平成21年 9月 3日

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成21年 9月 3日"

Transcription

1 平 成 25 年 第 3 回 浜 松 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 及 び 浜 松 市 答 弁 質 問 者 市 民 クラブ 袴 田 修 司 質 問 答 弁 1 世 界 都 市 浜 松 を 実 現 させるた めのひとづくりについて 本 市 の 小 中 学 校 教 育 における 英 語 教 育 などの 語 学 学 習 多 文 化 共 生 など 国 際 化 に 対 応 する 学 習 のこれまでの 取 組 み 状 況 とその 成 果 と 課 題 さらには 今 後 の 方 針 に ついて 伺 髙 木 教 育 長 英 語 学 習 については 現 在 全 中 学 校 区 にALTを 配 置 することに より 英 語 を 話 す 必 然 性 のある 学 習 環 境 が 生 まれ 積 極 的 に 英 語 を 話 す 子 どもが 増 えている 浜 松 版 小 中 一 貫 カリキュラムにおい ても 人 に 尋 ねる 案 内 をする などテーマ 別 に 指 導 内 容 を 系 統 化 し 実 践 的 な 英 語 力 を 育 成 しているところである また 本 市 ならではの 特 色 として 多 くの 学 校 に 外 国 人 の 子 どもが 在 籍 しており 日 常 的 な 交 流 を 通 して 共 生 の 素 地 を 養 っている その 中 で 外 国 人 の 子 どもの 日 本 語 習 得 は 大 きな 課 題 である 本 年 度 から 日 本 語 学 習 支 援 者 の 派 遣 方 法 を 通 級 型 から 派 遣 型 に 替 え ることにより 支 援 の 充 実 を 図 った 外 国 人 の 子 どもが 日 本 語 習 得 のため 努 力 する 姿 を 身 近 に 見 て 日 本 人 の 子 どもも 積 極 的 に 関 わろうとしている 互 いに 理 解 し 合 える 喜 びを 感 じ それが 日 常 生 活 での 日 本 人 と 外 国 人 の 結 び 付 きを 強 めている 今 後 も ALT 活 用 の 工 夫 や 外 国 人 の 子 どもへの 支 援 の 充 実 を 図 り 相 互 理 解 と 共 生 の 心 を 育 みながら 世 界 都 市 浜 松 を 担 う 子 どもの 育 成 に 努 めていく 海 外 駐 在 者 からは 海 外 に 帯 同 する 子 どもの 帰 国 後 の 進 路 相 談 や 国 内 の 教 育 環 境 に 関 する 情 報 提 供 など 子 どもの 教 育 への 行 政 の 支 援 を 求 める 声 も 聞 くが 本 市 の 教 育 委 員 会 としての 考 えと 対 応 につ いて 伺 (3) 次 世 代 を 担 う 青 尐 年 が 海 外 に 目 を 向 け 自 ら 現 地 に 出 かけて 就 学 就 労 生 活 など 様 々な 経 験 教 育 委 員 会 では 帰 国 後 の 学 校 生 活 や 子 どもの 人 間 関 係 授 業 に 対 する 不 安 高 等 学 校 への 進 学 等 の 相 談 について 海 外 駐 在 中 でも 電 話 やメールで 個 別 に 対 応 している 編 入 学 を 予 定 している 学 校 が 分 かる 場 合 には 教 育 委 員 会 から 編 入 先 の 学 校 に 情 報 提 供 し 保 護 者 へは 直 接 相 談 していただくように 勧 めている 特 に 進 学 については 学 校 へ 相 談 することで 該 当 学 年 の 生 徒 の 状 況 や 進 路 希 望 の 傾 向 募 集 状 況 等 について 適 時 的 な 情 報 が 得 られ 保 護 者 の 不 安 も 和 らいでいることと 思 また 夏 季 休 暇 等 の 一 時 帰 国 の 際 に 日 本 の 学 校 生 活 の 体 験 希 望 があれば 聴 講 生 とし て 受 け 入 れを 行 い 日 本 の 学 校 の 状 況 を 知 ることに 役 立 ててもら っている 今 後 も 海 外 駐 在 者 は 増 加 することが 予 想 されるの で これまで 教 育 委 員 会 に 寄 せられた 帰 国 時 の 学 校 の 手 続 きなど 問 い 合 わせの 多 い 案 件 については 浜 松 市 のホームページ よく ある 質 問 の 内 容 を 充 実 させ 一 層 丁 寧 な 情 報 を 発 信 するよう 努 めていく (3) グローバル 化 が 進 展 するなか 次 世 代 を 担 う 青 尐 年 が 留 学 や 海 外 派 遣 プログラムなどを 通 して 異 文 化 を 体 験 し 現 地 の 人 々と の 相 互 理 解 や 友 好 親 善 を 深 め 国 際 感 覚 を 養 うことは 大 変 意 義 の

2 を 積 み 外 国 で 友 人 を 作 り 様 々 な 人 々と 交 流 を 深 めることを 積 み 重 ねていくことが 日 本 や 自 治 体 の 国 際 化 の 進 展 に 不 可 欠 な 要 素 だ と 考 える 世 界 都 市 浜 松 の 実 現 に 向 けて 本 市 の 若 者 に 積 極 的 に 海 外 に 出 て 活 躍 してもらえるよう 海 外 留 学 を 奨 励 する 奨 学 金 や 青 年 海 外 協 力 隊 などの 国 際 貢 献 活 動 参 加 への 支 援 学 校 や 文 化 スポー ツ 団 体 の 海 外 交 流 活 動 などへの 支 援 制 度 を 導 入 する 考 えはないか 伺 ( 7 枚 中 2 枚 目 ) あることと 考 える 本 市 の 青 尐 年 が 海 外 での 生 活 を 体 験 する 機 会 として 現 在 市 内 の 7 つの 大 学 6 つの 高 等 学 校 が 海 外 の 大 学 や 高 等 学 校 と 提 携 し 交 換 留 学 や 相 互 ホームステイなどを 実 施 して いる 青 年 海 外 協 力 隊 については 国 際 協 力 機 構 の 浜 松 市 JICA デ スクが 情 報 提 供 や 啓 発 活 動 などを 実 施 しており 現 在 7 名 の 隊 員 が 海 外 で 活 躍 されている 海 外 留 学 については 民 間 団 体 による 様 々なプログラムがあり 留 学 を 支 援 する 国 や 民 間 の 奨 学 金 制 度 が 活 用 されている このような 状 況 を 考 慮 し 本 市 の 若 者 が 海 外 で 様 々な 経 験 を 積 み 交 流 を 深 めるための 支 援 について そのあり 方 や 方 法 を 研 究 していきたいと 考 えている 文 化 スポーツ 団 体 の 海 外 交 流 活 動 に 対 する 支 援 としては 多 文 化 共 生 国 際 交 流 活 動 支 援 事 業 において これまで 尐 年 野 球 の 海 外 遠 征 やタイへの 高 校 生 文 化 交 流 事 業 などを 支 援 しており 引 き 続 き 活 用 していた だけるよう 事 業 の 周 知 と 充 実 を 図 っていく (4) 本 市 が 意 欲 的 に 取 組 んでいる 多 文 化 共 生 諸 外 国 の 都 市 との 交 流 や 観 光 誘 客 企 業 の 海 外 展 開 の 支 援 など 国 際 化 に 対 応 する 本 市 の 戦 略 的 な 施 策 の 効 果 を 上 げてい くためには 施 策 の 企 画 運 営 や 事 務 事 業 などを 担 うことができ る 優 れた 国 際 感 覚 を 持 ち 海 外 経 験 や 専 門 スキルを 有 する 職 員 を 計 画 的 に 育 成 していくことが 必 要 になってくると 思 うが 職 員 の 海 外 派 遣 や 視 察 研 修 などを 含 めての 国 際 化 に 向 けた 職 員 の 人 材 育 成 に 関 する 考 えを 伺 (4) グローバル 化 がますます 進 展 する 中 戦 略 的 に 海 外 との 都 市 間 交 流 や 観 光 誘 客 企 業 の 海 外 展 開 支 援 などを 推 進 していくために は 国 際 感 覚 や 語 学 力 を 備 えた 国 際 化 に 対 応 できる 職 員 を 育 成 していくことは 重 要 なことと 考 えている こうしたことから 職 員 が 語 学 研 修 を 受 講 する 際 に 支 援 をしているほか 海 外 におい て 調 査 視 察 を 行 うため 職 員 の 短 期 派 遣 を 実 施 している また 平 成 16 年 度 からは 自 治 体 国 際 化 協 会 を 通 じて ニューヨークやシ ンガポールに 2 年 間 の 海 外 派 遣 研 修 を 行 っている さらに 今 年 度 からは 市 内 企 業 の 海 外 進 出 や 販 路 拡 大 を 支 援 するため 新 た にジェトロ 日 本 貿 易 振 興 機 構 への 派 遣 研 修 を 実 施 し 来 年 度 か らはタイにおける 2 年 間 の 研 修 を 予 定 している 今 後 も こうし た 研 修 を 通 じて 本 市 の 国 際 化 の 推 進 に 対 応 できる 職 員 の 育 成 に 努 めていく 2 歳 入 確 保 のための 取 組 みについ て 市 税 等 の 公 金 の 債 権 回 収 での 滞 納 の 削 減 が 歳 入 確 保 の 基 本 的 な 対 策 であると 考 えるが これまでの 債 権 回 収 の 取 組 みの 成 果 及 び 課 題 今 後 の 取 組 みについて 伺 また 市 税 や 国 民 健 康 保 険 料 に 加 え 全 ての 債 権 の 回 収 を 包 括 的 に 管 理 していく 仕 組 みが 必 要 と 考 えるがどうか さらに 生 活 困 窮 者 や 多 重 債 務 者 等 の 滞 納 解 消 不 納 防 止 を 図 る ために 専 門 家 による 生 活 改 善 相 談 小 柳 財 務 部 長 はじめに その 取 組 みの 成 果 及 び 課 題 ですが 本 市 では 債 権 管 理 条 例 に 基 づく 適 正 管 理 を 全 庁 的 に 推 進 するべく 債 権 管 理 説 明 会 及 び 債 権 回 収 対 策 会 議 などを 開 催 している その 結 果 差 押 件 数 の 増 加 や 介 護 保 険 課 における 介 護 保 険 料 収 納 率 向 上 のための アクションプランの 策 定 など 職 員 の 意 識 向 上 による 成 果 が 出 て いる 課 題 は 各 債 権 所 管 課 における 法 的 回 収 の 事 例 が 尐 ないと いうことが 挙 げられる こうしたことから 今 後 の 取 組 みは 収 納 対 策 課 が 各 種 債 権 について 率 先 して 法 的 回 収 を 行 い ノウハウを 各 債 権 所 管 課 にフィードバックさせ 滞 納 削 減 を 図 っていきたい と 考 えている また 債 権 の 包 括 的 管 理 に 関 しましては 財 務 部 において 各 種 債 権 の 収 入 未 済 の 状 況 を 毎 月 把 握 し 初 期 対 応 状 況 を 調 査 するなど 現 在 も 実 効 性 を 保 った 形 で 包 括 的 に 管 理 してい

3 を 行 って 成 果 が 出 ている 自 治 体 も あると 聞 くが これらも 含 めてこ れからどのように 対 応 していくか 伺 ( 7 枚 中 3 枚 目 ) るものと 考 える 次 に 滞 納 解 消 のための 生 活 改 善 相 談 ですが 納 税 相 談 を 受 ける 中 では 生 活 状 況 まで 踏 み 込 んで 話 をする 必 要 も あるので 状 況 によっては 生 活 保 護 や 法 律 相 談 の 窓 口 紹 介 を 随 時 行 っている 今 後 も 個 々の 状 況 に 十 分 配 慮 した 形 できめ 細 やかな 対 応 に 努 めていく 資 産 価 値 の 高 い 市 街 化 区 域 に ある 市 有 の 土 地 や 建 物 などを 行 財 政 改 革 の 取 組 みに 併 せて 公 共 施 設 の 統 廃 合 を 進 め 遊 休 となった 不 動 産 を 民 間 へ 売 却 したり 貸 付 けることによって 資 産 の 売 却 利 益 を 得 たり 民 間 への 移 管 で 固 定 資 産 税 の 増 収 も 見 込 め 歳 入 確 保 に 大 きな 効 果 が 期 待 できると 考 え るが 中 心 市 街 地 の 活 性 化 策 や 行 財 政 改 革 の 推 進 と 連 動 させた 戦 略 的 な 取 組 みを 積 極 的 に 進 める 考 え はないか 伺 小 柳 財 務 部 長 人 口 減 尐 が 進 展 する 中 持 続 可 能 な 行 財 政 運 営 を 行 うには 市 が 有 する 公 有 財 産 を 経 営 資 源 として 捉 え 行 財 政 改 革 の 一 環 とし て その 利 活 用 に 取 組 んでいく 必 要 がある 本 市 では 平 成 21 年 度 に 資 産 経 営 推 進 方 針 を 策 定 し 公 共 施 設 総 量 の 減 量 化 存 続 施 設 の 長 寿 命 化 廃 止 施 設 の 売 却 や 貸 付 等 による 有 効 活 用 等 に 重 点 的 に 取 組 んできた 結 果 として 例 えば 遊 休 土 地 の 売 却 について は 市 中 心 部 を 中 心 に 平 成 22 年 度 から24 年 度 の 実 績 で42 件 約 25 億 3000 万 円 と その 前 の3 年 間 の 実 績 8 件 約 1 億 7000 万 円 に 比 べ 大 きく 増 加 している 一 方 中 山 間 地 域 においては 地 域 活 性 化 の 観 点 から 土 地 建 物 の 無 償 貸 付 も 実 施 している また 平 成 23 年 度 には 公 共 施 設 再 配 置 計 画 を 定 め 平 成 26 年 度 までに 市 域 全 体 で383 施 設 を 削 減 するとの 方 針 を 立 て 現 在 鋭 意 取 組 んでいる 資 産 経 営 に 関 する 本 格 的 な 取 組 みは 始 まったばかりで 行 財 政 改 革 の 視 点 市 中 心 部 や 中 山 間 地 等 の 立 地 状 況 の 差 異 等 を 踏 まえ 引 き 続 き 積 極 的 に 取 組 んでいく (3) 公 共 施 設 や 公 共 物 を 利 活 用 し た 賃 貸 しやネーミングライツ 広 告 事 業 インターネットオーク ション 自 販 機 の 入 札 等 で 収 入 を 得 る 事 業 が 多 くの 自 治 体 で 取 組 ま れており 効 果 が 出 ている 事 例 が 見 られる これらも 参 考 にして 全 ての 事 務 事 業 を 対 象 にして 歳 入 確 保 が 見 込 まれる 施 策 を 大 幅 に 拡 充 してはどうか さらには 民 間 からの 提 案 を 積 極 的 に 取 り 入 れる 仕 組 みを 考 えたらどうか 伺 小 柳 財 務 部 長 (3) 歳 入 確 保 施 策 は これまでも 受 益 者 負 担 の 適 正 化 による 使 用 料 手 数 料 の 見 直 し 交 付 税 措 置 率 の 高 い 地 方 債 の 活 用 公 式 ホー ムページのインターネットバナーや 庁 舎 内 のモニター 封 筒 類 を 利 用 した 広 告 事 業 庁 舎 空 きスペースの 貸 付 自 動 販 売 機 設 置 に 係 る 貸 付 料 の 一 般 競 争 入 札 化 など 様 々な 施 策 や 工 夫 を 講 じてき た また サマーレビューのテーマとしても 歳 入 増 の 取 り 組 み を 掲 げ 全 庁 体 制 で 歳 入 確 保 に 取 り 組 んでいるところである 加 えて 平 成 25 年 度 は 平 成 24 年 度 の 職 員 提 案 事 業 である 歩 道 橋 のネーミングライツ 事 業 の 導 入 を 市 内 8 箇 所 で 予 定 している 他 本 庁 舎 駐 車 場 の 有 償 貸 付 について 提 案 している さらには 市 民 や 企 業 の 皆 様 に 寄 附 を 募 っている 津 波 対 策 事 業 への 寄 附 方 法 に ついて ホームページのトップ 画 面 に 案 内 バナーを 配 置 するなど 周 知 方 法 の 改 善 を 行 った 行 政 需 要 は 今 後 も 増 大 していくことが 見 込 まれる 中 歳 入 の 確 保 は 極 めて 重 要 な 課 題 である 地 方 制 度 の 改 革 等 による 歳 入 増 の 国 への 要 望 市 債 権 の 包 括 的 な 管 理 によ る 収 入 率 の 向 上 と 併 せて その 他 の 各 種 の 歳 入 確 保 策 についても 現 在 の 取 組 みの 着 実 な 実 施 と 全 国 の 先 進 的 な 事 例 の 調 査 検 討 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいく

4 3 本 市 が 自 ら 創 り 出 す 雇 用 と 就 労 支 援 について 行 政 の 行 う 入 札 や 業 務 契 約 及 び 指 定 管 理 などの 公 的 契 約 を 活 用 し て 安 定 した 雇 用 機 会 の 創 出 公 正 で 良 好 な 労 働 環 境 づくりに 寄 与 する 雇 用 政 策 を 行 う 考 えはない か 特 に 障 害 者 や 就 職 困 難 者 の 雇 用 促 進 に 活 用 できないか 伺 ( 7 枚 中 4 枚 目 ) 市 として 入 札 や 契 約 について 公 正 性 競 争 性 適 正 履 行 の 確 保 を 原 則 としつつも 様 々な 運 用 を 通 じて 災 害 対 策 環 境 政 策 雇 用 政 策 などの 政 策 目 的 を 推 進 することは 大 事 な 視 点 であ ると 考 える とりわけ 本 年 4 月 に 施 行 された 障 害 者 優 先 調 達 推 進 法 や 前 通 常 国 会 において 廃 案 となったが 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 案 などの 状 況 を 鑑 みると ご 指 摘 の 障 害 者 や 就 職 困 難 者 の 雇 用 とい う 点 は 重 要 な 課 題 である この 点 浜 松 市 においても 建 設 工 事 入 札 参 加 者 の 格 付 け 総 合 評 価 落 札 方 式 における 評 価 指 定 管 理 者 の 選 定 時 における 評 価 において 法 定 雇 用 率 以 上 の 障 害 者 雇 用 率 等 に 対 し 加 点 するなどの 運 用 を 行 ってきました また 物 品 購 入 や 業 務 委 託 については 今 年 7 月 に 障 害 者 優 先 調 達 方 針 を 策 定 し 障 害 者 就 労 施 設 等 への 発 注 増 大 を 目 指 しているところである 今 後 は これら 現 行 のインセンティブの 効 果 を 把 握 した 上 で 拡 充 について 検 討 するとともに 就 職 困 難 者 についても 国 の 法 案 制 定 等 の 動 向 を 見 ながら 雇 用 機 会 の 確 保 について 対 応 していく 障 害 者 や 就 職 困 難 な 若 者 を 対 象 に 公 務 職 場 において 働 く 場 を 提 供 して 関 係 機 関 と 連 携 して 就 労 研 修 などを 行 い 民 間 企 業 等 への 就 職 など 安 定 した 雇 用 につなげる ような 取 組 みを 検 討 できないか 伺 (3) 新 たな 就 労 スタイルとして 在 宅 での 就 労 が 民 間 企 業 で 導 入 され つつある 国 や 自 治 体 でも 福 祉 政 策 として 障 害 者 への 在 宅 就 労 支 援 や 母 子 家 庭 等 への 就 労 支 援 が 行 はじめに 障 害 者 についてですが 本 市 では 障 害 者 の 自 立 及 び 社 会 参 加 を 支 援 する 仕 組 みとして 平 成 15 年 度 から 知 的 精 神 障 害 者 を 対 象 とした 臨 時 職 員 非 常 勤 職 員 の 選 考 を 行 い これま で19 人 を 採 用 し 封 入 作 業 や 簡 易 なデータ 入 力 などの 軽 作 業 があ る 職 場 に 配 置 してきた しかしながら 障 害 の 程 度 によっては 仕 事 の 進 め 方 や 職 場 内 のコミュニケーションなどについて 個 別 の 支 援 が 必 要 なケースもある このため 今 後 においては 専 門 スタッフの 配 置 や 配 属 先 の 集 約 化 など 民 間 企 業 等 への 雇 用 につ ながる 効 果 的 な 取 り 組 みについて 検 討 していく 次 に 就 職 困 難 な 若 者 についてですが ニートやひきこもりの 就 労 支 援 について は ハローワークや 学 校 など 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るなかで 地 域 若 者 サポートステーション 事 業 ひきこもり 相 談 支 援 事 業 などを 実 施 している これらの 支 援 事 業 において 職 場 見 学 や 就 労 体 験 は 就 職 へのイメージや 意 欲 を 高 める 意 味 でも 大 変 重 要 な 役 割 を 担 っているが 民 間 企 業 を 含 め 十 分 な 受 け 入 れ 先 の 確 保 が 難 し い 状 況 もある こうしたことから 今 後 におきましては 公 務 職 場 での 受 入 れを 行 い その 経 験 により 安 定 した 就 労 につなげて いきたいと 考 えている (3) 障 害 者 への 在 宅 就 労 支 援 については 近 年 IT 技 術 の 発 達 など により 障 害 者 であっても 自 宅 などで 就 労 できる 環 境 が 整 いつつ ある 本 年 4 月 に 施 行 された 障 害 者 優 先 調 達 推 進 法 では 在 宅 就 労 の 障 害 者 に 対 しても 国 や 自 治 体 が 積 極 的 に 物 品 等 の 発 注 に 努 め るよう 規 定 されている 本 市 においては 浜 松 NPOネットワークセ

5 われているが 本 市 としても 雇 用 機 会 を 積 極 的 に 提 供 するため 市 の 事 務 事 業 などを 対 象 にした 在 宅 ワークによる 就 労 支 援 の 仕 組 み を 導 入 できないか 伺 ( 7 枚 中 5 枚 目 ) ンターなど 在 宅 就 労 のとりまとめを 行 なう 団 体 への 発 注 を 通 じ て 障 害 者 の 就 労 機 会 の 確 保 と 経 済 面 での 自 立 を 支 援 していく なお 在 宅 就 労 においては アンケート 調 査 集 計 などのパソコン 技 術 を 活 かした 業 務 が 受 注 に 馴 染 みやすいとされている このた め 本 年 度 定 めた 障 害 者 優 先 調 達 方 針 の 発 注 促 進 品 目 に これら を 新 たに 追 加 していく また 母 子 家 庭 等 について 現 在 多 く の 方 が 子 どもを 保 育 所 等 に 預 けて 就 労 しているが 自 宅 で 子 育 て をしながら 仕 事 がしたいと 望 む 母 子 家 庭 等 にとっては 在 宅 就 労 も 選 択 の 一 つになる 今 後 においては 母 子 家 庭 等 の 在 宅 就 労 の ニーズを 把 握 するとともに 自 立 に 向 けた 就 労 支 援 の 仕 組 みにつ いて 検 討 していく 4 日 常 生 活 の 場 での 防 災 対 策 の 強 化 充 実 について 大 規 模 地 震 に 備 えた 全 市 的 な 防 災 対 策 を 進 めているが 住 宅 の 耐 震 化 対 策 はどの 程 度 進 んでいるの か さらなる 促 進 のための 課 題 と 対 策 はどうか また 本 年 5 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 の 改 正 があり 不 特 定 多 数 の 人 が 利 用 する 大 規 模 な 建 築 物 への 耐 震 診 断 が 義 務 付 けられたが 本 市 としての 対 応 はどうか 伺 河 合 都 市 整 備 部 長 まず 住 宅 の 耐 震 化 については 平 成 14 年 度 から 開 始 した 木 造 住 宅 の 耐 震 補 強 工 事 への 助 成 について 高 齢 者 や 子 供 など 避 難 弱 者 に 配 慮 した 補 助 金 額 の 拡 充 などにより 平 成 27 年 度 までに 住 宅 の 耐 震 化 率 90パーセントを 目 標 に ほぼ 順 調 に 進 捗 していると 考 え る しかし 耐 震 化 が 必 要 な 建 物 はまだ 多 数 あるため 出 前 講 座 個 別 PRや 建 築 士 の 協 力 団 体 が 実 施 する 建 築 相 談 による 広 報 を 行 う と 共 に すぐに 耐 震 化 できない 方 の 人 命 を 守 る 一 手 段 として 耐 震 シェルターの 設 置 費 助 成 を 平 成 24 年 度 から 始 めている 今 後 も 広 報 の 充 実 と 強 化 により 補 助 制 度 の 更 なる 活 用 を 呼 び 掛 け 耐 震 化 を 促 していく 次 に 5 月 に 改 正 された 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 では 多 数 の 人 が 利 用 する 大 規 模 な 建 築 物 を 特 に 耐 震 化 促 進 するため 平 成 27 年 末 までの 耐 震 診 断 を 義 務 化 し た この 法 改 正 に 伴 い 耐 震 診 断 の 義 務 化 となる 建 築 物 には 国 が 行 う 緊 急 補 助 制 度 の 活 用 により 一 層 の 耐 震 化 を 促 していく 先 般 示 された 県 の 第 4 次 地 震 被 害 想 定 では 家 庭 などでの 家 具 の 転 倒 や 落 下 で 県 下 では 最 大 約 700 人 が 死 亡 すると 想 定 され これに 対 し 家 具 の 転 倒 防 止 対 策 が100% なされれば 被 害 を 約 6 割 減 らせ るとも 想 定 されている そこで 本 市 における 家 具 転 倒 防 止 対 策 の 進 捗 状 況 をどう 把 握 しているの か また 100%の 対 策 を 実 現 する ための 課 題 と 今 後 の 対 応 について 山 名 危 機 管 理 監 (3) 本 市 の 家 具 転 倒 防 止 事 業 は. 家 具 の 固 定 作 業 にかかる 費 用 の 一 部 を 補 助 する 制 度 で 自 ら 固 定 作 業 ができない 高 齢 者 やからだの 不 自 由 な 方 の 世 帯 を 対 象 にしている 平 成 18 年 度 の 開 始 から 平 成 24 年 度 までの 実 績 は986 件 で 平 成 25 年 度 については 6 月 末 現 在 で16 件 となっている また 本 年 度 の 市 民 アンケートの 速 報 では 家 具 の 転 倒 防 止 について 約 6 割 が 実 施 しているとの 回 答 がある 一 方 実 施 しないとする 理 由 については 手 間 がかかる 賃 貸 住 宅 のため 判 断 できない という 回 答 が 多 くを 占 め 事 業 推 進 の 課 題 となっている こうした 中 昨 年 国 が 公 表 した 南 海 トラフ 巨 大 地 震 の 被 害 想 定 や 県 の 第 4 次 地 震 被 害 想 定 では 家 具 の 転 倒 防 止 など 自 助 による 防 災 対 策 の 重 要 性 が 改 めて 認 識 された 4 次 想 定 で

6 伺 質 問 答 弁 (3) 災 害 時 の 避 難 通 報 などの 防 災 情 報 を 何 時 でも どこにいても 誰 にでも 確 実 に 伝 えられるための 多 様 な 設 備 や 機 器 の 配 備 が 不 可 欠 と 考 えるが 行 政 無 線 や 防 災 メー ルの 拡 充 に 加 え 屋 内 外 での 情 報 伝 達 手 段 の 整 備 についての 考 え 方 と 取 組 みについて 伺 ( 7 枚 中 6 枚 目 ) 家 具 の 転 倒 や 落 下 で 最 大 約 400 人 が 亡 くなるとされる 本 市 にあっ ては より 多 くの 市 民 が 家 具 の 転 倒 防 止 に 取 り 組 むことになれば 人 的 被 害 の 軽 減 に 大 きな 効 果 が 期 待 される 今 後 は その 必 要 性 や 実 行 方 法 実 施 による 効 果 などについて わかりやすく 伝 わる 新 たな 情 報 ツールの 作 成 を 検 討 するなど 意 識 啓 発 の 強 化 に 取 り 組 んでいく 次 に 3 点 目 の 災 害 時 の 情 報 伝 達 手 段 の 整 備 について 本 市 では 災 害 時 の 情 報 伝 達 手 段 として 同 報 無 線 をはじめ 緊 急 速 報 メール 防 災 ホッとメール ブログやホームページ ラジ オやテレビ さらには 広 報 車 などを 活 用 し 市 民 への 情 報 配 信 を 行 っている 沿 岸 部 から 中 山 間 地 まで 広 大 な 市 域 を 有 する 本 市 は 災 害 の 特 性 も 津 波 や 浸 水 土 砂 災 害 や 延 焼 火 災 など 地 域 によって 様 々な 形 態 が 予 測 される 災 害 時 には こうした 災 害 特 性 や 地 域 の 実 情 に 沿 った 確 かな 情 報 を 迅 速 に 得 ることが 大 切 で 屋 内 外 を 問 わず 複 数 の 情 報 が 入 手 できるツールを 用 意 しておくことが 重 要 になる また 災 害 から 身 を 守 るためには 情 報 の 配 信 を 待 つの ではなく 早 めに 安 全 な 場 所 に 避 難 するなど 命 を 守 る 行 動 をと ることも 普 段 から 意 識 することが 大 切 である 今 後 は デジタル 化 に 伴 う 同 報 無 線 の 再 整 備 が 必 要 であることから 地 域 にあった 効 率 的 な 情 報 提 供 の 方 法 について 調 査 を 行 うなど 情 報 伝 達 手 段 の 整 備 に 向 けて 総 合 的 に 取 り 組 んでいく (4) 消 防 法 の 改 正 により 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 が 義 務 付 けられた が 消 防 庁 の 推 計 などを 見 ると まだ2 割 程 度 の 未 設 置 世 帯 がある と 認 識 するが 本 市 の 全 世 帯 の 設 置 状 況 をどう 把 握 しているのか また 今 後 設 置 率 の 向 上 に 向 けて はどのような 指 導 対 策 を 講 じて いくのか 伺 牧 田 消 防 長 (4) 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 状 況 の 把 握 については 設 置 が 義 務 付 けられた 平 成 21 年 度 から 市 内 の 全 ての 住 宅 等 を 訪 問 するローラ ー 作 戦 を 行 い 設 置 の 推 進 と 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 その 結 果 平 成 25 年 7 月 末 現 在 の 設 置 率 は 77.3パーセントとなっており 県 平 均 の72.9パーセントを 上 回 っている 今 後 の 設 置 促 進 の 方 策 につ いては 現 在 展 開 している 未 設 置 の 住 宅 等 に 職 員 が 個 別 に 訪 問 して 直 接 指 導 するという ローラー 作 戦 が 最 も 効 果 的 であると 考 えている このことから 今 後 も 個 別 訪 問 を 継 続 し 全 戸 設 置 を 目 指 すとともに 住 宅 火 災 による 死 傷 者 の 低 減 や 被 害 の 軽 減 に 努 めていく 5 公 民 連 携 (PPP)の 取 組 みに ついて 公 民 連 携 の 中 核 的 事 業 手 法 とし て 導 入 され 国 や 地 方 自 治 体 で 導 入 されているPFIは 本 市 にお いても 平 成 14 年 度 から PFI 導 入 基 本 方 針 が 設 けられたが 実 際 に 活 用 された 事 例 は 尐 ない これ までの 取 組 みをどのように 評 価 し ているか 今 後 医 療 センターの 新 病 院 の 建 設 新 美 術 館 の 建 設 本 市 では PFIをはじめ 指 定 管 理 者 制 度 導 入 など 民 間 ノウハウ の 活 用 に 積 極 的 に 取 組 んできた しかしながら PFI 導 入 実 績 にお いては 平 成 24 年 度 までに 全 国 で418 件 の 事 例 があるなかで 本 市 においては 平 成 21 年 度 に 供 用 開 始 した 西 部 清 掃 工 場 総 合 水 泳 場 ToBiO の1 件 となっている これは 導 入 を 検 討 してきた 施 設 の 事 業 規 模 が 小 さく いずれも 財 政 効 果 が 低 いと 判 断 された ことなどから 活 用 実 績 が 増 えなかったものである 官 民 連 携 の 重 要 性 は 十 分 に 認 識 しており 民 間 ノウハウの 活 用 は 積 極 的 に 導 入 すべきと 考 えている 国 におけるPFI 法 改 正 により 民 間 活 力

7 新 産 業 展 示 館 の 建 設 次 期 清 掃 工 場 の 建 設 などの 大 規 模 な 公 共 施 設 の 整 備 計 画 が 予 定 されているが これらにはPFIなど 民 間 の 資 金 や 経 営 手 法 などの 利 活 用 が 不 可 欠 と 考 える そこで 現 行 の 基 本 指 針 の 見 直 しや 新 たな 手 法 の 導 入 も 検 討 すべきと 考 えるがどうか 伺 行 財 政 改 革 を 加 速 させ 自 治 体 経 営 を 抜 本 的 に 変 革 させるために は 公 民 連 携 の 仕 組 みを ハード ソフト 問 わず 全 ての 事 務 事 業 を 対 象 にして 取 り 入 れていくべきと 考 える これまでの 行 政 主 導 のや り 方 だけではなく 対 象 や 条 件 な どを 設 けずに 自 由 に 民 間 企 業 な どからの 提 案 を 受 け 入 れていく 方 法 の 導 入 を 提 案 するが 考 えを 伺 ( 7 枚 中 7 枚 目 ) の 推 進 のための 環 境 整 備 が 進 められていることから 浜 松 市 PFI 導 入 基 本 方 針 の 改 定 を 進 め 整 備 事 業 が 予 定 されている 施 設 へ のPFI 導 入 の 検 討 を 引 続 き 行 うとともに 公 営 駐 車 場 における 民 間 活 力 導 入 調 査 事 業 の 予 算 化 について 本 9 月 議 会 に 提 案 するな ど 今 後 も 積 極 的 に 導 入 の 検 討 をしていく 本 市 における 公 民 連 携 の 取 り 組 みのひとつに 民 間 事 業 者 や 各 種 団 体 からの 事 業 提 案 を 募 集 する 市 民 協 働 たねからみのり 制 度 がある この 制 度 は 平 成 16 年 度 に 開 始 し これまでに 市 民 等 からの 提 案 117 件 のうち 市 との 協 働 25 件 民 間 での 協 働 9 件 が 事 業 化 されており 多 様 な 主 体 の 連 携 を 通 じて 地 域 の 課 題 解 決 に 取 り 組 んでいる また ご 質 問 の 提 案 制 度 については 民 間 活 力 の 導 入 の 指 針 であるガイドラインの 見 直 しにあわせ 先 進 都 市 である 我 孫 子 市 や 杉 並 区 を 視 察 するとともに 他 都 市 事 例 等 の 情 報 収 集 を 行 った この 中 で 継 続 的 な 提 案 の 確 保 や 提 案 可 能 な 事 業 の 選 定 方 法 提 案 者 のインセンティブのあり 方 など 多 くの 課 題 も 見 えてきた これらを 踏 まえ ガイドラインでは 民 間 活 力 の 導 入 にあたり 業 務 の 必 要 性 を 検 証 するとともに 民 営 化 や 協 働 化 助 成 などの 手 法 についても 幅 広 く 検 証 し 民 間 が 参 加 しや すい 仕 組 みを 検 討 することとしている 公 民 連 携 は 本 市 が 持 続 可 能 な 運 営 をしていく 上 で 重 要 な 課 題 であるので ご 質 問 に あった 行 政 が 枠 を 決 めず 広 く 民 間 の 知 恵 やアイディアを 受 け 入 れる 方 法 などについても 引 き 続 き 調 査 研 究 していく

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 平 成 28 年 度 第 1 回 宝 塚 市 労 働 問 題 審 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 )19 時 00 分 ~20 時 45 分 会 場 : 宝 塚 市 役 所 3F 特 別 会 議 室 出 席 委 員 : 上 林 会 長 小 池 副 会 長 新 谷 委 員 橘 田 委 員 山 内 委 員 志 方 委 員 和 田 委 員 幸 長 委 員 仲 埜

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

鳥羽市職員定数適正化計画

鳥羽市職員定数適正化計画 鳥 羽 市 職 員 定 数 管 理 計 画 ( 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度 ) 平 成 年 月 鳥 羽 市 目 次. 職 員 定 数 管 理 計 画 の 考 え 方 () 計 画 の 目 的 () 本 市 の 状 況 (3) 計 画 の 期 間. 職 員 数 の 現 状 3 () 部 門 別 職 員 数 の 推 移 3 () 退 職 者 の 見 込 み 3. 市 税 収 入 及 び 人 件

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果 発 言 通 告 表 ( 一 般 ) 6 月 17 日 ( 水 ) 18 日 ( 木 ) 19 日 ( 金 ) 個 人 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 発 言 発 言 発 言 議 員 順 位 種 別 1 柴 田 光 男 一 般 2 西 尾 孝 之 一 般 発 言 要 旨 1.びわ 湖 岸 の 景 観 を 活 かした 観 光 施 策 について (1)びわ 湖 岸 の 現 状 について 問 う

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政

目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 わかりやすい 下 関 市 の 決 算 書 ~ 平 成 23 年 度 版 ~ 下 関 市 目 次 はじめに 1. 主 な 事 業 の 成 果 P2 2. 一 般 会 計 の 決 算 状 況 (1) 歳 入 の 状 況 P8 (2) 歳 出 の 状 況 ( 目 的 別 決 算 ) P9 (3) 歳 出 の 状 況 ( 性 質 別 決 算 ) P10 3. 財 政 指 標 等 (1) 財 政 力 指 数

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

さいたま市における公共施設マネジメント計画と公民連携

さいたま市における公共施設マネジメント計画と公民連携 さいたま 市 における 公 共 施 設 マネジメント 計 画 と 公 連 携 平 成 26 年 12 16 ( ) さいたま 市 都 市 戦 略 本 部 財 政 改 推 進 部 主 査 柴 重 信 さいたま 市 PRキャラクター 主 任 関 洋 輔 つなが 竜 ヌゥ 本 日 の 内 容 なぜ 公 共 施 設 マネジメント が 必 要 か? さいたま 市 公 共 施 設 マネジメント 計 画 ハコモノ

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高 齢 者 の 生 きがいづくりと 社 会 参 加 の 促 進 1 生 きがいづくり 活 動 等 への 参 加 団 塊 の 世 代 が 定 年 退 職 し さまざまな 価 値 観 を 持 った 高 齢 者 が 増 えてきました 社 会 の 中 で 高 齢 者 の 占 める 割 合 が 高 くなるにつれて 高 齢 者 が 社 会 的 弱 者 である というイメージは 徐 々に 変 わりつつあり

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

一 般 会 計 平 成 28 年 度 横 浜 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 横 浜 市 一 般 会 計 歳 入 歳 出 予 算 概 要 1 一 般 会 計 経 費 別 比 較 表 区 分 人 件 費 平 成 28 年 度 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 の 財 源 比 較 そ の 他 の 予 算 額 構 成 比 予 算 額 構 成 比 国 県 支 出 金 市 債 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information