 山 市 委 託 業 務 企 画 競 争 実 施 に 関 する 要 綱 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 示 します 平 成 28 年 5 月 31 日 岡 山 市 長 大 森 雅 夫 1 目 的 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事

More information

全公文協第   号

全公文協第   号 平 成 27 年 度 文 化 庁 委 託 事 業 Arts Management Seminar 2016 全 国 劇 場 音 楽 堂 等 アートマネジメント 研 修 会 2016 テーマ 文 化 力 で 地 域 と 世 界 をつなぐ 募 集 要 項 日 本 国 内 の 劇 場 音 楽 堂 等 の 活 性 化 と 地 域 の 文 化 芸 術 の 振 興 を 目 的 とした アー トマネジメントに 関

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

2 昼 食 提 供 食 数 :450 食 ( 平 均 提 供 数 ) 3 定 食 :3 品 目 ( 麺 類 等 除 く) (7) 団 体 又 はその 代 表 者 が 以 下 のいずれかにも 該 当 すること 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 16

2 昼 食 提 供 食 数 :450 食 ( 平 均 提 供 数 ) 3 定 食 :3 品 目 ( 麺 類 等 除 く) (7) 団 体 又 はその 代 表 者 が 以 下 のいずれかにも 該 当 すること 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 16 平 成 28 年 9 月 16 日 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 職 員 食 堂 運 営 委 託 プロポーザル 募 集 要 項 1 プロポーザル 選 考 の 目 的 及 びコンセプト 本 要 項 は 文 京 区 役 所 職 員 互 助 会 職 員 食 堂 運 営 委 託 について 最 適 な 事 業 者 の 選 定 を プロポーザ ル 方 式 で 実

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

会 議 出 席 基 本 コース A: 東 京 発 着 DL デ ル タ 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 B: 東 京 発 着 AA アメリカン 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 日 数 月 日 曜 日 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 1 6/8( 火 ) 2 4 6

会 議 出 席 基 本 コース A: 東 京 発 着 DL デ ル タ 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 B: 東 京 発 着 AA アメリカン 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 日 数 月 日 曜 日 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 1 6/8( 火 ) 2 4 6 三 喜 IC IC Congress Tour 2010 米 国 整 形 外 科 学 会 議 AOA2010 開 催 日 :2010 年 6 月 9 日 ~12 日 開 催 地 :サンディエゴ 米 国 出 席 旅 行 の ご 案 内 旅 行 期 間 : 後 記 の 日 程 表 をご 参 照 下 さい 注 意 事 項 : 尚 航 空 機 はお 申 し 込 みを 頂 戴 してからの 正 式 予 約 となります

More information

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等

目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 政 務 活 動 費 手 引 き 平 成 26 年 4 月 宗 像 市 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 概 要 1 基 本 方 針 ------------------------------------------------------------------------------- 2 2 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 ----------------------------------------

More information

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月 平 成 27 年 度 徳 島 大 学 海 外 留 学 支 援 制 度 アスパイア 奨 学 金 募 集 要 項 1. 趣 旨 目 的 本 学 学 生 の 海 外 留 学 を 促 進 し,グローバル 社 会 において 活 躍 できる 人 材 の 育 成 を 図 るため, 外 国 の 協 定 校 等 へ 留 学 する 本 学 学 生 に 対 し 経 済 的 支 援 (アスパイア 奨 学 金 の 支 給 )を

More information

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために 2013.3 改 訂 よ う こ そ 金 沢 医 科 大 学 へ 外 国 人 留 学 生 研 究 員 のために 金 沢 医 科 大 学 国 際 交 流 センター こ の ガ イ ド ラ イ ン で は 金 沢 医 科 大 学 で 快 適 な 日 々 を 過 ご し て い た だ け る よ う 外 国 人 留 学 生 研 究 員 およびその 家 族 の 方 々に 係 る 各 種 制 度 や 手 続

More information

セット版【中国人:一次概要13頁】201512

セット版【中国人:一次概要13頁】201512 中 国 国 籍 者 が 日 本 入 国 ビザ( 査 証 )を 申 請 する 手 続 の 概 要 ( 一 次 有 効 の 短 期 滞 在 ビザ 申 請 用 ) 2016 年 1 月 中 国 に 在 住 する 中 華 人 民 共 和 国 の 国 籍 を 有 する 方 が, 短 期 商 用 あるいは 親 族 知 人 訪 問 等 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞 在 )を 申

More information

ウェールズ大学経営大学院 募集要項

ウェールズ大学経営大学院 募集要項 MBA programme at HABS (BTEC Level 7 + top-up) 東 京 校 学 生 募 集 要 項 1. 入 学 資 格 下 記 の(1)(2)のいずれかを 満 たし 所 定 の 入 学 審 査 に 合 格 した 者 (1) 6 年 以 上 の 実 務 経 験 および2 年 以 上 の 管 理 職 相 当 の 経 験 を 有 すること (2) 学 士 号 以 上 の 学

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に 3-1 補 助 金 の 適 正 な 管 理 執 行 等 について 本 資 料 は 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 研 究 成 果 公 開 促 進 費 )( 以 下 補 助 金 という )につ いて 補 助 金 を 管 理 執 行 する 際 にご 留 意 いただきたい 点 を 簡 潔 にまとめたものです 本 経 費 は 国 の 補 助 金 であり 会 計 検 査 院 等 の 検 査 の 対 象 となっているものですので

More information

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 住 所 氏 名 省 略 2 請 求 書 の 提 出 日 請 求 書 の 提 出 日 は 平 成 24 年 6 月 25 日 である 3 請 求 の 内 容 請 求 人 提 出 の 松 山 市 職 員 措 置 請 求 書 により 請 求 人 が 主 張 する 請 求 ( 以 下 本 件 請 求 という )の 要 旨 は

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323696BE90CE8E738B6389EF8B6388F591498B93837C8358835E815B8C668EA68FEA90DD9275814593508B8E816990BC9594816A81698CF68D9095B6816A2E646F63> 明 契 第 7 1 6 号 平 成 27 年 (2015 年 )1 月 6 日 明 石 市 長 泉 房 穂 ( 公 印 省 略 財 務 部 契 約 課 ) 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 郵 便 方 式 )を 実 施 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6 及 び

More information

旅 費 (7~9ヘ ーシ ) 1. 学 生 への 出 張 費 用 の 支 払 いは 可 能 です 2. 旅 費 申 請 書 を 提 出 していない 学 会 の 参 加 費 を 請 求 できます. 研 究 協 力 者 に 海 外 出 張 を 依 頼 する 場 合 日 当 等 の 判 断 基 準 はあり

旅 費 (7~9ヘ ーシ ) 1. 学 生 への 出 張 費 用 の 支 払 いは 可 能 です 2. 旅 費 申 請 書 を 提 出 していない 学 会 の 参 加 費 を 請 求 できます. 研 究 協 力 者 に 海 外 出 張 を 依 頼 する 場 合 日 当 等 の 判 断 基 準 はあり 平 成 28 年 4 月 1 日 学 術 情 報 部 学 術 研 究 支 援 課 同 志 社 女 子 大 学 科 研 費 Q&A この 科 研 費 に 関 するQ&A は 各 研 究 代 表 者 等 からしばしば 質 問 される 事 項 について 関 係 者 の 共 通 理 解 を 図 るため Q&Aとしてまとめたものです( 今 回 の 変 更 箇 所 は 斜 字 表 示 しています) 目 次 共

More information

= 台 湾 プロモーション = < 全 体 日 程 (TCVB 日 程 )/ 予 定 > 5 月 18 日 ( 水 ) 移 動 ( 東 京 台 北 ) 5 月 19 日 ( 木 ) 東 京 観 光 セミナー / JNTO 主 催 商 談 会 / TTE 出 展 準 備 5 月 20 日 ( 金 )~

= 台 湾 プロモーション = < 全 体 日 程 (TCVB 日 程 )/ 予 定 > 5 月 18 日 ( 水 ) 移 動 ( 東 京 台 北 ) 5 月 19 日 ( 木 ) 東 京 観 光 セミナー / JNTO 主 催 商 談 会 / TTE 出 展 準 備 5 月 20 日 ( 金 )~ 27 公 東 観 観 事 1350 号 平 成 28 年 3 月 8 日 各 位 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 事 務 局 長 松 本 泰 之 平 成 28 年 度 台 湾 韓 国 現 地 プロモーションへの 共 同 参 加 に 関 するご 案 内 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 財 団 事 業 に 格 別 のご 高 配

More information

ごあいさつ 第 20 回 全 国 重 症 心 身 障 害 日 中 活 動 支 援 協 議 会 が 平 成 28 年 10 月 06 日 ( 木 )~07 日 ( 金 )に 千 葉 市 にて 開 催 されますことを 心 よりお 慶 び 申 し 上 げます さて 全 国 各 地 からご 参 加 の 皆

ごあいさつ 第 20 回 全 国 重 症 心 身 障 害 日 中 活 動 支 援 協 議 会 が 平 成 28 年 10 月 06 日 ( 木 )~07 日 ( 金 )に 千 葉 市 にて 開 催 されますことを 心 よりお 慶 び 申 し 上 げます さて 全 国 各 地 からご 参 加 の 皆 第 20 回 全 国 重 症 心 身 障 害 日 中 活 動 支 援 協 議 会 参 加 宿 泊 情 報 交 換 会 分 科 会 施 設 見 学 について 大 会 参 加 宿 泊 情 報 交 換 分 科 会 施 設 見 学 ご 案 内 日 程 平 成 28 年 10 月 6 日 ( 木 )~10 月 7 日 ( 金 ) 会 場 大 会 情 報 交 換 会 会 場 ホテルグリーンタワー 幕 張 住 所

More information

2015年度 九州ジュニア大会要項

2015年度 九州ジュニア大会要項 2015 年 度 第 47 回 九 州 ジュニア 水 泳 競 技 大 会 実 施 要 項 1. 主 催 2. 主 管 3. 後 援 4. 協 賛 5. 期 日 6. 会 場 7. 競 技 方 法 8. 参 加 資 格 9. 参 加 制 限 九 州 水 泳 連 盟 鹿 児 島 県 水 泳 連 盟 鹿 児 島 県 教 育 委 員 会 鹿 児 島 市 教 育 委 員 会 ( 公 財 ) 鹿 児 島 県 体

More information

ごあいさつ 石 油 化 学 新 聞 社 (プロパン ブタンニュース)は 7 月 1 日 ~8 日 の 8 日 間 の 日 程 で カナダ 米 国 シェールガス 事 情 調 査 団 を 派 遣 します 世 界 第 3 位 の 石 油 埋 蔵 量 を 誇 り カナダ 随 一 の 天 然 ガス 液 (NG

ごあいさつ 石 油 化 学 新 聞 社 (プロパン ブタンニュース)は 7 月 1 日 ~8 日 の 8 日 間 の 日 程 で カナダ 米 国 シェールガス 事 情 調 査 団 を 派 遣 します 世 界 第 3 位 の 石 油 埋 蔵 量 を 誇 り カナダ 随 一 の 天 然 ガス 液 (NG カナダ 米 国 シェールガス 事 情 調 査 団 募 集 のご 案 内 2015 年 7 月 1 日 ( 水 )~7 月 8 日 ( 水 ) 8 日 間 訪 問 都 市 :エドモントン エドモントン カルガリー カルガリー バンフ バンフ シアトル シアトル ロングビュー 視 察 企 画 : 株 式 会 社 石 油 化 学 新 聞 社 旅 行 企 画 実 施 : 株 式 会 社 JTBコーポレートセールス

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80> 聖 心 女 子 大 学 University of the Sacred Heart, Tokyo 2017( 平 成 29) 年 度 大 学 院 文 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 ( 9 月 期 入 試 / 2 月 期 入 試 ) < 修 士 課 程 博 士 前 期 課 程 > 英 語 英 文 学 専 攻 日 本 語 日 本 文 学 専 攻 哲 学 専 攻 史 学 専 攻 社 会 文 化

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

2002年度

2002年度 2017 年 度 明 治 大 学 農 学 部 食 料 環 境 政 策 学 科 地 域 農 業 振 興 特 別 入 学 試 験 要 項 明 治 大 学 農 学 部 所 在 地 : 214-8571 神 奈 川 県 川 崎 市 多 摩 区 東 三 田 1-1-1 電 話 :03-3296-4545 ( 代 表 ) 044-934-7570( 農 学 部 事 務 室 ) フ ァ ッ ク ス:044-934-7902

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

八代市総合計画策定に係る企画提案競技実施要領(案)

八代市総合計画策定に係る企画提案競技実施要領(案) 八 代 市 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 競 争 実 施 要 領 八 代 市 立 図 書 館 1 業 務 の 目 的 現 行 の 八 代 市 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 は 平 成 26 年 7 月 で 終 了 することから 新 たに 委 託 先 を 選 定 する 必 要 がある また 図 書 館 では 平 成 24 年 2 月 に 策 定

More information

FX個人情報保護方針(2016年4月28日改定)

FX個人情報保護方針(2016年4月28日改定) 個 人 情 報 保 護 方 針 個 人 情 報 保 護 方 針 当 社 は 証 券 業 務 および 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 業 務 において 当 社 が 取 り 扱 う 全 ての 個 人 情 報 および 個 人 番 号 ( 以 下 個 人 情 報 等 といいます)の 保 護 について その 重 要 性 お よび 社 会 的 使 命 を 十 分 に 認 識 し 本 人 の 権 利 の 保

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

平成28年度キリン・子ども「力」応援事業 公募助成のご案内

平成28年度キリン・子ども「力」応援事業 公募助成のご案内 平 成 28 年 3 月 公 益 財 団 法 人 キリン 福 祉 財 団 平 成 28 年 度 キリン 子 ども 力 応 援 事 業 公 募 助 成 のご 案 内 支 援 者 および 申 込 者 ( 中 学 生 以 上 ) 向 け 子 どもは 仲 間 と 力 を 合 わせて 様 々な 活 動 に 取 り 組 むことで 大 きく 力 を 伸 ばしていきます 少 子 高 齢 化 が 進 む 中 次 代

More information

1. 対 象 者 及 び 専 攻 分 野 日 本 の 大 学 院 修 士 課 程 において 日 本 語 を 通 して 研 究 勉 学 を 行 おうとする 者 専 攻 分 野 は 特 定 しない 但 し 医 学 歯 科 医 学 獣 医 学 を 除 く 2. 募 集 人 員 ベトナム 共 和 国 1 名

1. 対 象 者 及 び 専 攻 分 野 日 本 の 大 学 院 修 士 課 程 において 日 本 語 を 通 して 研 究 勉 学 を 行 おうとする 者 専 攻 分 野 は 特 定 しない 但 し 医 学 歯 科 医 学 獣 医 学 を 除 く 2. 募 集 人 員 ベトナム 共 和 国 1 名 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 2016 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 は 岡 崎 嘉 平 太 先 生 の 生 前 の 業 績 を 讃 え 民 族 の 相 互 理 解 世 界 の 平 和 と 友 好 を 祈 念 していた 故 人 の 精 神 を 広 くかつ 永 遠 に 後 世 に 伝 えると 共 に 中 国 を 始 めとするアジア 諸 国

More information

中 国 医 薬 品 許 認 可 支 援 ツアー 参 加 のご 案 内 拝 啓 時 下 益 々ご 清 祥 の 段 お 慶 び 申 し 上 げます 中 国 では 医 療 制 度 改 革 で 医 薬 品 需 要 の 拡 大 が 大 きく 見 込 まれていることから 現 在 では 中 堅 製 薬 会 社 様

中 国 医 薬 品 許 認 可 支 援 ツアー 参 加 のご 案 内 拝 啓 時 下 益 々ご 清 祥 の 段 お 慶 び 申 し 上 げます 中 国 では 医 療 制 度 改 革 で 医 薬 品 需 要 の 拡 大 が 大 きく 見 込 まれていることから 現 在 では 中 堅 製 薬 会 社 様 旅 行 期 間 :2010 年 8 月 23 日 ( 月 ) ~ 8 月 26 日 ( 木 ) 訪 問 都 市 : お 申 込 み お 問 合 せ: 株 式 会 社 OGトラベル(OGIグループ) ホームページはこちら http://www.china-shien.com 企 画 協 力 会 社 :ファロリクルートメント (OGIグループ) 旅 行 企 画 実 施 : 株 式 会 社 マイランド 住

More information

(14)システムの 維 持 不 具 合 対 応 のため (15) 当 社 に 個 人 情 報 を 登 録 している 会 員 が 当 社 が 提 供 する 別 サービスを 利 用 する 場 合 会 員 登 録 等 作 業 の 簡 素 化 を 行 うため (16) 取 引 先 等 より 個 人 情 報

(14)システムの 維 持 不 具 合 対 応 のため (15) 当 社 に 個 人 情 報 を 登 録 している 会 員 が 当 社 が 提 供 する 別 サービスを 利 用 する 場 合 会 員 登 録 等 作 業 の 簡 素 化 を 行 うため (16) 取 引 先 等 より 個 人 情 報 プライバシーポリシー 株 式 会 社 おかん( 以 下 当 社 といいます )は より 良 いサービス 提 供 のため 氏 名 住 所 電 話 番 号 メールアドレスその 他 の 個 人 情 報 をお 預 かりする 場 合 があります 当 社 は 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 令 を 遵 守 し 安 心 して 当 社 のサービスである オフィスおか ん ( 以 下 本 サービス といいます

More information

平成24年度

平成24年度 平 成 28 年 度 星 薬 科 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 について 生 涯 学 習 や 社 会 人 教 育 の 必 要 性 が 求 められている 中 本 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 では 先 端 科 学 技 術 を 習 得 できる 場 を 提 供 し 最 先 端 医 療 に 対 応 可 能 な 知 識 や

More information

デーケン先生と行く

デーケン先生と行く ニュージーランドの 精 神 医 療 視 察 の 旅 ~リカバリーを 重 視 した 精 神 保 健 サービス~ 全 行 程 に 通 訳 同 行 研 修 期 間 : 2014 年 11 月 8 日 ( 土 )~11 月 15 日 ( 土 ) 8 日 間 訪 問 先 : ニュージーランド/ウエリントン ハミルトン オークランド 募 集 人 員 : 15 名 様 ( 最 少 催 行 人 員 10 名 様 )

More information

01公示

01公示 平 成 28 年 7 月 8 日 中 国 運 輸 局 観 光 部 長 木 嶋 淳 企 画 競 争 実 施 の 公 示 次 のとおり 企 画 提 案 書 の 提 出 をお 願 いします 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 及 び 概 要 平 成 27 年 度 補 正 広 域 観 光 周 遊 ルート 緊 急 形 成 促 進 事 業 美 食 展 出 展 事 業 ( 台 湾 ) (2) 業 務 内 容

More information

岡崎嘉平太国際奨学財団2000年度奨学生募集要項

岡崎嘉平太国際奨学財団2000年度奨学生募集要項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 2017 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 は 岡 崎 嘉 平 太 先 生 の 生 前 の 業 績 を 讃 え 民 族 の 相 互 理 解 世 界 の 平 和 と 友 好 を 祈 念 していた 故 人 の 精 神 を 広 くかつ 永 遠 に 後 世 に 伝 えると 共 に 中 国 を 始 めとするアジア 諸 国

More information

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会)

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会) 帝 京 大 学 本 部 会 計 課 2 1ご 挨 拶 2 取 扱 要 項 についての 説 明 3 科 研 費 システムについて 4 本 学 における 不 正 防 止 の 取 組 みについて (コンプライアンス 研 修 ) 3 科 研 費 の 種 類 について ( 要 項 P.15) 新 学 術 領 域 研 究 研 究 活 動 スタート 支 援 特 別 研 究 員 奨 励 費 基 盤 研 究 (B)

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850 平 成 29(2017) 年 度 京 都 女 子 大 学 入 学 前 予 約 採 用 型 奨 学 金 募 集 要 項 本 奨 学 金 は 平 成 29(2017) 年 4 月 に 京 都 女 子 大 学 への 入 学 を 第 一 志 望 とし 本 学 の 一 般 入 学 試 験 前 期 (A 方 式 B 方 式 または C 方 式 )を 受 験 する 者 のうち 経 済 的 理 由 で 本 学 入

More information

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ 改 正 後 全 文 薬 事 戦 略 相 談 に 関 する 実 施 要 綱 平 成 23 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 25 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 25 年 9 月 24 日 一 部 改 正 平 成 26 年 2 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 11 月 21 日 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 15 日 一 部 改 正 平 成 28 年

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内 平 成 25 年 度 身 体 障 がい 者 を 対 象 とした 公 立 大 学 法 人 職 員 採 用 選 考 受 験 案 内 ~ 任 期 付 職 員 事 務 局 一 般 系 ~ 公 立 大 学 法 人 担 当 : 事 務 局 企 画 室 人 事 給 与 グループ 020-0193 岩 手 県 岩 手 郡 滝 沢 村 滝 沢 字 巣 子 152-52 電 話 :019-694-2038( 企 画 室

More information

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente ハーグ 条 約 事 件 民 事 法 律 扶 助 のしおり 20141208 版 ( 項 目 一 覧 ) はじめに 1. 民 事 法 律 扶 助 の 援 助 内 容 2.ご 利 用 いただくための 要 件 3. 資 力 基 準 ( 収 入 と 資 産 の 基 準 ) 4. 代 理 援 助 の 申 込 み 5. 立 替 金 の 標 準 額 6. 立 替 費 用 の 返 済 について 7. 援 助 開 始

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 大 阪 府 特 別 養 護 老 人 ホーム 経 営 診 断 ( 第 2 回 特 養 実 態 調 査 )の 実 施 にあたって 調 査 票 回 答 時 の 手 引 き 川 原 経 営 グループ ( 株 ) 川 原 経 営 総 合 センター 経 営 コンサルティング 部 門 1. 実 施 にあたって 1 会 員 施 設 個 々の 経 営 管 理 により 一 層 役 立 てていただくことに

More information

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している 資 料 企 業 アンケート 調 査 票 人 材 の 確 保 と 離 職 防 止 に 関 するアンケート 調 査 ご 回 答 にあたって 1. 本 調 査 は 商 用 データベースを 用 い 無 作 為 に 企 業 の 総 務 人 事 ご 担 当 者 様 にご 送 付 しています 貴 社 の 人 材 確 保 施 策 に 関 してお 答 え 下 さい 2. 本 調 査 の 数 値 の 記 入 は 特 に

More information

応 募 者 情 報 シート 提 出 方 法 提 出 書 類 6 枚 下 記 提 出 書 類 ( 計 6 枚 )を 下 記 の 順 にまとめてA4サイズの 封 筒 に 折 らずに 封 入 した 上 で 下 記 の 提 出 方 法 に 従 ってご 提 出 ください (1) 応 募 者 情 報 シート(1

応 募 者 情 報 シート 提 出 方 法 提 出 書 類 6 枚 下 記 提 出 書 類 ( 計 6 枚 )を 下 記 の 順 にまとめてA4サイズの 封 筒 に 折 らずに 封 入 した 上 で 下 記 の 提 出 方 法 に 従 ってご 提 出 ください (1) 応 募 者 情 報 シート(1 2013 MWG Summer Internship Program マッキャンワールドグループ 夏 のインターンシッププログラム 2013 年 今 年 もマッキャンワールドグループは 夏 のインターンシッププログラム を 開 催 します 様 々な 専 門 分 野 の 総 合 広 告 会 社 を 擁 する マッキャン ワールドグループならではの グローバルな 広 告 会 社 における 幅 広 いインターンシップ

More information

表紙出力台紙.indd

表紙出力台紙.indd 経 費 の 取 扱 いについて 助 成 活 動 に 係 る 支 出 は 謝 金 旅 費 雑 役 務 費 その 他 経 費 活 動 報 告 書 に 係 る 経 費 という5つの 経 費 項 目 に 分 けられます さらに 経 費 項 目 ごとに 助 成 の 対 象 となる もの ならないものという 経 費 区 分 ( 下 記 参 照 )と 助 成 対 象 となる 場 合 の 上 限 額 が 設 け られています

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(4) 平 成 12 年 3 月 31 日 以 前 に 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 ) 附 則 第 2 条 よる 廃 止 前 の 和 議 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 72 号 ) 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 和 議 開 始 の 申 立

(4) 平 成 12 年 3 月 31 日 以 前 に 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 ) 附 則 第 2 条 よる 廃 止 前 の 和 議 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 72 号 ) 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 和 議 開 始 の 申 立 南 紀 エリアスポーツ 合 宿 誘 致 パンフレット 及 びホームページ 作 成 業 務 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 事 業 概 要 (1) 業 務 名 南 紀 エリアスポーツ 合 宿 誘 致 パンフレット 及 びホームページ 作 成 業 務 (2) 目 的 本 業 務 は 田 辺 市 みなべ 町 白 浜 町 上 富 田 町 及 びすさみ 町 ( 以 下 南 紀 エリア という )のスポーツ

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information