観 光 と 地 域 活 性 化 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 行 政 視 察 参 加 者 名 簿 平 成 23 年 11 月 16 日 ( 日 ) ~ 11 月 20 日 ( 木 ) 職 名 氏 名 所 属 4 泊 5 日 1 委 員 長 喜 舎 場 盛 三 公 明 党 2 副 委 員

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "観 光 と 地 域 活 性 化 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 行 政 視 察 参 加 者 名 簿 平 成 23 年 11 月 16 日 ( 日 ) ~ 11 月 20 日 ( 木 ) 職 名 氏 名 所 属 4 泊 5 日 1 委 員 長 喜 舎 場 盛 三 公 明 党 2 副 委 員"

Transcription

1 中 国 ( 義 烏 市 上 海 市 ) 行 政 視 察 日 程 平 成 23 年 11 月 16 日 ( 日 ):1 日 目 移 動 ( 那 覇 空 港 上 海 浦 東 空 港 ) 平 成 23 年 11 月 17 日 ( 月 ):2 日 目 午 前 義 烏 市 場 視 察 ( 義 烏 市 職 員 同 行 案 内 ) 日 本 製 商 品 扱 う 専 門 日 本 館 を 視 察 ( 義 烏 市 政 府 日 本 事 務 所 代 表 同 行 ) 14: 00 義 烏 小 商 品 市 場 管 理 集 団 と の 意 見 交 換 会 沖 縄 県 産 品 の 中 国 進 出 及 び 中 国 富 裕 層 誘 客 に つ い て 平 成 23 年 11 月 18 日 ( 水 ):3 日 目 10: 00 上 海 国 際 港 務 集 団 ( S I P G ) と の 意 見 交 換 会 上 海 か ら の ク ル ー ズ 船 客 の 受 け 入 れ に つ い て 16: 30 上 海 携 程 ウ ェ ブ 旅 行 会 社 ( Ctr ip) と の 意 見 交 換 会 中 国 富 裕 層 の 沖 縄 へ の 誘 客 に つ い て 平 成 23 年 11 月 19 日 ( 木 ):4 日 目 10: 30 中 国 東 方 航 空 上 海 営 業 販 売 部 と の 意 見 交 換 会 中 国 観 光 航 空 最 新 情 報 及 び 今 後 の 沖 縄 ( 上 海 直 行 便 運 営 企 画 ) に つ い て 14: 00 上 海 市 旅 遊 局 と の 意 見 交 換 会 沖 縄 観 光 の 魅 力 に つ い て 15: 00 日 本 政 府 観 光 局 (J N T O ) 上 海 事 務 所 と の 意 見 交 換 会 中 国 海 外 観 光 状 況 及 び 訪 日 問 題 背 景 な ど に つ い て 平 成 23 年 11 月 20 日 ( 木 ):5 日 目 移 動 ( 上 海 浦 東 空 港 那 覇 空 港 )

2 観 光 と 地 域 活 性 化 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 行 政 視 察 参 加 者 名 簿 平 成 23 年 11 月 16 日 ( 日 ) ~ 11 月 20 日 ( 木 ) 職 名 氏 名 所 属 4 泊 5 日 1 委 員 長 喜 舎 場 盛 三 公 明 党 2 副 委 員 長 山 川 泰 博 民 主 党 3 委 員 野 原 嘉 孝 公 明 党 4 平 良 識 子 社 社 連 合 5 新 屋 清 喜 そうぞう 6 我 如 古 一 郎 日 本 共 産 党 7 亀 島 賢 二 郎 自 民 無 所 属 連 合 8 高 良 正 幸 自 民 党 新 風 会 9 山 城 誠 司 自 民 党 新 風 会 10 久 高 友 弘 改 革 クラブ 11 随 行 比 嘉 昭 夫 議 会 事 務 局 議 事 管 理 課

3 行 政 視 察 調 査 報 告 書 観 光 と 地 域 活 性 化 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 委 員 長 高 良 正 幸 はじめに 観 光 産 業 は 本 県 の 基 幹 産 業 であり 観 光 なしでは 本 県 経 済 は 成 り 立 ち 得 な い 現 状 にある 現 在 本 県 の 観 光 客 の9 割 は 国 内 観 光 客 が 占 めているが 本 年 度 から 中 国 と 沖 縄 間 を 結 ぶ 航 空 路 線 の 相 次 ぐ 拡 充 を 始 め 数 次 ビザの 発 給 や 上 海 からの クルーズ 船 の 就 航 など 今 後 ますます 中 国 人 観 光 客 の 来 沖 が 期 待 されている ところである 本 市 においても 魅 力 ある 国 際 観 光 都 市 那 覇 を 目 指 して 中 国 人 観 光 客 の 増 加 に 伴 う 受 入 体 制 の 整 備 や 新 規 及 びリピーターの 確 保 が 喫 緊 の 課 題 と なっている 本 特 別 委 員 会 では こうした 現 状 を 踏 まえ 今 後 どのような 観 光 政 策 が 必 要 なのか 議 会 として 有 効 な 提 言 をするためにも 中 国 人 観 光 客 が 求 める 具 体 的 な 観 光 ニーズを 把 握 するとともに 身 近 になった 中 国 の 巨 大 市 場 の 現 状 を 調 査 するため 平 成 23 年 10 月 16 日 ( 日 )から 10 月 20 日 ( 木 )までの4 泊 5 日 の 日 程 で 現 地 を 訪 問 し 政 府 及 び 観 光 関 係 団 体 との 意 見 交 換 を 行 った 以 下 その 内 容 を 報 告 する イ 1. 義 ウ ー 烏 小 商 品 市 場 管 理 集 団 義 烏 市 観 光 産 業 の 現 状 について 義 烏 市 の 主 な 観 光 資 源 は 買 い 物 観 光 で 義 烏 市 国 際 小 商 品 市 場 に 依 拠 している 現 状 にある 義 烏 市 国 際 小 商 品 市 場 は 中 国 国 内 で 初 めての 買 い 物 観 光 地 である 去 年 の 統 計 では 800 万 以 上 の 観 光 客 があった その 中 でも 海 外 からの 観 光 客 は 45 万 人 日 本 人 韓 国 東 南 アジアからの 観 光 客 も 多 い 義 烏 市 は 現 代 的 な 商 業 都 市 である ここ 数 年 来 海 外 との 交 流 が 発 展 し 観 光 の 交 流 においても 同 様 である 義 烏 市 は 2005 年 から 観 光 企 業 と 民 間 人 を 集 めて 東 京 と 京 都 などの 都 市 で 観 光 客 の 誘 致 を 行 っている 1 / 11

4 去 年 は 29 社 の 企 業 を 集 めて 日 本 で 説 明 会 を 行 った 京 都 大 阪 神 戸 の 都 市 を 訪 問 した 大 阪 に 事 務 所 を 設 立 し 現 在 市 場 には 日 本 館 も 出 店 しており 商 品 も 多 い 市 場 の 対 外 貿 易 は 多 く 60 パーセント 以 上 を 占 めている 市 場 の 商 品 を 206 カ 国 に 輸 出 している 物 流 においても 便 利 で 中 国 国 内 では 鉄 道 航 路 は 1600 ある 貨 物 の 物 流 代 行 が 2000 社 以 上 ある 去 年 の 輸 出 のコンテナが 57.6 万 コンテナ もあった 世 界 トップの 20 社 の 18 社 が 義 烏 市 に 拠 点 を 進 出 してい る また 21 社 の 銀 行 があり その 中 で 外 資 系 が1 社 進 出 している 日 本 は 義 烏 市 においては 生 活 でも 商 業 の 面 で も 便 利 で あると 思 う 義 烏 市 は 中 国 国 内 で 10 個 目 の 経 済 改 革 トップ 国 際 貿 易 総 合 改 革 の 指 標 点 となった 義 烏 市 においても 市 場 においても 前 途 は 明 るい 義 烏 市 小 商 品 市 場 の 概 要 と 発 展 の 経 緯 1 区 画 から5 区 画 まであり 全 長 5キロメートルの 建 物 の 中 には 約 62,000 店 舗 20 数 万 人 の 従 業 員 がおり 家 電 製 品 をはじめ 玩 具 化 粧 品 衣 料 品 繊 維 革 製 品 など 膨 大 な 数 の 商 品 が 集 積 している 義 烏 市 小 商 品 市 場 は 1980 年 代 から 整 備 が 始 まった 当 初 は 民 間 人 が 自 発 的 に 露 天 市 場 を 作 ったことが 始 まりである 義 烏 市 は 元 々 県 クラスの 都 市 であったが 市 クラスの 都 市 に 昇 格 し た 際 に 義 烏 市 人 民 政 府 は 商 業 を 通 じて 都 市 を 振 興 する 方 針 を 打 ち 出 した それが 一 定 の 段 階 になってから 商 業 資 金 を 工 業 資 金 に 転 じていき 貿 易 工 業 という 政 策 を 打 ち 出 した 市 政 府 が 1993 年 に 会 社 を 設 立 し 市 場 の 建 設 経 営 発 展 を 管 理 す るようになった 2001 年 に 中 国 がWTOの 加 盟 のチャンスをつかんでから 市 政 府 は 市 場 の 発 展 に 努 力 してきた 人 民 政 府 は 当 会 社 の 持 ち 株 の 55.8 パーセントを 占 めている 人 民 政 府 の 機 能 としては 市 場 の 企 画 と 配 置 企 業 誘 致 の 政 策 の 作 成 に 当 た っており 当 社 は これらの 政 策 を 実 施 するともに 市 場 の 経 営 者 を 管 理 し 市 場 の 経 営 を 行 っている 市 場 の 経 営 者 は 納 税 の 義 務 がある 今 年 5 月 にオープンした 国 際 館 に ついては 現 段 階 では 育 てる 段 階 にあり 納 税 の 義 務 はない 2 / 11

5 質 疑 応 答 Q: 日 本 企 業 が 市 場 に 商 品 を 出 す 場 合 の 条 件 について A: 制 限 どころか 優 遇 政 策 が 多 い 具 体 的 には 店 のレンタル 料 金 を3 年 間 他 の 店 の1/5 程 度 としている 最 初 は 安 い 料 金 で 契 約 し 少 しず つ 賃 貸 料 金 を 上 げていくことで 調 整 している 3 年 を 超 えたら すぐに 料 金 を 上 げるわけではない 国 際 館 と 直 接 契 約 を 結 んで 沖 縄 の 商 品 を 世 界 へ 発 信 してほしい Q: 市 場 の 商 品 のPRについて A: 全 体 的 な 市 場 のPRについては 現 時 点 では 外 国 製 品 を 取 り 扱 う 国 際 館 に 対 してだけ 行 っている 個 別 の 企 業 や 商 品 に 対 しては 具 体 的 に 相 談 しながら 支 援 していくつもりである 国 際 館 に 対 するPR 予 算 は 5000 万 元 で 日 本 円 にして 約 6 億 円 にな る 義 烏 市 小 商 品 市 場 においては 会 社 と 市 政 府 の 予 算 を 別 にしている が 国 際 館 のPRについては 予 算 を 一 緒 にPR 活 動 をしているので さらに 5000 万 元 の 予 算 を 上 回 る 国 際 館 のPRは 全 部 セットで 行 って いる Q: 沖 縄 県 レベルで 進 められている 話 はあるのか A: 現 時 点 では 具 体 的 な 話 はないが 県 全 体 として 一 産 業 としてやって くれれば バックアップしやすい 国 際 館 については 商 品 の 種 類 で 分 類 しているため 一 国 でのお 店 はない Q: 申 請 してから 許 可 を 得 るまでの 期 間 について A: 窓 口 はつくっており 世 界 にアピールしている 具 体 的 には 企 業 に 関 しては 契 約 しながら 進 め 場 所 を 提 供 していく Q:その 他 の 優 遇 政 策 について A: 国 際 館 におかれた 品 物 については 中 国 の 全 国 の 市 場 で 紹 介 できるよ う 積 極 的 に 協 力 し 義 烏 市 が 一 部 費 用 を 支 援 するも 場 合 もある Q:テナントの 賃 貸 料 について A:1 年 で1 平 米 最 低 300 元 テナントの 面 積 は 一 つでおよそ 100 平 米 あ る 面 積 が 足 りない 場 合 の 追 加 分 の 料 金 については 場 所 等 で 変 わるの で 具 体 的 に 数 字 は 出 せない 2. 上 海 国 際 港 務 集 団 (SIPG) 10 月 のクルーズ 船 テスト 就 航 の 感 想 と 要 望 について 那 覇 市 と 石 垣 市 に 寄 航 した 港 の 施 設 サービスは 効 率 が 良 く 岸 壁 の サービスがとくに 良 かった 3 / 11

6 入 港 の 際 に 手 続 きについて 石 垣 については 待 機 時 間 が 長 かった 那 覇 に 寄 航 するとすぐに 上 陸 できたので 問 題 はなかった 那 覇 に 上 陸 したあとのことについては 街 中 で 中 国 語 の 案 内 が 足 りな い 中 国 語 で 対 応 できる 力 が 弱 い DFSについて 船 に 届 けるサービスがなかった 空 港 のみなのが 残 念 出 発 する 前 に 買 い 物 する 気 持 ちで 行 ったが 結 局 購 入 することがで きなかった 現 地 の 旅 行 社 の 対 応 でその 場 で 購 入 できるよう 配 慮 しても らった 来 年 はDFSについては ターミナルに 商 品 届 けるシステムに 改 善 してほしい お 客 さんの 意 見 については 多 くのお 客 さんは 印 象 が 良 くて また 沖 縄 に 行 きたいと 言 っている 買 い 物 の 希 望 が 多 いので 買 い 物 の 環 境 を 改 善 してほしい ショッピ ングモールや 大 きい 電 気 店 などに 中 国 語 の 説 明 や 資 料 を 置 い てほし い 一 台 のバスで 行 動 するが ガイドがひとりしかいなかったので 対 応 できない 石 垣 については ツアーの 対 応 が 弱 い バスの 数 も 足 りない たくさ んの 人 がツアーに 参 加 できない ガイドが 現 地 の 人 でないため 現 地 に 詳 しくない 現 地 のガイドを 育 てほしい 台 風 が 心 配 来 年 は 石 垣 を 経 由 せず 那 覇 に 直 接 寄 航 する 今 回 入 管 の 手 続 きが 一 番 の 問 題 船 内 で 入 管 手 続 きができれば 待 ち 時 間 が 短 くでき 上 陸 の 時 間 が 長 くできる 上 海 から 丸 一 日 船 上 にいた 上 入 管 の 手 続 きで 何 時 間 も 待 たされるので お 客 さんから 不 満 があっ た 次 回 はもう 少 し 滞 在 時 間 を 長 くしたい 今 回 は 短 い 時 間 で 買 い 物 時 間 がなかった 質 疑 応 答 Q:ちゅら 海 水 族 館 との 接 続 について A: 当 日 に 水 族 館 へ 行 くツアーがある バスで1 時 間 40 分 でスムーズ ツアーの 中 で 一 番 評 判 がいい Q: 那 覇 港 に2 泊 する 可 能 性 もあるのか A: 中 国 の 休 暇 時 間 は 短 い 中 国 人 はいろいろ 行 きたいので 一 箇 所 だけ に 滞 在 することは 難 しい 今 回 沖 縄 はとてもいいPRになったと 思 う 評 判 がよくて 今 回 のお 客 さんで 再 び 飛 行 機 で 来 沖 される 方 も 出 てくる だろう Q: 来 年 については どれくらいの 滞 在 を 予 定 しているのか 4 / 11

7 A: 来 年 のスケジュールについては 4 回 那 覇 に 寄 航 の 予 定 である クル ーズ 船 の 規 模 は 13.8 万 トン 乗 船 客 は 4,000 人 近 くで 今 回 の3 倍 に なるので 現 地 の 受 入 れ 態 勢 を 強 化 してほしい 具 体 的 な 日 程 について は これから 調 整 する ただ 那 覇 市 の 港 は 大 きな 船 が 寄 港 できるの か 心 配 である Q:その 他 要 望 について A:バスとお 店 の 接 続 が 悪 い 途 中 で 降 ろされて 何 百 メートルも 歩 かさ れた 観 光 バスに 対 する 特 別 措 置 を 検 討 してほしい 銀 連 カードが 使 えるお 店 を 説 明 してほしい 3. 上 海 携 程 ウェブ 旅 行 会 社 (Ctrip) 質 疑 応 答 Q: 会 社 発 展 の 経 緯 について A: 会 社 設 立 は 1999 年 で 2003 年 から 海 外 のエアーチケットとホテルの セットの 旅 行 商 品 の 販 売 を 始 めた Q:インターネットを 利 用 して 旅 行 商 品 を 購 入 する 人 数 について A:インターネットで 情 報 を 確 認 しているのは 億 以 上 で 正 式 な 会 員 は8 千 万 人 今 年 の 最 新 の 海 外 の 商 品 を 利 用 しているのは 4 千 万 人 Q: 日 本 へのチケット ホテルの 予 約 状 況 について A:2010 年 でネットを 利 用 した 日 本 への 旅 行 者 は2 万 人 で 今 年 は 東 日 本 大 震 災 で 落 ち 込 んでいるが 今 は 急 速 に 回 復 している 予 想 は 2 万 から2 万 5 千 人 で 去 年 を 上 回 る 勢 い Q: 数 次 ビザの 中 国 での 認 知 度 について A:ネットで 会 員 に 対 し 認 知 度 を 高 めているところである 7-8 月 で フリープランのお 客 については 毎 月 200 人 から 300 人 は 上 海 から 沖 縄 へ 送 客 している 団 体 客 も 同 じ 程 度 で 併 せて 月 人 のお 客 を 送 客 している 今 年 の 数 次 ビザの 発 給 により 中 国 への 市 場 に 大 きな 刺 激 を 与 えている 勢 いがある Q: 数 次 ビザの 日 本 全 体 への 影 響 について A: 数 次 ビザへの 沖 縄 への 影 響 は 大 きい 日 本 全 体 への 影 響 については 数 次 ビザの 影 響 かどうかははっきりしないが 東 京 のお 客 さんが 去 年 ま では 毎 月 人 だったが 今 年 は 現 時 点 で 毎 月 1000 人 を 超 えてい る これは これまでの 団 体 客 からネットを 利 用 してのフリープランの 客 に 変 わってきたことが 大 きいのではないか 5 / 11

8 Q:ネット 利 用 者 に 対 して 那 覇 市 の 認 知 度 を 高 めるための 方 法 について A: 沖 縄 の 知 名 度 は 低 くない 数 次 ビザの 影 響 もあり 東 京 大 阪 に 次 い で 沖 縄 の 人 気 がある 3 年 前 は 10 位 以 下 であった 若 い 人 はホテル を 自 分 で 予 約 し ネットでエアーを 取 り ネットを 活 用 して 行 き 先 を 自 分 で 探 すのが 主 流 になっている そのような 中 で 沖 縄 のネットでの 情 報 提 供 が 足 りない 日 本 語 での 情 報 しかない 中 国 語 での 情 報 が 少 ない ホームページで 中 国 の 情 報 も あるが 中 国 人 のニーズを 把 握 していないではないか また 情 報 量 が 少 ない 中 で 必 要 のない 情 報 が 多 い 必 要 な 情 報 を 中 国 語 で 提 供 できるよう 整 備 してほしい 最 新 の 情 報 をどういうかたちで 提 供 できるか 那 覇 市 との 行 政 への 提 携 協 力 も 考 えられる 中 国 人 のお 客 さんが 求 めるものをいかに 提 供 でき るかが 重 要 である Q: 若 い 世 代 については インターネットで 情 報 収 集 して 旅 行 計 画 を 立 てるのが 主 流 になっているが 具 体 的 にはネット 上 で どのようなイン フラ 整 備 が 必 要 か A: 若 い 世 代 を 誘 致 するために ブログの 活 用 を 始 め 自 治 体 旅 行 社 の ホームページで バスの 乗 り 方 など 必 要 な 最 新 の 観 光 情 報 を 中 国 語 で 提 供 する 必 要 がある Q:フリープランのお 客 さんから 沖 縄 観 光 のニーズを 拾 い 上 げることはで きるのか A: 沖 縄 観 光 は 本 島 が 中 心 であるが 離 島 へのニーズも 増 えてきている 当 旅 行 社 では 12 月 から1 月 に 上 海 の 旅 行 社 と 提 携 して チャータ ー 便 を 利 用 して 直 接 石 垣 市 に 滞 在 する 計 画 を 立 てている 買 い 物 に 関 しては 那 覇 市 に 集 中 しているが 中 国 語 を 話 せる 人 や 中 国 語 の 資 料 を 準 備 するなど 体 制 を 整 えてほしい Q: 会 員 の 年 代 層 と 実 際 の 旅 行 者 の 年 代 層 について A: 年 収 は 40 万 元 から 60 万 元 の 富 裕 層 を 対 象 としている 年 収 500 万 か ら 800 万 円 中 心 客 層 が 低 年 齢 化 しているが 年 収 は 変 わっ ていな い 最 近 はネットの 利 用 者 が 増 えているため お 客 さんの 対 象 を 分 けてい る 全 体 的 には 30 歳 -40 歳 中 心 数 次 ビザの 刺 激 を 受 けて 多 くの 問 い 合 わせを 受 けているが 数 次 ビ ザの 年 収 25 万 元 の 条 件 を 多 くの 客 がクリアーしている Q: 沖 縄 観 光 に 対 してリゾートウェディングやゴルフツアーなどの 需 要 は ないのか A: 当 旅 行 社 の 訪 日 観 光 の 現 時 点 でのプランについては ほとんどが 団 体 6 / 11

9 観 光 客 である バスで 決 められた 観 光 地 を 巡 り リゾート 地 でマリンス ポーツを 体 験 する 内 容 となっている リゾートウェディングやゴルフについては 現 時 点 では 市 場 は 大 きく ない 今 後 リゾートウェディング ゴルフ 高 級 グルメツアーなど 地 元 が 受 入 できるのであれば このようなプランも 検 討 したい 沖 縄 観 光 をリゾートウェディング ゴルフ 高 級 グルメツアーのブランドとし て 育 てていきたいので 受 入 態 勢 について 整 備 が 必 要 である Q: 沖 縄 の 受 入 態 勢 が 整 備 されれば 今 後 中 国 側 は 送 客 できる 態 勢 にある のか A: 受 入 態 勢 が 整 備 されれば 必 ず 中 国 の 富 裕 層 を 送 客 したい 来 年 に 関 しては ゴルフツアーを 企 画 している 5-6 月 にチャーター 機 で 沖 縄 ゴルフ 大 会 を 企 画 している 来 年 の 夏 休 みに 向 けて 数 次 ビザを 含 め 会 員 に 対 してキャンペーンを 予 定 している 会 社 として 地 元 自 治 体 と 協 力 し 来 年 は 取 り 組 みたい 東 京 超 えて 沖 縄 が1 位 になるよう 取 り 組 んでいきたい 4. 中 国 東 方 航 空 那 覇 空 港 直 行 便 の 現 状 について 上 海 那 覇 の 直 行 便 がスタートして 11 年 になる 週 2 便 から4 便 また 平 成 23 年 9 月 から 10 月 に 週 6 便 の 増 便 をしている 増 便 してい るが 客 数 は 変 わっていないので 営 業 努 力 を 続 けたい これから 中 国 各 都 市 と 那 覇 空 港 を 結 べるよう 営 業 努 力 を 続 けていきたい 沖 縄 への 要 望 について 自 治 体 として 上 海 の 旅 行 社 に 対 し 沖 縄 観 光 へのプロモーション 活 動 を 努 力 してほしい 数 次 ビザについては 現 在 年 収 25 万 元 が 条 件 となっているが これ は 中 国 人 観 光 客 のわずかにすぎない さらに 送 客 していくために 緩 和 をお 願 いしたい ビザの 緩 和 により 中 国 人 観 光 客 が 訪 問 しやすくなる また 数 次 ビザは お 客 さんのほとんどがビジネス 客 中 心 である 観 光 客 に 関 しては 数 次 ビザの 制 度 は 完 璧 な 制 度 とはいえない 今 後 沖 縄 に さら に 多 くの 観 光 客 を 誘 致 する には さら なる ビザ の 緩 和 が 必 要 だ と 考 える 昨 年 にビザの 免 除 の 申 請 をした 中 国 観 光 客 について 台 湾 と 韓 国 と 同 じように 沖 縄 の 一 地 区 で 一 定 期 間 の 免 除 できるようお 願 いしたい 7 / 11

10 韓 国 済 州 島 では 中 国 人 観 光 客 に 対 して 条 件 なく 130 日 間 の 免 除 がある 済 州 島 への 航 空 便 は 一 日 2 本 ある 沖 縄 の 受 け 入 れ 態 勢 の 改 善 要 望 について 中 国 の 人 気 のあるリゾート 地 として 海 南 島 がある 島 のリゾートは 海 南 島 と 比 較 される お 客 さんからのアンケートによると 海 南 島 と 比 較 して 沖 縄 観 光 は 宿 泊 料 理 等 の 費 用 が 高 く 料 金 とサービスが 一 致 して いない 海 南 島 と 同 レベルの 受 入 費 用 にしてほしい それと 同 時 に 多 くのお 客 を 呼 ぶためには 沖 縄 にしかない 沖 縄 ら しさをアピールした 沖 縄 独 特 のブランドを 創 設 することが 重 要 沖 縄 らしさ 全 面 に 出 した 商 品 を 作 ることが 課 題 ではないか 8 月 9 日 に ハワイ 直 行 便 が 開 通 した 多 くのお 客 はハワイに 行 く ハワイは 知 名 度 が 高 いが 沖 縄 は 認 知 度 が 低 い 観 光 客 が 訪 れる 場 所 に 中 国 語 を 話 すことができるスタッフを 置 くこ と 街 中 に 英 語 の 表 示 が 多 いので 中 国 語 を 取 り 入 れるなど 改 善 して ほしい 質 疑 応 答 Q: 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 東 京 大 阪 への 航 空 便 が 減 便 する 中 沖 縄 は 逆 に 増 便 しているが 今 後 の 対 応 について A: 数 次 ビザで 沖 縄 の 知 名 度 を 高 めている 中 今 後 沖 縄 のさらなる 支 援 を 考 えている Q: 着 地 料 空 港 の 施 設 利 用 料 の 減 額 や 入 管 搭 乗 手 続 きの 簡 素 化 につ いて A: 空 港 のターミナルに 関 しては 問 題 等 の 報 告 はない 着 陸 料 金 につい ては 免 除 を 希 望 する 現 時 点 では 松 山 静 岡 小 松 長 崎 鹿 児 島 空 港 が 免 除 している 免 除 されることで さらに 増 便 を 支 援 していきた い 鹿 児 島 は2 便 だったが 免 除 された 時 点 で4 便 に 増 便 した Q:その 他 那 覇 空 港 への 要 望 について A:7-8 月 のシーズン 中 に 多 くのお 客 さんを 送 客 したいので 大 きな 機 材 に 変 更 しようとしたが 現 時 点 で 飛 行 機 を 引 っ 張 る 機 材 が 那 覇 空 港 に は 設 置 されてない 上 海 から 運 んできて 使 用 している 現 状 にある 基 本 的 な 設 備 については 早 急 に 改 善 してほしい 8 / 11

11 5. 上 海 市 旅 遊 局 沖 縄 観 光 の 魅 力 について 上 海 と 沖 縄 は 大 きさは 違 うが それぞれの 観 光 資 源 を 有 効 に 利 用 して いくことが 必 要 である 上 海 の 人 が 感 じる 上 海 にはない 沖 縄 の 魅 力 は 美 しい 海 に 代 表 され る 自 然 ではないか 沖 縄 の 自 然 は 上 海 の 人 々にとって 魅 力 的 な 観 光 資 源 である 上 海 は 都 会 であるが 都 会 なりの 魅 力 があるので 沖 縄 の 人 々に 来 ていただき お 互 いの 観 光 資 源 の 魅 力 を 共 有 して 活 かしていく 必 要 がある 沖 縄 観 光 の 課 題 について 上 海 市 だけではなく その 周 辺 の 地 域 も 人 口 が 多 いので 沖 縄 観 光 の 魅 力 をその 周 辺 の 地 域 にも より 強 くアピールすることが 必 要 不 可 欠 で ある 上 海 からは 多 くの 海 外 に 行 けるので 他 の 地 域 に 負 けないように もっと 沖 縄 観 光 をピーアールすることが 必 要 である これまで 沖 縄 観 光 は 国 内 観 光 客 の 受 け 入 れがメインだったと 思 う 今 後 は 中 国 人 観 光 客 の 受 け 入 れ 態 勢 を 早 急 な 整 備 が 必 要 であり 施 設 内 に 中 国 語 の 説 明 文 の 設 置 や 中 国 語 での 資 料 の 配 布 また 大 型 ショッピングモールなどでは 中 国 語 を 話 せる 人 を 置 くなどの 対 応 が 不 可 欠 ではないか 6. 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 中 国 人 旅 行 者 の 現 状 について 個 人 旅 行 者 が 伸 びてきているが 上 海 などの 一 部 の 都 市 が 中 心 で 今 後 も 団 体 旅 行 が 中 心 となることが 予 想 される 団 体 旅 行 が 圧 倒 的 に 多 い 現 状 では 旅 行 会 社 からすると 個 人 旅 行 は 割 りにあわない 一 部 の 旅 行 社 では 個 人 旅 行 部 門 を 開 設 している ウェブでの 旅 行 会 社 の 実 績 が 急 速 に 伸 びている 数 次 ビザの 問 題 点 と 課 題 について お 金 はあるが 時 間 がない 人 が 多 く 年 に 何 度 も 海 外 旅 行 に 行 くこと はできない 2 回 目 以 降 の 訪 日 も 本 人 の 同 行 が 必 要 なため 使 い 勝 手 が 悪 い 制 度 である 二 親 等 以 内 の 家 族 だけの 訪 日 も 認 めるべき 発 給 要 件 の 年 収 25 万 元 は 中 国 では 中 流 上 流 層 のため 欧 米 への 旅 9 / 11

12 行 へ 流 れてしまう 自 営 業 者 や 退 職 者 の 所 得 の 証 明 が 困 難 である 年 収 が 25 万 元 に 達 しない 場 合 不 足 分 は 経 済 力 を 証 明 する 他 の 事 柄 で 証 明 できるようにすればよいのではないか 沖 縄 観 光 の 課 題 について 沖 縄 の 認 知 度 が 低 い リゾート 地 としての 認 識 されていない 沖 縄 の 魅 力 が 上 海 を 中 心 とする 長 江 デルタ 地 帯 においては 知 られていない もっとPRが 必 要 航 空 座 席 の 供 給 が 足 りない 沖 縄 の 訪 問 後 の 反 応 はまあまあだが 2 回 目 以 降 行 きたい 人 がいない 問 題 点 は 車 の 運 転 が 認 められていないことと 英 語 中 国 語 が 東 京 ほ ど 通 用 しないことにある 旅 行 業 界 関 係 者 の 間 でも 沖 縄 の 観 光 魅 力 への 理 解 は 不 十 分 おわりに 以 上 上 記 6 団 体 との 意 見 交 換 を 行 った 結 果 中 国 人 観 光 客 の 受 け 入 れに 向 けて 中 国 語 での 対 応 態 勢 の 確 立 を 始 め 買 い 物 や 交 通 環 境 の 整 備 沖 縄 ブランドの 創 出 より 有 効 な 誘 客 政 策 の 必 要 性 港 湾 空 港 設 備 の 拡 充 ビ ザの 緩 和 など 現 在 の 沖 縄 観 光 の 在 り 方 について 多 くの 課 題 があることが 浮 き 彫 りとなった 本 委 員 会 としては 今 後 これらの 課 題 解 決 に 向 けて 地 域 の 意 見 を 聞 き ながら さらに 調 査 研 究 を 進 めていくとともに 今 回 の 視 察 で 得 た 現 場 の 意 見 等 についても 随 時 報 告 していきたい 意 見 交 換 を 行 った 各 団 体 の 概 要 について 1. 義 烏 小 商 品 市 場 管 理 集 団 義 烏 市 場 の 管 理 を 行 う 政 府 系 企 業 義 烏 市 場 は 世 界 最 大 級 の 日 用 雑 貨 卸 売 市 場 で 南 北 3.5km 敷 地 400 万 m2 62,000 のブースが 集 積 して いる 10 万 人 の 商 業 関 係 者 が 従 事 し 全 世 界 から 訪 れるバイヤーは 一 日 あ たり 約 20 万 人 で その 内 1 割 を 外 国 人 が 占 めている 取 り 扱 い 商 品 は 約 170 万 点 に 上 り 日 本 の 100 円 ショップ 等 で 扱 う 中 国 製 品 の 多 くがここから 調 達 されている 10 / 11

13 2. 上 海 国 際 港 務 集 団 (SIPG) 中 国 本 土 のコ ン テ ナ 取 扱 量 の4 分 の 1を 占 め る 中 国 最 大 規 模 の 港 湾 グル ープで 港 湾 業 以 外 にも 造 船 業 や 外 国 船 クルーズ 業 も 行 っている 現 在 上 海 市 の 公 の 港 湾 ターミナルは すべて 同 社 が 管 理 運 営 している 3. 上 海 携 程 ウェブ 旅 行 会 社 (Ctrip) Ctrip は 中 国 を 代 表 する 総 合 旅 行 サービスサイトである 1999 年 10 月 に 創 設 され 中 国 の 上 海 に 本 部 を 置 く 同 社 は 登 録 会 員 4,000 万 人 を 対 象 に ホテルの 宿 泊 や 航 空 券 の 手 配 バケーションの 予 約 ビ ジネ ス 旅 行 の 手 配 特 約 販 売 サービス 旅 行 情 報 の 案 内 などの 総 合 的 なサービスを 提 供 している 中 国 国 内 外 提 携 ホテル 数 は 5000 軒 以 上 月 間 ホテル 予 約 宿 泊 日 数 は 50 万 泊 超 航 空 券 予 約 件 数 は 40 万 件 以 上 となっている 中 国 国 内 の 12 都 市 に 拠 点 を 抱 え 社 員 数 は 1 万 人 を 超 える 中 国 オンライン 旅 行 市 場 のシェアは 50% 以 上 で 中 国 オンライン 旅 行 業 界 で 絶 大 な 地 位 を 持 っている 4. 中 国 東 方 航 空 中 国 民 航 分 割 後 1988 年 6 月 25 日 今 までの 民 航 上 海 管 理 局 を 基 盤 に 会 社 を 設 立 中 国 の 航 空 産 業 の 分 割 に 際 して 誕 生 した6 航 空 会 社 の 1 つである 2010 年 は 上 海 航 空 と 2011 年 は 中 国 聯 航 と 合 併 をし 今 現 在 上 海 を 拠 点 に 日 本 (16 都 市 )へ 週 251 便 世 界 各 都 市 へのネットワークを 有 し 中 国 最 大 手 の 航 空 会 社 としてほとんどの 国 内 の 主 要 都 市 を 網 羅 している 5. 上 海 市 旅 遊 局 上 海 市 の 観 光 業 務 を 扱 う 上 海 市 政 府 機 関 6. 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 上 海 事 務 所 海 外 における 観 光 宣 伝 外 国 人 観 光 旅 客 に 対 する 観 光 案 内 その 他 外 国 人 観 光 旅 客 の 来 訪 の 促 進 に 必 要 な 業 務 を 効 率 的 に 行 うことにより 国 際 観 光 の 振 興 を 図 ることを 目 的 に 活 動 する 独 立 行 政 法 人 上 海 事 務 所 については 旅 行 会 社 へのツアー 造 成 販 売 促 進 支 援 をはじめ 訪 日 旅 行 スペシャリスト 育 成 支 援 教 育 旅 行 の 誘 致 ローカルメディアへの 情 報 提 供 旅 行 博 覧 会 への 出 展 訪 日 旅 行 市 場 調 査 及 びコンサルティングな どが 主 な 業 務 内 容 となっている 11 / 11

14 義 烏 市 場 の 現 場 視 察 (2 日 目 ) - 1 -

15 義 烏 小 商 品 市 場 管 理 集 団 との 意 見 交 換 会 (2 日 目 ) - 2 -

16 上 海 国 際 港 務 集 団 (SIPG)との 意 見 交 換 会 (3 日 目 ) - 3 -

17 上 海 携 程 ウェブ 旅 行 会 社 (Ctrip)との 意 見 交 換 会 (3 日 目 ) - 4 -

18 中 国 東 方 航 空 との 意 見 交 換 会 (4 日 目 ) - 5 -

19 上 海 市 旅 遊 局 及 び 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 上 海 事 務 所 との 意 見 交 換 会 (4 日 目 ) - 6 -

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

PowerPoint 簡報

PowerPoint 簡報 アジア 太 平 洋 布 陣 勝 機 の 第 一 選 択 台 湾 自 由 経 済 示 範 区 2/34 要 綱 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾 投 資 の 目 玉 : 自 由 経 済 示 範 区 示 範 区 の 特 長 と 優 遇 措 置 示 範 区 の 発 展 重 点 示 範 区 園 区 の 紹 介 示 範 区 の 連 絡 先 3/34 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁

目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ] 4 3 千 秋 丸 代 船 建 造 スケジュールと 現 船 処 分 について[ 水 産 漁 平 成 23 年 9 月 定 例 会 (12 月 議 会 ) 農 林 水 産 委 員 会 ( 所 管 事 項 関 係 ) 提 出 資 料 平 成 23 年 12 月 5 日 農 林 水 産 部 目 次 1 秋 田 米 プロモーション 事 業 の 実 施 状 況 について[ 流 通 販 売 課 ] 1 2 平 成 24 年 産 米 の 生 産 数 量 目 標 について[ 水 田 総 合 利 用 課 ]

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3 平 成 25 年 度 OCVB 海 外 誘 客 プロモーション 報 告 日 時 : 平 成 26 年 3 月 7 日 ( 金 ) 場 所 : 自 治 会 館 大 会 議 室 来 沖 外 国 人 観 光 客 数 の 推 移 過 去 5 年 間 外 国 人 来 沖 観 光 客 入 域 数 の 推 移 600000 平 成 25 年 ( 暦 年 ) 550,800 人! 400000 200000

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E882E382A482AC82F192B28DB832303136944E31308C8E8D86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E882E382A482AC82F192B28DB832303136944E31308C8E8D86> 県 内 の 景 気 動 向 概 況 (216 年 8 月 ) 景 気 は 拡 大 の 動 きが 強 まる 消 費 関 連 では スーパーが 前 年 を 上 回 る 観 光 関 連 では 入 域 観 光 客 が 前 年 を 上 回 る 8 月 の 県 内 景 気 をみると 消 費 関 連 では 百 貨 店 は 旧 盆 の 早 まりによるお 中 元 ギフト 催 事 期 間 が 前 倒 しとなった 影 響

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書 旅 費 支 給 手 続 マニュアル 島 根 大 学 平 成 26 年 6 月 10 日 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303135944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303135944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA> 調 査 レポート 沖 縄 県 内 における 2015 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 経 済 効 果 は 過 去 2 番 目 となる 88 億 300 万 円 要 旨 2015 年 の 沖 縄 県 内 におけるプロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 は 88 億 300 万 円 となっ た これは 最 も 大 きかった 前 年 の 88 億 8,000 万 円 についで

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

3-(2)-イ

3-(2)-イ 施 策 展 開 3-(2)-イ 主 な 取 組 検 証 票 市 場 特 性 に 対 応 した 誘 客 活 動 の 展 開 施 策 1きめ 細 かな 国 内 誘 客 活 動 の 展 開 ( 施 策 の 小 項 目 ) 国 内 誘 客 の 推 進 主 な 取 組 対 応 する 主 な 課 題 観 光 誘 致 対 策 事 業 1 取 組 の 概 要 (Plan) 取 組 内 容 年 度 別 計 画 担 当

More information

①モデルコースの作成

①モデルコースの作成 泉 州 観 光 インバウンド 事 業 運 営 支 援 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 泉 州 観 光 インバウンド 事 業 運 営 支 援 業 務 2 履 行 場 所 泉 州 観 光 プロモーション 推 進 協 議 会 ( 以 下 当 協 議 会 という ) 構 成 市 町 内 台 北 世 界 貿 易 センター( 台 湾 台 北 市 )ほか 当 協 議 会 が 指 定 する 場 所 3 履

More information

沖縄振興に関する特別委員会 中間報告

沖縄振興に関する特別委員会 中間報告 沖 縄 振 興 に 関 する 特 別 委 員 会 中 間 報 告 平 成 22 年 10 月 29 日 自 由 民 主 党 政 務 調 査 会 沖 縄 振 興 に 関 する 特 別 委 員 会 はじめに 沖 縄 は 日 本 国 土 のわずか 0.6%を 占 めるにすぎないが そこに 在 日 米 軍 専 用 施 設 の74%が 集 中 している そして この 日 米 安 全 保 障 条 約 に 基 づく

More information

報告事項

報告事項 事 業 報 告 自 平 成 26 年 6 月 1 日 至 平 成 27 年 5 月 31 日 1. 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 当 期 の 我 が 国 経 済 は 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 等 があったものの 景 気 は 緩 やかに 回 復 基 調 が 続 いており 個 人 消 費 についても 持

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303136944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA81698CF6955C8E9197BF816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303136944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA81698CF6955C8E9197BF816A> 平 成 28 年 6 月 22 日 各 位 沖 縄 県 内 における 20166 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 の 発 表 について は 本 日 沖 縄 県 内 における 2016 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 について 発 表 致 しました その 中 で 2016 年 の 経 済 効 果 は 過 去 最 高 となる 100 億 400 万 円 となりました

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 について ~ 商 品 性 市 場 動 向 今 後 の 課 題 ~ 平 成 28 年 8 月 総 務 省 自 治 財 政 局 地 方 債 課 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課 県 立 学 校 関 係 1 県 立 学 校 施 設 設 備 の 整 備 充 実 校 舎 体 育 施 設 産 業 教 育 施 設 等 の 新 増 改 築 等 を 進 めるとともに 既 存 施 設 の 延 命 化 を 図 る ための 大 規 模 改 修 及 び 情 報 教 育 機 器 等 設 備 の 充 実 を 計 画 的 に 進 める 校 地 等 整 備 事 業 (411,771 千 円 ) 教 :1-14

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

需給とも好調なホテルマーケットの見通し

需給とも好調なホテルマーケットの見通し 需 給 とも 好 調 なホテルマーケットの 見 通 し 投 資 調 査 第 1 部 客 員 研 究 員 岡 村 七 月 今 ホテルマーケットが 熱 い 日 本 人 の 国 内 旅 行 需 要 が 消 費 税 率 の 引 き 上 げの 影 響 による 落 ち 込 みから 回 復 する 中 外 国 人 観 光 客 が 過 去 に 例 を 見 ない 勢 いで 増 加 し 東 京 や 大 阪 では 曜 日

More information

中途採用状況調査

中途採用状況調査 11 月 ( 9 月 ~ 8 月 ) 株 式 会 社 マイナビ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 川 信 行 )が 運 営 する 総 合 転 職 情 報 サイト マイナビ 転 職 は 民 間 企 業 等 における 一 年 間 ( 9 月 ~ 8 月 )の 中 途 採 用 状 況 調 査 を 行 い 国 内 優 良 企 業 666 社 より 回 答 が 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088EA94CA8EBF96E294AD8CBE97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088EA94CA8EBF96E294AD8CBE97702E646F63> 一 般 質 問 発 言 通 告 書 平 成 24 年 9 月 定 例 会 蒲 郡 市 議 会 1 青 山 義 明 1 フルマラソン 大 会 誘 致 に 向 けて (1)マラソン 大 会 実 行 委 員 会 との 連 携 について (2) 市 制 60 周 年 事 業 に 向 けて 2 大 型 店 進 出 による 交 通 量 の 増 加 について (1) 宮 成 西 交 差 点 の 渋 滞 緩 和 について

More information

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls 平 成 27 年 度 績 報 告 書 申 請 者 概 要 申 請 者 担 当 者 団 体 名 代 表 者 職 氏 名 職 氏 名 会 頭 岸 脇 淳 介 所 在 地 594-1144 大 阪 府 和 泉 市 テクノステージ3 丁 目 1 番 10 号 連 絡 先 中 小 企 相 談 所 所 長 代 理 電 話 番 号 ( 直 通 ): Fax: E-mail: 増 谷 好 幸 0725-53-0320

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

巨 大 イベント 会 場 として 展 開 するワイキキ カーニバルで 東 北 観 光 PRを 実 施 各 ステージでは 盛 岡 さんさ 踊 りや 相 馬 野 馬 追 など 東 北 の 伝 統 的 なお 祭 りを 披 露 PRブースには 現 地 の 人 々のみならず 世 界 各 地 から(ハワイへの)

巨 大 イベント 会 場 として 展 開 するワイキキ カーニバルで 東 北 観 光 PRを 実 施 各 ステージでは 盛 岡 さんさ 踊 りや 相 馬 野 馬 追 など 東 北 の 伝 統 的 なお 祭 りを 披 露 PRブースには 現 地 の 人 々のみならず 世 界 各 地 から(ハワイへの) 東 北 観 光 推 進 機 構 活 動 状 況 報 告 2014 年 6 月 Ⅰ. 主 な 活 動 状 況 項 目 1. 第 一 事 業 部 (1) 東 北 ブランド 戦 略 会 議 の 開 催 (2) 東 北 夏 祭 りポスター 展 開 (3) 第 35 回 記 念 まつりインハワイ 出 展 2. 第 二 事 業 部 (1) 台 北 国 際 観 光 博 覧 会 (TTE) (2)シドニー スノートラベルエキスポ

More information

Microsoft Word 年末年始旅行動向調査_ _1

Microsoft Word 年末年始旅行動向調査_ _1 報 道 関 係 者 各 位 2012 年 1 月 27 日 結 果 速 報 フォートラベル フォートラベル 20 2011 11-2012 の 旅 行 動 向 調 査 フォートラベル 株 式 会 社 傾 向 は 昨 年 並 み ファミリーは 積 極 的 に 外 出 する 傾 向 に 小 学 生 連 れは 海 外 国 内 旅 行 で 5 割 を 超 す 旅 行 開 始 日 は 国 内 は 集 中 海

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 所長挨拶用.ppt [互換モード] 訪 日 アジア 観 光 客 の 目 的 地 分 布 からみた 九 州 の 課 題 戴 二 彪 (dai@icsead.or.jp) ( 国 際 東 アジア 研 究 センター 主 席 研 究 員 ) 1 Ⅰ.はじめに 研 究 の 背 景 近 年 の 日 本 では, 産 業 構 造 の 転 換 への 模 索 が 続 く 中, 成 長 ポテンシャルの 高 いインバウンド 国 際 観 光 が 重 視 さ れつつある

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

Microsoft PowerPoint - 【本番資料】IR決算説明会(H26-4Q)【No20】.pptx

Microsoft PowerPoint - 【本番資料】IR決算説明会(H26-4Q)【No20】.pptx 決 算 説 明 会 東 証 第 一 部 コード:9009 目 次 1 経 営 概 況 2 京 成 グループの 取 り 組 み 3 連 結 決 算 4 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 5 連 結 業 績 の 推 移 6 参 考 資 料 連 結 決 算 E2プランの 各 数 値 目 標 に1 年 前 倒 しで 到 達 有 利 子 負 債 残 高 にはリース 債 務 を 含 む EBITDA

More information

○ 01 那覇市

○ 01 那覇市 平 成 2 7 年 度 沖 縄 振 興 特 別 推 進 市 町 村 交 付 金 事 業 計 画 成 果 目 標 平 成 27 年 4 月 10 日 那 覇 市 1 宜 野 湾 市 26 石 垣 市 32 浦 添 市 40 名 護 市 53 糸 満 市 57 沖 縄 市 62 豊 見 城 市 73 うるま 市 79 宮 古 島 市 87 南 城 市 91 国 頭 村 97 大 宜 味 村 101 東

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道

3 着 地 側 動 向 表 -3-2 着 地 別 に 見 る 延 べ 宿 泊 者 数 ( 暦 年 ) ( 単 位 : 万 泊 ) 2011 年 2012 年 2013 年 実 数 実 数 前 年 比 実 数 前 年 比 本 全 1,702 2, % 3, % 北 海 道 3 着 地 側 動 向 全 的 に 延 べ 宿 泊 者 数 が 大 幅 増 北 海 道 ではタイから 客 数 が 急 増 (1) 着 地 別 に 見 る 入 空 港 海 港 法 務 省 出 入 管 理 統 計 によると 13 年 に 我 が に 入 した 数 は1,126 万 ( 前 年 比 22.7% 増 )であった( 表 -3-1) 港 別 に 見 ると 中 を 除 く 主 な 籍 地 域 から

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

1. 訪 日 外 国 人 向 けの 利 便 性 向 上 等 (1) 海 外 発 行 クレジットカード 等 での 現 金 引 き 出 しが 可 能 な ATM の 普 及 観 光 庁 金 融 庁 訪 日 外 国 人 が 増 加 傾 向 にある 中 で 彼 らが 日 本 国 内 で 容 易 に 現 金

1. 訪 日 外 国 人 向 けの 利 便 性 向 上 等 (1) 海 外 発 行 クレジットカード 等 での 現 金 引 き 出 しが 可 能 な ATM の 普 及 観 光 庁 金 融 庁 訪 日 外 国 人 が 増 加 傾 向 にある 中 で 彼 らが 日 本 国 内 で 容 易 に 現 金 キャッシュレス 化 に 向 けた 方 策 平 成 26 年 12 月 26 日 内 閣 官 房 金 融 庁 消 費 者 庁 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 観 光 庁 平 成 26 年 6 月 24 日 に 取 りまとめられた 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 においては 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピックの 開 催 等 を 踏 まえ キャッシュレス 決 済 の 普

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鹿 児 島 県 奄 美 市 奄 美 市 では 市 内 に 住 所 及 び 企 業 施 設 を 有 しない 企 業 が 市 内 に 新 たに 企 業 施 設 を 設 置 する 場 合 や 市 内 に 住 所 を 有 する 企 業 が 事 業 の 規 模 拡 張 等 を 行 う 場 合 に 企 業 立 地 等 促 進 条 例 に 基 づく 支 援 を 行 っております この 他 企 業 の 事 業 展

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

<836F F815B2E786264>

<836F F815B2E786264> 博 多 港 開 発 株 式 会 社 所 管 事 務 調 査 説 明 資 料 平 成 27 年 8 月 10 日 港 湾 局 目 次 頁 第 1 会 社 の 概 要 1 第 2 平 成 26 年 度 事 業 報 告 等 1 事 業 報 告 埋 立 事 業 ア アイランドシティ 整 備 事 業 4 賃 貸 事 業 ア 上 屋 倉 庫 事 業 4 イ 博 多 港 センタービル 賃 貸 事 業 4 西 福

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

Microsoft PowerPoint - 20121205_最終取り纏め(配布用).pptx

Microsoft PowerPoint - 20121205_最終取り纏め(配布用).pptx 年 月 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 地 域 企 画 部 レポート アジア 地 域 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ~ 日 本 旅 行 の 人 気 はトップクラス リピーターが 日 本 各 地 を 選 んで 訪 れる 時 代 へ ~ 1. 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)によると 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 東 日 本 大 震 災 の 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目 平 成 27 年 度 民 主 市 民 の 会 行 政 視 察 報 告 書 1 調 査 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 )~31 日 ( 金 ) 2 調 査 項 目 及 び 調 査 地 調 査 項 目 (1) 陣 川 あさひ 町 会 バス(Jバス)の 取 り 組 みについて (2)バリアフリーホテルあすなろの 取 り 組 みについて (3) 交 流 コンシェルジュ 事 業 について

More information

ANAグループ 経 営 理 念 安 心 と 信 頼 を 基 礎 に 世 界 をつなぐ 心 の 翼 で 夢 にあふれる 未 来 に 貢 献 します 社 長 就 任 の 抱 負 をお 話 しいただけますか 片 野 坂 ANAグループの 経 営 理 念 は 経 営 者 が 交 代 して も 変 わりません 安 心 と 信 頼 を 基 礎 に は 何 といっ ても 安 全 が 事 業 の 基 盤 であることを

More information