教員免許更新制ハンドブック2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "教員免許更新制ハンドブック2"

Transcription

1 問 5 教 員 が 定 年 退 職 後 再 任 用 に より 教 職 に 就 く こ と を 希 望 す る 場 合 は どうす ればよいです か? ( 答 ) 新 規 に 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 に 採 用 される 場 合 と 同 様 です なお 現 在 免 許 状 をお 持 ちの 方 のうち 平 成 23 年 3 月 31 日 において56 歳 以 上 の 方 ( 昭 和 30 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 方 で 栄 養 教 諭 免 許 状 を 持 っていない 方 )は 将 来 にわたり 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 は 必 要 なく 今 まで 同 様 にお 持 ちの 免 許 状 は 生 涯 有 効 です このため いつでも 非 常 勤 講 師 等 に 就 くことができます ( 例 ) 昭 和 30 年 5 月 3 日 が 生 年 月 日 である 方 の 例 最 初 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 H H H H H ~ H 教 諭 を 再 任 用 H 以 降 も に 講 習 受 講 修 了 定 年 退 職 講 師 等 として 勤 務 す し 更 新 講 習 修 了 る 場 合 は H ~ 確 認 H に 講 習 を 受 講 修 了 し 更 新 講 習 修 了 確 認 申 請 を 行 う ことが 必 要 問 6 免 許 状 を 紛 失 しているのですが 更 新 することができますか? ( 答 ) 免 許 状 を 紛 失 し た 場 合 で も 更 新 の 手 続 時 に 授 与 証 明 な ど を 添 え て 申 請 することにより 免 許 状 の 有 効 期 間 の 更 新 や 更 新 講 習 修 了 確 認 は 可 能 で す 問 7 免 許 状 の 氏 名 が 旧 姓 のままですが 更 新 することができますか? ( 答 ) 旧 姓 のまま 更 新 することができます 更 新 申 請 書 には 現 在 の 姓 を 表 記 し て 申 請 していただくこととなります

2 3. 職 に 応 じた 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 申 請 手 続 の 流 れ 本 項 目 でのポイント お 持 ちの 免 許 状 や 職 種 の 違 いにより 受 講 すべき 講 習 内 容 や 受 講 方 法 が 異 なることをご 理 解 ください 以 下 に 沿 ってご 確 認 ください 現 在 平 成 21 年 3 月 31 日 以 前 に 授 与 された 教 員 免 許 状 ( 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 )を 持 っています か? はい あなたの 生 年 月 日 は 昭 和 30 年 4 月 2 日 以 後 ですか? はい いいえ 以 後 は 確 認 不 要 です ( 制 度 の 適 用 なし) いいえ( 昭 和 以 前 の 生 まれ) 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っていますか? いいえ はい 最 初 の 修 了 確 認 期 限 は 設 定 されず 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 しなくても 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 は 生 涯 有 効 で 以 下 の 確 認 は 不 必 要 です 現 在 のあなたの 職 種 は 何 ですか (ゴシック 体 の 職 は 講 習 受 講 義 務 あり) 校 長 副 校 教 諭 助 教 諭 講 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 長 教 頭 師 ( 常 勤 の 方 だ け で 養 護 助 教 諭 主 幹 教 諭 なく 臨 時 非 常 勤 の 指 導 教 諭 講 師 の 方 も 含 みます ) 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 を 持 って い る が 左 記 以 外 の 職 の 方 等 A へ B へ C へ D へ E へ ( 28 頁 ) ( 29 頁 ) ( 31 頁 ) ( 33 頁 ) ( 35 頁 )

3 A 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 ですが 講 習 受 講 免 除 の 認 定 を 受 け ることが 可 能 で す 認 定 を 受 け ようと する 場 合 は 下 記 をご 確 認 く ださい 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22 頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23 頁 )を 見 て 確 認 ) 申 請 方 法 の 決 定 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 内 に 校 長 副 校 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 のいずれかの 職 にある 方 は B ( 29頁 )に 沿 って 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 以 外 に 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 学 校 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 申 請 し 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることができますので いずれかの 方 途 をとるか 各 自 で 判 断 してください 免 除 申 請 受 講 免 除 の 認 定 を 希 望 する 場 合 は 各 自 が 免 許 管 理 者 に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 行 います 免 除 証 明 書 の 発 行 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 受 けた 免 許 管 理 者 が 受 講 免 除 の 認 定 を 行 った 場 合 は 申 請 者 に 免 許 状 更 新 講 習 免 除 証 明 書 が 発 行 さ れ ま す こ れ に より 修 了 確 認 期 限 まで に 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けたものとみ なされることになります( 引 き 続 き 持 っているすべての 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 で す ) 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 す る 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります 修 了 確 認 期 限 の2 年 2ヶ 月 前 から2ヶ 月 前 までの 期 間 内 のうちの 校 長 等 の 職 にある 時 点 で 免 除 の 認 定 の 申 請 を 行 うことができます かつて 校 長 等 の 職 にあっ た 場 合 でも 申 請 の 時 点 は 校 長 等 の 職 にないときは 申 請 を 行 うことができませんのでご 注 意 ください

4 B 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は 22 頁 23頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 書 で 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらいます ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

5 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

6 C 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は 22 頁 23頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらうことが 必 要 です ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 養 護 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

7 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

8 D 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 2をご 確 認 ください) 表 2は23 頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 のうちに 行 うことが 必 要 なこ と 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 各 自 が 文 部 科 学 省 や 大 学 の ホ ー ム ペ ー ジ 等 を 確 認 免 許 状 更 新 講 習 受 講 期 間 して 受 講 したい 免 許 状 更 新 講 習 を 選 択 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 受 講 申 込 各 自 が 各 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 みます ( 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 教 員 であることを 証 してもらう 必 要 があります ) 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 が 開 設 する 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 教 職 についての 省 察 並 びに 子 どもの 変 化 教 育 政 策 の 動 向 及 び 学 校 の 内 外 における 連 携 協 力 についての 理 解 に 関 する 事 項 (12 時 間 以 上 ) 全 ての 教 員 が 同 様 の 内 容 を 受 講 教 科 指 導 生 徒 指 導 その 他 教 育 の 充 実 に 関 する 事 項 (18 時 間 以 上 ) 栄 養 教 諭 を 受 講 対 象 者 として 開 設 された 講 習 を 受 講 することが 必 要 ( 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 全 てを 受 講 対 象 者 として 設 定 した 講 習 でも 可 ) どの 職 を 対 象 とした 講 習 なのかを 含 めて 文 科 省 より 認 定 を 行 い 文 部 科 学 省 HPに 掲 載 すると ともに 各 開 設 者 は 受 講 対 象 者 を 示 して 受 講 者 の 募 集 を 行 います

9 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 講 習 の 課 程 を 修 了 ( 課 程 の 一 部 である 場 合 は 履 修 )した 場 合 は 各 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 各 自 の 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までに 行 うことが 必 要 なこと 確 認 申 請 各 自 が 修 了 証 明 書 (30 時 間 以 上 の 履 修 証 明 書 のセット) を 添 付 し 免 許 管 理 者 ( 勤 務 する 学 校 が 所 在 する 各 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を し ま す 申 請 手 続 最 終 日 平 成 年 月 日 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 が 更 新 講 習 修 了 確 認 を 行 い 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 を 発 行 次 の 修 了 確 認 期 限 次 の 修 了 確 認 期 限 (10 年 後 )まで 持 っている 全 ての 教 員 免 許 状 が 有 効 次 回 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日

10 E 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 確 認 ( 各 自 が 必 ず 表 1 表 2をご 確 認 ください) 表 1 表 2は22 頁 23 頁 に 記 載 しています 最 初 の 修 了 確 認 期 限 平 成 年 月 日 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません ただし かつて 教 諭 等 と して 勤 めていたことの 証 明 ( 在 職 証 明 ) 非 常 勤 講 師 リスト 登 録 の 証 明 教 諭 等 に 採 用 予 定 であることの 証 明 を 大 学 等 に 示 すことにより 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 手 続 は B ( 29頁 )を 参 考 にして ください ( 職 に 応 じて 免 許 管 理 者 が 異 なることがありますのでご 注 意 ください( 16頁 を 参 照 してください ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 となります 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

11 受 講 申 込 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 時 に 実 習 助 手 等 の 職 の 方 は 受 講 申 込 の 際 に 各 学 校 長 等 から 当 該 職 であることを 証 してもらってください それ 以 外 の 方 は 在 職 証 明 や 教 諭 等 に 採 用 予 定 で あ る こ と の 証 明 等 を 添 え て ください) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 に 対 して 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 により 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

12 4. 職 に 応 じ た 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 申 請 手 続 の 流 れ ( 幼 稚 園 認 定 こども 園 保 育 園 の 教 職 員 の 方 ) 1 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 受 講 修 了 義 務 のある 方 幼 稚 園 認 定 こども 園 である 幼 稚 園 に 勤 務 する 教 職 員 の 中 で 下 記 の(1) (2)の 両 方 に 該 当 する 方 は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 を 修 了 し 免 許 管 理 者 に 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を 行 うことが 必 要 となります 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 ) で あ る 幼 稚 園 に 勤 務 する 教 職 員 の 方 は 注 意 して 読 んでください (1) 旧 免 許 状 所 持 者 平 成 21 年 3 月 31 日 までに 授 与 された 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 のいずれかの 免 許 状 ( 旧 免 許 状 ) を 持 っている 者 ( 保 育 士 免 許 を 持 っているだけでは 該 当 しません ) 例 : 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 を 所 持 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 を 所 持 (2) 教 諭 等 の 職 にある 者 下 記 の1~4のいずれかの 職 にある 者 であること 1 園 長 教 諭 等 国 公 私 立 の 幼 稚 園 ( 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 も 含 み ま す ) に 勤 務 す る 園 長 副 園 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 み ます ) 幼 稚 園 に 勤 務 する 職 員 ではありませんが 下 記 の 方 も 同 様 となります 2 教 育 委 員 会 の 職 員 指 導 主 事 社 会 教 育 主 事 その 他 教 育 委 員 会 において 学 校 教 育 又 は 社 会 教 育 に 関 す る 専 門 的 事 項 の 指 導 等 に 関 する 事 務 に 従 事 している 者 として 免 許 管 理 者 ( 都 道 府 県 教 育 委 員 会 )が 定 める 者 指 導 主 事 社 会 教 育 主 事 の 他 に 教 育 長 教 育 次 長 学 校 教 育 担 当 課 長 等 が 想 定 されます が 各 免 許 管 理 者 においてその 範 囲 が 定 められます

13 3 学 校 設 置 者 の 役 職 員 地 方 公 共 団 体 の 職 員 幼 稚 園 等 を 設 置 する 国 立 大 学 法 人 又 は 学 校 法 人 の 役 職 員 ( 学 校 法 人 理 事 等 )であって 免 許 管 理 者 が 定 める 者 各 免 許 管 理 者 においてその 範 囲 が 定 められます 4その 他 文 部 科 学 省 又 は 国 立 教 育 政 策 研 究 所 の 調 査 官 のうち 学 校 教 育 又 は 社 会 教 育 に 係 る 専 門 的 な 指 導 助 言 を 行 っている 者 等 2 各 自 の 修 了 確 認 期 限 ま で に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 修 了 義 務 は ない が 各 自 の 判 断 により 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することができる 方 (ア) 幼 稚 園 認 定 こども 園 に 勤 務 する 園 長 教 諭 等 以 外 の 教 職 員 ( 学 校 栄 養 職 員 養 護 職 員 保 育 士 など)の 中 で 旧 免 許 状 を 持 っている 方 下 記 の 職 に ある 方 々 は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 義 務 は 課 されていませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 す ることは 可 能 です このため 各 自 の 判 断 で 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 し て 免 許 管 理 者 に 必 要 な 申 請 を 行 うことができます 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 の 職 員 の 方 で 該 当 す る 方 は 注 意 し て く だ さ い 1 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 に 勤 務 する 学 校 栄 養 職 員 養 護 職 員 2 認 定 こども 園 (いずれの 型 も 含 む)に 勤 務 する 保 育 士

14 (イ) 幼 稚 園 認 定 こども 園 に 勤 務 していない 旧 免 許 状 を 持 っている 方 現 在 は 幼 稚 園 認 定 こども 園 の 教 職 員 ではありませんが 旧 免 許 状 を 持 っている 下 記 の 方 々は 各 自 の 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 義 務 は 課 され ていませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 です このため 各 自 の 判 断 で 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 して 免 許 管 理 者 に 必 要 な 申 請 を 行 うことができます 1 認 可 保 育 所 の 保 育 士 及 び 幼 稚 園 と 設 置 者 が 同 じ 認 可 外 保 育 施 設 の 保 育 士 認 可 保 育 所 に 勤 務 す る 保 育 士 及 び 幼 稚 園 と 認 可 外 保 育 施 設 の 双 方 を 設 置 す る 自 治 体 や 法 人 に よ り 設 置 さ れ て い る 認 可 外 保 育 施 設 に 勤 務 す る 保 育 士 (P4 参 照 ) 2 幼 稚 園 教 諭 等 経 験 者 かつて 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 小 学 校 等 の 校 長 ( 園 長 ) 副 校 長 ( 副 園 長 ) 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 み ま す ) で あ っ た 方 で 今 後 幼 稚 園 認 定 こ ど も 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 ) で あ る 幼 稚 園 小 学 校 等 の 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 みます )の 職 に 就 くことを 希 望 する 方 3 教 員 になる 見 込 みのある 者 今 後 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 小 学 校 等 の 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 教 諭 助 教 諭 養 護 教 諭 養 護 助 教 諭 栄 養 教 諭 及 び 講 師 ( 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 を 含 みます )として 任 命 雇 用 されることが 見 込 まれる 方 ( 非 常 勤 講 師 リストに 登 録 していること 採 用 内 定 が 出 されていること 等 ) 4その 他 上 記 以 外 の 者 で 文 部 科 学 大 臣 免 許 管 理 者 が 定 める 者 幼 稚 園 認 定 こども 園 で 上 記 以 外 の 職 にある 方 上 記 以 外 の 保 育 所 等 で 保 育 士 の 職 にある 方 教 職 に 就 く 予 定 等 がない 方 は 旧 免 許 状 を 所 持 していても 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することはできません

15 各 自 の 職 に 応 じたフローチャート ( 幼 稚 園 認 定 こども 園 保 育 園 の 教 職 員 の 場 合 ) 現 在 平 成 21 年 3 月 31 日 以 前 に 授 与 さ れた 教 員 免 許 状 ( 教 諭 の 普 通 免 許 状 養 護 教 諭 の 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 の 普 通 免 許 状 教 諭 の 特 別 免 許 状 )を 持 っていますか? はい あなたの 生 年 月 日 は 昭 和 30 年 4 月 2 日 以 後 ですか? いいえ 以 後 は 確 認 不 要 です ( 制 度 の 適 用 なし) はい いいえ( 昭 和 以 前 の 生 まれ) 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 って いますか? いいえ はい 最 初 の 修 了 確 認 期 限 は 設 定 さ れず 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 し な く て も 持 って い る 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 は 生 涯 有 効 で 以 下 の 確 認 は 不 必 要 です 現 在 のあなたの 職 種 は 何 ですか 幼 稚 園 認 定 幼 稚 園 認 定 こど 幼 稚 園 認 定 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 も 園 ( 幼 稚 園 型 こども 園 ( 幼 稚 型 幼 保 連 携 型 保 こども 園 に 勤 め 園 型 幼 保 連 幼 保 連 携 型 )であ 園 型 幼 保 連 育 所 型 )で 保 育 士 とし る 左 記 以 外 の 携 型 )である 幼 る 幼 稚 園 に 勤 め 携 型 )である 幼 て 発 令 され 勤 務 す 職 の 方 又 は 稚 園 に 勤 める る 稚 園 に 勤 める る 保 育 士 又 は 認 可 左 記 以 外 の 保 園 長 教 諭 学 校 栄 養 育 所 に 勤 め る 保 育 所 に 勤 める 保 育 士 及 び 副 園 長 助 教 諭 職 員 幼 稚 保 育 士 教 頭 講 師 養 護 職 員 園 も 設 置 している 市 主 幹 教 諭 養 護 教 諭 町 村 や 法 人 等 が 設 指 導 教 諭 養 護 助 教 諭 置 する 認 可 外 保 育 施 栄 養 教 諭 設 に 勤 める 保 育 士 A へ B へ C へ D へ E へ ( 41頁 ) ( 42頁 ) ( 44頁 ) ( 46頁 ) ( 48頁 ) 現 在 は 勤 めていませんが 今 後 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 幼 稚 園 型 幼 保 連 携 型 )である 幼 稚 園 に 教 諭 や 講 師 等 として 勤 めようとする 方 は F ( 49頁 )へ

16 A 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 ですが 講 習 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることが 可 能 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 申 請 方 法 の 決 定 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 内 に 園 長 副 園 長 教 頭 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 の いずれかの 職 にある 方 は B ( 42頁 )に 沿 って 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 する 以 外 に 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 申 請 し 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 を 受 けることができますので いずれかの 方 途 をとるか 各 自 で 判 断 し てください 免 除 申 請 受 講 免 除 の 認 定 を 希 望 する 場 合 は 各 自 が 免 許 管 理 者 に 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 行 います 免 除 証 明 書 の 発 行 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 免 除 の 認 定 申 請 を 受 けた 免 許 管 理 者 が 受 講 免 除 の 認 定 を 行 った 場 合 は 申 請 者 に 免 許 状 更 新 講 習 免 除 証 明 書 が 発 行 されます これにより 修 了 確 認 期 限 ま でに 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けたものとみなされることになります( 引 き 続 き 持 っているの 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 です ) 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります 修 了 確 認 期 限 の2 年 2ヶ 月 前 から2ヶ 月 前 までの 期 間 内 のうちの 園 長 等 の 職 にある 時 点 で 免 除 の 認 定 の 申 請 を 行 うことができます かつて 園 長 等 の 職 にあった 場 合 でも 申 請 の 時 点 は 園 長 等 の 職 にないときは 申 請 を 行 うこと ができませんのでご 注 意 ください

17 B 修 了 確 認 期 限 ま で に 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することが 必 要 な 職 で す 下 記 を ご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 受 講 期 間 の 確 認 修 了 確 認 期 限 の2ヶ 月 前 までの2 年 間 が 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することができる 期 間 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します 教 諭 の 方 は 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 養 護 教 諭 の 方 は 養 護 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 栄 養 教 諭 の 方 は 栄 養 教 諭 を 受 講 対 象 者 と す る 講 習 を 受 講 することが 必 要 です 受 講 申 込 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 教 諭 等 であることの 証 明 しても らいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します

18 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 各 教 諭 等 が 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 勤 めている 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 ) に 対 して 更 新 講 習 修 了 確 認 の 申 請 を 行 います 更 新 講 習 修 了 確 認 の 効 果 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 け た 場 合 は 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 教 諭 の 普 通 免 許 状 をはじめとして 持 って いる 全 ての 普 通 免 許 状 ( 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 ) 又 は 特 別 免 許 状 が 修 了 確 認 期 限 後 も 有 効 となります 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 最 初 の 修 了 確 認 期 限 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 す る 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

19 C 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 職 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません た だ し 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 講 習 受 講 手 続 の 流 れは B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 勤 める 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

20 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 受 講 資 格 があることを 証 明 し てもらいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 勤 める 幼 稚 園 が 所 在 す る 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます こ れ に よ り 持 っ て い る 教 諭 の 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 のいずれかにより 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

21 D 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 職 です 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません た だ し 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することは 可 能 であり 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 することは 必 要 ありません 講 習 受 講 手 続 の 流 れは B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 受 講 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 けることが 必 要 です 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

22 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 書 で 園 長 等 から 受 講 資 格 があることを 証 明 し てもらいます) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 確 認 の 申 請 を 行 います 幼 稚 園 に 勤 務 する 保 育 士 の 場 合 は 幼 稚 園 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます こ れ に よ り 持 っ て い る 教 諭 の 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 養 護 教 諭 普 通 免 許 状 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 のいずれかにより 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

23 E 修 了 確 認 期 限 ま でに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありません また 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 することもできません

24 F 修 了 確 認 期 限 までに 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 することは 必 要 ありませんが 講 習 を 受 講 することが 可 能 な 場 合 があります 下 記 をご 確 認 ください 修 了 確 認 期 限 の 確 認 表 1( 22頁 )を 見 て 自 分 の 生 年 月 日 から 最 初 の 修 了 確 認 期 限 を 確 認 ( 栄 養 教 諭 普 通 免 許 状 を 持 っている 方 は 表 2( 23頁 )を 見 て 確 認 ) 免 許 状 の 効 力 と 手 続 きの 確 認 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 修 了 せずに 修 了 確 認 期 限 が 過 ぎても 持 っている 免 許 状 は 失 効 しません ただし かつて 教 諭 等 として 勤 め ていたこ との 証 明 ( 在 職 証 明 )や 教 諭 等 に 採 用 予 定 であることの 証 明 を 大 学 等 に 示 すことにより 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 受 講 するこ とは 可 能 であり 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 更 新 講 習 修 了 確 認 を 受 けた 場 合 は 修 了 確 認 期 限 から10 年 間 の 内 に 教 諭 等 になるときに あらためて 講 習 を 受 講 すること は 必 要 ありません 手 続 は B ( 42頁 )を 参 考 にしてください ( 免 許 管 理 者 は 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 です ) 一 方 修 了 確 認 期 限 までに 講 習 を 修 了 していない 場 合 で 修 了 確 認 期 限 経 過 後 に 教 諭 等 になるときには 下 記 の 通 り 教 諭 等 になる 時 までに 講 習 を 修 了 し 免 許 管 理 者 から 免 許 状 更 新 講 習 を 修 了 した 日 が2 年 2ヶ 月 の 期 間 内 にあることの 確 認 を 受 け ることが 必 要 となります 免 許 状 更 新 講 習 の 選 択 文 部 科 学 省 ホームページや 各 大 学 のホームページなどを 確 認 しながら 各 自 で 受 講 する 免 許 状 更 新 講 習 を 決 定 します

25 免 許 状 更 新 講 習 の 受 講 大 学 等 に 受 講 を 申 し 込 み( 受 講 申 込 時 に 在 職 証 明 や 教 諭 等 に 採 用 予 定 であること の 証 明 を 添 えて 下 さい) 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 を 受 講 します 修 了 ( 履 修 ) 証 明 書 の 発 行 30 時 間 以 上 の 免 許 状 更 新 講 習 の 課 程 について 修 了 認 定 ( 課 程 の 一 部 の 場 合 は 履 修 認 定 )された 場 合 は 大 学 等 から 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 )が 発 行 されます 確 認 申 請 修 了 証 明 書 ( 履 修 証 明 書 のセット)を 添 えて 免 許 管 理 者 ( 住 所 地 が 所 在 する 都 道 府 県 の 教 育 委 員 会 )に 対 して 確 認 の 申 請 を 行 います 確 認 証 明 書 の 発 行 免 許 管 理 者 から 確 認 を 受 けた 場 合 は 確 認 証 明 書 が 発 行 されます これにより 持 っている 普 通 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 により 教 諭 等 になることができます 次 の 修 了 確 認 期 限 次 回 の 修 了 確 認 期 限 は 確 認 を 受 け た 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 する 日 の 属 する 年 度 の 末 日 となります

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 のスタートに 伴 い 認 可 保 育 所 の 利 用 手 続 きが 変 わります 保 育 認 定 平 成 27 年 4 月 から 始 まる 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 ( 以 下 新 制 度 )では 認 可 保

平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 のスタートに 伴 い 認 可 保 育 所 の 利 用 手 続 きが 変 わります 保 育 認 定 平 成 27 年 4 月 から 始 まる 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 ( 以 下 新 制 度 )では 認 可 保 1. 平 成 27 年 4 月 1 日 からの 利 用 申 込 み 4 月 1 日 から 新 規 申 込 み 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 認 可 保 育 所 利 用 申 込 受 付 申 込 書 配 付 : 平 成 27 年 1 月 5 日 から 市 子 ども 家 庭 課 燦 さん 館 本 吉 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 各 認 可 保 育 所 で 配 付 します 一 斉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

④金・林・緒方.indd

④金・林・緒方.indd - 39 - - 40 - - 41 - - 42 - - 43 - - 44 - 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% その 他 企 業 進 学 施 設 幼 稚 園 保 育 園 30% 20% 10% 0% 総 合 能 力 低 総 合 能 力 高 その 他 15 15 企 業 15 17 進 学 8 4 施 設 7 8 幼 稚 園 3 12 保 育 園 66 80-45 - -

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな

9 支 給 要 件 対 象 社 員 求 人 の 要 件 ハローワークが 実 施 する 面 接 会 で 対 象 となる 若 者 を 採 用 し た 場 合 にも 対 象 になります ハローワークが 実 施 する 面 接 会 の 場 合 本 奨 励 金 においてはその 開 催 日 を 紹 介 日 とみな 1 支 給 要 件 対 象 事 業 主 対 象 事 業 主 の 範 囲 東 京 労 働 局 管 内 で 若 者 応 援 宣 言 をしており 35 歳 未 満 の 若 者 を 採 用 すれば 奨 励 金 の 対 象 になります 本 奨 励 金 は 東 京 労 働 局 管 内 のハローワークから 紹 介 を 受 けた 日 において 都 内 の 若 者 応 援 宣 言 企 業 又 はユースエール 認 定

More information

2017大学院入試要項.indd

2017大学院入試要項.indd CONTENTS 1 大 院 概 要 入 者 受 け 入 れ 方 針 2 2 募 集 人 員 入 試 日 程 3 1. 募 集 人 員 3 2. 入 試 日 程 3 3 入 試 験 概 要 3 1. 一 般 選 抜 出 願 資 格 3 2. 内 進 出 願 資 格 5 3. 選 抜 方 法 と 試 験 時 間 割 5 4. 出 願 書 類 6 5. 入 検 定 料 7 6. 出 願 について 7 7.

More information

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務)

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務) 退 職 手 当 部 門 福 利 厚 生 部 門 事 務 処 理 の 手 引 き ( 事 務 担 当 者 用 ) 平 成 28 年 度 版 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 1 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 1 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63> 平 成 28 年 度 堺 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 保 育 士 ( 任 期 付 職 員 ) 試 験 日 : 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 受 付 期 間 : インターネットによる 受 験 申 込 み 平 成 28 年 5 月 9 日 ( 月 ) 午 前 9 時 ~ 5 月 23 日 ( 月 ) 午 後 5 時 までの 受 信 分 有 効 郵 送 による 受 験 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復 今 コテツ 各 種 号 際 義 そ 全 そ 少 軽 減 機 構 部 際 降 初 同 様 照 専 ダ イ ヤ ル 第 土 わ 喪 失 忘! 新 喪 失 喪 失 伴 再 算 じ 効 届 注 意 原 則 々 引 落 払 キ ャ シ ュ カ ド 帳 帳 届 印 融 機 関 便 ゆ ち 銀 各 窓 石 忘? 石! 券 済 早 券 象 発 見 再 発 次 該 署 払 払 報 就 援 助 土 階 議 類 印 鑑

More information

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ 筑 波 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 Q & A(よくある 質 問 ) 平 成 27 年 1 月 15 日 現 在 目 次 受 講 者 登 録 編 項 目 をクリックすると 各 回 答 にジャンプします Q 1 受 講 者 登 録 の 方 法 Q 2 受 講 者 登 録 の 時 期 Q 3 User ID のメールが 届 かない 場 合 Q 4 パソコンが 出 来 ない(パソコンを 持

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

Microsoft Word - 01次第

Microsoft Word - 01次第 平 成 26 年 7 月 23 第 1 回 学 校 事 務 研 究 会 手 当 説 明 資 料 1 手 当 の 概 要 (P1~P7) 2 手 当 の 調 整 額 計 算 例 ( 計 算 例 1-1 1-2 2-1 2-2 2-3) 3 失 業 者 の 手 当 事 務 手 続 について(P 1~P3) 4 参 考 資 料 手 当 支 率 表 手 当 の 調 整 額 表 1 手 当 の 計 算 方 法

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 ) Q.1-1 私 は 日 本 の 大 学 の 法 学 部 を 13 年 前 に 卒 業 して 以 後 民 間 企 業 に 勤 務 しておりま す 学 部 では 法 律 を 専 攻

1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 ) Q.1-1 私 は 日 本 の 大 学 の 法 学 部 を 13 年 前 に 卒 業 して 以 後 民 間 企 業 に 勤 務 しておりま す 学 部 では 法 律 を 専 攻 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 入 学 試 験 FAQ 2015 年 7 月 目 次 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 入 学 試 験 FAQ... 1 1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について... 2 a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 )... 2 b. 併 願 について... 2 c. 面 接 について... 3 d. 入 学 者 選 考 において

More information

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 募 集 要 項 1. 概 要 (1) ICU 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 とは ICU では 修 学 意 欲 が 充 分 にありながら 経 済 的 な 援 助 が 必 要 な 大 学 院 博 士 前 期 課 程 の 学 生 に 対 して 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金

More information

神 栖 市 かみすファミリーサポートセンター 会 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 神 栖 市 かみすファミリー サポート センター( 以 下 センター ) という ( 取 扱 手 続 ) 第 2 条 この 会 則 に 定 めるもののほか, 取 扱 事 務 手 続 について 必 要 な 事

神 栖 市 かみすファミリーサポートセンター 会 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 神 栖 市 かみすファミリー サポート センター( 以 下 センター ) という ( 取 扱 手 続 ) 第 2 条 この 会 則 に 定 めるもののほか, 取 扱 事 務 手 続 について 必 要 な 事 かみすファミリーサポートセンター 会 則 平 成 26 年 4 月 神 栖 市 かみすファミリーサポートセンター 神 栖 市 かみすファミリーサポートセンター 会 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 神 栖 市 かみすファミリー サポート センター( 以 下 センター ) という ( 取 扱 手 続 ) 第 2 条 この 会 則 に 定 めるもののほか, 取 扱 事 務 手 続 について 必

More information

退職後の諸給付等の手引

退職後の諸給付等の手引 退 職 後 の 諸 給 付 等 の 手 引 ( 平 成 28 年 1 月 退 職 手 当 に 関 すること 給 与 厚 生 課 給 付 班 ( 県 083-933-2069 退 職 共 済 年 金 等 共 済 組 合 の 長 期 給 付 に 関 すること 福 利 給 付 班 ( 共 済 組 合 083-933-4581 任 意 継 続 組 合 員 退 職 後 の 短 期 給 付 に 関 すること 福

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 精 神 障 害 者 の 就 労 支 援 職 場 体 験 事 業 企 業 への 就 労 支 援 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 精 神 保 健 福 祉 センターの 行 政 提 案 型 事 業 ( 職 場 体 験

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

花園大学院入試要項_福祉.indd

花園大学院入試要項_福祉.indd 2 0 1 7 ( 平 成 29) 年 度 大 学 院 社 会 福 祉 学 研 究 科 入 学 試 験 要 項 ( 修 士 課 程 ) 秋 季 春 季 募 集 一 般 入 学 試 験 社 会 人 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 留 学 生 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 花 園 大 学 目 次 1. 研 究 科 専 攻 領 域 募 集 定

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

<50362D3820835F8343838C834E836793C78D9E2E706466>

<50362D3820835F8343838C834E836793C78D9E2E706466> 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 27 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

4 入 札 公 告 を 見 て 参 加 したいので 新 規 で 資 格 申 請 をしたいのですが (1) いつまでに 申 請 すればいいですか 随 時 受 付 とは 別 ですか 緊 急 受 付 となります 入 札 公 告 中 の 入 札 参 加 者 の 必 要 な 資 格 に 関 する 事 項 に

4 入 札 公 告 を 見 て 参 加 したいので 新 規 で 資 格 申 請 をしたいのですが (1) いつまでに 申 請 すればいいですか 随 時 受 付 とは 別 ですか 緊 急 受 付 となります 入 札 公 告 中 の 入 札 参 加 者 の 必 要 な 資 格 に 関 する 事 項 に 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 よくある 質 問 熊 本 県 出 納 局 管 理 調 達 課 1 提 出 方 法 について 1 提 出 は 郵 送 でもいいですか 郵 送 持 参 のどちらでも 構 いません ( 郵 送 の 場 合 ) [ 郵 送 先 ] 郵 便 番 号 862-8570( 専 用 郵 便 番 号 なので 住 所 記 載 不 要 です) 熊 本 県 庁 管 理 調 達 課 管

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

3 助 成 金 の 支 払 例 平 成 28 年 5 月 10 日 に 申 請 を 行 い 月 額 5,000 円 の 場 合 平 成 28 年 度 11 月 5,000 円 = 55,000 円 平 成 29 30 年 度 12 月 5,000 円 = 60,000 円 2 平 成 31 年 度

3 助 成 金 の 支 払 例 平 成 28 年 5 月 10 日 に 申 請 を 行 い 月 額 5,000 円 の 場 合 平 成 28 年 度 11 月 5,000 円 = 55,000 円 平 成 29 30 年 度 12 月 5,000 円 = 60,000 円 2 平 成 31 年 度 川 南 町 新 婚 家 庭 家 賃 助 成 制 度 H28.4.1 川 南 町 新 婚 家 庭 家 賃 助 成 制 度 は 婚 姻 の 届 出 から3 年 以 内 の 新 婚 世 帯 に 対 し 家 賃 の 一 部 及 び 通 勤 に 係 る 費 用 の 一 部 を 助 成 することで 人 口 減 少 の 著 しい 若 者 の 移 住 定 住 化 を 促 進 し 活 力 ある 地 域 づくりを 目

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

~ 4. 試 験 内 容 日 時 会 場 及 び 合 発 表 試 験 内 容 試 験 日 時 試 験 会 場 ( 詳 細 3ページ) 通 知 日 合 通 知 通 知 方 法 1. 書 類 審 査 試 験 書 類 審 査 のため 試 験 日 時 等 なし 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 )

~ 4. 試 験 内 容 日 時 会 場 及 び 合 発 表 試 験 内 容 試 験 日 時 試 験 会 場 ( 詳 細 3ページ) 通 知 日 合 通 知 通 知 方 法 1. 書 類 審 査 試 験 書 類 審 査 のため 試 験 日 時 等 なし 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 ) 申 し 込 み 受 付 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 )~21 日 ( 金 ) 平 成 27 年 度 帯 広 市 職 員 採 用 資 試 験 ( 後 ) を 受 験 する 方 は 受 験 できません 1. 試 験 区 分 採 用 予 定 数 及 び 受 験 資 試 験 区 分 採 用 予 定 数 受 験 資 総 合 職 事 務 ( 任 付 短 時 勤 務 職 員 ) 5 名 程 度 (

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育 豊 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 市 民 説 明 会 主 な 質 問 と 回 答 について 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 現 在 Ver.1 現 時 点 の 国 及 び 豊 中 市 の 検 討 状 況 等 を 基 に 市 民 説 明 会 にていただいた 主 な 質 問 と 回 答 をまとめたものです 今 後 変 更 などが 生 じる 可 能 性 もあります

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

平成28年度保育所入所案内

平成28年度保育所入所案内 H27.11 月 発 行 平 成 28 年 度 南 房 総 市 保 育 所 入 所 のご 案 内 1 支 給 認 定 申 請 と 保 育 所 の 利 用 について 2 (1) 支 給 認 定 申 請 とは (2) 保 育 所 を 利 用 できる 人 ( 保 育 の 必 要 性 の 事 由 ) (3) 保 育 時 間 開 所 休 所 日 などについて 2 申 込 み 方 法 について 3 (1) 平

More information

生命保険料控除制度

生命保険料控除制度 1. 制 度 改 正 の 概 要 平 成 22 年 度 に 生 命 制 度 ( 注 ) が 改 正 され 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 した 生 命 保 険 契 約 に 改 正 後 の 生 命 制 度 ( 以 下 新 制 度 といいます)が 適 用 されます ( 改 正 前 の 生 命 制 度 は 以 下 旧 制 度 といいます) ( 注 ) 生 命 制 度 とは 生 命 保

More information

2015 年 4 月 調 達 ガイドライン 以 前 コンサルタントは P/Q 基 準 ( 案 )を 作 成 し 基 準 設 定 の 根 拠 公 示 新 聞 名 想 定 さ れる 有 資 格 者 数 について 今 後 の 入 札 スケジュールと 併 せ JICAの 確 認 を 得 ることと なります

2015 年 4 月 調 達 ガイドライン 以 前 コンサルタントは P/Q 基 準 ( 案 )を 作 成 し 基 準 設 定 の 根 拠 公 示 新 聞 名 想 定 さ れる 有 資 格 者 数 について 今 後 の 入 札 スケジュールと 併 せ JICAの 確 認 を 得 ることと なります 第 2 章 詳 細 設 計 入 札 4. 入 札 参 加 資 格 事 前 審 査 (P/Q) 及 び 入 札 公 告 ( 公 示 ) JICA では 標 準 的 な 公 告 例 ( 英 語 )をはじめとした 入 札 書 式 を 以 下 の JICA Web サイト の 入 札 で 公 表 していますので この 書 式 を 利 用 することをお 勧 めします http://www.jica.go.jp/activities/schemes/grant_aid/guideline/format/nyusatsu/nyusatsu_j.html

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域)

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域) 平 成 27 年 度 教 員 免 許 状 更 新 講 習 募 集 要 項 選 択 領 域 講 座 名 開 講 日 会 場 英 語 教 育 におけるコ ンピューターの 活 用 法 と 英 語 の 発 音 指 導 社 会 学 のエッセンス 数 理 とその 応 用 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) むすびわざ 館 京 都 産 業 大 学 教 員 免

More information

ず 第 1 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は4,000 円 とし 第 2 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は13,000 円 と する 4 第 1 項 に 規 定 する 幼 稚 園 小 学 校 及 び 中 学 校 並 びに 特 別 支 援 学 校 の 小 学 部 中 学 部 及 び

ず 第 1 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は4,000 円 とし 第 2 段 階 目 の 選 抜 に 係 る 額 は13,000 円 と する 4 第 1 項 に 規 定 する 幼 稚 園 小 学 校 及 び 中 学 校 並 びに 特 別 支 援 学 校 の 小 学 部 中 学 部 及 び 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 における 授 業 料 等 費 用 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 8 3 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 31 日 規 則 第 166 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 ( 以 下 本 学 という )における 授 業 料 等 費 用 に 関 して は 法 令 等 に 定 めるもののほか

More information

<< 応 募 資 格 についての 補 足 説 明 >> 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について 秋 田 県 出 身 者 とは 1 2のいずれかにあてはまる 方 を 指 します 1. 出 願 時 において 秋 田 県 内 に 生 活 の 根 拠 を 有 する( 住 民 票 がある) 方 の

<< 応 募 資 格 についての 補 足 説 明 >> 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について 秋 田 県 出 身 者 とは 1 2のいずれかにあてはまる 方 を 指 します 1. 出 願 時 において 秋 田 県 内 に 生 活 の 根 拠 を 有 する( 住 民 票 がある) 方 の 平 成 27 年 度 大 学 月 奨 学 応 募 に 関 する 補 足 説 明 必 ずお 読 みください 目 次 1. 応 募 資 格 1 秋 田 県 出 身 者 の 定 義 について P1 2 所 得 の 算 出 方 法 について P1~3 2. 提 出 書 類 1 奨 学 貸 与 申 込 書 について 2 住 民 票 在 学 証 明 書 について P3 P4 3 収 入 関 係 書 類 について

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

平 成 28 年 4 月 本 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 )に 入 学 させる 学 生 を 次 のとおり 募 集 します 1. 募 集 人 員 及 び 試 験 場 等 専 攻 名 募 集 人 員 願 書 受 付 場 所 試 験 場 量 子 物 質

平 成 28 年 4 月 本 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 )に 入 学 させる 学 生 を 次 のとおり 募 集 します 1. 募 集 人 員 及 び 試 験 場 等 専 攻 名 募 集 人 員 願 書 受 付 場 所 試 験 場 量 子 物 質 平 成 28 年 度 広 島 大 学 大 学 院 先 端 物 質 科 学 研 究 科 ( 博 士 課 程 前 期 ) 学 生 募 集 要 項 Application for General Admission to Master s Program, Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Hiroshima University April

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ 収 入 に 関 する 書 類 について 家 計 審 査 表 とあわせて 以 下 の 表 に 記 載 の 収 入 に 関 する 書 類 をすべて 提 出 してください は 必 ず 必 要 な 書 類 です は ある 場 合 のみ あるいは 該 当 する 場 合 のみ 提 出 してください 収 入 に 関 する 書 類 についての 注 意 事 項 1. 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

Microsoft Word - ①表紙ホームページ用.doc

Microsoft Word - ①表紙ホームページ用.doc 2 保 育 園 とは 保 育 園 は 家 族 ( 父 母 や 祖 父 母 など)のみなさまが 働 いていたり 病 気 だったり 病 人 の 看 護 にあたっているなど 家 庭 において 児 童 を 保 育 することができない 場 合 に 保 護 者 に 代 わっ て 児 童 を 保 育 する 児 童 福 祉 施 設 です 申 し 込 みをされる 方 は この 保 育 園 入 園 のご 案 内 をよくご

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

Taro-○規程10:授業料その他費

Taro-○規程10:授業料その他費 国 立 大 学 法 人 鳴 門 教 育 大 学 授 業 料 その 他 費 用 に 関 する 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 33 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 規 程 第 49 号 平 成 18 年 9 月 14 日 規 程 第 47 号 平 成 19 年 3 月 23 日 規 程 第 18 号 平 成 21 年 3 月 23 日 規 程 第 17 号 平 成

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

(2) 特 別 選 考 種 別 資 格 備 考 小 学 校 大 学 推 薦 特 別 選 考 ( 以 下 大 学 推 薦 特 別 という ) 経 者 特 別 選 考 ( 以 下 経 特 別 という ) 臨 任 教 員 勤 務 実 績 特 別 選 考 ( 以 下 臨 任 特 別 という ) 小 学 校

(2) 特 別 選 考 種 別 資 格 備 考 小 学 校 大 学 推 薦 特 別 選 考 ( 以 下 大 学 推 薦 特 別 という ) 経 者 特 別 選 考 ( 以 下 経 特 別 という ) 臨 任 教 員 勤 務 実 績 特 別 選 考 ( 以 下 臨 任 特 別 という ) 小 学 校 平 成 2 9 年 度 さいたま 市 立 小 中 学 校 等 教 員 採 用 選 考 試 実 施 要 項 第 1 次 試 実 施 日 : 平 成 2 8 年 7 月 1 0 日 ( 日 ) さ い た ま 市 教 育 委 員 会 ゆめをもち 未 来 を 切 り 拓 く さいたま 市 の 子 ども の 実 現 を 目 指 して さ い た ま 市 が 求 め る 教 師 像 豊 かな 人 間 性 と

More information

0表紙

0表紙 各 種 手 続 きについて 組 合 員 の 皆 様 が 広 く 理 解 していただけるよう 公 立 学 校 共 済 組 合 給 付 のし おり を 作 成 しましたので ご 活 用 ください なお 手 続 きでご 不 明 な 点 などございましたら 遠 慮 なくお 尋 ねください 平 成 28 年 4 月 給 付 班 一 同 お 問 い 合 わせ 先 862-8609 熊 本 市 中 央 区 水 前

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

改 正 のポイント 介 護 医 療 保 険 料 控 除 の 新 設 従 前 の 一 般 生 命 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 に 加 え 介 護 医 療 保 険 料 控 除 が 新 設 されます 一 般 生 命 保 険 料 : 生 存 または 死 亡 に 起 因 して 支

改 正 のポイント 介 護 医 療 保 険 料 控 除 の 新 設 従 前 の 一 般 生 命 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 に 加 え 介 護 医 療 保 険 料 控 除 が 新 設 されます 一 般 生 命 保 険 料 : 生 存 または 死 亡 に 起 因 して 支 生 命 保 険 料 控 除 制 度 の 改 正 について 平 成 22 年 度 税 改 正 により 平 成 25 年 度 分 の 住 民 税 ( 平 成 24 年 分 の 所 得 税 )から 生 命 保 険 料 控 除 制 度 が 改 正 されます 平 成 24 年 (2012 年 )1 月 1 日 以 後 に 締 結 した 保 険 契 約 より が 適 用 されます 平 成 23 年 (2011

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

も く じ 1 妊 娠 出 産 のための 休 暇 取 得 例 2 2 妊 娠 から 産 後 8 週 までの 手 続 きについて (1) 妊 娠 から 出 産 まで 3 (2) 出 産 から 産 後 8 週 まで. 10 3 休 暇 にまつわる Q&A 12 4 勤 務 上 の 配 慮 の 解 説.

も く じ 1 妊 娠 出 産 のための 休 暇 取 得 例 2 2 妊 娠 から 産 後 8 週 までの 手 続 きについて (1) 妊 娠 から 出 産 まで 3 (2) 出 産 から 産 後 8 週 まで. 10 3 休 暇 にまつわる Q&A 12 4 勤 務 上 の 配 慮 の 解 説. 初 版 平 成 17 年 4 月 1 日 改 定 平 成 26 年 6 月 1 日 改 定 回 数 4 回 妊 娠 出 産 育 児 ハンドブック 平 成 26 年 第 4 版 ~ 妊 娠 出 産 編 ~ この 冊 子 は 妊 娠 から 出 産 までの 期 間 に 利 用 できる 仕 事 と 育 児 の 両 立 に 役 立 つ 各 種 制 度 をまとめたものです 男 性 の 育 児 参 加 を 促 進

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第1号様式

第1号様式 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 の し お り お 子 さんの 保 育 所 への 入 所 を 希 望 される 方 は 市 役 所 保 育 課 保 育 係 に 申 込 書 を 提 出 してください 保 育 所 への 入 所 決 定 は 福 祉 事 務 所 が 行 います 保 育 所 とは? 保 護 者 や 同 居 の 親 族 が 就 労 病 気 などで 昼 間 にお 子 さんを 保 育 できない

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 C 事 業 予 算 ( 概 算 ) 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 キーワード: 津 久 井 の 間 伐 材 で 森 林 を 再 生 する 商 品 開 発 および 環 境 学 習 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 全 国 的 に 荒 廃 している 森 林 を

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類 神 奈 川 県 財 形 貯 蓄 の 手 続 について 市 町 村 費 職 員 ( 給 与 が 市 町 村 から 支 払 われている 方 )の 財 形 貯 蓄 については 各 市 町 村 にお 問 い 合 わせください 財 形 貯 蓄 に 関 する 書 類 は 所 属 を 通 して 共 済 経 理 グループに 提 出 願 います ( 書 類 提 出 の 際 は お 届 け 印 及 びマイナンバーの 記

More information

Microsoft PowerPoint - H27特徴説明会資料20151106 - 修正後.pptx

Microsoft PowerPoint - H27特徴説明会資料20151106 - 修正後.pptx 特 別 徴 収 制 度 説 明 会 H27.11.5~11.9 新 潟 県 三 条 市 燕 市 加 茂 市 田 上 町 弥 彦 村 作 成 目 次 1. 特 別 徴 収 制 度 とは 該 当 ページ (1) 新 潟 県 での 取 り 組 み 2 (2) 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 3 (3) 特 別 徴 収 の 対 象 者 5 (4) 特 別 徴 収 に 該 当 しない 人 6 2. 特 別

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information