教員免許更新制ハンドブック2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "教員免許更新制ハンドブック2"

Transcription

1 問 5 教 員 が 定 年 退 職 後 再 任 用 に より 教 職 に 就 く こ と を 希 望 す る 場 合 は どうす ればよいです か? ( 答 ) 新 規 に 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 に 採 用 される 場 合 と 同 様 です なお 現 在 免 許 状 をお 持 ちの 方 のうち 平 成 23 年 3 月 31 日 において56 歳 以 上 の 方 ( 昭 和 30 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 方 で 栄 養 教 諭 免 許 状 を 持 っていない 方 )は 将 来 にわたり 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 は 必 要 なく 今 まで 同 様 にお 持 ちの 免 許 状 は 生 涯 有 効 です このため いつでも 非 常 勤 講 師 等 に 就 くことができます ( 例 ) 昭 和 30 年 5 月 3 日 が 生 年 月 日 である 方 の 例 最 初 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 H H H H H ~ H 教 諭 を 再 任 用 H 以 降 も に 講 習 受 講 修 了 定 年 退 職 講 師 等 として 勤 務 す し 更 新 講 習 修 了 る 場 合 は H ~ 確 認 H に 講 習 を 受 講 修 了 し 更 新 講 習 修 了 確 認 申 請 を 行 う ことが 必 要 問 6 免 許 状 を 紛 失 しているのですが 更 新 することができますか? ( 答 ) 免 許 状 を 紛 失 し た 場 合 で も 更 新 の 手 続 時 に 授 与 証 明 な ど を 添 え て 申 請 することにより 免 許 状 の 有 効 期 間 の 更 新 や 更 新 講 習 修 了 確 認 は 可 能 で す 問 7 免 許 状 の 氏 名 が 旧 姓 のままですが 更 新 することができますか? ( 答 ) 旧 姓 のまま 更 新 することができます 更 新 申 請 書 には 現 在 の 姓 を 表 記 し て 申 請 していただくこととなります

2 3. 職 に 応 じた 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 申 請 手 続 の 流 れ 本 項 目 でのポイント お 持 ちの 免 許 状 や 職 種 の 違 いにより 受 講 すべき 講 習 内 容 や 受 講 方 法 が 異 なることをご 理 解 ください 以 下 に 沿 ってご 確 認 ください 現 在 平 成 21 年 3 月 31 日 以 前 に 授 与 された 教 員 免 許 状 ( 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 )を 持 っています か? はい あなたの 生 年 月 日 は 昭 和 30 年 4 月 2 日 以 後 ですか? はい いいえ 以 後 は 確 認 不 要 です ( 制 度 の 適 用 なし) いいえ( 昭 和 以 前 の 生 まれ) 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っていますか? いいえ はい 最 初 の 修 了 確 認 期 限 は 設 定 されず 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 しなくても 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 は 生 涯 有 効 で 以 下 の 確 認 は 不 必 要 です 現 在 のあなたの 職 種 は 何 ですか (ゴシック 体 の 職 は 講 習 受 講 義 務 あり) 校 長 副 校 教 諭 助 教 諭 講 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 長 教 頭 師 ( 常 勤 の 方 だ け で 養 護 助 教 諭 主 幹 教 諭 なく 臨 時 非 常 勤 の 指 導 教 諭 講 師 の 方 も 含 みます ) 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 を 持 って い る が 左 記 以 外 の 職 の 方 等 A へ B へ C へ D へ E へ ( 28 頁 ) ( 29 頁 ) ( 31 頁 ) ( 33 頁 ) ( 35 頁 )

3 A 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 ですが 講 習 受 講 免 除 の 認 定 を 受 け ることが 可 能 で す 認 定 を 受 け ようと する 場 合 は 下 記 をご 確 認 く ださい 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22 頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23 頁 )を 見 て 確 認 ) 申 請 方 法 の 決 定 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 内 に 校 長 副 校 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 のいずれかの 職 にある 方 は B ( 29頁 )に 沿 って 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 以 外 に 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 学 校 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 申 請 し 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることができますので いずれかの 方 途 をとるか 各 自 で 判 断 してください 免 除 申 請 受 講 免 除 の 認 定 を 希 望 する 場 合 は 各 自 が 免 許 管 理 者 に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 行 います 免 除 証 明 書 の 発 行 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 受 けた 免 許 管 理 者 が 受 講 免 除 の 認 定 を 行 った 場 合 は 申 請 者 に 免 許 状 更 新 講 習 免 除 証 明 書 が 発 行 さ れ ま す こ れ に より 修 了 確 認 期 限 まで に 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けたものとみ なされることになります( 引 き 続 き 持 っているすべての 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 で す ) 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 す る 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります 修 了 確 認 期 限 の2 年 2ヶ 月 前 から2ヶ 月 前 までの 期 間 内 のうちの 校 長 等 の 職 にある 時 点 で 免 除 の 認 定 の 申 請 を 行 うことができます かつて 校 長 等 の 職 にあっ た 場 合 でも 申 請 の 時 点 は 校 長 等 の 職 にないときは 申 請 を 行 うことができませんのでご 注 意 ください

4 B 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は 22 頁 23頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 書 で 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらいます ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

5 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

6 C 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は 22 頁 23頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらうことが 必 要 です ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 養 護 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

7 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

8 D 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 2をご 確 認 ください) 表 2は23 頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらう 必 要 があります ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 栄 養 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

9 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

10 E 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は22 頁 23 頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません ただし かつて 教 諭 等 と して 勤 めていたことの 証 明 ( 在 職 証 明 ) 非 常 勤 講 師 リスト 登 録 の 証 明 教 諭 等 に 採 用 予 定 であることの 証 明 を 大 学 等 に 示 すことにより 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 手 続 は B ( 29頁 )を 参 考 にして ください ( 職 に 応 じて 免 許 管 理 者 が 異 なることがありますのでご 注 意 ください( 16頁 を 参 照 してください ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 となります 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

11 受 講 申 込 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 時 に 実 習 助 手 等 の 職 の 方 は 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 当 該 職 であることを 証 してもらってください それ 以 外 の 方 は 在 職 証 明 や 教 諭 等 に 採 用 予 定 で あ る こ と の 証 明 等 を 添 え て ください) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 に 対 して 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 により 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

12 4. 職 に 応 じ た 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 申 請 手 続 の 流 れ ( 幼 稚 園 認 定 こども 園 保 育 園 の 教 職 員 の 方 ) 1 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 受 講 修 了 義 務 のある 方 幼 稚 園 認 定 こども 園 である 幼 稚 園 に 勤 務 する 教 職 員 の 中 で 下 記 の(1) (2)の 両 方 に 該 当 する 方 は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 を 修 了 し 免 許 管 理 者 に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を 行 うことが 必 要 となります 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 ) で あ る 幼 稚 園 に 勤 務 する 教 職 員 の 方 は 注 意 して 読 んでください (1) 旧 免 許 状 所 持 者 平 成 21 年 3 月 31 日 までに 授 与 された 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 のいずれかの 免 許 状 ( 旧 免 許 状 ) を 持 っている 者 ( 保 育 士 免 許 を 持 っているだけでは 該 当 しません ) 例 : 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 を 所 持 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 を 所 持 (2) 教 諭 等 の 職 にある 者 下 記 の1~4のいずれかの 職 にある 者 であること 1 園 長 教 諭 等 国 公 私 立 の 幼 稚 園 ( 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 も 含 み ま す ) に 勤 務 す る 園 長 副 園 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 み ます ) 幼 稚 園 に 勤 務 する 職 員 ではありませんが 下 記 の 方 も 同 様 となります 2 教 育 委 員 会 の 職 員 指 導 主 事 社 会 教 育 主 事 その 他 教 育 委 員 会 において 学 校 教 育 又 は 社 会 教 育 に 関 す る 専 門 的 事 項 の 指 導 等 に 関 する 事 務 に 従 事 している 者 として 免 許 管 理 者 ( 都 道 府 県 教 育 委 員 会 )が 定 める 者 指 導 主 事 社 会 教 育 主 事 の 他 に 教 育 長 教 育 次 長 学 校 教 育 担 当 課 長 等 が 想 定 されます が 各 免 許 管 理 者 においてその 範 囲 が 定 められます

13 3 学 校 設 置 者 の 役 職 員 地 方 公 共 団 体 の 職 員 幼 稚 園 等 を 設 置 する 国 立 大 学 法 人 又 は 学 校 法 人 の 役 職 員 ( 学 校 法 人 理 事 等 )であって 免 許 管 理 者 が 定 める 者 各 免 許 管 理 者 においてその 範 囲 が 定 められます 4その 他 文 部 科 学 省 又 は 国 立 教 育 政 策 研 究 所 の 調 査 官 のうち 学 校 教 育 又 は 社 会 教 育 に 係 る 専 門 的 な 指 導 助 言 を 行 っている 者 等 2 各 自 の 修 了 確 認 期 限 ま で に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 修 了 義 務 は ない が 各 自 の 判 断 により 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することができる 方 (ア) 幼 稚 園 認 定 こども 園 に 勤 務 する 園 長 教 諭 等 以 外 の 教 職 員 ( 学 校 栄 養 職 員 養 護 職 員 保 育 士 など)の 中 で 旧 免 許 状 を 持 っている 方 下 記 の 職 に ある 方 々 は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 義 務 は 課 されていませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 す ることは 可 能 です このため 各 自 の 判 断 で 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 し て 免 許 管 理 者 に 必 要 な 申 請 を 行 うことができます 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 の 職 員 の 方 で 該 当 す る 方 は 注 意 し て く だ さ い 1 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 に 勤 務 する 学 校 栄 養 職 員 養 護 職 員 2 認 定 こども 園 (いずれの 型 も 含 む)に 勤 務 する 保 育 士

14 (イ) 幼 稚 園 認 定 こども 園 に 勤 務 していない 旧 免 許 状 を 持 っている 方 現 在 は 幼 稚 園 認 定 こども 園 の 教 職 員 ではありませんが 旧 免 許 状 を 持 っている 下 記 の 方 々は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 義 務 は 課 され ていませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 です このため 各 自 の 判 断 で 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 して 免 許 管 理 者 に 必 要 な 申 請 を 行 うことができます 1 認 可 保 育 所 の 保 育 士 及 び 幼 稚 園 と 設 置 者 が 同 じ 認 可 外 保 育 施 設 の 保 育 士 認 可 保 育 所 に 勤 務 す る 保 育 士 及 び 幼 稚 園 と 認 可 外 保 育 施 設 の 双 方 を 設 置 す る 自 治 体 や 法 人 に よ り 設 置 さ れ て い る 認 可 外 保 育 施 設 に 勤 務 す る 保 育 士 (P4 参 照 ) 2 幼 稚 園 教 諭 等 経 験 者 かつて 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 小 学 校 等 の 校 長 ( 園 長 ) 副 校 長 ( 副 園 長 ) 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 み ま す ) で あ っ た 方 で 今 後 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 ) で あ る 幼 稚 園 小 学 校 等 の 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 みます )の 職 に 就 くことを 希 望 する 方 3 教 員 になる 見 込 みのある 者 今 後 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 小 学 校 等 の 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 みます )として 任 命 雇 用 されることが 見 込 まれる 方 ( 非 常 勤 講 師 リストに 登 録 していること 採 用 内 定 が 出 されていること 等 ) 4その 他 上 記 以 外 の 者 で 文 部 科 学 大 臣 免 許 管 理 者 が 定 める 者 幼 稚 園 認 定 こども 園 で 上 記 以 外 の 職 にある 方 上 記 以 外 の 保 育 所 等 で 保 育 士 の 職 にある 方 教 職 に 就 く 予 定 等 がない 方 は 旧 免 許 状 を 所 持 していても 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することはできません

15 各 自 の 職 に 応 じたフローチャート ( 幼 稚 園 認 定 こども 園 保 育 園 の 教 職 員 の 場 合 ) 現 在 平 成 21 年 3 月 31 日 以 前 に 授 与 さ れた 教 員 免 許 状 ( 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 )を 持 っていますか? はい あなたの 生 年 月 日 は 昭 和 30 年 4 月 2 日 以 後 ですか? いいえ 以 後 は 確 認 不 要 です ( 制 度 の 適 用 なし) はい いいえ( 昭 和 以 前 の 生 まれ) 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 って いますか? いいえ はい 最 初 の 修 了 確 認 期 限 は 設 定 さ れず 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 し な く て も 持 って い る 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 は 生 涯 有 効 で 以 下 の 確 認 は 不 必 要 です 現 在 のあなたの 職 種 は 何 ですか 幼 稚 園 認 定 幼 稚 園 認 定 こど 幼 稚 園 認 定 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 も 園 ( 幼 稚 園 型 こども 園 ( 幼 稚 型 幼 保 連 携 型 保 こども 園 に 勤 め 園 型 幼 保 連 幼 保 連 携 型 )であ 園 型 幼 保 連 育 所 型 )で 保 育 士 とし る 左 記 以 外 の 携 型 )である 幼 る 幼 稚 園 に 勤 め 携 型 )である 幼 て 発 令 され 勤 務 す 職 の 方 又 は 稚 園 に 勤 める る 稚 園 に 勤 める る 保 育 士 又 は 認 可 左 記 以 外 の 保 園 長 教 諭 学 校 栄 養 育 所 に 勤 め る 保 育 所 に 勤 める 保 育 士 及 び 副 園 長 助 教 諭 職 員 幼 稚 保 育 士 教 頭 講 師 養 護 職 員 園 も 設 置 している 市 主 幹 教 諭 養 護 教 諭 町 村 や 法 人 等 が 設 指 導 教 諭 養 護 助 教 諭 置 する 認 可 外 保 育 施 栄 養 教 諭 設 に 勤 める 保 育 士 A へ B へ C へ D へ E へ ( 41頁 ) ( 42頁 ) ( 44頁 ) ( 46頁 ) ( 48頁 ) 現 在 は 勤 めていませんが 今 後 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 に 教 諭 や 講 師 等 として 勤 めようとする 方 は F ( 49頁 )へ

16 A 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 ですが 講 習 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることが 可 能 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 申 請 方 法 の 決 定 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 内 に 園 長 副 園 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 の いずれかの 職 にある 方 は B ( 42頁 )に 沿 って 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 以 外 に 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 申 請 し 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることができますので いずれかの 方 途 をとるか 各 自 で 判 断 し てください 免 除 申 請 受 講 免 除 の 認 定 を 希 望 する 場 合 は 各 自 が 免 許 管 理 者 に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 行 います 免 除 証 明 書 の 発 行 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 受 けた 免 許 管 理 者 が 受 講 免 除 の 認 定 を 行 った 場 合 は 申 請 者 に 免 許 状 更 新 講 習 免 除 証 明 書 が 発 行 されます これにより 修 了 確 認 期 限 ま でに 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けたものとみなされることになります( 引 き 続 き 持 っているの 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 です ) 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります 修 了 確 認 期 限 の2 年 2ヶ 月 前 から2ヶ 月 前 までの 期 間 内 のうちの 園 長 等 の 職 にある 時 点 で 免 除 の 認 定 の 申 請 を 行 うことができます かつて 園 長 等 の 職 にあった 場 合 でも 申 請 の 時 点 は 園 長 等 の 職 にないときは 申 請 を 行 うこと ができませんのでご 注 意 ください

17 B 修 了 確 認 期 限 ま で に 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 で す 下 記 を ご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 受 講 期 間 の 確 認 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 が 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することができる 期 間 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します 教 諭 の 方 は 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 養 護 教 諭 の 方 は 養 護 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 栄 養 教 諭 の 方 は 栄 養 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 を 受 講 することが 必 要 です 受 講 申 込 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 教 諭 等 であることの 証 明 しても らいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します

18 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 各 教 諭 等 が 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 対 して 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を 行 います 更 新 講 習 修 了 確 認 の 効 果 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 け た 場 合 は 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 教 諭 の 普 通 免 許 状 をはじめとして 持 って いる 全 ての 普 通 免 許 状 ( 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 ) 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 となります 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 す る 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

19 C 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 職 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません た だ し 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 講 習 受 講 手 続 の 流 れは B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 勤 める 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

20 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 受 講 資 格 があることを 証 明 し てもらいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 勤 める 幼 稚 園 が 所 在 す る 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます こ れ に よ り 持 っ て い る 教 諭 の 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 のいずれかにより 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

21 D 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 職 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません た だ し 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 講 習 受 講 手 続 の 流 れは B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

22 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 受 講 資 格 があることを 証 明 し てもらいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 確 認 の 申 請 を 行 います 幼 稚 園 に 勤 務 する 保 育 士 の 場 合 は 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます こ れ に よ り 持 っ て い る 教 諭 の 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 のいずれかにより 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

23 E 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありません また 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することもできません

24 F 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 場 合 があります 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません ただし かつて 教 諭 等 として 勤 め ていたこ との 証 明 ( 在 職 証 明 )や 教 諭 等 に 採 用 予 定 であることの 証 明 を 大 学 等 に 示 すことにより 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 受 講 するこ とは 可 能 であり 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 すること は 必 要 ありません 手 続 は B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 け ることが 必 要 となります 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

25 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 時 に 在 職 証 明 や 教 諭 等 に 採 用 予 定 であること の 証 明 を 添 えて 下 さい) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 対 して 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 により 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

学校教育法施行令・施行規則等の改正について

学校教育法施行令・施行規則等の改正について 地 方 公 務 員 法 等 の 改 正 について 平 成 26 年 5 月 14 日 に 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 されました 施 行 期 日 は 公 布 の 日 から 起 算 して 2 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 となっておりますが, 現 在 未 施 行 の 状 態

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

ず 第 1 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は4,000 円 とし 第 2 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は13,000 円 と する 4 第 1 項 に 規 定 する 幼 稚 園 小 学 校 及 び 中 学 校 並 びに 特 別 支 援 学 校 の 小 学 部 中 学 部 及 び

ず 第 1 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は4,000 円 とし 第 2 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は13,000 円 と する 4 第 1 項 に 規 定 する 幼 稚 園 小 学 校 及 び 中 学 校 並 びに 特 別 支 援 学 校 の 小 学 部 中 学 部 及 び 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 における 授 業 料 等 費 用 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 8 3 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 31 日 規 則 第 166 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 ( 以 下 本 学 という )における 授 業 料 等 費 用 に 関 して は 法 令 等 に 定 めるもののほか

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提

2 前 項 の 規 定 による 書 類 の 提 出 後 に 補 助 金 の 交 付 決 定 の 変 更 を 受 ける 必 要 が 生 じたとき は 当 該 設 置 者 は 同 項 の 規 定 を 準 用 して 変 更 後 の 書 類 を 作 成 し 別 途 指 定 する 日 までに 市 長 に 提 資 料 3 久 喜 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 3 月 23 日 教 育 委 員 会 告 示 第 20 号 改 正 平 成 22 年 8 月 17 日 教 委 告 示 第 56 号 平 成 23 年 7 月 25 日 教 委 告 示 第 16 号 平 成 24 年 3 月 23 日 教 委 告 示 第 8 号 平 成 25 年 7 月 19

More information

Microsoft Word - 01次第

Microsoft Word - 01次第 平 成 26 年 7 月 23 第 1 回 学 校 事 務 研 究 会 手 当 説 明 資 料 1 手 当 の 概 要 (P1~P7) 2 手 当 の 調 整 額 計 算 例 ( 計 算 例 1-1 1-2 2-1 2-2 2-3) 3 失 業 者 の 手 当 事 務 手 続 について(P 1~P3) 4 参 考 資 料 手 当 支 率 表 手 当 の 調 整 額 表 1 手 当 の 計 算 方 法

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

3 申 込 方 法 及 び 提 出 書 類 (1) 新 規 申 込 者 ( 更 新 申 込 者 を 除 く 全 ての 者 ) 平 成 8 年 4 月 1 日 現 在 産 休 休 代 替 職 員 特 別 認 定 制 度 により 都 公 立 学 校 で 任 用 中 の 者 は 新 規 では なく 更 新

3 申 込 方 法 及 び 提 出 書 類 (1) 新 規 申 込 者 ( 更 新 申 込 者 を 除 く 全 ての 者 ) 平 成 8 年 4 月 1 日 現 在 産 休 休 代 替 職 員 特 別 認 定 制 度 により 都 公 立 学 校 で 任 用 中 の 者 は 新 規 では なく 更 新 平 成 8 年 度 東 京 都 公 立 学 校 臨 時 的 任 用 職 員 採 用 候 補 者 選 考 実 施 要 項 - 妊 娠 出 産 休 暇 児 休 業 代 替 職 員 募 集 - 諭 養 護 諭 平 成 8 年 3 月 1 日 東 京 都 委 員 会 東 京 都 委 員 会 は 東 京 都 公 立 学 校 に 勤 務 している 諭 及 び 養 護 諭 が 妊 娠 出 産 休 暇 又 は 児

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域)

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域) 平 成 27 年 度 教 員 免 許 状 更 新 講 習 募 集 要 項 選 択 領 域 講 座 名 開 講 日 会 場 英 語 教 育 におけるコ ンピューターの 活 用 法 と 英 語 の 発 音 指 導 社 会 学 のエッセンス 数 理 とその 応 用 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) むすびわざ 館 京 都 産 業 大 学 教 員 免

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 の 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 43 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 ( 以 下 法 人 という )が 徴 収 する 授 業 料 その 他 の 料 金 について 定 めることを 目 的 とする ( 料 金 ) 第 2 条 法 人 の

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

象 労 働 者 を 雇 入 れした 事 業 所 を 離 職 した 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 である 労 働 者 の 氏 名 離 職 年 月 日 離 職 理 由 が 明 らかにされた 労 働 者 名 簿 等 の 写 し 2 要 綱 第 9 条 第 2 項 第 1 号 アに 該 当 する 労

象 労 働 者 を 雇 入 れした 事 業 所 を 離 職 した 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 である 労 働 者 の 氏 名 離 職 年 月 日 離 職 理 由 が 明 らかにされた 労 働 者 名 簿 等 の 写 し 2 要 綱 第 9 条 第 2 項 第 1 号 アに 該 当 する 労 山 梨 県 雇 用 創 出 奨 励 金 支 給 細 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 梨 県 雇 用 創 出 奨 励 金 支 給 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 県 外 の 区 域 にわたるものについて) 第 2 条 要 綱 第 3 条 第 1 号 アの 流 通 先 が 主 に 県 外 の 区 域 にわたるものとは

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託 外 国 人 生 活 環 境 整 備 支 援 補 助 金 募 集 要 項 1 事 業 の 目 的 本 事 業 は 東 京 都 内 において 外 国 人 に 対 応 する 医 療 機 関 ( 以 下 外 国 人 対 応 医 療 機 関 という)を 新 たに 設 立 又 は 増 設 するもの 及 びインターナショナルスクールを 新 たに 設 立 又 は 増 設 するものに 対 し 外 国 人 対 応 医

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

関西医科大学大学院学則

関西医科大学大学院学則 大 学 院 長 期 履 修 制 度 における 臨 床 系 社 会 人 コース 取 扱 に 関 する 内 規 ( 平 成 28 年 度 以 降 入 学 者 ) 1. 平 成 22 年 度 から 本 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 に 学 則 第 17 条 により 長 期 履 修 制 度 を 導 入 する この 長 期 履 修 制 度 を 適 用 して 臨 床 系 社 会 人 コースを

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

事務連絡

事務連絡 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 24 年 10 月 12 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 総 務 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 にかかる 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 24 年 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 裏 面 以 降 の 申 告 書 類 作 成 記 入 要 領

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

<5461726F2D3133348EF68BC697BF939994EF977082C98AD682B782E98B4B>

<5461726F2D3133348EF68BC697BF939994EF977082C98AD682B782E98B4B> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 における 授 業 料 等 費 用 に 関 する 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 43 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 ( 以 下 本 学 という )における 授 業 料 その 他 の 費 用 及 び 徴 収 方 法 については, 法 令 等 に 特

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機 様 式 4 北 海 道 実 習 用 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 北 海 道 で 実 習 を 希 望 する 者 のみ 提 出 すること スタンダード 編 志 望 理 由 書 ふりがな 氏 名 在 籍 大 学 大 学 名 修 学 年 次 年 次 所 属 研 究 室 実 習 希 望 先 県 名 北 海 道 組 合 名 希 望 する 組 合 を 選 んだ 理 由 複 数 回 答

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校 平 成 25 年 版 就 学 修 学 就 職 のための 貸 与 制 度 のご 案 内 ( 掲 載 している 制 度 は 平 成 24 年 12 月 現 在 のもの) 和 歌 山 県 教 A 育 委 員 会 小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B3230309668957B8E738E8497A79763927489808F4189808FA797E394EF95E28F958BE08CF0957497768D6A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B3230309668957B8E738E8497A79763927489808F4189808FA797E394EF95E28F958BE08CF0957497768D6A2E444F43> 防 府 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 11 年 月 1 日 制 定 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 に 通 園 する 園 のうち 市 内 に 住 所 を 有 して いる 園 又 は 居 住 している 園 に 対 し 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 以 下 設 置 者 という )が 保 育 料 等 の 減 免 をする

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

平成20年度 みどり市幼稚園就園奨励費補助金について

平成20年度 みどり市幼稚園就園奨励費補助金について 平 成 28 年 度 みどり 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 について ( 私 立 幼 稚 園 ) みどり 市 では 幼 稚 園 児 の 保 護 者 に 対 し 所 得 状 況 に 応 じて 経 済 的 負 担 を 軽 減 するために 補 助 金 を 支 給 しています 平 成 28 年 度 の 変 更 点 について 平 成 28 年 度 から 国 の 方 針 により 低 所 得 の

More information

特 別 研 究 学 生 月 額 29,700 円 3 大 学 院 学 則 第 79 条 第 4 項 の 法 人 規 程 で 定 める 学 修 料 は 月 額 2,330 円 とする ただ し 当 初 の 受 入 れである 場 合 は 身 分 証 明 書 発 行 費 として860 円 を 学 修 料

特 別 研 究 学 生 月 額 29,700 円 3 大 学 院 学 則 第 79 条 第 4 項 の 法 人 規 程 で 定 める 学 修 料 は 月 額 2,330 円 とする ただ し 当 初 の 受 入 れである 場 合 は 身 分 証 明 書 発 行 費 として860 円 を 学 修 料 筑 波 大 学 科 目 等 履 修 生 等 の 授 業 料 等 に 関 する 規 程 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 程 第 34 号 改 正 平 成 17 年 法 人 規 程 第 47 号 平 成 19 年 法 人 規 程 第 40 号 平 成 19 年 法 人 規 程 第 58 号 平 成 21 年 法 人 規 程 第 22 号 平 成 22 年 法 人 規 程 第 31 号 平

More information

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 説 明 書 入 札 参 加 者 用 ( 建 設 工 事 用 ) 花 巻 市 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争

More information

ジョブ・カード様式

ジョブ・カード様式 平 成 27 年 9 月 30 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 408 号 ( 職 業 能 力 開 発 促 進 法 第 15 条 の4 第 1 項 に 基 づく 様 式 ) ( 別 添 3) 新 たなジョブ カードの 様 式 様 式 1 キャリア プランシート 様 式 1-1 キャリア プランシート( 就 業 経 験 がある 方 用 ) 様 式 1-2 キャリア プランシート( 就 業 経 験

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information